今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:アート&イラスト系 ( 114 ) タグの人気記事

c0039735_0104517.gif「金」の一文字に、花をかわいく飾って「花金」をイメージしたり。夏の暑い日に、ハワイの椰子の木と海をイメージして「想う」という文字を創ってみたり…。窓にはりついたトカゲくんがユニークだったり…。
ちょっとしたアイディアで、漢字一文字がとってもキュートに変身!
女性らしい発想や感覚に「これ、かわいい」「わかる~」と共感する読者も多いはず。

そんな、文字をアートする楽しさがつまった「今日の一文字」に注目。
今週は漢字をデコって、その日の気分や出来事をさくさくっとつづる、「Deco☆KAN日記 by ecethm」のecethmさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ecethmさん:こちらこそ、声をかけていただいてありがとうございます。ご連絡をいただいたときは本当にびっくりしました。

ブログは、知人・友人への近況報告を兼ねてはじめました。メールや電話での直接的なやりとりももちろん大事ですが、子育て中の友達とは生活パターンがずれていますし、仕事が忙しい人や海外在住の人もいるので、お互いに時間のあるときにふらっとブログを覗いて、「ああ、元気にしているんだな」とか、「そうか、今こんなことをやっているのか」と、自分達のペースで報告しあえればいいなと思って。
もともとは別の会社の無料ホームページを使っていたのですが、更新が面倒になっちゃったんですよね。いくつかのブログサービスを使ってみて、こちらのブログが一番シンプルで使いやすく、見やすかったので本格的に使いはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ecethmさん:漢字一文字でどれだけたくさんの状況や心情を伝えられるか、その時々の気分や状態にあった漢字一文字を選んでデコレーションしています。漢字がもともと持っていた意味を少し広げてみたり、ちょっとしたストーリーを持たせてみたものもあるので、漢字を見て、背景にあるさまざまな事柄を想像して楽しんでいただければ嬉しいです。

また、毎回漢字デコだとネタ切れしたり、自分自身のメリハリがつかなくなってしまうので、実家で飼っている犬の話や、好きな音楽のことも時々書いています。音楽についてはかなり偏りがありますが、とりあえず続けることを目標としているので、漢字デコをメインに、もしかすると記事のバリエーションはこれからも増えるかもしれません。

c0039735_23124681.gifエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ecethmさん:そうですね、多分、可能性でしょうか。可能性というとちょっと大袈裟に聞こえますが、私の場合はブログありきだったんです。先ほどもお話したとおり、そもそもは友人や知人へ向けた一般的な日記ブログとしてスタートし、その後自分の描いた絵をアップするようになり、ここ数ヶ月で漢字デコを始めました。ブログを通してさまざまな新しいことにチャレンジできるという意味で、可能性だと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ecethmさん:一番は更新のしやすさだと思います。パソコンからも携帯からも、思い立ったときにすぐ投稿できるので便利です。
HTMLやCSSに興味があればスキンをカスタマイズして自分らしさを出すこともできますし、自由度が高いのもよいですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ecethmさん:偏りのある人。興味のあることはとことん追求しようとするのですが、そうでないものはさらっと交わします。その差がちょっと大きいかもしれません。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ecethmさん:ジャンルを問わず、独自な視点でブログを作成されているとすごく興味がわきます。そうした方とはお会いしてみたいと思いますね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ecethmさん:漢字のデコとブログの更新でしょうか。平日は更新が遅れることもありますが、それでも家では一生懸命、漢字をデコってます。

c0039735_2310057.gifエキサイトブログ編集部:夢は?
ecethmさん:孫とロックやメタルのライヴに行くこと。おばあちゃんになっても、大好きな音楽で盛り上がれるパワーを持ち続けたいです。といっても、まだ旦那もいませんけどね(笑)。

エキサイトブログ編集部:漢字をデコった「今日の一文字」がとてもキュートですが、アイディアを思いついたきっかけや文字を創る楽しみは? また、自分らしい作品作り、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
                         ecethmさん:ありがとうございます。お恥ずかしいのですが、きっかけは「だらけた気分」なんです。
子どもの頃から絵を描くことは好きでしたが、きちんとデザインの勉強をしたことはなかったんです。ブログを見てくれた友達や知人から「デッサンはやったほうがいいよ」と勧められて、見よう見真似でようやく始めたところです。使っているアプリケーションも使いながら覚えたという感じで、どれも自己流です。
そんなわけで、趣味で絵を描いていても描きたいものがイメージどおりに描けず、途中で嫌になってやめてしまうこともしょっちゅうです。

c0039735_23131896.gif初漢字デコの「脱」という字も、ちょうどそんな状態のときに描いたものなんですよ。グリーティングカード用の絵を描こうと思ってパソコンに向かったものの、夏で暑いは、絵は描けないは、「もう、なんか脱力」と思いながらだらだらと線や丸を描いて適当に変形させて遊んでいるうちに出来たのが「脱」です。
それ以前にも「猫」という文字をイラストっぽくアレンジしたこともありましたが、気分や状態をあらわすという意味では、「脱」が最初の一文字ですね。意外に面白かったので、それまで普通の日記だったのを『Deco☆KAN日記』としてプチリニューアルをして続けることにしました。

一日を振り返ってみるとキーワードになる文字は幾つかあるので、あまり気負わずに、描けそうなものをピックアップするのがコツでしょうか。出来たものを見てみると、自分が思っていた以上に語ってくれるものもあれば、どうしても納得できずに一度アップしたものを作り直すこともありますが、「よく出来てるね」と言われると「やったね」と思います。
以前は結構長めの記事もアップしていたのですが、今は「一文字」に語ってもらうため、テキストの長さはなるべくおさえるよう心がけています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ecethmさん:大切にしている時間は、ぼーっとする時間です。フル回転してると思いつくものも思いつかなくなるので。癒されるのは、実家で犬達と過ごしているときですね。

c0039735_2312535.gifエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ecethmさん:★個人的に気に入っているのは、8月23日付けの「今日の一文字『肌』」です。シンプルですが、状況は察していただけるかと。

★あと、8月10日付の「今日の一文字『想う』」も気に入っています。「心」の部分は、波をイメージしました。

★9月4日付の「今日の一文字『金』~Thanks Friday!!~」は、文字のバランスとしては上手く出来たほうだと思います。花の部分、本当はビールジョッキにしようか迷ったんですけどね(笑)。

★7月30日付けの「今日の一文字『戻』」は事情を知っている友人からは爆笑されましたが、漢字デコそのものにはあまりコメントをいただいていないので、どれが評判だったのかは実は自分でも良く分からないのです(笑)。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
ecethmさん:長い休日があったら、世界各地で開催されているライヴやフェスティヴァルをめぐりたいです。特にドイツとブラジル。インターネットのおかげで日本にいても海外の情報は入手しやすくなりましたが、やっぱり実際にその国へ行って、現地の空気に触れるのとはまったく違うと思うんです。もっとも、休日だけじゃなく、その分の費用も必要ですが…。

c0039735_23103681.gifエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ecethmさん:インフルエンザですね。健康にかかわることですから…。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ecethmさん:文字アートを楽しまれている方はたくさんいらっしゃると思います。『Deco☆KAN日記』は比較的日が浅く、まだまだ発展途上のブログですので、ご感想やアドバイスなど、お気軽にコメントください。また、面白そうだなと思われた方がいらっしゃいましたら、一緒に漢字デコを楽しみませんか?

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【ecethmさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「タイプディレクターの眼
タイプディレクター、小林章さんのブログ。紹介されている欧文書体はどれも美しく、眺めているだけでも楽しいのですが、「あ~、ホントだ!」と驚く書体デザインの基礎的なお話もあり、とても勉強になります。

●「ぶつぶつ独り言2(うちの猫ら2009)
ご存知、kachimoさんのブログ。私もファンの一人です。猫ちゃんたちの思わず笑ってしまうような表情や動きをとらえた愛情たっぷりの写真に、元気や笑顔をもらっています。ミルクお嬢様の豪快な「大の字」に憧れています。

●「キャプテン和田の劇的メタル
DJ・音楽評論家の和田誠さんがナビゲーターのポッドキャスティングブログ。レコード会社の方をはじめ、来日アーティストなど、キャプテンとゆかりのある方々との"笑"激トークが楽しめます。

●「naniwametal
音楽ライター、奥村裕司さんのブログ。アーティストのライヴレポートやこぼれ話はもちろん、Wacken Open AirやProgPowerなど海外フェスティヴァルのレポートもあり、ハードロック、ヘヴィ・メタル好きには貴重なブログです。

●「MONOWASP
CDやDVD、ブックカヴァーなどのアートワークを手がける"MONOWASP"のブログ形式のサイト。作品の中に描かれる光やコントラストは独特で、美しさと力強さ、幻想的な透明感が一体となっています。まるで映画をみるような作品群に惹き込まれます。




【ecethmさんのライフログ】

やさしい人物画

A・ルーミス / マール社


「デッサンはやったほうがいい」と言われてさっそく購入した一冊。人体構造や骨格、筋肉のつき方など、この本で勉強中。技法書ではありますが、人の体って機能的に出来てるんだとちょっとした感動を覚えます。

面白いほどわかる環境問題 地球エコクイズ100 (中経の文庫)

地球環境クイズ研究会 / 中経出版


エコに関するエピソードや取り組み、キーワードなどがクイズ形式でまとめられているので、楽しみながらエコに関する知識を培えます。自分で考え、納得できる一冊です。

ロード・オブ・ウォー [DVD]

日活


内戦や紛争をあくまでもビジネスの場としてとらえる武器商人の兄と、その弟、家族や捜査官の姿を描いた作品。重いだけの映画にならない風刺の効いた演出も随所にあり、戦争の本当の恐ろしさは何だろうと考えさせられます。中盤のニコラス・ケイジ(兄)とジャレッド・レト(弟)のアドリブ対決も見ものです。
公式ブログはこちら

ecethmさんの「Deco☆KAN日記 by ecethm」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-09-24 12:09

c0039735_1530614.jpgファッション雑誌から抜け出したような、おしゃれなファッションコーディネイト。モデルは少女マンガの主人公のような、美男美女お人形たち…。時にはガーリー&キュートにキメていたり、時にはロマンチックだったり、シックで大人っぽかったり。ドキッとするほどカッコよかったり…。
センスのよさが光る独特の世界に、うっとりしている読者も多いはず。

そんな人形たちの洋服やコサージュなどをハンドメイドし、スタイリングから撮影までを楽しんでらっしゃるのは…。その名も、「KISEKAE」というブログのkabaさん。
本業はオリジナルbagのハンドメイド作家であり、bag制作のブログも運営しています。

今週は、ていねいな手仕事を通して、好きな趣味を徹底して楽しんでらっしゃる、「KISEKAE」のkabaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kabさん:こちらこそお世話になってます。
せっかくいろいろな機能があるのに、あまり使いこなせてなくてすみません。
もともとオリジナルbagのデザイン、制作をしており、その作品や制作過程をHPで紹介してました。でも、一人で更新出来るのは日記のみでしたが…(笑)。
その後、「スーパードルフィー」(創作造形(C)ボークス・造形村)というお人形に興味を持ち始め、その洋服をハンドメイドするようになった頃、友人から「ブログというものがあるよ!」と教えてもらいました。
更新がとても簡単で、写真も大きく紹介できるので、「これなら私にもできる!」と思い、人形のほうのブログ「KISEKAE」をスタート。bagのほうはHPに…と分けていましたが、次第にbagのHPの更新もままならなくなり、今では、人形とbag、ふたつのブログを運営しています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kabaさん:オリジナルbagのデザイン、制作日記を「KABA-BAG」というブログでつづっています。
もうひとつのブログ「KISEKAE」(今回メインでご紹介していただくブログ)は、私が趣味で楽しんでいます人形服の制作日記です。
服だけでなく、ウィッグやコサージュなども制作したり、ファッションコーディネートを楽しんでます。
作成したものを少しでも綺麗に見ていただけるよう、モデルの人形たちにポーズをつけ、服に似合うウィッグに変えたり、カメラに視線が向くようにしたりして撮影し、ご紹介しています。
できるだけ自然なポーズを心がけて、いかに「お人形らしくなく」素敵に見せるかを楽しんでいます。

どちらも年に数回のイベントや作品展で発表、販売してますので、仕様の説明や当日伝えきれなかったことをフォローするためのブログ、と思っていたのですが…。結局完成しなかったものや、実験的なことの方が多いので、「今こんなの作っています!」という発表の場、といったほうがいいですね。

オリジナルbagもほぼ自己流ですし、服飾縫製の知識もほとんどないんです。
でも、どちらも理想の完成形はしっかり頭の中でイメージできているので、それを実現するために「どう作ったらいいか?」「どんな素材ならイメージどおりにできるのか?」と試行錯誤することが好きなんです。
その結果、完成品ではなく、トライ&エラーの作りかけの画像が多くなってしまうんですけどね…(笑)。
人形は、「目が怖い…」という方もいらっしゃるかと思い、bagと人形を分けたのですが、結局どちらも見て下さる方が増えてきたのも、そのへんの制作過程を面白がって下さってるってことかなぁ?と思っています。

c0039735_15334262.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kabaさん:反応をすぐにいただけるのはもちろん、自分でも作ったものを客観視できます。画像にしてみて「あ!しまった!」とか「案外イケるじゃん?」など、気がつくことが多いです。
作り方を忘れて、「たしか一昨年の春あたりに作ったはず…」とブログから探ったり、作品記録としても大いに活用しています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kabaさん:更新が簡単な点ですね。
見てくださってる方がいるのがわかるので続けられます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kabaさん:好奇心旺盛。「百聞は一見に如かず」…で、人が丁寧に教えてくれようとしても、自分で試してみないと気がすまないタイプです。
自意識過剰で「私ならうまく出来る!」と激しく思いこんでいます。
でも興味の無いことにはまったく動けません(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kabaさん:特にはいらっしゃいません…。
すでに親しい方のブログが多いのと、あまりたくさんのブログを拝見していないという理由で…。
すみません、ブログをあまり活用してないってことでしょうか?

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kabaさん:思いついたことを試してみること。
それを思った通りに作れる材料、手法を見つけること。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kabaさん:お人形服のファッションショー。モデルの人形が歩いてくれる訳ではないので(笑)、具体的なことは何ひとつイメージできないのですが。
着せ替えたり、写真を撮ったりして遊ぶ以外の方法で、人形や人形服を見せられないかなぁ~と、夢見ています。

c0039735_124465.jpg


エキサイトブログ編集部:少女マンガから抜け出したような美男美女の人形たちの服をハンドメイドされていらっしゃいますが、人形服作りのきっかけや楽しみは? また、自分らしい作品作りや記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
kabaさん:ブログでモデルとして登場してるほとんどが「スーパードルフィー」という、60cmほどの樹脂製の球体関節人形です。
着せ替えだけでなく、ウィッグやアイの交換、メイクのリペイント、さらには削ったりパテを盛ったり、さまざまにカスタムできます。ブログに登場する人形だけで10体、さらに頭部だけ(取り替えが容易にできます)を5つか6つほど持っています。
これだけ人形にハマっていると、「子供のころからお人形が大好きで~」な答えを期待されがちですが、実はまったくしてなくて。「ごっこ」遊びが苦手だったのと、リカちゃん人形などに魅力を感じなかったことが理由でしょうか?

もともと何かを作ることは大好きで、小学1、2年生のころにはもう、刺繍やフェルトマスコット作りなどの手芸に凝っていました。「手先が器用だね」と言われるのが、一番嬉しかったですね。
大学で工業デザインを学び、卒業後はプロダクトデザイン職に就いてましたので、もの作りに携わっていたわけですが、それとは別になにか自分で手を動かして作りたくて…。
それがたまたまbagだったんです。退職を機に、革用のミシンを購入してオリジナルbag作りをはじめました。

c0039735_15493841.jpg

人形との出会いはbagのサイトを始めた数年後。当初は服ではなく、人形サイズのbagを作っていました。
単純に人間サイズのbagではなく、「人形サイズを作ってみよう」、ってことで…。友人の帽子デザイナー、靴職人を誘って、3人でそれぞれのアイテムの人形サイズを作ってイベントに出展するようになり、すっかり人形の面白さにハマっていきました。イベントに参加する際のユニット名「HSB」は「H=hat」「S=shoes」「B=bag」の略なんですけどね(笑)。次第に、所有する人形もどんどん増え、自分でも遊ぶには「まず服がなきゃ!」…となり、服を作り出したわけです。幸い裁縫道具のほとんどが、兼用できますしね(笑)。

でも、単純に人間サイズを縮小して作ればいいかと思いきや、そのままではまったく魅力的に見えないんです。足したり引いたり、人形ならではの部分も多いので、1からパターンを起こしています。
ファスナーやボタンも小さいものでないとダメですし、布も面積が小さくなるわけですから、その辺を考えて厚みや質感を慎重に選ばないと、うまく自然な感じが出ないのです。

メイクは上手な方にお願いしていますが、メイクアップ、カスタム、デザイン、スタイリング、撮影など、さまざまな楽しみ方があるので、「人形という素材を使ってセンスを表現できる」ということが、最大の魅力だと思ってます。
人形が可愛いのは当たり前ですから、ブログには極力主観を入れないようにしてるつもりですが、実際は「うほぉ~~カッコイイー!」「フフフやっぱ可愛い~、似合うわぁ!」と、ちょっとおかしいくらいに騒いでいますね(笑)。

c0039735_1540965.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kabaさん:就寝前の読書時間。
イベント出展や作品展の帰り、あまりに疲れて奮発してしまったグリーン席に座ってる時。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
kabaさん:★2007年05月14日 「よし!分かった!
この着物は私が作成したものでなく、お願いして作っていただいたものです。
着物なんてめったに着ませんし、男のもならなおさらで、着付けに苦労しました。
ちょっと動きを持たせて風が吹いてくる方向が分かるように撮りました。

★2008年02月07日 「やっぱり面倒なのよ
カメラをコンパクトなものから一眼レフに変えた最初の画像です。
一眼レフは重いし、使い方も分からないし…で、やっぱりコンパクトのほうがよかったかな…と最初は思っていたのですが、この画像をやたらに褒められたことがきっかけで、以来一眼レフを使っています(笑)。

★2008年04月22日 「あっという間に
大きくて画面に納まりにくいし、ポーズもキープするのが難しいので、2体以上並べてはなかなかうまく撮れないことがあります。あまり凝ってしまうと肝心の服の仕様もわかりづらくなってしまいますし…。
その点、これは良い感じに撮れて、気持ちよかったことを覚えてます。

c0039735_15332537.jpg★2009年05月14日 「何から...
実はコレ、アルミホイル製なんです。
わかる人いないだろうなぁと思ってたのに、案外あっさり当てられてしまって。
「お人形好きな人は、何かとモノを作ることが好きなんだなぁ~」ということがよくわかりました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
kabaさん:アジア、ヨーロッパ各国に材料買い出しの旅に行きます。
留守中、すべてのミシンをオーバーホールに出して。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kabaさん:環境汚染問題。
革を使うので…、なめす際の廃液の処分、施設、費用が大きく、生産量も減っていそうです。
たしかに値段も上がってますし、欲しいと思う革が減っていることも感じます。
日本の優れた技術で、安全で使いやすい革が作り続けられることを願います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kabaさん:いつもご覧くださり、ありがとうございます。
コメントもうれしいです。さらに褒めていただけるとモチベーションもアップしますので、どうぞよろしく!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kabaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「ovejita
毎年一緒に2人展を行なってます。
同じことをしていても、「そう来るかぁ~!!」といつも彼女から出て来る作品に吃驚感動してます。

●「+d
やはり人形遊びはしてなかったはずなんですが…。妹の人形服ブログです。

●「渡邊印 制作日記
センス良く、とても凝ったbagを作ってらっしゃいます。
いつも「今度合ったら落語の話しを聞こう!」と思いつつ、お互いの制作苦労話になっちゃって(笑)。

●「くるねこ大和
単行本になるのを待てずに、ついつい見てしまうブログです。

●「日記/石川雅之
私は「もやしもん」しか読んでないのですが、石川雅之さんという漫画家さんの日記です。
文章が漫画のようにリズミカルな点が好きです。




【kabaさんのライフログ】

ザ・ケルン・コンサート

キース・ジャレット / ユニバーサル ミュージック クラシック


名前もアルバム名も知っているのに、実は最近までちゃんと聞いたことがなくて…。
「1975年にこんなすごいことがあったんだ!」って、今では夢中になっています。

三文ゴシップ

椎名林檎 / EMIミュージックジャパン


まず耳で聞いて沸き上がるイメージを満喫。PVもまた美しく、あらためて歌詞だけを読んで、またウムムと唸り…。1粒で2度も3度も美味しいという、素晴らしいアーティストだと思います。

1Q84 BOOK 1

村上 春樹 / 新潮社


長いこと、この方の面白さがわからずにいましたが、『少年カフカ』がとても面白く読めて以来、また初期のころのものから読み直しています。
これも「文庫になるまで買うもんか!」と思っていたのですが、つい買ってしまいました(笑)。

もやしもん 8―TALES OF AGRICULTURE (イブニングKC)

石川 雅之 / 講談社


「農大で箘とウイルスと少しばかりの人間が右往左往する」漫画です。
お酢やお醤油が偉大に見えると同時に、お酒には申し訳なく思えてきます。私はまったく飲めないので…。

ダージリン急行 [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


セットや小道具が素晴らしく美しくオシャレです。
ラブリーなお揃いのスーツケースはルイ・ヴィトン、マーク・ジェイコブズデザインだそうです。公式HPはこちら。

kabaさんの「KISEKAE」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-09-09 19:09

c0039735_11582711.jpg電車の中で見かけたおじさんや若いカップル、サラリーマンの話題に、「こういう人いる!いる!」と共感することがあったり。時々登場するお母さんやお義兄さんのキャラに、「いい味出してるな~」とほのぼの気分になったり…。
美味しいものを食べて幸せそうな顔や一日中ごろごろ寝ている姿に親近感をおぼえたり、とってもかわいく思えたり…(笑)。
日々の何気ない話題を「pino」さんのイラストで紹介したブログは、ほほえましくて、「心がほっこりする」と読者に人気を読んでいます。
「さて、今日のpinoちゃんはどんな一日だったのかな~?」と、一日の終わりに覗いてみたくなる人が大勢いるはず。今回は、読むたびにくすっと笑えて、元気になれるブログ、「pinoのビバ日常」のpinocolinaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
pinocolinaさん:こちらこそ、いつも大変お世話になっております。どうぞよろしくお願いします。
私がブログをはじめる前に、海外に住んでいる妹がファッション系のブログをしていまして、たまに妹に頼まれて記事に関係するちょっとしたイラストを描いたりしていました。そうすると、妹のブログを見にきてくれていた方からイラストについてちょっとずつ反応があったりして。「ブログって面白いかも」、とだんだん興味がわき、自分のブログをはじめようと思ったのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pinocolinaさん:私自身の平凡な日常の一コマを、「pino」というキャラクターを通して描いています。1日のなかの一番のクライマックスを描いているので、内容にはかなりムラがあります。芸能人に遭遇する日もあれば、ただ寝てるだけの日もあったり…。
ブログをはじめようと思った時に、「とにかく毎日更新しよう」と最初に決めました。性格上そうしないと3日坊主で終ってしまうとわかっていたので(笑)。なので殴り書きでも毎日更新しています。それでも見にきてくれる読者の方がたくさんいらっしゃって、ほんとに嬉しいです。だから続けられるんですよね。
よく、「癒される」と言われて私自身は驚いてしまうのですが、けっしてほのぼの路線をねらって描いてるわけではありません。ただ、不特定多数の方が見に来られるので、辛辣な表現や気が滅入る内容はさけてはいます。あとはpinoのキャラクターの力でしょうか。ずいぶん助けられてます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
pinocolinaさん:ブログの良さはなんといっても、手軽なところだと思います。私のような超メカ音痴でも、ちょっとがんばればできるのですから!
それからコミュニケーションツールとしての力ですね。見ず知らずの方とブログを通して知りあう。実際にお会いした方もいます。こんなことは自分の性格からして考えられなかったことですので、ほんとにすごいことだと思います。
また、最近はいろいろな情報をブログから仕入れることが多いです。とても勉強になります。世の中には才能あふれる方がいかに多いか、ということもブログを通して知りました。すごいですね、ブログって。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
pinocolinaさん:ええかげんな人です。

c0039735_1202112.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
pinocolinaさん:少し前にNY在住の人気ライター黒部エリぞうさんとお会いしました!「黒部エリぞうのNY通信」からもビシバシ伝わってきますが、ご本人もとてもパワフルでチャーミングな方でした。ものすごく刺激をうけました。日本人離れしたエキゾチックなお顔立ちにも魅入ってしまいました。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
pinocolinaさん:好きなことは眠ることです。いつも夢をたくさん見ます。寝てるあいだに脳ミソが働いているのだなーと考えると、いろいろとオモシロいです。
ハマっているのは青魚です。脳ミソにいいらしいですね。

c0039735_1204217.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
pinocolinaさん:うーん、無言実行派なので言わないでおきます。
コツコツ頑張ります。
あっ、でもドリームジャンボは当てたいです。

エキサイトブログ編集部:何気ない話題に、「そうそう」と共感したり、くすっと笑えたり…。pinoさんワールドを楽しませていただいていますが、イラストを描くようになったきっかけや描く楽しさは? また、記事アップの際に心がけていることは?
pinocolinaさん:幼少のころから絵を描くのが好きでした。勉強もスポーツも全然ダメでしたし、教科書にはいつもラクガキばかりしてました。なので美術系の大学に入って、絵を描く仕事についたのは(最初は建築パースを描いていました)、ごくごく自然のことだったと思います。
東京に出てきたのをきっかけに、ゲーム会社に就職してデザインの仕事と、たまにイラストを描いたりしてました。会社に行きながら細々とイラストを描いて営業したりしてるうちに、ある出版社からカットイラストの依頼をされたのがイラストレーターになるきっかけでした。
それから、組織に所属するのが苦手だったこともあり、会社を辞めてバイトをしながらイラストを描く日々に…。そのうちポツポツと仕事が入るようになり、今に至ります。

私はイラストレーターとしてはまだまだヒヨッ子ですし、絵も決して上手くはありませんが、描くことはとても楽しいです。未熟ですから、描いていてすごく苦労することも多いのですが、できあがったものをすごく喜んでもらえたり、「またお願いします」と言われたりすると、本当に嬉しいですね。
頑張ったぶんだけちゃんと反応がかえってくる、というのが描く楽しさに繋がっているのだと思います。好きなことを仕事にできるって幸せなことですね。

しかも、仕事と違ってブログは自由に気ままに描いているので、楽しさ倍増です。いつもあたたかい反応(コメントや訪問)もありますしね。ネタについては特に悩んだりしていません。最初にも述べましたが、1日の中で最もセンセーショナルな1コマを切り取ってるだけなので、仕事の合間の息抜きとして気楽に描いてます。
ただ、意識がいつも分散してますので、普通に道を歩いてるだけでも他の方なら気づかない小さな変化に、目を向けてしまうことはあるかと思います。そういうことがネタになっているのかと…。

c0039735_11595651.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
pinocolinaさん:眠る時間を大切にしています(笑)。ブログのコメントを読んでる時は癒されますね。
それと…姪っ子が二人いるのですが、二人の写真を見てる時もかなり癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
pinocolinaさん:私が気に入っている記事
★「チカラ技」2008.11.21
電車に乗っているとオモシロい人にあたる確率が高いです。人って、電車の中ではけっこう自分をさらけ出すんですよね。

★「ワタスは知っている」2008.6.8
これもなんでもない普通のカップルの会話なのですが、微笑ましいですね。そこに頭の中で割り込む自分がいたりして…。

★「街なかにて」2008.5.4
おじさんってオモシロい人が多いんですよ。

評判が良かった記事
★「セレブリティファイル002」2009.6.3
街を歩いてると芸能人の方に出会うこともよくあります。中尾彬ご夫妻を見かけた時の記事です。

★「エステシャン」2009.01.05
最近は義兄の人気がスゴいです(笑)。義兄は天然キャラでして、ネタの宝庫です。

★「コミュニケーションツール」2009.6.10
人気キャラで言えば、pino母は外せません。母がパソコンの前に向かっているというのを思い浮かべるだけで、なんだかちょっと笑えます。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
pinocolinaさん:長い休日があったら旅行に行きたいです。異文化に触れて脳ミソの垢をスポっと落としたいです。南国ビーチでマッタリするのもいいですね。家族でマッタリ。そういうのも最近憧れます。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pinocolinaさん:やっぱり地震、災害ですね。今回の地震で被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。
日本は地震大国ですから、いつ大きな地震があってもおかしくないのですが、少しずつ小だしに揺れて歪みが解消されればいいな、と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pinocolinaさん:いつも見に来ていただいて、本当にありがとうございます!
私のほうこそ元気をいただいて、毎日感謝しております。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_121679.jpg




【pinocolinaさんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログは本当にたくさんあって選ぶのが大変だったのですが、「あみだ」にも手伝ってもらって(迷った時はあみだくじで決めます☆)こちらの5つにさせていただきました。

★「ばーさんがじーさんに作る食卓
有名ブログですよね。見て美味しい、読んで楽しい。お二人の愛情がにじみでていて、とにかく幸せな気持ちになれます。
日々の食事を大切にすることって、ほんとに心の贅沢なんだな~としみじみ思います。

★「花嫁の裏方
品があって美しい。いつもホレボレしながら拝見しています。見ていると創作意欲が刺激されます。

★「花福日記
もう有名な大人気ブログですよね。kozaruさんのイラストと笑いのセンスが好きです。店長さんにもお会いしたいです。
私も花が好きなので、秋頃こっそり買いにいこうと目論んでいます☆

★「大泉ワナビーズ
占い師さんのブログです。歯切れのいいテンポとユーモアのセンスがとても心地いいのです。

★「wabi'sセレクション
身内のブログで恐縮ですが、私がブログをはじめるきっかけとなったブログです。ファッションやメイクはいつも彼女から教わりました。
彼女がいなかったら、今ごろ私はどこに行くにもジャージを着ていたと思います。



【pinocolinaさんのライフログ】

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)

西原 理恵子 / 理論社


「働いてお金を稼ぐことは強くなること、そしてそれが大人になるということです」という、西原さんのひとことひとことにずどーんときます。特に女性に読んでほしいです。理論社のHP

男の作法 (新潮文庫)

池波 正太郎 / 新潮社


池波正太郎さんのエッセイが好きです。昔ながらの粋な男性の美学がみっちり詰まってます。愛読書です。

海馬―脳は疲れない (新潮文庫)

池谷 裕二 / 新潮社


(今日は脳ミソのことばっかり言っていますが…)
脳ってとっつきにくいものかと思ってましたが、これを読んで脳に愛着がわきました。
対談形式で書かれてるのでとても読みやすいです。

サザエさん (1)

長谷川 町子 / 朝日新聞社


長谷川町子さんのマンガは小さい頃から大好きでした。優しい笑いと世界観、絵も全部好きです。

★「ザ・ソプラノズ
ニュージャージーのイタリア系マフィアの話です。ただのドンパチものではない、質の高い(ファミリー)ドラマです。とにかくオモシロいです。

pinocolinaさんの「pinoのビバ日常」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-08-19 16:19

c0039735_14951100.jpg和・洋・中から各国料理にカレーに居酒屋メニューまで。鮮やかな色彩で描かれた美味しそうな料理とお店の情報を盛り込んだ温もりある手描きのイラストで知られる、「岡山・Go Go グルメ隊」。
取材メモとデジカメを片手に、趣味で食べ歩いた美味しいもの絵日記として、見ているだけで「行ってみたい!食べたい」「お腹が減ってくるー!」と読者の人気を集めています。

2008年3月のピックアップブロガーにも登場していただきましたが、今月の6月19日、ついにブログが一冊の本になって発売されました。そのお祝いに、今回は出版特別インタビューとして、「岡山・Go Go グルメ隊」のF隊員さんに再び登場していただき、出版にまつわる話や改めて感じるブログのよさなどを語っていただきました。

編集部:エキサイトブログ編集部:2008年3月のピックアップブロガーでご登場いただきましたが、まずはF隊員さんのご近況を…。
F隊員さん:近況ですか…前回「ピックアップブロガー」で紹介していただいてからアクセス数もかなり増え、たくさんコメントをいただくようになりました。ありがとうございます。
それを励みに、のんびりですが、ずっと更新していけています。
最近は出版の件で忙しくしていて、更新できていませんでしたが、これからまた溜まった記事をアップしていこうと思っています。
が…無事出版され安心したのか、最近ちょっと何もやる気が無い状態・・・気長に待っててください(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログが一冊の本になって発売されましたが、出版されたいきさつや今の心境は?
F隊員さん:きっかけは、出版社(ふくろう出版)で働く友人が社内会議にかけてくれそれで決まりました。感謝!
前回のインタビューで、「目指すは『F隊員・グルメ絵日記紀行』なんてタイトルの本の出版…」と答えましたが、もともとこのブログが一冊の本になったらいいな…という夢があったので、それが実現できてうれしいです!
正直、まだ出版されたってことが実感できてない状態です(笑)。
本屋にもまだ行ってないんです。
でもラジオや新聞で紹介していただいたり、友人から本屋の画像が写メで届いたり、小学校時代の担任の先生から「新聞見ました」ってハガキが届いたり…。
あ、ホンマに出たんだって、ドキドキの日々です。

エキサイトブログ編集部:『岡山・Go Go グルメ隊』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
F隊員さん:内容はブログに掲載している記事がほとんどです。
他にはない、手作り感溢れる本にしたかったので、目次、あとがき、広告まで活字をほとんど使用せず、できる限り手書きにしました。広告もイラストで描いています。
帯に掲載する友人やお世話になっっている方達からのメッセージも手書きにしてもらい、イラストなども描いてもらって、あったかい感じの本ができたと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
F隊員さん:自分らしさ…ですか。今、デジタルな時代ですが、手描きイラストという、自分の得意なアナログの作品であったかさ、なつかしさを感じてほしいです。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
F隊員さん:グルメ本として利用してもらうのも当然「あり」ですが、絵本感覚でイラストを楽しんでもらえたらいいなと思います。

c0039735_14104241.jpgエキサイトブログ編集部:改めて、グルメイラストを描く楽しみは? また、記事アップの際にこだわっている点などがあれば…。
F隊員さん:好きな物を食べて、好きなように、好きな時に描く。 締め切りや直しが無い!これが一番(笑)。
その時の食べて美味しかった物、楽しかった事、お店の雰囲気が上手く表現出来て、記事を見てくれた人が「行ってみたい、食べてみたい」って感じてもらえるよう描けたらいいですねー。
辛口ブログはキライなので、見てもらって「楽しい!美味そう!」って感じていただけたら最高です!

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
F隊員さん:友人から食事に誘ってもらえることが増えました。
みんな、写真の撮影や記事の更新に協力してくれています(笑)。
もちろん、ブログを続けていたことが、一冊の本につながったので、それは大きいです。

エキサイトブログ編集部:2009年の目標やこれからの夢は?
F隊員さん:夢は…「沖縄GOGOグルメ隊!」の出版!? はい、夢です。
沖縄は好きな場所なので、沖縄の食べ歩き絵日記もぜひ実現させられたらいいなと思って。
目標…ま、のんびりブログ更新していって、また何年か先に第二弾発行とかなればうれしいですね。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、F隊員さんにとって幸せを感じることは?
F隊員さん:前回も書いたと思いますが、愉快な仲間たちと一緒に過ごす時間が一番好きで幸せを感じます。
今年は、今まで得意じゃなかった団体行動やいろんなイベントにも進んで参加しています。
今回のプロフィール画像も大切な友人達が協力してくれました。
みんなボクの取材に協力をしてくれるグルメ隊員たちです(笑)。

エキサイトブログ編集部:もしベストセラー作家になったら…まず何をしたいですか?夢を大いに語ってください。
F隊員さん:ベストセラー作家!?  まずないと思いますが(笑)。もしなったら国内、国外を飛び回って観光地やその土地の美味い物、出会った人々をイラストで紹介していきたいです。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージをお願いします。
F隊員さん:いつもたくさんの方に見ていただいてうれしく思っています。
エキサイト様で紹介していただき、県外の方にもたくさん見ていただいていると思いますが、ボクの大好きな岡山に少しでも興味を持ってもらえて、この本を片手に岡山の観光地やグルメを楽しんでいただけたらうれしいです。
岡山県内、まだまだまわれていないエリアがいっぱいです。オススメのお店があったらぜひ教えてください。
これからも気軽に感想や美味しいお店情報をコメントいただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【F隊員のブログ本】

c0039735_14482621.jpg
岡山・Go Go グルメ隊

6月19日発売 
発売元/ふくろう出版




★2008年3月の「今週のピックアップブロガー」登場記事はこちら

★F隊員さんの「岡山・Go Go グルメ隊」を読んでみましょう。


[PR]
by blog_editor | 2009-06-25 17:34

c0039735_13332423.jpgシンプルながら洗練された和のデザインが、どんな料理もおいしく引き立ててくれそうな器たち。土の感触が伝わるひび割れたような質感がいい味を出している急須や茶碗、すっとのびた形が粋な粉引きの長皿など、どれも現代のモダンな和の暮らしに合うものばかり。
「おもてなしに、こんな器があると素敵!」と憧れる人も多いはず。
今週は、そんな和の器を一つひとつ丁寧に作る陶芸家、「器・UTUWA&陶芸blog」の橋本忍さんに登場していただきました。橋本さんは、器を通して心を豊かにする和の暮らしを提案したいとして、「時雨 shigure」というライフスタイルを提案するブログも手がけています。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
橋本忍さん:2004年9月ころからブログを始めましたが、きっかけは自分の仕事のプロモーションでした。すでにHPは持っていたんですが、なかなかアクセスが増えないので、「何かないかな?」と思っていた時、「ブログ」の存在を知ったんです。
以前作っていたホームページでは掲示板を付けていたのですが、どうしても内輪ノリになって、ダラダラしちゃうので、掲示板を付けるのはやめようと思っていたんです。
ブログは情報量も多く提供でき、更新もラクですし、コメント、トラックバックによるコミュニケーションもあるので、ホームページと掲示板の利点が合わさったようなものだ、と思いましたね。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
橋本忍さん:タイトルの通りですが、札幌で陶芸家として活動している僕が作る器の紹介と陶芸の技法的な話がメインです。
手作りの物って、その作品とともに、ある程度の背景が伝わったほうがいいと思うんです。どんな人が、どんな風に、どんな思いで作っているのか、って知りたくなるでしょう?
そういうことを含めて作品を使うと、いろいろな想像が膨らんで思い入れができてくると思うんです。
ブログではそんなことを伝えられればいいなあ、と思いながら書いています。
技法については、僕自身、陶芸を自己流でやってきてるので、わからなくて苦労したことがいっぱいあるんです(今も)。
そんな時はまずはネットで調べていますが、なかなか欲しい情報に行き着くのって難しいですよね。
見つけた!と思っても核心部分は判らなかったり…。なので、なるべく判りやすく、詳しく紹介したいと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
橋本忍さん:多くの出会いをもらいました。
ブログの中でのおつきあいはもちろん、実際に僕の展示会へ来てくれた方や取引をしてくださった販売店の方など数えきれないほどの出会いをもらいました。
僕の活動にとってブログはとても重要なものとなっています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
橋本忍さん:距離感が縮まるってことでしょうか。
僕もいろんなブログを訪問しますが、ちょっと遠い存在かなって思っていた人ともお話しができたりして。
書くほうも等身大に近い感覚で書いていると思うので、そういうのを読むと「あぁ自分と一緒だなぁ」なんて思えますよね。

c0039735_1815202.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
橋本忍さん:「好奇心」。何でも知りたくて、何でもやりたくて。そのせいで失敗やピンチも多いですが、すべて身になっていると信じてやってます。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
橋本忍さん:タクマクニヒロさんというカメラマンのブログ、「カメラマンへの道」が好きなので、ぜひ会ってみたいですね。タクマさんの言っていることって僕の仕事にも通じるというか、一緒なんですよね。とても勉強になります。
エキサイト内のブロガーさんでしたら、やっぱり陶芸のブログをやっている方々でしょうか。北海道に居るとなかなか会えないんですよね。
皆さんブログを通して実際の交流ができて、行き来している記事などを読むと羨ましく思います。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
橋本忍さん:もちろん陶芸です!

エキサイトブログ編集部:夢は?
橋本忍さん:とにかく多くの人に僕の作品を使ってもらい、喜んでいただけたらうれしいですね。
特に最近強く思っているのは海外の方々に…。そのためにもブログを活用していければなあって思います。

エキサイトブログ編集部:和の暮らしに合う素敵な陶芸作品をたくさん制作されていますが、陶芸に夢中になったきっかけや作る楽しみは? また、自分らしい作品づくりのこだわりや自分らしいスタイルなどがあれば…。
橋本忍さん:きっかけは本当に些細なことというか…、「たまたま陶芸体験をしてみたら楽しかった」からなんです。
それまでは陶芸に一切興味もなく、器とかも安い工業製品を何のこだわりもなく使っていましたが、陶芸体験をしてみたら、なんでもない土塊(つちくれ)が自分の手で実用の食器になった、ということが衝撃的だったんです。
もちろん、人生の中のタイミングと合ったからなんでしょうけど、初陶芸体験の半年後くらいには陶芸家をしていました(笑)。
はじめたばかりの頃は作る行為そのものが楽しくてしょうがなかったんです。もちろん思った通りにはいかないんですが、それがまた悔しくて、「絶対作ってやるー!」っていう気持ちが沸いて。そして、作った器を使ってみると何ともいえない「心が豊か」になった感じがして。「心が豊かになるってこういうことなんだ」って、初めてわかったような気がしました。
その後、人に使ってもらって、喜んでもらえた時には、もう完全にハマりました。
もちろん当時の作品は、今から比べると技術的には無茶苦茶ヘタなんですけどね(笑)。

c0039735_17422257.jpg初めて自分の器を買っていただいた時のことは今でもよく覚えています。自分の作った物にお金を出してくれるということは、びっくりするとともに、本当に嬉しく、ありがたいことでした。
ですが、仕事として続けることはとても難しいことで、数年間はほぼ無収入でした。そんな僕を支えてくれた家族には本当に感謝しています。
それでも絶対にアルバイトなどはしたくないと思っていたので、ビラを撒いたり、いろんな展示会を企画したり参加したり、飲食店に営業したり…。なんでもやりました。そんななかでブログも始めたんです。
最初は、みんなが欲しがる物を「安くたくさん作ったほうがいいだろう」と思っていましたが、うまくいきませんでした。そこで、勇気を出して、作品に「自分らしさ」を凝縮するようになってから、少しずつ認知されるようになってきましたね。

作品は自分自身です。自分の中に内包する美意識をストレートに表現したいと思っています。何にも傾倒せず、自分を信じることから始めます。だからこそ喜んでもらうと嬉しいんです。
もし自分じゃない物を作ったとして、それを喜ばれてもちょっと違和感があると思うんですよね。否定された時も自分に言い訳をしてしまいます。
だからこそ後悔しないように、自分を注ぎ込むようにしたいと思っています。

作品は現代の暮らしにあう和食器を心がけています。なるべく加飾せずに引き算をしていき、土の素材感と全体のラインが一体となるようなデザインを探しています。

エキサイトブログ編集部:同じ札幌を拠点として活動する友人とともに「時雨 shigure」というブログも手がけてらっしゃいますが、こちらのコンセプトや読者に楽しんでもらいたい点は?
橋本忍さん:「ライフスタイルの提案」ということで、現代に見合った和の暮らし方を提案していこうと思っています。
和の暮らしがいろんな部分で優れている、ということは皆さん承知していると思うんですが、それを実際にどう現代の暮らしに取り入れるといいのか、を考えていきたいんです。これは僕の器のコンセプトにも一致することです。
最近は癒しブーム?の流れで、「ゆるい」ということを癒しと混同している部分が多いんじゃないかと思うんですよね。日本人には「きちんと食事する」「きちんと装う」「きちんと暮らす」ことの中に感じる癒しや安らぎってあると思うんです。ピンと背筋が伸びる感覚ですよね。
そんなことを思い出してもらいたいなと思って、「時雨」を展開しています。
(時雨についてはこちらの記事を参照)

c0039735_1357712.jpg


また、この:「時雨」を見た大丸百貨店のバイヤーが大変気に入ってくださって、今回(5月27日~6月2日)大丸札幌で時雨の世界観を切り取った展示会「時雨STYLE」をさせてもらうことになったんです。また一つ、ブログの可能性というのを感じました。
この展示会では僕の陶器とガラス作家の高臣大介さん、花屋の仁田山禎士さんの三人で現代的な和のスタイルを提案してみました。
見てくれた方々には喜んでいただけたと思いますし、ただ物を売るのではなく、新しいスタイルを提案できたことを嬉しく思っています。これからの課題も残りますが、「このパッケージで全国展開しようか」という話も出てきていますので今後が楽しみです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
橋本忍さん:仕事中以外でも常にいろんな感覚を吸収しようと、アンテナを張りまくっています(笑)が家族との時間はとてもニュートラルな時間になってると思います。

c0039735_395559.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事&作品といえば? また、読者に評判だった記事は?
橋本忍さん:★2008-05-29  [#440]急須の作り方・茶こし編
★2008-05-31  [#442]急須の作り方・口の接着編 
茶漉し編、口の接着編、ともに解りやすく紹介できたと思います。
アクセス解析によると急須の作り方で検索されて訪問してくれる方がすごく多く、皆さん苦労していることなんだろうと思います。ぜひ参考にしてください。

c0039735_17382630.jpg


★2005-10-24  [♯89]器のお直し 
今ではしおり等にも明記しているんですが、こうして自分の言葉で伝えられるのがブログならではですね。

★2006-06-12  [♯198]半切り 
こんなのもありました~、いろいろ参考にしてくれてると思います。

★2008-06-08 [#448]小さな片口 
片口、好きなんですよね。

★2008-08-07 [#470]作って使って壊して、また作る 
忙しくて最近はお茶の稽古へ行っていませんが、また再開しようと思っています。
茶碗の世界は深すぎですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
橋本忍さん:時間ですね。何も考えないでゆっくりする時間が欲しいです。
3日間あったら船旅にでも出て何もできない状況になりたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
橋本忍さん:ニュースの内容よりも報道の仕方や右へ習え的な全体の風潮が気になってしょうがないです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
橋本忍さん:いつも訪問していただいてありがとうございます。
見て楽しんでいただいたり、コメントをいただいたりすることで、皆さんが思っている以上に僕は助けられています。
これからも皆さんに楽しんでいただけるよう、いろんなことを紹介していこうと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【橋本忍さんが好きなブログ、気になるブログ】

カメラマンへの道 
会ってみたいブロガーでもお話したカメラマンさんのブログですが、仕事に対する考え方やスタンスがとても共感でき、勉強になります。たぶんどんな職業に置き換えても為になります。

glass cafe gla_glaのグダグダな日々。 
友人であるガラス作家のブログ。仕事も一緒にすることがありますが、彼の活動に刺激され、「頑張らなきゃ!」って奮起させられます。

器からつたわる~やさしい白~ 
陶芸家を目指している弟子のブログです。親心!?でしょうか、ご覧ください。

まいにちいろいろつくる。 
こちらも弟子のブログで今年より独立して頑張っています。なにとぞよろしくお願いします!(笑)

一花一葉 by アツシ
とても綺麗な花の写真がいっぱいあります。この世界観は僕のツボです。



【橋本忍さんのライフログ】

おいしく のもうよ(東海林 明子 著)
僕の作品を多く使用していただいていて、この本のために作った器もあり、対談記事もあります。
やっぱり自分の作品が載っていると嬉しいですね。

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

角川エンタテインメント


言わずと知れた名作ですが、何も知らずにレンタルして観たので衝撃的でした。号泣!

橋本忍さんの「器・UTUWA&陶芸blog」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-06-03 19:13

c0039735_14181769.jpg粋な江戸っ子風情が味わえる東京下町で、17年ぶりに日本での生活をスタート。ニューヨーク帰りの新鮮な視線で、憧れの東京ライフをるんるんエンジョイするイラストキャラが、とってもお茶目なミナオさん。
下町のよさや美味しいもの、日本ならではの浴衣や銭湯などにワクワクしたり、居眠りして降りる駅を間違えたり…。笑ったり、焦ったり、走ったり…、さくさく描いたテンポのいいイラストからは、その場の楽しさやおかしさ、臨場感が伝わってきます。
また、仕事仲間とワイワイ飲みに行った話や女の子同士の楽しい旅話など、等身大の独身女性の日常も伝わって、同世代の読者の共感も呼ぶはず…。

今週は、そんな、くすっと笑わせてくれるネタ&イラストが盛りだくさんのブログ、「ミナオの裏ジャパン絵日記」のミナオさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ミナオさん:今回はピックアップブロガーに選んでいただいてありがとうございます。
私のブログが選ばれるんなんて信じられない!でも本当にうれしいです。
ブログを始めようと思ったのは、ニューヨーク在住時代、あと1年したら東京へ引っ越そうと決めた時です。最後のニューヨークでの1年を思いきり楽しみ、より思い出深くするための記録を残したくて、ブログを始めました。
また、ミナオというキャラクターを通じて、大好きなニューヨークの良さをより多くの方に楽しく紹介できればいいなとも思っていました。
はじめの頃は文章と写真だけでしたが、時々描いたイラストが好評だったので、イラストブログにしました。(その頃は、今のブログの前進、『ニューヨークに住む日本人、ミナオ』を運営)。1年限定ブログにする予定だったので、まさか東京でも続けているとは思いませんでしたけどね…(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ミナオさん:去年までニューヨークに住んでいました。小学生までしか住んだことのない東京に憧れて17年。とうとう単身でアメリカから帰ってきてしまったミナオの日常です。
久しぶりの東京は仕事も日常生活も解らないことだらけ! でも、失敗すらもおかしくて、新しい出会いはどれも新鮮。ブログではカルチャーショックだった出来事や、東京で広めた交友関係、大好きな浅草周辺情報などをイラスト入りで紹介しています。六本木ヒルズも東京ミッドタウンも興味ないけど、下町情報にはだいぶ詳しくなりました。旺盛な好奇心と軽いフットワークで楽しいことは何でもトライしたい!
ミナオの東京で頑張る姿を笑いとともに報告できればいいな、と思っています。
美味しい物を食べること、絵を描くこと、お友達とお酒を飲むこと、大きな声で笑うことが大好きです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ミナオさん:ブログを書くことによって毎日の生活の中にある『特別モーメント』を発見しました。
ありきたりの日常でも、実は面白いネタって結構あるんですよね。
それに気がつくと自分の人生がちょっとスペシャルなものに見えてきます。
そういったことに気づかせてくれたブログに感謝です。

あとは素敵な人達に出会えたことですね。
今東京でしょっちゅう遊んでいるお友達もブログを通じて知り合った方なんです。
彼女が私のニューヨーク時代のブログを読んでアプローチしてくれたのがきっかけでした。 ブログって趣味や性格がものすごく反映されるんです。だから、それをふまえた上でアプローチしてきてくれる人って本当に仲良くなれるんでしょうね。 私が無職で東京に来てからも、デザインの仕事が決まるまでのブー時代は彼女にイラストのお仕事をもらって生き延びました。この時は本当にブログのすごさに感激しましたね。
また、東京で初めて知り合った人達とも、ブログを通して短時間で私のことを解っていただけるので、仲良くなるスピードがぐっと縮まります。
だからブログは私にとっての大事なコミュニケーションツール!
これからも、もっともっと広げていけたらいいな。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ミナオさん:遠くに住んでいるお友達ともつながっていられること!
私のブログにコメントをくれるほとんどはアメリカに住んでいるお友達&兄弟なのですが、コメントを通じて私も彼らが元気そうなのが解るので、うれしいです。I miss them SO MUCH!
もちろん偶然、私のブログを見てコメントを残していただくのもうれしいです。それがドイツとか、私が行ったこともない国からだったりするのも面白いですね。

c0039735_14215536.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ミナオさん:単純明快、情けないほどに。
あと、あまり誰も信じてくれないので…この場を借りて自分で言いますが、私、けっこう生真面目です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ミナオさん:「バンクーバー不動産やのかばん持ち」のかばん持ちさま。「Have your cake and EAT IT」のlovecarrie1さま。

お二人とも海外在住の素敵な奥様なんですが、いつもミナオに優しいコメントを下さるのです~。本当に癒されます。きっと上品で優しい奥様なんだろうなあ。またブログも素敵でねー。こんなにセンスの良い方達に応援してもらえるってうれしいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ミナオさん:やっぱりブログかな。結局はおたくなの(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ミナオさん:ニューヨークと東京のどちらにも家を持つこと!
マックブックとペンタブレット抱えて、どこでもデザインとイラストの仕事、こなします。

c0039735_1692412.jpgエキサイトブログ編集部:くすっと笑えるイラストとともに東京ライフを楽しんでらっしゃるのが伝わりますが、イラストを描くきっかけや楽しみは? また記事アップの際に心がけていることは?
ミナオさん:実は私、ニューヨークの美大で4年以上イラストレーションを勉強したんです。でも、卒業後はフリーランスの道しかないイラストレーターという職業は、自分に向いていないなと思って、固定給がもらえるOLデザイナーになりました。デザインの仕事は大好きだし、それなりに楽しいのですが、イラストとはまったく縁のない生活でした。
それが…、偶然始めたブログで、一度は諦めたイラストをこうして始められたのは運命としか思えません 。しかも、イラストが仕事ではないので、利益も気にしなくていいし、自分の好きなように自己表現できる場があるというのは、本業(デザインの仕事)との良いバランスになっているかもしれないですね。

ブログ用のイラストは、下描きなしでタブレットでガシガシと描いています。私にとってはこの手軽に描けるスピードが長く続けられている秘訣なんです。ネタは仕事中に考えていることが多いかな? 同じ話でも、どうゆう展開にしたらもっと面白いかな、って、レイアウトや間の取り方を考えます。
実はこれって、学生時代に学んだ絵本のクラスでのストーリーテリングに共通することが沢山あって…。学生時代に学んだことって、何も無駄になっていないんですね。

記事をアップする際には、常に客観的に記事を見て、ミナオのことを個人的に知らない方でも楽しんでもらえるようにしています。
それと、私のブログは素敵なレストランを紹介するよりも、ミナオの失敗談や東京でのカルチャーショックを面白おかしく描くほうが反響が多いんですよ。
始めて終電を逃しちゃう話とか、電車で居眠りしている話とか、セレブ気取りのミナオとか…。そんなに私だって毎日おっちょこちょいばかりしている訳じゃないのに(笑)。
だから食の紹介をする時は、面白かったエピソードを取り入れたりして、食べ物の話がメインにならないように工夫しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ミナオさん:お風呂に入っている時間! 銭湯や温泉で足をのばしてお湯に肩までつかる時って、本当に幸せだなあ~と思いますね。日本に来てからはすっかり風呂好きです。
あとスキンケアも大切な時間。「ツヤツヤにな~れ、しわ出来るな~」って真剣に暗示をかけてます(笑)。

c0039735_1436521.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ミナオさん:2008-7-22 「憧れの銭湯」  
日本に来て大の銭湯好きになりました。ここは初めて行った世田谷にある所。近いウチに浅草の銭湯も紹介したいですね。

・2008-12-08 「今朝の聞き間違い
よく朝電車の中でする聞き間違いです。「なんておっちょこちょいなんだろう!」と思いつつ、そんな自分が可愛いの。

・2008-9-23 「Worst Day of Minao’s Life
初めて渋谷で終電を逃したときの話です。東京は電車が終わるの、早すぎる?? やっと家に辿り着いて速攻記事にしたので絵が汚いですが、切迫感を伝えたかったので。今では笑える思い出です。

c0039735_1419305.jpg・2008-8-05 向島 らん亭
時間がかかるのであまり描かないんだけど、食べ物のイラスト描くのは好きなんです。
写真があまり得意ではないので、絵のほうがまた美味しく見えたりするんですよね。

・2008-10-07 「インターネットが出来なかった訳」 
日本は通信システムをつなげるのが何かと面倒臭くて。私のブログを読んでくださっている方は、海外在住の方が多いようなので、こういった東京での生活で失敗したことは共感を呼ぶみたいですね。

エキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
ミナオさん:イギリスのスター発掘番組に出演したスーザンボイルのビデオ。
47歳の地味なおばさんが歌いだしたとたん、その天使のような歌声に審査員も観客もびっくり!その後この映像はyoutubeで世界中に広まって、彼女は今や一躍有名人です!
素晴らしい歌声に感動して朝の出勤前から号泣しちゃっいました。
地味にコツコツやってきた人が報われるというストーリーに弱いんですよ、やっぱり継続って力です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ミナオさん:アメリカの不況のニュース。
東京に来ていなかったら、私もきっと解雇されていました。実際に影響を受けているお友達も多いので心配です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ミナオさん:いつもミナオと遊んでくれる方々、コメント残してくださる方々、記事を読んでくれる方々、本当にありがとうございます!
私が楽しんでブログを書き続けられるのは皆さまのおかげです。 I LOVE YOU SO MUCH!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【ミナオさんが好きなブログ、気になるブログ】

(会ってみたいブロガーさんのところでも紹介しましたが)
バンクーバー不動産やのかばん持ち
不動産のお仕事を通じて、素敵な物件やバンクーバーでの生活のヒント、美味しそうなお料理レシピも紹介しています。 記事のすべてにかぱん持ち様の優しさが伺えます!「かばん持ちの会」に参加したい。

Have your cake and EAT IT
素敵なロンドンライフは憧れです。手編みでニットを作っていらっしゃるのですが、それもまた素敵です。

ピノのビバ日常
お洒落な紫色の猫のピノちゃんのイラスト。
日常のちょっとしたビバな所を描いている所がちょっと私とも似てるも?!って共感しちゃいます。ミニマルなデザインの中にもセンスを感じます。

黒部エリゾウのニューヨーク通信
最新のニューヨーク情報はここで仕入れてます。
ファッション、食、エンターテイメントなど、気になる情報がいっぱいです。
さすがプロのライターさんだけあって書き方も上手!
トレンドをおさえつつ笑えます。

MISS BABY SUNSHINE'S KITCHEN
アメリカに住んでいる私のベストフレンドがブログを始めました!
主にお料理とネコちゃんのこと。
アメリカに住んでいる時は、彼女に美味しいご飯をよく作ってもらっていました。
今はヨダレを垂らしながらこのブログを見ています。

おいシーン
私のブログにも登場するユキコ姉様の食事記録日記。
同じ物を撮っているのに、彼女が写真に撮るとなんとも美味しそうで…。彼女の美味しい物に対する執念が伝わってきます(笑)。



【ミナオさんのライフログ】

エリザベスタウン [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


オーランドブルームが南部をロードトリップをするシーンが大好き。アメリカに住んでいたら絶対一度は車で旅をして、その壮大さを感じないとダメですね!音楽のセレクションもいい感じ♪

遠藤周作エッセイ選集1 人と心 かなり、うまく、生きた (知恵の森文庫)

遠藤 周作 / 光文社


遠藤周作のエッセイは大好きで全部読みました。真面目な著書とはまったく別な遠藤氏の、“お茶目に人生を楽しむ”一面が覗けます。これはタイトルも好き。悩むことも迷うこともあるけど、「なかなかいい人生だったよ」、と最後に言いたいです。


ミナオさんの「ミナオの裏ジャパン絵日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-05-12 17:24

c0039735_18393689.jpg太陽や月に照らされながら大地を踏みしめる象。タイやインドの民族衣装を身にまとった美しい女性をはじめ、花に囲まれたしっとりしたイメージの女性の姿。時には、アジアの片田舎の風景や自然の風景が描かれていたり…。
そんな一つ一つの絵画からは、どことなくアジアの香りや空気感が漂ってくるようで、時空を超えてアジアを旅しているような時間を楽しませてくれます。

仕事を終えてほっとひと息つきたい時や、ちょっと気分転換したいときにのぞくと、心が癒されるという読者も多いはず…。今週は、見ているだけで、ゆっくりした時間が流れるようなアート系ブログ、「ギャラリーもっこ堂」のmoccoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
moccoさん:こちらこそ、ありがとうございます。
ずっと絵や人形を制作していたので、作品をきれいに撮るために念願の一眼レフのデジカメを購入ました。人形の作品のHPとは別に、日常の日記にちょこっと写真をつけたブログを作りたくなったので、写真が映えてきれいに見えるブログを探した末、Exciteブログさんで作ることにしたんです。(そのブログは「カシャ日記」といいますが…)そのちょっと後に、姉妹ブログとして描いた絵ばかりを載せる、「ギャラリーもっこ堂」を作って、今に至っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
moccoさん:2007年の7月に、2000年から描いた絵画作品をUPしています。アクリル・顔彩・色鉛筆・オイルパステル・油彩で描いてきた小さなイラストから大きな作品まで、また絵本の作品なども紹介しています。
好きなテーマはアジアの女性や動物、植物などです。女性は大地のイメージもあり、すべての源でもあるので、私の絵には欠かせない題材となっています。特にアジアを旅したときに女性の衣装や踊り、日常の佇まいからインスピレーションを受けることが多いですね。アジアの植物的で平和な女性をモチーフにして、これからも絵の中で旅をしていただけるような作品を制作していきたいです。
描くたびにしか更新できず…亀のような更新ですが、のんびり見にいらしてくれたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
moccoさん:お顔は見たことがなくても、何か通じ合えるものを持った方々と繋がることができました。更新が遅いにもかかわらず、毎日アクセスしてくださっていることがわかり、ありがたいなと思っています。新しい絵を掲載したとたん、すぐにいただくコメントがご褒美のようで、うれしいですね。
また、ネット回線を通してなのに、絵の微妙なニュアンスまで汲み取ってくださる方が多いのには驚かされます。みなさん感性が豊かな方ばかりなのです。コメントのないときも、大切な反応として、自分の絵を客観的に見る助けになります。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
moccoさん:たった30分くらいの操作で作ることができて、無料で絵や作品を公開させてもらえる場所が持てることです。また、いろんな世界、場所の方々に見ていただけることがすごいと思います。

c0039735_18395680.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
moccoさん:天然です。直感的で右脳人間です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
moccoさん:今、このギャラリーもっこ堂にリンクを貼っていただいてる方にはお会いしてみたいです。みなさんが良ければ!…(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
moccoさん:昨年より、イベントに呼んでいただいて、似顔絵に近い“小さな肖像画”というのを描かせてもらっています。お一人15分ほどで描きます(鉛筆と色鉛筆使用)。
いつも一人で制作することが常ですが、直接人と接して、喜んでくださる顔を見られるのがうれしいですね。交通費をいただければどこでも行きますので、興味のある方はぜひ呼んでくださいね!

エキサイトブログ編集部:夢は?
moccoさん:二つあります。
一つ目は、今描いている絵を文章の作品の挿絵として使っていただくこと。
特に子どもが読んでくれるような作品にご縁があるといいなぁと思っています。

二つ目は、アジアではありませんが…、メキシコに素敵な人形を作る村があるので、そこに行ってみたいです。三年以内には行きたいなぁ!

エキサイトブログ編集部:アジアの香りが伝わるような絵がすてきですが、絵を描くようになったきっかけや絵を描く楽しさは?
moccoさん:私が子どもの頃、母が東郷青児さんのポスターみたいな絵を寝室に飾っていて、その不思議な女性が描かれた絵の中を見て空想するのが好きでした。その絵が初めて見た女性がモチーフの絵でした。
育っていく過程で、小学校の図書館でたまたま目にした児童文学の鈴木博さんの挿絵や、いわさきちひろさんのみずみずしい絵、大きくなって好きになったモジリアニの絵が今でも私を支えてくれています。小さな時に見るものって大切だし、影響されていますね~。

絵を描き出したきっかけは、たまたま小学校の低学年の時に描いた自画像が表彰されて、それがとってもうれしかったことかな、と思います。それを原動力に、その後、自然に芸術系の学校に進み、洋画コースで油絵やアクリル画の勉強をしました。
ただ、その後は、立体である人形を作るほうにどんどん興味が移っていき、結婚後は子育てをしながら人形制作を続けていたんですけどね。それからほぼ10年。絵からはいったん遠ざかっていましたが、やはり好きだった絵を描くことも諦められず、2002年に絵本制作したのをきかっけに、また描き出しました。

c0039735_1137694.jpg絵を描いたり、人形を作ることは私の楽しみであり、唯一自分を表現する手段です。
絵を描く楽しさは…描いていくうちに頭がどんどん空っぽになっていって、いらないことは何も考えない、ただ色や形のある瞬間に浸れるってところでしょうか。
その上、それを見てくれた人が楽しんでくれたら、この上ない幸せです。
私的に2006年にちょっとした試練があったのですが、そのことがあった前と後では、「絵が変わった」といわれます。自分自身が作品に的確に出てしまっているのを感じて驚きました。
以前は作品を見てくれた人に「魂がないね~」と言われたのですが…、今では「魂を感じる」と言ってくださる人も出てきました。不思議ですね。

エキサイトブログ編集部:自分らしい絵&記事アップの際に心がけていることは?
moccoさん:最初にもお伝えしましたが、私の絵はアジアや女性をテーマにしています。絵がアジアっぽいのは、私自身、アジアが好きだからです。自分もアジア人ですし、アジアの街や人から、よりエネルギーをもらえます。魂が震える感じです。記憶が残ってる感じといいましょうか。
最初に旅したインドがあまりにもインパクトがありすぎました。
女性がきれいで女の私がクラクラとめまいを感じるほどでした。それと大地からエネルギーをもらって身体が元気になった感じがしたことが、今でも忘れられません。それらがどうしても、絵に現れますね…。

画材もいろいろ使いますが、肌触りがいい和紙が手に入った時は、和紙に顔彩でにじませて使うとか、キャンパスにアクリルでマットな感じで描きたいとか…、その時の気分で、紙や画材を選んでいます。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
moccoさん:うちの犬と一緒に寝ているときです。また、音楽を聴きながらほうじ茶を飲む瞬間が癒されますね。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
moccoさん:★自分が気に入ってる作品 
・2009-02-02 「月日流れて
永遠のモチーフのぞうさん。今年に入って幸せなぞうのカップルを描きたくなりました。静かな画面が描けたところが気に入ってます。

c0039735_10475528.jpg


・2008-06-26 「朝の時間
土着で強烈な感じがします。自分が描いたの?って感じです。

・2007-11-16 「想郷2007
印象的な赤が自分でも好きです。女の子の顔も描くたびに変わるけど、この子の顔は好きです。

★見てくださってる方に好評だった記事
・2009-02-02 「月日流れて 」 
いちばんコメントを頂き、うれしかったです。私自身も好きな絵です。

・2008-02-16 「日のぞう
日と月のぞうがあって対称になるように表現しました。これは、日のぞうの方ですが、コメントがより多かったです。

・2008-01-13 「circulation
インド舞踊の女性をモチーフに、穏やかな自分と世界の循環みたいなものが表現したかった作品です。

c0039735_10513096.jpgエキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
moccoさん:一番ほしいのは、画材と机と音楽再生機しか置いてない部屋です(白い壁の)。作品作るときに通います!!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
moccoさん:チベットへの中国政府の弾圧です。祈りの国で、僧や女性、子どもたちが殺されているのが悲しいです。世界のどこかのことはきっと自分にも繋がっていると思いますので。早く平和になりますように祈ります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
moccoさん:静かなほっとする町の片隅のギャラリーをイメージした場所なので、暇なときに、ぼ~っと見にいらしてください。更新が遅くって同じ絵ばかりがかかってるかもしれませんが、過去の絵にさかのぼって、絵の中を散歩していただければうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【moccoさんが好きなブログ、気になるブログ】

茉莉千日香
不思議、不可思議…ぺーとんさんワールドに惹きこまれます。
食べ物からアートまで。堪能人の楽しいブログです。 

わたしのソファー
いつも一番乗りで、うちの絵をみにきてくれるうみさんのブログです。幅広い読書量から書かれる本の紹介が参考になります。深くってお茶目!で大人な!日常日記にも目が離せません。日々みんながんばってるんだと思い、励まされます。

no Trip no Photo
この方の写真が、すごく好きです。私がもっと写真を撮るのがうまかったら…、「こんな感じに撮りたいな」と思う写真です。更新はなかなかされませんが、過去にさかのぼってご覧ください。

風に吹かれすぎて
私の心の師匠と勝手にきめています。ちょっとムシャクシャした時に読ませていただいています。とても論理的でこの方独自の視点で、世の中の流れを斬っていらっしゃいます。スピリチャルな話題から政治まで網羅されています。

アジアXのブログ
以前ピックアップブロガーに登場されたasiaXさんのブログですが、自分が旅に行けないときも多いので、asiaXさんの写真からいつもアジアや旅のエネルギーをいただいています。見たことのない景色にドキドキします。いつも励まされます。



【moccoさんのライフログ】

裁縫師

小池 昌代 / 角川書店


今年3月に読みました。図書館で直感で選んだ何冊かの一つだったのですが、とても惹きこまれました。すごく味わい深く上質な手触りといった文章です。倉橋由美子が好きな私は、同じ感覚の匂いのする本だと思い、久しぶりに「見っけたっ!」とうれしかった本です。

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

ジュリア キャメロン / サンマーク出版


翻訳 菅 靖彦
絵が描けなくなってリハビリ?していた頃、ある方の勧めで読んだ本です。「好きなことをやりつづけると、夢が現実になる」と心に刻み込んだ1冊です。

ヴォヤージュ

アン・サリー / ビデオアーツ・ミュージック


北海道のFMで「All I want」に火がついたときからのファンです。
凛としてるのに自然体で憧れの人です。バックのギターの音色も抜群です。
絵を描くときに良く聴きます。

      
moccoさんの「ギャラリーもっこ堂」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-04-22 14:05

c0039735_15451992.jpg日本中が野球に沸いた3月。ふだんは野球にそれほど関心のない人も、WBCの優勝は大いに盛り上がったはず。そんな野球熱がまだ冷めやらない4月3日にプロ野球が開幕しますが、プロ野球といえば、ぜひ注目したいのがこちら!
阪神タイガースの守護天使おちちゃんのキャラクターを通して、阪神の話題からプロ野球界&野球の面白さ、楽しさを漫画で描いています。熱狂的な阪神ファンはもちろん、野球好きの人もそうでない人も、思わずぷっと噴出してしまう面白ネタが満載のブログ、「阪神守護天使・今日のおちちゃん」のochichanに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ochichan:数年前までブログは「流行ってるらしいから一応見てみる」程度のものだったんですが、「あ。自分でやってもいいんだ」とある日突然気が付きました。(笑)そう思ったら止まらなくなりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ochichan:初めましてochichanです。
阪神タイガースの守護天使・おちこの目を通して、その日試合で起こった事件などを毎回“忠実に(?)”漫画やイラストにしています。
「野球を知らない人が読んでも楽しめる野球ブログ」を心がけています。
もしもこのブログがきっかけで野球を好きになってくれる人がひとりでもいてくれたなら、私の使命は果たせたと言えるでしょう。(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ochichan:コメントを寄せてくださる方たちとの交流が一番の楽しみですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ochichan:描きたいことを描きたいように描けるところです。コマ数にもページ数にも制約がないし、ダメ出しされて突っ返されるなんてこともないわけです。要するに、やっちゃったもん勝ちですね。これは魅力だと思います。しかもタダっす。(笑)

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ochichan:とるに足らない小市民。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ochichan:ブログで知り合った方とは何人かとお会いしました。やっぱり阪神ファン同士はすぐ打ち解けますね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ochichan:昼ドラの『非婚同盟』にハマりました。不覚にも。(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
ochichan:阪神タイガースのV10達成の瞬間を見届けることです。
c0039735_15454263.jpg

エキサイトブログ編集部:思わず笑える阪神&野球漫画が満載ですが、漫画を描くことになったきっかけや描く楽しみは? また、ネタづくりや自分らしい記事アップの際に心がけていることは?
ochichan:漫画を描くのは物心ついたときから好きでした。表紙をつけて、ホチキスで綴じて製本して…といった作業を、毎日黙々と繰り返してました。読者は自分です。(笑)あんなに手のかからない良い子もいないと思います。まあ漫画描いてる奴なんて、大概そんな奴ばっかりなんですが。(笑)

ネタは、タイガースがいくらでも提供してくれるので困りません。(笑)「昔のプロ野球は面白かった」とか「最近は個性的な選手が少なくなった」とか言う人が多いんですが、どこかよその惑星の話をしてるのかと思いますね。今も野球は全然面白いですよ。特に阪神は。「面白い」の意味が違いますか。(笑)
心がけていることは、直球を投げないことです。(笑)非力なもので。座右の銘は「逃げるが勝ち」です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ochichan:コタツで猫を膝に乗せている時間が一番のしあわせです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ochichan:2006.7月25日(火)【中日-阪神】  このナゴヤドーム3連戦は、始まる前からそれはそれはイヤ〜な感じでした。まだこの頃の絵は、恐ろしいほど完成度が低いのですが、今見ると、まるで3連敗することがあらかじめわかっていたかのようです。(笑)

2006.12月19日2006.12月23日2007.1月23日2007.11月28日
ここらへんの記事は今自分で読んでも、我ながらバカバカしいなぁと思う回です。自分ではオチがない話が好きですね。(笑)

2006.9月19日(火)【阪神-ヤクルト】  去年一緒に本を出した鳴尾浜トラオさんのブログ『自称阪神タイガース評論家http://torao.tblog.jp/』で、初めて取り上げていただいた回です。これがきっかけで見てくれる人が爆発的に増えました。トラオさんにはいくら感謝しても感謝したりません。

2008.10/20の岡田監督の最後の試合の回は、過去最高の数のコメントを頂きました。去年一番悲しい日でしたが、一番忘れられない日でもあります。
c0039735_15461924.jpg

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ochichan:今一番ほしいものは、温泉です。家から歩いて行ける距離に湧いてほしいです。(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ochichan:ブルートレインが無くなったことです。無駄なものを「無駄だから」という理由で片っ端から切り捨てて行ったら、その果てにいったい何が残るの?と思いました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ochichan:皆さんからのコメントをお待ちしています。感想に限らず、文句、ぼやき、身の上相談等々、なんでも書いてくださいね。
でも最近きちんとお返事できなくて、ホントすいません(^-^;)
さて、いよいよプロ野球も開幕です。
普段野球は観ないけどWBCでは盛り上がったという方なども、是非これを機会に野球好きになってみてください。たまにはデートでのんびり野球観戦なんてのも楽しいですよ!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。
c0039735_4464721.jpg



【ochichanが好きなブログ、気になるブログ】

・『ネガティブドラゴンズ。(通称=ネガドラ)
このブログのおかげで、「中日ファン」に対して持っていたある種の“偏見”がかなり消えました。(笑)

・『和田豊公式ブログ 虎の意地part2
阪神・和田打撃コーチのブログです。いつでもファンを明るい気持にさせてくれます。

・『スタッフルーム
タイガースの公式サイトスタッフの方のブログです。新聞やニュースだけでは、ファンが決して知り得ないこぼれ話が満載で、最高です。

・『赤・白・緑 ハンガリー
品のいい標準語と粗野な関西弁(笑)の配合の加減の妙と言いますか。自然で、すごくいいです。たまに「ネタ!?」という記事もありますが。(笑)

・『にゃんでやねん
この人も語り口に、なんともいえない味わいがあります。あんまり好きなので、無理に押しかけて相互リンクさせてもらいました。(笑)



【ochichanのライフログ】

・内田百けん『柳儉校の小閑』

サラサーテの盤―内田百けん集成〈4〉 (ちくま文庫)

内田 百けん / 筑摩書房


この中に収録されている『柳儉校の小閑』。最近読んだ小説のなかでは、これが一番感動しました。珠玉のラブストーリーです。百けん先生が、琴の師匠・宮城道雄氏や、関東大震災について書いたものを先に随分読んでいたので、いっそう興味深く読めました。

ライヴ

ザ・ウドゥン・グラスfeat.ビリー・ウッテン / Pヴァインレコード


‘72年の“伝説の”ライブなのですが、最近ようやくCD化されて聴くことができました。あまりにカッコ良くて(特にドラムが)、「ほぼイキかけました」(笑)

ochichanの「阪神守護天使・今日のおちちゃん」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-04-01 10:46

c0039735_1024831.jpg白いふわふわの毛に黒い帽子をかぶせたような模様と、きゃしゃな2本足でスッと立った姿がとってもかわいい猫のボネちゃん。椅子に足を投げ出してちょこんと座っていたり、一緒に手をつないで歩いたり…、コックさん姿でお料理していたり…。猫だけど猫ではないようなユニークなキャラクターで描かれたお茶目な姿に、「ボネちゃんのような猫がそばにいたらかわいいな~♪」「毎日が楽しそう」と愛読するファンが多いようです。

そんなボネちゃんとのパリでの暮らしを描いた漫画風のイラストは、とてもほのぼのしたあたたかさが伝わり、見ているだけでほっこり癒されます。ときにはパリらしい話題や生活事情も伝わって、新鮮な驚きもあったり…。
今週は、そんなボネちゃんの飼い主であり、フランス人のパートナーとの「2人+1匹」の日々を想像力豊かに描く、「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」のpetites_nouillesさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
petites_nouillesさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。まだまだブログ歴が浅いのにも関わらず「今週のピックアップブロガー」に選んで頂き、大変嬉しく思っております。

ブログを始めたきっかけはですね、パートナーがペンタブレット(絵を描く為のマウス)をプレゼントしてくれたのがきっかけになったと思います。
イラストは好きでずっと描いていたのですが、社会人になってからはいつの間にか描かなくなっていました。
フランスに来て、自分の時間が再度持てる環境に恵まれたので、再びイラストを描き始めようと思ったのですが、こちらの画材の値段の高さに驚愕してしまいました。
そこで「パソコンで絵を描いてみたら?」とパートナーがアイデアを出してくれました。4、5年のブランクがあったので気張らず、リハビリのような感覚で軽いタッチのイラストで描き始めたのが「ボネ」のイラストです。
ただ、自分のためにイラストを描くのもいいのですが、目的がないとなかなか続かない上、モチベーションが保てません。そこでブログでイラストを外に向けて発信すれば、モチベーションが保てるのではないかと思いつきました。
絵を外に発表する責任はいい緊張感に繋がっています。要するに、私は怠け者なのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください
petites_nouillesさん:飼い猫のボネを主人公に、パートナー、私を含めた1匹+2人のとんちんかんな毎日の記録です。ブログはシンプルなイラストと短めの文章で構成されています。
基本的な記事の内容は「猫のいる生活日記」ですが、時に著しく脱線もします。
例えば、実生活を日記帳に語る日もあれば完全に仮想世界へ迷い込む日もあります。

初期の頃からブログを見に来てくれている皆様はお気づきかと思いますが、初めに比べるとイラストがだいぶ変りました。「ボネ」というキャラクターがだいぶ形になってきたからかもしれません。
これからも同じリズムでブログを通してイラストを描き続け、精進したいです。

HNですが、質問が多かったのでこの場を借りて説明させて頂きます。
これはパートナーが作った造語なので所謂「正しい」フランス語ではありません。
要約すると「小バカ」です。ちなみに「大バカ(grosses nouilles)」はボネです。
タイトルの由来はそのままですが、飼い猫のボネは帽子をかぶったような柄が頭にあるので、そのまま付けました。「ボネ」はフランス語で「帽子」という意味です。
c0039735_14423964.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
petites_nouillesさん:デジタルのイラストの便利さでしょうか。
と言うのは、以前はイラストは断然手描き派でした。
なのでPCでイラストを描くことに始めは抵抗があったのですが、いざ描き始めてみると、意外と、と言うよりかなり便利なことに気がつきました。
ブログに乗せる際など、いちいちスキャンしなくていいのも楽ですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
petites_nouillesさん:真面目なふりしていいかげん。

c0039735_1043133.jpgエキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
petites_nouillesさん:コメントを交換している皆様と会ってみたいです。
ただ、皆様は私なんかよりきっと、本物のボネに興味があると思いますが(笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
petites_nouillesさん:猫以外への興味は全て食へ向いています(笑)今はチーズケーキとマフィンにハマっています。
残念ながらどちらもパリにはあまり売っていません。
どうせならフランスパンとかマカロンにハマればよかったのですが。

エキサイトブログ編集部:夢は?
petites_nouillesさん:今のところは、イラストを描き続ける事でしょうか。
もっと具体的には絵本を作りたいです。もちろん主人公はボネで。

エキサイトブログ編集部:ボネちゃんのイラストがほのぼのしていますが、猫漫画を描くことになったきっかけは? また、猫のいる暮らしの楽しさ、記事アップの際に心がけていることは?
petites_nouillesさん:イラストの話は最初にもふれましたが、もともと漫画も漠然と“いつか描いてみたいな”、という思いは昔からあったと思います。美大生時代、漫画を描くアルバイトをさせて頂く機会があり、その仕事を通して手ごたえのようなものを感じました。また、学校の友達と描いた漫画(1ページ程度の本当に簡単な物)をたまに見せ合ったり・・・。そんなこんなで漫画を描く土台はこの時に培われたのだと思います。
その後はデザイナーとして社会人生活を送っていたのですが、忙しくて体を壊したり、家族の不幸があったりして、悩んだ末に退職。フランスに逃げてきました(笑)。

こちらにきて再び自分の時間が有り余るほど持てるようになって、「さて、何をしよう?」と考えた時に「イラスト」が浮かびました。
初めのモチーフとして、身近にいたボネを今とは違うタッチで描いていたのですが、なにせボネのキャラクターが強烈だったもので、「イラストだけでは表現できない、この強烈な個性をどうしたら表現できるか?」と悩んだ時に漫画と言うには大げさですが、「小話付きのイラスト」というアイデアに辿り着きました。
猫のイラストを描いたのもこの時が初めてですね。
こんなこと言ったらボネに怒られそうですが、基本的には人物を描くほうが好きです。
なので自然とボネも二足歩行です。

c0039735_1018587.jpg猫はもともと大好きで、日本でもフランスでも飼っていました。ただ、この「ボネ」は本当に私にとっては特別な存在です。
猫もいろいろなタイプがいると思います。元気をくれる猫、癒してくれる猫、笑わせてくれる猫、等々。
ボネの場合、なんと言うか、想像力をかき立てるパワーを持っているのです。(スピリチュアルな意味合いはないです) まさに、彼女は私にとって毛まみれのミューズです。
ですので記事のネタは、ボネと暮らしている中で自然とイメージが湧いたものがほとんどです。
パートナーもブログに協力的で、嬉々とながら率先してネタ作りをしくれます。
補足的に付いているフランス語は「自分たちのことなのに、何が書かれているか解らない」と寂しそうにした日本語が読めないパートナーのために付け始めました。

イラストでこだわっている点は、そうですね、全体の雰囲気でしょうか。
ラインひとつでイラストの雰囲気がガラッと変るので、ボネの世界観が表現できるよう気をつけています。
ボネのお腹のラインとか、一見シンプルですが、何度も納得できるまで描き直しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
petites_nouillesさん:私は静かにイラストを描いている。横にはふわふわのボネが寝ていて、少し離れたところでパートナーがPCゲームをしている。
ヒーターが程よく効いて、手の届くところにチョコレートが…。
そんな夜が最高の贅沢です。

c0039735_14433290.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
petites_nouillesさん:★私が気に入っている記事
ボネぐるみ工場」(2008/11/10)
ボネアイス」(2009/01/09)
この2つは個人的に気に入っている記事です。イメージ通りのイラストがすんなり描けたのと、私が思うボネのキャラクター(性格)がアイデアとうまくリンクしたという点もあげられます。

★読者に好評だった記事
バカンス1」(2008/08/26)
遅ればせながら、クレープ祭り。」(2009/02/19)
こちら2つの記事は読者の皆様にいろいろな意味で好評でした。
というのも、「え?フランスってそうなの?」という意外な一面をかいま見れる内容だったからかもしれません。
いずれにしても、どちらの記事も謎が解けないままなので、読者の皆様にはストレスフルな内容となっております。ご注意を。

衝撃のクリスマスディナー。」(2009/01/07)
これは現在まででアクセスが一番多かった日の記事です。
よりによってこの記事の日とは!とほほ。という思いは否めませんが、皆様が楽しんで頂ければそれで十分です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
petites_nouillesさん:自信ですかね。。。フランス人に負けないように図々しく、図太くなりたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
petites_nouillesさん:中川財務相のG7記者会見。
パートナーが、これはすごい!と動画を私に見せてくれました。
本当にいろいろな意味での衝撃映像で、画面に釘付けになってしまいました。
フランス人にとっても「こんな日本人いるのね~」とちょっと新鮮な驚きだったかもしれません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
petites_nouillesさん:いつもコメントをくださる皆様へ。
ブログ上では素直に「皆様、ありがとうございます」となかなか言えないもので、この場をお借りして再度お礼を申し上げます。皆さんのコメントが励みになり、イラストを描く原動力になっています。
いつも見に来てくれている皆様へ。
これからもボネと私達の、とんちんかんな毎日をあたたかくお見守り下さい。
初めてブログに訪問して下さる皆様へ。
皆様がそれぞれ楽しい気持ちになって頂けたら、これ幸いです。
空いた時間にぜひ「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」へ遊びに来て下さい!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【petites_nouillesさんが好きなブログ、気になるブログ】

好きなブログはリンクを貼らせて頂いている全てのブログです。
ですので選ぶのは難しいので自分勝手ですが、私と同じコンディションのブログを選んでみました。
1:家猫(雑種)ブログ 2:記事の殆どが猫 3:私と同じ女性ブロガーさん
以下五十音順です。

・「1きん3ねこ
日本語とイタリア語の、クールな口調で綴られている猫ブログです。
畳と襖の素敵なお家で繰り広げられる、きなこちゃんとあんこちゃんの毎日に郷愁をそそられます。

・「いつか、あの虹の下で
同じ「猫漫画ブログ」です。私は勝手に「お互い刺激をもらえる仲」と思っています。
私とは違うタッチのイラストと、独特のギャグセンスで笑わせてくれます。

・「ちわりくんのありふれた毎日
ちわりくんとわおんちゃん、二匹の猫ブログです。
大人しくてお利口なちわり君。とてもボネと同じ猫とは思えません。ボネにはぜひ見習ってほしいです。

・「nicolog
ニコちゃんの穏やかな毎日があたたかな視点で綴られている猫ブログです。
おてんばな女の子、ニコちゃん。ボネに似ているな、と思いながら読ませてもらっています。

ゆるりと猫的日々
ニヤちゃんとくまちゃん、これまた個性的な二匹の猫ブログです。
「ゆるり」と関西弁でさらっと語られる文章に、思わず笑わされています。



【petites_nouillesさんのライフログ】

猫にかまけて

町田 康 / 講談社


数ある猫本のなかで最も私が好きな本です。泣いて、笑って、大変です。

What’s Michael? (1) (講談社まんが文庫)

小林 まこと / 講談社


ちょっぴり大人な猫漫画。マイケル最高です。

チーズスイートホーム (1) (モーニングKCDX (1943))

こなみ かなた / 講談社


毒のない世界観が、疲れた時に癒してくれます。ピュアでいいです。

petites_nouillesさんの「帽子をかぶった猫のいる暮らしの話し。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-02-25 18:48

c0039735_1338244.jpg冬の寒さの中で可憐に咲くスミレの花やかわいい姿を見せてくれる椿の花。春になれば、明るい日差しを浴びてパンジーやひなげしが咲き、夏には太陽の似合う花が、秋には色とりどりの葉をつける草木や秋色の花々が咲きほこる美しい庭…。周辺の散歩道にも心を和ませてくれる自然の植物がいっぱい。
そんな季節ごとに移り変わる庭のある暮らしを楽しみながら、心をこめて育てた四季折々に咲く草花を繊細なタッチで描いたイラストがとても魅力的です。
見ているだけで、心がほっと癒され、「こんなキレイな草花に囲まれた生活ができたら、心にゆとりがもてそう♪」と読者にやさしい余韻を残してくれます。

今週は素敵なイラストと女性らしい感性豊かな文章で、季節の便りを届けてくれるブログ、「庭@千草」のabe-mayuさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
abe-mayuさん: ピックアップブロガーに取り上げていただきありがとうございます。
きっかけは仕事以外に描いていた絵と文章があって、HPを作る手始めに簡単なブログから始めてみました。アナログの私でも1日で出来ました。実はエキサイトには去年の9月に引っ越してきたんです。スキンがカスタマイズできて広告が入らないこと、コメントが文字化けしないこと、海外の友達にも見てもらえるので気に入っています。記事は引っ越せたけど以前のコメントは移せなかったので、それがちょっと残念です。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
abe-mayuさん:イラストレーターをしているので仕事では様々な絵を描きます。その中で一番気持ちをこめて描くことができるのが植物の絵でした。庭のある家に引っ越してから自分で植物を育ててみると、今の美しさを描き留めたい!!って思う瞬間があるんです。そんな気持ちでつづった庭の記録です。
とても小さな庭なので近くの公園やご近所で見かけた草花の話をしています。展覧会や仕事で手がけた書籍の情報も時々入れています。遠くに住む友達に手紙を書くような気持ちで作っているブログです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
abe-mayuさん:テーマをもって暮らしているとささいな事ですが日々気づくことがあります。絵を1枚描くと次に描きたい絵が浮かんでくるから不思議。ブログで知って展覧会に来てくださった方もいました。嬉しかったです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
abe-mayuさん:マイペースだと思います。植物の変化はすぐ気がつくのに、周りの人には気が利かずに失敗も多々あります。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
abe-mayuさん:会ってみたいと言うよりブログスタッフの方にお願いなのですが、カテゴリーにガーデンや園芸を加えていただきたいです。植物好きの人に見ていただきたいので。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
abe-mayuさん:最近「イタリア古典技法の額作り」の教室に通っています。古典技法と言うのはテンペラと似た技法です。彫刻刀で彫ったり粘土をつけたり金箔を貼ったり、絵を描くのとは違う楽しさがあります。作った額はブログのカテゴリExhibitionでご覧頂けます。

c0039735_11373729.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
abe-mayuさん:植物を描くことはライフワークになりました。絵本作家で庭作りに心を注いでいたターシャ・テューダーさんのように、とはいかなくても今より広い庭のある家で花を育てて絵を描きたいです。

エキサイトブログ編集部:季節を感じるイラストが素敵ですが、イラストを描き始めたきっかけや描く楽しさといえば?また、自分らしいイラストを描くことや記事アップの際に心がけていることなどがあれば?
abe-mayuさん:学生のときはデザインの勉強をしていましたが、もともと好きだった絵を描きためて出版社やデザイン事務所へ売り込みに行ってみたら、少しずつ仕事が増えてゆきました。イラストレーターを25年しています。始めた頃はこんなに長く続けられるとは思いませんでした。
10年くらい経った頃、ようやく「私は絵が好き」って心から思うようになりました。良い絵を描くにはよく見ることと心で感じることが大切なんだってやっと気づきました。気づくのが遅すぎますね。

描くのは植物や食べ物の絵が多いですね。ブログ内のBookに手がけた書籍を載せました。興味があったら見てください。絵は透明水彩で描いています。 1枚描くのに3日ぐらい、絵によっては2週間かかったものもあります。花を手元において見ながら描いています。そのうち花が咲き終わってしまって、続きは来年という絵もたくさんあります。実物を見て描くと視覚以外の五感がはたらくと言うか、一度自分のからだの中に花を取り込んで筆先から出す感覚です。

イラストレーターの仕事は3、4ヶ月先や半年先の絵を描かなくてはいけません。汗をかきながらクリスマスの絵を描いたりします。実際の季節と頭の中の季節がいつもずれていて、それがいやだなぁってずっと思っていました。ですからブログの絵は今の季節を感じて、実物を見て描く事を自分で決めています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
abe-mayuさん:仕事で頭が疲れると庭に出て花の手入れをします。今は冬なので庭仕事はほとんどありませんけど、仕事以外に好きで絵を描いているなんて信じられないってイラストレーター仲間に言われます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
abe-mayuさん:・「七変化つばき」 2008-01-05 
庭の椿を少しずつかきました。ちょうど今の季節の絵なので選びました。

・「Wild Strawberries」 2008-05-23
c0039735_113481.jpg

朝に収穫した苺の絵を午前中に描いてアップしたら午後にはコメントが届きました。下の苺の絵は前の年に描きかけて途中でした。2年越しでようやく完成しました。

・「だれの仕業」 2008-05-21
虫食いの葉っぱの絵、仕事ではきれいで元気な絵を望まれるのでなかなか描けない絵です。ガーデニングをしているとこういう絵のほうがリアリティーがあります。

c0039735_11293913.jpg・「雪の日の金柑ケーキ」 2008-02-08
雪の日にケーキを焼き絵も描いてスピーディにアップした記事です。ケーキを食べるのは絵を描き終わるまでおあずけでした。

・「9月のプルンパーゴ」 2008-9-07
エキサイトに引っ越した最初の記事です。イギリス、ドイツ、アメリカに住む友達からコメントが届いて嬉しかったです。

・「Merry Christmas 2008」 2008-12-24
プレゼントにいただいたステキな物を絵にしました。偶然クリスマスカラーでまとまりかわいい絵になったと思います。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
abe-mayuさん:自由業ですが、意外に長い休みをとるって難しいんです。3日休みがあれば今は温泉に行きたい。雪を見ながら美味しい物食べてのんびりしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
abe-mayuさん:ニュースではありませんが最近話題の白いイチゴを食べてみたいです。赤いイチゴと味の違いを知りたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
abe-mayuさん:絵を描く時間が必要なので月に2、3回の更新で精一杯ですが、お付合いください。コメントをいただくと絵を描く力が湧いてきます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【abe-mayuさんが好きなブログ、気になるブログ】

ブログ デザインの現場
暮らしの中にある美しいデザインが気になります。この間も100 円のガムのパッケージが美しくて見入ってしまいました。これって誰がデザインしたんだろう?そんな疑問に答えてくれるサイトです。

他にも好きなブログはいくつかあるのですが、交流している友達のブログを紹介します。

Mami McGuinnessのブログ
ロンドン在住で編集&ライターをしている真美さんのイギリスだよりです。アートや暮らしもちろん花の情報もあります。写真がとっても美しい、ロンドンで暮らしいている気分にさせてくれるサイトです。

チントコタ日記
ネコと暮らすほのぼのとした日常が心を和ませてくれます。嫌な事があった日の夜は「チントコタ」を見るとイライラが収まる私にとって毎日の安定剤です。

Works
出来上がった作品をブログで公開してくれます。新しい作品を見るたび、あぁ私もがんばらなきゃと思わせてくれるサイトです。

めたぼっちのブログ
痩せるっていいながら美味しい物ばかり食べている記録。本や演劇の話もあって文学のかおりがします。体重計で測った数値を公表しているのは尊敬します。



【abe-mayuさんのライフログ】

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)

グールド(グレン) / SMJ(SME)(M)


静かなピアノで始まる曲を聞いていると、いつの間にか輝く森の中を歩いている気分にさせてくれます。心を鎮めたい時に聞きます。

The Best of Chet Baker Sings

Chet Baker / Pacific Jazz


ソフトなボーカルと優しいピアノの調べ、一息つきたい午後のお茶の時間にぴったり。

ボーン・トゥ・ビー・ブルー

ベヴァリー・ケニー / MCAビクター


色っぽいかわいらしい歌声が好きです。今度産まれてくるときはこういう女性になりたいです。


abe-mayuさんの「庭@千草」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-01-28 18:44