今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_13362263.jpgボールを追って走る躍動感やフィールドで戦う選手たちの闘志をとらえた写真の数々。怒りや喜び、祈り…の表情やほとばしる汗、こぼれる涙から、人生をかけて戦う選手達のドラマが見え隠れしています。
そんなブラジルのプロサッカーという厳しい世界で戦う無名の選手達の一瞬一瞬の輝きを撮り続け、見ている人に感動を与えているのが、「*情熱大陸*ブラジルの写真 ビバ!サッカー! Brasil_Photo_Blog」のPombo_Brasilさんの写真ブログ。被写体に対する尊敬の気持ちや瞬間にかける熱き思いは、一枚の写真からも文章からも伝わてきます。今週はそんな情熱をブラジルから発信するPombo_Brasilさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Pombo_Brasilさん:こちらこそ、いつもお世話になっています。
ブログを始めるきっかけは、広告写真家の望月宏信さんが、2006年の初めにフィリピンを紹介するブログを始められたことでした。
望月さんのブログでは、最初の頃は簡単な写真講座もされていました。自分のブログを持っていると“お題”に対するコメント等がいただけて本当に楽しかった。あれで“写真の楽しさ”に目覚めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Pombo_Brasilさん:僕が住んでいる(移住先)ブラジル中西部地方のプロサッカーや自然風景などの写真をブログに上げています。ブラジル中西部は大草原地帯で、牧畜や農業が盛んです。
ブラジルには、500以上のプロサッカークラブがあります。全クラブの半分以上が地域(ローカル)リーグに所属していますが、多くの選手達は収入も少ない「無名戦士」です。
彼らの夢は、地方から這い上がり、サンパウロ州リーグや欧州クラブ、日本のJリーグへと向かうこと。ただし、ほとんどの選手は地域リーグでサッカー人生を終えます。
そんな彼らが輝くひと時が、フィールドの90分なのです。フィールドで彼らが放つ闘志、祈り、苦悩、友情に是非触れて欲しいと思います。
「生きる」とは何か、写真を通じて必ず伝わると信じています。
 
エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
Pombo_Brasilさん:かけがえのない写真ブログ仲間達です。ブログに頂くコメントからどれほど前に進む力を頂いたか分かりません。コメントはとても大切に読ませていただいています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
Pombo_Brasilさん:ブログは、自分で撮った写真を、好きなときにテキスト付で公開できる手軽さが好きです。コメントでの反応も面白いですし、他のブロガーさんから与えられる影響(言語問わず)も楽しみの一つです。
話しは変わりますが、エキサイトブログを始めた2007年は、写真とブログで何をやりたいか、試行錯誤をしながらもがいていた感じです。
最近は、情熱を向ける方向が少し変わってきていて、ブログは良い意味での気分転換に利用させていただいています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Pombo_Brasilさん:ひきこもりです(笑)。一匹狼タイプで、100か0しか出来ないとても不器用な人間だと思います。
ブログにも書いていますが、実際に会うと驚かれる方は多いですね。行動力バリバリの野生派を想像されている方が多いのですが、申し訳ないです(苦笑)。
望月宏信さんと銀座キヤノンサロン(氏の写真展)でお会いした時には、しみじみと「なんだか、普通の人だねー」と言われました。一生忘れません(爆)。
家族を抱えてブラジルに移住する人間には見えないと思いますよ。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Pombo_Brasilさん:「タスマニアで生きる人たち」のマナブさん。それに、「写真家・相原正行のつれづれフォトブログ」の相原さん。このお二人には是非お会いしたいです。
特に相原さんには、ブログにタスマニアや日本のうまそうな食べ物の写真ばかり載せられていますので、是非お会いして“本物のレッドカード”をお渡ししたいと思います(笑)。
いつもコメントを下さる常連のブロガーさん達にもいつかお会いしたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Pombo_Brasilさん:もちろん、「写真」です。誰か、抜け出す方法を教えてください。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Pombo_Brasilさん:2014年のブラジルW杯(サッカー)をピッチで撮る予定です(ん?)。

c0039735_1338127.jpgエキサイトブログ編集部:サッカー選手たちの真剣なまなざしや一瞬のドラマをとらえた写真が魅力的ですが、Pombo_Brasilさんにとって、彼らに魅せられた理由や彼らを撮る楽しみは?また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることなどがあれば…
Pombo_Brasilさん:プロサッカー(敢えてプロとさせてもらいます)に魅せられたのは、そこに人生の様々な要素が凝縮されていると感じたからです。自らの人生を通じて得た経験や心情、哲学、そういうものを写真で表現するのに最も適した被写体の一つだと思っています。
実は、サッカーを撮り始めたころはサッカーのことをよく知らなくて、右往左往しました(笑)。今も勉強中ですが、ブラジルのプロ選手達は実にきさくで撮影にもおおらかです。 
サッカー選手達の写真を撮ることも楽しいですが、撮ることを通じて彼らの世界に関わることがもっと楽しいですね。

それと、先日のことですがスポーツ写真家の渡辺正和さんの写真と言葉に魅せられました。「アスリートに対する感謝と尊敬の念を忘れない限り、彼らもまたいい写真を撮られてくれる。結局は撮る側である人間の内面性が出るのが写真でもある」(瞳PHOTOS・マリア書房刊のインタビュー記事から抜粋)。
これは、どのような被写体にもあてはまると思います。写真には間違いなく自分が写ります。それは、楽しくも怖い世界です。
c0039735_1339418.jpg最後になりましたが、僕は「生きた証」を自らの魂に刻むために写真を撮っています。それが、写真に関わり生きることの原点です。
「本当の自分に正直に生きること」は難しい。だからこそ、これからも「楽しく真剣に」写真を撮り続けたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Pombo_Brasilさん:愛する妻と3人の子供達との時間です。ブラジルの地で「家族と一緒に人生を創り上げていく」ことで、写真にもいい影響を与えられています。
深夜、郊外を走っている時にクルマを止めて空を見上げる時、天の川で真っ赤に染まる星空に吸い込まれそうになる瞬間がとてつもなく好きです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
c0039735_13393578.jpgPombo_Brasilさん:●2008-02-23 サムライはどこへ行った!
プロサッカーを撮っていると、ブラジルの選手達のすさまじい闘志に圧倒される時があります。空気を揺るがすほどの闘志です。そんな闘志を受け止める心の準備を怠らないことも、選手達に対するリスペクトなのだと思っています。

●2007-04-17 夢の中
家族で牧畜関連の博覧会へ出かけた時に、移動遊園地の中で撮影しました。メリーゴーランドで遊ぶ少女を見た瞬間に絵柄が浮かびました。訪問者からの評判もよかった一枚。

●2007-12-25 我が子の成長記録には最高級機材を!
タイトルと記事内容は「シャレ」です(笑)。写真は「EOS D2000」というデジタルカメラを使って撮影しました。子供の成長記録を写した中でも気に入っている写真です。

●2007-07-09  笑顔の奥にあるもの
知人の日系人会会長の奥様から伺った日系移民の開拓生活の証です。お話を伺いながら、涙をこらえるのが大変だったことを今でも思い出します。先人の苦労を忘れないように、との想いがこもっています。

●2007-07-25 “力の差:を埋めるもの 前編後編
前編と後編に分かれています。資金難に苦しみながらも、団結力と闘志を振り絞って上を目指していたチームがあり、選手とチーム全体が放つたとえようのない「オーラ」に魅せられました。このチームを撮影したことが、その後の写真にも大きな影響を与えました。

●2008-01-04 飛翔! 
世界自然遺産、パンタナール湿原近くの牧場で撮影しました。当時は野鳥などを撮影し始めた頃でなかなか勝手が分からずに苦労したことを覚えています。訪問者の評価が分かれた一枚ですが、僕自身は気にいっています。

●2007-12-15 求める、ということ。
試合前、フィールドに入る手前で祈りを捧げる選手の写真です。その表情の真剣さと美しさにカメラを向けずにいられなかった。大好きな写真です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?欲しいものは?
Pombo_Brasilさん:家族全員で、ブラジル(できれば南米)を北から南までクルマで旅行したいですね。できればキャンピングカーを買って、行く先々で写真をたくさん撮りたいです(笑)。
それと、南米サッカーや絶滅危惧種の野鳥などを撮るために超望遠の明るいレンズが欲しい!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Pombo_Brasilさん:食糧・エネルギー危機。食糧・エネルギー危機の到来は数十年先の話だと捉えていたので驚いています。
僕がブラジルに来ようと思った理由の一つは、自分の子供や子孫達がそうした問題に直面せずに済むようにとの思いでした。 
ブラジルは、食糧事情、人口、エネルギー、政治などのバランスがとれた、とても未来ある国だと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Pombo_Brasilさん:いつも訪問してくださって本当にありがとうございます。忙しい時にはコメントレスができないことや、数週間更新が空くこともありますが、どうかやさしく見守ってやってください。ママィにも怒られますが、超がつく面倒くさがりです(ブログ向きじゃないなぁ)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【Pombo_Brasilさんが好きなブログ、気になるブログ】 

タスマニアで生きる人たち
コンドウ・マナブさんのブログファンは多いと思うのですが、僕は初期からの筋金入りファンです!最初の訪問時、タスマニアの「グリーン党」ボブ・ブラウン党首の写真と説明記事を観た時は深い感動に包まれたことを覚えています。
被写体と撮影者、鑑賞者の心情・人生・想いがシンクロする、そんな一瞬がとてつもなく貴重で、だからこそ僕は写真が好きなのだと思います。

写真家・相原正明のつれづれフォトブログ
写真に対するとてつもないほどの熱意と姿勢、雄大かつ繊細な写真に魅了され続けています。時折、日本の写真界に向けて忌憚のない言葉もかけられますが、それも本当に写真を愛するゆえなのだと受け取っています。
でも、日本やタスマニア、オーストラリアの“食い倒れ”の写真だけは許せません!いつか必ずリベンジします。

MY LIFE AT F/22
米国のまだ若きスポーツ・報道写真家のブログです。目の肥えた鑑賞者には荒削りに写るかもしれませんが、写真から見えてくるドラマやストーリーはさすがドキュメンタリー写真が根付いている米国だと思います。
 英語ですが、過去ログにユタ州知事夫妻がインドの孤児院から養子を貰い受けるドキュメンタリーがあります。是非ごらんになってください。

岩切天平の甍(いらか)」
ニューヨーク在住のテレビカメラマンの方です。ブログからは、フォトグラファーというよりも「Thinker」と呼びたくなる深い世界と信念が伝わってきます。お仕事に絡んだ体験談も非常に面白いですよ。
更新がしばらく止まっていますが、より多くの方に触れていただきたいです。

day by day
広告写真家、伊藤祐一さんのブログです。「サッカーを撮る人が広告写真家さんのブログを見ているの?」と不思議に思われるかもしれませんが、何年も前から氏の写真日記の読者です(笑)。伊藤さんが撮られる日々のスナップ写真が好きです。
新藤修一先生の個展でお会いしたことがありますが、とても気さくな方で美人の奥様も含めてすっかりファンになっちゃいました(笑)。



【Pombo_Brasilさんのライフログ】
フランシスコの2人の息子
/ ギャガ・コミュニケーションズ

歌手を目指す二人の兄弟とお父さんの映画(物語)です。実話に基づいています。ストーリーも素晴らしいのですが、映画全編を通じて出てくるブラジルの光景が逸品です。


ワイルド・ソウル
垣根 涼介 / / 幻冬舎

初期の日系移民とその二世達の、外務省に対する復讐劇を描いた小説です。「棄民政策」とまで言われたブラジル移民も今年で百周年、タイムリーに読めてよかったと思います。日本で読むのもいいですが、ブラジルに住んで読むほうが百倍面白いです。ごめんなさい。


不夜城 (角川文庫)
馳 星周 / / 角川書店

写真ブログを通じて知り合った馳星周さんのあまりにも有名な小説です。やっと最近手にいれて読みました。心の奥底をあぶりだす世界観と人間模様がリアルで、読み出すと止まりませんでした。
続編があるので読みたいのですが、日本からの送料が高いので躊躇しています(笑)。馳さんの写真ブログ「ワルテルとソーラと小説家」も、愛犬の写真が素晴らしいです。

Pombo_Brasilさんの「*情熱大陸*ブラジルの写真 ビバ!サッカー! Brasil_Photo_Blog」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-05-28 14:22

c0039735_13563825.jpg「へ~、今日は旅の日なんだ♪私もどこかへ行きたくなっちゃった~」なんて、読んでいるだけで楽しい気分になったり、物知り気分になったり…。にゃんこのほのぼのしたイラストがユニークな「今日は何の日?」シリーズを楽しみにしている読者は多いはず。アート好きな読者には好評の美術館レポートも一緒に行った気分にさせてくれます。
今週は、そんな“楽しみながらちょっとタメになる”ブログ、「色ではなく寸法です」のyukie5eさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
yukie5eさん:こちらこそご紹介ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは、美術館やギャラリーに行った時の感想を残せるものが欲しいなぁ〜と思ったことでした。最初は単純に「自分の記録として」と考えていたので、こんな風に広げられるとは思っていませんでした。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
yukie5eさん:私のブログは「何の日イラスト」と「アートなおでかけ報告」の2本柱でできています。
「何の日イラスト」では、平日毎日「今日は何の日?」をテーマにしたイラストと、そのテーマに関する情報や個人的思い出、感想などをつづっています。毎日何らかの記念日になっているもので、書いている本人も日々驚いています(笑)。普通に生活していると出会わない言葉や歴史に出会えて、ちょっと物知り気分になれますよ。「今日は○○の日だから、こんなことをやってみよう♪」なんて、新しいことをやってみるきっかけになることもあります。
「アートなおでかけ報告」では、美術館やギャラリーへ行って観てきた展覧会の感想をつづっています。最近忙しくて(言い訳)あまり観に行けていないのですが、こちらもどんどん紹介していければいいなと思っております。関西が中心ですが、年に数回、美術観賞を目的とした旅にも出かけています。「私も観てみたい!行ってみたい!」と思ってもらえると光栄です♪

描くことも、観ることも、楽しんでやっています。読んでいただいた方には、少しでも一緒に楽しんでもらえたらと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
yukie5eさん:続けることの面白さを知ることができたと思います。つづけることで、自分を振り返ることができたような気がしますね。

あと、同じ言葉から思い浮かぶものというのは、人それぞれまったく違うんだなぁ〜と改めて感じることができました。同じキーワードでも、それぞれに違うエピソードや感情を持っているんですよね。面白いです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
yukie5eさん:簡単に更新できること、が第一でしょうか。毎日続けても苦にならないのは、簡単だからだと思います。過去の記録を探しやすいというのも嬉しいですね。
遠くにいる友人と繋がるツールにもなっていて、やっていてよかったな♪と思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
yukie5eさん:ひとことって難しいのですが・・・・。「おじさん度の高い乙女」といったところでしょうか(笑)。見た目は「体育会系女子」です。ややこしいですね。
おじさん的な発言をしがちですが、根はロマンチストです。いやホントに。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
yukie5eさん:「日々@好日」の長友啓典さん!もともとデザイナーとして、アートディレクターとして尊敬している方なので、ブログを見る前からお会いしてみたい人でしたが、ブログを見るようになって、ますます好きになりました。お会いしてみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
yukie5eさん:美術鑑賞、かな。「鑑賞」というほどエラそうなものでもないのですが、いろんな人のいろんな作品に出会う時間が大好きです。お気に入りの作品に何度も会いに行くことも大好き。会いたい作品すべてに会うことはできそうにありませんが、死ぬまでにできるかぎり多くの作品の前に立ってみたいなぁと思っています。

ちなみに、ブログタイトルで気づいた人がいればぜひお友達になりたいのですが・・・一番好きなのは、マーク・ロスコ氏の作品です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
yukie5eさん:幸せオーラを出し続けられる人になること。今もちょろちょろ出しているつもり。

c0039735_1357032.jpgエキサイトブログ編集部:ほのぼのしたイラスト付きの「今日は何の日?」の話題がユニークですが、情報収集などはどうしているのですか? また、イラストを描く楽しさ、記事アップの際に心がけていることは?
yukie5eさん:ネタ集めはある程度ネットに頼っています。電子辞書や暦の本などにもお世話になっています。

「何の日?」をネタにはしていますが、「今日が何の日である」という事実を伝えることが目的ではありません。そこからいろんなことを考えたり、思い出したり、やってみたりするきっかけになればいいなと思っています。

続けていくことが大切!と思っているので、記事のアップにあまり時間はかけないようにしています。朝の20〜30分で、情報集めと手描きのイラスト、文章をかいて、記事アップ!まで済ませるように心がけています。ぱっと浮かんだ絵を、そのまますぐにイラストにして、そのイラストが思ったとおりの表情をみせてくれるとうれしくなりますね。たとえ失敗だな〜と思っても、なるべくそのまま出すようにしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
yukie5eさん:大切な人たちと一緒にごはんを食べる時間はいつも貴重だと感じています。ただのごはん好きかもしれませんが(笑)。同じ時間を過ごすことができる、同じものを食べることができる、というのはとても幸せなこと。大切にしたいと思います。

c0039735_13571411.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
yukie5eさん:●2008年5月8日 HAKOBAKA無事オープン 5月3日に「HAKOBAKA」という展示室がオープンしました。その立ち上げに「ハコガカ」として参加しておりまして。
宣伝になっちゃいますが・・・楽しい空間ですので遊びにきてください♪

●2008年4月9日 大仏の日
なぜか「大仏」のキーワードで見に来ていただいた人がけっこういるようでして・・・。大仏さまには失礼かもしれないイラストですが・・・気にいっております(笑)

●2008年4月1日 エイプリールフール
イラストのにゃんこにどんなウソをつかせるか、けっこう悩みました。あまり時間がかけられない中で悩みに悩んで描いたのがこれ。そのしょうもなさにちょっと愛情を感じています。

●2008年3月10日 大阪・アート・カレイドスコープ2008「大阪時間」
記事が良かったというより展覧会が良かったのかも。記事を書くことで記憶をたどれるのはよいです。

●2008年3月3日 ドイツ・ポスター1890-1933 PLAKATE
この展覧会の情報は探している人が多かったようですね。探している人に、少しでも雰囲気が伝えられたかなと思うと嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
yukie5eさん:旅!いつも旅のことを考えながら暮らしたいと思っています。各地に会いたい人、観たいものがありますからね。行きたいところだらけで困っています。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
yukie5eさん:中国の地震のニュースですね。震災の恐ろしさを感じるというのもありますが、そのことに対しての国の動き、人の動き、物やお金の動き・・・気になります。ただただ胸を傷めてしまうニュースではありますが・・・そこからどうするかを考えていくことが大切ですものね。

被災者の方々には慎んで哀悼の意を表します。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
yukie5eさん:ありがとうございます!ゆるいイラストにつたない文章ですが、楽しみながらつづけていきたいと思っております。
ちょっとしたことでもコメントを残していただけると嬉しいです♪
これからもよろしくお願い致します。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【yukie5eさんが好きなブログ、気になるブログ】 

●「日々@好日
私が「エキサイトブログにしよう!」と思ったのは、このブログのおかげかもしれません。アートディレクター長友啓典さんのブログ。
ブログを楽しんでいる雰囲気がとっても伝わってきます♪

●「いわいさんちweb
アーティスト岩井俊雄さんのブログ。とにかく作られたモノたちがかわいい!ホンっトによくできているんです。
マネしたくなっちゃいますよ。

●「直島カフェ まるやのこんな日でした
瀬戸内海にあるアートな島・直島にあるカフェ・まるやさんのブログ。直島、大好きなんです。
「また行きたいな〜」と思いながら、直島の風を感じさせていただいております。

●「小吹隆文 アートのこぶ〆
美術ライター小吹隆文さんのブログ。関西の展覧会情報やイベント情報をたっぷり伝えてくれています。
いつもチェックさせていただいております!

●「Y'not Report Revival
デザインや建築について執筆しているライターのreiko yamamotoさんのブログ。
新鮮な話題と美しい写真!楽しませていただいております。



【yukie5eさんのライフログ】

谷川俊太郎質問箱
谷川俊太郎 / / 東京糸井重里事務所

様々な質問に谷川俊太郎さんが答えてくれています。正解か不正解かなんてことじゃなくて、素直にどう感じていくか、どう考えていくか、穏やかに考えるきっかけになってくれます。目からうろこな谷川さんの答えで、世界が広がりますよ〜。


ブランケット・キャッツ
重松 清 / / 朝日新聞社

レンタル猫のお話。短編集なので気軽に読めるものですが、さすが重松清さん。様々な人(猫も)の感情が繊細に描かれていて、いろいろ考えさせられました。後味のイイ本です。


THE OLD CROCODILE―年をとった鰐
シェル・シルヴァスタイン/ / プチグラパブリッシング

山村浩二さんのアニメーションで知って、絵本も購入させていただきました。
なんとも悲しい鰐のお話です。「なんてダメなヤツなんだろう」「なんて可哀想なコなんだろう」鰐に対して浮かぶ2つの感情の中で、「本能について」や「愛情について」を考えさせられる本です。

yukie5eさんの「色ではなく寸法です」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-05-21 15:09

c0039735_9413837.jpg可憐でナチュラルなお花から、華麗で大胆なお花まで。とってもおしゃれで洗練された雰囲気を漂わせるパリテイストのフラワーアレンジメントに、思わずうっとり。花びらの生き生きした感じや季節感はもちろん、ほのかに香る花の香りまで、画面を通して感じられるような美しい写真も魅力的です。
見ているだけで、「心がきれいになれそう♪」「幸せな気分に包んでくれる」と読者にも人気です。今週は、そんな花のある生活を通して、読者にさわやかな感動や癒しを与えてくれる「Fleur de Farine」のfarine2007さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
farine2007さん:自分の仕事のホームページを作ろうと思っていたのですが、難しそうなので、ブログで練習しようと思ったんです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
farine2007さん:はい、ご紹介いただき、ありがとうございます。
私のブログは、ほとんどが、お花の写真です。
お花の仕事をしていますので、お花の写真を撮ることが好きで、ずっと撮り続けています。
今、目の前にある美しいものを、ワンショットで、私の見た感じを伝えることができればと思っています。
時々、皆さんに直接“あ~、お花きれいでした~”って、言われると、嬉しいな~って、思います。
また、ブログの中では、私のデザイン、生活感、身の回りの出来事など、みんな取り混ぜて伝えたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
farine2007さん:ブログを作って、発見したのは、ブログの世界の広さです。
ただの日記みたいなもの・・・って、思っていましたが、みなさんのいろいろな世界があり、驚かされることもたくさんです。
みなさん、文章と写真がとてもお上手なので、びっくりしています。
それから、とても楽しんで見せていただいています。
自分の事も見つめ直せた気がします。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
farine2007さん:更新が簡単。気軽に楽しいこと!
エキサイトは、写真がとてもきれいに出せるので、大好き!!

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
farine2007さん:ナチュラルな人間です。みなさんにもよくそう言われるので・・・。
人にわからないところで、超几帳面ですよ(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
farine2007さん:写真が好きで、お花のお仕事をしていらっしゃる、いろいろな方々にお会いしてみたいです!!
3月のピックアップブロガーに登場した、「写真家の犬-le chien de photographe-」の吉田パンダさんにお会いしたいです。
お友達が、パリで吉田パンダさんにお会いして、お仕事したことを聞き、わたしも是非、お会いしたいです。パンダさんのお写真は、とても楽しいし、かわいいし、どうしたらあんなに可愛らしい写真が撮れるんでしょう・・・って、思ってしまいます。パンダさんのあずき君の写真集は、すぐに買いました。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
farine2007さん:もちろん、写真です~。
今は、レンズがいろいろ欲しくて、ヨドバシカメラのコーナーで、指をくわえて、レンズを眺めることが多くなりました(笑)
赤い帯の入ったレンズが欲しいです~。でも、まだまだ未熟者ですから・・・。

エキサイトブログ編集部:夢は?
farine2007さん:フラワーデザイナーとして、いろいろな事をしていきたいです。
今、していることが、ステップアップして、それに関連する違う世界が広がれば、それが次の夢で、目標です!

エキサイトブログ編集部:とても素敵なアレンジ作品の数々ですが、アレンジをする楽しさや魅力は?また、自分らしい作品づくりや記事アップの際に心がけていることは?
c0039735_1733785.jpgfarine2007さん:いっぱいあるから、何を話せばいいのか、迷ってしまいます。
いつもお花市場に行くと、わくわくしますし、眠気が飛んで、元気が出ます。
お花を買いすぎて、お財布が空になることもあります(笑)
アレンジするときの気持ちは、いつもそのときのピュアな気持ちなのです。
毎日の生活の中で、季節を感じ、それをカラーや、デザインで表す事を楽しんでいます
アレンジするときは、手に取ったお花を見て、きれいだな~、かわいいな~って感じて、作品に向かうので、とても楽しいです。
アレンジすることの魅力は、心の浄化です!
お花に向かうと、癒されるますし、アレンジメントという贅沢な時間を持つということは、時間と自分を大切にできることなのです。

この仕事をするようになったのは、ずっと以前、すごく素敵だなぁ~と、思えるお花をいただき、とても感動したことがきっかけです。わたしも、感動を与えるお花を作ってみたいと思ったのです。
また、パリの色遣いが大好きなので、そんなパリスタイルのデザインを作っていきたいです。

記事は、タイムリーなこと。日記なので、素直な気持ちをつたえていです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
farine2007さん:私自身、毎日を大切にしていると思うのです。
癒される時間は、庭にいるときや犬と寝る時間。
毎日、両手に抱えて寝る瞬間が、“あ~、今日もかわいい^^。 幸せ♪”って、
思って、Chuってして、寝るんです♪

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
farine2007さん:●2008年5月9日 Muguet(すずらん)
スズランの季節のアレンジ。
レッスンをして、みなさんとポストカードをつくりました。皆さんも楽しめます。

●2008年5月3日 水仙のブーケ
お友達のお庭からいただいた水仙で作ったブーケ。
たくさんの種類があり、ブログを見てくださった方々に、珍しいね~って、言われました。
お庭に咲くお花でアレンジできるなんて、究極の幸せです。

●2008年5月1日 ひとりafternoon tea
ゆったりとした時の楽しみ方。ランダムに投げ入れた、庭のお花たちが、ナチュラルでお気に入りです

●2008年3月8日 庭の雪解け
愛犬のスーと太郎が、庭につもった雪山で、遊んでいて、とても楽しそうでした。
きれいな雪と、太陽の光が写真をきれいにしてくれました。

●2008年2月13日 la Saint-Valentin
真っ赤なブーケに真っ赤なトレーで、情熱的に表現してみたら、反響がありました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
farine2007さん:今、物欲はこれといってないのですが、何も考えないで、瞬間的に出会ったものに惹かれ、衝動的にお買い物するのが好きです。(高価なものではないのですが・・・)

ゆったりする時間がたくさん欲しいですね。 
いつもそんなに忙しくはないはずなのですが、不器用なのでしょうか、年なのでしょうか?(笑)基本的にのんびりやさんデスね(笑)
ささやかな事ですが、庭の手入れ、犬と遊ぶ、テニス、美味しいお菓子、お料理を作るなど、したいことがいっぱいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
farine2007さん:石油不足と食糧危機になる問題。
資源の問題は、いろいろなところまでに押し寄せてくる。
今の日本は、あまり危機感がないので、これでいいのだろうか?と思う。
きっと、私たちの生活を脅かすような時がくるのではないかと、心配ですが、心配しても、仕方ないのか。
自覚だけは、しておかないとと思うのです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
farine2007さん:私のつたない写真と、上手にかけない文章を読んでいただき、ほんとうに感謝です。
遊びにいらしてくださったみなさまに、心よりお礼申し上げますm(_ _)m

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【farine2007さんが好きなブログ、気になるブログ】 

1.kuria&ma-ya
私をいつもサポートしてくださる、わんこ友達のママさん。
パソコンが得意で、写真がとてもきれいです。

2. お菓子のある生活
私に、写真に興味を持たせてくれたお友達。
とてもきれいな写真を撮る、お菓子研究家です。

3.good dog and hello cat
私の写真の先生のようなアドバイザー。
彼のセンスは、とてもすばらしいので、いろいろな仕事を依頼され、こなしていっています。写真は、ただ者ではありません。

4.写真家の犬-le chien de photographe- 
パリにお住まいの写真家さん。
お会いしたことはないのですが、プードルのアズキちゃんの写真がとてもかわいくてたまりません。隠れファンです。

5.あとは、La fleurさんをはじめ、リンク・訪問させていただいている全部の皆さまで、たくさんなので、書けなくなりました。すみませんm(_ _)m



【farine2007さんのライフログ】

●感動した映画
ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ)
/ 角川エンタテインメント

雄大な景色と、心安らぐ物語でした。
オールドイングランドの素敵なセンスと、イラストのかわいらしさです。


かもめ食堂
/ バップ

のんびりした気分になれるし、物語も背景も美しく、癒されます。


●本
色で魅せるマリアージュの花 (25ansウエデイングBOOKS)
田島 由紀子 / / アシェット婦人画報社


Parisの香りの思い出コラージュ
田島 由紀子 / / フォーシーズンズプレス

二冊とも、田島由紀子先生のフラワーアレンジメントの本で、最近出版されたもの。
パリのテイストをたっぷり楽しめます。


●音楽
HEART STATION
宇多田ヒカル / / EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
 
元気が出るので、仕事の前にテンションを上げたりするのに聴きます。


farine2007さんの「Fleur de Farine」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-05-14 16:58

c0039735_18114238.jpg日々の何気ない話題を個性あふれるユニークなタッチで描いたイラストが人気。「箱根のドクターフィッシュ」の話や「しらみ騒動」など、思わずぷっと笑えるネタも満載です。
昨年10月はEN博にも参加され、現在はブログでおなじみの鉛筆日記展も開催中という「マスリラの絵日記」のmasuliraさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
masuliraさん:webエンジニアをやっている大学時代の先輩が素敵なホームページを作ってくれたんですけど、私自身に知識がないので、そのあと自分で更新することができなかったんです。
そしたら、その先輩に「アナログ人間のマスリラでも簡単に更新できるブログってやつがあるよ!」と教えてもらって・・・。
子どもがまだ小さくて仕事の営業にも行けなかった頃だったので、「今はこんな絵を描いています・・・」と紹介できる場所ができてうれしかったですね。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
masuliraさん:初めは作品紹介の場という感じだったんですけれど、最近は子育て絵日記と化してますね(笑)。毎日子どもと接していると面白いことがいっぱいあるんですけれど、ばたばたしていて時間が経つと忘れちゃうんです。それがもったいなくって・・・。
昔から旅行記だったり日々のおもしろネタだったりを描いては友人たちにファックスで送りつけてたんです。(まだパソコンが普及してない時代ですね、笑)
それがカラーになって、しかも誰にでも見ていただけるようになった!!すごいですよね~。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?また、昨年10月のEN博にも参加されましたが、参加されてよかったことは?
masuliraさん:お会いしたことのない人が見てくださっていて、個展の時などに来てくださるとびっくりしますね。
EN博もまさにそうで、友人が参加するというので面白そうだからじゃあ・・・なんて気軽な気持ちで参加したんですけれど、始まるまではほぼ会わずにメールとブログの中でやりとりして搬入当日に「はじめまして~!」って感じが面白かったですね。
でも、展覧会続きでドタバタ、自分のブログすらもあんまり更新できない状態だったので、一緒に参加された方たちのブログをチェックすることもできずに、ただただついていくのが精一杯・・・。もともと知ってる方以外はホントにはじめましての状態でした。

皆さんたくさんのブロガーさんと頻繁にやり取りしてるようで、お客さんがいらっしゃるたびに
「顔は知らないけれど、ブログ上の名前なら知ってる!あ~あの人だったんだ~!」って口々に言ってたり、もう何度もオフ会で顔を合わせてたり・・・。
私はブログをはじめた頃出会った人以外はほとんど冒険もせず、知り合いの近況をこれでチェックするくらいなので、うわ~!すごいなあと私は後ろで見てました。(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
masuliraさん:更新が簡単なところでしょうか。私でもできた!という・・・。(笑)
でも、記事をアップしてコメントすることしかできないんです。いまだにトラックバックの仕方もわからなくって・・・。
全然活用できてないですね。もったいないです。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
masuliraさん:のほほん。マイペース。大ざっぱ。野生の勘だけで生きてる感じがします。最近ますますその傾向が・・・。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
masuliraさん:何年か前に久々に個展をやったことがあって、その時にブログを見て来て下さったかたが何人かいらっしゃって・・・。
ブログを見ていた時はわからなかったのですが、実は同業だった「nice2meetU」のnice68さんと初めてお会いして、その後一緒にグループ展ができてうれしかったです!
あとは「今夜はeat it」のmoonisupさんの奥様と偶然お仕事でご一緒できたり・・・。
他にも何人かいらっしゃいますけれど、縁って面白いなあと思います。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
masuliraさん:人間ウォッチング(観察)です。面白い人を見つけるといけない!と思いつつ、じろじろみちゃう。それは自分の子どもに対しても同じですね~。

エキサイトブログ編集部:夢は?
masuliraさん:きれいな海や山が近くにあるところに住みたいです。
人とわいわいするのが好きなので、あまり人里離れたところはだめですけど・・・。
どこかいいところはないですかねえ。
そういいつつご近所づきあいが楽しくて、もう今のところに住んで9年です。(笑)
でもまあ毎日笑って暮らせればそれだけで十分です。

エキサイトブログ編集部:個性あふれるイラストがとても魅力的ですが、イラストレーターになられたきっかけや描く楽しみは? また、自分らしい作品づくりや記事アップの際に心がけていることは?
masuliraさん:絵はずっと落書き程度に描いていたんですけど、仕事にしたいと思ったのは大学卒業間際ですね。
大学4年のみんなが就職活動をはじめる頃、やっぱり絵を描く学校に行ってみたいと思って友人から教えてもらったセツ・モードセミナーや福井真一さんのイラストレーション教室に通い始めました。そこで出会った当時活躍中のイラストレーターさんや先生、仲間たちの存在がホントに大きかったと思います。
その仲間とはもう出会って15年ぐらいになりますが、今もホントに大切な存在です。このメンバーで福福百貨展というグループ展を2年に一度企画して開催しています。

描くのは楽しいです。小さい時からずっと。描いてると無心になるのでスポーツしたときみたいにスッキリするんですよ。(ランナーズハイみたいな?!?あれれ?!なんか変?!)目と耳が手
につながってるみたいな感覚があります。手を動かして頭の中に刻んでるのかなとも思うし、言葉足らずなところを補ってるところもあるし。

うわ~!!と面白い人や出来事に出会った時はあからさまに写真を撮ったりできない場合、+いつも持ち歩いてる鉛筆とかペンでノートや何か紙に忘れないうちにささっと書き留めておきます。
最近ホントに忘れっぽいので脳トレーニングとかリハビリに近いですね。
感動が残ってるうちに描かないと新鮮味がなくなっちゃうのでなるべく早めに。

エキサイトブログ編集部:いろいろな展覧会に出展されていますが、現在開催中の個展についてもご紹介ください。
masuliraさん:前回の『深川を描く』展、今回の『すたこら鉛筆日記』展はどちらもマルプデザインの清水さんに声をかけていただきました。
展覧会では絵の具の絵を出すことが多いんですけど、清水さんはブログにのせている鉛筆の絵を面白がって下さって、どちらも鉛筆とマーカーの絵を展示しました。

c0039735_18121089.jpgブログにのせている鉛筆の絵はA4のコピー用紙にザザッと描いて、一度コピーしてからマーカーで塗っています。いつも描いたら描きっぱなしで放置しているので作業部屋がホントに散らかっていて・・・。片付けが苦手なので、夫にはあきれられています。(笑)
このまんま展示するのはまずいだろう・・・と思って、ちょっといい紙にプリントアウトしています。
自分の家に貼付けてるみたいに和紙のマスキングテープでべたべたラフに展示しています。
搬入を手伝ってくれた友人もあまりのアバウトさにびっくりしていました。(笑)
が、そこは20年来の友人、好きなように飾り付けてくれて楽しんでくれていました。

5/7から30日までマルプデザインさんの中にあるマルプギャラリーにて展示中です。
池袋の駅から近いんですけど、静かでとってもいいところなんです。
古い銭湯があったり、お豆腐屋さんがあったりして。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください!

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
masuliraさん:家族やそれに関わる人との時間ですね。毎日毎日色んなことがあって面白いです。
家にこもって仕事してると人恋しくなるので、金曜の夜、夫の帰りが遅いとわかると、すぐ保育園の友だちを誘って親子で宴会しちゃいます。
子連れで大勢で外に出て食事も大変なので、家で気楽に飲み会。
部屋がちょっとくらい散らかっていても楽しい方を優先しちゃいます。
土日に天気がよければ近所の河原でBBQしたり潮干狩したり・・・。
去年のこの季節は毎週のようにやってました。きっと今年もそうなると思います。(笑)
子どもはいつまでも親と一緒に遊んでくれないだろうし、今喜んでくれてるうちにいっぱい遊んでおきたいです。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
masuliraさん:2008.2.8 ラブレターじゃなかった
手紙をかくのがブームの娘が、兄弟げんかの途中で突然手紙を書き出 し、にやっと笑って渡したんです。仲直りしたと思ったら・・・。
他にも面白いけんかはいっぱいありましたが、最近のヒットはこれですね。

2008.3.14  中年男、大人気。@箱根ユネッサン 
中年男2人にドクターフィッシュを独占されちゃったという話です。
魚にはモテモテですよ。中年男。

2008.2.4~5 し、しらみ騒動記 
アタマジラミをどこかでもらって来ちゃった娘とそれからのばたばたを描いたんですけれど、
幼稚園保育園で結構たくさんの人が経験してるのがわかりほっとしました~。

2006.10.4  さんまで火事・・・ 
絵だったら裸でも全然平気です~!(笑)体型はフィクションですから。
実物とは比べないで下さいね。

2006.6.15 うまれました!(6/12)
絵じゃないんですが、2年前家でてんとうむしを卵から育てていました。
毎朝アブラムシをとってきてせっせと与えていたんです。その感動の記録です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
masuliraさん:休みがたくさんあったらどこか遠くに旅行に行きたいです。アジアの国のどこかに。
それにはお金もたくさんないといけないですね。(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
masuliraさん:チベットの人たちのことですね。
どうしてあんなにひどい目に遭わなきゃいけないのか。事実をうやむやにされちゃうのか。
知人のイラストレーターさんや絵本作家さんからの情報をみるたびに胸が痛いです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
masuliraさん:こんな個人的な絵日記におつきあいくださり、本当にありがとうございます!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【masuliraさんが好きなブログ、気になるブログ】 

家での作業が多いので、なかなか会えない友人のブログで最近の様子をチェックしています~。

*Jub Up Family
福福百貨展やEN博で一緒だった長い付き合いのイラストレーター 仲間、crazy_mamの育児備忘録。
クレマムの絵はもちろんですが、BeerくんとNutsちゃんの絵が最高なんです。

*SodaBlog
友人イラストレーター、祖田雅弘さんのブログです。モノクロ線画と短い日記でいつもクスリと笑わされます。

*今夜もeat it
カメラマンのmoonisupさんのブログです。美味しそうな写真に うっとりです。
最初ずっと女性かと思ってたんです。(笑)

紙の向こう
クレマムと同じくイラストレーター仲間の新井由木子さんのブログです。
彼女が集めたたくさんの不思議なお話とそれにしっくりくる繊細な線画の世界。
いつも読むのが楽しみです。

徒然子連れの旅Blog
高校時代からの友人小暮祥子さんのブログです。子連れの旅について詳しい彼女が今どこに注目しているか、更新を楽しみにして参考にしています。



【masuliraさんのライフログ】

歓びを歌にのせて
/ エイベックス・トラックス

一番好きな映画です。身体を壊して帰って来た有名な指揮者が、閉鎖的な小さな教会の聖歌隊のおじさんおばさん若者たちを歌によって変えていくところにひきこまれます。
登場する人たちが本当にそこら辺にいそうなところがまたいい。何回見ても何回歌を聴いてもじんとします。


グラスホッパー (角川文庫 い 59-1)
伊坂 幸太郎 / / 角川書店

伊坂幸太郎さんの本も図書館で見つけて読んではまりました。グラスホッパーは蝉と鯨という殺し屋と妻の復讐をたくらむ鈴木をめぐる話で、軽快なテンポにすっかりやられてハラハラドキドキしました。このあとに読んだチルドレンには笑いありほろりあり・・・読んだあとが気持ちよかったです。


バッテリー 6 (6) (角川文庫 あ 42-6)
あさの あつこ / / 角川書店

図書館で借りて読んでいたんですけど、あまりに面白くてすべてストッ プして全巻ノンストップで読みました。
予約が追いつかなくて、でも早く読みたくて途中からは本屋で購入しました。夫がずっと野球をやっていたので、この気持ちは実際味わったことがあるのか聞きたいんですけど、野球は実際にやるばっかりで読んでもらえない・・・。


一瞬の風になれ 第一部 --イチニツイテ--
佐藤 多佳子 / / 講談社

この本も図書館で借りてきて、去年の個展前、余裕のない時期に関わらず絵を描くふりをして(笑)一気に読みまくった本です。高校時代部活動に一生懸命だったので、それを思い出して懐かしいのと、やったことのない陸上競技にどっぷり浸れて新鮮なのとで読み進むのがホントに楽しかったです。


八日目の蝉
角田 光代 / / 中央公論新社

角田さんの本は日常に潜む何かを描いているものが多くて好きです。これもぐいぐいひきこまれた一冊。非日常の中の日常、日常の中の非日常が丁寧に描かれていてすっかり入り込んでしまいました。

masuliraさんの「マスリラの絵日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-05-08 20:00