今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_13392.jpgロシア土産で知られるマトリョーシカを自分らしく、あたたかい手触りのフェルトでちくちく手作り。赤いほっぺとにっこり顔がとってもかわいく、オリジナル感もいっぱいです。その素材感といい、表情といい、ほのぼのしたやさしい雰囲気に、心がほっこりあたたまります。
そんなマトリョーシカをはじめ、フェルトで作ったお人形から、バッグや小物まで。また、いまの季節ならクリスマスのオーナメントやガーラントなどもフェルトでかわいく手作り。毛糸やボタンで作ったリースもとても味わい深く、部屋に飾っておくだけであたたかいぬくもりが伝わってくるようです。
「こんなかわいマトリョーシカやクリスマスグッズを私も作ってみたい!」「飾ったら、かわいい部屋になりそう」と読者にも評判です。

今回はそんな心癒される作品が注目を集める、「フェルト手芸作家*北向邦子の『わたしの毎日』」の北向邦子さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
北向邦子さん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
こちらのブログは2009年7月から始めました。それまでは、他のブログサービスを利用していたのですが、転居に伴いプロバイダーを変更したので、エキサイトブログに引っ越してきました。パソコンはずっと初心者なのですが(笑)、エキサイトブログはこんな私でも更新しやすく、テンプレート(壁紙)も充実しているので、うれしいですね。
最近はスマートフォンから更新していますが、パソコンで更新していたときとは比べものにならないくらいに、かんたんになりました。便利です。
ブログを始めたきっかけは、仕事としているイラストと手芸のことを多くの方にお知らせするためです。でも、ただそれだけでは味気ないし、おもしくないので(苦笑)、仕事のことだけではなく、日々感じたことや子どものことなども書いています。今では自分のための記録にもなっています。

c0039735_1244849.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
北向邦子さん:はじめまして。イラストレーター、手芸作家の北向邦子(キタムキクニコ)です。2000年くらいからイラストの仕事を始め、今は手芸のほうをメインに活動しています。
ブログは、大きなテーマや立派な志などはなく(苦笑)、作品の雑誌掲載やワークショップなどのお知らせ、地元手芸教室の様子、日々のつれづれなど、のんびり気ままな感じのゆるい内容です。
訪れてくれた方が「あ~、なんだか落ち着く、かわいいなぁ~」と思ってくれたのなら、それが一番うれしいです。そして、わたしのブログをきっかけに手作りの楽しさ、手を動かして自分で作ることの喜びなどを、感じてもらえたらいいなぁ…と思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
北向邦子さん:ブログはこちらから一法通行的に発信している感じで、いつどんな方が読んでいるのかはまったくわからないのですが…、2013年に初めての著書『フェルトのちいさなマトリョーシカとマスコット』を出版したときは、「ずっと待っていましたよ!」と自分のことのように喜んでくださった方が大勢いらして…。そのときに開いた作品展には、それまでコメントだけでお話ししていた方も遠くからたくさんいらしてくださり、びっくりしました。
ついひとりぼっちで孤独にチクチクとやっているように思ってしまいがちですが、見えないけれど多くの方に見守っていただいていたんだなぁ…と、感激しました。
ふつうに暮らしていたら出会うことも話すこともできない方たちだけど、こうしてブログがきっかけで知り合うことができてすばらしいなと思いました。

c0039735_12474826.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
北向邦子さん:手芸とは関係ないのですが…、フィギュアスケートの浅田真央選手が好きです。
お会いしたことももちろん親戚でもないのに…、彼女だけは娘のような気持ちで応援してします。なので試合を観戦する親の気持ちでいるので、またドキドキのシーズンが始まりました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
北向邦子さん:フェルトのマトリョーシカなどの作品を海外の方にも実際に見てもらいたいです。
著書本は、中国語、フランス語に翻訳されました。その他の共著も英語版になっていますので、それを持ってパリや台湾、アメリカ、イギリスなどで作品展をしたいですね。
また、お人形を使った絵本にも興味があります。背景などもかわいく作って子ども向けの絵本ができたらいいですね。動画にして動かしてもみたいです。

c0039735_14414691.jpg


エキサイトブログ編集部:マトリョーシカなどかわいくて心あたたまるフェルト手芸作品に心がほっこりしますが、フェルト手芸が好きになったきっかけや作る楽しさは?
北向邦子さん:初めはイラストの仕事で雑誌などにカットを描いていました。その仕事の中で、手芸雑誌に作品の作り方のイラストも描いていたのですが、あるとき、編集部の方から「作るほうはやらないのですか?」と聞かれて…。当時、保育園児だった娘のものをいろいろと作っていたので、それを見てもらったのがきっかけで手芸の仕事もイラストと並行してスタート。もともと手芸は好きだったので楽しく始めました。

わたしが小中学校のころ、大高輝美先生のフェルトのコロコロマスコットが大ブームになり、私も夢中であれこれと作っては鞄にぶら下げたり、友だちにプレゼントしたりしていました。そして、今ほど認知されていなかったマトリョーシカを雑誌で見て「これをなんとか作れないか」と思い、懐かしのフェルトを思い出し、作り始めました。
最初は、壁掛けのようにぺったんこだったのですが、友人の編集者にアドバイスを受けて底をつけて立つ今の形になりました。
フェルトはまず色がカラフルで豊富ですね。あと、安価でどこでも手に入る素材です。切りっぱなしでOKなのもいいですよね。
きれいに作るコツは、フェルト同士を縫い合わせるときに刺しゅう糸ではなく、手縫い糸の細口タイプやミシン糸を1本どりで使うと、でき上がりがとてもきれいです。ミシン糸はポリエステルなので、刺しゅう糸を1本で縫うより強く縫っている途中で切れることがないのでいいと思います。ぜひ、やってみてくださいね。

c0039735_12445679.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい作品づくりのポイント、大切にしていることは?
北向邦子さん:もう10年以上マトリョーシカを作っています。初めはエプロンだけつけていたのですが、今は手がついて、何かを持ったりしています。布や毛糸を組み合わせたりもしています。
1体のマトリョーシカを作ることで完結するのではなく、その子のストーリーを考えながら作っています。
マトリョーシカは、大きさが違うサイズが何体かセットなので、なんとなく3姉妹、5姉妹なイメージで…、「この子は一番のお姉さんでしっかり者で、お母さんのお手伝いもよくするけれど、本当は甘えん坊なんだよねー」なんて話しながら(笑)作っています。そうするとそんな感じにでき上がるから不思議です。

フェルトの色の組み合わせも大切にしています。これは自分の感覚なので、うまく言葉では表現できませんが、納得のいくまで何通りも組み合わせて確認しています。

c0039735_12462031.jpg


エキサイトブログ編集部:クリスマス作品もいろいろ手がけていらっしゃいますが、もうすぐやってくるクリスマスに向けて、手芸で手軽にトライできるようリースやオーナメント作りのアドバイスなどもお願いします。
北向邦子さん:そうですね、もうすぐクリスマス…、早いですね。
ちょうど11月27日、28日と西荻窪のギャラリーでハンドメイド雑貨のお店を2日間だけオープンさせます。そのお店用にいくつかリースとオーナメントを作りました。どちらもかんたんにできますよ。
リースは段ボールをリースの形に切って毛糸をぐるぐると巻きつけます。このとき、毛糸をふんわりと巻くこと。毛糸は細いものではなく、並太以上で、できればモフモフしていたりとちょっと変わったタイプのほうがうまくリースになります。また、毛糸は1本だけではなく、何種類か巻いてみたりしてもいいですね。
あとは、手芸用ボンドやグル―ガンでボタン、木の実、リボンなど好きなものをつけます。クリスマスカラーやモチーフのものにしてもいいですし、そうでなければ冬のリースとして長くお部屋に飾ることもできますよ。

c0039735_12465645.jpg


オーナメントは、厚手のフェルトを使うと1枚で仕上がるのでラクです。
ツリーなどの形に切ってスパンコールをボンドで貼っただけです。スパンコールを付けることによって光を受けてキラキラ光ってとてもきれいです。ツリーに飾るのはもちろん、紐を通してガーランドにしたりマスキングテープで
壁に貼るだけでもクリスマスの雰囲気になりますね。
プレゼントのラッピングとして添えてもいいと思います。
貼るだけなので小さなお子さんと一緒に作るとクリスマスが盛り上がりますね。

c0039735_13353529.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
北向邦子さん:特にはしていないのですが、ブログを更新したらツイッターでお知らせするようにしています。ブログ記事のタイトルはわかりやすいものに。
ひとりよがりにならないように、いつだれが初めて訪れてもわかるように…と気をつけています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
北向邦子さん:やはり家族あっての自分だと思うので、夫や娘と過ごす時間は大切にしたいと思っています。食事は一緒にとれなくても、一日の終わりのコーヒータイムで短くてもその日にあったことを話す時間をとるようにしています。
一日の終わりに湯船につかって好きな音楽を聴くのも癒しの時間ですね。

c0039735_12463914.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
北向邦子さん:●「陸奥A子展に行ってきました
私世代にとって陸奥A子先生の漫画はもう永遠の乙女チックワールドです。
「懐かしい!!」と多くの反響がありました。

●「マトリョーシカのお家
手芸教室で作ったお家です。
作ったものを販売してい欲しいとメールをいただいたりもしました。

●「何となく振り返って
自分のために書いた記事です。
長いこと同じことをやっていると迷ったり悩んだり…、定期的に苦しい気持ちになったりします。
自分を励まし、また同じように悩んでいる人にエールを送るために。

●「作品展1日目
念願の著書本の出版記念の作品店の様子です。
本当にうれしくって幸せな時間でした。

●「マトリョーシカ作りの楽しいところ
多くの方にマトリョーシカやフェルト手芸を楽しんでもらえたらいいなと思って書きました。

c0039735_12483688.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら?
北向邦子さん:ハワイに行きたいです。
新婚旅行で訪れてから大好きな場所になりました。そんなに多くは行っていませんが、ホノルル空港の匂いが好きなんです(笑)。
もうだいぶ物欲もなくなってきたはずなので…、のんびりとビーチを散歩したり、ロコフードを食べたりとゆったり過ごしてリフレッシュしたいです。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
北向邦子さん:みなさん、こんにちは。
ブログ「わたしの毎日」のイラストレーター、手芸作家 北向邦子です。
「わたしの毎日」というブログタイトルなのに、毎日は更新できていないのが情けないのですが…。現在、保育雑誌にて壁面飾りなどの制作物や、手芸誌にて作品を発表したりしています。これからもブログを通じてこれらを見ていただけたらと思います。
そして、わたしのブログを見てフェルトのマトリョーシカなどなど「わたしも作って見ようかな。」と思ってもらえたらうれしいです。
ブログの記事をきっかけに自分の手で作ることの楽しさ、その時間のステキなことをひとりでも多くの方と共有できたらいいなと…。いつか作品展やワークショップなどでお話しできるのを楽しみしています。
冬は、何か手作りしたくなる季節ですね。どうぞ、みなさんだけのとびきりかわいいのを作ってくださいね!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_1348446.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【北向邦子さんのお気に入り&好きなブログ】

●「おうちづくりと雑貨の日々
すぷんくのえりすけさんのブログ。えりすけさんはなんとお家まで作ってしまいます。
小屋女子計画のメンバーとしても活躍中です。

●「pinoのビバ日常
イラストレーターのpinoさんの描くえんぴつ描きのようなゆるいイラストが心なごみます。

●「posie gets cozy
英語はまったくわかりませんが(笑)、アメリカの手芸作家さんのブログです。
3歳のお嬢さんのものを手作りしたりお料理もお得意な様子。センスの良さがすばらしいです。

●「マール、イ、ミール
奈良にある小さな雑貨店。
ロシアの雑貨がいっぱいです。チェブラーシカやもちろんマトリョーシカも!

●「パリときどきバブー
フォトエッセイスト/ヘアメイクをされている、とのまりこさんのブログです。パリの今!がわかりやすく伝わってきます。パリに行った気分になるなぁ。愛犬バブーくんのかわいいらしさに癒されます。

北向邦子さんの「フェルト手芸作家*北向邦子の『わたしの毎日』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-11-26 22:41 | アート

c0039735_11582617.jpg季節感が伝わるおいしそうな料理とすてきな器とのコーディネートがとってもおしゃれ。夏はガラスや竹の器に乗せたデザートが涼しげだったり…、秋には和風の器に盛りつけられたきのこやさんまの「秋ごはん」がより食欲をそそったり、秋色でまとめたしっとりスイーツを楽しませてくれたり…。これからの寒くなる季節には、ほっこりと心あたたまる料理やスイーツも登場…。
ひとつひとつの器づかいはもちろん、季節のお花やグリーン、あたたかみのあるキャンドルやリボンなども飾られた食卓風景の写真からは、とても洗練された雰囲気が伝わってきます。

まるで、おしゃれなカフェのランチやティータイムを満喫するように、こんな「おうちカフェ」を楽しめたら優雅な気分に包まれそうです。「いつもすてきな器と料理やスイーツのコラボにうっとり!」と読者からも憧れの視線を集めています。今回は、そんなおいしい幸せ感が伝わる料理&スイーツのテーブルフォトに注目したい「やわらかい陽ざしのなかで」のnanaminさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nanaminさん:こちらこそ、いつもお世話になっています。
このコーナーは、いつも読者として楽しく読ませていただいていました。
まさか自分にお声をかけていただく日が来るなんて思いもよりませんでした。驚きとうれしさでいっぱいです!
ブログを始めたのは約5年前です。スタートから今と同様、手料理を好きな器にのせてアップするというスタイルでした。遠い昔の話になりますが、ひとり暮らしをしていた学生時代から、友人を招いてかんたんな料理でもてなすことが好きでした。実はその頃からアルバム作りの一環として、ちょこちょことおもてなしの料理を写真に撮っていたんです。

c0039735_12154264.jpg


結婚後も夫の誕生日やクリスマスなどのイベントデーに、ちょっと頑張って作ったお料理をカメラにおさめてはアルバムに貼っていました。家に遊びに来てアルバムを見た友人が、「すごくおいしそう!せっかくだからブログを作って公開したら?」と言ってくれたことが、私のブログデビューの直接のきっかけになりました。
当時は別のブログサービスで運営していましたが、次第に写真の撮り方にも欲が出て、写真のきれいな憧れブロガーさんがたくさんいらっしゃるエキサイトさんに2年半前にお引越し。ブログタイトルも変更し、心機一転再スタートを切りました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nanaminさん:ブログのテーマは、「料理と器のコラボを楽しむおうちカフェ」かな。
そして「自作料理」「器」「自然光」が3大要素です。
おしゃれなカフェで過ごすのも好きだけど、とにかくおうちカフェが大好き。自分の食べたいものを作り、お気に入りの器に盛りつけをして、できたてをいただく…。その日の気分でキッチンやリビング、時にはお庭に運んで、お気に入りの場所でゆっくりと…。
手作りならではの、ほっこりあたたかい雰囲気のお料理。やわらかな光に包まれた食卓。光に反射して宝石のような美しい輝きを放つグラスたち。コレクションの器の中からお料理やその日の気分にいちばんぴったりな器を選んで盛りつけ、仕上げにお庭の草花をちょこんと添えたら、私の大好きがいっぱい詰まったすてき空間のできあがり…。
そんな、日常の何気ない食卓シーンにもキラキラしたハッピーが散りばめられていて、それらを大好きなカメラで切り取ってブログにつづっています。

c0039735_1219193.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
nanaminさん:たくさんのつながりができたことです。コメント欄を通じて大好きなお料理や器、カメラの話題で盛り上がったり情報交換をするのはとても楽しいですし、交流を重ねるうちプライベートな話題にも触れるようになって子育ての悩みを聞いてもらったり、励まされたり…。
今ではたくさんのお友だちができて、ブログは私のライフスタイルの一部となりました。
また、読者の方からいただく「いつも更新を楽しみにしています」というメッセージは、お料理のモチベーションアップや「おいしそうな写真を撮ろう!」という意欲につながっています。
「nanaminさんと同じ器を買いました。」「おいしそうなパン!私も今度作ってみます!」などのコメントもブログ更新の大きな励みになっています。我が家の小さな食卓からおいしいの輪が広がっていくことがとてもうれしいです。
ブログは思い出のアルバムをめくるように、気軽に過去を振り返って楽しめるところもいいですね。
それから、去る5月には翔泳社さんからお声をかけていただき、18人のスイーツブロガーのひとりとして『みんなのおやつ日記』という本に参加させていただきました。料理写真の中でも特に大好きなスイーツフォトをブログ書籍化という形で残せたことは、とても良い記念になりました。

c0039735_1214432.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
nanaminさん:ずばり、一眼レフカメラです。カメラの腕はまだまだ未熟ですが、一眼レフカメラの表現力の豊かさは撮れば撮るほど魅力を感じます。
お料理フォト以外にも、庭の草花や愛猫ルナ、旅先の街角や風景写真を撮るのも好きです。
そろそろ紅葉シーズン到来。カメラを持って紅葉狩り…は秋の恒例行事になりました。今年はどんな写真が撮れるかな、と楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nanaminさん:ここで公表するのは本当におこがましい、夢のまた夢の話ですが…。
まだぼんやりとしたビジョンでしかないのですが、人生の記念としてフードスタイリングの写真集が出せたらいいなあと思っています。
現在月1でパン教室には通っているんですが、スタイリングや写真を習う機会はなかなかなくて、まったくの自己流なんです。まずはブログを楽しみながら経験を積んで、食卓からハッピーが漂うような料理写真を撮れるようになれたらいいなと思います。

c0039735_145483.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感の伝わるおいしそうですてきなお料理&スイーツが魅力的ですが、料理&スイーツ作りが好きになったきっかけ、作る楽しさは?
nanaminさん:学生時代からひとり暮らしをして狭いながらも自分のキッチンを持てたことがうれしくて、比較的こまめに自炊していました。
友人宅に呼ばれることもありましたが、どちらかと言えばもてなすほうが好きで、手料理をごちそうして「おいしい!」と言ってもらえるのがとてもうれしかったのです。

家庭を持った今も料理好きでいられるのは、やはり「おいしい!」と言ってくれる家族がいるからかな。
でも日々の食事のしたくは生活の一部で、時に義務感を感じることもありますよね。現実的な食事のしたくと大きく違って夢があるのがスイーツ作り。泡立ての加減などちょっとしたことが仕上がりに大きく影響するので、たまに失敗して凹むこともありますが(笑)。
たくさんの工程をひとつずつ進めていって、だんだん形になっていく様子はワクワクします。仕上げの粉糖を振ったり、季節のフルーツを美しく添えてでき上がったビジュアルのかわいさにはもうキュンキュンです!「どうやってこのコをかわいく撮ってあげよう」…なんて撮影しながらまたワクワク(笑)。
今、作る楽しさを一番感じるのはパン作りです。ふかふかの生地に触れ、捏ねたりまるめたりする作業は心が和みますし、発酵してぷっくり膨らむ姿は愛おしささえ感じます。オーブンの中でこんがり焼き色がつく頃には家じゅうにいい匂いが漂って、それだけで幸せな気分に浸れます。

c0039735_12194757.jpg


エキサイトブログ編集部:お料理&スイーツ作りで、とく大切にしていることや自分らしさという点でこだわっていることは?また、すてきな器とのコーディネイトのコツは?
nanaminさん:お料理は体だけでなく心の栄養だと思うんです。
日本には四季があり季節ごとに旬の食材があります。家族には日々のお料理を通じて、味覚と視覚で季節を感じてほしいと思っています。これから冬にかけては根菜、柿やりんごがおいしいですよね。
コーディネートについてはきちんと学んだことはなくて、レストランのようなスタイリングはできません。敷いて言えば私はカジュアルなダイニングカフェ風みたいな雰囲気が好きなので、あまり作り込まず自然な雰囲気を出すことかな。
あとは統一感のあるイメージに仕上げること。主役のお料理や、その日の気分から湧くイメージを頭に描きながら、その雰囲気に似合う器や小物などのアイテムを選んでいきます。たとえば夏に作る冷たい和菓子には、竹細工の容器や折敷を使ったり、冷茶を注ぐグラスも和のものを選んで、クロスは麻の素材や落ち着いた紺色などの寒色を。仕上げにお庭の青もみじを添えれば“涼感漂う夏の和カフェ”が。
秋には落ち着いたトーンの器を選び、クロスは深みのあるこっくりカラーを取り入れます。紅葉した葉っぱや木の実を飾って“実りの秋”を演出。また、寒い冬には厚手のクロスを敷いて、器は木製のプレートを…と選んでいくと、“あたたかみのあるほっこりしたおうちカフェ風”になります。

コーディネートのアイデアを練るのが一番楽しいのはスイーツフォトです。フォークにレースのリボンを結んだり…なんてロマンティックでガーリーなコーディネートが似合うのはスイーツならではだと思います。

c0039735_1225344.jpg


エキサイトブログ編集部:お料理写真もとてもすてきに撮られていますが、写真が好きになったきっかけや写真を撮るときに心がけていることなどもお願いします。また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
nanaminさん:ありがとうございます。写真を褒めていただいてとてもうれしいです!
写真を好きになったのは、やはりブログを始めたことがきっかけです。自分のブログを持ったことで他のお料理ブロガーさんのところにもよく訪問するようになり、その中で一番魅了されたのがきれいな料理写真をアップされているブロガーさんでした。
「私ももっときれいな料理写真を撮りたい」という具体的な目標ができ、単なる記録写真からもう一歩踏み込んだ表現力のある写真を残していこうと2年前念願の一眼レフカメラを購入。ガイドブック片手に使い方を覚え、構図や色合いを意識した写真を撮るようになりました。
料理写真で私が一番気をつけていることは、おいしそうに撮ること!至極当たり前のことですが、これがかんたんそうで難しい。そのお料理の「ここがおいしい!」というポイント…たとえば半熟卵のとろ~り感、デニッシュパンのサクサク感、ハンバーグのジューシーさなどを描写できるよう設定(特に気をつけているのは色合い=ホワイトバランス)やカメラを構える角度、光の取り入れ方などを工夫しながら撮っています。

記事アップの際に心がけていることは、毎回使った器の紹介をしていることです。エキサイトさんにお引越しした当初から器についての質問をいただくことが多かったので、いつの間にかこのスタイルが定着しました。

c0039735_12202717.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
nanaminさん:アクセスアップを意識すると、こまめな更新ができない時期にストレスを感じてしまいそうなので、そこは意識しないようにしていますが…お料理中心のブログの場合は、旬の食材を使ったお料理や、イベントスイーツなどをアップするとたくさんの方が興味を持って見てくださるような気がします。
また、直接アクセスアップにはつながらないかもしれませんが、やはり毎回きちんときれいでおいしそうな写真を撮って載せることかな。
私自身、写真のきれいなブロガーさんのところは更新されるとすぐ飛んでいきますし、同じ写真を何度も見に行っちゃいますから(笑)。
「おいしい」がきちんと表現された料理写真は、見ているだけでも幸せ気分になります。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nanaminさん:当たり前過ぎる基本的なことですが、食事の時間と睡眠時間です。
時間に追われる慌ただしい生活の中、食事の時間だけは落ち着いてしっかり味わっていただくようにしています。
ひとりで済ませるお昼ごはんは特にいい加減になりがち。かんたんでもパンには新鮮な野菜やフルーツを添えて、おにぎりランチには常備菜や具だくさんのお味噌汁をつけて。外出でお昼を挟むときもできるだけ手作りのお弁当を持参します。
食事と睡眠、どちらか一方でもおろそかにすると、最近年のせいかすぐ疲れちゃうんです(笑)。そうすると何をするのも億劫になっちゃったりして…。
まだまだやりたいことがいっぱい。元気と笑顔は失わずにいたいですね。
癒し…それはもう他でもない愛猫ルナの存在です!まんまるな顔を見つめてモフモフの毛並みをなでなですると、心のコリがじんわりとほぐれていきます。ブログにもたびたび登場していますが、ちょっと天然ちゃんなところもあって、そこがまたかわいいんです(笑)。
季節の花木を撮るためカメラを持ってお出かけするのもリフレッシュと癒しになりますね。

c0039735_12205962.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
nanaminさん:●「今日はお弁当の日(いなり寿司弁当)。」  
曲げわっぱに詰めた、いなり寿司弁当。メインのおかずは秋の味覚・さんまをから揚げ。
すだちを添えて旬の味わいが詰まった秋弁当になりました。緊張の外仕事の日も、手作り弁当で心も体もほっと和みます。周りから「私の分も作って」との声が続々といただきました。

● 「重箱に手まり寿司を詰めて祝い膳」  
長男の長い受験シーズンがやっと終わって、ふたりでささやかなお祝いランチをした、思い出深いシーン。
大好きな作家さんの器たちが、食卓にぬくもりを添えてくれました。
平日のお昼なので大したお料理は用意できませんでしたが…、やっぱり大切な節目には和食が合いますね。

●「クラシックショコラ×ブラックパラティッシ♪
11月末の少しクリスマスを意識したティータイムの様子。ケーキのイメージに合わせ器はモノトーンのパラティッシを。シックにまとめたスタイリングが気に入っています。

c0039735_12213189.jpg


●「ガトー・ド・ノエル・ショコラを作った♪♪
2年前のクリスマスに作った大人の雰囲気のクリスマスケーキ。工程がたくさんあってクタクタになったけど、ビジュアルもお味も大満足の出来でした。

●「パスタと和の器とワイン♪
土ものの黒い器と、パスタにワイン。一見バラバラのイメージだけど、意外にきれいにまとまったなーと自己満足のスタイリング(笑)。お庭を眺めながら、好きなものだけを並べてワインタイム。一週間の疲れも吹き飛びました。

●「楽しい♪ちぎりパンのランチ
都会に住む大学生の長男が帰省したので、張り切って焼いたちぎりパン。斜めに切り込みを入れてフィリングを詰めたら、「かわいい!」「おしゃれ!」と皆さんからうれしいコメントをいただきました。

●「北欧食器×サワーチェリージャム&コーヒークリームブッセ♪
2年くらい前のことですが、仲良しブロガーさんの間でブッセ作りがブームになったことがあり、その勢いで「ブッセ推進委員会」というのを結成したんです。僭越ながら私が委員長を務めていまして(笑)、委員長の名に恥じないよう気合を入れて美ブッセをめざして作りました。過去に何度も作っているブッセの中で、自分の中ではこれが最高の出来だと思います!

c0039735_1382493.jpg


●「イイホシさんReIRABO×焼きカレーパン♪
「いつものnanaminさんの雰囲気と違って新鮮!」「かっこいい!」」とうれしい感想をたくさんいただいたスタイリング。私自身、写真を撮っているときワクワクしました。よ~く煮込んだキーマカレーを包んで焼いたカレーパンも最高においしかったです。

●「両親の作品。
仕事を引退して静かに隠居生活を送る父と母。父は木工品、母は手まりとフエルトスイーツなどの手芸品作りに打ち込んでいます。年に2、3回父の作品をアップしますが、この記事を楽しみにしてくださる方も多く、毎回たくさんのあたたかいコメントをいただきます。

●「休日の娘とルナ、そしておうちで和カフェ♪
ルナを溺愛するハイテンションな娘と、対照的なルナの表情。何度見ても笑っちゃいます。

●「初めての一人旅・神戸(オフ会編)
ネット上のおつきあいから、リアルな友だちへと変わった記念の日。大切な繋がりができて、「ブログを続けてきて本当によかった」と心から思いました。

以上の記事以外にも、エキサイトさんに選んでいただいた「Pick Up!おすすめ記事」や、半期に一度のまとめとしてランキング記事を書いていますので、そちらもぜひご覧ください。

c0039735_13115425.jpg


エキサイトブログ編集部:いま長い休日があったら何をしたい?
nanaminさん:ロサンゼルスにいる、“もうひとりの娘”に会いに行きたいです。もうひとりの娘とは、この夏我が家がホストファミリーとして受け入れた、留学生Emmaのことです(7/5他、ブログにも登場しました)。
玄米のおにぎりとお味噌汁が大好き、大きなボウル山盛りにわらび餅を作ると、半分はぺろりと食べてしまう和食LOVEな女の子でした。
キュートな笑顔で「オカアサン」と私を慕ってくれたEmmaに、もう一度会いたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nanaminさん:皆さん、こんにちは!ブログ「やわらかい陽ざしのでなかで」の管理人・nanaminです。
いつもブログを見てくださっている方、コメントを寄せてくださる方、皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです!またおいしい話、器バナシで盛り上がりましょう!もちろん、それ以外のお話しも大歓迎です。
この記事を読んでくださった、「はじめまして」の方…今日はちょっと硬い口調になりましたが、いつもブログではもっと気軽にやっています。お茶をしにふらりと寄るような感覚で、お気軽に遊びにいらしてくださいね。新たなご縁が訪れますように…。
これからもマイペースで楽しみながら“おうちカフェの楽しさ”を発信していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

c0039735_125378.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【nanaminさんのお気に入り&好きなブログ】

□「chikuwa日和」 
製菓のお仕事をされながら、パンやスイーツ作り、ミシンなど趣味としてもハンドメイドを楽しんでいるnaoさんのブログ。おいしそうな手作りおやつにパン、親しみやすいお人柄と、街角の隠れ家的カフェのようなナチュラルテイストのスタイリングがすてき。

□「季節の風を感じながら・・・
ブログタイトルの通り、mikaroseさんの美しい食卓・お庭からは季節の風を感じます。美しく盛りつけたお料理と気品あふれるスタイリング。四季折々の花が咲くお庭の中でも、ひときわ美しく咲き誇る薔薇たちからも気高さが漂っています。
実際お会いしたことのあるmikaroseさんご本人はまさにそのイメージ通りの方ですが、お笑い系?な面もあったりして(笑)、そのアンバランスさがまた魅力的で楽しいブロガーさんです。

□「Lovely Poodle
愛犬・トイプードルのロンくんと、神戸の街と、カメラをこよなく愛するロン母さんのブログ。カメラへの造詣が深く、テーブルフォトからネイチャーフォトなど様々な被写体をすてきにとらえていて、いつも一日の最後にここを訪れてはワクワクや癒し、明日への活力をもらっています。

□「エマままの気ままな日記
自宅でカフェ開業という夢を、夢で終わらせず実現させたパワフル&ハートフルなエマままのブログ。カフェでお出しするお料理は、さすがの魅せるスタイリング!!旬の食材のおいしい調理法や立体的な盛り付けと器選び、季節感の演出はとても参考になります。

□「猫花雑記
ウーマンエキサイト「あにまる」のコーナーで偶然見つけた猫花*さんのブログ。猫ちゃんブログも大好きでよくあちこち訪問するのですが、猫花*さんのにゃんこ写真はドキッとするほど美しく、それでいてあたたかさを感じるんです。とってもおしゃれなナンタケットバスケットが猫花*さんご自身による手作りなんて、びっくり!!

★nanaminさんのブログ「やわらかい陽ざしのなかで」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-11-11 18:46