今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:写真系 ( 187 ) タグの人気記事

c0039735_16164672.jpg無人島へのシーカヤックの旅をはじめ、海や山、川遊びを楽しむアウトドア写真に思わずくぎづけ!中でも、緑の苔に覆われた深い渓谷のダイナミックな景色の中を歩く冒険家のような写真には、「わ~、すごい景色~っ!!」「行ってみた~い」と読者に大注目を集めました。

そんな大自然を楽しむ一方で、人工的な工場夜景でも知られるブロガーさんとしても人気!夜に光り輝く工場夜景やジャンクションの夜景に魅せられ、全国各地のインパクトある写真を撮り続け、なんともいえない異空間が、見る人の心に独特な印象を残しています。どちらの写真も、「SBCさんらしい!」と更新を待ちわびるファンも多いはず…。
今回は、自分の好きなことをとことん楽しんで、独自の世界観を写真で伝える、「夜光虫SBC」のたっつんSBCさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
たっつんSBCさん:まず始めに拙い文章であることと、たまに話し言葉が馴れ馴れしい感じになることをお許しくださいませ。
ブログを始めてちょうど2年になります。といっても、途中の数ヶ月は休止状態だったので、実質稼動は1年半ほどでしょうか。ブログを始めるキッカケとなったのは尊敬する先輩からの薦めです。
詳しく話すと、ブログを始める前日に福岡の友人であり、写真の先輩3人と私の4人で北九州に工場夜景の撮影に行ったときのこと。撮影場所は、対岸に工場がある海沿いで、4台のカメラを並べて撮影していると、その中のひとり、ポンイチさんこと、本田純一さんという九州の工場夜景撮影の第一人者が、ぼそっと「そういえばSBCのブログなんていうの?」と聞いてきたのです。
当時、ブログに興味はありましたが、人さまにお見せできる写真でもないし、文章も苦手で、根っからのあまのじゃくの私。やるわけないですよね!そんな理由でブログはしていないことを伝えると、「え?今までいろいろな場所に行って撮り溜めた写真はどうしてるの?」と聞かれ、「暇な時にPCを見返してはひとりニヤニヤしています」というような会話が数分続きました。
そして、このひと言に背中を押してもらい、ブログを始める決意をしました。「絶対やったほうがいい。人に見せることで、何かが変わるよ」。そう言われると翌朝、数時間後には「夜光虫SBC」を開始していました。

c0039735_16171335.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
たっつんSBCさん:まずブログ名「夜光虫SBC」ですが、ブログを始めるキッカケになった工場撮影の時の光景が印象に残り、これも何かの縁かな?と思い、そのままブログ名にしてみました。その日は、堤防沿いの海がポワーン、ポワ―ンと呼吸をするように淡く青く光っていました。そう!夜光虫です。
後半の「SBC」ですが、プライベートでサバ長と呼ばれていて、そこからなんとなく「SBC」と名づけました。サバイバル隊長の略らしいですが、サS・バB・長Cです(笑)。スペルがsurvivalだからSVCじゃないの?なんて小さいことにはこだわってなくて、呼ぶ時の語呂感がしっくりキタ!という、これまたいい加減な理由で「SBC」となりました。
「夜光虫」+「SBC」で「夜光虫SBC」・・・なんて適当なネーミングだよ!とか、みなさん思われるかもしれませんが、その通り!適当につけました。
しかし、今では「すごくいい名前だね」とか「記事の印象に合うね!」なんて真剣に言われると自分の中の罪悪感というか、裏切った感が湧いてきて本当のことを言い出しにくくなっています・・・。

c0039735_16534058.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
たっつんSBCさん:ブログを始めてよかったことは、撮影仲間や友人が全国にできたことです。今ではジャンクション撮影や工場撮影に行く時は現地の方に日程の連絡を入れて、空いていれば即席撮影会の日程が組まれる。その友人が友人を連れてきて、次回は友人の友人が仲間を連れてくるというようなポジティブな連鎖が起こっていることも楽しみのひとつですね。

その他で驚いたというか、うれしかったことは、初めてのコメントでコスプレ撮影の依頼が来たことです。それまではジャンクションや工場といったいわゆるドボク系しか撮影の経験がないのに「ナゼ?何かの詐欺か?」と思ったほどです。
断る前提でメッセージを返し、お話をして、柔らかく断ろうと決めていたのですが、実際お会いして話をしているとコスプレ撮影への真剣に向き合う姿勢や、人物の撮影経験のない私に「撮ってほしい」という強い想いを聞き、断れなくなり撮影を慣行したということもありました。
今ではその方々とはコスプレ撮影以外でも飲みに行ったり、工場撮影に合流したりとおつきあいは続いています。
また、ブログ更新をサボっていると不思議なことに同じようなタイミングで叱咤するメッセージがいろんなところから寄せられます。その他にも、通りすがりで見ていただいた方の反応や、私のブログに意を決して初めてコメントする方の真剣な感想を伺えることがブログをやっててよかったと思えることです。

c0039735_16174281.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
たっつんSBCさん: 工場撮影、ジャンクション撮影、アウトドア・・・全部です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
たっつんSBCさん:宇宙旅行です。マジです。宇宙飛行士じゃなく、楽な感じの旅行のほうです(笑)。それまで生きてられるかな~。

エキサイトブログ編集部:とても雄大な自然を満喫する写真に魅了されますが、まずは写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみ、また山登りを好きになった理由やアウトドアの魅力をお願いします。
たっつんSBCさん:写真を撮り始めたのは7年ほど前になります。初めはシーカヤックで無人島などに渡った時に記録用として撮り始めたのがきっかけですね。もちろん、一眼レフではなく防水コンパクトデジカメになります。記録用で始めたのですが、「水面から撮影したらどうなるんだろう?」とか、山で「あんな感じ、こんな感じに撮りたい!」などと思っているとコンデジではイメージ通りに撮れないことがわかかり、ほどなく一眼レフの門を叩きました。

c0039735_16304047.jpg


アウトドアは私にとって特別なものではなく、川も海も山も『そこにある場所』って感じに思っています。というのも私の出身は鹿児島の田舎で近くに海、川、山があり、そこをフィールドにして毎日遊び回っていたということがベースにあるからだと思います。
その頃は自転車があればどこでも行けると思っていました(笑)。実際に小学校の頃、夏休みに急に思い立って1,000円だけ持って霧島連山に自転車で行ったこともあります。途中でパンクして800円飛んでいった時はさすがにヤバさを感じましたね。そのころ缶ジュースが100円でしたから、行きに1本、帰りに1本買ってフラフラしながら帰ったことが人生で一番ツライ経験だったと思います。あれ?ぜんぜん質問に答えてませんね!
では、山を好きな理由は…というと、景色がきれいというのはもちろんですが、そこにある達成感が一番の理由だと思います。アウトドアの魅力は自分が自然に合わせないといけないことですね。どういうことかと言うと、前回と同じ場所に行くにしても、フィールド自体が変わっていますし、同じ気温、気象条件なんてことはないんです。
逆に同じ条件だったら、TVゲームみたいなもんですから山も、海も、川もやってなかったと思います。とか強がってみます。
考えてみれば、一年を通して毎月のようにどこかに出かけて自然を満喫してますね。なんと贅沢なのでしょう。今月も海も山も行きましたので、次は川(渓谷)に行こうかと考えています。

c0039735_1620840.jpg


エキサイトブログ編集部:そんな一方で、とてもインパクトのある工場夜景やジャンクションの美しい夜景写真の数々に驚きますが、工場夜景などの写真を撮り始めたきっかけや撮る楽しみは?
たっつんSBCさん:工場の撮影を始めたきっかけは、工場とは違う切り口になるのですが、九州で産業遺産の見学会があり、全国から見学に来られていた方の中に大阪を中心に活動しているフォトグラファーのHEBUさんがいらっしゃっていて、私が近々、大阪に行くことを伝えると、「そしたら工場撮影に行こう!」と言ってくれたんです。そんなこんなで初めての工場撮影の日取りがトントン拍子に決まった次第です。ということで撮影した工場は大阪の堺になります。

それから工場の魅力に取り憑かれ、北は北海道の室蘭の工場地帯から南は北九州、苅田の工場地帯までいろいろな工場地帯を撮影しました。「工場なんてどれも同じじゃないの?」と思われがちですが、意外にそうじゃないんです。例えば、プラントの形も大きさも、その場所、場所で違いますし、何故だか、わざわざカラフルなカラーリングだったり、光の色、光量なども微妙に違うんです。
何より撮影をしますので工場自体の魅力も大事ですが、どこからどのように撮影するかが大事だったりするんですね。工場の近くに小高い丘や山があると俯瞰で撮影できるか確かめるために、撮影の準備の前に、登山の準備が始まります。今では撮影ポイントを探すほうが楽しいんじゃないのかな~と自分で思うほどワクワクしながら2Dの地図を見て、頭で3Dに変換して妄想する日々です。ちょっとマニアックな話になってしまうので、そんなところで…(笑)。

c0039735_16205779.jpg


エキサイトブログ編集部:また、どんな写真をめざしていらっしゃるか?自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、心がけていることは?また、素敵な写真を撮るコツもお願いします!
たっつんSBCさん:私が目指す写真は、見ていただいた方の「記憶にいつまでも残る」ものです。誰にでもあると思うのですが、ふとした瞬間に『思い出す写真』。そんな写真を撮りたいです。しつこく脳裏にこびりついて取れないような写真です(笑)。
また、見ている方にすべてを見せるのではなく、あえて全部を見せないことによって、見る方が写っていない部分を想像する!人それぞれの『世界観』 。これも合わせて1枚の写真と考えています。だから私の写真のほとんどは写真の一部という感覚で見ていただけるとうれしいです。
自然を撮るときは普段見ることのない視点を意識したカメラ位置で撮影しています。日常の中の非日常とでも言うのでしょうか。
工場を撮るときは垂直、水平が絶対ですね。少しでも狂うと美しいという感動スイッチを押せないんです。逆にジャンクションは曲線、直線を画面にどのように配置するかということに重点を置いています。イメージは線をバランスよく配置したポスターみたいな感じで撮っています。

c0039735_16571330.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
たっつんSBCさん:特にやってない・・・です・・。編集部さん、すみません。

エキサイトブログ編集部: 生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
たっつんSBCさん:一番はやはり家族との時間です。もう気づいていると思いますが工場、ジャンクションの撮影しながら、アウトドアに講じる。自由にさせてもらって感謝してます。
上記は、当たり前すぎるので2番目に大切にしている時間を答えます。
前述しましたが、撮影ポイントの妄想ですね。想像じゃなくて妄想と書く理由は、考えながらニヤニヤしているからです。あとはアウトドアの新しいフィールドの下調べをしている時でしょうか。両方に共通するのは目標に対して「プランを練るプロセス」に萌える!ということみたいです。そして目標を達成して、達成感という脳汁の分泌で高揚する!この繰り返しに至福を感じているのだと思います。

c0039735_165465.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
たっつんSBCさん:●神様の悪戯なの?
雄大な山のダイナミックさと、季節はずれの雪に見舞われた模様を納めた一枚です。

もう一つのパナリブルー  -沖縄-
自然の中には青という言葉だけでは表現できないくらい、たくさんの青があることを気づくことができた旅。カヤックで無人島へ旅の話です。

住宅街に狂った配管要塞 -福岡:苅田-  
異様で巨大な工場プラントと住宅街のアンバランスさが共存している1枚です。

くびれ -大分:由布川渓谷- 
火山の島、九州ならではの光景ですが、九州でもあまり知られていない異空間です。

空中庭園 -大阪- 
遊び心あふれる建築 まさに空中庭園そのものです。

c0039735_16215911.jpg


青を斬る40D -大阪:りんくうjct- 
大阪のりんくうジャンクションです。ジャンクションの中でも1番好きな造形です。

サイコパス×SBC -コス #1- 
ブログ読者からの依頼で、初めてのコスプレ撮影作品。

ぐにゃぐにゃ線路 -今だけ廃線- 
九州北部豪雨での線路被害ですが、なぜ?そういう状況になったのか。未だに誰も説明できない。

異空間 -平尾台-
野焼き後に、雨に侵食された石灰岩群が露になった姿が別世界へと誘ってくれます。

c0039735_1728161.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
たっつんSBCさん:体があと3体くらい欲しいです。やりたいこと、行きたい場所の増えるスピードが達成するスピードの3倍くらいの速さで先行しています。って、ことは3体じゃ追いつかないですね。5体にしときます。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします方!
たっつんSBCさん:いつもご訪問いただいている方へ、「夜光虫SBC」にご訪問いただきありがとうございます。下手な写真と拙い文章でブログと呼ぶにはおこがましいと自分では思っています。そこに発見や共感していただあける部分があれば幸いです。
初めてご訪問いただく方へ、写真は「落書き」、文章は「独り言」という感覚で見ていただくくらいがちょうど良いと思います。いつも訪問よろしくお願いします!なんて言いませんが、たまーに見に来ていただけると戯言のような記事や、稀に当たり記事に遭遇するかもしれませんのでよろしくお願します。

c0039735_1721856.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【たっつんSBCさんのお気に入り&好きなブログ】


好きなブログはいろいろあって選びのが難しいので、とくに好きでよく覗いているブログがこちらの3つです。

談話室もぐら:別冊Last photograph 
私も自分の事を行動派と自負してますが、彼女は一回りも2回りも上をいきます。しかも目的を達成する為なら大概の犠牲はいとわない覚悟を持っています。その辺の男より男気に溢れているところがいいですね。そんな彼女のブログだからこその貴重な写真が満載です。

硬鉄の森 
ひと言で言うとブログ主は「職人の中の職人」です。商売でカスタムバイクの整備、改造をしているはずなのですが、ブログを拝見するたびに「こんな丁寧すぎる仕事で商売が成り立つのだろうか?」と疑問を持つほどポリシーに満ち溢れる仕事を見せてくれます。その道に精通していない私でも美しいと思うくらいの仕事の仕上がりです。凄い方です。是非、仕事の面白みを見い出せなくなった中間管理職の方(私です)などに見て欲しいブログです。何かを気付かせてくれることをお約束します。

Sablier 
彼女の写真は『透明』や『澄』といった印象でみとれてしまいます。
そして気づけばずっとページをめくり続けます。

【たっつんSBCさんのお使いのカメラとレンズ】

●カメラ
CANON EOS 5DmarkⅢ
CANON EOS 7D
CANON EOS 40D
●レンズ
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
その他・・・SIGMA等

たっつんSBCさんの「夜光虫SBC」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-07-25 19:10

c0039735_18163340.jpg自家製酵母や天然酵母で手作りしたパンをはじめ、キュートなスイーツ写真など、どれもとってもおいしそう!手作りパンのおいしさに目覚めて以来、すっかりパン作りに夢中になったという、パンへの熱い思いはもちろん、家族みんなが幸せに包まれる明るい食卓風景がすてきです。おいしいものを目の前にしたら、だれもがにっこりうれしくなるように、こちらまで幸せのおすそ分けをしてもらった気持ちになります。

週末はカメラ片手に家族とお出かけして、季節の花やすてきな風景を求めて、精力的に撮影しているという行動力にも注目!行ってみたくなるような心に余韻を残す風景写真もたくさんアップしています。

今回は、そんなパンと写真が大好きな「Lovepan」のLovepanさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
Lovepanさん:こちらこそ、いつもありがとうございます。お声をかけていただき、びっくりしているのと同時にとてもうれしいです!このような機会を与えてくださって、本当にありがとうございます!
ブログを始めたのは2005年からです。転勤族で周囲に親兄弟・気のおけない友だちがいるわけでもなく、育児にどっぷり浸かって疲れているより、気分転換も兼ねて主人の仕事が休みの日に興味を持っていたパン教室に通うようにしたんです。せっかく習ってきたことですし、朝ご飯にパンを食べることが多かったので、家でも自分でパンを作るようになり、誕生日を良い機会に作ったものを記録に残しておきたいなぁ~とブログを始めました。
初めは他でブログを楽しんでおりましたが、そちらの容量がいっぱいになってきたのでいろいろ調べ、写真を撮るのが上手な方が多く、写真自体も大きく載せていたり、作業も簡単なエキサイトに惹かれて変えました。
前のブログは今となっては恥ずかしいものばかりですがこちらです。

c0039735_1646408.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Lovepanさん:パンだけでなく、興味を持ったらいろいろ調べたり自分でしてみたくなるタイプで、和菓子を含めたスイーツ作りなどもしています。その中で日常的にしていて、一番好きなことはパン作り。かれこれ10年以上になります。ブログタイトルやハンドルネームはパン作りが好きなことがわかりやすく覚えやすいものにしました(笑)。
インスタントドライイーストから自家製酵母で作ることまで一応できるようになってきたので、そのとき食べたいものと使える時間を考え、できるパン作りを楽しんでいます。

それから、当初パンをはじめ、手作りしたことをメインに書いていましたが、記録として残している写真を「もっと上手に撮れるようになりたい」とカメラにも興味を持ち始めたことで、今ではテーブルフォトだけにとどまらず、美しい風景やお花などアウトドアな写真を撮ることも好きになりました。平日は家の中で手作りを楽しんで、休日は家族でお出かけ撮影を楽しむため、平日のうちに良い撮影スポットを探したり、旬のお花などを調べるようにしています(笑)。
先にもお話しましたように転勤族なので、住んでいるところのことももともと知りませんし、行ってみたいすてきなところを探して出かけることはその土地のことを知ることにもなって、同じ県内に住んでいないブロ友へも「こんな良いところもあるんだよ」と紹介できるかなぁ?と思ったりして。

エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
Lovepanさん:ブロ友さんとの交流があることで、自分ひとりでは知り得ることもなかったことに日々刺激を受け、向上心を持って励むことができるのはすばらしいことですね! ただ、美味しいものを作れるようになりたいだけではなく、美しく仕上げたり、雰囲気良く写真に収められるようにするにはどうすればいいか考えることで、少しずつ作ることも撮ることも上達しているのではないかと思っています。

カメラの世界にも興味を持つようになったことで楽しみがさらに広がりましたし、たくさんの方々とつながりを持てるようになったことがとてもうれしいです。また、会えるような近さでなくても共感してくれたり、何かのときにはアドバイスなり、励ましてくれるブロ友がいるということは自分にとってすごく心強いです!

c0039735_821345.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
Lovepanさん:作ることと写真を撮ることがセットで一番好きなことです。作ることがうまくいけば、うれしくておのずと写真を撮るときも力が入ったり(笑)。逆に、気持ちがのらないときでは、例えばいい風景に出会えていたとしても撮る写真はいまいち撮れなかったりもします。
また、同じ被写体を撮るにしても、感性の違いにより写し方というのは違っておもしろくて勉強にもなりますね。みなさんからたくさんの素晴らしいお写真を拝見させてもらっては勉強になったり、心の栄養とさせていただいております。
その中で今夢中になっていることは、パン教室で何百種類ものパンを習ってきたので、そんなパンたちをパッと一覧表で見られるようにしたいと進めているところです。こちらのパンたちです。 
完全に自己満足の世界ですが、これだけ作れるようになったんだなぁ~と思いながら、作ったときのことを思い出しますし、同じような写真の撮り方ばかりにならないように気をつけたいと思っています。

c0039735_1656119.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
Lovepanさん:一覧表を作り上げることに今夢中になっていますが(笑)、パンにかかわらず、自分のレシピをどなたかが作ってくれて好評であるとうれしいものなんですよね。レシピをあげようと思っていても何か忙しくしていて載せるタイミングを逃してしまうこととかもあるので、もう少しできるといいなぁと思います。簡単でおいしくできるもの、見た目もきれいなものだったりかわいいものだったり、真似して作ってみたくなるものを作って紹介していけたらと思います。また、娘にもそんなふうに気に入って作ってもらえるようになればいいですね!

エキサイトブログ編集部:おいしそうなパンやスイーツの写真がすてきですが、パンやスイーツ、お料理が好きになったきっかけや作る楽しさ、こだわっているところは?
Lovepanさん:どうもありがとうございます。好きになったきっかけは、作ったものを家族が「おいしい!」と喜んでくれたり、ブログでうれしいコメントを残してくださる方がいることがかなり大きいです。自分で材料を目にして作って添加物の心配などもありませんし、食べたいときに作りたいように作れるのも良い点です。興味を持ってすることで自分だけでなく家族が喜んでくれたり、ブロ友も共感してくれると思うと、たとえ慣れないことに挑戦して大変であったとしてもがんばることができますね!

料理を作る時にはできるだけ彩り豊かにさまざまな食材を使って、健康第一に栄養面を考えた食事を心がけています。また、それらの食べ物を撮る時には、できるだけ料理に合う食器や盛りつけ、そこに季節感なども取り入れられるようにして、光を大事に雰囲気よくシズル感があるうちに撮るよう気をつけているつもりです。

c0039735_16584761.jpgエキサイトブログ編集部:料理はもちろん、お出かけ先や旅の写真もとてもすてきですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しさは?また、自分らしい写真を撮るために大切にしていることは?
Lovepanさん:写真を撮り始めたきっかけは、ブログを始めたことで文字だけの内容より写真があったほうが相手に伝わりやすいからです。とはいえ、当初はコンパクトデジカメを使っていたので、自分で思うような色ではなかったり、ボケ感を表現できなかったり、だんだんとコンデジに対して不満を感じるようになりました。そこで一眼レフの世界に踏み出し、写歴としては独学で7年になります。
家でも外でも常に写真をよく撮るようになると、それまで気づかないでいたり、肉眼で見られないものでも写真では見ることができるとか、いろいろ気がついたりして楽しいですし、感性が豊かになるような気がします。また、テーブルフォトを撮る上でも良い影響があるように思えるのはうれしいことですね!

パン教室に行くときも、重くて面倒でも一眼を持ち、作ったものが崩れたりしないよう丈夫な海苔の箱を(笑)持って行きますが、そういう人は周りにいないので、初めて会う方はかなりびっくりされるようです(笑)。
よく話しかけられるタイプなのですが、外で撮影している時もカメラバックも大きく三脚もゴツイのを使っていることで、初対面の方にも「お仕事か何かで写真を撮っているの?」と聞かれたことが何度もあります(笑)。
しっかり撮るときは必ず三脚を使い、光と影を大事にその被写体の良さを最大限に引き出せるように自分なりに頑張っていますが、もっと何か伝えられたり、印象的な写真が撮れるようにしていきたいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
Lovepanさん:特に心がけていることはないのですが、年間的なイベント時期には訪問される方が多いようなので、時期のものはなるべく早く記事をあげるようにしたいと思っています。

c0039735_16474418.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Lovepanさん:家族と過ごす時間を大切にしながら、作ったり、撮ったり、ブログなどを通してのお友だちと交流したり、自分が好きなことをする時間も大切ですね~。多趣味なので、時に音楽を聴いたり、ハーブの手入れをしたり、アロマの香りでリラックスする時間なども癒される大好きな時間です!

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Lovepanさん:★ 母の日♪(わたしのお気に入り)
今年の母の日の出来事です。何年前からか娘が母の日にカレーを作ってくれるようになり、今年はバターチキンカレーを作ってくれました。いつもは娘を手伝ってくれる主人が今年はゴルフに出かけていなかったのですが、本格的でとってもおいしいカレーを作ってくれたので、また作ってもらいたいくらいです(笑)。

ハロウィン弁当♪
ハロウィン時期の宿泊学習に持たせたキャラ弁。前にも後にもキャラ弁を作っていますが、この時ついて行ったカメラマンにお弁当を見せるようにして写真を撮ってもらっていたのが思い出深く、かなりうれしくもありました。

2つの夕焼け
涸沼の夕景。前のものですが、穏やかな湖面と夕焼けが今でもすごく印象深く心に残っています。娘に写真のタイトルをつけてもらったことも忘れられずお気に入りです。

おせち料理 2014
我が家のおせち料理。いろいろ手作りするのは大変だけど、できたときの達成感はかなりのもの。今年も良い一年の始まりを家族揃ってお祝いできました。

c0039735_165948.jpgWedding Aniversary !(わたしのお気に入り
結婚14周年祝いに作った料理記事で、ケークサレをミルフィーユのように重ねたものが特に「おいしい」と好評でした。我が家のハーブも活用できてよかったです。

春の和菓子まつり
春が近づいてくると季節のいろいろな和菓子が食べたくなります。ひな祭りにそんな和菓子をいろいろ作って重箱に詰めてみました。作った和菓子はレシピもあげており、気に入ってリピートしてくださる方々もいらっしゃることがとてもうれしいです。

白鳥のお花見散歩・撮影会
千波湖にお花見に出かけた時のことを白鳥目線でおもしろ半分に書きました(笑)。
人間慣れしている白鳥たちなので近くから撮ることもでき、読んでくださったみなさんもクスッとされていたかなぁ?(笑)

パンDEパンダ
文字通りパンダの模様を入れたパンを作ったのですが、耳がうさぎみたいになっちゃいました。それもご愛嬌ということで(笑)ミケの足跡と一緒に。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
Lovepanさん:どこでもドアと家族みんなで長い休日があれば…。あと資金もないと困るけど(笑)、行きたいところに行ってみたいです。
具体的に言えば、娘はハリーポッターが大好きなので、USJにできるのが楽しみで、「杖が欲しい」とかいろいろ言ってかなり行きたがっていますし(笑)、それならおしゃれな神戸にも行きたい、パン激戦区でのおいしいパン屋さんめぐりなんかも楽しそうとか(笑)。
北海道に家族旅行した時には、雲海テラスで期待していた風景を見ることができなかったから、また行きたい、その時にはやっぱり富良野のファーム富田さんのラベンダーを見に行くのも絶対欠かせないなど…。
海外旅行ももともと好きなので、 モンサンミッシェルの美しい風景や鏡のようなユウニ塩湖を目の前にしてみたいですし、オーロラも実際見られたらいいなぁ…と妄想は限りなく続いて眠れなくなっちゃいそう(爆)。

c0039735_16481464.jpg


エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
Lovepanさん:いつも訪問してくださっている方も、今回この紹介で初めましての方も、貴重な時間に私の長文を読んでくださってどうもありがとうございます。ブログも長いもので8年続けてこられていますが、楽しんで続けていられるのも皆さまのおかげであると感謝しております。せっかくのつながりを大事にしたいと思いますし、初めて見てくださった方もこれも何かのご縁なので、よかったら仲良くしてくださいね。これからもどうぞよろしくお願いいたします!

c0039735_16483984.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【Lovepanさんのお気に入り&好きなブログ】

Sweets Note
プロ級のスイーツを作られているアツコさんにはまだ小さくて手のかかるお子さんが3人もいらっしゃいます。それにもかかわらず、お誕生日などのイベントにはお店でも売っていないような個性的かつすばらしいケーキを作られていらっしゃるんです。独学でそこまでの腕前があることに驚くとともに、私もたくさんの刺激を受けまくっています。

The Lynne's Mealtimes Ⅱ
明るく楽しい口調でいつも読者を楽しませてくれるLynneさんは、パンもスイーツもお料理も何でも上手な方。難しいハード系のパン作りに対して常に高い目標とこだわりを持ち、コンスタントに作られている点や、朝早くから忙しくされている毎日も上手に時間を使って無駄がないことなど、見習いたいことがいっぱいあります。

さぬき写真工房
香川県の風景や季節の花々などを美しく撮っていらっしゃるhirokazuさんのブログです。特に朝景や夕景の写真は素晴らしく、お花を撮るときも光と影を巧みに撮られていて魅了されます。私自身影響されたところが大きいです。最近お忙しいようでブログUPが少ないのが残念ですが、数々のフォトコンテストでも受賞されているすごい方です。

Cafe Room
カメラの世界に興味を持つようになって、初めて一眼レフカメラを購入する際、相談にのってもらったフランカーさんのブログです。私は「お豆師匠」と呼ばせてもらって親しくさせていただいております。近年は素早い動きを撮るのが難しいカワセミ撮りに一番惹かれているようですが、いつもナイスタイミングでばっちり撮られていて、飛びものは何でも来い!みたいなスゴ腕です(笑)

ぱん・ぱん・ぱーん
古くからのブロ友であるAYAさんは、食材の新しい組み合わせを考えたりしながら楽しいパン作りなどされていらっしゃいます。お互い考えていたり行動していることが似通っているところがあって、テレパシーで通じているみたい(笑)。
研究熱心でやさしくあたたかいお人柄で、プレゼント便を何度かいただいているのですが、その心がほわっと伝わってきます。

Lovepanさんの「Lovepan」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-06-02 17:05

c0039735_15111736.jpg一枚の自然の風景や花を、ときには幻想的に、ときにはアートっぽく撮ってみたり、やさしく切り取ってみたり…。独特のブルーが美しい氷の世界や水辺の風景、メルヘンを感じさせる雪の原、春を感じさせるやさしい光に包まれた花など。今しか撮れない瞬間を、独特のセンスで自分らしく撮った写真は、まるでポストカードのよう!
「大好きな人と一緒にこの景色が見られたら、幸せな気持ちに包まれるはず…」。そんな思いを込めて、ブログの向こう側にいる人にも、この景色を共有してもらえますように…と一枚一枚、すてきに切り撮った写真は、見る人の心にも感動を与えてくれます。
毎日アップされる、そんな写真の数々に、「いつもすてきなお写真と感動をありがとう!」とたくさんのブロガーさんがコメントを寄せています。その数の多さや感想にも注目です。

また、写真とともにつづられる言葉にも、ブログ友だちへの愛が感じられ、写真を通じて心と心がつながること、すてきな写真は誰かを幸せにする力があること、を感じさせてくれます。

今回は、震災から丸3年を迎えた東北に在住し、大好きな写真を日々発信されている、「EAM photo」のえむさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
えむさん:こちらこそ ご紹介いただき、エキサイト編集部の皆さま、本当にありがとうございます。ピックアップブロガーに選んでいただいて、恐縮しています。
でも、素直にうれしいです!感謝の気持ちでいっぱいです!

ブログを始めたきっかけは、一眼レフを購入して、もっとうまくなりたいな..と思って。約3年前からスタートしました。ブログをすれば、「人に見られる」ことで、技術向上するのではないか…という理由なんです。最初に始めたのは、他のブログサービス(旧EAM photo)ですが、当時はランキングにも参加してまして、たくさんのすてきなブロガーさんと出逢うことができました。エキサイトさんを利用されているフォトブロガーさんも多くて、写真を表現する場所にはエキサイトブログがぴったりだな..と思い、ランキングをはずすとともに、去年の10月にこちらへ引っ越してきました。

c0039735_18304975.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
えむさん:東北に住んでいるので、ここでしか撮れない風景を主にお届けしています。
もちろん、風景だけではなく、いろいろな被写体に向き合いたいと思って、花や空、人物、生き物なども「○○図鑑」というカテゴリーに分けてアップしています。
よく仙台から北って「未知の国」って言われていますが(笑)、きれいな景色がいっぱいあるので、自分なりに表現できたらいいな…と思っています。
誰かと一緒に見たい風景。誰かと一緒に楽しみたい風景。写真で心と心を繋げることができたらいいな…。そんな思いで撮っています。
ブロ友さんたちと、今ここで、きれいな景色を一緒に見ることできたらいいな…。ここでは一緒に見られないけれど、私のブロ友さんを思う気持ちとともに、この景色を届けたい…。そんな思いで撮っている写真が多いです。

c0039735_1827785.jpgエキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
えむさん:良かったことはいっぱいあります。
一番はやっぱり、すてきなブロガーさんと出逢えたこと!
すてきな写真を撮られる方はもちろん、写真だけのジャンルでない方にも出逢えました。
いつも励ましのコメントをいただいてます。毎日の積み重ねでできた赤い糸。かけがえのない方たちばかりなんです。この出会いって、運命だなって思っています。
数あるブログの中から、このブログを見つけてくださったってことですから。

「えむさんの写真は勝手におしゃべりしてる」「写真を本当に楽しんでる」とか「元気でた!」とか、「えむブルーが好き!」「毎日が楽しみ」とか…、いつもいただく愛のあるメッセージに、また頑張ろうって思えるんです。本当に大好きな人たちに囲まれて、幸せな毎日です。
そういううれしいお言葉をいただいて、そして、自分が成長できているんだなって思えます。自分のブロ友さんに挨拶するのは生活の一部となりました。

それから、写真の仕事もいただくようになりました。本当にやって良かったって思っています!皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
えむさん:やっぱり、なんと言っても写真!なんの被写体でもいいです。
「あー、これは撮りたい」って思う被写体で溢れてて、ほぼ毎日撮っています。
撮らない日があると、ちょっと元気なくなるかも…(笑)。それほど好きなんだと思います。
写真を撮るのが好き…というより、表現することが好きなんでしょうね。
おばあちゃんになっても、ずっ~と写真だけは続けたい、って思います。 

エキサイトブログ編集部:夢は?
えむさん:自分の写真で、多くの人が幸せになれればいいな…と思います。
写真って、人に見せるものだから。誰かが私の写真を見て、何かを感じてくれたら、うれしいですね…。
なので、技術力も表現力ももっと磨かなきゃ…と思います。

c0039735_1554249.jpg


エキサイトブログ編集部:美しい冬景色や花や自然の景観など、まるでポストカードのようにうっとりしてしまう魅力的な写真の数々ですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみは?
えむさん:うれしいお言葉、ありがとうございます。
写真歴は4年くらいです。ほぼ独学で覚えて今に至るんですけど、最初はコンデジから始まって、一眼レフで撮り始めてからももう4年になります。
何気に風景を撮ってたら、いつもの風景が違って見えたんです。
見上げた空に広がる雲ひとつとっても、野に咲く花でも、ファインダーを通して見たら…、こんなに綺麗なの?って驚きました。そこからが始まりだったような…気がします。
それから、だんだんと撮るにつれて、「写真って一瞬なんだな」って、思うようになって…。同じ場所でも、二度と同じ写真は撮れない…。だから、シャッター押すごとに、つねにその一枚が自己ベスト更新!でありたいと思うんです。
そう考えるとおもしろいですね。被写体を愛して、想いをこめる。動かないものを生きているように撮る。写真の表現って、無限大だから、ほんとうに楽しい。
悩むこともいっぱいあります。でも、そこも楽しいんですよね。
だから、写真をやめられない理由のひとつなのかな…。一瞬を追い求めてシャッターを切る!これって、私にとって永遠だと思います。

c0039735_1565645.jpg


エキサイトブログ編集部:どんな写真をめざしていらっしゃるか?自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、心がけていることは?また、素敵な写真を撮るコツもお願いします!
えむさん:私の写真って「どこか未完成」。そういうふうな…どこか人と違う…オリジナリティがある写真をめざしているんです。
一発で、“えむ写真”と言われるような、構図、色合い、コントラスト、ボケ感にしたい。
何気ない被写体もアートに見せたい。
どこかで見たことがある写真だとしても、何か惹かれるとか…、何かを思い出すとか…。そういう写真もめざしたいですね。
そして、見ている方が、何かを感じてくれたらいいな…。言葉でなくって、直接ハートに届く写真。世界は美しい被写体で溢れてるから。そんなことを、写真で表現できたらいいなっ、て思います。

だいたい、外で撮ることが多いんですけど、天候には勝てないので、その時その時の状況に合わせて 表現することを心がけています。休みの日は、ものすごく撮りますね。
かなり特訓しましたし、現在も進行形。いろいろな方の作品を見て、勉強しました。
同じ景色の写真を撮っても、毎回違う発見があるので、その被写体を愛して、心から楽しむことを大事にしています。

c0039735_15534395.jpgエキサイトブログ編集部:お住まいは東北のようですが、東北の景色の魅力は?また、3月11日で東日本大震災から丸3年を迎えますが、その日を迎えて、いま思うことやメッセージなどをお願いします。
えむさん:東北の景色の魅力。やっぱり大自然がいっぱいあるところですかね。どこか懐かしい風景が待っているのも魅力のひとつかもしれないです。
自然がいっぱいの中で暮らしてきたので、東日本大震災は、自然が大好きだっただけにショックでした。あの地震があってから、テレビも見られなくって、津波があったっていうのはしばらくしてから知ったんです。「嘘だ」って…、「嘘であってほしい」って思いました。最初は本当に信じられなかったのです。

ずーっと気持ちを隠してきたんです。
私は内陸の方に住んでいるので、被害は少ないほうだったんですけど、電気もガスもガソリンもない状態の中での数日間は、今までの考えを一転させました。

当たり前のことが一番幸せだってことを…。
こうやって、笑っていられることも、誰かのおかげだし。感謝しなければならない人、こと、モノ…が周りに溢れている。そういう大事なことを、見失うところでした。

震災は誰のせいでもないから、この気持ちってどこにぶつければいいのかわからなかったし、何を話せばいいのかも、簡単に「頑張ろうよ」なんて軽い言葉なんて言えませんでした。
心のどこかでモヤモヤしてたんです。でも、先日、親友と震災の話をした時に、何も語らなくとも「伝えること」って大事だよって。
そっか…私には写真で伝えることができるって スッと入ってきたんです。
それで、今年の2月に宮城に行ってきたんです。

美しい景色が待っていました。自然は何も変わらない。愛する景色がそこにあるだけ。
誰かに伝えたかったんです。分かち合いたかった…東北はきれいだよって。
ブログを通して、たくさんの方に見ていただきました。
それぞれに考えることとか、未だ気持ちに整理ついてないとか、怖い…とか、いろいろあると思います。

まだ復興していない所がいっぱいあるし、叫んでいる人たちもいっぱいいる。
忘れないでほしいし、考えてほしい。
だから、伝えることって大事だなって…。
今回、撮って良かったと思うし、微力ではありますが、これからも伝えていきたいと思います。

c0039735_16235011.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
えむさん:毎日アップすること!エキサイトさんに引っ越してきてからは 今のところ“皆勤賞”です。ブロ友さんたちと一緒に見たい景色が毎日あるので。
毎日何かあるから、うれしい時も楽しい時も、悲しい時も辛い時も共有したいなって思っています。
それから、ブロ友さんのブログに訪問すること。コミュニケーションを取ることがすごく好きなんです。
毎日のやり取りがものすごく楽しいです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
えむさん:もちろん、写真を撮っている時が一番至福の時間。
それから、ブロ友さんのブログを見ること。元気をいただいたり、癒されたり、驚いたり、毎日いろいろ発見があります。

c0039735_1572283.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
えむさん:☆2013.10.13 A new journey♯2
前のブログからエキサイトさんに引っ越してきた初日。ブログも大型連休をいただいたんです。
でも、みんな遊びにきてくれました。涙が出るほど、うれしかった。
「おかえり」っていう言葉が、こんなにもあったかいんだ~…って思いました(涙)。

☆2013.12.31 Thanks everyone
去年、二ヶ月にわたって、ブロ友さんへの感謝祭として、その方々をイメージした写真と共に、103名の方々をひとりひとり紹介させていただいたんです。
2013年最後の日。大晦日だったにも関わらず、たくさんのブロ友さんから「ありがとう」をいただいて、泣いちゃいました。

c0039735_1554675.jpg☆2014.02.14 Heart fes
ブロ友Ricoちゃん主催のハートフェスに参加した時の記事。
バレンタインデーがもっと楽しくなったし、ひとつのテーマでこんなにもたくさんのハートがあるんだって。今年に入って、ブロ友さんたちと同じテーマで撮ることが増えました。
みんなで盛り上ると楽しいですね。

☆2014.02.01 to enjoy the evening
友だちと震災の話をして、急遽宮城へ行ってきた時の宮城フォトシリーズ、第一弾。
たくさんの方に「東北へ来てもらいたい」って想いをこめて。
寒い夜でしたけど、渾身の一作です。

☆2014.02.25 to lighten
ものすごく、花が好きなんです。
お花を撮るとき、気をつけるのは“雰囲気”。
その花の独特の質感をいかに面白く表現するか、いつも考えて撮っています。

☆2014.03.05 the sun is always shining on you
あまり見ることのない樹氷。
今年は思いがけず晴天に恵まれ、青空とモンスター(樹氷)を撮ることができました。難しい被写体ベスト3に入るんですが、前日、ブロ友さんからたくさんのアドバイスをいただきました。来年も楽しんで撮ってきます。

☆2014.3.7 My snow
写真で楽しさを伝えれたらいいなと思って。たまに体をはって、撮る時もあります(笑)。
雪国でしか撮れない写真です。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
えむさん:物質的なものはいっぱいあります。キリがないので(笑)精神的なほうで。
写真を撮っていれば、たいてい心が落ち着くので、今以上に写真を楽しむこと!

c0039735_1561698.jpg


エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
えむさん:いつも本当にありがとうございます。
皆さまのところへおじゃまするのが、生活の一部になっています。いつも元気をもらっていますし、コメントも本当に励みになっています。
大好きすぎます!!!
これからも、末永ーーく、よろしくお願いいたします。
それから、初めて見てくださった皆さまへ。私のつたないブログを見てくださってありがとうございます。これも何かのご縁。よろしければ、仲良くしてください。

私のテーマは「写真で繋ごう、ココロとココロ」。あなたとわたしの赤い糸。繋ぎたいです。
一緒に写真、楽しみましょう。

それから エキサイト編集部の皆さま、このような機会を与えてくださって、本当に本当にありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_16275245.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【えむさんのお気に入り&好きなブログ】

たくさん仲良しのブロ友さんがいるので、ものすごく悩みましたが、今回は東北のブロ友さんをご紹介します。

Chikka*ism
唯一、私のすべてを知っているブロ友さんです。
いつも元気をくれて、「姉御」って呼ばせていただいています。
素敵な写真がいーーっぱいで、どの写真も大好きなんです。
いつもありがとう。

Tamayura no Life
もうひとりの「姉御」です(笑)。
ずーーっと昔から、見てくださっています。
ある雑誌に一緒に掲載されたのがきっかけでそれから仲良くさせていただいています。
この方の写真を見ると、写欲が湧きます!
いつもありがとう。

Sablier
ものすごくカッコいい写真がいっぱい!
どの写真も素敵で、全部大好きです。私にパワーをくれる大事なブロ友さん。
いつもありがとう。

morioka暇人日記2
東北の美しい風景をいっぱい撮ってらっしゃいます。
素敵な写真ばかりで、「次、ここに行きたい!」ってなります。
大好きな景色が見られてうれしいです。
いつもありがとうございます。

ほのぼの☆みっきぃDays
同じ県で沿岸にお住まいのブロ友さん。
あの出来事を目の前で体験された方。それでも、いつも元気を分けてくださいます。
大事なブロ友さんです。
いつもありがとうございます。




【えむさんのお使いのカメラ&レンズ】

◆カメラ
Canon EOS 5D Mark
◆レンズ
EF 24-70mm F2.8L
EF 70-200mm F2.8L
EF 100mm F2.8L

◆カメラ
Canon EOS 7D
◆レンズ
EF-S55-250mm F4-5.6
EF-S15-85mm F4-5.6
EF-S18-55mm F3.5-5.6
EF50mm F1.4

えむさんの「EAM photo」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-03-11 17:24

c0039735_12513953.jpg広い雪原にまるで天から雪が降ってくるように見えるほどの星の数--。都会ではけっして見ることのできない、こんな美しい星のイルミネーションを実際に目にしたら、思わず時間がたつのを忘れてしまいそうです。
あたりには静寂なムードが漂い、壮大な宇宙を感じられるような天然のプラネタリウムを見ているような感覚を覚えそうです。

そんな冬景色によく似合う星空をはじめ、自然の木々や山、川など北海道の景色に星空をからめた写真に注目。また、四季折々の自然が感じられる山登りの写真や川歩きした写真など、北海道らしい写真も魅力的です。

今回は好きな星空撮りのためなら、極寒の中でもカメラを担いで出かけて歩く、「山歩き川歩き」のyamakawawalkさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
yamakawawalkさん:まず最初に、今回ブログを紹介させていただく機会をくださったエキサイトブログ編集部の方々にお礼申し上げます。
ブログを始めたきっかけですが、山登りを始めてまもなく一眼レフで写真を撮っていると、「ブログとかされているんですか?」と尋ねられることがよくありました。中には「せっかく撮っているのにもったいない」と言ってくださる方もいて、登山日記的な形で写真を紹介するのもいいかな?と思うようになりました。
ブログを始める前から写真がきれいなブロガーさんはエキブロを利用されている方が多い印象でしたので、開設に際してエキサイトさんに決めるのに迷いはありませんでした。
  
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yamakawawalkさん:登山記をメインに北海道の景色やその景色を絡めた星空を紹介しています。
登山や自転車、キャンプ、山菜採りやキノコ狩り等、アウトドアでの遊びが中心ですが、登山の帰り道の美味しいお店や天気が悪い時の楽しみ、趣味の道具や服などもたまに+αとして紹介しています。
夏は30℃の真夏日、冬は零下30℃の酷寒というメリハリのある気候が魅力の北海道の素晴らしさを少しでも多くの方に伝えられたらいいなと思って更新しています。
北海道に観光にきて素晴らしい景色を楽しみ、夜には美味しい食べ物に舌鼓を打った方も多いかと思います。
実は北海道の夜の良さはススキノだけでないんだよ、と星空の写真を通して伝われば幸いだと思っています。

c0039735_129106.jpg
  

エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
yamakawawalkさん:やはり「見られている」と思うだけで励みになりますし、なによりも技術向上のモチベーションにもなります。
今回こういう機会ですので開設当初の記事を自分で見返したのですが、初めのころの写真、特に星空の写真は今となるとちょっと恥ずかしいですね(笑)。
今現在も発展途上の素人ですが、ブログに掲載し続けたことで少しは進歩しているのかな?と思います。個人鑑賞だけのままであったなら、ここまでの向上心は生まれなかったと思います。ただ、どんなに下手で恥ずかしい作品でも、消したりはせずにそのまま自分の足跡として残しておこうと思っています。
伊能忠敬の言葉にあるように、「歩け、歩け、続ける事の大切さ」をモットーに私もがんばろうと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
yamakawawalkさん:やはり星空を写真に収めることですね。
事前に地図や衛星画像などを使って、星空に絡めるよい景色がないかを探すのがすごく楽しい作業です。自分の中でのイメージ通りに撮れたときはすごくうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yamakawawalkさん:オーロラを撮影してみたいです。

c0039735_1283537.jpg

 
エキサイトブログ編集部:星空の写真がとても魅力的ですが、星空の写真を撮り始めたきっかけや星空の写真を撮る楽しみや魅力は?
yamakawawalkさん:星空を眺めるのが好きになったきっかけは、小学校2、3年生の頃なのですが、十勝の上士幌町・糠平でキャンプをしていた時ですね。深夜に用を足したくなりテントの外に出た際に見上げた星空のすごさに感動したのをいまだに覚えています。札幌で生まれ育った子どもには、初めてみる満天の星空を、「星空だ」と理解するのにしばらく時間がかかったくらいの圧倒的な星数でしたから…。北海道と言えど、未だあの時のような星空には出会えていません。
星空を撮り始めたのはデジタル一眼レフを購入した2008年からなので、星空撮影は今年で6年目になります。登山で出かけたときなど、麓より山のほうがより近くに星を感じられて撮るようになりました。
冬はとくに空気が澄んでいて星空観察には適している季節ですね。僕の場合は景色も一緒に収める「星景」と言うスタイルが好きですので、明るすぎない程度の月明かりを利用すると星と風景の双方がバランスよく写りやすいです。
ただ、雪があると想像以上に地上は明るいので、星空のみの撮影やスターウォッチングなどは雪がなく空気も澄む秋がオススメです。

星空撮影の魅力ですが…。星の見える夜空って、地球にいながら“宇宙の存在”"宇宙の中に存在すること”を感じられる時間なんです。撮影の合間にボーっと星空を眺めていると、いかに地球が広い宇宙に浮かぶちっぽけな存在かが実感できます。それと同時に水や空気があって、僕らや野生動物のような生物もいる貴重な星だってことも感じられます。だから地上の人間の活動(街明かり等)や植物、水や風が削って作った風景などと星空を一緒に写す写真に魅せられたんです。
星空の写真に限らずネットや写真集で上手な方の写真を見て、「素敵だな」「こんなの撮ってみたいな」と思い撮り始めたのは、僕もみなさんときっと同じだと思います。
よく、「星が降る」とか「星に手が届く」って表現が使われますが、あれってすごくよくわかるんです。キーンと冷えた冬の夜の星空って、北国の方ならイメージしやすいかもしれませんが、音もなく降ってくる雪の夜空のようなんです。
雪の乗った針葉樹や葉の落ちた木々が星空に良く似合うのってそのせいじゃないかなって思います。
満天の星空も普段都会で見る星空と違って密度が濃いので遠近感がなくなります。あまりにきれいで手が届かないと思っていたのに、「あれ?触れるんでない?」って勘違いしちゃうのも分かる気がします。ちょっと切ないですよね(笑)。

c0039735_12443140.jpg


エキサイトブログ編集部:星空はどんなふうに撮っているのですか?星空の撮り方のコツ、また、自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていることなども。
yamakawawalkさん:最初に買ったキヤノンの「EOS Kiss X」という機種にはまだ「ライブビュー機能」が搭載されていなかったので、レンズの測距目盛で無限遠にあわせての撮影でしたが、まだ右も左も分からない状態でただ長時間夜空へ向けて撮っていれば写ると思っていたので失敗も多かったですね(苦笑)。
でも、翌年40Dに買い換えてからは、「ライブビュー」という機能が搭載され始めて、液晶モニター拡大表示でピント合わせがしやすくなったことで、飛躍的に撮りやすくなったので本格的に撮りはじめました。

この分野でのすご腕の諸先輩方を差し置いて技術的な事を語るのは少々おこがましいのですが、僕自身が星を撮る際に気をつけていることはこのピント合わせです。
マニュアルフォーカスでモニターを見ながらのピント合わせになるのですが、一見モニターでも発見しやすい1等星、今の時期だとシリウスやベテルギウスなどは点像が大きく明るいので逆に細かく合わせにくく、よくピント合わせに使うのは2~3等くらいの若干小さく暗い星になります。僕はおおむね、どこにいても見つけやすい北斗七星を利用します。合わせた後はテープ等でフォーカスリングを固定される方が多いですが、僕は性格的に神経質なのか数ショットごとにチェックして合焦しなおします。

c0039735_17464280.jpgあと、星空撮影で大事なのはロケハンですね。
何度も訪れたことのある場所であれば、夜に着いても記憶を頼りに何とかなりますが、初めての土地だとどこに何があるのかわからなくて、モタモタしている間に明るくなった、なんてことはしょっちゅうです。
近郊であれば良いですが、遠征となると時間的に厳しい場合もあるので、できる限り明るい時間帯に下見して、絡める風景、星座などをイメージしておきます。
あまり一箇所で長時間撮ることはないので、数箇所ピックアップしておいて夜の間に効率よく廻ります。
今はスマートフォンのアプリで時間帯ごとに見える星座を簡単に調べられるので便利になりました。
ストリートビューなどが使える場所などは自宅にいながらある程度はロケハンも可能です。

もちろん三脚は必須です。一泊登山の時は軽いカーボンのもの、車近辺で撮れる時はアルミの重く安定感のあるものを使います。
本州と違って北海道の山には食事つきの営業小屋はないので、避難小屋かテント場での宿泊になるのですが、小屋泊だと深夜にゴソモソ出入りすると他の登山者の迷惑になるので、自分のスペースで動けるテント泊にしています。普通の登山者よりも荷物が多く、重くなるのは仕方ないと諦めています。

北海道の冬の夜は寒さとの戦いになります。零下30℃近くでの撮影も数回経験がありますが、ありとあらゆる物が凍ったりトラブルを起こしたりします。
昨年はカメラのセンサーを故障させてしまい、その後の修理見積額を見て軽く眩暈がしました(笑)。
フルサイズセンサー機をお使いの方はセンサー交換になるととても高価なので気をつけてくださいね。
日帰り入浴用のシャンプーとボディーソープが車の中で凍ったのも貴重な体験でしたね。
そんな感じでかなり過酷なのですが、慣れてくるとトラブル自体も楽しくなってくるのですから、我ながら困ったものです。

c0039735_12101392.jpg
 

エキサイトブログ編集部:山歩き川歩きも楽しんでいらっしゃいますが、その楽しさについても語ってください。
yamakawawalkさん:タイトルは「山歩き川歩き」ですが、以前は「川歩き>山歩き」だったんです。フライフイッシングのバリバリの釣り人だったので。道内の水辺は行っていないところがないって程ありとあらゆる場所へ行って釣りをしてきました。釣りは物心付いた時から父に連れられてやっていましたが、本格的にはじめたのは高校生くらいからですね。
ある日、毎シーズン同じことをローテーションで繰り返しているだけだってことに気がづいて、これじゃダメだなって思ったんです。野生相手の遊びですから、釣れたり釣れなかったりと魚との出会いは一期一会ですが、取り巻く風景はいつも変らないからある種の刺激を失っていたんです。
かといって釣り自体を嫌いになった訳じゃないから、いずれ戻る時のために一旦違う遊びをしてリセットしたいなって思い始めていました。
c0039735_12432220.jpgそんな折にキノコ狩り用にと購入した登山靴があったので、ふと思い立って山に登ってみたんです。
子どもの頃に父に連れられて何度か登山はしたことがありましたが、実質初めての登山でした。
十勝連峰の富良野岳という山に登ったのですが、たまたま快晴だったのも手伝って、それはそれは衝撃的な光景で(笑)。北海道には僕の知らない景色がまだまだたくさんある、と思ったのが僕の中の配線が付け替えられた瞬間でした。それからの山へののめり込み様は親しい釣り仲間から「どうしたの?」って聞かれるほどでした。

山で出会う方々は本当に気さくで良い方ばかりで、元気を分けてもらいっぱなしです。子どもさんから若い女性、ご年配の方、年齢性別問わずに挨拶を交わし会話をする、そんな交流は釣りではなかなかないことですから。釣りは誰もいないところにこっそり内緒で、っていうのがベーススタイルですからね(笑)。
それに釣友を含めて自分以外の釣り人は基本的にライバルなんです。
 
意外だったのが釣りをやっていた頃の経験が星空を撮る際に役に立ったことでしょうか。普通のカメラマンさん達じゃ絶対知らないような場所がたくさん頭の中に財産として残っていますからね。メモや秘密の小道を記した書き込みだらけの地形図も役に立っています。一つの分野に縛られると視野も狭くなるので、いろいろなことを経験するのは良いことだと思っています。

c0039735_1210409.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
yamakawawalkさん:休日に登山や星空の写真をできるだけ多く撮って、まとめて数日分を記事にしておき、順番に公開しています。
読んでくださる方に飽きられないように心がけて、できる限り更新するようにしています。星空の写真ばかりだと全体的に暗い印象になりがちですので、青空や夕景の写真が撮れていたらバランス良く織り交ぜるようにしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yamakawawalkさん:就寝前、お酒を飲みながらの読書の時間です。
酔わない程度に少しだけ飲むのがルールです。

c0039735_180868.jpg
エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
yamakawawalkさん:・閃光雷鳴 (2012-09-04)
夜半の轟音と稲光で目覚め、以前から撮ってみたかった雷の撮影に自宅の窓全開で挑んだ一枚です。
やはり札幌在住の方は前夜の雷鳴が気になったのでしょうか、ものすごいアクセス数でしたよ(笑)。
  
トムラウシ山2012(2012-09-08)
トムラウシ山に初めて登った記事です。
素晴らしい天気と景色が印象に残っています。

豊頃のハルニレ (2012-12-20)
何度か訪れたことのある豊頃町の「ハルニレの木」ですが、この日は降雪直後で足跡の無いまっさらな雪原に木のシルエットが写ってきれいでした。

Bean Boots 手入れ編(2013-01-28)
L.L.Beanの代名詞「ビーンブーツ」のお手入れ方法を紹介した記事です。
あまり手入れ方法を紹介されているページが少ないのか、未だにコンスタントにアクセスのある記事です。

白雲岳避難小屋テント泊縦走(2013-08-05)
こちらも初訪問の白雲岳避難小屋。
大雪山の雄大な景色を堪能した登山でした。
テント場でお会いした方々も良い人ばかりで楽しかったですね。
  
白雲岳プラネタリウム(2013-08-10)
白雲岳避難小屋テント泊縦走時の夜は満天の星空でした。
2013年で一番良い条件に恵まれ、夢中になって撮っていました。
避難小屋から起きて出てきた女性が天の川を見て「あれって雲?」と言ったのが一番印象的でした。
  
オリオンを貫く (2013-11-05)
僕の一番気に入っている写真です。
オホーツクの大平高原での写真ですが、レンズを向けていた方向に大火球が流れた様は今でも目に焼きついています。

c0039735_13562770.jpg


凍てつく朝 (2014-01-17)
今年の正月に道東を廻ってきた時の記事です。
年末までは比較的暖かかった北海道の冬もこの頃を境に本気を出して来ました。
 
星瀑 【七条大滝】(2014-01-24)
ごく最近の記事ですが、これもお気に入りです。
ずらりと並んだ夜の氷柱からは昼間に見るそれとは異質な威圧感を感じました。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
yamakawawalkさん:-30℃の酷寒でも暖かく、カメラの操作がしやすい薄い手袋ですね。NASAとかで開発してないのでしょうか?

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします方!
yamakawawalkさん:いつも訪問していただきありがとうございます。みなさんのブログにお邪魔すると、それぞれに素敵な個性が夜空の星のようにキラキラ輝いていて楽しくなってきます。星々の輝きを繋げて星座を形作るように、皆さんの個性同士が繋がり合い、交流していけたらいいなと思っています。
夜な夜な徘徊をする星撮りは時に心細くもあり、不安に駆られるときもあります。そんなときにみなさんの暖かいコメントを思い出すとすごく勇気づけられるので、ぜひ訪問の際はお気軽にコメントいただけるとうれしいです。
無理せずマイペースに自分のできる範囲で北海道のよさを伝えていけたらいいな、と思っています。これからもどうぞよろしくお願いします。
  
c0039735_1334659.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【yamakawawalkさんのお気に入り&好きなブログ】

みなさん素敵な写真や登山記を書かれていてすごいなぁと感心するのですが、
お気に入りに登録させていただいているブロガーさんの中からいつもお世話になっているお二方を紹介します。

●「あ~した天気になぁ~れ♪
僕と同じ北海道在住のyukki6727さんのブログです。
ご夫婦で山登りをされていて、山でもお会いしたことがある素敵なご夫婦です。
お二人とも一眼レフ片手にお互いを撮りながらの山行は、単独行がほとんどの僕はいつも羨ましいなぁと思っています。
動物や昆虫にもお詳しいのでとても勉強になります。

●「休日登山日記
北海道から遠く離れた九州在住のkyuujitunitukiさんのブログ。
北海道とはまったく違う季節感や風景に道産子の僕は軽いカルチャーショックを受けます。
「え?この時期に花??」とか、「年末に紅葉!?」、「冬にスタッドレスタイヤ要らないの~!?」みたいな(笑)。
遠く離れた方と交流できるのもいいなぁと思うきっかけをくださったブロガーさんです。




【yamakawawalkさんがお使いのカメラとレンズ】
●カメラ
 CANON EOS 5D MarkⅡ
EOS 6D
Powershot S95
Powershot G9

●レンズ
 CANON  EF17-40mm f4 L
     EF24mm f1.4 L Ⅱ
 EF24-105mm f4 L
 EF70-200mm f4 L

 SIGMA  15mm f2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE
     MACRO 50mmf2.8 EX DG
     APO 150-500mm f5-6.3 DG OS HSM

 TAMURON SP AF 28-75mm f2.8 XR Di




yamakawawalkさんの「山歩き川歩き」を読んでみましょう!

*次回のピックアップブロガーもお楽しみに!
[PR]
by blog_editor | 2014-02-04 13:02

c0039735_1229394.jpg美しい丘にポツンと立つクリスマスの木や、エメラルドグリーンの水面に移る木々が神秘的な青池などで知られる、北海道・美瑛の風景。CMや写真集にもよく使われ、あの丘に魅せられて訪れる人は大勢います。
そんな美瑛の風景をはじめ、北海道の雄大な景色や自然の花などを切り撮った写真の数々。この季節は、本州よりもひと足早い秋の風景も届けてくれていますが、四季折々の自然の風景に、移り変わる季節感やゆったり流れる時間、空気感なども伝わってきます。

今週は、北海道ならではの自然を切り取ってお届けする、「photo NOW 2007」のusa104さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
usa104さん:こんにちは。こちらこそ、いつもエキサイトさんにはお世話になっております。
また今回、私のブログをご紹介いただける機会を与えていただき、大変うれしく思っています。
ブログを始めたきっかけは、自分の写真をどこかに保管していつでも見られるようにしたいというのが始まりでした。当初は自分でホームページを作って公開していましたが、とても更新に手間がかかっていました。
そんな時にブログという簡単にいつでも更新できるものがあることを知りました。
はじめはエキサイトさんではなかったのですが、写真ブログをやっておられる方が多いことと、投稿作業、とくに画像アップが簡単にできることからエキサイトさんへ引越し、現在に至っております。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
usa104さん:北海道に生まれ育ち、美瑛の美しい風景をはじめ、北海道の移り変わる四季や時間の流れ、風や空気そして色・・・など、さまざまなものが見えてくる時間が好きで、写真ライフをしています。
北海道発ということで、ブログではできるだけ広さを知っていただけるよう、風景や自然の草花をメインに撮影し投稿しています。回数は少ないのですが、年に2、3度本州へ旅をしながら気になるブロガーさんのフィールドへもおじゃましております。今年は春に「印旛沼」、そして「をくずれ水仙郷」へおじゃましました。
北海道にはない風景を見たり撮ったりし、またその写真を投稿するのもやはり楽しいです。

c0039735_12305780.jpg


「写真は偶然がおもしろい」と僕はいつもそう思っています。
なかなか自分が思うようなシーンを写真におさめることは難しいのですが、時として思わぬものがファインダーの中に入ったりすることがあります。そんな偶然が撮れた時はちょっと満足感にひたれたりします。
写真はとにかく楽しく撮ろうと心がけています。ですから気持ちに余裕がない時や嫌なことがある時は写真が撮れないので、カメラを手にしないようにしています。
こんな管理人の運営するゆる~く、そしてあま~く、肩の張らない写真ブログです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
usa104さん:ブログを通して多くの写真仲間ができました。訪問するたびに「こんな写真が撮りたい」とか、「この人のように撮ってみたい」とかいろいろ思います。今も多くの刺激をいただいています。
また撮影地情報も教えていただいたりして、すごく助かっています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
usa104さん:短い時間で何度も投稿できること、そしてその記事にコメントやイイネがもらえることがとても便利だと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
usa104さん:まっすぐ寄り道をしないで目的地へ進むタイプの人間ですね。ひとことじゃないですね・・・。
妻によく言われます。「時には、寄り道をして違うものを見ながら進んだら?」なんて・・・。どうやらまったく融通のきかない人間のようです。

c0039735_12311158.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
usa104さん:ブログ仲間のみなさん全員に会ってみたいのですが、ほとんどが女子カメさんなので、恋したら困りますよね・・・。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
usa104さん:最近7インチのタブレットを購入しました。
老眼なので本の小さな活字が苦手なのですが、ダウンロードした本を通勤電車の中で読むのにちょっとハマっています。
文字も大きいし読みやすいのですが、隣の人の目が気になります。その本、実は漫画なんです。

c0039735_12314048.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
usa104さん:夢ですか?宝くじが当たったら美瑛の丘に小さな平屋の家を建てて
朝、ベランダで丘の風景を眺めながらコーヒーを飲みたいですね。

エキサイトブログ編集部:うっとりするような美瑛の写真をはじめ、四季折々の北海道ならではの美しい写真、雄大な自然を捉えた写真が魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみ、北海道の魅力は?
usa104さん:写真を始めたきっかけは、写真家の前田真三さんの撮影された美瑛の丘の美しさに魅せられたのがはじまりでした。自分も「前田さんのように撮りたい」なんて美瑛へ足を運ぶようになりました。
2001年ころからでしょうか、そして、デジタル一眼を手にしてから撮る喜びみたいものを知りました。始めは風景だけ撮っていたのですが、多くのブロガーさんの写真を拝見しているうちにジャンルにこだわることなく何でも撮ろうと思うようになりました。
ブログを訪問された方が、「おぉ~」っと言ってくれるような写真、そして、かっこいい写真を撮りたいなんていう単純なことをいつも思っています。
ただ何枚撮ってもこれはと思うものは撮れないし難しいですね・・・。とにかく撮ることが楽しいので、週末は時間ができればシャッターを切っています。

美瑛は一番好きな撮影場所なのですが、ここでのこだわりは最初にクリスマスの木の前を通って美瑛に入ります。ですから必ず挨拶がわりにクリスマスの木を一枚撮影するようにしています。同じ風景を撮ることのできない美瑛では自分だけの風景探しが楽しいんですよ。北海道へ来られる機会があったらぜひ多くのブロガーさんに美瑛の魅力を知ってもらいたいと思います。

c0039735_12353091.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけていることなどがあれば。
usa104さん:写真を撮る時間帯で一番好きなのはやっぱり朝ですね。朝5時30分に家を出ることが多いです。早起きするとお得がもらえるような気がいつもします。
そして、季節はやっぱり春かなぁ~冬が長い北海道なので・・・。もちろん、秋も夏もいいですけどね。
撮影は週末が多いですね。でも、通勤途中や会社帰りにも気になった被写体は必ず撮るようにしています。バッグの中にはいつもカメラが入っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
usa104さん:マッサージチェアーに寝てヘッドホーンを付けて好きなDVDを見ながら身体のコリをほぐす。これが最高の癒しの時間です。

c0039735_12324167.jpg
エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
usa104さん:■気に入っている記事
2010.7.11 富良野(2010.7.11)
初夏の富良野、町はラベンダー色に・・・。そして香るラベンダー。花々は美しく咲き誇ります。

過ぎ行く夏を惜しみ(2011.8.16)
最初に訪れた道東、野付半島の夕景を見たとき、焼けた空とその色を映す海の風景に感動しました。それから2年後に訪れた野付、今度はやさしい夕景でした。ここは並んだ電柱が美しい風景となります。

青い池の夏物語 (2012.5.22)
今では美瑛の観光地となった青い池、「CANON」そして「NIKON」のCM写真としても使われています。昔は道もなく草をかき分け池を探して撮影する隠れ撮影スポットでした。

印旛沼の朝 (2013.2.14)
初めて訪れた印旛沼の朝はあまり焼けませんでしたが、とても印象的な素敵な光景がそこに広がりました。ここは美瑛のように何度も撮りたくなるそんな場所だと思いました。また訪れたいです。

c0039735_12321830.jpg


今艶やかに咲き誇れ(2013.4.4)
早く桜を撮りたくて京都へ。北海道ではなかなか見ることのできない枝垂れ桜にうっとり、春の京都を満喫した時間でした。

☆ 「秋の美瑛 2013」 (2013.10.21)
山々はすでに雪化粧、美瑛の秋は少しずつ色を増しているようです。そんな美瑛で見つけた秋をダイジェストでお届けしています。

■読者に評判だった記事
天使の贈り物 
(2012.7.17)
マクロレンズで足元の草むらを覗く、そこには小さな天使からの贈り物が・・・。雫や玉ボケを撮るのはとても楽しいですよね。

その瞬間(2013.2.7)
北海道の冬のイベントでもあり、雪まつり会場で行われる「PARK AIR」。この大会は迫力満点です。

雪あかりの路 15(2013.2.16)
毎年2月に小樽で開催される「雪あかりの路」。やわらかなローソクの光が雪の中に灯ります。手づくりのこのイベントは毎年多くの観光客のみなさんに見ていただいています。

c0039735_12331459.jpg


花園の住人(2013.5.13)
エゾエンゴサクとカタクリの花園に現れたエゾリス君。これぞ北海道ならではの組み合わせなので、みなさんには大変人気でした。

初夏の札幌に舞姫降臨(2013.6.8)
札幌の夏は、よさこいソーラン祭で始まります。200組以上のチームが優勝を目指して力強くそして艶やかに踊ります。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
usa104さん:長い休日があったらしたいことは、自分の車にカメラを積んで妻と2週間くらい本州を旅したいですね。
もちろん温泉に入りながら・・・。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
usa104さん:やっぱり楽天のマー君ですね。彼は北海道高校野球界のヒーローでもありますし、プロ野球界でも今や大投手、メジャーリーグで負けないマー君をやっぱり見てみたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
usa104さん:今回このような形でブログを紹介していただきました。
つたないブログではありますが、できるだけ毎日、少し多めの写真を投稿して多くのみなさんに見ていただき、そしてブログ仲間になっていただければと思います。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_12384393.jpg





【usa104さんのお気に入り&好きなブログ】

●「まんなかまなこ*
スクエアの画面におさめられた優しい花や風景が素敵なjunn1228さんの写真ブログです。

●「笑顔同封」 
草花を背景の玉ボケを入れてやわらかく撮影するsmallsantaさんのブログです。

●「Lovepan」 
いつも美味しそうなパンを焼き、そしてそのパンをとても美しく撮られるLovepanさんのブログです。
いつもご馳走さまと言ってしまいます。

●「luxaeterna
CONTAX Ariaで撮るフイルム写真はどこか懐かしい色を見せてくれる素敵な、写真がいっぱいのぽろさんのブログです。

●「はなふわな気分♪」 
とてもしっかりした構図で美しい写真を撮るhanafuwaさんのブログです。




【usa104さんのライフログ】

前田真三フォト・ボックス 大地の詩

前田 真三 / 講談社


写真を始めたきっかけとなったのが、この本の表紙の帯写真に感動しました。丘の緑とオレンジ色、空の濃い青がとても印象的な写真でした。この本は美瑛写真のバイブルとして大切にしている一冊です。

誰も教えなかった “自分流写真”の方法

丹野 清志 / 玄光社


僕の写真の教科書の一冊です。これを読むと迷わずシャッターが切れるようになると思います。

写真教室では教えない“新スナップ写真"の方法 (玄光社MOOK)

丹野 清志 / 玄光社


写真教室では教えない“新スナップ写真"の方法
丹野清志 / 株式会社 玄光社
これも僕の写真の教科書です。街歩きで写真をどう撮るか的確に解説してくれているところが、とても参考になります。

usa104さんの「photo NOW 2007」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-10-29 18:13

c0039735_1153178.jpg明るい日ざしが差し込むリビングは、ナチュラルなウォールナットの家具と、きれいな色使いのファブリックですっきりまとめられ、家族みんなが集まる居心地のよい快適な空間になっています。
プチリフォームで使いやすくなったキッチンや、新調したばかりのお気に入りの照明とイスがセンスのよさを感じさせるダイニングも、とてもステキです。また、お子さんのお部屋はカラフルでとってもキュート。見せる収納の楽しさが伝わってきます。

そんな、おしゃれなインテリアはもちろん、使いやすくて片付けやすい収納のコツがいっぱい詰まったブログは、インテリアに関心が高く、暮らしを自分らしく楽しみたい女性に大人気。リフォームの奮闘ぶりをレポした記事や豊富なアイディアを紹介した収納記事は、「とっても参考になりました!」「おかげで、私も片付けが好きになりました」と読者に評判を呼んでいます。キレイな写真からもセンスのよさが伝わります。

今年3月に特集したエキサイトブログの『シンプル&快適に暮らす!インテリア収納特集』にもご登場いただきましたが、ますます多くの注目を集めています。
今週は、そんな、読者の憧れのインテリアブロガーとして話題の「IEbiyori」のmkさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mkさん:ピックアップブロガーとして、このような楽しい企画に声をかけていただきありがとうございます!
長女が3歳、長男が1歳のとき、単身赴任中の夫にも、子どもたちや家の様子を気軽に見てもらえるようにとブログとして写真や日記をアップしていたのがきっかけです。
夫の単身赴任が終わった今、自分の趣味の世界にどっぷりとはまった内容に変わり、完全に私物化しています(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mkさん:快適な空間作りを目指し、日々片付けや収納、インテリアについて考え、狭い空間の中で奮闘するフツーの主婦の日常をつづっています。
自己流ですが、がんばった片付けや整理整頓の様子、乏しいセンスなりに考えたインテリアなどを、写真と文章で気ままに紹介しています。
家にいる時間をより心地よく快適に過ごしたい、日々の暮らしを大切にしたいという思いで、「IEbiyori」というブログ名にしましたが、みなさんにもそんな思いが伝わり、心地よく暮らすためのヒントや工夫を少しでも楽しんでいただければうれしいです。

c0039735_1225624.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
mkさん:実は自分が片付けが好きだと気づいたこと!
裁縫はできない、料理は人並み、掃除は最低限…、そんな私が家のあちこちを片付けて、家中が自分の理想に近づいていったとき、「私、苦手な家事は多いけれど、片付けなら自ら進んで楽しくできるんだ」ってブログをつづることで新しい自分を発見しました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
mkさん:たとえ自己満足の世界でも、どこかの誰かが見てくれているところ。
私は家のことをいじくりまわして、自分なりに快適にしていくことに大きな快感をおぼえるのですが、家のことをがんばっても、何の収入も評価もなく、日々のモチベーションを保つのは意外と大変。
そんな中、ブログを読んでくださる方々は「それいいね!」「私もやってみる!」「がんばったね~」とうれしいメッセージをくださるので、その反応が楽しみで、ついついブログにアップしてしまいます。
ほめられて伸びる(?)タイプには、ブログはぴったりのツールだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mkさん:面倒くさがりだけど、好きなことにはこだわる人。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mkさん:私がブログをはじめるきっかけとなったインテリア&育児ブロガーさん(シンプルな暮らし)に会ってみたいですね!
男の子3人を育てながら、家のキレイを保ち、ご自身の美容や家族の健康にもこだわっており、そんなきっちりとやっている中、時にはお子さまたちや旦那さまとのやりとりを、面白おかしくテンポよく描いていて、いつも楽しく拝見させていただいています。

c0039735_1274244.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mkさん:キッチン雑貨を見てうっとりすること。
最近、キッチンをプチリフォームをしたので、新しいキッチンに似合うキッチン雑貨を手に入れ、毎日眺めてはひとりでニヤニヤしています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mkさん:子どもたちが巣立った後、夫とふたりで漫画喫茶に通うこと。
漫画喫茶で漫画を読みあさった後は、ふたりで夜カフェしながら、漫画についての感想をあーだこーだと言い合いたいです。

c0039735_11585313.jpgエキサイトブログ編集部:すてきなインテリアと参考になる収納のコツが満載ですが、インテリアを考える楽しみ、心地よく快適に暮らすコツは?また、自分らしいインテリアや、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
mkさん:もともと、家にこもることが好きなタイプなので、インテリアや収納について妄想を膨らませることが趣味のひとつとなっています。
以前は、忙しく働いていたため、せっかくのマイホームが「帰って寝るだけの空間」になっていましたが、仕事をやめてからは、「大きな出費」をして、「長く住む」家だからこそ、最高に居心地のよい空間にしたくて、家中のあちこちをひっくり返して整理してきました。
まずは、愛着の湧かないもの、使っていないものは容赦なく処分しました。そして、収納用品の色やサイズを揃えたり、一からラベリングし直したり…。こうして家中の垢を落としていったら、ものすごく気持ちよくなりました。
最近は、念願のキッチンプチリフォームが実現できて、好きな家具や雑貨たちに囲まれて暮らすことの心地よさを実感しているところです。

自分らしいインテリアにするために心がけていることは、好きなコト(モノ)は我慢しない…ことでしょうか。
インテリアとしてはイメージダウンな趣味の漫画本たちも、隠さずに本棚に並べて楽しんでいます(笑)。
収納のコツなどは、子どもたちがちらかしても、いつでもリセットできる空間にすることを心がけています。家族の集まるところはすっきりとした空間を生かし、飾って楽しめる収納は、インテリアの一部としてきれいにすっきり見せながら収納し、生活の細々したものは、使いやすいようにケースや箱、瓶などを使って収納するように心がけるといいと思います。

記事アップの際に心がけていることは、「~したほうがよい」とか「~すべき」という表現を、できるだけ避けることです。ブログを読んでくださる方の年齢も家族構成もさまざまなように、インテリアの好みも、収納のやり方も人それぞれなので、インテリアや収納の仕方について、安易にブログ上で断言しないよう心がけています。

c0039735_120175.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mkさん:ブログのタイトルの通り、私は家に居る時間を少しでも快適にするために、日々奮闘しています。
そんな私はやっぱり、好きな家具や雑貨のある風景を眺めながら、好きな道具で淹れたコーヒーを飲み、「次は家のどこをいじろう?」と妄想を繰り広げる時間が大好きです。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
mkさん:●お気に入りの記事
ダイニングチェア、そろいました
家の中で一番好きじゃなかったダイニングが、キッチンのプチリフォームの影響で大変身を遂げた記念すべき記事でした。キッチンのカテゴリにプチリフォームの記事はまとまっています。

押入れ収納を見直しました
押入れのワードローブ化をほぼ完成させたときの記事。押入れを我が家仕様に改造することで、家族みんなが使いやすい収納スペースに生まれ変わりました。

1畳パントリーの収納
キッチンのプチリフォームで誕生した1畳のパントリー内を、あますことなく活用する第一歩となった記事。
あれこれ工夫して、自分なりに使いやすくカスタマイズした思い入れのある収納記事となっています。
その2その3その4その5までありますので、よかったらご覧になってください。

●読者に評判だった記事
シンク下の引き出し収納
やっぱりキッチン周りの収納記事への問い合わせは多いです。だいたい悩む収納箇所は同じなんですね。

c0039735_1291136.jpg子供部屋の造作棚を模様替え
長女が年長の年に少しずつ「小学生の部屋」をつくって中、とてもたくさんの方が、どんな部屋になるのか、楽しみにしてくださっていました。「お友だちも遊びにきたくなる…」、そんな子ども部屋ができあがって満足しています。

新年
インテリアや収納に関係ないのに、なぜかメッセージや問い合わせが多かった記事。
我が家のお気楽新年スタイルを真似したいという方が意外と多くて、型にはまらず、こんな自由なスタイルでもアリなんだなーと考えさせられました。

エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
mkさん:漫画喫茶に通うこと!
出産前に漫画喫茶に通って読んでいた漫画の続きを、じっくりと読みたいです。
もう7年以上漫画喫茶に通っていないので続きが気になって仕方ありません(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mkさん:なんといっても、東京オリンピック開催のニュース!
自国でオリンピックが開催されるのは、一生に一度あるかないかのチャンスなので、遠い地方から応援しつつ、一緒に盛り上がりたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mkさん:かなり一方通行で自己満足で、好きなことトばかり書いているブログですが、いつも読んでくださってありがとうございます。
どこにでもいるフツーの主婦の、何気ない日々の家仕事を、こんなにもたくさんの方々に読んでいただいて、うれしいやら恥ずかしいやらですが、これからも暇つぶしに、コーヒーのおともに、お昼休みに、お子さまが寝た後に…、お好きなときにのぞいてくださいね。

c0039735_128124.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【mkさんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログはたくさんあって、なかなか選べないのですが、特に好きでよく覗かせていただいているブログを3つご紹介します。

Life Co.
少しずつお気に入りの「本物」を家に取り入れて、インテリアや収納を楽しんでいらっしゃる様子が伝わるブログ。
小さいお子さんがいながら、丁寧な暮らしを実現されているところが羨ましい!

el cielo azul
インテリアだけでなく、ベランダガーデニングやお料理にもものすごく凝っていて、生活のどこを切り取ってもサマになる様子に釘付け!
ブログに登場する器たちも、流行のものにとらわれず長く使えるものばかりで、とても参考になります。

今日「コレ」してました!
私がまったくできないハンドメイドを、3人のお子さまを育てながら軽々とこなしてしまう姿に脱帽。
ハンドメイド、子育て、インテリア改造…と、毎日何かを実行されていて、同じ母として「すごい」のひと言です。




【mkさんのライフログ】

【好きな漫画】

キャンディ・キャンディ コミック 全9巻完結セット (キャンディ・キャンディ 講談社コミックスなかよし )

いがらし ゆみこ / 講談社


漫画好きな私がはじめてはまった少女漫画。子どもの頃は真っ直ぐでひたむきな主人公キャンディを応援していたけれど、大人になってからは、キャンディにいじわるをする人物やライバルたちの心情も妙にわかる部分があって、歳をとればまた違った角度から、いろいろなことが見えてくるようになりました。
いくつになっても楽しめる漫画です。

mkさんの「IEbiyori」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-09-18 17:09

c0039735_1235075.jpg旬の桃を使ったおしゃれな生ハム巻きや、ボリュームたっぷりで贅沢なステーキサラダをはじめ、ヘルシーな夏バージョンのロールキャベツなど…。前菜からメインデッュまで、冷えたワインによく合う料理がずらり!
見た目にも食欲をそそる色鮮やかな夏野菜や旬のフルーツを使って、美味しそうに盛り付けた料理&スイーツがとてもおしゃれで素敵です。
しかも、「これなら私も作れるかも!」と思えるような簡単なレシピが多いので、読者の参考にもなりそう! 楽しいおしゃべりと美味しい料理で盛り上がる「おうち女子会」には大いに喜ばれそうです。

「Osteria」とは、イタリア語で、おいしい料理とお酒を囲みながら楽しいひとときを過ごせる居酒屋という意味合いがありますが、「こんな素敵なお店が本当にあったら…、通ってしまいそう!」と思えるような料理ブログとして、読者に人気を呼んでいます。
今週は、そんなおもてなしの心が伝わる、料理ブロガー、「Osteria poppoへようこそ」のnokko2010さんこと、nokkoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nokkoさん:こちらこそ、いつもありがとうございます。憧れのピックアップブロガー! 選んでいただいて、とてもうれししいとともに、恐縮しています。基本的になんでも3日坊主ですが、続けてきてよかったなと思います。
ブログを始めたきっかけは、ふたつあります。ひとつは…、結婚後、日々のご飯がマンネリ化してネット検索していたら、素敵な創作レシピに遭遇したこと!「なんてクリエイティブなの!」と感動しました。それに、写真やスタイリングもプロみたいに素敵で…。とても素人の方がやっているものには思えず、衝撃的だったのを今でもよく覚えています。
もうひとつは、仕事で料理写真を撮る必要に迫られたからです(笑)。以前、健康食品と化粧品を扱う会社の広報室に所属していました。基本の仕事はパンフレットとか、パッケージとか、自社紙媒体のデザインと会報誌の編集だったのですが、あるとき、月刊の会報誌で自社商品を使ったレシピを紹介することになりました。
でも、プロのカメラマンを雇う時間も予算も厳しい状態で、「それじゃあ、自分でやるか」的な流れになりまして…(笑)。とはいっても、撮った写真はなんだかイマイチ。これは練習するしかないなと思ったのでした。
そんなときに素敵なブロガーさん方に刺激を受け、「私もいずれはこんなふうになりたい!」と、熱くなり、スタートしました。

c0039735_1239786.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nokkoさん:よく「Osteria poppo」にご来店いただく方はご存知かと思いますが、ひとことで言うなら、「酒呑みブログ」です(爆)!! もう少しお上品(笑)に言うなら、「ワインを愉しむ食卓」でしょうか。
大好きなワイン、せっかくだから美味しいおつまみとともにいただきいですよね。さらに、色取りや盛りつけもちょっと工夫して、おもてなしにも対応できるような「華やかさ」をプラスできればいいな…。そんなコンセプトで、ワインに合うアレンジレシピを和・洋・エスニック…と、ボーダレスでご紹介しています。
最初の頃は「おうちごはん記録」とか書いていましたが、やっぱり何か違うかなと(笑)。毎日ワインをいただくので、「もうそこに特化しよう!」とあるとき決心したのでした。
主人のpoppoさんはまったくお酒を飲めない人ですが、チーズやオリーブなど、ワイン好きが好むものがなぜか好きなので、助かっています。

あとは、お料理のアイデアソースの、食べ歩き記事&お花写真、旅行レポなども気まぐれに載せています。
一見、統一性がない感じですが、「食べたもの」「見たもの」「感じたこと」はすべてお料理や写真に反映されと思っているので(笑)、載せています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
nokkoさん:ブログから得たことは本当にたくさんありますが、やっぱり一番大きいのは、自分が本当にやりたいことに気づき、それを仕事にすることができたことだと思います。
前職のグラフィックデザインの経験も生かしながらも、何か「食」に関わる仕事がしたいと思い、フードコーディネータの資格を取りました。現在は飲食店やホテル、商業施設にデザートを卸す会社で商品開発、営業、商品撮影とデザインの仕事をする傍ら、個人の仕事として、飲食店のメニューのデザイン、撮影、レシピの提案などもさせていただいています。
ある飲食店さんは、ブログの写真とレシピを見て仕事の依頼をくださったんです! 本当にうれしい瞬間でした。

c0039735_12114533.jpgもうひとつ、とても大きいのは素敵なみなさまとの出会いです。以前は「憧れ」でしかなかったブロがーさんや、普通に生活していたら絶対に出会えないよねー!という方々とコメントを通じてお友だちになれたことですね!
ブログはもちろん、その人の「すべて」ではないけれど、普段食べているものや感じていることを共有することで、すごく親しくなれる! これはすごいです!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nokkoさん:よくも悪くも、「単純な人」です。よく、poppoさんから「単細胞」と言われます(笑)。ほめられたり、うれしいことがあるとテンションMAXになって、それがすぐに顔に出てしまいます(笑)。
そして、好奇心旺盛で落ち着きがないというか、夢中になることがないと、生きていけないかも。何かに没頭している瞬間が、一番自分らしいと思います。
一般的に「大変」とか「無理」といわれることでも「絶対にこうする!」と決めたら、それに向かって一直線! 目標を達成するためなら苦手なことにもチャレンジします。
そうは見えないかもしれないけど、案外真面目なのかもしれないですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nokkoさん:コメントを長い間やり取りしているみなさんにはほぼ全員お会いしました。エキサイトブロガーでは、uhihiさんfumieさんはるひちゃんuiちゃんjasmineさんソーニャさんhappyroseさんです。
それにしても、どうしてここまで“のん兵衛”が集まったのか?と不思議に思うほど、みんなお酒好きです。類は友を呼ぶのかな?(笑)。
一部の方とは「のん兵衛女子会」を定期的にやっていたりして(笑)。 ホントに楽しい仲間です。

c0039735_12185645.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nokkoさん:ハマるものはその時によって変わります。しかも結構頻繁に(笑)。だから、あまり「コレ」と言わないことにしましょう。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nokkoさん:もっとお仕事の幅を広げて独立することです。将来的には(笑)。
今、一番やってみたいのは自分でスタイリング、写真、デザインのすべてを手がけたレシピ本を出すこと!
内容はもちろん「ワインに合うお料理」ですが、もうちょっと私らしい「特徴」がないとな~っと、現在コンセプトを練っているところです(笑)。

エキサイトブログ編集部:いつもおしゃれで美味しそうな料理を楽しませていただいていますが、料理が好きになったきっかけや料理&レシピを作る楽しみは?
nokkoさん:料理は子どもの頃から好きだったみたいで、おばあちゃんと一緒に庭から採ってきた野菜や魚の下処理をしたりしていました。実家にあった「今日の料理」も何度も何度も読んで、ボロボロに(笑)。見よう見まねで何品か作ってみたこともありましたよ。
当時から「欧風」の料理に関心があったみたいで、作ったものもロールキャベツとかそういうものだったような…。
あと、父が食べることが大好きな人で、定期的に外食に連れて行ってくれたこも「味の記憶」を養ってくれたと思います。当時、田舎ではあまりなかったフレンチのお店でエスカルゴとか、湯布院の老舗のお店ですっぽん料理、アヒルとかも食べさせてくれたな。すっぽんの生き血を飲む父がちょっと怖かったですけどね(笑)。

c0039735_12404281.jpgそんな食いしん坊の私でしたが、20代の頃はデザインの仕事に夢中でぜんぜん料理をしていませんでした。毎日外食。冷蔵庫の中にいつもあるのはお酒とミネラルウォーターと調味料だけ(笑)。料理をするのは週末くらいだったんじゃないかな。
料理熱が再びアップしたのは、やっぱり結婚してからですね。料理本やいろいろなブロガーさんのレシピを参考に、毎日の料理を考えるのがだんだんおもしろくなってきて。ブログを始めてからはさらに拍車がかかって、通勤時間はいつも「今日は何を作ろう!」とアレコレ考えてました。

いつの頃からか思うようになったのですが、私にとって、料理は食材の組み合わせを楽しむ「実験」みたいなもの。食べることよりも、実はこの「実験」が好きだったりして(笑)!
たとえば、生ハム&メロンが美味しいなら、生ハム&桃とか柿もきっと美味しい!「それに何をプラスしたら、より素材の魅力が愉しめるか?」そんな妄想をもとに毎日料理を考えています。

エキサイトブログ編集部:また、 自分らしいレシピ作り、美味しく見える盛りつけ方や写真の撮り方、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
nokkoさん:盛り付けや器、色取りには写真を撮るようになってからこだわるようになりました。それまでは「シンプルイズベスト。白いお皿以外はいらない」くらいにしか思っていなかったんですよね。でも、同じ料理も器や盛り方が変わるだけで、ガラっと表情が変わることを発見!
以来、器にもこだわり始め、とどまることを知らない物欲がちょっと怖い昨今です(笑)。

スタイリングや盛りつけは、できるだけそのお料理の特色が出るようにしています。
たとえば、「ちょっとおしゃれな前菜風」を目指すときは、大きめの器に少量を盛って高さを出すとか、「居酒屋風」のときは、木目のテーブルに作家ものの和食器で渋くいくとか、素朴なスコーンはイングリッシュカントリー風のクロスにアンティーク調のお皿とか…。外食のときに見た料理の「雰囲気」や、雑誌を参考に「今日は、こういう絵を撮ろう!」と毎回試行錯誤しています。

c0039735_12424461.jpgそれから、よく、「色取りが鮮やか」と言われますが、本人実は何も考えていません(笑)。
黒いお皿に黒っぽいソースはちょっとね…、とかそれくらいです。できるだけ、お料理を主役にしようと思ったらこうなった、という感じでしょうか。
写真については、マクロレンズを使ってなるべく「寄り」で撮って食材の表情を出すようにしています。
「できるだけ美味しそうに、艶っぽく」。見たときに「わー食べたい!」と思ってもらえるような写真を目指しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nokkoさん:「見たことがない色、食べたことのない味、味わったことのない感情は表現できない」。いつも、そう思っています。
もの作りとは、それまで見たり感じたりした「情報」を自分のフィルターを通して表現すること。なので、この「引き出し」が多ければ多いほどいいものが作れるのかな?ということで、ワクワクするような「美味しいもの」「キレイなもの」を味わったり、見たりする機会をなるべく増やすようにしています。
ちょっと長くなりそうなので、ここでは一番わかりやすい「外食」についてだけ触れますね。
外食は、盛り付けや「目からウロコ」の食材の組み合わせなど、自分では思いつかないようなアイデア満載です。外でいただいた料理からヒントを得て思いついた料理は、ホントに数え切れないほどたくさん!そんなわけで、お外ご飯は私にとってなくてはならないものなのです。飲み歩く大義名分でもありますが(笑)。

c0039735_1214886.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だった
ポストは?
nokkoさん:●2013.5.8 ビーフステーキとアボカド、クレソンのボリュームサラダ☆ バルサミコ醤油ドレッシングで♪
ローストビーフをたくさん作った翌日メニューがベースです。これが食べたくて、作っていたような気もします(笑)。ホームパーティーで作ったらみんなピラニア状態!あっという間に完売でした。

●2013.5.20 砂肝のコンフィ アドバンス♪ スモーク編☆
アクセスがやたらと多い「砂肝のコンフィ」。「つくれぽ」もたくさんいただいています。
たくさん仕込んでもあっと言う間に消えて、あまりアレンジレシピをご紹介できないのが悩みの種(笑)。
軽くスモークしたアドバンスバージョン、ワインにぴったりで個人的に好きなレシピです。

●2013.7.14 桃とリコッタチーズの生ハム巻き♪
「料理」とは言えないくらい、簡単!なのに、やたらと美味しい! 
泡や白にぴったりな季節限定アペタイザーです。桃のピンク色がかわいいので、おうち女子会におすすめです!

●2013.6.16 醤油麹&オリーブのペースト on 鰹、アボカド&焼き茄子♪
ワインバーでいただいた料理を参考に考えたお気に入りの前菜。お店では味噌+オリーブだったのを人気の醤油麹でアレンジしました!

c0039735_12405113.jpg●おもてなしで人気のディップ!フムスみたいなアボカドディップ♪
おもてなしでお出しすると、必ずレシピを聞かれる人気メニュー!「つくれぽ」も多いです。パクチーが苦手な人にも「美味しい!」と言われました。
バゲットは多めに用意しましょう。あっという間に消えます(笑)。

●2012.1.6 市販のモッツアレラチーズを美味しく♪ 簡単生ハム&バジルロール☆
高いお金を出して専門店で買わないかぎり、あまり美味しいものに出会えないモッツアレラチーズ。
でも、こうしていただけばスーパーの安いものでも、とっても美味しいです。

●2013.5.25 薬味まみれ♪ チキン南蛮Nokko Style☆
地元九州の居酒屋&お弁当で大人気のチキン南蛮をちょっと大人の味にアレンジしました。
黒酢ベースのソースと薬味たっぷりのタルタルソースがなんとも美味しいです!

●2011.4.1 節電レシピ コクウマ☆たらこうどん♪
冷凍うどんを使ったお手軽レシピです。とにかくあっという間にできるので、時間も節約できます。
今の季節の忙しい日におすすめです。
かなり過去レシピなので、写真がとてもイマイチですが…お目こぼしを(笑)。

c0039735_1235611.jpg●2012.6.23 Rose! Rose! Rose!
タイトルの通り、薔薇ばかりの記事です。
お花写真も実はとても好き。よろしければ「お花」のカテゴリで他のものも見てください。

●2013.1.9 Road Trip 2013 レポ vol.1 ~神戸編~
車で行く地元九州への旅! よろしければ、Road Trip 2013全編、2010編もご覧ください。「Road Trip」のカテゴリにまとまっています。
地元九州まで、美味しいものを食べたり会いたい人に会いながら、宿も予約せずに気まぐれに旅行する、ある意味、我が家らしい旅行です(笑)。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
nokkoさん:長い休みがあったら、というか、お金があったら(笑)、海のキレイな島にバカンスに出かけたいです。
モルディブとか、タヒチとかが気分ですね~。キレイな海を眺めながら、ビーチバーでフローズンカクテルとか飲みたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nokkoさん:ホントは何か明るいニュースを話題にしたかったのですが。エジプトが今、大変なことになっていますね。
宗教上や政治上のことはホントに難しいですが、人の命が失われることはやっぱり心が痛みます。
早く解決に向かってくれるといいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと
nokkoさん:最近、ブログの更新やレスがゆったりでホントにごめんなさい!
長く続けていくために、こんな時期もあるかと思いますが、これからもどうぞよろしくお願いします。
みなさまが見てくださっていることに支えられて、3日坊主が3年も続けられたのですから、これはすごい!
いつもありがとうございます。これからも、「のん兵衛レシピ」をたくさん用意してお待ちしていまーす。
あと、意外とリアル友の読者&「つくれぽ」も多いのです。口頭やフェイスブックで報告してくれて、ホントにうれしいです! いつもありがとー!!

c0039735_12264720.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【nokkoさんのお気に入り&好きなブログ】

うひひな毎日 
簡単に美味しくできるレシピと素敵な旅行レポが魅力。カメラの腕もピカイチなうひひさんからはいつも刺激を受けています。
そして、写真&旅好きの素敵なご夫婦の日常に思わず私も「うひひ」。

ごはんの時間気まぐれレシピ
ブログを始める前からずっとファンだったブログのひとつです。
marronさんの繊細なお料理とセンスある器使い、器用さには脱帽です!
最近はかわいい娘さん用ののお弁当を中心に掲載されてます。ママになったmarronさん、さらに魅力的!

笑顔の時間 - a table to be full of happiness -
服飾デザイナーと料理家の二足のワラジを履く、ふみえさん。ジャンルは違いますが、デザイン出身ということで、とっても親近感。
スタイリッシュだけど、どこかほっこりする素材を生かしたお料理が魅力です。やっぱり、センスあるんだよな~。

はるひごはん
人気料理家、はるひちゃん。化学調味料を使わずに作る、簡単なのにおしゃれなレシピ!
ストウブ鍋を活用したレシピ、いつも参考にさせてもらっていまーす。
写真のスタイリングもとってもかわいく、ワクワクします。

uiの野菜 
おしゃれでカラダにいい料理が満載! 一からすべて手作りしていて、すごいです!
スタイリングもとってもかわいいです。
かわいい息子クンの成長記録もいつもほっこりしながら見ています。

続・ジャスミンの料理手帖 
こちらもずっと前からファンだったブログのひとつ。
お料理のテイストとセンスあるスタイリング、文体から伺える「考え方」に共感。とっても「粋」な彼女のブログ、大好きです。
関西のブロガーさんですが、去年、ついにお会いできました!もちろん意気投合!!




【nokkoさんのライフログ】

ボックス!

百田 尚樹 / 太田出版


映画化もされましたが、やはり原作をぜひ! 
女性教師の視点で書かれているので、ボクシングのことがわからなくても、興味がなくても楽しめます。
天才的な運動神経&ボクシングセンスを持つカブちゃんと、もともとはひ弱でがり勉だけど、超努力家のゆーちゃん。ふたりがボクシングを通して人間と して、そして男として成長していく姿が描かれています。「努力を努力と思わず、楽しんでやり続けられるのは才能があるということ」という、その台詞にぐっときました。
今、「目指す何か」に向かっている方に、特におすすめしたい一冊です。

Elle a table (エル・ア・ターブル) 2013年 09月号 [雑誌]

ハースト婦人画報社


スタイリング、レシピともにお手本にしています。「さすが!」のセンス。素敵だわ~。
昔からずっと大好きな雑誌です。

nokkoさんの「Osteria poppoへようこそ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-08-20 17:06

c0039735_7524271.jpgどこまでも透き通る美しい海や幻想的なオーロラの写真をはじめ、世界各地の文化や歴史が伝わる風景や世界遺産など、ワールドワイドな旅の写真いっぱい。
時には、遠い地の果てアフリカのマサイ族やアジアの少数民族をたずねてみたり、サンゴ礁の広がる海中散策をして海亀やサメに出会ってみたり。空の上からの風景を楽しんでみたり…。
地球にはこんなすばらしいところがあるんだ!と改めて感動させられる写真と旅行記がとても魅力的です。

「私も一度行ってみたい!」「見ているだけで自分も旅した気分になる」と旅好きな読者の注目を集めています。
「今年の夏休みは海外旅行がしたい!」と思っている人もぜひ参考にしてみるといいでしょう!

今回は、そんな世界各地を旅する旅行家として、仕事でもプライベートでも旅の魅力をたっぷり伝えてくれる、「空想地球旅行」のol-lonlyplanetさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ol-lonlyplanetさん:地球上には、無名でも素晴らしい風景や場所があるということを多くの人に知っていただきたいのと、「旅をして新しい何かを発見して欲しい」という思いで、ブログを始めました。2006年からスタートしておかげさまで、海の中から空の上まで500以上の地球上の風景や文化をアップしています。

c0039735_8411960.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ol-lonlyplanetさん:もともと旅が好きで、雑誌や新聞に旅の記事を書いたり、旅と世界の料理レシピをまとめた電子書籍、旅のトークショーなど、旅に関わる仕事をしています。仕事ではもちろん、プライベートで出かけた旅先で撮った景色、感動した話題をアップしています。渡航歴は100回以上。世界各国の人気の観光スポットだけでなく、旅の風景やその土地で暮らす人、歴史や風土、食文化などを紹介しています。

ブログのテーマはでっかく「地球」です。私たちが暮らしている地球は奇跡そのもの。旅を通して「地球って素晴らしいね。もっと大切にしなきゃね」を共有できたらうれしいです。また、旅はしたいけど諸事情で旅に出られない方が、ブログを見て旅の疑似体験ができればいいなと思っています。

c0039735_11352595.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ol-lonlyplanetさん:得たものは継続力。始めた当初はこれほど長くブログを続けるなんて考えていませんでした。旅先の出来事や風景を見て、共感していただいた時は続けていてよかったな、と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ol-lonlyplanetさん:自分の伝えたいことを自由に正確に伝えることができることでしょうか。また時折、古い記事を読み返しその時々の目線や考え方が知れるのも良いです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ol-lonlyplanetさん:空想大好き人間でしょうか(笑)。

c0039735_754236.jpg

 
エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ol-lonlyplanetさん:「K'aua」のpurinさん。海外在住の方で日常のことや世界のこと発信しています。
べルリンでさーて何を食おうかな?」のToruberlinさん。やはり海外在住のコントラバス奏者。演奏先の出来事や料理の話を楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ol-lonlyplanetさん:今は走ることに向き合っています。時間がある限り10キロ走るよう心がけています。その他は旅のことばかり考えています。

c0039735_7544523.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
ol-lonlyplanetさん:一生旅人。

エキサイトブログ編集部:世界各国、遠くアフリカの少数民族に出会う旅、世界遺産の旅まで、いろいろな旅をされていますが、世界を旅するようにきっかけや、ol-lonlyplanetさんにとって旅の楽しみ、これまで訪れたところで特に印象に残ったところは? また、旅のコツなどもお願いします。
ol-lonlyplanetさん:旅行は学生時代から国内外を問わず大好きでした。旅に夢中になったのは、アメリカに留学中に車であちらこちらに気ままに旅したことです。いろいろなハプニングに遭遇したり、見ず知らずの人に親切にしてもらったり、貴重な経験が私を成長させてくれました。

c0039735_11362325.jpg印象に残っているところはインドのVaranasiです。ボート漕ぎの貧しい少年とガンジス川の朝日を見にいきました。それからは毎日少年と彼の友達と一緒にボートに乗ってガンジス川を泳いだり、リキシャという自転車タクシーで観光したり。帰国の日は少年たちが知り合いから借りてきたオート三輪タクシーを少年自らが運転して空港まで送ってくれました。もちろんひやひやものでしたがその思いに泣けました(笑)。

旅のコツは季節だと思います。例えば、アンコールワットの朝日を見たければ、乾季なら朝日を見るチャンスは高いです。私は旅をするのが仕事でほぼ毎月旅にでていますが、できる限りその土地の素晴らしさを紹介するのに季節を選んで行き先を決めています。旅は一期一会です。行って観光するだけでなく、その土地に根ざした文化や風土もぜひ感じ取ってきてください。
ちなみに、夏休みに旅行するなら、今が乾季のバリ、カナダ、ペルーのマチュピチュ。ヨーロッパンは今年人気のポーランドがおすすめです。

エキサイトブログ編集部:旅の風景写真もとてもきれいで、いつか行ってみたいと思わせる写真ばかりですが、写真歴や写真を撮る楽しみ、自分らしい写真を撮るためにこだわっていることや大切にしていることは?
ol-lonlyplanetさん:私自身をオープンにすることで、動物も含めて相手も構えずにいてくれます。あとは、例えば海は世界中にありますが、海の色や植物などでその場の空気感が伝わるようにしてます。一番大切なのは自分の心が動いた瞬間を撮るように心がけています。それでも撮り逃してしまうことはたくさんあるのですが。

c0039735_1205615.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ol-lonlyplanetさん:走っている時。誰にも邪魔されない自分だけの時間。この時とばかりに空想を楽しみます。あとは旅。旅が仕事なので旅先では集中しなければなりませんが、旅こそが私の大切な時間。癒される瞬間はいつも隅田川沿いの同じ道を走るのですが、同じところに止まっている大きなアオサギを見つけたり、塀の上の猫にちょっかい出してる時。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ol-lonlyplanetさん:●2011.6/7 パガン恵みの雨
ミャンマーのパガンという場所の寺院でのこと。突然のスコールで軒下で雨宿りをしていたところに寺院からこちらに向かって走ってくる少女がいました。寺院をバックに両脇に咲き誇るブーゲンビリアの間を雨の中走っている少女がとても美しく見えました。雨に濡れることも忘れて少女の正面に立ち撮りまくりました。

●2012.4/2 オーロラ百花繚乱
●2012.2/24 オーロラ@イエローナイフ
満天の星空に揺らめくオーロラは何度見ても感動します。−20℃を下回る夜の撮影はさすがに凍えますが、オーロラが出た瞬間から寒さを忘れます。

●2011.8/22 陸上のブルーホール
アラスカ州の州都ジュノーにある広大なメンデンホール氷河と陸地の境目にできたアイスドーム。朝8時に出発して苔むした森を抜け、小川を渡り岩をよじ登っ後、アイゼンを履き氷上を歩くこと7時間の後に見る目の覚めるグレーシャーブルーのトンネルは格別でした。7時間歩く価値のある風景です。

c0039735_11365044.jpg


●2009.1/26 Sinulog Festival ! 2009〜 グランド・パレード 〜Viva Pit Señor Santo Niño!
フィリピンのセブ島で毎年1月に開催されるフィリピン最大の祭り「シヌログ フェスティバル」。セブ島の主神とされる幼きイエス、サント・ニーニョを祝福する一大イベントです。その催しのひとつで、1チーム100人くらい、総勢50組が約5kmのメインストリートを素晴らしい創作ダンスを踊りながら練り歩くダンスコンテストがあります。色鮮やかなドレスと賑やかな音楽はまさにアジアでありながらアジアにはないラテン系のノリ。一度見たらやみつきです。

c0039735_1212831.jpg●2013.7/21 今宵、満月とランタンの灯りとともに
ベトナム中部、世界遺産の町ホイアン。毎月旧暦の14日の夜は、ランタンの灯りだけで過ごします。旧市街はほの暗い幻想的な光がホイアンの町を包みます。
同時に夜祭りも開催され、最近ではベトナム国内や海外からもたくさんの人がランタンの夜を楽しみに訪れます。ホイアンはこの10年で10回ほど訪れています。年々町はきれいになり豊かになっていきますが、人々はやさしくのどかで良いところです。

●2012.12/18 マサイとジャンプ!
これはですねえ、私のまったく飛べてない加減が笑えるというだけです。マサイ男の跳躍は半端ないです。身につけているアクセも素敵で細マッチョでちょっと惚れました。

●2011.5-14 イエス布教活動の地ガリラヤ湖
イスラエルのガリラヤ地方の春。ガリラヤ湖を見渡す丘一面に菜の花が咲きます。この一体はイエス・キリストが生前に数々の奇跡を起こし、布教活動を行った土地として知られています。豊かな緑と穏やかで平和なこの地を目の前に、本当にイエスがいたのだと信じたくなりました。

●2012.1/9 世にも美しいお墓
ウズベキスタンのサマルカンドにあるティムール朝歴代の偉い人とその家族が眠る霊廟。お墓ですが、青タイルの美しさは目を見張るものがあります。少し年齢の高い人は「サマルカンドブルー」なんて言葉がきっと浮かんでくるはずです。

c0039735_1215638.jpg●2011.1/24 天国の入り口
いろいろな国に行きますが、やっぱりハワイは好きです。たとえ、仕事で訪れたとしても身体が喜びます。オアフでのお気に入りはのどかなラニカイビーチ界隈。でも、最近は流行のようでのどかでもなくなってきましたが、それでも遠浅の透き通る海と海へ繰り出すロコたちの風景が大好きです。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
ol-lonlyplanetさん:先日のニュースで、埼玉県で駅のホームと電車の間に挟まれた女性を駅員と乗客らが車両を押して隙間を作り救出したという。日本人の助け合いの精神はまだまだ捨てもんじゃない。しかも、その電車はたったの8分遅れで出発したというのだからみごとです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ol-lonlyplanetさん:イスラエルとパレスチナの直接協議が再会されました。万事休すことはないと思いますが、これ以上の隔たりを作らず一歩でも歩み寄っていただきたい。イスラエルは本当に素晴らしいところ。それが日本に伝わってこないのが残念です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ol-lonlyplanetさん:いつもご訪問いただきありがとうございます。少しでも旅のお役に立てたら幸いです。まだまだたくさんの風景や出来事を紹介したいと思います。引き続き遊びにきてください。旅の質問なども気軽にお寄せください。お待ちしております。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【ol-lonlyplanetさんのお気に入り&好きなブログ】

農家の嫁の事件簿
農家の日々の暮らしのあれこれを面白おかしく伝えてくれる、癒しのブログです。毎回のブログタイトルもキャッチーです。

ただ歩いて行く旅 
歩き目線ならではの写真や、それぞれの土地で出会う人たちの自然な写真がいい感じです。ゆるめな感じもまたいいんです。

Bird Focus
鳥の顔や仕草を見ているだけで癒されます。

カグラザカ日記
料理のことなど東京での日々をつづっているブログ。
私も電子書籍でレシピ本を出しているのいで興味深く拝読させていただいてます。

Sky High Mountain Works productions
芦屋川コアアウトドアショップさんのトレイルランニングブログ。
世界中の山を走っている気分になれます。




【ol-lonlyplanetさんのライフログ】

BY THE WAY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / ワーナーミュージック・ジャパン


好きな音楽はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。特に2002発売の「By the Way」とfat boy slimは気持ちよく走れます。眠れない夜ははホリーコールを。k.d.ラングの声も好き。

決定版 三島由紀夫全集〈1〉長編小説(1)

三島 由紀夫 / 新潮社


三島由紀夫は全般的に好きですね。セリフが美しいのが好き。

旅をする木

星野 道夫 / 文藝春秋


星野氏が過ごしたアラスカの日々をつづったもので、静かに語りかけてくるようです。

シェルタリング・スカイ [DVD]

角川映画


古い映画ではシェルタリング・スカイ。べルトリッチ監督の美しい映像もたまらないのですが、モロッコを彷徨う美しい風景と坂本龍一氏の音楽がぴったり合う。出演のデブラ・ウィンガー、ジョン・マルコヴィッチもいい。

新しい映画では「Chasing Mavericks」。カリフォルニアのサーフィンの聖地「マーヴェリック」でビッグウェーブに果敢に挑む若くして亡くなったサーファーの実話に基づいた物語。ストーリーはともかく、観ているこちらまで波の魅力に取り憑かれそうです。

ol-lonlyplanetさんの「空想地球旅行」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-08-07 17:51 | アウトドア

c0039735_13165838.jpg朝もやがかかった幻想的な山々や湖の風景をはじめ、思わずくぎづけになる夕景など、自然の美しい景色をとらえた写真は、まるでポストカードのよう。ときには、街のスナップをアートっぽく切り撮ったり、異国風にとらえてみたり…。季節感を感じるすてきな一枚だったり…。どれをよっても、心にやさしい余韻を残すような写真が魅力的です。

「朝日や夕陽、空の色や雲の形、光のやわらかさなど、どれをとっても素敵でドラマチック!」「いつも見入ってしまいます」と読者からも多くのコメントが寄せられています。

今週は、そんな風景写真を自分らしい感性で撮り続ける、「Harvest Moon」のHarvest—Moonさんこと、ayaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ayaさん:こちらこそ、いつもお世話になり、ありがとうございます。そして、このたびは、私のつたないブログを選んでいただき、本当にうれしく思っております。重ねて御礼申し上げます。

ブログを始めたきっかけは、撮りためた画像がどんどん増える一方だったとき、ふと、「ブログというツールでみなさまにご覧いただけたら…」、と厚かましくも思いまして…。そして、何より自分の記録としても残せたらいいな、という思いで始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ayaさん:基本的には、風景の写真をアップしております。
出かけた先で撮った四季折々の自然の風景をはじめ、心をとらえた朝もやの風景や夕景の写真、街のスナップ写真など、私が気に入った風景を切り撮っています。

何の縛りもテーマもなく、本当に気の向くまま自由に撮った写真を、私の感じたままに、みなさまに見ていただける幸せを感じながらアップしているのですが、それでいても、こんな私でも、「もしも、自分が自分のブログを見ていたら…」と客観的に見ることで、アップする順番や色などに工夫をしているつもりです。
以前は、勝手なシリーズ化、ということで、いろいろなテーマを自分自身で決めて、画像をご紹介したこともありました。
トランプの七並べの要領で、同じテーマで一週間分揃えることがとても気持ちよくて。でも、「あと一枚足りない!」という時もしょっちゅうで、そのスリルも逆に楽しんだり、自分自身が一番面白い!と感じていたのだと思います。
そんな勝手な私の思い込みの写真ブログを、もしもご覧いただいているみなさまにも一緒になって楽しんで面白がって、そしてちょっぴり感動していただけたらうれしいなぁ、と甘い考えで思っています。

c0039735_1321762.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ayaさん:とにかく、自分の撮った画像を、こういう媒体に載せる、ということが初めてでしたから、当初は不安やとまどいもありましたが、徐々に、ご訪問いただける方々が増えることへの喜びと、お世辞でもうれしい温かなコメントが、何より私の次への活力となる、ということが一番の発見ですね。
お顔の見えないおつきあいながら、その先にある思いが、こうして伝わるのだなぁ、と日々感じていることも、私の幸せです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ayaさん:発信する側の意志をきちんと伝えることができれば、その人となりがわかり、共感できる人たちをいい意味で巻き込める、そして、短いコメントの中にも、その気持ちを汲み取ることができる…。そんなところでしょうか。

c0039735_1322102.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ayaさん:う~ん、難しいですねぇ…。ずいぶん長い間生きてきましたが(笑)、まだこの年齢になっても、自分自身のこととなると、なかなか客観的に見られません。
ただ、ON とOFFがはっきりしていて、頃合いのいい加減を見つけるのが下手な人間だと思います。
そのために、行き過ぎることもしばしば…。これからは気をつけたいですね。
そして、点数稼ぎのために申し上げると、あとは家族想いなところかな。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ayaさん:おつきあいのあるすべての方々に、お会いしてみたい、という願望はひそかに持っています!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ayaさん:自宅近くにスポーツジムができたことで、すっかりヨガやピラティスにはまっております。
でも、これはカメラと違って、いつまで続くか?という感じですが…。

c0039735_13212939.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
ayaさん:健康ですね。
これからの人生、自分を含む家族の健康あるのみです。

エキサイトブログ編集部:まるでポストカードのように切り撮った風景写真の数々がとてもすてきですが、写真を撮るようになったきっかけや写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮るために大切にしていること、記事アップの際に心がけていることがあれば。
ayaさん:5~6年前から撮りはじめたカメラとの出会いは「ボケ」、つまり、背景をボカした写真でした。
本屋さんで何気なく見かけた写真集の、見事にぼかした写真を見たときから、目で見たものとは違う世界が広がるカメラに夢中になりました。
はじめの1、2年くらいは、室内写真にとどまり、ひたすら被写体以外をぼかして撮っていましたが、そのうち徐々に広角にスライドして、いまでは広角レンズが大のお気に入りです。
被写体も雑貨写真やお花のマクロ写真などから、今では朝日&夕陽のような風景写真や自然写真がほとんどとなってきました。
撮影のスタイルとしては、まず、オブジェクトになる被写体を探し、そこには朝日&夕陽のどちらが適切か、
そして季節ごとの角度も考慮しながら、朝日なら早起きして待ち構えます。
そのためには、ロケハン、つまり予めその場所をチェックしてから備える、などの準備も要ります。そんな毎週末の撮影が私の日課です。

そんな風景写真の中で、長時間露光撮影などのカメラならでは技術も、時には駆使しながら、ご覧いただく方々の、気持ちに訴えかけられるような、「ドラマ」が感じられるような、そんな写真を撮っていきたい、ということが、私の今現在の大きな目標になっております。
自分がそこで感動した光景を、そのままお届けでき、そして、そこからイメージを膨らませていただけるような「ドラマ」がそこに存在するような写真が撮れたらいいなぁ、と強く思っています。

c0039735_13265174.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ayaさん:一応、主婦ですので、一日の家事が終わって、次の日のブログの画像も決まって予約投稿をした後、お気に入りのソファーで、大好きな阪神の試合を熱く応援しながら、その合間にゲームをする時間かな(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ayaさん:●2011/01/13 記憶
私の原点とも言うべき写真で、琵琶湖湖畔で撮ったシーンです。
湖の背景に浮かぶ木々が、とても印象的でした。

●2012/09/22 シルエット大好き!~砂丘 
沈み行く太陽とそれを愛でる人たちのシルエットが、いろいろなことをイメージさせてくれる光景。この後、毎年この鳥取砂丘に通うきっかけになりました。

c0039735_13253366.jpg③2013/06/10 縦の流れ 
たっぷりと降り注ぐ光の中、一番濃いフィルターをつけての撮影でした。
滝の流れと、光のスポットライトが当たったような苔を表現したくて、粘って撮った作品です。

●2013/02/20 重なる鳥居 
滋賀県の琵琶湖にある、白髭神社。海の中からの鳥居の叫びを、スーミングで表現してみました。

●2013/06/10 太陽玉 
鳥取砂丘で、太陽の周りにできた大きな暈と、人々のシルエットが、印象的なシーン、夢中でシャッターを切りました。

●2012/12/30 2012年の思い出~11月&12月 
今や、超有名になった竹田城、早朝から来られてる皆さんのいろんな思いが、ダイレクトに伝わってくる光景に、こちらまで感動でした。

●2012/10/29 山々の稜線1 
神々が住む国、と、この国を表現してもいいかのような雲海、素敵で涙が出そうになったのを覚えています。

☆そのほかに、1週間シリーズの記事として、
アートな気分
2012/6/12~6/16
美術館や街角で出会った、アートな雰囲気が満載なものをテーマにして、シリーズにしてみました。

海外風
2012/8/20~8/25
日本にいながら、海外的な雰囲気のものを集めて、ちょっと旅行気分のシリーズ、自分自身が一番楽しんでいただけかも(笑)。

c0039735_13263282.jpg美瑛の思い出
2012/7/16~7/21
北海道、美瑛の美しさを思い出しながら、また行きたい、との思いでUPしました。

☆そして…。
●富士山
世界遺産に登録になった富士山、やっぱり間近でみるその姿は、美しく秀麗でした。
富士山の写真はこちらのカテゴリにまとまっています。

エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
ayaさん:家族旅行ですね。
社会人の息子や大学生の娘との都合が合わず、まったく叶いそうにないので、しばらくこの願いは続きそうです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは??
ayaさん:イギリスの新しい王子さまの誕生、うれしいニュースはいいですよね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ayaさん:これはもう、本当にいつもいつもご覧いただき、ありがとうございます。
というお礼の言葉に尽きると思います。
今までにコメントをくださった方々はもちろん、いつもご覧いただいているすべてのみなさまに、感謝の気持ちでいっぱいです。
引き続き、これからも、よろしくお願いいたします。

また、今回、初めてご訪問いただいた方々へ。もしも、私の写真が少しでも心に残るものであったなら、
ひと言でもコメントをいただければ、大変うれしく思いますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_16543011.jpg





【ayaさんのお気に入り&好きなブログ】

今回、こういうお話をいただきまして、自分自身で、過去3年のブログを振り返ってみたところ、とても多くの方々にお越しいただき、コメントいただいているのだなぁと改めて感謝と感動でいっぱいになりました。

以前、ピックアップブロガーの際、私をご紹介いただいた「月の雫」のRinさんは、ブログの名前通り、キラキラとしたイメージのお写真で、とても惹きつけられます。そのRinさんをはじめ、たくさんの方々との出会いがあった中で、当初から変わらずコメントいただいている方々を、感謝の意味も込めましてご紹介したいと思います。
と、同時に、すっかりご無沙汰になった方々に対しましても、この場をお借りして、日ごろのご無礼をお詫び申し上げます。

●「とーちゃんの子育て写真日記
今流行りのイクメンパパが、何気ない日常の1シーンを、センスよく切り取られていて、いつもホッと気持ちが和やかになる素敵なブログです。

●「Another Story
横浜を中心に、ドキ~ッとする素敵な都会的な切り取りで、いつもブログを開くたびに、勉強させていただいてます。

●「gg photo blog
お仕事でお忙しい中、いつも新鮮な視点で被写体を撮られてます。
手賀沼の夕景は、秀逸です。

●「ちょっとコーヒーブレイク
長崎、五島列島の素晴らしい自然を綺麗な色でつづられいて、思わず行ってみたくなる素敵なブログです。




【ayaさんのライフログ】

カナダのピアニスト、グレングールドのバッハの作品から

Bach: Goldberg Variations, Bwv 988 (1955)

Sony Bmg Europe


ピアノを昔からやってきたので、やっぱりクラシック音楽は、私の中からはずせません。
作曲家の中で、バッハが一番好き、ということと、小さいころ、父が毎朝、このレコードをかけていた、というのが、お気に入りの理由です。

ayaさんの「Harvest Moon」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-07-30 09:50

c0039735_12583823.jpg政治・経済などの時事ネタから、ネットで物議を醸した話題まで、「はたして、それって本当はどうなのだろう?」という独自の視点でとらえたブログ記事が、多くの読者に“気づき”を与える存在になっている“つぶやきかさこ”。たとえば、乙武洋匡さんのつぶやきがネット上で波紋を呼んだ問題などでは、実際に現場を取材して執筆。側面から見直した意見が評判となり、アクセス数も急増。ブログの読者だけでなく、twitterやFacebookの読者の注目も集めています。

そんな一方で、時には、心が癒される野良猫のかわいい写真や世界を旅した風景をはじめ、工場夜景好きには人気の“工場萌え夜景”など…いろいろなテーマの写真も撮り続けて、ブログにアップしています。
そうした、好きなことを仕事に結びつけたブログの影響について、「好きを仕事にするブログ術」として講演もされています。

今週は、世界中を旅したグローバルな視点と、金融業界での仕事、編集の経験を生かした観察力で、日々の気づきをつづる、「つぶやきかさこ」のかさこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
かさこさん:2000年にホームページ「かさこワールド」を立ち上げ、サイト内で今のブログのような形で毎日更新日記「つぶやきかさこ」を始めました。トラベルライターになりたいと思い、旅写真や旅日記を更新していくことが主でしたが、それだけだと毎日はきついので、時事問題なども書くようになりました。ただ、ホームページだと更新の手間が大変なことと、記事ごとにURLがつかないので、2009年に「つぶやきかさこ」をエキサイトでブログ化しました。


c0039735_130998.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
かさこさん:今、私はカメラマンとライターを兼ねた「カメライター」として仕事をしている関係上、ライター的な執筆記事とカメラマン的な写真記事とが混在しています。時事問題や、生き方・働き方を考える記事が中心ですが、旅写真、旅日記、野良猫写真、工場写真、廃墟写真など、多種多様な話題を取扱い、毎日更新しています。

いろいろなジャンルを扱っていますが、私が一貫して伝えたいと思っているのは、文章、写真などを通じて、多くの人に"気づき"を与えていき、それによって社会を良い方向に向けていきたいということです。
近年、情報はあふれかえっているほど多く、しかもネットのおかげで情報が入手しやすくなったにもかかわらず、情報量の"偏り"がひどくなっていると感じます。こうした情報の偏りを正したい。そこで違った見方や考え方を提示していきたいという思いがあります。
また、今の日本に悲観論が漂いすぎていて、未来に希望を持てない人が多く、恵まれた環境にありながら、前向きに楽しく生きることを忘れていると感じます。前向きになれるようなきっかけを与えられる記事を書いていきたいとの思いもあります。

c0039735_131387.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
かさこさん:ブログは単なるネット上のマスターベーションでもなく、お仲間同士の馴れ合いの場でもなく、リアル社会に影響を与える大きな力を持つツールだということを感じています。
ブログを見て、「旅行記事の連載を書いてほしい」とか、「写真集を出してほしい」、「金融関係の執筆をお願いしたい」…など、仕事に直結することも数多くあります。またブログ記事を読んでくれた方が共感してくれて、いろいろな方々とリアルな知り合いになれました。
ブログは個人にとってリアル社会とのポータル(玄関口)になると感じています。

c0039735_132636.jpgまたブログ読者のうち約2000人に、年賀状代わりに写真小冊子「かさこマガジン」を送付しています。住所を見ると首都圏だけでなく、全国各地に読者の方がいらして、中には海外在住の日本人の方もいます。ブログをしているおかげで、こんなにもいろいろな地域の方々と知り合うことができたのは、ほんとにすごいことだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
かさこさん:多くの人が心の中では思っているけれど、口には出せないことを代わりに文章にして代弁する人。人があまり気づかないことや視点を提示する人。そんなふうにブログ読者からよく言われますし、そういうポジショニングでブログを書いていけたらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
かさこさん:ブロガーではまったくないですが、ミスチルの桜井さんにインタビューおよび撮影してブログに記事を載せるのが夢です。ミスチルが好きで、毎回ミスチルライブに行ってライブレポートを書いており、この記事がきっかけでブログ読者になってくれた方もたくさんいます。個人ブログにミスチルが登場するなんて前代未聞でおもしろいですし(笑)。きっと多くのファンの方に見てもらえると思います。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
かさこさん:ポテトチップスをほぼ毎日1袋食べること。もう10年以上、続けていると思います(笑)。だいたいポテチチップスを食べ、ホットコーヒーを飲みながら、ブログを更新していることが多いのですが、先日、ブログ術講演でその話をしたら、「好きなことと組み合わせてブログを書いているから毎日更新ができるんだ!」と感想を言ってくださる方がいて、なるほどなと思いました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
かさこさん:私が時事問題や社会問題などをブログで書く必要がなくなるほど、問題がない世の中になってくれたらなと思います。そしたら毎日、写真をアップするブログに変更します(笑)。

c0039735_1313788.jpg


エキサイトブログ編集部:カメライターということで、政治・経済からネットで話題になったニュースまで、独自の視点でつづった記事が注目を浴び、アクセスが急増していますが、情報の収集から記事セレクトのこだわり、記事アップまでに心がけていることは?
かさこさん:メディアで大々的に取り上げられている問題で、見方が一方向に偏っているのではないかという時に違和感を覚えて、「その問題ってこっち側から見たらこういうことなんじゃない?」というブログを書くことが多いです。
例えば、車椅子だからレストランの入店を拒否されたという乙武さんのツイッターが話題に上っていた時、はじめは「車椅子を拒否するレストランなんてけしからん!」という意見が多く、店側を批判する意見が多かったんです。それに違和感を覚えて、ネット上で調べていったら、店の前のストリートビューが載っていて、ビルの構造上、とてもじゃないけれど、少人数で車椅子を持ち上げるのは難しいのではないかと。そこで翌日、銀座のお店に行き、どんなビルの構造になっているか写真を撮影し、ブログにアップしました。その記事を上げると、ネット上の意見が変わりました。「店側が悪いと思っていたけど、さすがにこれは無理かも」と意見を変える人もいました。
一方的な見方が多い問題については、そこに何か見落としているものがあるのではないかといった視点で記事を書くことが多いので、反対意見も多い反面、「なるほど、そういう見方もあったのか」と目からウロコといってくれる人もいます。

c0039735_1346197.jpgまた、東日本大震災があった際には、仕事と関係なく、被災地に何度も足を運び、被災地の現地の様子や被災地の声を取り上げる記事を更新していました。
それによって、「ボランティアに行ってみよう」とか、「このボランティア団体ならしっかりしているから寄付をしてみよう」とか、記事がきっかけで行動してくれる読者の方もいました。
また、大手メディアがあまり取り上げない場所や、被災者の美談ではない生の声を載せたりしていたので、被災者の方から「多くの人に知らしめるきっかけを作ってくれてありがとう」と言われたこともあります。
大手メディアからこぼれおちてしまうものを、個人ブログだからこそ拾っていき、発信できたらいいなと思います。

エキサイトブログ編集部:硬派な時事ネタをつづる一方で、とても癒される野良猫のかわいい写真や、工場夜景好きなら萌える夜景写真、行ってみたくなる旅写真などもたくさん紹介されていますが、写真を撮るようになったきっかや写真を撮る楽しさ、自分らしい写真の撮り方は?
かさこさん:ライターという仕事をしていますが、文章では表せない素晴らしさを写真は一瞬にして伝えることができます。旅行が好きだったので、旅に行って写真を撮ることが多く、それが写真を撮るようになったきっかけです。

写真を撮る楽しさは、素晴らしい被写体や撮影スポットに出会えた時。例えば、富士山と工場という意外な組み合わせとか、工場地帯を何度も訪れて歩き回って見つけた絶好の工場夜景撮影スポットとか。あと、最近ネコだけでなくサルも撮っているのですが、サルというと不審がられるのですが(笑)、写真を見せるとそのかわいさがわかってくれます。意外なものを見せて再発見してもらえる喜びは格別です。

c0039735_1341787.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
かさこさん:イヤなニュースが多かったり、理不尽な仕事の要求があったりすると、ついついイライラしてしまいがちです。そこで、いい気分で1日を終えるため、毎日、楽しかったことを書き出してみようと、最近、別のエキサイトのブログを作って更新しています。よかったらこのブログを発見してみてください(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
かさこさん:<時事問題で話題になった記事>
その記事を上げると、ネット上の意見が変わりました。
●「乙武氏ツイートの銀座の店に行き、店主に取材しました」:2013年 05月 20日
乙武氏が批判した銀座のレストランの現場に行って、ビルの構造や出入口などを撮影。
車椅子で上がるのがいかに難しいかが写真とともにわかりやすかったため、40万以上のアクセスに。

●「サラリーマンは自営の気持ちがわからない」:2011年 07月 13日
1万6000以上リツイートされた記事。サラリーマンと自営(フリーランス)では経費や時間に対する感覚が違うため、仕事上でトラブルになる事例を解説。

●「マクドナルドの迷走ぶりがすごい!高い・遅い・まずいのマクドナルドはなぜ不振なのか」:2013年 05月 03日
デフレの王者といわれたマクドナルドの低迷要因をかつてのアルバイト経験を踏まえながら解説。5万以上のアクセスとなった記事。

<写真・旅行系>

c0039735_1342032.jpg


●「工場夜景写真」:2010年 02月 14日
これまで撮影したとっておきの工場夜景写真をまとめてアップした記事。

●「世界一人口密度の高い町~軍艦島レポート」:2009年 09月 26日
廃墟が観光地され人気となった軍艦島だが、そこには驚くべき歴史があった…。退廃的な廃墟写真とともに島の歴史を簡単に解説。

今日は猫の日、猫写真アップ!2010年 02月 22日
2月22日はにゃんにゃんにゃんで猫の日ということで、これまで私が撮影したとっておきの猫写真をまとめてアップ!

●「こざる写真」:2010年 08月 06日
サルがむちゃくちゃかわいいんです!
ぜひ騙されたと思って(笑)、子ザル写真を見てください!

c0039735_1344199.jpg


<個人的に気に入っている記事>
●「頼れない時代の生きる指針」:2010年 01月 03日
お正月に書いた記事。なぜ今の日本がダメなのか。それは誰かに頼ろうとする人が多いからではないかという内容。他人に文句を言うのではなく、自分が行動し、自分がリーダーになるぐらいの気持ちが必要ではないかというこの記事は、今の社会の問題のすべての原点であるように思います。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
かさこさん:クレヨンしんちゃんのお菓子のおまけに入っていた「ぶりぶりざえもん」のフィギュアをあと10体ぐらい欲しいんです。非売品のため、オークションで5体集めたのですが、もっと数を集められればおもしろい写真撮れるのになと(笑)。

c0039735_136858.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
かさこさん:リーマンショック後に行われた先進国の量的緩和が、新たな金融危機を招くのか、そうではないのかという点。金融、経済の記事を書くことが多く、日本の異次元の金融緩和など、これまでの常識ではあり得ない社会実験の結果が悲劇でないことを祈りつつ、でもどうしても悲観的な見通しをしてしまいます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
かさこさん:ぜひネットだけでなく、リアルでもつながれたらと思います。また写真小冊子「かさこマガジン」が欲しい方は、在庫がだんだん少なくなってきたので、お早めにお申し込みください。かさこマガジンについては、こちらの記事に申し込み方法などを紹介していますので、ご覧になってください。
これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【かさこさんのお気に入り&好きなブログ】

ごめんなさい、他人のブログをほとんど見ないもので、ないです・・・。




【かさこさんのライフログ】

SONALIO「personal innerspace」
数年前にネットで知り合い、ライブ写真やライブレポートをアップしているバンドさんの新曲がめちゃかっこいいのでぜひ聴いてみてください。

c0039735_13502041.jpg


トヨタの片づけ

OJTソリューションズ / 中経出版


この本はすごい!オフィス版・断捨離の決定版です。ブログ記事でも紹介していますので、ぜひこちらを読んでみてください。

稼ぎたければ、働くな。

山田昭男 / サンマーク出版


抱腹絶倒の超おすすめ本!全ビジネスパーソン必読の本! ブログ記事はこちら

背景ビジュアル資料〈8〉奇観建築・王宮・産業遺産・廃墟 (背景ビジュアル資料 8)

かさこ / グラフィック社


拙著なのですが、旅に出たくなる、見ていて楽しい写真集です。廃墟、産業遺産ほか、世界の変な建物なども掲載しています。

かさこさんの「つぶやきかさこ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-07-18 16:56