今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_1338244.jpg冬の寒さの中で可憐に咲くスミレの花やかわいい姿を見せてくれる椿の花。春になれば、明るい日差しを浴びてパンジーやひなげしが咲き、夏には太陽の似合う花が、秋には色とりどりの葉をつける草木や秋色の花々が咲きほこる美しい庭…。周辺の散歩道にも心を和ませてくれる自然の植物がいっぱい。
そんな季節ごとに移り変わる庭のある暮らしを楽しみながら、心をこめて育てた四季折々に咲く草花を繊細なタッチで描いたイラストがとても魅力的です。
見ているだけで、心がほっと癒され、「こんなキレイな草花に囲まれた生活ができたら、心にゆとりがもてそう♪」と読者にやさしい余韻を残してくれます。

今週は素敵なイラストと女性らしい感性豊かな文章で、季節の便りを届けてくれるブログ、「庭@千草」のabe-mayuさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
abe-mayuさん: ピックアップブロガーに取り上げていただきありがとうございます。
きっかけは仕事以外に描いていた絵と文章があって、HPを作る手始めに簡単なブログから始めてみました。アナログの私でも1日で出来ました。実はエキサイトには去年の9月に引っ越してきたんです。スキンがカスタマイズできて広告が入らないこと、コメントが文字化けしないこと、海外の友達にも見てもらえるので気に入っています。記事は引っ越せたけど以前のコメントは移せなかったので、それがちょっと残念です。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
abe-mayuさん:イラストレーターをしているので仕事では様々な絵を描きます。その中で一番気持ちをこめて描くことができるのが植物の絵でした。庭のある家に引っ越してから自分で植物を育ててみると、今の美しさを描き留めたい!!って思う瞬間があるんです。そんな気持ちでつづった庭の記録です。
とても小さな庭なので近くの公園やご近所で見かけた草花の話をしています。展覧会や仕事で手がけた書籍の情報も時々入れています。遠くに住む友達に手紙を書くような気持ちで作っているブログです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
abe-mayuさん:テーマをもって暮らしているとささいな事ですが日々気づくことがあります。絵を1枚描くと次に描きたい絵が浮かんでくるから不思議。ブログで知って展覧会に来てくださった方もいました。嬉しかったです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
abe-mayuさん:マイペースだと思います。植物の変化はすぐ気がつくのに、周りの人には気が利かずに失敗も多々あります。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
abe-mayuさん:会ってみたいと言うよりブログスタッフの方にお願いなのですが、カテゴリーにガーデンや園芸を加えていただきたいです。植物好きの人に見ていただきたいので。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
abe-mayuさん:最近「イタリア古典技法の額作り」の教室に通っています。古典技法と言うのはテンペラと似た技法です。彫刻刀で彫ったり粘土をつけたり金箔を貼ったり、絵を描くのとは違う楽しさがあります。作った額はブログのカテゴリExhibitionでご覧頂けます。

c0039735_11373729.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
abe-mayuさん:植物を描くことはライフワークになりました。絵本作家で庭作りに心を注いでいたターシャ・テューダーさんのように、とはいかなくても今より広い庭のある家で花を育てて絵を描きたいです。

エキサイトブログ編集部:季節を感じるイラストが素敵ですが、イラストを描き始めたきっかけや描く楽しさといえば?また、自分らしいイラストを描くことや記事アップの際に心がけていることなどがあれば?
abe-mayuさん:学生のときはデザインの勉強をしていましたが、もともと好きだった絵を描きためて出版社やデザイン事務所へ売り込みに行ってみたら、少しずつ仕事が増えてゆきました。イラストレーターを25年しています。始めた頃はこんなに長く続けられるとは思いませんでした。
10年くらい経った頃、ようやく「私は絵が好き」って心から思うようになりました。良い絵を描くにはよく見ることと心で感じることが大切なんだってやっと気づきました。気づくのが遅すぎますね。

描くのは植物や食べ物の絵が多いですね。ブログ内のBookに手がけた書籍を載せました。興味があったら見てください。絵は透明水彩で描いています。 1枚描くのに3日ぐらい、絵によっては2週間かかったものもあります。花を手元において見ながら描いています。そのうち花が咲き終わってしまって、続きは来年という絵もたくさんあります。実物を見て描くと視覚以外の五感がはたらくと言うか、一度自分のからだの中に花を取り込んで筆先から出す感覚です。

イラストレーターの仕事は3、4ヶ月先や半年先の絵を描かなくてはいけません。汗をかきながらクリスマスの絵を描いたりします。実際の季節と頭の中の季節がいつもずれていて、それがいやだなぁってずっと思っていました。ですからブログの絵は今の季節を感じて、実物を見て描く事を自分で決めています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
abe-mayuさん:仕事で頭が疲れると庭に出て花の手入れをします。今は冬なので庭仕事はほとんどありませんけど、仕事以外に好きで絵を描いているなんて信じられないってイラストレーター仲間に言われます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
abe-mayuさん:・「七変化つばき」 2008-01-05 
庭の椿を少しずつかきました。ちょうど今の季節の絵なので選びました。

・「Wild Strawberries」 2008-05-23
c0039735_113481.jpg

朝に収穫した苺の絵を午前中に描いてアップしたら午後にはコメントが届きました。下の苺の絵は前の年に描きかけて途中でした。2年越しでようやく完成しました。

・「だれの仕業」 2008-05-21
虫食いの葉っぱの絵、仕事ではきれいで元気な絵を望まれるのでなかなか描けない絵です。ガーデニングをしているとこういう絵のほうがリアリティーがあります。

c0039735_11293913.jpg・「雪の日の金柑ケーキ」 2008-02-08
雪の日にケーキを焼き絵も描いてスピーディにアップした記事です。ケーキを食べるのは絵を描き終わるまでおあずけでした。

・「9月のプルンパーゴ」 2008-9-07
エキサイトに引っ越した最初の記事です。イギリス、ドイツ、アメリカに住む友達からコメントが届いて嬉しかったです。

・「Merry Christmas 2008」 2008-12-24
プレゼントにいただいたステキな物を絵にしました。偶然クリスマスカラーでまとまりかわいい絵になったと思います。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
abe-mayuさん:自由業ですが、意外に長い休みをとるって難しいんです。3日休みがあれば今は温泉に行きたい。雪を見ながら美味しい物食べてのんびりしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
abe-mayuさん:ニュースではありませんが最近話題の白いイチゴを食べてみたいです。赤いイチゴと味の違いを知りたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
abe-mayuさん:絵を描く時間が必要なので月に2、3回の更新で精一杯ですが、お付合いください。コメントをいただくと絵を描く力が湧いてきます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【abe-mayuさんが好きなブログ、気になるブログ】

ブログ デザインの現場
暮らしの中にある美しいデザインが気になります。この間も100 円のガムのパッケージが美しくて見入ってしまいました。これって誰がデザインしたんだろう?そんな疑問に答えてくれるサイトです。

他にも好きなブログはいくつかあるのですが、交流している友達のブログを紹介します。

Mami McGuinnessのブログ
ロンドン在住で編集&ライターをしている真美さんのイギリスだよりです。アートや暮らしもちろん花の情報もあります。写真がとっても美しい、ロンドンで暮らしいている気分にさせてくれるサイトです。

チントコタ日記
ネコと暮らすほのぼのとした日常が心を和ませてくれます。嫌な事があった日の夜は「チントコタ」を見るとイライラが収まる私にとって毎日の安定剤です。

Works
出来上がった作品をブログで公開してくれます。新しい作品を見るたび、あぁ私もがんばらなきゃと思わせてくれるサイトです。

めたぼっちのブログ
痩せるっていいながら美味しい物ばかり食べている記録。本や演劇の話もあって文学のかおりがします。体重計で測った数値を公表しているのは尊敬します。



【abe-mayuさんのライフログ】

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(1981年録音)

グールド(グレン) / SMJ(SME)(M)


静かなピアノで始まる曲を聞いていると、いつの間にか輝く森の中を歩いている気分にさせてくれます。心を鎮めたい時に聞きます。

The Best of Chet Baker Sings

Chet Baker / Pacific Jazz


ソフトなボーカルと優しいピアノの調べ、一息つきたい午後のお茶の時間にぴったり。

ボーン・トゥ・ビー・ブルー

ベヴァリー・ケニー / MCAビクター


色っぽいかわいらしい歌声が好きです。今度産まれてくるときはこういう女性になりたいです。


abe-mayuさんの「庭@千草」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-01-28 18:44

c0039735_1125435.jpgプロのパン職人が焼き上げたかと思えるほど、みごとでかっこいい、自家製天然酵母で焼いた手作りバケット。斜めに入った切り目“クープ”がきれいに開くことにこだわり、毎日毎日焼き上げるその情熱は、ブログを通して、多くの読者ファンを感動させてくれます。
質感や手触りまで伝わってくるような迫力あるバケット写真はもちろん、おいしそう~♪とうなってしまうスイーツや料理写真、やさしい時間が流れるような家族の癒しの写真にも注目。同じようにハードパン作りに励む読者はもちろん、まったくパン作りとは無縁の読者にも人気のブログとして知られています。関西弁で語る口調はとてもユニークで男っぽくて爽快。
今週は、そんな“クープ”に命をかける熱い女性。ブログではvivianさんの名で親しまれている、『coupe-feti』のcarlos_vivianさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
vivianさん:いつもお世話になっております。この度、ワタクシ如きが『今週のピックアップブロガー』として取り上げて頂くのは誠に恐れ多い事ですが、プロフィールの『by carlos_vivian』の後にマイクマークが付くのがエキサイトブロガーとしてのワタシの憧れでしたので、恥を忍んで出て参りました(笑)。

さて、ブログをはじめたきっかけですが…もともとパンやお菓子を作るのが好きな性質でして、様々な料理ブログを見ているうちに、自分でもできるのではないか?と某SNS(ミクシィ)でその日作ったパンなどを写真に撮り、日記として残していました。そして沢山の方々が見に来てくださるようになったのですが、限られた操作やスキンの中で自分が撮った写真を表現しなければいけないという事がちょっと窮屈になってきました。もっと自由に、自分らしく表現することができ、さらに操作性や機能面などを考慮した結果、エキサイトブログさんで始めようと思ったんです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
vivianさん:自家製天然酵母などで毎日趣味でパンを焼いております。焼くのは主に『バゲット』。クープの為に命を削る、自称『バゲット専門似非パン職人』。そんなパンおたくなワタクシが綴る、日々精進の記録です。
パンだけではなく、時々料理やお菓子も作ります。またネタが無くなると、家族をも晒してネタにします(笑)。

ブログをアップすると、必ず常時約30人程のコメンテーターの皆さんから、愛のコメントを頂きます。このコメンテーターの皆さんが、またいい人ばかりでして…。腹を抱えて笑うほどの面白い突っ込みコメントや、涙チョチョ切れる励ましのコメント、為になる情報コメント。この愛のコメント無しでは『coupe-feti』は成り立ちません。ぜひブログの記事のみならず、皆様から頂くコメント欄の隅から隅までをご覧頂きたいと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
vivianさん:世の中にはワタシと同じ様に『クープ、クープ』とハードパンを焼く事に精進しておられる方が沢山いらっしゃいます。そんな方々と出来上がりのパンの写真を見て、コメントやメールで質問や意見をお話させて頂く機会があったり、以前から羨望の眼差しで拝見させて頂いている、憧れのブロガーさんからワタシのブログへコメントを頂いたり。日本のみならず遠い国の方々とでも、同じ趣味の話題で盛り上がる事ができるのは、やはりブログならではと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
vivianさん:貧乏暇無しのおっさん。
なんせじっとしていられない性格。暇があったら捏ねてます(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
vivianさん:『coupe-feti』のコメンテーターの方々と酒を酌み交わしながら、クープについて語りたいです…酒はあまり飲めませんが(笑)。

c0039735_11264451.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
vivianさん:好きな事、ハマっていること、明けても暮れても『クープ、クープ』です(笑)。あとは最近はクロワッサンを作る事にハマってます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
vivianさん:ズバリ、『レシピ本出版でガッポリ印税生活!』…と言いたい所ですが、レシピ本を出せるほどのレシピがありません(笑)。
なので今年は少しでも自分のパンのレシピというものが作って行けたら…と思っております。その後印税がガッポリ入れば家族でハワイに住んで、パン屋でもします(笑)。

エキサイトブログ編集部:質感が伝わる天然酵母バゲットに魅了されますが、パン作りに夢中になったきっかけや作る楽しみは? また、自分らしい写真、記事アップの際に心がけていることなどがあれば…。
vivianさん:『coupe-feti』(クープ・フェチ)の『クープ』とはバゲット等に入っている、斜めの切り目の事なのですが、これがとっても難しい。家でパン焼きをする人間が最後にド壷にハマるのが、この『クープ』なんです。クープがパカっと開いた時の快感(笑)これがやめられないのでパンを作っているようなものです。

パン作りを始めたのは4年前。はじめは惣菜パンや菓子パンなどを焼いていたのですが、ある日興味本位でバゲットを焼いてみたら…クープどころか、全くの別物が。。。悔しさのあまり次の日も焼いてみたらまた撃沈。それから毎日バゲットを焼きました。途中、挫折してバゲット焼きを封印していた時期もありますが(笑)。2年程かかって、なんとかクープが開き始めました。
それからはドライイートだけでなく、ホシノ天然酵母や自家製酵母等を使ってよりおいしくカッコいいバゲットが作れるようにと、クープに拘り、『カッコ良くて美味しいパン』を目指して日々精進しております!

そして、苦労して作った作品は格好良く写真に収めたいもの。ブログを訪れて下さる皆さんが、画面をみてヨダレが出る程の美味しそうなパンやお菓子の写真が撮れるように、試行錯誤して撮っています。
文章は基本的に自分が話している言葉、そのまんま書いています。いつも関西弁コテコテでごめんなさい(笑)。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
vivianさん:生活の中で大切にしている時間は、朝起きて、まだ家族が起きて来る前の、自分一人になる時間。この間にパンを仕込み、写真の整理やブログの更新など、盛り沢山に活動しております。子供達が起きると身動きが取れなくなるので…(笑)。
癒される瞬間は、息子に乳をやっている時。乳を飲む息子の顔を見ていると癒されます。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
vivianさん:★気に入ってる記事
2008-12-23 「クープジャンキー
ある日突然クープが開かなくなり、スランプが続いた後、やっとバゲットが焼けた時の記事。この日ワタシはオーブンの前で男泣きしました。

c0039735_11163820.jpg


2008-10-29 「バムとケロのおたんじょうびケエキ
娘が3歳になる誕生日に作ったケーキ。バムケロ好きな娘がとても喜んでくれました。

2008-07-03 「ゾンザイな二世誕生!
息子の出産時、ワタシの代わりに夫Carlosが代理で書いてくれた記事。この記事を読むとあの時の出産の感動が蘇ります。。

2008-05-28 「SAW BENTO
キャラ弁にハマっていた頃の前代未聞のホラーキャラ弁。『素晴らしい』『怖い』賛否両論あった思い出のキャラ弁。

★好評だった記事
c0039735_11272734.jpg2009-01-02 「おせち
初めて今年、おせちというモノを作りました。面倒くさかったですが、作って良かったです。沢山の方からお褒めのお言葉を頂きました。

2008-12-15 「何を待たしてもったいつけとるねん!円高還元歳末スペシャル!
大事なお友達のおもてなしとして、前菜からデザートまで全て作った力作。この記事でパンのプレゼント企画をしたのですが沢山の方々にご応募して頂きました。

2008-05-22 「ハクションべんとう
キャラ弁にハマっていた頃の、ワタシのキャラ弁最高傑作。昭和のキャラ弁ばかり作っていましたが、アラフォー世代にはバカ受けでした。

2008-04-23 「黒と赤のケエキ
赤と黒が好きな、夫Carlosの誕生日に作ったケーキ。『どうやって作ったのか?!』というお問い合わせが沢山ありました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
vivianさん:家庭用プロフェッショナルオーブン『プティ・バッケン』の赤バッケンと、赤バッケンが置ける広いキッチン。それに伴う、広いお家(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
vivianさん:オバマ氏大統領就任。
英語が分からないワタシですら、オバマ氏の就任演説を聞いていると何故か感動しました。
米国経済の立ち直り とともに、日本経済にも好影響を与えて頂きたいと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
vivianさん:いつもご訪問ありがとうございます。また、レギュラーコメンテーターの方には、いつもお世話になっております。
ワタシが日々気ままにブログを更新できるのも、この『coupe-feti』を応援してくださっている皆様のおかげです。おっちゃんがんばるでぇ~!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【vivianさんが好きなブログ、気になるブログ】

broad beans』  
この方もほぼ毎日バゲットを焼いてらっしゃるパンおたく。バゲットのみならず、その他のパンやケーキ料理等・・・マルチにこなせる、ワタクシのライバル(笑)『そらママ。さん』ブログ。

タマごはん』  
ワタシがブログを始めた当初からのお友達。焼くパンも写真もカッコ良く、実際お会いしてもオシャレでお美しい方なのだが、写真と文章とのギャップがツボ(笑)ルヴァンリキッドの魔術師!『タマ子さん』のブログ。

Baking Diary』 
ワタシが羨望の眼差しでいつも見ていたブログ。この方が焼かれるパンはどれも素晴らしく、ハイレベルな作品ばかり。ワタシをいつも癒して下さる『assamさん』のブログ。

うちの食卓』  
最初に写真を拝見した時は、あまりの美しさに感動しました。そして今でも私のバイブル!料理ブログをされている方なら、誰でも憧れの『t-fortunatiさん』のブログ。

今夜もeat it
プロカメラマン『moonisupさん』のブログ。いつも料理写真の勉強をさせて頂いております!



【vivianさんのライフログ】

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

東宝



普段は華麗なるスターの表面だけを見て羨む事が多いのですが、その裏側を描いた一人の女性の切なく哀しい、波乱万丈の人生を描いた映画。
ピアフの唄は壮絶な生き方そのものを歌い上げている気がします。ピアフを真似る事は出来ないけれど、彼女の命を懸けた自己表現や感情表現。同じ女性として、自分が何かを表現する時少しでも近づきたい。そう思いました。

vivianさんの「coupe-feti」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-01-21 15:22

c0039735_11433181.jpgふだん目にしているような風景でも、角度や見方を変えてみると、ぜんぜん違う世界が広がることがあります。そんな感性ゆたかな視線で切り撮った写真に、五感に響くようなことばをつづった“写真とことばのコラボレーション”が、独特の不思議な風景を生み出し、読者の心にさまざまな思いをもたらせてくれます。
「なるほど!」「それは素敵♪」「そっか~」と感心させられたり、感動をおぼえる読者ファンも多いはず。
木に描いたコラージュ風の絵も味わい深く、見る人の心を癒してくれます。
ときにはロマンチックに、ときには刺激的に、ときにはピュアに、その感性はとてもしなやか。今週は、そんな独自の風景を作り出し、視点を変えてみることの新鮮さを教えてくれる「わがまま風景」のmoon-ponさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
moon-ponさん:「ひとは皆、表現するために生きている」と思っています。ブログというものの存在を知った時、私もしてみたいと思いました。
それまで写真と言えば、家族の記録を撮るくらいで、風景などは撮ったことがありませんでした。1週間に1回でも、1か月に1回の更新でもいいと思ったのです。更新頻度も被写体も、すべて気まま、何の計画もないまま、とりあえずスタートしました。
でも始めてみると、ブログってほんとに楽しくて楽しくて・・・。エキサイトさんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介しださい。
moon-ponさん:タイトルの通り、気ままに撮った写真とことばを載せています。
誰かがそれを見たり読んだりして、
こころがふっと動いたり、
あれって首を傾げたり、
ふ~んって思ったり、
うふふって笑ったり、
何か感じてくれたらうれしいな…。
そして私の描いた絵も載せることがあります。
これは私が創りだした、ある風景とも言えますね。

c0039735_11485829.jpg

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
moon-ponさん:この世界には、素敵なひと・ことが想像以上にいっぱい存在するということ。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
moon-ponさん:「いつでも遊びに来てね。ゆっくりどうぞ。」
そう言える私の部屋です。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
moon-ponさん:あわてんぼうのロマンティスト…かな。
娘に言わせると「不思議なひと」ですって。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
moon-ponさん:みなさんにお逢いしたいです。でも、どんな方か想像をめぐらすのもブログの楽しみでしょうか。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
moon-ponさん:好きなものは、花。特に好きなのは、ラベンダーです。
家の周りをラベンダーでいっぱいにして「ラベンダーのおうち」って呼ばれたい。

エキサイトブログ編集部:夢は?
moon-ponさん:いつか絵本を作りたいです。写真とことばの本なども作れたらいいですね。

エキサイトブログ編集部:オリジナル感あふれる味わい深い絵と、写真とともにつづる詩的な言葉が心に響きますが、絵を描く楽しみ、写真&言葉のコラボを考える楽しみは? また、自分らしい作品づくり&記事アップの際に心がけていることなどがあれば…
moon-ponさん:私の「ちいさな絵」は、たてよこ17.5センチの木でできています。そこに丸くちぎった紙をコラージュし、アクリル絵の具やパステルを重ねていきます。その制作工程すべてが好きです。コラージュによって思いがけない効果が出るのも面白いし、何回も重ねていくのも楽しい…。お気に入りの雑誌のページをまるくちぎっていくのも。
美大時代は、染色デザインを専攻していました。卒業後東京のインテリアメーカーに就職し、約2年後に金沢へ。それからやきものを始め、新聞紙を重ねて貼りつけてベースを作り、そこにコラージュしたり絵を描いたりするようになりました。そして木と出会い、今のかたちになってきたのは、7~8年ほど前のことでしょうか。
染色用のぼかし刷毛を使ったり、インテリアとしての要素も考えたり、これまで携わってきたことがすべて絵に表れていることを感じます。

写真とことばについては、まず写真があって、後でことばをつけることがほとんどです。撮った写真のイメージに合わせて、ことばを並べて遊んでいます。泣き虫の私は、雨とか濡れているものを見ると泣いているように思えたりして、ぐっと感情移入してしまいます。

c0039735_1658738.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
moon-ponさん:切り替えかな。仕事の時、絵を描く時、子どもと接する時、それぞれの時間を楽しむことでしょうか。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
moon-ponさん:♥2006.1.24「方向
どこがどこ?上?下?迷いそうな不思議空間に思えるところが気に入っています。

♥2007.2.9「みずあそび
水彩絵の具で楽しそうに描いたのは、当時4歳の息子です。彼との制作タイムは私の楽しみのひとつ♪
c0039735_16565651.jpg


♥2007.2.15「スクリーン
写真って、その時の自分自身が反映しますよね。

♥2007.3.28「続いていく
ここ、私のお気に入りの場所なのです。

♥2007.11.4「おりがみのいえ
これも息子の作品です。ブログにアップすると彼はけっこう喜んでくれます。

♥2007.12.11「ILLUTION
ろうでできた薄い花びらです。虚構の世界にも真実が存在する・・・。
c0039735_1201683.jpg

♥2008.2.9「あめふり
このことば、好き。書いてから、あ、ほんとにそうだ!って自分でもナットク・・・。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
moon-ponさん:旅行かな。海外にはもう何年も行っていません。スペイン、アラスカ、ギリシャ・・・どこがいいかな~。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
moon-ponさん:ニュースとは言えないかもしれないけど、環境破壊のこと。
もう何年も海外旅行をしていませんが、これまでエジプト、インド、ケニア、タヒチ、アメリカなどいろいろなところへ行くことができました。地球はほんとうに美しい星・・・。
あれから10年以上の年月が流れ、その変化を知ると、たまらない気持ちになります。この美しい星をどうしたら大切にできるのでしょう。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
moon-ponさん:いつも見てくださって、ほんとうにありがとうございます。
見てくださる方がいるから、続けることができる。生きることができる。
感謝の気持ちでいっぱいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_1139853.jpg



【moon-ponさんが好きなブログ、気になるブログ】

portagioie 
izolaさんの旅やホテル紹介は、まさに宝石箱のような夢の世界!
彼女のすばらしいセンスにいつもうっとり。

一花一葉byアツシ
彼の活ける花、そして添えられる文章に、いつもはっとさせられます。
そして深く考えさせられます。

kazesan’s gallery
「風の吹くままカメラマン」のギャラリーです。
ああ、ほんとうの写真だと思う。

好きな写真と旅とビールと   
私も、写真も旅もビールも大好き♪ 
ポリシーのある美しさ、しなやかな強さを感じるブログ。

ミケタンと僕の日記part2 
愛と人情に溢れた五郎さんの精力的なカメラ日記。



【moon-ponさんのライフログ】

好きな本、ずっと宝物の本は、

星の王子さま―オリジナル版

サン=テグジュペリ / 岩波書店


大人になりきれない私のための本。

いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)

中川 李枝子 / 福音館書店


子どもの時に読んで大好きだった本を、また子どもといっしょに読めることの幸せ。

スーホの白い馬―モンゴル民話 (日本傑作絵本シリーズ)

大塚 勇三 / 福音館書店


いつ読んでも、何度読んでも涙が出てくる・・・。哀しいけれど好き。

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))

佐野 洋子 / 講談社


強烈で感動的なストーリー。佐野洋子さんのイラストも最高。

クレーの絵本

パウル・クレー / 講談社


大好きな谷川俊太郎氏と大好きなクレーの絵のコラボ。

moon-ponさんの「わがまま風景」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-01-13 10:29

c0039735_11235482.jpg凍てつくような寒さが作り出す、真っ白い雪原や霧氷をかぶったカラマツのなんと美しいこと…。息をのむほど荘厳な美しさが際立って見える、そんな冬の風景をはじめ、色とりどりの秋の紅葉、元気が出るような夏の青空、やさしい日差しを浴びた春の山桜など。
「私の見ている風景をあなたに届けたい!」という思いをこめて、四季折々の東北の自然を切り撮った写真の数々に、たくさんの読者が心癒されているはず。
2009年の年初めもパワフルな行動力で氷点下の中へ出かけ、真っ白き世界へ誘ってくれる、「小さな手紙」のkeikono2さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
keikono2さん:こちらこそ!いつもお世話になっております。
ちょうど写真を撮り始めた頃…遠方に住む友人や仲間たちの閲覧のつもりで始めました。それまでは回覧するのにログイン・パスワードが必要なアルバムを利用していましたがログインせずとも見られて便利ということで始めました。ネットで所属している「お散歩デジカメ」なる写真サークルの仲間の紹介もあってexciteさんを利用させていただいております。

エキサイトブログ編集部:改めて、ご自身のブログを紹介してください。
keikono2さん:ほぼ99%写真投稿なのですが、「写真ブログのよーで写真ブログで無い!」と本人(ワタクシ^^;)は未だに言い張っております(笑)。それは、私自身が写真に関しては素人ですし、ボケボケのブレブレでも自分で好きだと思うものはアップしてしまうから。写真の発表会ではなく(ですので、当初は写真仲間にはヒミツにしてたのですが、いつの間にかバレてしまってました~ネットって怖い…笑)、私が見ている世界を皆さんと一緒に共有できたら・・・と思っているのです。
どう見せようかということよりも、いつも感情優先モード。なので、ジャンルを問わず、風景をメインに、人・我家の猫’s・イベント・・いろんなものが被写体となります^^ 

タイトルの『小さな手紙』は、私の絵手紙のようなもの。(絵が書けないので写真で代行・笑)その写真に、自分が感じたことを小さな言葉に乗せて表現してみようかと。写真に付けるタイトルや一行詩のようなもの(?!)に、案外頭を悩ませているのですが、読者の皆さんにはmoreで開く撮影秘話(私のドジぶり報告)の方を楽しんでもらっているようです(・・;) 
どのように楽しんでもらっても私は嬉しいです。自然は豊かで、こんなに美しい~!と、お伝えできればとても幸せだし、来訪してくださる皆さんが、ほんのひとときでもその世界に触れ、心が安まるときを作っていただければ、と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
keikono2さん: ひとことで言うと、日本中・・・いや海外までも、いろんな地に住む仲間ができました~。(これは大きいです。老後は、知り合いのブロガーさんを頼って旅ができる!へへへ・・・)
また、性別や年齢もこえて知り合えたたくさんの方々から頂くコメントによって、自分自身が励まされたり勇気づけられたりしてきました。
ブログは、あくまで個人の日記という位置づけに他なりませんが、私が発信したメッセージ(思い)を、どこからか、その関係者が読んでくださり、「ありがとう」という言葉をかけてくださったときは本当に嬉しかったです。(紙の日記じゃ、こうはいきませんものね)
「日記」だけど一方通行じゃない・・・というのは凄いことですね。
それに、わからないことや疑問に思っていることを書くと、誰かがすーっと教えてくれます(笑)。あと、ブログを見てもらった方から写真の依頼も。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
keikono2さん:おもろい人。
写真から受けるイメージやCapと、本人のギャップが大きい・・・と、よく言われますが(失敬なっ)、“人生、楽しんでなんぼ”と考えているので、私の周りは笑いが絶えません。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
keikono2さん:「ゆく河の流れは・・・」のlagopus55さん!なんたって、私がブログ開設最中にコメント書き込んでくださった貴重なコメント第一号者でありますから~。しばらく更新が途絶えていたのですが、彼のコメントには笑いのエッセンスがいっぱい。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
keikono2さん:我家の猫’sの調教!(笑) 先住猫のhanaとは、アイコンタクトで通じ合う仲になりましたが、弟(血縁関係は無い)の拓が甘えん坊のいたずら坊主。紐を加えてきては「遊べ!」と指図される毎日です^^ やれやれ・・・

エキサイトブログ編集部:夢は?
keikono2さん:いつか自分の撮った写真を撮りためて、一冊のアルバムを作ってみたいです^^;
そして、お世話になった方々に強引に配る!(爆)

c0039735_15162911.jpg

エキサイトブログ編集部:四季折々の自然の美しさが伝わる写真に癒されますが、keikono2さんにとって写真を好きになったきっかけや写真を撮る楽しみは? また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることなどがあれば…。
keikono2さん:ありがとうございます。写真を好きになったキッカケ?ん~、よくわかりませんが、旅先の紅葉をインスタントカメラで撮ったものが、あまりに現実のものと違うので始めてカメラ(デジカメ)というものを買いました。旅先でのスナップや友人たちを撮っていましたが、いつしか一眼レフを買うまでに。でも便利なイチデジにあっさり移行しましたけど^^;ブログの歴史=写真歴のようなものです。
本格的に写真を撮るようになって、格段と世界が広がりました。それは、実質的な距離(撮影地は主に岩手県内ですが、お隣の秋田・青森などにもちょくちょく出没します^^)ということもありますが、内面についてもです。
ファインダー越しに見える世界は肉眼では気づかない神秘に溢れているし、自然は四季折々の表情を見せて私たちに感動を与えてくれます。今までは素通りしていたものたちが、とても愛おしく感じるようになりました。

読者の皆さんは、北国のシバレル冬の風景を心待ちにされていらっしゃる方が多いのですが、私も冬の風景は好きです。未だ夜も明けきらぬうちから、氷点下二桁の中に居てじっと朝日を待っているときはゾクゾクします(いや寒いから、とかじゃなく^^;)。
そんな厳しくとも美しい静寂の冬を知っているだけに春の芽吹きに心躍り、夏の勢いに圧倒され、華やぎの秋にうっとりします。
そんな自然の移り変わる様子に出会えると、紛れもなく「命」というものを実感させられます。木や草花、小さな虫たち、空に浮かぶ雲、吹き渡る風・・・、そして自分自身も生きているということ。どれもこれも「一期一会」同じ瞬間は二度ないのです。その「生」の煌きを写し撮れたら・・・と思っています。

一眼を持って出かけるのは週末だけですが、ブログネタ投稿のためにコンパクトカメラも常にバックの中に。携帯使おうと思って引っ張り出したらデジカメだったということも・・・(汗)

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
keikono2さん:自然の中に一人居るとき。我家の猫たちと遊んでいるとき。そして、友人たちと楽しくお酒を飲んでいるとき(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
keikono2さん:・「existence~存在~」 08/01/14(冬)
天地の境もわからぬほどの物凄い吹雪の中での撮影(電柱にしがみ付きながら^^;)でしたが、うっすらと現れる太陽と木々・・・それ故に面白い写真になりました。

c0039735_14544156.jpg
・「美しき冬の調べ」07/01/12 (冬)
レンズのキャップが瞬間凍結してしまうような朝でしたが、それはそれは美しい光景を見せてくれました。私の中で、お気に入りの一枚です。この前後の記事も、皆さんには「厳冬」を感じとってもらえたようです。

・「雪原の朝日」 07/02/19 (冬)
朝日に輝き、染まる雪原。静から動へと移り変わる一瞬。全てのものがキラキラと輝き始める美しいときです。

c0039735_15214915.jpg・「晩秋の山肌」 08/11/14(秋)
紅葉の写真はいっぱい撮りましたが「旬」なタイミングに出会えるかどうかは「時の運」この時も、紅葉自体は盛りを過ぎていたのですが「残り火」のような晩秋の山肌も美しいと思いました。

・「パステル画」07/11/17 (秋)
地元、盛岡の岩手公園です。1本のモミジの木が様々な色を抱えていて、とても美しいと感じました。

・「お~い、雲よ・・・」 07/06/23 (夏)
ツツジを撮りに出かけた高原で、ぽっかり浮かんだ白い雲・・・。まるで、一つのイラストのよう。もう帰ろう・・・と思って名残惜しげに振り向いた瞬間に出会えた景色です。

・「青空と蕎麦畑」 07/08/23 (夏)
夏の色は、青×白・・・(私の勝手なイメージですが^^;)

・「セミの一生」 06/09/14(夏 / 生き物たち)
ブナの木に張り付いたまま、その一生を終えていたセミ。彼の最期を美しく撮ってあげたい・・・と思いました。この記事は、読者の皆さんもジーンと何かを感じ取ってもらえたようです。
カテゴリー「生き物たち」に属す写真は、実はお気に入りの写真が多いです。

c0039735_15122753.jpg・「春紅葉」 08/05/06 (春)
紅葉の彩りは秋だけじゃなく、春には山桜や木々の芽吹きの季節。優しい色合いが山肌を染めてくれます。

・「朝焼け」 06/9/18 
多分、今まで見た朝焼けの中で最高のシーンでした。
命果てた木と、美しい朝焼けとのコラボ。その対比がひとつの物語を作ってくれたように思います。

・「いたずら坊主」 07/04/06 (猫) 
我家の猫です。山中に捨てられていたのを保護してきたのですが、先住猫相手に何かを企んで仕掛けるのですが、いつも笑わせてくれます。猫ブロガーさんにもファンが多い?

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
keikono2さん:現実的な物欲で言えば、明るいズーム・レンズが1本欲しい・・・。そして、山中に篭る(笑)!
あっ、北海道旅行もエエなぁ。。。流氷を、いつかこの目で見たいものです。
日本を飛び出して、海外にもいっぱい行きたいなぁ・・・。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
keikono2さん:やはり環境(温暖化現象)問題ですかねぇ・・・。私の出歩くフィールドは、人里離れた山奥なんですが、毎年訪れる場所でも季節の違う花が同じ時期に咲いていたり、降雪も年々少なくなっているような気がします。季節は区切れないものなので、全てに影響してきますね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
keikono2さん:忙しさにかまけて更新頻度も減少してますし、皆さんのところへもあまりお邪魔できていないのに、来訪者の数はあまり変わらないという・・・本当に有り難いことだと思います。
あまりにも申し訳ないので、ブログ閉鎖も考えたりしたのですが「止めないで・・・」という暖かーいコメントに後押しされ、なんとか続けてくることが出来ました。同じブロガー仲間には、いろんな方がいらっしゃいます。心や身体に荷物を背負っている人・・・そんな方々が(そうじゃない方々も^^)私のところで、ほっとひと息・・・と思ってくださるならば、それはとても光栄なことだと思っています。これからもそんなブログにしていきたいと思っています。とにかく、、、皆さん、本当にいつもいつもありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【keikono2さんが好きなブログ、気になるブログ】

・「まいにちのひび」 
私のイラストを書いてくれた元同僚のブログです。「日記以上のなにものでもありません」と言い放っておりますが(笑)、“おいおい、そこまで書くんかい?!”と思わず突っ込みを入れたくなるような“こけし”のつぶやき日記、面白いです。

・「meet to the moon」 
もう古くからのお付き合いです。とある記事で号泣したのが始まりですが、kikubooさん家の猫ちゃんたちや、ご近所の猫ちゃんたちに、いつもほっこりさせて頂いております。

・「盛岡心情3」 
同じ盛岡に在住していらっしゃって、本当にいろんな所を駆け巡ってます。私も「ほほぅ~、そんな所があったのか?!」と新しい発見や情報を頂いております。それに、写真も滅茶苦茶上手!!

・「わがまま風景」 
moon-ponさんの綴られる言葉には不思議な魅力があります。彼女の投げかける言葉によって、私は時空を超えて旅しています。いろんな刺激を与えてもらっています。

・「andante
こっそり、ひっそりとお邪魔しています。どうしたら、こんな写真が撮れるのだろう~?と溜息交じりで見つめております。



【keikono2さんのライフログ】

とりぱん 5 (5) (ワイドKCモーニング)

とりの なん子 / 講談社



同じ仲間のブロガーさんから紹介されたのですが、この作者さんは、どうやら同じ県人。しかもわりと近くに在住?! 簡単に言うと、野鳥観察4コマ漫画・・・とでもいいましょうか
とにかく、おもろくて暖かい!その一言に尽きます。彼女の視線の先には、いっぱいの愛情が溢れているような気がします・・・。


keikono2さんの「小さな手紙」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-01-07 16:34