今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_13315518.jpgヨモギやバジル、カモミールなどのハーブをはじめ、緑茶やはちみつなど自然の素材を使って手作りした石けん&化粧水は、香りも見た目もとってもナチュラル!もちろん肌にもやさしいから安心ですね。
なかでも、スイカやかぼちゃ、夏野菜を使ったアイディアいっぱいの石けんたちは、キュートで自然な色合いが読者に人気です。
今週は、そんな石けん作りを通して、地球にやさしいプチエコライフをエンジョイする「*もなこの手づくり石けん日記*」のもなこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
もなこさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
きっかけは、その頃何かwebに関する物をやりたいと思ってて、HPを勉強してたんです。が~なかなか出来上がらなく、時間がかかりすぎてはじめのアイデアが飽きちゃって放置してたところに「ブログ」という存在を知り、「これだったらすぐ始められる!」と飛びつきました。ちょうど石けんを作りはじめたばかりだったので、ネタもあったし。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
もなこさん:手づくり石けんや化粧水などのレシピを中心に、手づくり石けんをきっかけに気づいた日常のプチエコお試しの記録です。石けんは奥が深いのでまだまだ作り足りないし、プチエコは、毎日の生活の中で楽しみながら、あれ?これってエコぢゃん!って気がつくような、気負いなく環境を大切にできれば・・・。読んでくださる方が、ちょっと試してみようかな?と簡単にできて長く続けられる方法を模索中。あとは日常の時々を。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
もなこさん:今さらですが、世の中いろんな人がいて、楽しいな~って!それと趣味、嗜好が同じ人は波長が合う方が多いってことを発見しました。初めて会っても、初めて会った気がしない!

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
もなこさん:更新がラクチンなこと。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
もなこさん:好奇心旺盛で、マイペース。イレギュラーなものを発見するのが得意かな。たとえば、電車の中で・・・あの人のあの部分何か違和感がある(笑)・・・とか。山手線さいこー。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
もなこさん:会ってみたい方は沢山いるけど、しいて挙げるなら、「自戒録 by hito von Frizburg」の♪hitoさん、いつもお世話様です~。いろんな事にこんなに気配りできる方、私の周りにはいないよー!爪のあか煎じて飲みたいくらい!(こんな事書いてほんとに送ってこられても困るw)どんな方か想像つくようなつかないような・・会って確認してみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
もなこさん:今は写真かな?石けんだけでなくいろいろ撮って勉強してます。ブログにアップする写真は、はじめはコンデジでがんばってたんだけど、どーやっても撮りたいように撮れないってことが分かってきて一眼じゃないと!と買いました。(ピックアップブロガーのバックナンバー読むと、以外と同じ人多いですね)

エキサイトブログ編集部:夢は?
もなこさん:夢っていうほどじゃないですが、一度でいいから、WRC(車のレース)を肉眼で見たい!それもヨーロッパのどこかで。手作りしてるのでおしとやかに思われてるみたいですが、全然違うんですよ。乗り物大好き!レース大好き!

エキサイトブログ編集部:石けんや化粧水を手作りし始めたきっかけやその楽しみは? 手作り生活&自然にやさしいエコライフを通して、心がけていることがあれば…。
c0039735_1333948.jpgもなこさん:きっかけは、「お風呂の愉しみ」という日本の手作り石けん界では有名な前田京子さんの本を偶然読んだのがはじまりです。バスソルトを作ろうと本を探してたら、その日一番目立つところに立てて陳列してあった本。読んでー!と何かが出てました。写真がほとんどない本なんですが、夢中になって読んで、即材料集めに!そして初めての石けんから約3年半経ちました。
石けんはオイルの種類+オイルの割り合い+香り付けや色等々、組み合わせが無限にあって、もちろんその石けん石けんで使い心地も違うので、飽きるヒマがない!楽しんで材料選んで、作って、熟成して、使う。また試行錯誤して・・・と!
化粧水とかはだいたい手作り石けんの本に一緒にレシピが載ってるので、好奇心には勝てませんから(笑)すぐ作ってしまいました。材料が一目瞭然で、怪しいものも入ってないし、材料費も安い!石けんより作るの簡単ですし。こちらも突き詰めると奥が深いです。

肌が特別弱いわけじゃないので、好奇心から作りはじめた石けんですが、髪の毛から身体、顔と全身使えるし、台所の洗い物や洗濯、掃除にまで使えて、今では合成洗剤は使ってません。石けんって以外と汚れ落ちがいいんですよ!楽しみながら地球にやさしい、これよ、これ!って気分♪
生活の中で気をつけてる事は、物を増やさないようにすること。無駄なゴミを増やさないようにすること。なかなかできてないですけどね。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
もなこさん:大切にしている時間は1人の時間です。ぼーっとしてるのもよし、がしがし掃除するのもよし、マイペースで何かをする時間は大切だと思います。癒される時間はやっぱり石けんを作ってる時かな~。ぐるぐる混ぜてる時は無心です。

エキサイトブログ編集部:数あるポストの中で、ご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
もなこさん:●気に入ってるのは夏野菜石けんシリーズ。
★「スイカ果汁石けん」2006.8.13
★「夏野菜石けん」2006.8.27
トマト、きゅうり、スイカでそれぞれの果汁を入れて作った石けん3種です。スイカは皮部分の白と緑がうまくできて気に入ってますし、その他のきゅうりやトマトの石けんも素朴で気に入っています。キュウリが一番手間がかかりました。

化粧水のポストでは自分で使い心地がよく気に入ってるのが★「オレンジフラワープラセンタ化粧水」2008.2.6 
だんだん自分の肌の状態とそれに合わせた化粧水のころあいが分かってきて、今までで一番ドンピシャな化粧水です。香りもかなり満足♪

●読者に評判だったポスト
やっぱり先ほど挙げた★「スイカ果汁石けん」2006.8.13でしょう。
もなこといえばスイカ石けんと言われたこともw

あとは最近去年作った★「火星マーブル」2007.11.7
球体のシリコン製氷型を使ったので誰でもきれいにできると思うんだけど、マーブル模様がうまく火星っぽく出たのでかなりな反響でした。自分でも反響が大きくてびっくり!

もう1つ、お遊びで作った★「一人闇鍋石けん」2007.4.7
石けん作ったときの道具に残った少しの生地を延々集めて作った、容器がいっぱいになってはじめてどんな色模様になってるかわかる石けん。沢山のソーパーさんが一人闇鍋に挑戦してくれたみたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
もなこさん:一番欲しいものは長い休日です。食物が豊富でもちろんハーブやアロマの歴史も古いフランスに行ってみたいです。ルーブル美術館や街並み、マルシェも見たいし、ハーブ水を採るところや精油を抽出してる工房を見学したい。もちろん石けんを作ってる現場も、できれば一緒に作るとか、やってみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
もなこさん:日本のゴミ問題。東京都の埋め立て地があと30年でいっぱいになるニュースを見て愕然としました。サーマルリサイクル?この率が他の先進国と比べてほとんど0に等しいくらい少ない日本、ちょっと愚かだなと思いました。
「どーせ私1人だけがやっても大差ないし・・」のような気持ちでは日本はダメになっちゃいますよ。1人1人の小さなところから・・・がんばります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
もなこさん:いつも遊びにきてくれてありがとうございます!ゆる更新ですが石けん作らなくならない限りは続けるつもりなので、これからも楽しい交流よろしくお願いします。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【もなこさんが好きなブログ、気になるブログ】

ベスト5ってのは難しい・・ううう・・

◎「Tao's Soaplog
石けんの先生taoさんこと小幡有樹子さんのHPの中にあるブログです。正確にはぷろぐ(^.^)3度お会いしたことがありますが、やはり文章って性格が出ちゃうんでしょうか?内容ももちろん楽しみですが、リズムが好きです。姿が思い浮かびます。

◎「自戒録by hito von Frizburg
お会いしたいブロガーさんでも紹介した、hitoさんのブログ。
真面目な情報、話題から、殿方が好きな話題までいろいろてんこ盛りです。仕事の合間のコーヒーブレイクって感じ。

◎「ビバ!ゆるゆる生活
癒されるワンコ”かるび”が登場する、pokopen-7さんのサイト。
ゆるいかるびの顔や青空ウ○コの姿にいつもいつも癒されてます。1度お会いしたことがありますが、石けん趣味同士じゃないのに初めて会った気がしない!

◎「岩合通信
動物写真家岩合光昭さんのブログ。
珍しい動物の様子が見れるだけでも楽しいですが、世界をまわってる方なので、地球温暖化の現状もリアルタイムに伝えてくれて、気持ちも引き締められます。



【もなこさんのライフログ】

ボタニカル・ライフ―植物生活
いとう せいこう / / 紀伊國屋書店

石けんの先生、taoさんこと小幡有樹子さんがオススメしてた本。いとうせいこうさんの”ベランダー(ベランダで植物を育てる人)への道”行脚物語です。
植物好きな人にはもちろん、そーでなくても読み物としても面白い!植物が大好きなゆえに犯してしまう・・・・うふふな出来事満載です。


スーパーマーケットマニア ヨーロッパ編
森井 ユカ / / 講談社


スーパーマーケットマニア アメリカ編
森井 ユカ / / 講談社

どちらも外国のスーパーマーケットに売っている商品パッケージを中心に紹介してる本です。なんで外国のパッケージってこんなにかわいいんでしょうね?萌え~です(^.^)日本のパッケージも海外の人には萌え~なんでしょうか?アジア編もありますが、まだ手に入れてません。


もなこさんの「*もなこの手づくり石けん日記*」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-26 15:17

c0039735_11335027.jpgポストを開けたら、とてもかわいい形の手紙やカードが届いたら…。なんだかワクワクしませんか。
消しごムハンコで押したスタンプやかわいい切手&シールが貼ってあったり、花や落ち葉、写真などがコラージュされていたり…。
携帯やパソコンのメールが主流の時代に、そんな心のこもった素敵な手紙をもらったら、とってもうれしいですよね!
日本ではあまりなじみのない、そんなメールアートの世界を教えてくれる、「Mailart/Art Postal」のartpostalさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
artpostalさん:以前から手紙が好きで、友達と個人的に交換していたのですが、面白い手紙が届くたびにこれを一人じめするのはもったいない!と、感じるようになってブログに載せはじめました。エキサイサイトブログしか利用したことがないのですがレイアウトもシンプルで、更新も手軽にできて使いやすく、気に入っています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
artpostalさん:「メールアート」という言葉は、日本ではあんまり聞いた事がないかもしれません。
手紙にコラージュしたり、シールやハンコを押したり・・・
手紙を使った、『芸術』というほど堅苦しいものではなく、誰でも気軽に参加できて、受け取った人が驚いたり、喜んでくれるような手紙を目指して制作しています。
携帯電話や電子メールで簡単に連絡できる世の中になりましたが、それとは違った、手紙の良さみたいなのを伝えられたらと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ブログのよさは?

artpostalさん:日常生活していたら出会えないような、同じ趣味をもった人に出会えるところです。
そして作ったものを発表して、色んな人にみてもらえ、コメントをいただくと励みになりますね。それから遠くに住んでいる友人の様子が分かるのも嬉しいです。1年に1回しか会えなくても、ブログを通して毎日会ってる気になっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
artpostalさん:熱しやすく冷めやすい。
何にでも興味をもって始めますが、ほとんど続かずに途中で飽きてしまいます。
ブログがこんなに続いてるのは奇跡に近いくらい。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
artpostalさん:胡桃の椅子の胡桃さん。
蔵書票に猫劇場、写真も素敵で、会ってみたいと言うより弟子入りしたい!
どんな風に作品を作られているのか、とても気になります。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
artpostalさん:旅行です。あんまり計画を立てずに、ぶらっと出かけることができたらいいですね。
旅には必ずノリやハサミなんかの「お手紙セット」を準備して、いつでも手紙を出せるようにしています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
artpostalさん:メールアートの展覧会をしたいです。場所は、もちろん郵便局で!

エキサイトブログ編集部:素敵なメールアートの数々ですが、メールアートに興味をもたれたきっかけやその楽しさ&魅力といえば?また、作品作りに際して心がけていることやこだわりなどがあれば…。
artpostalさん:最初はメールアートという言葉も知らず、ただ友人と気軽に手紙を出し合っていただけでした。ところが今から5年程前、フランスに住む機会があって、たまたまパリのギャラリーでメールアートに出会いました。そこで、それまで自分達が作っていた手紙が、artpostal(mailartのフランス語)という名前で、世界中にいるメールアーティスト達が作品を交換しあっていることを知りました。
現在は、ブログを始めたこともあって、海外や日本のアーティストからメールが来たり作品が送られて来て、自分のメールアートの世界が広がってきました。

c0039735_1723072.jpg作品に関しては手紙を受け取る相手の好きそうなものを取り入れたり、季節や送り先の国にこだわって作っています。例えば落ち葉をコラージュしたり、雪に見立てた綿を手紙の中に入れてみたり。切手を貼る時も、季節の花をあしらったものや、和風の切手、額面の小さな切手を沢山ペタペタと貼ったりして、色々と考えて作る時間が楽しいです。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
artpostalさん:入浴時の読書。

エキサイトブログ編集部:数あるポストの中で、ご自身が気に入っている作品、読者に評判だったポストは?
artpostalさん:★2005年12月19日「Des boites aux lettres
これはカナダで「郵便ポスト」という題でメールアートを募集していて、そこに参加したときのものです。旅行先で大雪に降られたときに写した写真をコラージュしたものですが、ちょうどこの日、日本も雪が降っていたので思い出深い作品です。

★2005-11-08「a la Madeleine
遠距離恋愛中の手紙。こんな頃もあったな〜。

★2005-11-12「avec du riz
フランス在住時、日本が恋しくてたまらないときに友人が送ってくれたしゃもじ・・・
なぜしゃもじなのかというと、友人が広島出身で、しゃもじが有名だからだそうです。
日本を思い出して、涙が出そうになりました。

★2005-12-25「Le petit lapin de Noel
クリスマスに届いたフワフワのブーツ。ポストを開けた瞬間、ウサギが入ってるのかと思ってびっくりしました。

★2006-03-22「C'est un garcon !
友人の所に赤ちゃんが産まれたので、記念に出した手紙です。クロスステッチの刺繍をとっても喜んでくれました。この赤ちゃんも今では2歳になっています。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
artpostalさん:色んな国を旅しながら、その国の紙や切手を使って手紙を出したいです。
場所は、綺麗な切手が沢山ある東欧やフィンランド、スウェーデンにも行ってみたいですね。
日本だと、司馬遼太郎さんの本の舞台になった四国を訪ねるのが夢です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
artpostalさん:郵便局の民営化。出した手紙が以前のように無事に届くのか・・・心配です。
民営化する前に一度手紙が紛失したことがあったのですが、郵便局の方が探して下さって
1ヶ月後に無事到着した時には、日本の郵便局のサービスの良さに改めて感激しました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
artpostalさん:いつも訪問して下さってありがとうございます。
かなりのんびりペースの更新ですが、これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【artpostalさんが好きなブログ、気になるブログ】

素敵なブログが沢山あるので、選ぶのが大変でした。

love*camera
ハイキーな写真の世界。優しくて、時々淋しそうだったり、強かったり。
今回の私の写真も彼女に写してもらったものです。

chocolaterie
繊細なコラージュの数々にため息。そして文章が・・・笑えます。

* ほおぶくろ*
食玩とキャラクターの不思議世界。げっ歯類ワールド!
キャラクター達の個性溢れる劇場が、毎回楽しみです。

もろてん
オーストラリアのメルボルンから、おいしそうなご飯やアート、街案内まで。
写真もきれいで、無性にオーストラリアに行きたくなるブログです。



【artpostalさんのライフログ】

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
司馬 遼太郎 / / 文藝春秋

司馬遼太郎さんの中で一番好きな本です。
俳人正岡子規と軍人秋山兄弟の友情にじ〜んときます。


Sleep Through the Static
Jack Johnson / / Universal

ジャック・ジョンソンの新しいアルバム。
最近は1日中聴いています。のんびりしたい時にもオススメです。


c0039735_16322433.jpgLIVRE DE GRIMACES Edouard Manceau

ひたすら変な顔が続く絵本。
人間って、色んな顔になれるもんだと感心して、時々マネをしてみたり・・・


artpostalさんの「Mailart/Art Postal」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-19 16:51

c0039735_1237024.jpg好きな人、大切な人においしい料理を作ってあげられたら、楽しいですよね。さらに「おいしいね!」って、喜んでもらえたらもっとうれしいはず。そんな思いをこめて、同世代の若い女性にオリジナルレシピをブログで紹介。和洋中華からエスニック、またバレンタインにちなんだチョコレートレシピなども満載です。
23歳の若さでフードコーディネーターとしての仕事にがんばる姿や、何度も試作を重ねて美味しい味を紹介する姿勢も、同世代の女性の心をとらえています。今週はそんな若い女性に人気の料理レシピブログ、「作ってあげたい彼ごはん」のフードコーディネーターSHIORIさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
SHIORIさん:「作ってあげたい彼ごはん」という企画の料理本を出版したくて、出版社をいくつも回っていた時、宝島編集部のIさんにブログのランキングトップに入ったら実現させましょうというお言葉を頂いたため。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
SHIORIさん:「同年代の若い子に料理の楽しさを伝えたい」をモットーにはじめたブログです。わたしもそうだったけど、女の子が料理をはじめるきっかけって「好きな人に作ってあげたい」ってのが大きいと思うんです。好きな人のことを考えながらキッチンに立つのってすごく楽しいし、おいしいって喜んでもらえたらもっと料理が楽しくなるはず。
そんなサイクルを通して、同年代の若い子がもっともっと料理を好きになって楽しんでくれたらうれしいです。またせっかく頑張って作ったら盛り付け方もおしゃれにかわいく頑張っちゃおう!ということで、盛り付けのアドバイス付き。お料理のスタイリングも楽しんでもらってます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
SHIORIさん:顔は見えなくても、いつも応援してくれるたくさんのお友達。みんなの存在が励みとなりブログを継続するパワーをなっています。またブログを始めてからの大きな発見は、世の中にはいろんな考え方を持った人がいると言うこと。だからこそ、発信する側としての言葉の重みを改めて感じました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
SHIORIさん:負けず嫌い。褒められるとうれしいけど・・くやしい思いをした方が延びるタイプです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
shioriさん:「よめ膳@YOMEカフェ」のYOMEさん。YOMEさんとはわたしが出版することに繋がった不思議なご縁があり、前々からお会いしたいと思っていました。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
SHIORIさん:水泳。最近はジムに行く時間も全くなくて通えてませんがプールが好きです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
SHIORIさん:同世代の若い子向けの、今までにないようなもっとカジュアルでおしゃれな料理番組をやってみたいです。

エキサイトブログ編集部:23歳という若さでフードコーディネーターとしてがんばる姿&若い女性に人気のおいしそうな料理がたくさん紹介されていますが、料理の仕事をしようと思ったきっかけは? また、自分らしいレシピ作りや器選びなどのコーディネイトを考える上でのこだわりなどは?
SHIORIさん:小さい頃から料理好きの母の手伝いをしていて、気づいたら料理が好きになっていました。
同年代の子がスポーツや文学など様々な世界で活躍する中、料理の世界にはまだまだ若い子のパワーが足りないとずっと思っていました。一人くらい若い子向けの発信者がいてもいいと思っていて、出来ることなら自分がそうなれるように頑張ってみようと思いました。

わたしのごはんのポイントは、可愛い見た目!でもきちんとおいしい。リアリティーのあるごはんを目指しています。
ブログにUPしている写真は、ブログのコンセプト(身近に手に入る材料を使って簡単に出来るもの。また、お料理初挑戦の子が食べなれた味を再現することで得る感動が自信へと繋がると思うから、ベースはみんなが一度は食べたことのある定番料理)に基づいて試作をし、写真を撮っています。

エキサイトブログ編集部:『作ってあげたい彼ごはん』の本を出されていますが、どんな点にこだわって作られたのですか?
SHIORIさん:ブログが本になったいきさつは最初に書いたとおりです。こだわった点は、とにかくわかりやすいレシピ。初心者さんでも失敗がないように作る際のポイントやアドバイスをたくさん入れました。あとスタイリング。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
SHIORIさん:好きな人にごはんを作ること。それを一緒に食べる時間。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている料理や記事、また、読者に評判だったポストは?
SHIORIさん:2007.2.28 「一番人気のチキンカチャトラ」。
チキンカチャトラは、わたしが20回以上試作をして作り出した大切なレシピです。読者の方にも好評で、作るのに時間がかかるのにも関わらず、作ったよ♪おいしかったよ♪のうれしい報告メールが途絶えることがありません。

・2007.4.17 「鶏のねぎ塩焼き」も、チキンカチャトラにおとらない人気ぶり。現在渋谷のCafe croixにて、今月一杯まで期間限定メニューとして召し上がれます♪

・2008.1.14 「ひとくち串揚げ」。
私自身もスタイリングが特にお気に入りで、クロスへのお問い合わせも殺到しました。でも、残念ながらこちらはリースものなのでわたしにも販売先はわかりません。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
SHIORIさん:休み。ヨーロッパや北欧に雑貨の買い付けに行きたい。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
SHIORIさん:いつも遊びに来てくださってありがとうございます!これからもおいしいHAPPYをみんなに届けられるように頑張ります。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【SHIORIさんが好きなブログ、気になるブログ】

母ちゃんちの晩御飯どたばた日記
てんきち、なーちゃん、すぅ、の3兄弟とかな姐さんのやりとりが最高!読みながら、大阪弁への憧れが日々増していきます。

カラメル堂別館
イラストレーター おぐらなおみさんのブログ。読んでいて噴出してしまうイラスト&文章が今一番の癒し。毎日覗くのが日課です。



【SHIORIさんのライフログ】

かもめ食堂
/ バップ

ゆるーい雰囲気ときれいな映像が好きです



【SHIORIさんの本】
作ってあげたい彼ごはん (e-MOOK)
岡田 史織 / / 宝島社




フードコーディネーターSHIORIさんの「作ってあげたい彼ごはん」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-12 20:42

c0039735_151017100.jpgエレガントなヨーロッパの磁器やベネチアングラス、銀食器をはじめ、アンティークレースやジュエリー、バックなど。優雅な時の流れを感じさせるアンティークな小物たちをコレクションし、日々の暮らしの中に生かしてみたら…豊かな時間が過ごせそうですね。
古きよき時代のアンティークなティーカップ&ティーポットで昼下がりのブレイクタイム……なんて、とってもロマンチック。
今週は、そんなお気に入りのアンティークたちに囲まれ、日々の暮らしを優雅にエンジョイされている、「アンティークな小物たち」のケセララさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ケセララさん:こちらこそお世話になってます。 
ブログをはじめたきっかけは、アンティーク仲間の一人が他州へ引っ越すことになりまして、『じゃあ、ブログで近況を知らせるからね』と言ったのが始まりです。
ブログ初心者の私は、エキサイトさんの“顔”といいますか画面構成がシンプルで明るかったので即決しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ケセララさん:自分の好みのアンティークの小物たちを写真中心に紹介させていただいています。
アンティークというのは、万人向けに作られたものではないんですね。その時代にそれが必要だったり、気候や土地柄を考えてつくられたものだったりと、オーダー品に近い物なのです。
だから私はアンティークを『たかがガラクタ、されどガラクタ』と思っているんです。
そして私のブログが、アンティーク選びにちょっとでも役立ってくれたらうれしいです。

ちなみに、↑の写真の黒い切り絵のシルエットは私の20年前の姿なんです。ちゃっかり自分もアンティークにしてしまいました(笑)。ちょっと(というか、かなり)若すぎましたけど。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
ケセララさん:ブログをはじめて一年が過ぎましたが、だんだんと自分のコレクションの整理が出来てきて、改めて“自分はこんなものが好きだったのか”と気づいたり…。それから、ブログに載せるにあたってあやふやな所を本で調べたり、と自分自身の勉強にもなります。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ケセララさん:口は悪いが、義理人情に厚いタイプだと思います。大阪生まれのO型ですから(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ケセララさん:いつも私のブログにコメントを残してくださる方たちにお会いしてみたいです。
タイプはそれぞれ違うと思うのですが、せかせかしてなくてマイペースな所が共通点じゃないかと思っているので、確認してみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ケセララさん:もちろんアンティークショップ巡りです。僅差でゴルフかな。
最近、ムーンストーンというオパール色のグラスにハマっています。それとピンク色のグラスも。
アメリカではピンクは60歳からの色、なんて言われているんですよ(笑)私も60になった頃ピンクのグラスに囲まれていたいですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ケセララさん:自分の好きな物だけを集めたアンティークショップで、毎日お茶をしたり本を読んだりして過ごす事です。

エキサイトブログ編集部:素敵なアンティークの数々ですが、コレクションされたきっかけや、アンティークのもつ魅力は? また、ライフスタイルでのこだわりなどがあれば…。
ケセララさん:学生時代にたまたま入ったアンティークショップで、フランス製の小さなガラスのランプを見たとき、その白い光に体が引き込まれ、フランスの古い時代の香りがしました。その瞬間は今でもはっきり覚えています。
それからアンティークの虜になり、ヨーロッパの磁器、ビクトリアンやベネチアングラスを集めています。あと80年代に作られたリヤドロも好きで小さいものを含めると50以上あるんじゃないかと…
怖くて数えた事はありませんが。
アンティークというのは、使ってはじめて価値がわかるものなのです。だからガラスケースに飾るだけでなくガンガン使ってほしいと思います。私はアンティークを選ぶ時、まず何に使うか考えます。あと、ひとつこだわりがありまして…人柄のいいオーナーさんのお店から買うという事です。どんなに気に入っても、強欲な人とか意地悪っぽい人からは絶対に買いません!思い入れのあるものには“育ち”があると思っています。同じアンティークでもそれがかもし出す雰囲気がまるで違うような気がするのです。せっかっく自分の家に来てもらうのなら、心の綺麗な人が選んだ物を買いたいと思いませんか?

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ケセララさん:息子があと1年半で高校卒業で家を出て行くことになるので、送り迎えの車の中でできるだけ会話をしようと心がけているのですが、いつもケンカになってしまって…。家に戻って愛犬に愚痴って癒してもらっています。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ケセララさん:☆2007.12.14 「リヤドロのクリスマス
大好きなリヤドロのクリスマスバージョンやスポードのオーナメントを見てください。
このリヤドロの素朴な表情がたまらなく好きで集めています。

☆2007.12.6 「我家のクリスマスデコレーション
我家のクリスマスはこんな感じです。
私はキャンドルがついているものが何でも欲しくなる病で、ジョージジェンセンのオーナメントもさっそく揃えてしまいました。

☆2007.5.5 「アフタヌーンティー ~ サンドウィッチⅡ
サンドウィッチレシピ番外編です。是非お試しください。
サンドイッチやケーキ、クッキーを作ったときに、アンティークのお皿は大活躍しますよ。

☆2007.4.4 「HAPPY EASTER☆
卵大好きな私の卵グッズコレクションと卵レシピです。
こちらのお教室で習ったエッグアート(卵の殻にビーズなどで装飾したもの)の作品もいくつか紹介させていだだいています。
シルバーのエッグスタンドはイギリスの1900年はじめの頃のアンティークです。生命誕生を意味する卵は、神聖なもので大切に扱われたので、こんな手の込んだエッグスタンドが作られました。(卵の陶器はヘレンドで最近のものです)

☆2007.3.24 「アフタヌーンティー ~ お茶の入れ方のポイント
イギリス人のおばあちゃんアンから教わった紅茶の入れ方を。
100歳近いアンのお部屋は、すべてピンクで統一されていてとてもかわいいんです。その中にピンクの花柄のアンティークのティーポットが飾ってあって、おばあちゃんからもらったものだとうれしそうに話してくれたのを思い出します。
  
☆2007.3.20 「アフタヌーンティー ~ ティーポット、ティーコジー
アールデコのシルバーのティーポットは、私のお気に入りです。何ヶ月もかかって作ったティーポットカバーは、アメリカに咲く花を刺繍してみました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ケセララさん:アメリカ人のような長い手足です!でも不可能なので、中国の玉(ぎょく)の湯のみセットにします(笑)お茶がうっすら透けて見えてとても美しいですよ。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ケセララさん:私がアメリカに来た15年前は《変人》の話題が多かったように思います。変人といっても、何かのプロフェッショナルだったりして世の中のために活躍する人たちのことです。でも最近は《変人》じゃなくて、どうしようもない《変態》のニュースばかりで悲しくなります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ケセララさん:私のブログにおいでいただきありがとうございます。
アンティークコレクションにスタイルや決まり事はありませんので、自分の目で選んだアンティークを大切に使ってあげてください。使えば使うほど愛着がわいてきますよ。これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ケセララさんが好きなブログ、気になるブログ】

☆「東京ねこ小屋生活
チョコレートやケーキ、香水情報は専門家のよう。でも面白おかしく説明してくれます。
お菓子屋さんの社長さんからお礼コメントが入った事もあるんですよ。
   
☆「café ‘blanc’
北海道のお洒落な生活を綺麗な写真と一緒に見られます。
とてもおいしそうなパンをあっという間に作れる腕とセンスの持ち主です。
北海道に住みたくなりますよ。
   
☆「桜色の日々
まさに桜色の心温まるブログです。
家族のお話やコレクティブルの食器の話をとても分かりやすく説明してくれます。
ロマンティックなものが好きな方は必見です。

☆「普通な暮らし
彼女の凛とした態度と優しい心を持っているところが大好きです。
そして彼女の生まれ持ったセンスがとても羨ましいです。勉強させていただいております。

☆「チワワとトラ猫
言わずと知れたペットブログ。二匹のかわいさもたまりませんが、文章がとにかくおもしろくて楽しませていただいています。



【ケセララさんのライフログ】

素晴らしき哉、人生〈特別版〉
/ ビデオメーカー

アメリカのアンケートで『生きる勇気を与えてくれる映画』でいつも一位に輝くこの映画。
悩みなんて自分が生きている価値に比べたらほんの小さなものだ、と教えてくれます。
ラストシーンは何回観ても涙が止まりません。

ケセララさんの「アンティークな小物たち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-02-05 16:50