今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_13463071.jpg第22回目は、ユニークな日常を描いた絵日記ブログ「いっちゃんち」のいっちゃんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
いっちゃん:実家(秋田)の母に東京生活での近況を電話で話す度「アンタの人生ってまるでコメディドラマね。いつか自伝でも出しなさいよ!」なんて言われるんです。それでノートに日記を書いたりもしてたんですが、飽きてしまって続かないノ。どうにか楽しく続けられる方法はないかな?と考えていた矢先、ある先輩がブログを始めたんです。それを見て、読者さんからリアクションが得られたら私でも飽きずに続けられるかも?!と思いブログを始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
いっちゃん:日常の何気ない出来事がきっかけで突然、嬉しくなったり怒りたくなったり哀しくなったり楽しくなったり。気分ってその時々の些細な事で一瞬にして変わってしまうものじゃないですか?そんな私の日常の喜怒哀楽をおもしろおかしく描く事で、読者さんに少しでも笑って頂けたらいいなぁ。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
いっちゃん:最近、私自身がいっちゃんに元気付けられる事が多いんです。って言ってもいっちゃんは紛れも無く私なんですけど(笑)「いっちゃん今日も色々大変だったね。でもいっちゃんは今日も滑稽な顔をしているよ!」っていっちゃんに励まされています!!

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
いっちゃん:HPを作成する技術が無くても簡単に更新が出来る事と、気軽にコメントが出来る事だと思います。そして最近は、忙しくてなかなか合えない友達と近況を確かめ合う手段にもなっているので助かっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
いっちゃん:「おとなこども」かなぁ?とにかく世渡りが下手です(泣)いつもおバカで楽しそうに見えると思いますが、本当は傷つきやすくて繊細なんですよ。本当ですってば~!あと自然が好きで小さな自然を見つけては五歳児並みのはしゃぎ方をします(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
いっちゃん:コメントをくださる読者さん全員です!全員を代々木公園に集めてビールを飲みながらケードロをやりたいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
いっちゃん:絵画(水彩とアクリル画)と料理です。昔から「作る事」なら何でも好きです。イラスト入りのキーホルダーを作るのにハマり友達に配りまくっていた時期もありました。いっちゃんちのロゴ画像になってる金魚のキーホルダーがそれです。
あと、ダンス(HIP HOP)は習い始めて4年になります。街中で好きな音楽が聞こえてくると所かまわず小躍りしたくなります。

エキサイトブログ編集部:夢は?
いっちゃん:自分の子供に自分で作った絵本を読んであげる事が夢です。それと、「いっちゃんちが本になったらイイね」と何人かの友達に言われてて。自分の作った物で少しでも多くの人が笑ってくれるなら、実現させたいなぁ!って、ちゃっかりその気になってます(笑)

エキサイトブログ編集部:イラスト歴はいつから? いっちゃんはとてもユニークなキャラクターですが、ご自身はいっちゃんそのもの?
いっちゃん:祖父が水彩を描く人で、物心付いた時から祖父の絵の具で遊んでました。外へ遊びに行っては「こんな虫が死んでた~」と描いた物を母に見せて気持ち悪がられていたらしいです。
いっちゃんは、私そのものです!洋服もその場面で着ていた通りに描きますし、髪型を変えたらイラストでも変えますし、すっぴんの場面はちゃんと眉毛も半分です(笑)実物の私を知る友達にも「まんまじゃん!」と言われます。
最も反響の大きかったネタは「メイドカフェ&大人の玩具屋ツアー@秋葉原」です。圧倒的でした!皆さん興味津々なのでいつかブログで参加者を募ろうかなぁ。次に反応が多いネタはお酒絡みですね。読者さんも呑ンベぇが多いみたいです。かつての愛犬「ポリ」のネタもなかなかの人気です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
いっちゃん:満員の通勤電車に乗らなくて済む生活が欲しい!田舎者なのでホント、人込みが苦手なんですよ…。あ、でもぎゅうぎゅう詰めのクラブで踊るのは好きですねぇ。都会に居ながらも常に自然や田舎を感じる生活をしていたい…。難しいかなぁ?

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
いっちゃん:地震に関するニュース、報道です。地球が怒ってるんじゃないかと思う程、最近、災害が多いですよね。募金とゆう形で協力する事しか出来ない自分の状況を不憫にも思います。また、色々な方面から関東大震災が起こるとゆう予測が飛び交っていますが、恐怖心を煽る様な特番ばかりで実際の対策こそ追いついていない気がします。個人単位だけではなく、会社や地域単位でも被害を想定した対策や避難所などを確認する必要が有ると思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
いっちゃん:いつも「いっちゃんち」に来てくださってありがとうございます!皆さんからのコメントは私の栄養ドリンクです。来る7月7日七夕とゆう、ろまんてっくな日に「いっちゃんち」は築1年になります。ここまで続けられたのも皆さんのあったかい気持ちのおかげです。これからもいっちゃんは上がったり落ちたり色々あると思いますが、どうぞ皆さん、いっちゃんと一緒に「明日は今日よりも幸せ」を目指して行きましょう!よろぴく!!


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【いっちゃんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

uchibenkei world
マンション暮らしで猫が飼えない私は、niji-koさん撮影の写真を見て、飼い主気分を堪能させて頂いてます。人間以上に感情豊かな猫さん達の表情にいつも驚かされて、そして癒されて
います!脱力系なセリフが面白いです。

バカのかほり
毎回、ウンウンうなずきながら読んでいます。以前、いっちゃん流ゴキブリ撃退法を伝授させて頂いた所、実行してくださった様で。お役に立てて良かった!ところで、恋に駆け引きはやっぱり必要なのかなぁ?このテーマ、私も解決したい~。

ぼうしブタ絵日記
サインペンみたいなスラスラしたタッチで描かれたイラストと乙女心が見え隠れする文章が可愛い!ぼうしブタさんのぬいぐるみがあったら一緒に寝たいです。ってゆうか一緒に寝ているふとんイカ君が羨ましい~。

わたくし、こんな絵をかいてます~Look at my ART!
ダイナミックな筆のタッチにパッと目を惹く鮮やかで味のある色使いの絵にやられました!描く物から作者の気合いや志の高さがビシビシと伝わって来ます。脱帽です。見習わなくちゃ!

絵手紙のブログ
エキサイトのブログでは無いのですが、83歳のおばあちゃん、孝子(たかこ)さんが描く、絵手紙のブログ。愛で溢れています!!6月15日の絵手紙は涙が出ました。ちなみに天国に居る
私の祖母は孝子(こうこ)と言います。これからも楽しみにしています!



【いっちゃんのライフログ】

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

私は「ダメなお父さん」が出てくる映画に弱いです。私の父も脚色した胡散臭い身の上話を何度もする!それを聞く度にイライラするのですが、この映画を見て、そんな父に少し優しく接しておこうかな、と思いました(笑)バスタブのシーンは涙なしでは見られません。


セックス・アンド・ザ・シティ シーズン 4
/ パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

友人に「主人公のキャリーとアンタのキャラが被るから見てみて」と進められて見始めました。今、シーズン4を見終わったところです。この時点で何度泣き、笑ったことか!感情移入しすぎて、時々自分の現実と混乱します。


フリー・ソウル : クラシック・オブ・ダニー・ハサウェイ
ダニー・ハサウェイ / イーストウエスト・ジャパン

どうしても元気が出ない時に聴くCD。彼の声は優しくてトゲが無くて、まるで女の子の声の様です。軽いイメージの有る電子ピアノの音も彼が弾くと夢みたいな柔らかい音色に変わります。


浅き夢
矢野絢子 池マサト / ユニバーサル・シグマ

痛い言葉も微妙な感情も日本情緒な世界に彩られたアルバム。家で水彩を描く時に聴く事が多いです。彼女の歌は想像力を豊かにさせてくれます。


グレープフルーツ・ジュース
オノ ヨーコ 南風 椎 / 講談社

この本を読んで、形にはならずとも想像は芸術の一種なんだと気づかされました。そして、想像は「脳みそのヨガ」みたいだなぁと思いました。


いっちゃんの「いっちゃんち」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-06-29 12:00

c0039735_1604560.jpg第21回目は、コトバを添えた写真が独特な世界を作りあげている「ナギヲWorks」のnagiwoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
nagiwoさん:こちらこそお世話になっております。
3年程前から別ハンドルのHPを立ち上げていて、写真にコトバを添えるスタイルの頁を作っていました。
その頁とはまた少し違った雰囲気のモノも作ってみたいと思っていた時に、友人が複数のブログを上手く特徴を生かして活用しているのに触れ、おもしろそうだなと思ったのがきっかけです。
始めてみるとわざわざHPを作らなくてもブログがあれば事足りてしまう!と思いました。


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
nagiwoさん:撮った写真を眺めて、ポコンと浮かんだ情景をコトバに置き換える、このブログを始めた時からずっと変わらぬスタイルで写真とコトバのコラボレーションを楽しんでいます。写真はGray、Brown、Greenなど6つの色のイメージでカテゴリー分けしていますが地味な色ばかりですね(笑)。
好きな小説を自分の写真とコトバで表現するHomage-Collaboにも力を入れたいなと思っています。時々、写真に入れているロゴに気付いて下さる方がいらっしゃるのだけどロゴ遊びも好きですね。
何よりもブログを見て下さった方がそこから新たなイメージを広げたり、それぞれの想いを自由に重ねたりして下さると嬉しいです。
そういった意味でも自分自身がいつも柔軟な感覚を持っていられたらいいなと思います。


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
nagiwoさん:頂くコメントの1つ1つがとても新鮮で、撮った写真や書いたコトバに自分で抱いていた以上のイメージや、新しい解釈のようなモノがどんどん広がって行くのを実感できるコト。これは驚きと共に嬉しい発見でした。
誰かに自分の表現したモノを見て頂くのって、こんなにもエキサイティングなことなのか!と。
今では私が投稿した1つの記事が、見たり読んだりして下さった方達のコメントも含めて少しずつ形を成したり、新たな意味を見出したり、皆さんにも一緒に記事を作ってもらっているような気持ちです。
日々進行形で触発されながら実感しています。


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
nagiwoさん:記事ごとにコメントしたりTBし合ったりというブログならではのシステムはもちろんですが、エキサイトブロガーの皆さんってとてもフレンドリーですよね。
そういう横の繋がりの強固さが頼もしいなぁと思います。
仲良く行き来しながら楽しく触発し合える場所ってとても貴重です。どんどん繋がって行くような臨場感もありますし。
サッとネットの世界に加わって行ける気軽さもいいですね。


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
nagiwoさん:うーん、口数が少ない甘党の高所恐怖症。
ぼーっとしている時などに餡子を与えると俄然元気になったりします。いやいやホントに。
そして時々鍵コメントで性別を聞いて下さる方がいらしたので、なんだか気恥ずかしいのですが大告白!?
ワタシ女性です…(照)
男性だとお思いの方が多かったようなのですが、今までわざわざ公言する程のコトでもないので、黙っていました(笑)。コレを機に発表してみました^^驚いた方がいらしたらゴメンナサイ。
元々性別や年齢などを取り払ってなんの先入観もなく作品を見て頂けたら、と思ってのコトだったんです。
「いや~男性だろ」と思う方はそのままでも構いませんよ。


エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
nagiwoさん:やはり遊びに来て下さる方々、良く行き来させて頂いている方々でしょうか。
あ、特に「16歳同盟」なる不可思議な同盟に勝手に参加している方達にお会いしてみたいですね。実年齢を無視して堂々と「私は16歳」と言い張る同盟です。
みんな同い年のハズなのに、はまったドラマなどが実に幅広く網羅されていたりするのが特徴。一堂に会すると様々な年代の人が集まって怪しい雰囲気を醸し出すんじゃないかと思います。
私もモチロンその1人、方々で16歳と公言して実際の素性を煙に巻いています(笑)


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
nagiwoさん:やはり写真を撮ること、それを眺めつつコトバを浮かべること、ですね。
その中からどの写真をブログに載せようか、どんな順に並べてみようか、そんな時間も楽しいです。
今度はどの辺りをウロウロしてみようかな。思いがけず好きな場所や被写体を見つけたりできるとニヤリ。


エキサイトブログ編集部:夢は?
nagiwoさん:厚かましい発言なのだけれどユメは大きくというコトで、いつか写真やコトバを本にまとめられたらいいなと思っています。
以前(04.06.24の記事)ブログでもご紹介したのですがphotobackさんでコトバを添えた写真集を作ってみたのをきっかけにそんな想いを抱きました。
できれば皆さんから頂いた大切なコメントもなんらかの形で本に反映できないかなー、などと勝手にユメは膨らんでいます。
ユメ見るくらいいいじゃないかと思っています(笑)


エキサイトブログ編集部:斬新な写真が多いですが、シャッターチャンスはつねに狙っているのですか? また、撮る瞬間には言葉もイメージしているのですか?
nagiwoさん:斬新ですか?嬉しいですありがとうございます。
歩いていても車に乗っていても、写真を撮りたい場所が目に留まると行かずにはいられません。
なるべく怪しくないように気をつけていますが(笑)。
ブログを見て頂くとわかるように、比較的時間を経たモノにばかり目が向くようです。
錆びついた古いモノ、枯れつつあるモノ、一見汚れて見えるかもしれないけれど、ひっそりと佇むそんなモノ達に情緒を感じます。
撮っている最中は夢中なので具体的なコトバをイメージすることは余りないですね。
ただその場の雰囲気や音や匂いや色や、そういったものはちゃんと印象に残っているので、コトバを選ぶ時に少なからず影響していると思います。


エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
nagiwoさん:カメラをお供にもうこれ以上はダメだ、と思うまでどんどん気の向くまま次から次へと好きな場所を求めて移動してみたいです。
世の中には自分の知らない素敵な場所がたくさんあると思うので。


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
nagiwoさん:サッカー!ワールドカップ・ドイツ大会への出場決定は嬉しかったですね。雄叫びをあげそうになりました、ウオー(笑)。まだイラン戦が残っていますが是非これも勝って1位でドイツへ行けるといいなと思います。
コンフェデレーションズカップ・ギリシャ戦でも勝って弾みがつきましたし、ユース世代の頑張りにも注目していて目が離せません。
このトコロ胸がふさがれるような暗いニュースを耳にすることが多いのでこういう明るい、色々なコトを忘れてパーッと、盛り上がれるようなニュースは大歓迎です。


エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
nagiwoさん:自分なりのペースで楽しく続けて来て、先々月の4月に1周年を迎えたトコロです。
本当にたくさんの方が遊びに来て下さって、驚きと共に感謝の気持ちでいっぱいです。
頂くコメントの1つ1つが宝物ですし、静かに眺めて下さっている方々にも同じように感謝しています。ありがとうございます。
これからも自分なりのトーンで楽しんで行けたらと思っていますので、どうぞ皆さんもご自身の心地良いトーンでお付き合い下さると嬉しいです。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【nagiwoさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

好きなブログ、是非紹介したいブログが本当にたくさんあって迷ったのですが、またココから温かな繋がりが生まれますように。

怪談百八つ物語
ただ怖いだけの物語ではなく、読後に癒しさえ訪れるようなどこか心の琴線に触れる怪談を書き続けている石屋まーくさん。
彼の怪談と私の写真で綴る「collabo-works怪談絵巻」というコラボレーションも不定期に楽しんでいます。

はる・なつ・あき・ふゆ
ブログ誕生日が偶然にも同じなのがひそかに嬉しい(笑)これからも2周年3周年と一緒に祝い続けて行きたいぽかりさん。
映し出される世界は温かく柔らかく、それでいてピリリと見る者を釘付けにするぽかりスパイスが効いています。

琵琶湖から-2
写真を拝見しているだけでその懐の深い温かな人柄が思い浮かぶkayoさん。琵琶湖のほとりから湖の様子などを発信されています。
写真に取り組む真摯な姿勢と物事を楽しむノリの良さ、美しいバランスの王道写真ブログです。

Feeling...感じるままに
蒼の魅力、蒼の世界を教えてくれた蒼月兎さん。日々刻々と姿を変える月と向き合い、空と向き合い、美しい詞と共に静謐な瞬間を
様々な写真で見せて下さいます。おいしいレシピにも興味津々。

レンガの小径
目を瞠るような美しい植物の写真と、思わず吹き出してしまうようなユーモア溢れる写真とが絶妙のバランスで入り乱れていて
いつも何かを期待させてくれるやちさん。実の管理人はカエルくんで、やちさんはカエルくんに操られる表の管理人なのです!?



【nagiwoさんのライフログ】

八月の鯨(字幕版)
/ ビクターエンタテインメント

海を臨む家に暮らす老人達の静かな佇まい、年月を経るということの尊さと美しさに胸打たれます。


踊り候え
鴨居 玲 / 風来舎

この画家の絵の前では、息をすることも忘れる程圧倒されます。画家として人としての一端を垣間見ることのできる本です。


だれも知らない小さな国
佐藤 さとる 村上 勉 / 講談社

この本を読んだ子供の頃、目に見えるものだけが全てではないというコトや想像を働かせるコトの楽しさを知りました。
大人になった今読み返してみると、変わらない自分・変わった自分を発見できたりします。

nagiwoさんの「ナギヲWorks」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-06-21 15:52

c0039735_0103126.jpg第20回目は、昨年のエキサイトブログコンテストで写真部門賞に輝いた、感性豊かな「sudigital afterimage」のsudiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
sudiさん:もともとweb日記を4年ほど書いていました。けれど当時利用していた日記サイトは文字数の制限があったので、容量の多いものを探していました。それで初めてブログって知ったのですよね。考えてみるとエキサイトさんで今のブログを始めたときは、まだ写真をはじめていなくて、ただの日記ブログでした。

エキサイトブログ編集部:改めて、ご自身のブログを紹介してください。
sudiさん:日々感じることをノートに綴るように、ファインダーの中に収め、それを発表しているブログです。あまり深く考えず感じるままに自分の気持ちいいように撮っている写真ばかりです。
特にテーマもないブログですが、見てくださる方が何かを感じてくださったら嬉しいなと思って毎日更新しています。


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
sudiさん:得たものは計り知れないです。一言で言うと「新しい人生」です。大げさな表現かもしれないけれど、本当にそう感じています。昨年エキサイトブロガーコンテストでフォト部門賞を頂いてから、さまざまな媒体で取り上げていただき、写真の仕事や様々なオファーを頂くようになりました。それは本当にすごいことです。
デジタルカメラで気軽に撮影する、それをインターネットで配信する。そこから広がってゆく世界。まさに今の時代だからこそ起こりえたことだなと感じています。
また非常に多くの方からメールやコメントを頂きます。
「sudiさんのブログをきっかけに写真を始めました」というメールをよく頂きます。私自身が写真を始めてまだ1年経っていないので、不思議な感覚です。でも上手ですねという言葉よりずっと嬉しい内容です。新しい世界が広がるきっかけをくださったエキサイトさんにはすごく感謝しています。


エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
sudiさん:HPを作成するのと違って気軽に簡単に始められるところだと思いますね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
sudiさん: 単純かつ難解。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
sudiさん:「デジカメって最高! by paranoia」のparanoiaさんです。本当に逢いたい。
写真の先輩として私が勝手に慕っているのですけど(笑)。


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
sudiさん:愚問ですね(冗談です、笑)。写真です。食べても食べてもお腹一杯にならないくらい大好きです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
sudiさん:写真で食べていくこと。どういうスタイルがいいのかまだ模索中ですが。
夢という意味では、海外でも作品を発表してみたいというのはあります。


エキサイトブログ編集部:人物よりモノを撮られることが多いようですが、撮る瞬間に沸くインスピレーションみたいなものは? 今回、私の春コンテストではどんな作品を応募されましたか?
sudiさん:よくご覧いただいているのですね。ありがとうございます。
インスピレーションというか、モノや風景が「撮ってぇ~」って迫ってくる感じですかね(わかりにくくてすいません、笑)。目に飛び込んでくるとしか表現できないです。
撮る瞬間はたいていイメージがあります。その通りに行くことはほとんどありませんが、イメージが沸くことは大切だと思っています。
春のコンテストは私の大切な友人の手です。すごく表情ある手だと思って撮りました。
とても素敵な人なんですよ!


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいもの、あるいは一番したいことは?
sudiさん:欲しいもの・・・写真技術とズバ抜けた感性(笑)。
今一番したいこと・・・KISSと一緒にイギリス二人旅(笑)。


エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
sudiさん:いろいろありますけど、JR福知山線脱線事故 は未だに気になるというか、心に刺さっているニュースですね。あとは毎日のように事故や事件で人が亡くなること・・・もうそれが普通のことになって、誰かが殺されても以前のように驚いたりしなくなったこと・・・それってなんかすごく恐ろしいことだなと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
sudiさん:えっと・・・、いつも沢山の方に訪問していただいて、ありがとうございます。
コメントやメールありがとうございます。とても励みになり、勇気をもらえます。
もらったエネルギーを還元できたらいいなと思っています。ありがとう。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【sudiさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

デジカメって最高!by paranoia
私が写真をはじめたときから、ずっと拝見しています。最初に「光」の魅力にとりつかれたのも、こちらのブログの影響です。

写真を撮った日。
感性が好きです。その一言かなあ。

anon
雰囲気が好きで、すんなり素直に写真が見られるから好き。

あしあと的な日々
イラストがとっても癒されるのです。言葉もとても素敵。
ポストカードいただいたことがあるのです。うれしかったです。

La Gare
写真ブログだけど、テキストが読みやすく好きで毎日のように覗いています。
ふらりと立ち寄りたいブログです。



【sudiさんのライフログ】

旅をすること
小林 紀晴 / エレファントパブリッシング

最近読んだものですけれど。彼の書著は「アジアン・ジャパニーズ」からもう何冊読んだかなあ。かなり持っていますね。すっごくファンです。写真家でありながら作家である方です。写真もさることながら、文章が素晴らしい。これほど心揺さぶる文章ってそうないです。写真に全く興味がないときからずっと読んでいて、今改めて読むとまた違った感じです。


Surfacing [ENHANCED CD]
Sarah McLachlan / BMG International


Afterglow Live (CCCD) [CD+DVD]
SARAH MCLACHLAN /

音楽はサラ・マクラクランのずっとファンです。この二つのアルバムはお気に入りです。心に染み渡る旋律と声がたまりませんね。

最近はマキシム(「MAKSIM」variations partI&Ⅱ)も好きです。彼はピアニストですけど。天才肌です。本も音楽も不思議ですね。読む聴く年齢や心情などそのときによって感じ方が違う。改めて以前読んだ本を読むのって好きです。また新しい発見があるから。音楽もそうですが、どちらかというとよく聴いていたころの時代の自分を思い出しますね。

Sudiさんの「sudigital afterimage」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-06-15 09:00

c0039735_145104.gif第19回目は、ユニークなGIFアニメを自作する「ユル・いんしょう派の系譜/Shot-Animation.comB棟」のhikosukeaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
hikosukeaさん:自分のホームページのBBSがわりにと思い、かなり気楽にはじめました。ブログの知識は全くなかったので、とりあえずといった感じで始めてみました。それがいつのまにか、どんどん深みにハマっていって、今では本サイトに昇格してしまいました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
hikosukeaさん:気になることや思いついたことを、ほんの数秒のアニメーションと短い文章のセットにして呑気なことを言っています。
アニメーションと文章の組み合わせがほどよい距離でバランスをとって共鳴するような読み物になればいいなぁ、と思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
hikosukeaさん:妻もブログ(NECO_no_KoolON◆猫の空論別館)をやっているんですがブログを始めてからは家での会話にブログ上の知り合いが登場するようになってきてました。ブログで知り合った人にはまだ一度も会ったことがないんですが、会話の中ではまるで普通の友達のように登場しています。「ニジネコさん(秘湯☆猫又乃湯)また変なもの買ったよ」「あーこれっ、こないだミズチさん(Macと単車と月猫黒猫。)の部屋に置いてあったぞ?」とか「今日、鎌倉の近所でカメラ首から下げた怪しいおネエちゃんを見かけたけど、あれはもしかして456さん(ぶろぐれCAT)ではなかったか。ん~、それともテルヨさん(ANGEL☆MARYの部屋)が道に迷っていたのか、、こわいのお、、。」そんな感じで、話題にならない日はまずないくらいです。
会ったこともない人に話題にされるなんて、みなさん芸能人みたいですよね。ブログもマスコミの一端なんだなぁと、いま思いました。
妻はすぐ近くにいて話ができるのでブログにはあまりコメントしませんが、、というよりコメントをいれると夫婦漫才になってしまうことが多くて、気恥ずかしいので控えています。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
hikosukeaさん:仕事ではテレビ局やプロダクションの人の意向がそのまま評価になることが多いですが、本当のクライアントは、そのずっと先でテレビを見ている視聴者や本を読んでいる読者なわけです。
その点ブログは、目の前のクライアントだけでなく、その奥にいる本当のクライアントがコメントという直球を投げてくれるわけですからライブ感があって気持ちいいですよ。コメントが入って、それに答えるというリズムは、ちょうど子供の頃にやったキャッチボールのような感じで楽しいです。
あと最近は仕事でテレビ局や出版社に打ち合わせに行った時、自分のブログを見ながらディレクターやプロデューサーと話をする機会も増えてきました。
もともと上手に話題を提供しながら人と話すのが苦手なので、大いに助かっています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
hikosukeaさん:町中で知っている人にバッタリ出会ったりしたときに、すっと気の利いた巧い会話をする人がいますが、わたしはそういうのが下手なんです。だからいつも自転車に乗っている、、というワケでもないですが、自転車に乗っていればバッタリと人に出会っても少しだけ停止して「あ、どーもこんにちは。ペコリ」とジャストミートな自演で軽く会釈ができます。そして、車や通行人を気にするようなフリをして「あっ、じゃまた」ッツツーっとナイスなおじさんを演じて立ち去ることもできます。そう考えればブログも小道具としては自転車みたいに使っているかも知れませんね。それでまあ、自己紹介イラストもこんな風にしてみました。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
hikosukeaさん:そりゃあもう、コメントしてくれる人みんなですよ!!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
hikosukeaさん:ここ数年、カメラとノートを持って自転車で散歩するのが好きです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
hikosukeaさん:ブログでアップしているような文章とアニメーションのミックス表現で仕事ができたら楽しいだろうと思います。
あと、、窓辺まで、海を引っ張ってきて、玄関先まで山を引きずってきたいです。

エキサイトブログ編集部:ユニークなGIFアニメを作られてますが、いつもどんなところからアイディアが沸く? また、作る際の苦労話があれば…。
hikosukeaさん:世の中、右を向いても左を向いても動くものだらけ。なので、なにか気になるものをじっと見つめていれば、すぐアイデアが湧きます。
そういう意味では、ネタにはほとんど苦労してません。
苦労するのはアイデアを実現する手段のほうですね。GIFアニメで500kbという過酷な?制約の中でコラージュ的な絵を動かしていますから、表現としては、ぎりぎり最低限の要素しか使えません。どんなふうに動かせば出来るかは正直なところ作ってみないと分らないんです。毎回、創意工夫大会です。
必要な要素だけを絞ってギュッと引き締まった体脂肪率0%な感じのアニメになると面白くないので、どこにユトリをもたせるかが工夫の焦点です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
hikosukeaさん:広くて静かな工作室。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
hikosukeaさん:ブヨです。
近所に神社があるんですが、今年は参道にブヨが大発生しています。
直径1メートルから数メートルくらいの蚊柱がいくつも渦をまいていて恐ろしいです。
自転車に乗って通過しようとすると、口にも目にも耳にもブヨが飛び込んできます。
もう、何匹食ったかなぁ。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
hikosukeaさん:今月でちょうど1年になります。
いつもお付き合いくださって、ありがとうございます。
これからも今までどおり、がんばらず、さぼらず、のんびりと続けていくつもりです。
末永くよろしくお願いいたします。
なんか、かたい?

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【hikosukeaさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

同世代人のブログと図画工作系で雰囲気の違うブログを5つ選びました。

ひとりだけの図工室
本サイト「猫路地区」で名を馳せている芳さんは朋貴さん「Fish in the sky」と共にわたしのサイトを立ち上げ時から応援してくださっている方です。
芳さんのブログは、最近まで猫と下町が主役の写真ブログでしたが、ある日突然、図画工作に挑戦!!なブログに生まれ変わりました。写真だけでなく絵も巧いので本当にびっくりです。
サザエさんが書いているみたいな独特の文章も気持ちいいです。先日、機会があって電話ではなしたのですが、そしたら本当にサザエさんみたいでした、、ップ。

ネコは「ぱるぷんて」をとなえた!
はじめて見た時は、BB先生の顔を見て吹き出してしまいました。
それ以来、ずっと愛読しています。
ブログならではの展開で日々楽しい話題を提供してくれます。
この人は、もはやブログのプロではないかと思います。

ぷーたろ工作日記」以前は鉄工オブジェの制作課程報告ブログでしたが、最近会社をクビになってタイトルが「ぷーたろ工作日記」に変わりました。
これからどんな展開になるのかは予測不能です。
「ヨメさん」のつくりだす不思議な世界もみどころ。
鉄と油の匂いのするスモーキーな写真と、takemaruさんの不思議な文体が魅力的です。

店長のガラクタ部屋
40歳以上の、おっさんブログは以外と少ないです。
穏やかなおじさんブログとなると、もっと少ないのでここは貴重なブログです。
趣味的なカメラで撮影したカッコイィ写真が中心です。
唐草のフンドシを愛用する?バンカラな着物屋さんの店長です。

ささコボあぶく。
友人のmiwaさん(hapuna net memo)のサイトで、ササさんの飼っているデベソの猫がきっかけで知り合いました。
自作の小物を作って写真をアップしています。マメな人だなあ、と思っていたら、ついに販売もはじめたようです。
パワーあるんだなあ、と感心してます。



【hikosukeaさんのライフログ】
悪童日記
アゴタ クリストフ Agota Kristof 堀 茂樹 / 早川書房
ここ十年くらいで読んだ小説の中で一番面白かったものを一冊だけ選ぶとしたらこれです。
「悪童日誌」「二人の証拠」「第三の嘘」で三部作になっています。


死をポケットに入れて
チャールズ・ブコウスキー 中川 五郎 / 河出書房新社
チャールズ・ブコウスキーは小説では「パルプ」が一番傑作だと思いますが随筆も面白いです。
もし安部公房がアメリカに生まれてアル中になっていたらブコウスキーのような本を書いたんじゃないかと思います。


ウシバス
スズキ コージ / あかね書房
ズズキコージの絵本の中ではこれば一番好きです。
この勢い!向かうところ敵なしです。
これをアニメにする時は、わたしに一言かけてください!タダでもやります(ウソ)と各方面に吹聴しています。


裸の放浪画家・山下清の世界―貼り絵と日記でたどった人生
池田 満寿夫 式場 俊三 / 講談社
山下清というと天才画家ですが、実は文章にも天才がにじみ出ています。
この本には山下清の日記が掲載されています。
これで全部かと思うと、もったいなくて読めないくらい面白い文章です。

hikosukeaさんの「ユル・いんしょう派の系譜/Shot-Animation.comB棟」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-06-08 09:00

c0039735_14114359.jpg第18回目は、数あるグルメブログの中でも人気の高い「じぶん日記」の55aiaiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
55aiaiさん:もともとビーズでアクセサリーを作るのが好きだったのですが、どうも独りよがりな感があるし、自分が作っているようなものを世間ではあまり見ない。なんとなく自分の作っているアクセサリーがマイノリティな気がしていて。それだったらいっそのこと自ら発表してみて、皆さんの意見を伺ってみたい、率直な評価を受けたい、それにうってつけのもの(=ブログ)があるじゃないか!と思って始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
55aiaiさん:最初の質問で書いたとおり、本当はビーズアクセサリーを紹介するだけのつもりが・・・。本来の食い意地張った性格がついつい食べ物の方に向いてしまい、今は食べ物ブログとして認知されていると思います。
写真があまり上手くないのですが、美味しいものを出来るだけ美味しそうに、リアルに表現するために写真多めで紹介しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
55aiaiさん:インターネットの世界って始めてだったんです。最初はすごく抵抗がありましたし、実感も湧かなかった。でも今はとっても楽しいです。特に食べ物の情報は口コミが強い、ということを感じずにはいられません。ブロガーさんに教えてもらったお店に行ったり私の紹介したお店に行ってくれたりっていうのは、今までに知らなかった嬉しい出来事で。ブログを越えたお付き合いをさせてもらっているブロガーさんもいるし、本当に世界が広がりました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
55aiaiさん:繰り返しになりますが私はネット初心者だったのですが、こんな私でも簡単に入り込めたのはやっぱりブログだったからだと思います。今日から始めようと思ってすぐ始められる、コメントが簡単に書けるといった手軽さも魅力だし、日記をつけたいな、と思っていた私には最適でした。
    
エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
55aiaiさん:負けず嫌いで気が強い・・・、っと昔は思っていましたが、最近はへこみやすくなってきて。歳かなぁ(笑)。そこの部分は母似だと思います。
比較的大雑把な性格ですが、完璧主義的な面もあります。ここは父似。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
55aiaiさん:私は沢山の方と既にお会いしたのですが、会っていただけて良かったなぁと思うのは「nice2」のniceさん。一番最初に私を誘って下さった方です。緊張&ビビッテいた私を優しく盛り上げて下さって、あれからブログがさらに楽しくなったと思います。この場を借りて、niceさん本当にありがとう。
これから会いたい方は、月並かもしれませんが私のところに来てくださる方全員に興味津々です(笑)。あの人はこうかな?ああかな?と考えるだけでもニンマリしてしまいます。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
55aiaiさん:もともと趣味が多くて、格闘技観戦、散歩、アクセサリー作り、色々あります。食べるのは大好きなくせに「お料理にハマってます♪」とか出てこないところがまさに私です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
55aiaiさん:世界中の最高のホテルを泊まり歩くこと。たくさんの食べ物のお店に行って気付いたんですが、いわゆる一流と言われるレストランでのサービスの在り方みたいなのが良い意味でも悪い意味でも気になっていて。ホテルってただ泊まるだけではなく、サービスを買っているって気持ちにさせてくれるんです。最高のサービスを受けるための滞在・・・贅沢だなぁと思っています。

エキサイトブログ編集部:今まで食べておいしかったものベスト3をあげるなら?
55aiaiさん:うーん、難しい!
お店をあげろと言われると書けません。でも、今までで忘れられない味といえば、小学生の頃に全身麻酔の大きな手術をしたんですが、その術後に食べたクリームパンとか。
会社に入って12月に旭川に4泊で出張に行く事になって、町中凍りついている中、上司と二人で入ったお寿司屋さんのタコとか。辛いステージに立ったときの幸福の味って忘れられないんですよね、きっと。

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
55aiaiさん:まずはがっつり休暇を取って実家に帰りたい。私の実家までは寝台列車があるんですよ。それに乗って写真撮ったりしたいです。実家の景色って意外と見落としがちなので、今の自分の目で捉えたものをいっぱい写真に残したいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
55aiaiさん:プロジェクトXの話で話題になった淀川工業高校。懐かしいなぁと思って。実は私も高校生の頃コーラス部で全国大会に出場した事がありました。淀工グリークラブは憧れでした。今の高校生って何かに打ち込んだりしているんだろうか・・・。なんでも良いから一生懸命になること、そこから生まれる喜びみたいなものを、是非若いうちに味わって欲しいなーと思いました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
55aiaiさん:いつもご訪問有難うございます。コメント、TBを残してくださる方、たとえコメントを残して下さらなくても見ていただいている方、心から感謝・感謝です!これからも書き続けていきたいと思っています。宜しくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【55aiaiさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】

まいにちをおいしくたのしくBlog
関西のグルメ本と言えばこれです。一つ一つの記事がとても細かくて、読んでいるだけでまるでそのお店に行った気になります。最近私が「関西に行きたーい」と思ってしまうのは全てこのブログのせいです。彼女とは、あるブロガーさんに遠距離恋愛中のカップルとまで言わせた相思相愛関係です。

ご利用はご計画的に。
8-139さんの不思議な世界を一度見てしまうと離れられません。先日「黒い彼」を体験までしてしまいました私・・・。ここであれこれ説明するよりもとにかく見ていただきたいです。

おとうさんといっしょ。
このブログにはコメントした事は恐らくないと思うのです。はーちゃんの何気ない日常のひとコマがめちゃめちゃ可愛いです。あまり更新されませんが読まれたことがない方は是非一気読みしてみて下さい。

Kamesan Daily
実はエキサイトブロガーではないのですが、「あえて」ここで紹介させていただきます。エキサイトブログに神出鬼没のジョージさん、とあるお店の検索で私のところに来てくださってからのお友達です。ジョージとゆーこと愉快な仲間達なブログ。文章がとてもきれいで、心のこもったコメントを下さる方。今後の記事も見逃せません。

アトリエkaguyawing
一度一緒にエキサイトのおすすめに選ばれてからのお付き合い。
美しいマクロ写真で、日々の季節の移り変わりを見せてくださるブログです。
アーティストの視点で見る植物や景色、それに添えられる一言が優しい気持ちにしてくれます。



【55aiaiさんのライフログ】

ディープ・ブルー スペシャル・エディション
/ 東北新社

海の底って実は宇宙よりもすごいかも・・・、そう思わせてくれた映画。ドキュメントであんなに感動したのはこれが初めてかもしれない。


さぶ
山本 周五郎 / 新潮社

高校生の時に古典の先生がこの本は良いよ、と仰っていたのをやっと読むことができました。小気味良い語り口な熱い友情の話。


解夏
さだ まさし / 幻冬舎

これを読んでから、さだまさしさんの本を読みあさりました。なんて文才のある方だろうと。主人公の心の描写が読む側に迫ってきます。病気という負の状態をもって人間の優しさを描いてある作品です。


深い河
遠藤 周作 / 講談社

遠藤周作さんは中学生の頃に「沈黙」を読んでからのファン。悩みを持つ弱い人間がそれぞれインドで何を見つけるのか。


55aiaiさんの「じぶん日記」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-06-01 10:00