今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

タグ:アウトドア&旅系 ( 45 ) タグの人気記事

c0039735_1428156.jpg雄大な山頂からの景色を眺めながら、天空のランチを楽しんだり…、透き通るほどきれいな湖で、すがすがしい風を感じながらカヌーを楽しんだり…。思わず、「わ~、こんなすばらしい景色に出会えるなんていいな~!」「私もこんな体験してみたい!」」と憬れる読者も多いはず。

そんな登山やカヌーをはじめ、渓流でのフライフィッシングなど、一年を通してアウトドアを思う存分楽しむ様子からは、こちらまで一緒に楽しんだ気分になるような臨場感が伝わってきます。とくに、夏らしい自然体験を楽しむ写真は清涼感もいっぱいです。
ときには仲間とともに童心に返って楽しんだり、ときにはひとりでのんびりと心ゆくまでリラックスしたり…。大自然に身をゆだねがら、かけがえのない時間を満喫しているのが感じられ、見る人の心も癒してくれます。

また、それらを楽しむ道具にも愛着を持って大切にし、同じような趣味を持つブロガー仲間からも注目されています。
今回はそんなアウトドアの魅力を写真とともにつづるブロガー「Sauntering」のkkai0318さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部: いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログを始めたきっかけは?
kkai0318さん:こちらこそ、ピックアップブロガーに取り上げていただきまして、ありがとうございます。びっくりしました。
ブログを始めたきっかけは、友人に薦められたのが大きいですね。もともと日記を書く習慣があったので、日記代わりにもなればいいなという気持ちで始めました。
あと、外遊びや道具を使いながら、そろそろ自分だけに閉じ込めておくよりも、発信をしてみようと思ったんです。
これまで自分になかった「発信する」ということに、とても興味があったのかもしれませんね。エキサイトさんにしたのはシンプルで写真が大きく出せるから、というのが大きな決め手でした。

c0039735_14293796.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kkai0318さん:「Sauntering」というのは散歩や遊歩といった意味です。そのタイトルのように、自分の興味があることを、それぞれ散歩中のような目線で紹介しています。
カテゴリにあるように、登山や釣り、カヌーやクラシックカー、そしてアウトドアアクティビティを中心に、それにまつわる道具や考えなどをつづっています。
あとは…ガーデニングや、古くから使われている美しい物を思い出したように時々アップしています。
古い物はとっても手間がかかりますが、それ以上に魅力あふれるものが多いです。そんな道具とのつき合い方や、実際に使っている様子を書いています。
興味や持っている道具が細かすぎるので、時には辟易すると思いますが…(笑)。時に修理したり、使いやすいようにアレンジしたりして紹介したりしています。なので…新しい物や、便利な物は極端に少ないです。

また、出かけた先でも、そこの詳細情報よりも、感じたことや場所の雰囲気を伝えるようにしています。詳細情報は優秀なネットにおまかせして、その場で感じたことを大事にしています。
なるべく全力で遊ぶというのがコンセプトなので、時に子どもじみているかもしれません(笑)。

c0039735_1053733.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
kkai0318さん:よかったことは…どんなに眠くてもパソコンに向かう習慣ができたことですね。あとは出かけた先でも、ブログのことを考えてすばらしい景色や感動したこと、お気に入りのものを「伝える目線」で捉えられるようになったことです。
実は…始めた当初は、自分の性格上、それらがわずらわしく感じることもありました(笑)。自分の中でだけ留めておけばいいんじゃない?って。でも、自分だけの中で熟成させるのにも限界があって、共有の楽しさが最近になってわかり始めたんです。予想外にきれいな景色があった時、誰かがそこに一緒にいたら感動も大きいですし、大きな魚が釣れたら、誰かに見てもらうってすごく喜びを増幅させるんです。
…とか言いながらも、時にはひとりで見たい時もありますが…。要はバランスですね。
コメントをいただいたり、反響が大きい時にはその共有している感じが大きいです。「こんな風景もあるんだ」ってコメントをいただくと、「あぁ良かったな」って思います。

また、自分の出かけたくなるきっかけも誰かの写真や文章だったりすることがあるので、逆に誰かが自分のブログを見て、行動したり考えてもらえたら一番うれしいですね。
これまでは記録のような写真、文章でしたが、「誰かに見てもらう」ということを意識してから写真の撮り方や文章も変わりました。誰もが均等にわかりやすく、伝えるということはとても難しいですが、いろいろ練ったりできるので、今は相当楽しいです。

最も大きいのは、いろいろな方と交流できることですね。とても良い縁があったりして、世界が広がりました。これまでに興味のなかったことや知らなかったことを教えてくれる人にたくさん出会うことができました。
自分の書いた記事や写真に考えてもみなかったコメントが入っていると、こんな見方もあるんだととても感心することがたくさんあります。
体調を崩した時なども、肉親のように心配をしてくれたりして、みなさんのあたたかさを感じます。

c0039735_14305979.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
kkai0318さん: うーん、たくさんありすぎて…(笑)。しいて挙げるなら…カヌーを修理するのに付属して、木工に夢中になっています。数年あたためていたことなので、今は木工のことで頭がいっぱいです。
好きな物はやはりウッドシャフトのピッケルです。ブログのプロフィール画像も、そのピッケルという古い山登りの道具です。鉄と木を使った絶妙な道具で、ブログにも時々登場しています。
今はほとんど使っている人はいませんが、山の道具としての美しさはピカイチです。
命を守る道具であるので、実用に耐えるように、日々のメンテナンスは欠かせません。そのお手入れが楽しくて、使う時間を上まわっていますが(笑)。

あ、あと竹竿も好きです。日本の和竿なんですが、これも手入れを含め、魅力でいっぱいです。
これも使う人が激減していますが、草の根活動のように密かに賞賛しています。和竿のアクセスも多くなってきたので、けっこう実を結びつつあるのかも…。
…とまあ、一番がたくさんあって…答えになってないですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kkai0318さん:夢ですか!久し振りに聞かれた気がします(笑)。
趣味については段階的に夢を叶えているので、このまま引き続き…。
夢と言えるのかどうかわかりませんが…。生活全般をより自然に近づけたいです。衣食住が自分の手の中で収まるような生活が夢です。ありきたりですが、納得いくようにきれいに生きてみたい、というのが最終的な目的地で・・。それには決意や体力、気合いもいるので、そのための準備を日々重ねています。
質問を受けて、改めて考えちゃったんですが、一生かかるのかも…(笑)。
自然の中で暮らすというのは実現したいなぁ。

c0039735_14313993.jpg


エキサイトブログ編集部:登山やカヌーなど、とても雄大な景色の中でアウトドアを楽しむ様子が伝わってきますが、最初に始めたのは登山ですか?そのきっかけやその魅力は?
kkai0318さん:登山は中学生の時からですが、担任の先生が山好きで、ある時ヒマラヤに行ってしまったんです。帰ってきてから話を聞いた時、強い興味を持ったんです。その後、せがんで一緒に丹沢に登ったのが初めての山でした。今でも印象深い自分の登山黎明期ですね。
最初に登った山でその山の持つ雰囲気にすっかりやられてしまって…。少年は(笑)。その後も難易度を少しずつ上げて、ひとりで登るようになって…。中部の主だった山は20代の時にあらかた登りました。

登山はアスリート的な技量や専門的な環境でなくとも、我慢して足を運んでいれば山の頂上にだとりつけます。自分の体力と相談しながら、段階を踏めばちゃんと結果が出てくれる数少ない趣味です。ふだんの生活とはまったく違う世界が「自分の足」で見られるというのも魅力ですね。
歩いて山々を越え、雲の上に行けるって、すごいことだといつも思っています。
ひんやりした空気に、青い空に流れる雲、冬は真っ白で荘厳な世界。霧に見え隠れする岩峰。これほど美に満ちた世界は他にはないような気がします。植物の良さに気づいたのも山のおかげかもしれませんね。

c0039735_161574.jpg


エキサイトブログ編集部:登山以外にも、カヌーやフィッシングなどを始めたきっかけは?アウトドアライフ全般の魅力は?
kkai0318さん:カヌーを始めたのはごく最近です。10年ぐらい前に一度、那珂川をレンタルカヌーで下ったのが最初ですが、あれはやったうちに入らない(笑)。その後も水面下でカヌーをやりたい情熱がくすぶっていて…。ある時、知人がカヌーを譲ってくれる話になったんです。とってもボロボロでしたが、半木製のカナディアンカヌーで、一番欲しいモデルだったんです。気が変わらないうちに軽トラとビートルでワッと取りに行きました(笑)。
置く場所も無計画だったのですが、「なんとかなるさ」、という根拠のない自信があったので…(笑)、その後、なんとか場所を見つけ、カヌーも友人と楽しみながら修理しました。木製なので、それまで自分の興味を持っていた木工というジャンルが、次々とカヌーを通して学べたので、漕ぐ前から楽しくてしょうがなかったですね。
完成した時に初めて「なんとかなった!」って思いました。何ごとにもあるんですが、とりあえず「考える前にやってみる」ということの重要さを感じた次第です。

カヌーへの憧れは「絵画のような世界に入り込みたい」という欲求から始まっていて、乗る前からどんなカヌーで、どんな風景で漕ぐかというのはほぼ決まっていたんです。
これまでの生活で水の上に出たことがなかったので、初めて漕いだ時にその静かさと独特の景色に心底驚きました。山とはまったく違う風景だったので、とても新鮮でした。
準備している時も夢想していて、楽しみのひとつです。出発前は子どものように寝られない時もあるほどです(笑)。

c0039735_1433067.jpg


フィッシングは…、最初は海釣りから始まり、キャンプして、川で泳いでいる時に山女魚に出会ってから渓流魚の美しさに魅了されました。「こんな細い流れに、こんな宝石みたいな魚がいるのか」って本当にびっくりしました。山女魚の生態、生息域を夏季課題にしたりして、なかなか渋い小学生だったんです(笑)。
その後、中学生でテンカラという毛鉤釣りの世界に興味を持って、教えてもらいに木曽に行き、その後フライフィッシングを始めたという流れです。
釣りはその魚を取り巻く環境をダイレクトに感じることができるんです。釣れなくても身を置くだけで満足してしまうのが上達しない要因ですが(笑)。

キャンプ自体はそれぞれの趣味を何日にも渡って行動するための手段でした。なので、キャンプだけっていうのは最初すごい抵抗があったんです。キャンプだけの良さがわかったのはここ最近です(笑)。
お酒を飲める人は絶対楽しいでしょうね。いつも羨ましく見ています。

始めた理由はこうしていろいろですが、すべて自然の中に入りたいという欲求が根っこにあるので、すべてが繋がっているのかもしれませんね。自転車で山に行き、キャンプをして時々カヌーをやって、釣りをして、カメラでそれらを撮って…とか。自分の中ではうまくリンクしているんです。
ふだん街の中で過ごしているので、時々無機物にうんざりする時もあったりしますが…。そんな時に花鳥風月が大きな癒やしになってくれます。もちろん、気の合った仲間と一緒に過ごすのも大きな喜びですね。

c0039735_15532195.jpg


エキサイトブログ編集部:特に夏の楽しみ方として、いまの季節を思う存分楽しむコツは?また、これまでの体験で思い出深いエピソードは?
kkai0318さん:むむ・・今の季節らしい質問ですね…。
夏といえばやはり川に入り、海を泳ぎ、山に登り、旅をすること!これが夏らしいことでしょうか。たぶん一年を通して、一番外遊びが楽しい季節でしょうね。
荷物も少なくすみますし、ふだんのまま水着だけを持って川に入りに行くだけでも楽しいです。泳いで冷えた体を焚き火で暖めるって芸当ができるのも、この季節ならではですね。
カヌーでも水に落ちてもまったく問題なく、逆に落ちたいって欲求が生まれるのもこの季節ならでは(笑)。
大勢いると、ただ水に落ちるってだけで大笑いしたりしています。

自分は海や川に泳ぎに行く時には、大きい水中眼鏡を持っていきます。水の中は驚くほどきれいというか、きれいな水の所に行くのがミソですが、いろいろな生き物が見られます。
川底に張りついて、川の下から水面を眺めるのもかなりおすすめです。自分の上を魚が通り過ぎるところや、光や気泡が美しくて何度見ても飽きませんね。水中で使えるカメラがあるといい写真が撮れます。張りつくコツは大きめの石をラッコのように抱えて潜ることです。大きすぎる石を抱えて溺れないように…(笑)。

c0039735_18264122.jpg


夏山も人気の山域は混雑していますが、ちょっとマイナーな山に行くと、人がいない所はいくらでもあります。樹林帯は暑いですが、森林限界上は爽快な山歩きが楽しめます。さらに夏は日が長いので、見渡せる天国の時間が長いです。特に日の出と日の入りは神々の世界に足を踏み入れたようです。
山の上は季節が半コマズレているので、お盆すぎる頃には秋の風を感じるでしょうね。
ただ、急な天候の変化には気をつけてくださいね。落雷が多いのもこの季節ならではです。あまり人のことを言えないのですが、装備はちゃんとしたほうがいいです(笑)。

あとは…昔はやっていたんだけど…「最近やっていないな」ってことをやってしまうというのも楽しかったりします。自分は去年からクワガタ採りを再開しました(笑)。子どものように興味を失わないことはとても大変で難しいですが、思いきってそれを再びやってみると、とてもおもしろいと思います。
後々心に残るようなことって全力で遊んだ時のような気がしますね。疲れ果てて、頭が真っ白になった時って心から癒やされているように感じます。
その際、忘れてはいけないのが暑さと虫対策です(笑)。暑さをしのぐ冷感グッズもどんどん利用しましょう。

自分自身の夏と言えば、小学生の頃から丹沢に毎年行き、キャンプ生活を10日ほどやるのが習慣でしたので、そこで潜ったり魚を捕まえたり、焚き火をしたり…。まるっきり小学生の夏休みの延長ですが、それがまた楽しいんです(笑)。でも、毎年同じ場所に行っていたので、水が汚れてきたり、周辺の環境が変わっていくのにも敏感になりました。年々山女魚が減ってきたり、カジカが居なくなったり。なぜだろうって興味を持って環境について調べてみたり…。その丹沢の日々が、今の素地を作ったのかもしれません。
最近は砂利で埋まっていますが、やはりきれいな場所です。時々行ってキャンプしたりしています。でも夏は人が多すぎるので、人が行かない場所に行くのも夏を楽しむ秘訣です(笑)。

c0039735_14332919.jpg


エキサイトブログ編集部:美しい景色&アウトドアを楽しむ写真にも魅了されますが、写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみ、大切にしていることは?また、アウトドアで写真を撮るコツもお願いします!
kkai0318さん:写真を撮リ始めたのは中学生の時、山での写真です。父親のMinoltaで撮っていましたね。この前、記事にしたのですが、そのカメラは今でも持っています。始めてから20年ぐらいでしょうか。
初めて山に登った時の「雄大で美しい景色を切り取りたい」と思ったのがきっかけかもしれません。
目に焼きつけて…というのもひとつの手だと思いますけど…。
うーん…いい写真はいい景色の中に入ると撮れます。なので、そこに行くということが一番大事なコツかもしれません。いい季節のいい時間にそこにいること(笑)。

あとは友人と行動している時は、なるべく人を撮っています。カメラに気づいていない時こそ、自然でいい写真が撮れますね。友人はこっそり撮るのが一番です(笑)。
あとブログでも写真はほとんど加工しないように心がけています。無加工は一枚一枚を大事に撮るという癖になります。フィルムの時からの心がけでしょうか。

カメラはフィルム時代を経て、デジタル一眼では古い部類のを使っています。周りには「早く買い替えなよ」と言われますが(笑)、チリ、水に強く、乾電池が使えることが大きいですね。
レンズはその時の行く目的で使い分けています。望遠とフィッシュアイ、マクロといったように。
ただ、多くのレンズを持っていくと付け替えを考えている時に「いい瞬間」を逃すというのがけっこうあります。なので持っていくのは多くとも2本までに抑えています。最近は18-250mmのズーム1本で撮影しています。
水中カメラも使っていますが、これは時々しか登場しません。
楽しすぎると、カメラも置いて遊んでしまうということがあるので、両立が悩みどころでもありますね。

c0039735_14335816.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
kkai0318さん:アクセスアップ!できる方法があれば知りたいです。
特に心がけてはいませんが、なるべく間隔を開けずに記事を投稿するようにしているぐらいでしょうか。体験したこと、きれいなもの、感動したことなどを早めに記事にするようにしています。
一見、一部の人にしか興味のないようなことも平滑にわかりやすくしています。
誰でも読めるというか。…読めていますか?(笑)
記事も偏らないように多くの方が興味を持てるように心がけています。
あとは継続するというのが大事かも…と思っています。長く続けているうちに、見てくれる人がわずかながら増えてくれます。それはとてもありがたいことだと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kkai0318さん:大事にしているのは、道具の手入れと本を読む時間です。
あとガーデニングをやっている時ですね。
本は多くの方と同じで心の旅路(笑)。音楽を聴きながら、本を読むこと以外、何もしないというのが気に入った時間です。極端なので、本当に何もしません(笑)。
ガーデニングは最も気に入った道具を握りしめて、植物と会話できます。夜遅く帰った時も剪定や花の様子を見るととても癒やされます。
庭を持つ前からも植木鉢の植物に癒やされてきました。なので会う人には植物を薦めています(笑)。
道具を手入れしている時は、「次はどこ行こう」「これをどんな時に使おうか」と夢想できることですね。あとはいつでも出かけられるように道具を整えておくのも楽しいですね。

c0039735_14344175.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
kkai0318さん:●「掲載!
キャンプの様子が雑誌に掲載されました。うれしくて記事にしています。
あと、新しい車が納車となったので、思い出深いエントリーです。反響がとても多かった記事です。

●「Launching ceremony 4 後編
時間をかけて直したカヌーの進水式の模様です。そして、初めて夜に漕いだ時の写真です。月明かりの中、漕いだカヌーは幻想的でした。

●「Side Issue(Canoe)4
またまたカヌーですが、こちらは初めて船上ランチをした時。
気持ちよい天気の中、静かな水面での朝食は格別でした。カヌーの可能性をたくさん感じ始めている時です。

●「SevenSisters Country Park3
英国の旅に行った時のエントリーです。最も出会いたかった景色に唐突に出会ってしまったエピソード。
記憶に残るすばらしい景色でした。

●「immediate travel.4
木曽駒ヶ岳にテントで泊まった時の記事。テント内から満点の星空を眺めた印象深い記事です。
写真は未熟ですが、その星空はとてもきれいでした。

●「Nagano 7
鹿島槍ヶ岳の登山。天空のランチと、紅葉の散歩道。靴が壊れましたが…(笑)。
雷鳥や高山植物を見ながら歩いたのは印象に残っています。この日は雲の形がとてもよかったです。

●「always bring rain camp 2
雨予報での丹沢ソロキャンプ。何もせず、ゆっくり本を読むだけでしたが、リラックス度がすごかった時(笑)。大雨でしたが、とても静かで快適な時間を過ごしました。

c0039735_14353517.jpg●「Short Backpaking in 上高地 2015 その5 下山
気の合う友人と上高地に行った時の記事です。いいジャンプを決めて、「編集部おすすめ」になった記事です。天国のような季節、いい天気の中歩きました。植物を見るだけでも天国です。この日の空と雲はきれい!
「Short Backpaking in 上高地 2015」シリーズは1から続いているので、よかったら併せてご覧ください。

●「Motosu 2015 夏 6
初夏に本栖湖にカヌーキャンプに行った時の記事です。半分上高地メンバーですが、やはり文句なしに楽しかったです。ちゃんと水を撮ろうと思ったので、透き通った本栖湖の様子がよくわかります。そう、カヌーが浮いています(笑)。
この暑い中、見ていて気持ちよい記事です。この「Motosu 2015 夏」シリーズも気に入っています。

●「遅れてきたGW 3
高校生から乗り続けているカブ(原付き)での旅。横浜から富山まで走りました。
その途中、気に入った道を走っている様子です。見所がたくさんで、お気に入りの記事です。

エキサイトブログ編集部: いま一番したいことは?
kkai0318さん:うーん、時間があるのであれば、北アメリカを周ってうろうろしたいです。
アラスカで釣りやカヌー、森歩きをやって、現地の自然や生活を見て…。アメリカの各州の田舎を見て周って、シェーカーやアーミッシュビレッジを見て、イエローストーンに行って歩いて…。カナダのセントローレンスに行き、アザラシを見るという長大な旅をしてみたいです(笑)。
それぞれ行ったつもりになっているので、ちゃんと自分の目で見て、しっかり歩きたいです。特に…アザラシは絶対に見たいですね。

もっと読む
[PR]
by blog_editor | 2015-08-07 11:42 | アウトドア

c0039735_14244876.jpg家族で囲むおいしい話題やお出かけ風景に心がほっこり。やさしいご主人と3歳のかわいい娘cocoちゃんとの日々をつづったブログは、どこか和やかな雰囲気が伝わり、とっても心があたたまります。

週末はガーデニングを楽しんだり、最近では家族でキャンプを楽しむアウトドア記事にも注目度がアップ。晩秋の風景の中で、アウトドア料理や焚き火を楽しむ時間は、とてもゆっくりした時間の流れが感じられ、こういう季節にのんびりキャンプを楽しむのもいいな、と感じさせます。アウトドア料理が好きで、初級バーベキューインストラクターまで取ったというこだわりもおありです。
また、もともと好きな料理の腕前と写真のセンスも評価され、多くのレシピコンテストやフォトコンテストに入賞した経験もお持ちです。
そんな穏やかなおうち時間から、アウトドアを楽しむひとときまで…。ブログのタイトル通り、家族のあたたかい時間を大切にされている「**かぞくのじかん**」のtomoさんに登場していただきました!

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
tomoさん:こちらこそ、いつもありがとうございます。
今回、ピックアップブロガーにと声をかけていただき、感謝と驚きでいっぱいです。

c0039735_14325162.jpgブログを始めたきっかけは、長くなってしまうのですが…。主人の転勤についていくため仕事を退職し、いざ新天地で…と、意気込んだ矢先、倒れて手術することになったのです。もともと働くことが好きだったのですが、1年間はのんびりと過ごすことに…。
そんな中、新たに何か…と思い始めたのが、ブログの開設でした。最初は別の場所で開設していましたが、エキサイトさんに大好きなブロガーさんや、写真の上手な方が多くいらっしゃったので、私も3年前からこちらでお世話になっております。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
tomoさん:ずばり!「かぞくの記録」です。ブログタイトルでもある、「**かぞくのじかん**」。まさに私自身が、生きるうえで大事に思っていることなんです。
家族と過ごす時間を大切に、忘れてしまいそうな当たり前の日々を切りとって、ブログにはつづるようにしています。
もともとは料理のこと、育児のことが中心のブログでしたが、娘が2歳になった頃からアウトドアに目覚め、最近ではアウトドアのことを書く機会も増えました。
娘の成長とともに、家族としてもステップアップし、そこから広がる楽しかったこと、感じたことなどをつづっています。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
tomoさん:やはりブログをしていなかったら、繋がることができなかったであろう「出会い」です。コメントを通じてのやりとりが、ブログを続ける活力、そして私の生活の励みとなっています。読んでくださっている方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また、自分以外の皆さんのブログから新たな発見をすることも多く、今までの自分の人生にちょっぴりスパイスを加えたものになりました。

c0039735_14332915.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
tomoさん:カメラというか、写真を撮る楽しみです。
娘を出産した日、主人がミラーレス一眼のカメラをプレゼントしてくれました。そこから私のカメラライフがスタートしました。
専門書やインターネットで調べてもなかなか上達せず、子連れでフォトレッスンの受けられる教室に通ったことも。3歳の娘もカメラに興味があるようで、私と一緒にiphoneで料理の撮影していることもしばしば(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
tomoさん:写真を撮り、ブログにアップするようになって、スタイリングにも興味が出てきて…。よりおいしそうな写真、よりきれいな写真を撮るため、カメラのこと、フォトスタイリングのことを専門的に学べたらいいなぁと思っています。

c0039735_1435486.jpg


エキサイトブログ編集部:ご主人と3歳のお子さんcocoちゃんとのおいし暮らしやすてきな暮らしにこちらまで心があたたまりますが、料理が好きになったきっかけや愛情をこめた料理作りの楽しさ、レシピ作りのコツなどは?
tomoさん:もともと大学時代、ひとり暮らしで料理はしていましたが、大きな転機は4年生の時に、1年ほどフランスに留学したことだと思います。365日3食自炊し、料理人さんや、おいしい食材と出会ったことで、今までの料理に対する価値観が、自分の中で変わりました。
また、主人や娘も料理が好きなので、休日の夕食は3人で調理することも多く、家族みんなで作る楽しみ、食べる楽しみを感じています。

c0039735_1434898.jpgエキサイトブログ編集部:家族でのアウトドアの記事も楽しませていただいていますが、アウトドアが好きになったきっかけやキャンプの楽しさは?
tomoさん:もともと私と主人はスノーボードをしたり、ドライブで遠出したりとアクティブな夫婦でした。以前からキャンプへの憧れはあったものの、娘の卒乳やオムツ外れまでは難しいなぁと思っていて…。娘が2歳になった頃デイキャンプから始め、コテージ泊、テント泊へとステップアップしていきました。
先月、軽井沢でキャンプをしたのですが、子どもを寝かしつけた後に、夫婦でゆっくり焚き火を囲み、星空の下お酒を飲む。この時間が本当に最高で…。だからまたすぐに、キャンプに行きたくなるんです!!(笑)

あまりにキャンプ料理や、アウトドアが好きすぎて…。先日、初級バーベキューインストラクターの資格を取得しました。この資格を持っているからとって、正直どうってことはないのですが…。自分のBBQの知識を深め、また家族でより楽しむためにと思い取得しました。できれば年末までに、あと1回キャンプできたらいいなぁと構想を練っているところです。

エキサイトブログ編集部:また、写真がすてきですが、写真を撮る楽しさ、自分らしい写真の撮り方などもお聞かせください。また、記事アップの際に大切にしていることもお願いします。
tomoさん:写真歴は娘が生まれてからになるので、3年半くらいだと思います。
私はミラーレス一眼を使用しているのですが、最初は右も左もわからなくてAUTOで撮っていました。
でもカメラの専門誌や、インターネットでカメラサイトを読みあさり、フォトレッスンに参加することで、少しずつ基本が入ってきたように感じます。

c0039735_1439628.jpgまた、昨年はいろいろな雑誌で写真を取り上げていただいたり、フォトコンテストで入選したりと、本当に貴重な経験をさせていただきました。まだ自分らしい写真という域には達していませんが、その時々自分がいいなぁと思った瞬間を、カメラにおさめるようにはしています。まだまだカメラ見習いなので、もっと専門的に勉強したいところですが…。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
tomoさん:もっとも大切にしているのは、ブログタイトルでもある「かぞくのじかん」です。
主人の仕事は朝早くから夜遅くまで、それに土曜日出勤ということもしばしば。だからこそよけいに、唯一のお休みの日は家族でいっぱい遊びたいようで…。
もともとみんな早起きで6時前には起きるのですが、休日もそのスタイルは変わらず。まずは朝ごはんをしっかり食べ、家事をさくっと済ませると、デイキャンプに出かけたり、川沿いをランニングしたり、公園へ行ったり…。その時々で変化はしますが、どれも家族3人で楽しめるということをコンセプトに計画しています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
tomoさん:「とろとろ牛スネ肉のビーフシチュー」(2012.2)
我が家の冬のイベントの際に、食卓にあがることの多い牛スネ肉を使用したシチューです。
料理サイトクックパッドでも600名以上の方から、「おいしかったよ~」とのコメントや、すてきな食卓のお写真をいただきました。また、ありがたいことに本や雑誌でも、レシピを紹介していただきました。

c0039735_14383185.jpg隣人さんとホームパーティー」(2013.4)
子どもを通して、私や家族にとってすてきな出会いがたくさんありました。
お隣さんファミリーもそんな新たな出会いのひとつ。みんなで一緒に飲んで、笑って、食べて、また飲んで…(笑)。おもてなし料理っていつもドキドキするんですけど、みんなで食べるとなんだっていいんですよね。

バラ開花」(2013.5)
我が家を訪れる人がたいてい驚くのが、リビング前のベランダ。
DIYで作った棚や色を塗り替えたベンチ、ベランダガーデニング歴も4年となり、ずいぶん自分らしい空間になりました。娘も植物が好きなので、一緒に種まきをしたり、水遣りをしたり。

写真年賀状コンテスト2013 入賞」(2013.11)
大人になると賞をいただけることや、人から認めていただける機会がぐっと減ります。
そんな中このような賞をいただけたことで、自分の自信になり、またカメラの勉強をしたいという原動力にもなりました。

うずまきベーグル」(2014.2)
今までハードルが高かったパン作り。でも。ホームベーカリーを手に入れたことで、自宅でパンを焼く機会が増えました。そんな中でも娘のお気に入りは、うずまきベーグル。
家じゅうにパンのいい香りが広がると、思わずおみんなオーブンの前に集合です(笑)。

c0039735_14353070.jpg北軽井沢スウィートグラス」(2014.11)
昨年からアウトドアを始めて1年がたち、満を持して初のテント泊。
秋の軽井沢は本当に美しく、自然を感じながら過ごす時間は至極のひと時。
「私もやってみたい」というコメントやメッセージを、たくさんいただきました。

川井キャンプ場(2013.10)」
記念すべきデイキャンプ第1回目ということで、とっても思い出深い記事です。
当時はまだ椅子も、テーブル持っておらず、レンタル品を取り入れながらのデイキャンプ。川のせせらぎを聞きながら、大自然の中のんびり過ごす時間が最高で、我が家がアウトドアにはまるきっかけとなった出来事です。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
tomoさん:う~ん…それはずばり、デジタル一眼レフですね。
今現在ミラーレス一眼を使用しているのですが、もう少しパリっとした写真を撮りたくて。
主人も応援してくれているので、今はいろいろな方にお話を伺い、毎日カメラの専門誌とにらめっこです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
tomoさん:いつもブログを訪問してくださいまして、ありがとうございます。
温かいコメントを残してくださったり、応援クリックを押してくださるおかげで、3日坊主の私が3年もブログを続けることができました。
ブログというツールを通して、たくさんの方々と出会えたこと、本当にうれしく思っております。
これからもかわらず、我が家の日常を切り取ってお伝えできればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

c0039735_14394286.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【tomoさんのお気に入り&好きなブログ】

う~ん…本当はもっとたくさんのブログを紹介したいのですが、今回は私の興味のあるジャンルをいくつも持ち合わせ、またたくさんの刺激を与えてくださるブログを、5つほど選ばせていただきました。

一日一膳
信州の暮らしの中で出会った果物を使い、目にも美しいお菓子を作られるzochikaさんのブログ。
写真の美しさスタイリングのかっこよさは、まるで洋書から飛び出してきたよう。
読み応えのある記事を書かれているので、いつも読み終わった後はおなかいっぱいに(笑)。

根っこイズム
フラワーギフト専門店として活動されている、tamacoさんのブログ。
お花のお話はもちろんですが、その洗練されたインテリアのお話、パキっとした写真が好きで、更新がまだかまだかと待ち遠しいブログです。

Favorite Place
すてきなお写真とともに、カフェめぐりをつづっているokikoさんのブログ。
知らなかったお店の情報をいち早くこちらで教えてもらうことも多く、私の手帳の「行ってみたいカフェ」というページには、すでにたくさんのお店の名前が(笑)。

Horse eyes 350
洗練されたインテリア、フォトスタイリングがお見事なcory350さんのブログ。
私がフォトスタイリングという分野に興味をもったのも、ブログでcory350さんのお写真を拝見したことがきっかけでした。

slow trip
旅のこと、キャンプのこと、アウトドアのことをすてきな写真とともにつづられているslow-tripさんのブログ。
おいしそうなキャンプ料理に、おしゃれで魅力的なキャンプスタイル。
いつも勉強させていただいています。

【tomoさんのお使いのカメラとレンズ】

■カメラ OLYMPUSのE-PL2
■レンズ ZUIKO DIGITAL14-42mm F3.5-5.6
(旅行先などではもっと望遠のできる、ZUIKO DIGITAL 40-150mm F4.0-5.6Rを使うことも)

tomoさんの「**かぞくのじかん**」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-11-25 18:34

c0039735_16164672.jpg無人島へのシーカヤックの旅をはじめ、海や山、川遊びを楽しむアウトドア写真に思わずくぎづけ!中でも、緑の苔に覆われた深い渓谷のダイナミックな景色の中を歩く冒険家のような写真には、「わ~、すごい景色~っ!!」「行ってみた~い」と読者に大注目を集めました。

そんな大自然を楽しむ一方で、人工的な工場夜景でも知られるブロガーさんとしても人気!夜に光り輝く工場夜景やジャンクションの夜景に魅せられ、全国各地のインパクトある写真を撮り続け、なんともいえない異空間が、見る人の心に独特な印象を残しています。どちらの写真も、「SBCさんらしい!」と更新を待ちわびるファンも多いはず…。
今回は、自分の好きなことをとことん楽しんで、独自の世界観を写真で伝える、「夜光虫SBC」のたっつんSBCさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
たっつんSBCさん:まず始めに拙い文章であることと、たまに話し言葉が馴れ馴れしい感じになることをお許しくださいませ。
ブログを始めてちょうど2年になります。といっても、途中の数ヶ月は休止状態だったので、実質稼動は1年半ほどでしょうか。ブログを始めるキッカケとなったのは尊敬する先輩からの薦めです。
詳しく話すと、ブログを始める前日に福岡の友人であり、写真の先輩3人と私の4人で北九州に工場夜景の撮影に行ったときのこと。撮影場所は、対岸に工場がある海沿いで、4台のカメラを並べて撮影していると、その中のひとり、ポンイチさんこと、本田純一さんという九州の工場夜景撮影の第一人者が、ぼそっと「そういえばSBCのブログなんていうの?」と聞いてきたのです。
当時、ブログに興味はありましたが、人さまにお見せできる写真でもないし、文章も苦手で、根っからのあまのじゃくの私。やるわけないですよね!そんな理由でブログはしていないことを伝えると、「え?今までいろいろな場所に行って撮り溜めた写真はどうしてるの?」と聞かれ、「暇な時にPCを見返してはひとりニヤニヤしています」というような会話が数分続きました。
そして、このひと言に背中を押してもらい、ブログを始める決意をしました。「絶対やったほうがいい。人に見せることで、何かが変わるよ」。そう言われると翌朝、数時間後には「夜光虫SBC」を開始していました。

c0039735_16171335.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
たっつんSBCさん:まずブログ名「夜光虫SBC」ですが、ブログを始めるキッカケになった工場撮影の時の光景が印象に残り、これも何かの縁かな?と思い、そのままブログ名にしてみました。その日は、堤防沿いの海がポワーン、ポワ―ンと呼吸をするように淡く青く光っていました。そう!夜光虫です。
後半の「SBC」ですが、プライベートでサバ長と呼ばれていて、そこからなんとなく「SBC」と名づけました。サバイバル隊長の略らしいですが、サS・バB・長Cです(笑)。スペルがsurvivalだからSVCじゃないの?なんて小さいことにはこだわってなくて、呼ぶ時の語呂感がしっくりキタ!という、これまたいい加減な理由で「SBC」となりました。
「夜光虫」+「SBC」で「夜光虫SBC」・・・なんて適当なネーミングだよ!とか、みなさん思われるかもしれませんが、その通り!適当につけました。
しかし、今では「すごくいい名前だね」とか「記事の印象に合うね!」なんて真剣に言われると自分の中の罪悪感というか、裏切った感が湧いてきて本当のことを言い出しにくくなっています・・・。

c0039735_16534058.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
たっつんSBCさん:ブログを始めてよかったことは、撮影仲間や友人が全国にできたことです。今ではジャンクション撮影や工場撮影に行く時は現地の方に日程の連絡を入れて、空いていれば即席撮影会の日程が組まれる。その友人が友人を連れてきて、次回は友人の友人が仲間を連れてくるというようなポジティブな連鎖が起こっていることも楽しみのひとつですね。

その他で驚いたというか、うれしかったことは、初めてのコメントでコスプレ撮影の依頼が来たことです。それまではジャンクションや工場といったいわゆるドボク系しか撮影の経験がないのに「ナゼ?何かの詐欺か?」と思ったほどです。
断る前提でメッセージを返し、お話をして、柔らかく断ろうと決めていたのですが、実際お会いして話をしているとコスプレ撮影への真剣に向き合う姿勢や、人物の撮影経験のない私に「撮ってほしい」という強い想いを聞き、断れなくなり撮影を慣行したということもありました。
今ではその方々とはコスプレ撮影以外でも飲みに行ったり、工場撮影に合流したりとおつきあいは続いています。
また、ブログ更新をサボっていると不思議なことに同じようなタイミングで叱咤するメッセージがいろんなところから寄せられます。その他にも、通りすがりで見ていただいた方の反応や、私のブログに意を決して初めてコメントする方の真剣な感想を伺えることがブログをやっててよかったと思えることです。

c0039735_16174281.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
たっつんSBCさん: 工場撮影、ジャンクション撮影、アウトドア・・・全部です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
たっつんSBCさん:宇宙旅行です。マジです。宇宙飛行士じゃなく、楽な感じの旅行のほうです(笑)。それまで生きてられるかな~。

エキサイトブログ編集部:とても雄大な自然を満喫する写真に魅了されますが、まずは写真を撮り始めたきっかけや写真を撮る楽しみ、また山登りを好きになった理由やアウトドアの魅力をお願いします。
たっつんSBCさん:写真を撮り始めたのは7年ほど前になります。初めはシーカヤックで無人島などに渡った時に記録用として撮り始めたのがきっかけですね。もちろん、一眼レフではなく防水コンパクトデジカメになります。記録用で始めたのですが、「水面から撮影したらどうなるんだろう?」とか、山で「あんな感じ、こんな感じに撮りたい!」などと思っているとコンデジではイメージ通りに撮れないことがわかかり、ほどなく一眼レフの門を叩きました。

c0039735_16304047.jpg


アウトドアは私にとって特別なものではなく、川も海も山も『そこにある場所』って感じに思っています。というのも私の出身は鹿児島の田舎で近くに海、川、山があり、そこをフィールドにして毎日遊び回っていたということがベースにあるからだと思います。
その頃は自転車があればどこでも行けると思っていました(笑)。実際に小学校の頃、夏休みに急に思い立って1,000円だけ持って霧島連山に自転車で行ったこともあります。途中でパンクして800円飛んでいった時はさすがにヤバさを感じましたね。そのころ缶ジュースが100円でしたから、行きに1本、帰りに1本買ってフラフラしながら帰ったことが人生で一番ツライ経験だったと思います。あれ?ぜんぜん質問に答えてませんね!
では、山を好きな理由は…というと、景色がきれいというのはもちろんですが、そこにある達成感が一番の理由だと思います。アウトドアの魅力は自分が自然に合わせないといけないことですね。どういうことかと言うと、前回と同じ場所に行くにしても、フィールド自体が変わっていますし、同じ気温、気象条件なんてことはないんです。
逆に同じ条件だったら、TVゲームみたいなもんですから山も、海も、川もやってなかったと思います。とか強がってみます。
考えてみれば、一年を通して毎月のようにどこかに出かけて自然を満喫してますね。なんと贅沢なのでしょう。今月も海も山も行きましたので、次は川(渓谷)に行こうかと考えています。

c0039735_1620840.jpg


エキサイトブログ編集部:そんな一方で、とてもインパクトのある工場夜景やジャンクションの美しい夜景写真の数々に驚きますが、工場夜景などの写真を撮り始めたきっかけや撮る楽しみは?
たっつんSBCさん:工場の撮影を始めたきっかけは、工場とは違う切り口になるのですが、九州で産業遺産の見学会があり、全国から見学に来られていた方の中に大阪を中心に活動しているフォトグラファーのHEBUさんがいらっしゃっていて、私が近々、大阪に行くことを伝えると、「そしたら工場撮影に行こう!」と言ってくれたんです。そんなこんなで初めての工場撮影の日取りがトントン拍子に決まった次第です。ということで撮影した工場は大阪の堺になります。

それから工場の魅力に取り憑かれ、北は北海道の室蘭の工場地帯から南は北九州、苅田の工場地帯までいろいろな工場地帯を撮影しました。「工場なんてどれも同じじゃないの?」と思われがちですが、意外にそうじゃないんです。例えば、プラントの形も大きさも、その場所、場所で違いますし、何故だか、わざわざカラフルなカラーリングだったり、光の色、光量なども微妙に違うんです。
何より撮影をしますので工場自体の魅力も大事ですが、どこからどのように撮影するかが大事だったりするんですね。工場の近くに小高い丘や山があると俯瞰で撮影できるか確かめるために、撮影の準備の前に、登山の準備が始まります。今では撮影ポイントを探すほうが楽しいんじゃないのかな~と自分で思うほどワクワクしながら2Dの地図を見て、頭で3Dに変換して妄想する日々です。ちょっとマニアックな話になってしまうので、そんなところで…(笑)。

c0039735_16205779.jpg


エキサイトブログ編集部:また、どんな写真をめざしていらっしゃるか?自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていること、心がけていることは?また、素敵な写真を撮るコツもお願いします!
たっつんSBCさん:私が目指す写真は、見ていただいた方の「記憶にいつまでも残る」ものです。誰にでもあると思うのですが、ふとした瞬間に『思い出す写真』。そんな写真を撮りたいです。しつこく脳裏にこびりついて取れないような写真です(笑)。
また、見ている方にすべてを見せるのではなく、あえて全部を見せないことによって、見る方が写っていない部分を想像する!人それぞれの『世界観』 。これも合わせて1枚の写真と考えています。だから私の写真のほとんどは写真の一部という感覚で見ていただけるとうれしいです。
自然を撮るときは普段見ることのない視点を意識したカメラ位置で撮影しています。日常の中の非日常とでも言うのでしょうか。
工場を撮るときは垂直、水平が絶対ですね。少しでも狂うと美しいという感動スイッチを押せないんです。逆にジャンクションは曲線、直線を画面にどのように配置するかということに重点を置いています。イメージは線をバランスよく配置したポスターみたいな感じで撮っています。

c0039735_16571330.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
たっつんSBCさん:特にやってない・・・です・・。編集部さん、すみません。

エキサイトブログ編集部: 生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
たっつんSBCさん:一番はやはり家族との時間です。もう気づいていると思いますが工場、ジャンクションの撮影しながら、アウトドアに講じる。自由にさせてもらって感謝してます。
上記は、当たり前すぎるので2番目に大切にしている時間を答えます。
前述しましたが、撮影ポイントの妄想ですね。想像じゃなくて妄想と書く理由は、考えながらニヤニヤしているからです。あとはアウトドアの新しいフィールドの下調べをしている時でしょうか。両方に共通するのは目標に対して「プランを練るプロセス」に萌える!ということみたいです。そして目標を達成して、達成感という脳汁の分泌で高揚する!この繰り返しに至福を感じているのだと思います。

c0039735_165465.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
たっつんSBCさん:●神様の悪戯なの?
雄大な山のダイナミックさと、季節はずれの雪に見舞われた模様を納めた一枚です。

もう一つのパナリブルー  -沖縄-
自然の中には青という言葉だけでは表現できないくらい、たくさんの青があることを気づくことができた旅。カヤックで無人島へ旅の話です。

住宅街に狂った配管要塞 -福岡:苅田-  
異様で巨大な工場プラントと住宅街のアンバランスさが共存している1枚です。

くびれ -大分:由布川渓谷- 
火山の島、九州ならではの光景ですが、九州でもあまり知られていない異空間です。

空中庭園 -大阪- 
遊び心あふれる建築 まさに空中庭園そのものです。

c0039735_16215911.jpg


青を斬る40D -大阪:りんくうjct- 
大阪のりんくうジャンクションです。ジャンクションの中でも1番好きな造形です。

サイコパス×SBC -コス #1- 
ブログ読者からの依頼で、初めてのコスプレ撮影作品。

ぐにゃぐにゃ線路 -今だけ廃線- 
九州北部豪雨での線路被害ですが、なぜ?そういう状況になったのか。未だに誰も説明できない。

異空間 -平尾台-
野焼き後に、雨に侵食された石灰岩群が露になった姿が別世界へと誘ってくれます。

c0039735_1728161.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
たっつんSBCさん:体があと3体くらい欲しいです。やりたいこと、行きたい場所の増えるスピードが達成するスピードの3倍くらいの速さで先行しています。って、ことは3体じゃ追いつかないですね。5体にしときます。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします方!
たっつんSBCさん:いつもご訪問いただいている方へ、「夜光虫SBC」にご訪問いただきありがとうございます。下手な写真と拙い文章でブログと呼ぶにはおこがましいと自分では思っています。そこに発見や共感していただあける部分があれば幸いです。
初めてご訪問いただく方へ、写真は「落書き」、文章は「独り言」という感覚で見ていただくくらいがちょうど良いと思います。いつも訪問よろしくお願いします!なんて言いませんが、たまーに見に来ていただけると戯言のような記事や、稀に当たり記事に遭遇するかもしれませんのでよろしくお願します。

c0039735_1721856.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【たっつんSBCさんのお気に入り&好きなブログ】


好きなブログはいろいろあって選びのが難しいので、とくに好きでよく覗いているブログがこちらの3つです。

談話室もぐら:別冊Last photograph 
私も自分の事を行動派と自負してますが、彼女は一回りも2回りも上をいきます。しかも目的を達成する為なら大概の犠牲はいとわない覚悟を持っています。その辺の男より男気に溢れているところがいいですね。そんな彼女のブログだからこその貴重な写真が満載です。

硬鉄の森 
ひと言で言うとブログ主は「職人の中の職人」です。商売でカスタムバイクの整備、改造をしているはずなのですが、ブログを拝見するたびに「こんな丁寧すぎる仕事で商売が成り立つのだろうか?」と疑問を持つほどポリシーに満ち溢れる仕事を見せてくれます。その道に精通していない私でも美しいと思うくらいの仕事の仕上がりです。凄い方です。是非、仕事の面白みを見い出せなくなった中間管理職の方(私です)などに見て欲しいブログです。何かを気付かせてくれることをお約束します。

Sablier 
彼女の写真は『透明』や『澄』といった印象でみとれてしまいます。
そして気づけばずっとページをめくり続けます。

【たっつんSBCさんのお使いのカメラとレンズ】

●カメラ
CANON EOS 5DmarkⅢ
CANON EOS 7D
CANON EOS 40D
●レンズ
EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM
EF24-70mm F2.8L USM
EF70-200mm F2.8L IS USM
その他・・・SIGMA等

たっつんSBCさんの「夜光虫SBC」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-07-25 19:10

c0039735_7524271.jpgどこまでも透き通る美しい海や幻想的なオーロラの写真をはじめ、世界各地の文化や歴史が伝わる風景や世界遺産など、ワールドワイドな旅の写真いっぱい。
時には、遠い地の果てアフリカのマサイ族やアジアの少数民族をたずねてみたり、サンゴ礁の広がる海中散策をして海亀やサメに出会ってみたり。空の上からの風景を楽しんでみたり…。
地球にはこんなすばらしいところがあるんだ!と改めて感動させられる写真と旅行記がとても魅力的です。

「私も一度行ってみたい!」「見ているだけで自分も旅した気分になる」と旅好きな読者の注目を集めています。
「今年の夏休みは海外旅行がしたい!」と思っている人もぜひ参考にしてみるといいでしょう!

今回は、そんな世界各地を旅する旅行家として、仕事でもプライベートでも旅の魅力をたっぷり伝えてくれる、「空想地球旅行」のol-lonlyplanetさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ol-lonlyplanetさん:地球上には、無名でも素晴らしい風景や場所があるということを多くの人に知っていただきたいのと、「旅をして新しい何かを発見して欲しい」という思いで、ブログを始めました。2006年からスタートしておかげさまで、海の中から空の上まで500以上の地球上の風景や文化をアップしています。

c0039735_8411960.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ol-lonlyplanetさん:もともと旅が好きで、雑誌や新聞に旅の記事を書いたり、旅と世界の料理レシピをまとめた電子書籍、旅のトークショーなど、旅に関わる仕事をしています。仕事ではもちろん、プライベートで出かけた旅先で撮った景色、感動した話題をアップしています。渡航歴は100回以上。世界各国の人気の観光スポットだけでなく、旅の風景やその土地で暮らす人、歴史や風土、食文化などを紹介しています。

ブログのテーマはでっかく「地球」です。私たちが暮らしている地球は奇跡そのもの。旅を通して「地球って素晴らしいね。もっと大切にしなきゃね」を共有できたらうれしいです。また、旅はしたいけど諸事情で旅に出られない方が、ブログを見て旅の疑似体験ができればいいなと思っています。

c0039735_11352595.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ol-lonlyplanetさん:得たものは継続力。始めた当初はこれほど長くブログを続けるなんて考えていませんでした。旅先の出来事や風景を見て、共感していただいた時は続けていてよかったな、と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ol-lonlyplanetさん:自分の伝えたいことを自由に正確に伝えることができることでしょうか。また時折、古い記事を読み返しその時々の目線や考え方が知れるのも良いです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ol-lonlyplanetさん:空想大好き人間でしょうか(笑)。

c0039735_754236.jpg

 
エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ol-lonlyplanetさん:「K'aua」のpurinさん。海外在住の方で日常のことや世界のこと発信しています。
べルリンでさーて何を食おうかな?」のToruberlinさん。やはり海外在住のコントラバス奏者。演奏先の出来事や料理の話を楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ol-lonlyplanetさん:今は走ることに向き合っています。時間がある限り10キロ走るよう心がけています。その他は旅のことばかり考えています。

c0039735_7544523.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
ol-lonlyplanetさん:一生旅人。

エキサイトブログ編集部:世界各国、遠くアフリカの少数民族に出会う旅、世界遺産の旅まで、いろいろな旅をされていますが、世界を旅するようにきっかけや、ol-lonlyplanetさんにとって旅の楽しみ、これまで訪れたところで特に印象に残ったところは? また、旅のコツなどもお願いします。
ol-lonlyplanetさん:旅行は学生時代から国内外を問わず大好きでした。旅に夢中になったのは、アメリカに留学中に車であちらこちらに気ままに旅したことです。いろいろなハプニングに遭遇したり、見ず知らずの人に親切にしてもらったり、貴重な経験が私を成長させてくれました。

c0039735_11362325.jpg印象に残っているところはインドのVaranasiです。ボート漕ぎの貧しい少年とガンジス川の朝日を見にいきました。それからは毎日少年と彼の友達と一緒にボートに乗ってガンジス川を泳いだり、リキシャという自転車タクシーで観光したり。帰国の日は少年たちが知り合いから借りてきたオート三輪タクシーを少年自らが運転して空港まで送ってくれました。もちろんひやひやものでしたがその思いに泣けました(笑)。

旅のコツは季節だと思います。例えば、アンコールワットの朝日を見たければ、乾季なら朝日を見るチャンスは高いです。私は旅をするのが仕事でほぼ毎月旅にでていますが、できる限りその土地の素晴らしさを紹介するのに季節を選んで行き先を決めています。旅は一期一会です。行って観光するだけでなく、その土地に根ざした文化や風土もぜひ感じ取ってきてください。
ちなみに、夏休みに旅行するなら、今が乾季のバリ、カナダ、ペルーのマチュピチュ。ヨーロッパンは今年人気のポーランドがおすすめです。

エキサイトブログ編集部:旅の風景写真もとてもきれいで、いつか行ってみたいと思わせる写真ばかりですが、写真歴や写真を撮る楽しみ、自分らしい写真を撮るためにこだわっていることや大切にしていることは?
ol-lonlyplanetさん:私自身をオープンにすることで、動物も含めて相手も構えずにいてくれます。あとは、例えば海は世界中にありますが、海の色や植物などでその場の空気感が伝わるようにしてます。一番大切なのは自分の心が動いた瞬間を撮るように心がけています。それでも撮り逃してしまうことはたくさんあるのですが。

c0039735_1205615.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ol-lonlyplanetさん:走っている時。誰にも邪魔されない自分だけの時間。この時とばかりに空想を楽しみます。あとは旅。旅が仕事なので旅先では集中しなければなりませんが、旅こそが私の大切な時間。癒される瞬間はいつも隅田川沿いの同じ道を走るのですが、同じところに止まっている大きなアオサギを見つけたり、塀の上の猫にちょっかい出してる時。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ol-lonlyplanetさん:●2011.6/7 パガン恵みの雨
ミャンマーのパガンという場所の寺院でのこと。突然のスコールで軒下で雨宿りをしていたところに寺院からこちらに向かって走ってくる少女がいました。寺院をバックに両脇に咲き誇るブーゲンビリアの間を雨の中走っている少女がとても美しく見えました。雨に濡れることも忘れて少女の正面に立ち撮りまくりました。

●2012.4/2 オーロラ百花繚乱
●2012.2/24 オーロラ@イエローナイフ
満天の星空に揺らめくオーロラは何度見ても感動します。−20℃を下回る夜の撮影はさすがに凍えますが、オーロラが出た瞬間から寒さを忘れます。

●2011.8/22 陸上のブルーホール
アラスカ州の州都ジュノーにある広大なメンデンホール氷河と陸地の境目にできたアイスドーム。朝8時に出発して苔むした森を抜け、小川を渡り岩をよじ登っ後、アイゼンを履き氷上を歩くこと7時間の後に見る目の覚めるグレーシャーブルーのトンネルは格別でした。7時間歩く価値のある風景です。

c0039735_11365044.jpg


●2009.1/26 Sinulog Festival ! 2009〜 グランド・パレード 〜Viva Pit Señor Santo Niño!
フィリピンのセブ島で毎年1月に開催されるフィリピン最大の祭り「シヌログ フェスティバル」。セブ島の主神とされる幼きイエス、サント・ニーニョを祝福する一大イベントです。その催しのひとつで、1チーム100人くらい、総勢50組が約5kmのメインストリートを素晴らしい創作ダンスを踊りながら練り歩くダンスコンテストがあります。色鮮やかなドレスと賑やかな音楽はまさにアジアでありながらアジアにはないラテン系のノリ。一度見たらやみつきです。

c0039735_1212831.jpg●2013.7/21 今宵、満月とランタンの灯りとともに
ベトナム中部、世界遺産の町ホイアン。毎月旧暦の14日の夜は、ランタンの灯りだけで過ごします。旧市街はほの暗い幻想的な光がホイアンの町を包みます。
同時に夜祭りも開催され、最近ではベトナム国内や海外からもたくさんの人がランタンの夜を楽しみに訪れます。ホイアンはこの10年で10回ほど訪れています。年々町はきれいになり豊かになっていきますが、人々はやさしくのどかで良いところです。

●2012.12/18 マサイとジャンプ!
これはですねえ、私のまったく飛べてない加減が笑えるというだけです。マサイ男の跳躍は半端ないです。身につけているアクセも素敵で細マッチョでちょっと惚れました。

●2011.5-14 イエス布教活動の地ガリラヤ湖
イスラエルのガリラヤ地方の春。ガリラヤ湖を見渡す丘一面に菜の花が咲きます。この一体はイエス・キリストが生前に数々の奇跡を起こし、布教活動を行った土地として知られています。豊かな緑と穏やかで平和なこの地を目の前に、本当にイエスがいたのだと信じたくなりました。

●2012.1/9 世にも美しいお墓
ウズベキスタンのサマルカンドにあるティムール朝歴代の偉い人とその家族が眠る霊廟。お墓ですが、青タイルの美しさは目を見張るものがあります。少し年齢の高い人は「サマルカンドブルー」なんて言葉がきっと浮かんでくるはずです。

c0039735_1215638.jpg●2011.1/24 天国の入り口
いろいろな国に行きますが、やっぱりハワイは好きです。たとえ、仕事で訪れたとしても身体が喜びます。オアフでのお気に入りはのどかなラニカイビーチ界隈。でも、最近は流行のようでのどかでもなくなってきましたが、それでも遠浅の透き通る海と海へ繰り出すロコたちの風景が大好きです。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
ol-lonlyplanetさん:先日のニュースで、埼玉県で駅のホームと電車の間に挟まれた女性を駅員と乗客らが車両を押して隙間を作り救出したという。日本人の助け合いの精神はまだまだ捨てもんじゃない。しかも、その電車はたったの8分遅れで出発したというのだからみごとです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ol-lonlyplanetさん:イスラエルとパレスチナの直接協議が再会されました。万事休すことはないと思いますが、これ以上の隔たりを作らず一歩でも歩み寄っていただきたい。イスラエルは本当に素晴らしいところ。それが日本に伝わってこないのが残念です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ol-lonlyplanetさん:いつもご訪問いただきありがとうございます。少しでも旅のお役に立てたら幸いです。まだまだたくさんの風景や出来事を紹介したいと思います。引き続き遊びにきてください。旅の質問なども気軽にお寄せください。お待ちしております。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【ol-lonlyplanetさんのお気に入り&好きなブログ】

農家の嫁の事件簿
農家の日々の暮らしのあれこれを面白おかしく伝えてくれる、癒しのブログです。毎回のブログタイトルもキャッチーです。

ただ歩いて行く旅 
歩き目線ならではの写真や、それぞれの土地で出会う人たちの自然な写真がいい感じです。ゆるめな感じもまたいいんです。

Bird Focus
鳥の顔や仕草を見ているだけで癒されます。

カグラザカ日記
料理のことなど東京での日々をつづっているブログ。
私も電子書籍でレシピ本を出しているのいで興味深く拝読させていただいてます。

Sky High Mountain Works productions
芦屋川コアアウトドアショップさんのトレイルランニングブログ。
世界中の山を走っている気分になれます。




【ol-lonlyplanetさんのライフログ】

BY THE WAY

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ / ワーナーミュージック・ジャパン


好きな音楽はレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。特に2002発売の「By the Way」とfat boy slimは気持ちよく走れます。眠れない夜ははホリーコールを。k.d.ラングの声も好き。

決定版 三島由紀夫全集〈1〉長編小説(1)

三島 由紀夫 / 新潮社


三島由紀夫は全般的に好きですね。セリフが美しいのが好き。

旅をする木

星野 道夫 / 文藝春秋


星野氏が過ごしたアラスカの日々をつづったもので、静かに語りかけてくるようです。

シェルタリング・スカイ [DVD]

角川映画


古い映画ではシェルタリング・スカイ。べルトリッチ監督の美しい映像もたまらないのですが、モロッコを彷徨う美しい風景と坂本龍一氏の音楽がぴったり合う。出演のデブラ・ウィンガー、ジョン・マルコヴィッチもいい。

新しい映画では「Chasing Mavericks」。カリフォルニアのサーフィンの聖地「マーヴェリック」でビッグウェーブに果敢に挑む若くして亡くなったサーファーの実話に基づいた物語。ストーリーはともかく、観ているこちらまで波の魅力に取り憑かれそうです。

ol-lonlyplanetさんの「空想地球旅行」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-08-07 17:51 | アウトドア

c0039735_1244750.jpg一度は行ってみたいおしゃれなフレンチやイタリアンレストランをはじめ、友だちと気軽に行けるリーズナブルなランチや、スイーツがたっぷり味わえるカフェまで。思わず食べたくなる、美味しいものがいっぱい。
そんな食べ歩きの日々はもちろん、日常からふっと抜け出して旅したステキな思い出も満載。憧れの宿でのんびり癒しのひとときを満喫したり、現地の美味しいものをとことん食べつくしたり…。
美味しいものを食べるとだれがも笑顔になれますが、そんな至福のひとときを楽しむ様子をつづったレポを見ていると、こちらまで美味しいものを食べた気分、旅に出た気分に包まれます。

今年2月の「香港の旧正月特集」では現地での体験レポも紹介していただきましたが、「いつも美味しそうな話題を楽しんでいます!」「私も行ってみたい!」と読者に注目を集めています。
今回は、美味しい幸せを写真とともに臨場感いっぱいにつづる、「LIFE IS DELICIOUS!」のnana_deliciousさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nana_deliciousさん:こちらこそいつもお世話になり、ありがとうございます。
このたびはピックアップブロガーに選んでいただき、ありがとうございます。とてもびっくりしました!
日々の出来事や旅の記録を何らかの形で残したいと思い、好きなブロガーさんが多かったエキサイトでブログというものを始めました。
ひとつのことを続けるのが苦手なので、まさかこんなに長く続くとは思ってもみませんでした(笑)。

c0039735_13101568.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nana_deliciousさん:大好きな旅行や美味しかったものをつづっています。
日記のつもりで始めたと言いましたが、いつの間にか食と旅専門のブログになってしまいました(笑)。
「LIFE IS DELICIOUS!=人生は美味しい!」美味しいものは人を笑顔に、元気にしてくれて、そこにはいつも温かい空気があります。そんな暮らしをしていけたらいいな、と思い、タイトルにしました。
読者の方から、よく「行った気になりました」「食べた気になりました」と言っていただくのですが、そんなふうに私が見て感動したもの、食べて美味しかったものをみなさんと共有できたらいいなぁと思いながら、ブログを書いています。
そして、旅行に行く時、私もたくさんのブロガーさんの情報を参考にさせていただいています。ブロガーさんの情報はガイドブックよりも詳しく、新しいので信頼しています。同じように、私のブログが旅の計画に少しでも役立てばと思い、旅のレポは特に力を入れています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
nana_deliciousさん:月並みですが、出会えるはずのなかった人とブログを通じて出会えたことが一番大きいです。
一緒に旅行に行ったり、おうちを行き来したり。まるで昔からのお友だちのようなおつきあいをさせていただいている方がたくさんいます。食べることが好き、旅行が好き、という共通の価値観の方ばかりなので。一緒にいて本当に楽しいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nana_deliciousさん:旅好きの食いしん坊、やや人見知り(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nana_deliciousさん:コメントくださる方はもちろん、できることなら見に来てくださっている方みなさんとお会いしたいです。
きっと旅好きの食いしん坊さんばかりだと思うので(笑)。

c0039735_124594.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nana_deliciousさん:何も予定がない休日にキッチンにこもってお料理やお菓子・パン作りをすること。
作って満足してしまい、自分で食べるより人にあげてしまうことのほうが多いんですけどね(笑)。
それから食べて美味しかったものの再現が好きです。アジアごはんやパンケーキはよく作ります。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nana_deliciousさん:いつか食と旅に関するお仕事ができたらいいなぁ、と思っています。
旅先で自分の足で歩いて食べたものを記録した食いしん坊マップの制作とか、一日の食事の中で一番好きなのが朝食なので、自分が美味しいと思うものを食べてもらう朝ごはんやさんとか。いつか叶えたいですね。

c0039735_1249324.jpgエキサイトブログ編集部:美味しそうなグルメ写真&お出かけ写真がとても魅力的ですが、食べ歩きやお出かけ&旅をする楽しみ、これまで訪れたところで特に印象に残っているところは? また、自分らしい写真を撮るためにこだわっっていることがあれば…。
nana_deliciousさん:私は好きなお店に繰り返し通うのが好きなので、なかなか新規開拓ができないのですが、周りにグルメなお友だちが多く、いつも美味しいお店に連れて行ってもらっています。私の食べ歩きは食べ友だちによって成り立っているのです(笑)。食べ歩きは週に2回くらいですね。意外とおうちご飯派なのです(笑)。

私にとって旅は人生に欠かせないものになっています。ここ数年はアジアづいていますが、20代の頃は休暇のたびにリュックを背負ってヨーロッパ各国を旅していました。ユースホステルに泊まって、いろいろな国の旅人と交流して…。海外旅行デビューが遅かったのもあって、すべてが新鮮でした。世界は広いなぁって。
そこから私の旅好きが始まったと思います。
その頃からブログをやっていたら、笑いあり、涙ありの相当おもしろいレポが書けたのに…(笑)。
チェコやハンガリー、スペインは街全体が芸術で本当に美しかったし、人もやさしく食べ物も美味しく、ステキな国でした。またいつか訪れたいと思っています。
数年前から台湾とバリにハマり、毎年行っています。飽きるどころか訪れるたびにどんどん好きになっています。
旅行はまとまったお休みが取れれば年に1~2回。短期の弾丸旅行は日程と予算が合えばいつでも!!

写真に対しては、実はあまりこだわりがないんです。よくあまりのいい加減さに驚かれるのですが、ほとんど設定を変えることなくカメラ任せ。思ったまま撮ります。そして美味しいうちに食べたいので撮影は本当にササっと済ませてしまいます。ですので、後でびっくりのブレブレ写真も多数です(笑)。

c0039735_12465974.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間は?
nana_deliciousさん:大切にしているのは家族や友だちとの時間です。
家に友だちを呼んで、たくさんの料理を作るのが大好きです。空になっていくお皿を見ると本当にうれしくて。
作るのに夢中で写真を撮ることを忘れてしまうのがブロガーとして失格なんですけどね(笑)。

癒されるのはやはり愛犬と戯れている時。どんなに疲れていたり悲しくても顔を見ているとつい笑顔になってしまいます。

c0039735_12454549.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
nana_deliciousさん:●「南イタリア&パリ2008~イタリアのおうちごはん編
イタリアの知人宅にホームステイさせてもらい、イタリアの家庭の味をたくさんいただきました。
本当に美味しくて、温かくて、楽しくて。忘れられないステキな思い出です。

●「感謝を込めて!
誕生日にUPしたつぶやきなのですが、ブックマークしてくださったり、広めてくださったり、とても反響の大きかった記事です。

●「パリ滞在記~最後の晩餐&エッフェル塔でカウントダウン!
年末年始のパリひとり旅。大勢の人でにぎわうエッフェル塔の下でたったひとりで迎えた新年でした。
ハグする人がいなくて寂しかったのですが(笑)、キラキラ輝くエッフェル塔の美しさは今も目に焼きついています。

c0039735_12451146.jpg●「人生最幸の日。
大好きな妹の結婚式の記事。これほど幸せな気持ちで写真を撮ったことはありませんでした。
一生忘れられない感謝と感動の一日。

●「2011GWバリ旅行~バグースジャティのクッキングクラスに参加!
初めて本格的にバリ料理を習いました。料理好きな私にとってはとても楽しい体験でした。

●「我愛台湾'11~九份茶坊と夕暮れ
台北郊外のノスタルジックな街、九份。夕暮れ時に美しい景色を眺めながらのお茶タイムは至福の時です。

●「2011ハワイ旅行~Birthday Party!
友だち家族が住むマウイでバースデーパーティーに参加させてもらいました。
日本では考えられないことがいっぱいで本当に楽しかった!

●「ガレット・デ・ロワの会 2012
友だち8人で開催したガレット・デ・ロワの食べ比べ会。ここまでくるとオタクの世界ですね(笑)。

●「2012グアム旅行~ショッピングは楽し!
なぜか記事ランキングで常に上位にあるショッピングレポ。海外のスーパーはテーマパークですね!

●「2013.3バリ旅行~今年もサリ・オーガニックへ
ウブドにあるレストラン「サリ・オーガニック」。お店までのお散歩もすごく気持ちがいいんです。
ウブドに滞在している時は必ず行くお気に入りのお店です。

c0039735_12482680.jpgエキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
nana_deliciousさん:期限を決めない旅がしたい!そのひと言に尽きます。
旅は終わりがあるからいいのかもしれませんが、一生のうちに一度は飽きるまで旅してみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nana_deliciousさん:LCC(ローコストキャリア)関連のニュースですね。
旅の選択肢が増えるのはうれしいですね。今まで1回しか行けなかったのが、2回3回…と渡航回数が増えたのも安い飛行機が次々に誕生しているからだと思うので。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nana_deliciousさん:数多くあるブログの中から「LIFE IS DELICIOUS!」を見つけていただき、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。これからも自分らしく、楽しく続けて行きますので、末長くよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【nana_deliciousさんのお気に入り&好きなブログ】

●「道楽のススメ
バリの達人、タイチョさんのブログ。ご自身で収集されたバリの最新情報はどんなガイドブックよりも参考になります。私のバリ教祖さま、憧れの存在です!

●「Happy Slow Life
バリつながりで知ったslow-foxtrotさんのブログ。とにかく写真がダイナミックで美しい!目ヂカラならぬ、写真ヂカラがすごいです。見ているだけで癒されて、思わず旅に出たくなるステキな写真がいっぱいです。

●「台湾のたびしおり
台湾の達人3人トリオheppyさんのブログ。
台北のみならず、台湾全域のレポートは台湾の知られざる魅力がいっぱい。ガイドブックやオリジナルはんこもすごくかわいいです!

●「旅とパンのスロウな日々
アジアとパンとおいしいものが大好きなhiroさんのブログ。
私がブログを始める前からずっと愛読させていただいています。文章、写真、ライフスタイル。すべてに共感できるし、読んでいると心が平らになるんです。

●「パリときどきバブー
パリ在住のとのまりこさんのブログです。パリの日常や美味しいもの、ショートトリップ…どこをとってもステキで、見るたびに「フランス好きだなぁ」って思います。パリの風景に溶け込む、かわいいちびっこ&わんこの写真にも癒されます。




【nana_deliciousさんのお気に入り&好きなブログ】

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

辻 仁成 / 幻冬舎


「好青年」と周囲から呼ばれ婚約者もいる豊が、謎の美女沓子とタイ・バンコクで出会い、互いに惹かれ合い逢瀬を重ね、そして別れ、 25年後に劇的な再会をするまでを描く。
大好きな小説で何度読んでも切なくて胸が痛くなります。バンコクのオリエンタルホテルに行くきっかけになった本。

まいにち食べたい“ごはんのような“ケーキとマフィンの本

なかしま しほ / 主婦と生活社


手軽に作れるおやつが満載。繰り返し作っているお気に入りのレシピがいっぱいです。

食べて、祈って、恋をして ダブル・フィーチャーズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


ジュリアロバーツ、好きなんです。
ジャーナリストとして活躍するヒロインが離婚と失恋を経て、自らを立て直すために出た旅の日々。
イタリア、インド、バリ島。大好きな場所がたくさん出てくるのでそれだけで幸せな気持ちになります。

nana_deliciousさんの「LIFE IS DELICIOUS!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-07-04 15:03

c0039735_915369.jpg北国の森に住むエゾリス。その姿はとっても愛らしく、見ているだけで癒されます。
雪の中を元気に走り回り、木の実を見つけてはポリポリ、カリカリ…。ときには雪の中や枯葉の下に隠してみたり。カメラ目線でこちらを見つめるやんちゃ坊主や、雪の中でじゃれあう元気な兄弟の姿、忍者のように木から木を飛び交う姿…など、どれもほほえましいものばかり。そんなエゾリスの自然な姿をとらえた写真がいっぱい。

また、エゾリスのほかにも、森に住む野鳥をはじめ、北海道の大自然の美しさを伝える写真を通して、自然とふれあうことの楽しさが伝わります。
今週は、雪の中にエゾリスに心がほっこり癒される「エゾリスと森の仲間たち」のhama-nasuさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hama-nasuさん:自然が多い町に住み、公園や自然休養林などのすてきな風景、山野草や野生動物などを紹介したいと思いました。そして、このブログを見られた方が自然に興味を持たれ、近くの森に出かけて、自然風景の美しさや野生動物などと出会い、自然との触れ合いを楽しまれることを願ってはじめました。
  
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hama-nasuさん:北海道の森に生息するエゾリスの自然な姿を主に写真にとらえながら、北国の四季の美しさや厳しさを紹介しています。
いまの季節は雪の中をたくましく走り回るエゾリスをご覧になっていただいていますが、エゾリスのほかにも野鳥やエゾフクロウ、エゾジカなどの野生動物も紹介しています。

また、北海道ならではの美しい風景を紹介したり、山野草などの様子、また私が仕事で関わっているバラ園などの公園の風景も紹介しています。バラは世界、日本中で育て、楽しまれている花ですが、北海道はバラを育てるのが難しいと思われています。でも、実は最適な地域なのです。気候も涼しく、冬の雪でバラは守られ、春から紅葉の初冬まで開花が楽しまれるので、市の花、バラ園の四季の情報を伝え、バラの魅力を楽しんでいただきたく思っています。

c0039735_23371815.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
hama-nasuさん:みなさまのブログを拝見しまして、世界中のさまざまな出来事や風景、動植物などを見ることができ、楽しみが広がりました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
hama-nasuさん:さまざまな趣味を持つ方々のブログから、新しい情報が得られて視野が広くなり、訪ねてみたい場所、体験してみたいなど、楽しみがいろいろです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hama-nasuさん:大きな望みではなく、実現可能な事がらに挑戦しながら過ごして来た人生です。

c0039735_12155985.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hama-nasuさん:これまで、共通の趣味の方々にお会いでき、多くの新しい情報、アドバイスなどを受けまして役に立ちました。

エキサイトブログ編集部:番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hama-nasuさん:植物を育てることですが、自宅の庭や室内でバラを育て楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hama-nasuさん:趣味を楽しみながらの平凡な生活です。

c0039735_12443474.gif


エキサイトブログ編集部:北国に住むエゾリスの自然な姿にとても癒されますが、エゾリスを撮りはじめたきっかけや写真を撮る楽しみは?
hama-nasuさん:私の住む町には自然豊かな公園が多く、特に数年前から、アメリカやヨーロッパなどで見られる自然豊かでリスが走り回る公園をつくろう…と、農業高校生の協力で自然公園が作られたのがきっかけですね。そこに、リスの鉱物のどんぐりやくるみなどの木を植栽し続けたことが実り、野鳥、エゾリスが見られる公園となったのです。

ちょうど市の緑化相談委員としてバラ園に努めていた時に、リスに出会えるバラ園、バラ園のアイドル・リー君、バラと紅葉が楽しめるバラ園などのキャチフレーズで写真を発信してきました。そのころからリスの写真は撮っていますが、ブログにアップしている写真はほとんど趣味で撮っている写真で、最近は散策を楽しみながら出かけています。

c0039735_1256320.jpg


リスは朝早いので早く出かけます。リスの場合は遠くからの撮影となりますので、望遠レンズを使います。リスは森の中では一番弱い動物で、子育てをする親の愛情が感じられる姿、そして、巣立ち後には厳しい環境と兄弟達との戦いのなかで生きていく姿に感動します。
リスはすばっしこいので、服装はいつも同じで静かに観察していると警戒心が少なくなります。
リスに会える場所は数か所ありますので、リスの行動時間に合わせて、時間の取れるときに出かけています。北国らしい自然風景などを取り入れてた撮影に心がけています。静かな中での自然との出会いが楽しみですね。

エキサイトブログ編集部:エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hama-nasuさん:家族との時間を大切にしながら、健康に気をつけた生活をしながら庭でバラなどの植物を育てている時、好きな音楽を聴きながら本を読んだりと過ごす時間。

c0039735_11293148.jpg

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
hama-nasuさん:「北の森から・・・エゾリス、野鳥便り」( 2013-02-08)
「あにまる」にも紹介された記事ですが、この日は青空で比較的あたたかい一日でした。
雪の中のエゾリスの姿「かわいい」と選んでいただいた記事です。

c0039735_23381447.jpg・「北の森からエゾリス便り」(2013-01-10)
雪の上で毛づくろいをするエゾリスの姿がほほえましいと言っていただきました。

・「シマリスの頬袋」(2007-01-13)
頬袋がどこまで膨らむのか!?みなさんにも楽しんでいただけました。

・「やんちゃ坊主
エゾリス3兄弟の中のいちばん行動力がある、やんちゃ坊主。表情を見ているだけで楽しいです。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
hama-nasuさん:自然豊かな静かな温泉に入りながら、北海道では見られない風景や動植物との出会いの旅をしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hama-nasuさん:日本と中国、韓国、ロシアとの領土に関する問題と、今後の経済関係がどう進むか、やはり気になりますね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hama-nasuさん:みなさま方の周囲にも魅力的な風景、さまざまな出来事があることと思いますので、ぜひみなさんも紹介してください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_11302493.jpg

c0039735_1121285.jpg





【hama-nasuさんのお気に入り&好きなブログ】

●「凛として
北海道の野生動物を素敵な写真で紹介されています。

●「四季彩散策
北国の蝶や風景、趣味の犬などの紹介が葉のシミです。

●「横浜カワセミ物語
北海道とは異なった野鳥情報をいつも楽しみに拝見しています。

●「ヨーロッパアルプストレッキングと山小屋展望
とても臨場感があって、自分が山を登っている感じが味わえるブログです。




【hama-nasuさんのライフログ】

モーツアルト:レクイエム・ニ短調

ボネイ(バルバラ) / マーキュリー・ミュージックエンタテインメント


好きな音楽はいろいろとありますが、モーツァルトが好きで昔から聞いています。
どの曲も好きですが、特にモーツアルト レクイエム ニ短調は好きでよく聞いています。

アヴェ・マリア~サラ・ブライトマン・クラシックス~

サラ・ブライトマン / EMIミュージック・ジャパン



サラ・ブライトマンさんの歌手生活の活動を紹介された放送を拝見し、また、これからの活動の思い、宇宙への挑戦などの話を聞きまして、今後の歌手活動に興味を感じ、その活躍をとても楽しみにしています。とくに、宇宙から天使の声として活動される挑戦を楽しみにしています。

hama-nasuさんの「エゾリスと森の仲間たち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2013-02-25 17:37

c0039735_1555558.jpg黄金に輝く葉っぱや燃えるような赤に染まった色とりどりの紅葉に、思わずうっとり。山歩きを楽しみながら、そんな絶景に出会ったら…。その場に立ちすくんで、いつまでも美しい景色を眺めていたくなる様子が手に取るように伝わります。
まさにいましか見られない、そんな紅葉の景色をはじめ、緑の季節は新緑を中を、落ち葉の季節は枯葉を踏みしめながら、雪の季節は雪の上を歩きながら…四季折々の自然の風景を楽しむひととき。
本格的な山登りのレポだけでなく、ときには山頂をめざさない気軽な山歩きを伝えてくれる記事に、登山経験のない読者にも「山歩きって楽しそう!」「私も一度、山登りをしてみたいな!」と思わせてくれます。

最近は、ファッショナブルなアウトドアウェアに身を包んで気軽に山登りを楽しむ山ガールが増えていますが、今週は、そんな山歩きの楽しさを伝えてくれる「お山歩日記」のasaasa32さんに登場していただきました!

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
asaasa32さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
ブログを始めたきっかけは、私も山の情報を提供する、紹介するひとりになってみようと思ったからです。
当時から山の計画を立てるとき、なるべく直近で登られた方のブログから情報を得ていました。登山道の状況や駐車場、トイレ、花の開花具合や紅葉の状態などを確認するためです。そうして行ってきて、じゃあ次はどこにしようかと選ぶときも、雑誌や本ではなくほとんどがよく拝見するブロガーさんの記事でした。素敵な写真を見て、同じ景色を感じたい…訪れたい山が増えていき、実際に歩いてみる。
ところが、山にもレベルがありますので、いつも拝見しているブロガーさんは大丈夫だけど、私には難しいかもしれないと思うことも多々ありました。
きっと私のような、山歩きを初めて1~2年ほどの初心者で同じように思っている人がいるはず!
そんな誰かが私の記事を見て「この山に登ってみよう」と次の候補にしてもらえたらいいな。「あの山に登りたいけど、どんな感じなのかな」と思った方のお役に立てればいいな。
せっかく撮った写真もあることですし、自分の山歩き記録も兼ねて書いてみようと思ったのがブログを始めたきっかけです。

c0039735_1563975.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
asaasa32さん:東海地方を中心にがんばらない山歩きをしています。
春秋は日帰りで、夏は1~2泊で。
登山歴3年目の今年、念願のテント泊デビューを果たし、また少し山に近づくことができたように感じました。
そんな大好きな場所で過ごした時間を、登山歴3年生の目線で、怖かったことや失敗したことなどもありのままに写真を添えてつづっています。同時に山を紹介したいという思いもありますので、まだまだ細々としたブログですが登山をされる方のお役に立つことができればうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
asaasa32さん:以前は、山頂までがんばって登ったら、仲間と記念撮影して下山してという感じで終わっていました。もちろん、とても楽しくて今から思い出しても満足な山歩きではあったのですけれど、ブログを始めてからは、「帰ったらこの山のことを書くのだ」というプレッシャーからか、より一層、山の景色を記憶に残そうとするようになりました。気合いが入るというか…以前なら「うわー!!」で終わっていたところを「どんな言葉で表現できるかな」と考えながら歩いてみたり、思った言葉を口に出してみたり。そのせいか、なんてことのない道や雲の流れる空、ふわりと舞う風や木々の存在に敏感になったかなあと思います。
そのわりには、記事にしたときに「わー」とか「ギョエー」とかの叫び声で終わってしまうことがほとんどなので、私もまだまだですね。
まだブログを始めて1年半ほどで、交流させていただいている方も少ないですから、いつかはこのブログを通じて人と人とのつながりも得られればいいなあ、と思っています。山で偶然バッタリ!!など憧れます。

c0039735_15225266.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
asaasa32さん:同じ山でも感じ方は人それぞれですから、自分とは違う視点で書かれているブログを読むと、目からウロコというか、ハッとすることも多いです。
山歩きには少々憂鬱な雨の中、楽しく登山された方の記事を読むと今度は雨でも歩いてみようかなと思ってみたり。目立たない小さな花を愛でる方の記事を読んだ後は、今まで見向きもしなかったような野草に目が行くようになったり。
会ったことがないけれど同じ趣味であるおかげで、私の場合は登山となりますが、見知らぬ人の山に対する感性を受け取って、自分の糧にすることができる貴重な場だなあと感じています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
asaasa32さん:まっすぐな人。
言動がすべて直球になってしまいます。疑わないというか、見たまま感じたまま受け入れるので多分騙されやすいかもしれないと思っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
asaasa32さん:現在交流させていただいているブロガーさん達は全員会ってみたいです!
写真や文章、山の歩き方など少なからず影響を受けておりますので、ぜひともお会いして、というか、一緒に山を歩いてみたいです。また新しい発見があるような気がして考えるだけでワクワクします!

c0039735_1572832.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
asaasa32さん:最近良くない習慣が身につきまして、登山後のコーラ、もしくはファンタ、です。
山を歩くようになってから炭酸飲料の旨さに目覚めてしまいました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
asaasa32さん:日帰り山行でも一人で行く勇気がなかなかでない私には遠い遠い夢ですが、いつかはソロで長期縦走してみたいなと思っています。
目下のささやかな夢は山で「お山歩日記のasaasa32さんですか?」と話しかけられることですが、もう少しがんばる必要がありそうです。

エキサイトブログ編集部:紅葉の美しい写真をはじめ、山登りの楽しさが伝わる記事を楽しませていただいていますが、山登りをはじめたきっかけや山登りの魅力は?また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
asaasa32さん:山登りを始めて丸3年が経ちましたが、実は、もともと私は山なんて大嫌いで、暑いし、登りは辛いし、虫は多いし、何が良いのか分からなかったのです。
ふと「どうしてみんな山に登るのかな」と、何かとてつもない魅力があるのかもしれないと思って、地元の低山に登ってみたのがきっかけでした。結果今に至るわけなのですが、最初は頂上からの景色や達成感がやみつきになり、次に、初めて登った夏山の美しさに衝撃を受けて、山の虜になりました。

c0039735_1585798.jpg


山の魅力はなんといっても、素晴らしい景色です!それは高い場所から見下ろした景色のことではなく、青い空と白い残雪がちらほらと残る優美な曲線を描く稜線や、雪解け後いっせいに咲き始める花の群生。秋には絵の具を垂らしたような錦色に染まる山肌などの大きな大きな自然の風景のことです。

山登りというと、辛い!というイメージが強いと思いますけど、例えば、「少しだけがんばって登ったら、圧倒されるほどの美しい景色が広がって、達成感と爽快感で嫌なことは全部忘れて、爽やかな風を受けながらビールを飲んで好きなだけ食っちゃ寝する」という1日だとすごく魅力的に感じませんか!?
今ならちょうど紅葉が見頃ですけど、とっても涼しくて登りやすいですし、「落ち葉でふかふかの道をのんびり歩きながら、太陽を浴びて赤色と金色に輝く紅葉を眺める」と思ったらちょっと良さそうに聞こえますよね!
おまけに山で食べるご飯は異常に美味しく下山後の温泉が最高に気持ち良いのです!!
先日訪れた山も、革靴の男性が登山口駐車場までいらして写真を撮って帰っていかれました。ほんの2、30分登れば紅葉の海を見ることができるのに、もったいないなあと。別に山頂まで行かなくても、のんびり辛くない程度に歩いて、いい頃合で帰るのも楽しいと思います。
そんなふうに満喫した山の記事をアップするときは、山のイメージがわかるようになるべく登山道や風景の写真を中心にして、登山口出発から下山までを一気に読めるように書いています。
「今、紅葉真っ盛りですよ!」というような旬の情報もお伝えしたいので、なるべく記事は早めにアップしています。

c0039735_15114765.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
asaasa32さん:山登りで稜線にでたとき、山頂でのランチタイム、テントでお昼寝するひととき、過酷な環境で可憐に咲く花、柴犬のぷりぷりのお尻、ふかふかに干した布団、家族や友人とのだんらん…改めて考えると、たくさんの大切で癒されることに囲まれていますね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
c0039735_158784.jpgasaasa32さん:★読者に評判だったポスト
●2012.10.21 「平瀬道の紅葉
金色に輝く山を歩いたのは初めてでした。
秋、白山へ続く平瀬道は黄葉の海になります。

●2012.10.10 「北穂高岳その3
まるで桃源郷!名声高い涸沢の紅葉は3日目最終日にようやく輝きました。

●2012.10.14 「焼岳の紅葉
緑の原っぱに点在する赤と黄色。その山容はメルヘンです。
たまには山頂へ行かずにのんびり過ごすのもいいですよ!

★気に入っているポスト
●2012.05.27 「荒島岳
テント泊に備えボッカトレーニングの集大成として選んだ山。ブナの新緑とカタクリの花、そして、すれ違う方たちの励ましに泣きそうになった、心に残る山でした。

●2012.03.05 「入笠山
左足首捻挫から4ヶ月ぶりに山復帰。
ロープウェイを使ったお手軽スノーシューができます。
山を登る感覚と楽しさを改めて感じた思い出の山となりました。

●2012.9.8 「別山その2~過酷!別山縦走編~
テント泊初心者が行く場所ではなかった!私の登山経験の中でトップに君臨する辛かった山旅。それでも別山のたおやかな姿は、また行ってもいかもしれないと思ってしまうのです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
asaasa32さん:一番ほしいものは、最近手にいれました。スノーシューです。冬はどうしても山へ行く回数が減ってしまっていましたが、今年からスノーシューで楽しみたいと思います。

c0039735_1592854.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
asaasa32さん:最近ではないのですが、先月の新聞で熊出没率が過去最多となっていたニュースが気になります。熊も冬眠に向けて必死でしょうから、出会わないように気をつけたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
asaasa32さん:いつもお立ち寄りいただき本当にありがとうございます!気軽な気持ちで始めたブログも、もう1年半になりました。ここまで続けることができたのも、驚くことに、こうしてピックアップブロガーに選ばれたのも、読んでくださるみなさんのおかげです。
これからものんびり山歩きを楽しんでいきますので、みなさま、どうぞあたたかい目で読んでいただければ幸いです。今後ともよろしくお願いいたします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【asaasa32さんのお気に入り&好きなブログ】

●「本日もさんぽ日和。
山へのやさしさが溢れる素敵な文章と写真。私には馴染みのない関東を山域とされていますが、拝見するだけで登った気分になります。

●「さんぽのとちゅう
いつもご夫婦で、のんびりハイクを楽しんでおられます。途中に現れる山ごはんがとてもとても美味しそう。ほのぼのした雰囲気が素敵なブログです。

以下は、いつもこっそり拝見させていただいているブログのみなさまです。突然で失礼かとは思いますが、紹介させてください!

●「かぼすちゃんとおさんぽ。
こちらのブログがピックアップブロガーで紹介されてから、こっそりと毎日拝見しています。我が家も犬を飼っていた時期がありましたので懐かしく、かぼちゃんを見ては癒されています。

●「slowtrip
可愛らしい黒犬さんとキャンプやカヤックを楽しむ姿がとても印象的です。湖畔でゆるりと寛ぐ…山歩きもいいですが、思わずキャンプに出かけたくなりました。

●「山日和-今日もいぃ天気-
お休みの日はほぼ山登りされている模様で、そのパワフルな様子は圧倒されます。とある山でお見かけした気がするのですが、コメントする勇気が出ず、いまだこっそりと拝見しています。




【asaasa32さんのライフログ】

岳 (1) (ビッグコミックス)

石塚 真一 / 小学館


山登りを始める前に出会い、私の山登りへのきっかけとなりました。山の厳しさと人の温かさがジーンと心に残る名作です!

山靴を履いたお巡りさん―北アルプス飛騨側を護る山男たちの手記

山と溪谷社


こちらも、私が山登りを始めるきっかけとなりました。
岐阜県警山岳救助隊の手記です。汗と埃にまみれて、自分の命をかけて登山者を救助する彼らに拍手。山のマナーを守り、自分の命は自分で責任が持てる技術を身につけてから分相応の山に登らなくてはと身に染みた一冊です。

北アルプス テントを背中に山の旅へ

高橋 庄太郎 / エイ出版社


北アルプスの山旅を一挙に紹介!目に毒です。高橋庄太郎さんの経験から基づくアドバイスもあり、読むだけでも楽しいです。

asaasa32さんの「お山歩日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-11-02 09:06 | アウトドア

c0039735_1131205.jpg海の中の小さな小さな魚たち。きょとんとしたひょうきんな表情やこちらをじっと見つめる瞳、まるで笑っているように見える顔などが、なんだか魚っぽくなくてかわいく感じます。レンズにぶつかりそう勢いで迫る魚の表情なども迫力ものです。

そんな小さな魚たちに愛情たっぷりの視線をそそいだ写真をはじめ、海の中の写真は見ているだけで、涼しい気分にさせてくれ、夏の暑さをしのぐのにぴったり。連日の猛暑を忘れて、しばし心を癒してくれます。

今週は、そんな水中の世界を撮り続ける、「水中フォトログ|AquaGarden」のmochitakeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mochitakeさん:こちらこそピックアップブロガーに選んでいただきましてありがうございます。
コンパクトデジカメからはじめた水中写真ですが、7年ほど前にデジタル一眼にステップアップしたのをきっかけにブログをスタートしました。それまでは撮った写真はハードディスクに保存するだけで、後で見直すことはほとんどなかったんですよ。当時はデジタル一眼が購入しやすい価格になってきた頃で、多くのダイバーがデジタル一眼を購入してブログをはじめていた時期なんです。
その流れに乗って軽い気持ちでブログをはじめたのですが、継続が苦手な自分にしては意外に長く続けられていますね。ブログの気軽さと交流の楽しさがあってのことだと思います。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mochitakeさん:高知県西部の柏島という小さな島をメインフィールドとしてダイビングを楽しんでいます。その柏島やたまに行く石垣島で出会った小さな生き物たちの写真をブログで紹介しています。魚たちって表情が有るんですよ。魚自身がそう思っているかどうかは置いといて、笑っていたり、怒っていたり、とぼけていたり、そんな表情を表現できたらいいなと思っています。

c0039735_11325371.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
mochitakeさん:やはり人との出会いでしょう。ダイバーに限らずノンダイバーの方がコメントを書いてくれるのは本当に嬉しいですね。また、潜りに行った旅先で初対面の人と話していて「ブログ見たこと有ります」と言って貰えるとすごく嬉しかったり。
また、ブログ更新の為に写真を見直していると次のダイビングの課題が見えて来ます。ここが失敗だったとか、次回はこう撮ろうとか。未だに満足できる写真はほとんど撮れないのですが、ブログを更新する度に少しずつ成長できているような気がしています。このまま少しずつ上手くなれば10年後には自分好みの写真が撮れるようになるのかな?

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
mochitakeさん:SNS全盛の今ですがブログにはブログの良さがありますよね。刻々と時が流れて行くSNSが皆で集う飲み会の場だとしたら、ブログは我が家。マイペースで好きなように写真を飾って友達の訪問を楽しみにしている心安らぐ場所です。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mochitakeさん:好きな事は緻密な計画を立てて取り組み、それ以外はかなり適当。A型の典型?

c0039735_11345939.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mochitakeさん:水中写真ブロガーの方は皆さん。ダイバーは集う場所がある程度限られているので出会える確率が高いんですよ。実際にお会いできた人も少なくありません。
ただ、人見知りなのでお会いできた際は声かけてください!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mochitakeさん:やはりダイビングと水中写真。あと、昨年からHDR(ハイダイナミックレンジ)というジャンルの写真を始めて、「HDRフォトログ|mochi-Foto」というブログをはじめています。HDRというのは明部と暗部を同時に表現する写真の技術で・・・と言葉で説明しても分かりづらいので、そちらのブログを見ていただければ幸いです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mochitakeさん:あと20年くらい水中写真が撮れればいいかな。そう考えるとこれまでの10年はたったの3分の1、まだまだ楽しめそうです。

c0039735_11331477.jpg


エキサイトブログ編集部:珍しい魚をはじめとても美しい海の中の写真が魅力的ですが、水中写真を撮る楽しみや工夫は?また、自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
mochitakeさん:水中写真の魅力は、魚たちの個性有る行動と表情、そして美しい色彩ですね。水中にも季節がありシーズンによって見所が変わってくるのですが、特に幼魚が増えてくる夏前後が大好きです。人間や動物と一緒で、魚の場合も赤ちゃんや子供は目が大きくて可愛いんですよ。その表情が上手く撮れた時はこの上なく嬉しいですね。ちなみに撮影のコツは愛です、愛。撮影技術が低くても愛情があれば魚は応えてくれます!

しかし私も昔から魚が好きだったわけではなく、妙なきっかけでダイビングを始めたんです。まだダイビングを始めていなかった11年ほど前、初めてコンパクトデジカメを買ったんですね。ところがカメラ自体をほとんど使ったことが無いのでなかなか綺麗な写真が撮れない。慌てて田舎の書店に行って購入したのが水中写真入門の本だったんです。なぜその本を選んだのかは記憶が曖昧になってしまいましたが、これが海に興味を持ち始めたきっかけでした。本に載っていた小さな魚たちの可愛い表情に惹かれたんだと思います。ダイビングのライセンスを取得したのはその翌年でした。

ダイビングを始めた頃は沖縄に年6回行った事もありましたが、ここ最近は柏島(高知県)の魅力にはまってしまいほとんどがそこですね。ダイビングに行くのは年2~3回くらい、タンク数にして年間20本程度ですので水中写真ブロガーとしてはかなり少ない方だと思います。我ながらこんな頻度でよくブログが続いてるもんだと。友達からはもっと潜れって尻を叩かれたりして。でも今年は頑張りますよ!

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
mochitakeさん:ファインダーを覗いている時。車の中。旅行中。美味しいものを食べているとき。でもやはり海の中が最高!

c0039735_11342137.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
mochitakeさん:●2012年 07月 04日「今年は撮れたぞ、ハナイカハッチアウト
春の柏島は産卵や誕生などの生態観察が楽しいシーズンです。昨年はシャッターチャンスを逃してしまったハナイカ誕生の瞬間ですが、今春はなんとか撮ることができました。

●2011年9月22日「コケギンポの (◎_◎) と (`◇´) @柏島
魚にも表情が有るというのがよく分かる写真じゃないでしょうか。2匹のコケギンポの「怒り顔」と「怒られ顔」の表情が対象的で思わず笑ってしまいます。
これは「HDRフォトログ|mochi-Foto」の記事です。2010年12月~2012年4月の期間にアップした水中写真はこちらのブログで見られます。

●2008年7月20日「ど根性ヒレナガネジリンボウ
ヒレナガネジリンボウはエビと共生しているハゼで、危険を感じるとエビの巣穴に隠れてしまいます。なかなか近くまで寄らせてくれないのですが、この個体はレンズ先端にぶつかるくらいの至近距離で撮らせてくれるいい子(鈍い子?)でした。

●2007年11月29日「久しぶりに絶叫
オビトウカイスズメダイは通常100メートル以深に生息する滅多に見ることができない魚です。五本の指に入る出会えてうれしかった魚ですね。

●2008年08月16日「イレズミハゼspペア?!
これも希少種のイレズミハゼの一種。イレズミハゼ同士のペアで撮るのが定番ですが、粘って粘ってゴンズイとの異種ペアで撮ってみました。なんとなく緊張感のない雰囲気が気に入っています。

●2008年7月11日「ムンクぅ?!
ノコギリヨウジの尾びれにはムンクの叫びのような模様があります。この顔を不思議そうに見つめるミナミハコフグの幼魚。これもけっこう粘って撮った1枚です。

●2007年11月27日「たくさんいるけど誰も撮らないカニ その1
サンゴの隙間に隠れている小さな小さな、ゴマ粒くらいのカニ。肉眼で細部を見ることは至難の業ですが、写真に撮るとキョトンとした表情がよく分かります。撮って拡大してみてからニンマリした一枚です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
mochitakeさん:海外で潜りたいな。なかなか計画的な連休が取りづらくて、まだ一度も海外で潜ったことがないんです。

c0039735_11353764.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mochitakeさん:マツダとフィアットの業務提携。日本製のアルファロメオスパイダーに興味津々。発表間近と噂されるiPhone5。果たしてどんなスペックでやってくるのか興味津々。フォトキナで発表されるらしいニコンの新製品。D600とD400の噂に興味津々。あ、物欲ばかりですね…。

もちろん今はオリンピックにも注目です!
体操・水泳・柔道あたりのメジャーどころももちろん注目ですが、マイナーどころでトランポリンの伊藤選手あたりも気になります。シルク・ドゥ・ソレイユが好きな私はあの手のアクロバティックなものを見るとワクワクするんですよね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mochitakeさん:たびたび挫折しかける不定期更新ブログですが、訪問してくださる方のおかげで続けられています。本当にありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【mochitakeさんのお気に入り&好きなブログ】

Gomamongara?
水中生物の生態写真をクォリティ高く撮影しているkenyuさんのブログ。そのフィールドは海だけでなく汽水や河川まで広範囲です。

feel the SEA - petit Album -
いったい何百種の魚が紹介されているんでしょうう?西へ東へ、浅場へ深場へ、アクティブなnobさんのブログ。魚が好きなんだなあ、とひしひし伝わってきます。

Boomin's Diving Album
女性フォトダイバーboominさんのブログ。ワイドもマクロも撮る方ですが、マクロに関しては狙っている路線がなんとなく自分と近い気がしているんですよね。

HDRworks
HDRを始めるきっかけとなったブログの一つ。このブログからいろいろとリンクをたどってHDRを勉強していきました。なかなか真似できないテイストのHDRを作成されています。

Mのランチ
とても有名な関西圏の食べ歩きブログ。関西在住じゃないのでほとんど食べにいけることは無いのですが、読者に「美味しそう!」と思わせる写真と文章は見事。自分の水中写真ブログもこれくらい表現できたらな~。




【mochitakeさんのライフログ】

水の中の光と時間

デヴィッド デュビレ / ファイドン


ナショナルジオグラフィック誌で活躍するデヴィッド・デュビレ氏の写真集です。自分の写真に行き詰まったときにこの写真集を見ると・・・、衝撃的すぎてさらに行き詰まってしまいます。

GOLDEN GRAPEFRUIT

LOVE PSYCHEDELICO / ビクターエンタテインメント


乾いたサウンドに英語と日本語が溶け込んだヴォーカルが耳に心地良いLOVE PSYCHEDELICOの4thアルバム。とにかくドライブに最適!

オーデュボンの祈り (新潮文庫)

伊坂 幸太郎 / 新潮社


「未来が見えるカカシ」を殺したのは誰か?ミステリーともファンタジーともつかないストーリーの最後には爽やかでちょっと切ない感動が待っています。

日本のベラ大図鑑

西山 一彦 / 東方出版


ベラ山ベラ彦ことベラリストブロガーkazuさんが10年を掛けて撮影したベラ写真の集大成。ベラに対する愛と情熱によりアマチュアダイバーによるベラ図鑑出版という快挙を成し遂げました。




【mochitakeさんがお使いのカメラ、レンズ】

■カメラ/Nikon D7000
■レンズ/AF-S Micro Nikkor 60mm f/2.8G ED
■水中ハウジング/Anthis ネクサスD7000

■カメラ/Nikon D70
■レンズ/AF Micro Nikkor 105mm F2.8D
■水中ハウジング/ジリオンZAP-D70

mochitakeさんの「水中フォトログ|AquaGarden」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-07-27 14:15

c0039735_12415414.jpgスイスを代表する絶景マッターホルンをはじめ、足がすくむようなノルウェイの断崖絶壁、切り立った山々が迫るチリの風景など…。何時間もかけてやっと出会ったという雄大な景色は、どれも迫力あるものばかり…。ヨーロッパの美しい街並みやアメリカの広大な景色なども魅力です。
そんな海外を旅した写真が、「旅とお散歩」でもたびたび紹介され、「私もこんなところに行ってみたい!」と憧れる読者が多い、旅行写真がすてきなブログとしても注目されています。

そして、「いつか小さなパン屋さんを開きたい」という夢に向けて、コツコツと大好きなパンも手作りし、ご紹介しています。美味しそうな手捏ねパンの記事にも注目です。

今週は、お出かけするにはもってこいの季節に、旅気分に誘ってくれる、「un_voyage♪♪」のun_voyageさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
un_voyageさん:こちらこそ、まさかピックアップブロガーに選んでいただけるなんてびっくりです。
ブログをはじめたきっかけは…。2年ほど前、パン屋さんで働いていた頃、 新商品のアイディアが見つからずネットでヒントになりそうな記事を見つけました。それがエキサイトブログの方でした。
そして2年後、パン屋さんを辞め自分の時間が少しずつですが持てるようになってきたので、今度はパン屋をオープンさせるまでのブログを私が発信できたらいいなぁと思い、ブログをはじめました。
もちろんあの時、お世話になったエキサイトブログで…。
いまはまだまだ旅の記事が中心で、みなさんみたいにパンをあまり載せることができていませんが、売りたいパンの試作など載せていけたらいいな、なんて思ってます。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
un_voyageさん:パンを作るのも食べるのも見るのも大好きで、学生時代から「小さなパン屋さんを開くこと」が夢でした。そんなパン屋になる夢のこと、大好きな旅のことを紹介しているブログです。

小さい頃からパン屋さんに憧れて、気づいた頃には高校1年生の夏、パン屋さんでアルバイトしていました…。初めてパン生地を触った時の感動!!は忘れません。先生達には「大学へ行け~!」って言われていましたが、断固として「嫌だ」って言い張って…。卒業後、東京でパン専門の専門学校に通い、一からの勉強。そしてパン屋さんに就職。7年勤務後、ふらふらと何軒か違うパン屋さんで働きはじめ、今はまったく違う仕事に就いています。
そして今、改めて自分の時間を大事にするようになりブログをスタート!! パン屋さんの開業を目指す人や、おうちでパンを焼いている方たちの何かひとつでもヒントになればいいなぁ、と思います。パン記事はこれから載せていかないと!ですね…。
そして、旅行も大好き、海外旅行はもっと好きなので、あちこち出かけて感動した旅の写真を、私自身の旅の記憶として紹介しています。
忙しくてなかなか旅行に行けない方たちがブログを見て、行った気分になれたり、「こんなところに行ってみたい!!」なんて感じてもらえたらいいなぁ、と思っています。
c0039735_12425395.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
un_voyageさん:人との関わりだと思います。今までまったく知らなかった人たちと交流できるなんて夢みたい。
コメントをくださる人たちや励ましの御言葉が本当にうしいです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
un_voyageさん:飽きっぽく長続きしない人かな? ダイエットは5日間が限界~。
でも、パンだけは続いています(笑)。ブログは続けられるかちょっと心配…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
un_voyageさん:コメントくださるみなさまにお会いしたいです。
そんな交流があることにびっくり。まだまだですね…。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
un_voyageさん:最近は、一眼レフカメラで写真を撮ることですね。去年の夏前にとうとう買ってしまいました。
持っていくのはひと苦労ですが、やはりきれいに撮れるし、手放せない存在。たまに忘れた時のショックは大きいです。

c0039735_12433842.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
un_voyageさん:もちろん、パン屋さん!! 何よりも小さな小さなパン屋さん開業が夢です。
お店全体が見渡せる、ひとりひとりのお客さまとの会話ができるくらいの小さなお店。そして「また、来ます」の声が聞けたらいいなぁ。

エキサイトブログ編集部:雄大なスイスの山々はじめ、ヨーロッパの風景などすてきな旅の写真が魅力的ですが、旅をする楽しみやこれまで訪れた中で特に印象に残ったところは? また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
un_voyageさん:私が初めて海外へ旅したのは専門学校の卒業旅行。イタリア、オーストリア、スイスを飛行機やバスで強行突破で巡った忙しい旅でした。初めてでしたし、当時のことはうっすらとしか覚えていないのです(泣)。
やはり学生には贅沢すぎますね…。お母さん、ごめんなさい。
c0039735_15494636.jpgそれから就職後、3日間でしたが、何を思いたったかひとりで旅した国、オーストラリア。ひとりでペンギンを見に行ったり、ひとりで南十字星を砂浜で見たり、町歩きしたりと…。結局なんだか切ない旅と感じたことを思い出します。

そして海外旅行が大好き、山大好き、カメラ大好きなアウトドアーな夫との結婚。…で、1年経つごとに旅した国々が増え、現在21ヶ国突破しました!!

私はリゾート系の国ではなくて、やっぱりワイルドな国が合っているようです。
特に印象に残っている国はバヌアツのヤスール火山。バヌアツの秘島、タンナ島。そこは世界でもっとも火口に近づくことができる活火山です。大迫力の火山噴火、満天の星空や天の川、ツリーハウスに泊まったりと
普段では見たことも、やったこともないことが味わえます。

そんな旅の体験を少しでも見てもらいたくて、写真に収め、ブログを更新しています。

エキサイトブログ編集部:パン屋さんになるのが夢ということですが、パン作りが好きになったきっかけや手作りの楽しみは?
un_voyageさん:子どもの頃、母が自営業で忙しかったため、お昼はよく近所のスーパーの中にあるパン屋さんで、焼きたてのパンをお買い物に行っていました。
「ごはんの時間だよ~」というのが楽しみでした。時々ごはんの時があって、「ごはんじゃなくて、パンがいい」なんて駄々をこねた時もあったっけ…。もうその頃からパンが大好きだったのかもしれないですね(笑)。
高校生になり、授業でももの作りの大切さを教わりました。ガラス吹きで花瓶を作ったり、ろくろでコーヒーカップを作り、ステンドガラスでテーブルやライトスタンドを、革でお財布を作ったり…。
手作りの楽しみはなんと言っても最後には形になることですね。

高校時代のパン屋のアルバイトにはびっくりの連続。ミキサーやパンの分割機、オーブンも見るものすべてが大きいし、ブクブク膨らんでいくパン生地にもびっくり!!
サンドイッチ作りやあんパンの包み方も高校生ながら、少しだけ教わったかな!? パンって本当におもしろいって思いましたね。

c0039735_1264896.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
un_voyageさん:仕事が忙しく、休みがなかった時、友だちとも遊ばずに過ごしてきてしまったので、今さらわかった友だちの大切さ…。
少し遠回りしてしまったけど、今は友だちとの時間を大切に、ワイワイ昔話で盛り上がったりしている時が癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
un_voyageさん:★「酒粕酵母でパン作り」(2011.6.9)
スーパーで売っていた八海山の酒粕で酵母をおこすことに…。昔、初めてレーズン酵母をおこした時の感動がまた味わえました。

★「手捏ねで手折りのクロワッサン♪♪」(2011.5.10)
パン屋さんで働いていた時はあまり考えなかったことが今になって改めて大事なことだった、と感じた瞬間。それはパン屋さんのための機械。もちろん手捏ねが職人の原点ですが、お客さまに買ってもらえるためにはスピードだったり、きれいな仕上がりだったり、おいしそうな焼き色だったり、感動させることだったりと、改めて実感しました。

★「手捏ねでパン作り。」(2011.5.16)」
手捏ねで作った紅茶のメロンパン。とってもいい香りに仕上がりました。

★「絶景~マッターホルン  スイス、ツェルマット」 (2011.6.23)
ツェルマットの町から登山鉄道で約30分、もうそこは別世界!! 氷河やマッターホルンが美しく見える場所があります。そして、なんと言ってもリッフェルゼー湖に写る逆さマッターホルンは絶景でした。

c0039735_15545314.jpg★「チリの旅。~Torres del Paine~」(2011.5.13)
チリ、パイネ国立公園をトレッキング。重~い荷物を背負い、100kmを越える道のりを歩いて歩いて歩きまくった旅。足が棒になった旅でもあります。歩いたからこそ見られる絶景の数々。
でも、「もう1回行く?」と言われたら、絶対「イヤ」って言ってしまいそう…(苦笑)。

★「Evian~水の町」(2011.6.19)
ミネラルウォーターでお馴染みのEVIAN。スイスから船でぶらりと小旅行。
やはりフランス、とってもかわいらしい町でした。
カシャの泉でお腹タプタプになるまで飲みました。なんと生活水はすべてEVIANのお水。日本で飲んだ印象とまったく違い、冷たくてすごくおいしかったEVIANの水。

★「ORTISEIの町歩き」(2011.8.25)
イタリア、オルティセイ。この町のメインストリートにはお洒落なカフェやかわいいお土産屋さんでいっぱい。子どもたちがチロルの民族衣装を着て踊っているところに出くわしました。
歌を唄いながら手を組んだり叩いたり、とってもかわいらしい子どもたちでした。

★「 600mの断崖。」(2011.6.8)
ノルウェ-南部にあるリーセフィヨルド。リーセフィヨルドのプレーケストーレンを目指し登山。
なんとそこは水面から600mもの高さがある、ナイフで切ったかのような巨大な岩壁だったのです。
ここからの景色はかなりの絶景!! 行く価値ありの場所でした。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
un_voyageさん:もちろん海外へ旅に出たい!!
世界1周でも2周でも3周でも…(笑)。

c0039735_15552759.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
un_voyageさん:タイの大洪水。ここへは一度訪れたことがあります。暑~い暑~いタイ旅行でしたが、遺跡がきれいに残っていたり、不思議なパワーを感じたところなのです。
ニュースを見て驚きました。まさに訪れたところが報道されていて。1日でも早く水が引いて元通りの町になりますように…。

あとひとつ、こんな私をピックアップブロガーに選んでいただいたこと。まさか、こんな私が…。びっくりしました。選んでいただき、大変うれしく思います。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
un_voyageさん:数多くのブログがあるにもかかわらず、いつも見に来てくださってありがとうございます。みなさまのコメントが励みになります。どうぞこれからもよろしくお願いします。
初めて見に来てくださった方々へ、リンクフリーですので興味のある方、お持ち帰りしてってください。
これからも、よろしくお願いします。お持ち帰りの時はコメントしてくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【un_voyageさんのお気に入り&好きなブログ】

私には選ぶことができないのですが…、毎日必ず、カチッとクリックしてしまうブロガーさんたちをご紹介します。

●「La La La La Mer」 
サンフランシスコ在住だった旦那さまと家の庭に手作りの石窯を作り、自家製サワー種のパンを石窯で焼いたり、ベーコンをスモークしたりと料理や日常のこともつづった興味津々のブログです。

●「KICHI,KITCHEN 2
フィーユさんちの毎日の食卓のブログです。毎日、おいしそうなものばかり。
パンやお菓子も作っていて温かみのあるステキな写真がお気に入り。

●「うひひなまいにち
旦那さまとかっこいいバイクに乗り、国内、海外まで旅してしまうステキなご夫婦のブログです。
毎日の夜ごはんもおいしそうです。

●「coupe-feti
実はこのお方こそ、私のブログの原点。
ハード系のパンや、食パン、菓子パン、ホップ種も使いこなし、何でも作ってしまうパン職人のブログです。

●「パンラボ
東京のパン屋さん200軒を巡る冒険のブログ。
一緒にパン屋さんを巡り歩いているような感じになります。




【un_voyageさんのライフログ】

Tartine Bread

Chad Robertson / Chronicle Books


飛行機の乗り継ぎでサンフランシスコの空港をぶらりとしていたら、なんとこの本に出会ってしまったのです!!
英語は得意ではないけど、頑張って翻訳中。
サンフランシスコにお店があり、ぜひ行ってみたいパン屋さん。
本の中の写真を見てるだけでもおいしさが伝わる大好きな本です。

つづれおり

キャロル・キングSony Music Direct


お店ができたら流したい曲がずらり…。
何回聞いても癒されます。

un_voyageさんの「un_voyage♪♪」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-10-18 16:01

c0039735_2255740.jpgぶらりと街歩きを楽しむ気分で、のんびりと自転車で街を“散歩する”ポタリング…。そんな気軽な自転車の旅を楽しむひとときを切り取った写真の数々。神戸の街を中心に、目の前に広がる何気ない街の風景や四季折々の自然の風景をはじめ、旅の途中で出会ったすてきな人たち、おなかも心も満たしてくれるおいしい食べもの…。ちょっとひと息つきながら、カフェでのんびりするひととき。味わい深い写真からは、 ゆっくりと流れていく時間が感じられ、思わずほっとさせられます。
神戸の観光スポットやポタリングコースなども紹介しているので、同じように自転車を楽しむ読者はもちろん、食欲がそそられる写真には「グルメブログのようで、とっても参考になる」と評判です。

自転車があれば、仲間とともに気の向くままどこへでも足を延ばすことができて、おいしいものも食べに行ける! 今週は、そんな自転車での楽しい時間を一枚の写真から伝えてくれる「神戸ポタリング日記」のozunu13 さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ozunu13 さん:自転車の楽しさを知って欲しいと思いはじめました。2005年からエキサイトブログに移行しましたが、その2年前からブログはやっております。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ozunu13 さん:自転車の遊び方や神戸の素晴らしさを伝えるために運営しております。日本人はどうも趣味の分野でも頑張る遊び方をする人が多いのですが、頑張らない遊び方を提唱しています。長く続けて欲しいですからね。
自転車で出かけた時の風景やおいしいものを主に撮っています。というよりは、おいしいものを食べるために自転車で出かけているようなものですね(笑)。特に住んでいる神戸の風景やおいしいお店もいろいろ自分の目線で載せています。
このブログをグルメブログとして見ておられる方もいるそうです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ozunu13 さん:ブログを通じて、多くの方と知り合い、神戸ポタリングクラブとして活動するようになりました。商業目的でない自転車の普及もやってきました。かなり成果もあがっているようです。このブログをみて自転車をはじめた人も多いそうです。

c0039735_22554915.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ozunu13 さん:まったく知らない人で、同様のコアな趣味や興味のある人が簡単に集まることができることでしょうね。特に私のブログでは世界中の人から連絡が来るようになっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ozunu13 さん:社交的で明るい人間ですね。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ozunu13 さん:印旛沼ポタリング日記のimpa_potterさんとは偶然しまなみ海道で出会い、現在も親しくおつきあいをさせてもらっています。そのご縁で、関東の自転車クラブのみなさんとも合同合宿をしたりできるようになりました。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ozunu13 さん:子どもの頃からずっと自転車が好きで、いまでも変わりません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ozunu13 さん:イタリア、フランスなどヨーロッパを自転車で旅することです。

c0039735_2256289.jpg


エキサイトブログ編集部:ポタリングを楽しみながら撮影した写真の数々ですが、自転車に魅せられたきっかけやポタリングの楽しみは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
ozunu13 さん:子どもの頃、弟と父といつも自転車で出かけ遊んでいたのですが、それと同様のことを現在もやっています。
自転車は、人と自然に対してやさしい道具で、歩いては行けそうにない距離にある場所にも連れて行ってくれます。ひとりの人間でも一日に200㎞以上も走ることができるのが、自転車の素晴らしさです。家に帰って、自分が走ってきた距離を見て、どんな遠くの場所でも自分の足でこいで行けることが確信できます。
峠を越えたときに見える素晴らしい景色、一杯の水のおいしさのような非常にシンプルな喜びを味わうことができます。

神戸ポタリングクラブはブログで知り合った数名で、2006年からはじめました。現在登録メンバー数は150名ほどになっています。
現在クラブでは、初心者のみなさんに自転車での遊び方、選び方、基本的なメンテナンスの仕方などを勉強してもらっています。いちばんよく出かける場所はしまなみ海道でしょうね。自分にとっても第二の故郷です。
土日は晴れていれば必ず、個人かメンバーで出かけています。播磨自転車道や淡路島の定番のコースから京都や琵琶湖方面などいろいろです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ozunu13 さん:自転車に乗っている時間ですね。また自転車を通じて、人と共有する時間です。

c0039735_2257157.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ozunu13 さん:★自分の気に入っている作品
・2011年7月4日 「見つめる男」 自転車仲間の結婚式で友人を撮ったものです。

・2011年3月6日 「夕暮れの街」 何気ない日常の意外な風景。

・2011-02-05 「神戸八社巡り 朱印帳」 通勤途中で二宮神社からふと思いついた神戸八社巡りとは…。

・2010年12月3日 「High up in the sky」 空に向かって飛ぼうとするような子どもの姿を撮りました。

・2006-06-17 「第一回ポタリング走行会」 たった4人からはじめたクラブの第一回走行会は思い出に残っています。

★読者から評価が高かった作品
・2011-04-10 「東日本大震災チャリティーしまなみサイクリング」 地震後関東の姉妹クラブと共同でチャリティーサイクリングを行い、みなさんから応援を受けました。

・2011-04-11 「伯方島 開山の桜」 360度桜が広がる瀬戸内の景色が好評でした。

・2011-04-19 「花畑」 多くの女性読者からモネの絵のようだと感想をいただきました。

・2011-06-13 「伯方島 光藤旅館 怒濤の料理」 この料理を5年前にはじめて紹介してからこのブログを見て予約される人が激増したそうです。

c0039735_22575111.jpg

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ozunu13 さん:木製の自転車が欲しいです。乗り心地がどの自転車でもない未知の素晴らしい乗り心地だそうです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ozunu13 さん:東日本大震災ですね。神戸で同じような経験をしたので、被災者のかたの気持ちがよくわかります。我々も何かできることをこれからもやっていきたいと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ozunu13 さん:これからもほっとできるような写真を撮っていきますので、よろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【ozunu13 さんのお気に入り&好きなブログ】

★「Tarte aux Pommes @神戸
hisaeさんとはご近所でもあり、ご主人を含めて偶然お会いしたこともあります。ケーキなどのお菓子の専門家ですが写真も素晴らしいです。

★「印旛沼ポタリング日記
imba_potterさんとはプライベートでも楽しくおつきあいをさせてもらっています。関東グループとの毎年の合宿や写真展をしたときも来ていただき、作品を買っていただきました。

★「お散歩日和 ー京都の風ー
mercyさんともブログ開設当初からのおつきあいで、クラブの副部長もやってもらっています。一緒に写真展もやりました。現在はお仕事が忙しくて、なかなか更新ができないようですが、写真が本当に素晴らしいのでぜひ見て欲しいですね。

★「maruchanchiの写真日記
maruchanさんもブログ開設当初からの知り合いです。現在は悠々自適の引退生活でうらやましい限りです。フィルム写真からデジタルまで幅広く撮られています。

★「江戸川の畔(ほとり)
kincyanさんは当ブログを見て自転車に目覚め、一日に数百㎞も走られるようになった方です。




【ozunu13 さんのライフログ】

アンリ・カルティエ=ブレッソン写真集成

アンリ カルティエ=ブレッソン / 岩波書店


これは愛読書でもあり、写真のお手本です。ライカを使うようになったきっかけでもあります。スナップ写真とは何かをよく教えてくれていると思います。

ozunu13 さんの「神戸ポタリング日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-08-26 23:38