今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_11221245.jpg一年のうちで一番happyな気分に包まれる特別な日。それは誕生日!
生まれてきたことに感謝をし、“これからの一年もすてきなことがありますように!”と希望がもてる日。大切な家族や友だちから、「おめでとう」と祝福してもらえ、だれもがあたたかい感動に包まれる日ですね。
毎日やって来る日は、きっとだれかの誕生日…。

そんな誕生日を祝って、まいにち描き続ける「Happy Birthday」ケーキのイラスト。その日誕生日を迎えた人はもちろん、そうでなくても、見ているだけでほんわりと心があたたまります。
震災の日を境に描きはじめた「Happy Birthdayケーキ」のイラストは、もう40枚以上になりました。被災地で誕生日を祝えない方にも、「ケーキのイラストでお祝いしたい」「心が癒されますように…」という思いをこめて。

また、お出かけした写真にイラスト付きで楽しくレポートした旅の記事などもとてもキュートです。
今週は、そんなイラストを通してhappyな気分に包んでくれる、「まいにちまいにち」のかよさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
かよさん:こちらこそ、長い間大変お世話になっております。はじめまして、かよです。まず、先日の大震災の被害にあわれた方々や、避難生活を強いられているみなさまの、1日も早い心の安らぎをお祈りいたします。

私のブログは、自身で持っていたホームページの日記として使っていたのがはじまりです。そのホームページは閉鎖してしまいましたが、今はこちらのブログをメインにして、私の作品をまとめて紹介している“まいにちまいにち =ANNEX=”と一緒に運営させていただいています。

c0039735_11225455.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
かよさん:私のブログは、もとが日記ということもあって、タイトルどおり私のまいにちをつづっているブログです。そのときに興味のあったもの、おいしいと思ったもの、かわいいと思ったもの、きれいだなぁと思ったもの、うわーかっこいいなぁと思ったもの、そんなものを少しずつ更新しています。

今は特に、震災被害にあわれてお誕生日をお祝いできない方たちのために“birthday cake for all” という題をつけて、まいにち誕生日ケーキの絵を描いています。ただ、絵なので生のケーキを囲んでお祝いをすることとは比べものになりませんが、1年に一度しかやってこない誕生日の特別な気持ちを、少しでも味わっていただけたらと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
かよさん:「継続は力なり!」ということでしょうか。毎日のログをコツコツと残していくことで、あとで振り返った時に、“わー、なんて恥ずかしい文章を書いているんだろう!!”とか、“素敵な写真を撮っていたなぁ”とか、“あのときはこういう気持ちだったなぁ”と、日記帳につける日記よりも気軽に振り返ることができて、とても面白いなぁと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
かよさん:描いた絵をすぐにたくさんの方に見てもらえることや、今日の感動をすぐ発表できることです。そしてその反応がすぐに返ってくること。とても素敵なことだなぁと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
かよさん:のんびりしてぼんやりしていることが多いけれど、実はすごく頑固で几帳面。“なんかおもしろそうだなぁ”ということが好きです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
かよさん:私のブログに訪れてくれている常連さんは、ほぼ仲のよい友人が占めているので、それ以外の常連さんにもいつかお会いできたらなぁと心より思っております。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
かよさん:一番好きなことは、ものをつくること、お散歩をすること、おいしいものを食べること。今まさにはまっていることは、簡単な漬物を漬けることで、つい先日は大量のピクルスを漬けました!それと、「水曜どうでしょう」と、MONSTER HUNTER PORTABLE 3rdです。

c0039735_1134453.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
かよさん:私の描く絵や作ったものを売る小さなお店を持つことが今の目標です。将来は縁側があって、はだしで庭に降りられるような緑がいっぱいなおうちに、かわいいネコと住みたいなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:毎日アップされているバースデーケーキにとても心が癒されますが、イラストを描くことになったきっかけやバースデーケーキを毎日描いていらっしゃる思いは? また、イラストを描く楽しみは?
かよさん:私はイラストレーターとして学生時代から少しずつ絵を描いています。
大学卒業後すぐに留学をした友人へ、私の絵をつけて手紙を送ったところ、友人からの返事には、私の絵が彼女を元気づけることができたこと、そして彼女の外国人の友人たちも私の絵をすごく気に入ってくれて、彼女もとてもうれしい気持ちでいっぱいだったということが、丁寧に書かれていました。それに本当に感激して。この出来事がイラストを描きはじめたひとつのきっかけです。

3月の大震災では、私も東京に住んでいるので、とても大きな揺れを感じました。(その日の記事)しばらくの間眠れず、ナーバスな日々を過ごしていたのですが、私の被害はティーカップのひとつやふたつだったので、被害に遭われている方のことを考えると、“いつまでもくよくよしていられないなぁ”と思っていました。

そんな震災の直後、友人が“こんなときだけど、こんなときだからこそ、ちゃんとお祝いしたい!”と、3歳の娘ちゃんのためにケーキを用意し、誕生日のお祝いをしていたのをtwitterで知りました。その時に写真で見せてくれたケーキを“プレゼントになるかな”と思い、絵にしてブログで紹介したところ、友人はその絵を大変喜んでくれて。“ほんと被災地の方はお誕生日も祝えないでいると思うと…。イラストで癒される人も必ずいると思う!”と話してくれたのです。

その言葉を聞いて、“ああそうか!”と、ぴっかり。“被災された方たちは、誕生日を祝う余裕もなく、ケーキなんてもってのほかなんだろうなぁ”と思いました。そんな方たちのために、私はおなかや口を満たしてさしあげることはできないけれども、ケーキの絵を描いて、それが、ささやかだけどお誕生日のお祝いになれば…と思いました。というわけで、その日から、まいにちひとつずつ誕生日ケーキを描きはじめました。

私も、絵を描いているときは集中して時間を過ごせるので、まいにちケーキの絵を描いてブログに更新することは、震災でナーバスになっていた私の心の支えにもなりました。本当に感謝しています。

c0039735_11354787.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
かよさん:散歩をしたり自転車に乗ったりと、ひとりで過ごす時間も好きですが、友人と過ごす時間はそれ以上に大切にしています。
そんな友人たちとは、いろいろな部をつくって活動しています。
一眼レフでも携帯でも、とりあえずカメラを持ってみんなで散歩をしようという、カメ部。集まっておいしいものを食べながらモンハン(ゲーム)をしようという、モンハン部。フルーツパーラーをみんなで満喫しよう!というフルーツパーラー部も、そろそろ活動が始まりそうです。

その他に、よむぽるカルテットという、リコーダーカルテットのメンバーとして活動をしています。去年の春から活動しているのですが、昨夏、私と友人の作家さんとで開いた展示会で小さな演奏会を開きました。今年の秋冬にも演奏を披露する機会がありそうなので、さっそく曲決めをはじめているところです。
私は、普段はスタンドプレイが多いので、4人でひとつのものを作りあげることを、とても新鮮に感じています。

どの活動も、友人とあるひとつの物事をかこんで時間を共有することで、お互いの、そして自分のいろいろな面が見えたりして、とてもおもしろいなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、読者に評判だったポストは?
かよさん:今まさに、毎日更新し続けている誕生日ケーキの絵は、ありがたいことにブログの常連さんにも友人たちにも“すごく素敵だね!”と声をかけてもらっています。そして実際スケッチブックを見たことのある友人には、“やっぱり生の絵のほうがふんわりしていて好き!”とも言われたことがあるので、何かの形でみなさんに見てもらう機会もできたらなぁなんて思っています。
わたしが食べたいなと思ったケーキばかり描いているので、どのケーキも思い入れは深いのですが、いくつか厳選して紹介します。

c0039735_112632.jpg●2011.03.15 Happy Birthday!! 3/15!!
ケーキを描き始めるきっかけになった、娘ちゃんおめでとうケーキ。
●2011.04.09 Happy Birthday!! 4/9!! 
ちょうど、さだまさしさんの生放送番組を見た後で、彼の“がんばらんば!”という気持ちが“ずどん”と心に響いて、この気持ちを伝えなきゃ!と思っていた日でした。本当に被災者のみなさんにとっても、被災から遠いわたしたちにとっても素敵な放送だったと思います。
●2011.04.27 Happy Birthday!! 4/27!! 
この日はわたしの誕生日でもあるので、自分におめでとうと言っているようでこそばゆい投稿でした。友人たちに“自分の誕生日にどういうケーキを持ってくるか楽しみにしていたよ”と言われたのですが、今一番食べたいケーキを描きました。

もうひとつ評判のよい記事は、壁新聞のような旅行やイベントのレポート記事です。小学生の頃から、絵や写真を使って模造紙にレポートをまとめることや、学級新聞を書いたりするのが本当に好きで、その延長のような感じです。最近はあまりこのスタイルの記事を書かないのですが、時間があればまたやりたいなぁと思っています。

<主な記事>
●2007.10.01 テルミンを作った!
●2007.11.05 房総にいったよ
●2007.11.14 昇仙峡もみじ狩りツアー 
●2008.01.31 カメ部@上野動物園
●2008.07.08 スターバックスセミナー 

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
かよさん:木管のアルトリコーダーや、かわいい靴、素敵なブランケットなど、いろいろあげるときりがないのですが…。物欲魔人なので、気がつくといつも“あれが欲しい!これが欲しい!”とつぶやいています。うふふ。
でも、それよりもなによりも、いろいろな場面で活躍されている方たちとのご縁がこれからもたくさんあるといいなぁと思っています。

c0039735_11365599.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
かよさん:やはり一番気になるのは震災関連のニュースです。あまりにもすべてにおいて被害が激しいので、どれだけ被災された方たちが苦しく痛くつらい思いをしているのか、想像しきれず、いたたまれない気持ちです。
でも、わたしがひとり悲しんでいても何も変わらないので、震災被害に遭われたみなさんや、復興のために命をかけて働いている方たちのことを忘れずに、みんなの無事を祈り続け、まいにちを有意義に過ごすのがわたしの役目だと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
かよさん:いつも足を運んでくださってどうもありがとうございます!心より感謝しています。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
そしてこれから足を運んでくださる方々、とっても気まぐれで内容もスタイルもあちこちするブログなので、気になった時につまみ食いしていただくのが一番かも…。ゆるゆるとお付き合いください。どうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【かよさんのお気に入り&好きなブログ】

*『しそとネコとクルマたち 』 
カメ部部長、モンハン部ではやんちゃなガンランス使いのしそのブログです。わたしより一眼を手にとったのはちょっぴり後なのですが、めきめきと頭角をあらわし、気づいたらレンズ沼にずぶずぶ…。そんな彼の撮る写真は奥行きの中に鋭さを感じられて本当に素敵です。

*『だが断る
カメ部副部長であり、モンハン部狩頭のあっ休さんのブログです。見た目によらずかわゆいものが本当に大好きで、ペットのうさぎにめろめろ!とても鮮やかでふわっとした素敵な写真を撮ります。

*『シャチョブロナウ
わたしが心から愛しているネットショップのシャチョウさんのブログです。わたしの大好きなイラストレーター、クラウス・ハーパニエミ王子と縁のある、素敵で楽しくてバイタリティ抜群なシャチョウ。一度お会いして“本当にいつも素敵なアイテムと心意気をありがとう!”とお礼がいいたいです。

*『こんなんたべたよ』 
まいにちお昼にこんな素敵なご飯を作ってめしあがっているなんて!
料理は嫌いじゃないのですが、私は気合いを入れないと料理ができないので、手近なものでぱぱっといろんな食事を作れる方が本当に光り輝いて見えるのです。

*『大塚角満の“ゲームを読む!”
モンハン部のレポートを書いている身としては、彼みたいにおもしろい文章が書ければいいなぁと思いながら読んでいます。そして、本当に彼のレポートはおもしろいので、ぜひいつか一緒に一狩り行けたら楽しいだろうなぁと思っています。




【かよさんのライフログ】

ライオンと魔女―ナルニア国ものがたり〈1〉 (岩波少年文庫)

C.S.ルイス / 岩波書店

ナルニア国ものがたりシリーズ
学生の頃から、シリーズの“ライオンと魔女”のお話が本当に好きで、あまりの好きさに大学時代にレポートを書いたほどでした。最近は“朝開き丸、東の海へ”が映画化されて見に行きましたが、本当に素敵で、ナルニアファンの友人と大興奮でした。

ジョジョの奇妙な冒険 1~7巻(第1・2部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))

荒木 飛呂彦 / 集英社

ジョジョの奇妙な冒険シリーズ公式ホームページ。 
話も絵も昔から本当に好きなマンガです。作者の荒木先生の絵や挑戦的なカラーリングのセンスは既に彼でしか成し得ないものになっていて、本当に芸術的だなぁと思います。

15周年ベスト

栗コーダーカルテット / ジェネオン・ユニバーサル


栗コーダーカルテットの公式のホームページ。
つい先日、初めて彼らのライブを間近で見て、彼らのすさまじいテクニックに、それを一切感じさせないMCに、感動しました。先日のライブツアーで限定販売されているCD『MEET the KURICORDER QUARTET』が今一番好きなのですが、手に取りやすいこちらのCDを紹介します。

ハウルの動く城 [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント


ジブリの映画はどれも好きなのですが、一番回数見ているのがハウルです。見れば見るほど味が出てきて、初めて見た時は“おもしろくない”と思っていたのですが、今は好きなジブリ映画の3本指に入る映画になりました。とはいえ、他の2本は何?と言われても、どれも好きなのでとーっても悩みます…。

モノノ怪+怪~ayakashi~化猫BOX [Blu-ray]

角川映画


モノノ怪公式ホームページ。
絵もデザインもアニメーションもとても美しく、さらにストーリーも、どこをとってもすばらしく、テレビで放送されていたときは毎週の放送が待ち遠しいくらい、どっぷりはまっていたアニメでした。今でもふと思いたって見ることがありますが、何度見ても素敵だなぁと思います。

かよさんの「まいにちまいにち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-04-29 22:18

c0039735_15371013.jpg空き缶にアンティーク風なペイントと切手をはってコラージュした寄せ植えを、お友だちにプレゼントしたり。年月を重ねたような風合いを感じさせるシャビーな感じのアクセサリーや雑貨をハンドメイドしたり…。
アンティークレースや使ったコサージュや花雑貨をはじめ、繊細な手仕事から生まれた作品はとっても素敵。どれもセンスのよさを感じさせる独自の世界をもっています。
そんな暮らしの中のものをひと手間かけておしゃれにリメイクしたり、思いのままに手作りした作品はもちろん、自分らしく暮らしを楽しむ写真の数々にうっとり。以前、アトリエのブロガー特集でもご紹介されましたが、「bears-mammaさんの作られる世界にいつも憧れています」という読者は大勢いらっしゃいます。

今回の震災では被災地の子供たちへ贈るスクールバッグ作りにも参加したり、被災者を支援する情報なども発信されていますが、暮らしの中のリメイクやハンドメイドを通して、ものを大切にする気持ちなども改めて伝わってきます。

今週は、そんな素敵なハンドメイド作家、「bear's mamma*diary♪」のbears-mammaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
bears-mammaさん:こちらこそ、いつもお世話になり、ありがとうございます。
先にHPを開設していたのですが、ブログは簡単な操作で画像やリンクも貼り付けることができ、リンクやコメントでコミュニケーションが広がっていくことが魅力でした。
エキサイトブログはシンプルでハンドメイド作家さんも多く、私もアトリエ訪問の取材でお世話になり、作品を投稿させていただきましたが、手作りをしている者には、とてもいい環境のブログサイトだと思います。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
bears-mammaさん:空き缶をリメイクしたり、アンティークな素材を使ってのコラージュ雑貨やプリザーブド・フラワーを使った花雑貨アクセサリーなどいろいろなものを手作りして楽しんでいます。そんなハンドメイドの作品をご紹介したり、それにまつわる話題を中心に、ほかにも暮らしの話題やおいしいもの、季節の風景など…をアップしています。
欲張りなので、いろいろな話題のてんこ盛りのブログで、洒落た言い回しもできず…。みなさんが憧れるような素敵なブログではありませんが、友だちの家に遊びに来て、いろいろなお話をしているように感じで、気取らずに読んでいただけたらと思っています。

c0039735_152650100.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
bears-mammaさん:私は出不精で人見知りなところがあるので、自分から積極的に出かけて行って、新しく人と関わろうという気力があまりない人なのですが、ブログのおかげで、素敵な作家さんたち、自分とは違うカテゴリーの方ともネットの中で出会うことができました。
また、忙しくなんとなく過ぎていってしまった日々でしたが、何気ないことでも楽しみ、工夫していくようになったと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
bears-mammaさん:自分の生活のペースで更新できて、いろいろな方と住んでいる所の距離や時間に阻まれることなく、おつきあいができることですね。
また、ブログでおつきあいしている方に、実際に初めてお会いした時も、ブログでお話していた内容などで、その方の生活や好みなどを垣間見ているので、楽しい時間を過ごすことができました。

c0039735_16103576.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
bears-mammaさん:石橋を渡る前に心配で叩きすぎて壊してしまう人。でも、壊さないように気をつけています(笑)。
そのわりに、おっちょこちょいだったりします。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
bears-mammaさん:コメントなどで、お話させていただいている方はみなさん楽しい方ばかりで、ぜひお会いしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
bears-mammaさん:息子をギュゥ~と抱きしめることです(笑)。まだ小さくて、ぽちゃぽちゃしていて可愛いですよ~。いつまで、させてくれるかわからないですけど(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
bears-mammaさん:娘が「パティシエになりたい」と言っているので、期待して…のんびり小さな店でも一緒にできたらいいななどと思っています。

エキサイトブログ編集部:暮らしの中のものをリサイクしたり、すてきなハンドメイドを楽しんでらっしゃいますが、手作りのきっかけや楽しさ、自分らしい作品づくりについて語ってください。
bears-mammaさん:母もいろいろ手作りをする人だったので、小さなころからハンドメイドは好きで、いろいろなものを手作りしていました。
被服の専門学校にも通いパタンナーもしていたので、はじめは縫いものが中心の作りものでした。そのうち結婚して、小さな庭ができたのをきっかけに、庭で育てた多肉植物などをお友だちにお裾分けするのに、プラスチックの容器は味気ないし…と、空き缶をリメイクしたものを作り寄せ植えしてプレゼントするようになりました。そのお友だちの影響でアンティークや古いものに興味を持つように…。アンティークレースなどの素材を使ったコサージュやアクセサリーも作るようになり、コラージュや花雑貨にも広がって行きました。

c0039735_15351836.jpgどんな出会いにも無駄なものはなく、そんな人の出会いのぶんだけ広がった自分の好奇心が今のアンティークのものや、誰かが大切に長く使っていた古いもの、それがちょっと錆びていたり、くもっていたり、きずがあったりと…時間の色を重ねたシャビーな感じが好きで、いろいろなお気に入りをコラージュ&おめかしして、木製雑貨・布雑貨・花雑貨・アクセサリーの品作りにつながっていると思います。
そして、リメイクやリサイクル、古いものを使ったり生まれ変わらせるもの作りは、今まで“ものを大切にする”という意識より、自分が楽しくて、作ったり手を加えているものでした。安く簡単に手に入る製品も多くて、買えば手に入る時代にある意味、贅沢な楽しみかもしれないと思っていたというか…。でも、今回の震災を通して、“ものを大切にすること”を改めて感じるようになり、ただ、華やかな作品だけでなくて、普段の生活の中にある、ものを大切に、大事にする、ということを意識して発信するような作品作りもしていきたいと思うようになっています。

エキサイトブログ編集部:写真もすてきに撮られていますが、写真を撮る工夫や楽しみは?また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
bears-mammaさん:デジタル一眼レフカメラを買ったものの難しくて、フォトグラファーさんの“おうちレッスン”を一度受けて、雑貨の撮り方や簡単なカメラの操作を教えていただきました。
まだまだですが、思い入れのあるもの、好きなものは撮るのも楽しくて、パソコンに落としてから、がっかりすることも多いのですが、一緒に撮る雑貨や撮影小物を集めたりして楽しんでいます。
毎回は無理ですが、季節を感じられるようなものも入れるようにしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
bears-mammaさん:狭い庭なのですが、花を摘んで水をまいて、多肉を増やして寄せ植えしたり、のんびり眺めたり…。季節を感じる時間は癒されますね~。
他にも、娘とは洋服や雑貨のお店を見てまわったり、家事を一緒にしたり。今年、小学生になった息子は、親バカですが、かわいい時期で眺めているだけで、楽しいですね~(笑)。家族で過ごす時間は大切にしています。

c0039735_15404083.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
bears-mammaさん:●2010-06-17「シーリング・スタンプ
コラージュには欠かせない、お気に入りシーリングスタンプです。
道具などは専用のものでないものもあるのですが、みなさんも気になるようなので、紹介させていただきました。

●2010-10-29 「コラージュ* リメイク缶~多肉ちゃん
缶をコラージュでリメイクして多肉を植え込んでみました。
寒くなる前で多肉の紅葉は進んでいませんが、プリプリの多肉が、コラージュ缶からごぼれる感じが大好きです。

●2010-11-06 「Tokyo Design Festa vol.32.....2-1
前回、楽しみにしている東京ビックサイトで行われる『mignon ensemble』としてpetipetitのkiyomiちゃんと参加しているイベント「デザインフェスタ」です。
お客さまやブログのお友だちと直接お会いできる場でもあり、毎回、楽しみにしています。

●2011-02-24 「くるカラと多肉ちゃん♪
くるカラは大好きな素材でクラフトにガーデンに大活躍しています。
小さなクルミの殻に赤ちゃん多肉を詰め込んだこの寄せ植えは、とくにお気に入り。お友達にプレゼントしました。

●2011-03-05 「String Stand
新しいショップ用に久しぶりに作った糸立てです。
この麻の糸がもう手に入らなくて、これが最後になるかもしれない、思い出の一品です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
bears-mammaさん:ちょっと前までは、思いついた時にふらりと、お散歩がてら行ける素敵なカフェでしたが、今、一番欲しいものは、子どもたちが安心して暮らしていける環境です。
フリータイムをもらったらいつもは遠くて行けない素敵なショップめぐりをしてみたいですが、いつも通り、家で過ごしてしまいそうです(笑)。

c0039735_1695644.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
bears-mammaさん:やはり震災のことですね…。
東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、被災された皆さま、そのご家族の方々に心よりお見舞い申しあげます。

私は関東に住んでおりますが、この日、今までに体験したことのない揺れに驚き、外で遊んでいた息子を抱きしめて立っていられず、座り込んでいました。
その後、テレビからは驚く光景が…次々と入ってくる状況は、想像以上に深刻なもので、みなさまが今回の災害にショックを受けていると思います。
今まで、いろいろなことを知らずに今ある環境を当たり前のように過ごしていました。
教えてもらわなかった、知らなかったではなく、自分にできることを考え、自ら情報を集め見極めていかなければならないとならないと考えるようになりました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
bears-mammaさん:いつもご訪問頂きありがとうございます。
コメントは余裕のあるときしか開いていませんが、みなさんとお話できるのはいつも楽しみにしています。
また、私もそうですが、ちょっとした勇気やきっかけがなくて、コメントまでは…という方も、いつもありがとうございます。
ブログでたくさんの出会いをいただきました。これからも、よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【bears-mammaさんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログは本当にたくさんあり、とても悩みましたが、いろいろなジャンルから少しずつ、ご紹介させていただきます。

natural色の生活~handmade家具
mignon ensembleとしてイベントやネットショップで一緒に活動させていただいているpetipetitのkiyomiちゃんのブログ。素敵なインテリアとアクセサリーを作りだす作家さんです。
彼女には、一日24時間以上あるのではないか?と思うほど、よく働き家族を大切にし、なんにでも一生懸命!!可憐な姿からは想像もつかない強い心の持ち主。そんな彼女の魅力たっぷり詰め込んだブログにいつもパワーをもらっています。

salvage antiques
素敵なアンティークの品々とコーディネート。
何気ないものが、こんなに美しいんだと思わせる演出。日常を忘れさせてくれる世界観に美しい写真に目が奪われます。

Café shibaken
季節のお花や雑貨、美味しそうなランチメニューやケーキを見ては、「また行きたい~」と眺めています。
温かくゆっくりとした空気が流れています。

フローラのガーデニング・園芸日記
スタッフの皆さんで作り上げられた、こちらのガーデンはとにかく素敵。
魅せられる寄せ植にシャビーな雑貨づかいもツボです。
撮影の小物もよくコチラで調達しています~。

JJ Paradise
ブラウン兄弟とJJちゃんが織りなすファッションありグルメありの楽しいブログです。
時には考えさせられ、時にはPCの前で一人吹きだして大笑い。
美しくてお茶目なJJちゃんのとりこです。




【bears-mammaさんのライフログ】

ビネッテ・シュレーダーが好きなので、彼女が絵を描いている絵本などを眺めるのが好きです。

グリム童話 かえるの王さま (大型絵本)

グリム兄弟 / 岩波書店


学生の時にの課題で模写をした思い出の作品です。

影の縫製機

ミヒャエル・エンデ / 長崎出版


ミヒャエル・エンデの詩とビネッテ・シュレーダーの線画のコラボで、素敵な一冊です。詩もちょっと哲学的で絵本というより大人の読みものです。

bears-mammaさんの「bear's mamma*diary♪」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-04-20 15:02

c0039735_17543435.gifにこにこ、のほほ~んとおだやかな顔した「わに」くんに、いつも一緒に寄り添う「さかな」くん。1日の終わりやちょっとひと息つきたいときに覗くと、こちらまでにっこりあたたかい気持ちに包まれる、ほのぼのしたイラストに心癒されます。
イタリアでの日々や何気ない思い、小さな幸せをつづった日記に登場する、さかなとわにのかわいいキャラクターがまるで絵本の世界にいざなってくれるようです。「ここにくるといつもほっとする」という読者ファンに親しまれています。
東日本大震災後には、現地でのチャリティに参加し、日本への支援もしてくださいました。

今週は、イタリアから、疲れたときはほっとひと息ついてほしい、という願いをこめて…。「さかな と わに」のsakanatowaniさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
sakanatowaniさん:こんにちは。こちらこそ、いつもお世話になっています。
このご連絡をいただいた時初めに思ったのは、「どうして私のこと知っているの!?」でした(笑)。
私のブログは10名ほどの心やさしきごく少数読者に支えられた、細々ブログなので…。

ブログをはじめたのは、他の方のブログにコメントを書かせていただいているうちに、「やってみたら?」とコメントのお返事ですすめられて、私にもできるかな〜と思ったのがきっかけでしょうか。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
sakanatowaniさん:イタリアに住む私の、日常見たこと、思ったことを、イラストで紹介しているブログです。
はじめてまだ1年足らず。他の方の記事にコメントを残す時のようなリラックスした気持ちで書いていきたいと思っているんですが、まだなかなかそれが難しく、試行錯誤しています。

c0039735_17552969.gif


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
sakanatowaniさん:人とのつながり、でしょうか。ブログを通して、身近に感じられる方と知り合える経験をいろいろな方が書いてらっしゃいますが、本当にそうなんだなあと思っています。

私ごとですが、ここ数年、本当に何をやってもうまくいかず、いろいろな意味で本当にどん底の状態でした。前向きに毎日がんばっていても、そのうちふと、気持ちが折れて、希望をなくしてしまう時があるんですよね。
そんなときに、当時、スペインのオーベルジュで働いていらっしゃった『カタルーニャバンザイ!』のtomoさんの記事にあったひまわり畑の写真を見て、「もう一度、生活を立て直してやる!」と、力をもらいました。
彼女の前向きさ、努力を続けていく姿には、いつも励まされます。今月には日本で、ご自分のレストランを開店されるんですよ。応援しています! まだお会いしたことはまだないんですが、一緒に何かしたいねと話しているんですよ。
そんな、特別なできごとと出会えるのも、ブログが教えてくれたことかなと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
sakanatowaniさん:どっしり構えているように見えるけど、実は感情移入が激しくて、ひとりでこっそりオタオタしてることも多いかな。でも変なとこで超マイペース。腹をくくったら強いです。あ、ぜんぜんひとことじゃないですね(笑)。

c0039735_1755634.gif


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
sakanatowaniさん:すでに会ってるような気がしてる方は、『LA MAISON DE MOINEAU〜雀のお宿〜』のsuzumeさん。
海外在住25年のキャリアを生かして、現在、横浜でお料理教室をされています。ブログがきっかけで、お料理教室の名刺とキャラクターを作らせていただきました。おいしいものを楽しんで作って、楽しく食べる、落ちついて気さくな、大人の女性だろうなと想像してます。さばさばっとしてる彼女の文章も大好きです。

そして『カナマルミナコ イラストブログ さんたま日記』のミナコさん。おふたりのお子さんとだんなさまとの日常生活を、色鉛筆で彩色したかわいいイラストで紹介されています。さすがのイラストが私のツボ。特にお子さんのちょっとしたしぐさなどは、プロの観察力はすごいな〜と、勉強させていただいてます。彼女のものごとを見る独特な視点もいいんですよ〜。いつも楽しみに更新を待っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
sakanatowaniさん:版画。とくに銅版画です。
今、イタリアの美術大学の版画科にいて、毎週2日の工房での、朝から10時間、黙々と作業する日がたまらなく大好きです。
イラストで描くものとはまったく別の、抽象的なものが自分から出てくることが、驚きでもあり楽しくもあり。ずっとずっと続けていきたいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
sakanatowaniさん:目指していることは、絵本作家として働きながら、自分の工房を作って銅版画も続けること。版画工房で働けたらいいなとも思っています。
そこに夢をつけ加えるとしたら、家がほどよい田舎にあり、そこからは山々が見え、小さな畑を作って草花や果樹に囲まれていて…。近所の方ともたくさんの交流があり、工房は家から少し行った町にあって…と、そんなところに住めたらいいなと思っています。そして、仕事でもプライベートでも、たびたび旅行をする…。そんな生活に憧れています。

c0039735_1756271.gif


エキサイトブログ編集部:「さかな」と「わに」のかわいいイラストがとてもほのぼのしていますが、イラストを描くことになったきっかけやイラストを描く楽しみは? また、自分らしさを出すために、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
sakanatowaniさん:小さい頃から絵はいつも描いていました。
中学校では美術部を作って、家では食べることも忘れて絵を描いてましたね。今はこんなに食いしん坊なのに…(笑)。
イタリアに来てからは変に考えすぎてしまって、スランプの時期が長くありましたが、最近、ずいぶん自分らしい楽な気持ちで描けるようになってきたように思います。

いつのころからか、好きでいつも描いていた「わに」くんのキャラクター。東京で仕事をしていた時も、わにくんを描いたシールを、自分の仕事道具にはっていました。
それからイタリアに来て日本人が多くもなく少なくもない町に住みはじめたら、いつも町でジロジロ見られ、自分がわにになったような気がしていました。でも、気持ちはいつも自由にどこにでもいける「さかな」くんのようでいたいと思っているので、ブログのタイトルは「さかなとわに」に…。詳しいエピソードは、後で記事リンクでご紹介します。

今、絵本を出版したいと思っているんですが、絵本用に描くイラスト、ブログ用のイラスト、そして銅版画と、違うタイプのものを描いているので、自分の中のバランスがよく保てているように思います。
ブログに使うのは、ほとんどがコンピュータで描いたものです。いつもは紙に絵筆で絵を描いているのですが、コンピュータで気軽に絵が描けるようになるといいなと思ったのも、このブログをはじめたきっかけなので。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
sakanatowaniさん:とにかく毎日慌ただしく走り続けているので、ふとした時に公園や庭の木や花を見るのが、自分の気持ちをニュートラルにしてエネルギーをもらう大事な瞬間です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?

sakanatowaniさん:●「頭の中のフラーッシュ!!」(2010年11月11日)
こんなこと自分だけかな?、コメントひとつもないかもな…と思っていたら、「私も!」という方が意外に多くてびっくりでした。

c0039735_17562579.gif


●「さかなとわに」(2010年7月18日)
なぜタイトルがさかなとわになのかを、恥ずかしながら語っています。

●「そうだね、そうだね」(2011年3月16日)
人とのつながりが、本当に大事であたたかなものだと、昔からの友人やいただいたコメントで実感した記事。

●「イライラ・クリスマス」(2010年12月24日)
クリスマス前のバスの中でのちょっとしたびっくり事件。
感情丸出しのイタリア人らしいなあというエピソードです。

●「小さな中国のお針子」(2010年8月14日)
図書館で借りてきた映画のお話。「つくる」ということの本質を再確認した、思い出のエピソードです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
sakanatowaniさん:イラストと版画のことだけを考えて、その作業に没頭して、そしてリラックスして料理ができる、そんな日々。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
sakanatowaniさん:これは自分だけのニュースなのですが、つい最近、3年ぶりに自分の住む町を出て、ボローニャの国際絵本展に行ったこと。
同じ目標を持つ友人たちと再会して刺激を受け、具体的に「やるぞ!」と力がわいているところです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
sakanatowaniさん:今、いろいろな場所で、それぞれの方が、毎日、踏ん張って、思いやりを持って、前向きに過ごそうとしていらっしゃると思います。
でもふと疲れてしまった時、なんだか怒りっぽくなっている時、この「わにくんとさかなくん」ののほほんとした世界で、ふっと笑って、他の人への思いやりや、自分への思いやりを取り戻して、また前向きにすすめられる。そんな、“ちょっとひと息つける小さな椅子”のようなブログになれたらいいなと思っています。
のんびり更新ですが、ふらりと寄ってみてくださいね。

c0039735_1758318.gif


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【sakanatowaniさんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログはものすごくたくさんあるんですが、その中からごくごく一部をあげてみました。ご紹介できなかった方、ごめんなさい。

las manitas』 
この方のリフォーム物には、その色合わせといい、思いきりのよさといい、とても刺激を受けます!
お買い物記事は、一緒にお買い物をしてるみたいでワクワク!この方とはいつかお会いする気がしています。

ビスケットの缶』  
気持ちが疲れている時、ざわざわしている時、そっと寄らせていただくと、いつも静かにやさしく迎えてくれるようなあたたかいブログです。

ミゾリン研究室』  
もうひとつのブログ『A Taste Of The Southern Home アメリカ南部の家庭料理』とともに、この方の食への探究心、研究心は素晴らしい!実は一度もコメントを残したことがないのですが、毎月はじめの「家ごはんいろいろ」を、食べた〜い!とこっそり叫びながら見ています(笑)。

通訳Mのお仕事日記』  
日独間で通訳として活躍されているMさんのブログ。もともと彼女の「よく遊ぶためによく働く!」精神が大好きで読ませていただいていました。現在、特にヨーロッパのマスコミによる大袈裟な震災・原発報道から、二次的人災と呼んでいいほどのストレスを、海外に住む日本人が受けるようになってきています。それに対して彼女が起こした行動に、同じストレスを受けている者として共感し応援しています。

West Tokyo Today
もうかなり以前から、こっそり読ませていただいていました。少し前に、私が勇気を掘り起こしてコメントさせていただいたことからおつきあいがはじまり、いつも私を元気にしてくれるコメントをくださいます。光がいっぱい集まった透明感のあるさまざまなきれいな色が集まっているような、すてきなブログです。




【sakanatowaniさんのライフログ】

アルプスのきょうだい (岩波の子どもの本)

ゼリーナ・ヘンツ / 岩波書店


小さい頃から大好きな本。特に主人公のウルスリが冒険から帰って、お母さんが作ってくれた「むしたくりにクリームをかけたもの」が食べたくて、食べたくて(笑)。挿し絵を描いたカリジェの生まれたスイスの村の近くまで行ったことがあるのですが、今度は美術館を楽しみに行きたいです。

九月姫とウグイス (岩波の子どもの本)

サマセット モーム / 岩波書店


この本も、小さい頃から何度読んだかわかりません。武井武雄の、かわいいとは違う、不思議な魅力の絵に、いつもひかれていました。

線と色彩の詩人 (別冊太陽 絵本名画館)

初山 滋 / 平凡社


ある程度以上の年齢の方なら小学校時代、彼の絵が表紙の国語の教科書で勉強したのではないでしょうか。こちらに来てからさらに、彼の絵が、知らないうちに自分の中に深くしみ込んでいるんだなあと感じる大好きな画家です。

アルケミスト (海外シリーズ)

パウロ コエーリョ / 角川書店


ひとりで前に進んでいかなければいけない時、ひとりで踏ん張り続けていかなければいけない時、何度も力をくれた本。

レンブラントと和紙

貴田 庄 / 八坂書房


17世紀のオランダの画家・版画家であるレンブラントは、当時、日本・長崎出島から日蘭貿易で渡ってきた和紙を版画に使用していました。ヨーロッパで版画をしている今だからこそ、より興味を持った和紙、そしてヨーロッパと日本のつながりを、興味深く読みました。もっと勉強してから、再度、深く読み込んでいきたい本です。

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


こちらに来て数年目に、ひとりで映画館に行って観たおなじみティム・バートンの映画。あるシーンで、自分はわからないのにみんなが笑っていて、翌日クラスメートに聞いた思い出が。イタリアでは、イタリア語吹き替え上映がふつうなので(笑)。
今でも何度も何度も繰り返し観たくなります。こんなふうに楽しんでいきたい。映像を作るってすごいなあと思います。

Goldberg Variations

Bach / Dorian Recordings


オルガニスト、Jean Guillouさんのオルガン。
1030年生まれのフランスのオルガニストのジャン・ギューさんのオルガンを、近所の教会のオルガン・フェスティバルで聴いたのが、私の初めてのオルガン・コンサートでした。濃い霧の立ちこめる月夜の林の中から聞こえてくるようなそのオルガンの音は、今まで思っていたオルガンの音とはまったく違っていて、その時の気持ち、頭に浮かんできたイメージは、一生忘れられません。

sakanatowaniさんの「さかなとわに」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-04-16 11:05

東日本大震災から3週間が過ぎ、被災地の復興を願って日本はもとより、世界各地で支援の輪が広がっています。エキサイトブロガーの中にも、自らボランティアスタッフとして活躍されたり、募金活動をしたり、チャリティイベントを企画したり。また、地震や放射能の情報、支援に関する情報なども随時更新。海外からの応援もたくさんあります。それぞれ形は違っても心はひとつ。「被災者のために、日本のために、今私たちができることを!」と願っています。
そこで、今週のピックアップブロガーは、震災特別企画として、被災地の復興を願い、震災支援の記事を発信しているエキサイトブロガーのみなさんをご紹介します。

                * * * * *

<現地&海外でボランティア活動をしているブロガー>

c0039735_19534341.jpg発展途上国の子供を救え!小児科医吉岡秀人の戦い
国際協力医療活動を行なうジャパンハートの代表の小児科医・吉岡秀人さんが、自ら被災地に入り、現場で医療支援をしています。臨場感あふれるレポートに被災者を支える熱い思いが伝わります。
■注目記事:天と地の差」 「さあ、2リットル募金
■ブロガーメッセージ:たったひとりの医者である私に何ができるのだろう?私がそこに駆けつけてから、既に私の後に100人以上の医療者が私の呼びかけに応え、そこへ向かってくれた。
それほど、私たちは皆さんのために働きたいと思っている。皆さんと共にありたいと思っている。私たちにはそれくらいのことしかできないけど。吉岡 秀人

c0039735_19591497.jpgジョイセフのスタッフブログ
発展途上国の妊婦を守るジョイセフのスタッフが、被災地の女性を支援するための募金活動や、支援物資を届けるボランティア活動をしています。実際に現地へ物資が届いた様子などもレポート。
■注目記事:「がんばれ!!母と子の元気市(宮城県多賀城市)開催
東北地方太平洋沖地震のために寄付をお願いします。

c0039735_19595530.jpgBless4
4人兄弟のコーラス&ダンスグループBless4の公式ブログ。震災支援のため、現地でボランティア活動を行っています。これからは音楽で被災者の方々の心を癒す活動もしたいという今後の支援活動にも期待。
■注目記事:★宮城県」 「★宮古
■ブロガーメッセージ:「東日本大震災」で被害に遭われた皆様に心からお見舞いとお悔やみ申し上げます。
自然力の前に、人間はちっぽけだけれども、世界中の”心”と”手”が重なり合う時に、自然力を超える人類愛が未来への希望に導いてくれると信じています。
私たちも、微力ですが大好きな歌で元気を与えることができるように頑張っていきますので、諦めずに一緒に前進していきましょう!!
ALL 4 ONE, ONE 4 ALL
「鶴の恩返し」チャリティー基金のお知らせ!


c0039735_456581.jpgTERVE!!
フィンランド在住のぷっらさんこと、joulupullaさん。「Tutteli to  Japan」という在フィンランド日本人7人によるボランティアグループで、「被災地の赤ちゃんに支援物資としてミルクを送る」活動をされています。実際にミルクが届いた感動のレポートに注目です。
■注目記事:赤ちゃんに届いた!!
被災地の赤ちゃんたちに届け!!
■ブロガーメッセージ:今、被災地で頑張ってる人たちは、日本の宝物。
今はまだ、肝心な宝箱の修理ができていないけど、いつか必ず、ピッカピカの宝箱の中で、ぎっしり詰まった宝物たちが、光輝く時がやってくることを信じて、フィンランドから応援し続けます!


<地震・放射能などに関する情報を発信するブロガー>

c0039735_2024569.jpgteam nakagawa
東大病院で放射線治療を担当するチームブログ。医師の他、原子力工学、理論物理、医学物理の専門家がスクラムを組んで、今回の原発事故に関して正しい医学的知識を提供しています。twitterでも話題のみなさんです。
■注目記事:福島第一原発30km圏における被ばく
放射線がカラダに与える影響には、2つのタイプがある

c0039735_2034944.jpg田口ランディ「いま、伝えたいこと」
作家の田口ランディさんのブログ。地震、放射能についてなど、独自の視点でとらえたコラムを書かれています。4月10日、11日には、今回の大震災で亡くなられた方を悼む集い『東京慰霊祭』も企画されています。
■注目記事:アノニマス・エイド『東京慰霊祭』東北・関東大地震で亡くなられた方たちを悼む集い
「最悪のシナリオ」という脅しにだまされないために。
子供たちの未来のために

c0039735_205257.jpgホワイトリボン・ジャパン 公式ブログ|世界の妊産婦を守るホワイトリボン運動
世界の妊産婦を守るホワイトリボン公式ブログ。被災地の妊産婦、お子様連れのお母さん、赤ちゃんに特化した心強い情報を発信しています。
■注目記事:水道水の健康被害についての発表(日本医学放射線学会)― 妊婦さん、小さなお子さんへ
震災支援/妊婦さん・お子様連れのお母さん・女性、その近くにいる方へ
■ブロガーメッセージ:被災地の妊婦さんやママさん、放射能問題に不安を感じているママさんたちに、一刻も早く、平穏な日々が訪れますように。

c0039735_2045121.jpg私がローマで独りで始めたわけ
イタリア在住のjunkoさんが、被災地の支援の情報をはじめ、被災地の方の声、現地で活躍された方の声など、「私たちができることは何か?」を毎日更新しています。
■注目記事:一通のメイル 新しい命
省エネってことを考えた
■ブロガーメッセージ:東日本大震災でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けて、厳しい生活を送っていらっしゃる方々に、皆さまが一日も早く皆さまの日常を取り戻せるように願ってやみません。世界中の人が、日本中の人が、私も含め皆さまと一緒にその日が一日も早く来ることを祈っています。
今回ほどネットの有難さを感じたことはありません。
ネットのおかげでこうして世界の人が一堂に集い、思いを通わせ、伝えることができます。ネットのおかげで、遠くからでも何か自分ができることが発信できます。ネットは心を、愛を、運んでくれます。

被災地の皆さまのことを思う時、そこには距離も人種の違いも存在しません。そこにあるのは、ただ思う心です。小さな力が集まって、大きな力となることを信じています。


<海外からチャリティのレポートをしているブロガー>

c0039735_2061319.jpgニューヨークの遊び方
ニューヨーク在住のオフィシャルブロガー&ピックアップブロガーとして人気のNY_Liberty さん。NYから日本への祈り、チャリティー企画レポートなど。日本を応援するNYの様子を伝えてくれています。
■注目記事:ニューヨークでは日本支援イベントがさらに増加中
Ganbare Nippon! ニューヨークの子ども達からの応援メッセージ
■ブロガーメッセージ:被災地の皆さんの深い悲しみを思うと、今も涙が止みません。時間が経過するにつれ、今回の大震災の被害の様子は、ここニューヨークでも連日生々しく報じられています。
最後まで患者さんを守ろうとして亡くなられた病院の看護師の方や、自らの命をかけて津波の危険を伝え続け、今も行方不明になっている方々が何人もいらっしゃると伺いました。
また、食料も水も限られ、電気やガスもない過酷な環境の避難所で、お互いを助け合い、支えあい、いたわりあっている皆さんの姿に、世界中の多くの人々が感銘を受け、日本の皆さんのために立ち上がっています。
震災一週間後の演説の中で、オバマ大統領もこうした皆さんの姿を「これほど困難な時であっても、日本には未来への希望が残っている」と紹介し、「共にこの困難に立ち向かおう」と全米、全世界の人々に力強く語りかけました。
この震災を境に、この世界は何かが変わったような気すらします。被災地の皆さんは、日本のみならず、今や世界の未来への希望の光となりました。微力ではありますが、この希望の光を守ってゆきたいと思います。

c0039735_2072368.jpgいっちゃんの美味しい食卓~おしゃれな簡単料理
イギリス在住の人気オフィシャルブロガー・いっちゃん。「少しでも被災者への力になりたい!」という思いをこめて、自らロンドン郊外でチャリティイベントを企画。集まった義援金4050ポンドを英国赤十字社に寄付。水を使わない時短レシピなども掲載しています。
■注目記事:Japan Tsunami Appeal チャリティーイベント
水を使わない時短レシピリンク集 1
■ブロガーメッセージ:東北地方太平洋沖地震で亡くなられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、被災された皆様には謹んでお見舞い申し上げます。
言葉にならないショックと悲しみ。遠く離れている自分に何ができるのか。その答えを見つけるまでにとても時間がかかりました。見るたびに悲しみが押し寄せる映像。聞くたびに心が苦しくなる事実。
そんな中でも被災地の皆さんの前向きな姿はもちろん、日本の皆さんが被災地の大変さを思いやりながら厳しい現実の中でもつつましく過ごされている姿を見て、私も涙を行動に変えて行こうという気持ちになれました。
イギリスでもたくさんの方が親身になって日本のことを心配してくださっていました。そんな優しさを日本の皆さんに知っていただいて、少しでも元気につながればという思いでブログも更新しています。
そして、私を含めて海外在住の日本人の皆さんは、遠く離れていても日本を思う気持ちは皆さんと一緒です。実際毎日のようにいろいろな場所でチャリティーイベント、コンサート等が行われています。大好きな日本が笑顔を取り戻す日まで、できることをできる形で応援していきたいと思います。

c0039735_1724274.jpg黒部エリぞうのNY通信
ニューヨーク在住のコラムニスト・黒部エリさんが、日本への募金情報やNYでのチャリティ情報、イベントレポートを発信。エリさんご自身もいろいろなチャリティに参加して日本を応援してくれています。
■注目記事:ニューヨークから日本に届く愛もある
NYママとキッズによる日本支援は大盛況に!
■ブロガーメッセージ:被災に合われたみなさま、深くお見舞いを申し上げます。
海外にいる日本人たちは遠く離れていますが、心は日本と共にあります。
NYでは街頭募金やチャリティイベントが毎日行われていて、多くのニューヨーカーから支援と愛を受けとっています。どうかNYからの愛がみなさんの元に届き、少しでもお役にたてますように。
We will stand by you!

c0039735_172535.jpgHELPFORJAPAN
アメリカ在住のおふたり、doublemakiさんが、日本のために震災支援となる情報を発信しています。
■注目記事:HELP JAPAN FLAGS & FLIERS」 「PHOTOS
■ブロガーメッセージ:このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆様、そしてそのご家族に、心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に、謹んでお悔やみ申し上げます。
ブログを通して世界中の方々と繋がることができました。アメリカの各地、パリ、ウィーン、スリランカなど、本当にいろいろな所で日本支援のために頑張っている人がいるようです。
大きな団体の方や個人で頑張っている方、才能を生かして活動したり、周りの人と手を取り合って、と色々な方法で日本支援のために精一杯努力しています。
世界が一体として日本のために頑張って応援と愛を送っているのです。
世界中のみんなのこの想いが被災者の方達へ届く事を願っています。
みなさん、一人ではありませんよ!世界のみんなが一緒に頑張ってますよ!

一日でも早く被災者の方々穏やかな生活に戻れることを心からお祈りしています。

c0039735_2093712.jpgshina_poohな日々@San Francisco
カリフォルニア州ベイエリア在住のshina_pooh_at_sfoさんが、海外在住ブロガーとして、「自分は何ができるんだろう」と大震災に寄せる思いや、他のブロガーさんへのメッセージ、地元でのチャリティー活動などを取り上げ、被災者への思いを伝えています。
■注目記事:No.970 東日本大震災によせて
No.972 東日本大震災によせて 3
■ブロガーメッセージ:被災地および周辺地域で今も大変な生活を送られている皆さんの、「強さ」と「忍耐」と「優しさ」と「笑顔」に、何度こちらが励まされたかわかりません。
世界中から日本に向かって注がれ続ける、明日への、そして未来への「希望 HOPE」が、どうか届いて現実になりますように。

c0039735_17255180.jpgSolidarite-Japon a Paris パリの震災支援イベント情報!
パリから震災支援するsolidarite-japonさん。パリとその近郊での被災者を支援するチャリティイベント情報を紹介しています。
■注目記事:Bazar de charité 震災チャリティーバザー (Paris 2)
Concert Exceptionnel en faveur du Japon 日本を応援するためのチャリティーコンサート
■ブロガーメッセージ:遠く離れたパリでも、フランス人や日本人、さらに国籍も超えて震災支援の輪が広がり、書ききれないほどのイベントが開催されています。世界からのメッセージを力に、復興に向けてがんばってください。

c0039735_2011413.jpgそして今日も途方にくれる
アメリカ在住のMiyukiさんが、震災の情報や原発の問題、放射能対策をはじめ、ベイエリアのチャリティ情報やオンライン寄付の話題などを詳しく発信しています。
■注目記事:アメリカのベビーミルクを日本に届ける為に
原子力と原発について学ぶこと
■ブロガーメッセージ:海外で暮らす日本人の一人として、今までこれほど無力感を感じたことはなく、また、これほど母国を誇らしく思ったことはありません。
欧米との価値観の差に悩むことの多い海外生活ですが、表に立つ政府や企業ではない、国民そのものがこれほど素晴らしい国はないのだと私達に思わせてくださいましたこと、心から御礼申し上げます。
貴女方お一人お一人が、私達全員に必要です。皆様の力が必要です。
私達ががんばりますから、皆様は今はどうかゆっくりお休みになって、お身体と心を癒してくださいますように、心から祈ってやみません。

<その他にもチャリティ企画を展開するブロガー>
[PR]
by blog_editor | 2011-04-02 23:59