今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_19115568.jpgみずみずしい季節の花や美味しそうな料理をはじめ、かわいいスイーツや雑貨など…。とてもおしゃれで洗練された写真にうっとり!日々の暮らしの中で「かわいい」「きれい」「すてき」と感じる、美しく幸せな瞬間を切り撮った写真を「リビングフォト」と名づけ、独自の写真スタイルを築きあげていらっしゃるのは、写真家の今道しげみさん。

『リビングで暮らしのワンシーンを撮る写真』という意味合いを込めて、「LIVING PHOTO」=リビングフォトというわけですが、そんな写真に憧れる女性に向けたサロンスタイルのフォトスクールも開催し、人気を呼んでいます。背景をぼかしてふんわりやさしく明るい印象の写真はもちろん、シックでスタイリッシュな印象の写真も、どちらも魅力的だと評判です。
今回は、そんなセンスが光るすてきな写真とともに、楽しく幸せなフォトライフをつづる「LIVING PHOTO」の今道しげみさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
今道しげみさん:エキサイトブログは美しい写真を載せているブロガーが多いという印象でしたので、プロのフォトグラファーとして、少しでも写真が美しく表現できる場を求めて2013年11月にエキサイトブログを始めました。
もともとは2005年に別のブログサービスで「Salon de Sylvie」というブログを始めたのですが、ブロガーとしては比較的早いスタートだったと思います。ブログにフラワーアレンジメントや料理など暮らしの中で「すてき」「かわいいい」と感じたシーンを載せたのが評判になり、『おうちで楽しくリビングフォト』(インプレス)という本を2008年に出版したのも写真家として活動を続けるきっかけのひとつになっています。もうひとつある「LIVING PHOTO」は公認ブロガーとして今でも時々更新していますが、現在は、エキサイトブログの「LIVING PHOTO」がメインとなっています。

c0039735_18541970.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
今道しげみさん:ブログにつけたタイトル『LIVING PHOTO』は、日々の暮らしの中で幸せに感じた瞬間を美しく撮るというコンセプトで名前をつけ、商標登録も取得しています。
背景がふんわりぼけて、明るい、色がナチュラルなスタイルの写真に「LIVING PHOTO」と名前をつけました。コンセプトが伝わりやすいように、一眼レフに50mmF1.4というレンズを使用した写真を撮り続けています。今では明るいスタイルは「LIVING PHOTO CLAIRE クレール」として指導しています。
エキサイトブログを始めたのと同じ時期に、料理の写真をメインにしたフードフォトを教えるプログラムをはじめ、黒い背景で撮影した「LIVING PHOTO DARK CHIC ダークシック」というスタイルも始め、好評です。これは、エキサイトブログの黒い背景にとてもマッチすることもあって、エキサイトフログに移って「先生は最近写真がうまくなった」と噂されました。狙い通り写真家としてのイメージをグレードアップできたのは、普通はカメラ機材を変えたことがきっかけになることがほとんどだと思うのですが、私の場合はエキサイトブログの画像解像度と写真の見栄えの良い黒い背景のおかげと感謝しています。
写真を美しく魅せたい人にエキサイトブログはおすすめです。

c0039735_19120966.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
今道しげみさん:ブログに美しい写真をUPして日記のようにつけ始めてから、人からほめられることが格段に増えました。
フォトセミナーや花の教室で撮った写真を中心に載せていますので、同じように学びたいという人たちへの「広告的」な効果もありますが、ブログのもうひとつの絶大な効果として、私が「LIVING PHOTO」を指導した生徒さんたちのブログの写真が魔法にかかったように美しく変身していく様子が、私自身の大きな励みになりました。いつも見ていたブログの写真がぐんぐん良くなっていくのを目にした彼女たちの読者が、「なぜだろう」とブログを遡って、「どうやらLIVING PHOTOを学んだかららしい」ということを突き止め、「LIVING PHOTO」を学ぶきっかけになったという人は数えられないほどいると思います。

c0039735_14462132.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは??
今道しげみさん:趣味が写真を撮ることと花をいけることで、仕事は写真と花を教えることです。
楽しく続けるためには体力が欠かせないので、ウォーキングや筋肉トレーニングは欠かせません。

エキサイトブログ編集部:夢は?
今道しげみさん:今のまま、ずっと幸せに仕事を続けていくこと。

c0039735_18535546.jpg


エキサイトブログ編集部:お花やフード、テーブルコーディネートなどをはじめ、暮らしの中のシーンを美しく切り撮るすてきな「LIVING PHOTO」(リビングフォト)が魅力的ですが、写真を撮り始めたきっかけやリビングフォトというスタイルを確立された経緯は? 写真を撮る楽しさは?
今道しげみさん:1990年にロンドンに暮らしたのをきっかけに、フラワーデザイナーとして活動をスタートしましたが、美しい花の姿を留めておきたいという思いでフィルムの一眼レフカメラを独学で学びました。
当初は、お花を習ってくれた生徒さんにお稽古の記念としてポストカードを差し上げたくて撮影を始めましたが、教えてくれる先生にも巡りあえず、解説している本もなくて苦労しました。デジタル一眼レフが手に入りやすい価格になった2005年から、私のように撮り方をわかりやすく楽しく学びたい女性がたくさんいるはずと、「LIVING PHOTO」のサロン形式のフォトスクールを始めました。
写真を習い始めたきっかけはポストカードでしたが、写真を教える大きなきっかけになったのはブログです。ブログで多くの人に「LIVING PHOTO」をみてもらうことで、スクールに通ってくださる方が後を絶たなくなりました。写真はその人の価値観をも照らしだす鏡だと思います。好きなものが似ている、美しいと思うものが共通しているという直感的な繫がりを感じることができるのも写真のおもしろいところだと思います。
 
c0039735_19121830.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮るために、大切にしていること、こだわっていることなどは?また、すてきなリビングフォトを撮るために、きれいに撮るコツやポイントなどもぜひ教えていただけますか?
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で一番大切にしているのは2つあります。ひとつは「レンズ」。人の感じる視界よりも少し狭く、奥行きを感じる50mmF1.4かF1.8の「標準レンズ」と呼ばれるズームのきかない単焦点レンズを使います。LIVINT PHOTOを学びたいと来てくださる人たちは、スマホと違って背景をふんわり美しくぼかす方法を知りたい、コントロールできるようになりたいと思っている人がほとんどなので、レンズを指定しています。
カメラは道具ですから、レンズにこだわるのが大事です。もうひとつは「光」。カメラは光の反射を捉える道具なので、光を見極めることが上達への近道です。基本は「自然光」で撮影していきます。花は自然光以外では撮らないと徹底していますが、食べ物の場合は自然光に似た光を見極める方法を教えています。
美味しそうに撮るには「色」が大事ですので、電球の照明の場合はホワイトバランスをオートに任せるのではなく、「電球色」という項目に合わせるだけで、黄色みが取れて特に野菜がフレッシュでおいしそうに撮れますので試してみてください。

c0039735_18542262.jpg


エキサイトブログ編集部:数多くの電子書籍なども手がけていらっしゃいますが、どのような取り組みをされたのでしょうか?また、記事アップの際に気をつけていることや大切にしていることがあればお願いします。
今道しげみさん:「LIVING PHOTO」で写真の勉強をしている人の中には、料理研究家、パティシエール、フラワーデザイナー、デーブルコーディネーター、写真家、ジュエリーデザイナーなどすでに活躍している人や、これからいわゆる「サロネーゼ」としてスタートしたいという人が多くいらっしゃいます。
そういう人たちのひとつの目標が、自分自身の作った「作品」をいつか本として出版するということではないでしょうか。紙の書籍の出版はハードルが高いのですが、電子書籍なら自分でやる気さえあれば、テーマに沿った写真を撮りためるだけでその「夢」を叶えることができます。
「LIVING PHOTO」では書籍の出版の夢をサポートする「LIVING PHOTO AP」を1年前にスタートさせ、20冊ほど出版しました。電子書籍は出版しただけだと、見てもらえるチャンスが少ないのですが、無料ダウンロードキャンペーンなどをグループで仕掛けることによって、短期間ですがベストセラー上位を独占したり、2万件近くダウンロード実績をあげています。
今後も生徒の皆さんの出版の夢を叶えるサポートを続け、読者の皆さんにはクオリティーの高い写真集で楽しんでいただきたいと思っています。

c0039735_18540713.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
今道しげみさん:もう少し興味を持つべきだと思うのですが、アクセス数の見方もわからず、まったくノーチェックです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
今道しげみさん:食べることと、料理をするのが好きなので、食事の時間は特に大切にしています。多少疲れていてもきちんとした食事をとるとリフレッシュされます。特にワインが好きなので、お酒に合わせた料理を考えたり作ったりするのも大好きです。

c0039735_19120786.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
今道しげみさん:★捲土重来の春
息子が二人いるのですが、やはり「子育て」「教育」はいつも心配の種。次男の大学が決まった時は本当にうれしかったです。たくさんの方に応援してもらい胸が熱くなりました。

2015年10月スタート LIVING PHOTO BASIC 募集案内
フォトセミナーの募集の告知はこうやってブログで行っています。「営業」や「広告」を一切しなくても写真家としてフラワーデザイナーとして仕事を続けらていられるのは、ブログのおかげです。

Paris*rue Cremieux avec Nikon D750
撮影やフラワーデザインの勉強のために年に一度はパリに行っています。こういう写真を紹介してアーカイブできるのはブログならではです。

あけましておめでとうございます
毎年年始の挨拶はブログで。

c0039735_14522147.jpg


Salon de Sylvie 25th & LIVING PHOTO 10th 記念パーティー 挨拶
昨年10月に「LIVING PHOTO 10周年 Salon de Sylvie25周年」の記念パーティーをしました。写真家として10年、フラワーデザイナーとして25年続けてきた区切りにたくさんの生徒さんにお祝いしてもらいました。この写真もすべて生徒さんたちが撮影してくれたものです。

LIVING PHOTO at 立教大学★(1)
自宅サロンやカメラメーカーのセミナーで教える仕事が多かったのですが、大学の教壇でもデビューしました。この時に教えた生徒のひとりが今年成人式を迎えて、お祝いの記念に「一眼レフカメラが欲しい」と言ってくれたといううれしい知らせを聞きました。

DARK CHIC*Bouquet de Photo
ブーケドフォトというフラワーアレンジメントと撮影の両方を楽しんでいただくセミナーでの写真です。

c0039735_19115895.jpg


エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
今道しげみさん:家事を手伝ってくれる「お手伝いさん」のいる生活をしたいです。以前、香港に暮らしていた時に、アマさんと呼ばれるフィリピン人の住み込みのお手伝いさんを5年ほどお願いしていました。「ごちそうさまでした」と言ったら夕食の片付けをすべてやってくれるお手伝いさんがいたら、もっと気持ちよくお酒が飲めるのにと毎晩思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
今道しげみさん:ブログを見てくださった方にきれいな写真だなと思ってもらえたら、写真家としてフラワーデザイナーとして、これほどうれしいことはないです。美しい写真は見てくれた人への「ギフト」だと思っています。
また、「LIVING PHOTO」は写真を習いたいと来てくださる方がいるからこそ撮れる写真です。きれいな写真が撮れるのは、美しい花を育ててくれる人がいるから。私が幸せな瞬間を残せるのは、多くの人の支えがあってこそ。そのことへの感謝の気持が写真で伝わればもっとうれしいです。

c0039735_19120421.jpg

 
エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【今道しげみさんのお気に入り&好きなブログ】

*Garden Cafe*
LIVING PHOTOのインストラクターをしているCoomieさんのブログです。透明感のある写真がとても人気のある写真家です。食べ物もとってもおいしそう!

Decoretta〜デコレッタ日々のこと
豊中北摂にあるすてきなフローリスト「デコレッタ」のブログです。

Apricot&Peach
食べることが大好きなApricot &Peachさんのエレガントなライフスタイルのブログです。

小さなしあわせ
おはやさんの「小さなしあわせ」。コンクールで大賞を撮られるほどのカメラの腕前。女性ならではのやさしい風景写真が魅力です。

今道しげみさんの「LIVING PHOTO」を読んでみましょう。

[PR]
by blog_editor | 2016-01-18 10:00 | 写真