今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:写真系 ( 187 ) タグの人気記事

c0039735_13435733.jpgまだあどけない表情で弟君を見守っていた長男君は、いまや中学生。家族のマスコット的存在でヨチヨチ歩きだった弟君も、つい先日、10歳の二分の一成人式を迎えました。
ブログ開設から9年。その間、お出かけ本ができそうなぐらい、国内外問わず旅行したり、仲間とBBQを楽しんだり、富士登山に親子でチャレンジしてみたり…。家族の誕生日や結婚記念日には、パパが心を込めて作るお手製料理を披露したり…。親子でたくさんお出かけした思い出や、毎年訪れる家族の記念日を大切にしてきた心あたたまる思い出がたくさんつまっています。

そんな家族のほほえましい写真、ふたりのお子さんの成長を、開設当初からずっと見守っている読者ファンは大勢います。ときには、趣味の音楽やラグビーの話など、話題も豊富です。

今週は、パパのやさしい視線で写真とともに何気ない日常をつづる、「ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog」のcrabさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
crabさん:10年ほど前、ネットで日記を書くのが流行っていて、他のサイトで日記を書いてました。しばらくしてブログというサービスが登場し、試しに始めてみたのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
crabさん:ふたりの息子の話題を中心に日常をつづったブログです。時々自分の趣味である音楽やラグビーのことも書いたりしています。タイトルにあるように当時は仕事がそれほど忙しくなく、勤務中の空き時間にブログを書いていたので、以前は「ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼって(?)書くblog」でした(笑) 。良い子はマネしないように(笑)。
文章を書くのが得意でないので、だんだん写真をメインに掲載するようになり、ちょうど息子も小さかったので成長の記録として、また子育てしている方々との交流のためにお出かけ情報や育児に関するグッズや日頃の出来事を書いています。他の方のブログの記事に共感したり共感されたり、いい刺激を受けています。

c0039735_13453839.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
crabさん:写真を載せることが多いのですが、それまでカメラの趣味はまったくありませんでした。それが、ブログを続けるうちに、自分は写真を撮ることが好きだってことに気づいたのが一番の発見ですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
crabさん:同じ趣味や境遇の方々と交流を楽しめることがいいですね。ブログのおかげで交流も広まりましたし、皆さんのOUTPUTが僕のINPUTになり、教えられたことも数限りなし。
それと時系列に日々の記録として残せることですね。「去年の夏休みはどこに行ったっけ?」と自分のブログをよく見返します。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
crabさん:典型的なO型、おおざっぱな人間です。大らかと言われたいですが(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
crabさん:昔、ブログを通じて交流のあったミュージシャンの方が近所で野外のイベントに出演されるということで、こっそり見に行きました。そのときは、声をかけられず…。後に、飲み行ったり、ライブ会場に足を運んだり、いいお友だちとしておつきあいいさせていただいてます。ブログがなければ繋がらないような境遇の方と友だちになれるのもブログの魅力のひとつではないでしょうか。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
crabさん:ラグビーですね。ワールドカップもフランスとニュージーランドと、2回現地まで行って観戦しました。2019年は日本での開催が決まってます。週末はラグビースクールでコーチもやっており、自分の子どもだけでなく、多くの子どもたちの成長を楽しみに幼稚園児から小学生の子どもたちにラグビーを教えています。

c0039735_13462079.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
crabさん:家族で外国に住んでみたいですね。きれいな砂浜が広がる海に近い町か、緑の多い田舎の町に。

エキサイトブログ編集部:お子さんとのお出かけ写真や情報が満載ですが、家族でお出かけする楽しみやこれまで行った中でとくに印象に残ったところ、また写真を撮る楽しみは?
crabさん:長男が生まれた頃は、まだデジカメも持っておらず、フィルムカメラでかみさんが撮った写真だけでした。デジカメになったのはブログを始めてからですね。
家族で出かけるのは自然の多い場所が多いのですが、大自然の中で遊ぶ子どもの表情ってすごく輝いてると思います。好奇心の扉を開いた瞬間というか。なので、その瞬間を切り取りたいなと思って、子どもたちにカメラを向けています。
川でバーベキューをしたときに、たまたま撮った写真が明治安田生命のマイハピネスフォトコンテストで銅賞を受賞し、TVのCMでも採用されました。CMが流れるたびにうれしい気持ちになり、また小田和正さんのコンサートのオープニングで大画面でそのCMが流れた時は感動で涙しました。夫婦で小田さんのファンということもあり余計感動でした…。
コンテストに応募するとか、いい写真を撮るとかは、当時はそんな気持ちはまったくなかったのですが、この受賞をきっかけに、もう少し勉強していい写真を撮りたいなとも思いました。マイハピネスの記事はこちらにまとめて紹介しています。

c0039735_1540567.jpg


また、旅行での写真もまた非日常の中での表情もいいですよね。ラグビーのワールドカップの観戦ついでに訪れたフランスやスコットランドでの様子を残した写真も気に入ってます。パリは街並みの景色を眺めながら歩くだけでも楽しかったし、エジンバラは歴史を感じさせる建物や風景に、また現地での交流に家族としてのいい思い出ができた旅になりました。

家族で京都に泊まった時の宿も印象深いです。
泊まったのは1日レンタルした貸町家。京都の町家も体験でき、また2階建ての純和風の宿は、田舎のおばあちゃんの家に遊びに来たような気分にさせてくれました。マンション住まいなので、子どもたちもこのような家で過ごすのもいい経験になったかと思います。ちょうど桜の季節でしたが、雪もふったりして、そして月も見られ、京都で、雪と桜と月を一緒に鑑賞できるという貴重なシーンにもめぐり合えました。

c0039735_13473570.jpg


エキサイトブログ編集部:また、ふたりのお子さんの成長期、家族の記念日などの記事にも心癒されますが、家族の記念日などで大切にしていること、お子さんたちの成長を見守るパパの視線から、ふたりの成長の中で印象に残っていることや成長を感じることなどは?
crabさん:誕生日や記念日だけでなく、日本で昔から続いている行事の日は大切にしています。そういうことを子どもたちに伝えていくのも大人の役目だと思っています。
たとえば、お正月の七草粥、冬至のゆず湯だとか、七夕なら飾つけをしたり。最近では、節目で電気をつけずに夜を過ごすキャンドルナイトを実践してみたりしてます。そんな中で、子どもたちはだんだんとそのことの意味を聞いてきたり、宿題の題材にしたりして、関心を持ってくれているなと感じることもありますね。でも何より、親が楽しんでその姿を見せるのが一番かなと思っています。

c0039735_13481961.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
crabさん:音楽を聴くのが好きなので、月に1、2回は音楽のライブに出かけています。自分の好きな音楽の演奏を聴きながら、すべてを忘れて楽しむ時間が好きです。次のライブの予定があると、それに向けての楽しみもあり頑張れますからね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは??
crabさん:●「北海道旅行~北斗星号 子連れ寝台車編その1
寝台特急北斗星で北海道へ家族旅行に行ったポスト。
まだ子どもが小さかったこともあり、「ツインDX」に4人で乗車。
みんなで楽しめた寝台車の旅、近いうちにぜひまた北斗星に乗りたいなと思っています。

c0039735_1412467.jpg●「11
結婚11年目の記念日に私が作った料理のポスト。
デザートまで作った自分を褒めてあげたくて選んでみました(笑)。

●「GW6 パパ弁
たまにですが、子どものお弁当を作ることがありました。
この日はポケモンのサトシに挑戦。出来はこんなもんですが、完食してくれてうれしかったのを覚えています。

●「フォトコン
明治安田生命のフォトコンテスト「マイハピネス」で銅賞を受賞したポスト。
ド素人が撮った1枚をよく選んでくれました(笑)。左の写真がその写真です。
CMに採用され、小田和正さんのコンサートのオープニングで、大画面からそのCMが流れた時は涙しました。

●「物資支援報告(その1)
忘れられないし、忘れていない日。東日本大震災からちょうど1ヶ月後のポストをあえて紹介させてください。
ブログ仲間からもたくさんの物資の支援をいただきました。今でもずっと感謝してます。

●「エキサイト山村社長からオススメのワイン付きお食事の宴
エキサイトさんがエキサイトブログ2周年記念で、当時の山村社長さんが自腹で高級料理をおごってくれるという企画。
見事に選ばれて山村さんの隣に座り、美味しい料理とワインをご馳走になりました。ほんと美味しかったです。このときは、「ブログをやっていてよかった~!」と思いましたね(笑)。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
crabさん:国内でも海外でもいいからのんびり南の島へ行きたいです。

c0039735_13564645.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
crabさん:やはり富士山が世界遺産に登録されたことでしょうか。今まで以上に注目も浴び、登山者も増えるでしょう。入山料を徴収する話も出ていますが、あまり高額にならないことを願っています(笑)。
私は2007年から親子で富士山に登っていますが、実際にいままでも登山渋滞なるものも経験しました。なので、今年からは渋滞を避けるために、登る時期や時間帯・コースを考えながら、富士登山にまたチャレンジしたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
crabさん:開設何周年めかの節目のときにも書いてますが、『ありがとう』のひとことです。
ちなみに、今年で9年めを迎えた節目に書いた記事がこちらですが、これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【crabさんのお気に入り&好きなブログ】

●「暮らしのエッセンス 北鎌倉の山の家から
FM鎌倉のDJでもあり、お花の先生でもあり、ラガーマンのお母さんのブログ。他にもいろいろなことをされていますが、大好きな鎌倉日常と風景をいつも楽しみにしています。

●「やさしい光のなかで
クッキングサロンを主宰なさってるwhitelacenonyoさんのブログ。いつも、見た目もとっても美味しそうな料理が登場するので、見ていて楽しくなるし、料理の盛り付けも勉強になります。テーブルコーディネートも素敵です。真似したくてもできないくらいに素敵です。

●「Visitors
昭和な街撮り写真が満載です。独特の視線で切り取られた1枚1枚に感心するばかり。
勝手に写真の先生と仰いでおります。

●「ちゃぶ台でスクラップ。
スクラップブッキングの作品のブログ。以前、ブログを見てくださって、うちの次男を題材に「スクラップブッキングを作らせてほしい」と連絡をいただきました。
お言葉に甘えて作品を作っていただいたのですが、とっても素敵な作品で今でも記念の宝物として大事にさせていただいてます。

●「高校ラグビーを行く
高校ラグビーの観戦ブログ。ただの観戦記事ではありません。楕円球を追いかける少年の気持ちや心境にまでぐっと入り込んだ記事に思わず引き込まれてしまいます。そして愛情いっぱいの文章も大好きです。
一度、高校ラグビーの聖地・花園ラグビー場で話しを伺う機会あり、ブログのネタ帳にもなってるだろう観戦ノートまで拝見させていただき、ブログの裏側を見た気がしてうれしかったです。




【crabさんのライフログ】

最近行ったライブと、この夏に行く予定のライブから5つをチョイスしました。

ZOOEY

佐野元春 & THE COYOTE BAND / Daisy Music

若いミュージシャンが集まった COYOTE BANDを率いての第2弾アルバム。リリース前からライブでも披露された「世界は慈悲を待っている」「虹をつかむ人」「La Vita E Bella」などカッコイイ曲ばかりです。そのな中でもポーラスタアは何度聴いてもその曲に気持ちがもっていかれます。

QUEST

SPECIAL OTHERS / ビクターエンタテインメント


先日、武道館ライブを成功させたジャムインストバンドのスペアザ。フェスで見てからすっかりはまっています。朝でも夜でも、気分がいい時も、気分が落ち込んでる時でも、どんなシーンでも聴きたくなるバンド。超オススメ。

&Friends

山下久美子 & 大澤誉志幸 / テイチクエンタテインメント


憧れの女性ボーカリスト山下久美子と大澤誉志幸のコラボアルバム。ライブでも息の合ったライブパフォーマンスを見せてくれました。大人のアルバムです。

Here I am~Head to Toe~

八神純子 / ソニー・ミュージックダイレクト


渡米してしばらく音楽活動をやめていた八神純子。震災を機に日本での活動を再開。何度も被災地を訪れてはチャリティライブを行い、応援ソングも作りました。あの美しい伸びのある歌声は衰え知らず。ライブでも素敵な歌を聴かせてくれます。

Babel

Mumford & Sons / Glassnote


演奏も魅力ボーカルも聴き手をぐっと手繰り寄せる力があります。今、はまってるバンドのひとつ。ハートにぐっときます。

crabさんの「ITエンジニアで2児のPapaが仕事さぼらず(?)書くblog」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-07-11 16:32

c0039735_13355194.jpg家族みんなが笑顔に包まれ、幸せそうなひととき。嫁いでいく娘の花嫁姿に目を細めるお父さんやお母さん、そして、かわいい孫の晴れ姿を見られて、長生きしてよかったとうれしそうに微笑むおじいちゃん、おばあちゃん…。家族の思い出がいっぱい詰まった自宅で、主役の花嫁を囲みながら、みんなが笑顔になる瞬間をとらえた、心あたたまる結婚式の写真の数々。
あるいは、映画のワンシーンのようなふたりだけの素敵なウエディング姿だったり…。ちょっと照れながらも、家族の絆を感じさせるあたたかい写真だったり…。一枚の写真が家族の大切な記念になっているようです。そんな、ひとりひとりが主役の写真からは、みんなの幸せ感が伝わって、見ているこちらまで幸せな気分に包まれます。

6月の花嫁は幸せになれる…といわれ、「ジューンブライド」に憧れる女性が多いですが、6月だけでなく、花嫁はみんな幸せそうですね。今週は、そんな幸せオーラをいつも感じさせる写真を撮り続ける、「三澤家は今・・・」のみさわたけひこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
みさわたけひこさん:2001年に自分の事務所のホームページの中に事務所と家族の日記をつづる「三澤家は今」というページを作りました。ホームページを作ったら、うちがスタジオかお店と勘違いして訪れる人が増え、ただの自宅兼の写真事務所なので、実態を知っていただこうと日記のページを作ったのです。
当時まだブログというものがなかった時代でした。ネットの環境も低く、写真サイズにも制約が多い時代で小さな写真が多いです。
そこで不定期で更新していたものを、2008年からエキサイトさんのブログでつづるようになりました。最初は「きのうみた夢」というブログでスタートしましたが、途中で続かずに裏ブログ的になってしまい、2009年から現在のブログ「三澤家は今・・・」をはじめました。 写真を扱う私にとっては、一番写真を大きく表示でき、当時は広告もなかったのがエキサイトさんのブログだったので、エキサイトブログにしました。

c0039735_1338419.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
みさわたけひこさん:写真を撮る仕事をしています。
ブログの中では、仕事として撮影している結婚式の写真や家族の記念写真から、自分が今取り組んでいる自宅での花嫁さんの撮影の様子や出産の写真、そして自分の家族の写真や、事務所で起こったことなどを、境目なく自分の行動記録のようにつづっています。
公私混同もはなはだしいのですが、自分としては仕事とプライベートの写真に境目をつけたくないと考えています。
昔、息子たちにカメラを向けて、自分が仕事モードで撮っていることに気づいて、「なんか違うなぁ」と思いました。そうではなくて、もっと素直にまっすぐ撮りたくて、境目がなくなるように徐々にシフトしてゆきました。
サイトのほうの「三澤家は今」から含めて12年間の写真がありますが、その中で自分がいろいろ揺れ動いているのがわかります。その時その時のマイブームもあったりします。
近年は、子どもたちも大きくなって、カメラの前に立つのを嫌がる年頃になりました。

自分の写真は技術的にもセンス的にも飛び抜けて優れているものではありません。写真を撮っていると、「上手く撮ってやろう」とか、「感動させてやろう」とか、「かっこよく見せよう」とか、いろいろな欲が出てくるけれど、そんなことを越えて、自分がどれだけ無垢な素直な気持ちでシャッターを押せているか…。それを確認する場所がこのブログになっています。
そんな白いキャンバスのような写真を撮る人でいたいと思うのであります。

c0039735_13363255.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
みさわたけひこさん:写真を撮ることが自分の仕事だと思っていましたが、ブログを含めサイトで写真を発信するようになってからは、写真を撮ることが目的ではなくて、伝えることが目的なのだと思うようになりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
みさわたけひこさん:昨日、友人から極楽とんぼと言われました。

c0039735_13372570.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
みさわたけひこさん:実は最近はブログを含め、他のサイトでも写真に興味を持って見ていないのです。
他の写真から刺激を求めてることはとても大事だと思うのですが、実際のその結果としてネットの中の写真はどれも、自分の写真を含めて似たような印象を受けます。刺激を受けてからそれを熟成させる期間がないのだろうなと感じています。今の自分は熟成期間みたいで、あまり他を積極的に見ていないのです。すみません。

去年、エプソンのギャラリーで写真展やった時にたくさんのブロガーさんが見に来てくれました。
あに☆いもうと」のパパカメラさんはとても親しみやすい方で、子どもたちの写真を中心に活動されています。とてもあたたかい写真です。
White Board -♭」のhideさんは最初ブログを拝見した時に、すごく写真が上手いと正直思いました。腕前、とてもかないません。お会いしたらとてもダンディーなおじさまなので、納得してしまいました。
分類するとアマチュアとなってしまうのですが、モチベーションや自由な発想、完成度の高さなど、とても勉強させられる方々です。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
みさわたけひこさん:ランドナーという種類の自転車にほどよい感じでハマっています。ゆっくり走る自転車です。空気の中を漂う感じが好きで。

エキサイトブログ編集部:夢は?
みさわたけひこさん:黒澤明監督の言葉に「人の一生に影響を与えるような映画を作りたい」というのがあります。
それと同じように、「人の一生に影響を与えるような写真を撮りたい」と夢見ています。

c0039735_1338238.jpg


エキサイトブログ編集部:家族の愛情や絆、喜びが伝わる幸せ感いっぱいの結婚式の写真、家族の写真に、こちらまで幸せな気分に包まれますが、結婚式の写真を撮るようになったきっかけや結婚式の写真を撮る楽しみは?
みさわたけひこさん:20代の頃は引き籠もりのような生活をしていました。どうも人とのコミュニケーションが上手くなく、まともに社会生活ができない人でした。その中で唯一自分ができることが写真だったのです。自分にとっては写真が人や社会との接点でありコミュニケーションツールでした。そんな自分が今は人の写真を専門に撮っていることが奇跡のような気がします。

結婚式の写真は最初、仕事として依頼をいただきました。いろいろ失敗を重ね、多くの人にご迷惑をかけて、やるからには真剣にやらなきゃダメだと考えが変わってゆきました。
当時、結婚式のスナップの仕事はバイト感覚の仕事に見られがちで、真剣にやっている人も少なかったのです。そして、「やるからには日本一を目指したい」と思いました。日本一のことは半分冗談と聞き流してもらって、それから16年たっています。
結婚式はそのプログラムができ上がっているイベントなのですが、それでも時折垣間見える人間の「素」のようなシーンが好きでそれを狙って撮っています。
結婚式が産業として確立してくると、ショー的な要素は多いけど、「素」を見せる機会はだんだん減っているような気がしています。

そんな時に、「高齢で披露宴に出ることができない祖父母に花嫁姿を見せたいんです」、という相談をいただきました。花嫁衣装を着ておじいちゃんおばあちゃんたちに見せて、「その様子を前撮りとして撮影しましょう」となりました。支度する場所は移動を簡略化するために自宅で行うことにしました。最初は自宅であることをあまり意識していませんでした。
当日、実際にやってみると、これが楽しかったのです。お父さんは、水を得た魚のようにカメラを持って駆け回り、お母さんは目を細め、親戚の人がやってきて、近所の人たちも様子を覗きにくるし・・・。まるで赤ちゃんでも生まれたかのように家中が華やかになっていました。
何より家族みんなが喜んでることがとてもうれしかったりします。
結婚式の原点ってそんなところにあるのだと思いました。

それ以来、前撮りの相談を受けると、自宅で花嫁さんの支度をして家族と前撮りをするという提案をするようになりました。幸いにも、自分が暮らしている名古屋という地域は、実家で花嫁衣装を着て家から出るという結婚文化が残っている地域だったので。
ちなみに関東の人に話したら、わざわざ自宅で準備をする意味がわからないと言われ(笑)、地域性がある文化なのだなと思いました。

c0039735_1351995.jpg


エキサイトブログ編集部:実際に撮影された方たちの感想は?また、自分らしい写真を撮るためにこだわっていることや大切にしていることがあれば…。
みさわたけひこさん:実際撮影をされた方からは、本人はもちろん、ご家族にも喜んででいただいてとてもうれしいのはもちろんですが、同時に「いろいろなことを気付かされました」という感想をもらうことが多いですね。
この自宅での撮影は、実はできるだけお膳立てしないようにしています。お膳立てしすぎるとプログラムが決まっている結婚式と変わらなくなってしまうのです。写る人が受け身になってしまうのです。
だから、できるだけ本人に段取りをしてもらうようにしています。
家族の協力が必要です、部屋はどうするとか、集まった人にどうするかとか、いろいろ考えることが出てきます。でも、そうして準備することが一番大事だと思っています。

自分の写真から幸福感や愛情などいろいろな感想をいただきます。
写真は自分以上に語ってくれるものだなと、ありがたく思っていますが、自分はちょっと平均以下の普通の父親であり夫であり、自分の写真から何かを感じてくれたなら、それは写っているみなさんの力なんだと思っています。よく他力本願だというんですが(笑)。

ずっと写真を撮っています。最初は結婚式の撮影にはじまり、出産、お宮参り、七五三、入学式…。たくさんの記念写真を撮りながら、やがてどの家族にも、どの行事にも、たぶんどの時代でも、撮られる側に共通する「想い」があることに気づきます。誰もが同じ未来を夢みている…。
カメラマの前に立って撮ってもらうということはそういうことなんです。
自分はそれを発信することで伝えたいと思うのです。

c0039735_13392691.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
みさわたけひこさん:寝るのが好きです。夢をよく見るのです。下手な映画より面白い夢を見たりします。
また、庭の水盤でお米を作っていて、その成長を見ることで癒されています。不思議なもので稲って見ているだけで自然と心が落ち着くのです。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
みさわたけひこさん:●「もうひとつの結婚式:和装自宅前撮りロケ
はじめて自宅での前撮りを提案した時の記事です。軽トラに花嫁さんを乗せたのは、昔なら牛ゆられて嫁いでいったかもしれないけど、今ならこれかなと思い乗せてみました。実際には走っていません。

●「8/1 次男坊と三男坊
この夏は子どもたちが一番ノリノリで、自分も素直にシャッターを押すことができました。

c0039735_13406100.jpg


●「4/27 結婚式の日
自宅からでる花嫁さん。結婚式って文化なんです。文化とはその土地の人が生活の中からにじみ出てくるものなんです。

●「2013 大好き!緑区ムービーコンテスト 見事落選!
コンテストに落ちたんだけど、結構楽しくて。

●「4/30 家族になる記念写真
家族の写真。ヤッターマンしていただきました。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
みさわたけひこさん:子どもたちが大きくなってブログに使うことを嫌がる年頃になったのですが、ちゃんと成長していてそれを感じられる写真を先日撮れたことです。載せると怒られるから載せられませんが…。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
みさわたけひこさん:富士山噴火の予想のニュース。
3.11の大震災以来、自分の中でも何かが変わったのだと思います。なので震災とその後、原発事故と放射能のニュースはとても気になります。
自分の無力感を感じるニュースの連続の中で、もし富士山噴火という人の力ではどうしようもないことが起きたら、その時自分はどうするのだろう?…とひとり危機感を感じています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
みさわたけひこさん:コメントをいただいてもレスが遅くて、いつも失礼しているのですが、ちゃんと見ていてとても励みになっておりますので、よかったらコメントください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_13482561.jpg





【みさわたけひこさんのお気に入り&好きなブログ】

先ほど触れたように、定期的に見ているブログがないので、挙げるのが難しいのですが…、ブログをはじめた初期の頃、よくお邪魔させていただいていたブログをひとつご紹介…。

●「*シアワセノカタチ
写真につけられた言葉が宝石のようで、ずっとお気に入りのトップでした。
現在は休止中のようですが、色あせないものだなと思いました。




【みさわたけひこさんのライフログ】

ぼくがぼくであること (角川文庫)

山中 恒 / 角川書店


山中恒さんが書いた児童文学の本です。古本屋で手にして読み始めたらおもしろくておもしろくて、短い物語ですが、いろいろな要素が詰まったお話です。自分のバイブルにしています。

リンダ リンダ

ザ・ブルーハーツ / トライエム


ブルーハーツの音楽は全般的に好きですね。初めて聞いたのは四日市の商店街を歩いているとき。アーケードのスピーカーから流れていきました。頭を殴られたようなショックを受けて、そのまま有線に電話して誰がうたっているか尋ねました。それが「リンダリンダ」でした。

幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター [Blu-ray]

松竹


好きな映画はいっぱいあります。もともと映画が好きで写真をはじめた部分があるので…。当時8ミリは機材も撮影もとても高価だったので写真になったのです。
この映画を見ると、物語もさることながら、撮影現場を思い浮かべてしまうのです。天気や光の具合やカメラ位置などを気にしながら見てしまいます。撮影期間も限られ、かなり厳しい条件で撮影しているんです。大変だろうなぁと想像してしまうんです。それでもラストシーンはいつも泣いちゃいますが(笑)。

みさわたけひこさんの「三澤家は今・・・」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-06-18 15:19

c0039735_11514651.jpg赤く染まりかけた朝焼けのなかで、美しい稜線をのぞかせる富士山。目の前には流れるような雲海が広がり、雲の上のじゅうたんを歩いてみたくなるほどです。
そんな雲海がたちこめる幻想的な富士山の景色をはじめ、春には桜や菜の花と一緒に、秋は紅葉の木々とともに、また冬は樹氷や冬の花火といっしょに入った富士山の景色がとてもきれいです。

富士山といえば、6月にも正式に世界遺産に登録される見通しであることがわかりましたが、今回は、いま話題の富士山にスポットをあて、四季折々に見せる富士山の景色を、毎日のように撮り続ける「富士山大好き~写真は最高」のyumesaki_annaiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
yumesaki_annaiさん:写真は大好きでずっと撮ってきましたが、時間が自由になった退職後に本格的に取り組むようになりました。そして、これまで撮りためた写真を、定年退職後にインターネットで発表してみたいと思っていたとき、IT関係の仕事をしているうちの娘から、「写真ならこのブログが良いよ」とエキサイトブログを薦められたのが、きっかけですね。
エキサイトブログを選んだのは、ブログデザインも良く、写真が簡単にアップできそうだったので、娘に自分の希望を伝え、2時間ほどで作ってもらいました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yumesaki_annaiさん:富士山の美しい姿に魅せられて以来、ブログ名のとおり「富士山が大好き」になり、毎日朝早くから撮影に出かけ、富士山の写真をメインに紹介しています。
yumesaki_annai=夢先案内というブロガー名には、「夢で見たような写真を案内したい」という思いを込めました。
ブログは更新回数が命だと考えて、1日1回以上を毎日アップしています。2年5ヵ月で1040記事をアップしましたので、目標はクリアできていますね。老後の暇つぶしですが、1記事8枚程の写真をアップしますので、これまででなんと8320枚の画像が記録されています。
もちろん、目標達成のためでもありますが、富士山ならではの美しさ、力強さを写真に表現したいと思いまして、毎日富士山麓をフットワークも軽くさまよい、3日で1000枚とか撮りためています(笑)。

私の大好きな雲海に包まれた朝焼けの富士山の風景をはじめ、四季折々、季節ごとの素敵な富士山の風景紹介がメインですが、富士山が撮れない時には庭の花やペット花火など、いろいろな写真を掲載しています。

c0039735_1157170.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
yumesaki_annaiさん:写真を撮る楽しみから、見てもらう楽しさやコメントでの会話やアクセス数の反響などの新しい写真の喜びを発見しました。
写真展の案内を載せれば、「いつもブログを見ています」と見学に来ていただいて写真談義したり、撮影情報の交換や同行撮影に行く写真友だちもできました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
yumesaki_annaiさん:ブログは大好きな写真の発表の場所で写真展示会場と考えています。
良い写真を載せれば、来場者数に反映され手抜きすると見てもらえません。
そういう意味でも、ますます撮影にも力がこもり、写真の新しい楽しみ方をブログで発見できました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
yumesaki_annaiさん:ブログ訪問者が驚くほどの軽いフットワークで撮影行動するブロガー。

c0039735_1155313.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
yumesaki_annaiさん:小海線の電車や富士山を撮っている「koumi1000」さん。お気に入りのブログでもご紹介していますが、ぜひお会いして写真談義したいです。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
yumesaki_annaiさん:富士山撮影にハマってます。不治の病にかかり、富士山を見ないと手が震えます(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yumesaki_annaiさん:窓から富士山が見える家に住みたいですね~。

c0039735_11562031.jpg


エキサイトブログ編集部:四季折々の富士山の美しい写真に心癒されますが、富士山の写真を撮るようになったきっかけや写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮るためにこだわっていることや、記事アップの際に心がけていることなどがあれば。
yumesaki_annaiさん:5年ほど前、カメラマンには“雲海の吉原”で全国的に有名な富士撮影のスポット、静岡市清水区の吉原で、雲海の富士山を見てから富士山の虜になりました。
ふだんは、ただのミカン山なのに、雨が降った後の夜明けには雲海が出て、深山に変身した吉原の富士山を見て以来、すっかり富士山に魅せられてしまいました。
いわゆる不治の病に感染して(笑)、新しいカメラも揃えて深みにはまり、富士山の写真クラブにも入会したり、ブログも始めて撮影三昧の毎日となりました。

私の行動パターンは…、午前2時に吉原に雲海の夜景を撮りに行き、朝日が出たら朝霧高原に撮影に行き、その後櫛形林道で車中泊。また夜中の2時に起きて、町明りの富士山を撮影して、明るくなったら池の茶屋に上り撮影するという…こんな具合のハードワークです。

富士山の撮影は、天候の安定した秋から冬がベストシーズンです。秋の紅葉、冬の樹氷と雪景色、また桜の時期が最高に心躍る季節です。桜が終わると春霞で富士山が見える日が少ない時期となるので、そのころはブログにペットや花がアップされることが多くなります。
冬場は大気が澄み切って富士山の見える日が多いですが、春先からは気温が上がり霞みがかって富士山がきれいに見える日が少なくなるからです。
夏は雪のない富士山ですが、登山者の夜景撮りや赤富士を狙って撮影に出ます。…結局なんだかんだ1年中富士山が見えれば出撃していますね(笑)、病気です!

早起き、睡眠不足、長時間の車の運転、林道で車中泊…とかなりハードに動いていますが、富士山が撮れるなら何も苦になりませんね。

c0039735_1153439.jpg


エキサイトブログ編集部:富士山がついに世界遺産に登録されることが決まりましたが、まっさきに知ったときの思いやその感想、また、yumesaki_annaiさんにとって富士山の魅力は?
yumesaki_annaiさん:私の大好きな富士山が、全世界にその美しさを発信される世界遺産登録の知らせを、撮影旅行中に友人からもらったときは、最高にうれしかったですね。
そのときのうれしさを、「祝)富士山の世界遺産登録」という記事にもアップしました。

富士山自体には若い頃に登りましたが、現在は車で富士山麓をドライブして富士山の入った風景写真を撮っています。たまには1時間ぐらいの山に登り撮影もしますが、年齢もあるので、富士山はあくまで撮影するほうが楽しみですね。
富士山の魅力は四季折々に見せる美しい風景ともにあると思いますが、とくにいちばん好きな景色は、富士山撮影の原点となった清水の吉原からの雲海の夜明けの風景ですね。あの神秘的な美しさからたくさんのパワーをいただいています。
自宅から30分と近く吉原からの雲海の富士山をライフワークとしています。

c0039735_11575360.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yumesaki_annaiさん:自分の探し求めていた富士山を夢中で撮影している時の感動はもちろんですが、自分が撮影した写真を飾った自宅で、愛猫の「みっこ」を膝の上に抱いてブログを書いたり、犬の散歩から帰って、庭のゆりをのんびり撮影している時間も大切にしています。

c0039735_15502280.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だった ポストは?
yumesaki_annaiさん:●「2013年桜と富士山」 
今年の桜と富士山をまとめた記事です。山梨市牧丘町の乙ヶ妻のしだれ桜をぜひ見てほしいですね

●「2012年桜と富士山」  
昨年の桜と富士山です。

●「吉原ベスト36景パート①
私が富士山を撮るきっかけとなった吉原のベスト写真の紹介です。
ここからの富士山に出会わなければ富士山の病にならずブログも始めなかったと思います。
ここが私の写真の原点で、吉原を撮ることがライフワークとなりました。

●「スバルライン奥庭の紅葉②」  
富士山中腹のすてきな秋風景です。

●「お気に入りの霧氷
冬の富士山はこの忍野の霧氷が最高です!

●「櫛形林道の夜明け
今年のGWの最終日に出会えた夜明けの光景です。月と街明かりのコラボから始まり、夜明けには素晴らしい雲海に出会えました。ぜひみなさんにも見ていただきい景色です。

c0039735_11582922.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
yumesaki_annaiさん:最新式のデジタル一眼カメラが欲しいです。手に入ったら、ますます写真が楽しくなりそうです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
yumesaki_annaiさん:「富士山が噴火するかもしれない」と予想されるニースですね。噴火の兆候と思える地震や河口湖の減水、滝沢林道の大亀裂が発生して、避難計画の地図が新聞にも掲載されていて、世界遺産に登録はされたが、噴火で富士山が壊れてしまうのでは…?と心配です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
yumesaki_annaiさん:最近はたくさんの方が訪問してくださり、感謝しております。
たくさんの方に見ていただき、満足してもらえる写真を撮影しなくてはと励みにしています。
富士山の世界遺産登録で、日本の富士山から世界の富士山になります。
元気に身体が動くうちに、私の大好きな富士山の姿を撮影して、みなさまに見ていただけるよう富士山の写真を追いかけますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1651869.jpg





【yumesaki_annaiさんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログはたくさんあるので選ぶのが難しいですが、その中からとくにおつきあいのあるこの3つをご紹介します。

●「小海線の写真です。ex
koumi1000さんのブログ。小海線沿いから電車や富士山のすてきな写真を載せています。

●「写真に息吹注げたら・・・
建築業ご自営の現役で多忙なaps-atyan-newさんですが、毎日すてきな写真を撮っています。
最近、野良猫を飼い出したのですが、すぐ3匹の子猫が生まれたので、猫のチェックも楽しませてもらっています。

●「北の国から
北海道の大自然を紹介した、てっさんの写真ブログです。利尻富士の写真は最高に良いです。


yumesaki_annaiさんの「富士山大好き~写真は最高」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-05-21 17:01

c0039735_90936.jpgとっても仲の良い3兄弟が繰り広げる楽しい日常。笑顔がさわやかな長男・凛太郎くんに、泣き顔がかわいい次男・いちくん、お笑い系の3枚目顔がお茶目な3男・おうちゃん。
毎年節分の鬼に泣かされる姿や、3兄弟でお風呂で楽しむ姿をはじめ、毎日の何気ない風景や家族でお出かけした写真まで、3兄弟の個性あふれるいきいきした表情や仲のよさが伝わる写真はどれもほのぼのしていて、心和まされます。

もちろん、写真だけでなく、誕生日や卒園・卒業式などの節目節目のエピソードをはじめ、お子さんの成長をあたたかく見つめる母としての視線と、関西弁で楽しくつづった文章も味わい深く、家族の愛情が伝わる記事内容に共感する読者も大勢いらっしゃいます。
昨年の「かわいい子ども写真の撮り方」特集にも登場していただきましたが、今週は、そんなお子さんの写真が人気のブログ、「peddyのくまちゃん カメラを持って。」のpedikoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
pedikoさん:パソコンの知識がない私にも簡単に作れるのがおもしろくて、当時あらゆるところに登録して作っていました。
エキサイトブログでは、今とは別のブログを作ったのが最初です。いろいろ作った結果、一番使いやすくてシンプルで、写真がきれいにたくさんアップできるエキサイトさんのが唯一残り、新たにリニューアルして再出発した二つ目がこの「peddyのくまちゃん カメラを持って。」で、本格的なブログ活動として現在まで続いてるということです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pedikoさん:デジタル一眼の購入を機に「写真を見てもらいたい」という一心ではじめました。
滋賀に暮らし、3人の男の子を育てているんですが、子どもが小さいうちは、わざわざどこかへ撮影に行く…ということがままならなかったので、自然とテーマは「日常生活」になりました。
そんな子どもたちの何気ない毎日をはじめ、家族でお出かけした写真や、親の介護の話まで、日常生活を写真と共につづっています。

c0039735_1604887.jpgうっかり、「オシャレな写真ブログなんじゃない?」とか勘違いして見に来てくれた方には申し訳ないのですが…。実は私も最初はそれを目指していたはずが、いつのまにか、プライベートをありのままにつづったとてつもなく泥臭いブログになってしまいました。家族のことを中心に、自分の主観で存分にいろいろなことを言いたい放題やらかしています(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
pedikoさん:これは本当に大きいですね!
自分が発信することに対して知らない誰かが答えてくれる、褒めてくれる、笑ってくれる、真剣にアドバイスしてくれる…。この快感は衝撃的すぎて、あっという間に夢中になってしまいました。
ただある時期、「自分は現実とこっちとどっちで生きてるんだろ?」とわからなくなるくらいのめり込んだこともあり、そのとき、初めて「このままだったらただの現実逃避や!」とはっと我に返ってからが、ブログと良い感じに距離も取れるようになり、本当の意味で楽しめるようになったような気もします。
こういうことが発見といえば発見かな?

良さ、得るものはほんとに多くあります。思わぬ出来事も舞い込んだりしますしね。
今回のこのピックアップブロガーのコーナーに取り上げてもらえたこともそうですが、去年は向井宗敏監督の「女子カメラ」という映画に自分の写真が映画出演させていただくという、うれしい機会をいただきました。 「pedi家、映画出演を果たす」という記事にもつづっていますが、監督直々に声をかけていただいたということもあり、ほんとうに舞い上がってましたね(笑)。
こんなこと、ネットが手軽になっていなくて家で子育てしてるだけだったら、絶対にありえなかった。いい時代です(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
pedikoさん:ひとことで、「おっさん」。あと「ときどき、考える人」かな。

c0039735_1631999.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
pedikoさん:私の場合、会ってみたいブロガーさんというよりは、会ってみたいコメンテーターさんですね(笑)。勝手にそう呼んでいます。
自分のひとつひとつの記事はコメント抜きには完成しない、というぐらいでして、ほんとにありがたいことにさまざまな方が、どこの誰かもわからないような私たち家族のために、親身になってあれやこれやとチャチャをいれてくれるんですよ(笑)。
時には優しく、時には真剣に、大方はふざけて(笑)。みなさんとても温かいんです。たまにコメント欄を閉じて更新しているときもあるんですが、そういうのを読み返した時に、非常に物足りなさを感じてしまうというか。
コメントがなかったらここまでブログを続けられたかどうかも自信ない、というほどです。だから、つくづく人の親切心というのが身に沁みますね。会えるものなら、そんなみなさんに会ってみたいな〜。

中でも長いおつきあいになる俊さんというスーパーコメンテーターさんがいるんですが(笑)、彼がいつも痒いところに手が届くというか、「俊さん、それそれ、そこですわ〜」っていう絶妙なコメントをくれるんですよ。
他のコメンテーターさんへのフォローやつっこみも素晴らしく気遣いのできる人。いつも華を添えてくれてるので、私のブログにとってなくてはならない存在です。
なので他のブロガーさんに目を付けられて、うっかり引き抜かれたりしたら、どうしよ〜とか、夜も眠れないくらい心配で(笑)。
そんな彼とは数年前に一度家まで来てくれてお会いしたきり、ずいぶんご無沙汰していますので、そろそろまたゆっくり会ってしゃべりたいな〜と夫婦で心待ちにしてるところです。

c0039735_11262486.jpg


エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
pedikoさん:私は写真やお菓子、DIYに裁縫にアウトドアに旅行に…、と次から次へと興味のあることには、なんでも手を出してしまうタイプで多趣味なんですが、それでも一番ハマってるのは?となるとやっぱりブログですね。
ブログをしてるからこそ、撮った写真や作ったものを見てもらいたい、体験を共有してほしいという欲が出て、それがすべての原動力になっていると思いますので、自分の人間力アップのためになくてはならない存在。エキサイトさんにはほんと感謝です!

エキサイトブログ編集部:夢は?
pedikoさん:まだ漠然すぎるのですが、いつかは自分の好きなことで人が喜んでくれるような、そんな都合のいい仕事ができたらいいな〜とは思っています。
今でも紹介のみですが、ちょこちょこ結婚式のスナップ撮影など依頼を受けて仕事をしてるのですが、すごく喜んでもらえるのでやりがいを感じますしね。
やっぱり写真関連かな〜とは思うんですけど、夫婦で場末のスナック経営って線も捨てがたくて(笑)。

c0039735_1624028.jpgエキサイトブログ編集部:仲の良い兄弟のほのぼのした写真をはじめ、数々の家族写真に癒されますが、写真を撮るようになったきっかけや写真を撮る楽しみは?
pedikoさん:写真というものに興味を持ったのは自分の結婚式でこだわりのカメラマンに撮ってもらったスナップ写真を見たときです。被写体がまだ若くぴちぴちだったということもありますが、「今までこんなの見たことない」というくらい、ほんとに素敵な写真だったんですよ(笑)。
結婚後、まもなくフィルム一眼を買って嬉々として撮りまくっていたんですが、あっという間にデジタルの時代がきましてね。その波にうまく乗りきれず飲まれてしまったという感じで、しばらく遠のいていました。
でも、最初のエキサイトブログを始めてから、だんだん「もっとキレイな写真を見せつけたい!」と写欲がまたムクムクと起き上がり、中古のデジタル一眼を買ったのがきっかけで一気に加速しました。

そのとき写真に特化したフォトログとしてスタートしたのが、二つ目のエキサイトブログ、すなわち現在のものです。だから、私の写真を撮る楽しみは「見てくれる人がいる」「見せる場がある」ってことですね。
たまたま一番身近くにあった被写体が子どもだったからというわけではありませんが、子どもを撮りまくることは私なりの愛情表現のひとつです。撮っても撮っても飽きないというのはきっとそういうことなんでしょう。
いろいろな瞬間、表情をあますことなく、すべて撮り残しておきたいな、という気持ちは、写真歴が増していこうが、かわいい盛りが過ぎようがぜんぜん変わらないですからね。

子どもたちにしても、「いい迷惑」な反面(笑)、「親がちゃんと自分のことを見てくれているか?」ということにおいて、一番わかりやすい確認方法だと思うので(笑)、安心につながっているんじゃないのかな。
撮る時にスキンシップ、撮った写真を見せるときにもスキンシップ、さらに後々、一緒に見返したときにその写真のおかげで当時の記憶もよみがえり、あれやこれやと会話も弾んだり…。
たとえ、私が先にいなくなったとしても写真と一緒に私の心は残る。そう考えると写真の力ってすごくないですか?家族を撮ることの意義は自分にとって大いにありますね。

c0039735_167585.jpgエキサイトブログ編集部:また、自分らしさを出すために、記事アップの際に心がけていることは?
pedikoさん:ブログに関して言えば、今私がつねづね思っているのは、「恥ずかしいことを書き残す」ことより、「忘れてしまう」ことのほうがよほどコワいということ。だから、ブログにはできる限りその時の気持ちをありのまま残したいと思っています。
それを子どもたちが大きくなってから読んだときに、自分たちの歩みを知り、親の心を知るとなったら最高の贈りものになると思って、涙して喜ぶ姿を妄想しつつ、パンツ姿の写真とともにつづっているわけです。

また、日々のあちこちで行き詰まり右往左往してるのも、きっと自分だけではないはず…と思って、そういうことを書き残すことが、もしかしたら、どこかの誰かにとって何かのきっかけになっているかもしれないし…という思いもあります。
このブログを始めた当初は、写真もあれこれ手を加えて、ちょっとでもオシャレで見栄えするように、と思っていたし、文章もほとんどなく「素」を出さないように心がけていました。そのほうがきっとイメージ良く好感度アップのはず〜と関西弁も封印して、現在とはまるで逆の努力をしてたんですけどね(笑)。
でも、豪華なタラバに見えなくてもいい、豪華なタラバでも中を開けたらスカスカってことあるし。それって残念過ぎるから、自分はぎっしり身の詰まったカニをめざそう! 地味な毛ガニで十分…、いや言い過ぎた、沢ガニで良し、って。人生の流れを簡単にたとえると、そんなふうな心境の変化をたどっていきましてね。ま、おそらくいろいろあったんでしょう(笑)。
だからブログのほうも連動していつのまに〜か吐露に継ぐ吐露で、すっかり泥臭くなってしまいました(笑)。

まったく同じ言葉でも誰がそれを言ったのか?がすごい重要だと思うんです。聞く側への響き方、重みがまるで違うというか、自分が悩んでる時にかけてもらった言葉とかもそうですし、それはやっぱりその言葉に身が詰まってるかどうかってことなのかな〜とか、この歳になってだんだん見えてくることも多いです。ブログにおいては今度は自分がその発言者側になるということなので、そのへんは意識して、自分の身の丈にあった殻をかぶって、身の詰まった発信を続けていきたいな〜と思っています。

c0039735_1615252.jpg


エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
pedikoさん:うちは子ども中心の生活のように見えて、実は夫婦の時間を一番最優先で大切にしているんです。
子どもはお留守番にしてふたりで晩ご飯を食べに行ったり、映画を観に行ったり。会話もたくさんしますよ。
鬼嫁キャラで通っていますが、実はそんなこともないし…自己申告ですが(笑)。感謝の気持ちを込めて旦那さんを最重要事項に据えてます(笑)。夫婦部活動を充実させるとほっといても家族はうまくまとまりますしね。大人が充実していたら気持ちにいい余裕が生まれるからかな?
あえて活動しなくても子どもたちとはもともと絆があるわけで、でも夫婦はそうはいかないってのもあるから。親子関係とか友人関係とかいっぱいあるけど、やっぱり一番難しいのが、お互いの信頼関係だけが頼りの夫婦関係だと思うしね。日々部活動で鍛えないと(笑)。
そんなこんなの夫婦事家族事がうまくいってるのかな〜?のバロメーターにもなってる末っ子おうちゃんの描く絵が平和過ぎるときには心底癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
pedikoさん:「キャンピングトレーラー初出動〜
うちのライフスタイルとして外せないアウトドア。ひょんなご縁で自分たちにとってのキャンプの神様的な(笑)
ジョリーさんとの出会いがあったおかげで以来、充実したキャンプ生活を楽しめています。
こちらは去年新たに仲間入りしたキャンピングトレーラーで初めてキャンプした時の思い出の記事です。

c0039735_164437.jpg


こども部屋インテリアアフター
趣味のDIYを駆使して子ども部屋を大改造したときの記事です。
けっこうみなさんに喜んでもらえた記憶があります。

じさまの伸びしろ
今は施設に入所中の義父ですが、それまでの間ひきとって介護していたことがあり、そのときの日記はどれもとても反響が大きく介護問題への関心の高さが伺えました。こちらはそのひとつです。
そもそも引き取るにいたったお姑さんの死、癌発病から看護、看取り、お葬式までの記事も合わせて、
それぞれカテゴリーを設けてありますので良かったらご覧になってください。

c0039735_165927.jpgチチの葬式
こちらは私の実父のお葬式をお伝えした記事なのですが、型破りな亡きチチにぴったりな破天荒でありえないお葬式のご紹介です。

子どもたちに関するお気に入りの日記をピックアップしてみました。
地獄の豆まき
毎年大好評をいただく、我が家恒例の節分の様子です。
こちらは最新ですが、記事トップに早見年鑑表を記載してますので(笑)、よかったら過去のから順にご覧になってください。
残念なことに、そろそろうちの鬼も賞味期限切れのようなので、どなたかコワ〜イ鬼さん、おられましたらぜひお越しください。ガオーさんでも可。

公園で遊ぶ
3人兄弟を連れて公園に行ったときに思わぬハプニングに見舞われた次男の話です

いちくん 懺悔のお時間 ふたたび
好き嫌いの多い次男にまつわるエピソードです。

休暇村 近江八幡〜宮ケ浜〜
三男坊が見舞われたハプニングにまつわるエピソードです。こちらは三部作でお楽しみください(笑)。

兄と弟
兄と次男のくすっと笑えるエピソードです。

平野住建モデルハウス プレオープン式典
これはうちの家を建ててくれた工務店さんの式典での様子。
撮影の依頼を受けてこどもたちを連れ挑んだのは良かったのですが、とんでもない光景を目にすることになりました。

旅の悩み
育児中の方ならご経験済みかもしれない。
旅先での子どもの妙〜なハイテンションに打つ術はないものかと果敢に挑戦した母の記録です。

パパの背中
男の子はやっぱりパパの背中を追いかけるもんなんだな〜とほのぼのした父と子のひとコマです。
パパお気に入りの記事。

琵琶湖こどもの国*ロッククライミング
いつも負のオーラ全開で恐がりで自信がまるでなかった長男が、ちょっぴり頑張れた成長の記録です。
とても大きな反響でたくさんの応援の言葉をいただきました。ありがとうございます。

c0039735_1693560.jpgエキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
pedikoさん:自由な時間がたっぷりあるなら、人間ドックとPET検診を受けたいです。最近どこもかしこも不調で冴えません。歳とともに上手に眠れなくなりましたし。身も心も健康って憧れる〜。専業主婦の不養生で、結婚以来一度も健康診断受けてませんしね。
この際、三段腹とかはもうどうでもいいんです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pedikoさん:親の介護や看取り、臨終を経験したのもあって、終末医療やお葬式、お墓といったニュースにすごく関心があります。
いったい自分のときはどうなるんだろう?どうしたらいいんだろう?なるべく子どもたちには負担をかけたくない…。無宗教の私的にはお墓もいらないし、派手な葬式もしてほしくない、と考えています。できれば「家族葬で遺骨も拾わんといて〜」って思うくらい。
そしたら取り扱いが難しい、骨壺を発生させずに済むのにな…と。
昔、岩下志麻さんの「お墓がない!」という映画を観て、ウンウンてすごい納得して頷いてたことをふと思い出してみたり…。
しかし、私にはお寺の坊さまの友人もいます(笑)。彼はまだ若く、かわいい奥さんとお子さんもいらっしゃるし、過酷なお勤めを必死にこなして一家を背負って頑張ってるので、この先もし日本中が私みたいな考え方になってしまったら(笑)、彼らのような善良なお坊さんたちはどうなってしまうのか!?とのジレンマに悶える非常〜に由々しき問題です。悩む〜。
あとは将来の日本の食料自給率がどうなるのか?とか、みうらじゅんの今後の動向が気になるくらいかな。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pedikoさん:いつも「peddyのくまちゃん」をご贔屓にしてくださってるみなさまへ。
おかげさまで、とうとうこんなところに出没するまでに至りました(笑)。
これもひとえにみなさまが長いこと支えてくれはったおかげです。いままで育ててくれてありがとう。
これからもどうぞ温かく見守ってやってくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1663964.jpg





【pedikoさんのお気に入り&好きなブログ】

交流のあるブログはリンクを見てもらえれば一目瞭然なので、リンクにはない秘密のお気に入りを紹介します。

●「きょうのはっけん。
こちらは派手な色使いがめちゃんこファンキーでキュートな絵をお描きになる太田由美さんのブログです。
作品をご覧になったら「ああ!」とご存知の方も多いかと思われます。一児のママさんながらとっても素敵に輝いてらっしゃる。
滋賀のイベントでお出会いし作品と一緒に写真を撮らせていただいて以来のご縁で、いい刺激をもらっています。

●「ジョニーラモーンJrのブログ
彼の作った色鉛筆型柵に惚れ込んで「お友だちになって〜!」と頼みこんで以来のつきあいです。もう何年になるかな?今では年賀状を交換しあうくらいの仲(笑)。今年は2月半ばに届いたので返事は3月に出しました。
とても多才な彼はいつも多くの宇宙人を従え、ギターをハードにかきならし、釣りにいそしんでいます。彼もまたとってもファンキーでキュートでクールなロッカーです。
もう一度、圧巻の色鉛筆型柵が並ぶサマを披露してほしい〜。いつか五島までいって宇宙人ヒロシくんと対面して肩を組んで記念撮影するのが夢です。

●「coo on the road
ブログ外でも交流のあるcoosちゃんの旅編のブログです。彼女の撮る写真はなんとも言えない味があって色もやさしい。一度一緒に撮影する機会があったのですが、何か秘密が探れるかしら?と意気込んで凝視してたのに、別にこれといって変わったこともなく、ただふつ〜にシャッター押してるだけでした(笑)。

●「コスメティック『シュシュ』
別枠でこちらはリンクももらっているんですが。
実は私、40を超えてる今もぜんぜんお化粧の仕方を知らなくて。こちらはブログがどうのというより、すごい居心地良さそうな美容ショップなので、ただお店に駆け込みたいんです(笑)。
一度すっぴん丸投げして、「なんとかして〜」と駄々をこねたい願望があります。
それくらいスタッフさんたちが気さくでいい感じの人ばかり。ただし、少しばかり遠いのです。

●「おうちゃんワールドへようこそ
エキサイトさんでは子どもたちのブログもそれぞれ開設させてもらっています。
休眠状態だったりしますが、最近開設した三男坊のブログは動いています(笑)。
おうちゃんの描く絵が私的にツボであり、癒しなので、その辺をご紹介していこうかなと思ってます。
最近一番のお気に入りは「おうちゃんのスターウォーズシリーズ」。その世界観が最高なため、ファンです。




<font color="black">【pedikoさんのライフログ】
[PR]
by blog_editor | 2013-04-03 12:31

c0039735_13585266.jpg3月11日。東北沿岸部を襲った大地震と大津波で、多くの人の命が奪われた東日本大震災。日本中が涙したあの日からもうすぐ2年がたちます。
あの日を境に、私たちは、「日ごろ平穏無事に暮らせることのありがたさ」を改めて考えさせられ、日々を大切に生きようと思うようになりました。そして、被災された方々が一日でも早く、笑顔で元の暮らしができますように、と願ってやみません。被災地の方の気持ちに寄り添って、ボランティア活動やチャリティ活動をされている方はもちろん、たとえ小さなことでも、被災地の方々を勇気づける何かにつながれば…という思いで、心の中で応援をしている方は大勢います。

そんな被災地の方々を思って、応援メッセージを送り続けているブログがあります。震災後、「何か自分にできることはないか…」という思いで、出会った人たちに、被災地の方々への応援メッセージを書いてもらい、それをブログにアップしています。
「心はひとつ」「応援しています」「笑顔になれますように」という、ひと言だけのメッセージから、長めのメッセージまで。どれも書いたご本人の思いが伝わり、心にじーんとしみます。

ブログをアップされているのは、グラフィックデザイナーとして、また写真家として活躍されている子鬼さん。グラフィックデザイナーの仲間とともに、被災地応援プロジェクトにも参加されています。
今回は、震災から3年目を迎えるこの機会に、「被災地の方へ!届け!応援メッセージ」の子鬼さんに登場していただくとともに、たくさんのみなさんの思いが詰まったメッセージをご紹介します。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
子鬼さん:このブログを始めたきっかけは、東日本大震災で被災されてしまった方々への多くの方々からいただいたメッセージを、できるだけたくさんの人たちに届けたいという思いから、個人で発信するのにブログというカタチが適していると思ったことです。

c0039735_15393836.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
子鬼さん:このブログにはたくさんの方々の大切な“想い”が詰まっています。ひととして、日本人として、同じ地球に生きる人間として、世界中の方々が地震や津波や原発事故の被害に遭ってしまった東北の地に暮らす人々を応援しています。(一人で勝手にやっている活動なのでたまたま私と関わりを持った方々だけですが)そんな思いをメッセージとして書いていただきました。大人も子どもも著名人も区別なく、その人が思っていることを書いていただいたまま、そのままアップしています。皆さんのメッセージを見て、被災地の方々が少しでも元気になってくれたら幸いです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
子鬼さん:被災を免れた多くの人々もみな胸を痛め、被災地のことを強く思っていることを感じました。コメントなどのリアルな反応はほとんどないのですが、そこにあるだけでいいのかもしれないと思っています。

c0039735_15403774.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?自分をひとことでいうなら、どんな人?
子鬼さん:器用貧乏。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
子鬼さん:特にいません。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
子鬼さん:愛犬パトリックとの暮らし。

エキサイトブログ編集部:夢は?
子鬼さん:大きく持ったほうがいいと思っています。

c0039735_15493148.jpg


エキサイトブログ編集部:東日本大震災の被災地の方々への応援メッセージにこちらまで元気づけられますが、このような応援をはじめられたきっかけや読者の反響、被災地のみなさんの声などをお聞かせください。ちなみに、これらの写真はどうやって撮ってアップされているんですか?
子鬼さん:東日本大震災のあった2011.3.11は我が家もいままでに経験したことのない大きな地震に襲われました。
被害はほとんどなく、食器棚のグラスが割れた程度だったのですが、電気が止まり、オール電化マンションの我が家のライフラインは全滅となりました。灯りがつかないのはもちろん、水道が止まりトイレの水も流せない、テレビもパソコンも携帯電話も通じない。エレベーターも動かない。厳しい寒さの中、なにがどうなっているのか、大きな地震があったということ以外なにもわかりませんでした。
深夜に電気が復旧し、テレビをつけて東北の状況を見て愕然としました。数日の間はテレビから流れてくる映像に恐怖し、驚き悲しむだけでしたが、次第にボランティアの活動なども目に入るようになってきました。

そこで、「自分もなにかしなくちゃ!」という思いに駆られました。でも、お金も体力も自信がない。できることはなんだろうと考えました。そこで思いついたことが、この「メッセージ写真を撮ろう!」ということでした。
とても小さな力ですが、自分の得意分野で支援ができればと。自分と同じように思っている人はきっといるはず。そう思い、思い立ってすぐに商品棚がスカスカになったホームセンターに向かい、スケッチブックとペンを購入。それらをバッグに入れて、まずは近所の友人からメッセージをいただきました。
それからは、人の集まるイベントには必ずスケッチブックとペンのセットを持ち歩き、出会う人皆さんにご協力を求めるようになりました。

c0039735_15412877.jpg

c0039735_22472846.jpg


NYのJAPAN Dayというイベントに参加させていただく機会もあったので、アメリカの方々や参加されていたアーティストの方々からもメッセージをいただくことができました。ほとんどの写真(カテゴリ「送っていただきました!」に入っているもの以外)は自分で声をかけ、撮影させていただいています。

エキサイトブログ編集部:子鬼さんはグラフィックデザイナーでいらっしゃるようですが、普段はどのような活動をされているのですか?また、被災地応援プロジェクトとして、「やさしいハンカチ展」というのにも参加されていらっしゃるようですが、このハンカチ展とはどのようなものなのでしょうか?
子鬼さん:社団法人日本グラフィックデザイナー協会JAGDAに所属しています。普段は学校教材を中心にデザインやイラストを描く仕事をしています。同時にスナップ写真家としても活動しています。フラメンコなどのライブ写真を撮ることが多いです。「やさしいハンカチ展」には初回参加しましたが、今回のPart2には出展していません。ですが、JAGDA会員として応援しています。

c0039735_1722841.jpg2011年、JAGDAは「やさしいハンカチ展」を開催し、全国のJAGDA会員がデザインしたハンカチを全国で展示・販売、その収益で、7,000枚のハンカチを東北の子どもたちにプレゼントしました。(→右の写真は、2011年「やさしいハンカチ展」での子鬼さんの作品)
継続的な復興支援のために、今年も「やさしいハンカチ展 Part 2」を行います。今回は、岩手・宮城・福島の子どもたち232名による絵をもとに、デザイナー385名がハンカチをデザインし、全国で展示・販売します。完成したハンカチは絵を描いた子どもたちへ贈られるとともに、販売収益も各小学校へ還元し、被災地の未来のために役立てる使い道を、子どもたちが主体となって考えます。子どもたちとデザイナーが一緒につくった元気のでるハンカチを、ぜひご覧ください。

また、東日本大震災の復興支援のためのプロジェクトとして、全国グラフィックデザイナー有志一同による応援プロジェクト「KIZUNA-project」に参加しています。JAGDAに所属するデザイナー有志一同も「デザイナーだからできること」を考え、「傷を深めるな、絆を深めよう」を合い言葉に、日本を元気にする絆プロジェクトを立ち上げました。
そのひとつとして、ホームページでは、「絆」をテーマにした応援メッセージ作品のムービー「夢」をテーマにした応援メッセージ作品のムービーを作成しています。

(ちなみに、「」をテーマにした作品の中では、KANAGAWAの3つめ↓が子鬼さんの作品)
c0039735_19284093.png


(「」をテーマにした作品の中でも、KANAGAWAの3つめ↓が子鬼さんの作品)
c0039735_19293945.png


ほかのメンバーの作品もそれぞれメッセージとともに紹介していますので、ぜひご覧になってください。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
子鬼さん:愛犬パトリックとの朝夕のお散歩。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
子鬼さん:このブログの特性上、ありません。

c0039735_15423190.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
子鬼さん:海外旅行に行きたいです。フィンランドに行ってたくさんのデザインに触れて、写真をたくさん撮ってきたいです。

c0039735_2243246.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
子鬼さん:原発、TPPなど弱者無視の政治に憤りを感じています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
子鬼さん:できるだけたくさんの方々に届けたいメッセージを載せています。ご協力いただけるととてもうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1544304.jpg


c0039735_23153055.gif





【子鬼さんのお気に入り&好きなブログ】

●「Side'B
大好きな写真家であり友人のブログです。とてもやさしい写真が載っています。

●「+deja+
素敵な写真ブログです。

●「ママの小さな幸せ・ロイ&シェリ
オシャレなインテリアとママさんのコメントが素敵なブログです。

●「ひげまゆげ
我が家の愛犬と同じミニチュアシュナウザーのブログです。写真がとにかく素晴らしいです。

●「絆ブログ」 
日本のグラフィックデザイナー有志一同がデザイナーだからできる支援を考え発信するKIZUNA-JAPAN projectからの情報を載せたブログです。




【子鬼さんのライフログ】

THE BEST OF CHAR

Char / ポニーキャニオン


Char(BAHO)が好きです。ギターも歌声も最高です。

IT〈1〉 (文春文庫)

スティーヴン キング / 文藝春秋


スティーブン・キングの作品が好きです。ホラーは嫌いなのですが、あの緻密な生活感のある描写にひきこまれます。

ペイ・フォワード [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


映画「ペイフォワード」が好きです。これは原作の本も素晴らしくよかったです。電車の中で涙が出て困りました。

子鬼さんの「被災地の方へ!届け!応援メッセージ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-03-06 22:59

c0039735_915369.jpg北国の森に住むエゾリス。その姿はとっても愛らしく、見ているだけで癒されます。
雪の中を元気に走り回り、木の実を見つけてはポリポリ、カリカリ…。ときには雪の中や枯葉の下に隠してみたり。カメラ目線でこちらを見つめるやんちゃ坊主や、雪の中でじゃれあう元気な兄弟の姿、忍者のように木から木を飛び交う姿…など、どれもほほえましいものばかり。そんなエゾリスの自然な姿をとらえた写真がいっぱい。

また、エゾリスのほかにも、森に住む野鳥をはじめ、北海道の大自然の美しさを伝える写真を通して、自然とふれあうことの楽しさが伝わります。
今週は、雪の中にエゾリスに心がほっこり癒される「エゾリスと森の仲間たち」のhama-nasuさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hama-nasuさん:自然が多い町に住み、公園や自然休養林などのすてきな風景、山野草や野生動物などを紹介したいと思いました。そして、このブログを見られた方が自然に興味を持たれ、近くの森に出かけて、自然風景の美しさや野生動物などと出会い、自然との触れ合いを楽しまれることを願ってはじめました。
  
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hama-nasuさん:北海道の森に生息するエゾリスの自然な姿を主に写真にとらえながら、北国の四季の美しさや厳しさを紹介しています。
いまの季節は雪の中をたくましく走り回るエゾリスをご覧になっていただいていますが、エゾリスのほかにも野鳥やエゾフクロウ、エゾジカなどの野生動物も紹介しています。

また、北海道ならではの美しい風景を紹介したり、山野草などの様子、また私が仕事で関わっているバラ園などの公園の風景も紹介しています。バラは世界、日本中で育て、楽しまれている花ですが、北海道はバラを育てるのが難しいと思われています。でも、実は最適な地域なのです。気候も涼しく、冬の雪でバラは守られ、春から紅葉の初冬まで開花が楽しまれるので、市の花、バラ園の四季の情報を伝え、バラの魅力を楽しんでいただきたく思っています。

c0039735_23371815.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
hama-nasuさん:みなさまのブログを拝見しまして、世界中のさまざまな出来事や風景、動植物などを見ることができ、楽しみが広がりました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
hama-nasuさん:さまざまな趣味を持つ方々のブログから、新しい情報が得られて視野が広くなり、訪ねてみたい場所、体験してみたいなど、楽しみがいろいろです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hama-nasuさん:大きな望みではなく、実現可能な事がらに挑戦しながら過ごして来た人生です。

c0039735_12155985.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hama-nasuさん:これまで、共通の趣味の方々にお会いでき、多くの新しい情報、アドバイスなどを受けまして役に立ちました。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hama-nasuさん:植物を育てることですが、自宅の庭や室内でバラを育て楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hama-nasuさん:趣味を楽しみながらの平凡な生活です。

c0039735_12443474.gif


エキサイトブログ編集部:北国に住むエゾリスの自然な姿にとても癒されますが、エゾリスを撮りはじめたきっかけや写真を撮る楽しみは?
hama-nasuさん:私の住む町には自然豊かな公園が多く、特に数年前から、アメリカやヨーロッパなどで見られる自然豊かでリスが走り回る公園をつくろう…と、農業高校生の協力で自然公園が作られたのがきっかけですね。そこに、リスの鉱物のどんぐりやくるみなどの木を植栽し続けたことが実り、野鳥、エゾリスが見られる公園となったのです。

ちょうど市の緑化相談委員としてバラ園に努めていた時に、リスに出会えるバラ園、バラ園のアイドル・リー君、バラと紅葉が楽しめるバラ園などのキャチフレーズで写真を発信してきました。そのころからリスの写真は撮っていますが、ブログにアップしている写真はほとんど趣味で撮っている写真で、最近は散策を楽しみながら出かけています。

c0039735_1256320.jpg


リスは朝早いので早く出かけます。リスの場合は遠くからの撮影となりますので、望遠レンズを使います。リスは森の中では一番弱い動物で、子育てをする親の愛情が感じられる姿、そして、巣立ち後には厳しい環境と兄弟達との戦いのなかで生きていく姿に感動します。
リスはすばっしこいので、服装はいつも同じで静かに観察していると警戒心が少なくなります。
リスに会える場所は数か所ありますので、リスの行動時間に合わせて、時間の取れるときに出かけています。北国らしい自然風景などを取り入れてた撮影に心がけています。静かな中での自然との出会いが楽しみですね。

エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hama-nasuさん:家族との時間を大切にしながら、健康に気をつけた生活をしながら庭でバラなどの植物を育てている時、好きな音楽を聴きながら本を読んだりと過ごす時間。

c0039735_11293148.jpg

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
hama-nasuさん:「北の森から・・・エゾリス、野鳥便り」( 2013-02-08)
「あにまる」にも紹介された記事ですが、この日は青空で比較的あたたかい一日でした。
雪の中のエゾリスの姿「かわいい」と選んでいただいた記事です。

c0039735_23381447.jpg・「北の森からエゾリス便り」(2013-01-10)
雪の上で毛づくろいをするエゾリスの姿がほほえましいと言っていただきました。

・「シマリスの頬袋」(2007-01-13)
頬袋がどこまで膨らむのか!?みなさんにも楽しんでいただけました。

・「やんちゃ坊主
エゾリス3兄弟の中のいちばん行動力がある、やんちゃ坊主。表情を見ているだけで楽しいです。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
hama-nasuさん:自然豊かな静かな温泉に入りながら、北海道では見られない風景や動植物との出会いの旅をしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hama-nasuさん:日本と中国、韓国、ロシアとの領土に関する問題と、今後の経済関係がどう進むか、やはり気になりますね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hama-nasuさん:みなさま方の周囲にも魅力的な風景、さまざまな出来事があることと思いますので、ぜひみなさんも紹介してください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_11302493.jpg

c0039735_1121285.jpg





【hama-nasuさんのお気に入り&好きなブログ】

●「凛として
北海道の野生動物を素敵な写真で紹介されています。

●「四季彩散策
北国の蝶や風景、趣味の犬などの紹介が葉のシミです。

●「横浜カワセミ物語
北海道とは異なった野鳥情報をいつも楽しみに拝見しています。

●「ヨーロッパアルプストレッキングと山小屋展望
とても臨場感があって、自分が山を登っている感じが味わえるブログです。




【hama-nasuさんのライフログ】

モーツアルト:レクイエム・ニ短調

ボネイ(バルバラ) / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント


好きな音楽はいろいろとありますが、モーツァルトが好きで昔から聞いています。
どの曲も好きですが、特にモーツアルト レクイエム ニ短調は好きでよく聞いています。

アヴェ・マリア~サラ・ブライトマン・クラシックス~

サラ・ブライトマン / EMIミュージック・ジャパン



サラ・ブライトマンさんの歌手生活の活動を紹介された放送を拝見し、また、これからの活動の思い、宇宙への挑戦などの話を聞きまして、今後の歌手活動に興味を感じ、その活躍をとても楽しみにしています。とくに、宇宙から天使の声として活動される挑戦を楽しみにしています。

hama-nasuさんの「エゾリスと森の仲間たち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-02-25 17:37

c0039735_14433676.jpg青空に映える真っ白な雪山や幻想的な樹氷の景色、夢の中にいるようなキラキラのイルミネーション。そんな美しい冬景色はもちろん、色とりどりの紅葉や彩りがやさしい桜など、繊細なセンスで切り撮った季節感あふれる写真の数々に、思わずうっとり。見ているだけで心癒される読者も多く、「わ〜、素敵な写真」「どうやったら、こんなきれいに撮れるの!?」と評判です。
いまの季節は大好きなスノーボードを楽しみながら、目の前で出会えた感動的な美しい景色をとらえるのが楽しみだといいます。

今週は、心をとらえる景色や一瞬、一瞬を自分らしく切り撮って楽しむ「月の雫」のRinさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Rinさん:明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。
今回はピックアップブロガーに選んでいただき大変光栄に思います。
ブログを始めたのは、友だちや知り合いから「撮った写真を見てみたい」と言われたことがきっかけです。
自分自身も「写真を人に見てもらいたい」という感情が芽生え始めていて、「写真がきれいなブログが多い」と評判のエキサイトさんでと心に決めていました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Rinさん:旅や散歩の途中で見つけた、季節感が伝わる自然の風景や花、冬の夜を彩るイルミネーションなど、 「いまのこの風景、この瞬間がすてき」と思った一瞬を切り撮って、ブログにアップしています。
ジャンル、テーマとかはあまり考えず、ただ見たもの感動したものを写真におさめ、それを見ていただいた方と共有できたらいいな~と思っています。
それにはもっと写真の勉強や経験値をつまなければなりませんが、でもいつかこの感動を写真で伝えられたらうれしいですね。

c0039735_1444529.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
Rinさん:なんといっても人との交流です。
同じ趣味の人はもちろん、たとえ趣味が違っても写真の感想やアドバイスなどダイレクトにお話できたり、困ったことがあれば励ましのコメントをいただいたりと、人との出会いは宝ですね!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Rinさん:おっちょこちょい!
人の言うことを鵜呑みにするのでだまされやすいといわれます。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Rinさん:もちろん仲良くしていただいてるブロガーさん全員。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Rinさん:カメラとスノーボード。
スノーボードは滑っているだけではなく、周囲の景色も大切。
同じ風景でも日付や時間が変わればまったく違う表情を見せてくれる…。今はそんなふうに楽しんでいます。これでパウダースノーならいうことなし!
今年から炭酸パックにもハマっています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Rinさん:毎朝目が覚めてカーテンを開けると、目の前には北アルプスが…。
そんなふうに時間がゆっくりと流れる生活。いいですね~。
あとは写真スクールにも通って、もっと素敵な写真が撮りたいですね。

c0039735_14442050.jpgエキサイトブログ編集部:季節感を感じるすてきな写真の数々ですが、写真を好きになったきっかけや、写真を撮る楽しみは?
Rinさん:私の人生の中で「写真を撮りたい」と思ったポイントがたくさんあります。
山形蔵王のモンスター(樹氷)と青空。長野の白馬八方尾根リーゼンから望む雪山。木曽駒ケ岳の千畳敷カール。写真雑誌で見る季節の花々…。
そして、写真ブロガーさんたちの素晴らしい写真。
一眼レフカメラを購入したのが1年4ヶ月前の2011年8月のこと。最初は、前ボケの写し方もわからなくて本やネットで調べ、イメージトレーニングをしてから写真撮影に臨んでいました。
今もまだ初心者の域ですが、こうして成長していく過程を写真に残せたらいいですね。
そして、時間が経過し振り返った時、いつまでも初心を忘れることなく、謙虚にそして貪欲に。
頂点はないと考えているので、何事にも常に前向きに行動することが理想です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Rinさん:家族との時間。猫と戯れている時。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Rinさん:●2012.5/7 満開の徹然桜
GWに白馬へ行った時、突然桜が満開という情報が…。
腕が未熟なのでそれなりの写真になってしまいましたが、みごとな桜でした。

●2012.7/22 生まれたての出会い
初めてマクロでなんとか形になった雫写真。
これからのステップアップに期待で胸ワクワク。

c0039735_14443156.jpg●2012.10/12 桃色吐息
赤そば畑が一面に…。
近知り合いではないですが(笑)、近くに居たおばちゃまたちと、 「きゃ~きれい~!」と一緒には騒いじゃいました。

●2012.11/4 ひだまりの秋
秋とは暗い印象になりがちなので、温かさを表現したくて撮ったつもりなんです。

●2012.12/22 青い空と白い雪
これを見た瞬間にザックからカメラ出していました。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
Rinさん:ヒートポンプの斜めドラム洗濯機・・といいたいところですが、 お金では買えないもので「自由な時間」かな~。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Rinさん:各地の雪山での遭難事故。
一刻も早く発見されますことをお祈り申し上げます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!?
Rinさん:いつもブログに訪問いただき、ありがとうございます。
コメントが遅れたり、コメ欄が開いてない時も足跡を残してくれたり、本当に感謝、感謝です!
つたない写真でも、見てくださる方からカメラを持って出かける元気をいただいています。
こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_14474661.jpg





【Rinさんのお気に入り&好きなブログ】

ご紹介したいお気に入りブログが多くて、
5つに絞り込むのにすごく悩みました。

Harvest Moon
見ていただければわかります。一目でayaさんの写真のとりこ。
写真センスは抜群です。

*Hanapepe Life*
去年ご家族の大病を乗り越え、影で支えた妻の鏡です。
彼女の芯の強さが写真にも現れて、勉強になります。

Today's action
どの写真も好きですが、特に夜景や花火の写真が素晴らしいです。
花火の撮り方なども丁寧に教えていただいて、エキブロでの私の師匠です。

素顔のままで・・・
やさしい写真に心穏やかになる詩がつづられています。
nyanちゃん自身もすごく素直な方で、ほんわか気分にしてくれます。

moment* moment
身近な風景や訪れたカフェなど発信されるコメントも共感してしまう。
この漂う空気、感性が大好きです。




【Rinさんのライフログ】

米美知子の自然風景撮影術 情景探し (アスキーフォトレシピシリーズ)

米 美知子 / アスキー・メディアワークス


数ある写真本の中のお気に入りのひとつ。
こんな情景を撮影してみたいと夢見ています。

海外ドラマが好きでよくDVD鑑賞します。↓の二つはお気に入りです。

CHUCK / チャック 〈ファースト・シーズン〉コンプリート・ボックス [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


スパイアクションドラマですがコメディもあり、世界最弱スパイのお話です。
面白くてオススメ。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1 コンパクト BOX [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


FBIの行動分析課BAUのメンバーが犯罪者たちをプロファイリングし、事件を解決していくお話。
いろいろな人間模様があり、一度見ると次も見たくなります。




【Rinさんのお使いのカメラとレンズ】
◼カメラ
canon EOS 7D
canon EOS Kiss X5
OLYMPUS PEN E-PL3

◼レンズ
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
EF40mm F2.8 STM
EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
EF-S60mm F2.8 マクロ USM
EF100mm F2.8L マクロ IS USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF50mm F1.8 II
EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
EF-S55-250mm F4-5.6 IS
TAMRON 18-270mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
TAMRON SP AF 180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO 1:1
M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II R

Rinさんの「月の雫」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-01-10 00:07

c0039735_1112772.jpgおしゃれで都会的なセンスが光る、パリテイストのフラワーアレンジメント。時にはロマンチックに、時にはスタイリッシュに、時にはゴージャスに・・・。アレンジ次第でいろいろな表情を伝える、感性豊かな作品に思わずうっとりします。
瑞々しい花びらの質感や季節感はもちろん、花の香りまで感じられるような、美しい写真も魅力的です。

また、グラスや器などのテーブルコーディネートも洗練されたイメージで、「こんな上品な暮らしができたらいいな」と憧れる読者も大勢いるはず。
この時期は、クリスマスらしいフラワーアレンジメントやリース、テーブルコーディネート作品も多く、「わがやのクリスマスも、たまにはおしゃれな演出をしてみようかな?」と参考になりそうです。

今週は、ご自宅でフラワーアレンジメント教室を主宰し、花のあるすてきな暮らしを伝える「la vie en BEE」のflowerbeeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
flowerbeeさん:自分で製作したフラワーアレンジメントをはじめ、教室の生徒さんの作品も記録として残したくて、8年前からスタートしました。
先にホームページを開設しましたが、ホームページだけだと内容が事務的で味気ない気がして。その点、ブログは自分の行動や思いも伝えることができますので、親近感を持っていただけると感じました。毎日更新できるのも魅力ですね。エキサイトブログにしたのは、広告が比較的少なく、スキンがシンプルでセンスが良いなと感じたからです。写真のキレイなブロガーさんが多くて興味がわきました。

c0039735_1115937.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
flowerbeeさん:趣味で始めたフラワーアレンジメントに魅了され、生涯の仕事として本格的に学び、現在は、フラワーアレンジメントやテーブルコーディネイトの教室を主宰しています。お花に触れる素晴らしさと、めぐる季節とともにお花の色と香りをお伝えしています。そんな自宅でのレッスンの作品をメインに写真や記事をアップしています。
私は文章でお伝えするのが苦手なんです。その代わり、写真にはこだわります。上手に撮影できなかった時は、載せません(笑)。文章はわからなくても写真を見ているだけで幸せな気持ちになれる・・・洋雑誌のようなブログを目指しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
flowerbeeさん:なんといっても、人との出会い!  これに尽きます。ブログをやっていなければ絶対に会うことのなかった素敵な方々との出会いにはとても感謝しています。
イタリアやベルギーなど海外にお住まいの方とブログを通して知り合い、東京でのレッスンにまでご参加いただけたことは、ブログのおかげです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
flowerbeeさん:日記のような感覚で、マイペースに更新できるのは自分に合っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
flowerbeeさん:楽天家。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
flowerbeeさん:コメント欄で何度かお話をさせていただいたブロガーさんたちとはぜひお会いしてみたいです。

c0039735_1151612.jpgエキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
flowerbeeさん:DVD鑑賞、ネイルアート。
DVDは洋画がほとんどです。特にクラシック映画は音楽が良くて、映像がきれいなので癒されます。
ネイルアートはサロンでしていただいています。指先は自分でも目に入るパーツなので、美しく塗っていただけるとテンションがあがります。爪周辺にはたくさんのツボがあり、施術中眠くなることも。リラックス効果大です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
flowerbeeさん:夢…というか、15年前にフラワーアレンジメントの教室を開設した際の目標が「長く続けること」だったんです。それが今でも進行形で。今後は自分の年齢や時代の変化ともに少しずつ教室の体制も変わっていくことになると思います。
将来、生徒さんにかわいがってもらえるような魅力的なお婆ちゃん先生になれるといいですねぇ~。そのためには、毎日を元気で楽しく素敵な人との出会いを大切に過ごしていきたいです。

エキサイトブログ編集部:とてもすてきなフラワーアレンジメントの数々が魅力的ですが、フラワーアレンジメントをはじめたきっかけや、制作する楽しみは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
flowerbeeさん:若かりし会社員時代にさまざまなお稽古事をしておりまして。私には飽き性な面もあり、始めては辞めるを繰り返す中、唯一続いたのがフラワーアレンジメントでした。
生命あるものと直に触れ合うのは心地いい。特に心身が疲れているときや弱っているときほど、お花からエネルギーをもらえるのを実感します。
作品作りのポイントは、ひとつのスタイルにこだわりすぎないようにしています。ナチュラルもエレガントもスタイリッシュも好きなので。その時の気分やシーンに合わせていろいろと楽しみたいです。ただ、スタイルは違えど、作品に季節感があることと、品を損なわないことにはこだわっています。
記事アップの際には、作品の写真を掲載する場合、どのような作品かが読者の方にはっきりと分かるようにしています。一部を切り取って想像していただくのも素敵なんですが、私は「見てくださ~い」って気持ちが強くて(笑)あと、読者の方が不快感を抱くような記事にならないよう心がけています。

c0039735_113425.jpgエキサイトブログ編集部:また、テーブルコーディネートなどもすてきですが、コーディネートを楽しむコツや暮らしを楽しむコツなどもお願いします。
flowerbeeさん:テーブルコーディネートの楽しみは、手持ちの器などを自由に組み合わせ、小さな食空間を演出できる点だと思います。おもてなしの時はお客さまの好みやイメージに合わせて、家族で食事を楽しむ時はお料理に合わせて季節感のあるコーディネートをしています。
クリスマスなどイベントを楽しむテーブルには、クリスマスの雰囲気が出るように小物などで演出します。それと、季節のお花やキャンドルは飾るようにしています。食器やカトラリーなどは食事をする上で必要なものですが、お花やキャンドルはなくても困らない。でも、飾ると飾らないでは完成度がまったく違ってくると思うんです。ただし、飾る時は料理の邪魔にならないように。テーブルコーディネートの良さは食事をより楽しくするためのものだと思っていますので。
よく、ブログをご覧いただいた方から「いつもあんなふうにコーディネートしているのですか?」と聞かれることがあるのですが、ブログに載せているテーブルは記念日とか、イベントとか特別な時のもので、普段はもっとシンプルです(笑)。
「今日は和食だからこの器に盛り付けよう」「それに合う箸置きを使おう」「育てているグリーンを摘んでテーブルに飾ろう」などと考えるだけでもわくわくするので、そんな小さな楽しみを持つことが日常の暮らしを楽しむコツなのかな?と思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
flowerbeeさん:お花に触れている時、家でお茶を淹れて飲んでいる時、好きな香りのアロマキャンドルを炊いている時、美しい写真や映像を観ている時、癒し系の友人とおしゃべりしている時など…、癒される瞬間はたくさんあります。

c0039735_115453.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
flowerbeeさん:☆読者に評判だったポスト
クリスマスツリーアレンジ2011
クリスマスの作品として2006年から毎年レッスンでお作りいただいてるアレンジ。シックな2011年バージョンをご覧くださった方が数人、今年のレッスンに参加してくださいました。実は私も2011年バージョンが一番のお気に入りです。

プリザファーリース
プリザーブドのクリスマスリースとして2007年に初登場させていただいた際にも、「かわいい!」と言っていただけたのですが、つい最近、花色を変えて掲載した直後、オーダーやレッスンのお申し込みを多数いただきました。とてもうれしかったです。

カゴバッグ~秋・冬ヴァージョンⅢ
2007年の夏に初めてカゴバッグを掲載したところ、多くの方に「私も欲しい」と言っていただけました。その後ファー付の秋・冬バージョンも誕生し、遠方の方からもオーダーをいただくようになりました。

Monet
早春のレッスンにて作っていただくくスイートピーを使った定番アレンジ。画家・モネをイメージしたやさしい色合わせに印象を残してくださる方が多いです。

le muguet
この記事に限らず、スズランを載せた記事は評判がいいです。

bouquet cascade
「私の結婚式にはこのブーケで」と言ってくださって、うれしかったです。

c0039735_1161922.jpgle muguet avec Grace Kelly
グレース・ケリーのファンで、特にモナコ大公レーニエ3世との結婚式で、スズランのブーケを持った花嫁姿が好きなんです。でも、そのポストカードは販売されていない・・・ならばと、グレースの写真を背景にスズランのお花を撮影し、オリジナルのポストカードを作りました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
flowerbeeさん:大好きなパリに行きたいです!パリでクリスマスを過ごしたい!!
パリは何度か訪れていますが、クリスマスを過ごしたことはないんです。
パリの魅力はひと言では語れませんが、一番好きなところは空気感。特に何もしなくても幸せな気分に浸れる不思議な街ですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
flowerbeeさん:やはり、衆議院総選挙でしょうか?さまざまな問題を抱えた今の日本には重要な選挙になると思います。
もうひとつ、先日のフィギュアスケート・グランプリファイナルで男女共に日本人選手が優勝したこと。快挙だと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
flowerbeeさん:いつも「la vie an BEE」に足跡を残してくださってありがとうございます。
更新を怠ることも時々あるにもかかわらず、毎日ご訪問くださっている方には感謝の気持ちでいっぱいです。8年もブログを続けてこれたのは訪問してくださる方あってこそ。今後も見守っていただけるとうれしく思います。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【flowerbeeさんのお気に入り&好きなブログ】

セトレボン
大人気お料理研究家・宮澤奈々さんのブログ。料理好きに導いてくださった先生。
難しそうに思えるおもてなし料理を気楽に楽しむコツを教わりました。

Liens de fleurs
プリザーブドフラワー、シルクフラワーのネットショップをされているlierre-fleurさんのブログ。
やさしげなお花の写真と意思のぶれない文章が魅力です。

qoo's life
美味しいものが大好きなqooさんのブログ。
レストランを探す時はまずqooさんのブログを。確かな舌に信頼をよせています。

Cahier de RAFFINEE ―les fleurs―
パリで花修行をされたフラワースタイリストsachieさんのブログ。
写真と文章からお花への優しさといたわりが伝わってきて、いつも癒されています。

「パリ Paris」 カメラマン都筑 清の写真ブログ
カメラマン都築清さんのブログ。現在は休止されていますが、自分がパリに居るような錯覚に陥る彼の写真が好きで、今でも時々拝見しています。




【flowerbeeさんのライフログ】

Magazine Maison & Jardin
インテリアとお庭の仏雑誌。洋雑誌はお花やテーブルのバイブルであり、癒してくれる大切なもの。
写真を眺めているだけで何時間も過ごせます。

Marie Claire Idees
かわいいアイデアがたくさん詰まっています。

Tasty Tables

Annrick Van Wesemael / Stichting Kunstboek


Tasty Tables 2

Annick Van Wesemael / Stichting Kunstboek


オリジナリティあふれるフラワーアレンジメント、テーブルコーディネートが満載です。

シンプルなおもてなし: モノトーンのお皿に盛りつけマジック (実用単行本)

宮澤 奈々 / 小学館


お料理研究家・宮澤奈々さんのおもてなしメソッド&レシピ本。おしゃれだけれど、体にやさしいお料理やスタイリッシュなテーブルコーディネートなど、幸せな気持ちになれる一冊です。

flowerbeeさんの「la vie en BEE」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-12-15 23:50

c0039735_1564910.jpgイチゴやベリーのタルトをはじめ、マカロンやクッキー、ゼリー…と、どれもかわいくって、美味しそうなスイーツの数々!思わず、「ひと口でぱくりと食べてしまい!」と思いきや、実は粘土でできたミニチュアスイーツというから、驚きです。
そんな、とってもキュートなミニチュアスイーツを手作りし、ストラップにしたり、ブローチにもしたりして楽しまれています。
クリスマスにはリースや、クリスマスらしいミニチュアスイーツも手がけたりして、季節感も伝えてくれます。

また、ブログの看板猫として、たびたび登場する愛猫の「フランちゃん」のもとってもキュート。
猫パンチがお得意技というフランちゃんですが、その寝顔はとっても穏やかで、甘えん坊の一面も覗かせます。
あたたかそうな陽だまりの中で気持ちよさそうに眠る姿は、見ているだけで心が癒されます。

今週は、寒い季節に心がほっこりあたたまる、「猫パンチcafe」のcaramelさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
caramelさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
今回はピックアップブロガーにとり上げていただき、ありがとうございます。
ブログを始めたきっかけは、ちょうど、猫を飼い始めて、猫の様子や、趣味で作っていたミニチュアスイーツなどをブログに載せてみたいと思ったことがきっかけになりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
caramelさん:ブログでは、オリジナルのミニチュアスイーツをはじめ、委託販売用に作ったハンドメイド作品や飼い猫のフランの写真や記事をメインに載せています。

c0039735_1573288.jpgブログを始めてから委託販売も始めるようになり、今では樹脂粘土で作ったクッキーやタルト、ケーキなどのミニチュアスイーツをストラップやキーホルダー、ピンに付けてブローチなどを作るようになりました。
それから、フランのポストカードも猫好きのお客さまに好評で、販売させていただいています。

「猫パンチcafe」専属モデルのフランは(笑)、7年前から飼いはじめました。仔猫の頃から気性が荒くて、私が起きないと猫パンチで起こすんです(笑)。ブログのタイトルは、実はこのフランのエピソードからきています。
また、この季節になると、クリスマスリースなども作っていますが、手作りリースの話題や花、雑貨なども好きで記事にすることがよくあります。
訪問してくださる方が楽しんで見てくださるよう、アップする写真や構成には気を配るようにしています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
caramelさん:写真とガーデニングにハマってます。
写真はマクロレンズを購入してから、よりハマり続けています(笑)。
ちょっと良さそうな日差しがあると、「このタイミングを逃してはいけない!」と写真を撮り始めたりしています。
そこにフランがジャマしながらモデルをしに来てくれたりします(笑)。
ガーデニングは今年レンガの小径を作り直したり、友人と一緒に庭を見せ合いながら楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
caramelさん:夢ですか、そうですね、写真とミニチュアスイーツの小さな個展を開いてみたいですね。
会場ではミニチュアスイーツと同じデザインの本物のスイーツが食べられるカフェコーナーが付いているといいなと思います(笑)。
それから、ガーデニングにハマっている友人と一緒に、イギリスのオープンガーデンを見に行ってみたいですね。

c0039735_1582365.jpg


エキサイトブログ編集部:かわいいミニチュアスイーツを楽しませていただいていますが、制作されはじめたきっかけやその楽しさは?また、記事アップの際に、心がけていることなどは?
caramelさん:もともとは「私のドールハウス」という本に出会い、ミニチュアのかわいらしさにふれたことがきっかけで、ドールハウス系のミニチュア家具などを作っていました。
それから、7年ほど前にフランを飼い始めてから、徐々に粘土中心、ミニチュアスイーツに変わっていきました。木工作業をしていると、ノコギリに飛びついてくるような猫だったので、粘土なら安全だと(笑)。
ミニチュアスイーツを作る時は、飾り付けする時が一番楽しいです。美味しそうに見えるように、そして手に取ってくださった方に「かわいい」と思ってもらえるように、と思いながら作っています。

記事にアップする時は、できるだけミニチュアに見えないようスタイリングしたり、撮る角度なども考えながら撮影しています。
記事を見てくださった方が、本物のスイーツとして見てくださっていて、ラストのサイズ表記でミニチュアだと驚いてくれるとすごくうれしかったりします (笑)。

c0039735_159787.jpg
 

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
caramelさん:猫を飼ったのはフランが初めてなのですが、こんなに表情が豊かなのかと最初は驚きの連続でした。
しかもフランの場合、気性がワイルドなので流血することも多々ありで(笑)、それでも甘えてくる姿や、リラックスして傍で眠る姿はメチャクチャかわいい。
そんな姿を写真に撮るのも楽しくて、今ではすっかり猫依存症です(笑)。

c0039735_1630155.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
caramelさん:■読者に評判だった記事
☆「ずんだマカロン」  
Woman exciteの「カワイイ!」で紹介していただいて、すごくたくさんの方に見ていただきました。

☆「猫チョコマカロン
猫のシルエットを飾りに使ったミニチュアスイーツです。
「かわいい」と言ってくださる方が多かったもののひとつです。

☆「バレンタイン・手作りチョコ♪
「ダマされた!」と言ってくださった方がたくさんいらして、とってもうれしかった記憶があります(笑)。

■気に入っている記事
☆「ミツバチな猫
花の香りが大好きなフランはトルコキキョウがお気に入りで、その夢中な様子に思わず微笑んでしまいました(笑)。

☆「*光に透ける雑貨*。。。原点に帰るコト
最近の記事ですが、特に印象に残っていて気に入っています。

☆「ミニチュアスイーツ*苺のタルト*
これも最近の記事ですが、原点に戻った気持ちで作ったミニチュアスイーツなので、大切な作品のひとつになりました。

c0039735_16303290.jpg猫とX*masリース
手作りのクリスマスリースが完成して写真を撮っていたら、フランがやってきて、かわいくモデルを務めてくれました(笑)。

エキサイトブログ編集部:長い休みがあったら何をしたい?
caramelさん:のんびりと旅行をしたいですね。
理想としては、フランスとかイギリスで(笑)。そして思う存分、雑貨や街の様子を写真に撮りたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
caramelさん:衆議院選挙に関するニュースでしょうか。
震災後の復興、原発問題、経済など、これからの日本の方向が決まる重要な選挙だと感じています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
caramelさん:いつも「猫パンチcafe」に遊びに来てくださってありがとうございます。
温かなコメントをくださる方、そっと見守ってくださる方、いろいろな方に支えられてブログを続けてこられたととても感謝しています。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1510358.jpg





【caramelさんの気に入り&好きなブログ】

●「M☆M House's Kitchen」   
いつも美味しそうなお料理と明るくパワフルなお人柄のmanaさんから、たくさんの元気をいただいています。

●「本日、吉日。」  
看板猫の*吉さん*のラブリーさと楓さんが作るすごく素敵なフラワーアレンジを見るたびに、とっても癒されています。

●「桃林窯 器こぼれ話」 
陶芸家のナンさんが作る素晴らしい器の数々。お料理、写真、エプロンデザインを手がける奥様のキーマさん。そして2匹のニャンズちゃんたちがかわいい。
ギャラリーでお茶を飲みながら器を選んでみたくなります。

●「手作り野菜と料理を楽しむ夫婦のケンカ日記
野菜作りや美味しそうなお料理、登山先の風景や花など。見ていると、楽しくて元気になるブログです。
トマコさんの撮る花の写真は、いつもやさしくて、お花との会話が聞こえてきそうな気がして見ています。

●「メローな時間」 
カナダ在中のkaomiさんの素敵な写真と紡ぐ言葉に、いつも爽やかさをいただいています。
チャーミングで魅力的なお人柄、そして抜群のセンスに、とっても憧れてしまいます。




【caramelさんのライフログ】

ヨーロッパのレース手帖 ノスタルジックでかわいい乙女のための手帖

BOOKLUCK / ピエ・ブックス


● 「ヨーロッパのレース手帳」
レースにちょっぴり詳しくなりたいと思い見つけた本。
のんびり眺めているとリラックスできます。

ターシャの庭

ターシャ テューダー / メディアファクトリー


家族からプレゼントしてもらった本です。
どの写真もターシャが丹精込めて作り上げた庭の美しさに溢れています。

英国プライベートガーデンを訪ねて―English garden (主婦と生活生活シリーズ 374)

土井 ゆう子 / 主婦と生活社


これは友人からプレゼントされた本。
イギリスの人たちの庭作りの情熱に圧倒されます。

caramelさんの「猫パンチcafe」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-12-04 16:53

c0039735_14311321.jpg「好きな器や雑貨をキュートに撮りたい!」「お花やインテリアももっとすてきに撮れたらいいな~」と思うことはありますよね。
暮らしの中のお気に入りのもの、すてきな瞬間を写真に撮るときに、自分らしいセンスで演出するフォトスタイリング。ときにはかわいく、ときにはおしゃれに。ときには上品に…。しっとりした空気感とセンスのよさが漂う写真を見ると、「こんなふうに写真を撮れたらすてき~」「私もフォトスタイリングのセンスを磨いてみたい」と思う読者も多いはず…。

そんなフォトスタイリストとしての視点で切り取ったイメージ写真をはじめ、穏やかな軽井沢での暮らしをつづった記事やお出かけ写真などから、落ち着いた印象のライフスタイルが伝わってきます。愛犬ちいちゃんとの暮らしぶりも心癒されるものがあります。

今週は、日々の暮らしを自分らしく楽しむ「きれいの瞬間」のchee-mamaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
chee-mamaさん:こちらこそ、いつもお世話になり、ありがとうございます! 今回はピックアップブロガーにとりあげてくださって大変うれしく思っております。
ブログをはじめたきっかけは、一眼レフカメラを購入して、使い方をマスターするにはブログをはじめて毎日撮影する習慣をつけると上達するとアドバイスを受けたからです。
恥ずかしいので、カメラ教室の友人以外の人には内緒で始めました。家族にばれたのは(笑)なんとはじめてから4年たってからです。

c0039735_14495544.jpgエキサイトブログ編集部ご自身のブログを紹介してください。
chee-mamaさん: ブログ内容は今年12歳になる愛犬のこと、軽井沢の情報、そしてフォトスタイリングに関することが大きな柱です。
ブログは私の分身。ですからその時の自分の気持ちを嘘偽りなくお伝えできたらと思っています。
そして、どんな小さなことでもいったんフォトスタイリストとしてのフィルターを通してからブログの記事にしようと心がけています。
たとえば、おいしいと思ったお菓子やかわいいと思った雑貨など、普通にパチリとお写真を撮影するのではなく、「どうしたらこのおいしさやかわいさ、幸せ感をみなさんにお伝えできるかしら~」と考えてから…。軽井沢の美しい風景やお店の情報も、「ガイドブックとは違った視点から軽井沢の魅力をお伝えしたいな~」と思っているのですが、これはなかなか難しいですね。
私のブログにいらして、少しでも笑顔になってくださったらとてもうれしいです。

エキサイトブログ編集部ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
chee-mamaさん:地域年代を問わずいろいろな方との出会いがあったことが一番うれしいことです。
実際にお目にかかった方も、ブログから感じていたとおりの素敵な方ばかりでした。
私が落ち込んでいる時は、励ましてくださり、私がうれしいことがあると、一緒に喜んでくださったり!まるで昔からのお友だちのように接して下る方々ばかりで…。ブログからそんな素敵な友人ができると思ってもみませんでした。
そして、ブログの良さを感じるのは、だれでも簡単に自己表現ができるということです。何かを発表したくても、本の出版や展覧会は普通の人では難しいことですけど、ブログは誰でもできますものね。やはり人にみていただけることが張り合いにもなって上達していくと思うので、私にとってもとてもありがたい存在です。

エキサイトブログ編集部自分をひとことでいうなら、どんな人?
chee-mamaさん:すごくアバウトな人ですが、これ~~と思ったことには深くのめり込んでしまうタイプです。

c0039735_14482054.jpgエキサイトブログ編集部会ってみたいブロガーは?
chee-mamaさん:私のブログにいらしてくださる方、私が訪問しているブロガーさん、みなさんにお会いしてみたいです。みなさん素敵な方ばかりですもの!

エキサイトブログ編集部一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
chee-mamaさん:はまっていることはフォトスタイリング(笑)。こんなにどっぷりこの世界の魅力にとりつかれたとは思ってもみませんでした。
自分が表現したことで写真を見てくださった方に何かを伝えることができるって素晴らしいと思いませんか?
表現の仕方って、いろいろとあると思うのですが、私の場合はフォトスタイリングだったわけですね。
あとこの時期はフィギュアスケート観戦(笑)。日本人選手が活躍中ですので応援にも力が入ります。

エキサイトブログ編集部夢は?
chee-mamaさん:穏やかな老後(笑)。
年齢的にこれからの人生計画をしっかり立てていかなければいけない時期に来ていると思います。ほとんど主人まかせですけど、家族でつつましやかながらも心豊かな生活ができるようにいろいろ話し合って決めていきたいですね。

近いところの夢とすれば…。フォトスタイリングの素晴らしさを多くの方に共感していただきたいです。
フォトスタイリングの講座は、クリエーターの方、ショップ経営の方、なにかの先生をなさっている方が、ご自分の作品や商品、レッスン内容を素敵に表現できたらという思いで受講なさっている方が確かに多いと思います。
ですが私は、フォトスタイリングはそのような方々だけのものではないと思います。
私自身、仕事はしていてもフォトスタイリングには何も結びつかないことをしています。それでも長く続けてきたのは、小さくても自分の世界を作ることの楽しさ、それを伝える喜びを知ったからです。
カメラ女子人口は増え続けていますが、与えられた被写体を撮影することに満足されている方が多いですよね。ご自身が「撮影したい!」と思われた被写体を素敵に見せるにはどうしたらいいかと自分自身が考え作り上げたとき、ファインダーの向こうに見える世界は、その人が作り上げた素敵な世界。作り上げる過程を楽しむのもよし、ブログにアップしてみなさんに見ていただくのもよし、ポストカードにしてお配りしても楽しいですよね。
そんなふうにフォトスタイリングを身近に楽しんで続けていかれる方が増えてほしいな~と思っています。

c0039735_1456862.jpgエキサイトブログ編集部:お料理やインテリア、かわいい雑貨を引き立てるフォトスタイリングがすてきですが、フォトスタイリストになられたきっかけやフォトスタイリングの楽しさは? また、ライフスタイルでのこだわりや記事アップの際に、心がけていることなどは?
chee-mamaさん:フォトスタイリングを始めたきっかけは、「素敵な写真を撮影するにはカメラの技術だけではないな~」と気がついたからです。カメラ自体の性能もアップしているので、シャッターを押せばそれなりに誰でもきれいに撮影はできますけれど、それだけでは何か違う…と思ったからですね。
フォトスタイリングというとものを並べる、構成する、セレクトするという技術なのですが、それだけが完璧にできたとしても私はだめだと思っています。
技術については私が所属している日本フォトスタイリング協会でもインストラクターが手取り足取り教えてくださいますが、最後には本人の気持ちがどれだけ投下されているかどうかなのですね。
写真の中には気持ちがものすごく表れるのです。いい加減な気持ちや迷って作り上げると、人にはいい加減にしか伝わらない…。自信過剰の作品は逆に見てくださる方が引いてしまいます…。
ただ物を並べているだけでは、単なる説明写真にしか見えませんし…。
作品自体がまだまだ完成度が低くても、伝えたい思いが強ければ人の心をしっかりととらえることはできるのです。
人となりが出てしまう分野だけに、少しでも人間性を磨いていかなければいけないことを痛感しています。
ブログをアップしているときに心がけているのは、普通の主婦やOLの方々にも、フォトスタイリングの楽しさが伝わるように、「わ~素敵!」「かわいい!」「こんなふうに写真を撮影してみたい!」と思ってくださるような写真を掲載できたらな~と思っています。クリエーターではない私にできることはとても小さなことなのですが、小さなことでも丁寧に積み重ねていくことが大切ではないかと。そして何よりも私自身が楽しんでいるところをお伝えできるブログにしていきたいですね。

c0039735_14433668.jpgフォトスタイリングのコツですか~。それは、撮影したいものを、じぃ~~と観察してみることですね。
そうすると、その物が訴えてくるのですよ。「この部分をかわいく撮影して!」って。
あとはその部分を主役に周りを構成していけばいいのです。物をおいたり、引き算したり。簡単でしょ(笑)。
わかっているようで、意外とないがしろにされている部分なのですよ。

ライフスタイルでこだわっていることは、最近はシンプルであることと、そのもの(行動)が“好き”かどうか。
何でも欲しい~(笑)という時期はとうに過ぎているので、物を選ぶ基準がある程度しっかりできてきたと思います。“好き”と思わなければ買わないし、あまり悩みません。お友だちとお買いものに行っても私の決断はものすごく早いと思います。

エキサイトブログ編集部生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chee-mamaさん:家族と今年12歳になる愛犬と過ごす時間です。
かわいい愛犬もあっという間に12歳になってしまいました。あとどのくらい一緒に生活できるかわかりませんが、残された時間を精一杯の愛情と感謝ですごしたいですね。

エキサイトブログ編集部数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
chee-mamaさん:■気に入っている記事
おはよう~♪ のテーブルセッティング!~ 軽井沢 Natur ~ (2012.10.5)
軽井沢にある大好きな雑貨屋さん“Natur”で買った器のご紹介記事なのですが、器のかわいさを引き出せるように複数の写真で展開してみました。

c0039735_14503984.jpgまだ間に合います!イースターエッグの作り方♪  (2012.4.3)
Woman exciteの「カワイイ」にも選んでいただいたイースターエッグの作り方の記事です。エレガントな卵に見えるようスタイリングをしてみました。

アンティークに囲まれてケーキレッスン♪ (2012.9.27)
お友達のJunko先生のケーキレッスンのご紹介です。アバウトな私でも先生のご指導のもと、こんなに素敵なケーキを作ることができました。(写真は先生のお見本ですが・・・)

フォトスタイリスト☆ (2010.11.23)
フォトスタイリストの認定を受けたときに、たくさんの方からメッセージをいただいた思い出の記事です。

■読者に評判だった記事

日本製の優れもの♪ (2012.8.27)
 外国のフードスタイリストさんがよく使っている器は実は日本製なのですが日本での販売はされていません。軽井沢のお店でその器が売られているのを偶然みつけました。かわいい~ほしい~との声をたくさんいただきました。

2月のマキコフーズステュディオ♪ (2012.3.16)
料理研究家藤野真紀子先生のレッスンレポ。真紀子先生の記事は毎回たくさんの方が見に来てくださっております。レッスンの楽しい雰囲気が伝わると嬉しいです。

温かい春をお迎えしましょう~軽井沢高原教会~(2012.4.22)
3月~12月には軽井沢の検索で私のブログにいらしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。高原教会でのイースターイベントの記事のお写真、結婚式を終えられたばかりのお二人が背景に入っていただけて印象深い写真となりました。

僕、疲れちゃったよ^^(2012.7.15)
愛犬に語らせている“ちぃのつぶやき”は人気カテゴリー。この記事はママにひっぱりまわさせて、イヤイヤ軽井沢散策に連れまわされるちぃちゃんが“疲れた~”と語っております。

エキサイトブログ編集部:長い休みがあったら何をしたい?
chee-mamaさん:長い休みがあったら、家にあるものすべてを見直したいです。仕事で時間をとられてしまうので、家の中がなかなか思うように片付きません。中途半端な整理ではなく、もっと使いやすいように細かなところまで改良してみたいです。

c0039735_1451331.jpgエキサイトブログ編集部最近の気になるニュースは?
chee-mamaさん:いろいろ気になることはありますが、明るいニュースを選びたいので…。
レスリングの吉田沙保里選手の国民栄誉賞受賞でしょうか。
吉田選手の成績は人間業とはおもえないほど素晴らしい記録ですね!本当に賞に値するものだと思います。どれだけの努力をなさってきたのか頭が下がりますね。
オリンピックなどで選手たちは”国民の皆さんの応援がパワーになりました!“とよくお話されますが、いえいえ、国民のほうがパワーをいただいたり幸せな気持ちになったりしていると思います。吉田選手のようなスポーツ選手を育てるために、国が練習環境を整える事や資金援助などをもっとしてもよいのではと思います。スポーツ選手の活躍を応援することは、結果的に国民に素晴らしい感動と幸福をもたらすことにつながるのですから。

エキサイトブログ編集部ブログに訪問してくださる方にひとこと!
chee-mamaさん:いつも私のブログに遊びにいらしてくださり、ありがとうございます!
いままでいろいろな出来事があって、何度も中断したことがありましたが、みなさまのあたたかい励ましがあってここまで続けることができました。感謝の気持ちをこめて、心をこめて遊びに来てくださった方がハッピーになっていただけるようなブログを更新していきたいと思っております。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【chee-mamaさんの気に入り&好きなブログ】

●「窪田千紘&フォトスタイリングオフィシャルブログ
私にフォトスタイリングの素晴らしさを教えてくださった窪田千紘先生のブログです。
数年前に先生のブログを拝見してスタイリングの必要性を感じたのでした。

●「atelier aoitori
私にカメラのシャッターの押し方から教えてくださった英里先生のブログ。エキサイトブログに移られたのは最近なのですが、ガーデニングのプロでもある先生の撮影するお花は、さすがお花を知りつくし愛しているからこその美しさです。

●「こえだニューヨーク
元気はつらつ、笑顔がいっぱいのこえださんのブログ。お料理が抜群にお上手でテーブルセッティングも素晴らしい!お写真満載で人気のブロガーさんです。ブログを通じて実際にお会いできた方のおひとりです。

●「Sweet Davy
犬種は違うけれど同じ年頃のワンちゃんを家族に持つブロガーさん。ワンちゃんや素敵なご家族のこと、そして素敵なテーブルのお写真を拝見すると、こんな生活をしてみたいな~と憧れてしまいます。

●「lulu French Kiss
私の紅茶とケーキの先生Junkoさんのブログです。教えてくださるケーキも先生の立居振る舞いもすべてがエレガント! 憧れの存在です。




【chee-mamaさんのライフログ】

置かれた場所で咲きなさい

渡辺 和子 / 幻冬舎


ちょっと心がマイナスに向かっていたとき、偶然こちらの本を紹介していただきました。題名になったフレーズ以外にも自分に向き合うことや、優しく励ましてくださる言葉がたくさん詰まっている本です。

KURA別冊 軽井沢 (KURA別冊シリーズ)

(株)まちなみカントリープレス


信州を愛する大人の情報誌として毎月発刊されている雑誌。その中での別冊軽井沢特集は、数ある軽井沢関連の雑誌の中でも特に写真が美しく大人が楽しめる軽井沢の情報が満載です。

chee-mamaさんの「きれいの瞬間」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-11-13 17:32