今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_15442479.jpg今やメール全盛の時代に、こんな心あたたまる絵手紙をもらったら…うれしいですね。女性らしい繊細な感性で、時にはやさしく、時には力強く。オリジナルの絵手紙を描き続ける「毎日手紙を描こう★貰うともっと嬉しい手紙」のaamuiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
aamuiさん:HPを作っていたのですが、なかなか進まず…。毎日描いていた手紙をテーマに、ブログを先に作ることにしました。あちこち見せていただきましたが、デザインがスッキリとして、質の高いブログが多かったエキサイトに決めました。
何もできない私ですが、母に毎日話しかけるつもりで描いていた絵手紙が主題ですから、テーマに困ることは無く、メモ帳の編集などする内に、毎日新しい知識が増え、そのことが面白くなりました。また、コメントを下さる方に教えて頂いたりして、今ではHP「♪ケ♪セラ♪セラ♪」もでき、ブログももう1つ「ハートちゃんの家」を建てることも出来ました。 

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
aamuiさん:母や友人に宛てた絵手紙を紹介しているブログです。そのときの思いや季節の便りをシンプルに絵にしています。
毎日出勤する娘に投函を頼んでいるうちに、“私にもとっておいて欲しい”と言われ、とても嬉しく、ブログを保存箱にも出来ることに気がつきました。
私は6年ほど前から病いをわずらい、難病という診断をいただいて、ペースメーカーの手術(心臓そのものは異常なしです)をしましたが、その後涙に明け暮れた日々を慰め、立ち直らせてくれたのはPCでした。
いくつかのサイト(パワーウイングスへなちょこ動物園などへの参加)では、たくさんの夢や希望をいただきました。
できるなら、私も何らかのお返しをしたい。それができればうれしい。辛い方が少しでもほっとしていただけたら…と始めたブログですが、コメントを下さる方が大勢いらして…。今ではコメントを頂きたいがために、更新しているのかも?と思うほど楽しんでいます(笑)。 

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
aamuiさん:PCに関しては、無料でいろいろと教えて頂けますし、世界中の綺麗な写真は見られるし、ますます宝箱です。
特に障害者の方の世界を広げてくれると思います。ブログは発信が容易く、受ける一方だった人が発信できる、とても優れたツールだと思います。
匿名でありながら、書き手がはっきりと浮かんできます。書くということは結局そういうことなのですね。考えながら書く。日記も3日坊主で続かない私がもう半年も喜びを持って、続けてられていることに驚きます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
aamuiさん:血液型の本を読んで、O型ピタリと思いました。好奇心旺盛、わがまま、どんどん変化したいです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
aamuiさん:ブログに来てくださる方皆さんと、お会いしたいなあ。とりあえずは5月銀座で開かれる個展の主BOOKBINDING CAFEのobje-na-book-box さんにお会いするのが楽しみです。 

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと、ハマっていることは?
aamuiさん:作ること大好き。ナチュラルハイジーン。

エキサイトブログ編集部:夢は?
aamuiさん:内緒。
希望★何時までも描きたい。目標★ハートちゃんの絵本を作りたい。

エキサイトブログ編集部:絵はもともと好きで日ごろからよく描いてらっしゃるのですか? また、描く楽しさや見る人に伝えたい思いは?
aamuiさん:絵を描くのは好きで、前から自己流で描いていました。独身の頃は熊がMyマークでした。その後はハートちゃんになりました。
皆さんに伝えたいことは、相手に話しかけるように手紙を気楽に書いて欲しい。気持ちはすぐ伝えよう、と言うことです。

エキサイトブログ編集部:思い入れのある絵・ポストは?
aamuiさん:「気持ちが大切」★野口英世の母の手紙は、手紙の原点と言われています。この手紙を最初見た時にはジーンとして、居住まいを正したい気持ちになりました。一所懸命書いた字は下手でも何でも、気持ちが届くものと思います。この手紙のように、心のままに書けば、手紙はそんなに難しいものではないと思うのです。“字が下手だから、手紙なんか書けない”と仰る方の多いこと!お付き合いの中で、大切なシーンは何方にもあるでしょう。大切なその時のために、手紙をもっと書いたらいいなあと思います。 

貰うともっと嬉しい手紙」★その人に話しかけるように手紙を書いていると、返事が待たれます。ひょっとすると、返事が欲しいために手紙を書いているのでは?と思ってしまいます。出したときから返事を心待ちしているのですね。だからお返事が来たときの嬉しさ(^^♪ 手紙好きの人には解りますよね。メールも同じですよね。ブログでもコメントにお返事があると嬉しいですよね!

これな~んだ?」★母には毎日とはいかなくてもよく手紙を書きますので、話題に困ることもあります。そんなとき、たまにはこんなクイズを入れたりしているのです。返事はなくとも、きっと考えてくれていると思いながら・・・。

エキサイトブログ編集部:最近感動したことは?
aamuiさん:荒川静香さんの演技の美。このとき作った俳句です。
・美の女神舞い降りきたるトリノ春
・リンクにはキラキラと咲く青い花  
・金メダル積み重ねた日燦然と
・メダル持つ放心の面いじらしき 
今までもフィギャアのトップの人の演技の美しさには、うっとりしましたが、静香さんのあの日の演技には、神々しさを感じました。何度見ても美そのものです。

WBCの熱き団結。20年もママさんソフトボールを楽しんでいましたので、皆の気持ちが一緒になった試合の興奮は良く覚えています(大げさなと言うなかれ)。そのためにやっていると言ってもいいくらいのものです。おこがましくも、WBCの皆さんの顔がその感激を物語っていると思いました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
aamuiさん:小さい子への虐待。短い生を痛く怯えて終わるなんて痛ましくて、胸が潰れます。せめて死んでしまう前に、何とか救って、気持ちの取り返しが出来るようになって欲しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
aamuiさん:ありがと! ありがとう(^^♪ ありがとうございます<(_ _)>

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【aamuiさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】楽しませていただいているブログは沢山ありますが、人気ブログの上位の方は除いて、皆様ご紹介したいのですが、5つに絞らせて頂きます<(_ _)>

朝一番の大笑い「mackworld
★夜中に更新なさっているのでしょうか。朝一番に開くと、思わず大笑い。 楽しい1日の始まりです。若きファンがいっぱいです。

美しい「一花一葉 by アツシ
★華道をなさっていらっしゃると思いますが 生活全体にその心が表れていて 憧れています。生活を美しく整えたいものです。

親切なテクニシャン「パソコンでお絵描き2
★PCの世界は惜しげもなく、ご自分の知識を披露して下さる方が多くいらっしゃって、驚き感謝していますが。私は絵を描くものですから、この方のページにとってもお世話になっています。エキサイトブログのことも初歩からよく解ります。

海外代表「ケルンだより その2
★海外の話題は、あちこちにいらっしゃる日本人の方のページが沢山あるのでいろいろ知ることができすね。各国のページが読めたらもっと世界が広がるのでしょうが、語学の出来ない私は同胞の方の目を通した外国の話題がとても楽しみです。多くのサイトをtamayamさんに代表して頂きました。

今も楽しいけれど、将来が楽しみな「長男の中庭
★若い人のサイトの代表として選ばせて頂きました。詩・散文・クイズ・写真・コント・短編小説・たまには絵もあり。その視点の新鮮さに刺激を受けています。密かに将来を楽しみにしています。



【aamuiさんのライフログ】
対岸の彼女
角田 光代 / 文藝春秋

★私は身辺整理を始めていますので、本は大抵図書館でお借りしています。予約が100人以上付いていて、やっと最近読むことができました。
30過ぎの女性二人の友情を書いていますが、誤解による失望で行き違いそうになった二人が 最後の部分で、偶然はらりと落ちた昔の手紙のお陰で気持ちを取り戻すのです。
いくつもの誤解を私たちはしているのでしょうが、取り戻すことが出来たことで、とてもほっとしたことでした。 “風と共に去りぬ”の2人の行き違いは、とっても残念で、今でも見るたびにもったいない気持ちがしますが。あの最後はあれでなくてはならなかったのだと、今では思います。

クラッシュ

★私たちの心の奥にある偏見。単一民族の私自身の中にも覗いてみれば、いくつもの偏見があることに気づきます。オムニバス方式が無理なく編集されていて、誰にでも見て欲しい、いい映画でした。
父親から譲ってもらった(このお話は大切にしたいと思いました)見えなくなるマントを着た女の子が、銃で撃たれた瞬間、神様!を叫んだ人は多かったのではないでしょうか?
尾羽の生えた女の子は死ななかった。爺さんは救われた…。映画ならではの表現で、素晴しいラストでした。
さすがアカデミー賞。女の子を殺さなかった監督に拍手。

The Choirboys
Dana Marsh Julian Gale Alexander Learmonth Daniel Jordan Oliver Hunt John Whitfield Wendy Philips Al / UCJ

★ブログ仲間の旅じたくさんから教えて頂いたのですが、ウイーン少年合唱団のような合唱団の中の選りすぐりの3人のボーイソプラノのCDです。
毎日聞いています。祈りの気持ちでしょうか・・・ただ心が開放されます。もう一枚買おうかなあ。

aamuiさんの「毎日手紙を描こう★貰うともっと嬉しい手紙」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-03-29 23:56

c0039735_1855036.jpg生ケーキや焼き菓子など心のこもった手作りスイーツを、大胆な写真とともにほぼ毎日のように紹介。見ているだけで食べたくなってしまう「おいしい写真館<楽しいお菓子>」のwitchery_yukoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
witchery_yukoさん:ブログをはじめたのは遅いほうだったと思います。
最初にいいなと思ったのは、「カテゴリ分け」ができるということ。
今まで撮りためていたお菓子の写真を、種類別に分類でき、また月毎にも見ることができて、あのときの生ケーキは何を作った?とかこの季節にどんなのを作った?というのがすぐに分かるのがとても便利だと思いました。
ですから始めた当時は、ブログは自分のための便利なものという感じだったのですが、コメント欄で色々な方々と交流させていただくうちにたくさんの刺激を頂くようになり、お菓子作りの幅も広がってすっかりブログが楽しくなりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
witchery_yukoさん:「おいしい写真館<楽しいお菓子>」は、本当にお菓子の写真だけのブログです。日々の日記などと取り混ぜることなく、お菓子の写真とそれにまつわるつぶやきのみを記事にしています。
基本的にはお菓子を焼いた日にしかブログの記事を書かないのですが、ブログが楽しくなってきたら反対に、記事のためにお菓子を毎日焼いているような状態になりました(笑)。
これからもお菓子とともに、それにまつわるエピソードなどを紹介しながら、充実したブログにしていきたいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
witchery_yukoさん:お菓子作りのブログにもかかわらず(?)、私はお菓子を習ったことがありません。
すべて本やテレビを参考にしたり、見よう見まねでやってきた部分が大きいので、他の皆さんの素晴らしいお菓子にはすごくいい刺激を頂きますし、勉強にもなります。
自分の世界が広がった気がします。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
witchery_yukoさん:日本国内のみならず、海外にいる方ともリアルタイムで交流できることかな?
私がブログで紹介した「マルメロ」という果物を、遠いドイツで探して手に入れられたお友達もいらっしゃって、とても不思議な感じがしました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
witchery_yukoさん:熱い人です(笑)。夢中になると一直線。
そして、人と同じことをするのがあまり好きではないので、お菓子に関しても全く本のとおりに作ることはせず、自分でノートにデザインしたりしてオリジナリティを出すようにしています。
創作活動が好きなのかもしれません。だから、お菓子作りは大好きなのに日々のタスクのように感じられるお料理は好きじゃないのです。びっくりされるのですが…(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
witchery_yukoさん:日本にいるブロガーさんは、いつか会えるかもしれないと思っているせいか、海外在住の素敵な暮らしをされている方にお会いしてみたいなと思いますね。
a little taste of…」のgarandeeさん
本から抜け出してきたような素晴らしいお料理やお菓子でため息が出ます。写真や小物使いが秀逸です。直々に弟子入りしたいです。
バームクーヘン日誌・2」のバームクーヘンさん
ドイツにいらっしゃるにもかかわらず、日本の季節感あふれるお菓子やお料理を作られていて勉強になります。ドイツ情報が充実していて行ってみたくなります。
ValleyのNatsu~Vol.2~」のnatsuvalleyさん
センスあふれる手作り品がものすごく素敵なので、是非この目で見てみたい!風景写真もすごく綺麗です。関西弁のギャップがおもしろいのでお話してみたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと、ハマっていることは?
witchery_yukoさん:やはりお菓子作りですね。
そのほかには、祖母や大叔母のお下がりの着物を普段から着ることにはまっています。
大正や昭和の古い着物に半襟や帯、普段使いの和装小物のコーディネイトを考えるのは洋服のとき以上にワクワクします。

エキサイトブログ編集部:夢は?
witchery_yukoさん:私の作るお菓子で、お友達や周りの方々を幸せにすることです。
また、お菓子に限らず自分の小さな力が、誰かの役に立てるようになったらいいなと思います。

エキサイトブログ編集部:ほぼ毎日お菓子を作っているのに感心しますが、作っていて一番うれしいこと、楽しいことは? また、おもてなしのときに一番評判のスイーツは?
witchery_yukoさん:差し上げたお菓子を「おいしい」と言って頂けるのが一番嬉しいし、励みになります。
評判がいいのはカヌレ、マカロン、タルト類でしょうか…自分もどちらかというと焼き菓子のほうが好きなので…。
また、以前お友達にチーズタルトを送ったとき、体調を崩されておかゆも食べようとしなかったという彼女のお母様が、そのチーズタルトをおいしいと言って食べてくださったと聞き、涙が出るほど嬉しかったです。

エキサイトブログ編集部:読者に人気だったスイーツやそのポスト、思い入れのあるポストは?
witchery_yukoさん:「薔薇のようなりんごのタルト
娘の誕生日のために一生懸命考えて作ったケーキですが、この記事からコメントに「はじめまして」の方が増えてきて、交流が盛んになってきたので、そういう意味でも嬉しい思い出のポストです。

クリスマスシャルロット
自分でも満足のできるお菓子でしたし、評判もよかった…と思ったら、後に某コンテストで最優秀賞を頂くことができて、ますます思い入れのあるポストになりました。
同じものを作れと言われたら作れないかも(笑)。

雪だるまのマカロン
この頃から、マカロンに自信が出てきたので念願の「マカロンカテゴリ」を作りました。
おまけに、この写真はエキサイトブログさんの「もうすぐクリスマス!」フォトコンテストに掲載して頂いてとても嬉しく、自分の年賀状にも使ってしまいました。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
witchery_yukoさん:粉とバターと砂糖(笑)
それにお菓子の型は際限なく欲しくなります。
そしてそれを生かせる腕が一番欲しい!

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
witchery_yukoさん:野球やサッカー観戦が好きなので、スポーツニュースの結果は必ずチェックしています。WBCの世界一は本当に嬉しいニュースでした。
ワールドカップのほうも楽しみです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
witchery_yukoさん:こんな素人のお菓子を楽しみに訪問してくださって、光栄です!
また、嬉しいとき、悲しいとき、いつもその気持ちにぴったり合ったコメントをたくさんありがとう。とても励みになります。
そして、お菓子の幅が広がったのはまさにブログのおかげ。いつもいい刺激をありがとう!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【witchery_yukoさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
たくさんあるのですが、全部紹介し切れなくてごめんなさい。

妖精のだらだら生活
ブログを始める前から仲良くさせていただいていますが、シュガークラフト作家である彼女のセンスあふれる作品、そしてカリスマ主婦ばりのお料理にはため息が出るばかりです。

本日の、のんし
お料理やお菓子の腕前、そしてなんと言っても写真が素晴らしい!その写真をひきたたせるnonshiさんの温かみのある文章に惹かれて足しげく通ってしまいます。

ミルクムーン
ご夫婦でレストランを経営されていて、私以上に毎日お菓子を作られています。お仕事だから当然と言えば当然なのですが、その独創的なお菓子にはいつもいい刺激を頂きます。

作りたGirlの★なんでもかんでも★
お菓子、ガラス、ビーズ…手作りをこよなく愛されるmiholantaさん。写真もとても綺麗です。そして文章に彼女の優しくて楽しい性格がよく表れていて楽しくなります。

Beads Diary
手作りビーズアクセサリーショップを営まれているbeadsmewさんが、ビーズや天然石にまつわる思いを記されています。私の和装小物はほとんどこちらのもの♪


【witchery_yukoさんのライフログ】
お菓子のブログですので、私のお菓子作りの愛用本をご紹介させて頂きますね。

101の幸福なお菓子―最高に楽しい時間のための、とっておきのスイート
山本 麗子 / 講談社

基本・原点はこれです。とても分かりやすく、色々アレンジしながら愛用しています。

藤野真紀子のとっておきのお菓子―My favorite 50
藤野 真紀子 / 日本放送出版協会

レシピのみならず、洗練されたデコレーションがとても美しく参考になります。

イギリスのお話はおいしい。―すてきなティータイム
Moe編集部 / 白泉社

私の大好きな英国のお話にまつわる楽しいおいしいレシピ満載。素朴だけどお役立ちです。

スーパー・パティシエ辻口博啓のやさしいお菓子
辻口 博啓 / ソニーマガジンズ

リ・ファリーヌを使ったお菓子でありながら、味は本格的でおしゃれです。

英国・紅茶とケーキのおいしい旅
実用書編集 / 集英社

英国のお茶の雰囲気が実際に味わえるような素敵な本です。

witchery_yukoさんの「おいしい写真館<楽しいお菓子>」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-03-22 09:47

c0039735_1857208.jpgサッカーと映画を愛するおふたりが、テンポのよい文章と印象深いイラストで独自の世界を作り上げるブログ。オリジナルスキンにもセンスが光る「tototitta!- トトチッタ!」のminacoさん&なるほ堂さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
minacoさん:イラストレーターの仕事の幅を広げようとHPを立ち上げる時、ついでにブログも始めてみました。結果的に仕事以外の個人的シュミを大いに反映する濃いいい記事と、新鮮なイラストを実験する場になりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
minacoさん:主にサッカーと映画について、それぞれ独自の視点で書いています。記事とそれに併せたイラスト、ガチあり、多少シュートもありのブログです。
私がマンチェスター・ユナイテッド、なるほ堂が鹿島アントラーズとブラジルのファンなので、サッカーはその2つの話題が中心です(かなり偏愛的)。映画の話も同様で、新旧問わず思い入れで書いてます。暴走する事もありますが、コンドールマンのごとく「闘い挑み愛を説く」がテーマ(?)です。
なるほ堂さん:とりあえずは苦心の作であるスキンを見ていただければ、と。パソコンに疎い僕と知り乍ら、スキン作りへのminacoの無茶高いハードルの要求。それに応えるべく猛研究して、なんとか彼女の要求する体裁が作れました。いじり過ぎの感もあるでしょうが、皆様いかがでしょう?

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
minacoさん:読んでくださる方との出会いは大変有り難いです。生活にハリと潤いを与えてくれました。
なるほ堂さん:<得たもの>夜、記事をアップした時の、自分の漠然とした思いを言葉として吐き出せた事への充足感。/<新しい発見>翌朝、読み返す毎に思い知らされる、自分のイタさ加減。。。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
minacoさん:イラストへの実際の反応を知る機会が少なかったので、気に入ってコメント下さる方がいると嬉しいし励みになります。ブラーヴォ!
なるほ堂さん:石川啄木、宮沢賢治という「自己世界への引きこもり」系文学(偏見)の両巨頭を生んだ岩手県民としては、やはり日々鬱積する内面世界を素直に吐露するには文章を書く事がもっとも適している気がします。世知辛い俗社会を斜に見乍らも、やはり現実世界と繋がりを保ちたい、、、そういう欲求を満たすツールとしてのブログ。僕的には一種、リハビリかも(?)。
しかし一方、書いてしまった事への責任も伴う訳ですから、時に後悔を生む事も。小心者の性です。嗚呼、非道い表現がございましても、鹿島アントラーズ以外のファンの方々、どうか大目に見ていただきたい。。。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
minacoさん:馬好き。サッカー選手で言えば、いつも審判に文句をつけているFW。音楽で言えばR.E.Mの「It's the End of the World as we know it (And I Feel Fine)」。
なるほ堂さん:鹿好き。サッカー選手で言えば、いつもバックパスばかりするMF。音楽でいえばTHE SMITHSの「The Boy With The Thorn In His Side 」。
(本頁内のイラストは、二人の好きな映画「MY LIFE AS A DOG」のワンシーンから。自画像は恥ずかしいので、、、あくまでイメージです。実物とは異なる場合があります。)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
minacoさん:恥ずかしくてとても人様に顔向けできません。でもお世話になってる方々にはいつも感謝しています!
なるほ堂さん:「Mercedes's Diary」のmercedes88さん。時にコメント欄をオーバーしてまでスポーツ談義に花が咲いてしまいます。お会いした事はありませんが、昔何処かで会った事がある気もする不思議な方です。また「Red-Deer's Diary」のHarryさんとは、いつかジーコスタジアムでお会い出来る事があれば、と思っております。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
minacoさん:オランダ(ブラバント地方)にハマってます。英語もぼちぼち勉強中。
なるほ堂さん:家具作り(嫌な思いを「棚上げ」する為に、時折本物の棚を作っております)、ギターいじり、プロレス鑑賞。サッカーは好きというか、、、好きすぎて、時に見るのが苦行になってしまいます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
minacoさん:マンチェスター・ユナイテッドのオフィシャル・イラストレーターの仕事をもらう事(嘘)。
フットボールも映画も、世界が相互理解するのに重要なツールです。私のイラストもそれに貢献できればと思ってます(結構本気)。
なるほ堂さん:未だ力不足ですが、小橋建太のごとく「やるしかないでしょう」と開き直れば、どんな山だって動かせるはず。ですので「個人的な夢は無し。目標ならある」と、、、言いたいです。多分、強がりです。ただ自分自身では願いつつもままならない事だってあり、、、それを夢というのなら、minacoの夢が叶う事が僕の夢です。

エキサイトブログ編集部:イラスト歴はどのぐらい? Minacoさんのイラストへのこだわり、また、描く楽しさや見る人に伝えたい思いは?
minacoさん:イラストを仕事にするようになったのは、7年前くらい。世界のサッカー選手や映画俳優など、主に人物を描いてます。愛を込めて自分なりに捉えたその人の本質的キャラクターが伝わればいいですね。ブログ用のイラストの殆どは、その都度サクッとスケッチして描いてます。

エキサイトブログ編集部:独自の視点で書かれた文章も読み応えがありますが、なるほ堂さんとminacoさんそれぞれの思い入れのあるポストは?
なるほ堂さん:二人共にその日の気分が記事にまんま反映しちゃって、シュートな話やグダグダな長文(特になるほ堂)、偏愛ぶりがイタい話(特にminaco)とかを書いちゃうもんで、とても人様にお勧め出来るようなモノは無いのですが、、、あえて自分たちらしさが出ているっぽい記事を。

tototitta用語辞典
minacoさん:当ブログでは「あらゆる事をプロレス的に見ると真理が見えて合点がいく」との仮説に基づき、より深く、より面白く、自由な見解を追求するつもりです(それでいいのか…)。ゆえに記事内ではプロレス用語を多用してますので、この用語辞典でフォローして下さい。
しょっぱいオレンジ
多分日本で一番ルート・ファン・ニステルローイを観察しているであろうminacoが、一般にあまり知られていない黒ルートについて考察した記事。漫画付き。
my favorite actor# 3 Antonio Banderas
好きな映画俳優についての個人的考察シリーズ第3弾。他にJ.リース・マイヤーズ、ブルース・ウィリス、ロマン・デュリスも有り。
満男の魂、ドイツまで
なるほ堂さん:愛して愛して(×100)止まない小笠原満男選手への思いを綴った記事。時にはセンチメンタルな文体になってしまうのも特徴かと。
村主章枝は情念で滑る~フィギアスケート~
年末年始のテレビ桟敷3/2005全日本フィギュア選手権
なるほ堂さん:スポーツに関して無茶な注文を書いたり、漫画やプロレスなどの文脈に無理矢理当てはめて語るという、僕の悪いクセが出た見本のような記事。もうちょい悪ノリを抑えつつも、皆様に楽しんでもらえる記事を書いていきたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
minacoさん:猫。もふもふしたくてたまらない。
なるほ堂さん:もちろん、鹿島アントラーズの10冠。個人的なのに関しては、何かを欲しがるのではなく、出会ったものを大切にしたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
minacoさん:オランダに関する事にはつい反応。
なるほ堂:W杯はブラジルが勝つのか。小笠原満男選手の海外移籍はどうなるのか。ダコタ選手(プロレスリングNoah)はなぜ裸足なのか。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
minacoさん:いつもコメントを寄せて下さる方や読んで下さる方々、有難うございます。こんなブログですが、これからも沢山のご意見ご感想&お仕事依頼お待ちしています!
なるほ堂さん:いつもありがとうございます。常々「もっと読む人の気持ちも考えねば」と思いつつも、結局はご覧の通りのグダグダな私論垂れ流し。日々反省しております。どうか温かい目で見守ってください。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【minacoさん&なるほ堂さんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
※たくさんあって選びきれないのですが、、、漏れてしまった方、申し訳ありません。

いわにち のち あさひ
minacoさん:古くからの友人で、エディトリアル&グラフィック・デザインなどで活躍されているkidsさんのローカルな日々。彼女には頭が上がりません

Mercedes's Diary
minacoさん:私と同じくルート・ファン・ニステルローイ選手に恋するMercedesさんが、日常の一コマを綴った日記です。海外でのお話も多く、短編小説もあり、憧れます。いつも色々とお世話になり感謝です。

脳内ラテン革命
minacoさん:イギリスの大学院で国際関係を勉強中のきんこさんによる面白くて為になるブログ。「世界の政治家がW杯の自国チームを紹介」が好評連載中です。唸ります。

左側に気をつけろ
minacoさん:パリ・サンジェルマンを応援するつきさんが、ユナイテッドに移籍後もガブリエル・エインセをフォローするブログ。クラブや選手を思う暖かい気持ちには、いつも励まされています。早く帰って来い、ガビー。

Red-Deer's Diary
なるほ堂さん:鹿島アントラーズサポーターのHarryさんのブログです。地方在住者にとっては垂涎の現地情報から茨城新聞の鹿ネタまで。いろいろお世話になってます!



【minacoさん&なるほ堂さんのライフログ】
【音楽】
All That I Am
Santana / Arista

なるほ堂さん:学生時代、ギター仲間の談義の中で、必ず出るのが「一番上手いギタリストは誰か?」ってコト。皆の答えはまちまちで、それぞれの好みにおいては正解なのでしょう。でも、ギターに聞いたらきっとこう答えると思う、、、「誰が上手いかは判らねえが、一番俺を気持ちよくさせるのはサンタナさ」。ちなみに僕の愛器は「十年お前に付き合ってるが、お前はいつになったら俺をご機嫌に響かせてくれるんだい?」と思っているだろうな。。。スマヌ。

As Is Now
Paul Weller / V2

なるほ堂さん:説明不要。ポールだけはガチ。

【本】
タンタンの冒険その夢と現実
マイクル・ファー 小野 耕世 / サンライズライセンシングカンパニー

minacoさん:こっそりとエルジェをリスペクトしてます。少しずつ全巻揃えるつもりです。

黄色い本―ジャック・チボーという名の友人
高野 文子 / 講談社

minacoさん:漫画界のレジェンド。実は'80年代後半以降の漫画はさっぱり知らないんですが、この人だけは買います(数年に一冊くらいしか出ないけど)。

【映画】
デスペラード
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

minacoさん:ビバ!ロドリゲス。ビバ!メヒコ。サントラもCDプレイヤーが壊れるまで毎日聴きました。カッコよすぎ。


minacoさん&なるほ堂さんの「tototitta!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-03-15 10:45

c0039735_12135238.jpg歴史の教科書で見たギリシャの古代遺跡をはじめ、伝統的なお祭りやアテネの町情報を実際に歩いてレポート! 見ているだけで、旅してみたくなる読者も多いはず。そんな注目の海外ブログ「日刊ギリシャ 檸檬の森 神話・古典・考古は徹底現場主義!」のlemonodasosさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
lemonodasosさん:2003年末からネットで日記をずっと書いていましたが、
その頃に知り合った人たちがどんどんブログに移行していたのがきっかけです。
PCやインターネットがちんぷんかんぷんだったのですが、
genova1991さんのブログ「お散歩アルバム」と Marrrsanさんのブログ「ドッコイSHOW 」を手本に私もエキサイトブログを始めました。

私はギリシャに住んでいて、毎年バケーションはエーゲ海の島での海水浴と遺跡めぐりをしています。今までにだいたい100くらいの遺跡は見学しています。
そのときに撮った遺跡の写真の整理整頓をするためにブログにまとめています。
たくさん遺跡に行ったので写真撮影してはいますが、正確な資料がないのでまだ更新していないものがあります。
 
エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
lemonodasosさん:古代遺跡に行くととても気持ちが良いです。なんというか不思議なエネルギーのようなものを感じますね。遺跡は広くて歩くのが大変ですが、行くと時間を忘れて隅々まで歩きたくなってしまいます。別に考古学がやりたいわけではないのですが。
これからもずっとギリシャ全土の遺跡を撮影しながら歩き続けます。そして、その結果をブログに残していきたいと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
lemonodasosさん:日本人は世界のいろんなところでブログを書いているものだなぁと感動しました。
私はHPというものをずっとやりたかったのですが、なかなか飲み込めませんでした。
でも、ネットを通して知りあった方たちのおかげでここまでやってこれました。
私がリンクしているブログはたくさんあって、すべて「お気に入りサイト」です。
今はリンクしている人たちのブログを訪ねることが楽しみです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
lemonodasosさん:考えるていることをきちんと文章化することは勉強になります。
また出かける前には資料を読みます。そこで調べたことをブログに更新していくことはとても面白いですね。最近はどんな小さな遺跡もきちんと見るようになりました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
lemonodasosさん:何事も一所懸命にやりますが、これからはゆっくりゆっくり取り組んでいくつもりです。
人生を楽しみたいです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
lemonodasosさん:そうですねぇ。私がいつも読みに行くブログは全部リンクしています。機会があったら、その人たちに会いたいものだと思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
lemonodasosさん:古代遺跡には番犬、野良犬、野良猫を見かけます。犬はとてもおとなしくて、遺跡の真ん中で爆睡していることがあります。観光客のほうがその昼寝している犬を起こさないように気をつかっているので面白いです。また野良猫さんたちが遺跡の暖かい所で日向ぼっこしている時があって、楽しいですね。
アテネの風の塔の遺跡では猫と犬が仲良しなところもあります。
そんな猫たちにひかれて、「日刊ギリシャ檸檬の森」以外にも、「ギリシャのにゃんこ先生」という猫ブログも作ってしまいました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
lemonodasosさん:日本食を思いっきり食べることです。おでんとか、そばとか、納豆とか、大福とか、桜餅とか。毎日食べてみたいです。

エキサイトブログ編集部:ギリシャに住んでどのぐらい? 実際に住んでみて、さすがに偉大な町だなと感動したところ、改めて発見したよさは?
lemonodasosさん:今年で11年目になります。ギリシャ人と結婚して、こちらの国に来ました。それまでは日本の公立中学校の教員をしていました。最初はまったく環境の違うところに来て大変でした。
しかし、世界史に登場する英雄や哲学者ゆかりの場所、神話の出てくる場所へ行くことが出来るので、とてもいいストレス解消になります。
クレタ島のクノッソス宮殿へ行ったときは、「これがミノタウロスの住んでいた迷宮ラビリントスなんだ」と思い、嬉しくなりました。
また、ネメアという町がペロポネソスにあって、そこでできる赤ワインは「ヘラクレスの血」と呼ばれていることです。神話によると、そこでヘラクレスがライオンを退治したので、そのように呼ばれているなど…ヘラクレスのゆかりの場所がたくさんあって、改めて驚きました。

エキサイトブログ編集部:特に思い入れのある記事、日本の読者にぜひ伝えたい、見てほしいと思う記事などは?
lemonodasosさん:ギリシャ神話に出てくるアポロン神が美しいニンフのダフネを追いかけてきたというダフネの泉の美しさには感動しました。
2005年9月1日「ギリシャ神話の"ダフネの泉" ラリサ県」にまとめてあります。

もうひとつは、バレンタインデーの記事。日本ではバレンタインデーはお菓子業者のためのバレンタインになっています。しかし2月14日は聖バレンタインが殉教(信仰上の死)した日です。
3世紀のローマで、バレンタインは時の皇帝クラウディアス2世によって死刑を宣告されました。皇帝は結婚をし家庭を持つ事によって、兵隊たちの戦力をが弱まると考え、結婚を禁止したのでした。しかし、バレンタインはキリスト教の教えに従い、バレンタインは愛する男女を結婚させてしまい、これが皇帝の知るところとなりました。そして270年2月14日に殉教しました。それ以来バレンタインは聖バレンタインと呼ばれ男女の愛の守り神のように信仰されました。
そんな歴史的に聖バレンタインと呼ばれた人たちが18人(14人とも)いたことを知りました。どの方も立派な方でした。そのオリジナルの聖バレンタインの遺骨がどのような経緯でアテネの聖サンフランシスコ・アンド・クララ教会にあるのかを調べることが出来て大変嬉しく思いました。
私の知人である在ギリシャのイタリア大使館の外交官から聞いて、それを調べはじめたのです。その外交官はギリシャのジャーナリストの記事から知りました。
日本人としては私が最初に聖バレンタイの遺骨と対面することができたことを光栄に思います。
2006年1月14日 アテネに眠る聖バレンタイン
2006年1月14日 聖バレンタインの遺骨の旅     
2006年1月16日 聖バレンタインの遺骨との対面  
2006年1月17日 18人いた聖バレンタイン      
 
エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
lemonodasosさん:ほしいものは高性能なスキャナーです。
3日間休みがあってお金があったら、レスボス島のエフタル温泉へ行きたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
lemonodasosさん:鳥インフルエンザの影響で猫まで感染したニュースがありました。鳥フルの沈静化される事を祈っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
lemonodasosさん:いつも訪問してくださってありがとうございます。
訪問したついでにコメントなども書いてくれると嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【lemonodasosさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
私は3年前まで日記をネットで書いていました。その頃からの付き合いのある5人の友が同時期にブログ化したので、その方たちをご紹介します。

KBPT熊子さんの 「一日一歌 万葉集」    
一日一度はこのブログを訪ねて、大きな声で日本の古代の人のように、万葉集を詠(よ)んで詠(うた)っています。
  
Ladyinnjさんの 「NJ life in USA
アメリカで生活する主婦には勉強になるかもしれません。書いている方はこれでアメリカへ3度目の転勤です。
 
genova1991さんの「お散歩アルバム・・味の散歩道」  
鎌倉と横浜の情報や映画や美味しいものが話が盛りだくさんで役に立ちます。

Marrrsanさんの「ドッコイSHOW:New Orleans Edition
ニューオリンズに住む画家のブログで、町や人々の様子、またアメリカのインスタント食品など、楽しく書かれています。

shinia62さんの「ちょっとシニアチックな水彩画情報
水彩画家のブログで、絵の題材の風景写真やその作品も紹介されています。



【lemonodasosさんのライフログ】

イソップ寓話集 山本光雄訳 岩波文庫
イソップという名前ですが、現代ギリシャ人はエソポスと呼んでいます。

アポロドーロスギリシャ神話 高津春繁訳 岩波文庫 
遺跡撮影行く前には参考資料として読んでいます。

ホメロスイリアス 岩波文庫 
この話の中に出てくる城や神殿へ行くのが楽しみです。

鬼平犯科帳
池波 正太郎 / 文藝春秋
 
鬼平のような上司を持ったら日本人は幸せだと思ったりします。

lemonodasosさんの「日刊ギリシャ 檸檬の森 神話・古典・考古は徹底現場主義!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-03-08 14:00

c0039735_1675781.jpg貴重な海の生き物たちが勢ぞろい! ダイビングの楽しさも伝えてくれる、Web版海洋生物図鑑といえばもう有名。ブログ開設以来、一貫したスタイルで独自の世界をつくりあげる「ランゲルハンス島の海」のだいばーさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
だいばーさん:デジタルカメラを購入し、10年ぶりに水中写真を再開。これをきっかけに、「自分で図鑑を作りたい」という想いを実現させようと考え、その手段として選んだのがブログでした。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
だいばーさん:海洋生物の写真による、図鑑形式のブログです。
特徴、生態はもちろんですが、大学で学んだ海洋生物学の知識と、ダイビングの経験を元に、海洋生物との触れ合い方などについての「ひとこと」を掲載しています。海をより楽しく、安全に遊んでもらいたい、そんな思いで海洋生物を紹介しています。
また、ダイビングでは潜水の記録を「ログブック」に残します。これをブログ上で公開し、ダイビングの楽しさを共有できるよう目指しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
だいばーさん:海洋生物に関する幅広い知識を得ることができました。
記事を書く時に知った新しい知識は、その生き物との次の出会いを、より楽しいものにしてくれます。
新しい発見は、自分がダイビングを好きだったということです。
ブログを始めるまでは、強制的であったり、惰性で潜っていたりで、積極的にダイビングを楽しんでいる感じではなかったんです。ところが、意識的に「ネタ(写真に撮っていない生物)」を探すようになってから、一本一本のダイビングがとても充実し、ダイビングを始めた頃のような楽しさが戻ってきたんです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
だいばーさん:記事に直接コメントが付くこと。
みなさんの、いろいろな視点からの質問のおかげで、「知りたい情報が載っている理想的な図鑑」に近づくことができています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
だいばーさん:好奇心の塊。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
だいばーさん:「わに蔵の日記」のwanizo64さん。
小学生とは思えない文才の持ち主で、趣味や嗜好も自分と共通するものがあり、かなり気になっています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
だいばーさん:コーラ。
計算したら今までに100万円以上使っていました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
だいばーさん:鹿児島湾の水深80m付近の熱水噴出口に生息するサツマハオリムシを撮影すること。

エキサイトブログ編集部:海洋生物図鑑ができるほどの写真の数々ですが、どのぐらいダイビングを積み重ねて撮った写真ですか? また、ダイビングの楽しさや見る人に伝えたい思いは?
だいばーさん:フィルムで撮った古い写真をスキャニングしたものもほんの少しありますが、ほとんどは2004年4月以降に潜った、100本ちょっとのダイビングで撮った写真です。
なので、撮影地は伊豆・沖縄・八重山・奄美・フィリピン・タイぐらいと、エリアのバラエティは豊富ではないんです。それでも1本あたり20~80枚程度撮影しているので、撮った枚数は5,000枚ぐらいだと思います。
ダイビング自体は15年やっているので、500本ぐらい潜っているはずですが、ログ付けをサボっていたこともあったので、正確な本数はわかりません。
珊瑚の調査で水中セメントを使って海底にタイルを設置したり、新しいダイビングポイントを探してみたり、遺失物を探したり、漁師の手伝いをしたりなどと、ちょっと変わった経験も持っています。

ダイビングの楽しさはいろいろあるのですが、やっぱり色々な生物と出会えることは最大の楽しみのひとつです。
海の生物は魚だけではありません。一見岩に見えても、海藻やカイメン、コケムシなどが覆っていたりするんです。そして、その形態や生態も人間の想像を絶するものばかり。そんな奇妙ですてきな隣人の存在を知る感動を伝えたいと思っています。
また、ダイビングは三次元に動ける面白さがあるのですが、このなんともいえない浮遊感は、写真や言葉では伝えきれませんね。

エキサイトブログ編集部:珍しい魚や海洋生物がたくさんありますが、中でもこれは珍しい、これはユニークな顔をしている、など個性的なものは?
だいばーさん: #060 アサヒガニ
泳ぐ時は前、砂に潜る時には後ろに進む、横に歩かないカニ。これを見たときは、そのあまりの愛らしさに、水中でも叫びっぱなしでした。
#197 オニイトマキエイ
通称マンタ、世界最大のエイ。ダイビングを始めてから13年間、八重山でもパラオでも会えず、振られ続けた存在です。
#198 オオナガレカンザシ
こんなに綺麗な姿をしていますが、釣り餌で有名なゴカイの仲間なんです。名前の由来もすてき。
#200 スナホリガニ
卵型をした可愛らしいカニ。実は、この写真を撮るのに丸一日使っています。
#238 ウンモンフクロムシ
子孫を残す、生殖活動に特化した生物。海洋生物学実習Ⅰ潮間帯生物の観察で見ることができ、いい観察材料になりました。
#273 オオセ
サメですが、おとなしく愛らしい顔をしています。奄美大島でKatsuki_Oki さんと潜った時の思い出の一枚です。
他にもブログの左サイドバーの「オススメ」欄に、個人的なおすすめ記事を紹介しています。そちらもご覧ください。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
だいばーさん:OLYMPUSのデジタル一眼レフカメラ「E-330」です。
被写体が常に液晶に映る、水中写真のために作られたような一眼レフカメラです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
だいばーさん:東大海洋研がニホンウナギの産卵場を特定したというニュース。
長い、本当に長い間の研究の成果が実った、素晴らしいニュースです。次はウナギの完全養殖に期待です。
少し前ですが、超大型ハリケーン「カトリーナ」による、米海軍が飼育する軍事用イルカ脱走事件も気になっています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
だいばーさん:なんとか続けられているのも、みなさんの訪問のおかげです。
自己完結型のブログであるにもかかわらず、いつもたくさんのコメントをいただき、本当に感謝しています。
これからもあたたかい、するどい、楽しい、困ったコメントお待ちしています。
特に海洋生物に関する質問は大歓迎です。かかってきなさい。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【だいばーさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

『おさかな撮り』日記~水中写真ログ~
とっても綺麗な水中写真が満載です。中にはプロが撮る写真よりずっとすてきな写真もあるんです。
赤えびエイト
文鳥ブログらしいのですが、なぜか水産物の話題が満載。食材としてのエビの情報は必見です。
まいにち酒飲み
毎日お酒を飲んでいる、すてきなお姉さまのブログ。クスッと思わず笑ってしまう記事は、読むものの心を酔わせてくれます。
見学に行ってきた
地底から要塞島まで、興味深い場所の「社会科見学」レポート。見学のワクワクが伝わってきます。いつか見学に参加したい。
+++kouchaとpawのウミウシ探索隊(主に三浦半島の海・磯観察日記)+++
三浦半島のウミウシ観察記。雪の振る寒い日でも、観察に出かける強さは見習いたいものです。



【だいばーさんのライフログ】

日本の海水魚
岡村 収 尼岡 邦夫 大方 洋二 小林 安雅 矢野 維幾 岡田 孝夫 田口 哲 吉野 雄輔 / 山と溪谷社

幼魚と成魚、雄と雌で姿が変わる場合はその写真も載ってます。特徴や生態についての解説もばっちり。


相模湾産蟹類
ずっと探していた図鑑。先日神田の古書店でやっと手に入れました。


日本のサンゴ礁
環境省 日本サンゴ礁学会 / 自然環境研究センター

サンゴ礁について、基本的なことから、専門的なことまでわかりやすく解説されています。


NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 05月号 [雑誌]
/ 日経BP出版センター

日本版が出る前から愛読。写真を眺めるだけですが。


ジャンボ・ジェット機の飛ばし方
非日常研究会 / 同文書院

いざと言う時に役立つはず。「戦場の歩き方」もおすすめ。


pop go the happy tune
Melting Holidays / インディペンデントレーベル

Sweet & cute!なウィスパーでpop!


anthology
Cymbals 沖井礼二 土岐麻子 / ビクターエンタテインメント

疾走感があって、さわやかでおしゃれ。ダイビングに行く時はいつも聞いています。


だいばーさんの「ランゲルハンス島の海」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-03-02 13:30