今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_17534425.jpg第35回目は、心に残る詩をコツコツと発表し、独自の世界を作り上げる「タメ息を袋に集める」のmaekawazさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
maekawazさん:知人に勧められて、ブログなら僕でも出来るかな~と思って。
戯曲ばっかり書いて詩を書いてなかったんですけど、
たまたま詩人としての活動を再開したところで、
タイミングもなんか良かったんです。

エキサイトブログ編集部:改めて、ご自身のブログを紹介してください。
maekawazさん:詩集です。
作品集です。
近況報告なんかも書くツモリだったんですが、
日々の詩を書いてると、
それが僕の近況報告だし、
日記だし、
自己紹介だし、
で、
ひたすら詩ばっかり書いてます。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
maekawazさん:泣きながら失ったものが多かったこの数年に、
うたが僕を守ってくれたこと。
その、うたが、ブログの中にあります。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
maekawazさん:誰かと繋がっていること。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな?
maekawazさん:猫科の動物です。
気儘な感じ。
冬でもヌクヌク。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
maekawazさん:ブログの中で、会ってみたい人に会えるから、
とても楽しいのです。
もしかしたら、本当は実在しない人のブログがあったりして・・・
なんて考えると、
ここには出会い以上の出会いがあるのかも。
だから満足です。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
maekawazさん:温泉。公衆浴場。
風呂でトロケル。

エキサイトブログ編集部:夢は?
maekawazさん:誰かの夢が叶うために、
使える力を持つこと。
って、本気です。

エキサイトブログ編集部:詩はふっと浮かんだら書き留めるのですか? また、以前のポストで詩のリクエストがありましたが、即興でもすぐに詩は浮かぶ?
maekawazさん:頭の中に書き留めます。
僕の頭はとっ散らかっているので、
よくメモを紛失します。
でもそのうちヒョッコリ出てきます。
でもそこに書いてるのはキッカケだけです。
僕の相変わらず、と、
知らない誰かへの思い、と、
そのキッカケを結びつけるだけです。

リクエストに応えるのも同じです。
キッカケをもらって、繋げる感じです。
即興で浮かびますけど、
カタチにするのに時間がかかる事はよくあります。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
maekawazさん:片隅に僕のうたを置いておいてくれる人。
片隅でいいんですけどね。
欲しい。いっぱい。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
maekawazさん:山羊座の運勢

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
maekawazさん:愛されたいから愛します。
ワガママですみません。
心から感謝してます。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【maekawazさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

水族館ふり~く
動物好きなんです。

ユル・いんしょう派の系譜
時々見てます。

The Cat Who...
猫好きなんです。

ほれみたことか
大切な友人のブログです。

詩織
なんて言うか、いい人なんです。


【maekawazさんのライフログ】
チャーリーとチョコレート工場

一番最近見て、とてもヨカッタ。
チャーリーの心が好きになりました。


約束
/ キングレコード
ラ・プロミッセ(映画)(1999 フランス)

説明できない良さがあります。
ずっと忘れられない。


小説家を見つけたら
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

違和感と親近感が同居しながら、
結局なんだか夢中になりました。


maekawazさんの「タメ息を袋に集める」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-09-26 09:45

c0039735_1063528.jpg第34回目は、人との出会いや自然とのふれあい、沖縄での暮らしぶりをていねいにつづる「OKINAWAからの手紙」のu-wakarokuさんをご紹介します。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
u-wakarokuさん:夫が先にはじめていて、何やらパソコンに向かって楽しそうだったので。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
u-wakarokuさん:出身地が奈良で、生まれ育ったところから遠く離れた沖縄で暮らしていると、ときどき、すぐには会えない家族や友人に手紙を書きたい気もちが芽生えます。
「こんなことあったんだよ」と手紙をつづるように書こうという想いがあります。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
u-wakarokuさん:出会い。海を渡らないと会えないところなのに、実際に会った人も多々。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
u-wakarokuさん:単純に、自分の気もちを整理できること。
そこに新しい発想(コメント)を加えてもらえること。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
u-wakarokuさん:むずかしい質問なので、夫に聞いてみました。
「青い色の人」とのこと。
「どういう意味?」と返すと
「自然な存在」なのだそうです。
どういう意味でしょう。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
u-wakarokuさん:いますが、ここでは言わずにおきます。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
u-wakarokuさん:今、はまっているのは、貝殻で「顔」の壁掛けをつくること。
人間とおなじで、鼻が表情を決めるような…。
いろんな顔に会えます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
u-wakarokuさん:ないしょです。

エキサイトブログ編集部:自然体で暮らす沖縄での生活ぶりがいきいきと伝わってきますが、沖縄(特に読谷村)に住んでよかったこと。暮らしの中での大切にしたいことは?
u-wakarokuさん:那覇で3年暮らした後、読谷村に引っ越してきたのですが、ここは、街から少し離れた分だけ、混み合うモノがなく、空間が広く、風通しがいい土地。海色や大空や風の匂いをそばに感じる暮らしがあります。そこに加えて、ものづくりをされている方をはじめとして個性的な方々との貴重な出会いがありました。読谷村の暮らしについてもうすこし詳しく知りたい方は、『いいあんべぇ沖縄島暮らし』(双葉社)の読谷村頁に書いていますので、よろしければ読んでいただけたらと思います。
暮らしの中で大切にしたいのは、よく見ること、よく聴くこと、毎日のごはんをていねいに料理すること、などです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
u-wakarokuさん:仕事で、パン屋さん(読谷村にあるおいしいパン屋さんです)を取材したとき、同じ歳の店主が「おばぁになってもパン屋さんをしていたい」とおっしゃっていました。
ずっと「つづけられる仕事」ではなく、「つづけたい仕事」に出会えた、と。
そのような「確信」をわたしももちたいです。まだまだですが。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
u-wakarokuさん:いずれも自然災害のニュース。「動物は自然を真似る。自然を真似るということは、自然の中にあるモラルを真似るということです。自然は生存のためのモラルを備えている」という藤原新也さんの言葉を思い出します。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
u-wakarokuさん:新しい視点をくださること、時に支えてくださること、会いにきてくださること、とても感謝しています。ありがとう!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【u-wakarokuさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
リンクしているエキサイトブログの中から、テーマをしぼって…。
日々の中で身辺のものを注意深く観察されている5人の方のブログを紹介します。

ナギヲworks
ナギヲさんの写真を拝見するようになってから、わたしの中に新たな視点が加わりました。
とくに散歩をしているときに、あぁ、これはナギヲさんの世界だ、ここにもあった…などと、よく思います。写真に添えられる言葉にもはっとさせられます。

小さな哲学~雑草の世界
大学で哲学を教えられているenzianさんのブログ。「身のまわり半径5メートルほどにある、なにげない日常をささやかに見つめ直します」というのがトップページの説明。わたしの下手な説明は不要です。

きもちよさぶろう
鋭い観察眼をもつ友人のブログ。語り口がやわらかく、ほっとさせてくれます。

日々是買い物
「買い物」したモノをとりあげるという都会的なブログのようであって、行間から感じられる柔らかい質のものはいったい何だろう、といつも思います。モノを見る目、モノを語ることについて、勉強させてもらってます。

Coner Bazer
更新を楽しみに待っているブログのひとつ。写真が好き。ブログのデザインもとてもすてきです。



【u-wakarokuさんのライフログ】

沖縄、島ごはん
森岡 尚子 / ネコ・パブリッシング

著者の森岡尚子さんは72年東京生まれ。自給自足をめざして暮らしている有機農家で、沖縄在住6年。自分にあう暮らしを求め旅をつづけ、沖縄にたどりついたといいます。写真も文章も料理も素人、と森岡さんは書いているけれど、むしろかえって伝わってくるものがありました。島の暮らし、島人たちのこと、畑仕事のこと、保存食や農家の食卓のことなどが綴られていています。
森岡さんが子育てについて書かれていたことが響きました。
「子どもが10カ月になるまで、うちには電気がありませんでした。便利さより自然な暮らしを自分で選んだ結果だったので、そうした環境の中で子どもを産み育てることに満足していましたが、来る日も来る日も、30枚の布おむつを手洗いするのはたいへんでした。そして自分が理想とする自然な暮らしというのは、核家族ではとても難しいことなんだと実感しました。圧倒的に人手が足りません。だからテレビやビデオに子守りをさせるなど、電化製品に頼るのもよくわかるし、洗濯機や冷蔵庫が必要かどうかなんて、疑問にすら思わないのも当然でしょう。沖縄に子どもが多いのは、母親だけでなく、みんなで子育てするという環境があるからでしょうか。私が妊娠中、子どもが9名いて孫の数は数えきれないというおばぁに言われた言葉を思い出します。『産んだら育てられないってことはないからよ!』」

u-wakarokuさんの「OKINAWAからの手紙」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-09-21 10:00

c0039735_8352039.jpg第33回目は、日々の出来事を筆文字で表現する個性的なブログ、「書道家OLの きょうの筆文字」のlencaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
lencaさん:こちらこそありがとうございます。この場に選ばれて本当に光栄です。まだ、コーフンしてます☆
で、きっかけですが・・・。
新聞や雑誌で「ブログ」という言葉をよく目にしていた時、ちょうど友達からブログを作ったよと連絡があって、ブログが身近に感じられるようになりました。で、簡単と聞いたものだから試しにやってみたら、意外と簡単で(笑)。
せっかくやるなら、ただの日記じゃなくて何か一貫したテーマを持とうと思い、「書」を取り入れました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
lencaさん:1つの記事で写真と書の両方が楽しめる、一度で二度おいしいブログです(笑)
と、いうのはさておき・・・
漢字ってすごく美しいなぁと私は思っているんです。
(外人の方が漢字をデザインとして捉えているような感覚で) 

漢字の美しさを壊さないというのが私の中の大原則。そのなかで、言霊を引き出せる文字を書きたい、といつも思っています。

だから、「ありがとう」という文字を書いた時、この文字、すごく「ありがとう」って雰囲気が出ているなぁ感じてもらえたら本当に嬉しいし、私の目指しているところでもあります。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
lencaさん:ブログを通して出会うことが出来た方との、「縁」ですね。
ブログをはじめて良かったな~ と、新しい方と知り合うたびに感じています。
遠く海外からもコメントを寄せてくださる方がいらして、本当に嬉しいです。

それと、毎日必ず筆を持つ習慣がついた事ですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
lencaさん:作品集になること!!
初めて挨拶する時でも、ネットで繋げる環境さえあればブログを見せることができるので、いい自己紹介になります。
作品を発表したい、けど、どうしたらいいんだろうと考えてた私には、最も適したツールだと思っています。
ほんと、いい時代に生まれました(笑)

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
lencaさん:なんでもやりたがり。
どこかで自分に自信がない。かなぁ・・・ 動物占いは猿でした。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
lencaさん:知識の泉の「Haru」さん。
オフ会や研究会を開きたい、とインタビューで語ってらしたので。
もし機会があれば参加したいですねー。

じぶん日記の「55aiai」さん。
(あちこち食べ歩いている方なので)
彼女のオススメの店で、一緒においしいゴハンを食べたいです。

けど、リンク&コメントしてくださる皆さんとお会いしたいですね~。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
lencaさん:携帯電話のカメラで写真を撮る事ですね。
使えるなぁというネタがあればすぐにパチリ。
実はブログにアップしている写真は全部そうだったりして。

エキサイトブログ編集部:夢は?
lencaさん:いっぱいあるんですけど、せっかくなので、大きい夢を挙げさせてください!
☆NHKおしゃれ工房の番組を持ちたい
☆お酒のラベルや映画・テレビ番組のタイトルを書きたい
☆みなとみらいの夜景が見れるマンションに住みたい
☆海外で書を広めたい

実はやってみたいことがありまして・・・
日本語を知らない外国の子供に、私の書いた文字を見せて、なんて書いてあるのかを想像で当ててもらう実験をしてみたいんです。
例えば、「地球」という字を見せて、「う~ん、・・・EARTHかな?」っていう具合に。有り得ない話かもしれませんけど。
子供には言霊を感じる力があるんじゃないかと勝手に思っているので。

エキサイトブログ編集部:書くことの楽しさ、魅力は? ブログの記事ごとに作品をアップしていますが、お気に入りを3つあげるとすると?
lencaさん:墨の濃淡、筆の力の強弱で、同じ文字を書いても全く違う表情になるところが楽しいですね。
お気に入りの作品は、「地球」です。
評判の良かったのは、「」。筆文字ではないのですが、海に落ちているもので作ったところが面白いね~。と言ってくださって嬉しいです。   

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
lencaさん:ダーリンですかね♪ 笑いのツボが同じで、食べ物の趣味があってヨシヨシってやってくれる・・・
夢見させてくださいよー^^

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
lencaさん:選挙と言いたいところですが・・・
さいきん目立って多い、自然災害でしょうか。環境を好き勝手に作り変えてきたツケが回ってきたというか・・・
少し前の話になりますが、スペースシャトルの打ち上げの時は感動しまくりで、テレビにかぶりついて見ていました。
ちなみに好きなニュース番組は「ワールドビジネスサテライト」です。
 
エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
lencaさん:本当に、ありがとうございます。感謝・感謝です。
コメントを残していただけると、とっても励みになるので、よかったらぜひ残していって下さいね☆


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【lencaさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

ジャランジャラン
ほぼ毎日イラストが更新されていて素晴らしいです!忙しい仕事の合間をぬって
あそこまで出来ることに感動。本当に絵が大好きな方だなぁと思います。
イラストのタッチも大好きです。

B型・サソリ座の負け犬@契約社員の日記
文面を読みながらうんうん、わかる、わかるよー。とうなづく事多し。

えすの名古屋ラーメン記録帳★一日一麺!
最近見つけました。ラーメン好きにはたまらないブログです。
キレイに撮れてるラーメン写真と短めのコメントがお気に入りです。

日々記録ごっこ
いわゆる神戸系OLのメイク・おしゃれ情報がたくさんで楽しい。
ブログが可愛いのも特徴ですね。
私の情報源は雑誌JJと彼女のブログです(笑)

プレマのひと
イラストレーターさんのブログ。彼が主催しているデッサン会によく参加させて
いただいてます。お世話になってます!!
ブログを掲示板風に使っているのが新鮮です。


【lencaさんのライフログ】
本調子 強運の持ち主になる読書道
清水 克衛 本田 健 七田 眞 望月 俊孝 斎藤 一人 ハイブロー 武蔵 読書普及協会 / 総合法令出版株式会社

こんなにワクワクしながら読める本ってあったかな?って思うほど。
それもそのはず、今をときめく成功者のエッセンスがギュッとつまっています。


水は答えを知っている―その結晶にこめられたメッセージ
江本 勝 / サンマーク出版

ことばの大切さをあらためて感じさせる一冊。
パソコンで出力した文字で結晶を作る実験をしていたけれど、手書きの場合はどうなんでしょうかねぇ?やってみたいっ!


新版 人脈がいっぱい―面白いように人脈ができるネットワークのバイブル  中島 孝志 / ダイヤモンド社

彼の本はたくさん読んでいますが、ファンになったはじめの一冊がこれ。
わかりやすく、使える智慧がぎっしり。実践的な本。


魅せる技術―ビジネスでモテる、自己演出の教科書。
西松 眞子 / インデックスコミュニケーションズ

ちょっとしたしぐさで、相手に対する印象ががらりと変わるとなると、使わない手はないですよね。最新刊の「好かれる技術」も使えます。


lencaさんの「書道家OLの きょうの筆文字」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-09-13 10:00


c0039735_14442812.jpg第32回目は、シンプルでのどかな雰囲気の写真に癒される人も多い、「写真を撮った日。」のkabashunさんに登場していただきました。
エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kabashunさん:いえいえ。こちらこそいつも楽しませていただきありがとうございます。ブログを始めたきっかけなんですけど、以前は他のトコのブログでお絵かきをメインにしたものを公開してたんですよー。
でも去年末に一眼レフデジカメを買ってから写真にハマって、どうせ撮るなら多くの人に見てもらいたいなって写真をアップし始めたんです。
んでいろんな人の写真ブログをいろいろ見てるうちにsudiさんとかHappy*rikoさんのブログを見つけたんです。
エキサイトブログ、レベルたけーーー!って思いましたねー(笑)どうせ写真ブログをやるならそういったところで揉まれてみようかなって。
写真ブログに対してのイベントとかも多いじゃないですか。今回も夏写真のイベントを行ってますし。
そんなこんなで半年ほど前からエキサイトブログにお世話になっておりますー。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kabashunさん:そうですねー。一言で言ったら親バカフォトブログでしょうか(笑)
ほとんどの写真は子どもが写ってなくても、子どもと出かけたときの写真なんです。
子どもと遊んでるときは穏やかな気持ちなのでそんな様子が写真にも表われたらイイなって思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
kabashunさん:まだまだ写真初心者なので、皆さんのブログから得るものはすごく大きいです。こんなものも被写体になるのかー!こんな構図もあるのかー!
っていうような驚きの連続ですねー。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
kabashunさん:チャットだったりオンラインゲームだったりネット上でのコミュニケーションツールはたくさんあると思うんですけど、その中でブログは公開してる人のテリトリーみたいなものがはっきりあるので、考え方、センスが近い人たちが自然と集いコミュニケーション取れる。
そういうところが新しいし、気楽なところなのかなって感じますねー。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kabashunさん:うーん。最初の頃の「中心」って記事にも書いたんですけど、「目立ちたがりやの恥ずかしがりや」でしょうか。
その矛盾した中でのジレンマみたいなのをいつも感じて生きてます(笑)だから自分から見て見て!って行動を起こすのはなかなかできないんですけど
今回のピックアップブロガーのお話がきたときはすっごく嬉しかったり(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kabashunさん:会ってみたいって人はいっぱいいますよー。というより皆さんに会ってみたいです。
その中でも距離的に近くてそのうち絶対会うんだろうなーって確信みたいなのを感じるブロガーさんはいますねー。
遠くへ行ったあなたの為の近況報告文のなぎささん。
スマイル&ショットのsmile_shotさんのお二方とは近いうちにお会いできそうな予感。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kabashunさん:カメラを持って子どもとおでかけですねー。デジカメから写真を始めたんですけど、最近ではフィルムカメラにハマってます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kabashunさん:夢ですかー!今の会社に入るときに社長に夢は?って聞かれたときには「プロジェクトXに出ることです!」って言いました(笑)
番組名は出しちゃってもOKですかね?(笑)

エキサイトブログ編集部:のどかであたたかい雰囲気が魅力的ですが、どんな写真を撮ろうと心がけている? 写真を撮る楽しみは?
kabashunさん:ただ記録するだけじゃなくって、見た人が何か感じてくれるような空気感みたいなものを表現できたらイイなって考えますねー。
まだまだ技術的なことは知らないコトが多いので雰囲気でカバーしちゃえ!って(笑)
楽しみはなんだろー。撮るっていう行為自体を楽しんでます。まだどんな写真を撮っても新鮮で楽しいんですよね。
特にフィルムだと、初めての使うフィルムを詰めてたりしたら、現像までが楽しみで仕方ないです。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
kabashunさん:地平線の見えるところに行きたいです。見渡す限りまったいらな地平線。そこで走り回る子ども達を撮ってみたいです。
周りに家族以外に何もないところ行ったら、絆みたいなものをより強く感じるような気がするんじゃないかなって思うんです(笑)

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kabashunさん:やっぱり子を持つ親としては小さな子どもが被害にあう、戦争や事件のニュースがもっとも心痛みます。
どうにかしてそういう悲しい事件を無くせないものなんですかねぇ。
あとはなんていっても選挙。あれ?これが載るときにはまだ選挙終ってないですよね?

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kabashunさん:いつもコメントありがとうございます!更新もレスも遅かったりしちゃうんですけど、これからもどうぞ暖かく見守ってやってくださいね!!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【kabashunさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
うーん。いっぱいありすぎて書ききれないんですけど、比較的エキサイトブログスタートがボクと近い方を中心に選んでみました。

遠くへ行ったあなたの為の近況報告文
すごくカッコイイ写真を撮ってるんですけど、イイ感じに力が抜けてて自然なんです。
人生の楽しみ方みたいのに憧れるんですよねー。

de*paso
カメラ、写真への愛をおもしろおかしく記事にしてます!
ここではすっごく気が楽になれるんですよねー。なぜか。
ボクの憩いの場所なのでちょっと載せるのに躊躇しました(笑)

写真ゴコロ
写真も優しいのですが感動しちゃうくらい、コメント、レスが丁寧なんです。
いやホント感動しますってば。世知辛い世の中に生きてるとココが病みつきになります。

さらさら
ブログ名のとおり、さらさらと爽やかな時間が流れていくような写真を撮ってます。

H a P P y * L i F e
写真に関しては先輩だと思うんですけど、写真への接し方にすごく新鮮さを感じるんです。
倦怠期とは無関係そうな写真への愛を感じるんですよねー。ブログの構成もすっきり見やすくてきれい。


【kabashunさんのライフログ】
映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
/ バンダイビジュアル

子どもができてから家族ネタに弱いんです。
これは当時5歳の子ども一緒に観てて同じ場所で親子して泣いた唯一の映画。
それってすごい事だと思いました。


兎の眼
灰谷 健次郎 / 角川書店

灰谷健次郎さんの本は好きでいろいろ読んでます。
児童文学に入るのかな?なので活字が比較的苦手なボクでも気楽に読めます。
そんで電車の中で涙しちゃいます。

kabashunさんの「写真を撮った日。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-09-07 10:00