今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_17283333.jpg朝ごはんにクマやうさぎ、リスがちょこんと登場したら…なんだかかわいいですよね。
さくらんぼの風船を持ったクマさんや、どんぐり拾いをするリスさん、お花の横にぴょんとやってきたうさぎさんなど。シンプルな食パンを動物の形にくり抜いて、ウィンナーやフルーツを花や葉っぱに見たてて飾った朝食なら、小さなお子さんもにっこり! 子どもの夢や想像が膨みそうです。
絵本をめくるような感覚で、さくさくっと横に軽くスクロールして楽しめる、そんな朝食プレートのフォトギャラリーはとってもかわいく、ほのぼの感が伝わってきます。

横に写真を並べていくほど面白いヨコブログのよさを活かしているので、遊び心も見る楽しさもいっぱい。小さなお子さんをもつブロガーや若い女性を中心に、「絵本のようでかわいい」「こういう見せ方もあったのね」と読者の目にも新鮮です。
今週は、2歳のお子さんのための朝食プレートをお絵かき感覚で楽しみ、写真に撮って紹介する、「Ce matin la」のsaaaatoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
saaaatoさん:娘が生まれてから、育児中心の生活になり、家族以外の人と会う機会はほとんどなくなりました。小さな子どもとの生活は単調なので、メールでわざわざ伝えるほどのニュースもなく…。メールよりもゆるいかたちで近況を知らせることができそうなブログには興味がありました。とはいえ、日常生活を刻々と語っていくのは苦手…。
そんな時に、ヨコブログのスキンがリリースされました。私は、新しい技術やWEBサービスにとても興味があり、シンプルな技法で何かが大きく変わって見える、今までとは違った世界が見えてくる、というヨコブログのデザインにとても惹かれました。「タテのものをヨコにする」。単純なようですが、新鮮でした。そこで、どんな風に見えるのか試してみたくなりまして…。
第一印象で、「隣り合う記事につながりがあると楽しいだろうな」と思いました。ストーリーになっているとか、先に話のフリがあって、次の記事でオチがあるとか。でも、私はそんなネタもないし…。
そこで試してみたのが、いまの朝食プレートのフォトブログです。

朝食プレートは、春くらいに娘の離乳食が終わった頃からなんとなく始めたもので、この時点で数枚の写真がありました。家の中の同じ場所で、同じ時間帯に、同じアングルで撮った写真。これを試しに並べてみようと思いまして…。さっそく並べてみたら、けっこう自分好みの雰囲気のものになりました。こうして、ちょっと試す気分で開設したのがはじまりです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
saaaatoさん:現在2才3ヶ月の娘のために作った朝食プレートのフォトギャラリーです。クッキー型で抜いたパンやフルーツ、折り紙などでプレートの中にひとつのシーンを描いています。キャラ弁などと違って顔の表情はつけておらず、一度に使う素材やモチーフ、食器などのバリエーションも少なくシンプルな構成です。1点1点をじっくりと見るというより、数枚並んでいるものをサラサラっと眺めていただけると良いと思います。
また、朝食プレートを中心に、絵本や身の回りのものを使った遊び、娘と一緒に訪れたミュージアムや展覧会なども紹介しています。

c0039735_1738796.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
saaaatoさん:ブログをはじめた時は、直接の友人や家族以外の方に見ていただけるとはまったく思っていませんでした。それが予想外にたくさんの方がブログを訪問してくださり、時には、コメントを残してくださるようになって…。
仕事と子育てで、いつも忙しく、生活も閉じてしまいがちなところ、とてもありがたかったです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
saaaatoさん:人見知りですが、愉快なことは大好きです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
saaaatoさん:ブログを訪問してくださる方、コメントをくださる方、また、私が訪問するブログの作者の方々。みなさんにお会いしてみたいですよ。でも、実際にお会いするとなったら照れくさくてダメかもしれません(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
saaaatoさん:物心ついた時から本の虫で、本が大好きです。児童書、小説、ビジュアル本、料理本、雑誌…、家は本だらけで、つねにスペースの問題を抱えています。なので、いいなと思ってもアレもコレも購入というわけにはいかなくて。児童書だと、児童文学、子ども向け料理本などは購入するのですが、絵本はスペースも取るし、短時間で読み終えるので図書館や書店で読むものと決めて買わずに暮らして来ました。
でも、娘が絵本を見るようになって、今まで欲しいと思っていたあの本、この本…といろいろ買いこむようになり…とても楽しいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
saaaatoさん:世界中のミュージアムを訪れること!

c0039735_17353521.jpg


エキサイトブログ編集部:絵本のような朝食プレートの写真がとてもかわいいですが、いつもこのような朝食を楽しんでらっしゃるのですか? 朝食を考える楽しみは? また、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…
saaaatoさん:平日、私は娘が起きる前に出勤してしまうので、すぐに食べさせられる納豆ご飯、混ぜご飯、おにぎり、とフルーツなどを準備しておきます。基本的に米食です。パンは休日だけの楽しみです。
平日の朝に家にいられない分もあり、休日の朝ごはんを一緒に楽しんでいます。
「絵本のような」と言っていただけて、とても嬉しいです。確かに、シーンを説明するようなテキストがついていて、そう思っていただけたのかもしれませんね。

一つの型や食材、ピック、折り紙などの雑貨を軸に考える時もありますが、実際は金曜の帰宅中の電車の中で、「明日はどうしよう?」となんて思っているのが本音です(笑)。
娘がいま興味をもっているモノは、なるべく取り入れたいと思っています。例えば、今だとドングリ拾いが好きですよね。そしたら、ドングリを軸に、ドングリが好きな動物、ドングリがある場所にありそうなもの…、という具合に発想を広げていきます。
また、先月、初めて水族館に行ったのですが、娘もずいぶんと強い印象を受けているようでした。なので、帰ってきてから、魚や海の絵本を読みました。そして、魚をモチーフにした朝食を作りました。強い印象を受けるような経験した時には、その印象が鮮明なうちに、いろいろな形で関連するものを見せてあげられるといいなと思いますね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
saaaatoさん:お風呂から就寝までの時間ですね。
仕事で家を空けているせいもあるかもしれませんが、娘と家にいても、家事に追われていて、シンプルに娘と向かい合っている時間は案外ないように感じます。私は、娘と一緒に早い時間に就寝するので、一緒に寝る仕度をして寝室に入ったときがいちばんホッとします。
かわりばんこに相手に絵本を読んであげたり。もちろん、娘は“そのつもり”になっているだけですが(笑)。電気を消したら、お互いにトントンと叩き合って、子守唄を歌い合ったり。私が大人げないせいなのか、なぜか娘は私にお姉さん気取りです(笑)。

c0039735_17342640.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
saaaatoさん:★「クマの風船売り
春に作ったプレート。サクランボを風船に見立てたものは気に入っています。
野菜や果物は、それ自体で色や形がとてもかわいいものがありますよね。それが、プレートの上でクッキー型とのスケール感の中で、別の何かに見えてくる。そういうものが、もっとできるといいなと思います。
型で抜くことは手軽ですが、できれば、そればかりに頼らず、もっと自然の造形を生かしたものができればいいなと、思っています。

★「ハナサク!
魔法のステッキはお弁当用のピックです。ひと振りしたら、大きな白桃の花が咲きました。白桃はスライスしたものを重ねていきました。魔法ってワクワクするし、大好きです。

★「ウサギとヒマワリ
ウサギ型のパンに、ウインナーの花とメロンの葉っぱでできたヒマワリです。ちょうどお盆休みに作ったものですが、今見ても夏休みの雰囲気が出ていると思います。朝食プレートを作るようになって、メロンがとてもキレイな翡翠色をしていることに気づきました。

★「大きなドングリ
たまたま前日に小さなアンパンをもらい、娘の朝食に使えないかなと考えたものです。半分に切って合わせただけですが、大きなドングリができました。娘も「ドングリ!」と楽しそうでした。

★「めがね。1」「めがね。2
私が思いつきで作った悪ふざけのようなものですが、見ていると楽しかったなと思い出します。
子どもの興味に合わせて遊ぶことは必要かもしれませんが、時には、大人が楽しいと思うことをやってもいいんじゃないかと思います。たまに拒否されますが(笑)。 
自分の子ども時代を思い返しても、兄弟と遊ぶ中で、いつもいつも自分の思い通りじゃなかったので…。人に合わせて遊ぶ。嫌なら拒む。そんな時があっても良いかなと思います。

c0039735_17345056.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
saaaatoさん:娘とパリに行きたいです。
フランスの映画やフランス語が好きで、学生の頃に短期、長期と留学したパリは大好きです。
移動や時差など、子どもの負担を考えると現実的ではありませんが、見せたいものや、食べさせたいものがたくさんあります。とくに、パリの北のはずれにある、ラ・ビレットという大きな科学館は、とても好きな場所で、いつか自分の子と遊びたいと思っていた所なので、娘を連れて行きたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
saaaatoさん:悼ましい事件や事故のニュースが多く、社会的なニュースでは思いつかないのですが、家庭内では、最近、心温まることがあったのでその話題を…。
先日、子どもの幼稚園の見学に行きました。そこは私の卒園した幼稚園。当時の園長先生の息子さんで私たち園児に大人気だったお兄さん先生が現園長先生をしていて。「さとちゃんがお母さんなんですね」と私と娘を見ながら、「さとちゃんの面影がありますね。不思議な気分ですね。かわいいですね…、なんだかおじいさんの気分です」とおっしゃっていました。とても懐かしい再会と、昔と変わらない幼稚園の大きなイチョウの木や教室に、胸がいっぱいになりました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
saaaatoさん:本当にありがとうございます。訪問してくださる方がいるのは、とても励みになります。また、同じような小さなお子さんをお持ちの方の存在を身近に感じられるのはとても心強いです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【saaaatoさんが好きなブログ、気になるブログ】

「カワイイ!」「おいしい!」「旅と散歩」などを入り口に、たくさんのブログをたいへん楽しく拝見させていただいています。
私のブログを訪問してくださる方は同じような小さなお子さんをお持ちの方が多いと思いますので、子育てに関連したもので、かなり以前から見ている大好きなブログを2つ、ご紹介します。

●「いわいさんちweb
メディア・アーティストで、現在は絵本の執筆や、メディアを使った図工への取り組みをされている岩井俊雄さんのブログです。ご自身の活動の話や、娘さんとの手作りの遊びの話などが紹介されています。いわいさんちで作られる工作のすばらしいこと! 不器用な私にはとても真似できません(笑)。作る楽しさがいっぱいに伝わってくる、とても楽しいブログです。

●「あに☆いもうと
兄6歳と妹4歳を撮影した写真日記です。自然の中で、家の中で、仲睦まじく遊ぶ兄妹の姿、表情がグッときます。「兄妹っていいな」と思うブログです。



【saaaatoさんのライフログ】

Takashi Homma: Tokyo And My Daughter

Takashi Homma / Nieves


写真家・ホンマタカシさんが撮影した、娘さんの写真を紹介しています。生後2ヶ月から撮り続け、6才になった娘さんの成長していく少女の姿と東京の風景…。笑顔の写真はありませんが、その分、なんだかリアルです。

ロッタちゃん はじめてのおつかい [DVD]

角川エンタテインメント


インテリア、料理、服、行事…と、ビジュアルだけでもとても楽しめる作品ですが、心豊かに楽しく暮らすスウェーデンの人々の生活がとても心地よく感じます。我を通すロッタちゃんは、時に“困ったちゃん”ですが、それを見守る周囲の大人たちの視線が魅力的です。
同シリーズの「ロッタちゃんと赤いじてんしゃ」もぜひおすすめします。

オンネリとアンネリのおうち

マリヤッタ クレンニエミ / プチグラパブリッシング


親友のオンネリとアンネリは、ある日、たくさんのお金を拾い、ふたりにぴったりのお家を買って、仲よく住むことにしました。この家にあるもの、ふたりの会話…。何もかもがかわいいんです。大人なしで、仲よしふたりだけでかわいいお家に住むなんて…、女の子の憧れです。

イップとヤネケ

アニー・M.G. シュミット / 岩波書店


オランダのお話。イップとヤネケはお隣同士で大の仲よし。毎日、朝から晩まで遊びます。
幼いふたりの遊びの会話のなんとかわいいこと。見守る親の温かい視線も心があたたまります。
切り絵のような美しい挿絵も魅力的です。

朝ごはんの献立―12のシーンとおいしいごはん

飯島 奈美 / 池田書店


映画『かもめ食堂』や『めがね』のフードスタイリスト・飯島奈美さんの朝ごはんのレシピ本。
「朝の食卓にはシーンとドラマ性がある」という考えから、作られた12の献立。
『かもめ食堂』を見て、無性にでっかいトンカツが揚げたくなった方はぜひ見てみてくださいね。

赤ちゃん教育 (講談社文庫 の 14-1)

野崎 歓 / 講談社


40歳を過ぎて父となったフランス文学者の著者が、幼い我が子と触れ合う甘美な経験を快楽に満ちた文章でつづるエッセイ。著者の訳本のファンですが、とにかくユニークな筆致で描かれる幼児との生活に、ゲラゲラ笑いながら引き込まれます。幼い子どもの父母への認識の違いを分析的に語っているあたりはかなり笑えます。

saaaatoさんの「Ce matin la」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-11-25 22:20

c0039735_15321746.jpg移りゆく季節の旬の風景や一瞬一瞬をとらえた写真が、一枚の絵のように美しかったり。道端の花や葉っぱ、さりげない風景をアートっぽく切り取った構図が新鮮だったり…。時には、自然の柔らかい光や色合いをやさしくとらえた写真が、心におだやかな余韻を残したり…。
感性のゆたかさ&繊細を感じる、そんな素敵な写真の数々は、見る人の心を和ませてくれます。
「まるで写真集の写真を見ているよう」「こんなふうに撮ってみたい」と憧れる読者も多く、写真ブログの仲間からも評判です。

今週は、しっとりとした秋の紅葉写真をはじめ、一面に咲いた夏のひまわりや花火の美しさでもよく知られるこの方…。「K's Photo Note」のksphotoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ksphotoさん:今回はお声をかけて頂き、ありがとうございます。
ブログを始めたのは、撮ってきた写真を誰かに見てもらおうと始めたHPに撮影日記でも書こうかなと思ったのがきっかけです。
でもHPの更新はすぐにストップ(苦笑)。今ではすっかりブログだけになってしまいました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ksphotoさん:見てもらったままの印象どおりで…、ひと言でいえば「写真ブログ」です(笑)。
美しい景色を見るのが好きなので、空の色の変化を楽しめる夜明けや夕暮れの時間に出かけてみたり、季節の花々を楽しめる旬の時期に出かけてみたり。純粋に自然を美しく表現したいという思いで写真を撮っていました。
最近は自分の中でも少し写真に対する思いが変わってきて、今まで撮らなかったような写真も撮るようになってきています。ブログの写真は最近、そういった写真の方が多くなってるような…。
それは道端にけなげに咲く花であったり、野良猫であったり、自分に何か感じるものがあれば何にでもカメラを向けるようになったからかもしれません。
そのときの思いがブログを見て頂いた方に少しでも伝わる、そんな写真をこれからも載せていけたらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ksphotoさん:それは、間違いなく被写体を見る視点ですかね。
例えば、同じ花を見ても、人それぞれ感じ方が違うと思うんです。形が気になる人もいれば、色が気になる人もいる。他の方のブログを拝見して、ただ綺麗に撮ろうというのではなく、いろんな角度から被写体を見られるようになった気がします。
このことは写真を続けていくにもブログを続けていくにも、とてもプラスになったと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ksphotoさん:ブログのいいところは、写真を手軽に見てもらえるということでしょうか。
見るに絶えない写真もあると思いますが、そのことが撮影のエネルギーになってます。
あとブログの読者としていえば…、メカ音痴なので、素直な機材評を参考にさせて頂いてます。

c0039735_15341837.jpg

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ksphotoさん:面倒くさがりの飽き性です。
そのわりに、ブログを始めてもうすぐ2年になりますが…、ブログも写真もよく続いていると自分でも感心しています(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ksphotoさん:コメントを頂いたみなさんとお会いしてみたいです。
唯一お会いしたのが、「花の庵」を運営されている、さなえさん。
コメントを頂くようになってから、写真展には必ず来て頂き、感謝しています。
コメントだけのネットの世界だと勝手な想像をしてしまいますが、イメージしていたとおりの素敵な方でした。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ksphotoさん:写真と言いたいところですが…、PCのゲームです(笑)。
ゲームなんか何年もしていなかったのに、歴史好きが高じて「信長の野望」にすっかりはまってしまいました。

あと、最近、折りたたみ自転車を買いました。
車に乗せて、ちょっとは撮影フィールドが広がるかな~なんて思いましたが、大失敗(笑)。一度走り出すと降りるのが面倒で走りっぱなしです。運動不足解消には良かったですが。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ksphotoさん:旅がしたいですね。
一ヶ月ぐらいのんびりと時間を忘れて放浪してみたいです(笑)。
それは本当の夢としてリタイヤした時にとっておきます。

c0039735_15333670.jpgエキサイトブログ編集部:絵のように美しかったり、詩的な印象を残したり…心を癒す風景写真が魅力的ですが、写真を好きになったきっかけや写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることやこだわりなどがあれば…。
ksphotoさん:写真を撮るようになったきっかけは…。綺麗な景色を見るだけでなく、フィルムに残したいと思い始めたからです。
以前はよくスキー場に出かけてたのですが、いつからか滑っていても周りの雪景色のほうが気になり始め、最後にはカメラだけ持ってゴンドラに乗るようになってました。
あの時から写真を始めて15年…。最近はデジタルでいろいろな写真を撮るようになりましたが、やっぱり今でもフィルム時代から撮っていた風景を撮るのが一番好きです。

特に朝は光を感じる光景を見ることができ、ドラマチックに一日が始まる瞬間を三脚をたてて待っている時間もよかったりします。そして朝には霧や露、霜など自然からのプレゼントがあるときも多く、それもこの時間帯の撮影の楽しみのひとつでもあります。
ちなみに早起きは苦手な方なのですが、なぜか撮影に行くときだけパッチリ目が覚めます(笑)。
たとえ途中で眠くなっても、車の中でゆっくり寝れるようにしてあるので、安心して出かけられるようになりました…。
今は高速料金も土日はどこまで行っても1000円とお得ですし、遠くに出かけても車中泊をすることができるので、今まで行ったことがないところにも出かけてみたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ksphotoさん:昨年から野良猫の写真を撮るようになったのですが、その猫との出会いがきっかけで、今年の3月から猫を飼うようになりました。
わがままな性格に唖然とすることもありますが、そのしぐさや表情に家族みんなが癒されてます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ksphotoさん:★2009.04.12 「blue blue
こんな風に桜を撮ることがこれまでなかったから、改めて見て自分も変わったなと感じる一枚です。

★2009.02.27 「ひと時の明かり
琵琶湖は写真を始めてからずっと撮り続けていますが、とくに冷え込んだ冬の琵琶湖が好きです。

★2009.01.23 「雨宿り
猫を撮るきっかけをくれた二匹なんです。
雨が降り始めて水が嫌いなモデルさんはすぐに避難。
イメージが伝わるほのぼのした感じがいいです。

★2008.11.27 「移ろう光
こういう光を見つけるととても嬉しくなります。
晩秋の唐松林、朝の細い光がとても綺麗でした。

★2008.09.26 「秋色ガラス
コメントが多かったので。
映ったガラスの向こうに見える茅葺の建物と色が京都、美山の秋を感じてもらえたのかもしれません。

★2008.09.04 「square format
見た瞬間にタイトルが浮かんだ写真でした。
いつもこんな感じで写真が撮れたらいいのですが、まだまだ難しいです。

c0039735_1533375.jpg★2008.3.30 「ひまわり
ロゴ画像にも使っている、見ていて元気が出そうな、お気に入りの一枚です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ksphotoさん:使い勝手のいいサブカメラでしょうか。
今まで何台か使ってみたのですが、しっくりといく機種に出会えてません。
カメラを持っていないときでも、あっ!撮りたいと思うことがよくあるので、そんな時に気軽に写せるカメラがあれば…と。きっと欲張りなんでしょうね(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ksphotoさん:工藤選手が16年ぶりに西武に再入団しましたよね。監督より年上なんだから本当に凄いのひと言ですね…。
ぜひもうひと花咲かせて欲しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ksphotoさん: いつも見て頂きありがとうございます。
最近ではコメント欄を閉じることが多くなっていますが、更新のたびに遊びに来て下さり、本当に感謝しております。
マイペースではありますが、楽しく撮ってきた写真をアップしていきたいと思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【ksphotoさんが好きなブログ、気になるブログ】

from Silk」 
独特の感性で撮られる写真をアップされているブログです。
物語風に被写体を見つめる視点に、いつも刺激をもらえます。

B級フォトサロン」 
センスよく切り取られるスナップと的確な機材評をいつも参考にさせてもらっています。

ある時・ある場所blog
飾りのない愚痴、いやつぶやきをいつも楽しく読ませてもらっています。

natural*tone」 
自分では、絶対に見れないであろう厳しい自然の風景も、何処となく女性らしい視点で撮られている写真が楽しみです。

NEKO’s PHOTOGRAPH
猫の何気ない仕草や表情、光の取り入れ方も素敵なブログです。



【ksphotoさんのライフログ】

のぼうの城

和田 竜 / 小学館


ブログで教えてもらって読んでみましたが、ストーリーも面白く、あっという間に読み終えた感じです。
あっさりと読める歴史物でした。

ひとヒナタ

熊木杏里 / キングレコード


いま、嵌っているのは熊木杏里さんです。
爽やかな歌が多くて、聞きながらの撮影がお気に入りです。

ksphotoさんの「K's Photo Note」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-11-18 23:17

c0039735_15225072.jpg秋色に染まった葉っぱや柿、栗など季節を伝える絵手紙をはじめ、小さなサプライズや感動がたくさん詰まった素敵な絵手紙まで。毎日の暮らしの中にある「小さな幸せ」や「ありがとう」の気持ちを、心あたたまる絵と味わいのある言葉にしたためて、読者にお届け。
こんな素敵な絵手紙をもらったら…だれもが、うれしいですよね。
「見ているだけで心が癒される」「いつも元気をもらっています」と多くの読者にも評判です。

見る人を笑顔にし、“Happy”な気持ちに包んでくれる…。それがまた絵を描く力にもなっているという、素敵な関係を楽しみながら、心のこもった絵手紙を描き続けるブログ。今週は、「ムッチャンの絵手紙日記」のムッチャンに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ムッチャン:こちらこそ、楽しい企画をプレゼントしてくださり、ありがとうございます。
ブログをはじめたは、きっかけは二つあります。
一つ目は、日本絵手紙協会の公認講師になり、2008年3月に、仙建ギャラリーで個展をしました。その時、新聞記者さんに「絵手紙はお年寄りがやるものと思っていた」と言われ、ガーンとショックを受けまして…(苦笑)。でも、そのおかげで、若い人が絵手紙をするのは珍しいと新聞に載ったり、同世代の会社員やOL、ママ友の反響が大きく、「絵手紙」をやってる自分に自信がつきました。そして、絵手紙を通じて、人を幸せにしたいと強く思うようになったのです。
二つ目は、そんな時に、絵手紙ブログで知られるふぅふぅさんから、「ムッチャンもブログをはじめてみたら?」と薦められ、勇気をもらい「エイッ」と始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ムッチャン:「絵手紙」、つまり「絵のある手紙」を中心に毎日アップしています。
自分宛の手紙って、もらうとうれしいし、自分がしてもらってうれしいことを、他の人にもしてあげたい。
そんな“うれしい&幸せなこと”の輪が広がればいいな~と思いながら、ブログを書いています。
毎日の生活の中でうれしかったことや季節感を伝える「日々の暮らしの絵手紙」をはじめ、毎月描いている「絵手紙カレンダー」、ボランティアで関わった「盲学生短歌集」、スケッチを楽しむ「ペン描き」、版画や消しゴム印を使った絵手紙…など、型にとらわれない自由で楽しい絵手紙をたくさん紹介しています。
ときどき頂いた絵手紙も公開しています。
絵手紙以外では、丸ポストの写真や趣味の「表装」(掛軸)のことや、転勤族の妻の視線でとらえた宮城県・仙台中心の情報もアップ中。
また、夫婦で野球が大好きなのですが、夫は寅吉、妻の私はジャイアンツ愛(笑)。そんな阪神ファンと巨人ファンの可笑しな夫婦の日常も記録したりしています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ムッチャン:「石橋を叩いても渡らない」性格でしたが、ブログを始めて行動力がついた気がします。
気になることがあれば、調べる。行動する。「エイッ」と動いてみる。
そんなことで行動範囲が広がり、友達も増えました。少しは知識と教養も増えたかな?(笑)
そして、ブログを通じて、宮城県大崎市古川の「幸福の黄色い郵便ポスト」にも出会いました。現在は、そこで絵手紙教室をしたり、町興しの手伝いを楽しんでいます。

c0039735_15241768.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ムッチャン:「絵手紙」は手紙なので、一人の相手に送ります。それも素敵なことなのですが…、いろんな人と「幸せや感動を共感する」には、ブログが最高の方法かもしれない!と思うようになりました。
ブログのおかげで、普通の生活では出会えないきっかけやチャンス、新しい出会いなどがたくさんあり、人生が豊かになった気がします。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ムッチャン:見かけは「洋風」、中身は「和風」。
「黙っていると美人なのに…、しゃべりだすともったいない」とよく言われていました(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ムッチャン:会ってみたいブロガーは、『農家の嫁の事件簿』のAKIさん。
農家の実態を写真とかわいいイラストで紹介。大変なことも、さらっと明るい感じで書いてあり、笑えます。いつかお会いして、私も農業体験してみたいです。
実際に会ったブログ仲間は、可愛い絵手紙仲間の「らんらんさん
絵手紙関係で初めて出会った、私以外の若い人! 「こんな美人でかわいい人がいてくれて良かった~」とうれしくなりました(笑)。私に幸福の黄色いポストの存在を教えてくれた恩人です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ムッチャン:スポーツ観戦。野球シーズンが終わると、箱根駅伝に夢中です。
オリンピックの時も夢中になり、毎日「オリンピック絵手紙」を描いて、先生や郵便局のおじさんにポストイン!
それがとっても好評で、毎日、郵便局に展示されてビックリしました。
感動すると、いいものが描けるようです(笑)。今年イチバンの感動絵手紙は「WBC優勝」でした。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ムッチャン:「盲学生短歌集の絵手紙展&朗読会」をすること。
ボランティアで、県の朗読奉仕員をしながら録音図書を作っています。
そこでたまたま手にした「盲学生短歌・秋桜」がとても素晴らしくて感動し、一般の人にも興味を持ってもらうとともに、その感動を一緒に分かち合いたいと思って、絵手紙に描き始めました。
いろんな人がいろんな形で頑張っている社会。小さな喜びや小さな感動の積み重ねを、ともに分かち合える社会になればいいな~、と思っています。絵手紙を通じて、そういう活動をしていきたいですね。

できたら…ジャイアンツの阿部慎之介&坂本勇人選手と握手したいなという願望もあります(笑)。それと、学生の時、物書きになるのが夢だったので、いつか絵手紙コラムを書いてみたいな~なんてことも思っています。

c0039735_15235699.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感&ぬくもりが伝わる絵手紙がすてきですが、絵手紙を描きはじめたきっかけや描く楽しみは? また、自分らしい作品作り、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
ムッチャン:昔から絵や物を描くのが好きでしたが、中学生になり「才能がない」と自覚し、「絵や書は見るもの」と路線変更。
結婚して専業主婦になり、何か習い事でもしてみようかな?…と、2004年2月に「絵手紙」教室に参加しました。本当は日本画か油絵をやりたかったのですが、先生が見つからなかったので絵手紙にしたのですが(苦笑)。
でも、それがよかったのかな。
絵手紙をはじめて、暮らしの中の小さな幸せや小さな感動に、あらためて気づくようになりました。絵手紙には書道のような見本やお手本がなく、絵画のように技法も特になし。絵を描く時は、常に目の前にある本物の花や野菜、人形、風景などです。おかげで、飾らない自分、他人と比較しない自分に出会うことができ、ストレスがなくなりました。
そして、絵手紙を描いた私自身が癒され、幸せな気持ちになれるところが、絵手紙の良さかなと思っています。

ブログにアップするときに心がけていること…、それは、私の描く絵手紙は「人の幸せを願って描く絵手紙」…。つまりブログを見て、「元気が出る」「楽しくなる」「うれしくなる」「ほっとする」、時には「頑張ろう」と思えるような絵手紙の記事になるよう心がけています。
ブログを通じて、そんな「幸せの和(輪)」が広がればいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ムッチャン:毎日の食事の時間を大切にしています。
夫とのオシャベリが一番、ほっとする癒される時間です。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ムッチャン:自分で気に入っている絵手紙…、特に思いつかないのですが、強いて言えば、「元気をもらって元気をポストイン」。(2008年6月30日「絵手紙で応援しよう!にご協力お願いします。」)
宮城県内陸地震の被災地を応援するためにポストカードになりました。
また、「盲学生短歌集」は、言葉に重みがあるようで、じんわり喜ばれているようです。

c0039735_15232715.jpg


読者に一番好評だったポストは…、もちろん「幸福の黄色い郵便ポスト」(2008年4月30日)との出会い。らんらんのブログのおかげで黄色いポストまで絵手紙の投函に行き、女将さん達に出会ったおかげで、絵手紙教室をすることになりました。幸福の縁&輪がこれからさらに広がりました。

ペン描きスケッチの始まりは「仙台の散歩道・勝山酒造&赤い丸ポスト」(2008年5月17日)。丸ポストのある風景で、仙台市民には懐かしがられる場所で好評でした。

絵手紙カレンダーの中では、今年11月の「穏やか日和」(2009年10月26日)。旅行先で買ったふくろうの人形が、主人の両親にそっくり。ちょうど今年、金婚式で2人をイメージした言葉が浮かびました。「結婚っていいものだな~」としみじみ。私たち夫婦も、あと43年がんばりたいなと思いました(笑)。

最後にもう一つ。先日アップした紅葉の絵手紙「支えるつもりが支えられてた」(2009年11月7日)。
いろいろな人への日ごろの感謝の気持ちが、この絵手紙にピッタリでした。ブログをアップすると、「癒される」「ありがとう」などあたたかいコメントをいただくことがあり、とてもうれしいですね。私自身もブログを書くことで、毎日楽しく、健康でいられる気がします。ホント、人のためではなく自分のためになっているんだと思います。いつも、ありがとう。

c0039735_15255270.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ムッチャン:近所に住む「オシャレで辛口コメントの友達」がほしい!
実はオシャレなランチ友達が転勤で遠くに行ってしまって、寂しくて…。
いつまでもキレイでいたいから…そんな友達がほしいこの頃です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ムッチャン:ニューヨークヤンキーズの松井秀樹と、西武入団予定の菊池雄星の来年の活躍。野球が好きなので、とっても気になります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ムッチャン:幸せは、自分で作るもの、見つけるもの、そして感じるものだと思います。毎日の暮らしの中に溢れている、そんな小さな幸せをいっぱい集めて、これからも絵手紙ブログにアップします!
訪問してくださったあなたも、私のブログの中から幸せを見つけて拾ってくださるとうれしいな。
みんなで、「はっぴぃ」になろう。



【ムッチャンが好きなブログ、気になるブログ】

北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~
ブログを始めるキッカケをくれた「ふぅふぅさんご夫妻」。
いつも素敵な絵手紙と言葉に癒されます。そして同じジャイアンツファン。

The stairway to imagination
素敵な写真とコメントにいやされる「hiroさん」。
懐かしい東京の風景が見られてうれしいし、あたたかいコメントに癒されています。

日向ぼっこ♪のんびりしましょ♪
青空の写真が特にあたたかい「チャチャ丸さん」。
どの写真も素敵ですが、特に青空の写真が好きです。我が家と同じ夫婦二人暮しなので、とくに親しみを感じます。

きゅうママの絵手紙の小部屋
絵手紙の姉貴的存在「きゅうママさん」
私の絵手紙歴と違い、経験が長くて豊富なので、とても勉強になり、勇気をもらっています。
そして同じ「表装」もやっています。いつか2人で絵手紙&表装展をやってみたいな。

すまいるポスト
丸ポストをこよなく愛する仲間のブログです。
郵便ポストは普通「赤」ですが…、宮城県大崎市古川の「黄色」・愛知県西尾市の「緑色」があります。あたたかい手紙の文化を守りたい。丸ポストが大好きなブログです。



【ムッチャンのライフログ】

生きることは愛すること

瀬戸内 寂聴 / 講談社


朗読ボランティアで朗読した本の一つです。生きることの大切さを感じ、勇気と希望をもらった本です。

菜根譚 (講談社学術文庫)

洪 自誠 / 講談社


悩んだり落ち込んでいたりした時はもちろん、調子に乗りすぎている時も、勇気をくれたり、心を穏やかにしてくれる不思議な本(人生の教訓)です。

川のささやき~辻井伸行サントリーホールLIVE! [DVD]

エイベックス・エンタテインメント


天才少年ピアニスト・辻井くんの先日のコンサートで、アンコールにひいてくれた曲。本当に素敵でした。
うまく表現できないけれど、お父さんと伸行くん2人で散歩する風景が浮かびます。
また、コンサートで聴きたい曲の一つです。

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン


ミュージシャンでもあるジャック・ブラックが破天荒なロッカー教師を演じるコメディータッチの人間ドラマ。名門小学校にそぐわないニセ教師と小学生たちがロックを通じて交流を深めていく…最後は感動の映画でした。

ムッチャンの「ムッチャンの絵手紙日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-11-11 18:28

c0039735_1554130.jpg日本の秋は北海道から――。天空のキャンパスに、神が彩り描いたかと思えるような、美しい秋色に染まった北海道大雪山。ここから紅葉前線はすでに南下し、北海道は今、イルミネーションがきらめく季節へと移り変わっているようです。
そんな北海道の旬の風景を切り取って、旅のポスターのように編集されたすてきな写真の数々。
器や盛り付けにもこだわった、おしゃれなイタリアンや四季の膳…など、とびきり美味しそうな料理写真にも注目です。どれをとっても、「どこかの広告?パンフレット?」と思えるような画像に、センスのよさが光ります。

そんなおしゃれな香りが漂う一方で、文章は「ダハハ」と笑い飛ばす楽しいノリ。たびたび登場するブログのキャラクター・ウルトラくんやブログレストランにも、ほっと心がゆるむ和み系のブログとしても、読者に人気です。

今週は、日本の四季を美しい写真と編集で楽しませてくれる「P Note」のPontaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Pontaさん:こちらこそ、ここでご紹介いただいて、ありがとうございます。
ブログを始めたきっかけですが、10年ほど前から、日々の出来事や感じた事を友達などに送るメールマガジンのようなものをやっていたのですが、ブログのほうが楽しそうだなと思って、2年くらい前にエキサイトさんで「Ponta Life」というブログを始めました。その後、別の場所でHPを立ち上げたのですが、運営上の制限が多かったりしてエキサイトさんに戻ってきました。やはり、エキサイトさんは使いやすいですね。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Pontaさん:あっしがノートに綴っているのは、主に5つです。移りゆく季節の中で、住んでいる札幌や北海道の今をお伝えする「見ごろ」、北海道の旬や美味しいものをご紹介する「食べごろ」。ブログのメインキャラクター、我が家のウルトラマンの生活を描く「ウルトラ日記」、シェフ・ウルトラが作るイタリアンや和食を楽しむ「ウルトラクッキング」。そして、あっしがオーナーの店で、マスターとの会話を楽しむブログの中のレストラン「Lent Placide」です。
ぶっちゃけたところ、ウルトラも店のマスターも、あっしが一人三役やっています。お立ち寄りいただいた方が、少しだけホッとできるようなブログにしたいと思っていますが、無理かな…(笑)。

c0039735_1591231.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
Pontaさん:ブログを通して沢山の人と知り合う事ができたのが一番ですね。メールで励ましていただいたり、ブログフレンドのtardyさんとは最近バーベキューをしたりと、ホンマに楽しいですし、ありがたいですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Pontaさん:人には凝り性とか変人なんて言われるのですが、遊びとお酒が好きな普通のオヤジですよ(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Pontaさん:リンクしているブログフレンドの方とは、旅行がてら全員の方と会ってみたいですね。特に女性の方とは、なんて、ダハハ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Pontaさん:昔はバンドを組んだりテニスにハマったりしましたが、今はカメラですね。難しいけれど楽しくて、一生続けていくと思いますね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Pontaさん:実は、今週のピックアップブロガーになるのが夢でした。
でも、実現できたので、そうですね~、ブログの中のレストラン「Lent Placide」を実際にオープンしたいですね。ブログフレンドの皆さんと料理や会話を楽しんだり、できれば東京にも支店を出したいですね、なんて、ダハハ(笑)。

c0039735_1564669.jpg


エキサイトブログ編集部:ポスターのような旅の写真、美味しそうな料理の写真など、素敵に編集された写真が魅力ですが、Pontaさんにとって写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることや記事アップの際のこだわりなどがあれば…。
Pontaさん:北海道の東川町で毎年夏に開催されている「写真甲子園」という大会がありまして、全国の高校の写真部の中から予選を勝ち抜いた代表が写真の腕を競う大会なのですが、高校生が写真に真剣に立ち向かう姿をテレビで見て感動しましてね、それで写真を始めました。
でも、カメラを買ったのはいいけれど、ブログにアップするにしても、しょせんは素人写真。少しでも見栄えが良くなるように、文字を入れるなど画像を編集するようになりました。

写真は、イメージどおりに撮れた時はホンマに嬉しいのですが、そんなことは年に一度か二度ですね。ぬくもりがあって、ずっと見続ける事ができる写真を撮りたいのですが、ま、写真を続けること自体が楽しみです。
それと、画像の編集は、昔からポスターや雑誌を見るのが好きなので、ポスターや雑誌の広告のようにしてみたり、CDや屏風もどきなんてのもやってますが、写真も画像編集も、もう少しレベルアップしたいですね。でも、なにせ普通のサラリーマンが独学でやってますよって、ま、ボチボチと楽しみながら続けていこうと思っています。

c0039735_1585263.jpg


エキサイトブログ編集部:美味しそうなおうちイタリアンや季節の膳などは、すべてご自身で作られていらっしゃるのですか? 料理を作る楽しみは?
Pontaさん:あれは、ホンマにウルトラが作っているんですよ。なんて、ダハハ(笑)。
料理は、学生時代にレストランの厨房でアルバイトして以来ずっと楽しんでいて、昨年の6月に退職してからは毎日作ってましたが、今年の10月に再就職したので、これからは、休みの日が中心になりますね。作っているときは、嫌な事を忘れてリフレッシュできるし、手を使うので頭も活性化するような気がします。世の男性には、もっと料理を楽しんで欲しいですね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Pontaさん:仕事もカメラも料理も楽しくやるようにしています。楽しく取り組めば充実するし、それなりの結果も付いてくると思います。達成感を感じることができれば最高ですね。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
Pontaさん:●2009年10月27日 「も一つ お家でイタリアン
ウルトラクッキングは、美味しかったものだけをブログアップしていますが、この日のアクアパッツァはホンマに絶品でした。

●2009年9月6日 「南国の楽園へ2009 癒しの島04
宮古島ツアーの第4弾ですが、宮古島の海はホンマにキレイ。もう一度、ゆっくりと行きたいですね。

●2009年8月25日 「北の国からへ2009 晩夏01
純君の語りで始まる富良野・美瑛ツアーです。この第1弾と最後の第5弾はエキサイトさんの「さんぽ」にも選んでいただいて、嬉しかったですね。

●2009年7月21日 「べんべや
お勧めの札幌スウィーツは沢山ありますが、ここ「べんべや」さんはホンマに美味しいですね。ブログへの検索キーワードが一番多いのも「べんべや」です。
c0039735_15363294.jpg


●2009年6月1日 「ウルトラマヨネーズ
画像は一枚だけなんですが、ウルトラの廻りの文字を書くのに苦労しました。出来上がった時はホンマに嬉しかったですね。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
pontaさん:一ヶ月くらい休みを取って、モルジブでのんびりしながら写真を撮りたいですね。なんて、再就職したばかりなのに、怒られますね。ダハハ。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pontaさん:野球の日本シリーズです。北海道は冬に入って寒いし、景気も良くないですから、日本ハムファイターズにぜひとも勝ってもらって、道民を元気づけて欲しいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pontaさん:ブログフレンドの皆さんのところには、コメントは残せなくても、できるだけ遊びにいっております。そして、いつも遊びに来てくださる方には心から感謝しております。また、初めての方も気軽にコメントを残していただけると嬉しいです。皆さん、これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【Pontaさんが好きなブログ、気になるブログ】

ブログフレンドの皆さん全員をご紹介できないのが残念ですが…。

◆『こねこをかいはじめたの
Jazzbudさんが選んだステキな曲を聞きながら、いつも楽しませていただいております。ニャンコのタマ君のあんよには、癒されますよ。

◆『mint choco な気分・・・
お付き合いが一番長いブログフレンドで、笑いに人生を捧げた女性、Kagomeさんのブログです。遊びにいくたびに大笑いできますよ。

◆『はなうた日和
一度お会いしたいと思っているNaonuvolaさん。とても可愛くて、優しい気持ちになれるブログですよ。

◆『彩日和
ステキな写真が満載のTibisukeさんのブログ。ニャンコ劇場は、思わず微笑んじゃいますよ。

◆『Tolliano Rive Droite
ご存知の方も多いはず。あっしにとっては、師匠のようなTollianoさん。いつも刺激とやる気をいただいております。ベベリン選手の将来が楽しみですね。

ご紹介できなかったブログフレンドの皆さん、ホンマにごめんなさいね。



【Pontaさんのライフログ】

CHEF’S NOTE シェフズ・ノート

エイチエス


札幌の美味しいお店が紹介されている本です。料理の写真を撮る時は、この本のクリアーでキレイな写真を目標にしています。

Rakuen―三好和義写真集 (写楽Books)

三好 和義 / 小学館


尊敬している三好和義さんの写真集です。この写真集の25枚目と58枚目のような写真が撮れたら、死んでもいいですね。

Season's Greetings

山下達郎 / ワーナーミュージック・ジャパン


ラストは、大好きな山下達郎さん。札幌でのコンサートには何があっても必ず行っています。クリスマスの時期は、このCDが最高ですね。

Pontaさんの「P Note」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-11-04 18:22