今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_21594454.jpgすやすやと気持ちよさそうに眠る寝顔やくったくなく笑う笑顔。美味しそうにおやつを食べたり、兄弟で仲良く遊んだり…。ママのやさしい視線でとらえた、そんな二人のお子さんたちの自然な写真に、思わず心が癒されます。

その場の空気感や雰囲気、ほのぼのとした家族の幸せな時間が、一枚の写真から伝わり、見ているだけで心があたたまります。
旧ブログ「イロイロ+トリドリ」のころからのファンも多く、「お子さんたちのかわいい姿を見ていると、こちらまで幸せな気持ちに包まれる」「やさしい色合いの写真がとても好き」と読者からも評判です。

やわらかい光を感じるお出かけ写真や、心あたたまる手作り雑貨&おやつの写真にも、やさしいムードが漂います。
今週は、見ている人にも笑顔を届けてくれる、
Smile Snap」のkanataさんに登場していただきました。


エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kanataさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
そしてピックアップブロガーに選んでいただき、今でも「私でいいですか?」という気持ちなんですが、本当にありがとうございます。
5年前、沖縄旅行に行く際に現地の情報が知りたくてネット検索をしていたら、いろいろな方のブログでホテルやカフェなど自分の知りたかった情報を得ることができました。企業のサイトと違って個人の方のブログだと率直な意見もあって、本当に参考になることばかりでした。
そこで、私も「なにか情報が発信できたらいいな」という気持ちで、日々の暮らしをつづったブログ 「ことこと日誌」をエキサイトさんではじめてみました。はじめてみると、もっとブログにアップする写真をよくしたくて一眼レフを購入し、写真ブログ 「イロイロ+トリドリ」を立ち上げてすっかりブログの虜に(笑)。
子どもが二人に増えて2つのブログを同時進行するのが難しくなり、昨年夏に一本化しようと思い「Smile Snap」をはじめました。

c0039735_2212422.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kanataさん:子どもとの毎日は笑顔でいっぱい!ですが…。子どもの成長とともにそんな理想ばかりの日々ではなく、思い通りにならないときも多くて…(笑)。タイトルの「Smile Snap」は、そんな子どもとの日々を中心に、パシャパシャ写真を撮ることで育児のイライラも「笑って吹き飛ばそう!」なんてたくらみを込めてつけてみました。
ご訪問いただいた方がニコニコ笑顔になれる子ども写真を目指して、一眼レフ(デジタル、フィルム)、コンパクト(フィルム)とその時々の気分で撮っています。
それと、たま~にですが、雑貨やおやつなどその時々で好きなものを撮ったりもしています。まだまだはじめたばかりで試行錯誤している部分もありますが、これから変化しながらも、細く長~くをモットーに(笑)、続けていきたいな~と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kanataさん:得たものはやっぱり、いろいろな方とのご縁かと思います。つたない写真や文章にコメントをいただいてうれしい限りです。ここまで細々と続けてこれたのもブログでのおしゃべりにつきます。
とはいえ、ここ数年、出産、育児とバタバタしていてなかなかいろんな方とお話しする機会が減っているので、今年はアクティブにいろいろと交流がもてたらな~と思っています。
新しい発見は、ブログをはじめて写真という趣味を持つことができて、自分の身近な日常をすごく見直すようになりました。季節の移り変わりや日常の何気ないひとときがとってもいいもんだな~と。日々の暮らしがとても豊かになった感じがします。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kanataさん:何気ない日々の暮らしがブログにUPすることで、勝手に充実感を感じられたり、後で見返して子どもの成長を感じられたりと、私にとっては育児日記代わりの部分もありますね(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kanataさん:う~ん、よくも悪くもAB型。大雑把なところとこだわる部分が混在していて、家族にとってはやっかいな人みたいです(笑)。

c0039735_222414.jpg


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kanataさん:コメントをいただいてる方や遊びに来ていただいている、みなさん。ただ、人見知りなのでお会いしてちゃんとお話できるかが心配ですが…。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kanataさん:やっぱり写真です。最近はフィルムの質感子ども写真が残したくてフィルムカメラを購入しちゃいました。春になったら下の子が歩き始める頃なので親子で散歩しながら写真を撮るのを楽しみにしてます。
ハマっているものは山崎のふんわり食パンチョコ。焼いてもそのままでもおいしいです。ジャムやホイップクリームをはさめばおやつがわりにもおすすめです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kanataさん:寒いのが苦手な家族なので、南の島でのんびり暮らすことができたらいいな~と思っています。

エキサイトブログ編集部:お子さんの自然な表情や心あたたまる写真が魅力的ですが、写真を撮りはじめたきっかけや写真を撮る楽しみや魅力は?また、自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
c0039735_2232289.jpgkanataさん:ありがとうございます。でも、実は数年前まで写真はほんとに苦手で。小さい頃から家族の中でもピンボケばかり写す人で不評でした。
エキサイトさんで見る素敵な写真ブログに触発されて、一眼レフなら私にもきっと上手に撮れるはず!という思い込みで4年前にデジタルの一眼レフを購入して撮りはじめました。
最初の頃は風景をメインに。本当は雑貨や料理も撮ってみたんですが、大雑把な性格なのでスタイリングとかがめんどくさくて(笑)。

子どもが生まれてからはやっぱり子どもを中心に撮ることが多いですね。子どもたちが遊んでいたり、おやつを食べていたり、寝ていたり…と日々の何気ないひとコマが中心です。できるだけそのままの雰囲気を撮りたいので、子どもたちにはなるべく気づかれないように影からパシャパシャ撮っています(笑)。
写真を撮る楽しみは記録的なことはもちろん、その場の雰囲気とか気持ちも一緒に残しておける気がします。落書きや部屋中ぐちゃぐちゃにされたときなど、普段なら怒っちゃいそうなことも「写真に残しておこう!」と思うことで気持ちを切り変わって、親子でその場を楽しんだり。
数年後、コドモたちに見せて「片付け大変だったんだから~!」とかいっちゃっおうかな~なんて思ったりもしてます。きっと嫌がられるでしょうが(笑)。

ブログには見た方にその場の情景や空気感が伝わるものをと思い、選んでアップするようにしています。あと、親バカブログですが、ほどほどの距離感がでるように意識してるつもりです(笑)。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kanataさん:どこのお宅のお母さんも一緒だと思うんですが、やっぱり子どもたちが寝た後かと…でも、一緒に寝ちゃうことも多いです(笑)。ほっとひととき好きなものを飲みつつ、ゆっくりのんびり。自分の時間を持つこも大切ですよね。
癒される瞬間は、子どもたちの笑顔。目が合っただけでニコッとしてくれる癒しの存在でもあります。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
kanataさん:「* 」(2011年01月25日)
秋のお出かけ牧場写真をまとめた記事。動物を撮るのも好きです。

存在」(2011年01月19日)
日々、存在感がましてきた娘。寝ていてもすごく力強さを感じさてくれます。

c0039735_2235995.jpg


おやつ時間」(2010年12月10日)
お兄ちゃんにおやつをねだっている雰囲気と娘の足の短さ、ぷぷぷっと笑えます。

箱入り娘」(2010年10月14日)
大きなダンボールでいつのまにか遊ぶ二人。楽しそうな雰囲気を撮ってみました。

くっつき虫」(2010年08月09日)
ベランダで水遊び中の息子。夏の光がとてもきれいでした。

☆読者に評判だったポスト

コトダマ」(2010年09月15日)
ちょうど息子に「ダメ~!」ということが多くなって、言いすぎかな?と思って書いた記事。
「うちもそうだよ~」って言っていただいて、みんな一緒なんだな~と安心しました。
子育てって小さな悩みがちょこちょこ出てくるけど、ブログで解消しちゃっています(笑)。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
kanataさん:旦那さんが仕事が忙しいので、家族の時間がもっとほしいですね。できれば子どもたちのお世話ももっとしてほしい!(笑)

c0039735_2242649.jpg


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kanataさん:ニュージーランドの地震。阪神大震災の経験があるのでやはり地震のニュースはひとごとには思えません。
震災当時、ニュージーランドに留学中の友人が心配して電話してきてくれて、勇気づけられたことを思い出します。
今も安否がわからない方がたくさんいらっしゃっるとのこと。一刻も早い救済を願っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kanataさん:いつもブログに遊びに来てくださって、本当にありがとうございます。お越しくださるみなさんがニコニコできるそんなブログを目指してがんばります!
のんびりマイペースなブログですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【kanataさんのお気に入り&好きなブログ】

soraji 店主の日記:http://www.geocities.jp/soraji_2004/
ご近所の雑貨屋 sorajiさんのブログ。3人のお子さんがいらっしゃるとは思えないほど素敵なリョウコさん。
お店の雰囲気も大好きで遊びにいってはいりびたってます。ちょこっとですがポストカードを置いていただいてます。

温 森 ~ ぬくもり ~
やさしい色合いの写真と文章がとてもやさしい気持ちにさせてくれるriru*さんのブログ。
PEN-Fで撮った景色や時々でてくるエゾリスちゃん。ほんと癒されます。

彼方日和×翠模様
kanathさんのブログ。ご病気で少しお休みさえてましたが、最近、元気になられたとのうれしい一報が。
また、かわいい息子君&娘ちゃんに和ませてもらいにいきますね~。

家に帰ろう
お子さんとの日々をほんわりつづっているyuki*hさんのブログ。
同じぐらいのお子さんがいらっしゃるので、書かれている記事にすごく共感しちゃってます。

balance
さりげない子ども写真が素敵なyuraricaさんのブログ。
NATURAで切り取る風景はどれもとても素敵でいつもお手本にさせてもらってます。




【kanataさんのライフログ】

おじさんのつえ (ファミリーえほん 1)

五味 太郎 / 岩崎書店


私が小さい頃から大好きだった一冊。
おじさんのつえがストローや笛、花火やケーブルカーなどいろいろなものに変身。
シンプルな文章と発想力、独特の色使いがとても素敵です。
いつも息子もワクワクしながら聞いてくれるので親子で大好きな一冊になりました。

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

なかしま しほ / 主婦と生活社


できるだけ子どものおやつを作ってあげたいな~と思ってます。とはいえ、時間のかかるものはなかなかできないことも…。
なかしまさんのレシピは「簡単なのに美味しい!」なので、気軽にお菓子作りを楽しんでます。




【kanataさんがお使いのカメラ&レンズ】

カメラ機種:☆EOS Kiss x ☆contax aria ☆NATURA CLASSICA
レンズ:CANON EF50mm F1.8Ⅱ,EF35mm F2 TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di Ⅱ,SP AF90mm F2.8MACRO

kanataさんの「Smile Snap」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-02-25 12:08

c0039735_1314359.jpg美味しそうな料理&スイーツ写真がずらりと並んだ食べ歩き写真の数々。そして、青い海と青い空、石造りの家が並ぶ美しい南仏の風景をはじめ、リゾートホテルで過ごす素敵なバカンスの思い出…。
見ているだけで、こちらまで美味しいものを食べたり、癒しの旅を体験しているような幸せ気分に包まれます。
特にグルメと旅に関心の高い女性なら、「いつも食べたくなっちゃいます!」「優雅なバカンス写真を見ると私も行ってみたくなる」という読者が多いはず。

そんな写真をアルバムに残す感覚で、額縁風に編集してみたり、写真にふちを付けたり、ポラロイド風にしてみたり…。見た目にも楽しさを取り入れている点にも注目です。

今週は、ロンドンから美味しい話題をお届けする「◆Cinq*Etoiles◆」のcinq-etoilesさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
cinq-etoilesさん:まずは、ピックアップブロガーに選んでいただきとても光栄です。ご連絡をいただいた時は、まさか自分が…という気持ちが強かったので、正直、いたずらだ!と疑いました(笑)。いつも楽しく利用させてもらってます、ありがとうございます。
ブログスタートのきっかけは、夫の仕事関係でパリからロンドンに引っ越すことになったことですね。当時は2~3年の渡英予定だったので、せっかくだからロンドン生活を記録に残そう、忘れっぽい私にはちょうどいいし、いい記念になる!と思ってスタートしました。
ブログタイトル“cinq-etoiles”とはフランス語で“5つ星”という意味で、フランスでのレストランのランク付けの最高値は3つ星、ホテルは4つ星、じゃその上の5つ星で行こう!と、名前負けすることなど念頭にもなく付けてしまったブログ名です(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
cinq-etoilesさん:私のブログを見ていただくとわかりますが、80%グルメ記事です。美味しいものに溢れていたパリから、食が乏しいと言われるロンドンへ引っ越した当初は、私もフランス人の夫も、パリとのギャップには正直、相当ショックを受けましたね。一時は、パリへ帰ろうかと真剣に話し合ったくらいです。
その頃から食いしん坊気質が今まで以上に疼きだし、美味しいものを探すアンテナが自動フル回転、現在のブログに至っているという感じでしょうか(笑)。
グルメネタが多い私が言うのもなんですが、自分が美味しいと感じた料理が全員に美味しいと感じることは有り得ないし、人から聞いた美味しくないレストランが自分には美味しいと感じるかもしれない。チョイスした1皿がたまたま“失敗=まずいレストラン”と断定するのではなく、できる限り広い視野を持ち合わせていたいな~と思っています。
またグルメ情報だけでなく、現在住んでいるロンドン、以前住んでいたパリ、そして生まれ育った日本、これらの経験を生かして日常感じたことや各国ならではのエピソード、素敵なお店やスポット紹介、大好きな旅行で感じたことなど、ライフスタイルも含めて五感を刺激する日々をつづっています。

c0039735_131551.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
cinq-etoilesさん:ロンドンへ引越した当時は知り合いがまったくいなかったため、ブログを通じてたくさんの現地の方と知り合えたことには本当に感謝です!ブログは自分と同じ興味や感覚を持った人が集まる傾向にあるので、そのおかげで今では気の合う友だちもたくさんできて、引越し当時の大嫌いだったロンドン生活が今では嘘のよう…(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
cinq-etoilesさん:やはり一番は、みなさんと手軽にダイレクトにつながれるところですね。
あと、誰もがアクセス可能な公共の場にあるブログは、記事をUPする前に自分の考えを客観的に見る必要性があり、思考回路がクリアになるところがいいですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
cinq-etoilesさん:難しい質問ですが、そうですね~…、マイペースで楽天家かな。良い意味でも、悪い意味でも(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
cinq-etoilesさん:ブログ上にリンクしている方は、実際に会った方がほとんど。でもお互い違う国に住んでいるため、ブログ上で長くおつきあいしていても、未だに会えていない方や、ブログを持っていない方で何度かコメントをいただいて交流のある方など、同じ空気を感じる方ばかりなので、ぜひお会いしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
cinq-etoilesさん:一番好きなことは即答で…、やっぱり食べ歩き!気の合う人と美味しいものを共有しているときが一番幸せ。あとは、いろいろなところを旅行して、自分の目や肌で新しいことを感じることかな。

エキサイトブログ編集部:夢は?
cinq-etoilesさん:年に数回行っている南仏は、夫も私も行くたびに好きになり、将来的には南仏に住むのが夢。私の中では“夢=叶うもの”なので、絶対に住むつもりです!

c0039735_2336469.jpgエキサイトブログ編集部:おいしそうな食べ歩き写真をはじめ、素敵な旅の写真など盛りだくさんですが、お出かけする楽しみは? また、記事アップの際に、心がけていることなどは?
cinq-etoilesさん:レストランへ行くにも、旅行をするにも、同じ感覚を持った人と行かないとその価値は半減しますよね?まずは、気の合う人と出かけるのが第一条件です。もちろん一人という選択肢もあるのですが、私の場合は共有することによって楽しさが2倍以上になるので、そのほうが得かなと(笑)。なので、ただ単に美味しいものを食べるだけではなく、その共有している時間が好きなんです。
旅行に関しても同じで、幸い夫も旅行好きで、約3ヶ月に1度の頻度で出かけています。特に計画は立てず、現地に行ってその日の気分に任せて動くパターンなので、驚きがあったりして新鮮です。もちろん、レストランの下調べだけは準備万端ですよ(笑)。旅先では国民性をウォッチングするのが大好きで、陽気な国民性がある国はやっぱりまた行きたくなりますね。
旅先選びは、やはり美味しいものを求める習性があるので、フランスになる確立が高いです。その中でも特に南仏は大好きで、青い空、青い海、山、可愛い村、美味しいもの…私たちが望むものすべてが叶う、まさに楽園です。
また私にとっての旅行とは、まったく違った世界に自分をおくことで現実と切り離され、日常生活では味わえない現地の空気を肌で感じて、そしてまた現実に戻る。その現実に戻る時に、自分の生活を客観的に見ることができるのも旅行の楽しみのひとつなんです。何事にも共通することですが、いくら話や映像でリアルに知ったとしても、自分の目で見て経験することは、何よりも勝る!と。

ブログでは少しでも写真をマシに見せようと加工に頼って、だましだまし記事を書いていますが(笑)、私のブログが何らかの形でプラスに働きかけてくれることがあれば、それはとてもうれしいことです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
cinq-etoilesさん:快晴の日が少ないイギリスでは、“晴れている時は、できる限り外で過ごそう!”と心がけています。太陽って本当に貴重なんだな~と、この国に住んで思い知らされました。あと、1年を通して大切にしている時間は “旅”の時間。この時間を定期的に持つことで日常生活にメリハリがつき、リセットされるため、自分の中ではとっても重要。
癒される瞬間は、美味しい料理とワインの相性がピタッときた瞬間。新しく買ったインテリアグッズが自分の描いていた場所にしっくりきた瞬間。初夏のあのふわ~っと軽い空気の香りを感じた瞬間。あとは、愛犬クレアの無邪気さやトボケた行動には気持ちがほっこりしますね。

c0039735_21155368.jpg
エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
cinq-etoilesさん:・「南仏2日目 with オカン」2007年07月08日
・「パリSALE! with オカン」2007年07月11日
・「オカンのロンドン滞在日記」2007年07月13日
私の母がパリ&ロンドンに遊びに来たときの記事。 “大阪のオカン”全開で、オカンが登場した記事はアクセス数が急上昇でした(笑)。

・「南仏2009・・・Part.1」2009年09月14日
・「南仏2009・・・Part.2」2009年09月15日
・「南仏2009・・・Part.3」2009年09月16日
・「南仏2009・・・Part.4」2009年09月17日
南仏の大好きなホテルで過ごすバカンス。ここに来るたび、気持ちが落ち着いてとても幸せな気分になるお気に入りの場所。また、このホテルのレストランは今まで行った数々のレストランの中でも格別です。

・「Parisパティスリー巡りPart.1」2010年01月11日
・「Parisパティスリー巡りPart.2」2010年01月13日
・「Parisパティスリー巡りPart.3」2010年01月14日
お友だちとパリのスイーツを集中的に巡った旅。パリのスイーツのクオリティとお店の数には脱帽です。胃が何個あっても足りません…。

c0039735_21163194.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
cinq-etoilesさん:どれだけ食べても太らないカラダ(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
cinq-etoilesさん:2011年4月1日より、ANAの手荷物ルールが変更されるとのこと。機内預け許容範囲は一人につき、エコノミーが23kg×2個、ビジネスが32kg×2個、ファーストが32kg×3個。これはすごい!でも、もしかするとその分サーチャージにさら~っと上乗せされる可能性も考えられるけど…。
JALマイレージ所有者の私としては、今後のJALの動きに注目(願)。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
cinq-etoilesさん:凝り性で飽きっぽい性格なのにここまで続いているのは、みなさんの訪問やうれしいコメントがあってこそ!胃袋が元気な限り、これからもブログ発信しますので、どうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_23363777.jpg





【cinq-etoilesさんのお気に入り&好きなブログ】

●「from Munich
ミュンヘン在住、from Munichさんのブログ。簡潔に記事をUPしているため非常に読みやすく、自分にはないスタイリッシュな記事がおもしろい。

●「フランス存在日記
フランス在住、Cocoさんのブログ。一度、パリでお会いさせていただきましたが、とってもかわいい癒し系のCocoさん。ダンナさんのプロを超越したDIYの腕前は本当にお見事!お茶目なわんちゃん「ミカちゃん」もかわいいです。

●「L'AMBROISIE+++PLUS+++
日本在住、有名ブロガー、通称ランブロさんのブログ。一度、大阪でディナーをご一緒させていただいたことがあり、とてもコジャレたムッシューです(笑)。この方こそ、グルメブログの王道です。

●「GLOBE-TROTTER
日本在住、GLOBEさんのブログ。日本へ一時帰国する際は、必ずといっていいほど東京グルメ情報を参考にさせていただいており、情報量の多いブログです。

●「パリのふつうの生活
パリ在住、長谷川たかこさんのブログ。まさにフランス~…、そうそう!というニュースを軽快な文章と気の利いたひと言でバッサリ。すらすら読めて楽しいブログ。




【cinq-etoilesさんのライフログ】

ライフ・イズ・ビューティフル [DVD]

パイオニアLDC


ユダヤ人、ナチスの強制収容所のストーリーに笑いを加えつつ、そのコミカルな映像と現実とのギャップがさらに深い時代背景を想像させるメッセージ性のある作品。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版) [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


オードリー・ヘップバーンの代表作。プリンセスとジャーナリストのラブ・ストーリー。ラブ・ストーリーにありがちなハッピーエンドで終わってしまうシナリオじゃないところが好き。

プライスレス~素敵な恋の見つけ方~ [DVD]

ビデオメーカー


玉の輿に乗ることだけを考えて生きている女性と、ダサ男のラブ・ストーリー。ダサ男も金持ちマダムを見つけてヒモになることに挑戦。お互いに玉の輿路線を上手に歩みだすが…、その後、二人が気づいたこと。女優オードレ・トトゥと男優ガ・デルマレの好演、シナリオの軽快さと南仏が舞台になっているところが好き。

La Parisienne [DVD] [Import]

Cest La Vie


ブリジット・バルドーが最高に輝いていたときの作品。強気でわがままであまのじゃくな女性を演じさせたら右に出る者なし。夫を嫉妬させるため浮気をしようと試みるが、口ほどに行動には移せないブリジット。しゃべり方やしぐさ、衣装がとってもキュートです!

cinq-etoilesさんの「◆Cinq*Etoiles◆」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-02-18 23:45

c0039735_23552274.jpgティアラのようにきらめく光のアーチや万華鏡のようにキラキラ輝くイルミネーション。ロマンチックなムードがいっぱいの美しい夜景を、独自のセンスで切り取った光の競演に思わずうっとり…。
すてきな雪景色やオレンジ色に染まった海と空、夏のひまわりや花火など…どれも夢の世界に迷い込んだような、ファンタジックな世界が広がります。旅先の風景や四季折々の風景にもドラマがいっぱい…。
そして、一枚の写真に添えられた言葉も表現力が豊かなポエムのようで、ロマンチックです。

視点を変えるともっとワクワクするような写真が撮れる、というのを伝えてくれる、そんな写真の数々に、「まるで光の魔術師のよう」と憧れのまなざしで見つめる読者は多いはず。
今週は、ブログ名のとおり、透明感のある夢色の写真を撮り続ける、「夢色とうめい」のsky-yyさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
sky-yyさん:こちらこそ、いつも楽しませていただいています。エキサイトブログさんへ引っ越して来てまだ半年なんですが、このコーナーで紹介していただけるなんてとても光栄です。

c0039735_23554474.jpg以前から趣味で楽しんでいた写真がどんどん増えて、パソコンの中で眠っていたものをなんとかまとめたいなぁと思い、5年ほど前、まったくの素人が自分のホームページを作ったんです。
同時に日々の写真を掲載しようと掲示板代わりにブログを貼りつけたことからはじまりました。
こちらへ引っ越したのは、サイズの大きな画像が掲載できて写真がきれいなことと、写真をメインにしてらっしゃるブロガーさんが多いことがおもな理由です。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
sky-yyさん:カメラのファインダーを覗くと肉眼では見えない世界や初めて出会う不思議な光景が飛び込んできてワクワクするんです。
そんなワクワク感が見てくださる方にも伝わるようなブログになるといいなぁと思っています。
タイトルにもあるように「夢があって透明感のある写真」を目指しています。…なんてちょっと抽象的ですね。
ジャンルにこだわらず、どんなものでも興味がわくとシャッターを押してしまうのですが、最近湘南に行く機会が多くなったので、今年は「湘南」をテーマに夢色探しをしようかなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
sky-yyさん: 多くのブロガーのみなさんと温かい交流が持てたことでしょうか。
季節感を味わえたり、いろんな情報を教えていただけて実際に気になった記事を頼りに出かけることもよくあります。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
sky-yyさん:そうですねぇ。「好奇心旺盛おばさん」かな。
興味を持ったことは自分で納得するまで試してみないと気がすまなくて(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
sky-yyさん: 私のブログにいつもコメントをくださる「kirafune」さんにお会いしたいです。
私の気まぐれ更新と違ってkirafuneさんはとてもマメに更新されています。しかも東京と京都を行ったり来たり。隠れた情報やまるでグルメ番組みたいな美味しいもの情報も満載で、そのパワーがどこから来るのか会って聞いてみたいですね。
毎日のようにあちこち食べ歩いてらっしゃるようだけど、太ったりしないのかなぁとちょっぴり心配もしています(笑)。

c0039735_9574124.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
sky-yyさん:去年はじめたばかりのウィンドウサーフィンです。
そもそも被写体として眺めるだけだったんですが、持ち前の?好奇心に火がついてしまいました。
今お世話になっているスクールの体験コースに参加して以来、空と海と風と一体になれる爽快感がやみつきに。

エキサイトブログ編集部:夢は?
sky-yyさん:いつか個展を開きたいというのが私の大きな夢です。
そんな夢に向かってファインダーを覗き続けています。

エキサイトブログ編集部:ファンタジックなイメージの写真をはじめ、心に残る写真の数々ですが、写真を撮る楽しみや魅力は? また、自分らしい写真を撮るこだわりや記事アップの際に心がけていることがあれば…。
sky-yyさん:アウトドア派の我が家は子どもたちが小さい頃から、海や山でのキャンプなど自然豊かな美しい場所に行くことが多くて、そんな風景を形に残せたらいいなぁと思っていました。
その頃、偶然出会ったのが「昨日と違う写真を撮ろう!」というキャッチコピーで紹介されたカルチャースクールのちらしでした。
もう10年ほど前になります。地元のその教室に通いはじめて、目の前の風景をどういうふうに切り取るかの楽しさを覚え、どんどん写真の魅力にはまっていきました。
 
立ったままの目線だけじゃなく座ってみたり横から眺めたり後ろに廻ってみたり…、光の角度によって同じものもまったく違って見えるから不思議です。
おもしろいものを見つけると涼しい顔をしながら「ヤッター!」って心の中でガッツポーズ。
 それから目の前に撮りたいものがある時も必ず後ろを振り返るようにしています。するとハッとする光景を見つけられることがよくあるんですよ。

c0039735_1055554.jpgブログに掲載する時には複数の写真でストーリー性を持たせることを心がけています。写真を選んで組み立てる時間も楽しみのひとつです。 
今まで目に入らなかったものが見えたり、新鮮な感動をもらえたり、カメラを持ち歩くことで人生2倍楽しんでいる気がしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
sky-yyさん:ウィンドサーフィンをはじめたこともあって、体力づくりのために仕事の後の空いた時間、フィットネスクラブに通っています。
思いきり身体を動かして汗をかくのは、ほんとに気持いいんです。
その後のお風呂タイムがまた最高!屋外のジャグジーでボーッとしている時間が至福の時ですね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
sky-yyさん:●2010/12/19 「汐留発 宇宙の旅
都会を彩るイルミネーションをちょっぴり幻想的にとらえられたかなぁと思います。
この中の一枚を年賀状に使ったのですが、友人からは「本当に写真?」と言われました。

●2010/12/24 「Rainbow Christmas in お台場
お台場のクリスマスイルミネーション。レインボーブリッジとのコラボがきれいでした。

●2010/10/26 「京都ぶらり旅 ~龍馬の足跡を訪ねて~
歴史音痴の娘と私が歴女を気取り、龍馬を訪ねて京都をそぞろ歩き。とってもいい思い出になりました。
シリーズで何作かありますが、まだ続きます。

c0039735_10562130.jpg●2010/8/13 「夜空にペイント ☆いたばし花火大会☆
毎年恒例。地元の花火大会で「夢花火」に挑戦しています。
大会の写真コンテストで、タイトルの 「レインボー噴水」で入賞をいただきました。

●2010/8/7 「立秋
逆光に透き通るトンボの羽を撮りたくて太陽を直視し、目がおかしくなったという裏話があります。

●2011/1/23 「湘南物語 ~夜明け~
2011年は海辺の写真が多くなりそうです。そんな湘南物語のプロローグ。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
sky-yyさん:もし長い休日があったら…。
どこか南の島にでも出かけて写真三昧の日々を過ごしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
sky-yyさん:寒波による各地の大雪や新燃岳の噴火など自然災害のニュースに胸を痛めています。
ふだん、自然は美しいもの 私にとって絶好の被写体として見ていますが、そこに生活している皆さんが戦っているのもその自然なんだと改めて思いました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
sky-yyさん:ご訪問くださるみなさまには心から感謝しています。
みなさんの温かい応援が大きな励みとなってマイペースながら楽しく続けることができています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_234479.jpg





【sky-yyさんのお気に入り&好きなブログ】

雲母(KIRA)の舟に乗って  
お会いしたいブロガーkirafuneさんのブログ。
写真とともにつづられるエッセイもステキです。

Lovephoto*lovestyle   
やわらかい日差しを感じさせてくれる明るい写真の数々がお気に入りです。
露出を抑え気味の私の写真とは対象的で目からウロコでした。

七里ガ浜だより  
湘南に出かける時は必ずチェック!こっそり参考にさせていただいています。

K’s photo Note 
私にとってなじみの浅い遠い地方の風景が新鮮です。さまざまに表現された雪の色に見入ってしまいました。

おいしい~Photo Diary  
おしゃれでスタイリッシュ!美味しそうな画像は観ているだけで楽しいです。




【sky-yyさんのライフログ】

あざらしたまご

井村 淳 / 春陽堂書店


ページをめくるたび、ほっこり~。癒しの一冊です!

サマーラブ!!feat.RED RICE from 湘南乃風

青山テルマ / ユニバーサルJ


「青山テルマ」と湘南乃風のリーダー「RED RICE」のフューチャリング。
ポップでノリノリのこの曲を聴くと元気100倍!

〈おとなBEST〉愛がすべて~スタイリスティックス・ベスト

ザ・スタイリスティックス / ビクターエンタテインメント

 
70年代の懐かしソウルミュージック。
彼らの美しいハーモニーは今も心に響きます。

タイタンズを忘れない 特別版 [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント


アメリカがひとつになろうとしていた1971年のバージニア州アレキサンドリアを舞台に、高校生フットボールチームの友情が生んだ奇跡を描く感動の実話。
人種差別という重いテーマの中での青春の爽やかさと当時の音楽が胸に刺さりました。




【sky-yyさんがお使いのカメラ&レンズ】

カメラ機種:Canon EOS 5D MarkⅡ
主なレンズ:EF24–105mmL IS USM / EF70–300mmD0 IS USM

sky-yyさんの「夢色とうめい」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-02-11 23:56

c0039735_8324016.jpg自家菜園で採れた旬の野菜や庭に咲く季節の花をモチーフにした、季節感が伝わる絵手紙にほっこり心があたたまります。人生を前向きに生きる姿が伝わるような墨字の作品も、ひと筆ひと筆心に響き、味わい深いものがあります。
また、旅の旅情をそそるような淡いタッチのスケッチも女性らしさが伝わります。

「継続は力なり」…という言葉どおり、趣味ではじめた絵手紙や墨字が、いまや生きがいのひとつとして、元気の素になっているというkuma-mituさん。絵手紙のボランティアをされていたり、絵手紙ブログを通じて知り合った仲間と集まったりして、ブログを通じて生まれた人の輪も大切にしています。
「こんな絵手紙や墨字を見ると元気が出ます」という読者も多いはず。

今週は、心あたたまる絵手紙&墨字作品とともに、日々の思いや出来事をつづる、「絵手紙の小窓」のkuma-mituさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kuma-mituさん:こちらこそ利用させていただきまして、ありがとうございます。まさかの身に余るお誘いをいただき驚き、うれしく思います。
定年退職後すぐ再就職?のためのパソコン講習を受けましたが、役立たず…。
第二の人生もっと打ち込める何かをやりたいと、出会ったのが公民館の絵手紙講座。絵筆を持つなんて中学校以来でした(笑)。
次第に描くことが楽しくなって4~5年過ぎたころ、講師の「とまとさん」がエキサイトブログで「日々是絵手紙」のタイトルで書きはじめられたブログを見て刺激され、パソコンも使いたい気持もあってスタートしたというわけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kuma-mituさん:趣味ではじめた絵手紙の作品をブログで紹介しています。季節の花や旬の野菜などを絵手紙にしたり、スケッチをしたり、墨字を書いてみたり。絵手紙風のカレンダーなども紹介していますが、四季折々の便りをみなさんにもお届けできればうれしいなと思っています。

c0039735_834245.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
kuma-mituさん:ブログをはじめてから7年目になりますが、初めはブログの何たるやも知らず、画面に映る自分の描いた絵にブログでの喜さを覚え、ただ自分だけの世界でした。
ところが、読み書き続けていると次第に絵手紙のブロガーも増え、会ったこともない人たちとブログで言葉を交わすようになり、うれしいこと楽しいこと、 励まし合いなど、情報を交換共有する場所となりました。
こうしてブログでネットで繋がった生の絵手紙の交流に…仲間が広がり展示会にまで発展。足を運び、ご対面となり、ますます親密度が増し、北は北海道から南は沖縄まで同じ趣味の素敵な方たちと交流できることで人生が豊かに潤ってきました。
ブログと絵手紙がドッキング、デジタルとアナログが融合した面白い分野だと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kuma-mituさん:子どもも成人し、仕事からも解放され、身が軽くなってから態度がでかくなったかな?(笑)
主人曰く、「あんたは自分がこうと思ったら突っ走る 人の言うことなど耳に入らない人だ」と…。そんなことはないと思うんですけど…(笑)
私の干支は寅年ですが 千里はもう駆けません。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kuma-mituさん:まだお会いしていないブログ友さんみなさんです、自然の成り行きに任せましょう。
インパクトのある「yumehorisiさん」こと「がくさん」と「北川ふぅふぅさん」は同じくらい前からエキサイトブログ友で何回かお会いしています。
がくさんは遠く北の大地から、ふぅふぅさんは大阪から海外にも、精力的に発信 行動される姿には敬服します。
素晴らしい方々とお友だちになれたのもエキサイトブログが取持つご縁。感謝です。

c0039735_817297.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kuma-mituさん:好きなこと…やっぱり絵手紙でしょうか、墨の魅力に惹かれつつあります。
連動してパソコンも、どっちも消化不良状態ですけど。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kuma-mituさん:もはや多くは望みません、今の生活が続けられたらそれで満足です。
絵手紙、パソコンは生きるよりどころとして一生続けていたいですね。

エキサイトブログ編集部:季節感の伝わる絵手紙&味のある墨字がすてきですが、絵手紙&墨字を描きはじめたきっかけや楽しみは? また、自分らしい作品作り、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
kuma-mituさん:絵手紙を始めてから野に咲く草花や生き物、自然の移ろいに敏感になり、描くことが楽しくなりました。次第に歴史を遡る書画、俑など古いものにも興味をそそられるようにもなり、墨と書に生き物のような魅力も感じるようになりました。
絵手紙は間口も広いですが、奥が深いジャンルですね。絵もさることながら添える言葉や書が決め手になることがしばしば、大事な要素です。

それには日頃から何事にも興味や好奇心を持って感性を磨かなければなりませんね。
まだまだ道のりは遠いですが、その時どきのあるがままの自分を自然体で書いていきたいです。
といっても、いつも書いているわけではありませんが、差し出した方や見てくださった方に、ほんわか温かい気持ちや元気を送ることができたり、元気をいただいたりできればうれしいなと思っています。

c0039735_8355734.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kuma-mituさん:今年の書初めは「時間を大切に紡ぎながら、心豊かにゆっくりゆったり生き生きと、目標を持って過ごしたい」でした。
本当は夫と二人の時間を大切にしなければいけないのでしょうが…夫からは、先ず自分ありき主義だといわれてしまいました(笑)。
癒やされる瞬間は何といっても、孫たちの元気な笑顔を見たときでしょうか。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事また、読者に評判だったポストは?
kuma-mituさん:・2004.9.19「ホームページデビュー
初心に返って…。ホームページもブログもよく分かっていなかった頃です。

・2006.5.7「タオルで描く絵手紙展Ⅰ」 
会場でふぅふぅさんと初ご対面! 行く前にふぅふぅさんから乗り物、道順を丁寧に教えていただき、それから一人旅ができるようになった原点でもあり、たくさんのブログ友さんと初対面。記念すべきひとつの節目でした。

・2008.6.2 「松山大会三日目
三輪田米山の石文巡り。松山に生れた豪放、天衣無縫な書の大家、彫りの深い筆圧の石文を生で見て書いてみました。

・2010.6.22 「仲間展in奈良
ブログやネットを通じて集まった「絵手紙いいNet」の仲間展。
金沢展に続いて、絵手紙の幅と奥の深さ 絵手紙の魔力を改めて思い知らされた 一生の思い出に残る素晴らしい奈良展でした。

・2007.6.14 「沖縄大会
絵手紙友の会の大会・沖縄大会に初参加。景色も人もあたたかくて人懐っこくて、楽しかったですよ~、スケッチもいっぱい描きました。

・2011.1.23 「貸し農園 大根」     
無農薬野菜、食育にはみなさんすごく関心が高いですね

c0039735_8392310.jpg・2010.3.9 「春の淡雪の日に
長男に待望の可愛い女の子が 春の淡雪が降った日に誕生しました。
・20103.20 「命名 雪葉
庭の葉っぱにふんわりと積もった雪を見ていた長男が、雪のような真っ白な心を持ち続けてほしいと願い、「雪葉」と名づけました。バァバは 元気で真っ直ぐに育ってほしいと心を込めて…描いた作品です。わが家の6年ぶりに訪れた慶事でした。

・2010.9.28 「ゴーヤ筆
継続は力なり。ブログも絵手紙もパソコンも続けられたから。毎日が幸せです。
これからもず~と楽しく続けたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
kuma-mituさん:そうですね…長い休日を、絵手紙以外のことに使いなさいといわれたら、普段の罪滅ぼしに主人と旅行に出かけましょうか、お金は何所から出るの?

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kuma-mituさん:大学生の就職難。「何十社受けても内定がもらえない」と嘆く大学生が多くいるかと思えば、「募集しても見向きもしてもらえない」と嘆く中小企業、両者を上手く調整して万遍なく治まらないかしら。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kuma-mituさん:このブログをはじめてから7年目になります。こんなに長く続けられるとは正直思ってもいませんでした。
マイペースな日記ですのに、見てくださり、励ましのコメントをくださり、ありがとうございます。おかげさまで元気づけられ、今日まで続けて来られましたことに感謝です。
これからの余生、絵手紙に人生の喜びを託し、もうひとふんばり! つたないブログですが、見ていただければうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_8395028.jpg





【kuma-mituさんのお気に入り&好きなブログ】

●「日々是絵手紙
私の第二の人生を開いてくださった絵手紙の大先輩、poko-toma さん。
ブログの作品からも勉強させていただいています。

●「赤鬼と青鬼のダンゴ~絵てがみのある暮らし
ご夫婦で管理していらっしゃる北川ふぅふぅさんの、温かいお人柄がにじみ出るやさしい「ことば」と「夢のある絵のモチーフ」にいつも魅了されています。

●「絵手紙遊印彫師・夢追い人
ブログで絵手紙の良さや楽しさを広め、貢献に努め紹介されているバイタリティyumehorisiさんこと、がくさん。いつも刺激を受けています。

●「はがき絵 日和
●「絵てがみ“我忘吾”
ダンディなシニアさんの2つのブログ。版画に印、スケッチ、はがき漉きは職人芸。品のいい作風が好きです。




【kuma-mituさんのライフログ】

山頭火句集〈1〉 (山頭火文庫)

種田 山頭火 / 春陽堂書店



私の座右の書と落ち込んだ時に何度も読み返す本。最近ではありませんが、この「山頭火句集」の1~4巻まで。一笠一鉢(いちりゅういっぱつ)の放浪の旅に、行く先々で詠んだ型にはまらないありのままの俳句が好きです。

プラス思考―夢をかなえる発想法

三浦 弘行 / 考古堂書店


どんな時にも人生を「前向き」に生きるコツ。プラス発想が心も体も強くしてくれます。


斎藤 茂太 / 大和書房


いつもマイナス思考だった私でしたが、プラス思考がもてるようになりました。

佐賀のがばいばあちゃん

島田 洋七徳間書店


ふる里の広島から旧友がわざわざ送ってくれた本です。
貧乏をものともしない がばいばあちゃんに共感を覚えます。

kuma-mituさんの「絵手紙の小窓」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-02-04 12:04