今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_11454622.jpg
「今年のゴールデンウィークはアジア・グルメの旅にしようかな?」なんて人はぜひ注目! 安くておいしいアジア各国&東京のB級グルメを中心に、楽しく体験レポートする「kimcafeのB級グルメ旅」のkimcafeさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kimcafeさん:実はインターネット関連の仕事をしておりまして、一昨年の12月に会議で「今の流行はなんなの?」と聞いたら、「それはブログですよ」と聞いたことのない単語を言われました・・・(^^ゞ
「ブログは荒れにくい」とか「トラックバックがどうのこうの・・・」とか聞いてもチンプンカンプン??「やってみればわかりますよ」ということで訳も分からずやってみたのが始まりです。試しに過去の旅行での食べ物のことを書きはじめたらすっかりハマってしまいました(^_^)
最初は、別のブログで開始したのですが、EXCITE BLOGが一番ぴったりきたので変更し、とても気に入っています。(お世辞抜き)

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kimcafeさん:B級グルメの図鑑のようなものを作りたいです。
できれば世界のB級グルメエンサイクロペディアみたいにしたいのですが、海外にいけるチャンスも多くないので、日本の各種B級グルメに眼を光らせています。
しかし、図鑑的な要素だけだと面白みがないので、見ていただいた方に楽しんでいただけるよう、笑いやサプライズを提供しようと常に考えてはいます。
更新するのは夜ですが、疲れていたりするといいアイデアが浮かばず苦痛なこともあります。いいのができたな~と思うと実にハッピーになれます(^o^)丿

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
kimcafeさん:どなたが書いたものか忘れましたが、「サラリーマンの食事で自分の自由になるのは昼食のみなのだから、あたら、疎かにしてはいけない」という言葉に共鳴しておりまして、「めんどくさいからあそこでいいか」には絶対すまいと心に誓っています。
ブログを始めてからは、実に行動的になり常に新しい美味の発見(新しい天体)を求めてさまよっていますが、探せばあるもんですね、料理やお店だけでなくブログをやっていなければ気が付かなかったものをたくさん発見できました。
また、最初はひとりでしこしこUPしてたんですが、コメントなどを通じてあたらしい交流が生まれたのもスバラシイことだと思っています。
ただ、新しいものを求めるあまり、せっかく激旨い店、激すごい店などを発見してもなかなかリピートできなくなっちゃったのがカナシーというか、いかがなものかと・・・(^_^;)

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kimcafeさん:けっこう、人見知りです。気軽に話せるようになるまで、ちょっと、時間掛かります。
でも、女性の場合は例外ですぐ打ち解けます。(^^ゞ

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kimcafeさん:「Thaiに瞬く星@ナコンサワン」の藍さんを訪ねて行きたいです。
ブログを通じて知り合った方には海外に在住の方も多いのですが、なかでも藍さんはタイ中部のナコンサワンという街にお住まいです。普通だったらなかなか行かないぞというところにブログがきっかけで訪問するというのもブログの醍醐味かと。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kimcafeさん:昨年の10月から突然、歌舞伎ファンになりまして(^^ゞ
一度でいいから歌舞伎座の1階の席で見てみたいです。
演目では「天衣粉上野初花」(くもにまごううえののはつはな)が好き。これについては食べ物と絡めて記事を書いています。
待ってました!天衣粉上野初花

エキサイトブログ編集部:夢は?
kimcafeさん:いい質問ですね~(^^ゞ
バックパックを担いで世界旅行に行き、B級グルメを探索し、インターネットカフェからブログにア~~ップ!!これにつきます(^_^)スポンサー募集中!

エキサイトブログ編集部:旅の楽しさはやっぱり食べること? B級グルメにこだわる理由、また、情報の収集から店選び、記事にするまでの楽しさなどは?
kimcafeさん:海外旅行ではB級グルメがやっぱり楽しいですね。
知らない街の屋台で偶然発見したものがステキに美味しかったりすると、人生の幸福を感じます←ちょい大げさ(^^ゞ
分析すると海外旅行の楽しみは、B級グルメ>市場>交通機関>ホテルとかかな~、あと宗教関係も好きです。なぜB級なのかといいますと、要するにケチなので・・・(^_^;)、気取ったレストランなんかじゃ落ち着かないですから、屋台でその街のひとに混じって食べたり、調理の様子を撮らせてもらったりするのが楽しいですね。
B級グルメ旅に載せている海外の記事は2000年以降に行ったところが主で、150位でしょうか。国内の記事は約400件あります。
それまでも食にはこだわりがあったのですが、写真を撮ったり、記録するという習慣がなかったので、今思えばあれ載せたいな~というのがいっぱいあります。
インターネットのおかげで事前の情報収集はとても充実しました。でもあまり事前情報に縛られ過ぎると発見がなくなり、情報を確認する旅になってしまいますので、バランスが重要かと思います。

エキサイトブログ編集部:これまで旅した海外の食べ物で一番おいしいと思った味は?
kimcafeさん:ハノイのキムダックという店のブンチャー 「ハノイ キムダックのブンチャー
台北の三元号という店の魯肉飯 「台湾国民食 魯肉飯
上海の南翔饅頭店の蟹粉小籠包 「南翔饅頭店の小龍籠
でいきましょうか(^_^)
国内では、築地場外、きつねやのホルモン煮「サイコー! 築地 きつねや ホルモン煮」、
最近では築地場内、たけだのマグロ尾肉ステーキ「尾肉ステーキで大ヒット 築地場内たけだ」、それからエントリーにはないんですが幻の味がひとつ・・・
渋谷マークシティが建つ前にあった京王レストランの仔牛のカツレツがサイコーに旨
かった!!これは旨い記憶の幼児体験なんで一生消えないと思います。今では食べら
れない味なので、幻の仔牛のカツレツを求めて放浪してるんです~(~_~)


エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
kimcafeさん:やっぱ旅行ですね(^^ゞ
行き先は、うーん2泊3日なら台北か沖縄かな?

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kimcafeさん:日中、日韓関係です。日本も平和ボケから立ち直るチャンスかと・・・

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kimcafeさん: 私のブログを読んでくれてありがとうございます。何度も来てくださっている方にも楽しんでいただけるようこれからも頑張ります、なんちって(^^ゞ

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kimcafeさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

Thaiに瞬く星@ナコンサワン
タイ中部のナコンサワンにお住まいの藍さんがタイの地方都市の生活を激!明るくコミカルに綴る人気ブログです。藍さんは当ブログのタイ・マレーシア担当アドバイザー兼ボケ担当です (^_^)

ポンポコ研究所
アジアのことなら知らぬことなし!秘密諜報員も務める狸田ポン太所長の研究レポートじゃなくて、盗撮写真集じゃなくて、雑学手帳でもなくて、なんなんだろ~(~o~)

Kesayangan!
運営しているcarambolaさんのハンドルネームはスターフルーツの学名です!当ブログの植物学兼インドネシア担当アドバイザー。ブログはバリ島、沖縄情報満載ですが、ときどき壊れてますので、初めての方は注意ね(^^ゞ

香港・中国・タイ 落書き帳
運営者のワンチャイさんはよーく↓こんなんなってますね
_| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○ _| ̄|○
香港でもタイでも中国でも(^_^;)
当ブログの中華圏担当アドバイザーです。

★Asian Gate
東アジア問題専門家にして清楚な美人lipxlapさんのブログ!辛口評論ありですよ。当ブログとは相互ぷっちん条約を締結して同盟関係にあります(^_^)



【kimcafeさんのライフログ】

細雪
谷崎 潤一郎 / 新潮社

全然最近ではないですが、谷崎潤一郎大先生の「細雪」です。
なぜって?その世界が好きなんです。昭和初期のモダン、今にすればレトロ、優雅な世界。ブログでも細雪の世界をちょっぴり追っかけています。

kimcafeさんの「kimcafeのB級グルメ旅」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-04-25 23:41

c0039735_17233620.jpgインテリアのひとつとして飾っておきたいオブジェのような本や、まるで宝箱のようなおしゃれな箱の数々…。今回は、そんなアート感覚あふれるハンドメイドの作品を作り続ける、「BOOKBINDING CAFE」のobje-na-book-boxさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
obje-na-book-boxさん:正直、最初は自分のHPを作ろうと思ったのですが、操作等が難しそうでしたのでPCに詳しい友人に相談してみました。
すると、「ブログは・・・」という一言が返ってきました。
その頃の私は、ブログの「ブ」の字すら知らず・・・『はて?はて?ブログって・・・なに?」の、世界でした。
さあそこで早速、本屋に出向き『はじめてのウェブログ』『ブログ入門編』云々・・・と読みあさり、どうにかこうにか、本を片手に無事ブログを立ち上げることが出来たのです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
obje-na-book-boxさん:私の『BOOKBINDING CAFE』は、手製本を主体としたブログです。
しかし、手製本それ自体は、一般的に馴染みの薄い世界ですので、ここではあえて専門的なことには触れずストレートに私のオブジェ本を楽しんでもらうことにしました。
手製本を始めた頃は、こんなに派手な本ではなかったのですが、なぜかどんどん進化を遂げて(?)、今の私独自のオブジェ本(自称)という形が出来上がってきました。
まさにディスプレイされる本を目指して作ってきたのですが、なかなか需要がむずかしいのも現実です。(笑)
そんな中、陶芸も長くやってきましたので、自作の陶芸作品や何気ない日々の出来事なども織り交ぜて、時折、変化球を投げながら楽しくやらせて頂いております。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
obje-na-book-boxさん:ブログ巡りをして感じたことは、人それぞれの顔が違うように各自の持つ世界も実に多様であるということでした。
興味津々の全く知らない世界を発見した時などは、まるで宝の山を掘り当てた気分です。
まだまだブログ巡りの旅は当分止められそうにないですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
obje-na-book-boxさん:クリックしたらどこまでも飛べるということでしょうか~。
遠い外国だってひとっ跳び・・・すごいですよねェ~。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
obje-na-book-boxさん:何か目的がなくては生きていけない人・・・かな?(苦笑)
頑張る自分・・意外と好きかも・・。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
obje-na-book-boxさん:もちろん私のブログを訪ねて来て下さる皆さんにお会いしたいです。
近々個展をするので、何人かの方々にはお会いする機会がありますので今からとても楽しみにしてます。
しかし、遠方の方々にはお会いすることができませんので それがとても残念ですね。
遠方と言えば、とても会いたいブロガーに「やぎのひげが好き」のsakuraさんがいます。
sakuraさんは、私を一番最初に見つけてくれたブロガーさんなんですよ。
最初の頃 なかなか弾みのつかなかった私のブログに、ポンと飛び込んできてくれたのがsakuraさんでした。
その時のあたたかなコメントは心に優しくしみ込みました。・・・とてもうれしくて・・・。
だから、そんなsakuraさんに私は一度会ってみたいと思います。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
obje-na-book-boxさん:はまってるもの・・・それは・・・う~ん・・バランスボールでしょうか(笑)
手製本ってじっと座って作業することがほとんどですから、身体が固まってしまうんですよね。何度かそれが原因で、腰を痛めてしまいました。
そこで、バランスボールの登場です。
時々作業の手を休め、バランスボールを使って身体を伸ばします。
これがとっても気持ちがいい~~。
ちょっと癖になりそうなくらい・・気持ちがいいです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
obje-na-book-boxさん:もう子育ても終わってしまいましたが、いくつになっても『夢』は持ち続けていたいものですね。
今の夢ですか?・・・そうですね・・・
希望的観測から言えば、私の作品をどこかのステキなお店のディスプレイや雑誌などの片隅にそっと使って頂けたらうれしいなあ・・ということでしょうか。
せっかくオブジェとしての役目を担って生まれてきた本たちですからね、いつまでも出番待ちではかわいそうですもの・・・(苦笑)

エキサイトブログ編集部:オブジェ本制作のきっかけは?どの作品もとても素敵ですが、制作にあたってのこだわりや本を作る楽しさは?
obje-na-book-boxさん:以前、ちょっとしたきっかけで手製本というものを知る機会に恵まれました。
その後、本格的に習いだし、すっかりはまってしまい今に至る訳です。この出会いからもうすぐ10年になろうとしています。
たくさんの本を作っていくうちに私の本はどんどん形を変え自由気儘に遊びだし、いつの間にかオブジェ本は一人歩きを始めました。
ちょっと奇抜過ぎてよく「ステキだけど使い方が分からない」と言われてしまいます。いえいえ・・こちらとしてはどんどん使ってほしいのに・・・。(苦笑)
そんな訳で、なかなか仕事としては難しいのが現状です。ですから今は、個人的なオーダーのみしかこなしてません。
でも、やっぱりオブジェ本は作り続けていきたいし見てもらいたいので、友人と二人展などをやったりしながらささやかに発表してきました。
そして今回、初個展で腕試しなんですよ。ちょっと緊張してますが、頑張りますね。

エキサイトブログ編集部:特に思い入れのある作品やポストはどれですか?
obje-na-book-boxさん:2006.4.7付けの『展覧会用のハガキ・・・の代わりに・・・』ですね。
今度の個展のお知らせを書いてます。
その中で紹介してる作品は、最新作でとてもいい感じに出来上がりましたので、もしよろしかったら、皆さんに見て頂けると嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:3日間のフリータイムをもらえたら何をしたい?
obje-na-book-boxさん:ず~っと忙しい日々が続いてますからね。その後遺症でしょうか。
3日間のフリータイムを頂いたら、そうですね、大好きな本を片手に海辺の波の音が聞こえるステキなホテルでボ~ッとしていたいかな。
そういう日を早く迎えたいですね・・・。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
obje-na-book-boxさん:最近、朝テレビをつけると、小泉首相と小沢党首との戦いを取り上げてますね。
どちらの党が勝ったとしても何かが大きく変わるものなのでしょうか~・・・。
注意深く見つめていこうと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
obje-na-book-boxさん:いつも私のブログに遊びに来て頂き、励ましの言葉をたくさん書き込んで下さってありがとうございます。
それは今では、私のエネルギーの元となり大きな原動力となっております。
これからも宜しくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【obje-na-book-boxさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

本当はリンク先のブログ全部取り上げたかった・・・。
どれもこれもステキなブログだから・・・・。
でも、5個しか選べない・・・。
だから5個のブログ以外の方・・本当にごめんなさい。

糸始末な日々Thread&Yarn Handing Days
am-tmさんの編み物のお部屋をはじめて発見した時は、もう感動ものでした。
先ず色使いが最高です。そして、編み物を超えた探究心に満ち溢れた作品の数々・・暫く私は目が点になってしまいましたよ。

胡桃の椅子
4seasons-kurumiさんのお部屋は、もうレトロ感いっぱいのお部屋です。
アンティークな香り漂う優しい空間で、見事な手づくりスタンプやリースなど独特の感性に浸ることができますよ。

Mailart/Art Postal
artpostalさんは私に全く知らなかったメイルアートの世界を教えてくれました。
メイルがアートになるなんてステキですよね。思いもよらぬ形のメールを郵便屋さんが運んでくるんですよ。ワクワクして待ちきれませんよね。

ぽぽんた ぽぽんた ふぅ~♪
笑いたくなったらkarudamon3さんのお部屋を訪ねましょう。とてもやさしい笑いで満ち溢れていますよ。
笑いの感性が最高で、私はいつもPC画面の前で声高らかに大笑いさせてもらってます。先ず朝起きたら・・ワッハッハア~・・からです・・・。

サモエドが我が家にやってきた!
最近、lunasmileさんのお宅に、サモエドの赤ちゃんちびサモちゃんたちが生まれました。それがとてもとてもかわいいのです。見てて飽きないの一言です。
ほぼ毎日ちびサモちゃんたちが見られますから犬好きな私としては目が釘付けのブログなのです。


【obje-na-book-boxさんのライフログ】

私の中のライフログは 先ず私のブログを引き立ててくれる大切なアイテムの一つです。
オレンジ色の画面の中でより一層美しい色彩を放つ本を選んで並べてみました。
その中の一冊を今日はご紹介します。
Book Arts: Beautiful Bindings for Handmade Books
Mary Kaye Seckler / Design Originals

とてもユニークな本が紹介されてます。
手製本と一言いってもこの本にも紹介されてるように いろいろな表現の仕方がある物なのだと改めて思ってしまいます。
規格から飛び出たデザインは楽しいですね。
やはり 手製本は止められません!

obje-na-book-boxさんの「BOOKBINDING CAFE」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-04-20 16:30

c0039735_14211583.jpg暮らしの中にわび、さびの世界が広がる花と器の共演――。男性が生ける花はこれほどシンプルでありながら、芸術的で美しいものか…と思わず惚れぼれしてしまうブログ。今回は「一花一葉 by アツシ」のKomo6246さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Komo6246さん:昨年友人が「自分の世界をブログを使って発信してみたら」と奨めてくれたことがきっかけです。それまでブログというものを見たこともなかったのですが、いくつかのプロバイダーを覗き、自分にとって操作がしやすかったエキサイトさんのブログをお借りすることにしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Komo6246さん:男(40代)の、花を中心にした暮らしの楽しみ方、心魅かれるモノやコトについて掲載しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
Komo6246さん:多くの方がそうではないかと思いますが、ブログを始めると今まで見過ごしていた物にも目を向けるようになります。私の場合は身近な自然に以前より親しむようになりました。自然は実に見事に循環していることを感じたり、教えられることが多い気がします。
また、ブログを始めてしばらくの間はよそ見をする間もなく更新に明け暮れていましたが、最近は他の方のブログを拝見するゆとりが出てきました。
おおよそ、男性のブログは趣味に特化しているものが多いようですが、女性、特に主婦の方のブログは、衣・食・住について取り上げたものが多く、これが意外と面白いのです。主婦にとって、暮らしは必然的なテーマとも言えますが、暮らし方は十人十色。これに旅行や趣味の話題が加わって、女性の方が時間の使い方や愉しむことが上手だなと感じています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Komo6246さん:う~ん・・・・・マイペースなこだわり屋、です。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Komo6246さん:家族や友人、暮らしを大切にしている、暖かさの伝わってくるブロガーです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Komo6246さん:骨董でも新しいデザインのモノでも、器や家具などのインテリアが好きです。
そういう店を覗いて歩くのも相変わらず好きですが、自然の中を歩くことも楽しくなってきました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Komo6246さん:現在、飲食店などに花を生ける仕事をしていますが、今後はもっといろいろな分野で活躍している方に出会い、花に限定せずに仕事のフレームを広げていきたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:Komo6246さんの作品はわび、さびを感じる美しさがあると思います。野に咲く花や草、何気ない器もお互いがとても引き立って美しく見えますが、花を生ける際にこだわっていることは? 花と花器の選び方、また、花を生ける楽しみは?
Komo6246さん:私にとって花を生けることの面白さは、花と器の調和を発見することです。
花器として作られた器だけでなく、生活の中で使われてきた道具、時にはゴミとして捨てられているモノを拾い上げ、花との相性を試してゆく楽しさです。
同じ花を生けても、金属の器とガラスの器に生けるのではまったく雰囲気が違ってきます。また、そこに花を一輪だけ挿すか、二輪挿すかでも印象はガラリと変わります。
ですから花と器の組合せは無限で、面白さにキリはありません。
花は人工的に量産されたものよりも、ベランダで育てている花や、道端や野山から摘んでくる季節の花の方が魅力的です。
自然の影響を受けて育った花にはひとつひとつに表情があり、一種の「濃度」を持っているからです。

エキサイトブログ編集部:ご自身の花への思いをつづったポスト、特に思い入れのあるポストや作品は?
Komo6246さん:4月5日のタイトル『』です。
自分で作った器にベランダから摘んだ花を挿し、自分の身の丈に合っているようで力が入っていません。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
Komo6246さん:何回かブログにも書いていますが、花を持って歩いていると、東京の中心地などでも見ず知らずの人が「その花、なんですか?」と話しかけてくることがあります。花はあくまでもきっかけ。多くの人は本来友好的で、人間はなかなか捨てたものじゃないと思う瞬間です。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Komo6246さん:特定のニュースに限ったことではありませんが、やりきれないような事件が起こったとき、報道番組のなかで「加害者を絶対に許すことは出来ない」といった表現をよく耳にしますが、被害者の家族や関係者の苦しみなどは想像に余りあり、第三者がその日一日だけ軽々しく代弁することに違和感を覚える時があります。
深い悲しみを表すことの方が本当ではないかと思うのですが。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Komo6246さん:これまで見てくださった方に感謝しています。これから見て下さる方にもご声援よろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【Komo6246さんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
ミューおばさんの団塊世代ど真ん中
私と同じ埼玉県からの発信。
団塊の世代をターゲットに起業され、日々パワフルに活動されています。
たくさんの情報が詰まった団塊世代の応援サイト「元気埼玉」も運営されています。

うろうろ、ごそごそ。
兼業主婦でありながら、料理、旅行、陶芸、生け花、バレエと東奔西走、日々を積極的に楽しまれています。ションボリなんかしていられない、人生かくありたいと思います。

ねこの散歩ⅱ
東国生まれの私には憧れの地、京都からのブログです。
古都の風景や花の姿を柔らかに、時にはユーモアをこめて撮した、この方ならではの写真を見せていただけます。

まさかり半島日記
下北半島から。離れて暮らすお子さん達にも伝えたいという思いに満ちた、丹念な暮らしを記録されているブログです。
日々のお総菜もとても美味しそうです。

about・ぶん
アメリカ西海岸より。
常に幅広い話題と視点、洞察力をお持ちで、私はいつも勉強させて頂いています。マジメな話ばかりではない、ユーモラスな閑話やホロッとするお話も楽しみです。



【Komo6246さんのライフログ】
天上の青
曽野 綾子 / 新潮社

作家別では曽野綾子さんの本を多く読んでいます。ここでは「天上の青」という長編小説を紹介しました。「ひとつ手にいれるためには、ひとつ手放さなければならない」などの珠玉の曽野語録を、小説の中の主人公にサラリと語らせています。

Serge Lutens
Serge Lutens / Editions Assouline

90年代に資生堂のアートディレクターを務め、「インウイ」というブランドの強烈に美しいテレビCMを作った、セルジュ・ルタンスというフランスのアーティストの作品集です。ヘアメイク・コスチュームなど、この人にしかない独創の世界が繰り広げられています。

Komo6246さんの「一花一葉 by アツシ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-04-12 14:00

c0039735_19232538.jpg女性なら一度や二度は「私もやせてキレイになりたい!」とダイエットにトライしたことがあるはず。もちろん、最近おなかの出具合が気になるという男性も多いのでは? でも、ダイエットは体によい方法を考えるのが大事! そんな健康的なダイエットを実践し、日々記録し続ける「ぱんだの重みにたえかねて~20kg減を目指して」のpandar_visonさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
pandar_visonさん:最初はダイエットノートを作って、食べたものをすべて書いていたんです。
だんだん、「絵日記みたいにしたいなぁ。」という思いが膨らみ、
編集も簡単なブログを選びました。あくまで自分の為だけのデータとして。
デジカメまで購入して、やる気満々のスタート。ブログが新たな趣味になりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pandar_visonさん:一言で言うとダイエット料理日記です。
ナチュラルハイジーンというダイエットを基本にしています。
このダイエットは、一日の食事を野菜、果物を中心にし、食べ合わせのルールを守る。
一番の特徴は、朝、果物以外口にしない。ということかと思います。
朝のこの習慣が身につくと、なんとも爽快ですよ。排泄がスムーズになるのを実感します。
ナチュラルハイジーンは、カロリー計算から自由になるので
「食いしん坊のまま、楽しくおいしく食べて痩せる」ことに挑戦できます!
私自身、PMS(月経前症候群)なので、その日の症状もメモしています。
ダイエット生活、PMS対策の参考や、お料理する楽しさをお届けできたら嬉しいです。
(※ナチュラルハイジーンの詳しいルールや出版物については「こちら」を参考にしてください。)

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
pandar_visonさん:自分の食生活をばっちり把握しましたよ。食生活=暮らしや心情が見える。
良い自己分析ができました。
それから、なんと言っても、普段の生活では知り得ない人との出会いです。
共感、励ましの言葉をもらって、とっても嬉しかったです。
あ、それから、「今日もおいしそうな写真をとるぜ!」と頑張るので
一人暮らしなのに、きちんと料理し、楽しく盛りつけする習慣がついたかも。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
pandar_visonさん:知りたいことについて、生の声をすぐ伝えあうことができる。これに尽きます。
一個人の情報発信手段がこんなに身近になったということは、画期的ですよね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
pandar_visonさん:①私が、もしアトラクションなら「巨大ジェットコースター」
②私が、もし動物なら、「夢見がちなイノシシ」
③私が、もし有名人だったら「大竹しのぶ」
理由は、ご想像にお任せします。。。。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
pandar_visonさん:実際お会いした方々の共通項は「わあ~、話が早いわ♪」という感じ。
自己紹介しなくても、大体は理解しあえるのがとっても楽しかったです。
今後会ってみたい方は、コメント下さっている皆さんですね。
「ほんまおおきに。」とご挨拶したい気持ちいっぱい!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
pandar_visonさん:昨年末に仕事を辞めたので、時間をゆっくり過ごしてます。
忙しかった時に、したかったこと全てやれてます!

編み物、室内緑化計画、のんびり読書、音楽漬け、パンを焼く、
ルクルーゼでじっくり野菜料理・・・・などなど。

エキサイトブログ編集部:夢は?
pandar_visonさん:自分でプランニングしたキッチンスペースで料理したいです。
いっぱい案があって、なかなかまとまらなさそうですが!!!

それと、今、毎日のように友人達の献立の相談に乗っているんですよね。
体の調子が悪いときにも「なに食べたらいいかな?」と連絡が来る。
・・・・・お。これを職業にしたいぞ。じゃあなに?
「健康カウンセリング型おばんざい屋」のおかみさん???

エキサイトブログ編集部:ダイエットを通して、健康になったなと思う点やからだの中からキレイになったなと感じる点、生活が変わったなと思うプラス面は?
pandar_visonさん:私は、最大体重から約30キロの減量を達成できたのですが、
(まず、半年で20キロ減、そこからは、リバウンドをしながら約2年で10キロ減)
努力して目標をクリアしていく事で、うんと自己評価が上がったと思います。。
繰り返しですが、食べ方=生き方だ。と今の私にはしっかり感じられます。
自分の体を愛せる暮らし方が、ナチュラルハイジーンだと思うようになりました。
実際、肌の調子改善と便秘の解消にはとっても効果があります。

エキサイトブログ編集部:毎日の食事を記録されていますが、こういうメニューは女性のみなさんにぜひおすすめというものは?
pandar_visonさん:「朝は果物だけの朝食」とにかく一週間試してほしいです。
ミネラルが豊富ですし、3食のうちで1食は塩分油分添加物などを排除できるので、
カラダにとって優しいと思います。
2月11日の朝食)のように、ミックスフルーツにすると満足感いっぱいですよ。
それから・・・是非サラダに目覚めてほしいですね!
酵素が生きている状態のものを積極的に食べることが、美容と健康のもとだと思います!!
毎日、サラダを食べていますので、よかったらレシピを参考にしてみてください。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
pandar_visonさん:痩せたら着てみたい服がいっぱい!イメトレイメトレ・・・・☆

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
pandar_visonさん:刹那的に、人を殺す事件が多いですね。「なんてひどいことを!」と片付けられない心境です。
この国は、どうしてこんなにも脆弱な人びとを増やしてしまったんだろう。。。って。
細木数子が、世直し奉行になっちゃったのも、ちょっと理解できます。(ちょっと。。。だけ。)

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
pandar_visonさん:気まぐれな更新にもかかわらず、たくさんのご訪問ありがとうございます!
励みになります。コメントを残されていないお客様も、来て頂けて嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【pandar_visonさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
5つに絞るのが、難しいですね・・・。で、最近の関心事に近いものを選んでみました。

フランス美食村
私が最初に訪問したブログです。
見たことのない食材や調理器具、市場の風景。気持ちがフランスにトリップします。

フォトブログbears
ギマール、コルビジェ、ライトなど、
旅先で撮影した建築物や家具の写真に魅せられています。

シンクロナイズドクッキング
ひとつの素材で、いろんなブロガーがレシピを公開。私も、いつか参加させていただきたいなぁなんて!

お気楽画報
なんて楽しいおいしい生活!!!関西の最新グルメ情報満載です。

TAKK!
北欧の情報がいっぱいで、ワクワク。旅行の予備知識として楽しんでます。



【pandar_visonさんのライフログ】
アルマ・ブラジレイラ
マンフレッド・フェスト・トリオ / インディペンデントレーベル

1966年発表。ジャズボッサの王道です!温かい日差しのなかで聴いていたい一枚。

Ecdysis
Miho Hatori / ビクターエンタテインメント

チボマットのボーカル、初ソロです。かっこいいのに柔らかく浮遊してる彼女の歌声。音楽性も高いです。ここ最近の一番かな~~。

Two Pages
4hero / Mercury

ドラムンベースといえば?という存在ですよね。
この作品にどれだけのエネルギーを注いだだろうか。。。といくらい、完成度が高い一枚です。
「ひとつの世界」です。無人島に行くことになったら、これは絶対かばんに詰めます。

野菜だより
高山 なおみ / アノニマスタジオ

四季の野菜をシンプルに存分に味わえます。私のバイブルになりつつある・・・・。
思いついたらすぐ作れるところが、とてもいいです。

Scandinavian Design
Charlotte J. Fiell Peter Fiell / Taschen America Llc

ページを開けるたびにため息。北欧デザインの美しさに酔えますよ!
インスピレーション為の一冊に使っておられる人もいるんじゃないかなぁ。。

恋愛について、話しました。
岡本 敏子 よしもと ばなな / イーストプレス

二人の視点が良い具合に違い、お互いの魅力が引き出されています。
岡本敏子さんは、太郎をひたすら賛同している人だと思っていましたが、
この対談を読み、何故岡本太郎が彼女と生きたのか納得したような気がします。
生きることに優しさ厳しさをもち、歓喜を見出す。そして、いくつになっても幼子の心を持ち続ける。
潔さが素敵でした。

神様はいますか?
田口 ランディ / 新潮社

田口ランディーは、自らをメスで裂いて表現する作家。
この作品には、そんな痛々しい率直さがいっぱい詰まってます。
彼女のように、向き合い続けたい、考え続けたい、かっこつけずに表現したいと思います。

pandar_visonさんの「ぱんだの重みにたえかねて~20kg減を目指して」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-04-05 18:21