今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_22323695.jpg京都らしいわび、さびの世界が広がり、静けさの中に凛とした空気とゆったりした時間の流れを感じる写真の数々…。見ているだけで、「京都ってやっぱりいいな」と改めて思う人は多いはず。今回は、そんな京都の魅力や素顔がたくさんつまった「Spice of Life 京の街角」の作者、easykyotoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
easykyotoさん:ブログをはじめる半年くらい前に、すでにホームページを開設しておりましたが、観光サイト的な、割とかっちりしたものだったので、もう少し遊び心のあるものをと思いまして、1年半ほど前にブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
easykyotoさん:『京の街角』というサブタイトルは、『今日の街角』という意味でもあります。雑誌などでは紹介されない京都の日常の風景を毎日記事にしてお伝えしております。
写真に簡単な言葉を添えただけのものですが、このブログを御覧になられた方が、『京都に行きたいなぁ。。』と思って頂けたら嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
easykyotoさん:若い頃から時間があるとお寺や神社にいって本を読んだりしていましたが、カメラをはじめ、またホームページやブログをはじめたことで、京都好きの心に更に拍車がかかったような気がします。
また、数ヶ月に一回、『路地裏探検隊』と銘打って、日頃ブログでお世話になっている方々と集まって京都を探検するという企画を行っていますが、これのおかげでいろんな方と実際にお会いして親交を深めることができました。
あと、余談になりますが、コンテンツの内容が内容なので、世界各国からメールやコメントを頂戴します。英語ならわかりますが、それ以外の言語圏の方からメッセージを頂くとスパムと勘違いすることがあります(笑)。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
easykyotoさん:暢気な人、かな(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
easykyotoさん:皆さんも同じだと思いますが、いつも丁寧にコメントして頂いているすべての方々にお会いしたいです。特にはじめて間もない頃から温かく見守ってくださった方々には是非ともお会いして、鍋でもつつきながら語り合いたいと思います(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
easykyotoさん:ずっとバンドやってたんで、今でも楽器(ベース)を弾くのが一番好きです。あと読書。

エキサイトブログ編集部:夢は?
easykyotoさん:田舎でのんびり暮らすこと。

エキサイトブログ編集部:easykyotoさんにとっての京都の魅力、写真に表現したいことやこだわりは? また、写真を撮ることは生活の一部になっているのですか?
easykyotoさん:京都の魅力ですか...あまりにも多すぎてここには書ききれません、なんて言ったらインタビューにならないので一つだけ(笑)。
京都に古くから暮らしている人たちは、歴史や文化についての共通言語を持っていて、これが理解できないため、よそ者に冷たいという印象を受けるのだと思います。何回も同じところに通って顔を覚えてもらい、親しく言葉を交わすようになるとこれらの謎がひとつひとつ解けていくのですが、この過程が実に楽しいんですね。京都にリピーターが多いのはこのためかなと思うことがあります。
写真ブログを運営しててこんなことを言うのも変な話ですが、僕は写真が大好きという訳ではないんです。京都の良いところを皆さんに知って頂くには、写真が一番わかりやすいかなと思い、2年ほど前にはじめたばかりなんですよ。
週末になると撮影に出かけてますので、生活の一部になってると思います。

エキサイトブログ編集部:ご自身で気に入っている写真や読者に評判のよかった写真は?
easykyotoさん:評判が良かったというか、いろんな方からの問い合わせが多かったのは、2006年6月6日の『Once upon a time...』という記事です。あるところから教材にしたいから写真ごと提供して欲しいと言われました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
easykyotoさん:ゆったりとしたデスクとソファーセット。
あとでっかい書棚。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
easykyotoさん:中国の環境汚染関連のニュース。
実際に仕事で中国に行って、現場の状況を目の当たりにすると、人間の 罪深さを痛感します。
先人が私たちに残してくれたものを、今後も残せないはずはないんですが。。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
easykyotoさん:皆さんから頂戴するコメントが毎日更新の原動力となっております。
これからも懲りずに、末永くお付合いくださいませ。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【easykyotoさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

リンクさせて頂いてるすべてのブログです。
とても5つに絞れません...



【easykyotoさんのライフログ】

夏への扉
ロバート・A. ハインライン Robert A. Heinlein / 講談社インターナショナル

ハインラインのSF作品の中でもちょっと異色な作品です。
初めて読んだのは随分と昔のことですが、夏が近くなるとなぜか読みたくなる本です。
是非とも映画化して欲しいですね。

Afro Temple Percussive Atp01 Compiled & Mixed By Lava

ブラジリアン・テイストのコンピレーションアルバムです。
部屋を掃除してる時なんかによく聴いています。

easykyotoさんの「Spice of Life 京の街角」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-31 13:48

c0039735_137110.jpgまるで美しい更紗がささやいているように、やさしく流れる詩。子どもたちの笑顔から伝わるあたたかい温もり…。そんな、ジャワ更紗やインドネシアの人々のいきいきした表情をとらえた写真と詩の組み合わせが、独特のやさしい時間を紡いでいる癒し系ブログ。今回は「更紗の国から」のsarasa-reisiaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
sarasa-reisiaさん:インドネシアのジャワ島で手描きの更紗を作り始めて9年目になります。
私の更紗は、モティーフに合わせて職人さんを指名して作っているので、たくさん作ることが出来ません。
出来上がったものは、すぐに取り扱っていただいているお店にお渡しするので、なかなか多くの皆さんに見ていただくことが出来ませんでした。
お一人でも多くの方に、Reisiaの手描きジャワ更紗をご覧頂きたいと思ってブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
sarasa-reisiaさん:布を作るところから、蝋付け、染め、すべてを人の手だけで行うジャワ更紗には独特の温かさがあります。
アジアのものというと、ともすれば粗いイメージをもたれる事が多いと思いますが、手描きのジャワ更紗は、人の手だけで作ったとは思えないほどの精緻な技の結晶です。
その素晴らしさと、更紗を作っている穏やかなインドネシアの人々の日常をお伝えしたいと思っています。

そして、手描きの更紗には、何かを語りかけてくるような雰囲気があります。
特に写真に撮るとその声は、はっきりと聞こえてきます。
それは、ジャワの宮殿の中の様子だったり、その布が出来上がるまでの物語だったり、また遠いヨーロッパの童話の時もあります。
また、インドネシアの人々の写真も、あのね。。。と、私に話しかけます。
更紗やインドネシアの人々の写真を見ているうちに私の心に浮かぶ小さな詩。
その二つを組み合わせてお届けしています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
sarasa-reisiaさん:更紗の写真を載せたときに頂くコメントですね。
更紗が大好きでわたしのブログを見つけたとおっしゃる方、それから初めて手描きの更紗を知ったとおっしゃる方。
そのどちらの方のコメントも、私にとってはとても貴重です。
仕事を進めていく上での大きな励みになっています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
sarasa-reisiaさん:世界中のお会いした事のない方と親しくお話できることだと思います。
私自身インドネシアに住んでいますが、日本国内の方はもちろん世界の色々な都市で生活していらっしゃる方がコメントを送ってくださいます。
ブログならではの事と思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
sarasa-reisiaさん:う~ん。。。
やりたいと思ったことに関しては、必死でがんばる。。。
でも、それ以外はのんび~りですね^^

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
sarasa-reisiaさん:お会いしたいなぁ。。。と思う方は多いです。
わたしのブログにコメントを下さる方とは是非お会いしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
sarasa-reisiaさん:更紗のモティーフを探すことです。
どんなに疲れていても、古い更紗の本や写真を見ていると時間が経つのを忘れてしまいます。
本屋さんに行ったときも、モティーフの参考になりそうな本を探して数時間いることはしょっちゅうです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
sarasa-reisiaさん:夢は。。。
すごく現実的なんですが、毎月コンスタントに満足のいく仕上がりの更紗が充分な数だけ出来て、その更紗を心待ちにして下さる方のところへお届けする。
更紗を見てその方はすごく喜んで下さる。
良い結果を伝えに工房へ行くと、工房のオーナーや職人さんが大喜びをする。
「また一生懸命に良い更紗を作ろうね」と、みんなでワイワイ話す。
そんな事ですね。。。。
実際は、手仕事なのでトラブルも多くなかなか思うようにいきませんが。。。(苦笑)

エキサイトブログ編集部:更紗づくりを通して感じる魅力は? また、地元の方の人たちから受けるパワーなどがあれば…
sarasa-reisiaさん:手描きの更紗は同じものを作ることが出来ません。
「世界中に一枚だけの布」です。
その布を実際に自分の手に取ることができる。。。これは、大きな喜びです。
更紗を作ること、これは長い時間をかけて一枚の布を作り上げる辛抱強い作業の連続。
デザインと色を決めるのは私ですが、実際に作るのはインドネシアの職人さんです。
言葉はもちろんですが、考えや習慣が違う人たちに、希望通りのものを作ってもらうのはたやすい事ではありません。
何ヶ月もかけて蝋付けするので、素晴らしい仕事だったのに最後の最後で蝋が割れてしまうということもあります。
色々な問題をクリアして素晴らしい仕上がりの更紗ができた時には、いつも心がじ~んとします。

私はインドネシア以前もずっと海外で暮らしています。
インドネシアは、私にとっては4番目の国です。
以前に暮らしてきたほかの国と比べて、インドネシアの人たちはとてもやさしい印象です。
相手の気持ちを思いやることが自然に出来る人が多いと感じます。
そんな人たちだから、あんなに繊細な更紗を作ることが出来るのだと思います。
子供たちは本当に無邪気で純粋で、見ているとこちらまで和んできますね。

エキサイトブログ編集部:写真を見ながら詩を思い浮かべるのですか? 中でも、読者に評判のよかったポストやご自身でも思い入れのあるポストは?
sarasa-reisiaさん:写真を見て詩をつけています。
今までのポストの中で反響が大きかったのは「」というタイトルの5月27日のものです。
この日の朝、中部ジャワで大地震が起こりました。
この記事を書いた時点では、私は地震の詳細をまだ知りませんでしたが、この日のコメントには「祈りのような写真」と書いてくださった方もありました。
地震の直前に、私も中部ジャワの更紗工房に行っていました。
多くの写真があった中で、どうしてあの日にあの写真をUPする気持ちになったのか、自分でも不思議に思っています。

エキサイトブログ編集部:今、一番ほしいものは?
sarasa-reisiaさん:ものではないのですが、私が作った更紗を「好き」と言ってくださる方と、更紗を触りながらゆっくりお話がしたいんです。
その場所と時間がほしいですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
sarasa-reisiaさん:認知症の母殺人事件です。
夜、ニュースを一人で見ていましたが、見ている内にどうしても涙があふれてしょうがありませんでした。
本当に切ない事件でしたが、お母さんに対する愛情がひしひしと伝わってきました。
これからは、残った息子さんがあまり自分を責めずに、静かな生活ができる事を願っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
sarasa-reisiaさん:いつも私のブログにお越しいただき、温かいメッセージを残してくださって本当にありがとうございます。
ブログをはじめて皆さんと知り合えた事、とても嬉しく思っています^^

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【sarasa-reisiaさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
5つ。。。わぁ、難しいですね。。。
好きなブログがいっぱいあるんですが。。。
では、比較的お付き合いが長いブログから5つ。。。

about・ぶん
カリフォルニア在住のぶんさんのブログです。
人生について、実用的な英語表現について、また時事についても、軽妙な語り口ながらとても深い内容です。

ブレイクタイム_Diary
毎日の生活の中で感じられた事を瑞々しい文章で書かれているmarikomさんのブログです。
お宅の庭に咲いているお花の写真、楽しみなんです。

Zakka屋物語り
手作りのものを楽しみながら販売していらっしゃるlazyflowさんのブログです。
温かいほのぼのとした雰囲気です。
ブログをはじめて、身内以外で初めてメッセージを下さりリンクもして下さいました。
その時、私は「リンクってなんですか?」と、お答えしたのでしたー^^

物作りの日常
センスあふれるangeさんのブログです。
日常の片隅にあるものを、温かい視線で表現されます。
PC音痴の私の「助けて~」にいつもやさしく答えてくださるのもangeさんです。

一燈庵のまったり茶飲み話
癒される一燈庵さんのブログです。
とても清々しい、正に一服のお茶のようなブログです。



【sarasa-reisiaさんのライフログ】

あなたのために―いのちを支えるスープ
辰巳 芳子 / 文化出版局

本当に健康になるためにはまず食から!
その事をしっかり教えてもらえる、背筋が伸びるような本です。
夕食の買い出しの前に。。。


空からやってきた魚
アーサー ビナード Arthur Binard / 草思社

外国の人が書いたとは到底思えない、なめらかで心地よい文章の本です。
やさしいエッセイ集。
夜、眠りにつく前に。。。


ブローチ
内田 也哉子 渡辺 良重 / リトルモア

読むというよりは、手触りや雰囲気を楽しみたい、とても美しい本です。
私はちょっと寂しい気持ちの夜、本棚から取り出します。
ちょっと切ない夜に。。。


コンコルド広場の椅子
東山 魁夷 / 求龍堂

なぜだか、やさしい気持ちになれる本です。
椅子の柄の更紗を作っているときに何度も何度もこの本を開きました。
ゆったりした午後に。。。


sarasa-reisiaさんの「更紗の国から」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-25 14:12

c0039735_2135033.jpg思わずプッと噴出してしまう面白ネタがいっぱい。病院内の話題や人間関係をユーモアたっぷりに描いた人気ブログ。「現役産婦人科医てんつゆの しょーもない雑談」のてんつゆさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
てんつゆさん:大阪はとにかく暑い街ですねん。あの日はとにかく寝苦しい晩でしたわ。そしたら胸が苦しくなって目が覚めてもうたんですね。しかも体が動かずいわゆる金縛りの状態。
なんと、胸の上に20年前に死んだじいちゃんが乗ってましてん。それがゆうたんです。
「てんつゆ、ブログやってみい」
・・・もちろん冗談です。最初は、ただの気分転換ではじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
てんつゆさん:ブログでは、病院の中で起こった出来事や、ちょっとしたボクのホンネをイラスト付きで書いています。ブログ内の登場人物名はすべて仮名ですが、内容はまぎれもなく実話です。
関西人はとにかく人を笑わそうとします。世の中はいい学校に入って、一流企業に進みんさいと教えますが、関西ではいいネタを仕入れて、いいタイミングで笑わしんさいと教育されるわけです。この悪しき風習に染まったボクは、面白かった出来事を他人にしゃべったつもりで家でひとりグフグフ思い出し笑いをしてたんやけど、これではもったいないのでブログで表現するようになりました。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
てんつゆさん:いろんな方がボクのブログにすっとぼけたコメントをしてくれることです。「ブサイクで可哀相ですね」とか「せいぜい頑張ってください」とか。それに対しては怒りどころか喜びをおぼえます。それがとにかく面白いですね。笑わそうと思ってないところで、「お茶吹くほど爆笑しました!」と大絶賛されて、逆にせつない気持ちになったりもします。
この双方向性はまさに諸刃の剣です。グフグフ。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
てんつゆさん:皇帝ペンギンをみて少しぐらっとくる人です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
てんつゆさん:会ってみたいというより尊敬するブロガーは猫のめんまさんです(「でぶねこ☆めんまさん」)。恰幅のよい肉体、偉そうな口ぶり…、どこを取っても男として憧れの存在ですわ。糖尿には気をつけて欲しいですけど。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
てんつゆさん:中華料理屋でおなかいっぱい食べた後に一服しながら、雑誌のグラビアをみることです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
てんつゆさん:世界中の人がすべて幸せになった上で、自分がさらにちょっぴり幸せになることやね!!

エキサイトブログ編集部:いつも笑える話が満載ですが、ふだんから面白いエピソードを書き溜めておくのですか? ところで、てんつゆという名前の由来は?
てんつゆさん:面白いことがあれば、ポケットにしのばせているメモ帳に書いておきます。世の中は案外楽しいことで満ちています。その後、死んだじいちゃんが夢の中でネタを選んでくれるのでそれに従いますねん。
天つゆは、天ぷらの上手さを際立てる名脇役ですが、ボクもそんな人間になりたいと思って「てんつゆ」にしました。たまに「めんつゆ」と間違えられますが、それでもいっこうに構いません。

エキサイトブログ編集部:読者の反響は大きいですが、特にみなさんに面白かったと話題のポスト、ご自身でも思い入れのあるポストは?
てんつゆさん:「彼女が欲しい男」というカテゴリのポストが反響が大きいようです。ボクが彼女をつくろうと必死になっている姿に、読者の方は鼻の穴をふくらませて興奮してくれるんちゃいますかね。
ボク自身は、すべてのポストに思い入れがあるんですけど、「妄想だけならタダですよね」というカテゴリで妄想にふけってるときが一番楽しいです。いとも簡単に、美女と恋に落ちることができますがな。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
てんつゆさん:3日間フリータイムもらったらやっぱり、汗水たらしながらイラスト描きます。あと、鼻毛をじっくり抜きたいですね。放っておいたら、バカボンのパパみたいに鼻毛がカールするんですわ。これでモテるわけはありませんよね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
てんつゆさん:ニュースより、通勤途中によく見かける猫が最近太ってきたことが気になって仕方ありません。野良なのに、野良猫やというのに!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
てんつゆさん:すみません、じいちゃんはまだ生きていました。それにブログはじめたのは冬でしたがな。グフグフ。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【てんつゆさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

笑いのポートレート
お笑い芸人さんたちの表情が絶妙に描かれています。絵が描けるって素晴らしい!でも、ほっしゃん。の似顔絵だけ、全然似てないんですよね。

ドロップアウト産婦人科医の生活
同業・同年代の女医さんのブログです。野菜を育てたりしてロハスな生活を送ってらっしゃいますので、勝手に「ロハス女医」と呼ばせてもらってます。

江草 乗の言いたい放題
毎日何かを罵倒しているというが内容は極めて保守本流。ニヤけた顔、いいです。

でぶねこ☆めんまさん
体重9.4kgの巨大猫 「めんまさん」の画像・動画がボクを癒してくれます。脂肪は、必ずしも無駄ではないのです。

健康、病気なし、医者いらず
現役循環器内科医(Dr. Iさん)が、医者でないとわからない医療界の裏話などを書いています。



【てんつゆさんのライフログ】

完全覇道マニュアル―はじめてのマキャベリズム
架神 恭介 君主論 太郎 辰巳 一世 / シンコーミュージックエンタテイメント

君主論を駆使してクラスを統一する話ですわ。こんなの好きやわ。


暗号解読―ロゼッタストーンから量子暗号まで
サイモン シン Simon Singh 青木 薫 / 新潮社

フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
サイモン シン Simon Singh 青木 薫 / 新潮社

ビッグバン宇宙論 (上)
サイモン・シン 青木 薫 / 新潮社

とにかく夢中で読みましたわ。科学ってほんまにおもろいですわ。


皇帝ペンギン プレミアム・エディション
/ ジェネオン エンタテインメント

リュック・ジャケ監督
ぐらっときますがな。

てんつゆさんの「現役産婦人科医てんつゆの しょーもない雑談」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-18 14:00

c0039735_14444336.gifシンプルな中にセンスのよさが光る手作りの石けん&コスメ、バスソルトから、ヘルシーなお料理まで…。暮らしの中にハーブ&アロマを取り入れたナチュラルライフを楽しむ、「ハーバルライフな幸せ」のpathos_mieさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
pathos_mieさん:こちらこそありがとうございます。
気が付けば、暮らしにハーブやアロマがなくてはならない存在になっていました。
例えば、今日は「ラベンダーの香りに癒された」とか、日々の小さな出会いを、自分の中だけで完結させるのではなくて、ブログに託して発信したくなりました。
また同じナチュラルライフを愛する方々との出会い、そして、なかなか会えずにいる友人、知人に「私は元気です」と伝えたかったです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pathos_mieさん:ハーブやアロマのプロではないので気負ったことは何もしていません。
ただ、ただ、植物たちの素晴らしいパワーを借りて、ゆるーく、自分流にナチュラルライフを楽しんでいます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
pathos_mieさん:私の回りには共通の想いを持った方がいませんでした。
しかしブログを通すことによって年齢、職業、住む地域の境界線なく全国の方とお知り合いになり、さまざまな情報交換を瞬時にして出来るようになりました。
また素敵な生活をされている方や、才能のある方から大きな刺激をいただけるようになりました。
ブログの影響力は私にとって想像以上です。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
pathos_mieさん:人間関係や自分の仕事に対して、いつも、誠実でありたいと思っています。
好きなことは睡眠を削ってまで没頭しますが、日常生活はかなりウッカリモノ?
夫からは、「ボケナス君」とか「アホ子ちゃん」と呼ばれることもしばしば。笑

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
pathos_mieさん:ブログを立ち上げたばかりの頃から、コメントをくださる方々に
お礼を申し上げたいです。ブログを続ける励みになりました。
それから密かに憧れているブロガーさんたち。
しかしながら誰とも恥ずかしくて会えません。
会える機会がありましたら木陰から、そっと眺めてみたいと思います。笑

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは? 
pathos_mieさん:どこへ行くにも愛用のコンパクトカメラを持って、やみくもに?写真を撮ること! 笑

エキサイトブログ編集部:夢は?
pathos_mieさん:素敵な写真を撮れるようになって、芸術、デザイン、ハーブの豊かな国を旅してみたい。
そこで得たものを生活や仕事に活かすことが出来たら素晴らしい!
今は、仕事が大事ですし、時間も場所もありませんが、
いつかミニハーブ園を作ってたくさんハーブを育ててみたいです。

エキサイトブログ編集部:ハーブを使った暮らしの楽しみや魅力は? また、日々の生活の中で癒されることや心地よいなと思う瞬間は?
pathos_mieさん:ハーブやアロマからもらう香りや効能の素晴らしさはもちろんですが、
ナチュラル素材を使って、基礎化粧品、石けん、日用品などの多くのモノが、自分で作れるようになりました。
そこには、市販の化粧品や合成洗剤に入っている合成界面活性剤や様々な添加物を、極力、入れないで作ることができます。
また手作り石けんには、市販の石けんでは取り除いてしまう、洗浄や保湿に良いと言われるグリセリンを、そのまま閉じこめて作ることができます。
それらを使うようになって肌がキレイになったと言われた時、ナチュラル素材だけで家の掃除ができると知った時は感動でした。材料をチョイスして、作る過程、香り、使用感・使用後を楽しむ。すべて、私にとっては良いことずくめです。

ロハスという言葉を意識したことはないですが、ここ数年はクーラーを使わないようになりました。そのせいか風邪を引かなくなりました。
地球にやさしいことが、結局は、身体にも優しいのではないかと思っています。
自分のできることから、少しずつ、無理なく続けることが私に合ったロハスでしょうか。

エキサイトブログ編集部:初めての方に読んでほしいポストは? ご自分でも気に入っている石けんやハーブのポストは?
pathos_mieさん:カテゴリの中の解禁石けんたちかな? 
1ヶ月の熟成期間を待って、石けんをおめかしして、写真を撮ってあげるのは幸せな時間です。新米ソーパーゆえの、私のワクワク感が伝わると嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
pathos_mieさん:一眼レフデジタルカメラ!
しょっちゅう、カメラ屋さんに行ってファインダーを覗いています。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pathos_mieさん:子供や親、大切な家族を、簡単に殺めてしまう事件が多いことです。
他者の心や体の痛みを感じる感覚はどこに消えてしまったのか?
加害者が悪いのか?家庭環境が悪いのか?社会が悪いのか?考えるほどにわからなくなります。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pathos_mieさん:楽しくて!とっても役に立つ!励まされて!ドキドキする!素敵なコメントたちをいつも本当にありがとうございます!
バーチャルなのにバーチャルじゃない。ちょっと不思議で素敵なお付き合い、バンザイ♪
こんな私ですがこれからもどうぞ宜しくお願いいたしますネ!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【pathos_mieさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

好きなブログはたくさんありますが紹介しきれないので
私の憧れの、お仕事or 才能をお持ちの方のブログをご紹介します。
ドキドキしてコメントができなくてひっそりと眺めて帰ってくることも多いです。笑

となりにアロマ
私の憧れの職業のアロマテラピストさんのブログ。
ブログから優しいアロマの香りが漂ってきそう。
いつもワンポイントアドバイスをくださって感激します。

Take it Easy
諸外国に長期でお仕事に行かれたりと大変、多忙な方ですが
ブログがアップされていると、お元気なのだなと、嬉しく思います。
ハーブや自然を愛し、アルファ派が刺激される美しい写真で迎えてくれます。

Hanalab Grafica Phot Clip
フォトグラファーでもありデザイナーでもあるHanalabさんのブログ。
ワクワクするアートな写真がいっぱい。同じデザイナーとして憧れてしまいます。

野行き、街行き、海辺行き
最近、発見した写真ブログ。
日本人の情感に訴える写真たちに、ひたすら、溜息です。

Life with design
デザイナーさんでしょうか?フォトグラファーさんでしょうか?
ブログサーフィン中に偶然、見つけました。
男性?多分、女性? 小心者の私はいつもそっと覗いています。笑




【pathos_mieさんのライフログ】

最近に関わらず購入した時から変わらず読んだり観たりしているモノたちです

みんな、ハーブのおかげ
北村 光世 / 文化出版局

ハーブを心から愛する北村さんのお料理の本。素材の味を活かしたシンプルなお料理が多いです。だからこそ美味しいのだと納得してしまいます。


お風呂の愉しみ
前田 京子 / 飛鳥新社

前田さんの知性と詩情あふれる本。
ナチュラルライフに夢中になるキッカケをくれた一冊です。


リービング・ラスベガス
/ ジェネオン エンタテインメント

初め見たときは暗いシーンが多くてショックでした。
しかし、その演技力と映画の完成度に惹かれ、ビデオもサウンドトラックも購入し、30回近く見ています。


フリーダ DTS特別版
/ アスミック

女性画家フリーダの生涯を描いた伝記映画、痛みを感じるシュールすぎる絵の中に、女性の深い情愛が秘められているのを知って、優しさすら感じるようになりました。
メキシコにある彼女の生家を訪れてみたい。


pathos_mieさんの「ハーバルライフな幸せ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-07 14:23

c0039735_11345233.jpgとっても愛らしい老犬タミコさん&お茶目な猫2匹とのほのぼのした暮らしを、コミカルなイラストで紹介。涙と笑いありの老犬介護の日々を明るくつづる、「タミコ14歳 まだまだ現役」のtamico_cavalierさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
tamico_cavalierさん:いつもお世話になります!
2005年7月に、老キャバリアのタミコさんが熱中症で倒れました(7月のポスト)。
それから、多臓器不全を併発して寝たきりに…。完全介護の日々がつづきました。
それから奇跡的(お医者さんいはく)に回復しました。その介護の日々を含めて今のタミコさんの日記を書きたいと思いました。
妹B夫婦が遠方に住んでいて、彼らにタミコさんの近況を伝えたかったというのも理由の一つです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
tamico_cavalierさん:老キャバリア、タミコさんの介護日記です。ヨボヨボ犬ならではの「老犬力」に満ちた生活をショボショボ・イラスト付きで書いてます。
写真は元々ヘタだったし、あまりにも生々しい老犬紹介になってしまうので…。
「介護=つらい」という事実は変りませんが、その中にもホノボノとすることもあるんだ!ということが伝わったらいいなあ。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
tamico_cavalierさん:老キャバを介護していた方や、看取った方との出会い。
また、元気バリバリの若者キャバリアオーナーさんとの出会いです。
猫のことをちらほら書くようになってからは、猫マニアの方のコメントもいただいて嬉しい!
在野のセンス抜群の方々を発見できるのも、イイ!!と思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
tamico_cavalierさん: 『なまけもの』です。
家族が『13歳のハローワーク』を持ってきて「ほら!ピッタリのページがあったよ!!」と私に言ったのですが、「何もしない・寝ているのが好き」だった時はしばらく考え込みました。
自他ともに認める筋金入りの『なまけもの』なのだと自覚しました。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
tamico_cavalierさん:コメントくださるみなさん!
そして、老キャバ・タミコを愛してくださるみなさんにお会いして、
タミコにリンゴを手ずから食べさせてみてほしいです♪

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
tamico_cavalierさん:タミコと2匹のニャニャンです。
それ以外のことにハマる時間は…ないです。
あ!歌舞伎を観劇するのにはハマってます(*´∀`)

エキサイトブログ編集部:夢は?
tamico_cavalierさん:『晴耕雨読』生活。
涼しい田舎の山と畑付き一軒家で、山羊と鶏を飼って、モリモリ広葉樹を植えて、
ガツガツ畑仕事をして、緑と動物に囲まれて…。
日々妄想してます。

エキサイトブログ編集部:タミコさんが熱中症になった当時の心境や犬の介護について思うことは? また、タミコさん+2匹の猫との生活で癒されることは?
tamico_cavalierさん:夏は老犬にとって過酷な時期です。
特に日本より涼しい地方でブリーディングされた犬にとって、日本の夏は過酷極まりない(シベリアン・ハスキーやヨーロッパの犬種など)。
獣医さんの再三の注意を「今まで大丈夫だったんだから…」と無視していたら、
タミコがこんなことになってしまって…。それからは獣医さんのいうことを守って、
食事療法・室温を23度にする、などなど努力しました。私はもちろん秋の装い。
23度にしてるというと、みなさん驚かれるのですが、26度くらいでフリースとセーターを着こんでみると、犬の心地がわかるかもです。
タミコと北欧に2~3年滞在してると思うことにしてます♪
もちろん、若い犬は元気なぶん、少々の暑さには耐えられるようです。
どうしても25度くらいで生活したい!と言う方は、ぜひ犬をマルガリータ(丸刈り)にすることをオススメします。ただし、犬の皮膚は紫外線に弱いので、注意してください。
夏場は路面が冷えてから散歩するので、その時刻は辺りも暗くてマルガリータ犬を見られることもないし…♪ 秋までには伸びるからダイジョウブ!
タミコの寝息と、2匹のニャニャンのフカフカのお腹、いろんな表情に癒されてます。
日々の「笑い」も提供してくれる、タミコさんとニャニャンたちと戯れていると、
多少のストレスはふっとびます!!

エキサイトブログ編集部:初めての方に読んでほしい思い入れのあるポスト、タミコさんの個性がよく出ているポストは?
tamico_cavalierさん:2005年10月10日の「!!」です。
寝たきりタミコが立って私の横に来た日です。
もう、嬉しくてたまりませんでした。
それからしばらくの一喜一憂日記は、今でも読むと涙が出ます。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
tamico_cavalierさん:Fiat500D(車)を手に入れて、
タミコとトコトコ、ドライブしたいです。でも、クーラーがないんでムリ!! 

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
tamico_cavalierさん:動物のニュース。
特にメチャクチャな業者の無茶なブリーディングには、はらわたが煮え返る思いがします。
NYアニマルポリスに出張逮捕してほしいです!!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
tamico_cavalierさん:ボチボチ更新ブログなのに、
いつもあたたかく見守ってくださり、ありがとうございます!
これからも「絵の神さまが降りてこない」ことも多々あるかと思います…。
エキサイトブログに引っ越したばかりですが、これからもよろしくお願いいたします!!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【tamico_cavalierさん:が好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
小心者なので、いつもながめるだけですが…。

写真家の犬
パリ在住のプロカメラマンさんのワンコ、漆黒のトイプー「あづさん」目線のブログ。
写真はもちろん、文章もハイクオリティ!! いつもなごませていただいてます。

絵日記*鳥の宴
絵と文章の高クオリティさを保ちつつ、高頻度の更新。人間技じゃない。
やっぱり鳥技です。

■tototitta! – トトチッタ!■
こんな絵がかけたらなああああっ!! と、思います…。一生ムリです。
絵がうまい人は、どうしてこう、文章も面白いんでしょうか。神さまのイジワル!

伝助と福助
ワンコたちのネーミングもさることながら、写真がかわいすぎます。
こんなタミコさんの写真が撮れたらなあ…。餃子にギラギラ☆とかじゃ、かわいそう。

fiat500D&
大好きな憧れの車「Fiat500」のオーナーさんのブログ。
かわいい車に、かわいい犬。完璧です。



【tamico_cavalierさんのライフログ】

犬を飼う
谷口 ジロー / 小学館

タミコと暮らし始めてすぐに読んだ漫画。涙腺壊れます。
まだタミコは赤ん坊なのに、老犬介護の漫画。
心の奥に「覚悟」が生まれました。
これから犬と暮らそうかと思案中の方、今、元気いっぱいの犬と暮らしている方、
ぜひお読みいただきたい!!


ノラや
内田 百けん / 中央公論社

元祖「ペットロス」日記。
老文豪が愛猫の家出にオロオロする姿を、自らつづった日記です。
タミコが重篤な時期の自分と重なって、涙…涙…です。


きょうの猫村さん
ほし よりこ / マガジンハウス

猫村さん!我が家にも来てほしい!!
この漫画で、かなーーーーーーり癒されました♪


tamico_cavalierさんの「タミコ14歳 まだまだ現役」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-07-04 15:00