今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_11415173.jpg周りはカリッと固めで、かみしめるごとに味わい深い石窯で焼いた天然酵母パン。どんな料理にも合う“職人さんの焼くパン”の味を求めて、ご主人自ら石窯を作ってしまい、自家製の天然酵母でパンを焼く日々。
焼き加減や仕上がりは、季節や気温などの自然にも大きく左右されるものの、つねにパンの美味しさにこだわりを持って、日々石窯パン作りを楽しんでいらっしゃいます。
その石窯でピザを焼いたり、料理をしたり…。美味しくできたパンやピザ、料理をつまみながら、ワインを楽しんだり…。
そんなパン作りの姿や食へのこだわりを通して、自分たちらしく暮らしを楽しむ豊さが伝わってきます。

「こんな石窯で焼いたパンを食べてみたい!」「窯から蒸気が上がった焼きたてパンを見ると美味しそう!」など、日々のパン作りを見守る読者も大勢います。

今週は、ご主人とともにそんな石窯パン作りを楽しむ「LaLaLa La Mar」のjenaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
jenaさん:こちらこそ今回ピックアップブロガーに選んでいただき、ありがとうございます。
私がブログをはじめたきっかけは、以前からエキサイトブログでもおなじみの『田舎の台所@イタリア』のYukakoさんのブログや『おいしい~Photo Diary』のcherryさんのブログが大好きで、よく訪問していました。毎回美味しい話題やきれいな写真で楽しませくれて、いつか私もブログをやってみたと思うようになりました。
そんな折、庭に石窯を作製することになり、記録も兼ねてブログをはじめてみようかと思い、ブログをスタートしました。私たちにとってブログは写真と同じく“記録”なのです。

c0039735_1150239.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
jenaさん:石窯で焼いたパンを食べたくて、2010年の秋に石窯を作成しました。それから、天然酵母の自家製サワー種を作り、石窯でサワードウブレッドやピザを焼いたりして楽しんでいる日々をつづっています。また、石窯料理や燻製、ホームメイドクッキング、ワインなど、美味しいものに関する話題が中心のブログですが、時々日常もつづっています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
jenaさん:今までお会いしたことのないブロガーさんとお知り合いになれたことは大きな宝ものと思っております。
そしてブログをはじめたころは、ブログに載せる石窯やパンの写真を撮られるのを嫌がっていた夫が、最近自ら「写真撮らないの? 撮ってよ!」と言ってくることが新しい発見とともにうれしい驚きです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
jenaさん:好奇心旺盛で、何事にも興味を持ってしまう人…かな。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
jenaさん:訪問してくださるすべての方に会いたいですね。皆さん、個性的で素敵な方ばかりなので、実際お会いしてもそのまんま素敵な方たちなのでしょうね。チャンスがあればお会いしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
jenaさん:パンや料理以外では写真です。昔、銀塩カメラでモノクロ写真を撮って、暗室にこもって現像したりするのが好きだったのですが、デジカメになってからは普通のスナップ写真ばかりでした。ブログをはじめて再度写真を撮ることの楽しさを思い出したので、何処へ行くにもカメラを持参でパシバシ撮っていますね。夫と息子には「また撮っているよ」と呆れられていますが(笑)。 

エキサイトブログ編集部:夢は?
jenaさん:海の近くでベーカリー&カフェのお店が持てたらいいですね。でも今はその時期じゃないので、『いつか…』です。

c0039735_11511031.jpg


エキサイトブログ編集部:自分たちで作られた石窯で、自家製酵母のパンやピザを手作りされていらっしゃるところに食のこだわりを感じますが、石窯を作られたきっかけ、石窯で焼くパンやピザの美味しさは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
jenaさん:夫は…石窯パンの話になると話が少々?長くなるのですが(笑)。 
石窯を作るきっかけですが、食事の時に食べる適当なパンが見つからないので「自分で作るしかないかな…」と考えたからでしょうねぇ。パンを焼くだけなら普通のオーブンでも焼けるのですが、せっかくの機会だから昔からのパンを焼くやり方、「石窯を使って自分の手でパンを焼いてみようか」、と思ったのがきっかけですね。
それに石窯は一度火を入れると焼く、ローストするなどいろいろな料理に使えますから。

夫は以前、アメリカに住んでいて、そのころは普通のおいしい食事パンが手軽に手に入ったようですが、日本では天然酵母と塩と水だけでできた“当たり前の食事パン”はあまり市販されていないようですね。お取り寄せなどもしましたが、そういうパンは需要が少なく、作ってもあまり売れないのでしょうね。インスタント・イーストを使って作ったパンとか、砂糖や何かいろいろなものを入れて作ったパンは巷にあふれていますが…。

日本という国は米を主食とする国ですから、米の作り方、炊き方には素晴らしいものがあって、土鍋に良い米をていねいに準備して良い水を使い、ふつふつと炊ける匂い、蒸気を確認しながら炊き上げたご飯はシンプルで力強く、一緒に食べるおかずを引き立ててくれます。同じようにシンプルで力強く、一緒に食べる料理を引き立ててくれるパンこそ美味しい…、私たちはそんなパンが食べたかったのです。

c0039735_11514466.jpg


天然酵母と塩と水を混ぜ合わせ、温度を調節しながらゆっくりと発酵させ、石窯のレンガに蓄えた熱で焼き上げると、周りのクラストはパリッとしていますが、厚みはそれほどでもなく、中まできれいに焼けます。ほどよい硬さの香ばしいクラスト、大小さまざまなサイズで艶のある気泡を包み込んだパンの内部、適度な弾力をもった生地を噛みしめるとほんのり甘い味が口の中に広がる…。美味しいですよ、家で作った田舎パンは。
また、ピザの場合は耐火レンガの温度を350℃くらいまで上げて焼きますので、2分も焼けば生地の底もほど良くこげ、トッピングのチーズも美味しく溶けてサクッ、モチッという状態で美味しくいただけます。

もちろん、パンを美味しく焼くためには粉の選び方から配合、水分量の調整、こね方、温度、湿度等をコントロールしながら発酵させ成形し、また同時に石窯の温度もコントロールすることが必要です。そうしたいろいろな要素が、“美味しいパンに仕上げる”というひとつの目標に向かって進んで行き、それが最終的に達成されることの喜びと美味しく焼けたときのうれしさは、アーティストがイメージ通りに作品を完成させることにも似ていると思います。
そして、石窯の中でフクフクと焼けて香ばしい香りが漂って食欲をそそる感じを、ブログを通してみなさんに伝えられたら最高だなと思って、記事をアップしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
jenaさん:普段私はフルタイムで働いているので子どもと接する時間が少ないため、できるだけ家族と一緒にいる時間を大切にしています。朝からお弁当を作ってピクニックに行ったり、釣りに行ったりと、まったりした時間を過ごすのがいいですね。

c0039735_11544294.gifエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
jenaさん:●「石窯シュトレン」(2011-12-11)
初めてブログtoメディアの“おいしい”で取上げていただいた記事です。石窯で上手く焼けるかどうか心配でしたが、思った以上に美味しくでき上がりました。

●「目指せ!TARTINE BREAD」(2012-01-18)
この時、最高のコンディションで焼くことができました。もしかしたらTARTINEのパンと同じくらい美味しかったりして…と夫と話した記憶があります。

●「息子と一緒に作るチョコレート♪」(2012-02-11)
ブログtoメディアの“おいしい”と“カワイイ”の両方で取り上げていただいた記事です。
息子と休日に楽しく作ったことを思い出します。

●「石窯制作記録8 寒さにもマケズ・・・」(2011-01-23)
石窯作りはどれも思い出深いのですが、1月の寒い日に家族総出で頑張りました。
この頃同じような作業が続いていて、見た目も変わり映えがしなかったのですが、この日の頑張りで更にやる気が出た事を思い出します。

●「石窯パンは自然との闘いだー!」(2012-02-04)
天然酵母のパンは生きているので、温度やなどに左右されるのは勿論ですが、石窯も温度に左右されるのです。寒い日にはいつも以上に長時間薪をくべなければいけないと再確認した日でした。真夏の炎天下のもとでの石窯パン作りも大変ですが、極寒の中での作業も大変なのです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
jenaさん:長期休暇です。1ヶ月くらいの休みをいただけるのなら、家族でアメリカの友人を訪ねたり、ベーカリーショップや美味しいレストランへも行きたいです。アメリカやヨーロッパのワイナリー巡りもしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
jenaさん:最近というか…、いつも気になり心を痛めてしまうニュースは、幼い子どものへ虐待のニュースです。子どもを持つ親として悲しく思います。小さな命がこれ以上失われる事件が起きることのない世の中になってくれればと、切に思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
jenaさん:「アーティザンブレッド」と呼ばれる職人さんのパンを目指し、石窯パンを焼いております。しかし、まだまだ未熟なブログで、焼くパンのレパートリーも少ないにもかかわらず、訪問してくださるみなさまには感謝しております。
これからいろいろな種類のパンにも挑戦していきたいと思っていますので、お気軽に訪問してくださいね。コメントも残していただけるとうれしいです。

c0039735_11551513.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【jenaさんのお気に入り&好きなブログ】

ブログをはじめるきっかけとなった上記の方のブログや、今回紹介させていただくブログの他にもたくさん素敵なブログがあるのですが、すべて紹介できないのが残念です。

●「un_voyage♪♪」  
以前ピックアップブロガーさんに選ばれたのでご存知の方も多いはず。この方の行った国の数はスゴイのひと言! なかなか旅行ができない我が家ですが、この方のブログを訪問して旅行した気分になっています。またパンも自分で焼かれたり、気になるベーカリーショップを訪れたりと、興味をそそる記事を書かれているので、ついつい訪問してしまいます。

●「trintrin☆dolce☆」 
台湾のカラスミの記事が縁で訪問させていただようになったブログです。
とにかく語り口調が面白く、豪快なのに、趣味が歌舞伎という意外性がある方です。

●「お父さんのやきとり屋さん日記」 
世の中のおとうさんは頑張っています。毎回やきとりを焼いているわけではないのですが、なぜが訪問したあとはやきとりや燻製が食べたくなってしまいます。

●「kitchen oasis」 
お母さん思いのやさしい3人の子どもさんがいらっしゃるママのブログです。美味しそうなお菓子やパンを作っていらっしゃいます。

●「Night Flight's Kettle」 
ほんわかしたかわいらしいイラストと鋭い視点で書かれている詩の対比が面白いです。




【jenaさんのライフログ】

Tartine Bread

Chad Robertson / Chronicle Books


我が家のバイブルですね。憧れのTARTINE BREADの本です。
レシピも写真も素敵で、読んでいるとTARTINEのお店に行きたくなってしまいます。

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン (講談社プラスアルファ新書)

山本 昭彦 / 講談社


シャンパン大好きの私が気になった1冊。すべて制覇するのはいつのことになるかわかりませんが、読んでいるだけでも飲んだ気分になれます。我が家のサワードウブレッドとシャンパンはとてもよく合うんですよ。

Undercurrent

Bill Evans / Blue Note Records


ジャズは好きなのですが、このアルバムに関してはジャケットの写真が大好きです。

jenaさんの「LaLaLa La Mar」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-02-26 09:09

c0039735_2322468.jpg誕生日やクリスマスに、おしゃれで素敵なアイディアが光る手作りカードを友だちからもらったら…、とってもうれしいですよね。ちょっとした季節の便りやギフトカードにも最適なスタンプだけのシンプルなカードから、クラフトパンチやステッカーで作ったカードやコラージュ風のカードなど、どれもオリジナル感があふれる発想がいっぱい。
モチーフも春らしいお花畑やチョウをパンチでくりぬいて作った季節感あふれるものや、楽しさが伝わるカップケーキや風船などをちりばめたキュートなもの、インテリアをおしゃれに引き立てるペーパーモビールなど、すてきなペーパークラフト作品の数々に脱帽です。

「こんなカードが作れたら素敵!」「いつも素敵なアイディアが満載!」と読者の注目度も高く、「私も作ってみようかな?」という方のために、作り方や材料などもていねいに紹介してくれているので、カード作りの参考になります。

今週は、そんなペーパークラフトの話題をメインに、ハンドメイドや手作りしたスイーツの話題など好きな趣味を楽しみつつ、アメリカのサンディエゴでの日々の暮らしをつづったブログ「from MB in SD」のmarikobrownさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
marikobrownさん:こちらこそ、いつも敏速で心のこもった対応をしていただき、快適なブログ生活を送らせていただいております。
ブログにはずっと前から興味を持っていたのですが、決定的なきっかけとなったのは、「カード作りをはじめたい」という友人の誕生日にペーパークラフトの道具をプレゼントしたことです。2010年の9月のことでした。使い方や取り扱いの注意点を書いて同封しようと思ったのですが、文章だけでは表現しにくいこともあるし、長くなるし、それに実際に道具を使った作品例も見たいと思って…。「それじゃあ私、写真付きでブログやるわ!」という、なかなか安易な発想(笑)でした。

c0039735_2351056.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
marikobrownさん:スタンプ、クラフトパンチ、ステッカー、マスキングテープなどを使った手作りのカードやアルバムページを、道具の使い方や作り方の手順を含めてご紹介しているブログです。家族や友人への誕生日カード、いただきもののお礼のカード、ハロウィンやクリスマスなどの季節のカードなどを必要に応じて作り、できあがりまでの過程を写真付きで掲載しています。
愛用している道具は私がペーパークラフトを始めるきっかけにもなったマーサ・スチュワートのクラフト用品が中心です。これを検索ワードに私のブログを知ってくださる方が大変多いようなので、オークションサイトや個人輸入での購入を検討される日本在住のクラフターさんたちの参考になるよう、道具類のレビュー的な要素も忘れないようにしています。

ブログをはじめたのがちょうど写真のクラスに通いはじめた頃と重なったので、課題作品などもよく載せていました。でも、コースが終了してからは一眼レフカメラに触れる回数もすっかり減ってしまいました(苦笑)。カリフォルニア州サンディエゴ在住なので、ときおりこちらの地域情報も交えるようにしています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
marikobrownさん:まわりに同じ趣味を持つ人がほとんどいなかったので、コメント欄を通じてカード作りをされるブロガーさんたちとの交流がはじまったのは収穫でした。折り紙をメインにカード作りをされるORIKOさんや、欧米スタイルの作品に書道をブレンドされる雅風さんなど素敵なブロガーさんたちに出会え、私の知らなかった世界の発見になりました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
marikobrownさん:紙工作という、ひとりよがりになりがちな、どちらかと言うと暗めの趣味(笑)の活動にオーディエンスができることです。ブログをはじめる前は、カードを作ってもそれを見るのは作った私本人と受取人のふたりのみでしたから。届け先が別だからといって、同じカードや色違いばかり作るわけにもいかなくなり、必然的にデザインの幅も広がりました(笑)。

c0039735_2334141.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
marikobrownさん:日常をこよなく愛する人。いつものところで、いつもの人と、いつものことを…。この、「いつもの」がたくさんあることこそが、私にとっての幸せなのです。言い換えれば、つまんない人(笑)?

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
marikobrownさん:関川真佐夫さんです。彼はプロのフォトグラファーさんで、「今夜もeat it」など、人気のエキサイトブログをいくつも持っていらっしゃいます。今週のピックアップブロガーのインタビューでも影響を受けたブロガーさんとして何度もお名前が挙がっていますよね。私は5、6年前、初めて一眼レフカメラを購入しようと機種名などで検索していた時に関川さんのブログに出会いました。
写真が素晴らしいだけでなく、撮影のコツなどもとてもていねいに解説されていて、「私にもいつかこんな写真が撮れる日が来るかも?」とその気にさせられた(笑)ものです。その後グラフィックデザイン科で画像編集やフォトグラフィーを学んだのも、元をたどれば関川さんの影響なんです。定期的に開かれている撮影会に、帰国のタイミングが合えばいつか私も参加させていただき、お会いしたいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
marikobrownさん:ブログでの私はまるで一日中紙を切ったり貼ったりしているだけの人に見えるかもしれませんが(笑)、実はクラフトよりも好きなのは料理なんです。献立を考えたりオリジナルレシピを開発したりするのが毎日の楽しみのひとつで、お菓子やパンもほとんど手作りです。
料理好きが高じて、予定外に(笑)こちらの大学で食品栄養学を専攻したほどなんですよ。最近は凝ったものよりも、良質の素材をなるべくシンプルに食卓に出すことを心がけています。

c0039735_2341813.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
marikobrownさん:いろいろありますが、ペーパークラフトに限定していうならインターネットで小さなお店を開くのが目下の夢です。手作りのカードやプレゼントに付けるタグの他、これからカード作りをはじめたいという方のお手伝いになるようなキット類も考えています。

エキサイトブログ編集部:手作りカードやペーパークラフトなど、とてもセンスあふれるすてきなハンドメイドを楽しんでらっしゃいますが、ペーパークラフトなどをはじめたきっかけや楽しさ、自分らしい作品づくりは?また、記事アップの際に心がけて、などがあれば…。
marikobrownさん:もともと手紙やカードを書いて送るのは好きで、海外文通をしていた中高生の頃からスタンプなどのステーショナリー雑貨を利用していましたが、今のようにカードを自分でデザインして一から作るようになったのはほんの数年前からです。
刺しゅうミシンの衝動買いをきっかけに、ソーイング、編みもの、ビーズジュエリーと手当り次第にハンドメイドを楽しんでいた時に出会ったのがマーサ・スチュワートのクラフトツールでした。それまでカード作りやスクラップブッキングにはどうも垢抜けないイメージを持っており、まさか自分が手を出すジャンルだとは思っていなかったのですが、クラフトショップでマーサ・スチュワートのコーナーを見た時には「これだ!」と思いました。以前から彼女の料理番組やガーデニング番組、月刊誌やインテリア書などの大ファンでしたので、その世界観そのままのクラフト用品にも自然に惹かれたという感じでしょうか。

c0039735_233658.jpg雑誌やサイトに載っているプロジェクトをそのまま真似ることもありますが、やはり試行錯誤してオリジナルデザインで作るのが楽しいですね。私にとっての理想のカードは、「時間とエネルギーをたっぷり費やしているにもかかわらず、空いた時間に手元にある道具と材料でさらっと作ったように見えるカード」です。
カード作りが趣味といっているのに矛盾しているようですが、カードはメッセージを運ぶ媒体でしかないと私は思うのです。お祝いの言葉や感謝の気持ちが伝わり、受け取った人が笑顔になってくれたらそのカードのお役目はおしまい。私自身はもらったカードはすべて大切に保管していますが、皆が皆そうだとは限りません。見るからに時間と費用をかけて作ったような、相手が後々処分に困るようなカードにならないよう心がけています。それに5時間かけて1枚作るのなら、1時間でできるカードを5枚作って5人の人にメッセージを送りたいというタイプです。

ブログに関しては、なるべくブログ内の記事をリンクすることを心がけています。ペーパークラフト初心者の方が見ていらっしゃるかもしれないので、たとえば以前登場したツールなどを使っている場合は基本の使い方を説明した過去記事にすぐに飛べるようにしています。これは私自身の読者としての経験からです。
「前にも登場しています」と言われて記事をひとつひとつ遡ってみると、なんと半年も前の記事だった、なんてことも…。「今日初めて訪れてくださっている方もいる」という意識も常に持っているので、以前話題にしたことに再び触れるようなときも必ず該当記事をリンクしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
marikobrownさん:お気に入りの雑誌の最新号を見ながら季節感を取り入れたインテリアを考える時間、読書をしながら半身浴をする時間、美味しいものを作って食べる時間…。どれも大切な癒しの時間ですが、夫のロンと過ごす時間と比べたらいずれもどうでもよいことに感じます。
ふたりとも自分の足で歩け、自分の歯で噛め、相手と自分が誰であるかちゃんと認識できる心身ともに健康な状態で迎えられる夏はあと何回来るだろう、などと考えてセンチメンタルになってしまうのは、年の差夫婦だからでしょうか(笑)?
去年の暮れに50歳の誕生日を迎えた夫は、今年から大学生をしています。端から見れば巨漢のコワモテのオジサンですが、私にとっては新しいことにチャレンジして輝いているフレッシュ1年生です(笑)。今いちばん好きなのは、お夕食を食べながらその日の教室でのできごとやクラスメートのことなどを話してくれる時間です。

c0039735_2354042.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
marikobrownさん:●2011年1月20日「マーサのパンチ+和紙のパッドで昆虫標本(?)
初めて買った蝶のパンチで和紙をカットし、昆虫標本のように虫ピンで刺して作ったオリジナルインテリア雑貨。なぜか大反響で、参加しているランキングの順位が一気に上昇。びっくりでした。理由は今も謎のまま(笑)。

●2011年2月6日「マーサのカップケーキパンチとスコアリングボードでカード作り
カップケーキのモチーフはいつもヒットです。無地のペーパーを使うことが多いのですが、この時は珍しく柄入りのペーパーを何種類も合わせました。

●2011年2月19日「マーサのパンチとフロッキングパウダーでデイジー畑!
マーサ・スチュワートのクラフトパンチとフロッキングパウダーという繊維の粉で作ったペーパーのお花をご紹介したものです。「同じものを作りました」という声がもっとも多かったのがこの記事でした。

●2010年12月16日「マーサ・スチュワートのドライエンボスキット/道具がなくてもOK!クラフトパンチでエンボス加工
トレース台や専用のステンシルがなくても身近にあるもので代用できるエンボス加工方法の提案が受けたようです。

●2011年6月14日「手づくり梅雨見舞いカード完成!/日本で人気上昇中のクラフトツール、再登場!
この記事以前にも触れたことがあったのですが、テレビの人気番組で紹介されたようで「ザイロンシールメーカー」という道具の商品名での検索が急激に増えたんです。そこで便乗して(笑)再登場させたのがこの記事でした。マーサのパンチの魅力がいっぱいのカードデザインも好評でした。

●2011年7月1日「懐かしの写真で父の日カード 2011
パンチやスタンプだけでなく、写真をもとにしたカードも時々作っています。これは自分の子どもの頃の写真を加工して父に送ったカードです。自分でも気に入っている記事です。

c0039735_2344255.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
marikobrownさん:リビングリームの模様替えです。去年の夏に買ってそのままになっているマリメッコの生地でカーテンを作り、それに合わせてクッションカバーも作り替え、暖炉まわりの飾りなども入れ替えたいと思っています。
でも、模様替えって実際に取りかかる前の計画段階の方が楽しかったりするんですよね。お気に入りのインテリア書やライフスタイル雑誌の今月号をソファの脇に積み重ねて、「どんなふうにしようかなー?」とほとんど迷う余地もないのに(笑)、毎日楽しく悩んでいるところです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
marikobrownさん:ホイットニー・ヒューストン急死のニュースです。特に大ファンだったというわけでもないのですが、彼女の人気絶頂期と自分が上京したのが同時期なので、ヒット曲と青春の思い出が重なるのです。
当時ホイットニーの主演映画やビデオを一緒に見ていた高校時代からの友人と、ショックだねとメールし合いました。「I’m Every Woman」のビデオでホイットニーのお腹の中にいた赤ちゃんが現在18歳というのにもふたりで驚愕。高校を卒業してからそんなに経つんだと改めて気づき、それもまたショックでした。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
marikobrownさん:私の作るものや暮らし方に興味を持ってくださる方々も、ただマーサ・スチュワートやその他のクラフトツール情報が欲しいだけの方々も(笑)、いつも訪問してくださってありがとうございます!これからも細く長くおつきあいいただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_2361286.jpg




【marikobrownさんのお気に入り&好きなブログ】

何を隠そう、私はブログが大好き!正直を言うと自分が書くよりよそ様のブログを読むほうが何倍も好きなので、お気に入りのブログはたくさんあります。でも、今日は心を鬼にして(笑)、エキサイトブロガーさんに絞ってご紹介します。

●「ろんどんらいふ
ロンドンにお住まいのmappetさんのブログ。言わずと知れた、エキサイトの超人気ブロガーさんです。ユーモアたっぷりのご主人とかわいいふたりの娘さんとの日々のエピソードとやさしさあふれる写真が楽しみで、もう何年も拝見しています。

●「ぐれちゃんとQちゃんのお母さんになりました・3
オレンジカウンティでふたりのお子さんとの毎日をつづられているみしぇるさんのブログ。ぐれちゃんがホントにかわいいの!ママもパパも大変な感動やさんで、我が子の成長に涙ぐむような場面にたびたび遭遇。愛情たっぷりの写真と文章で、一日一回ほんわかした気持ちにさせてもらっています。

●「レトロジャンキー<retrojunkie>
レトロなものをテーマに、キッチンやインテリア雑貨、アート、デザイン、音楽、ハンドメイドなどについてつづっていらっしゃるシカゴ在住のretrojunkieさんのブログ。私はアンティークやヴィンテージには疎いのですが、愛用している文具や購読している雑誌が同じで好みのテイストが似ているので、今度は何を見せていただけるかと毎回ワクワクです。

●「フランス男との愛に満ちた暮らし
陸の上より海の中の方が落ち着くというダイバーのご主人と南の島を中心に世界中を旅されている、パリ在住のwwwfranceさんのブログ。旅行の記事が多いのだけれど、普通の旅情報ブログとはちょっと違うんです。視点がユニークで洞察力に優れていらして、独特の語り口調もクセになるブログです。

●「The Crafts Dept.-Martha Stewart-
エキサイトブログに絞ると言いつつ、やっぱりこれも入れておきます!マーサ・スチュワートのオフィシャルサイト内のクラフトブログ。マーサ自身が書いているのではなく、何人かのエディターさんが日替わりで更新しています。新商品のプレゼント企画も多いので見逃せません。




【marikobrownさんのライフログ】

The Beatles In Mono

The Beatles / EMI


小学生の頃からのビートルズファンで、ジョン・レノンへの愛は何度かブログでもつづっています。どのアルバムも好きで選べないからボックスセット。実はステレオの方も持っていて、モノラルと交互に聴いて比べたりしてマニアックなことをしています(笑)。

ODESSEY AND ORACLE(紙ジャケット仕様)

ザ・ゾンビーズ / インペリアルレコード


唯一ビートルズに対して後ろめたい気持ちになるほど(笑)愛しているバンド。ボーカルのコリン・ブランストンの声が甘くて切ない気持ちになります。iTunesインストール以来、「Beechwood Park」が常にプレイカウントナンバー1です。

カラフル・クリーム

クリーム / ユニバーサル インターナショナル


ブルース色の濃いロックが好きなので、クリームもよく聴きます。「ロバート・ジョンソンの真似だ」と言いつつ、夫も嫌いではない様子なので(笑)、ドライブに行く時に聴くことが多いです。

marikobrownさんの「from MB in SD」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-02-18 08:11

c0039735_11202536.jpg春夏秋冬、旬の野菜や魚をたっぷり使った料理をはじめ、素材の美味しさが引き立つストウブ鍋を使った料理やデザートなど。オリジナル感いっぱいのメニュー&レシピが人気の「はるひごはん。」のはるひさん。食器とのコーディネートもキュートで、ワンプレートに盛り付けたられたおうちごはんは、「まるでカフェにいる気分」と読者の参考にもなっています。

2011年5月のピックアップブロガーに登場していただき、その後も料理教室や雑誌などで活躍されていますが、この2月8日に、『はるひさんの一人暮らしのおうちで作りたくなるレシピ』(ブティック社)という本を出されました。出版おめでとうございます。今回はそのお祝いに、出版記念特別インタビューと題し、「はるひごはん。」のはるひさんに再登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:2011年5月のピックアップブロガーにご登場いただき、その後も読者に注目を集めていらっしゃいますが、まずははるひさんのご近況を…。
はるひさん: 再び登場させていただいて大変恐縮です。おかげさまで、「お料理を仕事に!の夢が叶いはじめました。
1冊目の『人気ブロガー4人のワンプレートごはん わたしカフェへようこそ』(笠倉出版)は好評いただき、コンビニでも手に入るムック本として、再編集されて発売されたり、雑誌『Como』(主婦と生活社)に出させていただいたり。
百貨店のイベントも、本当にしゃべるのは上手ではないのですが、一生懸命さは伝わっているみたいで(笑)、2月、3月もやらせていただくことが決まっています。

c0039735_11215295.jpgエキサイトブログ編集部:2月8日に『はるひごはん。はるひさんの一人暮らしのおうちで作りたくなるレシピ』を出さたばかりですが、この本を出版されたいきさつや本になったことに対する感想は?
はるひさん:はい。10月の終わりにお話をいただきました。編集の方が企画を練っていて、レシピとスタイリングができる人を探していた時に、たまたま私のブログ『はるひごはん。』を見てくださって、ブログから声をかけていただきました。
11月末に撮影。 5日間の我が家での撮影合宿ですべて撮りました。
終わった~と思っても本の誤字脱字がないか校正を何度も重ね、時間がない中、周りの方々に支えられて本当に一生懸命作った料理本です。

エキサイトブログ編集部:『はるひごはん。はるひさんの一人暮らしのおうちで作りたくなるレシピ』はどんな本に仕上がってらっしゃるのでしょうか?
はるひさん:ブログのお料理をまとめた、前回のブログ本とは違い、版元の希望やカラーに合わせた料理本の監修、という感じです。
工程写真をいくつも撮り、初心者の方にわかりやすいように作った本です。
ひとり暮らしの…というタイトルなのですが、二人暮らしにも、大家族にも、簡単で使えるレシピ集になっていますので、どなたでもお手に取っていただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:今回書籍化するにあたり、苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばんやりがいがありましたか?
はるひさん:普通、料理の本の撮影には「スタイリスト」といって器やカトラリー、クロスなどを決める人がいるのですが、今回はスタイリングのほうも任されました。
すべて購入しているとかなりの額になってしまうので、こういう時に器や小物類をレンタルしてくれる、「器のリース屋」というのが存在するのです。
たくさんの種類がひとつのお店に集まっているので、すごく助かります。そこに撮影前日は5時間滞在して、あーでもないこーでもない、と料理と合わせたスタイリングを考えました。

これは天職なんじゃないか?と思うくらい、楽しくて、撮影も非常にタイトなスケジュールで、体力的にも厳しかったのですが、本当に本当に楽しい撮影でした。
最終日は、アシスタントの子と抱き合って号泣(笑)。号泣しているようじゃプロにはなりきれていないのでしょうが、本当に終わるなんて信じられない、というほど終わりが見えない撮影だったので、終わったときはうれしくてうれしくて…。
“明けない朝はない”とは、まさにこういうことですよね。どんなに辛いことも、この経験で乗り越えていける気がします。

c0039735_11341178.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分らしさ”を出すために、こだわった点は?
はるひさん:市販の「~の素」は使わずに、なるべくシンプルな材料、手順にこだわりました。
忙しい時こそ、野菜たっぷりのごはんを食べてもらいたい。
巻頭の「簡単に済ませたいけどしっかり食べたい日」のレシピは、自分もさっと作らなきゃいけない時に使っています。
外食に行く日もアリだけど、作れる日は作ろう!と10分でできるレシピもいっぱいです。

その代わり、休日は時間をかけてゆっくりコトコト…というレシピもありますので、さまざまなシーンでお役に立てたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
はるひさん:簡単なレシピなので、自由にアレンジして作っていただきたいです。
毎日、何を作ろう…と考えたときにペラペラめくって、キッチンでボロボロになるまで使っていただけたらうれしいなぁ。頑張ったスタイリングも見てやってください!

エキサイトブログ編集部:改めて、はるひさんにとって、料理&レシピを作る楽しみや魅力といえば?
はるひさん:お料理のお仕事をいただくと、ふと「あぁ、料理の仕事ができて幸せだなぁ」と感じる時があります。
自分の食べたい料理を考えて、それを美味しい、と食べてもらえる。こんなに幸せな仕事はありません。

先方の希望があり、こちらの希望もあり、それがピタッと重なったときの喜び。そして、やっぱり「美味しい」という声を聞けるのが一番うれしいです。

c0039735_11211558.jpgエキサイトブログ編集部:ブログで紹介されているレシピとともに、たくさんの新作レシピが盛り込まれているようですが、本にも収めたお気に入りのレシピというとどのような記事がありますか?
はるひさん:8つのカテゴリに分かれていて、気分やシーンに合わせてのレシピになっているのですが、その中のひとつに春夏秋冬のワンプレートごはんが4つあります。
スタイリングも気に入っているので、ぜひ見ていただきたいです。
ブログでも上げている、おもてなしのワンプレートなどを参考にして、和食のプレートなどもあります。

また、今回の本は、レシピ案を出す期日が迫っていたので、そういう時こそ自分の過去レシピが役立つのです。
自分の過去記事をさらって見てみると、忘れていたようなレシピがあって、「これいただきっ!」とアレンジしたりしました。ありがとうブログ、と思いました(笑)。さっとできる簡単レシピが役立って、
●「きつねピザ
●「大根パスタをアレンジしたもの
●「ストウブおでんなど」、 大好きなストウブ鍋を使ったレシピも載せています。

エキサイトブログ編集部:ブログを続けていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
はるひさん:ブログは原点なので、ずっと続けて行きたいな、と思っています。
ブログは100パーセント自分を発信していける場所。気は抜けません!
今回の本もブログのおかげで出版することができ、すごく感謝しています。

そして、本を作るに当たって協力してくださった方がたくさん。
撮影は部活のようだったので(笑)、アシスタントのゆっこがこんなに感動する記事を書いてくれました。
そして、協力をいつも惜しまない我が家のおとうちゃん、子どもたち。本当にありがとう。
周りの方々に支えられて、私は本当に幸せ者だと思います。

c0039735_11225312.jpgエキサイトブログ編集部:2012年の目標やこれからの夢は?
はるひさん:料理の世界でもっと活躍していきたいです。
できたら、今回のようなスタイリング込みのお仕事がもっと来るといいなと思っています。
ハーブティーの販売も考えているのですが、それに当たってもう少し自分も勉強しなくてはいけないと思っているので、4月から学校に通って勉強をはじめる予定です。
2012年も燃え尽きようと思っています(笑)。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、はるひさんにとって幸せを感じることは?
はるひさん:飼い猫の「ちくわ」がかわいすぎます。
毎晩、腕の中で一緒に寝るのですが、甘えん坊の彼女のような猫。
ふわふわ、もふもふの中で一日を幸せに終えることができるのです。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて読者のみなさんにメッセージをお願いします。
はるひさん:いつも見てくださってありがとうございます!
もっとブログをまめに更新して、レシピをアップしたいと思ってはいるのですが…すみません!
体にも、心にもやさしいごはんをこれからも作っていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【はるひさんの著書】

c0039735_1125596.jpgはるひごはん。はるひさんのおうちで作りたくなるひとり暮らしのレシピ
定価/1260円
出版社/ブティック社
発売日/2012年2月8日


★2010年5月13日、「今週のピックアップブロガー」の登場記事はこちら

★はるひさんの「はるひごはん。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-02-12 16:04

c0039735_211267.jpgふたりのお子さんを育てるワーキングマザーでありながら、家の中はいつでもすっきりきれいに整頓!キッチンやランドリースペースはスチールラックやボックスを賢く使って、効率よく収納したり、お子さんのままごと用キッチンや家具をご主人と手作りしたり、ベランダをすてきに変身させたり…。「なるほど~!」ととっても参考になるアイディアや、すてきなインテリアの話題がいっぱいです。
整理収納アドバイザーの資格も持ってらっしゃるというだけあり、とにかくムダな動きをなくして、家事をラクにする!ことを徹底しています。

「私は家事が苦手」「家の中がちゃぐちゃで、片付けるのが苦手…」という働くママからは、「すご~く参考になります」と注目。「インテリアもとってもおしゃれ!」「短時間で効率よく収納できるコツを教えてもらっています」と憧れる読者も大勢います。

そんな中でも、お子さんたちとのスキンシップを大切にした記事は、心あたたまるものがあり、忙しい中でも自分らしく楽しく快適に暮らす“幸せな日々”が伝わってきます。

今週は、働く女性にとって、とっても参考になる話題をお届けしてくれる、「■・・OURHOME・・■」のEmiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Emiさん:こちらこそ、いつもお世話になりありがとうございます。
ブログをはじめたのは、2008年の2月になります。当時はちょうど結婚して2年がたった頃で、インテリア好きの主人と作った家具や雑貨、日々の記録を残しておきたいなと思ったのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Emiさん:■・・OURHOME・・■は、インテリア・収納を中心に、主人と2歳の双子との暮らしを少しずつつづっています。2009年に整理収納アドバイザー1級取得しました。
平日は働いているため、時短家事のことや、忙しい中でも大事にしていることなどを、ゆるゆるとつづっております。

c0039735_1154675.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
Emiさん:ブログが名刺代わりとなって、私の好きなものやこだわりを伝えてくれるツールとなり、友だちの友だちと仲良くなれたり、つながったり。また、ブログから雑誌やテレビに出演させていただいたりと、はじめた頃は想像もつかなかった世界へと連れて行ってくれました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Emiさん:几帳面なようで、根はズボラです…。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Emiさん:ブログをはじめて間もないころ、素敵な暮らしをしていらっしゃる方だなぁと思ってコメントさせてもらった、3人のお子さんをお持ちのブロガーさん。当時、男女の小さな双子ちゃんの写真を見て癒され、ブログ上で仲良くさせていただいていました。その数年後、なんと私も男女の双子を授かり、何かご縁があったのかなぁと思っております。いつか、お会いできたらな。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Emiさん:ズバリ、収納!
寝てもさめても、収納のことを考える時間はドキドキ、わくわくします。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Emiさん:ひとつは、わたしたち夫婦の共通の夢なのですが、双子の子どもたちが20歳をむかえたら、豪華でなくてもいいので自然のある場所に別荘がほしいなぁと話しています。
そこは週末になると、自分たちの友だちや家族、たくさんの人で集う場所。それから、もうお酒も飲めるようになった双子たちが、友だちや恋人も連れてきて、みんなで一緒にワイワイ。好きな人と、好きなモノと自然にに囲まれた週末暮らし。それが20年後の理想の夢です。

c0039735_11493742.jpgエキサイトブログ編集部:とても参考になる収納アイディアやすてきなインテリアの数々ですが、収納を考える楽しさや暮らし上手のコツ、整理収納アドバイザーになられたきっかけは? また、自分らしいインテリアのこだわりや記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
Emiさん:母が好きだった雑誌に影響を受けて、インテリアに目覚めたのは9歳のころです。その頃、初めて自分で買ったインテリア誌「ティーンの部屋」。周りの友だちが「りぼん」や「なかよし」に心奪われる頃、この雑誌を買うために、おこづかいをためて本屋さんに行っていた小学3年生(笑)。
そこから奥様雑誌をむさぼるように読み、収納術や節約術に興味津々、趣味は「模様替え」という学生でした。
大学を卒業してついた仕事は、たまたまインテリア収納関係。資格は仕事で役立てばいいなと思って取得しました。
また、主人も昔からインテリア好きの学生だったので、結婚後は家具を買うのも、雑貨ひとつ飾るのも、ふたりで相談しながら決めています。
収納を考える楽しさは、新しいものを買うのではなく、いままで家にあるものをつかって組み合わせてそれがぴったりおさまるアイデアを思いついたときが爽快!ですね。

記事アップのときに心がけているのは、読んでくださる方が読みやすいように、文章をあまり長くならないようにしたり、写真を入れて見やすいようにしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Emiさん:大切にしているのは、2歳になる双子たちとの遊びの時間です。平日は働いているので、子どもたちと触れ合えるのはほんの少ししかなく…。ですので毎晩、夕食後30分は必ず家事をまったくせず、子どもたちと思いっきり遊ぶ大事な時間にしています。

c0039735_11491314.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Emiさん:『自分が気に入っている記事』
★2011/7/7「ランドリー収納@毎日の洗濯。
仕事と家事と双子育児を両立させるために、時短家事を心がけています。几帳面そう~と言われるのですが、根はズボラ(笑)。毎日の大量の洗濯をいかにスムーズに終わらせるかを書いた記事です。私のズボラさがわかっていただける記事かと思います。

★2010/12/16「手作り、ままごとキッチン。
わが家の男女の双子のために、ラブリーすぎない、男女ともに使えるユニセックスなままごとキッチンを作ろう!と、主人アイデアを練り、DIYした記事です。
子どもたちには、欲しいものは何でも買わないで、一度工夫して作ってみることを学んでいってほしいという思いをこめて作った大好きなキッチンです。

★2011/7/24「ベランダをウッドデッキに。
新居のベランダはリビングから丸見え。そこでベランダもリビングの一部にしてしまおう!とペイントしたウッドデッキを敷きました。好きな雑貨や家具を並べたお気に入りの空間です。

『読者に評判だった記事』
★2010/1/27「子ども写真の整理方法~PCフォルダ編~
★2010/1/29「子ども写真の整理方法~アルバム編~
http://ourhome305.exblog.jp/12053910/
双子の子どもたちの写真整理をどんなふうにしようか、生まれる前からいろいろ考えて作りだした、写真整理と育児日記を兼ねる方法を書いた記事です。このブログにたどり着くキーワードとして一番多いのが「子ども写真整理」。
この記事を見て同じようにしてくださった方がたくさんいて、「子どもが喜びました!」とコメントいただくことも増え、とってもうれしく思っています。

c0039735_1527781.jpg


★2010/10/7「はなまるマーケット放送内容のまとめ
このブログがきっかけで、TBS『はなまるマーケット』から声をかけていただき、収納ブロガーとして出させていただきました。そのときの放送内容をまとめたものです。放送日は1日で15万アクセスと信じられない数字!テレビの影響力のすごさを感じました~。

c0039735_11481568.jpgエキサイトブログ編集部:今いちばんしたいことは?
Emiさん:「学ぶ」こと。ジャンルは幅広く。先日30歳を迎え、自分の中にたくさん引き出しを作りたいな、と思うようになりました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Emiさん:最強寒波。みなさまお風邪などひかれませんように・・・。早く、あったかくなるといいですね~。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Emiさん:最近は、更新もあまり頻繁にできていないのに遊びに来てくださる方がたくさんいらっしゃって、本当にうれしく思っています。今年はインテリア、収納についてたくさん書くつもりなので、またどうぞよろしくお願いします。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【Emiさんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログはたくさんあって選ぶのが難しいので、中でも特に素敵だなと憧れているブログを2つご紹介します。

●「おいしい時間」 
ふたりのお子さんを持ちながら、ワーキングマザーとして働いていらっしゃる方のブログです。。忙しい中でもきちんと食事を作ってらっしゃったり、イベントごとも手を抜かずされていていつもすごいなぁと尊敬です。

●「四季暮らし 花あそび
この方は、以前ピックアップブロガーとして紹介されていた方です。
コメントさせていただいたことはないのですが、素敵なフラワーアレンジメント、選ぶもののセンスのよさにいつも素敵だなと拝見しております。




【Emiさんのライフブログ】

The Swinging Star

DREAMS COME TRUE / エピックレコードジャパン


年末にCDを整理していて、何年かぶりに自分が12歳の頃はじめて買ったCDを聞きなおしました。
はじめて買ったものなので思い入れがあります。
やっぱりいいです、ドリカム!

Emiさんの「■・・OURHOME・・■」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2012-02-05 15:35