今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:ライフスタイル系 ( 105 ) タグの人気記事

c0039735_21130587.jpgスタイリッシュでヴィンテージ感漂う「男前インテリア」な中に、女性らしいフレンチシックな雰囲気がミックスされたこだわりの空間。大人女子が憧れる雑貨も家具もすべて手作り!ほんのひと手間かけるだけで、どんな100均アイテムも廃材もワンランクアップさせてしまう、リメイク&DIYの達人として、多くの読者ファンに人気を呼んでいます!

そんな、おしゃれカフェのような空間を作り出すコツやノウハウがぎゅっと詰まったブログは、お金をかけなくても、アイディア次第でお気に入りのインテリアに囲まれた暮らしが楽しめる、ということを教えてくれます。ブログから生まれた出版本「かんたんDIYでつくるおもてなしインテリア」も多くのDIY好きの女性に評判です。

また、お子さんとの暮らしの中で見つけた小さな幸せを、自然体で楽しむ姿にも共感を呼ぶ読者が大勢います。

今回はプラチナブロガーのおひとりとして、そんなすてきなDIYライフを自分らしく楽しむ「pink pinko life」のpinkoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pinkoさん:「お金と時間をかけないインテリア」をモットーに、家具から雑貨まで家中すべてのインテリアアイテムをDIYで作った賃貸マンションインテリアをご紹介しています。
メインテーマである「手作り雑貨」は、安価で誰でも簡単に作れるところにこだわり、その作り方や使い方などを多くの写真とともに、わかりやすく丁寧に紹介しています。
作品は100円ショップの商品や廃材などを材料に使って作ったものばかりですが、「賃貸でもお金をかけずにここまでできる!」ということを、多くの皆さんにお伝えできればいいなと思っております。

その他にも、2人の子どもを持つ主婦である私自身の目線で見たことや感じたことや日常に溶け込んでいるあたりまえのこと、暮らしの中にあるちょっとした楽しみといったような、インテリアだけでなく暮らしに関わるさまざまなものごとを幅広く発信しています。

c0039735_21145173.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
pinkoさん:ブログのテーマを探しの中で、今まで無関心だった些細なものごとにも目がいくようになりました。
例えば、普段なら気にもとめない小石や落ち葉ひとつをとってみても、「これをインテリアに取り入れられないか?」といったようなことを自然に考えるようになりました。そんな、何気ない日常にあふれている素朴な魅力を見つけることは、ブログをやっていなければ気づけなかったかもしれません。

また、ブログを始めて早9年、ありがたいことに今では日々の更新を楽しみにしてくださる多くの読者さんを持つブログへと成長しました。
中でも「手作り雑貨」の記事は好評で、雑誌などのさまざまなメディアにも取り上げていただき、ついには自著本を3冊も出版させていただくという奇跡にまでつながりました。これもひとえに応援してくださる読者の皆さんのおかげと、日々感謝の気持ちでいっぱいです。
ブログがきっかけで多くの仕事にも結びつき、夢であった自著本も出版されるなど、ブログからつながった様々な奇跡は今や両手で抱えきれないほどになりました。
決しておおげさではなく、ブログは私の人生そのものを変えてくれたかけがえのない大切な存在です。

c0039735_21200305.jpg


エキサイトブログ編集部:男前インテリア&おしゃれなカフェ風の雑貨から家具まで、すべて手作りされていますが、手作りをはじめたきっかけや、もの作りの楽しさは?
pinkoさん:今の家に引っ越して間もない頃、「ツェツェ」というブランドのキュービストライト(約25000円のもの)が欲しくて、試しに100円ショップにあった和紙と電飾で似たようなものを作ってみたのが、DIYにハマったきっかけです。
紙製のキューブが連なったライトで、灯りをともすとやわらかい光がすてきで…。高価で買えなかったものが、わずか数百円でほとんど同じものを作ることができたという喜びは今でも忘れられません。以来、欲しいものは「買う」のではなく「作る」ことで、お金をかけずに家造りを楽しむようになりました。

アイデアひとつで無限に広がるもの作りそのものの楽しさ、自分のイメージやデザインしたものがそのまま形になった時の達成感と満足感は手作りならではの魅力です。また、自分の手で作った愛情あふれる雑貨たちを部屋にあしらう時間も楽しく幸せなひとときです。

c0039735_21284492.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい作品作りのポイントや大切にしていることは?また、暮らしの中に簡単にDIYを取り入れるコツもお願いします。
pinkoさん:まず第一に「お金と時間をかけない」ということをテーマにしています。
材料は100円ショップやホームセンターで手に入る安価なものや廃材を使い、「組み合わせて色を塗るだけ」が基本です。子育て中ということもあり、趣味に多くの時間とお金をかけることができないので、高価な材料を使わず簡単に作れるということが大原則です。

そしてもうひとつ心がけている大切なことが、「作品のクオリティー」です。
安価な材料をもとに作品を作っていくと、どうしてもチープな作品に仕上がりがちですが、それを丁寧な施工とペイントによって、元が100円グッズや廃材だったとは思えないクオリティーに仕上げることにこだわっています。
部屋に飾ったり実際に使ったりする実用雑貨として使用する以上、チープな仕上がりはインテリアアイテムとしてNG。きちんと丁寧に作ることによって見栄えはもちろんのこと、末永く愛着をもてる作品作りを心がけています。
その他、作品の仕上がりを最も左右するのはペイントだと思っているので、特にペイントにはこだわっています。
手間を惜しまず入念に塗りこむことによって作品全体の完成度を高めることを意識しています。
ペイント以外では、例えば木材を組む時はネジの頭を表面に出さないなどの細かな部分も考え、作品全体のクオリティーを上げるための施工・設計にもこだわっています。

c0039735_21185996.jpg


イメージ的にはインダストリアルな雰囲気とアンティークフレンチの相反するテイストをミックスさせ、お互いを引き立て合うような空間作りを心がけています。例えばピンクと黒、曲線と直線、アイアンとレースといったように、男性的な要素と女性的な要素を組み合わせ、強さと柔らかさを融合させることで味わいやメリハリを空間に取り入れています。

DIYの基本はなんといっても、自分自身が楽しむこと。うまくやろうとするより手作りの時間を楽しむことが一番大切だと思います。
色が変わるだけでもイメージは大きく変わるので、まずは筆に絵の具を取って自分だけの「塗るだけオリジナルアイテム作り」からスタートしてみてくださいね。

c0039735_21180892.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
pinkoさん:■ 材料費はたったの2円☆モスポットの作り方(2016.6.27)
漆喰のような質感を表現できるメディウムという塗料を使って作ったモス風のマルチポットです。紙コップを使ったので、材料費はたったの2円!ペイントだけで存在感を表現したプチプラハンドメイド雑貨です。

古道具屋さん風インテリアスタンド(2016.4.22)
細く丸みのある仕切りが古道具を連想させるインテリアスタンドは、100円グッズと不要品を組み合わせて作ったもの。
見せたくなる立て掛け収納を意識し、飽きがこないシンプルなデザインに仕上げました。

古着をリメイク☆思い出を形に残すアイデア(2015.3.23)
着ることができなくなった子ども服を再利用して作ったリメイククッションカバーです。
ストックしてある端切れやリボンなどで装飾し、オリジナリティーをプラスしました。

好奇心のある雑草インテリア(2016.5.17)
息子と一緒に公園で採集したタンポポやシロツメクサをインテリアの一部に。
好奇心旺盛な息子が見つけてくる「これなに?」は小さな発見と驚きの連続です。

c0039735_21240925.jpg


ズボラ主婦のおひとり様ランチ(2016.5.14)
写真を撮ることで見直し中の、ズボラな平日お昼ごはんを記録しています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
pinkoさん:いつもブログを応援してくださっている皆さま、今日初めて「pink pinko life 」にご訪問くださった皆さま、今週のピックアップブロガーインタビューを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
私はごくごく普通の主婦ですが、ブログを書き続けることによって人生がとても大きく変わりました。ブログのおかげで単調な毎日が潤い、小さな幸せにも敏感になり、そして雑貨作りという最高の趣味も見つけることができました。夢中になれることがあるのは本当に幸せなことです。
このブログも来年で10年目を迎えることになりますが、ここまで続けられているのも、ひとえに応援してくださる読者の皆さまの支えがあってこそです。本当にありがとうございます。
これからも、お金をかけずに誰でも作れるプチプラ雑貨の魅力を日々ご紹介していきますのでぜひ一度のぞいてみてください!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_21211481.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【pinkoさんのお気に入りのブログ】

natural色の生活~handmade家具
kiyomiさんの指先から作り出されるミニチュア作品の世界にどっぷりと魅せられています。
ご夫婦でハンドメイドされている家具やお子さまたちのかわいいショットにもメロメロです。

Favorite place- cafe hopping -
全国のカフェをすてきな写真とシンプルなレポートで紹介されている、カフェ好きの私にはたまらないブログです。
特に関西エリアのカフェを参考にさせてもらっています。

325の、いま
大好きな手芸作家さんのブログです。主にバック類を作られていますが、既成品では見られない個性的な要素がたくさん盛り込まれた、まさに芸術作品ともいえる作品の数々に心惹かれます。325さんの、いまが気になります。

pinkoさんの「pink pinko life」を読んでみましょう。



[PR]
by blog_editor | 2016-09-20 14:32 | ライフスタイル

c0039735_14335143.jpg彩り鮮やかでとってもおいしそうな料理から心あたたまるスイーツまで。カフェメニューのような見た目の華やかさや季節感を大切にしながら、作り方はいたって簡単!鍋やフライパンだけで作れるワンポットパスタやパエリヤ、初心者でも作れるスイーツなど…。少しのコツと時短アイディアで、家事に子育てに仕事に…と忙しい主婦にも、「これならトライできるかも!」と思わせるオリジナルレシピが評判です。
また、お子さんが笑顔になる季節のデコごはんやキュートなキャラ弁もたくさん手がけ、「うちの子にも作ってあげたい」というママ読者にも人気を呼んでいます。子どもが食べやすいひと口サイズのおかずやお寿司などの工夫もいろいろ。

そんな人気ぶりはレシピブログでの「つくレポ」の多さからもうかがえますが、テレビや料理イベントにもひっぱりだこ!昨年5月に出されたレシピ本も好評です。
今回は、”簡単だけどちゃんと感”のあるレシピが人気の料理家、「cafeごはん。ときどきおやつ」の高羽ゆきさんに登場していただきました。スタートしたばかりのエキサイト公式プラチナブロガーにもなっていただいたので、ぜひご注目!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
高羽ゆきさん:こんにちは。料理家の高羽ゆきです。日々家族に作る料理、娘のお弁当、お菓子作りがブログの中心ですが、もともと子育てブログだったこともあり、子どもたちの何気ない日常も記録しています。家族の大切な日記になっていて、後から見て懐かしさが蘇ってきたり、くすっと笑ってしまうことも…。
子どもにせがまれて始めたキャラ弁が注目されてしまい、思いもよらずキャラ弁の仕事依頼が増えてしまったのは予想外でした。
今では長女がキャラ弁を卒業して普通のお弁当になりましたが、長男がキャラ弁をせがむ年頃になったので、まだまだキャラ弁生活は続きそうです。
家族旅行のスケジュールやテーマパークの攻略方法などをまとめた記事が長期休暇のたびに人気ランキングの上位に上がってくることに最近気がつきました。私のプランニングが誰かのお役にたてているのかなと思うとうれしくなります。

c0039735_12250988.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
高羽ゆきさん:ブログは本当にただの思いつきで始めてしまったので、最初は書くことがなくて(笑)。でも、ブログを始めて数か月、育児だけでは話が続かなかったためお弁当や料理について書き始めると、テレビ局から取材のお話をいただくように。その後も新しいお話をいただき、今の仕事にもつながり、そこでの新たな出会いもあり、出産で一旦家庭に入っていた私をまったく違う世界に連れ出してくれたのがブログでした。
毎日必ず!とはりきっていた時期もありましたが、自分にノルマを課さず、マイペースに続けられたのも長続きの秘訣かもしれません。
出産や育児でほとんど更新できなかったときも、自分のブログが上位にランキングされているのを見て、初めてみなさんから応援されている実感が沸きました。

c0039735_12254975.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感の伝わるおいしそうな料理&オリジナルレシピの数々ですが、料理を好きになったきっかけや料理を作る楽しさは?
高羽ゆきさん:小学生くらいの頃からキッチンに立ってお料理をしていました。母に教わるのではなく、ひとり実験のように調味料を足していたので、おいしくなかったと思いますよ。それでも作る機会を与えられていたこと、誰も私の料理を否定しなかったことが今に繋がっているのかなと思います。
実験的に作ったものがすごくおいしかったときの喜びは、今も変わらず同じです。
釣り好きの父親は、よく魚をさばいて刺身を作ってくれました。それを近くで見ていたこともあり、魚をさばくことにも抵抗はありませんでした。
もともと料理家を目指していたわけではなく、友だちに誘われて会社に通いながら料理学校で勉強を始めたのが料理を仕事にするきっかけです。その後、ご縁あって料理学校の講師をさせていただき、出産で講師の仕事は離れましたが、ブログをきっかけに料理家としての活動が始まりました。うれしくて何でもお引き受けしているうちにどんどん仕事が増えて、気づいたら料理家と呼ばれていたという、かなり受け身の状態でここまできてしまいました。
おいしいものが好きで、誰よりも自分好みの味が作れるのも自分です。スイーツを作ろうと思ったきっかけも、自分の好みにぴったりの味が食べたかったから。だからこそ、ぴったりはまる味ができたとき、予想以上ににんまりしてしまいます。

c0039735_12262781.jpg


エキサイトブログ編集部:高羽ゆきさんにとってお料理&スイーツ作りで、とく大切にしていることや自分らしさという点でこだわっていることは?
高羽ゆきさん:覚えやすい分量、わかりやすい説明をモットーにしています。例えば調味料が膨大で分量がバラバラだと、毎回メモを見なくては作れません。私のレシピは比較的調味料が少なくて分量も覚えやすく、何度か作れば頭に入ってしまうものが多いです。スイーツも、講師をしていたときは凝ったものばかり作っていましたが、今作るのは素朴なものが多いです。
とはいえ、料理はまず目で楽しむもの。彩りや盛り付けには工夫しています。お店のようにオシャレに盛り付ける必要はありませんが、赤・緑・黄色を意識して彩りのいい食材をバランスよく配置したり、小さな器で見た目の楽しさをプラスしたり。それだけで豪華に見えるワンプレートごはんもよく登場しますね。
もちろん栄養バランスにも気をつけていますが、1回1回の食事にこだわりすぎず、比較的長いスパンで見て帳尻があっていればいいかな、くらいの大雑把さが長続きの秘訣です。

子どもたちの大好きな野菜たっぷりの味噌汁を作って全体のバランスを整えることも多いですよ。
かわいくデコするととても喜んでくれるので、イベントごはんやキャラ弁など、子どもたちの要望にはできるだけ応えることにしています。
キャラ弁は見た目だけでバランスが悪いなど批判的な意見もありますが、私は普通のお弁当にキャラ弁の要素をプラスするという考えで、おいしさや栄養バランスは普通のお弁当と同じです。

c0039735_15263933.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
高羽ゆきさん:●鶏肉と新じゃがのマスタードマヨネーズ炒め 
さまざまなメディアでご紹介いただく機会も多く、人気レシピのひとつです。たれの味付けが絶妙で、マスタードマヨ好きの我が家イチオシの1品です。

鍋に入れるだけ!ワンポットパスタ ミートソース
1回ですべての材料を入れて火にかけるだけの手軽さがポイントです。テレビでタレントさんスタッフさんに絶賛いただき、とても嬉しかったです。

みんなでワイワイ♪ちくわピザ
こちらはちくわ好きの子どもたちに人気のレシピです。ピザだと思ったらちょっと違う!?というサプライズ感がお気に入りです。

c0039735_12281643.jpg


炊飯器に入れるだけ!シンガポールチキンライス
「~だけ」というレシピはブログ内でも人気があります。炊飯器にすべての材料を入れるだけでごはんとおかずができ上がるので、おもてなしにもピッタリです。お肉が苦手な娘も食べられる柔らかさで、我が家でもよく登場します。

ホットケーキミックスで簡単!完熟バナナで焼きドーナッツ
小さなお子さんのいるご家庭からの圧倒的な支持を受けるレシピです。ホットケーキミックスで作るので、初心者さんにもオススメですよ。最初はこんなに支持される理由がわからなかったのですが…。うれしい感想をたくさんいただくうちに、私の中でも特別なレシピのひとつとなりました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
高羽ゆきさん:いつも見にきてくださって本当にありがとうございます。
そして、今回エキサイト公式プラチナブロガーに選んでいただいたことで、さらに多くの方に見ていただく機会も増えたと思います。
初めましてのみなさま、これからも遊びに来ていただけるとうれしいです。
妊娠・出産を機に更新もコメントもストップしたこともあり、復帰後も実はコメントが少なくて。静かに見守ってくださっている読者さんですが、ぜひぜひ、辛口でもいいので感想などくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_12292670.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【高羽ゆきさんのお気に入りのブログ】

mellow-stuff
少しアンティークな雰囲気のある写真がすてきなブログです。写真を引き伸ばして額に入れて部屋に飾りたいくらいです。こんな写真が撮れるセンスと技術が欲しいですね。

WITH LATTICE 
オシャレなインテリアやすっきりとした収納を紹介されているブログです。すてきなお部屋を見ているだけでも楽しいですが、実際に使った商品の優劣や購入先なども書かれているので参考になりますね。

シンプルで心地いい暮らし
インテリア・収納を紹介されているブログですが、市販のものでは補えない部分を手作りされていたり、子ども目線の部屋作りなども参考になります。

高羽ゆきさんの「cafeごはん。ときどきおやつ」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-08-16 18:06 | グルメ

c0039735_15303515.jpg木のぬくもりが感じられる和モダンな空間に、北欧テイストがプラスされたすてきなインテリア。ところどころに置かれたグリーンや季節のディスプレイなどが、よりおしゃれ感を引き立て、「こんなすてきな空間でゆったり暮らせたら癒されそう」と憧れる読者に評判です。

ふたりの男の子を育てるワーキングマザーでありながら、いつも家の中はすっきり!きれいに片づけられた部屋は、整理収納アドバイザーとしてのかしこい収納術が見え隠れし、「これは参考になる!」とうなづけるようなアイディアもいっぱいです。
無印良品などを利用した見た目にシンプルでかしこい収納や、100均アイテムをリメイクした自分らしいインテリアなども、「なるほど!」「さすが!」と見習いたいことばかり…。
また、インテリア&収納の記事だけでなく、とてもおいしそうなおうちごはん&おもてなし料理の記事も「まるでレストランの食事みたい!」と人気です。

今回は、そんなすてきなインテリアの中で、心地よく暮らすための工夫を楽しんでいらっしゃる「WITH LATTICE」のNa~さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
Na~さん:こちらこそ、いつもすてきな企画をありがとうございます。
このたびはピックアップブロガーに選んでいただき、本当にありがとうございました。
私は昔からインテリアショップを巡ったり、お友だちのお部屋の模様替えを手伝ったりするのが大好きでした。
2年前に自宅を構え、少しずつですが憧れていた家具やインテリア雑貨、収納用品を購入してきました。我が家が理想とするカタチに整っていくのが楽しくて、これを記録に残せないかなと思っていました。
また、整理収納アドバイザーの資格勉強も始めていましたので、インテリアと収納の記事を自分らしくつづっていけたらいいな~と思い、ブログを始めました。
それが昨年の3月ですので、ブログを始めてからもうすぐ1年になります。

c0039735_12365977.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Na~さん:「WITH LATTICE」というタイトルですが、我が家は随所に格子(=LATTICE)が使われています。それで「この家と一緒にゆっくりと歳を重ねていけたらいいな」という想いを込めてタイトルを決めました。
仕事をしているので、仕事と家事の両立も大変ですが、そんな慌ただしい毎日だからこそ、「何か楽しみを見つけたい」「家事を少しでもラクにしたい」と、試行錯誤しているブログです。
大好きなインテリアのこと、がんばらない(笑)おうちごはんやおもてなしごはん、家事がラクになる収納法など、自分流に楽しんでいることをつづっています。
インテリアや収納がメインのブログですが、自分らしい住まい&暮らし方が、どなたかの参考になればとてもうれしく思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
Na~さん:我が家は、私以外みんな男子という家族構成です。インテリアを変えても、おうちごはんの盛りつけをがんばっても、正直なところみんなの反応はいまいち(笑)。
好きなことを誰かと共有したいな、誰かに見てほしいな…という思いもありブログを始めたので、このブログに足を運んでくださるみなさまからの、温かいメッセージやアドバイスが今とっても励みになっています。
また、ブログを始めたことで、たくさんのブロガーさんたちや、ご訪問いただく読者の方々と交流できるようになったことも大きな喜びのひとつです。
ブログあっての出逢いですが、ありがたいことに全国各地にお友だちができました。今こうして毎日つづっていられるのも、そんな皆さんとの交流があるからだと思います。

c0039735_12342898.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
Na~さん:何も予定のない休日、家でゆっくり過ごすことが何よりの楽しみです。
「今度はここの収納をきれいにしよう!」「この角度からの眺めが一番最高だな~」なんて、ひとりニヤニヤしています。
そしてエキサイトさんの人気コーナー「暮らしノート」が大好きで、よく拝読させていただいています。
たくさんのブロガーさんの記事を、編集部さんがピックアップしてくださるので、このコーナーのおかげで、ジャンルの違うブロガーさんの記事にも触れることができ、いつもワクワクしながら読ませていただいています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Na~さん:そうですね、夢はたくさんあるのですが…(笑)。
子どもが生まれる前は、暇さえあれば主人とふたりでキャンプに出かけていました。
最近は子どもたちを連れて、家族でキャンプに行くこともありますが、子どもが巣立ち、いつか主人とまたふたりになった時に、小さなキャンピングカーを買って、ゆっくりと日本一周の旅に出かけたいと思っています。
まだまだ先の話ですが、それが私たちの夢ですね。

c0039735_15465700.jpg


エキサイトブログ編集部:すてきなインテリアと読者の参考になる収納のコツがいっぱいですが、整理収納アドバイザーになられたきっかけや、インテリア&収納を考える楽しみは?
Na~さん:もともと片づけは好きなほうで、幼少の頃は妹の部屋を勝手に片づけたり、模様替えをしたりして遊んでいたのを覚えています。
ただ、子どもを育てながら働くようになってからは、「簡単な方法ですっきりした空間を保ちたい」「家族みんなのストレスにならないような収納法がないかな」と考えるようになりました。
そこで、もっと根本的なことから学びたいと思い、整理収納アドバイザーの勉強を始めました。収納のノウハウはもちろん、すっきりとしたインテリアを楽しむためにも、このワンステップは私にとって実のあるものになったと思っています。
これからは、この資格を少しでも生かせるように、自分に何ができるのかゆっくりと考えていきたいと思います。

c0039735_12344671.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしいお気に入りのインテリアといえば?また、日々の暮らしの中で大切にしていることや心地よく快適に暮らすためのコツは?
Na~さん:和×北欧スタイルが大好きなので、木の温かみを感じられるようなインテリアに惹かれるのですが、それとは真逆とも言える武骨なテイストのアイアンも好きだったり。
流行に惑わされない自分の「好き」に向き合ったインテリアを、これからも目指していきたいと思っています。
特に実用品を購入する際には、インテリアの邪魔をしない、それだけでもインテリアになるようなデザインのものを選ぶようにしています。使うたびに愛着が湧くような、そんなすてきなアイテムを少しずつ揃えていきたいなと思います。
そして、インテリアに欠かせないのがグリーンです。
まだまだ初心者で、枯らしてしまったグリーンも何本かありますが、グリーンをうまく取り入れながら癒しの空間を作っていきたいと思っています。

c0039735_12332547.jpg


また、ブログの中にもちょこちょこ登場するのですが、簡単なおうちごはんも意外にも楽しみにしてくださっている方が多く、とても驚いています。
忙しい平日は、ワンプレートや簡単なごはんですませてしまうことが多いので、少しでも時間がある時は、食卓がパッと華やぐような、おうちごはんを作るように心がけています。
素人でかなり適当な味つけですので、レシピを載せることは恐れ多くてできませんが、家族に「おいしそう!」と思ってもらえるようなメニューや盛りつけを考えるのが、私の楽しみです。そんな食卓を囲む時間が、家族みんなの癒しの時間になってくれたらいいなと思っています。
また、すっきりした空間を楽しむために「1日1リセット」と決めて、どんなに散らかっていても、就寝前にはすべて元通りにしてから休むようにしています。もちろん、子どもたちも巻き込み、みんなで一緒にお片づけをするようにしています。

c0039735_16054030.jpg


エキサイトブログ編集部:春は引っ越し、模様替えのシーズンですが、お部屋の模様替えをして気分を一新したい方へのアドバイスなどもありましたら、お願いします。また、簡単リメイクなども楽しんでいますが、そのコツなどもお願いします。
Na~さん:お引越し、模様替えですか!ウキウキしますね~。大好きなワードです(笑)。
お引越しや模様替えは自分の持ち物を整理する一大チャンスです。
まずは「必要なもの」「不必要なもの」を見極め、身の回りを身軽にすることをおすすめします。収納や家具を購入されるのは、その後のほうがよいと思います。
身軽になるとお引越しもラクになりますし、何よりも手元に残したものに、より一層の愛着が湧くようになります。
お引越しの前には「とりあえずすべて詰め込む」のではなく、その前に「必要なものを厳選する」というステップを踏んでから荷造りをされると、お引越し先での荷解きもストレスなく作業できますね。
模様替えも、あるテーマを決めてから取りかかると、スムーズに進めることができます。
「どんな暮らしがしたいのか」をじっくり考えてみると、目指すゴールが見えやすいのではないでしょうか。

c0039735_12340308.jpg


また、簡単リメイクのコツですが。私は100均アイテムを多用したり、安価な材料を使ってリメイクしたりと、プチプラインテリアも楽しんでいます。ちょっとした手作りのものが、生活に変化を与えてくれますので。
ちょっぴり失敗しても「ま、いっか!」ですむプチプラアイテムが、大雑把な私にとって最適な素材なのです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
Na~さん:ブログを始めてからは、今までよりも30分早く起きて生み出した朝時間を使って、記事の仕上げや更新作業をしています。
早朝に更新することがほとんどですので、朝、ご訪問くださる方が多いように思います。
特に意識していたわけではないのですが、ありがたいことに「毎朝の楽しみになっています」とおっしゃってくださる方も多く、できるだけ朝時間を使って更新しようと思っています。

c0039735_12342027.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Na~さん:先ほども少し触れましたが、私は「朝時間」をとても大事にしています。
主人は仕事で帰りが遅いことが多く、夫婦の会話を持つ時間がなかなかとれないのが現状です。
ただ、偶然にもふたりとも朝が強く…ただの老化現象でしょうか(笑)、主人も子どもたちよりも先に起きてきますので、コーヒーを煎れてふたりでゆっくり話す時間を持つようにしています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Na~さん:●我が家のプラダン活用法◆7例・総まとめ◆
惚れこんだプラダン(プラスチックダンボール)を使った活用例をまとめました。
軽いのに頑丈、加工もらくらく。そんな優秀なアイテム・プラダンの使い方いろいろを紹介しています。

やっと見つけたシンプル多機能ファイル×無印で取説収納チェンジ!
マチ付きファイルと無印のファイルボックスを使って、取説の収納を改善しました。
取り出しやすく、移動しやすい。やっと求めていた収納ができ上がりました。

c0039735_12334575.jpg

フライング・クリスマスディナー*2015*
昨年のクリスマスパーティーのお料理です。ちょっぴりフライングして祝日に開催しました。いつもと違って、ゆっくり用意する時間が持てたので、家族も大喜びの食卓になりました。

運動会のお弁当 & 運動会前日のあり得ないアクシデント
長男がありえない日にしでかした、ありえない奇行。
みなさんに大笑いしていただきました。

散らからない法則 ~朝時間と就寝前のルーティンワーク~
ズボラな私が、毎日必ず行っているルーティンワーク。
「すっきり」を持続させるために続けている、わが家の些細な決まりごとです。

冷蔵庫の隙間利用~100均リメイクで出来た収納~
冷蔵庫の隙間、わずか7cm。「この隙間を有効に利用できないか?」と思ってトライしてみました。
文字通り、「力ずく」で生み出した収納法です(笑)。

c0039735_12330265.jpg


WEB内覧会・玄関インテリア遍歴 ~真冬の玄関には...~
ゲストが最初にお通りする玄関。季節の変化を感じてもらえるように、少しずつインテリアも変えて楽しんでいます。

究極の時短!男前ごはん & 秋の庭いろいろ
庭で楽しんだ男の料理。久しぶりにダッチオーブンを引っ張り出してきて夫が作った料理とは…。

洗面室のストック管理 ~見せない収納の難点を克服~
無印のファイルボックスで整えたストック棚。中身が見えない収納の難点をクリアするために、手作りのシールを作ってみました。

artekでリビング棚をイメチェン & 手作りコースター
リビング棚のルーターボックスにかけているファブリックを新調しました。その時に余ったはぎれで、コースターも作ってみました。

c0039735_12331131.jpg

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
Na~さん:家族で旅行に行きたいです。子どもたちはまだ飛行機に乗ったことがないので、飛行機に乗ってどこか遠くに連れて行ってあげたいな~と思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
Na~さん:いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。
みなさまのおかげで、今まで楽しく続けることができました。本当にありがとうございます。
そして、はじめましてのみなさま。インテリアや収納、おうちごはんなど、日々のなにげないあれこれをつづったブログです。
これからも私らしく続けていけたらいいなと思っていますので、ぜひ遊びにいらしてください。
また、この場をお借りしまして大変恐縮ですが…。昨日から始まりました「エキブロ春の投稿祭り」のインテリア部門にて、テーマ作成に携わらせていただきました。みなさんのイチオシ記事を楽しみにしていますので、ぜひ奮ってご応募ください。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【Na~さんのお気に入り&好きなブログ】

仲良くさせていただいているブロガーさん方もたくさんいらっしゃって、とても絞りきれませんが…、特にお気に入りのブログをご紹介させていただきます。

Life Co.
ブログを始める以前からの大ファンで、毎日欠かさずに訪問させていただいていたブログです。
「すっきり」を保ちつつも、ご自分の「好き」をしっかりと見極めていらっしゃって、インテリアにも装いにもブレがありません。
北欧の魅力に惹かれるようになったのも、tomoさんの影響が大きかったように思います。

丘の上の家
建築家と建てられたご自宅が、とにかくカッコイイ!ライフオーガナイザーとして多方面でご活躍されています。
整理収納に関しての考え方も、とても参考になり尊敬しています。
そして、もちろんお会いしたことはありませんが、ブログからもビシビシと伝わる男前さが大好きです。

uri's room* 心地よくて美味しい暮らし
スタイリッシュな北欧インテイアと、飾らないお人柄、そして笑いの神が降りてきている息子君ネタに、どっぷりはまってしまいました。
こだわり抜かれたアクセントウォールや、センスよく飾られたファブリックパネルが印象的なすてきなお住まいです。

merci
冷蔵庫や収納内、洗面室など、白で統一したアイテムがずらりと並ぶ光景はため息ものです。
また100均アイテムを上手に使って、暮らしを快適にする工夫がとてもすばらしいです。
ふたりの娘さんとのほっこり記事も楽しみのひとつです。

カリフォルニア食堂 公式ブログ the rustic table
おもてなし料理教室をカリフォルニアで主宰されています。
盛りつけのアイデアがすばらしく、毎回衝撃を受けています。
手に入る食材で似たような盛りつけができないかと、ゲストの予定があればこのブログにお邪魔して、勉強させていただいています。

Na~さんのブログ「WITH LATTICE」を読んでみましょう。

★ただいま開催中の「エキブロ春の投稿まつり」のインテリアジャンルの出題ブロガーさんとしても、Na~さんにはご協力いただいています!せひそちらのほうもみなさん、ご参加くださるとうれしいです!
「エキブロ春の投稿まつり」はこちら!

[PR]
by blog_editor | 2016-02-19 17:48 | ライフスタイル

c0039735_19115568.jpgみずみずしい季節の花や美味しそうな料理をはじめ、かわいいスイーツや雑貨など…。とてもおしゃれで洗練された写真にうっとり!日々の暮らしの中で「かわいい」「きれい」「すてき」と感じる、美しく幸せな瞬間を切り撮った写真を「リビングフォト」と名づけ、独自の写真スタイルを築きあげていらっしゃるのは、写真家の今道しげみさん。

『リビングで暮らしのワンシーンを撮る写真』という意味合いを込めて、「LIVING PHOTO」=リビングフォトというわけですが、そんな写真に憧れる女性に向けたサロンスタイルのフォトスクールも開催し、人気を呼んでいます。背景をぼかしてふんわりやさしく明るい印象の写真はもちろん、シックでスタイリッシュな印象の写真も、どちらも魅力的だと評判です。
今回は、そんなセンスが光るすてきな写真とともに、楽しく幸せなフォトライフをつづる「LIVING PHOTO」の今道しげみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
今道しげみさん:エキサイトブログは美しい写真を載せているブロガーが多いという印象でしたので、プロのフォトグラファーとして、少しでも写真が美しく表現できる場を求めて2013年11月にエキサイトブログを始めました。
もともとは2005年に別のブログサービスで「Salon de Sylvie」というブログを始めたのですが、ブロガーとしては比較的早いスタートだったと思います。ブログにフラワーアレンジメントや料理など暮らしの中で「すてき」「かわいいい」と感じたシーンを載せたのが評判になり、『おうちで楽しくリビングフォト』(インプレス)という本を2008年に出版したのも写真家として活動を続けるきっかけのひとつになっています。もうひとつある「LIVING PHOTO」は公認ブロガーとして今でも時々更新していますが、現在は、エキサイトブログの「LIVING PHOTO」がメインとなっています。

c0039735_18541970.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
今道しげみさん:ブログにつけたタイトル『LIVING PHOTO』は、日々の暮らしの中で幸せに感じた瞬間を美しく撮るというコンセプトで名前をつけ、商標登録も取得しています。
背景がふんわりぼけて、明るい、色がナチュラルなスタイルの写真に「LIVING PHOTO」と名前をつけました。コンセプトが伝わりやすいように、一眼レフに50mmF1.4というレンズを使用した写真を撮り続けています。今では明るいスタイルは「LIVING PHOTO CLAIRE クレール」として指導しています。
エキサイトブログを始めたのと同じ時期に、料理の写真をメインにしたフードフォトを教えるプログラムをはじめ、黒い背景で撮影した「LIVING PHOTO DARK CHIC ダークシック」というスタイルも始め、好評です。これは、エキサイトブログの黒い背景にとてもマッチすることもあって、エキサイトフログに移って「先生は最近写真がうまくなった」と噂されました。狙い通り写真家としてのイメージをグレードアップできたのは、普通はカメラ機材を変えたことがきっかけになることがほとんどだと思うのですが、私の場合はエキサイトブログの画像解像度と写真の見栄えの良い黒い背景のおかげと感謝しています。
写真を美しく魅せたい人にエキサイトブログはおすすめです。

c0039735_19120966.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
今道しげみさん:ブログに美しい写真をUPして日記のようにつけ始めてから、人からほめられることが格段に増えました。
フォトセミナーや花の教室で撮った写真を中心に載せていますので、同じように学びたいという人たちへの「広告的」な効果もありますが、ブログのもうひとつの絶大な効果として、私が「LIVING PHOTO」を指導した生徒さんたちのブログの写真が魔法にかかったように美しく変身していく様子が、私自身の大きな励みになりました。いつも見ていたブログの写真がぐんぐん良くなっていくのを目にした彼女たちの読者が、「なぜだろう」とブログを遡って、「どうやらLIVING PHOTOを学んだかららしい」ということを突き止め、「LIVING PHOTO」を学ぶきっかけになったという人は数えられないほどいると思います。

c0039735_14462132.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは??
今道しげみさん:趣味が写真を撮ることと花をいけることで、仕事は写真と花を教えることです。
楽しく続けるためには体力が欠かせないので、ウォーキングや筋肉トレーニングは欠かせません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
今道しげみさん:今のまま、ずっと幸せに仕事を続けていくこと。

c0039735_18535546.jpg


エキサイトブログ編集部:お花やフード、テーブルコーディネートなどをはじめ、暮らしの中のシーンを美しく切り撮るすてきな「LIVING PHOTO」(リビングフォト)が魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけやリビングフォトというスタイルを確立された経緯は? 写真を撮る楽しさは?
今道しげみさん:1990年にロンドンに暮らしたのをきっかけに、フラワーデザイナーとして活動をスタートしましたが、美しい花の姿を留めておきたいという思いでフィルムの一眼レフカメラを独学で学びました。
当初は、お花を習ってくれた生徒さんにお稽古の記念としてポストカードを差し上げたくて撮影を始めましたが、教えてくれる先生にも巡りあえず、解説している本もなくて苦労しました。デジタル一眼レフが手に入りやすい価格になった2005年から、私のように撮り方をわかりやすく楽しく学びたい女性がたくさんいるはずと、「LIVING PHOTO」のサロン形式のフォトスクールを始めました。
写真を習い始めたきっかけはポストカードでしたが、写真を教える大きなきっかけになったのはブログです。ブログで多くの人に「LIVING PHOTO」をみてもらうことで、スクールに通ってくださる方が後を絶たなくなりました。写真はその人の価値観をも照らしだす鏡だと思います。好きなものが似ている、美しいと思うものが共通しているという直感的な繫がりを感じることができるのも写真のおもしろいところだと思います。
 
c0039735_19121830.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るために、大切にしていること、こだわっていることなどは?また、すてきなリビングフォトを撮るために、きれいに撮るコツやポイントなどもぜひ教えていただけますか?
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で一番大切にしているのは2つあります。ひとつは「レンズ」。人の感じる視界よりも少し狭く、奥行きを感じる50mmF1.4かF1.8の「標準レンズ」と呼ばれるズームのきかない単焦点レンズを使います。LIVINT PHOTOを学びたいと来てくださる人たちは、スマホと違って背景をふんわり美しくぼかす方法を知りたい、コントロールできるようになりたいと思っている人がほとんどなので、レンズを指定しています。
カメラは道具ですから、レンズにこだわるのが大事です。もうひとつは「光」。カメラは光の反射を捉える道具なので、光を見極めることが上達への近道です。基本は「自然光」で撮影していきます。花は自然光以外では撮らないと徹底していますが、食べ物の場合は自然光に似た光を見極める方法を教えています。
美味しそうに撮るには「色」が大事ですので、電球の照明の場合はホワイトバランスをオートに任せるのではなく、「電球色」という項目に合わせるだけで、黄色みが取れて特に野菜がフレッシュでおいしそうに撮れますので試してみてください。

c0039735_18542262.jpg


エキサイトブログ編集部:数多くの電子書籍なども手がけていらっしゃいますが、どのような取り組みをされたのでしょうか?また、記事アップの際に気をつけていることや大切にしていることがあればお願いします。
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で写真の勉強をしている人の中には、料理研究家、パティシエール、フラワーデザイナー、デーブルコーディネーター、写真家、ジュエリーデザイナーなどすでに活躍している人や、これからいわゆる「サロネーゼ」としてスタートしたいという人が多くいらっしゃいます。
そういう人たちのひとつの目標が、自分自身の作った「作品」をいつか本として出版するということではないでしょうか。紙の書籍の出版はハードルが高いのですが、電子書籍なら自分でやる気さえあれば、テーマに沿った写真を撮りためるだけでその「夢」を叶えることができます。
「LIVING PHOTO」では書籍の出版の夢をサポートする「LIVING PHOTO AP」を1年前にスタートさせ、20冊ほど出版しました。電子書籍は出版しただけだと、見てもらえるチャンスが少ないのですが、無料ダウンロードキャンペーンなどをグループで仕掛けることによって、短期間ですがベストセラー上位を独占したり、2万件近くダウンロード実績をあげています。
今後も生徒の皆さんの出版の夢を叶えるサポートを続け、読者の皆さんにはクオリティーの高い写真集で楽しんでいただきたいと思っています。

c0039735_18540713.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
今道しげみさん:もう少し興味を持つべきだと思うのですが、アクセス数の見方もわからず、まったくノーチェックです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
今道しげみさん:食べることと、料理をするのが好きなので、食事の時間は特に大切にしています。多少疲れていてもきちんとした食事をとるとリフレッシュされます。特にワインが好きなので、お酒に合わせた料理を考えたり作ったりするのも大好きです。

c0039735_19120786.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
今道しげみさん:★捲土重来の春
息子が二人いるのですが、やはり「子育て」「教育」はいつも心配の種。次男の大学が決まった時は本当にうれしかったです。たくさんの方に応援してもらい胸が熱くなりました。

2015年10月スタート LIVING PHOTO BASIC 募集案内
フォトセミナーの募集の告知はこうやってブログで行っています。「営業」や「広告」を一切しなくても写真家としてフラワーデザイナーとして仕事を続けらていられるのは、ブログのおかげです。

Paris*rue Cremieux avec Nikon D750
撮影やフラワーデザインの勉強のために年に一度はパリに行っています。こういう写真を紹介してアーカイブできるのはブログならではです。

あけましておめでとうございます
毎年年始の挨拶はブログで。

c0039735_14522147.jpg


Salon de Sylvie 25th & LIVING PHOTO 10th 記念パーティー 挨拶
昨年10月に「LIVING PHOTO 10周年 Salon de Sylvie25周年」の記念パーティーをしました。写真家として10年、フラワーデザイナーとして25年続けてきた区切りにたくさんの生徒さんにお祝いしてもらいました。この写真もすべて生徒さんたちが撮影してくれたものです。

LIVING PHOTO at 立教大学★(1)
自宅サロンやカメラメーカーのセミナーで教える仕事が多かったのですが、大学の教壇でもデビューしました。この時に教えた生徒のひとりが今年成人式を迎えて、お祝いの記念に「一眼レフカメラが欲しい」と言ってくれたといううれしい知らせを聞きました。

DARK CHIC*Bouquet de Photo
ブーケドフォトというフラワーアレンジメントと撮影の両方を楽しんでいただくセミナーでの写真です。

c0039735_19115895.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
今道しげみさん:家事を手伝ってくれる「お手伝いさん」のいる生活をしたいです。以前、香港に暮らしていた時に、アマさんと呼ばれるフィリピン人の住み込みのお手伝いさんを5年ほどお願いしていました。「ごちそうさまでした」と言ったら夕食の片付けをすべてやってくれるお手伝いさんがいたら、もっと気持ちよくお酒が飲めるのにと毎晩思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
今道しげみさん:ブログを見てくださった方にきれいな写真だなと思ってもらえたら、写真家としてフラワーデザイナーとして、これほどうれしいことはないです。美しい写真は見てくれた人への「ギフト」だと思っています。
また、「LIVING PHOTO」は写真を習いたいと来てくださる方がいるからこそ撮れる写真です。きれいな写真が撮れるのは、美しい花を育ててくれる人がいるから。私が幸せな瞬間を残せるのは、多くの人の支えがあってこそ。そのことへの感謝の気持が写真で伝わればもっとうれしいです。

c0039735_19120421.jpg

 
エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【今道しげみさんのお気に入り&好きなブログ】

*Garden Cafe*
LIVING PHOTOのインストラクターをしているCoomieさんのブログです。透明感のある写真がとても人気のある写真家です。食べ物もとってもおいしそう!

Decoretta〜デコレッタ日々のこと
豊中北摂にあるすてきなフローリスト「デコレッタ」のブログです。

Apricot&Peach
食べることが大好きなApricot &Peachさんのエレガントなライフスタイルのブログです。

小さなしあわせ
おはやさんの「小さなしあわせ」。コンクールで大賞を撮られるほどのカメラの腕前。女性ならではのやさしい風景写真が魅力です。

今道しげみさんの「LIVING PHOTO」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-01-18 10:00 | 写真

c0039735_13392.jpgロシア土産で知られるマトリョーシカを自分らしく、あたたかい手触りのフェルトでちくちく手作り。赤いほっぺとにっこり顔がとってもかわいく、オリジナル感もいっぱいです。その素材感といい、表情といい、ほのぼのしたやさしい雰囲気に、心がほっこりあたたまります。
そんなマトリョーシカをはじめ、フェルトで作ったお人形から、バッグや小物まで。また、いまの季節ならクリスマスのオーナメントやガーラントなどもフェルトでかわいく手作り。毛糸やボタンで作ったリースもとても味わい深く、部屋に飾っておくだけであたたかいぬくもりが伝わってくるようです。
「こんなかわいマトリョーシカやクリスマスグッズを私も作ってみたい!」「飾ったら、かわいい部屋になりそう」と読者にも評判です。

今回はそんな心癒される作品が注目を集める、「フェルト手芸作家*北向邦子の『わたしの毎日』」の北向邦子さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
北向邦子さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
こちらのブログは2009年7月から始めました。それまでは、他のブログサービスを利用していたのですが、転居に伴いプロバイダーを変更したので、エキサイトブログに引っ越してきました。パソコンはずっと初心者なのですが(笑)、エキサイトブログはこんな私でも更新しやすく、テンプレート(壁紙)も充実しているので、うれしいですね。
最近はスマートフォンから更新していますが、パソコンで更新していたときとは比べものにならないくらいに、かんたんになりました。便利です。
ブログを始めたきっかけは、仕事としているイラストと手芸のことを多くの方にお知らせするためです。でも、ただそれだけでは味気ないし、おもしくないので(苦笑)、仕事のことだけではなく、日々感じたことや子どものことなども書いています。今では自分のための記録にもなっています。

c0039735_1244849.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
北向邦子さん:はじめまして。イラストレーター、手芸作家の北向邦子(キタムキクニコ)です。2000年くらいからイラストの仕事を始め、今は手芸のほうをメインに活動しています。
ブログは、大きなテーマや立派な志などはなく(苦笑)、作品の雑誌掲載やワークショップなどのお知らせ、地元手芸教室の様子、日々のつれづれなど、のんびり気ままな感じのゆるい内容です。
訪れてくれた方が「あ~、なんだか落ち着く、かわいいなぁ~」と思ってくれたのなら、それが一番うれしいです。そして、わたしのブログをきっかけに手作りの楽しさ、手を動かして自分で作ることの喜びなどを、感じてもらえたらいいなぁ…と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
北向邦子さん:ブログはこちらから一法通行的に発信している感じで、いつどんな方が読んでいるのかはまったくわからないのですが…、2013年に初めての著書『フェルトのちいさなマトリョーシカとマスコット』を出版したときは、「ずっと待っていましたよ!」と自分のことのように喜んでくださった方が大勢いらして…。そのときに開いた作品展には、それまでコメントだけでお話ししていた方も遠くからたくさんいらしてくださり、びっくりしました。
ついひとりぼっちで孤独にチクチクとやっているように思ってしまいがちですが、見えないけれど多くの方に見守っていただいていたんだなぁ…と、感激しました。
ふつうに暮らしていたら出会うことも話すこともできない方たちだけど、こうしてブログがきっかけで知り合うことができてすばらしいなと思いました。

c0039735_12474826.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
北向邦子さん:手芸とは関係ないのですが…、フィギュアスケートの浅田真央選手が好きです。
お会いしたことももちろん親戚でもないのに…、彼女だけは娘のような気持ちで応援してします。なので試合を観戦する親の気持ちでいるので、またドキドキのシーズンが始まりました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
北向邦子さん:フェルトのマトリョーシカなどの作品を海外の方にも実際に見てもらいたいです。
著書本は、中国語、フランス語に翻訳されました。その他の共著も英語版になっていますので、それを持ってパリや台湾、アメリカ、イギリスなどで作品展をしたいですね。
また、お人形を使った絵本にも興味があります。背景などもかわいく作って子ども向けの絵本ができたらいいですね。動画にして動かしてもみたいです。

c0039735_14414691.jpg


エキサイトブログ編集部:マトリョーシカなどかわいくて心あたたまるフェルト手芸作品に心がほっこりしますが、フェルト手芸が好きになったきっかけや作る楽しさは?
北向邦子さん:初めはイラストの仕事で雑誌などにカットを描いていました。その仕事の中で、手芸雑誌に作品の作り方のイラストも描いていたのですが、あるとき、編集部の方から「作るほうはやらないのですか?」と聞かれて…。当時、保育園児だった娘のものをいろいろと作っていたので、それを見てもらったのがきっかけで手芸の仕事もイラストと並行してスタート。もともと手芸は好きだったので楽しく始めました。

わたしが小中学校のころ、大高輝美先生のフェルトのコロコロマスコットが大ブームになり、私も夢中であれこれと作っては鞄にぶら下げたり、友だちにプレゼントしたりしていました。そして、今ほど認知されていなかったマトリョーシカを雑誌で見て「これをなんとか作れないか」と思い、懐かしのフェルトを思い出し、作り始めました。
最初は、壁掛けのようにぺったんこだったのですが、友人の編集者にアドバイスを受けて底をつけて立つ今の形になりました。
フェルトはまず色がカラフルで豊富ですね。あと、安価でどこでも手に入る素材です。切りっぱなしでOKなのもいいですよね。
きれいに作るコツは、フェルト同士を縫い合わせるときに刺しゅう糸ではなく、手縫い糸の細口タイプやミシン糸を1本どりで使うと、でき上がりがとてもきれいです。ミシン糸はポリエステルなので、刺しゅう糸を1本で縫うより強く縫っている途中で切れることがないのでいいと思います。ぜひ、やってみてくださいね。

c0039735_12445679.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい作品づくりのポイント、大切にしていることは?
北向邦子さん:もう10年以上マトリョーシカを作っています。初めはエプロンだけつけていたのですが、今は手がついて、何かを持ったりしています。布や毛糸を組み合わせたりもしています。
1体のマトリョーシカを作ることで完結するのではなく、その子のストーリーを考えながら作っています。
マトリョーシカは、大きさが違うサイズが何体かセットなので、なんとなく3姉妹、5姉妹なイメージで…、「この子は一番のお姉さんでしっかり者で、お母さんのお手伝いもよくするけれど、本当は甘えん坊なんだよねー」なんて話しながら(笑)作っています。そうするとそんな感じにでき上がるから不思議です。

フェルトの色の組み合わせも大切にしています。これは自分の感覚なので、うまく言葉では表現できませんが、納得のいくまで何通りも組み合わせて確認しています。

c0039735_12462031.jpg


エキサイトブログ編集部:クリスマス作品もいろいろ手がけていらっしゃいますが、もうすぐやってくるクリスマスに向けて、手芸で手軽にトライできるようリースやオーナメント作りのアドバイスなどもお願いします。
北向邦子さん:そうですね、もうすぐクリスマス…、早いですね。
ちょうど11月27日、28日と西荻窪のギャラリーでハンドメイド雑貨のお店を2日間だけオープンさせます。そのお店用にいくつかリースとオーナメントを作りました。どちらもかんたんにできますよ。
リースは段ボールをリースの形に切って毛糸をぐるぐると巻きつけます。このとき、毛糸をふんわりと巻くこと。毛糸は細いものではなく、並太以上で、できればモフモフしていたりとちょっと変わったタイプのほうがうまくリースになります。また、毛糸は1本だけではなく、何種類か巻いてみたりしてもいいですね。
あとは、手芸用ボンドやグル―ガンでボタン、木の実、リボンなど好きなものをつけます。クリスマスカラーやモチーフのものにしてもいいですし、そうでなければ冬のリースとして長くお部屋に飾ることもできますよ。

c0039735_12465645.jpg


オーナメントは、厚手のフェルトを使うと1枚で仕上がるのでラクです。
ツリーなどの形に切ってスパンコールをボンドで貼っただけです。スパンコールを付けることによって光を受けてキラキラ光ってとてもきれいです。ツリーに飾るのはもちろん、紐を通してガーランドにしたりマスキングテープで
壁に貼るだけでもクリスマスの雰囲気になりますね。
プレゼントのラッピングとして添えてもいいと思います。
貼るだけなので小さなお子さんと一緒に作るとクリスマスが盛り上がりますね。

c0039735_13353529.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
北向邦子さん:特にはしていないのですが、ブログを更新したらツイッターでお知らせするようにしています。ブログ記事のタイトルはわかりやすいものに。
ひとりよがりにならないように、いつだれが初めて訪れてもわかるように…と気をつけています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
北向邦子さん:やはり家族あっての自分だと思うので、夫や娘と過ごす時間は大切にしたいと思っています。食事は一緒にとれなくても、一日の終わりのコーヒータイムで短くてもその日にあったことを話す時間をとるようにしています。
一日の終わりに湯船につかって好きな音楽を聴くのも癒しの時間ですね。

c0039735_12463914.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
北向邦子さん:●「陸奥A子展に行ってきました
私世代にとって陸奥A子先生の漫画はもう永遠の乙女チックワールドです。
「懐かしい!!」と多くの反響がありました。

●「マトリョーシカのお家
手芸教室で作ったお家です。
作ったものを販売してい欲しいとメールをいただいたりもしました。

●「何となく振り返って
自分のために書いた記事です。
長いこと同じことをやっていると迷ったり悩んだり…、定期的に苦しい気持ちになったりします。
自分を励まし、また同じように悩んでいる人にエールを送るために。

●「作品展1日目
念願の著書本の出版記念の作品店の様子です。
本当にうれしくって幸せな時間でした。

●「マトリョーシカ作りの楽しいところ
多くの方にマトリョーシカやフェルト手芸を楽しんでもらえたらいいなと思って書きました。

c0039735_12483688.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら?
北向邦子さん:ハワイに行きたいです。
新婚旅行で訪れてから大好きな場所になりました。そんなに多くは行っていませんが、ホノルル空港の匂いが好きなんです(笑)。
もうだいぶ物欲もなくなってきたはずなので…、のんびりとビーチを散歩したり、ロコフードを食べたりとゆったり過ごしてリフレッシュしたいです。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
北向邦子さん:みなさん、こんにちは。
ブログ「わたしの毎日」のイラストレーター、手芸作家 北向邦子です。
「わたしの毎日」というブログタイトルなのに、毎日は更新できていないのが情けないのですが…。現在、保育雑誌にて壁面飾りなどの制作物や、手芸誌にて作品を発表したりしています。これからもブログを通じてこれらを見ていただけたらと思います。
そして、わたしのブログを見てフェルトのマトリョーシカなどなど「わたしも作って見ようかな。」と思ってもらえたらうれしいです。
ブログの記事をきっかけに自分の手で作ることの楽しさ、その時間のステキなことをひとりでも多くの方と共有できたらいいなと…。いつか作品展やワークショップなどでお話しできるのを楽しみしています。
冬は、何か手作りしたくなる季節ですね。どうぞ、みなさんだけのとびきりかわいいのを作ってくださいね!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_1348446.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【北向邦子さんのお気に入り&好きなブログ】

●「おうちづくりと雑貨の日々
すぷんくのえりすけさんのブログ。えりすけさんはなんとお家まで作ってしまいます。
小屋女子計画のメンバーとしても活躍中です。

●「pinoのビバ日常
イラストレーターのpinoさんの描くえんぴつ描きのようなゆるいイラストが心なごみます。

●「posie gets cozy
英語はまったくわかりませんが(笑)、アメリカの手芸作家さんのブログです。
3歳のお嬢さんのものを手作りしたりお料理もお得意な様子。センスの良さがすばらしいです。

●「マール、イ、ミール
奈良にある小さな雑貨店。
ロシアの雑貨がいっぱいです。チェブラーシカやもちろんマトリョーシカも!

●「パリときどきバブー
フォトエッセイスト/ヘアメイクをされている、とのまりこさんのブログです。パリの今!がわかりやすく伝わってきます。パリに行った気分になるなぁ。愛犬バブーくんのかわいいらしさに癒されます。

北向邦子さんの「フェルト手芸作家*北向邦子の『わたしの毎日』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-11-26 22:41 | アート

c0039735_11582617.jpg季節感が伝わるおいしそうな料理とすてきな器とのコーディネートがとってもおしゃれ。夏はガラスや竹の器に乗せたデザートが涼しげだったり…、秋には和風の器に盛りつけられたきのこやさんまの「秋ごはん」がより食欲をそそったり、秋色でまとめたしっとりスイーツを楽しませてくれたり…。これからの寒くなる季節には、ほっこりと心あたたまる料理やスイーツも登場…。
ひとつひとつの器づかいはもちろん、季節のお花やグリーン、あたたかみのあるキャンドルやリボンなども飾られた食卓風景の写真からは、とても洗練された雰囲気が伝わってきます。

まるで、おしゃれなカフェのランチやティータイムを満喫するように、こんな「おうちカフェ」を楽しめたら優雅な気分に包まれそうです。「いつもすてきな器と料理やスイーツのコラボにうっとり!」と読者からも憧れの視線を集めています。今回は、そんなおいしい幸せ感が伝わる料理&スイーツのテーブルフォトに注目したい「やわらかい陽ざしのなかで」のnanaminさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nanaminさん:こちらこそ、いつもお世話になっています。
このコーナーは、いつも読者として楽しく読ませていただいていました。
まさか自分にお声をかけていただく日が来るなんて思いもよりませんでした。驚きとうれしさでいっぱいです!
ブログを始めたのは約5年前です。スタートから今と同様、手料理を好きな器にのせてアップするというスタイルでした。遠い昔の話になりますが、ひとり暮らしをしていた学生時代から、友人を招いてかんたんな料理でもてなすことが好きでした。実はその頃からアルバム作りの一環として、ちょこちょことおもてなしの料理を写真に撮っていたんです。

c0039735_12154264.jpg


結婚後も夫の誕生日やクリスマスなどのイベントデーに、ちょっと頑張って作ったお料理をカメラにおさめてはアルバムに貼っていました。家に遊びに来てアルバムを見た友人が、「すごくおいしそう!せっかくだからブログを作って公開したら?」と言ってくれたことが、私のブログデビューの直接のきっかけになりました。
当時は別のブログサービスで運営していましたが、次第に写真の撮り方にも欲が出て、写真のきれいな憧れブロガーさんがたくさんいらっしゃるエキサイトさんに2年半前にお引越し。ブログタイトルも変更し、心機一転再スタートを切りました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nanaminさん:ブログのテーマは、「料理と器のコラボを楽しむおうちカフェ」かな。
そして「自作料理」「器」「自然光」が3大要素です。
おしゃれなカフェで過ごすのも好きだけど、とにかくおうちカフェが大好き。自分の食べたいものを作り、お気に入りの器に盛りつけをして、できたてをいただく…。その日の気分でキッチンやリビング、時にはお庭に運んで、お気に入りの場所でゆっくりと…。
手作りならではの、ほっこりあたたかい雰囲気のお料理。やわらかな光に包まれた食卓。光に反射して宝石のような美しい輝きを放つグラスたち。コレクションの器の中からお料理やその日の気分にいちばんぴったりな器を選んで盛りつけ、仕上げにお庭の草花をちょこんと添えたら、私の大好きがいっぱい詰まったすてき空間のできあがり…。
そんな、日常の何気ない食卓シーンにもキラキラしたハッピーが散りばめられていて、それらを大好きなカメラで切り取ってブログにつづっています。

c0039735_1219193.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
nanaminさん:たくさんのつながりができたことです。コメント欄を通じて大好きなお料理や器、カメラの話題で盛り上がったり情報交換をするのはとても楽しいですし、交流を重ねるうちプライベートな話題にも触れるようになって子育ての悩みを聞いてもらったり、励まされたり…。
今ではたくさんのお友だちができて、ブログは私のライフスタイルの一部となりました。
また、読者の方からいただく「いつも更新を楽しみにしています」というメッセージは、お料理のモチベーションアップや「おいしそうな写真を撮ろう!」という意欲につながっています。
「nanaminさんと同じ器を買いました。」「おいしそうなパン!私も今度作ってみます!」などのコメントもブログ更新の大きな励みになっています。我が家の小さな食卓からおいしいの輪が広がっていくことがとてもうれしいです。
ブログは思い出のアルバムをめくるように、気軽に過去を振り返って楽しめるところもいいですね。
それから、去る5月には翔泳社さんからお声をかけていただき、18人のスイーツブロガーのひとりとして『みんなのおやつ日記』という本に参加させていただきました。料理写真の中でも特に大好きなスイーツフォトをブログ書籍化という形で残せたことは、とても良い記念になりました。

c0039735_1214432.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
nanaminさん:ずばり、一眼レフカメラです。カメラの腕はまだまだ未熟ですが、一眼レフカメラの表現力の豊かさは撮れば撮るほど魅力を感じます。
お料理フォト以外にも、庭の草花や愛猫ルナ、旅先の街角や風景写真を撮るのも好きです。
そろそろ紅葉シーズン到来。カメラを持って紅葉狩り…は秋の恒例行事になりました。今年はどんな写真が撮れるかな、と楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nanaminさん:ここで公表するのは本当におこがましい、夢のまた夢の話ですが…。
まだぼんやりとしたビジョンでしかないのですが、人生の記念としてフードスタイリングの写真集が出せたらいいなあと思っています。
現在月1でパン教室には通っているんですが、スタイリングや写真を習う機会はなかなかなくて、まったくの自己流なんです。まずはブログを楽しみながら経験を積んで、食卓からハッピーが漂うような料理写真を撮れるようになれたらいいなと思います。

c0039735_145483.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感の伝わるおいしそうですてきなお料理&スイーツが魅力的ですが、料理&スイーツ作りが好きになったきっかけ、作る楽しさは?
nanaminさん:学生時代からひとり暮らしをして狭いながらも自分のキッチンを持てたことがうれしくて、比較的こまめに自炊していました。
友人宅に呼ばれることもありましたが、どちらかと言えばもてなすほうが好きで、手料理をごちそうして「おいしい!」と言ってもらえるのがとてもうれしかったのです。

家庭を持った今も料理好きでいられるのは、やはり「おいしい!」と言ってくれる家族がいるからかな。
でも日々の食事のしたくは生活の一部で、時に義務感を感じることもありますよね。現実的な食事のしたくと大きく違って夢があるのがスイーツ作り。泡立ての加減などちょっとしたことが仕上がりに大きく影響するので、たまに失敗して凹むこともありますが(笑)。
たくさんの工程をひとつずつ進めていって、だんだん形になっていく様子はワクワクします。仕上げの粉糖を振ったり、季節のフルーツを美しく添えてでき上がったビジュアルのかわいさにはもうキュンキュンです!「どうやってこのコをかわいく撮ってあげよう」…なんて撮影しながらまたワクワク(笑)。
今、作る楽しさを一番感じるのはパン作りです。ふかふかの生地に触れ、捏ねたりまるめたりする作業は心が和みますし、発酵してぷっくり膨らむ姿は愛おしささえ感じます。オーブンの中でこんがり焼き色がつく頃には家じゅうにいい匂いが漂って、それだけで幸せな気分に浸れます。

c0039735_12194757.jpg


エキサイトブログ編集部:お料理&スイーツ作りで、とく大切にしていることや自分らしさという点でこだわっていることは?また、すてきな器とのコーディネイトのコツは?
nanaminさん:お料理は体だけでなく心の栄養だと思うんです。
日本には四季があり季節ごとに旬の食材があります。家族には日々のお料理を通じて、味覚と視覚で季節を感じてほしいと思っています。これから冬にかけては根菜、柿やりんごがおいしいですよね。
コーディネートについてはきちんと学んだことはなくて、レストランのようなスタイリングはできません。敷いて言えば私はカジュアルなダイニングカフェ風みたいな雰囲気が好きなので、あまり作り込まず自然な雰囲気を出すことかな。
あとは統一感のあるイメージに仕上げること。主役のお料理や、その日の気分から湧くイメージを頭に描きながら、その雰囲気に似合う器や小物などのアイテムを選んでいきます。たとえば夏に作る冷たい和菓子には、竹細工の容器や折敷を使ったり、冷茶を注ぐグラスも和のものを選んで、クロスは麻の素材や落ち着いた紺色などの寒色を。仕上げにお庭の青もみじを添えれば“涼感漂う夏の和カフェ”が。
秋には落ち着いたトーンの器を選び、クロスは深みのあるこっくりカラーを取り入れます。紅葉した葉っぱや木の実を飾って“実りの秋”を演出。また、寒い冬には厚手のクロスを敷いて、器は木製のプレートを…と選んでいくと、“あたたかみのあるほっこりしたおうちカフェ風”になります。

コーディネートのアイデアを練るのが一番楽しいのはスイーツフォトです。フォークにレースのリボンを結んだり…なんてロマンティックでガーリーなコーディネートが似合うのはスイーツならではだと思います。

c0039735_1225344.jpg


エキサイトブログ編集部:お料理写真もとてもすてきに撮られていますが、写真が好きになったきっかけや写真を撮るときに心がけていることなどもお願いします。また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
nanaminさん:ありがとうございます。写真を褒めていただいてとてもうれしいです!
写真を好きになったのは、やはりブログを始めたことがきっかけです。自分のブログを持ったことで他のお料理ブロガーさんのところにもよく訪問するようになり、その中で一番魅了されたのがきれいな料理写真をアップされているブロガーさんでした。
「私ももっときれいな料理写真を撮りたい」という具体的な目標ができ、単なる記録写真からもう一歩踏み込んだ表現力のある写真を残していこうと2年前念願の一眼レフカメラを購入。ガイドブック片手に使い方を覚え、構図や色合いを意識した写真を撮るようになりました。
料理写真で私が一番気をつけていることは、おいしそうに撮ること!至極当たり前のことですが、これがかんたんそうで難しい。そのお料理の「ここがおいしい!」というポイント…たとえば半熟卵のとろ~り感、デニッシュパンのサクサク感、ハンバーグのジューシーさなどを描写できるよう設定(特に気をつけているのは色合い=ホワイトバランス)やカメラを構える角度、光の取り入れ方などを工夫しながら撮っています。

記事アップの際に心がけていることは、毎回使った器の紹介をしていることです。エキサイトさんにお引越しした当初から器についての質問をいただくことが多かったので、いつの間にかこのスタイルが定着しました。

c0039735_12202717.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
nanaminさん:アクセスアップを意識すると、こまめな更新ができない時期にストレスを感じてしまいそうなので、そこは意識しないようにしていますが…お料理中心のブログの場合は、旬の食材を使ったお料理や、イベントスイーツなどをアップするとたくさんの方が興味を持って見てくださるような気がします。
また、直接アクセスアップにはつながらないかもしれませんが、やはり毎回きちんときれいでおいしそうな写真を撮って載せることかな。
私自身、写真のきれいなブロガーさんのところは更新されるとすぐ飛んでいきますし、同じ写真を何度も見に行っちゃいますから(笑)。
「おいしい」がきちんと表現された料理写真は、見ているだけでも幸せ気分になります。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nanaminさん:当たり前過ぎる基本的なことですが、食事の時間と睡眠時間です。
時間に追われる慌ただしい生活の中、食事の時間だけは落ち着いてしっかり味わっていただくようにしています。
ひとりで済ませるお昼ごはんは特にいい加減になりがち。かんたんでもパンには新鮮な野菜やフルーツを添えて、おにぎりランチには常備菜や具だくさんのお味噌汁をつけて。外出でお昼を挟むときもできるだけ手作りのお弁当を持参します。
食事と睡眠、どちらか一方でもおろそかにすると、最近年のせいかすぐ疲れちゃうんです(笑)。そうすると何をするのも億劫になっちゃったりして…。
まだまだやりたいことがいっぱい。元気と笑顔は失わずにいたいですね。
癒し…それはもう他でもない愛猫ルナの存在です!まんまるな顔を見つめてモフモフの毛並みをなでなですると、心のコリがじんわりとほぐれていきます。ブログにもたびたび登場していますが、ちょっと天然ちゃんなところもあって、そこがまたかわいいんです(笑)。
季節の花木を撮るためカメラを持ってお出かけするのもリフレッシュと癒しになりますね。

c0039735_12205962.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
nanaminさん:●「今日はお弁当の日(いなり寿司弁当)。」  
曲げわっぱに詰めた、いなり寿司弁当。メインのおかずは秋の味覚・さんまをから揚げ。
すだちを添えて旬の味わいが詰まった秋弁当になりました。緊張の外仕事の日も、手作り弁当で心も体もほっと和みます。周りから「私の分も作って」との声が続々といただきました。

● 「重箱に手まり寿司を詰めて祝い膳」  
長男の長い受験シーズンがやっと終わって、ふたりでささやかなお祝いランチをした、思い出深いシーン。
大好きな作家さんの器たちが、食卓にぬくもりを添えてくれました。
平日のお昼なので大したお料理は用意できませんでしたが…、やっぱり大切な節目には和食が合いますね。

●「クラシックショコラ×ブラックパラティッシ♪
11月末の少しクリスマスを意識したティータイムの様子。ケーキのイメージに合わせ器はモノトーンのパラティッシを。シックにまとめたスタイリングが気に入っています。

c0039735_12213189.jpg


●「ガトー・ド・ノエル・ショコラを作った♪♪
2年前のクリスマスに作った大人の雰囲気のクリスマスケーキ。工程がたくさんあってクタクタになったけど、ビジュアルもお味も大満足の出来でした。

●「パスタと和の器とワイン♪
土ものの黒い器と、パスタにワイン。一見バラバラのイメージだけど、意外にきれいにまとまったなーと自己満足のスタイリング(笑)。お庭を眺めながら、好きなものだけを並べてワインタイム。一週間の疲れも吹き飛びました。

●「楽しい♪ちぎりパンのランチ
都会に住む大学生の長男が帰省したので、張り切って焼いたちぎりパン。斜めに切り込みを入れてフィリングを詰めたら、「かわいい!」「おしゃれ!」と皆さんからうれしいコメントをいただきました。

●「北欧食器×サワーチェリージャム&コーヒークリームブッセ♪
2年くらい前のことですが、仲良しブロガーさんの間でブッセ作りがブームになったことがあり、その勢いで「ブッセ推進委員会」というのを結成したんです。僭越ながら私が委員長を務めていまして(笑)、委員長の名に恥じないよう気合を入れて美ブッセをめざして作りました。過去に何度も作っているブッセの中で、自分の中ではこれが最高の出来だと思います!

c0039735_1382493.jpg


●「イイホシさんReIRABO×焼きカレーパン♪
「いつものnanaminさんの雰囲気と違って新鮮!」「かっこいい!」」とうれしい感想をたくさんいただいたスタイリング。私自身、写真を撮っているときワクワクしました。よ~く煮込んだキーマカレーを包んで焼いたカレーパンも最高においしかったです。

●「両親の作品。
仕事を引退して静かに隠居生活を送る父と母。父は木工品、母は手まりとフエルトスイーツなどの手芸品作りに打ち込んでいます。年に2、3回父の作品をアップしますが、この記事を楽しみにしてくださる方も多く、毎回たくさんのあたたかいコメントをいただきます。

●「休日の娘とルナ、そしておうちで和カフェ♪
ルナを溺愛するハイテンションな娘と、対照的なルナの表情。何度見ても笑っちゃいます。

●「初めての一人旅・神戸(オフ会編)
ネット上のおつきあいから、リアルな友だちへと変わった記念の日。大切な繋がりができて、「ブログを続けてきて本当によかった」と心から思いました。

以上の記事以外にも、エキサイトさんに選んでいただいた「Pick Up!おすすめ記事」や、半期に一度のまとめとしてランキング記事を書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

c0039735_13115425.jpg


エキサイトブログ編集部:いま長い休日があったら何をしたい?
nanaminさん:ロサンゼルスにいる、“もうひとりの娘”に会いに行きたいです。もうひとりの娘とは、この夏我が家がホストファミリーとして受け入れた、留学生Emmaのことです(7/5他、ブログにも登場しました)。
玄米のおにぎりとお味噌汁が大好き、大きなボウル山盛りにわらび餅を作ると、半分はぺろりと食べてしまう和食LOVEな女の子でした。
キュートな笑顔で「オカアサン」と私を慕ってくれたEmmaに、もう一度会いたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nanaminさん:皆さん、こんにちは!ブログ「やわらかい陽ざしのでなかで」の管理人・nanaminです。
いつもブログを見てくださっている方、コメントを寄せてくださる方、皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです!またおいしい話、器バナシで盛り上がりましょう!もちろん、それ以外のお話しも大歓迎です。
この記事を読んでくださった、「はじめまして」の方…今日はちょっと硬い口調になりましたが、いつもブログではもっと気軽にやっています。お茶をしにふらりと寄るような感覚で、お気軽に遊びにいらしてくださいね。新たなご縁が訪れますように…。
これからもマイペースで楽しみながら“おうちカフェの楽しさ”を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

c0039735_125378.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【nanaminさんのお気に入り&好きなブログ】

□「chikuwa日和」 
製菓のお仕事をされながら、パンやスイーツ作り、ミシンなど趣味としてもハンドメイドを楽しんでいるnaoさんのブログ。おいしそうな手作りおやつにパン、親しみやすいお人柄と、街角の隠れ家的カフェのようなナチュラルテイストのスタイリングがすてき。

□「季節の風を感じながら・・・
ブログタイトルの通り、mikaroseさんの美しい食卓・お庭からは季節の風を感じます。美しく盛りつけたお料理と気品あふれるスタイリング。四季折々の花が咲くお庭の中でも、ひときわ美しく咲き誇る薔薇たちからも気高さが漂っています。
実際お会いしたことのあるmikaroseさんご本人はまさにそのイメージ通りの方ですが、お笑い系?な面もあったりして(笑)、そのアンバランスさがまた魅力的で楽しいブロガーさんです。

□「Lovely Poodle
愛犬・トイプードルのロンくんと、神戸の街と、カメラをこよなく愛するロン母さんのブログ。カメラへの造詣が深く、テーブルフォトからネイチャーフォトなど様々な被写体をすてきにとらえていて、いつも一日の最後にここを訪れてはワクワクや癒し、明日への活力をもらっています。

□「エマままの気ままな日記
自宅でカフェ開業という夢を、夢で終わらせず実現させたパワフル&ハートフルなエマままのブログ。カフェでお出しするお料理は、さすがの魅せるスタイリング!!旬の食材のおいしい調理法や立体的な盛り付けと器選び、季節感の演出はとても参考になります。

□「猫花雑記
ウーマンエキサイト「あにまる」のコーナーで偶然見つけた猫花*さんのブログ。猫ちゃんブログも大好きでよくあちこち訪問するのですが、猫花*さんのにゃんこ写真はドキッとするほど美しく、それでいてあたたかさを感じるんです。とってもおしゃれなナンタケットバスケットが猫花*さんご自身による手作りなんて、びっくり!!

★nanaminさんのブログ「やわらかい陽ざしのなかで」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-11-11 18:46

c0039735_23465470.jpg「ゴンちゃん」の愛称で親しまれる8歳のお姉ちゃんと、いたずら盛りの2歳の弟くん「まめぴーちゃん」のとびきりの笑顔も、ときどき見せる泣き顔も寝顔もかわいくて、思わず ぎゅーっとしたくなるほど、心がほっこり…。きらきら光る夏の思い出もたくさんできたようですが、季節感が伝わる話題にも心があたたまります。
そんなふたりのお子さんとの子育ての日々を楽しみながら、シンプルで着心地のよい洋服をちくちく手作りする毎日をつづったブログが大人気。

京都の古い町屋に住み、子育ても手作り生活も自分らしく、心地よく笑顔で暮らす日々の写真や文章からは、何気ない日常の中にある「小さな幸せ」を大切にする気持ちが伝わってきます。
すてきなハンドメイド作品は多くの方にも愛され、2冊の著作本も好評です。

今回は、ハンドメイド作家として活動しながら、かけがえのない家族との一日一日をていねいに暮らす「FU-KOなまいにち。」のFU-KO(ふーこ)さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部: いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
FU-KOさん:こちらこそ、いつもお世話になっています!
この「FU-KOなまいにち。」自体は2009年3月のスタートですが、2011年3月からエキサイトさんを利用させていただいています。以前は別のブログサービスを利用していましたが、画像に制限があったり広告が出たり、あまり好きなデザインがなかったりでエキサイトさんにお引越ししました。
理由は友人たちが使っていてデザインがシンプルで画像も自由度が高かったこと。編集画面の使いやすさも魅力でした。

c0039735_002961.jpgエキサイトブログ編集部: ご自身のブログを紹介してください。
FU-KOさん:最初は、現在8歳になる娘の誕生を機に始めた、ハンドメイド作品を紹介するためのブログとしてのスタートでした。
当時はオークションサイトに登録し、作品を販売していたのですが、オークションサイトって伝えられる情報が限られていて、作家の思いを伝える場所がなくて…。どうしても物だけのやりとりになってしまうんですね。
それってなんかちょっと寂しい気がして…。私自身、作り手の思いが垣間見えるような手作りの品を大事にしたい、と日ごろ思っていたので、ブログで新作情報や製作途中の様子などをお客さまにお伝えしたら、親近感を持っていただけるかもしれないなあ…と思ったんです。
なので、タイトルに込めたのは、「FU-KOって作家はどんな暮らしをしていて、どんなふうに物づくりをしているのかな」って知ってもらいたいという思いからでした。
できるだけ毎日更新を心がけていたので、次第にハンドメイド以外にも好きなファッションのこと、生活のこと、子育てのこと、当時引っ越したばかりだった京町家のことなども少しずつご紹介するようになっていきました。

エキサイトブログ編集部: ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
FU-KOさん:もともと日記好きではあったのですが、それをたくさんの方に見ていただくようになり、より客観的な目で自分の考えを整理して、まとめられるようになったと思います。
あと、子育てや私生活で大変なことがあっても、「あ、これはネタになる!」と逆にポジティブに考えられるようになったかも…。
元来、もやもや、くよくよしがちな性格ですが、文章にしてしまうとそれほどでもなかったり、「自分ってこんなふうに考えているんだな」って逆に発見があったりしておもしろいですね。

もちろん、私自身の生活にもいい影響があると思います。写真を撮るから、やっぱり少し部屋は片付けておこうかなって思いますし(笑)。ブログでは生活の中での知恵袋的なこととか、「作ってみたよ」「使ってみたよ」的なレポとか、実際的な情報などもお伝えしたいと常々思っているので、ブログを始める前よりも、新しいことにチャレンジしやすくなった気がします。

c0039735_23552083.jpgまた、「FU-KO」としての活動を始めたのが12月だったので、毎年年末になるとコメント欄を使ったプレゼント企画を開催するのですが、アクセスの増加にしたがって年々応募数も増え、抽選もひと仕事。でも、応募の際にいただくうれしいコメントや励ましのメッセージに、私のほうがプレゼントをいただいている気分になります。企画を機にやりとりが始まって、今では家族ぐるみのおつきあい…という方もいらっしゃるんです。
最近、ありがたいことに雑誌掲載やコラム執筆など、手作り以外のお仕事もいただくようになりました。そのどなたも「ブログを楽しみに見ています!」と言ってくださって、ブログをきっかけに私のことを興味を持っていただいたことに驚きと少しの恥ずかしさもありつつ、広く公の場に発信する、ブログというスタイルゆえのご縁なのだなあとしみじみ感謝しています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
FU-KOさん:7年経ってもやっぱり相変わらず、手作りと子育てに夢中です(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
FU-KOさん:自宅近くにアトリエを持つこと!今2歳になる息子がいるので、シックなベビー服の型紙をこれからたくさん発表していきたいです。

エキサイトブログ編集部:とても心あたたまるハンドメイド作品がすてきですが、洋服作りを始めたきっかけや、手作りする楽しみや魅力は?
FU-KOさん:今は想像つかないと言われますが、幼少の頃は病弱で、学校を休むことが多かったので、気がつけば何かずっと作っていたように思います。「あんたは手先が器用やから」って母がわりあい早くに針を持たせてくれて、小学校に入る前には簡単な縫い物はできていたような…。
でも、家庭科はいつも課題が魅力的に見えなくて、成績は悪かったかな(笑)。

c0039735_051331.jpg私が手作りをするのは、洋服でも保存食でもDIYでもそうですが、共通するモチベーションは「ないから作る!」ということでしょうか。
洋服は特にそう。寝食を忘れるほどにのめりこんだ洋服作りのきっかけは、娘が標準より細くて、市販の洋服が体に合わなかったから。娘にぴったりのサイズで、自分好みの色や質感で作れることが魅力でした。
今やおしゃれに敏感になった娘なので、100%私好みのものは作れなくなってしまったけど、一緒に生地を選び、二人でデザインを考えて作ることが増え、また違った幸せを感じています。
また、オークションや自分のショップを持ち、ハンドメイドの作品をお客さまのもとにお届けするようになって、「手作りの品」を心をこめて作り、お届けする」ことの緊張感と喜びの声が、また次の原動力にもなっていきました。

エキサイトブログ編集部:自分らしい作品作りのポイントや、とくに大切にしていること、こだわっていることは? とくにこれまで手がけた作品で印象に残っているものなども…。
FU-KOさん:娘のために洋服作りを始めたきっかけが、彼女の体型のことももちろんありましたが、それ以上に自分好みの洋服が作りたかったこと。どうしても女の子の子ども服って「フリフリ、キラキラ」が多くて…。もちろんベビーはフリフリを着ていてもかわいいのですが、シンプルでシックなほうがよりベビー自身のかわいさが引き立つと思います。
大人はお化粧しなくては見られませんが(笑)、ベビーはすっぴんでもかわいいですもんね!

だから、デザインは生地優先。シルエットは定番なものに、少しだけ細部にこだわりをプラスします。専門的な勉強をしておらず、すべて独学なので技術がないからという理由もあるのですが(笑)。
生地の良さを引き立てて、子どもの魅力を引き出す、最小限のシンプルなデザインを心がけて作っています。
FU-KOを代表するデザインは、娘が2歳ごろからずっと作り続けている「ヨークワンピース」でしょうか。
一冊目の本の表紙にもなっています。やや落ちた肩のライン、みぞおちあたりから切り替えた細かなたっぷりギャザー、ふわふわのスカートは、流行に左右されない定番。子どもにもママにも…時にはおばあちゃんにも!大人気です。

c0039735_0353827.jpg


エキサイトブログ編集部:お子さんとのかけがえのない時間や子育ての話題を始め、暮らしの中の小さな幸せが伝わる記事にも心があたたまります。日々の暮らしの中で大切にしていること、またお子さんの写真を撮ることや、記事アップの際に心がけていることがあれは…。
FU-KOさん:ものすごく忙しいときを別にして、子どもと過ごす時間はPCをつけず、ミシンも使いません。とくに下の子は保育園に行っているので、一緒に過ごせる時間はわずかな時間だけ。その間は仕事のことは考えず、めいっぱい楽しむようにしています。
ただ、ボタン付けや執筆の仕事など、子どもと過ごしながらできる作業は一緒にしています。母が一生懸命働く姿も見ておいてほしいなという気持ちもあって(笑)。
家でしている仕事なので際限なくやってしまって体を壊しかけたことがあるので、土日は子どもと一緒にしっかり休んでメリハリをつけるようにしています。

c0039735_12213936.jpg


カメラはずっと手元に置いて出しっぱなし。ここぞという場面を逃さぬよう、常にシャッターチャンスを狙っています(笑)。おいしそうに食べている姿や、何かに真剣になっている場面では、子どもはカメラに対して警戒心がないのでいい絵が撮れるようです。
最近では子どものほうから「これ珍しいから撮って!」と言われることも。だいたいが、おにぎりについている昆布が顔にみえる、とかですが(笑)。カメラを通してだと、日常の何気ないことも楽しめるのかもしれません。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
FU-KOさん:うーん…、とくに心がけていることはないのですが、しいて言えばほぼ毎日更新することなのかも。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
FU-KOさん:カメラ片手に、子どもとブラブラ散歩。それから、仕事終わりのビールは格別です!

c0039735_1222233.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
FU-KOさん:●お客さまお写真♪(カテゴリ)
カテゴリごとの紹介になりますが…。お客さまお写真は、本を出す前まではショップでお買い上げくださった方からのもの。本を出してからは本の型紙から、ご自分で作ってくださったものが増えました。
どのお写真もとてもかわいくて、ふだん頑張ってきてよかったなあ…と次に進むパワーをいただいています。

c0039735_12142618.jpgコーディネイト提案(カテゴリ)
読者の方に好評だった記事は、記事別アクセスを見ていないので感覚レベルですが、今年の春に大人服の本を出したのをきっかけに、手作り服のコーディネイト提案をアップするようになり、その記事は毎回好評のようです。こちらのカテゴリにまとめていますが、私としては、みなさんさほど興味は持っていないだろうな・・・と思っていただけにびっくり。

子ども部屋2015。
有孔ボード収納、その後。
まずは片付け。
子ども部屋やアトリエの収納は、参考にされる方が多いのかもしれません。私自身、何か新しいことを始めるためには整理整頓から、を心がけています。ブログでご紹介するのはきれいを維持するため、そして自分への戒めの意味もこめて(笑)。

初めての浴衣作り。
季節柄、浴衣を手作りされる方も多かったのでしょうか、比較的アクセスがあったように思います。
ずっと洋服は作ってきましたが、浴衣は初めて縫いました。
和服って本当に無駄がなくてシンプル。そしてどんな人にも似合うデザイン!昔の人の知恵が詰まっているなあ、と実感しました。

簡単ポケットの、プリーツワンピアレンジ。
まいにちのエプロン。
洋服のアレンジ方法やフリーパターンをご紹介したものも「さっそく作りました!」とたくさん反響をいただきました。

あるはずのものを無くす。
使い切るために。
台所の整理術に関しても、読者のみなさまに共感やご感想のメールをたくさんいただきました。

c0039735_23533922.jpg「じぶん」の目覚め。
ちゃーちゃん。
大大大すき。
りんご飴と、ゴン。
このへんの記事は、何気ない日々の中の何でもないエピソードばかりですが、私にとっては印象に残っている子育ての記事です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
FU-KOさん:長い休日があったら、台所のリフォームDIYをしたいです!
家自体は築100年近い町家ですが、キッチンだけが最新式のシステムキッチンで、味気ないので…。
まずは壁にタイルを貼って、戸板は合板なのを風合いのいい木にしたいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
FU-KOさん:見に来てくださり、本当にありがとうございます!
ふだんはミシンとPC相手で寂しくしていますので(笑)、どうぞお気軽にメールしてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【FU-KOさんのお気に入り&好きなブログ】

ひぐま家の生活
ライフスタイル本も出されている、「お母さん仕事」のひぐまあさこさんのブログ。
1年ほど前から拝見させていただくようになりました。
何気ない暮らしの中の時折きらりと光る言葉に「まさに!」と共感し、ひざを打ちます。

今日のすーさん
娘ちゃん「すーさん」がまだ0歳の頃、私の洋服を買っていただいたことがきっかけで、やがてメールや手紙のやりとりをするようになり、今では家族ぐるみのおつきあいがある、88sarasaraさんこと、よっせさんの子育てブログ。
母として妻としてだけでなく、ひとりの女性としてもとても魅力的な、きらめく言葉たちにいつも惹きつけられています。

rinpotage
子育て漫画ブログ。「ああ、こんなことあるよなあ」って共感したり、思わずキュンと胸が切なくなったり。最近の癒しです…。

TableTalk
イラストレーターの小池高弘さんと編集者・文筆家の小川奈緒さんご夫妻によるエッセイブログです。自宅で仕事をしつつ子育ても、生活もていねいにされている様子に私も背筋がのびます。

ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。
大学時代の友人、ヒビノケイコによる田舎暮らしブログ。子育てをしながらカフェ&ネットショップ経営を経て、田舎暮らし漫画の執筆や移住者支援、大学等での講演活動もこなす彼女は、ほんわかした見た目とは裏腹にとてもパワフル。既存のやり方にとらわれず、自分らしく暮らしをデザインし、楽しむ姿に共感します。

c0039735_23492278.jpg


FU-KOさんの「FU-KOなまいにち。」を読んでみましょう。
また、FU-KOさんの著書は後日、編集部ブログ「エキサイトブログCAFE」のほうでご紹介しますので、お楽しみに。
[PR]
by blog_editor | 2015-08-25 15:22 | ライフスタイル

c0039735_12221026.jpg年月を重ねたような味わい深いアンティーク風の家具やインテリア雑貨を手作りしたり、リメイクしたり…。フレンチシックのすてきなインテリアで統一されたお部屋は、多くの雑誌にも紹介され、「シャビーな感じがとてもすてき」と人気を呼んでいます。

また、本物のように手の込んだミニチュア作品にも注目。窓からグリーンが見えるミニチュアのガーデンキッチンや、南仏をイメージしたカップボードをはじめ、とてもすてきなイスやミシン机、ミニチュアの食器やパン、おせちなど……、その繊細でクオリティの高い手仕事には思わず脱帽してしまうほど…。
ほかにも、飾っておくだけでうっとりするようなアクセサリーもハンドメイドされ、多くの女性の憧れとなっています。

今回は、そんな数々のすてきなハンドメイド作品とともに日々の何気ない日常をつづるハンドメイド作家、「natural色の生活~handmade家具」のpetipetitさんこと、kiyomiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
kiyomiさん:お世話になっております。このたびは、「ピックアップブロガー」に選んでいただき、ありがとうございます。
のんびりとマイペースに更新していたブログでしたので、お話をいただいた時は、「え?」と驚きました(笑)。
ブログを始めたきっかけは、上の子が生まれた6年前。物作りが好きだったので、自分の作品を書き留める場所としてブログを始めました。アナログな私でも、簡単な操作でできたのがまた良かったです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kiyomiさん:はじめまして。インテリアにミニチュア、そして甘いスイーツが大好きな2児の主婦です。タイトルに想いを込めて、「ナチュラルに生活を楽しみたい」と思っている、petipetitこと、kiyomiともうします。
今は下の子がまだ小さいのもあり、ミニチュア作りがメインとなっていますが、主婦目線で、感じたこと、感じたものジャンルにかかわらず、日々の日常などもつづっていけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_12432957.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
kiyomiさん:ブログを書いていなければ見過ごしててしまう、小さな日々のこと、その時感じた思いをつづることにより、生活の見直しができるようになりました。
ブログを書いていなければ出会えなかったであろう人たち、海外の方たちとの出会いも含めて、たくさんの方々と出会えたことも大変うれしいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
kiyomiさん:一番好きなことは、「生活を楽しむ」こと。
夢中になっていることは、今現在ですと子育てとミニチュア作りでしょうか。

c0039735_139426.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
kiyomiさん:お教室を開くことが夢ですが、まだ具体的に何も決めていません。
こんなことがしたい、教えて!とお願いされたら、(わたしのできる範囲ですけど(笑)、何でも!
ワイワイと、おしゃべりしながら楽しいお教室をいつか開きたいです。
あとはパリのミニチュアショーを実際に観に行きたい。これって夢とは違いますか?(笑)

エキサイトブログ編集部:ともて味わい深いアンティーク風のすてきなインテリア家具を手作りしたり、リメイクされていますが、そのきっかけやDIYの楽しさは?
kiyomiさん:インテリアは10代のころから好きで、今のようにDIYまではいきませんが、当時あった実家の黒電話を黄色に塗り替えたり、お風呂場の壁にまでステンシルをしたり…。それはさすがに怒られましたが(汗)、電気のシェードにリボンを縫い付けたり…とあれこれ手がけていました。高校生の時のアルバイト代は、すべて雑貨代に消えてましたね。
アンティーク家具を作りたいと思ったのは、27歳の時に旅して出会ったフランスのボルドーでお世話になったお宅でした。石造りの壁に古い家具。一見、錆びれたキッチン道具も、ていねいに磨かれ繰り返し使われていることに感動し、フランスから帰国してすぐ、私もやってみようとまずテーブルを作りました。
当時はひとり暮らしで、アンティーク家具を買えるほどの余裕はなかったので、それならば「アンティーク風の家具を作ろう」と思ったのが、きっかけです。

そして私のアンティーク好きの背中をさらに、押してもらったのが、ひとり暮らしのインテリア誌『ひとり暮らしをとことん楽しむ』のコンテストに応募。それは10年ほど前のことですが、そちらでインテリア大賞をいただいたことで、インテリアへの想いがさらに強まりました。
コンビニエンスストアーに置かれていた「インテリア大賞、応募募集」の記事をみたときは、「これだ!」と胸の音が高鳴ったのを今でも覚えています。
コンテスト応募のために、ミシン机、飾り棚、本棚、カーテン、雑貨とアンティークを真似ていろいろ作りました。

今も…ですが(笑〉、私の場合、作りたいと思ったら、下調べなどはせず、自分の頭の中に描くかたちを、どんどん形にしていくやり方です。調べない分、遠回りをすることも多いですが、発見も多いです。
私にとってインテリアは生活のスパイス。ちょっとした工夫で日々が楽しくなれば…と、しています。

c0039735_12523847.jpg


エキサイトブログ編集部:注目したいのは、とても手の込んだミニチュア作りですが、これはいつからどのようなきっかけではじめたのですか? また、自分らしい作品作りのポイントといえば?
kiyomiさん:まだまだと思っている作品なので、恐縮しています。
きっかけは、忘れもしない…。9歳の時。母と行ったショッピングセンターのおもちゃ屋売り場で展示されていたミニチュアに衝撃を受けて以来、ミニチュアの虜になりました。
厚紙や、パッケージなどを使って見よう見まねで作っては遊んでいました。
本格的にといいますか、製作を始めたのは、結婚して娘が生まれてからです。娘に作ってあげたいという気持ちから、ミニチュア製作の再開となりました。

ミニチュアよりもインテリア家具製作が先でしたので、家具製作の延長で、ミニチュアの家具、建具など、小物作りから始めました。なのでミニチュア製作の中では、粘土細工が本当に苦手で…(笑)。 
塗っては削り、そこにまた色を重ねる…。DIYの延長ですね(笑)。
どちらかというと、作りながら考えていくほうなので、最終的にどんなものになるのだろう?と自分でも毎回、興味津々です。

c0039735_12531623.jpg


エキサイトブログ編集部:ほかにも、すてきなアクセサリーをハンドメイドされていますが、ご自分らしい作品作りのポイントや心がけていること、また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
kiyomiさん:実は私自身は、ほとんどアクセサリーを身につけません。なので製作する時は、アクセサリーを身につけない人でも思わず身につけたくなるようなアクセサリーのデザインができたらと考えています。
アクセサリー作りを始めたのは20代後半のときに仲が良かった友人に教えてもらったのが、きっかけです。
あまりの楽しさに、気づいたら日がのぼっていた、なんてこともよくあったぐらい夢中になりました。
アクセサリーは私にとって日常でもあり、非日常的なもの。
購入していただくお客様にも、特別な気分でお買い物をしていただきたいので、生活感が出ないような写真を心がけています。

c0039735_12534549.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
kiyomiさん:それが、ブログをはじめてから、一度も意識したことがありません。
いまだ、エキサイトブログのアクセス数の読み方がわからないでいます(笑)。
みなさんがブログに訪問してくださること、本当にありがたいです。
ですがアクセス数よりも、自分のペースを守りつつ、楽しめることが一番だと思い、更新をしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kiyomiさん:大切にしていることは子どもの時間と、自分時間の配分でしょうか。
メリハリです(笑)。
癒される瞬間は、やはり子どもたちと一緒にハンドメイドをしているときでしょうか。
自分のハンドメイドは、癒しというよりは限られた時間の中でしている修行みたいな感じです(笑)。

c0039735_13123417.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
kiyomiさん:●とくに読者様に人気だった記事は…。
アンティーク風、塗装について。
塗装、DIYに興味を持たれている方がた多くいらっしゃるようなので、参考になればと…私なりお答えしました。

●お気に入りのハンドメイド記事は…
リメイク姿見 (私のカントリー発売)
子どもたちと粘土遊びをしていたときに思いついた、粘土で作ったレリーフ(装飾)。ホームセンターで売られていた鏡をアンティーク風にリメイクしてみました。

食器棚
我が家での一番の大型家具製作。家族みんなが協力してできた思い入れのある作品で、一番の大作となりました。

子供部屋の模様替え
こちらも子ども部屋の写真 )
子どもの頃に憧れた秘密基地みたいな空間にと、子ども部屋を模様替えした記事です。

miniature* Garden kitchen と、桜
窓からたくさんのグリーンが見えるキッチンは主婦の憧れです。そんなイメージで作ってみたミニチュアガーデンキッチンです。

miniature* 南仏風 ブルジョアカップボード
南仏をイメージして作った、ブルジョアカップボード。木を曲げて作った初めての作品です。

miniaure* 椅子  アンティークファブリックと、レリーフ
お気に入りのミニチュアの椅子。椅子は家具の中でも一番好きです。それをミニチュアでも再現できたらいいなと思って、脚の先まで手作業で作りました。

c0039735_13161978.jpgスミレ(本日openします)
大好きなすみれ色のピアスを作りました。ひとつひとつ筆で塗装をしています。

mignon ensemble* アンティークカラーの薔薇ピアス
アンティークな色のバラアクセサリー。バラ製作、色染め、コーティングを2日かけて仕上げました。ドライフラワーのような色合いが気に入っています。

●ほかのお気に入り記事は…
春休みの遊び。
子どもと作ったダンボールハウス。身近にあるものを使い、想像して自由に作る…ダンボールは無限大ですね。大人の私も夢中になって子どもたちと作りました。

サイクリング日和
気持ち良い陽気に誘われて。家族みんなでサイクリングに出かけたときの記事です。耳をすませば、野鳥の声に風の音、見上げればグリーンカーテン。思い思いに、とても贅沢な時間を過ごせました。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
kiyomiさん:どこでもドア! 子どもみたいですね(笑)。
扉を開いたら、自分の行きたい場所、行きたかった場所なんて最高ですよね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kiyomiさん: ブログをご覧くだり、ありがとうございます。
今までと変わらずマイペースな更新となりますが、自分の「好き」をブログでお見せできたらいいなと思います。
どうぞよろしくお願いいたし ます。

c0039735_13171773.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【kiyomiさんのお気に入り&好きなブログ】

すてきなブログはたくさんあって選ぶのが難しいので、とくによく拝見しているお気に入りのブログを3つご紹介させていただきます。

フランス生活便り
イベントにはなかなか行けないのですが、フランスでの暮らしをつづったすてきなお写真を拝見させていただき、うっとり。楽しませていただいています。

〜shabby chic collage〜
アンティーク&シャビーな感じのコラージュ雑貨をハンドメイドされています。彼女の感性に脱帽し、自分からメッセージを送ったのがきっかけで、エキサイトブログを始めました。
それから仲良くしていただいていますが、こちらの記事ではとても楽しいひとときを過ごせました。

AT Y`s お花と暮らし 
ブリザーブドフラワーのアレンジメントをはじめ、すてきなインテリアやハンドメイド作品をアップされています。
お人柄も作品もとてもかわいらしく、すてきなブログです。

c0039735_13371127.jpg


★kiyomiさんの「natural色の生活~handmade家具」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-06-01 14:47 | ライフスタイル

c0039735_2321787.jpg見やすくて出しやすい&しまいやすい収納術をはじめ、シンプルながら心地よく暮らすコツやすてきなインテリアの話題がいっぱい。ちょうど3月4月は引っ越しシーズン。春から新生活をはじめたり、部屋を模様替えして気分をリフレッシュする人も多い季節に、とても参考になりそうな話題が豊富です。

ときにはエコバッグやジップ付のビニールパックなどを収納に使ったり…。きっちりとした収納というより、ゆる~い収納も実践されているので、片付け下手さんにも取り入れやすく、とても参考になると人気を呼んでいます。収納は「自分や家族の性格に合わせて選んだり、自分らしく暮らしやすいスタイルで!」と提案しています。

また、収納やインテリアのほかにも、お気に入りの洋服やコーディネート術などもアップされているので、おしゃれに関心のある読者にも注目を集めています。これからの季節は春のコーディネートも気になりますね。
今回は、整理収納アドバイザーとして活躍され、自分らしい心地よい暮らしを楽しむライフスタイル系ブロガー、「Linen Style...」のlinenさんに登場していただきました。

c0039735_23214045.jpgエキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
linenさん:こちらこそいつもお世話になっており、ありがとうございます。
このたびは、ピックアップブロガーに選んでいただき、とても光栄です!
ブログを始めたきっかけは、いま住んでいる家を建てたときに、家づくりの様子を記録しておきたい、という気持ちからでした。家づくりをしたときに、たくさんのブログを参考にさせていただいてとても助かったので、我が家の記録がどなたかの参考になれば、という思いもありました。
家づくりの記録が終わってからは、ファッションのことを書くブログを立ち上げたりしたのを経て、現在のようなライフスタイルについて書くような形になりました。
閉鎖したり立ち上げたりの繰り返しで、現在のブログは4回目となります。
最初からずっとエキサイトブログさんを利用しております。なんといっても写真映えがするので気に入っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
linenさん:我が家の整理と収納の様子やインテリアのこと、愛用の品のこと、悩める日々の服装などなど、ライフスタイルに関することをなんでも書いているブログです。
ときどき、収納やインテリアにテーマを絞ったブログにしたほうがいいかな…と思うことがありますが、どうやら服のコーディネートや、旅の記録などを楽しみにされている方も多くいらっしゃるようで、結局いつも絞り切れずにいろいろなジャンルのことを書き続けているんです。
2年前から「整理収納アドバイザー1級」の資格を活かして、整理と収納のレッスンを始めています。レッスンについてもブログでお知らせしています。
ちなみに、HNの「linen」は、私の名前の一部からつけたものです。

c0039735_2322990.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
linenさん:ブログのよさはたくさんあります!
もともと日記などを書くことが大好きで、ただ書いているだけで毎日が楽しいです。「〇〇に行ったのはいつだっけ?」と思い出せないようなとき、ブログで確認できますし。普通なら知り合えないような方と、ブログを通じて交流ができるところがすばらしいですよね。ブログでおつきあいしている方のうち、何人かとは実際にお会いでき、本当にうれしいです。
また、いままでカメラなど手にしたことのない私が、「もっといい写真をブログにアップしたい」という欲が出て、一眼レフカメラを購入、写真教室まで通うという、以前なら考えられない展開になりました。
そして何より、現在の「整理収納アドバイザー」としての活動は、ブログなしではとうていできないことなんです。整理収納のレッスンに参加されている方は、ブログを通して私を“発見”してくださいます。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
linenさん:一眼レフカメラで写真を撮ることです。
外を歩いていても、「目がカメラ」状態になってしまい、これはいい被写体になるとか、こんな構図で撮りたいなんていうことばかり考えてしまいます。

c0039735_1351956.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
linenさん:いまはまだ駆け出しの整理収納アドバイザーですが、多くのみなさんの暮らしがより快適に、楽しくなるようなお手伝いができるよう、活動を広げていきたいです。
そして…図々しくも、自分の本を出すこと!あくまで夢ですが…。

エキサイトブログ編集部:すてきなインテリアと読者の参考になる収納のコツがいっぱいですが、整理収納アドバイザーになられたきっかけや、インテリア&収納を考える楽しみ、自分らしいお気に入りのインテリアといえば?
linenさん:子どもの頃からしょっちゅう部屋を整理したり収納を工夫したりしていました。インテリアも大好きで、「早くひとり暮らしをして自分の好きなインテリアで部屋を統一したい」、と妄想を膨らませていたものです。
でもまさか、2年前まで公務員だった私が、整理収納を仕事にするとは思ってもみず、自分でも驚いています。
私は、整理と収納って、自分の暮らしのスタイルをじっくり考えて、それにふさわしいものを持ち、置く場所を工夫することだと思うんですよ。
ですので、我が家には他人が見たら驚くような場所に驚くようなものがあることも多々…。でも、自分たちが暮らしやすければそれでいいんだ、と思っています。
インテリアに関しては、ずっと長いことシンプルモダン大好き、だったのに、最近になって古いものやレトロなデザインに惹かれています。歳のせいでしょうか?
ただ、部屋を機能的にすることはできても飾ることが苦手なので、ディスプレイについてはまだまだ勉強中です。

エキサイトブログ編集部:シンプルながらお気に入りのものを大切にしているのが伝わりますが、日々の暮らしの中で大切にしていることや心地よく快適に暮らすためのコツは?また、記事アップの際に心がけていることは?
linenさん:若い頃は、自分のことがまだよくわかってなかったり、流行に左右されたりして、選んだものがしっくりこないとかすぐ飽きてしまうということも多かったと思います。
年齢を重ねたいまは、自分らしさって何なのかや、自分に必要なものがわかってきて、自信をもってもの選びができるような気がします。だから、直観でものを選んでも失敗が少なくなりましたね。
そして、多少高価なものだって、日常で使うようにしています。日々使ってこその愛着だと思います。「使い切る」ということをとにかく大切にし、死蔵させてしまうことのないように。
愛用のものを記事にアップするときは、とにかく写真をきれいに撮るように頑張っています。スタイリングをあれこれ工夫して、何枚も何枚も撮ってみます。それでも、「会心の出来」っていう写真はあまりないんですけれど。

c0039735_137124.jpgエキサイトブログ編集部:3月、4月は引っ越しシーズンですが、これから新しい生活を始める方、お部屋の模様替えをして気分を一新したい方へのアドバイスなどもありましたら、お願いします。
linenさん:引っ越し大好き、模様替え大好きな私の経験から思うのは、できるだけ大きな家具は買わない方がいい、ってことでしょうか。
特に女性は、自分で動かせる家具を選ばれたほうがいいかな、と思います。
暮らしって、どんどん変わっていくものなので、変化に合わせて柔軟に部屋を変えられるようにすることが大切です。よく、たくさん入るようにといきなり大きい収納家具をドーンと買われる方がいらっしゃいますが、そうすると暮らしの変化への対応が難しくなることもあります。何にでも使える小ぶりの家具がおすすめです。
それから、収納に関しては、収納ノウハウとか世の常識みたいなことは気にしないで、自分の暮らしに合わせてワガママに考えてみては、と思います。自分と同じ暮らしをしている人は二人といないので、他人を気にせず自分流を大切に…。

暮らし方も、あくまで自分スタイルでいいと思います。例えば「大掃除は年末に」という常識みたいなものも、私は無視しています。フルタイムの勤めが長かったこともあり、掃除をまとめてするのは億劫だし、年末は忙しいし、冬は水が冷たいですし。
そんなわけで私は、大掃除は春にスタートし、時間があるときに少しずつ進めて、真冬が来る前に終わらせています。「大掃除チェックリスト」というものを作って、終わった箇所を消していくのが快感だったりもして。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
linenさん:特別なことはしていませんが、こまめに更新するようにしています。私も他の方のブログを拝見しますが、更新があまりないとどうしても読まなくなってしまいます。
それから、ブログランキングサイトに参加しています。ランキングサイトから訪問してくださる方は結構多いみたいですね。

c0039735_2323347.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
linenさん:コーヒーをゆっくり楽しむティータイムです。平日の忙しいときでもコーヒータイムは確保するようにしています。特に休日に夫と二人でお茶を飲む時間は、ずっと変わらない至福のときですね。
幸せな時間をつくるため、コーヒーやお茶を淹れる道具はお気に入りものを揃えて、豆や茶葉も楽しく選んでいます。

c0039735_23233728.jpgエキサイトブログ編集部: 数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
linenさん:「毎日だからベストポジション。
暮らしぶりが変わってきたので、キッチンの特等席に置くものを変えました。キッチン収納についての記事はいつもたくさんの方に読んでいただいているみたいです。

買った服のコーデを考える。
自分の手持ち服の整理を考える意味で、ときどき載せているコーディネートの記事。いつも反響が大きいので、大人の女性はみなさん悩んでいるんだなぁと感じます。

冬服は9着だった!
話題の本に触発されて手持ち服の数を数えてみました。自分でもびっくりの少なさでした。

今年の大掃除、スタート。
昨年は、大掃除の進め方についてリクエストを受けて、いつ頃どんな掃除をしたのか?こまめに記事にしました。今年も記録代わりに書いていこうと思います。

収納にも使える優れもの。
特別な用品を使わないで、誰でもできるゆる~い収納方法を考えるのは、私の「得意分野」です。

フードプロセッサー選びは十年越し!
タイトルどおり長く探し続けてついに買ったフードプロセッサー。同じように探し続けている方が多いようで、ご質問もいくつかいただきました。

c0039735_138037.jpg寄る年波に負けた。
ついにリーディングメガネをつくりました。老眼鏡ともいいますが…。ショックをやわらげるため、アップする写真に力を入れました(笑)。

恒例、梅シロップづくり。
人気ブロガーさんから影響を受けて作り始めた梅シロップ。いまや我が家のお楽しみ行事になっています。

ハワイぐーたら日記~プールサイドでのんびり。
隠れ家ショップ紹介もお買い物情報もない、ただダラダラ過ごしたハワイの旅行記です。「linenさんがぐーたらなんて、ウソでしょ!?」と突っ込まれた旅行記です。

いつもの那須に癒されに。
年に何回か行く、大好きな那須高原。私の記事を見て那須に行かれる方が結構いらして、うれしい限りです。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
linenさん:「いま」だけじゃなく、いつでも一番行きたいのは、ハワイです。十数回訪れていますが、帰ってくるとまたすぐ行きたくなっちゃいます。
普段はわりときちんきちんと暮らしている私ですが、ハワイではグータラするのがお楽しみ。リフレッシュできるんです。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
linenさん:いつも読んでくださってありがとうございます!
気づけばブログを始めてから7年余りになります。こうして続けていられるのも、訪問してくださり、コメントをくださる方々のおかげです。本当にありがたいです。
私のブログの文章などから、「クールな人」とのイメージをお持ちの方が多いのですが、実際に整理収納レッスンでお会いした後は、だいぶ覆されるようですよ。
これからも、いろいろなテーマについて書いていくつもりですが、何かひとつでも「これいいね」と感じていただけたらうれしいなと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

c0039735_2324125.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

linenさんのお気に入り&好きなブログ】

お気に入りブログはたくさんありますが、その中から私が特に影響を受けた方のブログをご紹介したいと思います。

sablier+Blue
温かく素敵な毎日がつづられたブログです。akiさんとはブログを通じて長いおつきあいをさせていただいています。実際にもお会いでき、飾らないお人柄にますますファンになりました。

MELLOW STUFF
写真の勉強をもっとしたいと思うきっかけになったブログです。こちらのフォトレッスンを実際に受けにいき、ミー先生とのおしゃべりも弾みました。

CROSSE便り
穏やかな日常がつづられた前身のブログからのおつきあいです。最近雑貨屋さんを開かれて、こちらのブログに引っ越されましたが、引き続き楽しみに読んでいます。雑貨屋さんは我が家から遠いのですが、いつか行ってみたいです。

linenさんの「Linen Style...」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-03-25 13:33

c0039735_17592769.jpg中のごはんを見せたくなるような色鮮やかでかわいい稲荷弁当や、いま流行りの「おにぎらず」をはじめ、オムライス弁当や中華弁当など…。和・洋・中…のどのお弁当も見た目にとってもキュートでおいしそう!
赤や黄、グリーンにピンクなど…、カラフルな色合いをふんだんに使った盛り付け方のコツやおかずのバリエーションも豊富です。

週末にはまとめて常備菜や保存食を作っておけば、忙しい朝でもかんたん!という、週末の“イエシゴト”&時短弁当にも注目!読者にとってはとても参考になり、とくに働く女性からは、「忙しい朝でも、こんなにかわいいお弁当が作れるなんてすご~い。私もぜひやってみます!」と評判を呼んでいます。
「今日のお弁当はどんなお弁当かな?」と毎日のブログアップを待ち望んでいる読者も多いはず。

今回はそんなとってもかわいくて、参考になるお弁当作りで人気のブロガー、「YUKA'sレシピ♪」のYUKAさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
YUKAさん:こちらこそ、いつもお世話になっております!
実は初めに立ち上げたブログは、小説ブログなのです(笑)。メインとして運営していたそのブログ名は「優芽の樹」。今はほぼ休載していますが、別のブログサービスです。
そのブログに日記と称してお出かけ記事や料理などを少しUPしていたのですが、ブログの方向性が違うので、料理ブログは別ブログを立ち上げたほうがいいなと思って…。そのころ拝見していた料理ブロガ―さまの多くが、エキサイトブログを使われていたんですね。料理や写真がとてもすてきな方が多くて、料理ブログはエキサイトブログを利用しようと決めました。
それまで、私のブログ生活は「優芽の樹」が始まりであり、主だったので、立ち上げた当初の「YUKA’sレシピ♪」はサブブログでした。まさか、そのブログがこんなにたくさんの方に見ていただけるようになるとは思いもしませんでした。

c0039735_13101013.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
YUKAさん:みなさん、こんにちは。
食にまつわる生活をつづった「YUKA’sレシピ♪」の管理人YUKAと申します。プロの料理人でも料理上手でもない、ふつうの社会人である私の運営するこのブログは、毎日の自分弁当を中心とした「お弁当ブログ」で、現在はほぼ毎日更新中です。
ブログタイトルでレシピと称していますが、実際の料理レシピを多くつづったブログではありません。ここでいう「レシピ」は、「秘訣」や「手順」という意味でつけています。だから言葉を置きかえるならば、「YUKAなりの暮らしを楽しむ秘訣」という感じでしょうか。
お弁当のほか、おうちごはんや外食、週末イエシゴトと称して作り続ける常備菜作り、季節を意識した保存食、お簡単スイーツ作りやパン作りなど、興味を持ったことは何でもありのブログです(笑)。
買った食材で行なう干し野菜や後始末、購入した食材を無駄にしないための方法もカテゴリー分けしてありますので、好きな記事を楽しんでいただければうれしいです!

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
YUKAさん:今までも季節を感じることや年中行事には興味を持っていましたが、ブログを始めてから、より意識するようになりました。ブログネタを探すのに、料理以外にもいろいろ興味を持つようにもなった気がします。あと、以前より丁寧に生活するようになりました。なんか、母の代わりに見られている感じがするので(笑)、外食はあまりしなくなりましたね。
コメントで反応していただけることがすごく楽しみなのですが、記事をアップすると、仕事先でも時間ができるたびにチェックしてしまいます(笑)。一度でもコメントをいただいた方のHNは、ほとんど覚えているんですよ。それぐらい、とてもうれしい。コメントがなくても、見てくださっているのは閲覧数でわかりますから、楽しんでくださっているかな?と思って、それを励みにしているところもありますね。

c0039735_1347262.jpg実は私、何度もブログをやめようと思ったことがあるのです。でも、いただいたコメントに励まされて今日まで続けてこられました。お会いしたことのない方ばかりですが、まるで自分のことのように声をかけてくださる方が多くて、本当に幸せです。
「はじめまして」と声をかけてくださるのもすごくうれしいです!初めてコメントを書き込むのって、勇気がいることもあるのですよ。私自身がそうなので、よけいそう思っています。貴重な時間を使ってひと手間をかけてくださるのですから。毎回「ありがとう」って叫んでいます。心の中で(笑)。
お弁当や料理は日常のものですが、「はじめまして」の方にも、ずっと見てくださる方にも、少しでも楽しんでいただいたり、癒されたり、覗くのがちょっと楽しみな記事になればいいなと思っています。ブログを通して励ましていただいていることへの、私なりの恩返しですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
YUKAさん: 一番ってなんでしょうね。今の時期、帰宅していろいろ終わりにして、楽しみにしているのは入浴。まだ寒いこの時期は入浴剤をいろいろ買って試しています。お風呂の中に本を持ちこんで読んだり(笑)…。もともとインドアなタイプなのですが、仕事でいろいろな場所に行って人に関わることが多いので、プライベートはひとりで過ごしていてもまったく寂しくはないです。強がっているわけではないです(笑)。基本的に何でも楽しめるタイプなので、家で何か作って過ごす時間に癒されていますね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
YUKAさん:豪華客船、世界一周旅行。これ、やってみたいです!あ、そういうことではなくて?(笑)
お弁当ブロガ―として言えば、色とデザインにこだわって、いつかお弁当箱やお弁当グッズとかプロデュースはしてみたいです。お子さんのお弁当グッズはたくさんあるのですが、大人の女性が使ってもいいような、ちょっとおしゃれなものってあまりないので、ぜひやってみたいですね。自分が欲しいというのもあるのですけど(笑)。
また、2月におかげさまでお弁当の本を出すことができたので、調子に乗るなら、イエシゴトの本も出してみたいですね。今度は構成やデザインももっと関わってみたい。お弁当本に関わってくださった出版社の方との打ち上げで、「次はイエシゴトの本を出したいですね」という話が出ているのですが、これはもう、お弁当本の売れ行き次第だそうで(笑)、夢はどう転ぶか、まだわかりません。

c0039735_1347337.jpg


エキサイトブログ編集部:とてもおいしそうで参考にしたくなるお弁当記事を楽しませていただいていますが、お弁当作りを始めたきっかけやお弁当を作る楽しさは?
YUKAさん:朝は5時半から6時ぐらいにお弁当を作ります。お弁当を作ることが楽しい!と思ったのは中学生の時で、作った相手は妹でした。
うちの母は基本的に外食派の人でしたが、おいしいものは知っているので、作るとおいしいのですよ。でも、得意ではなかったみたいです。特にお弁当に入れるおかずは全面茶色、という感じでした。仕切りを使わないので、おかずのタレが卵焼きやごはんにまでしみて、本当に全面茶色!というお弁当なんです(笑)。
一度、友だちが果物別持ちで持ってきているのを見て憧れて、「果物もつけてほしい」と言ったことがあるのですが、母は家にあったバナナを輪切りにしておかずの隣に入れていました(笑)。たまたま、おかずがしょうが焼きで、仕切りがないので、しょう油まみれ。しかも、微妙に温まってしまっていて、ふたを開けたとたん、しょう油で煮えたバナナの匂いが充満して・・・・・・(笑)。
あれには参りました。でも、文句は言えなかったんです。精一杯だったんだなって子どもながらに感じていたので…。
それでも思春期になるとそういうお弁当を友だちの前で食べるのが恥ずかしくて。友だちのお弁当がすごくキラキラして見えて、そのころはそれを笑い飛ばせるほど大人ではなかったのです(笑)。

c0039735_14592197.jpg中学生のころはもう、仕事をしていた母の代わりに週1,2回ほどは夕食を作るという感じだったのですが、同じ思いをしていた妹に「お弁当も私が作るよ」と言って作ってあげました。早起きして、その時ある食材で、できる限りかわいくして。今考えるとたいしたことはないですが、そのお弁当を妹がすごく喜んでくれたのが、私のお弁当作りの原点ですね。
それから時々、「お弁当作って」と妹に頼まれて作るようになりました。私が最初に作ったお弁当を「見せながら自慢して食べた」という話は、今でも妹といる時に出る笑い話です。
だからでしょうか。私のお弁当はいつも別容器で果物つき(笑)。毎日がんばって作り続けられるのは、自分好みのお弁当を持っていって食べられることが、小さな幸せで夢だったせいかもしれません(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分らしいお弁当やレシピ作りのポイント、大切にしていることは? また、読者に向けてキュートなお弁当を考えるヒントなどもお願いします。
YUKAさん:季節の食材や年中行事など、四季を取り入れることはいつも意識しています。旬のものって身体にいいっていいますよね。寒い時期は体を温めるもの、暑い時期は熱を逃がすもの、というように。
私のお弁当は、週末に手がける常備菜や保存食を中心に作っているのですが、その際に気にするのは色味。春夏はパステルカラーやビビットな色合いを、秋冬はアースカラーで落ち着いた感じにというふうに季節のイメージを意識するだけで、お弁当に季節感が出たりします。買い物をする時点で、ごはんや肉類で足すことのできる白と茶色を除いた、赤、緑、黄色などの食材の色を考えて買いますが、できるだけその色を活かすような味つけと調理を心がけていますね。
常備菜は数回分を作るので、そのまま同じように入れると同じものができ上がります。だから基本的に同じ常備菜でも、入れ方や組み合わせを変えてアレンジしています。お弁当箱を変えるだけでも気分が変わりますしね。
手作り好きですが、全部自分で作る必要はないと思うのです。お漬物も、お惣菜も、缶詰めも、市販品で使えるものは使えばいいんじゃない?というスタンスで作っています。お弁当作りが苦手な方でも、おむすびや定番おかずの形を丸くしたり、小さくしたりするだけでちょっとかわいくなりますよ。

開けた時に「かわいい!」と思っていただけるような春の行楽を意識して、先日、この季節らしいお花見弁当を作ってみました。私が行楽弁当を作るとこうなりますという、今までブログでもアップしたことのない数人分の行楽用弁当です。エキサイトブログ特集で近日アップされる予定なので、よかったら見てくださいませ。何かがヒントやきっかけになればうれしいです。

c0039735_13503795.jpgエキサイトブログ編集部:平日はお忙しく、週末にまとめて保存食、常備菜を作っていらっしゃるようですが、週末の過ごし方、常備菜の作り方などをお願いします。また、記事アップの際にこだわっていることがあれば…。
YUKAさん:お弁当も含めた1週間分のメニューも考えて、帰宅が早ければ金曜の夜、無理なら土曜の朝いちで買い物に行きます。私の場合、野菜は1週間分、魚介と肉類は2週間分買い込むのですが、「イエシゴトリスト」というものをつけているので、週末はふだん時間がなくて手を出せないものを中心に仕込んだりしていますね。ほかのブロガ―さんのおいしそうな記事を見て、食べたくなったり作りたくなったりしたものに挑戦するのも週末です。節約も目的なので、使いたい食材も高過ぎる時は買いません。
パンもお菓子も作るのですが、どちらも簡単にできるものしか挑戦してませんし。材料費をかけるのは節約と離れてしまうというのもあるのですが、きちんと計量して作るという基本的な作業、実はすごく苦手なので(笑)。

週末はけっこう早起き。掃除洗濯などを全部終えて買い物に行き、すぐ調理して写真を撮ってしまう。お昼にはたいていほとんどが完了しているので、それから出かけるか、家で過ごすかですね。
そういう計画を立てて実行することは癖というか、好きみたいです(笑)。私には写真技術がないので、できるる限り自然光で撮るようにしています。だから冬の写真は特に朝日待ち(笑)。
昔はめいっぱい寝て気がつくと夕方……となって損をした気分になっていたので、最近は午前中に用事を終わらせられるように起きて、午後はゆっくり好きなことをするというサイクルにしました。そうすると身体が平日とリズムと変わらないので、月曜にだるさが残らない気がします。私がお昼まで寝ている時は、具合が悪い時ですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
YUKAさん:仕事をするわけではない場合、アクセスアップばかりに気を取られるとだんだん辛くなると思いますから、アクセスアップのために心がけていることは特にないです。
見に来てくださった方に楽しんでもらえるような記事をUPしたいところですが、まずは自分が楽しんでいないと。どんな場所でも、そこが楽しいと思えば自然と人が集まる気がします。
もし、なにかひとつあげるなら、コンスタントに記事をアップすることかなと思います。毎日ではなくても、定期的に更新されていると、更新が楽しみになっていただけると思うのです。あまり更新がないと、交流がある方はともかく、見るだけの方は「辞められたのかな?」と思ってしまいますし。
あと、料理系ブログは、やはり写真も魅力的な方が多いですよね。私もせっかく作ったのだから、少しでもおいししそうに撮ることは心がけています(笑)。

c0039735_13551326.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?

YUKAさん:大切にしているのは、仕事前にカフェで過ごす時間ですね。実は朝カフェ派なのです。仕事柄、病欠はもちろん、電車の遅延による遅刻もぜったいに許されないので、1時間以上前に仕事先の駅に着くようにしています。珈琲を飲みながらその日の気分に合う好きな音楽を聴いて、本を読んだり、手帳を記載したり、始業前30分以上は過ごしているでしょうか。
そして、仕事が終わった後は家にまっすぐ帰らないことも多いんです(笑)。これがね、すごく重要で。特に嫌なことや辛いことが起こった時ほど、家に着く前に地元の駅でカフェに入ります。
仕事で持ち帰った気持ちを引きずらないように整理する、大事な時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
YUKAさん:●毎年恒例の大掃除弁当&新しいランチボックス
年末の大掃除もできるだけ楽しくやろうと思って、毎年作る大掃除弁当記事。大掃除や模様替えを中断しなくてすむように、1日分を作ってしまうのですが、「私もやります!」と楽しんでいただきました。「お掃除弁当まで作るというところが、YUKAさんらしい」とみなさんに言われましたね(笑)。

七草粥&七草むすびのお弁当
100万PVアクセスを達成したという記念記事ですが、ちょうど1月7日の七草がゆの日でした。七草をお弁当に入れるという縁起物(笑)。季節を感じるお弁当ができるので、毎年この日を楽しみにしています。

かじきフライと紫蘇の実むすびお弁当と手帳
魚介類は好きなのに、冷めると匂いが出る魚介のお弁当おかずが苦手でして。ふたを開けた時の匂いが鼻につくので、なんとか臭みを消して苦手を克服したいと考えていたのですが。この時はシンプルですがすごくおいしかったのを憶えています。これで自信がついて、他の魚もおいしく調理したいと思うきっかけになったお弁当です。

マルシェへ行こう♪(1)マルシェへ行こう(2)
変わった野菜や無農薬などのものを購入したくて、都内で開催されるマルシェへ買い物に行ったお散歩記事です。この時は都内を散策しながら、よく行く青山のファーマーズマーケットのほかに、太陽のマルシェの2つをはしご(笑)。みなさんも私の散策を一緒に楽しんでくださいました。記事が長くなり過ぎて2回に分けています。

イエシゴトVol.96 朝市野菜と朝楽お弁当サラダの作り方
最近始めたものですが、反響が大きかったと思います。「作ったよ」と記事を見て声をかけてくださる方や、訪問くださる方が増えた記事です。いろいろなところで紹介してもいただきました。見た目もかわいいですし、お弁当にもすごく便利で簡単でおいしいのです。

c0039735_13495062.jpg


保存食用レシピノート
ブログの前の私の原点はノートへの書き込みでした。記事は新しく始めた保存食用のレシピノートで、自作イラスト付き。このイラストが思った以上に訪問くださるみなさんの評価が高くて、ちょっと調子に乗りました(笑)。

美活祭り開催のお知らせ
『美活祭り』と称して、2013年から9月ごろに1月ほど開催している企画です。毎日忙しく過ごしていると、ついルーチンワークになってしまうんですよね。何となく過ごすと何となく1日は終わってしまう。だからといって、仰々しいことを起こすのはちょっと大変。だから少し意識して、自分の気持ちを、身体を、生活を意識してみる、というのがテーマです。
祭りといってもたいしたことをするわけではなく、宣言するだけでOKの、ゆる~いい企画なのですが、この企画がきっかけで交流が始まった方も多いのです。
今年も9月に開催したいなと思っています。

c0039735_13553578.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
YUKAさん:これはもう、断然旅行。長期休暇を取って海外に行きたいですね!
ひと月以上あるならヨーロッパかな。気持ち的にはホテル住まいではなくて、部屋を借りたいのですけど。ひとり旅でOKなのですが、海外だと周りが全力で止めるので、誰かと行くことになるのかなぁと思います。ま、一応女性なのでいろいろ危ないってことですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
YUKAさん:こんにちは、YUKAと申します。
ブログでは、仕事に持っていく日々のお弁当録と、週末にイエシゴトと称して、趣味をかねた手作り保存食や常備菜、簡単なパン作りやお菓子作り、時々外食やお出かけの情報など、食を中心とした生活を楽しんでつづっています。仕事好きのハードワーカーではありますが、自分と生活に少し手をかけて、ちょっとうれしい、なんとなく楽しい、そんなふうに感じることができる生活が目標です。
エキサイトブログで、自分の記録用に立ち上げた『YUKA’sレシピ♪』も3年がたとうとしています。これからも自分のペースで楽しんで更新していきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

YUKA'sレシピさんのお気に入り&好きなブログ】

** mana's Kitchen **
私がエキサイトブログを始める前から遊びに行かせていただいていた料理&お弁当ブログ。エキサイトでブログを開設しようと決めたブログでもあるのです!
日々の料理やお弁当に工夫と愛情がいっぱいで、コメントから伝わってくる、やさしいお人柄も魅力的な敬愛するブロガ―さま。何度真似をして作ったかわかりません。

nanako*sweets-café♪
私が勝手にお菓子作りの師匠と思っているブロガ―様が運営するスイーツブログ。真似なんてできないけどなぜか作りたくなる、かわいくておいしそうなスイーツと、ヒントがいっぱいのギフトラッピング。うっとりするほどおいしそうでかわいいお菓子たちは、見ているだけで幸せな気持ちになります。

chikuwa日和
私が勝手にパン作りの師匠と思っているブロガ―さまが運営するパン&ハンドメイドブログ。パンもケーキも愛情いっぱいでおいしそうで、写真におさめる小物使いやスタイリングもすてき。
私が「パンを焼こう!」と作り始めたきっかけにもなりました。かわいいハンドメイドの雑貨たちも使いやすそうで、「こんなふうに作れたら楽しいだろうな」と、いつも眺めてしまいます。

*Soloist Table*
軽快なコメントとおいしいレシピが充実の料理ブログ。スタイリッシュなテーブルセッティングも、和洋どちらもこなす器使いもおしゃれな上に、料理は何を作られても美しくておいしそうな憧れのブロガ―さま。お酒が強くない私でもちょっと飲みたくなってしまうおつまみたちは、おもてなしにも出せるものが満載です。

☆Happy time☆
かわいくておいしそうなお弁当ブログ。家族のために作られているお弁当は、華があっておいしそうなものばかり。お弁当のおかずもおいしそうで、盛り付け方もすごく参考になります!
こんなお弁当を学生時代に持っていきたかった(笑)。お弁当以外にも、パンやお菓子やお夕食もすごくおいしそうで美しいのです。

YUKAさんの「YUKA'sレシピ♪」を読んでみましょう。

★YUKAさんのお弁当本『YUKA'sレシピ 作りおきで時短弁当』のご紹介は、後ほど編集部ブログでアップしますので、そちらも併せてご覧ください。また、YUKAさんにもご協力いただいた『お花見&春の行楽弁当』特集も3/12からスタートしますので、どうぞお楽しみに!
[PR]
by blog_editor | 2015-03-09 15:05