今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_9521970.jpg寒~い冬は、湯気の立ち上るあったかいスープやシチュー、鍋ものがうれしいですね。今回は、そんな季節にぴったりのスープが勢揃い! 心も体もほんわかあったかい気分に包んでくれる料理ブログ、「美味しくってきれいになる♪スープカフェ」のあたさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
あたさん:もともと料理するのが大好きで、他の料理サイトでもおかずレシピを中心にUPしているのですが、"スープ"というジャンルに絞ってレシピなどを掲載するには、カテゴリ分けのできるブログがいいと思ったので。
他社のブログと比較し、より使いやすいと感じたエキサイトさんを利用することにしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
あたさん:一言でいえば、スープレシピ集です。和風とか洋風とかあまりジャンルにこだわっていない多国籍(無国籍)なスープも多いです。
自分のオリジナルレシピだけに限らず、"美味しい"と思ったスープをご紹介しています。また、冬はポトフなどの煮込みや鍋、夏はスムージーなどと幅広くカテゴリを設けています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
あたさん:時々読者の皆様から、私のレシピを参考にして作ったら美味しかったよなどとご報告をいただくのですが、そんなときは本当に嬉しいですね。
いただいたあったかコメントは文字となって残ると同時に私の心にも残り励みになります。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
あたさん:素敵なブログが多く、そこで新鮮な情報を得られたり、勉強させていただいたり、いい刺激をもらったり。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
あたさん:おおざっぱ(めんどくさいもん)でとりあえず行動派(だからおっちょこちょい)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
あたさん:(私との共通点)"自分は食いしん坊"だと思うすべての読者さまと(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
あたさん:旦那と過ごす時間。
食品の裏にある原材料をチェックしたり、その再現を試みたり。

エキサイトブログ編集部:夢は?
あたさん:いつか犬を飼いたいなぁ。。。

エキサイトブログ編集部:あたさんがスープにこだわるのは? また、スープのレパートリーはどのぐらい?
あたさん:スープの魅力は、一度にたくさんの野菜が摂れること。
食材の組み合わせによって七変化する包容力あるあったかスープ、そこから立ち上る湯気が食卓を、そしてキッチンでスープを作る自分をもHAPPYにしてくれます。
現在ブログに載せているスープの種類はおおよそ50~60ほどです。
初めて作るスープは料理本やネットを参考にしたり、他のブロガーさんの作るものをヒントにさせていただいたりしますが、どちらかというと、今冷蔵庫にある材料で考えて即席に作ったり、おかずをリメイクしたようなスープなどが多いかな。
今年は「スープ100杯」目指します!

エキサイトブログ編集部:特に寒~い季節におすすめの心も体もあたたまるスープ、評判のよかったスープをあげるなら?
あたさん:この季節おすすめのスープはこちら、あったか美肌スープ。
酒粕入豆乳ポテトポタージュ

コショウの辛味とお酢の酸味を利かせた四川酸辣湯のアレンジスープ。
豚バラと大根の酸辣湯風スープ 

加工品と隠し味アジアン調味料でお手軽魚貝風味?!
さつまあげとツナのクリームトマトスープ

あえてこの冬いちおしのスープを3つに絞って選んでみました。みなさんにもぜひ試していただき、しっかりぽかぽかほっこりにっこりしてほしいっ♪

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
あたさん:石垣島の海にもぐってお魚を見たい。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
あたさん:耐震強度偽装事件。偽造住宅を購入された方の気持ちを考えると切実で・・この問題の根の深さを知ったのも理由のひとつです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
あたさん:いつもコメントを残してくださる皆様にはいつも感謝しております。
ブログを通してスープを作りながらスープの魅力についてもっと読者の皆様と一緒に知っていきたい、そう思うのはスープ作りはまだまだひよっこの私だから。
こんな拙い私ですが、これからもっと試行錯誤しながら"自由に無駄なく楽しく"をモットーに
マイペースながらやっていきたいと思いますので、よろしくお付き合いいただけたら嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【あたさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

パンケーキカフェ
将来パンケーキカフェ開店の夢を実現すべく勉強中の姉のブログ。パンケーキの食べ歩きやレシピなど。

酒粕倶楽部
酒粕倶楽部は酒粕好きなメンバーが集まり作られたブログです。
酒粕料理や利用法など酒粕に関する情報が盛り沢山!私も一応酒粕倶楽部のメンバーです。

gold tail
自然の写真やお気に入りなもの、パンやお菓子など、
meg2yakoさんのセンス溢れる美しい写真にもいつも釘付けです。

割烹勝一『今日の旨いもの』
金沢の割烹の二代目、のりさんの本当に旨いものだらけのブログ。
プロの技や盛り付けなどいろいろ勉強になります。

How High The Moon
パン大好き女子大生たむさんの東京パンライフ。美味しいパンやさんやベーグルの情報などが満載。
そのパンのチョイスがまた私のツボだらけなの!



【あたさんのライフログ】

Come Away With Me
Norah Jones / Blue Note Records

彼女のアルバム曲はすべて持っています。素晴らしい歌声にうっとり。


ウー・ウェンの北京小麦粉料理
ウー ウェン / 高橋書店

かなり本格的なものができて感動します。手順も写真での解説でとても分かりやすい。


キムチと韓国家庭料理
朴 春姫 / 大泉書店

とくに本場韓国の基本のタレなど美味しくて便利なタレやヤムニョム調味料がお気に入り。


ちゃんと作れる中華料理
中川 優 / マガジンハウス

間違いない中華レシピ本。調理のポイントや解説などが詳細にあるので勉強にもなります。

あたさんの「美味しくってきれいになる♪スープカフェ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-01-26 13:30

c0039735_1323929.jpg北国岩手の農家の暮らしぶりをほのぼのしたイラストでつづる、絵日記風ブログ。心あたたまる人のぬくもりや北国の自然がいきいきと伝わり、多くの人の心をとらえる「農家の嫁の事件簿」のAKIさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
AKIさん:埼玉で育った私からみると、岩手の自然、風景、人、暮らしなどはとても魅力的に見えました。もともとはそれを実家の両親や知り合いなどに知らせたくて、仲間とつくっていたとあるHPの一部に地域情報的なコンテンツをつくっていたのですが、便利なブログを知って、そのコンテンツをブログに移行しました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
AKIさん:農家の嫁の絵日記です。牛10頭、 犬猫ヤギ2匹ずつ、3世代6人家族で、牛を育てたり、 ワサビを作ったりしています。
基本的には、私の身近な話題や日常を通して、農家や農村の暮らしを楽しく紹介していきたいと思っています。
ブログをはじめた当初は写真中心だったのですが、写真では伝わらない日々のやりとりを紹介したり、もっと楽しんで見てもらえる方法はないかなぁと思って試しに絵にしてみたら友人から「絵のほうがいい」と言われて、そのまま今の形になっています。
ブログを見た方の中で、農村や農家の嫁業も悪くないなぁ、と興味をもってくれる人が
増えればしめたものかな・・・とも、思っています。お嫁さん仲間募集中(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は? ブログのよさは?
AKIさん:沢山の方と知り合うことができました。それがいい刺激になって、毎日がとてもたのしくなりました。頂いたコメントやメールであらためて自分や自分の暮らし、農村のいいところに気づいたりします。ブログのいいところは、ただ発信するだけでなく、リアクションを直にもらえるところ(そこからこちらも何かをかえせるし)だと思います。
あとは、私の場合一応日記なので、毎日その日にあったことを何かしら書くことで、毎日の区切りがつき気分の入れかえができて、以前よりも日々を新鮮にすごせるようになった気がします。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
AKIさん:石橋はまず渡り、壁にはぶち当たってから考える。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
AKIさん:コメントやメールを頂いている方全員!
でもしいて言えば、農家のお嫁さん仲間のブロガーさんたち。
夜通し楽しく(?)苦労話自慢大会をしたいです(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
AKIさん:一番好きなことは二度寝。ハマっているのは牛の餌やり。牛って、餌をあげる人になついてくれるので。餌付けですね(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
AKIさん:キャンピングカーで日本一周。趣味のチェンソーアートの仲間を訪ね歩いたり、ブログで知り合った方のところを巡りあるいてみたりしたいです。あとは、ヒマラヤ登山(登山についてはなんの経験もないのですが(笑))。

エキサイトブログ編集部:都会暮らしでは味わえない農家の暮らしのよさをいくつかあげるなら?
AKIさん:ひとつは、自然がたくさんあること。
山の木々の四季の移り変わりもすばらしいし、川にはいつも綺麗な水が流れているし、たまにクマやカモシカに遭遇したり、飽きることがありません。山でキジやヤマドリをみかけると、美味しそう、と思うようにもなりました(笑)。

もうひとつは、人のつながりが濃いこと。
これは田舎暮らしに加えて地元の農家であることで感じることですが、しばらく会わないと何かあったかと心配してくれたり、農作業の後、川をながめておしゃべりしたり、自慢の野菜を交換し合ったりして、地域の皆が家族のような錯覚さえ覚えます。なんとなく安心感もあります。(誰がいつどこで何をしたかがすぐ近所中に知れ渡る口コミパワーには少々焦りますが、その情報網の仕組みにはある意味感心します。)

あとは、稲刈りしたお米がずらっと干してあったり、牛の鳴き声が聴こえたり、夜の神社から郷土芸能のお囃子の音が聞こえたり、川で遊ぶ子どもの声があったり、なんとなく、じわっと心が温かくなる瞬間が沢山ある気がします。

エキサイトブログ編集部:イラストは以前から好きで、よく描きとめているのですか? 初めての方にぜひ読んでほしいポスト、みなさんに評判のよかったポストは?
AKIさん:実家の母が絵が好きだったり、小学生の頃、テストの裏に絵をかくとその絵にも点数をつけてくれる楽しい先生がいたりして、小さい頃から落書きはよくしていました。
今でも落書き感覚ではよく描きます。気になる人や物があると文字ではなく絵を走り描きしたりするのは小さい頃からの癖かもしれません。最近では、牛の勉強もかねて「牛ノート」なるもの作っていますが、その中身はほとんど牛の似顔絵です(笑)。
ブログ用のイラストは、日記なので、その日その日に一日を振り返りながら一番印象に残っていることなどを絵にしています(たまに前日のことを描くときもありますが)。絵が先か、文章が先かといわれると、難しいです。作業的には絵を描いてから文章を作りますが、頭の中ではほぼ同時進行です。

読んで欲しいポストは、全部(笑)。ですが、強いてあげるとすれば、私が釜津田らしいな、と思う風景が素直にかけた記事。郷土芸能について書いた「真夏の夜の宴(ゆめ)」や好きな風景を書いた「フキ炊きの日」が気に入っています。
あとは番外編にちかいですが、「蝉時雨、体育座りと小澤征爾」もお気に入りです。

評判のよかったポストは、う~ん、なんだろう。牛の話とか、愛すべき人々の話とか、愛犬ちゃこの話はひそかにマニアックな人気があるような気がします(笑)。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
AKIさん:スクーター。山道も登れる馬力があって、かわいいやつが欲しいです。それに乗って、夏の放牧地に牛を見に行きたい。春の雪解け頃までにいいものが見つかればいいな、と思って探しています。
あとは広辞苑。ブログ中に誤字があまりにも多いと、読者の方からしょっちゅうご指導を受けているので(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
AKIさん:雪害のニュース。他人事ではないので。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
AKIさん:いつも見に来てくださり、ありがとうございます!
最近、コメントへのお返事を書かなくなりましたが、いつも温かいお言葉をいっぱいもらっています。コメントを残してくれたり、見にきてくれることへの感謝の気持ちをこめて、マイペースではありますが、これからも細く長くブログを続けていこうと思っています。こらからも応援お願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【AKIさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
たくさんあるのですが、今回はあえていつも私がこっそりのぞいて楽しんでいるブログを4つ。

きりんファンクラブ 
その名のとおり、「きりん」の写真が集められたブログです。
哀愁漂う街きりんとか、好きなんです。

ユル・いんしょう派の系譜 
GIFアニメのブログ。数秒の短いアニメなのですが、いろんなことがギュッと凝縮されつつ笑いも隠れている感じが好きです。ふにゃふにゃ~となりたいときに。

腕時計、また買っちゃいました。 
時計を毎日紹介してくれるブログです。時計にはもちろん詳しい方なのですが、難しく考えずこの時計カッコイイ~くらいの気軽な気持ちで時計の世界を楽しめます。特に時計好きでもなかった私なのに、時を刻むだけではない、時計のいろいろな面がみれるのが楽しいです。

-Sun&Moon Blog-
エキサイトブログ用の自作スキンを配布しているブログです。私のブログもこちらのスキンを使わせていただいています。それだけでなく、シンプルで素敵なスキンを見るのが楽しみ。ブログ初心者だった私でもわかりやすいカスタマイズの説明もあり、いろいろと勉強させていただいています。


【AKIさんのライフログ】

最近というわけではなく、私がどこかへ出かけるときに必ず鞄に入れる本を3つ。
アフリカ ポレポレ―親と子のセレンゲティ・ライフ
岩合 日出子 / 新潮社

写真家岩合光昭さんの取材に同行した奥様のエッセイ。若かりし頃同じ場所に滞在していたこともあって想い出深く、また著者の自然な視線が好きです。


ボクの音楽武者修行
小澤 征爾 / 新潮社

世界のオザワの若き日の自伝。信じた世界を切り開いていくパワーに憧れます。


智恵子抄
高村 光太郎 / 新潮社

切ない詩集ですが、誰かを大切に思う気持ちを思い出させてくれます。


AKIさんの「農家の嫁の事件簿」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-01-19 13:00

c0039735_13381238.jpg都会ではなかなか見られなくなった野鳥の美しい姿に、心癒される人も多いはず…。今回は、京都周辺の野鳥を撮り続ける写真ブログ「野鳥のお昼寝」のtakaorthoさんに登場していただきました。
(写真は野鳥撮りに出かけた移動の車中で、お昼寝するtakaorthoさん)

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
takaorthoさん:同じ鳥の写真を撮っている仲間が始めたのがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
takaorthoさん:京都近辺で見られる身近な野鳥の写真をデジタル1眼レフで撮影した作品を紹介しています。珍しい鳥が登場してくることはあまりありません。どちらかというと、素人ならではの鳥に対する、きれい、美しい、凄いって感じる瞬間を表現できたらなあと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
takaorthoさん:”通して得たもの”とかをあまり考えなくていいところが、このツールのよさのような気もするので、あまり大上段に考えたことがないのです。答えになってなくてすみません。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
takaorthoさん:こと写真をメインにするようなブログの場合は、他の方が撮られた粋のいい作品を、解凍直後のほかほかの状態で見られることではないでしょうか。それがまた誰かを刺激し、次の作品を生むきっかけとなる具合に。
創作意欲を生起する偶力がブログを通して発生しているのだと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
takaorthoさん:これはとても難しい質問です。メビウスの輪がたった一つの面でできているにも関らず、表にも裏にも見えるごとく、自分のことはつかまえどころがないです。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
takaorthoさん:自分のところにリンクされている方々には全員、お会いしたいです。実際にフィールドで会うことも多いのですが、結構恥ずかしいんですよね。自己紹介の時が。。。。
「あの○○さんですよね?私、例の鳥の写真でお世話になってる、”うずら”こと○○っていいます。はじめまして。」、「あー、”うずら”さん!ですか~!」
ってな具合になりますので。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
takaorthoさん:読書が一番好きです。翻訳ものの小説がほとんどです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
takaorthoさん:夢ですか~。夢想の類ですが、千年後かもっと先の未来を見てみたいとよく思います。冷凍睡眠から蘇生したら地球はどんな風になってるのか。常温核融合やミニブラックホール利用などの画期的なテクノロジーで、エネルギー問題が解決。それに端を発する紛争が消失。化石燃料を使用しなくなったことで、地球上に緑と動物が溢れる。空を見上げると無数の鳥が飛翔し、さらにその先の宇宙空間に恒星間航行船が浮かぶ。子供たちは小学校で、既に解明久しい統一理論を学ぶ。そうしたアポロン的な世界になっているのか。はたまたデュオニソス的な破滅の道を歩んでいるのか。
う~ん、知りたいです。

エキサイトブログ編集部:野鳥の姿を捉えるのは難しいように思いますが、撮影はどんなふうにされている? また、野鳥撮りの魅力や楽しみは?
takaorthoさん:今日はどっち方面に向かおうと決めたら、あとは行き当たりばったりがほとんどです。田んぼや川、森などにつきあたれば、あたりを観察して、鳥がいれば撮影開始という具合です。
鳥はいつ現われるかわかりませんし、同じ写真でも、風景と違い、地道に準備を進めて、露出OK、シャッタースピードOKという具合にはいかないことも多いです。小枝にハッと止まるか、前を飛びながら横切るのか、突然、”その時”がやってきて、作品の経絡がすっぱりと一瞬で決まるのが魅力です。ですので、なかなか思うようには撮れないのが常なのですが、その分、うまくいったときがうれしく、やめられないのかもしれません。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
takaorthoさん:まだ出ていない、スティーブン・キングの暗黒の塔、5、6、7巻の翻訳本を手にしたいです。それとJ・K・ローリングの貸し金庫の中に入っていると言われるハリー・ポッターの最終巻をこっそり読んでみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
takaorthoさん:昨日もありましたが、簡単に善良な市民が殺される事件が頻発していることでしょうか。小説ばりに黄色い目をしたブギーマンが我が物顔で闊歩してますね。特に年末で仲のよい姉妹が亡くなった事件では、見方によっては愚かな裁判官がブギーマンに餌まで与えて黒い欲望を肥え太らすのに加担しているともとれるバカさ加減です。
あとは、マンション偽装問題でしょうか。この国は人口減少時代に入り、ますます夜警国家を目指していかない瀬戸際に立たされてるというのに、個人財産を補填するような施策はいかがなものかといったところです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
takaorthoさん:自分も鳥の写真を撮り始めるまでは、雀ぐらいしか知らなかったのですが、意外にも身近にいろんな鳥が生活してることに驚かされます。「こんなきれいな鳥が近くを飛んでいたのに、なんで今まで気づかなかったんだろう」とか、「そういえばこの鳥、冬になると見かけるけど、あんなに遠くから来てたんだ」などなど。写真の上手・下手より、そんな素人の驚きを込めて撮っているものと、見てくだされば幸いです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【takaorthoさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
P-days Bird Blog 
徳島在住の、作者のPeroさんは、「あ~、自分もこんな風に撮れたらなあ」と思わしめてくれた師匠のような方です。今まで何度かお会いする機会が巡ってきたのですが、互いの休日の都合でかなわぬままとなっています。

Field Guide 淡路島の野鳥 Blog
淡路在住の、作者のMSKD019さんは、写真だけでなく、シギチ、カモメなどの話も楽しいことこのうえなしです。

PixelCafe ぶろぐ」 
大阪在住の、作者のkei3xさん、真似のできないテクニックに裏打ちされた鳥に対する愛情を感じます。

おとうさんのフィールドノート
作者ののほほん父さん、この方は、写真でなく水彩で、鳥を始めフィールドの様子を活写されています。ほんとにうらやましいです。

ありしまつねお のブログです
ひょんなことから知り合った、千葉県在住の作者のTsuneo_Arishima さん。これぞブログといった感があり、鳥馬鹿の自分には撮れない写真をいっぱい写されています。



【takaorthoさんのライフログ】
ダーク・タワー1 ガンスリンガー
スティーブン・キング 風間 賢二 / 新潮社


ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈上〉
スティーヴン キング Stephen King 風間 賢二 / 新潮社

ダーク・タワー〈2〉運命の三人〈下〉
スティーヴン キング Stephen King 風間 賢二 / 新潮社


新訳になって今年中に最後の7巻まで出る暗黒の塔シリーズの導入部です。池央耿氏による旧訳はかつて擦り切れるほど読み込みました。新訳では、表外漢字がひらがなになっており、少しテンションは下がりますが、キングが最初に戻って手を入れ直した作品。3回ほど精読してヒントはつかみましたが、さて最後にどういうエンディングを迎えることになるのか、今年一番の楽しみであります。

takaorthoさんの「野鳥のお昼寝」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-01-12 13:30

c0039735_1345275.jpg初日の出や今年の干支、七福神など、新年のお祝いにふさわしい縁起物の土鈴がいっぱい。2006年最初のピックアップブロガーは、全国各地の土鈴ばかりを集めて紹介するユニークな「土鈴と私」のmif-yu1018さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
mif-yu1018さん:ブログのことは、よく知らなかったのですが、PCクラブの友人より薦められて。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
mif-yu1018さん:収集している土鈴を沢山の方々に見ていただきたいとの思いです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見、ブログのよさは?
mif-yu1018さん:日本各地のブロガーさんとお友達になれて、その土地の様子がわかり、ブログを訪問する楽しみができました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
mif-yu1018さん:性格はあっさりしていますが、こと土鈴になると人間が変ります(燃えます!)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
mif-yu1018さん:土鈴に興味をもってくださったkiraraさんとhatimituさんにお会いしたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
mif-yu1018さん:土鈴です。それと庭の花々の手入れも好きです。ハマっているのは土鈴の収集です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
mif-yu1018さん:何年か先の老後を豊かに過ごしたいので、今はその為の準備中と思っています。
集めた土鈴をリビングに本格的に展示して、皆様に見ていただきたいです。

エキサイトブログ編集部:土鈴はいつから集め始めたのですか? そのきっかけや土鈴への思いは? お気に入りの土鈴を挙げるなら…
mif-yu1018さん:HPを始めて、もう5年前からです。大好きだった親戚の叔母より土鈴をそっくり(約150個)頂きとても感激し、収集に拍車が掛かりました。友人、姉妹、娘からのお土産もあります。
旅行先で見つけたり、骨董屋さん巡りをしたり、今はフリマ通いをして土鈴探しを楽しんでいます。
そのなかでも、お気に入りの土鈴は、大津絵土鈴です。
土鈴の数は約1000個以上あります。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
mif-yu1018さん:旅行。ゆっくり温泉につかりたいですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
mif-yu1018さん:耐震強度偽装事件。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
mif-yu1018さん:土鈴を見てくださるだけで嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【mif-yu1018さんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

ひとびと
山野草を愛でる、ふうせんかずらさんの表現力が素晴らしい!

カメラを持って」 
どの写真も優雅でうっとりします~♪

パソコンでお絵描
パソコンでイラストを、丁寧な解説で感謝しています。

きらら☆わーるど
カメラ目線がプロ級。訪問するのが楽しみ!

ラテンなおばさん
パワフルなminkさんと愛犬サブ君の北の国の暮らし。



【mif-yu1018さんのライフログ】
土の鈴―全国土鈴ガイド
石山 邦子 / オクターブ

「日本の土鈴」森瀬雅介・斉藤岳南 著 (廃版)

収集した土鈴を見比べて参考にしています。
音楽も映画も最近はお留守になっています。今は土鈴のことだけです。

mif-yu1018さんの「土鈴と私」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-01-04 16:30