今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_18475085.jpg手をかけて畑を耕し、野菜を収穫するまでの喜びやとれたての味を生かした手料理を楽しみ、おいしい恵みに感謝する日々。森を歩けば、四季折々に咲く野の花や木の実に出会え、季節の便りを感じるひととき。
ちょうど今の季節は、みごとに実った栗をかごいっぱいに拾って、栗料理を楽しめるなんて、なんとも秋らしく、都会では味わえない体験です。そして、のんびりした時間の流れの中で、好きな草木染めや藍染めを楽しんだり・・・。

岩手県の山あいにひっそりたたずむ小さな集落「たいまぐら」という森で、そんな自給自足のスローライフを、自然体でエンジョイする姿は、読んでいるこちらまで気持ちがゆったりと癒されます。
「毎日の暮らしの中に宝物がいっぱいですね」「豊かな時間を過ごしていますね」とうらやむ読者も多いはず。

今週は、毎日の暮らしの中にある小さな発見や幸せ、感動をつづった、「森の暮らし たいまぐら便り」のちほさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ちほさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。「今週のピックアップブロガー」のコーナーを通じて、いくつものお気に入りブログと出会ってきた私…。そのコーナーでまさか私のブログをご紹介いただけるとは! ちょっとくすぐったいような恥ずかしい気持ちですが。
ブログをはじめたきっかけですね。ブログをはじめる以前に、「ちほの宝箱」というHPを運営していたのですが、そのHPを見てくださっている方たちから、「日記のページはブログにしてみたら?」とアドバイスをいただくようになったんです。
当時は、「ブログって何? HPとどこが違うの?」と思う程度でしたが、とりあえず見よう見まねで、『森の暮らし たいまぐら便り』というブログを開設してみると、更新などが手軽にできてとても便利で。何より、見てくださっている方たちと、コメントを通じて交流できたりと、HPとはまた違うよさがあることに気がつき、今はブログを中心に発信しています。

c0039735_1848915.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ちほさん:ほとんどの方が「はじめまして!」かな、と思うので、ちょっと自己紹介させていただきますね。
私が住んでいるのは岩手県のほぼ真ん中。ポコッとおへそのようにとびだしている早池峰山の麓です。プログのタイトルにもなっている『たいまぐら』というのは地名なんです。アイヌ語由来の名前で、「森の奥へつづく道」という意味ではないかと言われています。
横浜で生まれ育った私が、たいまぐらへ移住したのは18年前のこと。この地が気に入って、大阪出身の主人と一緒に越してきました。隣の集落まで約10キロ! 人間より、キツネやシカやクマが身近な隣人という、森に囲まれた場所です。
そんなたいまぐらで、畑を耕し、散歩を楽しみ、私は草木染め、主人は桶作りの生業である手仕事に励む毎日…。ブログには、そんなたいまぐらでの暮らしのアレやコレやをつづっています。
北国の鮮烈な季節感や、自然に寄り添った暮らしぶりを、みなさんにも楽しんでいただけたらうれしいなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
ちほさん:昔から、色のきれいな石ころや、鳥の羽を拾うのが好きでした。他の人からみたら、「とるにたらないもの」かもしれないけれど、私には宝物だったんです。宝物はきれいなお菓子の缶にためていました。忘れもしない、マッターホーンのクツキーの缶に(笑)。
ブログは私にとって、言ってみれば子どものころ大切にしていた、その宝箱のようなものなんです。驚きや発見という宝物を、文字でしまっておくための宝箱とでもいいましょうか…。時々読み返して、「あんな素敵なことがあったな。そうそう!こんなきれいな景色も見たな」なんて、自分自身が楽しむためのもので、それ以下でもそれ以上でもなかったのです。
ところが、そんな理由ではじめたブログですが、うれしいおまけがついてたんです。そのおまけというのは、私だけのものと思っていた宝物に「わぁーっ!」と目を輝かせて共感してくださる方がたくさいらしたということ。こっそり一人で眺めるのもいいけれど、「おもしろいね」「きれいだね」って誰かに共感してもらうのって、やっぱりうれしいものなんですね。思い切って、宝箱の蓋をあけて、みなさんに見ていただいてよかったなと、思っています。今は、宝箱の蓋はいっつも開けっ放し! それも素敵だなって、思っています。

c0039735_18483420.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ちほさん:わがままな人かな…。こんなこと書いたらブログを見てくださる方がいなくなっちいますね(笑)。やりたいことはなんとしてもやりたいという気持ちが年々強くなっているような気がします。やりたくないことでも、やらなきゃいけないこともある、と思っているから、まだ救われるかな!?と自分でフォロー(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ちほさん:大勢いらっしゃいますが、中でも、以前このコーナーでも紹介されていた「フィレンツェ田舎生活便り」 のちほさんかな。イタリアで田舎暮らしをそれているちほさん。そして、たいまぐらで田舎暮らしをしている私。暮らしぶりはもちろんずいぶん違うのですが、その違うところがなんともおもしろいなぁ、と思います。時に「同じだ!」と思うこともあって、それもまたおもしろいなぁ!と思います。今年はフィレンツェのちほさんから教わったイタリア野菜を、数種類畑で育て料理しました。「ボーノ!」でしたよ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ちほさん:お料理かな。これは、もうずっと前からですけれど。なにせ並外れての食いしん坊な私! 特に、四季折々にとれる森の恵みや、畑の作物を、大切においしくいただきたいなぁと思っています。新しいレシピの考案にも熱心!なんて、研究熱心と言えば聞こえはいいのですが、満足がいくまで繰り返し試作するので、家族からブーイングを浴びることもしばしばです(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ちほさん:今の暮らしがいつまでも続けられますように…。

c0039735_1849356.jpgエキサイトブログ編集部:森の暮らしを楽しむのスローライフのよさが伝わりますが、自然の中で暮らす楽しさは?  また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
ちほさん:森の暮らしを始めたのは、18年前のこと。移住当時は、なんと電気も!電話も!ありませんでした。郵便も局留めでしたし…。電気は2ヶ月ほど後にひかれましたが、電話なしの生活は3年間に及びました。もちろん不便ではありましたが、なんとかなるものです。他にもたくさんの不便がありましたが、それをなんとか工夫で乗り切るところに、田舎暮らしの醍醐味はあり、自分たちの暮らしは自分たちで築いているんだという手ごたえもあったのです。不便だからこその楽しさもあるということを、しみじみと感じたのでした。

スローライフというのは、不便であったり手間隙がかかるもの。でも、だからこそ工夫のしがいもあるし、楽しいのだと思うのです。
今は、電気はもちろん、光ケーブルもひかれ、郵便も毎日配達されます。住民が増えるに従い、ごみ収集や共同購入も毎週可能になりました。といっても27人ですが(笑)。本当に便利になったものです。そのサポートにはとても感謝しています。でも、あまり便利になり過ぎないようにと、どこかでブレーキをかけている自分がいます。
スローライフ、自然の暮らしを楽しむ、というのは決してゆったりと優雅にというばかりではないんですよね。もしそうだったら、とっくに飽きていたかも…。タフでワイルドなことも多いし、ハードな戦い(笑)を強いられることもあるのです。それを楽しんでいきたいなーと思っています。それに、こうも思うのです。便利さをあまりに追求するというのは、イコール自然の営みのリズムから離れていくことだ…と。

エキサイトブログ編集部:ブログと同名の本が出てらっしゃるようですが、どんな内容の本ですか?
ちほさん:「森の暮らし たいまぐら便り」は、一昨年、アノニマスタジオから出版しました。
日々の暮らしのあれこれをつづったエッセイ集で、たいまぐらで暮らしはじめてからの15年間に、折々につづってきた42編が収められています。薪ストーブでコトコトとマーマレードを煮る幸せな時間のことや、初春に現ーあらわれる美しいお花畑のこと。秋の木の実で作る美しくておいしい果実酒の話や、縁の下にもぐりこんだタヌキとの悲しい別れのこと…など。季節によりそった森の暮らしのエピソードをつづった一冊です。
ブログと本は兄弟のような存在。ブログは私の宝箱のようなものだと先に書きましたが、そんな宝箱が実はいくつかあって、本もそうなのです。
先ずはブログをご覧いただいて、「もっと!」と思っていただけたら、本も手にとっていただけたらうれしいです。

c0039735_1850137.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ちほさん:幸せな時間は、やはり食事の時間ですね。なにせ食いしん坊ですから(笑)。家族との大切な時間でもありますし…。
あと、散歩も大好き。春夏秋冬と季節は四つの言葉で表現されますけれど、日々、風景は時を刻んでいます。季節が刻む時間を感じるには、散歩が一番ですからなるべく時間を見つけて森へ!川へ!と出かけています。
そして、意識して大切にしているのは、一日の始まりと終わりの時間。特に目覚めの時間は大切にしています。朝は、起きなければいけない時間の15分前には目覚ましをかけます。時計がなったら、先ず目の前の障子をあけ、布団に横になったままでもいいので朝日をゆったりと感じるようにしています。晴れの日はもちろん、曇りでも雨でも、太陽の光は感じられるものです。頭だけではなく身体も心地よく目覚められるような気がします。おすすめですよ!

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
ちほさん:「好きな理由」 10.10.06
私にとって秋の味覚の王様といえば栗!おいしかったなぁ。

心は一緒に」 10.0909
何よりの宝物はやっぱり家族です。

雨の香り」 10.06.16
雨にも四季折々の香りがあります。森の暮らしから教わったことです。

おいしくなぁーれ」 10.0418
春ってなんだかそわそわ。紅茶を作るのも初春の楽しみです。

プンタ現る」10.04.23
森に暮らす隣人がちょくちょく訪ねて来る我が家。この日はプンタが…。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ちほさん:温泉が湧いてほしい(笑)。寒くなってきましたからねぇ。
我が家のお風呂は薪で沸かします。温泉に負けず劣らぬよいお湯なのですが、時間もかかるし、薪も結構使うのです。冬に向かうこの時期は、いつでも温かな温泉に入れたらいいなぁ〜…とつい夢想してしまいます。

c0039735_18493512.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ちほさん:最近でいいますと、クマ出没のニュースかな。
あと街をうろつき迷惑をかけていたサルのニュースもきになりましたね。
クマが街に出没したり、サルが住宅街をウロウロすることは、珍しいし困ったことに違いはありません。でも、「なぜ?」という根本的な原因をあまり話題にせず、捕獲劇ばかりが取り上げられていることに首をかしげずに入られません。
つかまって檻に入れられているサルをみて、「普通のサルなのでびっくりしました」とコメントしている人がいましたが、どんなサルだと思っていたのでしょうか。普通のサルがそういう行動をとらざるを得ないのは、なぜなんだろうって、みんなに考えて欲しいなーなんて思います。
人間の犯罪でもそうですが…。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ちほさん:いつも訪問してくださるみなさん!「本当にありがとうございます」
そしてこのコーナーがきっかけで初めて訪問してくださったみなさん、「はじめまして!」
暮らしのあちこちに、実はたくさんの幸せがかくれていますよね。気づくのも気づかないのも自分次第なのだと思います。
ブログには、私がみつけた、小さいけれどかけがえのない幸せをつづっています。押しつけがましいようですが、幸せのおすそ分けを受け取っていただけたらとってもうれしいです。




【ちほさんが好きなブログ、気になるブログ】

あべっ子通信
実家の幼稚園のブログです。私が言うのも何ですが…とっても素敵な保育をしています。

フィレンツェ田舎生活便り」 
田舎生活つながり、ちほつながり(?)でお気に入りのブログです。料理もおいしそうなんです!

六ヶ岳の麓から
器や料理の記事は興味深いもの。そして、そのしなやかな生き方に励まされます。

小さな手紙」 
美しい写真にいつもいつもうっとり。猫好きにはたまらない写真も!

草虫暦」 
尊敬する友人のブログ。なにものにもそそがれる丁寧な視線が素敵です。




【ちほさんのライフログ】

藍から青へ―自然の産物と手工芸

石田 紀佳 / 建築資料研究社


暮らしを取り巻く様々な道具たち。その道具の素材にスポットをあて、解説した一冊。 友人の著書なのですが、道具好きにはとってもためになる一冊です。

ハーニャの庭で

どい かや / 偕成社


猫が主人公の絵本です。四季折々の庭の様子と、猫たちの様子がかわいらしく描かれています。どいかやさんの絵本はどれも大好き。どの本も手にとっていただきたいおすすめの本ばかりです。

風たんてい日記―FOR YOU絵本コレクションY.A. (FOR YOU絵本コレクション〈Y.A.〉)

杉田 比呂美 / 小峰書店


目に見えず、形のない風を、素敵なイラストと言葉で表現している一冊。 内緒にしていたい、でもこっそり教えたくもある。そんな不思議な一冊です。

安房直子コレクション 全7巻セット

安房 直子 / 偕成社


不思議な世界を描く安房直子さんの童話集です。 子どもの頃からの愛読書の一つ。
今までも、そしてこれからも、ずっと読みつづけていくと思います。

料理歳時記 (中公文庫)

辰巳 浜子 / 中央公論新社


古くて新しい。食への愛情と知識満載の一冊です。糊のきいた真っ白な割烹着をきてお台所に立ちたくなりました。




【ちほさんの著書】

森の暮らし―たいまぐら便り

安部 智穂 / アノニマスタジオ



ちほさんの「森の暮らし たいまぐら便り」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-10-29 22:14

c0039735_2052451.jpg赤、黄、緑の天然色鮮やかな野菜やフルーツ、お花をはじめ、発色がきれいなジェリービーンズやキャンディ、おいしそうなスイーツなど。見ているだけでポップな気分になるカラフルな写真の数々。
そんな、色とりどりのものを並べたコラージュ写真に、オレンジとブルーがまざったような夕焼け、マイナスイオンを感じる海や森林の写真など。
どれをとっても、色彩のもつ魅力にこだわった写真を撮り続け、「ポップでかわいい〜!」「見ていると元気になる」と読者に評判です。

カラーセラピーという言葉があるように、色には、気分を軽くしてくれたり、癒してくれたり、元気にしてくれる効果がありますが、まさにそんな効果がブログからも伝わってくるようです。

今週はカラフルなものをこよなく愛する写真家、「Be strong and happy!」のchikaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
chikaさん:私のほうこそ毎日大変お世話になっております。ホントにありがとうございます。そして、よく私のところのようなブログを見つけていただけたものだと、感謝・感激しております。
ううむ、エキサイトブログ編集部、恐るべし!(笑)

ブログ開始のきっかけですが、私はフリーランスのフォトグラファーとして、都内の事務所兼スタジオで広告撮影などをしています。
ストック・フォトの会社と契約をし、作品販売をお願いしているのですが、ブログをはじめた4年前に手元に600カットくらいんp販売作品があったんですね。「こんなに作品が手元にあるんだから、ブログというものをやって発表してみようかな?」とあまり深く考えもせずに思い立ちました。いろいろとネットで見ていましたら、エキサイトさんが、「一番シンプルでカッコいいじゃん!」と気に入りまして、ビール飲んで酔っ払った勢いではじめちゃいました!
ブログ開始から4年。現在の作品数は7000カットを越えました。ブログの力というか、よく撮ったものだ、「頑張ったねえ、私」とか思っています(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
chikaさん:まずブログのタイトルについてお話ししますと、こんな能天気な私ですが、30代後半に、精神的に辛くて辛くて大変な時期が長くあったのです。「じゃあ、今いくつなんだい?」って突っ込まないようにお願いします(笑)。
人生の一番辛く苦しく暗いその時期に、友人の旦那さまから励ましのメールをいただいたんです。
その文章の末尾に、「chika-chan,Pleas be storong and happy!」というメッセージがありました。私にとっては神の啓示のような言葉だったんです。光輝くキラキラとした言葉。この言葉は私の命に響きました。言葉ってすごいですねえ。ひとつの言葉が人の人生を変える力を持つんです。これ以来、私の写真はグ、グ、グッ、グンッと変りました。
「男どもは大志を抱け、女子は強くなろうぜい! そしてみんな幸せになるのだよ」というのが私のメッセージ。
「だいじょうぶ、とにかく今日も笑い飛ばしてガハハと生きよう!」というそれが私の写真です。
「見ていると、なんだかわからないけど元気になる!」そう言ってもらえる写真を撮っていきたいです。
私も誰かが生きる力を持てるような、心の中に温かい陽の当る自分だけの場所をそっとイメージできるような、そんな写真が撮れたらと、ずっとずっとめげずに懲りずに撮っていきます。

ブログにはストックフォト用の作品をメインにアップしています。大好きなキャンディやクッキー、自分でデコレーションしたケーキ、和菓子もあります! 自分で作ったビーズアクセサリーやカラフルなお花も自分でアレンジしたものがたくさん。野菜もキラキラ光ってます。…って結構食い意地はってますね私(笑)。
最近はシャボン玉にはまりつつあります。皆さまの元気アップとなりますように。カテゴリの「sweets」や「花」などをどうぞ見てみてください!

c0039735_20454550.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
chikaさん:やはり人との出会いですね。
私は横浜在住なのですが、会える距離の方とはガンガン会って飲んで(笑)お話ししています。エキサイトで知り合った方たちは、もう本当に素敵な方ばかりでこの出会いと友情は私の宝です。遠方の方でもメールでやり取りしたり。本当にうれしいことですし、ありがたいです。
友人から「ブログってやってみたいんだけど」なんて相談されると、「エキサイトがいいよ〜!」 と必ず勧めます(笑)。
人を励まそうと思ってたのに、実は私が励まされているのだ! というのが新しい発見ですね。うう、やっぱりありがたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
chikaさん:これはどなたも皆さんがおっしゃることだと思うんですが、HPよりも更新が手軽に簡単にできるということですね。
枝葉に分かれていなくて、縦スクロールで、あ、横もありますねっ(汗)、その人のやっていることをシンプルにわかりやすく表現できるのが魅力だと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
chikaさん:大酒飲みのオバチャンです(笑)。酔ってても撮るで〜!

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
chikaさん:「拝啓、皆々様。」のジョリさん! ブログをはじめた初期に“ビール”で検索し、私のところにたどり着いたとコメントを書いてくださいました。長いおつきあいなので、他人とは思えません(笑)。息子さんの成長に一喜一憂する、「親戚のオバチャン」状態の私です。いつかお会いして、絶対に一緒にビール飲みたいです。
実際会ってお世話になっている「EATお茶入れたよ」のTAEさんは本当にキュートで素敵な方でした。こんな私がプリンもシュークリームもパウンドケーキも作れるようになったのもTAEさんのおかげ!
そして、「オフホワイトの日記帳」のecottさん。東京でお会いしているのはもちろん、三島・静岡方面で素敵な旅の演出と案内もしていただきました。どれだけのことを教えていただいたことでしょう、大人の女性、人生の良き先輩です。新たな出会いをたくさん作っていただきました。

c0039735_20465881.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
chikaさん:アメリカのTVドラマ「デスパレートな妻たち」にこの4年ほどハマりまくりです。
世界で一番このドラマを観ているのは私である、という自信があります(笑)。
登場人物の誰かに同化するとか思い入れがあるというのではではなく、人間関係とかセリフとか性格設定とかが好きなんです。「デス妻」について語り、お酒飲んでくれる友を大募集中。

エキサイトブログ編集部:夢は?
chikaさん:写真家の誰もが持つ夢が「写真集を作りたい」だと思うのです。
私はあまり自分で企画できるタイプではないので、ずうずうしいことを言わせてもらえれば、広告のポスターを撮らせていただいて、3年くらい経った後に、「素材が集まったので、その写真たちで一冊の本が作れるくらい作品が集まったねえ」「なんか作りますか〜!」なんていうのが、理想です。これっていわゆる「棚ぼた」ってやつですかね(笑)。

エキサイトブログ編集部:色鮮やかでキュートな写真の数々に、心も軽やかな気分になりますが、chikaphotographさんにとって写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることなどがあれば…。
chikaさん:「心も軽やかになる」なんて言っていただけると、私はうれしくて泣いてしまいます。うううっ(号泣)。
写真を撮りはじめて四半世紀が過ぎました。重ねて今の歳を詮索しないようにお願いしますね(笑)。
写真学校できちんと教育を受ける機会に恵まれましたし、こんなにも長くプロの現場で撮らせていただき、稼がせていただき、数多くの貴重な経験を積むことができました。私はとても幸運だったと思います。
今思うのは、いくら技術を磨いても知識をため込んでも、「自分」以上のものは撮れないのだということ。もっともっと良い写真を、こんな写真を、あんな写真を、と願うなら、自分自身を磨くしかないのだ。「自分らしく」撮るって、自分をさらけ出してしまうものだから、コワイです。
だから、自分を飾らず、高く見積もることをせず、でも昨日より少しでも今日は「私の写真」が撮れますように!というのが毎日の目標です。自分自身の心を磨く努力をしながらひたすら撮ると。それが、私の写真を撮る楽しみであり、私の人生の目標でもあります。

好きなことは飽きずに続けられます。私は子どもの頃から、カラフルな物が大好きなんです。中学・高校の友人からも「そのセンス、何十年経っても変らないよね〜」とよく言われますし。子ども時代と変らずに、空想・妄想・し続けてる感じで。
色が好き。色彩が好き。好きだと続くんですね。「好き」って人生の武器だと思う。私は本当に懲りない飽きないしつこい女なんです(笑)。

c0039735_2046245.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chikaさん:一番大好きで癒される時間は、うふふ。ダーリンとベットで二度寝する休日の朝ですねえ。夫のことですよっ。
二人で毛布にくるまってゴロゴロ・ダラダラと過す時間より好きなものはありません。
何にもしないで二人でぬくぬくと暖かく、癒されます。ホントに二人っきりでいるのが大好きなんです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
chikaさん:気に入っている作品ばかりになってしまいましたが。
どんどん出てくる」2007年1月31日
ソニエンが好きで、仕事とか一切関係なく好きで撮ってます。これは大人買いした箱を空けて、ワクワクしながらホントに楽しく撮ったのでした。

キャンディってとにかくカラフルなのだ」2008年11月9日
無性にうゎ〜っと、キャンディを撮りたくなります。撮りたくなったら、とにかくすぐに撮ると(笑)。

聖夜のカラーボール2008 その2」2008年11月12日
私のクリスマスツリーはこういう感じです。

マーイ・ブルー・ヘーブン♪」2009年4月8日
秋ですね。桜や青空が恋しくなりませんか?

ボタンだよ」2009年12月26日
キャンディカラーといったらボタンもそう。カラフル、並べる、撮る。これが好きなんですねえ。

茅ケ崎の海岸」2009年8月11日
現在のところ、一番好きな写真たち。これ以来、シャボン玉に取り憑かれました。これからもいっぱい撮る予定です。

デコレーション・レッスン終了」2010年4月24日
3ヶ月頑張った、代官山のデコレーション・レッスン。頑張って作ったので、観ていただきたい(笑)。フォンダンで何十個もバラは葉っぱを作りました。

weekend booksさんに行ってきたのだ」2010年6月13日
weekend booksさんの素敵な店内を楽しんでください。

c0039735_20473971.jpg


エキサイトブログ編集部:今、一番したいことは?
chikaさん:南の島に行きたいです。青い海、砂浜、波の音、ビール。で、ちょっと撮ります(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
chikaさん:今年のノーベル文学賞。
マリオ・バルガス・リョサ氏の「緑の家」をアマゾンで購入しようとしたら、注文殺到なのか入荷待ちでした(笑)。到着を首を長くして待ってます。ラテンアメリカに今とっても興味があるんです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
chikaさん:いつもありがとうございます。
こんなにたくさんの方が訪れてくださっているんだなあ、と毎日うれしいです。
どうか遠慮なさらずにコメントも残してやってくださいね、動物好きの心優しい私ですので(笑)。
カメラやレンズ、撮影のことなどでもお気軽に声をかけてくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【chikaさんがお使いのカメラ&レンズ】

機種/Nikon D300
レンズ/NikonのFXフォーマットの単焦点レンズ。 14mm,35mm,60mm,105mmなど。




【chikaさんが好きなブログ、気になるブログ】

ことりごと2
友人のイラストレーター3legumi_mimiさん。シャボン玉を飛ばしてくれる私の天使です。毎日イラストに癒されてます。
11月は辻堂でひと月個展も開催しますので、どうかよろしくお願いいたします。

花とねずみとごはんとおやつ
「料理の事ならしずみんに訊け!」というのが最近は「なんでもかんでもわからんことは、しずみんに訊け!」となってる私です。ゴメンね、しずみん、甘えてばかりで。年下なのに、優しく頼もしく賢い最強の友人です。そしてジャムの師匠でもあるのだ。

weekend books
ネットの本屋さんから始まり、今や素敵な実店舗を営業されてるweekend booksさん。
選び抜かれた本と雑貨と焼き菓子。私はあそこに住んでしまいたいです。近所だったら毎日入り浸ります、絶対。

HIGU BAGELもちもちビーグルとアメリカンスイーツ
代官山のデコレーション・スクールで一緒に学んだ、ひぐやんです。ベーグルに対する真摯な姿勢が美しい。
ベーグル本当に美味しいですよ! HPやブログのトップ用にベーグルの写真を撮らせてもらいました。

シャッターの音
事務所「ARTS & US」のパートナー、cc_kurara氏のブログです。私の技術コーチです(笑)。
Konica BIG mini F でモノクロ撮影。暗室に籠って焼きを極める姿には頭が下がります。




【chikaさんのライフログ】

デスパレートな妻たち シーズン5 COMPLETE BOX [DVD]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


一度だけなく、何度も何度も観て楽しめるのが「デス妻」。まだまだ繰り返し観ます! 出演女優さんたちが年々若く綺麗になっていくのが羨しい。ハリウッド・マジックなのですね。

サーカスの息子〈上〉 (新潮文庫)

ジョン アーヴィング / 新潮社


何度も読み返している「サーカスの息子」。J・アーヴィングの中では2番目に好きな作品。
作品自体がサーカスなのです。

百年の孤独 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1967))

ガブリエル ガルシア=マルケス / 新潮社


ラテンアメリカの時代が到来します。きっと(笑)。空気も湿度も濃密、濃厚、そして芳醇。
文字でこれだけ世界を表現できるなら、ヤバいぜ、写真なんかいらないじゃん、と思ってしまった作品でした。

chikaさんの「Be strong and happy!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-10-22 22:42

c0039735_22282955.jpg「みなさーん聞いてください」のフレーズではじまるおなじみの日常。関西人ならではの視点でとらえた、ぷっと笑える関西ネタから、会社の仲間との面白い話題、すっかり成長したお子さんとの心あたたまる話題まで。フルタイムで働きながら、子育てと家事もパワフルに楽しむ、とってもお茶目で涙もろい40代女性のはにさん。
「はにさ〜ん」「はにちゃん」「はに姐さ〜ん」と読者に親しまれ、「毎度楽しませてもらっていま〜す!」というファンも大勢います。
さくさく描いたイラストと川柳風にたて書きした「今日の気づき」のコラボがユニーク。オリジナル感を出しています。

今週は、見ているだけで、元気と笑いをもらえる「ハニログ!」のはにさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
はにさん:こちらこそピックアップブロガーにご紹介いただきありがとうございます。
2005年の流行語大賞で”ブログ”という言葉を知り、速攻で会社の同僚とはじめました。
最初は会社のホームページにリンクされていたのですが、何のスキルもない私がビジネスについて執筆できるわけがなく、個人的な内容を書いていくうちに会社のイメージを壊していると自覚しましたので、お願いしてリンクを外してもらいました(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
はにさん:兵庫県西宮市在住の“貧乏暇無し、フルタイム勤労主婦”の日常をつづったブログです。
会社と家の往復で、毎日時間に追われまくっています。ブログのスタイルは、気づいたことを絵で説明し、縦書きでツッコミを入れ、写真でオチをつけるという形で表現しています。仕事や子育ての失敗談を主に記事にしていますね(笑)。例えば会議で白熱し、同僚に向かって自分のことをうっかり「お母さんはね!」と、叫んでしまったりとか(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
はにさん:ブログから得たものはたくさんありますよ! 異なるライフスタイルの方、違う年代の方々、海外の方とも友だちになれました。狭い世界で暮らしている私にとっては、発見だらけのブログワールドです!!

また恥ずかしかったことや、辛かったこと、しんどかったことなども、ブログのネタにしてしまえば不思議と面白くなりますね(笑)。

c0039735_22332871.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
はにさん:酒飲み。ミーハー。「おめでたい」とよく言われます。本当は繊細なのですけど?

エキサイトブログ編集部:実際会ったブロガーさんは?
はにさん:ブログを通じていろいろな出会いがありましたよ!先週末はエキサイトブロガーの「clarice-straringさん」、「minaさん」、それから「あきみんさん」、「もちっこさん」と、東方神起のカラオケ大宴会をしました。最高に面白かったです。カラオケなのにライブ気分(笑)。ペンライト振るわ、飲むは踊るわ、「こんな世界があったか!」って感じで、ストレスがブッ飛びました!今度はブログ仲間で白浜に一泊旅行しようと計画中です。

これからも、相互リンクをいただいているブロガーのみなさま、コメントいただくみなさま、いろいろな世界の方々と友だちになり、輪を広げて行きたいですね!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
はにさん:★韓流ドラマ『善徳女王』。 上のイラスト↑の緑の韓国の民族衣装は善徳女王のつもりです。大阪のコリアタウンで撮影してもらいました、ステキでしょ?顔が見えたらもっとステキなんですけど。冗談です。あ、3カットで2000円でした いかがです?(笑)
★ツイッター。みなさんが好き勝手につぶやいているので、読むだけでも楽しい!
★東方神起。解散説、んも〜どうにかなりませんか?

c0039735_22335122.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
はにさん:子どもたちが小学校の頃、夫の赴任に伴い4年間駐在したマレーシアでセカンドライフを過ごすことです。毎日が時間との戦いですので老後はのんびり南の国で過ごしたいな〜。

エキサイトブログ編集部:ぷっと笑える手描きのイラストと縦書きのひとことがユニークですが、イラストを描き始めたきっかけやその楽しみは? また、自分らしい作品作りやこだわり、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
はにさん:初めてアクセスしてくださる方にもわかりやすく、できるだけシンプルに短くまとめるようにしています。毎日の暮らしも、何でも複雑に考えないようにしていますね、単なる面倒くさがりですかね(笑)。

横書きが基本のブログですが、縦書きを取り入れてみたら面白いかなと思い、やってみました。あ、そういえばはじめた頃は俵万智さんを目指していたのですが、いつの間にこんなことに!(笑)

c0039735_22212467.jpg


イラストを描き始めたきっかけは、小学校の頃に描いていたら両親が褒めてくれて、うれしくてノートや教科書に絵を描きまくっていました。
新卒で就職した会社でも、こっそり上司のマンガやギャグを描いてコソコソ同僚に回していたら、いつの間にかおおっぴらになってしまい、当時社内紙に毎月連載されることになりました。今から25年くらい前のことですけれど。上達のないヘタクソなマンガを、いまだに調子に乗って描き続けています(笑)。

それから今回せっかくピックアップブロガーに取り上げていただいたのだから、もう少しマメに更新していこうと思います。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
はにさん:大切にしている時間は、子どもたちとの時間です! 大学1年の娘と高校1年の息子がおりますが、日々親離れしています。たくさん話を聞いて、なるべく一緒に出かけるように心がけています。いずれ家から出て行くと想像しただけで、涙がちょちょぎれます。子どもたちが幼い頃、もっと早くに気づけば良かったのですけど・・・。

c0039735_22222980.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
はにさん:【どんな言葉でも関西人】 2009年6月13日
関西はカラスも違いますよ〜。あつかましいですね〜。声デカイですね。まるで関西のおばちゃんみたい? 私かっ(笑)。

ザ・関西人】 2009年8月14日
関西では普通の光景、素敵ななお姉さんまでも・・・。関西でエレベータ乗った時はぜひチェックしてみてください!

レッツアンチエイジング!】2010年1月3日
5万6千円も払ったのに何の効果もナシ!ぼったくりやー!!!・・・ブログネタになったから、ま、いっか(笑)。

カマキリの交尾】2008年12月20日
これは笑えません。んもーホント切実です! 男の子を持つお母さん方、ぜひ読んでみてください。

親離れ子離れ】2008年11月1日
自分でマンガ書きながらオイオイ泣いてしまった記事です。子育て中のお母さん方はもちろん、お父さん方からも多くコメントいただいたのがうれしかったですね。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
はにさん:最近感動したこと、たくさんありますよ。私、今年46歳になったのですが、年々涙もろくなっています。つい先日、友人から絵本をいただいて、うれしくて読んで号泣してしまいました。
韓流ドラマやスポーツ観戦、あと、赤ちゃんを見るともうダメ、泣けますね〜。

涙もろくなるのはたくさんの経験や記憶が重なり、人の痛みがわかるようになるからだそうです。だから最近「年を取るのは良いことだなぁ」と思えるようになってきました。
いろいろな方と積極的に関わり刺激を受け、笑ったり泣いたり、前向きに愉快に50才を迎えたいです!!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
はにさん:ブログに訪問してくださるみなさま、いつもコメントくださるみなさま、心から感謝しています。また、はじめての方も気軽にコメントいただけるとうれしいです。
つたないブログですがこれからもよろしくお願いします。

c0039735_22345318.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました!




【はにさんが好きなブログ、気になるブログ】

主婦OLが綴る大阪満喫Life
ご主人の転勤で大阪のド真ん中に住むようになった 美人主婦OL Shizuちゃんのブログです。関東人だからこその視点で大阪での新鮮な発見や気づきが、わかりやすくつづられています。

中年ラブソティー
オチャメでオシャレなandy氏。モテの極意を追求し、あんなもの買ってみたりこんなことしてみたり、日々邁進されている様子がステキだなぁと思いつつ、なぜかちょっと笑えてしまいます。更新が楽しみで、楽しみで。

ぎんじの一生青春
私と正反対のきらびやかな世界で暮らしておられるセレブで、ゴージャスで、夜遊びもハンパないぎんじさんの毎日は、私にとって興味しんしん!チョー刺激的です!

にゃんとまったりカフェ
かわいいネコちゃん4匹に囲まれたマダム・パステル子さんのブログ。猫ちゃんの写真に添えられた関西人ならではのボケとツッコミが面白いです。現在休止中ですが一日も早いカムバックを心待ちにしていますよ、パステル子さん!!

英国屋台
英国在住のmacoさんは、飲むは、食べるわ、行くわ、来るわ、とにかくフットワーク軽く毎日を謳歌しておられます。毎日うらやましく、拝見しています。いつかご一緒させていただきたいなぁと密かに憧れています。




【はにさんのライフログ】

善徳女王 DVD-BOX VI <ノーカット完全版>

ポニーキャニオン


王女トンマンと悪女ミシルの戦い、運命に導かれ翻弄されながらも懸命に生き抜こうとする人々の姿に何度も号泣しました。息を呑むようなストーリー展開!目を離せない見所満載の超大作・歴史ドラマです。イケメン軍団の「花郎」も必見です!!

はにさんの「ハニログ!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-10-15 22:31

c0039735_1453395.jpg旅情をそそるお祭り風景や古い街並み、ローカル線が走る海辺の景色、美しい夕日など、まるで旅のポスターのような写真の数々にうっとり。地元・富山をはじめ、京都や金沢、飛騨高山などを旅して撮り歩いた写真は、「これぞ日本の旅」といえそうな、しっとりした風情が漂います。
そんな写真を見ているだけで、こちらまで旅した気分になってしばし癒されたり、「一度、行ってみたいな」と憧れる読者も多いはず。

写真に添えたひとことや「富山旅人」のロゴなども旅情をかきたてます。

今週は、旅と温泉が好きという思いを写真で伝える、「温泉記」のhidetatu32jpさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hidetatu32jpさん:こちらのほうこそ、いろいろな方との交流の場を提供してくださってありがとうございます。
以前から旅行が好きで温泉宿のホームページをよく見ていました。旅館のホームページは綺麗な写真が多く、自分も旅行に出かけて、こういう写真を残せたらいいなと思っていました。そんなことを考えている時に、たまたまインターネットをしていて出会ったのが、mutoさんが書かれている「Patrappi annex」という題名のエキサイトブログでした。いろいろな撮影技術などもわかりやすく解説されており、たくさんの方がmutoさんとコメント欄で交流されているのを見てとても憧れました。それで私もエキサイトブログをはじめてみました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hidetatu32jpさん:地元・富山の風景や、旅行先で出会った景色やお祭りの様子をメインに写真を撮って紹介しています。タイトルの『温泉記』というの は、温泉が好きで、旅館の料理も好きという思いから、そのままタイトルをつけましたが、実際はたまにしか温泉にはいけていません(笑)。

旅行に出かける目的には、絶景を見るとか美味しいものを食べるとかいろいろあり、旅行というのは基本的に楽しいことだと思っています。私のブログを見られた方々に、「ここに行ってみたいな」と思ってもらえるような写真を撮ってアップしたいなと思っています。

c0039735_146152.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
hidetatu32jpさん:いろいろな方のブログの写真を拝見させていただいて、写真の撮り方や技術はもちろんなのですが、誰かが困っていたり、悩んでいたりするとそれを見たみなさんのコメントの温かさや気配りはすごいな、見習うべきだなと思うことが多いです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
hidetatu32jpさん:リアルタイムでいろいろな方の写真を見たり、いろいろな考え方を見たり数えきれないメリットがあると思います。昔なら、撮った写真を誰かに見てもらうには実際に持って行くか発送するしかなかったと思うので。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hidetatu32jpさん:甘えん坊かもしれません。好きなことしかしたくないとい、うかなりめんどくさがりな人間かもしれないです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hidetatu32jpさん:今年に入って初めてブログでやりとりしている「Yakan's Photo Gallery」のmeister_shakuさんと待ち合わせして撮影に行きました。
初めて会った時に「想像していた通りの人」と言われましたが、私はどんな人だったのでしょうか(笑)。
他にも数人とお会いしていますが、写真の話をすると時間のたつのが早いなぁ、っていつも思います。写真にまったく関係のない話もかなりしていますが(笑)、同じことに興味がある方と直接お会いして話すのってとても楽しいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hidetatu32jpさん:写真を撮ることはもちろんなのですが、出かけた場所でなるべく地元の人と話すようにしています。自分の想像をいつも違うような裏話を聞くのがとても好きです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hidetatu32jpさん:私が撮った写真を見て、多くの方が「ここに行ってみたい!」と思えるような旅情があり、リアル感のある写真を撮ることです。

c0039735_146239.jpg

エキサイトブログ編集部:ポストカードやポスターのような写真など、とても素敵に編集された写真の数々ですが、hidetatuさんにとって写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることや記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
hidetatu32jpさん:旅行が好きで、「今度はどんな旅館に泊まろうかな?」といつもいろいろな旅館のホームページを見ていました。4年くらい前にホームページの写真がとても綺麗でコンパクトカメラで真似をして撮ってみたのですが、同じようには撮れませんでした。
「どうして撮れないんだろう?」と写真に詳しい方に聞いてみると、「一眼レフでなら撮れるよ」と言われ、4年ほど前に一眼レフを購入。初めて一眼レフカメラで写真を撮ってパソコンで見てみると、今までコンパクトカメラで撮っていた写真にはない被写体の質感を得られたり、被写体のバックがキチンとボケて被写体を強調することができました。
その頃はまだカメラの構造などもよく分かっておらず、とても驚きました。またレンズを交換することによって撮れる写真が違ってきたりして写真って面白いなと思いました。
写真を撮る楽しみは、自分の思い出のためというのはあります。でも、もっと期待しているのは誰かが私のブログの写真を参考にされ、出かけられて楽しい時間を過ごすことだったりします。

写真を撮る時に心がけていることは、撮ろうと思っている被写体以外にその場のイメージ的な写真も撮ることです。写真編集は写真以外にコピーを入れたりしているのですが、ヘタクソ!とよく言われます。私的には旅情がでればいいなと思ってはいるのですが(苦笑)。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hidetatu32jpさん:子どもたちとギャーギャーと言って騒いで遊ぶことだったり、ひとりで写真を撮りに行ったり、みなさんのブログめぐりです。

c0039735_1465091.jpg

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
hidetatu32jpさん:●2010-09-26 01:43「風の盆hidetatuリベンジ編
富山県を代表する行事「おわら風の盆」のリベンジ編です。私の大好きなお祭りなのですが、写真を撮るとなると本当に難しい状況だと思います。薄暗い場所で被写体が動くからです。
それをなんとか写そうと今年は二回出かけました。一回目よりも良くなったかなと思います。苦労した撮影はなんだか思い出深くて。

●2010-05-01 00:47「花嫁のれん展
石川県能登地方の結婚式に関するしきたりの模様を見てきました。花嫁は嫁ぎ先の仏間にかけられた「花嫁のれん」をくぐり御先祖様にお参りしてから式がはじまります。
今では珍しくなった花嫁道中も見られました。つめかけた報道陣も撮ったのですがけっこう気に入ってます。

●2009-01-16 23:45「三寺まいり
岐阜県飛騨古川市の行事です。古い街並みや蝋燭の灯りに照らされた女性たちがお参りする姿はとても幽玄な世界でした。気温がマイナスの凍えるような中で撮ったこともあり思い出深いです。

★読者の方々に評判が良かったような気がするのはこちらです。

●2009-12-01 23:42「氷見線(日本海)
JRの青春18きっぷのポスターにもなった場所で撮りました。前に「撮りたい写真があればとりあえず真似して撮ってみろ」と言われたのを思い出して撮りました。
電車が来るタイミングと波のタイミングがちょうどいい感じに撮れて良かったです。
富山の冬と言えば「寒ブリ」ですのでそれを絡めています。読者の方々からは冬の日本海がよく表現されているといったコメントを多数いただきました。

●2009-06-13 21:44「同窓会のハガキ
写真中のコピーに「みんな、大人になったら、なにに、なりたかったの」と問いかけているのですが、もちろん自分にも問いかけています。誰もが幼少時代の思い出を持っていて大人になっていく。自分はあの時、どんな夢を持っていてあれから自分はどういう風に生きてきたのだろう?って。 多くの方が共有している気持ちなのかもしれません。
読者の方々からは小学生、中学生の頃を思い出して懐かしい気分になったという感想を多くいただきました。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
hidetatu32jpさん:ヨーロッパに行って世界遺産を撮りつくしたいですね。
もちろん土地の美味しいものもたくさん食べて。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hidetatu32jpさん:国際的な問題、国内の問題多々ありますが、世界的な不景気が心配ですし、世界中のみんながある程度食べれるようになればいいのにといつも思います。
世界中に平和が訪れてほしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hidetatu32jpさん:更新がとても遅いブログにつき合ってくださり、励ましのお言葉をたくさんいただき、ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_147174.jpg





【hidetatu32jpさんが好きなブログ、気になるブログ】

Yakan's Photo Gallery
たまに写真を一緒に撮りに行ってくださるmeister_shakuさんのブログです。
同じ富山の方なのでついついどんな所に撮りに行かれたのか気になり訪問しています。
いろいろな画角で撮られるのでとても勉強になります。瓦の写真を多く撮られていますが、迫力あります。こだわりのある方が好きだったりします。

Patrappi annex
エキサイトブログをはじめたきっかけになったmutoさんのブログです。
ものすごく臨場感のある写真が多く、感動します。実際にその場所にいて見ているような気さえしてきます。

FOTO CYCHEDELICO
写真も綺麗ですが、言葉も面白いfoto_cychedelicoさんのブログです。
カッコいい写真と独特の文章を見についつい見に行ってしまいます。とても面白いです。

さぬき写真工房
瀬戸の美しい自然、夕景などを撮っておられるhirokazu0528さんのブログです。
写真に興味をもってから瀬戸内海には行ったことがなくこちらのブログを見ていつも憧れています。風景がとても綺麗でいつか訪れたいと思っています。

写楽館プラス Photolog
とてもいろんな写真を撮られていて、「いったいどうやって撮ったのだろう?」と思うこともしばしばあります。自分には想像もできない技術を持っておられて勉強になります。とても穏やかな方で何でも話すことができますのでついつい何でも聞いてしまいます。




【hidetatu32jpさんのライフログ】

インセプション Blu-ray & DVDセット (初回限定生産)

ワーナー・ホーム・ビデオ


人間の夢の中に入りアイディアを盗み、植え付けるというSF的なストーリー。
主人公にはどうしても成功させなければならない理由があった。限られた時間の中で展開されていく連続したアクションに目が離せません。公式HPはこちら

ヒート [DVD]

日本ヘラルド映画(PCH)


ハリウッド二大スター共演。犯罪を犯そうとする者とそれを阻止しようとする者。
真剣な男達の闘いが見ものです。

スパイ・ゲーム [DVD]

東宝


時は冷戦真っただ中。CIAエージェントの師弟愛を見事に描いた作品。
最後のシーンにはジーンときました。カッコよすぎます。

hidetatu32jpさんの「温泉記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-10-08 20:20

c0039735_14475320.jpg緑鮮やかな街の風景や秋の紅葉、冬の雪景色など。四季折々に美しいフィンランドのお散歩風景をはじめ、色とりどりの野菜やくだもの、キュートなキッチン用品に、手作りスイーツの数々。コンパクトながら、整然と並んだ色彩豊かな写真がとても素敵です。フィンランドならではの街情報や自然の恵み、美味しいもの、学生生活などの話題も盛りだくさん。

やさしい旦那さまと2歳のことりちゃん&この夏誕生したばかりのかわいいお子さんとの暮らしぶりからも、「ほのぼのと自然体で暮らす幸せ感が伝わってくる」という読者も多いはず。

今週は、異国の地・北欧フィンランドで学生生活と子育てを楽しむ「Kippis! from Finland」のKippisさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Kippisさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。 ご一報をいただいた時は何かの間違いだと思いました(笑)。

ブログをはじめたきっかけは、友だちから「ブログやってるから見て~」と言われてアドレスの書かれた紙切れを渡されたのですが、「えっ、ブログって何だ、何だぁ??」と流行遅れ丸出しの私だったのです。さっそく開いてみたら何だか楽しそうではないですか! それ以来、いろいろな方のブログを拝見するようになりました。
当時、何かを形として残せる事をしたかったので「これは良いかも」と思い、ちょうどデジカメも買った時期だったのでデザインのシンプルさが気に入って、エキサイトさんにお世話になることにしました。
当初のブログは「Kippis!」(2005-07)ですがフィンランド移住を機に「Kippis! from Finland」を開設しました。もうひとつのブログ「Meille tulee vauva!」では2歳の娘、ことりと今年8月に生まれた男の子の赤ちゃんの成長ぶりやフィンランドでの育児について書いています。ね、私はブログの虜になっていますよね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Kippisさん:納豆が好きなフィンランド人と日本で出会って2003年に結婚し、2007年よりフィンランドで暮らしています。
ブログではフィンランド料理やお菓子、こちらの自然、季節やデザインのことなどを取り上げたりしています。
私の住む町はヘルシンキから北へ約830kmの所にあるサンタクロースの住む町として知られているロバニエミです。サンタクロース村やオーロラ観測を目当てに毎冬、たくさんの日本人の方々が来られるのですが、他にもロバニエミには魅力がたっぷりあるので、その良さを少しでも知っていただきたいなぁと思っています。

c0039735_1448251.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
Kippisさん:「欲」ですかね〜(笑)。「あ〜これ、みなさんに見て欲しい!知って欲しい」と欲が進んでカメラのシャッターを押して記事にしています。なので写真を撮る時は息を凝らして片目を閉じてファインダーを覗いています。この顔が、変な顔をしているんですよ〜(笑)。
たまに自分の欲の深さに飽き飽きしてブログを止めてしまおうかと数回思ったことがあるのですが、そんな時に不思議と良いタイミングでうれしいコメントやメールをいただいたりするんですよね。「励まし」。これもブログを通じてみなさんから得たものです。
それから文章にすることで頭の中が整理されて、時たま読み返すと恥ずかしさがあるものの、「こういうことを考えていたんだなぁ」とか、「私って意外とロマンチックではないかっ!」など、普段は気がつきにくい自分発見をすることもあります(照)。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
Kippisさん:たくさんの日本人が観光に来るロバニエミですが、ガイドブックに載っている情報が少ないのでブログを通して尋ねられことがあります。こうして気軽に情報収集ができるのもブログの魅力のひとつですね。私自身も、こちらに居ながら日本はもちろん、各国に住んでいる方々からいろいろな情報や刺激を受けています。それから1年前は何をしてたかな〜?っとすぐに過去の記事を読めることも、とっても役立っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Kippisさん:「喜怒哀楽が激しくて熱しやすく冷めやすい+頑固!」と困ったものですねぇ...。でも、おかげさまでブログは飽きずに長年続いています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Kippisさん:今までブロガーさん数人にお会いしました。ブロガーさん以外でもコメントやメールをくださる方で「ロバニエミに行きます」と話が進んでお会いしたことがあります。ブログ上で話をしているので初対面という感じがしなくて、気軽に話せる人たちばかりでしたので楽しかったです。
中でもヘルシンキにお住まいの「キノコネコノユトピア」のmaco さんとは1年に1、2回ほど家族ぐるみでお会いしています。彼女の旦那さまがロバニエミ出身の方なので帰省される際に、私たちはヘルシンキのお母さんに会いに行く際に会います。いずれはロバニエミに引っ越して欲しいと願っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Kippisさん:車で田舎をドライブ中、「住むんだったら、こういう所が良いよねぇ」とか「こんな暮らしがしたい」と夫婦で夢を語りながら妄想に浸ること。

c0039735_14491470.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
Kippisさん:自然の中でできるだけ昔に近い方法で暮らすことですね。ホビットが住んでいそうな藁の家を建てて中には暖炉があって、常に柔らかい雰囲気がある家。庭には野菜・ベリー畑があって季節になると1年分の保存食を作ったり、薪を使って自家製パンを焼いたり、羊を飼って糸を紡いで暖炉の前で編み物をしたり、森から集めた素材で草木染などできるスローライフですね。
ロバニエミはサンタクロース村だけではなく、こういう体験もできるということを日本からいらした方にも知っていただきたいのでワークショップを開いたり、小さなカフェのあるB&Bをするライフスタイルが目標です。

エキサイトブログ編集部:フィンランドでの暮らしをとても自然体で楽しんでいらっしゃるのが伝わりますが、海外生活のきっかけや楽しさ、フィンランドの魅力といえば?
Kippisさん:夫がもう一度、大学で美術を勉強したいというのがきっかけで、彼の故郷であるフィンランドに夫婦+犬1匹で移住しました。私も軽い気持ちで同じラップランド大学に志願したら合格という予想外な結果が出て、夫婦共々、学生生活逆戻り!
私は今、育児休暇中ですが、フィンランドでは様々な年齢層の学生がいて、社会に一度出て大学に戻る人・育児休暇後に学生復帰される人も多いのです。

移住前にフィンランドを訪れた時、親戚の人達と東フィンランドをドライブしたのです。途中、綺麗な湖が見えるところに車を止めて青空マーケットで買ったスモーク魚を食べたのです。食べ終わって何気なく皆さんが向かった先は湖。そこで手を洗ってお昼が終了。わざわざウェットティッシュも要らないこのナチュラルさに当時の私は驚きでした。
森に入ればベリーやきのこも収穫できるしナイフ一つで串を作ってソーセージも焼けます。暑いなら湖や川で泳ぐ、こういったようにフィンランド人は自然との共存が上手だな、と感じています。
フィンランドに移住して3年半が経つのですが、年々、フィンランドのシンプルさが私に合っているなと思います。「昆布のように噛めば噛むほど味がでる」ように、住めば住むほどジワジワっと良さが沸いてくるそんな感じです。って例えが昆布ですけどねぇ。

c0039735_21213932.jpg


エキサイトブログ編集部:また、フィンランドのお散歩風景や町並み、日常のひとこまなどの写真も素敵ですが、自分らしい写真&記事づくりで心がけていることなどは?
Kippisさん:写真を撮るのは好きですね。中学生の頃からバッグにはいつもインスタントカメラが入っていて、遊び心で色つきセロハンをレンズの前に置いたり、ハンドクリームをレンズに塗って撮ったりしてました。クリームの話はお勧めしませんけどね(笑)。
高校では写真部だったので、放課後は、きのこが生えてきそうな暗室でプリントしていました。こうして振り返ってみると、私はカメラっ子だったのですね。ブログをするようになってフォトショップを使う機会も増えて、ファインダーを覗くと自然に「文字はここにきて...」と配置が決まってきます。 

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Kippisさん:時たま家族で森の中を歩いて森林浴をすることです。マイナス30度にもなる冬を乗り越えて再び顔をだす植物を見ているとパワーをもらえます。極寒の冬は外に出られないんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんが。確かに寒くて鼻は凍りますけど、逆に、そんな時ではないと体験できない神秘的な音や空気があるのですよ。「寒い寒い」と言いながら暖かい家に帰ってきてコーヒーを飲んで温まるのがまた癒されるのです。きっと、この差が良いのでしょうね。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
Kippisさん:<フィンランド料理編>
フィンランドのロールケーキ kääretorttu」2009-08-12
苦手だったロールケーキがようやく綺麗に巻けました。

じゃが芋料理 perunarieska」2009-03-24
簡単な材料で作れてシンプルな味が好きですね。

c0039735_14503527.jpg

<ロバニエミ編>
優れた場所」2009-06-28
フィンランドらしい夏の風景に夏の習慣です。
でも今年の夏はカーペット洗いを逃しました...。

雪のホテル」2009-01-31
なかなかユニークな雪と氷の世界です。
今シーズンもありますので興味のある方はご一報を!

<文化の違い編>
色々な色」2009-10-10
大学の絵画のレッスンで「季節ごとの色を現す」という課題で文化の違いを発見。
皆さんの興味深いコメントも楽しませていただきました。

文化の違い」2010-01-27
関心させられるフィンランドのラッピングの仕方です。

<読者に評判のよかった記事 >
Utsjoki紅葉旅行」2008-09-25
美しい紅葉風景と皆さんから評判でした。そして黒い物体の食べ物も見モノです。

我が家のキッチン」2008-12-15
「かわいいキッチン!」と言われ、好評だった記事です。
私も気に入ってたのですが、その後引越しとなってしまいました...。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
Kippisさん:新しい眼鏡ですかね。スクリーンの見すぎ?なのか、視力が低下してるようで、森の切り株が遠くから見たら馬に見えたりすることもあるんです。眼鏡しててもですよ...。これは買い替え時ですよね。欲を言うと眼鏡が落ちてこない高い鼻も欲しいんですけどね。

c0039735_21283623.jpgエキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Kippisさん:ミャンマー難民、日本来日の件です。フィンランドでも毎年多くの難民を各国から受け入れています。私の通っていた語学学校でもミャンマーからの難民はたくさんいました。実際に彼らから難民キャンプでの体験談を聞いたことがあるのですが、聞いている私が目に涙を浮かべるほど、悲惨なものでした。戦争が消えて平和になりますように、また1日も早く新しい環境に慣れて安心した生活が送れることをお祈りします。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Kippisさん:いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!
みなさんからのコメントやメールが励ましになってブログ持続ができています。もしも何かフィンランドやロバニエミ関連で知りたいことがありましたら声を掛けてください。できる範囲でしたら私もお力になりたいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。





【Kippisさんが好きなブログ、気になるブログ】

Hinata de Akubi
北海道に住んでいた時に知り合った彼女。彼女の撮る優しい雰囲気の写真が好きです。時たまブログに登場するKeita 君&Haruto 君もかわいく愉快なのですよ。スクリーン越しで和ませていただいています。

フィレンツェ田舎生活便り2」 
私の目指す生活をまさにされている魅力的な家族です。素敵な環境で育っているユキちゃんの成長も楽しみのひとつです。

キノコネコノユトピア
「自動猫トイレ」を作ってしまったユニークな旦那さまをお持ちのヘルシンキ在住のmaco さん。同じフィンランド在住ですが、北と南でぜんぜん違うので綺麗な写真も含め楽しませていただいています。アンティーク好きなところも刺激されます。

イギリスその日暮らし
彼女のしっとりとした文章に吸い込まれます。素直な気持ちで子育てをされている様子が伝わってくるので学ぶことが多いです。そして癒されます。


ばーさんがじーさんに作る食卓
バリエーション豊富で、いつも野菜たっぷりの美味しそうなお料理を見てはスクリーン越し=食べられないのが残念で仕方がありません。ご夫婦の仲の良さや、おふたりでブログを楽しまれている姿も魅力的です。




【Kippisさんのライフログ】

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント


このラブストーリー映画は始まりから終わりまで大好きな作品です。主人公の出した最後の結末がまた素敵で何度見てもジーンときます。映画の中の音楽も魅力的なのですよ。映画の公式ホームページへ。

コララインとボタンの魔女 スペシャル・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)


<ダークファンタジーなところが私の好みで美術面も素敵です。
映画の公式ホームページへ。

映画「Fantastic Mr. Fox (すばらしき父さん狐)
かわいい狐のコマ撮り映画。動きも表情もかわいく笑いもありです。

Kippisさんの「Kippis! from Finland」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-10-01 21:52