今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_15594093.jpgほわほわした毛のぬくもりが伝わる手のひらサイズのぬいぐるみ。「こすふ」ちゃんの愛称で知られる緑のクマや、ひょうきんな悪顔のクマをはじめ、ウサギやヤマネ、ネズミ、トナカイ、ルリビタキなど…。羊毛フェルトで作ったやさしい風合いとかわいい表情のハンドメイドの小さな動物たちがたくさん登場します。
寒~い冬でも、見ているだけであったかい気分になれる、そんな癒し系ブログ、「マイニチオキラク」のみのまよmsynkzwkさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
みのまよmsynkzwkさん:こちらこそ、お世話になっています。
ブログのきっかけ・・・旦那が内緒でブログを始めていたことに対抗したかったから!
ちょうど羊毛フェルトの動物たちをいろんな方に見て欲しくなっていたということもあったし、ならば自分もと。ブログの前からHP(すふれ工房)をやっていて、でもこれは夫婦2人の作品をぬいぐるみの“すふれ”が紹介するという設定なんです。だから自分の作品に偏ったものを!なんて欲もありました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
みのまよmsynkzwkさん:羊毛フェルトで動物を作ったり、テキトーな写真を撮ってみたり、たまに凹んで愚痴をこぼしたり、というユルイ日常を綴ってます。
動物が好き→羊毛フェルトっておもしろそう!もしくは、羊毛フェルトが楽しい→こんな動物がいるんだ!って感じで繋がりが広がっていったら楽しいな!って思ってます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ブログのよさは?

みのまよmsynkzwkさん:たまにブログに登場するぬいぐるみ「すふれ」が受け入れてもらえた事?じぶんにとってはすごい発見でした!
ぬいぐるみが好きな人同士では当たり前の「ぬいぐるみには魂がある!」という事に付き合っていただけるという幸せ。なかなか実生活上の知人には話せないですもの。でもブログならこんなおバカな内容にも、お付き合いいただける方がみつかるわけで本当にありがたいです。
あとは、文章を考える機会が大人になると減るでしょう?ビジネス以外だと慣れた人とのmailや会話ばかりで人として横着になる気がするんですよね。人に伝えよう!という意識を持って文章を考えるのは、とても大切なことなんじゃないかしらと感じてます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
みのまよmsynkzwkさん:乱暴者(よく物を壊すので)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
みのまよmsynkzwkさん:かなりの恥ずかしがりやなんですよ。会ってみたいと思ってもなかなか・・・。
でも、*yagi-ya* memoのmakiさんとお会いできたのはうれしかったです。
作ってらっしゃるヤギちゃんたちのように穏やかで優しい方でした。
お会いした時、かなり挙動不審になってしまって後で凹みましたけど。。。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
みのまよmsynkzwkさん:実家の庭で写真を撮ること。いろんな花が咲いていたり、自分たちの作品を持ち込んでみたり。無茶な格好で写真を撮っても不審者にはならないので、自由に楽しむことができます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
みのまよmsynkzwkさん:おばあちゃんになったら、近所の踊りのサークルに入っておそろいの浴衣を着て、盆踊りのやぐらの上で踊ること。これ、小学生の頃からの夢なんですけど。

エキサイトブログ編集部:羊毛フェルトのぬいぐるみ作品はとてもあたたかみがありますが、羊毛フェルトに魅せられたきっかけやその魅力は? また、自分らしい作品作りやこだわりなどがあれば…。
みのまよmsynkzwkさん:子どもの頃からぬいぐるみが大好きでした。でも最近のぬいぐるみってキャラクターものが多かったり、自分の好みではなかったり。器用なら自分で作っていたのでしょうけど、それもできなくって。そんな時、偶然TVで羊毛フェルトが紹介されたんです。針と糸を使わなくっても人形が、しかもやわらかい人形が作れるなんて。翌日手芸店に走り早速チャレンジ。私に合っていたんでしょうね(^▽^)
TVを見たのが2006年9月ですから、フェルトを始めて1年4ヶ月になります。

実際に羊毛に触るとふわふわであたたかくて(夏はちょっと暑いけど)、その上単純作業を繰り返すことで形になるという達成感もありますから、ストレス解消にピッタリなんですよ?羊毛をチクチク針で刺していくと、サクサク音がしてそれも心地よいです。
いまだ自分らしさというものがわからずジタバタしてますが、リアルすぎず可愛くなりすぎずを目標に日々精進しております・・・。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
みのまよmsynkzwkさん:家族と一緒に過ごしたり、ぬいぐるみを抱きしめたりすると安心します。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
みのまよmsynkzwkさん:★気に入っている記事は
●「緑のクマ君」 07.2.18
マイニチオキラクを見るにあたり必要な知識?!緑のクマ「すふれ」と「こすふ」。
これが受け入れられるかによってお勧めの記事が変わります?!

●「こすふの部屋」 07.3.15
緑のクマのミニチュア「こすふ」が、私の作った羊毛作品を部屋に招いてインタビュー?畳にちゃぶ台・・・そんなこすふの部屋を訪れるフェルトの動物たち・・・。
人生相談や他の作家さんの作品紹介などホストの“こすふ”ががんばってますけどうまくできているのかな・・・? 
読者にも好評だったシリーズで「こすふの部屋 番外」や「こすふの部屋2」「こすふの部屋3」などもあります。

●「羊毛フェルトの鳥を庭でパチリ-FG-20-」07.8.21
羊毛で作ったルリビタキを実家の庭で撮影。しかもフィルムカメラで。
なんとも爽やかな仕上がりになりました。

●「悪いくま続々登場~♪&カウプレ予告 07.4.10
私の作る作品でおそらく1番人気の“悪いくま”。この時はカウプレの賞品として写真を掲載しました。

●「羊毛フェルト ウサギの作り方」 08.1.24
羊毛フェルト普及企画?私ができる羊毛フェルトへの恩返しです。簡単なウサギの作り方をUPしました。ちょっとやってみようかな?って方がいらしたらご覧になってください。

★読者に好評だったのは
●「Felting Posse4 中間報告」2007.10.14
初めて参加したイベントのレポートです。年2回フェルトだけのイベントが開催されています。
カリスマ羊毛作家さんも出品されているのです!遠くにお住まいの方に雰囲気だけでも味わってもらおうとレポートしてみました。
記事をみて興味をもたれた方は4月にも開催されますのでゼヒ遊びに来てください!

●「posseに出品する作品 アレコレ」 2007.9.9
「野鳥」「悪いクマ」をご紹介。写真の後ろにある、我が家の羊毛作品展示についても写真を公開しちゃいました。初参加のイベント前でテンパっている頃の記事です。
皆さんからの励ましでずいぶん救われてます・・・。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
みのまよmsynkzwkさん:リズム感です!
音楽をやっているわけではないのですが、どうも円滑に生活を送れないのはリズム感のなさが影響している気がしてならないのです。ライブに行っても、変なノリになりそうでモジモジします。運動が苦手なのもリズム感がないからだと思ってます。「リズム天国」とか「たいこの達人」をDSでやったら少しはよくなるかと・・・。無理ですかねぇ・・・。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
みのまよmsynkzwkさん:気になるのはニュースを流すマスコミの姿勢。たとえば食品の話題でも異物混入があんなに話題になったのに、今は偽装問題ばかりでどこも同じ報道、視聴者が飽きた頃には次の刺激的なニュースを・・・という、この繰り返しが見ていてイヤになります。だって、視聴者が飽きたって問題はなくならないし、その前に話題になっていた問題だって解決したわけではないでしょう?自分も偏ったところがないわけではないですが、最初から誘導されてしまうのはいやだなぁと。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
みのまよmsynkzwkさん:お付き合いいただきありがとうゴザイマス!!
ただのぼやきでしかない時も、温かく見守ってくださる方々がいるというのは救いです。
羊毛フェルトのあたたかみが少しでも伝わればいいなぁ、動物に興味のある人が増えればいいなぁ なんて思いながら、ゆっくりゆっくり続けていきたいと思ってます。これからも「マイニチオキラク」をよろしくお願いします♪

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【みのまよmsynkzwkさんが好きなブログ、気になるブログ】

UPを楽しみにしているブログはいっぱいあるのですが、今回は作品を作るにあたり参考にさせていただいている方のブログを・・・。(除く羊毛関連)

*pure hearts*
羊毛始める前から好きです。まっすぐに動物と向きあう姿勢、そのなかで愛らしい表情を捉えてらっしゃるなぁと。動物以外の写真もキレイで、仕事に疲れるとのぞきに行ってしまいます。

動物園でお散歩 
リッピさんの動物への愛情に感動してます。いろんな動物の表情が豊かに表現されていて、かわいらしくも凛々しい姿がたくさん見られます。動物園に行きたくなるブログなんですよ。

動物チラリズム(やきそばかおる・カメラ目線写真)
面白い表情、目線を根気強く待ってるんだろうなって思うと、その忍耐力がすごい!!そして絶妙なコメント。「見たか同志」というフレーズが大好きです。

行こうよ♪動物園 photolog Zoo 
いろんな種類の動物が分類されていて非常に参考になります。立派な動物図鑑なんですよ。こちらのブログで動物をチェックして、次に何を作るか?なんて考えたこともあります。

photogenic animal!
パンダを愛する私にとってパラダイスなブログさんです。パンダをいろんな角度から撮影されているので、ずーっと見入ってしまいます。



【みのまよmsynkzwkさんのライフログ】

小川未明童話集
小川 未明 / / 新潮社

赤いろうそくと人魚で有名な日本のアンデルセン 小川未明の短編集。言葉遣いのキレイさとそこはかとなく流れている辛さ、切なさが好きです。お気に入りは「小さな針の音」に描かれている忘れてしまうという傲慢さ。改めて読み直して欲しい1冊です。

はじまりの空 (ピュアフル文庫 に 1-1)
楡井 亜木子 / / ジャイブ

18歳の女の子の大人になる前の不安定さがとても愛しい。
とにかく気持ちの揺れという揺れが丹念に書かれているので、読んでいるとヒリヒリした痛みを感じます。

みのまよmsynkzwkさんの「マイニチオキラク」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-01-29 15:52

c0039735_14291258.jpg猫やうさぎの置物に戸棚や引き車がついていたり、古美術風の古めかしい木でできた人形を制作したり…。絵本から飛び出したような人形たちのアート作品など。どれをとっても実に個性的でユニークな作品を手がける“造形作家”として活動。そんな物作りの日常をつづったブログ、「ぞうけーさっかな日々」のta-gu-chiさん。
昨年11月に開催された「EN博」にも参加され、たくさんのエキサイトブロガーの注目も集めました。次回「EN博2」では代表者の一人として企画を考案中という、そんなta-gu-chiさんに登場していただき、EN博2の話題についても語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ta-gu-chiさん:こちらこそ情報発信の場を与えていただきまして、ありがとうございます。まずはお礼申し上げます。
ブログを始めたのは2004年の2月です。前年からやっているHPを更新するのが面倒臭くなりまして、ブログってのが便利らしいぞってことで・・・。
ちなみに、その頃は別の某有料サービスだったんですね。ところが、私、Mac派なんですが、いろいろと使い勝手が悪くなりまして・・・。
当時エキサイトのスタッフブログに、「Macユーザーに愛されるブログを目指します」、みたいな文章があって、もう一発で乗り換えました。
というわけで2005年の11月からこちらでお世話になっています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ta-gu-chiさん:もともとは本館HPの雑談コーナーみたいなものだったんですが、今は作品の制作過程、講師をしている教室の作品発表、あと相変わらず雑談と、見境なくやっています。
タイトル通り、造形作家の日常報告でしょうか。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? また、EN博でグループ展に参加されましたが、参加されてよかったことは?
ta-gu-chiさん:ブログの初期の頃には、ブロガーが物怖じしないで、まったく通りすがりに、いろいろなコメントをくれる空気があって、とても新鮮だったし、可能性を感じたのですね。
それがだんだん、世間がウェブに慣れてくると、最初の混沌が消えて、その分全体におとなしくなった気がするんです。みんな小さなグループ内で交流している感じですね。
で、バーチャルで仲良しもいいのだけれど、どうもそれだけだと広がらないものがあるんじゃないか、やっぱりリアルは大切だと。そう思った部分がありまして・・・。
EN博への参加はある意味、従来のブログの殻を破る試みだったかもしれないですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ta-gu-chiさん:さっきの質問から続いてしまうのですが、とはいえ、交流の道具としてのブログは素晴らしいわけです。普通なら絶対知り合えない人と簡単に出会えるわけですから・・・。
少なくともEN博のように、年齢もジャンルもバラバラなメンバーが出会えるきっかけはブログ以外ないように思います。
ただそれを単なる出会いで終わらせずに、より実り多いものにしていくには、これからはブロガーの方もそれなりのスキルを持たなくちゃならないのかなと、そう思っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ta-gu-chiさん:(これいうとブーイングがあるんですけど) 本来引っ込み思案ですね。人見知りもします。
本当にブログでいろんな人から声をかけてもらえないと、影薄いですね。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
ta-gu-chiさん:EN博で会いたい人には軒並み会っちゃったんですが、あらためて文章から想像する容姿なんてのは、まったく当てにならんもんだと(笑)
まぁ、皆さんも私のことをもっと老人だと思ってたようですが。(大笑)

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ta-gu-chiさん:うーん、モノ作り一般は当然として、料理とか、B級グルメとか、健康ランドのサウナとかですかねぇ。
あっ、これは誰にもいったことがないんですが、妄想好きですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ta-gu-chiさん:四十過ぎていうのもなんですが、作家としてのし上がってやろうかなと思ってます。妄想じゃないですよ。

エキサイトブログ編集部:とても魅力ある造形作品をブログでもご紹介していますが、造形作家になるきっかけやモノ作りの楽しみは?また、自分らしい作品づくりで心がけていることやこだわり、表現したいことなどがあれば…
ta-gu-chiさん:もともとは美大をでて、高校の美術の先生でした。とにかく図画工作の好きな子供が、美術の先生になれば、毎日美術だと、そう考えた結果ですね。
それが自分でも何とも説明し難いのですが、どうしても一度作家として勝負したくなっちゃったんです。それが39の時。
それまで絵を描いていたのですが、実は立体が好きなんだと気づいたのもその頃で、退職と同時に家具の学校に通って、木工機械なんかの使い方を教わりました。
以来よく出来た妻のささえで、なんとか造形作家を名乗って生活しております。
HPの中の「造形作家を名乗るまで」というコンテンツを見ていたただくと、そのあたりのこと詳しく書いてありますので、ぜひ。

こだわりとは違うかもしれませんが、彫刻の分野、家具の分野、人形の分野とそれぞれ素晴らしい作家がおられて、とても太刀打ちできないので、家具+人形+絵画みたいに、分野を横断して作っています。それで「お腹に扉のある猫」みたいな作品になるんですね。まぁ隙間産業みたいなものです。
あとは、あまりきれいなものはどうも苦手なので、アメリカ辺りの200年くらい前の古材とか、多摩の木工所で捨てられていた、半分腐った木とか、そんなものを使うことが多いかな。他の部分もそれにあわせて古い感じで仕上げたりします。
c0039735_16151477.jpg

エキサイトブログ編集部:EN博2も企画中のようですが、今回はその代表にもなっていらっしゃるので、次回のEN博に向けて思うことは?
ta-gu-chiさん:はい、現在あえて会期や会場を決めずに、メンバー募集からやり直しています。
今後いろいろな仕掛けも考えているのですが、まずは最初に声を上げてくれる、コアなメンバーを見極めたい思いもあるんです。
今のものつくり系の人を取り巻く環境というのは、必ずしもやさしくないと思うのですよ。
一部のメジャー作家は別として、多くのクリエーターは常に発表の場を求めているわけですが、なかなかそれがかなえられない。
しかも個人では、大変な労力と資金をかけても、思ったほど多くの人に見てもらえない。
これは共通の悩みなんですね。
で、わたしたちとしては、EN博でそのあたりを打破したいというのが、今回のもくろみです。
つまりブログの力を生かして、リアルに作品を見にきていただける方を最大限集めてみたいということです。
じつは壮大な夢なのですが、将来的にはEN博に参加することが、ある意味ステータスになるような、そして、アート系のブロガーは、エキサイトでブログを開設するのがスタンダードになるような、そんな展開を考えているんです。もちろん妄想じゃありませんよ(笑)

今回は前回の状況もふまえて、エキサイトさんにも応援いただけるようですし、とりあえずメンバーが固まってきた時点で、しっかりプレゼンにお伺いしたいと考えていますので、その時はひとつよろしくお願いしますね。

それから、実はこれを見ているクリエーターの皆さんにも、この場をお借りして、ぜひEN博参加をご検討いただきたいのです。
条件はプロアマ問わず、クリエーティブなことに情熱を持つ人です。
少しでも興味がありましたら、EN博ブログをご覧下さい。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ta-gu-chiさん:妻とくだらない話なんかをしていると癒されるのかな。感謝してます。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
ta-gu-chiさん:最近の個展に出して、今年の年賀状にしたものですが、2008/1/1 「明けましておめでとうございます」で紹介した作品。
この作品はわりと納得いったものです。かわいくないとか、周囲からいろいろなことを言われたのですが、わたしはこの顔が気に入っているんですがねぇ・・・。タイトルは尾崎放哉の句から「乞食の児が銀杏の実を袋からなんぼでも出す」。出来た作品を見ていたら、自然に浮かんできまして、そういう意味からも、いい作品なのではないかと思ってます。

次に、クリスマスの時のエントリーですね。2007/12/24「めりーくりすます」。
パブリックアートみたいな形で、作品を展示できないかと常々思っていまして、教会に展示させていただく話をいただいた時は、大変うれしかった。幸い場の雰囲気にもマッチしたのではないかと、自画自賛しています。

それと評判だったかどうかはわかりませんが(コメントついてないし)、私が好きなので。2006/5/24「三毛猫、ブチ猫、黒猫・・・・・」。
作品を買って下さった方から、ご自宅で、作品と戯れる猫の写真を送っていただきまして、これがツボに入ったわけです。おもわず画像を加工して遊んでしまいました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
ta-gu-chiさん:広い作業場です。どこかに閉鎖した木工所とかないですかね? 光熱費と水道代だけで貸してくれるところ(あるわけないですね)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ta-gu-chiさん:一応元教員なんで、教育関係のニュースは気になります。持論は役所は教育から手を引け(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ta-gu-chiさん:いつも本当にありがとうございます。上の方で偉そうなことをいっているわりに、自分では人様のブログにコメントつけたりするのも躊躇する方で、地味なのは自覚しております。
そんな中でもコメントを寄せて下さったり、定期的に訪問していただいたりするみなさんのおかげで、なんとか更新を続けております。
今後とも末永く、よろしくおつき合いのほど、お願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【ta-gu-chiさんが好きなブログ、気になるブログ】

EN博ブログ
ご存知、前回EN博から続く、メンバー共同運営のブロクです。間もなく本格的に再始動する予定。

★薔薇の果実★
イラストレーター、はるへさんのブログ。何で中年男がこんなかわいらしいページを見ているのかといえば、深いわけがあるのですが、そのうちブログにでも書きます。

かたん工作日記
鉄の作家たける君のブログ。同じ立体系のクリエーターとして、彼の作るものは気になります。鉄の制作過程には興味津々。

つかさ不動産鑑定事務所「社員のいいたい放題!」ブログ
よくコメントをいただくご縁で見に行くようになりました。わたしは民間企業をよく知らないのですが、何か楽しそうに仕事している会社だなぁと。

内田樹の研究室
エキサイトじゃないし、超メジャーなブログなんですが、この人の語り口は好きなんで、一応硬派なのも見てるぞってことで。



【ta-gu-chiさんのライフログ】
Religion (Eyewitness Guide)
Myrtle S. Langley / / Dorling Kindersley Publishers Ltd

日本だと、ビジュアル博物館というタイトルで出ているシリーズです。
大英博物館の標本をもとに作った安価な写真図鑑ですが、絶版になったり出版元が変ったりしながら、断続的に発売されていて、今では手に入り難くなってしまいました。
とにかく眺めているのが楽しくて、古本屋で見つけると買ったりしています。

ta-gu-chiさんの「ぞうけーさっかな日々」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-01-22 16:47

c0039735_18155870.jpgとてもダイナミックで躍動感あふれる写真から、しっとり落ち着いた日本の四季や自然の美しさを感じさせる写真まで。見ている人に何かを感じさせ、感動を与える写真に、毎回数多くのコメントが寄せられています。写真の見せ方や編集のセンスのよさにも注目です。今週は、そんな人気の写真ブログ「White Board-b」のhideさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hideさん:私のほうこそエキサイトブログ様にはいつもお世話になってて心から感謝してます。
これからもヨロシク。
2005年の5月です。当時丁度ブログが流行り始めてて、
テレビであのLIVEDOORの堀エ門がこう言ったのです。
「えっブログ知らないのですか?」とね。
実は私も詳しく知ってなくて(笑)
これは知っておかないとと思い始めたのがきっかけなのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hideさん:始めた当時は「映画の寸評」「時事ネタ」が中心だったのですが、
あるときフォトブロガーの皆さんの素晴らしいブログに感化されまして、
今ではすっかりフォトブログと化してます。
ジャンルは「花」、「風景」、「街・人」、「鳥」、「祭り」等々なんでもありです。
ただブログのアバウトにも書いてますが"一枚の写真から何かを共有できたら・・"がモットーで
皆さんと一緒に楽しんでゆきたいといつも思ってます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ブログのよさは?

hideさん:やはり新しい「出逢い」ですね。
私は趣味を通じての友人はひとりもいませんでしたが、このブログを通じて日本全国の素晴らしい方々と出会うことができました。
国内に留まらず海外で活躍されている方々とも。
他のブロガーさんもきっと一緒だと思いますよ。
インターネットの普及とブログと言う活用手段がなかったら、こんな素敵な出逢い、発見はできなかったと思います。
あと、個人的にはカメラ、写真を撮るということが自分にこんなに向いてたのか、
ということに気がついた、という発見も大きかったですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hideさん:感動屋さんかな(笑)
とにかく涙腺が人一倍弱くてドラマ見ては、涙、スポーツ見ては、涙 ^^;
ブログでは2年前から全国的に有名な「よさこい祭り」を撮ってるのですが、
踊り手の皆さんの素晴らしい感動の笑顔ショット見るだけで、涙が出ちゃうんです。
自分で言うのも変かもしれませんが、そんな純粋で優しさだけがとりえの男かな(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hideさん:ブログを通じて親友になれたHeartBeat-ParadiseのCOBRAさん ^^
彼とはそうですね・・2年近くのお付き合いになりますがネットだけで付き合ってるときから、
他人とは思えないくらい心が通じ合いました。
男同しの・・なんていうんでしょうか。たぶん共通点が多いところがそう思わせたのでしょうね。
昨年5月に東京で大規模なオフ会がありまして、その時に初めて彼とであったのですが、
予想通り初めてとは思えない素敵な出逢いになりました。
彼の撮る人物(踊り主体にスポーツ、ミュージシャン)は本当に生きてるんです。
他にも沢山素敵なブロガーさんで一杯、
そう、あなたにもぜひお逢いしたい ^^  あなたです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hideさん:今ではやっぱり写真撮影です。
写真にとりつかれる(笑) 以前はパソコンの自作が趣味で、いつも何か作ったりしてたんですよ。
今ではお小遣いは全てカメラ機材、といっても今の機材で十分なので、もうこれ以上揃える気はありませんが。
でもほしいレンズは・・・(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
hideさん:夢とは・・夢で終わるもの? それとも強く思えば叶うもの?
拙い私の写真ですが、いろんな方に見てもらって、
少しですが、なんだか役に立ってる面もあるんです。
というのはあるレストランのホームページに料理フォトを沢山使ってもらったり、
地域の祭りの写真をその公共のホームページで沢山使ってもらったりと。
昨年も秋のコスモスの花を見てあるリハビリセンターの介護師の方から
リハビリに頑張ってる皆に見せたいというお手紙を頂きお送りしました。
こういうことが継続的にできるようになったら、どんなに素晴らしいだろうといつも思うのです。
夢だけど・・叶うといいなあ ^^

エキサイトブログ編集部:ダイナミックで何かを感じさせる写真の数々ですが、hideさんにとって写真を撮る楽しみは?また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることや写真をアップする際のこだわりなどがあれば…
hideさん:えっ? 嬉しい言葉だな~ ^^ 何かを感じさせる・・
最初の質問でも言いましたが「一枚の写真から何かを共有できたら・・」これを
いつも心がけて写真を撮るようにしてます。
いろんな被写体に向き合って被写体から何かを語りかけてくれるように、
それを見ていただける人にも伝えたい。いつもそう思ってるんです。
だから、「優しさを感じる」、「何か伝わってくる」とか、とても嬉しい言葉です。
アップする際はできるだけ少ない枚数で感動が伝わるようにと注意してます。
それと・・視覚的に見て楽しい、インパクトがあって記憶に残るような編集を心がけてます。
ロゴもその写真に似合ったお洒落な編集を常に心がけてます。
そういう意味で写真もアートだと思ってます。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
hideさん:生活していく中で時間の過ぎるのがすごく早く感じてます。
だから特別に大切にしている時間、というよりは、1日、1時間、1分1秒を常に大事に有意義に過ごしてゆくように心がけてます。
そんな中でも癒されるのは朝早くプラットフォームから眺める朝焼けのグラデーション♪
お気に入りの場所から眺める夕景、最高に癒されますよ。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っている作品、また、読者に評判だったポストは?
hideさん:そうですね、自分自身この一年で撮った写真の中で一番気に入ってる作品といえば・・・

◆モノクロ作品なのですが『手賀沼』です。
この沼は27年間連続で全国の湖沼でワースト1の汚い沼だったのですが住民の努力で
今では素晴らしく綺麗な沼となっています。
そこで撮った沼の写真、そして静かに泳ぐ白鳥の姿 私の一番の気に入りです。

◆東京スーパーよさこい 2007
vol1.
vol2.
ここ数年で全国的に数百以上の祭りで凄い盛り上がりを見せている「よさこい」祭り、
私も2年前から撮りはじめてますが素晴らしい感動の祭りです。エキサイトブロガーの皆さんも
今年はかなりの方々がアップされたように思います。
この記事も私のお気に入りです。

評判が良かったのは・・・

◆私も大好きな花、秋のコスモスや曼珠沙華、そして紅葉です。
中でも最初のコスモスは皆さんに気に入っていただけたので、ご希望いただいた方皆さんにフォトカードにしてお送りさせていただきました。

BISTRO 四季音
この記事も皆さん方から「おいしそう~♪」ととても評判が良かったです。 ^^
毎年正月に家族で私の田舎のレストランで食事をします。
その時のとても美味しい料理の写真です。料理の味はもちろんの事、スタッフの皆さんの
心温まるおもてなし、山口へおいでの際はぜひお立ち寄りを ^^

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
hideさん:物質的欲望よりも精神的な欲望で、「心の豊かさ、ゆとり」です。
仕事、家庭、人生いろいろと悩みも多く精一杯頑張っている毎日ですが、
やはり不安はいつも付きまといますよね。
一時でも心が平穏で優しくなれる、そんな時間を増やしたいといつも思います。
長期休暇、フリータイムがあれば・・そうですね、やはり大自然の素晴らしい景色が堪能できて撮影できる場所へいきたいですね。
例えば・・アフリカの地平線に沈む夕陽を撮るとか。(無理だろうな~)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hideさん:暗いニュースが本当に多いですよね~。
家庭の中での関係がとても気薄になってきて、とんでもない事件があちこちで。
とても悲しい事です。私も3人の子供がいますが、親子のコミュニケーションがちゃんと取れているだろうか・・・といつも気になります。
でも最近は写真によって新しいコミュニケーションが生まれてるんですよ ^^
嬉しい事です。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hideさん:沢山の皆さんが来てくださり、暖かいコメントを残していただいてます。
本当に嬉しい限りで心から感謝しています。
一度ブログを閉じたこともありましたが、皆さんの暖かな励ましと以前にも増してのコメントでの優しい言葉、きっとこれからも続けていけると思います。
これからもよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【hideさんが好きなブログ、気になるブログ】

私としてはベスト5とかランクをつけることはできません。
皆さんのブログから素晴らしいものを学ばせていただき、刺激を頂いてますよ。
私のホームページ「photolabo」に、全国の皆さんからの出展写真で成り立っている「みんアル♪」というページがあります。
出展者はほとんどエキサイトブロガーの友人で100名を超える全国の仲間から送られてきた 「夕景」、「さくら」、「紫陽花」、「夏の風物詩 祭」の素晴らしい写真を一同に展示してます。
そこから皆さんのとこへリンクしてますのでぜひ伺ってみてください。お勧めです。



【hideさんのライフログ】
アラスカ 星のような物語 ~写真家・星野道夫 はるかなる大地との対話~
/ マーベラス エンターテイメント

星野道夫さんの 公式サイト
私の住む千葉県市川市にこんな素晴らしい写真家がいらっしゃいます。
何度見ても涙が溢れてきます。

hideさんの「White Board-b」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-01-15 18:16

c0039735_1350266.jpgユニークなぼうしブタのキャラクターでおなじみ。ほのぼのした日々のエピソードや、遠距離恋愛中の相棒「ふとんいか」くんとの漫才のようなやりとりが読者に人気の「ぼうしブタ絵日記」。昨年1月のピックアップブロガーでもご紹介しましたが、そんなえのきのこさんのブログが出版化され、好評を得てらっしゃいます。
そのお祝いに、今回は2008年新春特別インタビューとして、えのきのこさんに再度登場していただき、出版にまつわる話やブログを通じてますます増えた楽しみなどを語っていただきました。

エキサイトブログ編集部:ちょうど1年前の1月にピックアップに登場していただきましたが、昨年を振り返りながらまずはえのきのこさんのご近況を…。
えのきのこさん:まずは、ピックアップに取り上げていただきまして、本当にありがとうございました。
去年は、いろんな方との出会いがあって、大変充実した1年でした。その縁がつながって今現在もお仕事や、その他いろいろな事を体験させていただいております。
人の縁て本当に大切ですね。ありがたい事です。

エキサイトブログ編集部:2007年の11月に「ぼうしブタ絵」のブログが書籍化されたようですが、そのいきさつや本になったことに対する感想は?
えのきのこさん:ひょんな事から、このキャラクターを気に入ってくださった、デザイナーさんがなんとか本にできないかといろいろ労を尽くしてくださいまして、出版に至りました。まさかこのオリジナルのキャラクターが本になって世の中に出て行くとは、夢にも思っていなかったので、本当にうれしい限りです。
私には遠距離恋愛をしている彼がいるのですが(ブログではふとんイカという名で出ています)、その彼とのやり取りをおもしろおかしく描いた内容になっています。相当能天気な感じで描いているので、あんまり深く追求しないで読んでいただきたいです。(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログを書籍化するには苦労されたことも楽しいこともあったと思いますが、どんな点がいちばん大変であり、やりがいがありましたか。
えのきのこさん:あんまりいやらしくならない事を念頭に入れながら作りました。ただのノロケに見えるのが一番いやだったので。(笑)ブタ好きの私としては、何体もブタさんを描けた事が一番幸せでした。

エキサイトブログ編集部:ブログを本にする際、いちばん“自分のブログらしさ”を生かすために、こだわった点は?
えのきのこさん:とにかく、能天気さを出す事です。頭を使わずに読んでくだって、ちょっとでも笑ってくだされば本望です。

エキサイトブログ編集部:去年のピックアップブロガーに登場後、本にも収めたお気に入りの記事といえばどれですか?
えのきのこさん:毎年、ついうっかり彼(ふとんイカ)の誕生日を忘れては、罰ゲームをうけるんです。ブログの方ではその罰ゲームをうけてイラっとしながら描くので浅いのですが、本では結構真実にそって描けました。今年は、絶対忘れずに祝おうかと思います。(笑)

エキサイトブログ編集部:読者のみなさんにはどんな点を楽しんでもらいたいですか?
えのきのこさん:人間とぼうしブタ、ふとんイカの位置関係とか、ぼうしブタと、ふとんイカの気持ちの距離などを楽しんでいただけたらうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ブログをやっていて、改めて楽しみが増えた点や良かったなと思うこと。広がった出会いや人間関係などは?
えのきのこさん:ブログを通して出会った方は本当に多いです。お友達になったり、お仕事につながったりと様々です。
基本的に三日坊主なんですが、こんなに長く続けている事に驚いています。コメントなどに本当に励まされます。ブログは体が動かなくなるまで、続けていきたいです。

エキサイトブログ編集部:2008年の抱負は?
えのきのこさん:まずは、規則正しい生活(笑)と、今のつながっている縁をもっと大切に強くしたいなあと思っています。
またこれから出会う人との縁も大事にしたいと思っています。
細く長く生きていきたいです。

エキサイトブログ編集部:いま一番の楽しみや、えのきのこさんにとって幸せを感じることは?
えのきのこさん:うちには猫が2匹いるのですが、彼女たちと一緒に寝る事です。(笑)
お天気がいい時は一緒にベランダでひなたぼっこしています。
あとは旅とか、散歩する事です。

エキサイトブログ編集部:もしベストセラー作家になったら…まず何をしたいですか?大いに夢を語ってください。
えのきのこさん:ベストセラー作家…すごいですねえ。うーん、まずすぐに高円寺に引っ越します。2部屋欲しいので、そのくらいのペット可の物件にすぐ移ると思います(笑)数年前まで高円寺に住んでたんですが、本当に暮らしやすくてまた戻りたくてしょうがないんです。
あとは、屋久島とか、世界遺産巡りの旅に出たいです。

エキサイトブログ編集部:最後に、あらためて今年1年に向けて、読者のみなさんにメッセージをお願いします。
えのきのこさん:いつも、ブログを読んでくださいまして、ありがとうございます。これからも、こつこつと、ちまちまと少しずついろんなものを積み上げていきますので、暖かい目で見守っていてください!どうぞよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


ぼうしブタとふとんイカの遠距離恋愛のススメ
えのき のこ / / 河出書房新社

えのきのこさんの「ぼうしブタ絵日記」を読んでみましょう。
昨年のピックアップ記事はこちら
[PR]
by blog_editor | 2008-01-08 14:59