今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_14204149.jpg「安くて、かわいいものが大好き!」という思いから、シンプルなエプロンをかわいくリフォームしたり、何気ない木箱や収納BOXを個性的に変身させたり…。
とってもリーズナブルで実用的なものが勢揃いの“100均雑貨”をこよなく愛し、手に入れた生活便利グッズやかわいい雑貨を紹介するだけでなく、かわいくリメイクするアイディアなども紹介しています。
「これも100円なの!?」「ひと手間かければ、こんなふうにかわいくなるのね〜!」と読者に人気を呼んでいます。
また、暮らしを快適にするDIYを楽しんだり、家の中をきれいに見せる工夫を取り入れたり、生活そのものを自分らしくエンジョイしている様子が伝わります。

今週は、そんなリーズナブルでちょっと楽しい100円均一雑貨の魅力をつづった、「100yen*zakka」のYASU*さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
YASU*さん:今回はお声をかけていただき光栄です!ありがとうございます。
私は昔から100均が大好きだったんですよ。それで、過去にも100均雑貨のことをつづったブログをしていたことがあるんです。でも、そのときは、なにかと忙しかったり2番目の子どもが生まれたりで、1年そこそこで更新をやめてしまいました。ブログをしていない間も、相変わらずの100均通いだったんですけどね(笑)。
100均ブログを再開したきっかけは、去年の春ごろ、「家の中をキレイにしたい!」という思いがムクムクと沸いてきたんです。その頃から、生活便利グッズやカワイイ雑貨探しに100均へ行く回数が増えました。
以前も今回も気持ちは同じで、『105円でこんないいもの、見つけた!』というのを伝えたくて、ブログをはじめました。

c0039735_14211444.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
YASU*さん:100均雑貨がたまらく大好きな主婦が、ひたすらに100均雑貨のことをつづったブログです。
最近の100均商品は、『これが105円で買えるの?!』と驚いてしまうようなクオリティの高い商品が増えてきているような気がします。昔は『100均だし、すぐ壊れても仕方ないわ〜』とか思いながら買っていましたけど、今はそんなふうには考えませんね。お店でさんざん悩んでじっくり考えます。
100円ショップのお店自体も増えたので、色やデザインなども妥協しないで、いろんなお店をまわって欲しいものを探し求めるようになりました。そうやって、欲しいものを探して100均めぐりをするのが大好きなんです。
いつも自転車移動なので、いい運動にもなってます(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?  ブログのよさは?
YASU*さん:100均大好きな人たちとの出会いです。これは本当にうれしいことで、ブログをやっててよかったなぁ、と心底思います。
100均雑貨の新商品を教えてもらったり、販売ショップを教えてもらったり…。そして、100均雑貨を素敵にリメイクされているのを拝見すると、「あの商品がこんなに可愛くなるの?」と、毎度毎度、目からうろこ状態です。
自分では思いつかないような素晴しいアイデアを、皆さんお持ちなので、すごく刺激になっています。

c0039735_14214316.jpgエキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
YASU*さん:そこらへんにいるB型ですかね。『計画的なことが苦手』という点では典型的B型です。DIYが好きで、簡単な棚など作るんですが、設計図ナシです。
あらかじめ設計図を作っておけば、失敗や無駄な作業も無くなると思うんだけど、書けないんですよねぇ…(汗)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
YASU*さん:ブログで仲よくしていただいている方と、これまでお会いしたことってないですね。
あえてこの人というお名前はあげられませんが、どなたとお会いしても初対面って感じにならないような気がします。お会いできる機会があれば、100均談議に花が咲きまくるでしょうね(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
YASU*さん:性格的に熱しやすくて冷めやすいので、ハマってることも、コロコロ変わるんです。
今は季節柄、梅雨なので、いい香りのする柔軟剤探し…ですかね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
YASU*さん:老いても続けられる仕事がしたいです。なんとなくイメージはあるんですが、避けては通れない『人前で話す』ことをなんとかしないとなぁ〜と思っています。実は人前で話すのが、苦手なんです(笑)。

エキサイトブログ編集部:100円均一グッズを自分らしくリフォームしたアイディアが読者に評判ですが、YASU*さんにとって、リフォームのアイディアを考える楽しみ、心地よく暮らすコツといえば? また、自分らしい記事をアップする際のこだわりなどがあれば…。
YASU*さん:100均雑貨はリメイクの素材・材料にピッタリだと思います。手軽に手に入るし、万が一失敗しても、凹み度数が低いので(笑)。たとえば、シンプルな木箱。これにコーヒーを塗るだけでも、ガラッと雰囲気が変わります。そこにスタンプを捺したり、金具をつけたり…。やりだしたら楽しくて、手が止まりません。
「これをかわいくしたい!」っていう思いがリメイクの動機ですが、ほかにも、暮らしを便利にしたくてリメイクすることも多いですね。こっちのほうが多いかな?
「ここがこうだったら使いやすいのに…」「ここを何とかしたい…」。そんな思いです。
私が心地よいなと思う家のイメージは、掃除がしやすく、整理整頓されている家なんですね。イメージに近づこうと思い、いろいろやってますが、まだまだですわ。
掃除がしやすい…という点で私が心がけているのは、できるだけ、モノをじか置きしないことです。床にモノがないと掃除機がかけやすいですからね〜。
小さな棚などは、キャスターをつけて掃除のときもササッと動かせるようにしています。そのキャスターも100均で売ってますよ。4個入りで105円!安い~。

自分らしい記事をアップする際のこだわりという点では、記事にしたいものがかわいい雑貨なら、そのかわいらしさが伝わるような画像を載せたいですし、便利グッズだったら、どんなふうに便利なのかをレポして使用感など伝えるように心がけています。
c0039735_14221069.jpg

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
YASU*さん:家族より少し早起きして過ごす時間が好きです。
家族を会社や学校に送り出した後もひとりなんですが、早朝のこの時間は格別な独り時間ですねぇ。
最近、怠けてますが、この時間に早朝ウォーキングするのも気持ちよいです。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
YASU*さん:★気に入っている記事
●「捨てようと思ってたコルクボードのリメイク*」(2010-04-07)
「もう捨てちゃおうかな〜」って思っていたものだったので、再利用できていることに満足しています。

●「カラボリメイク*扉のつまみはダイソーの…」(2010-04-12 )
カラボ扉にペンキを塗ってリメイクしたのですが、つまみがどうも気に入らない…。そこで、思いついたのが「100均の工作木材をつまみに使っちゃおう」というアイデアなんです。この木のつまみは他の場所でも使えてお気に入りです。

●「100均時計をリメイク*ケチ紙貼りに初挑戦♪」(2010-05-16)
仲よくしていただいているブロガーさんが、100均時計を素敵にリメイクされていたのに刺激を受けて私もやってみました。まったく雰囲気の違ったものに変身したのでうれしかったです。

★読者に評判だった記事は?
●「セリア**標本箱リメイク」(2009-12-11)
覚えているなかで、けっこう反響があった記事ですかね? この記事がきっかけで100円雑貨の本に掲載していただけたので、自分の中でも思い出深いです。

●「苦手なおかずを克服☆変身ピックス」(2010-06-09)
お弁当グッズはみなさんも興味をお持ちなのか、いつもコメント数が多いです。

c0039735_14225971.jpg●「100均エプロンのリメイク*インド綿の場合は…」(2010-06-14)
シンプルな100均のエプロン。これを娘仕様にリメイクした記事です。
アドバイスやお知恵をいただけて、コメントって本当にありがたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
YASU*さん:自分好みにリフォームして、いい家が欲しいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
YASU*さん:FIFAワールドカップ。日頃まったくサッカーに興味がないのですが、先日のオランダ戦は家族みんなで観戦しました。惜しくも負けちゃいましたが、おもしろかったです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
YASU*さん:いつもご訪問いただき、本当にありがとうございます〜。
コメントをいただくと本当に本当にうれしいです!
上位にランキングさせていただいているのも、皆さまの応援があってこそ。本当にありがたく思い、感謝しています。
マイペースなブログですが、末永く仲よくしてくださいね。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【YASU*さんが好きなブログ、気になるブログ】

身の丈プライスインテリあん。
毎回の更新がすごく楽しみです。
無理せず生活を楽しんでいらっしゃる、そんな自然体の暮らしぶりに憧れます。

OUR TOMSAWYER HOUSE
作られる作品がとてもかわいらしいです。
遊び心やこだわりのある家づくりも大好きです。

雑貨のみずや
ハンドメイドされる技術力とセンスのかわいらしさに心が奪われっぱなしです。
カラフルなインテリアも、すごく参考になります。

兵動思想
ブレイク前からこっそり拝見(笑)。漫才師『矢野・兵動』の兵動さんのブログです。
兵動さんでしか見出せない日々のオモシロ話がたまりません。

インテリアと暮らしのヒント
100均雑貨を素敵にリメイクされたり、ディスプレイされたり。すべての面で勉強になります。



【YASU*さんのライフログ】

20世紀少年 DVDセット (本編DVD3枚組)※初回生産限定

バップ


TV放映(第1、2章)を見て、ハマりました。その後、最終章を映画館まで見に行ったり、何度もDVD見たり。いっしょにハマった友達からコミック本を全巻借りて読破しました。
20世紀少年」公式HP。

劇的紀行 深夜特急 [DVD]

ソニー・ミュージックディストリビューション


本も大好きですが、大沢たかおさんがカッコいい〜。久しぶりに見たくなりました。

ステラ [DVD]

日本ヘラルド映画(PCH)


大学生のときに友達と映画館で見たんですが、あまりにも泣ける話で嗚咽をおさえるのが大変だった思い出があります。

ずっと好きだった

斉藤和義 / ビクターエンタテインメント


わぁ、もうたまりませんね〜。あこがれの妄想ソングです(笑)。

カーニバる?

ナオト・インティライミ / ユニバーサル・シグマ


凹んでいるときも、元気になれるお祭りソングです。
ラジオからこの曲が流れるとテンションがあがります。

YASU*さんの「100yen*zakka」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-06-24 21:50

c0039735_2151879.jpg手を伸ばせば届くところにある“小さな幸せ”。あたたかい笑顔があって、それを見つめるやさしいまなざし…。やわらかい光の中にいる主人公はお姉ちゃんだったり、弟くんだったり。まだ生まれたばかりの小さな赤ちゃんだったり。
とても自然な表情をとらえた写真はどれもやさしく、ほんわりとした幸せに包まれています。

そして、一枚の写真からは、緑のにおいや花の香り、風の音、空気感なども伝わり、「見ているだけで心が癒されます」「やさしい光とお子さんたちの自然な表情がとても素敵」と読者からも評判です。写真に添えられた詩的な言葉も、見る人の心に余韻を残します。

今週は、心に響いた一瞬一瞬の何気ない一枚をアルバムに残すように、写真と言葉で“やさしい時”をつづる、「時 綴 =ときつづり=」のpasyaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
pasyaさん:以前はレンタルサーバーを使ってホームページを作っていました。何も知識のないところからのスタートでしたが、自分のサイトができるのが嬉しくて勉強しました。その後、Blogが登場して使ってみたら手軽でシンプルさが魅力で、Blogに切り替えました。
実は5、6年前に「pasya*pasya words」というタイトルでエキサイトブログを始めたのですが、引っ越しと子どもの習いごとに追われて気持ちに余裕がなくなってしまい、いったんお休みしていました。そのブログは、2006年6月のピックアップブロガ−「はんこ創庫」のcue-beeさんに紹介していただいたことがあります。
その後、もう一度HPを作ったのですが、Blogの便利さを改めて感じることになり、「時 綴」をというタイトルで再スタートしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pasyaさん:心に響いた一瞬をカメラに切り撮って紹介しています。それは子どもの何気ない表情やしぐさだったり、子どもの成長だったり。日々変わる空や季節を感じる花、日常の何気ないことなど…。その一枚を見るだけで想い出がよみがえってきたり、励まされたり、幸せな気持ちに包まれたり。そんな、それぞれの時を写真に焼きつけて、心に思い描いた文章とともにつづっていくようにブログを続けていきたいと思っています。

c0039735_2155274.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
pasyaさん:なんといっても、写真を撮る楽しさが倍増したことですね。そして、見てくださる方との交流です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
pasyaさん:一方通行ではないこと。無限に出会いがあることが、やはりブログのよさだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
pasyaさん:直球な人。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
pasyaさん:たくさんいます。コメントをいただく方みなさんとお会いしてみたいですが、コメントをいただくと、「どんな方なんだろう」って毎回考えますね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
pasyaさん:どんな写真を撮りたいのかを考えるのが好きですね。
ハマっているのは大好きなコブクロの音楽を聴くこと。

エキサイトブログ編集部:夢は?
pasyaさん:この先もずっと写真を楽しく撮り続けている私でいられたらいいな、と思います。被写体がコブクロだったら最高です!

c0039735_2161839.jpgエキサイトブログ編集部:お子さんの自然な表情や仲のよさが伝わる心あたたまる写真が魅力的ですが、写真を撮りはじめたきっかけや写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることやこだわりなどがあれば…
pasyaさん:初めて一眼レフで撮った写真は、それまでコンパクトカメラで撮ってきた写真とはまるで違いました。それは海岸で撮った写真だったのですが、光が被写体を包み込むような感じでした。「写真は見た通りには映らないものだ」という概念をひっくり返された気がしたのです。
全自動で写真が撮れるコンパクトカメラよりも、ピントも自分で合わせる古いカメラの方がいい写真が撮れるとは思ってもみませんでした。それから、被写体や状況に合わせ、自分の写真を撮りたいと思うようになりました。それがとても楽しくて!
それがきっかけで、歩き始めた長女を撮る続けました。12年前です。

次第に撮るだけではもの足りなくなり、フォトコンで入賞することが楽しくなりました。子育て中に日常を楽しみながら、自分の世界を持ち、評価してもらうことはなかなかありませんでしたから…(笑)。4人の子育てをこんなに楽しめているのも、写真のおかげです。

自分らしい写真という点では、見ているようで見ていなかった子どもたちの表情やしぐさを撮りたいと思っています。それを引き立たせるために、どんな構図で撮ればいいのかを考えて撮っています。
言葉にすると大げさになってしまいますが、専門的な知識があるわけではないので、イメージした絵を映し出せるようにしてシャッターを押す感じです。
カメラは毎日持ち歩いていますね。妊娠している時にも、子供が赤ちゃんの頃でも、シャッターチャンスを逃したくないからだと思います。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
pasyaさん:写真を通して親しくなった方とお話したり、写真展を見に行ったりすることでしょうか。思いがけず、素敵な光景に出合うと心が癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、読者に評判だった記事は?
pasyaさん:●気に入っている記事
c0039735_217938.jpg★2010 3/23「」暗くなるまで遊んだ後に、外灯に照らされて浮かんだ2人の対照的な仕草が何ともいえなくてシャッターを押しました。

★4/7 「」中学の入学式で、仲良しのお友達との笑顔が可愛くて。

★2010 5/6 「夢は内緒だよ」姉と弟の表情とバックの菜の花が気に入っています。

●読者に評判だった記事

★2010 4/18 「体験」キッザニアでの体験やコスチュームが話題になりました。

★2010 4/29 「お互いに」写真は光と影が大事だと思うのですが、写真と言葉がリンクした気がします。

★2010 5/19 「たまらなく」アニマルに選んでいただけたポストです。猫ファンの方からもコメントをいただいたり、この仔猫の飼い主さんからも「撮ってもらって嬉しかった」と言ってもらえたのが嬉しかったです。猫を撮る機会も猫の写真を見る機会も少なかったので、どんなふうに撮ろうかを考えるのが楽しかったです。「撮り方が面白い」と言ってもらえて感激でした。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
pasyaさん:家族で時間を気にすることなく、日本中を旅してみたいですね。四季を楽しみながら1年ぐらいかけて回ってみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pasyaさん:サッカー。W杯です。選手、監督を見ているだけでそれまでに積み上げてきた練習やチームメイトとの時間や過程を思うと泣けそうです。初戦の勝利が嬉しかったです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pasyaさん:見てくださる方につねに励まされています。ありがとうございます!

c0039735_2163930.jpg

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【pasyaさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「Wild Tribe Story
BashlinxさんのBlogです。写真から息遣いが伝わってきそうな感覚です。
自分もいつかそんな写真を撮ってみたいと思っています。添えられた言葉も魅力です     

●「Lopiquore
lopicuoreさんのBlogです。
独特の世界観が異空間を感じさせます。写真の新しい面白さを教えてくれたBlogです。

●「ひるね
KatsurafさんのBlogです。
写真から想いが溢れてきそうで、並んだ言葉とともに心に響きます。繊細な魅力です。

●「petit*ami
一緒に子育てをし、写真を撮り歩いた友人モミさんのBlogです。
フェルト手芸作家として忙しそうですが、彼女の作る作品はあたたかくて癒されます。

●「DIGITAL foco photograph
ウェディングフォトグラファーodazoさんのBlogです。
odazoさんの写真を見ていると 被写体の魅力を引き出すことがどれほど素敵なことなのかを実感します。憧れのフォトグラファーです。



【pasyaさんのライフログ】

CALLING(通常盤)

Kobukuro / ワーナーミュージック・ジャパン


大好きなコブクロのライブDVDです。歌詞や音楽に励まされています。
収録されたライブは実際に行ったライブなので感動がよみがえります。

ソラニン サウンドトラック feat.ent

ent / KRE


光が綺麗な映像でした。撮る角度、光の入り方がとても素敵で音楽にのせて感動が倍増しました。

pasyaさんの「時 綴 =ときつづり=」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-06-17 22:42

c0039735_2126687.jpg愛情のこもった手料理や焼きたてのパン&作りたてのスイーツを、お気に入りの器やプレート、バスケットに盛りつけたメニューが美味しそう! まるでおしゃれなカフェでランチやティータイムを楽しんでいるようなスタイリング&テーブルコーディネートがキュートです。

そんな“おうちカフェ”で、大切な家族や友人と一緒に、美味しい幸せ&心あたたまるブレイクタイムを楽しむひととき。見ているだけで、こちらまでランチやお茶を楽しんでいるような気分に包まれ、「おうちでこんなランチが楽しめたらすてき~」と読者からも評判です。

今週はそんなカフェスタイルの食卓を日々楽しむ「お家カフェごっこ nico@cafe」のnicoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nicoさん:こちらこそお世話になってます!
以前に「キッチン」の方でも取材していただき、同じ質問をいただきました。同じ答えになってしまいますが、我が家は夫婦でお店を営んでいるため、結婚してからは3食しっかりお家でご飯を作る生活。家族の息抜きも兼ねて、少しでも「お家ごはんを豊かに楽しくしたいなぁ」と思い、工夫してお家でカフェごっこをするようになりました。次第に自分の作ったものを記録に残したいと思うようになり、ブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nicoさん:お家で過ごす時間が大好きな私の、「カフェごっこ」を楽しむブログです。
食べるということは、口から栄養を取り入れるとともに、作り手の愛情も食べていることだと思います。
盛り付け方や使う道具一つで、作ることも食べることもグッと楽しくなるから不思議です。
そんな食事の時間をさらに楽しくできたらいいなぁ~と日々苦悩しながらメニューを考えています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
nicoさん:得たものはやっぱりお友だちブロガーさんや、読者の皆さんとの出会いです。普段の生活では出会わないような方や遠方の方からコメントをいただいたり、ブログを通してお互いの生活を垣間見ることもできたり。なんだかとても不思議ですね。
お友だちブロガーさんは、私のように料理ブログをされている方がほとんどなのですが、やっぱり皆さん料理上手でいろいろな知識を持っている方がたくさんいます。そんな皆さんのブログからいつも新しい発見や刺激をいただいています。

c0039735_21312283.jpgエキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
nicoさん:今では自分の料理のモチベーションになっています。
家族が食べて「美味しい」と言ってくれることと並んで、家族以外の誰かが見ていてくれるということは、何よりやりがいになります。
それに、やっぱりどんなに盛り付けが上手くいっても、悲しいかな食べるのは一瞬なんですよね(笑)。胃袋に入る前に記録しておかなければ!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nicoさん:「非凡」。これ、小学校の時の担任の先生に言われたひと言です。
B型なので、「変」と言われて喜ぶタイプなんです(笑)。子どもの頃ドブで泳いだりと、近所で評判の変な子でした。もう大人なので普段は常識人を装っています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nicoさん:私は結構人見知りで、自分からなかなか「会おう」とか言えないのですが、運のいいことに会ってみたいブロガーさんとは何人か会うことができました。
はるひごはん。』のはるひさん、『ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++』のmarronさん、『ほんわか*おうちcafe~幸せのおいしい食卓~』ののんのんさん、『NASU NO KITCHEN』のkikirinさん、『Yuru:ri +Plus』のItiさん。
ブログを通して仲良くしていただいているので、会ったときも人見知りせずに、すぐに打ち解けてしまいました。
やっぱり皆さんブログから伝わるイメージ通り、素敵な方ばかりです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nicoさん:やっぱり料理です!
私の頭の中をのぞいてみると、献立を考えている時間が一番長いかもしれません。
「朝ごはんのパンは何にしよう?」「今日のランチは時間がないからパスタにしようかな?」などなど……。
夜寝る前にもベッドに転がりながらスタイリングの素敵な料理雑誌を眺めたり、カフェ特集の載っている雑誌を眺めたりする時間が大好きです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
nicoさん:実は我が家にはもうすぐ家族が増えるのですが、子どもと一緒にお弁当を持ってピクニックしたり、手作りのおやつを食べたりするのが昔からの夢です。

c0039735_21265427.jpgエキサイトブログ編集部:おしゃれなカフェでランチやスイーツを楽しんでいるような料理&コーディネートの数々に感心させられますが、おうちカフェの楽しみは? また、自分らしいメニューつくりや記事アップの際に心がけていることは?
nicoさん:実は、こう見えて外のカフェでマッタリ過ごすというのは苦手なんです。
買い物の合間の休息で足休めに利用することはあるのですが、そこで長い時間過ごすということはあまりしません。外ってなんか落ち着かなくて。そんな方って私以外にもいるんじゃないでしょうか?

その点、自分の家だと誰に気兼ねすることもなく、お茶を飲んでソファーに転がりながら雑誌を眺めたり……。ただくつろぎ方がだらしないだけなのかもしれませんけれど(笑)。
そんな“お家カフェ”のくつろいでいる時間の中で、新しいアイディアが浮かんだりすることもしばしば。

籠やトレーを使ってカフェっぽさを演出するのが好きで、可愛い籠を見つけるとついつい欲しくなってしまいます。でも収納にかさばるんですよね~(笑)。
器集めが好きなので、お気に入りの器を眺めながら盛り付けを考えたりもしますが…、盛り付けはほとんどぶっつけ本番でその時に手を動かしながら考えています。
私の考えるカフェっぽくするコツは、「仕上げ」です。例えば、おひたしに鰹節やゴマを最後に一振りしたり、ケーキにハーブを添えたり。これだけのことでお料理がグンと可愛く美味しそうに変身してくれると思います。
あとは、見た目もそうですが、栄養面も考えて「赤・緑・黄」の彩りを意識しています。
野菜とお肉魚のバランスが整った食事作りができるよう、常に意識していますね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
nicoさん:家事の合間に、ほっとひと息お茶を飲む時間が大好きです。
それと、ブログのタイトル「nico@cafe」の由来となっている愛犬「ニコリ」を撫でまわして癒されています。

c0039735_21272187.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている料理や記事、また、読者に評判だった記事や料理は?
nicoさん:●「野菜たっぷりごはんプレート☆
いろいろな野菜をちょっとずつ盛り付けたワンプレート料理です。干物も自家製なんです。それと、筍の長期保存法も紹介しています。クイック料理が取り沙汰されていますが、意外とこんなスローな料理法もUPすると評判がいいようです。

●「アボカドツナのタルタルサラダ☆パンプレート
以前はあまりランチにパンを食べることもなく、パンの時はメニューの構成にいつも困っていました。なので、意識してランチに取り入れて作るようにしました。苦手な分野は積極的に取り組んで克服していきたいんです。
次第にパンランチメニューを考えるのもだんだんと楽しくなりました。
このときは、アボカドを使った簡単なサラダとパンを合わせたランチプレートに。アボカドは美容にもいいし、女性からの注目度の高い野菜なだけに、この記事は評判が良かったと思います。

●「マロンマロンアイス☆アイスクリーム祭り~
最近アイスクリーマーを購入し、それを使っていくつかアイスを作り紹介しました。暑くなってきたので、冷たいおやつが食べたくなる時期ですよね。
アイスクリームも買ってしまえば早いのでしょうが、手作りってやっぱり楽しくて、なんだか特別美味しいんですよね。

●「もうすぐバレンタイン☆特集~
ここで紹介させてもらった、「しっとりふんわりチョコバナナマフィン」は、読者の方にも「美味しかったよ」感想いただけて好評でした。私自身もとっても気に入っているおやつレシピです。

●「THEカフェ飯☆チキン&どっさり玉ねぎのガーリックバター煮込みプレート
これは、外カフェで食べて美味しくて、家に帰って再現して作ってみたものです。かなり納得のいく味に仕上がりました。こういうときって心の中でガッツポーズしちゃいます(笑)。
ありがたいことに、気に入ってリピートして作ってくれているというお声もいただきます。
我が家では、大人数のおもてなしの時の定番となっています。

c0039735_21274523.jpgエキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
nicoさん:海外旅行がしたいです!
妊娠してから、もっとあちこち旅行しておけばよかったと強く思うようになりました。
できれば女同士で!海外のいろいろな食べ物を食べ歩きたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nicoさん:子ども手当てでしょうか(笑)。
それが世の中全体にとっていいことなのかは疑問ですが、これから子どもを産む身としては、やっぱりもらえると嬉しいですね~。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nicoさん:Nico@cafeをご覧いただきありがとうございます。
いつも温かい応援メッセージ、とても励みになっています。
これからも、ほっと落ち着けるお家カフェライフを楽しんでいけたらいいなと思っています。
どうぞ末永くよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【nicoさんが好きなブログ、気になるブログ】

うちの食卓 Non solo italiano
料理はもちろんのこと、写真も色鮮やかで美しく、見ているだけで北イタリア気分に浸れます。エキサイトでブログをはじめるきっかけとなった憧れのブロガーさんです。

coupefeti
パンを作る人にとっては誰しも憧れの存在ではないでしょうか?
パンだけでなく、ケーキも芸術的でお家で作られているなんて信じられません。
文章から人柄もにじみ出ていて、読んでいると楽しくなります。

はるひごはん。
ブログを通して仲良くなって、いつも刺激を頂いているお友達。
「今日は何を作ったかなぁ~」なんて気になり、毎日覗かずにはいられないブログです。
シンプルで美味しいお料理がお洒落に紹介されています。

ごはんの時間 ++気まぐれレシピ++
以前にピックアップブロガーに選ばれている、とっても素敵なブロガーさん。
実際にお会いしても、イメージ通りの素敵な女性です。お料理や器のセンスも良くて勉強になります。

trente*trois
こっそり覗き見しているブログです。
ほんわかした、雑貨屋さんのような可愛らしいインテリアやお家カフェの様子に癒されています。



【nicoさんのライフログ】

SEX AND THE CITY [THE MOVIE] [DVD]

エイベックス・マーケティング


海外ドラマが大好きで、これまで数多く見てきましたが、一番好きなのがこの「SATC」。
このドラマを見て、「年をとるのって面白いなぁ」と初めて思えました。

地上5センチの恋心 [DVD]

CCRE


主人公はおばさんなんですけれど、とっても可愛らしくて純粋で、見終わった後に爽やかな気持ちになれる素敵な映画でした。「地上5センチの恋心」公式ホームページ。

めがね(3枚組)

VAP,INC(VAP)(D)


海辺で過ごすマッタリとした時間、美味しそうな食事のシーン…。
その場にいることを想像しながら、ず~っと見ていられるような肩のこらない世界観が好きです。

nicoさんの「お家カフェごっこ nico@cafe」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-06-10 23:48

c0039735_1537105.jpgじっと見つめる目とスマートな体形がキュートな野生動物ガゼル。どこまでも地平線が続く広い砂丘を一緒に散歩したり、リビングやベッドのそばでごろんと寝転がったり…。“サーメル”ちゃんをはじめとする、そんなガゼル一家との暮らしに、思わず目を細めてしまうほど心があたたまります。
ほかにも馬や牛、犬、猫、ハト…などの動物たちに囲まれた砂漠での大家族の暮らしは、日本では考えられないほど新鮮で、驚いたり、笑えたり、感動することもいっぱいです。

散歩に出ればラクダや野生のガゼル、はりねずみに出会ったり。誰もいない砂漠では、地平線に沈む夕日や夜空に輝く満天の星をひとりじめできたり…。ちっぽけなことなんて忘れてしまうほど、雄大な環境に、「こんな暮らしができたら贅沢だな~」「見ているだけで癒される」という読者も大勢います。動物たちを描いたイラストもとってもユーモラス。

今週は遠い砂漠の国UAEから、楽しい話題を伝えてくれる「はなももの別館」のはなももさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
はなももさん:こちらこそ、エキサイトブログさんのおかげで、楽しいブログ生活を送らせていただいています。ありがとうございます。ピックアップブロガーに選んでいただいて、私よりもなぜか夫のほうが興奮しています(笑)。
もともと、ここUAE(アラブ首長国連邦)での生活の一部をホームページで4コママンガにしてつづっていたんですが、なにせ載せたい写真がたくさんあって、ホームページではその更新作業が大変…。そんなとき、知り合いがエキサイトブログを使っているのを見て、「これはいい!」と飛びつきました。使いやすさから今ではすっかりブログが中心になり、本館のほうのホームページは放置状態。どちらが本館なのか別館なのか、わからなくなっています(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
はなももさん:日常起こったことをつらつら書いているブログなんですが、我が家には、ガゼル、犬、猫、鳩、馬、牛、ラクダ、羊…と、動物がわんさかいまして。毎日それぞれキャラクターの強い彼らがネタをてんこもりに提供してくれるので、すっかり動物ブログのようになってしまっています。

今では誰も信じてくれませんが(笑)、私はもともと動物が特別好きというわけでも、動物を飼いたいと思っていたわけでもなかったんです。ラクダや羊は夫の実家の家畜として、もともと我が家の周りにたくさんいましたが、「家族」という近さはありませんでした。
でも、母を失ったガゼルの赤ちゃんが我が家に持ち込まれたのを皮切りに、砂漠に捨てられていたワンコたちが家族になり、街中で羽が折れて凹んでいた鳩の赤ちゃんが我が家に住み着き、猫が出入りするようになり、馬が来て、牛が来て…。いつのまにか人間よりも動物のほうが圧倒的に頭数の多い生活になっていました。
そんな生活なので旅行に行くことも、落ち着いて遠出することもできないし、私は恐ろしく日に焼けて真っ黒なんですが、そんなことはちっとも苦にならないほど、教えられることも驚くような発見も毎日いっぱいあって、どんどん彼らが愛しくなって…。そんなことをブログで伝えることができたらいいな~と思っています。日本に帰ったとき色黒なのは、かなり苦になりますけどね(笑)。

我が家は砂漠の中にありますが、贅沢なことに、地平線に夕日や月が沈む砂漠を毎日ほぼ貸切です。今すでに毎日の気温は40度を超え、これから50度近くまでいくので、楽しいことばかりではないのですが(笑)。砂漠も、動物たち同様、何年住んでいても新しい発見にこと欠かなくて、たくさんのことを教えられて飽きることがありません。
夫が遊牧民出身なので、砂漠のおもしろいことをいろいろ教えてくれることもあって、いちいち「へー、へー」と感動してまして、そんなことも皆さんにお伝えできたらいいな~と思います。
そんなこんなで、あれも載せたい、これも載せたいで、なかなか更新が追いつかないのが目下の悩みです(笑)。

c0039735_15332739.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
はなももさん:上にお話したことと少し矛盾するんですが(笑)、砂漠での動物たちとの生活は楽しくて飽きないんですが、やはり「慣れ」というのがありまして、何かに感動するアンテナがだんだんしょげてくるんですね。
ガゼルが家の中で昼寝したり、夫と鳩が喧嘩したり、朝ワンコたちとの散歩でラクダに遭遇したり、頭に鳩を乗せて牛の散歩をしたり…。そういう毎日がどんどん普通になってきちゃうんですが、そんな時、ブログのコメントで、みなさんに楽しんでいただいていることがわかると、「そうか、私にとってはすっかり日常だけど、けっこうおもしろいことなんだな」とまたアンテナをピンとたて直すことができます。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
はなももさん:自分にはとうてい接点がないだろうと思っていた方たちと、ぐっと身近になれることでしょうか。本や新聞、テレビと違い、コメント欄がある場合、特に情報を発信している人と直接コミュニケーションとれるというところがすごく魅力的だと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
はなももさん:基本的には、あまりこだわりがなくて、フワフワしている人(笑)。
なので、深みがなく大変浅い人間なんですが、お得なところもあって、こだわりがない分、どんなところでも適応して生きていけると思います。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
はなももさん:何か我が家の動物たちのためになる情報はないだろうか…と思いながらブログを見ることが多いので、どうしても動物関係が気になってしまうんですが。
近い将来、ここUAEの我が家でお会いする夢が叶いそうな、「動物園でお散歩」のりっぴさん。先日はNHKの番組内で動物園の魅力を案内されたそうですが、動物の好きな人なら、必ず訪問されるのではないかと思うりっぴさんのブログは、動物園の動物たちへの愛がステキな写真と一緒にいっぱい溢れています。
会ってみたいというか、ぜひ訪れてみたい場所が、「えにしホースパーク」。我が家に突然馬が来くることになり、どうやったら馬と心を通わすことができるのか、悶々と迷っているときに出会ったのがこちらのブログなんですが。馬たちがとても大事にされて幸せそうに生活している様子に、いつかぜひ訪ねてみたいな~と思っています。

ぜひ我が家に遊びに来ていただきたいのが、いつもコメントをくださる「Zoo~っと行こう♪」のぱるさん。動物園の動物の写真を主に撮られているんですが、ラクダや牛がやや苦手だそうなので、ぜひ我が家で克服していただきたいな~なんて思っています(笑)。
それから「こらくファーム」の管理人さん。ラクダがとてもお好きだそうなので、「我が家遊びにいらしてくだされば、らくだ三昧です」とお誘いしたいです(笑)。

c0039735_1533210.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
はなももさん:そのまんまなんですが、我が家の動物達の写真を撮ること、砂漠で出会ったものの写真を撮ることでしょうか。でも整理が苦手なので、撮りすぎ、溜まりすぎでどえらいことになっています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
はなももさん:このままみんなが元気でずっと一緒にいれたらいいな~というのが夢ですが、まぁ生きとし生けるもの皆必ず終わりがあるので、その夢はまさに「夢」でして…。
もう少し現実的な夢となると、写真集の出版…。「出したらいいのに」と、ちらちらお声をかけていただくようになって、お世辞と思いつつも調子にのって、いつかたくさんたまったガゼルファミリーたちの写真集が出せたらいいなぁ、と最近欲が出てきました(笑)。別ブログでガゼルファミリーに限って写真を載せているんですが、いつかこういうものが形になったらうれしいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:日本では想像もできないガゼルとの暮らしや砂漠での暮らしぶりを楽しませていただいていますが、ガゼルを飼いはじめたきっかけ、砂漠暮らしの楽しさや感動することは?
はなももさん:ガゼルのサーメルは、「砂漠で生まれたばかりのガゼルを見つけたんだけれど、どうしたらいいかわからない」と知人が我が家に連れてきました。彼らは子ガゼルがいることに気がつかず、母ガゼルを狩って食べてしまったというんです。きっと生まれて1日か2日くらいしか経っていなかったと思います。
何もわからず試行錯誤で育てたので、生死をさまよう病気をしながらもサーメルがここまで元気に育ってくれたのは、とても幸運でした。その後、サーメルのお嫁さんとしてダマーニが我が家の家族になり、それからは子どもが次々に生まれて大所帯になりました。

サーメルは人間に育てられたせいか、笑われると怒ってみたり、いたずらするとバツの悪い顔をして近づいてこなかったり、すごく人間臭いところがあっておかしいんです。その点、人間に育てられていないダマーニやその子どもたちは、犬や猫と違って、本来野生の動物なので人間に甘えてみたり媚びて(笑)みたりせず、とても警戒心が強いんですね。
それだけに、お互い言いたいことがわかったり、リラックスして近くで一緒にいる時間を過ごしたりすると、なんともいえない幸せな気分になれます。一緒に昼寝したり、病気の時に砂漠で夜を過ごしたり、出産場面に立ち会ったり、一緒に遊んだり…。そういう時間は私の宝物ですね。
特に赤ちゃんガゼルが誕生する時と、誕生してからしばらくは、赤ちゃんそのものもかわいいし、チビを迎えて取り囲む家族の反応もおかしいし、毎日笑いが絶えません。今が丁度その時期なんですが、ホントかわいいですよ。
ガゼルって、実は情緒も表情もとても豊かなんです。なので写真を撮るのもとても楽しいですね。

我が家があるところはもともとちょっと高い砂丘でした。UAEに住み始めてまもないころ、夜砂漠に遊びに出かけ、その砂丘に寝転がって夫と空を見ていたんですが。その日はたまたま流星群の日だったんですね。ふたりでものすごい数の流れ星を見たんですが、そのとき夫は「ここに家を建てよう」と決めたんだそうです。
私はどこでもこだわりがないので(笑)、気がついたらこんな生活をしていたという感じでして…。この生活も7年目ですが、夏は半端じゃない暑さで熱風が吹き続けますし、雨は数ヶ月に1回あるかないかという厳しい環境の中でも、動物や虫、草花、いろんな生物がたくましく生活していることに、今でもいちいち感動して魅入ってしまいます。砂漠に座り込んで「ファーブルの気持ち、よくわかるわ~」とフンコロガシを長い時間見てたり…(笑)。

こういう生活をしていると、雨が心の底からうれしかったり、太陽を隠す雲がとても偉大に見えたり、霧の残した小さな露が命をつなぐとても美しいものに見えたり。吹く風ひとつ、たとえ些細なことであっても、きっとどれも無駄なものはなくて、ひとつひとつに意味があって今を支えているんだなぁと、人間なんてぜんぜん足元にも及ばない自然のすごさをもろに感じます。

砂漠生活の楽しさの一つは、開放感でしょうか。サンドバギーや馬に乗って砂漠に出かけたり、満天の星を砂丘に寝転んで見たりしいても、会うのはラクダや野生のガゼルといったろころ。朝ワンコの散歩に出かけて、誰もいない砂漠で、片方の地平線に月が消えていくのを見ながら、反対から太陽が上がってくるのを見たりすると、すごく贅沢だな~と思います。

c0039735_15335730.jpgエキサイトブログ編集部:時々アップされるイラストもユーモラスでほのぼのしていますが、イラストを描くようになったきっかけや描く楽しさは? また、記事アップの際に心がけていることは?
はなももさん:絵はホームページのほうで4コママンガを描いていたんですが、文章だけよりも絵があると「ちょっと読んでみようかな」というきっかけになるかなと思ったのが描き始めた理由でした。ブログを主に更新するようになってからは写真が主体で、ほとんど描かなくなったんですが、去年は我が家の家族である動物たちを描いてカレンダーを作り、「クイズの正解者にプレゼント」というのをやりました。そのときに描いた絵を今は毎月月の初めにブログの一番上の記事に載せています。
実際の生活では動物たちみんなが一堂に会すというのは不可能なんですが、絵の上では自由なので、描いていてとても楽しいですね。

記事アップについては…、本当は読んでくださる方が読みやすいように、極力簡潔に写真を絞って載せたいと思っているんですが。どうしても彼らのおもしろい行動を余すことなく載せたくて、一記事一記事が写真いっぱいで長くなってしまって申し訳ないな~と思っています。携帯で見るのは特にとても大変なブログになってしまって…。編集能力がなくてスミマセン。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
はなももさん:これもそのまんまなのですが、動物たちと過ごす時間です。
昼寝をしていると、鳩のクブズがピタッと体を寄せて添い寝してきたり、外でガゼル一家と過ごしていると、何か言いたげにそっと寄って来られたり、子牛の散歩をしていて、「撫でて欲しい」と甘えられたり…。家の中にいても外にいても、動物三昧なので癒されっぱなしです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
はなももさん:◎2009年8月10日「2009年のたわし君
何故か一年に1回姿を見せるはりねずみと我が家の動物の♂チームとの交流(?)の記事です。
ブログtoメディアに載せていただいて、いっぱいアクセスしていただきました。
とにかくはりねずみがかわいいんですが、それに加えて対面したそれぞれの反応に、それぞれの性格が良く出ていて好きな記事です。

◎2009年8月16日
たわし君その3
こちらは母と娘2匹のガゼル♀チームとはりねずみの交流なんですが、こちらもそれぞれの性格がとてもよく出ていて、数あるお気に入りの記事の中でも私的にはピカ一のお気に入りです。

◎2007年11月26日
ザーヘルが生まれたその日のお話:その3
ガゼルの次男坊が生まれたときの出産記録。陣痛が始まってからお産後まで傍にいたんですが、感動しっぱなしの初体験の私にとって、とても貴重な記録です。

◎2007年7月7日
久しぶりに被り物
サーメルが被り物をした時の記事なんですが、実際に見ているときも苦しいほどに笑っちゃってしまいました。この記事を見ると今でもニヤニヤ笑ってしまいますが、読んでくださっている方にも、大いに笑っていただきました。

c0039735_15393036.jpg◎2010年1月6日
サラーミー交遊録 その2
サラーミーは馬ですが、馬友だちがいないサラーミーの友だちはラクダ。そんなサラーミーとラクダの大きな動物同士の絡みは見ていて飽きることがありませんね。
このときもサラーミーが一生懸命ラクダ友だちに話している姿がなんともおかしくてサラーミーの記事の中でとても気に入っています。

◎2009年4月17日「クブズのライバル
クブズとは鳩でして、私に恋している(笑)クブズと夫の攻防は最近定番のネタになっているんですが、この記事の中の、特に玄関から夫を追い出すクブズの必死な姿がおかしくてお気に入りの一記事です。

◎2008年9月15日「カマル
砂漠と月はやはり絵になるので時々載せるんですが、中でもお気に入りの写真をどどーっと集めてみた記事です。

◎2009年1月8日「
砂漠でみつけたラクダの骨の記事。お気に入りというよりも、それほど特別ではない日常の風景として載せたんですが、一番思っていたよりも反響のあった記事です。「あぁ、やっぱり感動のアンテナはもっと張ってないとな、見慣れちゃだめだな~」と思いました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
はなももさん:欲しいというか、今一番願っていることですが…。
私が乗馬を習っているところで、先日前足が一本完全に使えない状態で仔馬が生まれました。生きていることにすごく純粋な姿に胸がとても熱くなりました。いろんな意味でこの仔馬ちゃんの将来は越えないといけない壁がとても大きいんですが、何か自分にできることはないか、どうかこの仔馬ちゃんに幸せな人生が待っていますように…という願い。最近はそのことが頭から離れませんね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
はなももさん:特別天然記念物・トキの放鳥でしょうか。先にもお話しましたが、砂漠に住んでいると、人間の力なんてとても及ばない自然のすごさを目の当たりにします。
砂漠では人知れず絶滅している生物も、新しく生まれている命もあるのではないかと思いますが、どちらも大きな自然の流れの中でおこるべくしておこっているんじゃないかと。過熱するトキの放鳥の報道、襲ったテンやカラスが悪者だと駆除の提案…いろいろ考えさせられます。

それと、先日「不同意堕胎事件」というのがありましたが、事件の背景や真実はまた別として、事件の報道の中に「生ませたら不幸になると思ってやった」という記事がありました。日本では助産師をしていたので、現実的なこともよくわかっているつもりですが、でも、こんな生活の中で、たくましく生きていく命や、絶えていく命を間近で見ていると、誰かが望むとか望まないとか、産ませてやるとかやらないとか、生命って、本当はそんな小さなものじゃないんだよなと、つくづくそう思い知らされます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
はなももさん:時にしばらく更新がなかったと思ったら、いきなりどどっと怒涛の更新をするなど、読むほうにしてみると大変迷惑なマイペース更新のブログにもかかわらず、見放さず通ってくださってありがとうございます。
また、だらだら長い記事も丁寧に読んで、書き込んでくださる温かい&楽しいコメント、とてもうれしいです。動物との会話が9割の私の生活ですが、ブログに訪問してくださる皆さんのおかげで人間らしさをかろうじて保っていられます!

c0039735_15373749.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【はなももさんが好きなブログ、気になるブログ】

rio’s story
動物園の動物の写真を主に撮られているんですが、とにかくどれも動物の魅力120%の写真で、撮られた動物たちはうれしいだろうな~と思います。特にカピバラの写真はどれも大好きで、いつ見ても笑ってしまいます。

mahoutの見習い
今ブログは中止状態になってしまい、とても残念なんですが、動物園の象を担当されている飼育係さんのブログ。動物の「かわいい」とか「おもしろい」のありきたりの話ではなく、動物と真剣に向き合っているからこその葛藤とか喜びがとても身近に感じられて、すばらしいブログだったので、再開されることを切に願っています。

NZ馬・物語り/ニュージーランドの馬と馬に関わる人についての見聞録
ニュージーランドで馬のことを学んでいる不二子さんのブログ。実は馬とすごい経験をしているのに、「どうだすごいだろう」という所がひとつもなく、力を抜いた文章に馬初心者の私は「私もがんばれそうだ」と、とても励まされます。

黒い森の白いくまさん
ドイツでお医者さんをしている、どくとるくまさんのブログ。エキサイトのトップにある「新着フォトギャラリー」で、私の写真を見て訪ねてくださったのがきっかけなんですが、想像を絶する努力と芯の強さで輝いている今がある、憧れの女性です。

GO!Joppari
理科の先生をされているんですが、「こんな先生だったら授業も楽しいだろうな~」と生徒さんがうらやましい。骨コレクションは圧巻です。ぜひ骨集めに砂漠に来ていただきたいです。




【はなももさんのライフログ】
[PR]
by blog_editor | 2010-06-03 22:51