今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:グルメ系 ( 100 ) タグの人気記事

c0039735_1235075.jpg旬の桃を使ったおしゃれな生ハム巻きや、ボリュームたっぷりで贅沢なステーキサラダをはじめ、ヘルシーな夏バージョンのロールキャベツなど…。前菜からメインデッュまで、冷えたワインによく合う料理がずらり!
見た目にも食欲をそそる色鮮やかな夏野菜や旬のフルーツを使って、美味しそうに盛り付けた料理&スイーツがとてもおしゃれで素敵です。
しかも、「これなら私も作れるかも!」と思えるような簡単なレシピが多いので、読者の参考にもなりそう! 楽しいおしゃべりと美味しい料理で盛り上がる「おうち女子会」には大いに喜ばれそうです。

「Osteria」とは、イタリア語で、おいしい料理とお酒を囲みながら楽しいひとときを過ごせる居酒屋という意味合いがありますが、「こんな素敵なお店が本当にあったら…、通ってしまいそう!」と思えるような料理ブログとして、読者に人気を呼んでいます。
今週は、そんなおもてなしの心が伝わる、料理ブロガー、「Osteria poppoへようこそ」のnokko2010さんこと、nokkoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nokkoさん:こちらこそ、いつもありがとうございます。憧れのピックアップブロガー! 選んでいただいて、とてもうれししいとともに、恐縮しています。基本的になんでも3日坊主ですが、続けてきてよかったなと思います。
ブログを始めたきっかけは、ふたつあります。ひとつは…、結婚後、日々のご飯がマンネリ化してネット検索していたら、素敵な創作レシピに遭遇したこと!「なんてクリエイティブなの!」と感動しました。それに、写真やスタイリングもプロみたいに素敵で…。とても素人の方がやっているものには思えず、衝撃的だったのを今でもよく覚えています。
もうひとつは、仕事で料理写真を撮る必要に迫られたからです(笑)。以前、健康食品と化粧品を扱う会社の広報室に所属していました。基本の仕事はパンフレットとか、パッケージとか、自社紙媒体のデザインと会報誌の編集だったのですが、あるとき、月刊の会報誌で自社商品を使ったレシピを紹介することになりました。
でも、プロのカメラマンを雇う時間も予算も厳しい状態で、「それじゃあ、自分でやるか」的な流れになりまして…(笑)。とはいっても、撮った写真はなんだかイマイチ。これは練習するしかないなと思ったのでした。
そんなときに素敵なブロガーさん方に刺激を受け、「私もいずれはこんなふうになりたい!」と、熱くなり、スタートしました。

c0039735_1239786.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nokkoさん:よく「Osteria poppo」にご来店いただく方はご存知かと思いますが、ひとことで言うなら、「酒呑みブログ」です(爆)!! もう少しお上品(笑)に言うなら、「ワインを愉しむ食卓」でしょうか。
大好きなワイン、せっかくだから美味しいおつまみとともにいただきいですよね。さらに、色取りや盛りつけもちょっと工夫して、おもてなしにも対応できるような「華やかさ」をプラスできればいいな…。そんなコンセプトで、ワインに合うアレンジレシピを和・洋・エスニック…と、ボーダレスでご紹介しています。
最初の頃は「おうちごはん記録」とか書いていましたが、やっぱり何か違うかなと(笑)。毎日ワインをいただくので、「もうそこに特化しよう!」とあるとき決心したのでした。
主人のpoppoさんはまったくお酒を飲めない人ですが、チーズやオリーブなど、ワイン好きが好むものがなぜか好きなので、助かっています。

あとは、お料理のアイデアソースの、食べ歩き記事&お花写真、旅行レポなども気まぐれに載せています。
一見、統一性がない感じですが、「食べたもの」「見たもの」「感じたこと」はすべてお料理や写真に反映されと思っているので(笑)、載せています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
nokkoさん:ブログから得たことは本当にたくさんありますが、やっぱり一番大きいのは、自分が本当にやりたいことに気づき、それを仕事にすることができたことだと思います。
前職のグラフィックデザインの経験も生かしながらも、何か「食」に関わる仕事がしたいと思い、フードコーディネータの資格を取りました。現在は飲食店やホテル、商業施設にデザートを卸す会社で商品開発、営業、商品撮影とデザインの仕事をする傍ら、個人の仕事として、飲食店のメニューのデザイン、撮影、レシピの提案などもさせていただいています。
ある飲食店さんは、ブログの写真とレシピを見て仕事の依頼をくださったんです! 本当にうれしい瞬間でした。

c0039735_12114533.jpgもうひとつ、とても大きいのは素敵なみなさまとの出会いです。以前は「憧れ」でしかなかったブロがーさんや、普通に生活していたら絶対に出会えないよねー!という方々とコメントを通じてお友だちになれたことですね!
ブログはもちろん、その人の「すべて」ではないけれど、普段食べているものや感じていることを共有することで、すごく親しくなれる! これはすごいです!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nokkoさん:よくも悪くも、「単純な人」です。よく、poppoさんから「単細胞」と言われます(笑)。ほめられたり、うれしいことがあるとテンションMAXになって、それがすぐに顔に出てしまいます(笑)。
そして、好奇心旺盛で落ち着きがないというか、夢中になることがないと、生きていけないかも。何かに没頭している瞬間が、一番自分らしいと思います。
一般的に「大変」とか「無理」といわれることでも「絶対にこうする!」と決めたら、それに向かって一直線! 目標を達成するためなら苦手なことにもチャレンジします。
そうは見えないかもしれないけど、案外真面目なのかもしれないですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nokkoさん:コメントを長い間やり取りしているみなさんにはほぼ全員お会いしました。エキサイトブロガーでは、uhihiさんfumieさんはるひちゃんuiちゃんjasmineさんソーニャさんhappyroseさんです。
それにしても、どうしてここまで“のん兵衛”が集まったのか?と不思議に思うほど、みんなお酒好きです。類は友を呼ぶのかな?(笑)。
一部の方とは「のん兵衛女子会」を定期的にやっていたりして(笑)。 ホントに楽しい仲間です。

c0039735_12185645.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nokkoさん:ハマるものはその時によって変わります。しかも結構頻繁に(笑)。だから、あまり「コレ」と言わないことにしましょう。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nokkoさん:もっとお仕事の幅を広げて独立することです。将来的には(笑)。
今、一番やってみたいのは自分でスタイリング、写真、デザインのすべてを手がけたレシピ本を出すこと!
内容はもちろん「ワインに合うお料理」ですが、もうちょっと私らしい「特徴」がないとな~っと、現在コンセプトを練っているところです(笑)。

エキサイトブログ編集部:いつもおしゃれで美味しそうな料理を楽しませていただいていますが、料理が好きになったきっかけや料理&レシピを作る楽しみは?
nokkoさん:料理は子どもの頃から好きだったみたいで、おばあちゃんと一緒に庭から採ってきた野菜や魚の下処理をしたりしていました。実家にあった「今日の料理」も何度も何度も読んで、ボロボロに(笑)。見よう見まねで何品か作ってみたこともありましたよ。
当時から「欧風」の料理に関心があったみたいで、作ったものもロールキャベツとかそういうものだったような…。
あと、父が食べることが大好きな人で、定期的に外食に連れて行ってくれたこも「味の記憶」を養ってくれたと思います。当時、田舎ではあまりなかったフレンチのお店でエスカルゴとか、湯布院の老舗のお店ですっぽん料理、アヒルとかも食べさせてくれたな。すっぽんの生き血を飲む父がちょっと怖かったですけどね(笑)。

c0039735_12404281.jpgそんな食いしん坊の私でしたが、20代の頃はデザインの仕事に夢中でぜんぜん料理をしていませんでした。毎日外食。冷蔵庫の中にいつもあるのはお酒とミネラルウォーターと調味料だけ(笑)。料理をするのは週末くらいだったんじゃないかな。
料理熱が再びアップしたのは、やっぱり結婚してからですね。料理本やいろいろなブロガーさんのレシピを参考に、毎日の料理を考えるのがだんだんおもしろくなってきて。ブログを始めてからはさらに拍車がかかって、通勤時間はいつも「今日は何を作ろう!」とアレコレ考えてました。

いつの頃からか思うようになったのですが、私にとって、料理は食材の組み合わせを楽しむ「実験」みたいなもの。食べることよりも、実はこの「実験」が好きだったりして(笑)!
たとえば、生ハム&メロンが美味しいなら、生ハム&桃とか柿もきっと美味しい!「それに何をプラスしたら、より素材の魅力が愉しめるか?」そんな妄想をもとに毎日料理を考えています。

エキサイトブログ編集部:また、 自分らしいレシピ作り、美味しく見える盛りつけ方や写真の撮り方、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
nokkoさん:盛り付けや器、色取りには写真を撮るようになってからこだわるようになりました。それまでは「シンプルイズベスト。白いお皿以外はいらない」くらいにしか思っていなかったんですよね。でも、同じ料理も器や盛り方が変わるだけで、ガラっと表情が変わることを発見!
以来、器にもこだわり始め、とどまることを知らない物欲がちょっと怖い昨今です(笑)。

スタイリングや盛りつけは、できるだけそのお料理の特色が出るようにしています。
たとえば、「ちょっとおしゃれな前菜風」を目指すときは、大きめの器に少量を盛って高さを出すとか、「居酒屋風」のときは、木目のテーブルに作家ものの和食器で渋くいくとか、素朴なスコーンはイングリッシュカントリー風のクロスにアンティーク調のお皿とか…。外食のときに見た料理の「雰囲気」や、雑誌を参考に「今日は、こういう絵を撮ろう!」と毎回試行錯誤しています。

c0039735_12424461.jpgそれから、よく、「色取りが鮮やか」と言われますが、本人実は何も考えていません(笑)。
黒いお皿に黒っぽいソースはちょっとね…、とかそれくらいです。できるだけ、お料理を主役にしようと思ったらこうなった、という感じでしょうか。
写真については、マクロレンズを使ってなるべく「寄り」で撮って食材の表情を出すようにしています。
「できるだけ美味しそうに、艶っぽく」。見たときに「わー食べたい!」と思ってもらえるような写真を目指しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nokkoさん:「見たことがない色、食べたことのない味、味わったことのない感情は表現できない」。いつも、そう思っています。
もの作りとは、それまで見たり感じたりした「情報」を自分のフィルターを通して表現すること。なので、この「引き出し」が多ければ多いほどいいものが作れるのかな?ということで、ワクワクするような「美味しいもの」「キレイなもの」を味わったり、見たりする機会をなるべく増やすようにしています。
ちょっと長くなりそうなので、ここでは一番わかりやすい「外食」についてだけ触れますね。
外食は、盛り付けや「目からウロコ」の食材の組み合わせなど、自分では思いつかないようなアイデア満載です。外でいただいた料理からヒントを得て思いついた料理は、ホントに数え切れないほどたくさん!そんなわけで、お外ご飯は私にとってなくてはならないものなのです。飲み歩く大義名分でもありますが(笑)。

c0039735_1214886.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だった
ポストは?
nokkoさん:●2013.5.8 ビーフステーキとアボカド、クレソンのボリュームサラダ☆ バルサミコ醤油ドレッシングで♪
ローストビーフをたくさん作った翌日メニューがベースです。これが食べたくて、作っていたような気もします(笑)。ホームパーティーで作ったらみんなピラニア状態!あっという間に完売でした。

●2013.5.20 砂肝のコンフィ アドバンス♪ スモーク編☆
アクセスがやたらと多い「砂肝のコンフィ」。「つくれぽ」もたくさんいただいています。
たくさん仕込んでもあっと言う間に消えて、あまりアレンジレシピをご紹介できないのが悩みの種(笑)。
軽くスモークしたアドバンスバージョン、ワインにぴったりで個人的に好きなレシピです。

●2013.7.14 桃とリコッタチーズの生ハム巻き♪
「料理」とは言えないくらい、簡単!なのに、やたらと美味しい! 
泡や白にぴったりな季節限定アペタイザーです。桃のピンク色がかわいいので、おうち女子会におすすめです!

●2013.6.16 醤油麹&オリーブのペースト on 鰹、アボカド&焼き茄子♪
ワインバーでいただいた料理を参考に考えたお気に入りの前菜。お店では味噌+オリーブだったのを人気の醤油麹でアレンジしました!

c0039735_12405113.jpg●おもてなしで人気のディップ!フムスみたいなアボカドディップ♪
おもてなしでお出しすると、必ずレシピを聞かれる人気メニュー!「つくれぽ」も多いです。パクチーが苦手な人にも「美味しい!」と言われました。
バゲットは多めに用意しましょう。あっという間に消えます(笑)。

●2012.1.6 市販のモッツアレラチーズを美味しく♪ 簡単生ハム&バジルロール☆
高いお金を出して専門店で買わないかぎり、あまり美味しいものに出会えないモッツアレラチーズ。
でも、こうしていただけばスーパーの安いものでも、とっても美味しいです。

●2013.5.25 薬味まみれ♪ チキン南蛮Nokko Style☆
地元九州の居酒屋&お弁当で大人気のチキン南蛮をちょっと大人の味にアレンジしました。
黒酢ベースのソースと薬味たっぷりのタルタルソースがなんとも美味しいです!

●2011.4.1 節電レシピ コクウマ☆たらこうどん♪
冷凍うどんを使ったお手軽レシピです。とにかくあっという間にできるので、時間も節約できます。
今の季節の忙しい日におすすめです。
かなり過去レシピなので、写真がとてもイマイチですが…お目こぼしを(笑)。

c0039735_1235611.jpg●2012.6.23 Rose! Rose! Rose!
タイトルの通り、薔薇ばかりの記事です。
お花写真も実はとても好き。よろしければ「お花」のカテゴリで他のものも見てください。

●2013.1.9 Road Trip 2013 レポ vol.1 ~神戸編~
車で行く地元九州への旅! よろしければ、Road Trip 2013全編、2010編もご覧ください。「Road Trip」のカテゴリにまとまっています。
地元九州まで、美味しいものを食べたり会いたい人に会いながら、宿も予約せずに気まぐれに旅行する、ある意味、我が家らしい旅行です(笑)。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
nokkoさん:長い休みがあったら、というか、お金があったら(笑)、海のキレイな島にバカンスに出かけたいです。
モルディブとか、タヒチとかが気分ですね~。キレイな海を眺めながら、ビーチバーでフローズンカクテルとか飲みたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nokkoさん:ホントは何か明るいニュースを話題にしたかったのですが。エジプトが今、大変なことになっていますね。
宗教上や政治上のことはホントに難しいですが、人の命が失われることはやっぱり心が痛みます。
早く解決に向かってくれるといいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと
nokkoさん:最近、ブログの更新やレスがゆったりでホントにごめんなさい!
長く続けていくために、こんな時期もあるかと思いますが、これからもどうぞよろしくお願いします。
みなさまが見てくださっていることに支えられて、3日坊主が3年も続けられたのですから、これはすごい!
いつもありがとうございます。これからも、「のん兵衛レシピ」をたくさん用意してお待ちしていまーす。
あと、意外とリアル友の読者&「つくれぽ」も多いのです。口頭やフェイスブックで報告してくれて、ホントにうれしいです! いつもありがとー!!

c0039735_12264720.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【nokkoさんのお気に入り&好きなブログ】

うひひな毎日 
簡単に美味しくできるレシピと素敵な旅行レポが魅力。カメラの腕もピカイチなうひひさんからはいつも刺激を受けています。
そして、写真&旅好きの素敵なご夫婦の日常に思わず私も「うひひ」。

ごはんの時間気まぐれレシピ
ブログを始める前からずっとファンだったブログのひとつです。
marronさんの繊細なお料理とセンスある器使い、器用さには脱帽です!
最近はかわいい娘さん用ののお弁当を中心に掲載されてます。ママになったmarronさん、さらに魅力的!

笑顔の時間 - a table to be full of happiness -
服飾デザイナーと料理家の二足のワラジを履く、ふみえさん。ジャンルは違いますが、デザイン出身ということで、とっても親近感。
スタイリッシュだけど、どこかほっこりする素材を生かしたお料理が魅力です。やっぱり、センスあるんだよな~。

はるひごはん
人気料理家、はるひちゃん。化学調味料を使わずに作る、簡単なのにおしゃれなレシピ!
ストウブ鍋を活用したレシピ、いつも参考にさせてもらっていまーす。
写真のスタイリングもとってもかわいく、ワクワクします。

uiの野菜 
おしゃれでカラダにいい料理が満載! 一からすべて手作りしていて、すごいです!
スタイリングもとってもかわいいです。
かわいい息子クンの成長記録もいつもほっこりしながら見ています。

続・ジャスミンの料理手帖 
こちらもずっと前からファンだったブログのひとつ。
お料理のテイストとセンスあるスタイリング、文体から伺える「考え方」に共感。とっても「粋」な彼女のブログ、大好きです。
関西のブロガーさんですが、去年、ついにお会いできました!もちろん意気投合!!




【nokkoさんのライフログ】

ボックス!

百田 尚樹 / 太田出版


映画化もされましたが、やはり原作をぜひ! 
女性教師の視点で書かれているので、ボクシングのことがわからなくても、興味がなくても楽しめます。
天才的な運動神経&ボクシングセンスを持つカブちゃんと、もともとはひ弱でがり勉だけど、超努力家のゆーちゃん。ふたりがボクシングを通して人間と して、そして男として成長していく姿が描かれています。「努力を努力と思わず、楽しんでやり続けられるのは才能があるということ」という、その台詞にぐっときました。
今、「目指す何か」に向かっている方に、特におすすめしたい一冊です。

Elle a table (エル・ア・ターブル) 2013年 09月号 [雑誌]

ハースト婦人画報社


スタイリング、レシピともにお手本にしています。「さすが!」のセンス。素敵だわ~。
昔からずっと大好きな雑誌です。

nokkoさんの「Osteria poppoへようこそ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-08-20 17:06

c0039735_1244750.jpg一度は行ってみたいおしゃれなフレンチやイタリアンレストランをはじめ、友だちと気軽に行けるリーズナブルなランチや、スイーツがたっぷり味わえるカフェまで。思わず食べたくなる、美味しいものがいっぱい。
そんな食べ歩きの日々はもちろん、日常からふっと抜け出して旅したステキな思い出も満載。憧れの宿でのんびり癒しのひとときを満喫したり、現地の美味しいものをとことん食べつくしたり…。
美味しいものを食べるとだれがも笑顔になれますが、そんな至福のひとときを楽しむ様子をつづったレポを見ていると、こちらまで美味しいものを食べた気分、旅に出た気分に包まれます。

今年2月の「香港の旧正月特集」では現地での体験レポも紹介していただきましたが、「いつも美味しそうな話題を楽しんでいます!」「私も行ってみたい!」と読者に注目を集めています。
今回は、美味しい幸せを写真とともに臨場感いっぱいにつづる、「LIFE IS DELICIOUS!」のnana_deliciousさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nana_deliciousさん:こちらこそいつもお世話になり、ありがとうございます。
このたびはピックアップブロガーに選んでいただき、ありがとうございます。とてもびっくりしました!
日々の出来事や旅の記録を何らかの形で残したいと思い、好きなブロガーさんが多かったエキサイトでブログというものを始めました。
ひとつのことを続けるのが苦手なので、まさかこんなに長く続くとは思ってもみませんでした(笑)。

c0039735_13101568.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nana_deliciousさん:大好きな旅行や美味しかったものをつづっています。
日記のつもりで始めたと言いましたが、いつの間にか食と旅専門のブログになってしまいました(笑)。
「LIFE IS DELICIOUS!=人生は美味しい!」美味しいものは人を笑顔に、元気にしてくれて、そこにはいつも温かい空気があります。そんな暮らしをしていけたらいいな、と思い、タイトルにしました。
読者の方から、よく「行った気になりました」「食べた気になりました」と言っていただくのですが、そんなふうに私が見て感動したもの、食べて美味しかったものをみなさんと共有できたらいいなぁと思いながら、ブログを書いています。
そして、旅行に行く時、私もたくさんのブロガーさんの情報を参考にさせていただいています。ブロガーさんの情報はガイドブックよりも詳しく、新しいので信頼しています。同じように、私のブログが旅の計画に少しでも役立てばと思い、旅のレポは特に力を入れています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
nana_deliciousさん:月並みですが、出会えるはずのなかった人とブログを通じて出会えたことが一番大きいです。
一緒に旅行に行ったり、おうちを行き来したり。まるで昔からのお友だちのようなおつきあいをさせていただいている方がたくさんいます。食べることが好き、旅行が好き、という共通の価値観の方ばかりなので。一緒にいて本当に楽しいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nana_deliciousさん:旅好きの食いしん坊、やや人見知り(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nana_deliciousさん:コメントくださる方はもちろん、できることなら見に来てくださっている方みなさんとお会いしたいです。
きっと旅好きの食いしん坊さんばかりだと思うので(笑)。

c0039735_124594.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nana_deliciousさん:何も予定がない休日にキッチンにこもってお料理やお菓子・パン作りをすること。
作って満足してしまい、自分で食べるより人にあげてしまうことのほうが多いんですけどね(笑)。
それから食べて美味しかったものの再現が好きです。アジアごはんやパンケーキはよく作ります。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nana_deliciousさん:いつか食と旅に関するお仕事ができたらいいなぁ、と思っています。
旅先で自分の足で歩いて食べたものを記録した食いしん坊マップの制作とか、一日の食事の中で一番好きなのが朝食なので、自分が美味しいと思うものを食べてもらう朝ごはんやさんとか。いつか叶えたいですね。

c0039735_1249324.jpgエキサイトブログ編集部:美味しそうなグルメ写真&お出かけ写真がとても魅力的ですが、食べ歩きやお出かけ&旅をする楽しみ、これまで訪れたところで特に印象に残っているところは? また、自分らしい写真を撮るためにこだわっっていることがあれば…。
nana_deliciousさん:私は好きなお店に繰り返し通うのが好きなので、なかなか新規開拓ができないのですが、周りにグルメなお友だちが多く、いつも美味しいお店に連れて行ってもらっています。私の食べ歩きは食べ友だちによって成り立っているのです(笑)。食べ歩きは週に2回くらいですね。意外とおうちご飯派なのです(笑)。

私にとって旅は人生に欠かせないものになっています。ここ数年はアジアづいていますが、20代の頃は休暇のたびにリュックを背負ってヨーロッパ各国を旅していました。ユースホステルに泊まって、いろいろな国の旅人と交流して…。海外旅行デビューが遅かったのもあって、すべてが新鮮でした。世界は広いなぁって。
そこから私の旅好きが始まったと思います。
その頃からブログをやっていたら、笑いあり、涙ありの相当おもしろいレポが書けたのに…(笑)。
チェコやハンガリー、スペインは街全体が芸術で本当に美しかったし、人もやさしく食べ物も美味しく、ステキな国でした。またいつか訪れたいと思っています。
数年前から台湾とバリにハマり、毎年行っています。飽きるどころか訪れるたびにどんどん好きになっています。
旅行はまとまったお休みが取れれば年に1~2回。短期の弾丸旅行は日程と予算が合えばいつでも!!

写真に対しては、実はあまりこだわりがないんです。よくあまりのいい加減さに驚かれるのですが、ほとんど設定を変えることなくカメラ任せ。思ったまま撮ります。そして美味しいうちに食べたいので撮影は本当にササっと済ませてしまいます。ですので、後でびっくりのブレブレ写真も多数です(笑)。

c0039735_12465974.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間は?
nana_deliciousさん:大切にしているのは家族や友だちとの時間です。
家に友だちを呼んで、たくさんの料理を作るのが大好きです。空になっていくお皿を見ると本当にうれしくて。
作るのに夢中で写真を撮ることを忘れてしまうのがブロガーとして失格なんですけどね(笑)。

癒されるのはやはり愛犬と戯れている時。どんなに疲れていたり悲しくても顔を見ているとつい笑顔になってしまいます。

c0039735_12454549.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
nana_deliciousさん:●「南イタリア&パリ2008~イタリアのおうちごはん編
イタリアの知人宅にホームステイさせてもらい、イタリアの家庭の味をたくさんいただきました。
本当に美味しくて、温かくて、楽しくて。忘れられないステキな思い出です。

●「感謝を込めて!
誕生日にUPしたつぶやきなのですが、ブックマークしてくださったり、広めてくださったり、とても反響の大きかった記事です。

●「パリ滞在記~最後の晩餐&エッフェル塔でカウントダウン!
年末年始のパリひとり旅。大勢の人でにぎわうエッフェル塔の下でたったひとりで迎えた新年でした。
ハグする人がいなくて寂しかったのですが(笑)、キラキラ輝くエッフェル塔の美しさは今も目に焼きついています。

c0039735_12451146.jpg●「人生最幸の日。
大好きな妹の結婚式の記事。これほど幸せな気持ちで写真を撮ったことはありませんでした。
一生忘れられない感謝と感動の一日。

●「2011GWバリ旅行~バグースジャティのクッキングクラスに参加!
初めて本格的にバリ料理を習いました。料理好きな私にとってはとても楽しい体験でした。

●「我愛台湾'11~九份茶坊と夕暮れ
台北郊外のノスタルジックな街、九份。夕暮れ時に美しい景色を眺めながらのお茶タイムは至福の時です。

●「2011ハワイ旅行~Birthday Party!
友だち家族が住むマウイでバースデーパーティーに参加させてもらいました。
日本では考えられないことがいっぱいで本当に楽しかった!

●「ガレット・デ・ロワの会 2012
友だち8人で開催したガレット・デ・ロワの食べ比べ会。ここまでくるとオタクの世界ですね(笑)。

●「2012グアム旅行~ショッピングは楽し!
なぜか記事ランキングで常に上位にあるショッピングレポ。海外のスーパーはテーマパークですね!

●「2013.3バリ旅行~今年もサリ・オーガニックへ
ウブドにあるレストラン「サリ・オーガニック」。お店までのお散歩もすごく気持ちがいいんです。
ウブドに滞在している時は必ず行くお気に入りのお店です。

c0039735_12482680.jpgエキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
nana_deliciousさん:期限を決めない旅がしたい!そのひと言に尽きます。
旅は終わりがあるからいいのかもしれませんが、一生のうちに一度は飽きるまで旅してみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nana_deliciousさん:LCC(ローコストキャリア)関連のニュースですね。
旅の選択肢が増えるのはうれしいですね。今まで1回しか行けなかったのが、2回3回…と渡航回数が増えたのも安い飛行機が次々に誕生しているからだと思うので。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nana_deliciousさん:数多くあるブログの中から「LIFE IS DELICIOUS!」を見つけていただき、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。これからも自分らしく、楽しく続けて行きますので、末長くよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【nana_deliciousさんのお気に入り&好きなブログ】

●「道楽のススメ
バリの達人、タイチョさんのブログ。ご自身で収集されたバリの最新情報はどんなガイドブックよりも参考になります。私のバリ教祖さま、憧れの存在です!

●「Happy Slow Life
バリつながりで知ったslow-foxtrotさんのブログ。とにかく写真がダイナミックで美しい!目ヂカラならぬ、写真ヂカラがすごいです。見ているだけで癒されて、思わず旅に出たくなるステキな写真がいっぱいです。

●「台湾のたびしおり
台湾の達人3人トリオheppyさんのブログ。
台北のみならず、台湾全域のレポートは台湾の知られざる魅力がいっぱい。ガイドブックやオリジナルはんこもすごくかわいいです!

●「旅とパンのスロウな日々
アジアとパンとおいしいものが大好きなhiroさんのブログ。
私がブログを始める前からずっと愛読させていただいています。文章、写真、ライフスタイル。すべてに共感できるし、読んでいると心が平らになるんです。

●「パリときどきバブー
パリ在住のとのまりこさんのブログです。パリの日常や美味しいもの、ショートトリップ…どこをとってもステキで、見るたびに「フランス好きだなぁ」って思います。パリの風景に溶け込む、かわいいちびっこ&わんこの写真にも癒されます。




【nana_deliciousさんのお気に入り&好きなブログ】

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

辻 仁成 / 幻冬舎


「好青年」と周囲から呼ばれ婚約者もいる豊が、謎の美女沓子とタイ・バンコクで出会い、互いに惹かれ合い逢瀬を重ね、そして別れ、 25年後に劇的な再会をするまでを描く。
大好きな小説で何度読んでも切なくて胸が痛くなります。バンコクのオリエンタルホテルに行くきっかけになった本。

まいにち食べたい“ごはんのような“ケーキとマフィンの本

なかしま しほ / 主婦と生活社


手軽に作れるおやつが満載。繰り返し作っているお気に入りのレシピがいっぱいです。

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


ジュリアロバーツ、好きなんです。
ジャーナリストとして活躍するヒロインが離婚と失恋を経て、自らを立て直すために出た旅の日々。
イタリア、インド、バリ島。大好きな場所がたくさん出てくるのでそれだけで幸せな気持ちになります。

nana_deliciousさんの「LIFE IS DELICIOUS!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-07-04 15:03

c0039735_18135977.jpg美味しい料理とお菓子が作れて、お友だちを自宅に招いて和やかなおもてなしができたら…うれしいですよね。
「私もそんなおもてなしがしたいから、料理教室でも通ってみようかな?」なんていう女性に注目。世界各国の料理とお菓子作りを学んだ経験を生かし、東京港区で、クッキングスタジオを主宰されるのは、「mahoのテーブルから」のmahoさん。世界各国料理はもちろん、マクロビオティックの料理教室やパン教室、お菓子教室をはじめ、お子さんを対象にしたキッズクッキングなども手がけています。

ブログではそんな料理教室の様子はもちろん、「これなら私も作ってみたい!」と思わせるオリジナルレシピ&料理をご紹介。被災地支援に力を入れたり、いろいろなクッキングイベントも企画されています。
先日は、エキサイトブログの公式ブロガー、エリオットゆかりさんのクッキングイベントなども主催し、たくさんの読者に好評でした。

今回は、そんなレシピ&料理が定評の「mahoのテーブルから」のmahoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mahoさん:料理教室のホームページを作るときに一緒にはじめました。以前、ロンドンに住んでいましたが、そのころからママ友だちに頼まれてお菓子作りを教えたり、帰国後も友だちに少しだけ教えていました。
2003年、高輪に引っ越すと同時に、法律事務所でフルタイムで働くことになりましたが、休みの日に近所の方をおもてなししていたら、「ぜひ教えて」と言われて、2004年ぐらいから、月に一度日曜日に5名ぐらいの方に教え始めたのが、料理教室のはじまりです。
ホームページとブログの開設時期はその2年後の2006年6月です。当時は、ほかのブログサービスを利用していましたが、写真の容量がいっぱいになってしまったため、2007年7月からエキサイトブログに移りました。
エキサイトは写真がとてもきれいで、過度な広告がなく、すっきりとおしゃれで、写真の容量が相当大きかったので、移転しました。実際に使ってみて、本当に良くて、エキサイト以外考えられないです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mahoさん:料理やお菓子を作るの好きで、イタリアやスペイン、タイ料理をはじめ世界各国の料理教室に通って学んだ経験を生かし、世界各国料理とキッズクッキングの教室を主宰しています。そこでのレッスン風景やスケジュールのほかに、日々私が作っている簡単なレシピや美味しいレストランの話題などをブログでは紹介しています。また、子どもたちのや日々の気づきなどもアップしています。

レッスン風景は、見てくださる方にできるだけ雰囲気が伝わりやすいようにしています。レッスンのことだけでなく、家族や日々のこと、忙しいときでもぱぱっと作れる簡単レシピを織り交ぜることで、レッスンに興味のある方以外にも楽しんでいただけるとよいなと思っています。
また、同じように働きながら子どもを育てているパパやママたちの参考に少しでもなれば、幸せです。

c0039735_124058.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
mahoさん:ブログを始める前には知り得なかった友だちに出会いました。
実際に会うことになった人もたくさんいますが、みんなとてもよい人たちばかりで、その出会いは今の私にはかけがえのないものとなっているので、ブログに感謝です!

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
mahoさん:文章を書くことが嫌いじゃないので、実際に話すよりもむしろ、自分の気持ちを素直に出せる気がしています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mahoさん:男前(笑)。見た目とのギャップが激しいらしいです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mahoさん:これまで何人かのブロガーさんに会っていますが、特にエリオットゆかりさんとの出会いは私にとって大きなご縁でした。
ご本人が同い年、ふたりの子どもも同い年で、私がロンドンに住んでいた時彼女は日本に、私が日本に戻ってきたころに彼女はイギリスに、入れ違っているあたりも不思議なご縁を感じます。

会ってみたいブロガーさんは今は特にいませんが、何かご縁がある方なら無理に会おうとしなくても、自然に会う流れになるのではと思っています。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mahoさん:今、忙しすぎて好きなことが思うようにできない状態ですが、茶道とチャイナペインティングを習っています。もっとお稽古に行きたいです!

エキサイトブログ編集部:夢は?
mahoさん:今までも夢を持ってそれに向かって何かをしてきた、ということはあまりありません。その場その場でのご縁を大事にし、「これはいい!」と思ったらすぐに行動してきた結果、今があります。
今後もそんなご縁やタイミングを逃さずに、自分の好きなことが続けられたらうれしいです。

c0039735_12401934.jpgエキサイトブログ編集部:美味しそうなスイーツや料理の教室を主宰されていらしゃいますが、料理教室をはじめた経緯や、料理&スイーツ作りで大切にしていることなどは?
mahoさん:小学生の時から料理やお菓子作りが好きで、本や雑誌を見ては作っていました。結婚してからは、友人を招いてのおもてなしが好きで、またそれにより家族や友人が喜んでくれることが何よりの喜びでした。
そのおもてなし好きが高じて、その楽しみを分かち合いたいという思いで、いつのまにか仕事にしていた、という感じですね。特に「料理教室をやるぞ」と思って準備していたことはなく、人を呼んでおもてなしをしていたところ「教えて」と言われ、友だちベースで少人数に教え始めたのが始まりです。

ロンドンに住んでいたとき、世界各国の料理教室やお菓子教室に通っていましたが、そのとき、個人の先生のお宅でのレッスンで、その先生方が子連れOKでしたので、私も小さい子どもを連れてレッスンに通うことができました。その時の感謝の気持ちもあり、自分の教室の中でも、世界各国料理教室とマクロビのクラスはお子さま連れをOKにしています。
ロンドンでは、料理教室だけでなく、チャイナペインティング(陶磁器の絵付け)、フラワーアレンジメント、カリグラフィーも習っていましたが、一見関係のないその他の習いごとも、今思えば、すべて私の料理につながっています。お花はテーブルには欠かせないものですし、お花の色のバランスのとり方などは、料理のひと皿を完成させるときにとても参考になります。
チャイナペインティングの絵を描く時の色やバランスも役に立ちますし、自分の描いたお皿をテーブルセッティングに使うこともできます。それにカリグラフィーは、ケーキに文字を入れる際にとても役立っています。
何も考えず好きなことだけをやってきましたが、今思えばひとつの道につながっていて、無駄なことなど何もないな、と感じています。

日本に戻ってからはブラッシュアップするためにフードコーディネーターの学校に通ったり、お菓子の腕を確実にしたいためル・コルドンブルーの菓子ディプロムを取ったりもしましたが、現在、スタジオで私の片腕というか、両腕かもしれない(笑)ほど頑張ってくれているスタッフは、コルドンで卒業までペアを組んで一緒にお菓子作りをしたクラスメートです。コルドンで運命の出会いをしたということになりますね。

私が大切にしていることは、「相手のことを思って料理する」「心のゆとりを持って料理する」ということでしょうか。自分の心が不安定な時に作る料理は、本当に美味しくないのです。心に余裕があることが、美味しい料理を作るために大切なことだと思っています。

c0039735_12411161.jpg


エキサイトブログ編集部:「被災地にお菓子を送ろう」という支援をされたりしていましたが、今年は何かアクションをされるのでしょうか?
mahoさん:震災のとき、日本にいる方はみな、「何かできないか」と思っていたはずです。私もそのひとりでした。とにかく思ったら行動にうつさないと気がすまないタイプなので…。
「私にはスタジオがある」「お菓子やパンをみんなで作れるオーブンとスペースがある」。それなら、「やりたい方に協力していただいて、場所を提供してお菓子やパン作りができないか」ということで、4月からしばらくの間、お菓子とパンを被災地に送るルートを見つけて、ボランティアの方たちと作業をし、送付していました。
何かやりたくてもどうしてよいかわからなかった方々が、続々と応募してくださったおかげで、スタジオでたくさんのパンを焼いて送ることができました。

また去年の10月には被災地の仮設住宅にて、料理教室をさせていただきました。とても喜んでいただき、今後もこのような活動を続けたいと思っています。
震災から2年が経つ今、私たちに何ができるのか、現在模索中ですが、現地の方たちのニーズを聞きつつ、少しずつでも活動を続けていく予定です。
今年は、マホズテーブルの得意分野でもある「子どもたち」に向けて何かできることがないか、探していこうと思っています。

c0039735_12423262.jpg


c0039735_12393792.jpgエリオットゆかりさんとの初めてのイベントは去年の7月。私からのリクエストで「ゆかり流モダンブリティッシュの世界」というテーマでイベントレッスンをお願いしました。
その時に大盛況でしたので、その後も10月に「サンデーローストパーティイベント」行い、さらに3回目は、先日2月28日に「イースターパーティ」というテーマでイベントレッスンを開催させていただきました。

カリスマブロガーゆかりさんの明るいお人柄と簡単で美味しい料理やそのセンスの良さに惹かれ、たくさんの方々が集まってくださいました。
リピートの方が多いというのが、私にとってもゆかりさんにとっても、とてもうれしいことです。
今後も、ゆかりさんとのイベントを定期的に行い、「お互い高めあっていこうね」とふたりで話しています。

(エリオットゆかりさんの「イースターパーティ」の様子は、こちらの記事下でもご紹介)

エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mahoさん:犬と家族との時間。なかなか時間が取れないのですが、夜はなるべく家族や犬と触れ合う時間を大切にしています。
また、私は早起きで、朝ブログを更新するのですが、家族が寝ている早朝にブログを更新する時間もひとりでいろいろ考えられる貴重な時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
c0039735_1245362.jpgmahoさん:☆「ハッピークッキング!!いよいよ開催♪」 
ずっとやりたいと思っていたクラスが4月から本開講します。その思いを語っています。

☆「アボカドクリームチーズディップ」 
ずいぶん前にアップしたレシピですが、いまだに見てくださる方の多いレシピです。

☆「子供たちの好物…エスニック唐揚げ & ヨーグルトドリンク
つい昨日も息子にリクエストされましたが、子どもたちが大好きです。

☆「雪鍋
何度も作っているので、記事がたくさんありますが。(久々に雪鍋今年初の雪鍋今シーズン初の雪鍋雪の日に雪鍋
雪鍋は、夫の家の定番料理だったもの。それを結婚当時私に伝授してくれました。
結婚当初の私にとって、鍋と言えば、普通の寄せ鍋か、水炊き、すき焼き、おでんくらいだったので、雪鍋の斬新さとそのおいしさに感動したものでした。
以来、我が家の定番メニューとなりました。大根おろしは大根半本~1本分くらい入れてしまうこともあります。
揚げ餅と厚揚げがアクセントになっています。とろっととろけた揚げ餅がたまらなく美味しいのです。
ぜひ作ってみてください。おすすめです!!

最近本を読む時間がなくてあまり読んでいないので、「本を読みたい!!」という想いをこめて…。
☆「本で違う世界に
面倒くさがりやのための本
子育てをしているとどうしても現実的な本に手が伸びることが多いのですが、たまには非現実的な世界に本で逃避する時間も必要です。現実ではあり得ない小説の世界に没頭する時間は、日々の喧騒から一瞬逃れられる貴重な時間です。旅行で遠くに行くときもそれに似た感覚を覚えます。
現実からしばし離れる時間は、自分をリセットする意味でとても大切な時間です。

基本は小説が好きですが、自己啓発本も内容によっては読むことがあります。失敗することも多いですが、「なるほど」と思った自己啓発本をたまにブログで紹介しています。
自己啓発本は、あまりにもたくさん売られているので、どれを買ったらよいか迷いますが、いろいろな人のブログの口コミで「これはよかった」という意見を参考に選ぶとはずれが少ないです。そういった意味でもブログには本当にいろいろお世話になっています。

c0039735_12534881.jpgエキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
mahoさん:時間がほしいです。家族と過ごす時間と自分のための時間をもっと増やしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mahoさん:PM2.5。震災の時の原発事故のときもそうでしたが、どの程度危険なのかがわかりづらいので気になります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mahoさん:いつも遊びにいらしてくださりありがとうございます!
レシピなど参考にしてくださっているというお話を聞くと本当にうれしいです。
これからもどうぞよろしくお願いします。コメントもお待ちしております。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【mahoさんのお気に入り&好きなブログ】

● 「エリオットゆかりの美味しい食卓
毎日パワフルにたくさんのレシピを更新していて、どれも見た目にきれい、簡単、美味しい!!
大人気になるのが納得のブログです。

● 「うひひなまいにち
うひひさんは働きながら料理もこなし、休みの日には日本世界問わず各地に旅行に行くスーパー主婦です。
気取らないうひひさんの人柄が文体からにじみ出ていて、写真もプロ並みなので、見ていても楽しめます。

●「のりえレシピ
数々の星つきレストランをご夫婦で食べ歩いていらっしゃるセレブなのりえさん。
それだけでなく、それらの料理をご自宅で再現してしまう腕をお持ちなのです。
セレブっぽいのに気取ったところがなく、震災のパン作りの時もスタジオに手伝いにいらしてくださり、そのお人柄も大好きです。

●「蔦屋よしこの「漆って楽しい!
輪島塗りの7代目女将という、老舗に嫁いでいるよしこさん。にもかかわらず、気さくで、豪快なそのキャラに惹かれています。
器の素晴らしさもさることながら、時々ブログで披露してくださる料理の腕前も素晴らしいです。
いつかスタジオで能登料理のレッスンをお願いしたいくらいです。

●「ミンミンゼミ
紅茶教室を主宰されているミンミンさん。そのパワフルな行動力と明るい性格に魅力を感じでいます。
レッスンをブログで拝見するだけでも違う世界に飛んで行けるのが楽しいです。

●「英国屋台
英国から去年日本に帰国されました。
仕事をされる傍ら、被災地でご自分のスキルを生かした活動をされています。
お酒好きな彼女の楽しい一面を垣間見られる楽しいブログです。




【mahoさんのライフログ】

Pretty World

小野リサ / EMIミュージック・ジャパン


音楽ではボサノバが好きで、小野りささんなどを聴いています。ゆったりリラックスした気分になれるので、BGMに最適。自分のまったりしたペースに合っているのかもしれません。

かもめ食堂

バップ


友だちに「かもめ食堂見て、まほを思い出した」と言われ、初めて映画を見て、その空気感が大好きになりました。自分のなりたい雰囲気がそのままある大好きな映画です。

ああ正負の法則

美輪 明宏 / PARCO出版


この本によれば、人生も人も地球も、すべて正負(プラスマイナス)の法則が働いているそうです。
よくないことをしていると必ず悪いことが起こるし、すべてプラマイゼロになるようになっている。人づきあいは「腹六分目」にしなさい。など、納得できるお言葉多数。自分の人生のバイブルのひとつで、いろいろな人に貸し出しておすすめしています。ちなみにこの本もブログ友だちに教えてもらいました。

mahoさんの「mahoのテーブルから」を読んでみましょう。

  ↓  ↓  ↓

エリオットゆかりさんの「イースターパーティ☆」のレポはこちら。
[PR]
by blog_editor | 2013-03-19 17:15

c0039735_18193396.jpg色いとりどりのリボンや花を飾ったプチカップケーキをはじめ、ハートやキューピットのアイシングクッキーなど。思わず、「かわいい~~!」とわくわくしてしまう、とってもキュートなスイーツがいっぱい。ピンクやクリーム、水色などパステル調の色あいもとってもロマンチック。
こんなスイーツを手にとっただけで、心がときめいて幸せな気分に包まれそうです。

2月14日のバレンタインに向けて、ハートがいっぱいのアイシングクッキーもたくさん準備し、有名デパートのバレンタイン特別イベントにも出店しています。
こんなかわいいスイーツを作って「ミカリナ」という名で活躍されているのは、『「かわいいお菓子 micarina 」atelier diary』のmicarinaさんこと、小川美佳さん。
洋菓子メーカーやパティスリーで経験を積んだmicarinaさんのスイーツは雑誌やイベントでも大人気です。

今週は、これからバレンタインデーのシーズンにまさに注目したいスイーツブログ、『「かわいいお菓子 micarina 」atelier diary』のmicarinaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
micarinaさん:当初は、自分で作ったお菓子を、アルバムのように記録してみたいと思ってはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
micarinaさん:幼いころからの夢であったパティシエを志し、さまざまなジャンルのスイーツの製造や商品開発などの経験を積んだ後、2012年にアトリエを開設・独立しました。現在は自分のアトリエにて、「micarina」(みかりな)という屋号でお菓子を作る仕事をしていますので、イベントの告知やオーダーをいただいたお菓子を写真とともに紹介しております。

micarinaのコンセプトが「見ているだけでも幸せになれるような美味しいお菓子」なので、ブログに掲載したお菓子の記事をご覧になった方の気持ちが、わくわくしていただけたらうれしいな、と思ってブログを更新しています。

c0039735_1871862.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
micarinaさん:ブログを通して、たくさんの繋がりをいただけました。
好きなお菓子を通じて知り合えたご縁は本当に大切な宝物です。

またお菓子作りにおいても、「こんなお菓子を作ったらブログを見てくれる人は喜んでくれるかな?」…とお菓子の向こう側にいる誰かの笑顔のことを想像して、お菓子作りに臨めるようになりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
micarinaさん:好きなことにはまっしぐらな人だと思います。

c0039735_189476.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
micarinaさん:「日菓のあれこれ」の日菓さんです。
繊細で自由な発想の和菓子の新しいかたちを拝見するたびに、心がときめきます。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
micarinaさん:やはりお菓子作りが大好きですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
micarinaさん:いつかお菓子の本を出版したいです。

c0039735_188938.jpg


エキサイトブログ編集部:とてもかわいいアイシングクッキーなどが魅力的ですが、スイーツを作りはじめたきっかけや、かわいいお菓子作りの楽しみは? また、スイーツの写真もとてもキュートですが、スイーツを撮るときの写真のコツや記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
micarinaさん:スイーツ作りをはじめたきっかけは、母がいつもおやつに手作りのお菓子を作ってくれたことですね。私も小さいころからお菓子屋さんになることに憧れて、この道にすすみました。

かわいいお菓子作りの楽しみは、たくさんのお客さまに喜んでもらえて「かわいい!」という幸せな気持ちを共有できることです。
お菓子作りのこだわり、大切にしていることは、味わいはもちろん女の子が「ときめくようなお菓子」作りを心がけています。

スイーツを撮るときの写真のコツといえるほど技量はないのですが、自分の子どもをかわいく撮影するような気持ちで自然の光で撮影しています。

エキサイトブログ編集部:まもなくバレンタインの季節ですが、バレンタインにちなんだスイーツを作る上でのポイントなどは?
micarinaさん:バレンタインにちなんだスイーツを作る上でのポイントは、チョコレートのお菓子はいろいろな種類があるので、相手の好みに合わせてお菓子を作ると良いかもしれません。
たとえば、クッキーよりケーキのほうが好きなお相手だったらガトーショコラやブラウニー、チョコレートマフィンなど。
お酒が好きなお相手だったらラム酒やブランデーなどをチョコレートに合わせたり、フルーティーな味わいが好きなお相手だったらオレンジピールをチョコレートに合わせたりすると風味もアップして喜ばれるかと思います。

ラッピングも、ナチュラル系でこだわりたいならカゴを使ったラッピングをしてプレゼントしたり、クール系でかっこよくラッピングしたいなら、包装紙の紙質などにこだわったり…。自分らしい贈り方を楽しんでバレンタインの日を楽しんでいただきたいです。

c0039735_1883547.jpg


エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
micarinaさん:家族とすごす時間はもちろん、ひとりでゆっくりお茶をのむ時間は、大切にしているし癒やされる時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
micarinaさん:スイーツモチーフ、アイシングクッキー
とても読者のみなさんに評判だったポストです。
ソフトクリームのもこもこ具合が私のお気に入りのアイシングクッキーです。

spring summerアイシングクッキー16モチーフ
麦わら帽子や日傘の質感、かき氷のキラキラした部分などにこだわったアイシングクッキーでとてもお気に入りです。

春のワンピース アイシングクッキー
ワンピースの柄にこだわった、色とりどりのワンピースクッキーがお気に入りです。

お菓子のウエルカムボード
すべてお菓子の素材でできたウエルカムボードは、ウエディングを迎えるみなさまにとても人気で、作る私もとても幸せな気持ちになります。

ジェイアール名古屋タカシマヤ : 2013 バレンタインランド「Amour du Chocolat!」本日よりスタート
今年のバレンタインデーのアイシングクッキーの画像をたくさん掲載しています。

c0039735_1874565.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
micarinaさん:長い休日があったら、海外に行ってお菓子の勉強をしたいです。
フランスの地方菓子などにとても興味があり、本場のフランスのお菓子屋さんでいろいろなお菓子に出逢いたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
micarinaさん:今年のバレンタインデーの動きがきになります。
どんなチョコレートに今年は出逢えるのか、お菓子好きとしてはとても楽しみです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
micarinaさん:いつもご覧いただきありがとうございます。
たくさんの励みをいただいて、毎日お菓子作りを頑張れるのはみなさんのおかげです。

いつも本当にありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたします。




【micarinaさんのお気に入り&好きなブログ】

●「楽しいよりみち 「にじいろ市」
毎月第一土曜日に北区十条で開催される手づくりマーケットのブログです。
企画メンバーの一人として活動していますが、毎月いろいろなジャンルの作家さんによる
手づくり市を開催しています。

●「Le Sourire M JOURNAL
お友達の布小物作家のLe Sourire Mさんのブログ。
大人かわいい布小物は、かばんに入れておくだけで女子度がアップするような気持ちになります。

●「umumのて
お友だちの編み小物作家のumumさんのブログ。
繊細でかわいらしい編み小物やアクセサリーは、まるでご本人そのものを表したかのよう。
現在は和歌山で作家活動をされています。

●「melmelmeelme!
かわいいのに、ちょっと不思議な個性的な作品を製作するお友だちの人形作家のmelちゃんのブログ。
同じモノ作りを通して知り合えて、今ではすっかり仲良しとなりました。




【micarinaさんのライフログ】

マイ・ブルーベリー・ナイツ [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


アメリカを舞台に、「ブルーベリーパイ」を介したノラ・ジョーンズが映画初主演した切なくて繊細な恋の物語。
映画を観終わった後、「ブルーベリーパイ」を食べたくなるような切ない作品です。

micarinaさんの『「かわいいお菓子 micarina 」atelier diary』を読んでみましょう。

c0039735_1151163.jpg
  woman exciteバレンタイン特集はこちら!!!
[PR]
by blog_editor | 2013-01-31 11:00

c0039735_18485841.jpgスマイル顔のキュートなクッキーから、旬のくだものを使ったカラフルなスイーツや、洗練された大人っぽいスイーツまで。大好きなスイーツ作りを日々楽しみ、ご自宅でもお菓子教室を主宰。美味しそうなスイーツ&おしゃれなテーブルコーディネートの写真にも定評があり、読者も憧れるお菓子の先生として人気です。
そんなスイーツ作りから友だちの輪が広がり、エキサイトブロガー仲間とともに素敵なスイーツや美味しいものを囲んだ幸せな時間も楽しんでいます。
もうすぐバレンタインの季節ですが、チョコレートを使ったスイーツ記事もたくさんご紹介しています。

今週は、大好きなスイーツとともに幸せな時間をつづった「EATお茶入れたよ」のTAEさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
TAEさん:こちらこそいつもお世話になっています。ピックアップブロガーに選んでいただきありがとうございます。
エキサイトさんに以前インタビューしていただいた、「キッチン」のブロガー特集でも同じようなお話をさせていただきましたが、転勤をきっかけに、遠く離れた実家や友人へ私の暮らしぶりを伝えたくて始めました。
現在は再び東京へ戻ったので、ブログを通じて知り合いになった方との大切なツール、さらに自宅で開講したお菓子教室の紹介へと使用目的が変化しています。この度あらためてブログを振り返るとライフスタイルが変わった5年だったなと自分も驚いています。

c0039735_18502856.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
TAEさん:こんにちは!「EATお茶入れたよ」のTAEと申します。TAEのスペルの文字遊びでEATとTEAを組み合わせたダジャレのようなタイトル名です。
自宅で主宰しているお菓子教室のレッスン風景やスイーツの写真をはじめ、大好きなスイーツに関わる記事をメインに、おいしいものや日々のできごとなどをつづっています。ブログの内容も写真とともにユーモアをプラスさせたくて私自身も楽しい気分で記事を書いています。

4年前から始めたお菓子教室に関してはHPを作成していないため、このブログを利用して案内させてもらっています。「興味があればメールをください」とだけ載せているので、おそるおそる教室への申込問い合わせをくださる勇気ある人、レッスン風景記事を楽しみにしていると励ましのコメントを残してくれる人など・・・ブログを読んでくださった方から反響があることにいつも感謝しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
TAEさん:それは、多くの人と知り合うきっかけになったことです。
エキサイトブログを始めた頃にやり取りしていたブログ仲間が10名ほどいるんですが、今では趣味も好みも合う大切な友人たちになりました。今ではお互いの家への行き来はもちろん、今度の旅行へも一緒です!どこへ行くのかはまだ内緒(笑)。いずれもユニークな方なので珍道中になりそうです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
TAEさん:ずばり、ブログが自己紹介の場でもあることです。お菓子教室の生徒さんは、多くがブログを読んで興味を持ってくれた方なので、先生である私が「おっちょこちょいで酒好きだけど、ケーキ作りの時だけは乙女」なことをご存じなんです。初対面でも素のままでいられます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
TAEさん:熱しやすく冷めにくいです。いつも気持ちの温度が高いタイプ。

c0039735_18533440.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
TAEさん:初めてブログ交流をしてからお会いしたのは、「yuco’s」のyucoさんと「ikukodays」のikukoさん。彼女たちと友だちになってからあっという間に日本各地と海外にもお友だちが増えました。今までお会いしたブロガーさんもたくさんいますが、これからもご縁がある方々と会えることを楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
TAEさん:天然酵母のパン作り!実はパン作りは今まで苦手でして・・・(汗)。
友人にとても素敵な先生を紹介してもらったので月2回通ってます。お菓子作りに比べたら、パン作りのほうが私には面倒に思えちゃうですけど。焼きたてのパンを食べると幸せな気持ちになります。上手に焼けるようになれば、そのうちブログでアップしたいな。

エキサイトブログ編集部:夢は?
TAEさん:夢というか現実的なお話ですが、転勤族なので、引っ越した土地でお菓子レッスンができたらいいなと思ってます。そのときはみなさまどうぞよろしくお願いします(笑)。
あとは他業種のアーチストさんとコラボしたワークショップをしていきたいです。第一弾は「カメラとスイーツ」。開催日が待ち遠しいです。

エキサイトブログ編集部:おいしそうなスイーツの数々ですが、スイーツを作りはじめたきっかけや、お菓子作りの楽しみは?
TAEさん:私は製菓学校卒ではありませんが、師となるお菓子教室の先生方に教室運営の楽しさを教わりました。スイーツ作りが縁で集まった生徒さんたちはかけがえのない仲間です。
先日教わっているパンの先生が「生徒さんが愛おしい」と言っていたのですが、同感です。大切な愛おしい仲間との出会いをスイーツが与えてくれたと思っています。そして手作りお菓子もたまらなく愛おしいです。
写真を撮るときは「可愛いねー」と心で褒めながら撮っています。私のスイーツが「優しい感じに見える」と言われたことがあるのですが、褒めている成果が出てるのかもしれません(笑)。

c0039735_18592411.jpg


エキサイトブログ編集部:まもなくバレンタインの季節ですが、バレンタインにちなんだスイーツ、チョコレートを使ったスイーツを作る上でのポイントなどは?
TAEさん:男性へのプレゼントの場合、変化球はやめて定番のチョコレートスイーツを作ることをおすすめです。
手作りならガトー・ショコラやトリュフチョコなど・・・。男性はショートケーキ、プリンなど定番スイーツを好む方が多いですからネ。チョコレートは1年に1度のイベントなので上質なものを選んで。隠し味にリキュール類(ラム酒やグランマニエなど)を加えると風味がアップしますよ。
手作りお菓子をラッピングするポイントはまず一番大切なのは「清潔感」。食べてもらうためにはセロファンやOPP袋などで包むと衛生的です。その後はお好きなラッピングをして愛情たっぷり仕上げてくださいね。

c0039735_18492317.jpg


エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
TAEさん:休日の午後。夫とのんびり散歩したり気になるレストランへ行ってみたり。手を繋ごうとすると最近はさりげなく逃げられてしまいます(涙)。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
TAEさん:●「ネンがこもったバレンタイン?」(2011-02-01)
それは想いなのか怨念なのか? テンパリングしたチョコレートを8回に分けて薄くコーティングするアマンドショコラ作り。レッスンでも「1回~、2回~」とみなさん声がけしながら楽しく作りました。今年もやります!
ほかにも、チョコレートを使った記事はいくつかあるので、バレンタインの参考に。
チョコレートの簡単タルト タルト生地を作って後は流すだけの簡単スイーツです。チョコ感たっぷりです。

c0039735_131047.jpg


●「12月のレッスン」(2012-12-27)
最近のレッスンはチョコレートケーキでした。クリスマスはケーキはもちろんテーブルデコレーションにも気合が入ります。毎年、手作りのツリーを飾りますが2012年はクッキーツリー。さらに2010年はマカロンツリー2009年も力作のマカロンツリーです。この季節はツリー作りが楽しみでワクワクします。

c0039735_18521171.jpg●「EATの会 春のタルトを作ろう」(2010-03-27)
お菓子教室の前身、仲間内でスイーツを作る「EATの会」を開催していたころの記事です。参加メンバーはブログで知り合った方たち。作る・撮る・食べるを同時にこなしていたのはさすがです。

●「EATの会 津田陽子さんのフロールを作ろう!」(2009-06-22)
もっとも検索数の多い記事です。レシピ本を忠実に再現したスイーツ作りでした。

●「夏のショートケーキでお帰り会」(2012-07-01)
ブログからの出会いは日本を越えて海外ブロガーさんとも繋がりました。
フィレンツエ在住のpolidoloさんアリリン親子が日本に帰省されるときは皆が大集合!毎年大きくなるアリリンとのお菓子作りは私の楽しみ。記事内の1年前と見比べてもらうとアリリンの成長ぶりが分かりますよ!

●「大阪ミッション」(2010-10-10)
とある目的で行った日帰り旅行。もちろんスイーツも食べましたが、最後のオチがひどくて読者の方からツッコミ反響が大きかったです。

●「今夜は牡蠣パーティー」(2011-12-06)
アパルトマンを借りたパリ滞在の一夜です。マルシェで様々な品種の牡蠣や新鮮な野菜を買い、食料品店でパテやワインを買ってディナーをしました。
これもまた最後にオチがありまして・・・。もはや旅の付きものになりつつある?

c0039735_18524937.jpg●「スマイルクッキー」(2011-08-11)
レッスンに来てくださっている仲間たちと一緒にクッキーを作って被災地の石巻へ送りました。このクッキーは作り手も作業中に笑顔になります。現在も石巻への支援を定期的に続けていらっしゃる「今夜もEat it」のmoonisupさんの呼びかけに協力させてもらいましたが、今後も自分にできることを続けていきたいです。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
TAEさん:綿密に計画できる頭脳。直観的・楽観的なので毎度ギリギリになって焦りはじめるんです。ただ学習していないだけ…では?とも言えますけど。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
TAEさん:震災復興のニュース。なかなか進まない復興ですがいつもニュースを気にしています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
TAEさん:ご訪問やコメントをくださりありがとうございます。主宰している「EatSweetsお菓子教室」はブログを読んで興味をもってくださった方が多数です。
これからも「おいしく楽しい!」をモットーに続けられるようがんばりますので、ブログに遊びにきてくださいね。




【TAEさんのお気に入り&好きなブログ】

●「macoのスイーツ日記
私のお師匠さん、荒木真子先生のブログ。いつもご活躍を応援しています。

●「パリでいただきます
パリのおいしいニュースをきれいな写真と優しい文章でつづっています。
長年ブログのファンでしたが、実際パリでお会いできて感激でした。

●「ジェイクnoチカラ
飼い犬ジェイク君の可愛い写真と明瞭な文章に癒されています。
関西に行くと必ず会うブログ友です。

●「Kitchen diary
日々の暮らしを綴られているkeiさん。やさしいお人柄が伺える素敵な生活をされているので憧れます。

●「heavenly delicious!!
スイーツ記事がてんこ盛りのミ・アメールさんのブログ。国内外のスイーツ情報を楽しく拝読しています。




【TAEさんのライフログ】

パリっ子の食卓―四季の味90皿

佐藤 真 / 河出書房新社


パリ在住の日本人向け新聞オヴニーのレシピ集。四季の旬で作る料理に合うワインも掲載されていてお得な本です。

一流パティシエといっしょに美味しいケーキを作りたい (別冊家庭画報)

河田 勝彦 / 世界文化社


10年前の出版のレシピ本ですが、今でも時々読み返しています。

ラ・パティスリー デ・レーヴ レシピブック: 味覚の魔術師、フィリップ・コンティシーニのお菓子

柴田書店


パリで話題のパティスリーが日本に2店舗オープンしました。さらにはレシピ本も発売されました。

TAEさんの「EATお茶入れたよ」を読んでみましょう。

c0039735_1151163.jpg
  woman exciteバレンタイン特集はこちら!!!
[PR]
by blog_editor | 2013-01-17 10:00

c0039735_124719.jpg食べた瞬間から、みんなが笑顔になるお菓子を作って、「おいしぃ~」って喜んでもらえたら幸せ! そんな思いでレシピを考え、ていねいに手作りするスイーツ。シンプルな焼き菓子から、季節感を取り入れたスイーツまで、ほどよい甘さの背伸びしないおやつが大人気です。
すべてオリジナルレシピ付きなので、「おうちで手作りスイーツを楽しみたい!」という読者の参考になっています。この時期なら、旬の栗やりんごを使ったスイーツやかぼちゃ入りのハロウィンスイーツなども美味しそう!
高校生のころから焼き菓子を作り続け、社会人になってからはお菓子教室に通って、本格的にスイーツ作りを学んでいます。ブログで紹介しレシピをまとめた本も出されていますが、「初心者でも作りやすい」「いつも参考にしています!」と評判です。

「このブログを通してたくさんの笑顔が生まれますように」という思いをこめて…。今週は、やさしい味わいのオリジナルスイーツレシピにこだわる、「marimo cafe」のmarimoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
marimoさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
趣味で作っていたお菓子のでき栄えを、写真付きで記録したいと思ったからです。
お菓子って食べてしまうとなくなってしまうので、どんなでき上がりだったか忘れて、何度も同じ失敗をしたりするんですよね。だから、「こんなレシピで作ったら、こんな感じでした~」という記録のために、ブログにつづろうと思ったのです。ホームページより簡単そうだし、日記みたいに気軽に更新できるのが魅力的でした。
何種類かブログサービスを比較して、シンプルでスタイリッシュな印象を受け、操作方法もわかりやすかったエキサイトブログにしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
marimoさん:「手作りお菓子をレシピとともに紹介する」がコンセプトなので、毎回新しいレシピを写真とともに更新しています。ブログをはじめて6年になりますが、レシピを数えてみたら300以上になっていて驚きました!新しいお菓子を生み出すのは楽しくて仕方ないです。
「あ~~美味しそうかも」って考えたお菓子を作ってみて、やっぱり美味しくて、それをブログにアップして読者の方に「美味しそう~!」って言っていただけることが最高にうれしいです。「でしょでしょ~~!作ってみて~」って、にんまりしちゃいます(笑)。

c0039735_1254359.gif


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
marimoさん:ブログをはじめたことで、自分のお菓子作りを記録して改善して向上して…って本当に、だんだん上達していきました。これは最初の目的通りだったのですが、そのうち他のお菓子ブロガーさんに影響されて、私ももっとかっこよく表現したいという気持ちが大きくなって、写真にもこだわるようになり、コンパクトデジカメからデジタル一眼に変えて、レンズも購入して…。だんだん本格的にハマっていきました。
そのうちたくさんの方がブログを読んでくださるようになり、「作ってみたよ~」「美味しかったよ~」というコメントもいただき、うれしくて、ますます作り続ける日々が続いています。やっぱり、誰かのお役に立てることってすごくうれしいし、それと私は、表現したい人間なんだって気付きました。私にとってのお菓子作りは、自己表現なんです。
だから技術向上のために働きながら製菓の専門学校へ通って、製菓衛生師の資格まで取ってしまいました。今は、『イルプルー・シュル・ラ・セーヌ』のお菓子教室でフランス菓子を学んでいます。
そう考えると、ブログをはじめたことで、私の中の表現欲求が目覚め、人生が変わったといえるかもしれません。

c0039735_1254354.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
marimoさん:向上心の塊。ですね。
「もっと上手くなりたい」という気持ちと、行動力がすごいので、一度決めたら、何が何でもやるんです。だから、体と脳が追いつかないこともしばしばあります(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
marimoさん:う~ん、おひとりに絞れないです。
ブログをお持ちの方も、そうでない方もくさん交流させていただいていまして、みなさま、やさしくて素敵な方ばかりなんです!お菓子の話をするのはもちろん、私が悩んだ時には相談に乗って頂いたり、専門学校に入学したのも、読者の方に勧めていただいたからなんです。今こうしてブログを続けられているのも、読者の皆さまあってのことなんです。なので、皆さまと一堂に会してお茶とかしたいです!なんて贅沢な夢なんでしょう!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
marimoさん:美味しいレストランで食事をすることです。
今年の私の目標が「美味しいものを食べて、感動する味とは何かを知る」なのと、美味しいご飯が大好きなので!
お店を探しては、仕事帰りに同期を誘って飲みに行ったりしています。気の知れた仲間と過ごす至福の時間です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
marimoさん:いつまでも表現する人でいたいと思っています。
そのためにも、たくさんのことをインプットして自分を成長させていかなくてはいけないと思っています。

c0039735_125554.jpgエキサイトブログ編集部:いつも美味しそうなスイーツ&レシピを楽しませていただいていますが、お菓子作りが好きになったきっかけやスイーツ&レシピを作る楽しみは? また、自分らしいレシピ作り、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
marimoさん:叔母が喫茶店をやっているので、高校生の頃から手伝いをしていました。お店では焼き菓子を出していたので、私も作り方を習い焼くことになったのですが、実は甘いものが苦手なので、特に食べたいと思っていませんでした。
そんなある日、焼きあがったチーズケーキをオーブンから出す時、叔母が手を滑らせて型ごと落としてしまったのです。形が崩れてしまい、「店頭には出せないね」ということで、スタッフのおやつになりました。そこで私は初めて、チーズケーキを食べたのかもしれません。あまりに美味しくて、「今までのケーキって何だったんだろう」と、びっくりしました!

今となってみると、手作りのケーキは、素材の味が伝わる温かい味わいだから、驚くほど美味しく感じたのかなと思います。
そんなわけで、徐々にお店のお菓子を食べてみるようになり、美味しいと感激し、家でも真似て作るようになりました。それは、自分好みに甘さを抑えれば美味しいのだと、気づいたことが大きかったと思います。それと、作る工程が魔法のようで楽しかったのもあります。だって、小麦粉と砂糖、卵、バターを組み合わせると、お菓子ができるんですよ。こんなに面白いことはなくて!
いろいろな素材を加えればバリエーションも広がるし。この楽しさに気付いてからずっと、お菓子のことを考えるとわくわくして仕方ないですね。特に季節のフルーツや野菜を見ると、どんなお菓子にできるかなぁ~ってうずうずしてきます。旬の素材で作るお菓子は、味が濃くて旨みを感じるので大好きです。

ブログ記事へのこだわりは、レシピを載せることです。私だったら、「美味しそうな写真のブログ記事を見たら、作ってみたいな」と思うので、毎回レシピを載せるようにしています。その代わり、納得いかない味の場合は記事にできないので、失敗が続くと辛いですね。週一回の更新を目標にしているのですが、できない時もあります。
作りたいお菓子の構想は平日に考えて、金曜日の夜か休日に作って写真に撮ります。写真は自然光で撮りたいので、日が沈むまでが勝負です。多いときは一日で3品作るので、夕方にはヘトヘトになっていますが、楽しいです。

c0039735_12553341.jpgエキサイトブログ編集部:ブログから生まれた『marimo cafeのしあわせスイーツ―大切な人が喜ぶ秘密のレシピ 』というレシピ本も出されていますが、本のほうはどんな点にこだわって作られたのですか?
marimoさん:ブログ記事には毎回レシピを載せているので、おかげさまでそれが好評となって、レシピ本という形でまとめさせていただくことになりました。
私のお気に入りと、読者の方のリクエストを考慮して厳選して載せています。ブログ未発表のレシピも数点載せています。「背伸びしないおやつ」がコンセプトで、焼き菓子が中心、シンプルなお菓子が多いです。
本の前半は、作りたいシーン別にお菓子をまとめました。ささっと作ってお土産にしたいマフィン、スコーン。ゆっくり味わいたいパウンドケーキ。みんなで食べるシフォン、ロールケーキ。などです。
後半は、春夏秋冬、季節別にレシピをまとめました。春は桜・チェリー、夏はいちじく・ラズベリー、秋は林檎、冬は洋梨・柚子など。バレンタイン用にチョコのお菓子もまとめました。

その他、本を作る際にこだわった点は、お菓子作りを始めた時に出てくるさまざまな疑問にお答えするコラムを多く入れたことです。例えば、「パウンドケーキを作る際に生地が分離しないようにするには?」「クッキーを綺麗な色に焼き上げるには?」「マフィンを焼いた翌日もふわふわ・しっとりに保つには?」「美味しそうな写真が撮れる構図・背景は?」などです。
出版したのは3年前になるのですが、その当時私が持っていたものをすべて出し切ったレシピ本です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
marimoさん:家族、大切な人との時間は、ほっとするひとときです。
平日9時~18時は仕事のこと、その他の時間、土日の自分の時間はお菓子のことをずっと考えているので、誰かと一緒にいたり、何かを考えずに過ごす時間は癒される時間です。
でも、お菓子を作っている時も癒されるので、、そういう意味では「癒される時間=仕事以外の時間」なのかもしれません!(笑)
今は実家で両親と弟と4人で暮らしているので、家族の支えもあり、自分のやりたいことに没頭させてもらっています。そんな家族に感謝しつつ、幸せな時間を過ごしています。

c0039735_12555849.gifエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、または読者に評判だった記事は?
marimoさん:★お気に入りの記事
ハロウィン・かぼちゃクッキー
型がなくても、ゆるキャラのかぼちゃクッキーができます♪

チョコレートマフィン  
冷めてもふわふわで美味しい。COOKPADにも載せていて、もうすぐ「つくれぽ」1000件の人気マフィンです。

秘密にしたい☆バニラシフォンケーキ  
試行錯誤の末、たどり着いた「ふわふわ・しっとり・もちもち」が共存するシフォンケーキです!

プレゼントに☆キャラメルモカシフォン
お気に入りのシフォンを紙コップで焼いて、可愛くラッピングできました。写真も透明感があって気に入っています。

★読者に評判だった記事
書籍化のお知らせ  
レシピ本を出すことをお知らせした記事です。たくさんのコメントにうれしくて涙が出ました。

かぼちゃマフィン Ver.2  
ハロウィン用に、かぼちゃマフィンのレシピをUPしました。会社で配った大量のハロウィンスイーツも紹介したので反響が大きかったです。

アメリカンチェリー・チーズケーキ  
季節感のあるお菓子は人気があるように思います。

c0039735_12564147.jpgエキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
marimoさん:お休みが取れれば、海外旅行に行きたいです!
夏休みにシンガポールへ行ってきたのですが、異国の文化に触れるのはとても楽しくて、またどこかへ行きたいな~と思います。狙っているのはニューヨークとベルギーです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
marimoさん:日光の紅葉がきれいなようで…!見に行きたいです!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
marimoさん:いつも『marimo cafe』に遊びに来ていただき、ありがとうございます!
ブログをはじめた当初から6年来お話しさせていただいている方も、最近「はじめまして」の方も、交流させていただく皆さま素敵な方ばかりで、いつも元気をもらっています。ありがとうございます。
今日をきっかけに訪問いただいている方も、これからも一緒にお菓子作りを楽しんでいけたらとてもうれしいです。どうぞよろしくお願いいたします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【marimoさんのお気に入り&好きなブログ】

●「のんびりのびのび
ご家族との日常の中にある手作りお菓子をつづられているのですが、ほんわかするエピソード・素敵なお写真・心のこもったお菓子、すべてが理想的で大好きです。

●「YPSILONの台所 Ⅱ」  
かっこいいお写真と美味しそうなスイーツに心を奪われたブログです。イルプルの先輩だと知り、勝手に親近感が湧いています。

●「口福なジカン」  
かわいくてデザイン性のある素敵なお菓子のブログです。管理人のm_smileyさんは、すごーく器用でいらっしゃるのでうらやましいです。

●「モリキミニッキ☆」モデルの森貴美子さんのブログです。ていねいでほんわかした暮らしに憧れちゃいます。

●「marimo cafeな日々」  
私の日常をつづっているブログです。お菓子教室レポや美味しかったものなど、iPhoneの写真とともに更新しています。




【marimoさんのライフログ】

おいしい!生地―スポンジ、パウンド、シフォン…焼きっぱなしで極上に

小嶋 ルミ / 文化出版局


お菓子作りをはじめたばかりの頃に出会い、たくさん学んだレシピ本です。生地に向き合うコツを学びました。

科学でわかるお菓子の「なぜ?」―基本の生地と材料のQ&A231

中山 弘典 / 柴田書店


お菓子ができる理由を科学的に理解すれば、上達の近道だと知った一冊です。

まとめⅠ(初回限定仕様盤)

aiko / ポニーキャニオン


まとめⅡ(初回限定仕様盤)

aiko / ポニーキャニオン


高校生の頃からaikoが好きで、聴きながらお菓子を作ったりします。ほんわかした気持ちになります。

marimoさんの「marimo cafe」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-10-25 22:45

c0039735_16391218.jpg何を食べても美味しく、ついつい食欲が進む季節!気軽にいただける飲茶から、一度は味わってみたい秋が旬の“上海がに”に、一流ホテルのディナーまで。食べ歩いた美味しそうな写真を見ているだけでも、思わず食欲をそそられます。
そんな海の幸や山の幸をふんだんに使った美味しそうな香港グルメが勢ぞろい! 7月に掲載したエキサイトブログ特集企画『もっとおいしい香港を探せ』のインタビューにご登場いただきましたが、香港を旅行される方、グルメ情報を知りたい読者から、「食べ歩きの参考になった!」と注目を集めました。
そんな香港グルメのほかにもルクルーゼ鍋で作る料理や食の話題がいっぱい。美味しいものに目がない読者なら覗いてみたくなるはず…。

今週は、“食欲の秋!”にまさに注目の「お気楽 monkey ♪♪♪ in Hong Kong」のchakomonkeyさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
chakomonkeyさん:従妹と姉が転勤を期にブログをはじめ、彼女たちのブログがおもしろかったので、私も日々のことを書きはじめました。最初は別のブログサービスではじめましたが、2、3か月後の2006年9月から、こちらのエキサイトブログをスタートしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
chakomonkeyさん:私のブログでかなりの割合を占めていると思われる大好きな「ルクルーゼ」のコレクションとそれを使って作ったお料理や、季節ごとのお料理や好きな色と合わせたテーブルコーディネートをはじめ、自称マフィン研究家なので自分で考えたレシピで焼いたマフィンのことなどかなり自己満足な「Chakomonkey world」で表現しています(笑)。
また、お料理のお勉強と言っては日々食べ歩いた香港のお店&食べ歩いた味、広東料理のレッスンなどの習いごと、香港ならではのシノワズリーな雑貨などの楽しいお買い物のこと、日々めまぐるしく変わる香港のお店事情など気になる情報を小耳に挟んだら即チェックしてブログで紹介しています。香港のグルメ情報を知りたい方などに参考にしていただけたらうれしいですね。
それからちょっとユニークな娘の成長のことも時々登場します。

ブログのタイトルになっている「お気楽」は私のモットー「お気楽極楽!」(笑)と、ちょっと歳がばれちゃいそうですが…私が申年で、その上、動物占いまで「さる」ということ。そして絵本の「Curious George」のように私も好奇心旺盛だったことから、もうこれは「monkey」しかないでしょ~と名づけました。

c0039735_16571497.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
chakomonkeyさん:ブログを見てくださる方が意外にもたくさんいらっしゃって、私の好みに共感してコメントをくださる方やいろいろな情報を教えてくださる方がいらっしゃり、ブログを通して同じ趣味を持ったお友だちができたことはブログを書いて本当に良かったと思います。
そして海外で離れて暮らしていても家族をはじめ、お友だちが読んでくださることにより、近くに感じられることはとても良いことです。
日記のように読み返すと去年の今頃はこんな事をしていたな~とか、写真や記事からその時のことが思い出せるので記録として残せて良かったと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
chakomonkeyさん:熱しやすくかぶれやすい!(笑) 興味があることはとことんハマり自分の満足がいくまで探求します!

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブブロガーは?
chakomonkeyさん:「Apricot & Peach」の杏さん。ブログを通してお友だちになり、お手紙をいただいたり、Facebookでもお友だちになりました。杏さんを介して「一陽来復来福LIFE2」のペコママさんと香港で二度ほどお会いしましたが、まだ杏さんにはお会いしたことがないのでぜひお会いしたいです!

c0039735_16585454.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
chakomonkeyさん:やっぱりルクルーゼかな~?大学生の時にルクルーゼで作るお料理の魅力にハマって以来、ずっと愛用しています。特にルクルーゼで炊くご飯や煮込み料理は美味しい~くてつい食べ過ぎてしまいます(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
chakomonkeyさん:今まで習得したことが活かせるようChakomonkey Bakeryと題した、 季節のおもてなしのお料理教室やカフェをいつかどこかで実現したいです。それからルクルーゼで作ったお料理の写真とオリジナルレシピをPhotobookで何冊か作っているのでいつか自費出版でも良いので出してみたいです!夢のまた夢ですけど、夢は大きく!

エキサイトブログ編集部:香港のおいしそうな食べ歩き写真と情報が満載ですが、食べ歩きの楽しみや、「食欲の秋」のお楽しみは?また、記事アップの際に、心がけていることなどは?
chakomonkeyさん:主人の転勤を機に香港に住んで6年目になりますが、香港でも季節ごとの食べ物、たとえば端午節の粽や中秋節の月餅などがあることや、夜ご飯の後に家族で香港スイーツを食べに行く習慣があるので、季節や風習にあったものを楽しむようにしています。
食べ歩きの楽しみといえば…、やはり香港にはおいしいものがたくさん集まっているので、お友だちや家族と一緒に、気軽な飲茶やランチから、ちょっと特別なディナーまで、いろいろ楽しめるのが魅力ですね。
先日は母が来たときにも一緒に食べ歩きました…。

c0039735_170051.jpg


10月から12月にかけては上海蟹が美味しい時期!毎年お友だちと一緒に買い出しに行くところからはじめ、調理して持ち寄ったお料理と美味しくいただく「蟹パーティー」を楽しんでいます!外で食べるよりも断然美味しい~気がします。外で美味しくいただくとしたら、「西苑」か「海都海鮮酒家」の上海蟹コースがお得で美味しいので、香港にいらした方にはぜひおすすめです!
もちろん、香港と言えばやっぱり「飲茶」です!少人数より大勢で行った方が種類もたくさん食べられるので、お友だちや母が来港した時には必ず行きます。ワゴン式のシティーホールの飲茶(美心皇宮で飲茶♪おさるの会@美心皇宮) や会員制の「China Club」の飲茶は美味しいので大好きなお店です。特にChina Clubの土曜日のランチビュッフェ(China ClubのLunch) では好きなものを好きなだけ食べられるのでついつい食べ過ぎてしまいます(笑)。ぜひおすすめです。

c0039735_1742378.jpg


記事をアップする際に心がけている事は1行をあまり長くしないように改行しています。私は文字がたくさん並んだ文章を見ると読む気がなくなっちゃうので、その間に写真をなるべく多く入れて読みやすくするようにしています。そしてネガティブなことはなるべく書かないように気をつけています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chakomonkeyさん:家族や犬と過ごす時間ですね。
ティーンエイジャーの難しいお年頃の娘は普段はあま~いパパがいるのでだんだん私を頼らなくなってきたのですが、今年は娘がイギリスとドイツのバレエスクールの短期コースに参加し、私だけが付き添って行ったので有意義な母娘の時間を持てました。
慣れていない土地で私と2人だけだと私以外に頼る人がいないので、甘えて来たり、娘の進路の希望をじっくり話す時間もあり、とても良かったです。娘がレッスンを受けている間はひとりでカフェ巡りやショッピングを楽しむという魅力的なおまけまで付いて最高でした!(笑)

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
chakomonkeyさん:●好きな記事
2009/12/04 「お誕生日パーティー♪」 
娘の12歳のお誕生日のお祝いを仲良しのお友だち4人を呼んでお祝いした時の娘のうれしそうな様子やかわいいお友だちのキラキラした笑顔は今でもよく覚えています。

c0039735_1705844.jpg


●2012/02/08 「おさるの会@天外天」 
娘のお友だちのママ友で仲良くなった方々のほどんどが偶然にも同じ申年だったことから、「おさるの会」と称して美味しいランチ会を開いています。
会合の趣旨は美味しいものを食べながらおしゃべりすること! 話題は子どもたちの学校の話やその他の面白い話でお腹を抱えて笑う程盛り上がり、話が尽きず時間も忘れておしゃべりしすぎて最後のお客となり、「あの~そろそろ閉店です」と追い出されるまで会合は続きます。

c0039735_17181855.jpg●2012/10/19 
ミシュラン三ツ星レストラン「龍景軒」で美味しいディナー

ミシュラン三ツ星の唯一の広東料理「龍景軒」にて美味しいディナーを戴きました。

●2011/10/29 「今年も蟹ぱ~ち~」 
お友だちと食べた美味しい楽しい蟹パーティーのことが写真を観ると思い出されます。
残念ながらこの時のお友だちはほとんど帰国されてしまいましたが(涙)。

●2011/12/22 「 China Clubのクリスマスデコレーション
いつも素敵なChina Clubのインテリアのクリスマスデコレーションはいつもに増していちだんと素敵でした。

■読者に評判がよかった記事

●2008/11/07 「Happy Anniversary」 
にはたくさんのお祝いのコメントを頂きましてありがうございました!
(2007/11/08「 Happy Anniversary!」、 2007/11/29「 Happy 10th Birthday! 」にもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございました!)

●2007/11/17 「コケル
ヴィンテージの珍しいルクルーゼのコケルの記事はとても人気がありました!

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
chakomonkeyさん:ドイツにホームステイしてドイツ人のおばあさんから昔ながらのお菓子やパンの作り方を習いたいです。

c0039735_17151081.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
chakomonkeyさん:日本の地震やお天気のこと!地殻変動や地球温暖化に伴い地球のあちこちで歪みが出て、世界のあちこちで規模の大きい地震が起こっているのは心配です。
日本に住んでいた時は「明日辺り大きな地震が来る!」とか、夜中に「あ、地震が来る~」と目が覚めた数分後に地震がある、ということがしょっちゅうありましたが、香港はほとんど地震がないので最近はその能力!?がなくなっちゃいました。
最近の日本では、ゲリラ豪雨や竜巻などの亜熱帯気候の現象が起こっていることも心配です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
chakomonkeyさん:いつもブログを観てくださり、またあたたかいコメントや応援クリックをいただいて本当にありがとうございます!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【chakomonkeyさんのお気に入り&好きなブログ】

●「Masaki's diary Oct 2012
一番好きなブログはハグオーワーのデザイナー雅姫さんのブログ。
インテリア、食器を使ってのお料理のディスプレーの仕方や季節毎の行事を楽しんでいる生活の様子、犬の事などがとても素敵で好きな雰囲気なので!

●「Gateau Maman
Gateau Mamanさんのブログも美味しそうなお菓子や一緒にコーディネートした器やお花、インテリアが素敵です。

●「Precious*Precious N.Y.
以前香港に住んでいたお友だちのブログ。いつか住んでみたいと思っていた憧れのNYのことを楽しみに観ています。

●「リサ・ステッグマイヤー公式エッセイ Risa's Jouenal
リサ・ステッグマイヤーさんのブログ。同じ香港に住んでいてダックスフンドを2匹飼っていらっしゃるんですが、なんとうちの犬とトリマーさんが同じでした。そんなつながりや、飛行機でお隣の席になりお話したこともあったり、その後も偶然、街中でお会いしたりしたので、勝手に親近感を持たせていただいています(笑)。

●「おさる食堂
どこかで聞いたことがあるような~?(笑) はい!ご飯の写真を並べただけの私の裏ブログです。




【chakomonkeyさんのライフログ】

ユー・ガット・メール [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


四季の中で秋が一番好きなのですが、「ユーガットメール」のセントラルパークの美しい紅葉や、NYの移りゆく季節も素敵で軽快なジャズの音楽も良いし、何度観ても飽きません。

Not Too Late

Norah Jones / Apo


秋の暖かな日射しを感じると聴きたくなるのがNorah Jones! 彼女のJazzやカントリー調の歌声を聴いていると癒されます!

ドイツ式 暮らしがシンプルになる習慣

門倉 多仁亜 / ソフトバンククリエイティブ


収集癖があるのでついつい物が増えがちですが、この本を読むと「Simple is best!」に気づき、日々の簡単な作業により効率よくすっきり暮らせるので、時々読み返しては反省しています。

chakomonkeyさんの「お気楽 monkey ♪♪♪ in Hong Kong」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-10-19 18:12

c0039735_22471512.jpg暑い夏にはウリ類を使ったスープで体の熱を冷ましたり、寒い冬には根菜類を煮込んだスープで体をあたためたり…。その日の体調やその季節に合わせて作るという、香港のスープ。日本の味噌汁のように、毎日家庭で作られるスープは、“体にもやさしく、味わうほどにおいしい“として注目されています。
野菜と肉、魚のうまみと栄養がしっかり溶け出したそんな香港風スープは、まさに滋養強壮効果があるので、特に季節の変わり目や夏の疲れが出やすいこの時期にはおすすめです。

香港で出会った、そんな心と体の疲労回復にぴったりのやさしいスープの味に魅せられ、香港の家庭の味を再現しようと東京でトライする日々。身近に手に入る食材や漢方食材などを使って、おいしいスープ作りを楽しむ様子は、読者にもとても参考になりそうです。
今週は、「香港スープの日々@Tokyo」のchabokaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
chabokaさん:香港のスープを自分でも作ってみよう、と思い立ったときに、何かをコツコツとすることが得意でない私でも、人に読んでもらえるようにブログの形で書けば、それが記録になっていくかなと思ったのがきっかけです。あとは、香港のスープを日本でシコシコ作るなんて、そんなこと誰もしていなさそうだ、というのが大きいかもしれません(笑)。
 
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
chabokaさん:香港の家庭でよく作られる広東風のスープを、私は「香港スープ」とここでは名づけていますが、そんな香港スープや、香港風の身体によさそうなスイーツを東京に住みながら自分で作ってみる、というブログです。

c0039735_22484112.jpgスープの素材は、野菜、肉、魚のほかに、漢方食材というのでしょうか、生薬に使われる食材もたまに加えたりしています。珍しい食材も積極的に取り上げているので、いわゆるレシピブログとはちょっと違った趣きになっているかと思いますが、私たち日本人にとって意外な組み合わせのスープがあったり、変わった素材が登場したりするので、読みものとして楽しんでいただけたらいいな、と思っています。
スープと同じように、アジア風のスイーツもときどき作ったりしています。身体によいから作る、というよりは、ただの好奇心からだったり、食べてみたいから、ということが多いですが…。

ブログ開始後しばらくは、できるだけ香港のレシピに沿ってやってみようと思ったので、漢方食材をあれこれ揃えたりしていましたが、これからは、日本で手に入りやすい材料で、シンプルな組み合わせでも、身体によくておいしいというスープを作っていけたらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
chabokaさん:いちばん大きいのは、やはりブログを通して人と知り合うことができたということですね。不思議なもので、ブログ記事を普段からお互いに読んでいる方とは、実際に会うことになっても、まるで以前から知り合いだったみたいにすっと話ができるんですね。ブログってそういう意味で他にはないツールだと思いました。
初めのうちは、新しく知り合いができるなんて予想もしていませんでした。でも今はブログをはじめたことで新しい出会いがあったことをとてもよかったと思っています。

c0039735_2391169.jpgそれから、香港スープに関して言えば、「記事にするなら少しは調べなくちゃ」なんて思って素材について検索したり、事典を引いてみたりするのですが、そうすると、見慣れた食材にもそれまで知らなかった作用があることを初めて知ったり、禁忌として意外な組み合わせがあることを知ったりと発見がありました。記事を書くということでなければ、レシピを見て、スープを作って終わり、となってしまったかもしれません。
記事がある程度たまったところで、製本サービスを利用して、途中までですが一冊にまとめてみましたが、これも自分のためのいい記念になりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
chabokaさん:自分のことは、実はよくわからないんですけどね…(笑)。ただ、まわりの人に言わせると、こだわりのものが見つかると熱中するタイプ、みたいなことはあるみたいです。とはいってもけっこう飽きっぽかったりもするのですけれど。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
chabokaさん:「西營盤街市 さかな生活」のchahkさん。香港在住の方ですが、なぜかほとんど「魚」に特化して書かれているマニアックなところが、私のブログともちょっと共通するところがあり(笑)、興味深く拝見してます。どことなくとぼけたコメントも好きなので。
それから、「一日一膳」のzo.chikaさんにもお会いしてみたいですね。数々の美しい写真にはとても癒されましたし、ブログをはじめるときには、「いつかこんな写真が撮れたらいいなあ」、と一種憧れの気持ちを抱いて見ていたので。

c0039735_22525787.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
chabokaさん:数年前から自転車に乗るようになったのですが、友人との待ち合わせにもときどき自転車で出て行くし、家から1時間以内で行けるくらいのところならたいていは自転車で、という生活になっています。おかげで、スープの材料調達についても、家から少し離れたところで、ふだんあまり見かけない食材を見つけたり。
自転車のおかげで行動半径が広がり、駅から離れた不便な場所にもスイスイ行けるところが気に入っています。裏路地で思いがけない店を見つける楽しみもありますし。

エキサイトブログ編集部:夢は?
chabokaさん:子どもの頃に飼っていたようなかわいい三毛猫ともう一度一緒に暮らしたい(笑)。
それから、ヨーロッパの郊外を自転車でまわる、なんてことをいつかしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:おいしくて体にもよい香港スープの話がとても興味深いですが、香港スープをご自身で作ろうと思ったきっかけやその魅力、作る楽しみは?また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
chabokaさん:香港の家庭スープを知ったきっかけは、香港に滞在したときに知り合った香港人のお宅に招待してもらって夕食をごちそうになったことでした。でもそのときは、スープの味について、あまり強い印象はなかったのです。面白い鍋が出てきたな、ということは印象に残ってましたけど(笑)。で、香港の食習慣のことが少しわかってくると、実は家庭のスープは、日本でいう味噌汁以上に、家庭料理のなかで重要な役割を果たしていることを知りました。家庭の主婦が、そのときの気候や家族の体調に合わせて、素材の組み合わせをいろいろ考えながら作る。そのスープは、家族の健康のもと、ともいっていいほどの存在であることがだんだんわかってきました。
そして、何よりじっくり煮込んだスープって、滋味があって本当にほっとする味なんです。最初は、とりたてておいしいものだとも思わなかったのですが、何度か飲む機会があって飲み慣れてくると、「なんておいしいものなんだろう」と感じるようになっていきました。

c0039735_2314413.jpg中華料理は日本に深く浸透している料理ですが、なぜか香港で飲んだスープはあまり伝わってきていないんですね。こんなにおいしいのに、なぜ中華料理の中にあまり登場しないんだろう、とちょっと不思議でもありました。それで、私自身もそれほどよく知っているわけではないのですが、「こんな中華のスープもあるんだよ」、というのを自分で試しながら、みんなに紹介してみたくなったというのが、スープを作ろうと思ったきっかけです。何より、自分自身が香港のスープが懐かしくなり、日本でも飲んでみたいと思ったということもあります。
最初は、レシピ通りにやってみることから始めましたけれど、だんだん組み合わせのし方もつかめてきて、材料も手に入りやすいものに置き換えてみるようになりました。最終的には、やはりその土地と気候にあったもの、つまり日本の食材で手に入るものを使いながら、香港スープのエッセンスを取り入れたオリジナルのスープが生み出せたらいいなと思ってやっています。

それから、ブログを書き始めてしばらくしたら、スープではいつも同じような写真になるし、毎日スープを作っているわけでもないので、ネタにちょっと困ることもあって、じゃあ香港風のスイーツも作ってみようかと思って、スイーツも載せることにしたのですが、実はそれもスープと同じくらい健康的なものがいろいろあるということがわかり、身体にいいものをおいしく食べる、ということで大きな共通点があることに気づきました。ものによっては、甘くするかしないかだけで、スープになったり、スイーツになったりするレシピもありますし。
身体によいもの、と謳ってはいるのですが、でも本当をいえば、やっぱりおいしいから飲みたいんですね。そう、だから作りたくなるんです。ただ身体にいい、だけではモチベーション的にあまり続かないものですね。

c0039735_2381753.jpg身体への作用などについては、とくにどこかで習ったわけではなく、スープを作りながら、レシピに書いてある効能を読んだり、個別の素材について調べたりと、そういうことを重ねているだけです。
ブログをはじめたとき、最初に思ったのは、こんなに地味な内容で、見てくれる人はどれだけいるかしら…?ということです。だから、せめて写真はできるだけキレイに撮りたいな、とも思いました。ほんとうは、読んでくださるみなさんに実際のスープの味も味わっていただきたいけれど、それができないのは残念です。

エキサイトブログ編集部:夏の疲れが出やすいこの時期、疲れた体、胃腸にやさしいスープといえばどんなものがおすすめですか?
chabokaさん:まだ残暑が厳しいこの時期は、ウリ類を使ったスープが身体の余分な熱を取るし、味もあっさりとして、胃腸にもやさしくていいですね。ウリ類ってけっこういろいろありますが、日本でいちばん手に入りやすいのは冬瓜でしょうか。干しエビなどと合わせてあっさりしたスープにしてもよいし、肉やなつめを入れればちょっと香港風です。なつめは季節を問わずにいろいろなスープに合わせられるので、常にストックしておくと便利です。
それから、紫外線で疲れた肌には、はとむぎや緑豆を使ったスイートスープなんかがいいですね。解毒作用もあるし、美肌効果もあるそうですし。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chabokaさん:大切にしているというより、したいな~という願望の状態で、まだなかなかできてないのですが…。夜、一日をちゃんと振り返って、ほんの短い時間でいいけれど、1行でもいいからその日のことを日記に書いてから眠りにつきたいな、と。
 
c0039735_22535541.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
chabokaさん:■気に入っている記事
●「甘酒とみかんとキンモクセイのスイートスープ」(2010-1-9)
キンモクセイのシロップ煮は自分で作ってみたら、とても風味がよいのでやみつきになり、しばらくいろんなデザートに使って楽しみました。これもその一つで大好きなスイートスープ。

●「はとむぎと湯葉のベジタリアンスープ」(2010-8-31)
作るまでは味の想像がほとんどできなかったけど、けっこうおいしくて気に入ったスープ。とうもろこしをまるごと使うとおいしいスープになることを改めて感じたレシピ。

●「ドライフルーツのスパイス煮」(2011-1-27)
 漢方食材は見方を変えればドライフルーツ。じゅうぶんスイーツにもなるなと実感しました。気に入って何度も作ったスイーツ。

●「割干し大根と塩麹スペアリブのスープ」(2012-3-18)
 塩麹という日本ならではの調味料も使ってトライしてみたらおいしかったシンプルなスープ。

●「陳皮作りの季節」(2010-10-31)
短い期間しか見ることができない路上の陳皮作りの現場にたまたま行きあえて、ちょっと興奮したことを今でも思い出します。

■読者に評判だったポストは
●「香港家庭でスープ作り見学(ELIZAさん宅-1-)」(2010-10-21)、「香港家庭でスープ作り見学(ELIZAさん宅-2-)」(2010-10-23)
●「香港家庭でスープ作り見学(YENさん宅)」(2010-10-20)
●「市場めぐり-1」(2010-10-24)、「市場めぐり-2」(2010-10-26)
「見学」シリーズは、自分でも気に入っているし、読者の方たちにも気に入っていただきました。普段の記事は「素材とスープの写真」ということがほとんどなので、香港現地の市場の様子や、家庭で実際にスープを作っている様子などは、写真も新鮮で、楽しんでいただけたようです。

c0039735_2252885.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
chabokaさん:香港人の家庭にお邪魔して、実際にスープを作っているところを見せてもらったり、教えてもらったりということをしたことはあるのですが、きっと家庭によって定番の味はみんなそれぞれ違うだろうし、それぞれの家庭による個性があると思うので、まだもっといろんな家庭にお邪魔してみたいです。
それから、香港の市場で野菜や漢方食材を売っているお店の人って、やっぱり食材のことをよく知っていますね。「これとこれを煮出してスープにすると〇〇に効くよ」とか。そういう医食同源の知恵みたいなものをもっともっと聞き出してみたいです。そしてまたここで紹介できたらいいなと思います。

c0039735_22493047.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
chabokaさん:震災以降は、どうしても食の安全に関する情報が気になりますね。TPPとか、原発再稼動についても気になりますが、今は以前のようにマスコミの報道を鵜呑みにすることはあまりしなくなりました。「どうして今この情報が出てくるのだろう?」なんて裏を読みたくなることが増えました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
chabokaさん:と~ってもマニアックなブログですが、訪問してくださるみなさまにはあらためて感謝したいです。みなさん、本当にありがとうございます!やはり見てくださる人がいるからこそ続けてこられたわけで。ブログをはじめたときから応援してくれた友人にもあらためてありがとうとお礼を言いたいです。
季節がひとめぐりすると、目新しい食材に行き当たることも減ってくるので、新しいスープを作る頻度も減っていて、更新ペースもかなりゆっくりになりましたが、ぼちぼちゆっくり気長に続けていこうと思います。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【chabokaさんのお気に入り&好きなブログ】

気になるブログはいろいろありますが、あえて「おいしいもの好き」あるいは「香港」つながりという切り口で、選ばせていただきました。順不同です。

亜麻仁:ma flat+   
センスのよい写真と心に響く文章がちりばめられたamaさんのブログ。おいしいもののアイディアも満載です。

美味しんぼ日記   
すごくおいしいパンを独学でマスターしてしまったスゴイひと、sawatansさんのブログ。豪快なお料理もおいしそうなものばかり。移住されたばかりで、今後の田舎生活レポも楽しみです。

マネーキャスター小原隆子の香港ジャーナル 
精力的に香港や中国をとびまわる小原隆子さんのブログ。最新の現地情報が楽しみです。

おいしいおみやげ 
旅先でのおいしいものや出会ったものをいろいろ紹介されているgigicoccoさんのブログ。香港からの旅先便りも楽しみです。

レッドホットでスパイシーでソウルフルなお茶請け製造業
料理研究家按田優子さんのブログ。独特のワールドを楽しませてもらってます。




【chabokaさんのライフログ】

鬼に訊け -宮大工 西岡常一の遺言- [DVD]

マクザム

 
感動したドキュメンタリー映画。伝統を受け継いでいく宮大工さんとはこんなにすごい人だったのだと驚き、ひたすら尊敬の念を抱きました。

ジュリー&ジュリア [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


実話をもとに、時代を超えた女性二人のつながりを描いた素敵な作品。ブログを続けていくことの励みにもなりました。見ればきっと元気をもらえる映画。

ま・く・ら (講談社文庫)

柳家 小三治 / 講談社



もひとつ ま・く・ら (講談社文庫)

柳家 小三治 / 講談社


落語家柳家小三治さんの高座の「まくら」部分だけを集めたもの。これを読んで以来、師匠の落語に加えて、すっかりまくらの大ファンに。文字なのに、ライブ感もたっぷりです。

香港・広州 菜遊記―粤(えつ)のくにの胃袋気質

日野 みどり / 凱風社


香港・広州の独自の食文化ついて、詳しく解説してくれている私にとっての貴重な参考書。香港・広東のスープの文化についても鋭くかつわかりやすく説明されています。

chabokaさんの「香港スープの日々@Tokyo」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-09-13 12:10

c0039735_16523840.jpg青く透き通った美しい海と白い砂、イタリアの漁師町らしい風景がとっても魅力的。海を眺めながら、美味しいワインとイタリア料理をいただく時間も贅沢・・・。そんなシチリアらしい風景とともにゆったり流れる時間をつづった「シチリア時間Blog2」の佐藤礼子さん。イタリア料理の先生としてもうひとつ運営するブログ、「シチリア食通信~時々イタリア~」ではイタリアの美味しいものもたさくん紹介しています。

2010年の7月のピックアップブロガーに登場していただき、その後もイタリア料理教室などで活躍されていますが、今年の8月23日に、『イタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ』(講談社)という本を出されました。
前回のインタビューで語っていただいた夢が実現したお祝いに、出版記念特別インタビューと題し、今回は「シチリア時間Blog2」「シチリア食通信~時々イタリア~」の佐藤礼子さんに再登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:2010年7月のピックアップブロガーにご登場いただき、その後も読者に人気のブロガーとして注目を集めていらっしゃいますが、まずは佐藤礼子さんのご近況を…。
佐藤礼子さん:2006年から開催しているシチリアでの料理教室、食の旅コーディネートに加え、日本での料理教室を始めました。普段はもちろんシチリア在住ですが、料理教室開催のために春と秋の2回、日本に帰国しています。シチリアに来てくださった方と再会のチャンスでもあり、また、シチリアに興味がある、という方が気軽にシチリアに触れることができるチャンスにもなったようで、とてもうれしく思っています。すでにたくさんの日本の料理教室に参加された方がシチリアにいらしてくださり、シチリアファンが増えていくのもうれしいです!
また、オリーブの木オーナー制度のオーガナイザーも務めています。これはシチリアにあるオリーブ農園1本を日本の皆さんがオーナーになっていただく、という制度です。そして1年に1回、絞たてのフレッシュなオリーブオイルを皆さんにお届けする、というちょっとロマンのある企画なんです。ご興味がある方はぜひホームページをご覧くださいね!年に1回、日本でオリーブオイル講習会も行っているので、オリーブオイルに興味がある方はぜひご参加ください。

c0039735_1653359.jpgエキサイトブログ編集部:2012 年の8月23日に、イタリア料理のレシピ本を出版されましたが、出版おめでとうございます。この本を出版されたいきさつや本になったことに対する感想は?
佐藤礼子さん:ありがとうございます!去年、フリーの本の編集者の方にお声をかけていただいたのがきっかけです。以前、ピックアップブロガーに選んでいただいた時にも「夢は?」と聞かれ、「いつか本を出版したい」と答えたのを思い出します。
でも、出版社に自分を売り込む、というのはすごく苦手で…、そしてそんな勇気もなくて一度も売り込んだことはありませんでした。そんな時に声をかけていただき、正直ちょっとびっくりしちゃいました(笑)。
自分が培ってきたレシピが本になる、というのは、自分の中での7年間のシチリア生活の集大成のような感じがしています。2006年に、私の住んでいるここトラーパニで料理教室を始めた時と同じくらい、自分の中では大きな事件で、大きな区切りの意味も持つ今回の出版です。

エキサイトブログ編集部:この本はどのように仕上がってらっしゃるのでしょうか?
佐藤礼子さん:この本は、私がここシチリアのトラーパニでいろいろなマンマから教わってきた代々家庭に伝わるシチリアのレシピを、日本で手に入る材料を使って書き下ろしました。
と言っても、マンマたちのポイントはしっかり押さえていて、原型から大きく外れることもないように気をつけました。美食の国として知られるイタリアの中でも、多くの方が、「おいしい料理を食べたいならここへ行け!」と太鼓判を押すのがシチリアです。そんなシチリアの正統的な伝統料理から、市場のB級グルメ、保存食などを紹介しています。

また、レシピだけではなくシチリア料理の豆知識や島の魅力なども、こちらで撮った写真を使いながら盛り込みました。本を読みながらシチリアの風を感じていただければうれしいな…と思います。

エキサイトブログ編集部:今回書籍化するにあたり、苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか?
佐藤礼子さん:シチリアのレシピブックって、ほとんど日本にはないのですよね。「シチリア家庭料理」に焦点を当てた本は初めてでは?と思うほど。前例がないがゆえに、編集の方々も私の意見をすごく大切にしてくださいました。今までにない情報を発信する、それもきちんとした「本」という形で。それはそれはとても刺激的で、やりがいを感じる事ができた点です。

c0039735_16535879.jpg


また、料理に関しては今回はプロのカメラマンさんとスタイリストさんが付いてくださって、日本のスタジオでの撮影となり、これもいつも自分で撮影するのとは違ってワクワクした体験でした。
本を出す上で「スタイリストさんにスタイリングをしていただき、カメラマンさんに撮っていただく」というのが私の希望でした。自分で撮影するときは、スタイリングを決めて作ってカメラに向かって…、と非常に忙しいので、なかなかベストなショットが撮れません。
スタイリング、料理、撮影、それぞれの専門家が行うことで、きっと美しい生き生きとした写真が撮れるだろうと思いました。そしてその通り、私は料理に集中することができ、撮影していただいた写真のできには満足しています!
スタイリストさんは「私のカラーを出してくれる方」という希望を出したのですが、「シチリア」そして「家庭料理」の雰囲気をばっちりと出してくださる方で、お会いするまで少し不安もありましたが、初日に撮影をしてそんな不安は一気に吹っ切れました。

c0039735_16533232.jpgエキサイトブログ編集部:いちばん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
佐藤礼子さん:現地に住む私だから伝えられること、伝えられる空気感、これが一番こだわったことです。
レシピを学ぶだけならば、現地に行って料理教室に参加すればすぐにでも学ぶことができますが、「住んでこそわかること」というのもたくさんあります。私の目線からシチリアを見て、現地で撮影した大自然や街の写真を入れたり、シチリアの食の魅力をお伝えするような豆知識などもできるだけ多く織り込んでもらい、シチリアのエッセンスを本の随所に散りばめられるよう、編集の方々にもお願いしました。
また、本のデザインやカバーにも意見をさせていただき、言葉ではない目で見て感じる「シチリア感」そんなものにもすごくこだわりました。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
佐藤礼子さん:レシピブックですので、料理を作って楽しんでいただくことはもちろん、リラックスしたいときにパラパラ、とめくって、シチリアの雰囲気を味わっていただいたり、旅行している気分を楽しんだりしていただきたいです。
また、何気なく書いてあるレシピの中にも「おぉ!」と思えるような料理のポイント、食材の使い方のヒントなどもたくさん散りばめました。手に取ってくださったみなさんが、それぞれにヒントを得ていただけたらうれしいです!

エキサイトブログ編集部:改めて、佐藤礼子さんにとって、料理&レシピを作る楽しみや魅力といえば?
佐藤礼子さん:料理はある意味の「自己表現」だと思っています。同じレシピで同じ素材を作って同じ料理を作っても、作り手によってまった味が異なります。旬の素材を使い、その時の素材の状態に合わせてちょこっとエッセンスを足したり、減らしたり…。そんな足し算や引き算をしながら作り、「これだ!」と思えた時の一瞬が私にとっての料理やレシピを作る楽しみだったりします。
料理は毎日しますが、忙しい中の息抜き的な料理より、「今日はしっかり作るぞ!」と意気込んで作る料理のほうが好きだし、楽しいかな。

c0039735_16555150.jpg


エキサイトブログ編集部: 「シチリア食通信~時々イタリア~」のブログにイタリア料理のことがいろいろ書かれていますが、本に収めたお気に入りのレシピというとどのような記事がありますか?
佐藤礼子さん:反響も多かった「リモンチェッロ」の作り方。
リモンチェッロを作るリモンチェッロのその後、、
これは本にも掲載しました。ブログに載せた後、何人の方からも質問されましたので。

あとは、「シチリア食通信 時々イタリア」で細かく書いているような季節の事柄をハイライト的にピックアップして本に書きました。例えば下記の内容のようなものを別の文章で書きおろしています。
ケッパーの収穫真っ最中!
パレルモ市民の台所 Mercato Ballaro'(バッラロ市場)を歩く
初夏の風物詩、魚市場に並ぶ「生」マグロ!
今回のレシピブックでは書ききれなかった季節の事柄もたくさんあり、第2弾を出したいくらいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
佐藤礼子さん:シチリアの料理教室に来てくださるお客様も、日本の料理教室に参加してくださる生徒さんも、「ブログを見ました!」という方がとっても多いのです。
「シチリア時間ブログ2」のシチリアの風景を見てシチリアに興味を持ってくださり、もう一つのブログ「シチリア食通信 時々イタリア」や、シチリアの料理教室「ラ ターボラ シチリアーナ(http://www.tavola-siciliana.com/)」のホームページをご覧いただいた方も、たっくさんいらっしゃいます。ブログはいくつかバージョンは変わりましたが、2004年からエキサイトブログにお世話になっています。
8年ブログを続ける中でできたイタリア在住の日本のお友だちもいます。自分の記録としても、情報発信という意味でも、続けてきて本当によかったな~、と思っています。
ちなみに、シチリアの料理教室と日本の料理教室に関してはこちらをご覧ください。

c0039735_16561473.jpgエキサイトブログ編集部:あらためて、これからの目標やこれからの夢は?
佐藤礼子さん:現在の目標はシチリア家庭料理レシピブックに続く、「シチリアのお菓子」の本を出版すること!ゆくゆくは「シチリア 食の旅」みたいな、シチリアの食のガイドブックも執筆してみたいです。
シチリアでの夢は、前回のピックアップブロガーの時に書いたことと同じく、「シチリア料理学校」を開くこと!この夢はまだまだ時間がかかりそうですが、願えば叶う、と思い、がんばりたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、佐藤礼子さんにとって幸せを感じることは?
佐藤礼子さん:真っ青な美しい海を見ながらボーっとすること。今年の前半期は出版にかかわるいろいろで非常に密な時間となりました。そんな時でも、半日休みが取れれば海に行ってボーっとしたり、日常の中でも移動時間にちょこっと海を眺めたり、そんな時間がとっても幸せに感じます。シチリアの大自然は疲れも癒してくれる不思議な力があるのですよ。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージをお願いします。?
佐藤礼子さん:皆さん、お久しぶりです!いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。前回のピックアップブロガーから約2年が経ち、夢でもあったシチリア家庭料理のレシピブックを出版することとなりました!
レシピは私が7年間、ここトラーパニで暮らす間に地元のマンマたちから教えてもらったレシピとシチリア料理のエッセンス、そしてシチリア食文化豆知識の集大成です。イタリア料理の原点は「家庭料理」にあり。マンマたちが家族のために心を込めて作る料理は、どれも素朴で美味しく食べ飽きません。
そんな料理を集め、日本で作りやすいよう、でもしっかりとシチリア料理のポイントは外さないよう、レシピを書きました。
まずは手に取ってご覧いただき、そして実際に料理を作って楽しんでいただき、そしてそれを家族で食べて「おいしい!」と言っていただけたら、とってもうれしいです。この本が皆さんに長く長く愛される本になることを祈っています。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_16544812.jpg





【佐藤礼子さんの著書】

c0039735_18372379.jpgイタリアで一番おいしい家庭料理 シチリアのおうちレシピ
佐藤 礼子著 
発行/講談社
定価/1470円
発売日/2012年8月24日







2010年のピックアップブロガーの記事はこちら

佐藤礼子さんのブログ「シチリア時間Blog2」「シチリア食通信~時々イタリア~」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-08-29 16:36

c0039735_21151447.jpg憧れのホテルや緑の庭が美しいテラスでアフタヌーンティを楽しんだり、美味しいものを食べ歩いたり。素敵な宿にのんびりステイして、癒しのひとときを体験したり…。日常からふっと抜け出して休息の時間を楽しむことはもちろん、旅に出て心と体をリフレッシュできたら幸せですね。日常にもハリが出て、「今日も一日がんばろう」という気持ちになれそうです。

そんな至福のひととき、癒しの時間を楽しむ記事から、「私もこんな素敵な宿に泊まってみたい!」「こんなカフェやホテルに行ってみたい!」「わ~、美味しそう!」とうらやむ読者が大勢います。
最近では、韓国への旅の記事も多いので、「私も一度韓国へ行ってみたいな!」と旅気分に誘われる読者も多いはず…。
今週は、美味しいものと旅が大好きという、「ハレクラニな毎日Ⅱ」のmimiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mimiさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。このたびはつたないブログに、ピックアッププロガーのお声がけをいただき、驚いております。緊張でガチガチですが、頑張ります(笑)。
旅や日常で出合った幸せな気持ちをいつまでも忘れないように、いつも手書きでノートに書き留めておりました。日記のように、思い出を残しながらつづることができるブログの存在を知り、いつまでも色あせず、残しておけることに魅力を感じ、ノートからブログに転向したのが、ブログをはじめたきっかけです。
最初1年間は、別のブログサービスを利用しておりましたが、大好きなブログがエキサイトさんに多かったので、6年前からエキサイトブログに移りました。シンプルなデザインと、PCが苦手な私でも簡単に記事が投稿できることがうれしいです。

c0039735_21204479.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mimiさん:大好きな旅行、食いしん坊の毎日、ささやかな日常の中で見つけた素敵と感じたものごとをつづっています。
国内外問わず旅行が大好きですが、ハワイにあるハレクラニホテルが大好きで、ハレクラニで感じるような癒しや幸せな気持ちを、東京でも…と毎日を過ごしています。そんな思いからブログも「ハレクラニな毎日」というタイトルをつけました。
ここ最近では、韓国によく旅することが多いので、記事もソウル旅行の記事が多くなっていますね。
人情味あふれる温かい韓国の方のお人柄、そしてパワーのある活気あふれる街に魅せられています。

正直な気持ちを言うと、読んで下さっている方に向けてというより、自分の記録として、思い出日記の気持ちで書いてるんです。どこへ伺うにも持ち歩きやすい、薄いコンデジのカメラひとつで伺います。
恥ずかしながら、カメラのメーカーなどにも疎くて特にこだわりがありません。そして、気に入ったお店やホテルには何度も伺いたいので、同じところを紹介する記事も多いと思います。なので読みづらい点や、重複してしまう記事が多いと存じます。

情報を探してらっしゃる読者の方向けに、美しい写真でたくさんのお店を紹介されているステキなブログがたくさんある中、何かご縁があって、わたしの思い出日記のブログにたどりついてくださり、読んでいただいてるのが、申し訳なくもあり、今でも信じられない気持ちです。訪れてくださっているみなさんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

備忘録のようなマイペースのブログではありますが、これからも旅で感じたステキな気持ちや美味しかった時の至福の幸福な時間を残していけたらいいな…と思っております。

c0039735_214647100.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
mimiさん:ブログの良さは、後から自分の旅日記を気軽に振り返ることができることでしょうか。
その時に自分が感じた思いや気持ちになれることで、思い出とともに幸せな気持ちになれます。
そして、何に対しても中途半端な私が、これだけ長くブログを続けていることが新しい自分への発見です(笑)。

ブログを通じて、世代や住んでいる場所を越えて、いろいろな方とコメント欄を通じて楽しくお話させていただき、大変うれしく思っております。
細々とここまでブログを続けてこられたのも、温かいコメントのおかげだと感謝しております。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mimiさん:不器用な人見知りです(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mimiさん:ブログを通じてお話させていただいているみなさんに、機会がありましたらお会いしてみたいのですが、人見知りなので上手にお話できるかどうか心配です!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mimiさん:アロマキャンドルが大好きです。柔らかい香りに癒されます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mimiさん:健康で毎日暮らせること以外に望むことはないのですが、欲を言わせて頂ければ、なにか旅に関わるお仕事ができたらいいなあ…と思っております。夢の夢ですが!

c0039735_21212179.jpgエキサイトブログ編集部:こちらまでお出かけしたくなる写真の数々を楽しませていただいていますが、食べ歩きやお出かけ&旅をする楽しみ、これまで訪れた中で特に印象に残った国や好きなところは?また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
mimiさん:旅も休日にお出かけする時間も、日常をリセットできる時間が、何よりもわたしの原動力になっております。
普段、都会の中で暮らしているので、週末にはドライブで遠出をして緑や海を眺めたり、地のおいしいものをいただくのも夫婦の楽しみです。ドライブは車好きの夫の趣味も兼ねており、一石二鳥となっています。
都内でも、緑が見えて自然が感じられるカフェで過ごすのが好きですね。青山の「ウエストガーデン」さんのテラス席はリゾート気分が味わえて、静かな時間が流れています。ケーキも美味しくて、大のお気に入りのカフェです。
女友だちとは、ゆっくりとホテルでアフタヌーンティを楽しむ時間が好きです。まさに、気軽に脱日常の雰囲気を味わえる空間はアフタヌーンティならではと思います。

いちばん好きなところはフォーシーズンズホテル椿山荘さんの「ロビーラウンジ ル・ジャルダン」のアフタヌーンティです。こちらのスコーンは絶品だと思います。重厚感のある雰囲気や、温かいサービスも素晴らしいです。
気負わず、一緒にいて安らげるお友だちとの心地良い時間を大切にしています。
もともとのんびりしている性格なので、気を張って会わなくてはならない会や、大人数での集まりは大の苦手なんです(笑)。ひとりで過ごす時間も大切にしています。

最近好きでよく旅する韓国では、地元の方がふらりと立ち寄るような素朴な食堂のゴハンが大好きで、お安くて美味しいお店を見つけるとうれしくなります。
韓国の方は世話好きな方が多く、食べ方にとまどっていると、お隣の方が親切に教えてくださったり、店員さんが心配して見にいらしてくださったり…。そんな温かいやり取りに癒されるんです。言葉は通じなくても、心のやりとりができる瞬間に感激します。
庶民的な美味しい食堂がたくさんある反面、ソウルには個性的でお洒落なカフェが多く、カフェ巡りをするのも楽しみのヒトツです。カフェでソウルっ子ウオッチングをしたり、ボーっと過ごす時間は何よりも至福の時です。コスメやファッションも日本とはまた違ったテイストがあり、楽しいですね。

c0039735_21215049.jpg


国内旅行では、福岡が大好きです。美味しいお店や素敵なカフェがたくさんあって!!それだけでワクワクしてしまうのですが、洗練された街の中に、温かい空気が流れてるんです。
その空気に伺う度に癒されます。街と私の波長が合ってるのかもしれません。時間ができたらすぐにでも伺いたい愛すべき街でございます。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mimiさん:「食」です!!美味しいものをいただくと、それだけで私、世界で一番幸せな気持ちになれてしまうんです。単純でしょう?(笑)食ってすごいなあ…っていつも思います。

c0039735_21254773.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
mimiさん:●2011年 10月 13日「城北洞 CAFE ANDO
ソウルの中で1番お気に入りのカフェの記事です。とってもステキな空間の中、ひとりでゆっくりお茶の時間はまさに至福の時でした。

●2010年 01月 16日 「北海道♪まさかの展開で巨大おにぎりにご対面♪
函館旅行に伺ったところ、天候不良で着陸できないことに…。千歳空港に緊急着陸をした時の、ドタバタ劇で(笑)、自分の中で印象深い1日です。

●2010年 04月 03日 「一番好きなカフェ「ティールーム」♪
ゆったりした時間が流れていて、川のせせらぎを聞きながら、心地よく過ごせる青梅にあるダイスキなカフェです。素敵なマダムが切り盛りされています。

●2010年 03月 13日「素敵カフェで読書♪Cafe mountain BOOKs
2010年2月に訪れた函館旅行の記事です。
目に飛び込んでくる景色が絵葉書のような函館の街にすっかり魅せられてしまいました。特に感動した静かで心地よい時間が流れているブックカフェ。また訪れたいと思っております。

●2011年 08月 21日「韓国の映画館で初の映画舞台挨拶♪
遅ばせながら、韓国ドラマにはまり、大好きな俳優さん目当てに、韓国で初めて映画の舞台挨拶に伺った思い出の記事です。感激でした。
時々、自分で読み返しながら思い出に浸っております(笑)。

c0039735_2123106.jpgエキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
mimiさん:パワーをいただける韓国旅行も大好きですが、何もしないで、海やプールでのんびり過ごす旅も大好きです。
夏に近づいて来た今、カンカン照りの太陽の中、リゾートのホテルのプールで、読書をしたり、お昼寝をしたり…。1日中、グーダラと、まったりと過ごしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mimiさん:LCCの参入が増えてきていることです。お安く旅ができる傾向になるのは旅好きには喜ばしいことで、機会がありましたら利用してみたいと思っております。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mimiさん: 読んでいただいてるすべての方に、心から感謝でいっぱいです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【mimiさんのお気に入り&好きなブログ】

リンクさせて頂いているブログすべてが憧れであり、大好きなブログなので、5つに絞るのが難しいです(涙)。旅行や、食べ歩きのブログはいつも参考にさせていただいておりまして、全部を紹介させていただきたいので、選ぶのは困難です…。
手先がぶきっちょな私は、自分ができない分、手で何か生み出されてらっしゃる方のブログを読みながら
生まれ変わったら器用になりたいと節に願っております(笑)。そんなわけで、今回は、心に響く、素敵な作品をたくさん生み出してらっしゃるブログを紹介させていただききたいと思います。訪れると温かい気持ちになれる素敵なブログです。(順不同です)

Chie Mama's Style
インテリアコーディネーターでいらっしゃる、チエママさん。
お家の中のセンスあふれるインテリアグッズはもちろん、洋裁も得意でらして、レギンスからコートまで全部お手製で作っていらっしゃり尊敬のひと言です。
そして驚いたことに、チエママさんは韓国の方なんです。日本に長くお住まいでらっしゃるとはいえ、流暢な日本語が素晴らしく感動してしまいます。

今日も食べようキムチっ子クラブ (我が家の韓国料理教室)
大人気の韓国料理教室のナカ先生のブログです。
私も毎回楽しみに通っております。
先生の生み出すレシピは最高のひと言です!!
ブログを通して、お教室に出会えた事で私の韓国に対する視野や思いも広がりま
した。先生は1女性として、とてもキュートで魅力的な方で、周りが笑顔に包ま
れる・・・・そんな空気をお持ちの方で憧れです。
ご主人様のソウル食い倒れ旅行の記事も必見です☆

マレエモンテの日々 
メタルビーズ教室を運営なさってらっしゃるマレエモンテ先生。
作品が素晴らしいことはもちろんなんですが、ブログでつづってらっしゃる、流れるような文章がとってもステキなんです。
ぶきっちょで恥ずかしい事と、大人気でいつも満席になってらっしゃるので、なかなかお教室に伺うきかっけを掴めないでいるのですが、いつかご縁があって、習うことができたらうれしいです。

Petit Trianon *** cartonnage & interior ***
カルトナージュの講師をなさってらっしゃるyupetit*さんのブログです。
作品はもちろんのこと、お写真もキレイでいつもうっとり眺めております。ご家族への温かい愛情あふれるひとコマのお話も心が温まります。ふんわりとした空気に包まれる素敵なブログです。

Chieese diary
いつもステキなお教室に通われていらして、なかなか機会がない私は、ご紹介されるのが楽しみです。
お家をいつも素敵にしていらして、都会の中でお花のある暮らしを楽しんでらっしゃるのに憧れます。
バッグを作ったり、スタンドをリメイクしたり…。手先が器用でいらしてうらやましいです!!
毎日を心地よく暮らしていらして、生活を楽しんでるお姿に憧れます。




【mimiさんのお気に入り&好きなブログ】

◆ 好きな本

su・te・ki ソウルカフェ

yossy&kay / 実業之日本社


大好きなブログ、「su・te・ki Seoul」 
のyossyさんがご出版なさった、ソウルのカフェの本です。
飾って置きたくなるような、とてもステキな本です。
この本を片手に、ソウルのカフェ巡りをする時間が楽しいです。

su・te・ki ソウル雑貨

yossy / 実業之日本社


yossyさんの素敵なセンスがあふれている本です。
ハードルの高かった、ソウルで作るカーテンやクッションなどのオーダーの方法もていねいにご紹介なさって下さり、感謝の1冊です。

最新版 本当は教えたくないおいしいソウル108店 ---韓流スターも通う、現地カリスマ・グルメコーディネーターおすすめ店満載!

ホ・スンホ / 河出書房新社


地元の方に愛されてらっしゃる魅力的なお店がたくさん載っていて
全部のお店を制覇したくなります。

ソウルのおしゃれ ~ 《チャングンソク&ヨン様の城北洞、K-POPのCool Korea》

野口 文 / Book&Hope


CAとして世界中を旅なさっていた野口さんの本です。
ソウルの素敵なスポットもたくさんご紹介されているんですが、韓国ドラマを観ながら不思議に思っていた、「韓国の文化」や「韓国の財閥」のお話などがコラムでていねいに書かれていて、とても興味深い素敵な本です。

錦繍 (新潮文庫)

宮本 輝 / 新潮社


大好きな小説で何度も読み返しております。
その度に心に深感動と静かな深い愛を与えて下さる作品です。
これからもずっと大切に読んでいきたいと思っております。

mimiさんの「ハレクラニな毎日Ⅱ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-05-07 23:08