今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:グルメ系 ( 100 ) タグの人気記事

c0039735_15462176.jpgメロンやグレープフルーツ、イチゴ、ブルーベリー…など、みずみずしい旬のフルーツをたっぷり使ったスイーツが、とっても美味しそう。トッピングの仕方もセンスがよく、見た目にもとってもキュートです! 口に入れた瞬間、ジューシーな甘さが広がって、思わず幸せな気分に包まれそうです。
お子さんのために作ったお誕生日ケーキもかわしいし、お友だちのために作ったウェディングケーキなどは一生の思い出に残るすてきなスイーツで、見ているだけでうっとり…。
「usaさんが作るスイーツにはいつも憧れています!」と読者にも人気です。

本格的にお菓子作りを学んだ経験を生かし、「いつかは自分のカフェを持ちたい」という夢に向けて日々スイーツ作りを楽しみながら、今はスイーツを通して、被災地支援チャリティなどもされています。
今週はそんなスイーツ作りの達人、「usa cafe」のusaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
usaさん:こちらこそいつもありがとうございます。
以前『キッチン』のブロガー特集でご紹介いただいたのですが、そのときのインタビューが「真面目すぎて笑える!」というコメントをいくつかいただいたので、こちらでは“usa節”が出せるようにがんばります(笑)。
昔はホームページをHTMLでちまちま作り、それで苦労して記事や写真などをupしたりしていましたが、ブログが普及してきだし、ブログの簡単便利さに惹かれて移行しました。それ以来、本家のHPは放り出したままブログ生活をすっかり楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
usaさん:自分が作りたいと思ったケーキやお菓子を作り、その写真と感想、ツブヤキを載せた完全自己満足ブログです。
自己満足といいながらも見てくれた人にいい印象を与えたいがために、ケーキの写真はできるだけ美味しそうに見えるように撮り、さしさわりのない文章はつまらないので、適当に乗り突っ込みが入った文章を書いている感じです。
よく“usa節”と言われますが、私自身がどれが“usa節”なんかがわかっていません(笑)。

c0039735_1819454.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
usaさん:ブログで出合った友人や同じ趣味の方々ですね。
自分の周りにあまりお菓子が好きな友人がいないので、作っても詳しい話とかはできなかったのですが、ブログでケーキの記事を載せたりすると、そのことに対していろいろとコメントいただいたり話をしたり、また普通に過ごしていたら絶対に知り合えないほど遠くに住んでらっしゃる方とも知り合えてたり、距離を感じさせずにいろいろお話ができたり…。とても楽しい時間を過ごせるものだと思います。そして、またその方達のブログからいろいろ教えていただいたり刺激を受けたり。
自分自身のケーキ作りにもプラスになっていることがとてもたくさんあって、素敵なものだなぁと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
usaさん:ポジティブシンキン。面倒くさがり。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
usaさん:いろいろな人に会って、「このケーキの作り方は?」「この生地の捏ねかたはこれでいいの?」「ナッペの仕方はこれであってる?」「このケーキをこの粉で焼くとどうなると思う?」「この素材の組み合わせはどう?」…などなど、聞いたり教えてもらったり話したり実際実験して作ってみたり。そんなお菓子なオタクな話で盛り上がりたいです!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
usaさん:『JIN-仁』。もう終わっちゃいますけど。
大沢たかおさんが大好きですし、このお話もとてもよかったので終わるのがとても寂しいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
usaさん:自分のカフェを持つこと。
今までも何十年もこうやって言っているので、これからも意地でも何歳になっても夢は”カフェを持つこと”と言い続けます!(笑)

エキサイトブログ編集部:旬のフルーツをたっぷり使ったみずみずしい手作りスイーツがとっても美味しそうですが、スイーツを作るようになったきっかけや楽しみ、自分らしいスイーツ作りのコツは?また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
usaさん:もともと小さいころからお菓子作りが大好きで、製菓専門学校でお菓子作りを学び、cafeの厨房などの経験を経て、いまは自宅で夢の実現に向けて、お菓子作りを楽しんでいます。
旬のフルーツを見ると、「この果物でどんなケーキを作ろうかな~?」とまず考えてしまいます。
フルーツをたっぷり使ったみずみずしいケーキは、私自身、見るのも作るのも食べるのも大好きなのです!
作りたいケーキを想像したら常に頭の中はそのケーキことでいっぱいです(笑)。
「このフルーツにはババロアが合うかな?それともチーズのムース?」「土台はシャルロット?それともタルト?スポンジ?」…なんて考えている時が一番幸せかも知れません。そして、散々妄想して実際作ったケーキがイメージに近ければかなり幸せを感じます。
旬のフルーツを使うとそれだけでケーキも美味しくなりますし、その果物に合わせた材料で作ってで
き上がったケーキを誰かに食べてもらって「美味しい!」と笑顔を出してもらったら、私もすごくうれしく幸せになって、とびきりの笑顔になりますね。

c0039735_18233286.jpgそして、その笑顔を今の不安な日々にこそ、少しでも広げたく思って、小さな力ではありますがそのケーキの写真のポストカードを販売してチャリティー活動をしています。オマケでお菓子をつけたりもしていますが、みずみずしいケーキの写真を見て、また甘いお菓子を食べて「ひとりでも多くの人に笑顔になってもらいたい」、そしてそこから生まれた「小さな力が大きな力へとなるように」、「被災地の方の笑顔へつながるように」…との思いで今はお菓子を作ったりしています。
甘いケーキやお菓子は人を笑顔にする力があると思っています。節電などでなかなか思うように作ることができない日々になりますが、工夫して笑顔になれる時を作り出していきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
usaさん:息子とひとり用のソファーでムギューっとくっついて一緒にテレビを見ている時が一番癒されます。
普段働いていてなかなか遊ぶ時間などがないので息子とのスキンシップは無意識のうちにとっています。
息子のため、というよりも自分のためでしょうか(笑)。
たまにスキンシップしすぎで嫌がられますけど。ぽにゃぽにゃした息子の手やほっぺを触っているときが本当に一番癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
usaさん:*charity bazaar "smile for...." (2011.4.10)
今回の震災のことで何か自分にできることはないかとずーっと考えていて、友人に相談しながら試行錯誤し、不安になりながらも勇気を出して始めたチャリティー活動の第一歩の記事です。

苺のパリブレスト (2011.2.19)
旬の苺を堪能したくて作ったパリブレスト。
シューのできはイマイチだったけれど、苺を飾るだけでかわいく見えるのがお気に入りでした。

もう一つの誕生日ケーキ。(2010.12.6)
息子の4歳の誕生日ケーキ。といってもこれは二台目で誕生日がだいぶ過ぎた頃に作ったのですが。
息子が大好きなはしご車のケーキを作りたくて用意していたので、誕生日が過ぎた時間のあるときに作りました。
とーっても喜んでいたので作ってよかった! 私も作った達成感がありました。

Happy Wedding(2010.6.16)
友人の結婚式の記事。そしてその結婚披露宴のウェディングケーキを私の作ったケーキで。
ウェディングケーキという名のものはこれで4回目ですが、一番大きな会場で一番大きなケーキでした。
イメージどおりに作れて、そして友人にも喜んでもらって私にも一生の思い出になりました。

c0039735_18242627.jpg


アンパンマンパン(2010.4.27)
「パン作りなんてやらない!」って思っていた私が、「アンパンマンパンを作れるほどになった!」って自分で感動した記事(笑)。
作っていても楽しかったし、息子も喜んでくれていたのですごくうれしかった。

3歳の誕生日ケーキ(2009.11.25)
これも息子の誕生日ケーキのことですが、ミニクーパーのケーキを作り、それをミニクーパーだとわかってくれた息子がいとおしかったです(笑)。かなり苦労したのでコメントをたくさんいただき、すごくうれしかったです。

桃と紅茶のデザート(2009.9.30)
桃と紅茶の組み合わせのデザートが大好きで、見てくださる方達も気になる!と言ってもらってる組み合わせです。
そしてこの生地で『キッチン』の特集の報告もさせていただいたので、とても思いいれのある記事になりました。

c0039735_18251873.jpgエキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
usaさん:ほしいものは、サンヨーのGOPAN!
家にホームベーカリーがないというのもありますが、やはりお米からパンが作れる!というのがステキすぎです。
小麦アレルギーだった息子のこともあるので、GOPANで米パンをパン好きの息子の朝食に~、と夢見ています。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
usaさん:やはり原発問題でしょうか。
今の非常事態が早く終息して欲しいと心から思いますし、これからはなるべく自然エネルギーに移行してやっていけたら…と切に思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
usaさん:いつもいつも私の自己満足ブログに遊びに来てくださって本当にありがとうございます。
気の効いたひと言も言えず、たまに突っ込みを入れたりするやさしくない私ですが(笑)、これに懲りずこれからも遊びに来てくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【usaさんのお気に入り&好きなブログ】
●「*cafe de moca* Plus
インテリア、写真、すべてにおいて、ハイクオリティーでセンス抜群のはるるさんのブログは見ていて本当に癒される空間です。ただただ素敵。

●「Bon appetit!
毎日毎日美味しそうなお菓子やパンを作っているkaikoさんのブログ。
お菓子作りが好きだというのはこの人のことをいうのだ!と感じまくります。
写真も素敵だし、ご家族の愛情も伝わってくる素敵なブログです。

●「いつもパン日和
写真が素敵な麦子さんのブログ。
食べ物の写真の美味しそうなこと!そして食べ物の写真と同じくらい魅力的な風景写真や人物写真。
自然で飾らない素直な写真をみると心が洗われそうです。
文章も潔さと透明感が感じられて伺うと気持ちよくなれる、そんな場所です。

●「ちくちくステッチ
言わずと知れた、いろいろ活躍されているsatomiさんのブログ。
長い文章で有名ですが(笑)、家族への愛情が感じられる言葉とていねいな生活ぶり、そしてブログの印象とはうらはらの大阪弁のつぶやき。
癒されるブログ、という空間の中にその大阪弁がいい感じのスパイスとなって見て読んで引き込まれるブログです。

●「The Lynne's Mealtimes
爆焼き道まっしぐらで、私と同じ日に生まれた双子のようで双子でないLynneちゃんのブログ。
毎日毎日何かしら作ったり食べたりしている彼女は尊敬を通り越して、ただただすごいです。
お菓子やパンはもちろんのこと、ラーメンスープやそば、ケチャップやデミグラスソースまで何でも作るスーパー主婦。
さらに書く文章はお笑い系、はまるが最後、抜け出せない面白さです。




【usaさんのライフログ】

ショーシャンクの空に [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


無実の罪で投獄された主人公が、酷い環境の刑務所の中で希望を持ち続け生き続け、最後には…という作品。これを見た最後の爽快感がたまりません!
どんな状況にあっても嘆き悲しまずに前を向いていくという主人公の姿に、静かな感動と共感をおぼえます。

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


高校の映画鑑賞で見たんですが、面白くて大笑いしていました。
インディージョーンズシリーズが好きだったのもありますが、ショーンコネリーとハリソンフォードの掛け合いが最高です。
4作目も見ましたがこの3作目が一番好きです。

GOEMON [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


忍者が戦国時代を生き抜き戦う姿を描いている映画で、独特の世界観と雰囲気がある作品。CGのチープさとストーリーはおいといて…(笑)、なんと言っても大沢たかおさんがカッコ良い!!カラーコンタクトをしてアクションしている大沢さんはなかなか見られません。萌えます(笑)。

usaさんの「usa cafe」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-06-18 00:02

c0039735_9202685.jpgみんなが笑顔になる家族だんらんの料理から、ほんの5分で作れる簡単なおつまみや、カフェスタイルのおしゃれなランチプレート&デザートまで。心をこめて作る料理はどれも美味しそうです。

今回の震災後は、これまでの料理経験を生かして、炊き出しのボランティアをスタート。被災地支援に力を注いでいらっしゃいます。避難所暮らしをされる被災者の方々が「少しでも笑顔になれるようにお手伝いを…」との思いではじめた炊き出しですが、いまでは、被災者の方々とのかけがえのない人間関係がたくさん生まれ、毎日の生きがいにもなっていらっしゃいます。

今週は、美味しい料理があしたの健康やみんなの幸せにつながるように…、という思いをこめて大切な日々をつづる、「あしたの料理~Le la cuisine de demain~」のSakura dolceさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Sakura dolceさん:こちらこそありがとうございます。
私は以前、銀座のクラブで フルーツの盛り合わせやフードを作る仕事をしていました。その仕事の中でも特に重要だったのが 一日2食の賄いを通して社員の健康管理をすることでした。毎日十数名分の男性の食事を作るのは大変でしたが、とても楽しく充実していました。

家族と暮らすため、退職して実家へ戻ったのをきっかけに、それまでの自分の経験を生かし、
毎日の献立作りに悩む奥様や、栄養が偏りがちな一人暮らしの方にも活用していただけるような簡単で美味しく、上手に手を抜いた料理レシピを使っていただけたらな。と思い、料理ブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Sakura dolceさん:毎日の食事があしたからの幸せと健康につながるように。そんな想いをこめて ”あしたの料理” というタイトルをつけました。
私のブログは 簡単に美味しく作れる料理のレシピを記録したものです。
煮込み料理やお菓子など、時間をかけて丁寧に作る料理も好きですが、一番気に入っているのはタグの一番上にある”5min' cokking”です。
あと一品足りないとき、急なお客様が来たとき、ちょっとおつまみが欲しいときに、私も活用しています。

c0039735_925669.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
Sakura dolceさん:ブログをはじめてから、日本全国のたくさんの方とつながりを持つことができました。
今回の震災後にボランティアをはじめたのですが、本当に必要な物資が届かず困っていたときにたくさんの方が協力してくださいました。
私のブログはそれまで淡々とレシピだけを載せただけのつまらないものだったと思いますが、
それでもたくさんの方が私を信用して助けてくださって、本当に感謝しています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Sakura dolceさん:人見知りで、引っ込み思案でマイペースですが、一度腹を決めたら驚きの力を発揮できるようです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Sakura dolceさん:コメントをくださるみなさんにお会いできたらうれしいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Sakura dolceさん:今まであまり気に留めなかった地元の公園やきれいな場所を家族や友人と散歩することです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Sakura dolceさん:もう少し年を重ねたら、いつか小さなカフェのようなお店をもてたらいいなと思っています。
小さくてあたたかなお店に私の大切な人が集まってくれるところを想像するととても幸せな気持ちになります。

c0039735_9243210.jpg


エキサイトブログ編集部:現在はボランティアの日々をつづっていますが、ボランティアをはじめられたきっかけやボランティアを通して思うこと、改めて料理を作る楽しみは?
Sakura dolceさん:震災後しばらくはただただ怖くて、余震に耐えるだけの日々を過ごしておりました。
そのうちに、「このままではいけない」「私ができることを…」という、いてもたってもいられない気持ちになり、避難所へ直接電話し 翌日からお手伝いできることになりました。こちらの避難所のボランティア体制は、私が想像していたものとは大きく違っていて、個人個人ができることを見つけて動くといった感じでした。
初めて目の当たりにした光景に驚き、そのなんともいえない空気感を少し怖いとも感じましたが、徐々に避難されている皆さんにも受け入れてもらえるようになりました。

その後、ブログを通して協力をお願いしたところ、たくさんの方々が調味料や乾物など、足りない食材を送ってくださったので、私たちでも炊き出しをはじめられることになりました。
避難所には調理できる設備がないので、避難スペース中央のストーブを使って料理していますが、子どもたちや奥さまやおじ様もお兄さんも、たくさんの方が手伝ってくれるようになり、調理ストーブの周りにはたくさんの人が集まってくれるようになりました。
私たちが作る料理を食べて、みんなが笑顔になってくれて…。料理をしてきてこんなにうれしいことはありませんでした。
仮設住宅へ越した方とも交流を続けさせていただいております。

このたびの大震災で、想像を絶する苦しみを強いられている方が大勢いますし、まだまだ何年も何十年も終わらない、決して忘れてはいけない出来事ですが、その中で見つけた"人の強さと優しさ、あたたかさ"は私にとって、これから生きていくうえでの大きな財産、糧になりました。

c0039735_94643100.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Sakura dolceさん:急に忙しくなった生活の中で、家族とペットと過ごす時間の大切さとありがたさを改めて実感しています。
雲や星をのんびり眺めたり、庭に咲きはじめた花を見つけたり、あたたかな風を感じたり…。そんな普通の毎日を大切に思えるようになりました。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Sakura dolceさん:■ボランティア関連の記事
仮設住宅入居開始
震災で出会えたかけがえのない人避難所で嬉しいニュースがありました
愛すべき大切な人たちに出会いました。私の宝物のような記事です。

福島の私に出来る災害対策と猫の安全、断水時の生活について。
ぜひ皆さんに読んで、知っていただきたい記事です。
対策の仕方を知っていれば、被害を50%に抑えることができるそうです。

■ 料理レシピ
c0039735_9234828.jpg

にんにく醬煮豚
フライパンで失敗ナシの 簡単茶碗蒸しを作ろう
超簡単 しっとりパウンドケーキ
トマトシチュー
野菜たっぷりのミネストローネ
野菜をたくさん使った料理が好きです。
どれも一見難しそうですが、実はとても簡単で片付けもらくちんなので気に入っているレシピです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
Sakura dolceさん:今一番欲しいものは、2~3時間睡眠でもパワフルに働けるカラダです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Sakura dolceさん:明るい話題でなくて申し訳ないのですが、やっぱり原発と政治の行く末が気になります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Sakura dolceさん:いつもほんとうにありがとうございます。
皆さんの優しさとあたたかいコメントにいつも救われています。
どうも堅苦しくなってしまって なかなか面白い記事を書けませんが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

c0039735_95586.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【Sakura dolceさんのお気に入り&好きなブログ】

●『Terrace Mansion Story 』  
Terraceさんの明るくぶっちゃけた性格と シンプルで素敵なインテリアが大好きです。

●『ふつうの猫です
猫のアイちゃんがかわいくてかわいくて、youuuchanさんのさっぱりした生き方・ものの考え方とオシャレなインテリアがとても好きです。

●『ヤマノフモトニッキ
温かみのあるかわいいお家にほれぼれしています。小物のセレクトもシンプルで好きです。

●『Be strong and happy!
その名のとおり、見ているだけで幸せになれる写真がたくさんで、いつも癒され、元気をもらっています。




【Sakura dolceさんのライフログ】

ブラック・スワン (ナタリー・ポートマン 主演) [DVD]


先日ブラックスワンを見てきました。
映画なんて久しぶりでしたが、これは本当に劇場で見てよかったです。
もうとにかくスゴイのひと言。終わってしばらく動けなくなりました。

In Between Dreams

Jack Johnson / Brushfire

  
サーフミュージックの第一人者、ジャックジョンソンのアルバムです。
海辺の木陰で風に吹かれているような、涼しげで心地よい気分に浸ることができます。
あー、海行きたい! 

JEWEL

cargo / Aztribe/RAINBOW ENTERTAINMENT


大好きなCargo の2枚目のフルアルバムです。
透き通った声が本当にかわいくて、JEWELというその名のとおり、心までキラキラして元気になれる一枚です。

ぼくは勉強ができない (新潮文庫)

山田 詠美 / 新潮社


少しマセた、勉強できない人気者の高校生男子と彼を取り巻く魅力的な人々の話です。
人にはそれぞれいろいろな考えがあり、それを他人が安易に否定したり裁いたりしてはいけない。とてもシンプルだけど、つい忘れがちな大切なことを思い出させてくれる一冊です。
大人になっても偏らず、自分らしく生きていたいと思います。

Sakura dolceさんの「あしたの料理~Le la cuisine de demain~」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-06-04 23:21

c0039735_12164059.jpg 春の香りが漂うたけのこパスタに、グリーンアスパラのチーズ焼き、春野菜のハーブ蒸しなど、旬の野菜をたっぷり使った料理をはじめ、旬の魚料理に手作りデザートやパンまで。どれもオリジナル感いっぱいのメニュー&レシピがとっても美味しそう! 食器とのコーディネートもキュートで、ワンプレートに盛り付けたられたおうちごはんは、まるでカフェのようなおしゃれな雰囲気が漂っています。
野菜の美味しさが引き立つストウブ鍋を使った料理も好評で、震災後には節電レシピなどもご紹介。「はるひさんのお料理が毎回楽しみ!」という読者ファンに人気です。

今週は、ブログをきっかけにお料理教室を開いたり、お友だちとレシピ本を出版されたりと活躍されている、「はるひごはん。」のはるひさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
はるひさん:憧れのピックアップブロガーに選んでいただき、ありがとうございます!
2009年3月からはじめた「はるひごはん。」ですが、最初は普通のデジカメで、夕飯の写真を撮ったものでした。写真も今と比べるとひどいものなので、恥ずかしくて削除したいくらいですが…(笑)。
ちょうどその頃、雑誌のレシピ提供などのお仕事を始めていたので自分を見てもらう場を作ろうと思いました。記念日や季節の行事に頑張って作ったごはん。食べて終わり、ではなく形にして残しておきたい、と思ったのがきっかけです。
シンプルで写真をきれいに表現できるエキサイトブログを選んで、今でも本当に良かったなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
はるひさん:自宅で作る毎日のおうちごはんをはじめ、お料理教室『はるひごはんの会』でのメニューやその様子、お友だちが来た時のおもてなしや持ち寄りにぴったりのレシピを公開しています。
はるひごはんのお料理は、どこにでも手に入る食材で、調味料は基本的に塩コショウ・オリーブオイル。化学調味料や○○の素などを使わずに、旬の食材を楽しむ、シンプルでおしゃれなごはんを提案しています。
フランスのストウブ鍋が大好きで、そのレシピもいろいろ考えています。
はるひごはんを見て「ストウブ鍋を買った!」と言ってくれる方も多く、本当に素晴らしいお鍋なのでたくさんの方に知ってもらい、使っていただきたくて。
お料理教室でもストウブ鍋を使ったお料理を取り入れて実際に触ってもらっています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
はるひさん:おおげさかもしれないのですが、、新しい自分になれました。
今までの自分よりも「はるひごはんのはるひ」でいられることが、とっても幸せなんです。
昔の自分はネガティブで、何のために生きてるんだろう、って毎日思っていました。暗いですね(笑)。
「はるひちゃん」は明るく前向きで、辛いことがあっても、頑張って乗り越える、強い人なんです。
本当の私とは正反対の「はるひちゃん」に近づけるように私も頑張らなくては!と思ううちに、だいぶポジティブになってきました。
本当に、はるひごはんに感謝しているのです。

c0039735_1217032.jpgエキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
はるひさん:何気なく過ぎてしまう毎日を、ブログをつけることで毎日を大切にしよう、と思えるようになりました。
つけていない方はぜひ!おすすめします。
過去の写真を見るととっても恥ずかしいのですが…、過去記事を見ると、おもてなしの時に誰に何の料理を出したのかが分かるのでとっても便利です。

ブログをつけ、出版をして、仕事をいただき…。とんとん拍子でうまく行っているように見えると思うのですが、途中、つけている意味があるのかと悩んだこともありました。
「継続は力なり」「石の上にも三年」の精神で、やり続けようと前向きに考えることにしました。

今ではその努力が実を結び、お料理教室を始めたり、フードコーディネーターとしてレシピ開発に関わったり、お料理の仕事をいただけるようになり、本当にやってて良かったと思います。
来月はデパートのキッチンスタジオでお料理をさせていただけることになったんです!すごくあがり症なので緊張しますが、どうやら私は顔に出ないタイプみたいなので、なんとかごまかしつつ(笑)頑張ります! 今からとっても楽しみです。

今年に入ってから忙しくなかなか頻繁に更新することができないのですが、毎日頑張って更新し、お友達ブロガーさんのところへご訪問とコメントをしていたころは正直、大変でした。
今はブログともいい距離で向き合えて、いい関係です。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
はるひさん:根暗です(笑)。
基本的にひとり行動が好きです。野良猫みたいな性格。ゴロゴロ甘える時もあれば、ひとりでいたいときもある、気分屋です。
ふらふら~っとして、たまにおうちに帰ってくる。今は子どももいるので不可能ですが(笑)、おうちで漫画とか本を読んだり、ひとりで映画を観に行くのが好き。これから子どもたちも大きくなるので、ひとり時間が楽しみです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
はるひさん:ブログをはじめて、たくさんのブロガーさんとお会いすることができました。
お料理教室に、ずっと会いたかったchikapちゃんが来てくれてうれしかった!
関西方面の方とは会いたくても会えないのですが…。「地酒焼酎 岩井寿商店 Delicious Life!!」のオトヨメちゃん、絶対いつか会える気がします! そして、一番のファンでいてくれているwakameちゃん。彼女は、私のために「はるらー部」まで作ってくれました(笑)。はるらー部とは…、はるひごはんを愛する会のことです(笑)。数少ないはるらー部員の部長なのです!「九州、絶対行くからね~~!」

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
はるひさん:ハーブティーです!
メディカルハーブコーディネーターという資格を取り、料理教室ではハーブの教室も開催しています。1日に三回以上飲まないと気持ち悪いほど、ハマっています。
「メディカルハーブ」とは、植物療法という意味で、ハーブティーで自然治癒力を高めようというものです。体の不調をハーブティーで取り除いたり、薬に頼らずにハーブティーで体のバランスを取ってくれるので、「少しのどが痛いな」とか「寒気がする…」なんて時にその症状に適したハーブティーを飲むと良くなったりします。
一日の中で、ハーブティーを飲む時間を作るその時間でハーブティーの香りを楽しみ、リフレッシュ、リラックスできる。体だけではなく、心も癒してくれるハーブティーを、たくさんの人に知ってもらい、飲んでいただきたいと思っています。

c0039735_12172246.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
はるひさん:夫を専業主夫にしてあげることです(笑)。几帳面な旦那さんは家事・育児共に完璧なので私より向いていると思います。
本人も熱く希望していますので…、大黒柱になれるよう頑張っている最中です!

エキサイトブログ編集部:いつも美味しそうなお料理を楽しませていただいていますが、料理が好きになったきっかけや料理&レシピを作る楽しみ? また、自分らしいレシピ作り、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
はるひさん:母親が仕事をしていたため小さな頃からお手伝いも強制的にさせられました。
酢豚や大学芋を作っている母親の横で、せっせとノートにレシピを書いたり、自然と料理ができるようになっていました。おこづかいで買ったお菓子作りの本を見て、小学生のころからケーキを焼いたりクッキーを作ったり。城戸崎愛さんのボロボロになった本。今でもたまに見返しては懐かしんでいます。お菓子の道具も小学生のころから使っているものもあります。

高校生の頃は遊んでばっかりだったのですが(笑)、当時「オリーブ」という雑誌があって、その雑誌の記事に自宅でお料理教室をしている人の紹介がされていて…。私も「いつかこういうことがやりたい!」と思って、高校卒業後は調理学校へ進みました。その後、レストランやカフェに勤務し、その経験が私の料理の基礎になっています。
調理学校は辻グループ校のフランス料理専門の学校だったので、基本はフレンチですが、主婦としての目線を入れつつ、ちょびっと本格的に、という料理を心がけています。

お料理教室をはじめたきっかけは、場所を提供してくださっている料理コンサルの方と、古民家ショップの店主さんが、ちょうど同じタイミングで「お料理教室をやってみたら?」と声をかけてくださって。
今、恵比寿のマンションの一室と、神奈川愛川町の古民家ショップでやらせていただいているのですが、高校生の時の夢がいつの間にか叶っていました。
「はるひごはんの会」のホームページも作ってもらい、春から頑張っています。
毎月メニューを考え、試作を何度もし、文章に起こす作業がとっても大変なのですが、そこで出会った生徒さん同士が仲良くなってくれたり、「いつも元気をもらえる」「美味しかったよ~」と言ってくださる生徒さんたちに囲まれ、私は本当に周りの方に恵まれているな、と思います。

震災後はチャリティーイベントに来てくださった読者さまと一緒にお料理を作ったり、節電レシピを考えたりしました。また、震災後は読者の皆さんが少しでもリラックスできる時間を作ってもらえるようにハーブティーの紹介をするなど、「自分のできることは何だろう?」と考えました。お料理教室の売上の一部を募金に回すなど、少しずつでもできることをやろうと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
はるひさん:最近、5時に起きて散歩に行く、という生活を心がけています。さぼってしまう日もありますが…(笑)。
我が家は神奈川の山の中にあるので、少し散歩するとマイナスイオンをたっぷり浴びられる森のような公園や、見晴らしの良い階段があったり、朝日を浴びてパワーをもらっています。
家族が起きるまでの少しの時間、ボサノバを聞いて本を読んだり、野菜スープを作ったり。
一人の時間を大切にしています。

子どもがいる「母」でもありますが、うちは男の子2人なので彼らが大きくなったら一緒に出かけることもできなくなってしまうかもしれない。「子どもが離れていった時に何もない…」ということにならないように、今から自分磨きをしよう!と。
自分が小さな頃は鍵っ子で、大きくなって結婚したら絶対専業主婦になりたいと思っていたのに、どうやら私は外に出るほうが合っているみたいです。

仕事で都内へ出かけたり、子ども抜きでお友だちと会う時間がすごく大切です。そして、帰ると子どもたちがますます可愛く思えるのです。

c0039735_12175559.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
はるひさん:●2011.4.16「クープ成功クッペ☆」 
ハード系のパンのクープがいつもうまく開かなかったのですが…。オーブンを新しくしたらぱっくり開きました! 味はまだまだなのですが…。パンは日々、焼いて精進するしかないようです。

●2010.12.31「2011年おせち料理」 
頑張って作ったおせち料理。また来年も頑張ろう!という気持ちになれます。

●2011.4.27「ストウブミニココットでアスパラのチーズ焼き
ストウブの10センチのミニココット。
写真を撮るのが楽しくてしょうがない、とっても小さくてかわいいお鍋です。ストウブファンにはたまりません!
このお鍋は出版祝いに、バリ猫ゆっきーさんからいただいたものなのですが、本当にかわいく、かわいくて…。
色違いでもっともっと揃えたい!

●2010.6.20「牛肉と新鮮野菜のサラダ。絶対美味しい手作りドレッシングで!
地場野菜を美味しそうに撮れたんじゃないかな、とお気に入りの記事です。
ブログのヘッダーの写真にも使っています。

●2010-06-08「ちょびっと大人な焼きポテト。レーズン酵母カンパーニュも」 
シンプルなお料理。はるひごはんらしい一品です。スタイリングも気に入ってます。

<読者に評判だったポスト>
●2010.11.3「ストウブ鍋で、簡単メープル大学芋」 
たくさんの方に作ってもらったレシピ。ヘルシーな大学芋風。私も何度もリピートしています。
ストウブ料理に力を入れていて、ストウブ鍋を持っている方に「作ったよ~ 美味しかったよ~」と言ってもらえるのがとってもうれしいのです。
ストウブレシピ・塩豚と林檎・玉ねぎの蒸し焼き」も大好評でした。林檎と塩豚の相性がたまらないのです!

●2009.11.20「板チョコ1枚でビスコッティー、子供と一緒に作るコツ。
写真が汚くて恥ずかしいのですが…。工程も細かく撮ったので分かりやすくなっています。これもたくさんの方に作ってもらっています。
今は違う配合で作っているのですが、失敗なく簡単に作れるレシピです。

●2010.10.09「旬☆舞茸の米粉揚げ サクサクのコツ~」 
米粉も大好きで、よく使っています。天ぷらを作らなくても、米粉で簡単にさくさくの揚げ物ができます。

●2010-06-05「持ち寄りに!そら豆と黒胡椒のキッシュ。
ていねいに撮った工程写真が好評でした。同じバージョンで、トマトのタルトサレもあります。

●2010.07.19「鰻の一本寿司と夏のワンプレートおもてなしごはん
私が得意とする「おもてなしワンプレート」。夏らしい、野菜たっぷりのワンプレートが気に入っています。

c0039735_22301622.jpgエキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
はるひさん:長い休日があったらヨーロッパに行って食べ歩きツアーをしたいです。
フランス・イタリア・スペイン・ドイツ…いろいろな国の料理を食べて飲んで…。お酒も大好きなのでワインをたっぷり飲みながら!
夫と二人きりでもいいし、子どもたちと一緒でも、女同士の旅もいいですよね。妄想だけではなく現実にします!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
はるひさん:当然のことながら、震災・原発関連のニュースは気になります。

明るいニュースとしてはフィギュアスケート関連でしょうか。
昔からフィギュアが大好きで、特に好きな選手は真央ちゃん、美姫ちゃん、高橋くん。
私より若いのに大変な努力をして人に感動を与えるという事。すごく勇気と元気をもらいます。
これからもずっと応援しています!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
はるひさん:はるひごはんを見てくださって、本当にありがとうございます。
はるひごはんを見て、お料理の楽しさが伝わればうれしいです。
ずっとずっと進化し続けたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【はるひさんのお気に入り&好きなブログ】

お家カフェごっこ nico@cafe
かわいいお料理とお菓子が満載のブログです。
仲良しのお友だちブロガーさんで、私もファンの一人です♪最近は男の子が生まれ、その「たっくん」の成長ぶりも楽しみ!親戚のおばちゃんの気分です~。

ニコジカン
とっても可愛い写真とレシピが私の癒しです。
研究熱心で、配合を変えたりしっかりとレシピに起こしたり。こういうところ、見習いたい!と思います。

Lovely-Jubblyな日々
美しすぎる写真と美しすぎるスイーツのブログ。職人的なところに惚れます。
いつか、バースデーケーキを作ってくれるのを待っています!

La maison de vent 愛する器たち
美しい作品と神秘的な文章が印象的な女性陶芸作家、鈴木麻起子さんのブログです。
私がブログで見つけ、展覧会に足を運び器を購入。女性らしい器の大ファンになってしまい、そこから熱烈なラブコールを送ったのがきっかけで、仲良くさせていただいています。
同年代で頑張っている麻起子さんに刺激をもらい、お互い頑張ろうね、と励ましあっています。
お料理教室でも麻起子さんの器を使い、盛りつけています。実際に触ってみるとその軽さ、美しさからファンになる方が多く、そのまま展示会や販売代理店に足を運ぶ生徒さんもいらっしゃいます。
ぜひ一度手に取っていただきたい器です。

Hi! from Shiga
信楽焼のネットショップ「Mika's Selection」のmikaさんのブログ。 
大好きな信楽焼と、かわいい娘ちゃんと優しい旦那さまのブログは、mikaさんの素敵な人柄が表れているブログです。
ほっこりかわいらしい器を毎日使っていて、うらやましい~と指をくわえて見ています。
いつか、信楽を案内してもらいたいと勝手に思っています(笑)。




【はるひさんのライフログ】

人気レシピブロガ-4人のワンプレ-トごはん わたしカフェへようこそ (SAKURA・MOOK 38)

越石 直子 / 笠倉出版社


レシピブログで知り合った4人が出版の夢を叶えました。
自分たちで企画・レシピ・スタイリング・撮影まで行い、私たちの夢が詰まった作品です。

セックス・アンド・ザ・シティ シューボックスVer.2.0 コンプリート・シリーズ [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン


SATCのドラマシリーズ。遅ればせながら、少しずつDVDを借りて観ました。今ではもう4人のことが人ごとではない!と思うほど。
素敵に歳を重ねていく。女性のお手本のような4人が大好きです。

あなたの運はもっとよくなる!―私が実践している36の方法

浅見 帆帆子 / 三笠書房


とっても前向きになれる本です。読んだ日、次の日くらいまではとっても優しいママになるのですが、しばらくすると忘れてしまうのでまた読み返します(笑)。自分が好きになれる一冊。

「ブノワ」料理長・小島景のおうちフレンチ 野菜で、おいしい。

小島 景 / インフォレスト


私の師匠の本です。シンプルで素材の美味しさを味わう。
本格的で、写真も美しいレシピ本です。いつかこういう本を出すのが夢です。

はるひさんの「はるひごはん。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-05-13 12:18

c0039735_1314359.jpg美味しそうな料理&スイーツ写真がずらりと並んだ食べ歩き写真の数々。そして、青い海と青い空、石造りの家が並ぶ美しい南仏の風景をはじめ、リゾートホテルで過ごす素敵なバカンスの思い出…。
見ているだけで、こちらまで美味しいものを食べたり、癒しの旅を体験しているような幸せ気分に包まれます。
特にグルメと旅に関心の高い女性なら、「いつも食べたくなっちゃいます!」「優雅なバカンス写真を見ると私も行ってみたくなる」という読者が多いはず。

そんな写真をアルバムに残す感覚で、額縁風に編集してみたり、写真にふちを付けたり、ポラロイド風にしてみたり…。見た目にも楽しさを取り入れている点にも注目です。

今週は、ロンドンから美味しい話題をお届けする「◆Cinq*Etoiles◆」のcinq-etoilesさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
cinq-etoilesさん:まずは、ピックアップブロガーに選んでいただきとても光栄です。ご連絡をいただいた時は、まさか自分が…という気持ちが強かったので、正直、いたずらだ!と疑いました(笑)。いつも楽しく利用させてもらってます、ありがとうございます。
ブログスタートのきっかけは、夫の仕事関係でパリからロンドンに引っ越すことになったことですね。当時は2~3年の渡英予定だったので、せっかくだからロンドン生活を記録に残そう、忘れっぽい私にはちょうどいいし、いい記念になる!と思ってスタートしました。
ブログタイトル“cinq-etoiles”とはフランス語で“5つ星”という意味で、フランスでのレストランのランク付けの最高値は3つ星、ホテルは4つ星、じゃその上の5つ星で行こう!と、名前負けすることなど念頭にもなく付けてしまったブログ名です(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
cinq-etoilesさん:私のブログを見ていただくとわかりますが、80%グルメ記事です。美味しいものに溢れていたパリから、食が乏しいと言われるロンドンへ引っ越した当初は、私もフランス人の夫も、パリとのギャップには正直、相当ショックを受けましたね。一時は、パリへ帰ろうかと真剣に話し合ったくらいです。
その頃から食いしん坊気質が今まで以上に疼きだし、美味しいものを探すアンテナが自動フル回転、現在のブログに至っているという感じでしょうか(笑)。
グルメネタが多い私が言うのもなんですが、自分が美味しいと感じた料理が全員に美味しいと感じることは有り得ないし、人から聞いた美味しくないレストランが自分には美味しいと感じるかもしれない。チョイスした1皿がたまたま“失敗=まずいレストラン”と断定するのではなく、できる限り広い視野を持ち合わせていたいな~と思っています。
またグルメ情報だけでなく、現在住んでいるロンドン、以前住んでいたパリ、そして生まれ育った日本、これらの経験を生かして日常感じたことや各国ならではのエピソード、素敵なお店やスポット紹介、大好きな旅行で感じたことなど、ライフスタイルも含めて五感を刺激する日々をつづっています。

c0039735_131551.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
cinq-etoilesさん:ロンドンへ引越した当時は知り合いがまったくいなかったため、ブログを通じてたくさんの現地の方と知り合えたことには本当に感謝です!ブログは自分と同じ興味や感覚を持った人が集まる傾向にあるので、そのおかげで今では気の合う友だちもたくさんできて、引越し当時の大嫌いだったロンドン生活が今では嘘のよう…(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
cinq-etoilesさん:やはり一番は、みなさんと手軽にダイレクトにつながれるところですね。
あと、誰もがアクセス可能な公共の場にあるブログは、記事をUPする前に自分の考えを客観的に見る必要性があり、思考回路がクリアになるところがいいですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
cinq-etoilesさん:難しい質問ですが、そうですね~…、マイペースで楽天家かな。良い意味でも、悪い意味でも(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
cinq-etoilesさん:ブログ上にリンクしている方は、実際に会った方がほとんど。でもお互い違う国に住んでいるため、ブログ上で長くおつきあいしていても、未だに会えていない方や、ブログを持っていない方で何度かコメントをいただいて交流のある方など、同じ空気を感じる方ばかりなので、ぜひお会いしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
cinq-etoilesさん:一番好きなことは即答で…、やっぱり食べ歩き!気の合う人と美味しいものを共有しているときが一番幸せ。あとは、いろいろなところを旅行して、自分の目や肌で新しいことを感じることかな。

エキサイトブログ編集部:夢は?
cinq-etoilesさん:年に数回行っている南仏は、夫も私も行くたびに好きになり、将来的には南仏に住むのが夢。私の中では“夢=叶うもの”なので、絶対に住むつもりです!

c0039735_2336469.jpgエキサイトブログ編集部:おいしそうな食べ歩き写真をはじめ、素敵な旅の写真など盛りだくさんですが、お出かけする楽しみは? また、記事アップの際に、心がけていることなどは?
cinq-etoilesさん:レストランへ行くにも、旅行をするにも、同じ感覚を持った人と行かないとその価値は半減しますよね?まずは、気の合う人と出かけるのが第一条件です。もちろん一人という選択肢もあるのですが、私の場合は共有することによって楽しさが2倍以上になるので、そのほうが得かなと(笑)。なので、ただ単に美味しいものを食べるだけではなく、その共有している時間が好きなんです。
旅行に関しても同じで、幸い夫も旅行好きで、約3ヶ月に1度の頻度で出かけています。特に計画は立てず、現地に行ってその日の気分に任せて動くパターンなので、驚きがあったりして新鮮です。もちろん、レストランの下調べだけは準備万端ですよ(笑)。旅先では国民性をウォッチングするのが大好きで、陽気な国民性がある国はやっぱりまた行きたくなりますね。
旅先選びは、やはり美味しいものを求める習性があるので、フランスになる確立が高いです。その中でも特に南仏は大好きで、青い空、青い海、山、可愛い村、美味しいもの…私たちが望むものすべてが叶う、まさに楽園です。
また私にとっての旅行とは、まったく違った世界に自分をおくことで現実と切り離され、日常生活では味わえない現地の空気を肌で感じて、そしてまた現実に戻る。その現実に戻る時に、自分の生活を客観的に見ることができるのも旅行の楽しみのひとつなんです。何事にも共通することですが、いくら話や映像でリアルに知ったとしても、自分の目で見て経験することは、何よりも勝る!と。

ブログでは少しでも写真をマシに見せようと加工に頼って、だましだまし記事を書いていますが(笑)、私のブログが何らかの形でプラスに働きかけてくれることがあれば、それはとてもうれしいことです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
cinq-etoilesさん:快晴の日が少ないイギリスでは、“晴れている時は、できる限り外で過ごそう!”と心がけています。太陽って本当に貴重なんだな~と、この国に住んで思い知らされました。あと、1年を通して大切にしている時間は “旅”の時間。この時間を定期的に持つことで日常生活にメリハリがつき、リセットされるため、自分の中ではとっても重要。
癒される瞬間は、美味しい料理とワインの相性がピタッときた瞬間。新しく買ったインテリアグッズが自分の描いていた場所にしっくりきた瞬間。初夏のあのふわ~っと軽い空気の香りを感じた瞬間。あとは、愛犬クレアの無邪気さやトボケた行動には気持ちがほっこりしますね。

c0039735_21155368.jpg
エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
cinq-etoilesさん:・「南仏2日目 with オカン」2007年07月08日
・「パリSALE! with オカン」2007年07月11日
・「オカンのロンドン滞在日記」2007年07月13日
私の母がパリ&ロンドンに遊びに来たときの記事。 “大阪のオカン”全開で、オカンが登場した記事はアクセス数が急上昇でした(笑)。

・「南仏2009・・・Part.1」2009年09月14日
・「南仏2009・・・Part.2」2009年09月15日
・「南仏2009・・・Part.3」2009年09月16日
・「南仏2009・・・Part.4」2009年09月17日
南仏の大好きなホテルで過ごすバカンス。ここに来るたび、気持ちが落ち着いてとても幸せな気分になるお気に入りの場所。また、このホテルのレストランは今まで行った数々のレストランの中でも格別です。

・「Parisパティスリー巡りPart.1」2010年01月11日
・「Parisパティスリー巡りPart.2」2010年01月13日
・「Parisパティスリー巡りPart.3」2010年01月14日
お友だちとパリのスイーツを集中的に巡った旅。パリのスイーツのクオリティとお店の数には脱帽です。胃が何個あっても足りません…。

c0039735_21163194.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
cinq-etoilesさん:どれだけ食べても太らないカラダ(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
cinq-etoilesさん:2011年4月1日より、ANAの手荷物ルールが変更されるとのこと。機内預け許容範囲は一人につき、エコノミーが23kg×2個、ビジネスが32kg×2個、ファーストが32kg×3個。これはすごい!でも、もしかするとその分サーチャージにさら~っと上乗せされる可能性も考えられるけど…。
JALマイレージ所有者の私としては、今後のJALの動きに注目(願)。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
cinq-etoilesさん:凝り性で飽きっぽい性格なのにここまで続いているのは、みなさんの訪問やうれしいコメントがあってこそ!胃袋が元気な限り、これからもブログ発信しますので、どうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_23363777.jpg





【cinq-etoilesさんのお気に入り&好きなブログ】

●「from Munich
ミュンヘン在住、from Munichさんのブログ。簡潔に記事をUPしているため非常に読みやすく、自分にはないスタイリッシュな記事がおもしろい。

●「フランス存在日記
フランス在住、Cocoさんのブログ。一度、パリでお会いさせていただきましたが、とってもかわいい癒し系のCocoさん。ダンナさんのプロを超越したDIYの腕前は本当にお見事!お茶目なわんちゃん「ミカちゃん」もかわいいです。

●「L'AMBROISIE+++PLUS+++
日本在住、有名ブロガー、通称ランブロさんのブログ。一度、大阪でディナーをご一緒させていただいたことがあり、とてもコジャレたムッシューです(笑)。この方こそ、グルメブログの王道です。

●「GLOBE-TROTTER
日本在住、GLOBEさんのブログ。日本へ一時帰国する際は、必ずといっていいほど東京グルメ情報を参考にさせていただいており、情報量の多いブログです。

●「パリのふつうの生活
パリ在住、長谷川たかこさんのブログ。まさにフランス~…、そうそう!というニュースを軽快な文章と気の利いたひと言でバッサリ。すらすら読めて楽しいブログ。




【cinq-etoilesさんのライフログ】

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

パイオニアLDC


ユダヤ人、ナチスの強制収容所のストーリーに笑いを加えつつ、そのコミカルな映像と現実とのギャップがさらに深い時代背景を想像させるメッセージ性のある作品。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


オードリー・ヘップバーンの代表作。プリンセスとジャーナリストのラブ・ストーリー。ラブ・ストーリーにありがちなハッピーエンドで終わってしまうシナリオじゃないところが好き。

プライスレス~素敵な恋の見つけ方~ [DVD]

ビデオメーカー


玉の輿に乗ることだけを考えて生きている女性と、ダサ男のラブ・ストーリー。ダサ男も金持ちマダムを見つけてヒモになることに挑戦。お互いに玉の輿路線を上手に歩みだすが…、その後、二人が気づいたこと。女優オードレ・トトゥと男優ガ・デルマレの好演、シナリオの軽快さと南仏が舞台になっているところが好き。

La Parisienne [DVD] [Import]

Cest La Vie


ブリジット・バルドーが最高に輝いていたときの作品。強気でわがままであまのじゃくな女性を演じさせたら右に出る者なし。夫を嫉妬させるため浮気をしようと試みるが、口ほどに行動には移せないブリジット。しゃべり方やしぐさ、衣装がとってもキュートです!

cinq-etoilesさんの「◆Cinq*Etoiles◆」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-02-18 23:45

c0039735_13545332.jpgおしゃれな器に盛られた美味しそうな料理。新年らしい和のモダンなコーディネートをはじめ、まるで一流レストランのランチやディナーのようなすてきなテーブルコーディネートに思わずうっとり。季節感を取り入れた暮らしの中のみずみずしいお花にも、センスのよさを感じます。
ご自身で手がけたフラワーアレンジやパッチワークもおしゃれなインテリアに溶け込み、暮らしに潤いをあたえています。

そんな洗練された暮らしぶりが伝わるライフスタイルに、「こんな暮らしができたら幸せ~!」「見るたびにため息が出そう」「こんなおもてなしをされたら、優雅な気分になれそう!」と憧れる読者が大勢いらっしゃいます。
何気ない暮らしのスナップもすてきです。

今週は、モダンな暮らしぶりが多くの読者に人気の「Y's Diary」のyoko_mamaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
yoko_mamaさん:いろいろなブロガーさんのところを拝見するたびに、その方たちの暮らしに対する姿勢に共感を持ち、自分も毎日の暮らしをつづっていくことで刺激やパワーをもらいながら、一日一日素敵な時間を過ごしていこうと思ったからです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yoko_mamaさん:好きなもの…料理・器・花・パッチワークに囲まれた日々の暮らしを気ままにつづっています。
私の基本はシンプル。日々の暮らしも、そして好きなものたちも、シンプルが好きです。
最近はテーブルコーディネートの世界に足を踏み入れ、シンプルモダンを基調とした私のライフスタイルを楽しんでいます。
忙しい日常の中で、テーブルを囲む時間に安らぎを得たり、元気になることを意識しながら、さまざまな要素をバランスよく整えるように心がけています。

c0039735_17234774.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
yoko_mamaさん:リアルでは知り合えないような遠方の方やさまざまな年代の方たちと交流を持てたことです。
趣味が同じような方たちと交流を持ち、刺激やパワーをいただき、自分への活力となり楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
yoko_mamaさん:熱しやすく冷めやすい好奇心旺盛なおばさん。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
yoko_mamaさん:いつも私のブログを読んでくださる方々と直接お目にかかることができればうれしいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
yoko_mamaさん:テーブルコーディネート・器・カメラ…ハマることが多すぎ~(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yoko_mamaさん:自宅でテーブルコーディネート教室を開き、多くの人と触れ合う機会をもってみたいです。

エキサイトブログ編集部:料理を引き立てるテーブルコーディネートがとてもすてきですが、料理の楽しみや食をトータルで考える楽しみは? また、食だけでなく、日々の暮らしをモダンに楽しんでらっしゃるのが伝わりますが、ライフスタイルでのこだわりや記事アップの際に、心がけていることなどは?
yoko_mamaさん:料理を作るのは大好きです。とくに手抜き料理は得意です(笑)。家族の料理はもちろん、最近では友だちを招いておうちランチなども楽しんでいます。
和洋折衷何でも作りますよ。
そしてでき上がった料理が、いかにも居心地良さそうにしてくれる器を選び、その器に料理を盛り付けすることも大好きです。器は料理を持ってこそ器の魅力が引き出されます。
テーブルコーディネートも同じで、食器に盛られた料理があってこそテーブルが生きてくるのです。

c0039735_17243283.jpgそんなテーブルコーディネートが私の今一番の楽しみです。
テーマやストーリ性を考え、組み合わせる器やクロス・ナプキン、ちょっとしたフィギュアを加えることにより、その器が主役になったり脇役になったりといろいろな表情を発見できるテーブルコーディネートが好きです。
インテリアの一部として調和のとれた小空間と考え、シンプルモダンを基調とし、華美にならず美しいコーディネートを心がけています。
日常の暮らしの中で食空間における「もの」と「人」と「こと」のつながりを大切に考え、また作り手と使い手の人と人をつなぐ架け橋となり、生活文化を読者の方に伝えていくことができればうれしく思います。
その記録としてテーブルフォトの写真を撮影し、絞りや露出をなどを変え、さまざまな表現ができるカメラライフも楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:ご自身でフラワーアレンジメントやパッチワークなどを楽しまれていますが、花のある暮らしの魅力やハンドメイドの楽しみは?
yoko_mamaさん:花のある暮らし、暮らしの中の花。花に癒され花からパワーをもらえる、だから花のある暮らしが好きです。
キッチンに飾った1輪の花でお料理するのが楽しくなったり、食卓に花があれば食事の時間がぐんと明るくなったり…。そんな不思議な力をもっている花が大好き。
立派な花瓶を使わなくても、暮らしの花は食器や空き瓶にさりげなく飾るのがおしゃれ。
花屋さんで買ってくる切花はもちろんですが、家のまわりの空き地や道端に元気よく咲いている野の花だって十分活躍しますよ。切り花の華やかさとはまた違う、素朴な美しさが楽しめます。
季節を感じるフラワーアレンジでライフスタイルを楽しんでいます。

パッチワークははじめて20年、何気なく立ち寄ったキルトの展覧会。そこで見たキルトのすばらしさに感動し、自己流の限界を感じて教室に入ってからキルトの魅力に引き込まれていきました。
以来、布の持つ優しさ、温もりに魅せられて針を動かしています。
最近は仕事もしているうえ、針をもつ時間がとれないこともありますが、キルトの1枚1枚に思い出があり、私自身のアルバムのようでもあります。
小さな布たちが、だんだん大きくなり、まわりの色で引き立ち、キルトで飾られて、次々に展開する過程が楽しいパッチワーク。
そのときそのときの気持ちを思いきり込めて作るから、キルトは私にとって歴史、そして人生の宝物です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yoko_mamaさん:愛する家族のために料理を作ること、そして愛犬ミルと一緒にくつろぐ時間です。

c0039735_1724836.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だった記事は?
yoko_mamaさん:★自分が気に入っている記事。
●2010/09/07 「プチ祝いの晩餐
息子の就職内定がでて不安だった私の気持ちも晴れ晴れし、息子の好きな料理をいつもより愛を込めて作りました。
 
●2010/10/29 「リストランテyoko 本日開店
お友だちを招いてのおもてなしランチのテーブルです。
普段のテーブルよりもおしゃれに演出し、手抜き料理もおめかししました。

●2009/10/26 「息子と晩飯おかん
好きな和の器に洋食をアレンジしたテーブル風景です。
エキサイトトップの「おとなりの食卓」に以前掲載していただいた記事です。

★読者に評判だった記事。
●2011/01/06 「ミル姫、今年もヨロシク
愛犬ミルの病気の不安が吹き飛び、ますます愛おしくなったミルちゃん。
ペット保険に加入するかどうか、同じ悩みを持つ方が多く役立つ情報もいろいろ教えていただきました。

●2010/12/24 「和モダンクリスマス
昨年のクリスマステーブルは和の器を使ってのコーディネートをしてみました。
クリスマステーブルを楽しみにしてくださった皆さまに喜んでいただいたテーブル風景です。

c0039735_13565464.jpgエキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
yoko_mamaさん:愛犬ミルとの温泉旅行です。
上膳据膳でミルとごろごろ、のんびりしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
yoko_mamaさん:やはり就活の話です。
なんとか内定が決まった息子ですが、周りの学生たちはまだ就活を続行していたりもして就職氷河期の厳しさを痛感しました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
yoko_mamaさん:いつも訪問してくださるみなさま、本当にありがとうございます。みなさまの温かなメッセージに支えられえて今があります。
感謝のキモチでいっぱいです。
これからも日々の中で、私スタイルを発信できたらいいなと思っています。
今後ともよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【yoko_mamaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「Precious*恋するカメラ
愛犬が同じヨーキーつながりでいつも癒されています。
写真もきれいで素敵!
いつか私も「Machiさんのような写真が撮りたい!」と願ってるのですが、現実はまったくもって無理です。
  
●「Azumi's Diary 」 
器の師匠です。
あずみさんのブログにお邪魔するようになってから器の素晴らしさに目覚めていきました。
器を選ぶ目、料理のセンスに魅了されています。

●「リズムのある暮らし」 
上級テーブルコーディネートを演出するリズムさん。
空間のイメージを立体的に作り上げるテーブルコーディネートの素晴らしさに、いつも学ばせていただいています。

●「気ままな日々」    
文才あふれる記事内容にぐいぐい引き込まれる気まんばワールドにはまっています。
ご主人との会話を面白おかしく記事にしてくださり、最後にはオチが待っている!
いつ覗いても必ず大笑いさせてくれる文面には脱帽です。

●「Sweet Davy
愛犬親ばか同盟を結成し、Dママさん会長、私副会長として遊んでいます。
親ばかぶりはいつ拝見しても心温まるものがあります。
白を貴重とした清楚なテーブルコーディネートにも憧れます。




【yoko_mamaさんのライフログ】

Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2【DVD特典なし・初回盤】

宇多田ヒカル / EMIミュージック・ジャパン


デビューしたときに今まで聴いたことがないような邦楽にビックリ!
まだ少女だったのでますますビックリ!
ばらく活動休止ですが、また新たな宇多田ヒカルをいつか見てみたいと思います。

yoko_mamaさんの「Y's Diary」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-01-13 21:44

c0039735_16581548.jpgオマールエビやトリュフ、フォアグラなどの贅沢素材をつかった料理を目の前に高級ワインで乾杯…。そんな優雅なディナーやランチが味わえるフレンチやイタリアンをはじめ、スペイン料理やエスニック料理、本格中華料理に和食の懐石料理まで。一度は行ってみたいと憧れる有名レストランの美味しそうな料理&ワイン、デザートの数々とともに、臨場感あふれるコメントに、見ているこちらまでおなかがぐーっとなってしまいそうです。

「今度はどこへ食べに行ったのかな?」と次の更新が楽しみなほど食べ歩く様子には思わず脱帽。「いつも美味しそう!」「素敵なディナーに感動しています」と読者の評判も高いようです。旅先で出会った美味しい料理や美酒、思い出の景色もいっぱい。

今週はそんな食べ歩きの楽しみと美味しい幸せをつづる「おいしい~Photo Diary」のcherry2005さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
cherry2005さん:こちらこそ、お世話になっております。実は、夫の転勤で大阪に住んでいた時、大阪の美味しい情報を知りたくって、他の方のブログを見だしたのがきっかけです。
夫婦で食べ歩きが趣味だったので、見ているうちに自分でもやりたくなり、おいしい思い出を残していく楽しみが、ここまで続ける原動力となりました。最初のブログタイトルは、「おいしい~関西Life」でしたが、大阪から東京に戻った時から現在のブログ名にしています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
cherry2005さん:基本的には美味しいものが中心なのですが、最近は特にテーマを決めているわけではなく、大好きな旅やワイン、写真をメインとしたライフスタイルの写真日記です。
食事を通して、季節感や文化、歴史、お酒との相性など、作り手側の思いなども伝えられたらいいなと思っています。

c0039735_9182478.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
cherry2005さん:普通に暮らしていたらすれ違うこともない方々と、地域や年齢、住んでいる国を超えて気軽に共通の話題でコミュニケーションがとれることが、最大の魅力です。
おかげで、新しい価値観やプラスアルファの情報を得たり、良い意味でたくさんの刺激をいただきました。日々の暮らしに彩りを添えていただき、私自身の世界が広がりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
cherry2005さん:ひとことで言うのは難しいですね。好奇心やこだわりはいっぱいあるのですが、行動力が伴わないタイプ。 慎重で優柔不断なのかも(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
cherry2005さん:訪問してくださるブロガーさん、みなさんにお会いしてみたいです。
でも、ブログを通して「どんな方かな?」「こんな人かな?」と想像しているのも楽しいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
cherry2005さん:やっぱり、美味しい料理とワインを飲んでいる時です。
最近は、我が家にワイン好きの友人たちが集まり、テーブルを囲んでのお家ワインも楽しいですネ。
ワインに合わせて、遊びに来る人の顔を思い浮かべながら、いろいろとメニューを考えるのも、大変だけど楽しい時間です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
cherry2005さん:もっと、もっと世界を旅したいです。世界の異なる文化に触れ、美味しいものを食し、いろいろな国の人々と出会い、世界遺産や、美しい景色をいっぱい撮ってみたいです。
夫婦とも食いしん坊の旅行好きなので、いつもあそこに行きたい、ここに行きたいと夢を語り合っております。

c0039735_9223815.jpg


エキサイトブログ編集部:美味しそうな食べ歩き写真に、思わず食欲がそそられますが、食べ歩きの楽しみ&写真を撮る楽しみは? また、記事アップの際にこだわっていること、心がけていることなどがあれば……。
cherry2005さん:食べ歩きは月に2~3回くらいで、そんなに食べていないです。お酒も強そうに思われているようですが、好きなわりにそんなに量は飲めません。最近は、気持ち良くなる程度に抑え、くれぐれも飲み過ぎには気をつけています(笑)。
食べ歩きの楽しみは、「もっと美味しいものを食べたい」という好奇心を、満足させてくれることです。旬の美味しい食材を味わったり、料理と器の絶妙な組み合わせや素敵な雰囲気のお店と巡りあったとき本当に心豊かな気持ちになります。
美味しいものを楽しんでいる時は、ほんとうに幸わせですネ。

食べ歩きをしてブログに記録をしていったら、自分で言うのも何ですが、いつのまにか料理が上手になりました。食材の美味しさや組み合わせ、料理の技法、盛り付けや演出など、いろいろと学ぶことが多くって、楽しみながら吸収しています。
今まで、無駄に時間とお金使っていなかったのだなぁ~と思うと、うれしいです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
cherry2005さん:大好きなワインを飲みながら、読書やDVDを楽しんでいる時が癒されます。
最近は忙しくなり、なかなか癒しの時間もつくれませんが。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
cherry2005さん:・2010-7-4「二期倶楽部 贅沢な朝食
菜園から届くみずみずしい摘みたて野菜と、身体に優しい料理ばかりでまさに幸せな気持ちになる朝食でした。

・2010-5-1「神楽坂 ラトラスで絶品ランチ
いつも高級食材を惜しみなく使ったコース内容は、満足感が高く、次回はいつ行けるかな~と夢みております。

・2009-12-23 「ザ゙・リッツカールトン東京でアフタヌーンティ
クリスマスシーズンのアフタヌーンティは、いつもと違う華やいだ雰囲気があります。
夕暮れ時の東京タワーを眺めながら、優雅で美味しい時間を楽しみました。

・2008-9-10「スぺイン風パエリヤのブランチ」 
中伊豆が一望できるロケーションでいただいた、トウモロコシのスープ。驚くほどの甘味と風味、コクが一体となって絶品でした!今でも忘れられないお味です。

・2008-10-23 「ラ・ルッチオーラでロマンティックディナー
心地良い潮風に吹かれながら、バリ島での美しいサンセットを眺めたロマンティックディナー。旅先でめぐり会った、思い出深い素敵なレストランです。

c0039735_9302442.jpg


・2007-12-28 「美しい日月潭と中華料理
台湾の幻想的な日月潭の景色と共に、美味しい広東料理の数々…。
濃厚でボリュームのある、台湾の野菜の旨味にビックリ!

・2007-7-27「シエナでのディナーはキアナ牛のステーキ!
イタリアはトスカーナ地方で見つけたリストランテ。
贅沢な白トリフュが、惜しげもなくたっぷりスライスされた、パスタやステーキに感激しました。

☆特に読者に評判だった記事
・「ウェスティンホテルでオーストリアフェアを楽しむ~♪」
美味しいオーストリア料理の前菜からデザートまで、音楽と芸術の都ウィーンに行った気分で
お腹いっぱい楽しんできました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
cherry2005さん:時間と体力…。やりたいことはたくさんあるのに、この2つが足りないため実現できないことが多いです。
以外にも体力がないんです。旅行の予定をたてると、なぜか出発日が近づくと体調崩したりして、いつも同伴者が冷や冷やしています(笑)。エネルギッシュな人や行動力のある人がうらやましいです。

c0039735_9201110.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
cherry2005さん:北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃したことが衝撃的でした。日本を取り巻く東アジアの不穏な動きも気になるし。日本に住んでいると、平和であることが当たり前のように生きてきましたが、最近は他の国の動向が気になりなります。
体制や宗教、民族の違いを乗り越えて、争いのない平和な世界になればいいのですが。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
cherry2005さん:マイペース気味のつたない私のブログに、多くの方がご訪問してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。
コメントをいただくと、とても励みになり、元気をいただいております。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【cherry2005さんが好きなブログ、気になるブログ】

プラハなchihua**hua
美しいヨーロッパの街角を、雰囲気たっぷりに表現している画像に癒されております。

今夜はeat it
まさしく写真の先生ですネ・・・・秘かに拝見しては、学んでおります。

優しい時間 by gintaro
四季の移ろいとともに、美しく優しい花々の画像に魅せられております。

美味しいテーブル」 
素晴らしいワインセレクションと美味しい料理の数々に、本物の美味しいものをご存じの方なんだなぁ~と、憧れております。

JGC主婦の個人旅行の達人!をめざして・・・
ブログのタイトル通り、バイタリティ溢れる旅行記…。
自分には絶対真似できないので、ブログを見て楽しんでいます。




【cherry2005さんのライフログ】

007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


久々にスクリーンの中のボンドさんに胸がときめきました(笑)。
007シリーズとしては珍しく、美しくも切ないラヴストーリーとしても、充分に楽しめる極上のエンターティメントに仕上がっています。

暗い日曜日 [DVD]

メディアファクトリー


美しい東欧を舞台に、世界的なシャンソンのヒット曲「暗い日曜日」に隠された悲恋を描いたラヴストーリー。
脚本が良くできていて、冒頭のシーンから最後まで、美しい映像の世界に引き込まれました。

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

パイオニアLDC


ユダヤ人迫害をテーマにした重いテーマなのに、ユーモアたっぷりの家族愛がテーマの作品。
過酷な運命に翻弄されても、最後まで諦めることなく、明るく子どもを守り通す父親の姿に感動します。

プロヴァンスの贈りもの [DVD]

角川エンタテインメント


南仏の爽やかな空気に美味しそうな料理とワイン、そして音楽と…。
絵画のような美しい映像美に癒されます。
慌ただしい日々の中で、ついつい見失しないがちな「人生において大切なこと」を、教えてくれる作品です。

cherry2005さんの「おいしい~Photo Diary」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-12-26 15:02

c0039735_183336.jpg洗練されたおしゃれなカフェや居心地のよい癒し系カフェをはじめ、ソウルのすてきなカフェ巡りを楽しむ「su・te・ki Seoul」のyossyさん。
ソウルのすてきなスポットや最先端の話題をお届けしてくれる、読者に人気のブロガーさんとして、2010年7月のピックアップブロガーに登場していただきましたが、2010年12月10日に、ブログから生まれたカフェ本『su・te・ki ソウルカフェ』が発売されました。
「すてきな情報がいっぱいで、ぜひソウルに行ってみたくなる」「見ているだけで、ソウルに行った気分になれる」と注目を集めています。

そのお祝いに、今回は出版特別インタビューと題し、yossyさんに再び登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:2010年7月のピックアップブロガーにご登場いただき、その後も読者に人気のブロガーとして注目を集めていらっしゃいますが、まずはyossyさんのご近況を…。
yossyさん:今年はいろいろと忙しい年でしたが、一年の締めくくりとして、ソウルのカフェをご紹介する本を出せたことが一番のニュースです!

エキサイトブログ編集部:2010 年の12月10日にブログから生まれた本『su・te・kiソウルカフェ』が出版されましたが、ブログが書籍化や本になったことに対する感想は?
yossyさん:前回インタビュー頂いた時にもお話ししましたが、ソウルのカフェにハマった頃から、いつかカフェ情報に特化した本が出せたらいいなと思っていましたので、ソウル観光公社様からパワーブロガーとしてマスコミ・旅行会社向けの視察ツアーにお誘いいただき、その御縁が元で実業之日本社様から本を出していただけることになった時は本当にうれしかったです。
今回は在韓の友達にも協力してもらい、共著という形で出させていただきました。1冊の本を作るということはこんなにも時間と労力のかかるものなのかと驚きましたが、その分、本になった時の喜びはひとしおです。
実はつい先日、私の手元にも本が届いたばかりなんです! 感激しつつも、「どうか誤字脱字、誤植がありませんように…」とドキドキしながらページをめくっています。

c0039735_2318582.jpg


エキサイトブログ編集部:『su・te・kiソウルカフェ』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
yossyさん:個人的にお気に入りのカフェや、ブログでご紹介した時に反響が大きかったカフェを中心に、日本人観光客の方にも行きやすいエリアからそれぞれ数軒ずつピックアップして、全56軒をご紹介しています。
各章の最後には「伝統茶」「韓方(韓国の漢方)」「カフェで便利な韓国語集」など、知っていると便利な情報をコラムとして付けました。また、各カフェのデータ欄もできるだけ親切な作りをめざしました。例えば、最近ソウルには一人で旅行する女性も増えているので「お一人様客の割合」を記したり、私自身が方向音痴なので地図の他にも言葉で細かく道順の説明を入れたり。
その他、番外編コーナーでは、韓国通のブロガーさん3名にお気に入りカフェをご紹介いただいているので、そちらもイチオシです。本がとても軽量化されているので、サブガイドブックとして気軽に持ち歩いていただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:今回書籍化するにあたり、苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか?
yossyさん:ソウルの本は数多く出版されていますが、カフェだけに特化した本はこれが初めてなので、その点でとてもやりがいを感じました。
でも正直、取材中はやりがいを感じるというよりはかなり緊張を強いられて、とにかく必死でした。何せお店の方々はこちらをプロとして見ているわけですから、素人っぽい甘えは許されないわけで…。 撮影にしてもデータ収集にしても、最初は不慣れで落ち込んだりもしましたが、取材も中盤を過ぎた頃からようやく楽しさというかやりがいも感じられるようになった感じです。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
yossyさん:視覚的に楽しんでいただける本にしたかったので、素人なりに写真には力を入れました。それから、今までのソウル本にはないオシャレさを出したいという想いも強かったので、パリのガイドブックなど数多く手がけられた素敵なデザイナーさんに本をデザインしていただいたりしました。
文章については、実はあれこれ悩みながら書いたんです。ブログから出た本とはいえ、ガイドブック的要素が強い本なので、そのバランスをどう取ったらいいのか迷って…。キチンとした情報を提示しつつも、読んでいる方に親しみを持っていただけるよう、何度も推敲を重ねました。在韓の人間だからこそお伝えできる何かが盛り込めていたらいいな、と思います。

c0039735_23202787.jpg


エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
yossyさん:たまにブログに「なかなかソウルに行けないのですが、ブログの写真を見て妄想旅行をしています」とコメントをいただくので(笑)、この本もそんな風に自由に楽しんでいただけたらと思います。ソウルをご旅行される方にはカフェ巡りのガイドとして、そしてなかなかソウルに行くチャンスがないという方にも妄想旅行のツールとしてご利用いただければうれしいです。ちなみに実家の母は「韓国の今を知る1つのツールとして」楽しんでくれたそうです。

エキサイトブログ編集部:改めて、yossyさんにとって、ソウルのカフェめぐりの楽しみ、ソウルのカフェの魅力といえば?
yossyさん:以前もお話しましたが、ソウルのカフェは勉強しようと仕事しようとノープロブレム、自由度が高いのが魅力です。無料でWi-fiが使えるお店も多いんですよ。
今は空前のカフェブームで、ソウルの街中カフェが溢れているので、私も友達と会う時、仕事や勉強をする時など、本当に気軽にカフェを利用しています。コーヒーやスイーツが楽しめるカフェから伝統茶院まで種類もいろいろあるので、旅行者の皆さんにもきっと楽しんでいただけると思います!

c0039735_2319288.jpgエキサイトブログ編集部:本にも収めたお気に入りのカフェというとどのような記事がありますか?
yossyさん: ・ORI PEKOE @ホンデ(2010.4.21)
紅茶専門家の可愛らしい女性オーナーさんのお店。インテリアから食器まで、とにかく「乙女の空間」と呼ぶにふさわしい夢のあるお店です。韓国の子たちはとにかくカメラで自分を写したがるのですが、このお店では右を見ても左を見ても記念撮影をする女の子で溢れかえっていて、それを見ているだけで面白いです。

Passion5 @梨泰院(2009.12.4)
 「小山ロール」でもおなじみ、日本人パティシエの小山進氏がプロデュースに携わったお店。外から見るとまるで高級ブティック! 文字通り宝石のようなケーキやチョコレートが並び、スイーツにうるさい日本の方にもここは強くオススメできます。実は最初、取材を断られたのですがどうしても諦めきれず、カフェ本出版のきっかけを作ってくださったソウル観光公社様にご協力いただき、どうにか収録することができました。

美しい韓屋茶院、壽硯山房(2010.6.24)
ソウル市民族資料11号にも指定されているという両班(ヤンバン、韓国の貴族)のお屋敷を使った伝統茶院。駅から徒歩では行けない、メニューも韓国語のみなど、観光客には敷居が高いお店ですが、それでも1度は訪れてみていただきたい本当に素晴らしい茶院の1つです。カフェ本には、詳しい道順やメニューの一部を日本語で掲載するなど工夫しました。

狎鴎亭の素敵カフェ、cafe-t(2010.3.29)
セレブが集まる狎鴎亭にある話題のカフェ。某有名韓流スターもしょっちゅうパッピンス(韓国風カキ氷)を食べに訪れるのだそう。取材に応じてくださったスマートな男性職員さんが一所懸命に説明をしてくださりながら、出てきた食べ物をご自分も一緒になってパクパク食べ始めたのが本当にカワイイというかおかしくて、ものすごく印象に残っているお店です(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
yossyさん:何より“ソウルって思っていたよりずっと面白いかもしれない”と気づくことができたことが、一番の収穫です。ブログはストレス発散のために始めたようなものですが、たくさんの方に読んでいただけるようになり、今回のようにカフェ本出版のチャンスにつなげることもできて本当に感謝しています。ブログを通じて素晴らしい出会いもたくさんあったし、人生を一回りも二回りも豊かにしていただいた気がします。

c0039735_23195924.jpgエキサイトブログ編集部:2011年の目標やこれからの夢は?
yossyさん:2010年は本当にいろいろなお店でいろいろなものを食べた1年だったので、2011年は自分が料理するほうを少し頑張ろうかと。今日もちょうど夫に「来年は『料理夫婦』になれるようにがんばろうね」なんて話したんですよ。即刻拒否されましたが(笑)。
長いスパンでの「これからの夢」は大小いろいろありますが、今まで通り自分が置かれた場所で精一杯努力していくことで、自然と叶えられていくと思っています。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、yossyさんにとって幸せを感じることは?
yossyさん:韓国に引っ越してきた頃は「あれもない、これもない」とぜんぜんソウル生活を楽しめてなかったのですが、最近は「こんなものもあるんだ!」ということの発見だらけで、逆にどこへ行っても楽しいです。カフェはもちろん、市場とか。ぜんぜん想像もしていなかったようなおしゃれな雑貨が見つかったりもするので、見ていて楽しくて仕方ありません。

エキサイトブログ編集部:ベストセラーになったら…何をしたいですか?
yossyさん:う~ん、特別したいことってないですが、取材にご協力くださったカフェの皆さんに「ベストセラーになりました!」というお礼状は必ず出したいです。本当に親切にしてくださったお店が多かったので。ソウルのカフェやレストランは移り変わりが激しいので、本がベストセラーになることでお客さんが増え、ステキなお店が末長く営業し続けてくれたらうれしいなと思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージをお願いします。
yossyさん:いつもブログをご覧いただきありがとうございます。カフェ本を出すことができたのも、読者の皆様の温かい応援があったからです。皆さんのコメントから、本作りのヒントもたくさんいただきました。本当にありがとうございました。これからも細く長く続けていきたいと思いますので、今後も引き続きよろしくお願いします!


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【yossyさんの著書】

c0039735_195826.jpgsu・te・ki ソウルカフェ
発行/実業之日本社
定価/1350円
好評発売中



☆yossyさんの2010年7月のピックアップフロガーの記事はこちら。
[PR]
by blog_editor | 2010-12-12 01:01

c0039735_1559433.jpgぶち旨鶏や焼豚などの主菜に野菜の煮物を添え、手際よくつめた和風のお弁当がとっても美味しそう! 残った食材をリメイクして1品にする“コスプレ”レシピやレンジで簡単にチンなど、アイディア豊富なお弁当パフォーマーとして、毎朝5時起きして作り続ける「おひとりさま弁当」が大人気のまさきちさん。
エキサイトブログの中でもつねに人気ランキングの上位に入るブロガーさんとして、2010年2月のピックアップブロガーに登場していただきましたが、この秋にはブログから生まれたお弁当の本も出版されました!

そのお祝いに、今回は出版記念特別インタビューと題し、「おひとりさまの食卓」のまさきちさんに再び登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:2010年の2月のピックアップブロガーにご登場いただき、その後もますます読者の注目を集めていらっしゃいますが、まずはまさきちさんのご近況を…。
まさきちさん:はい。みなさんにおなじみの、『おひとりさまの食卓』のブログが出版化され、『弁当の本』という1冊目の本が11月初旬に発売になりました。
おかげさまで、さらに先日増刷が決定し、ほっと胸をなでおろしています。
ですが、落ち着くまもなく、現在は来春出版予定の2冊目のレシピ制作や原稿書きにとりかかっていまして…。相変わらずの貧乏暇なし、と言ったところですね。

エキサイトブログ 編集部:前回のインタビューで「夢はブログ本の出版」とおっしゃっていた夢がついに実現し、先日『弁当の本』を出版されたようですが、おめでとうございます。本を出版されたいきさつや本になったことに対する感想は?
まさきちさん:エキサイトの『ピックアップブロガー』に取り上げていただき、そこで『本でも出せたら…』的なことを軽い気持ちで語ったのが、以前からブログを見てくださっていた出版社の編集者の目に留まり、出版のお話をいただきました。
実は、その時、複数の出版社にお声をかけていただいて、結局、一番最初にお話したアールズ出版さんから最初の本が出ることになりました。
他の出版社の方にはお待せしてしまって申し訳なく思ってます。
本の感想…実感は、やはり、いつも行ってる書店で見た時ですねー。
ちょっと感動で泣きそうになりました(笑)。

c0039735_15593153.jpg


エキサイトブログ編集部:『弁当の本』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
まさきちさん:これまで、ブログに登場したレシピが中心ですが、新作も思ったよりたくさん載せることができました。
読者の皆さんに選んでいただいた人気レシピランキングや、料理を教えてくれた祖母の味、弁当作りをラクにする常備菜、主菜、副菜は素材別に、残った料理も形を変えて、と、いろんな方向から毎日の弁当作りに役立つようにアプローチしています。
ブログで感想の多い“詰め方”をクローズアップしたページもあります。
恥ずかしながら、書き下ろしエッセイも書いてます。

エキサイトブログ編集部:今回の出版化で苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか。
まさきちさん:フツウの事務系OLがただ毎日弁当を作っているだけなのに出版。
本を作っている最中、いつもそのことが頭にありました。
こうして形に残る、というのはすごいことだと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちば ん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
まさきちさん:うーん。全部ですかね?
タイトルも構成も掲載レシピも撮影も文章も…すべて自分でやりました。
注文が多くて、めんどくさい著者だったんじゃないでしょうかね、編集者にとっては…(笑)。
文章を書く上で一番気をつけたのは、リズム。
センテンスは長くならないよう、読んでて気持ちよく、いい意味で引っかかりのない文章、が持ち味じゃないかと思うので、いちおうそのあたりは気をつけました。
それはブログも同様です。

c0039735_15594632.jpg


エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
まさきちさん:自由にお楽しみいただければ、と思います(笑)。
ただ、本棚でなく、キッチンのなるべく近くに置いていただければうれしいです。
ページを折ったり、メモを書き入れたり、油シミをつけたり(笑)。
そんなふうに使っていただれば、と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログで紹介されているレシピとともに、たくさんのレシピが盛り込まれていますが、本にも収めたお気に入りのレシピというとどのような記事がありますか?
まさきちさん:やはり、一番人気の“ぶち旨鶏”かな。
簡単なのに、手が込んでそうに見える点がなかなか秀逸と思います。
ぶち旨鶏弁当
ぶち旨鶏レシピ
本の中でも人気NO.1レシピとして紹介しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
まさきちさん:ブログをはじめてから今まで、朝の時間の過ごし方はまったく変わってないんですが、帰宅後の過ごし方はずいぶんと変わりました。
会社ではほとんどブログを見るないので、帰宅後は、まずいただいたコメントを楽しみに拝見し、返事を書きます。
コメントは励みになるし、元気が出ます。ホントにありがたいです。
やめようかな、と思ったことも正直ありましたが、続けててよかったな、と思います。

c0039735_160082.jpg


エキサイトブログ編集部:2011年の目標やこれからの夢は?
まさきちさん:そうですね、今後は、連載とかしてみたいです。
あと、弁当の開発にも携わってみたい。弁当箱やグッズのブロデュースにも興味あります。
イベントも楽しそう。強欲すぎますかね?(笑)

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、 幸せを感じることは?
まさきちさん:以前より確実にフリーな時間が少ないので、寝る前のほんの少しの時間に、本を読むのが楽しみかな。
幸せっていえば、いつも幸せですよ、基本、脳天気ですから(笑)。

エキサイトブログ編集部:ベストセラーになったら?
まさきちさん:たぶん何も変わらないと思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージ をお願いします。
まさきちさん:いつもありがとうございます。
おかげさまで、ブログをひとつの形で残すことができました。
これからも、たぶん変わりなくブログを続けていきますので、今後とも、おつきあいよろしく、です。
ご覚悟を(笑)。いやいや、ホント、ありがとう。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1601145.jpg





【まさきちさんの著書】

c0039735_16633.jpg弁当の本-最強にして抱腹絶倒!究極の弁当攻略術-

著者/よりのまさみ
発行/アールズ出版
定価/1300円(+税)
好評発売中





★2010年2月「今週のピックアップブロガー」まさきちさんの記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2010-11-19 21:17

c0039735_2351923.jpg心あたたまる和食からイタリアン、オリジナル料理の数々と素敵な写真が評判の「ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++」のmarronさん。そして、美味しそうな手料理に焼きたてパン&スイーツを盛りつけた、カフェスタイルの食卓がキュートな「お家カフェごっこ nico@cafe」のnicoさん。
marronさんには昨年の12月に、nicoさんには今年の6月に、こちらのピックアップブロガーのコーナーに登場していただきましたが、その後も人気レシピブロガーとして読者の注目を集めています。
そんなおふたりの人気レシピブログから生まれたレシピ本がこの秋出版されました!

そのお祝いに、今回は出版特別インタビューと題し、marronさんとnicoさんのおふたりに再び登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:marronさんとnicoさんにはピックアップブロガーにご登場いただき、その後も読者の注目を集めてい らっしゃいますが、まずはおふたりのご近況を…。
nicoさん:6月にピックアップブロガーでご紹介いただいた頃から考えると、生活は激変しました。
それというのも、8月に出産したからです。ブログの更新も以前ほどマメにはできなくなり、息子中心の生活をしておりますが、妊娠中よりもパワフルになった気がします。そして、毎日がとても充実しています。
marronさん:本の出版のことがあったので、以前にも増して、日々コツコツと料理を研究するようになりました。
暇さえあればキッチンに立つ、そんな毎日です。
また、ブログを訪問してくださる方が増えると同時に、私のレシピで作ってくださる方が増えたので、モチベーションがさらに高くなったと思います。

c0039735_115220.jpgエキサイトブログ編集部:ブロガーさんとの共作で、ブログから生まれた『ワンプレートごはん わたしカフェへようこそ』という本を出版されたようですが、おめでとうございます。本を出版されたいきさつや本になったことに対する感想は?
marronさん:ありがとうございます。いつか本を出せたら・・・と同じ夢を持った4人が、ブログを通して出会いました。メンバーの1人から、レシピ本の出版に参加しないかと声をかけてもらったのが約一年前の出来事です。出版社の方を交えて、企画の段階から意見を出し合って進めてきました。
4人集まったことによって、お互いに刺激し合いながら、1人では出せない力が発揮されたと思います。
みんなで出版という夢を叶えられたこと、本当にうれしく思っています。出版日当日から今日に至るまで、「買いました!」と報告してくださる方、ご自身のブログで本を紹介してくださる方、毎日のように「おめでとう!」「素敵な本だね!」という温かいメッセージがたくさん届いて、感激しっぱなしです。

エキサイトブログ編集部:『ワンプレートごはん』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
nicoさん:みごとに4人の個性や得意分野が違っていたので、これを1冊の本にまとめるにはどんな企画がいいのだろうか・・・と正直みんなで頭を抱えました。そんな時に「ジャンルを選ばないワンプレートの本は?」と言う発案があり、各自の個性を存分に生かすのにもってこいだ!と決定しました。
ブログでは、marronさんとkiki-rinさんは和食レシピが多く、はるひさんと私は洋食やカフェご飯レシピが多いのですが、自分の持ち味を生かしつつもジャンルに捉われ過ぎないよう、本には幅広い新レシピを掲載しました。
和食を得意とする2人のエスニックレシピもあり、洋食を得意とする2人の和食レシピもあり、といったところです。ブログ公開済みの人気レシピコーナーもあります。
一つの本の中に多くの要素が含まれているので、ある意味読者を選ばない1冊に仕上がっていると思います。
また、それぞれのレシピのページはすべて自分たちでスタイリングから撮影まで行ったということが大きな見どころになっています。
メインのレシピには写真付の手順も載せて、わかりやすくするよう工夫もしました。

エキサイトブログ編集部:今回の出版化で苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか?
nicoさん:私がやりがいを感じたのは、メニューと器のスタイリングを考えるところです。同じメニューでも、盛り付ける器によって表情がグッと変わるので、どの器を選べば生かされるか?と悩みながら考えるのがとても楽しかったです。
marronさん:自分でメニュー構成から撮影までを行ったことです。これはやりがいを感じるとともに、一番苦労したことでもあります。
撮影時期が梅雨だったので、天候に左右されたり、慣れない三脚を使う撮影に時間がかかったり・・・。
苦労話は語り出すときりがありませんが、多くの方に手に取っていただけるような本を作りたという一心で取り組んだので、苦労は決して苦痛ではありませんでした。
メニュー構成、器選び、スタイリング、すべて好きなように決めることができたので、ひとつひとつ作り上げていくことに充実感を覚え、それが形となって見えた時、やり遂げたという強い達成感を得ることができました。
これは苦労しなければ味わえなかったことだと思うんです。今ではやってよかったなという気持ちでいっぱいです。

c0039735_1153132.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分らしさ”を出すためにこだわった点は?
nicoさん:写真に、隠し切れないお家感をだして(笑)、ワンプレートを身近に感じてもらえるように、比較的手に入りやすい食器を使用しました。私の使っている食器は、雑貨屋などで手に入れられるものが多いんです。
でも!marronさんやはるひさんの使用している作家さんの食器もすごく素敵で見ものです!私も見ていて欲しいものがいくつかあります。

marronさん:和食器使いです。作家物の和食器が好きでコレクションしているのですが、ブログでも読者の方がたびたび興味を示してくださるので、ここぞとばかりに手持ちのお気に入りを総動員させました。
多分、私に洋食器のイメージってないと思うんですよね…。実際あまり持っていないのですが(笑)。
あとは、ハーブ(薬味)、スパイスといった小物をレシピにたくさん取り入れたことです。
ブログに掲載しているレシピでもよく使っているので、路線を変えないようにしました。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
marronさん:わたしカフェというタイトルにもある通り、4人の作り手がいれば4つの“わたしカフェ”が存在します。
そして4通りのワンプレートごはんができます。本に掲載したワンプレートごはんは4人が自由に
製作したものです。わたし流だからこそ個性豊かなワンプレートができました。
お家でのランチタイムやディナータイムに、みなさん流の、わたしカフェを楽むヒントにしてもらえたらいいなと思っています。ワンプレートごはんって作るのも楽しいし、食べるのも楽しいので、やってみると結構はまるんですよ!
テーブルのスタイリングやメニュー構成も参考になったらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログで紹介されているレシピとともに、たくさんのレシピが盛り込まれていますが、本にも収めたお気に入りのレシピというとどのような記事がありますか?
nicoさん:帆立の梅風味カルパッチョです。
カルパッチョといえばオイル系が多いですが、梅干しとマヨネーズ、そしてごま油をプラスして
和風テイストに仕上げた1品です。
このドレッシングが家族にも、読者の方にも好評でした!
2010年6月16日

marronさん:ごぼうとゆで卵のサラダです。
初めて作った時、味見が止まらなくなって、ボウルを抱えて食べ切ってしまいそうでした。ごぼうをただ切って茹でただけではなく、まず叩き、その後は煮て下味を付けたサラダなんですが、ひと手間かかるレシピのわりに、たくさんの方から作ったよ!ボウルを抱えそうになった気持ちが分かったよ!の声をいただきました(笑)。
2010年3月28日

c0039735_116010.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点やよかったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
nicoさん:ブログをしていたからこうして4人が出会えました。そして、読者は4人のブログを行き来するようになりました。
ランキングで戦いあう料理ブロガー同士だから「敵」というのではなく、お互いに刺激しあって向上していける和がこれからもどんどん広がったらいいなぁと思います。

marronさん:今年はブログで知り合った方と実際に顔を合わせる機会がたくさありました。そしてプラスになる刺激をたくさんいただいて、もっともっと上を目指して頑張ろうという気持ちになれました。また、メンバー3人のブログ読者の方からもコメントをいただけるようになって、繋がりがより一層広がりました。

エキサイトブログ編集部:2010年の目標やこれからの夢は?
nicoさん:今後の目標は、子育てとblogの両立です。そして丁寧にじっくりレシピを作ること。次のステップへ行けるように日々精進します・・

marronさん:果てしなく続く料理道をさらに突き進むことです。食に対する視野を広げるために、新しいことに挑戦していきたいです。
具体的に何か…はまだ人には言えません!(笑)

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや幸せを感じることは?
nicoさん:息子です!毎日くるくると変わる表情に夢中です。泣いても笑っても愛おしい存在です。楽しみは、夢のマイホームのことです。
現在マイホーム建設に向けて動いている最中で、考えるだけでワクワクします♪今後ブログにも綴っていきたいなぁと思っています。

marronさん:器屋さん巡りをすることです。
どんな料理が合うかなとか、家の食卓にその器並んでいる姿を妄想しながら眺めていると、時間が経つのを忘れます(笑)。

c0039735_1163467.jpgエキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージ をお願いします。また、共作のおひとりであります、「はるひごはん。」のはるひ さんからも、ひとことメッセージをお願いします。
nicoさん:私がこうしてブログを続けていられるのは、見に来てくれる読者の方々がいるからです。
妊娠中、食事作りが苦になり、何日も更新出来ない時がありましたが、それでも更新を楽しみにブログへ来てくれる読者の方がいることがとても励みになりました。
いつも温かな応援本当にありがとうございます!

marronさん:いつも私たちのブログを訪問してくだって、ありがとうございます。
レシピ本の出版まで辿り着けたのは、読者の方あってこそだと思っています。
見に来てくれる方がいるということは、本当に励みになります。
時折「ファンです!」なんてコメントをいただくこともあってうれしくて、恥ずかしくて…。でもやっぱりうれしいです!
夢を叶えた私たち、さらにパワーアップしていくつもりです。
今後とも、よろしくお願いします。

はるひさん:「はるひごはん。」のページのテーマは、女性ひとりでもふらっと立ち寄れる、「たっぷり野菜の美味しいカフェ」がテーマです。
美味しいごはんを食べられるカフェをテーマに考えてみました。おうちで簡単に作れるものばかり。盛り付けの参考になるように、さまざまな器でワンプレートごはんを作りました。
はるひごはんらしさを伝えられたらいいな、と思っています。
今までつづってきたブログが本になり、夢を叶えた私たち。読者の皆様がいつも応援してくださっているおかげです!結婚して、子供を産んで・・普通の人生だと思っていましたが、頑張れば夢が叶うということを伝えたい!ブログをやってみたいけど・・・と迷ってる方がいたらぜひやってみて欲しいです! ぜひ、エキサイトで! 読者のみなさま、これからもメンバーともどもよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【marronさん、nicoさんたちの著書】

c0039735_23313024.jpg人気レシピブロガー4人のワンプレートごはん わたしカフェへようこそ
笠倉出版社
952円(税込 1,000 円)





☆「ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++」marronさんの2009年12月のピックアップブロガーの記事はこちら
☆「お家カフェごっこ nico@cafe」 nicoさんの2010年6月のピックアップフロガーの記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2010-11-05 23:49

c0039735_13211789.jpg夏の定番ゴーヤチャンプルやゴーヤのサラダをはじめ、ゴーヤの天ぷらにペペロンチーノなど…。ゴーヤだけで一冊の本ができそうなほど、ゴーヤレシピがいっぱい。
ゴーヤと言えば沖縄! 夏! 栄養たっぷりの夏野菜ですね。
もちろん、ゴーヤに限らず、沖縄を代表する豚肉&豚足を使った料理やヘチマ料理など、まさに夏バテ知らずで、元気なパワーを届けてくれる沖縄の晩ごはんに、思わず食欲がそそられます。
「冷たいビールによく合いそう!」「いつも参考にさせてもらっています!」という読者が多いはず。

今年のように猛暑が続くときこそ、沖縄の元気パワーをいただいて、暑い夏も乗り越えたいですね!

今週は、そんな沖縄ならではの島ごはんやおいしい家庭料理&レシピ、沖縄の話題を紹介してくれる「** M☆M House’s Kitchen **」のmanaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
manaさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。

5~6年ほど前のことですが、ある方のHPにあったコミュニティーリンクバナーにふと目がとまりました。それは、HPをお持ちのみなさんが集い、晩ご飯日記を披露している“みんなのご飯リンク”というものでした。もともと料理が好きでしたので、趣味の部屋と一緒にお料理も披露できるHPを作って、「ぜひこのみんなの晩ご飯リンクの仲間に加わりたい!」 そんな思いでHP作りをはじめたのです。
しかし、仕事をしながらでしたので、なかなか思うように作業が進みませんでした。 
その頃は急速にブログが普及していましたのでHPをお持ちのみなさんも、ほとんどの方がブログへと移行を始めていました。HPよりもとても簡単に設置することができるブログ…。それならばと私もブログを設けることにしました。
エキサイトさんのブログを二つ利用させていただいて、お料理の部屋と、おもしろエピソードや家族のことなどをつづった日記の部屋を設置しました。そして3年前にようやくみんなの晩ご飯リンクメンバーに加わることができました。
現在、そのリンクはなくなってしまいましたが、私のHPも今では、お料理日記がメインとなっています。

c0039735_1319829.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
manaさん:生まれも育ちも沖縄で、子どもが二人の4人家族です。
仕事をきっかけに夫や高校生の娘と3人分のお弁当を作っていますが、そんな毎日の家族弁当と晩ご飯を中心に、地元の伝統料理や食材などの紹介も含め、その日の出来事やニュースで話題になったことなど、家族のエピソードなども交えながら、ほぼ毎日記録しています。沖縄の景色や その日の空なども写真に残しています。 

仕事をはじめてからは毎日がめまぐるしく過ぎていき、「昨日の晩ご飯は何食べたっけ?」なんてこともしばしばで(苦笑)。こうして、写真付きでどんなものを食べたか記しておくついでに、娘に残せるレシピもつづっておこうと思い、今に至っています。そうは言っても実はこのブログ、いまだ家族にも内緒のブログなんですけどね…。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは? 
manaさん:ブログを通じて多くのお友だちブロガーさんに出会うことができました。
と言っても、ほとんどの方はコメント上でお顔をも存じ上げておりませんが、みなさんには毎日いろいろな刺激をいただいています。今では日本だけでなく、海外のブロガーさんとも交流があり、私の視野もとても広がったと思います。
実は最近、こんなコメントをいただきました。
“はじめまして、manaさんのお料理が大好きで楽しみにブログ拝見しています。
沖縄生まれの沖縄育ちのうちなーんちゅですが、今はカナダで暮らしています。
お料理の紹介に交えて、沖縄についていろんなことを県外の人に伝えているのもとても良いなって感心していました。
たまには涙することもあったり、一人でも多くの人が平和について考えてくれることを願ったりしてます。”

とてもうれしいコメントでした。他にもこのような方が数名いらっしゃいます。
沖縄を離れて、遠い異国の地でこうして私のブログを見て沖縄を懐かしく思い出してくれるなんて。こんなふうに世界でがんばっている沖縄出身の人たちと交流が持てるのも、ブログならではの良さです。 
ひと昔前の私にはこんなこと、想像もできなかったことです。
こういう出会いがあった時、ブログをやっていて良かったな〜って思いますね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
manaさん:やり出したら、とことん追求するタイプ。凝り性です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
manaさん:コメントをくださる方みなさんにお会いしてみたいですね〜。
それはとても無理でしょうけど(笑)。
でも、ブログというものは不思議なもので、姿、お顔は知らなくても、毎日ブログを通じて交流していると、その方々のお人柄をうかがい知ることができます。
そして、何かご縁というものを確実に感じています。みなさんとても素敵な人ばかりです。

実はブログをはじめてから、おひとりだけお会いした方がいらっしゃいます。彼女との出逢いは 奇跡だと言っても過言ではありません。運命的なものを感じました。
その時のことは記事にもしました。
彼女は現在はブログを閉じてしまいましたが、今でも時々食事に出かけたりする仲です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
manaさん:大河ドラマの龍馬伝、カメラ、写真 です。
忙しくて、なかなか連続もののテレビ番組は観ないんですが、『龍馬伝』だけは毎週欠かさず観ていますね〜。
カメラはずっと普通のデジカメを使っていたのですが、今年になってついにへそくりをはたいて、念願の一眼レフを手に入れました。料理以外も、日々被写体を探しては写しまくっています(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
manaさん:近くに海や山のある場所に引っ越して、自給自足をしながらのんびり過ごしたい。
あと、旅行ですかね〜。新婚旅行もしていない夫婦なので、子どもたちが独立したら、老後は夫婦でいろいろなところへ旅してみたいです。

c0039735_12422078.jpgエキサイトブログ編集部:食欲をそそる沖縄ごはんの数々ですが、沖縄料理ならではのおいしさや魅力、料理作りの楽しみは?  また、自分らしいレシピ作りや記事アップの際にこだわっていることなどがあれば…。
manaさん:沖縄には独特の料理文化があります。
まだ作ったことのないお料理も数ありますが、先人たちが作ってきた沖縄料理は薬膳料理が多いです。
ご存じかと思いますが、豚肉文化とも言われるくらいで、沖縄で肉と言えば、豚肉です。鳴き声以外はすべて食べます(笑)。 暑い地域だから良質なタンパク質とビタミンが豊富な豚肉が身体にも良いのでしょうね。驚く方も多いのですが、沖縄のおでんには豚足が欠かせません。コラーゲンたっぷりです。
夏が長く暑い沖縄ですが、汁物料理もとても多いです。 昆布もよく食べます。
昔から食べられている沖縄料理は、滋養強壮作用のある料理がとても多いのです。

ちゃんぽんと言えば、長崎ちゃんぽんが有名ですが、沖縄にもちゃんぽんってあるんです。ただ、沖縄ちゃんぽんは野菜炒めを卵でとじて ご飯の上にかけた、丼飯なんです。沖縄では、これが普通に大衆食堂の定番メニューです。

さつま揚げのルーツをご存じでしょうか? 
由来は諸説ありますが、時代は島津藩の琉球侵攻の際に遡ります。琉球は中国との交流が盛んで、薩摩も琉球を通して様々な中国の文化の影響を受けたんですね。
影響を受けた料理の中に、魚肉のすり身を澱粉と混ぜて油で揚げた「チキアギー」というものがありました。
鹿児島県では、さつま揚げとはほとんど呼ばれず、多くは「つけ揚げ」と呼ぶそうですが、これは「チキアギー」が訛って、つけ揚げになったと言われているんです。
いろいろ種類があるチキアギーも庶民に愛されている食材のひとつです。

今や飽食の世の中ですが、「地産地消は大切なことだな」とブログを立ち上げてからはそれを意識して料理するようになりました。地元のその土地でその時季収穫できる食材は、そこに住んでいる人々の身体に良い栄養がたくさん詰まったものです。
できるだけそんな旬の食材を取り入れながら、沖縄の文化や景色なども交えて、古くからの伝統料理などもレシピにしていきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
manaさん:子どもが二人とも年頃。特に息子は思春期であまり多くを語らない時期なので、子どもたちと会話できる時間は大切にしたいです。
料理をする時間も大切です。 キッチンに立ってお料理を作っている時が一番楽しい時間かも。
それと、1日1回空を眺めて深呼吸すること。これも大事です。
時間に余裕があれば公園や海岸を散歩しながら、小鳥たちを眺めることも私にとって癒し時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある作品(記事)の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
manaさん:・「なすとへちまがコラボ☆ひき肉あんかけ♪和香り
沖縄では ゴーヤーと並んで、夏野菜にナーベーラー(へちま)をよく食べます。
へちまを食べたことがない方は多く、「茄子のような感じですか?」とよく聞かれます。食感は、少し似ているように思いますが、茄子はナス科で、へちまは瓜科。味はやはり違います。
でも、形もよく似ているし、色もそれぞれ違って、「この食材たちを競演させてみたらどうなるかしら?」と考えて作ってみたのが、このお料理です。
料理サイト「レシピブログ」さんの今日のイチオシで、初めて紹介させていただきました。

・「ゴーヤー特集 第2弾 ☆ レシピ綴り♪
■レシピあり ■簡単レシピあり ■関連記事へリンクし、ゴーヤーのレシピ検索がしやすいように、少し整理してみました。画像をクリックすると、関連記事に飛ぶようになっています。
「このページは保存版にするわ〜」とうれしいコメントをいただきました。

c0039735_1641410.jpg・「この木何の木 気になる木〜♪
・「沖縄からいちばん桜 ☆ Lunchはいつもの定番♪
・「『中・エスニック』ターメリックライスで タコライス♪
「もう、見飽きたでしょ?」って言うくらい、記事の中でカレーと並んで我が家で一番食べられている料理かも知れません。それは、タコライスです。最新の記事からレシピも含めて、3つ挙げてみました。

・「THEうちなー弁当! 沖縄の定番食 ポークについて♪
沖縄ではチャンプルーから味噌汁、カレーの具材にもなってしまうポーク(スパム)缶。
なぜ沖縄でこれほどまでに食べられるようになったか、というのを記事にまとめてみました。

・「ターシャの庭に憧れて・・・・ ☆ソーミンチャンプルー♪
沖縄の休日ごはんとでも言いましょうか。ちょっと小腹が空いた時などにもささっと作れる「ソーミンチャンプルー」は、沖縄の家庭の味です。

・「長崎ちゃんぽん VS 沖縄ちゃんぽん♪
先ほどの回答で少し触れましたが、長崎ちゃんぽんも沖縄ちゃんぽんも、もしかしたらルーツは同じかも?

・「コラーゲンたっぷり (=^(∞)^=) 沖縄のおでん♪
これも先ほど触れましたが、沖縄のおでんはこんなおでんです。
豚足が苦手な方もいらっしゃって、おでんにそれが入っていることに驚かれたブロガーさんは多かったです。

・「筍PIZZA と 筍ペペロンチーノ♪
春の旬の食材と言えば 私の中では高級なイメージのある筍、筍は種類もいろいろあって、有名な孟宗竹(もうそうちく)は春の筍ですが、他の種類の筍は8月頃まで穫れるそうです。
残念ながら沖縄では竹林がないので、生の筍は滅多にお目にかかれません。もっぱら水煮ばかりです。
しかし、ありがたいことに最近は本土に住んでいる叔母や友人から毎年筍が届くようになりました。
長く保存できる方法も教えてもらい、毎年数ヶ月間は筍料理を楽しんでいます。

・「旬の野菜いろいろ☆初物をいただく ♪(*'-^)-☆
いただきものの食材の中で、生まれて初めて食べた野菜たちもありました。やはり沖縄ではなかなか手に入れることができない野菜ばかりです。
家族もわくわくドキドキ食べましたが、反応はいかに……?

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
manaさん:夢と同じになりますけど、旅行がしたいです。
ただ、先立つものがないので 今は無理かな〜(苦笑)。

c0039735_140551.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
manaさん:やはり、沖縄の基地問題です。ブログにも時々取り上げていますが、とても難しい問題ですね。
それと、今年世界中で起きている異常気象は気になります。これも地球温暖化の影響なのでしょうか…。少しでも私たちひとりひとりができることをしなければと思います。

あとは、スポーツです!
6月に行われたワールドサッカーでも盛り上がりましたが、私はスポーツ観戦がとても好きでして、現在熱闘を繰り広げている夏の甲子園では、地元の高校が決勝に進出しました!(8/20現在)。
今年の春のセンバツに優勝したチームです。沖縄では高校野球が始まると道路も空くって言われています(笑)。それだけ沖縄県民が一丸となって、応援しているってことなんですよ。初の夏の優勝を目指して頑張ってほしいです!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
manaさん:来週8/28でブログを始めて満3年になります。日記なんていつも3日坊主だった私が、こんなに長くブログを続けることができているのも、コメントをくださるみなさんとの出会いがあってこそ。みなさんとの出会いは、何かご縁というものを確実に感じています。
そして、どんどん広がるブログの輪。これからの新しい出会いも楽しみです。
今後も家庭料理を中心に、沖縄の風景や楽しい話題などもお届けしていきたいと思います。

毎日コメントや応援してくださるみなさん、そして、陰ながら見守ってくださるみなさん、いつもありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【manaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「FourSeasons 
今ではTV出演もされてとても忙しくされているyukarinさん。
彼女の日記を拝見するようになって、実に8年以上の歳月が過ぎています。上の息子さんがまだ幼稚園生の頃でした。その後、お嬢さんも生まれてその子が先日3歳のお誕生日を迎えました。
こうして、おめでたからお誕生などを日記で拝見していると、もう私は勝手に親戚のおばちゃん状態です(笑)。

●「:Haru」  
るる姉さんのブログ。まだブログのない時代から、彼女のHPを毎日拝見していました。器使いや日々のお料理を見て、どれだけ刺激を受けたことでしょう。料理がさらに好きなったのも、彼女の日記のおかげです。
旅行日記も楽しいです。沖縄にも何度も足を運ばれていて地元の私がなかなか行かないところなど、彼女のブログで楽しませてもらっています(笑)。

●「eaterior
eateriorさんのブログは、eat + interior。しあわせ作りの基本は おいしいご飯と心地いい空間。
みんなが笑顔になれるもの集めてつづってらっしゃるeateriorさん。
彼女のシンプルライフを見ていると、素敵な暮らし方をされているな〜といつも感心します。
彼女とも長いおつきあいになりました。勝手にもうひとりの妹のように思っています。

●「With Art 」   
ジャイアンさんのブログ。交流はありませんが、写真の美しさに引き込まれています。
デジイチを購入してから写真にもとても興味があるので、参考にさせていただいています。
撮影データを載せてくれるのもうれしいです。

●「ryonouske's Animal Gallery」  
ピックアップブロガーでもあり、ゴールドブロガーにもなられたryonouskeさんのブログ。
この方の写す可愛い動物たちの表情が、なんとも言えなくて、交流はありませんが、動物たちを見てとても癒されています。いつかこんな写真も撮ってみたいですね〜。




【manaさんのライフログ】

栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2010年 10月号 [雑誌]

扶桑社


栗原はるみさんの「Haru_mi」シリーズ/春夏秋冬。
彼女曰く、おもてなし料理はわざわざ特別なものを作ったりする必要はなく、日々作っている家庭料理こそが一番美味しく自信を持って作れるはず。それを器やテーブルコーディネイトして楽しむ方が、本人とっても楽で素敵なおもてなしができる。と言うのを昔読んで以来、私が尊敬している料理家のひとりです。
器使いなど、とても参考になります。

かもめ食堂

バップ


めがね(3枚組)

VAP,INC(VAP)(D)


何なんだろうこの感覚。ふわ〜っとほんわかしていて、何故か引き込まれてしまう。
映画の中に出てくる食べ物はシンプルだけどどれも美味しそうで、空気感もたまらなく良い。
まだ観ていないのですが、かもめ食堂スタッフ制作の「 プール」もぜひ観てみたい作品です。

プール [DVD]

バップ



南極料理人 [DVD]

バンダイビジュアル


とても良い映画でした。
限られた生活空間の中でも やはり食事というものは別格の楽しみ。食を通して 大事なことが描かれている。
手間ひまかけて作る主人公の料理の数々はもう 本当にどれも美味しそう。
極寒の南極で 笑いあり涙あり、とても温かな楽しい映画でした。

manaさんの「** M☆M House’s Kitchen **」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-08-20 16:50