今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_21130587.jpgスタイリッシュでヴィンテージ感漂う「男前インテリア」な中に、女性らしいフレンチシックな雰囲気がミックスされたこだわりの空間。大人女子が憧れる雑貨も家具もすべて手作り!ほんのひと手間かけるだけで、どんな100均アイテムも廃材もワンランクアップさせてしまう、リメイク&DIYの達人として、多くの読者ファンに人気を呼んでいます!

そんな、おしゃれカフェのような空間を作り出すコツやノウハウがぎゅっと詰まったブログは、お金をかけなくても、アイディア次第でお気に入りのインテリアに囲まれた暮らしが楽しめる、ということを教えてくれます。ブログから生まれた出版本「かんたんDIYでつくるおもてなしインテリア」も多くのDIY好きの女性に評判です。

また、お子さんとの暮らしの中で見つけた小さな幸せを、自然体で楽しむ姿にも共感を呼ぶ読者が大勢います。

今回はプラチナブロガーのおひとりとして、そんなすてきなDIYライフを自分らしく楽しむ「pink pinko life」のpinkoさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
pinkoさん:「お金と時間をかけないインテリア」をモットーに、家具から雑貨まで家中すべてのインテリアアイテムをDIYで作った賃貸マンションインテリアをご紹介しています。
メインテーマである「手作り雑貨」は、安価で誰でも簡単に作れるところにこだわり、その作り方や使い方などを多くの写真とともに、わかりやすく丁寧に紹介しています。
作品は100円ショップの商品や廃材などを材料に使って作ったものばかりですが、「賃貸でもお金をかけずにここまでできる!」ということを、多くの皆さんにお伝えできればいいなと思っております。

その他にも、2人の子どもを持つ主婦である私自身の目線で見たことや感じたことや日常に溶け込んでいるあたりまえのこと、暮らしの中にあるちょっとした楽しみといったような、インテリアだけでなく暮らしに関わるさまざまなものごとを幅広く発信しています。

c0039735_21145173.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
pinkoさん:ブログのテーマを探しの中で、今まで無関心だった些細なものごとにも目がいくようになりました。
例えば、普段なら気にもとめない小石や落ち葉ひとつをとってみても、「これをインテリアに取り入れられないか?」といったようなことを自然に考えるようになりました。そんな、何気ない日常にあふれている素朴な魅力を見つけることは、ブログをやっていなければ気づけなかったかもしれません。

また、ブログを始めて早9年、ありがたいことに今では日々の更新を楽しみにしてくださる多くの読者さんを持つブログへと成長しました。
中でも「手作り雑貨」の記事は好評で、雑誌などのさまざまなメディアにも取り上げていただき、ついには自著本を3冊も出版させていただくという奇跡にまでつながりました。これもひとえに応援してくださる読者の皆さんのおかげと、日々感謝の気持ちでいっぱいです。
ブログがきっかけで多くの仕事にも結びつき、夢であった自著本も出版されるなど、ブログからつながった様々な奇跡は今や両手で抱えきれないほどになりました。
決しておおげさではなく、ブログは私の人生そのものを変えてくれたかけがえのない大切な存在です。

c0039735_21200305.jpg


エキサイトブログ編集部:男前インテリア&おしゃれなカフェ風の雑貨から家具まで、すべて手作りされていますが、手作りをはじめたきっかけや、もの作りの楽しさは?
pinkoさん:今の家に引っ越して間もない頃、「ツェツェ」というブランドのキュービストライト(約25000円のもの)が欲しくて、試しに100円ショップにあった和紙と電飾で似たようなものを作ってみたのが、DIYにハマったきっかけです。
紙製のキューブが連なったライトで、灯りをともすとやわらかい光がすてきで…。高価で買えなかったものが、わずか数百円でほとんど同じものを作ることができたという喜びは今でも忘れられません。以来、欲しいものは「買う」のではなく「作る」ことで、お金をかけずに家造りを楽しむようになりました。

アイデアひとつで無限に広がるもの作りそのものの楽しさ、自分のイメージやデザインしたものがそのまま形になった時の達成感と満足感は手作りならではの魅力です。また、自分の手で作った愛情あふれる雑貨たちを部屋にあしらう時間も楽しく幸せなひとときです。

c0039735_21284492.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい作品作りのポイントや大切にしていることは?また、暮らしの中に簡単にDIYを取り入れるコツもお願いします。
pinkoさん:まず第一に「お金と時間をかけない」ということをテーマにしています。
材料は100円ショップやホームセンターで手に入る安価なものや廃材を使い、「組み合わせて色を塗るだけ」が基本です。子育て中ということもあり、趣味に多くの時間とお金をかけることができないので、高価な材料を使わず簡単に作れるということが大原則です。

そしてもうひとつ心がけている大切なことが、「作品のクオリティー」です。
安価な材料をもとに作品を作っていくと、どうしてもチープな作品に仕上がりがちですが、それを丁寧な施工とペイントによって、元が100円グッズや廃材だったとは思えないクオリティーに仕上げることにこだわっています。
部屋に飾ったり実際に使ったりする実用雑貨として使用する以上、チープな仕上がりはインテリアアイテムとしてNG。きちんと丁寧に作ることによって見栄えはもちろんのこと、末永く愛着をもてる作品作りを心がけています。
その他、作品の仕上がりを最も左右するのはペイントだと思っているので、特にペイントにはこだわっています。
手間を惜しまず入念に塗りこむことによって作品全体の完成度を高めることを意識しています。
ペイント以外では、例えば木材を組む時はネジの頭を表面に出さないなどの細かな部分も考え、作品全体のクオリティーを上げるための施工・設計にもこだわっています。

c0039735_21185996.jpg


イメージ的にはインダストリアルな雰囲気とアンティークフレンチの相反するテイストをミックスさせ、お互いを引き立て合うような空間作りを心がけています。例えばピンクと黒、曲線と直線、アイアンとレースといったように、男性的な要素と女性的な要素を組み合わせ、強さと柔らかさを融合させることで味わいやメリハリを空間に取り入れています。

DIYの基本はなんといっても、自分自身が楽しむこと。うまくやろうとするより手作りの時間を楽しむことが一番大切だと思います。
色が変わるだけでもイメージは大きく変わるので、まずは筆に絵の具を取って自分だけの「塗るだけオリジナルアイテム作り」からスタートしてみてくださいね。

c0039735_21180892.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
pinkoさん:■ 材料費はたったの2円☆モスポットの作り方(2016.6.27)
漆喰のような質感を表現できるメディウムという塗料を使って作ったモス風のマルチポットです。紙コップを使ったので、材料費はたったの2円!ペイントだけで存在感を表現したプチプラハンドメイド雑貨です。

古道具屋さん風インテリアスタンド(2016.4.22)
細く丸みのある仕切りが古道具を連想させるインテリアスタンドは、100円グッズと不要品を組み合わせて作ったもの。
見せたくなる立て掛け収納を意識し、飽きがこないシンプルなデザインに仕上げました。

古着をリメイク☆思い出を形に残すアイデア(2015.3.23)
着ることができなくなった子ども服を再利用して作ったリメイククッションカバーです。
ストックしてある端切れやリボンなどで装飾し、オリジナリティーをプラスしました。

好奇心のある雑草インテリア(2016.5.17)
息子と一緒に公園で採集したタンポポやシロツメクサをインテリアの一部に。
好奇心旺盛な息子が見つけてくる「これなに?」は小さな発見と驚きの連続です。

c0039735_21240925.jpg


ズボラ主婦のおひとり様ランチ(2016.5.14)
写真を撮ることで見直し中の、ズボラな平日お昼ごはんを記録しています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
pinkoさん:いつもブログを応援してくださっている皆さま、今日初めて「pink pinko life 」にご訪問くださった皆さま、今週のピックアップブロガーインタビューを最後までお読みいただき、ありがとうございました。
私はごくごく普通の主婦ですが、ブログを書き続けることによって人生がとても大きく変わりました。ブログのおかげで単調な毎日が潤い、小さな幸せにも敏感になり、そして雑貨作りという最高の趣味も見つけることができました。夢中になれることがあるのは本当に幸せなことです。
このブログも来年で10年目を迎えることになりますが、ここまで続けられているのも、ひとえに応援してくださる読者の皆さまの支えがあってこそです。本当にありがとうございます。
これからも、お金をかけずに誰でも作れるプチプラ雑貨の魅力を日々ご紹介していきますのでぜひ一度のぞいてみてください!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_21211481.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【pinkoさんのお気に入りのブログ】

natural色の生活~handmade家具
kiyomiさんの指先から作り出されるミニチュア作品の世界にどっぷりと魅せられています。
ご夫婦でハンドメイドされている家具やお子さまたちのかわいいショットにもメロメロです。

Favorite place- cafe hopping -
全国のカフェをすてきな写真とシンプルなレポートで紹介されている、カフェ好きの私にはたまらないブログです。
特に関西エリアのカフェを参考にさせてもらっています。

325の、いま
大好きな手芸作家さんのブログです。主にバック類を作られていますが、既成品では見られない個性的な要素がたくさん盛り込まれた、まさに芸術作品ともいえる作品の数々に心惹かれます。325さんの、いまが気になります。

pinkoさんの「pink pinko life」を読んでみましょう。



[PR]
by blog_editor | 2016-09-20 14:32 | ライフスタイル

c0039735_15303515.jpg木のぬくもりが感じられる和モダンな空間に、北欧テイストがプラスされたすてきなインテリア。ところどころに置かれたグリーンや季節のディスプレイなどが、よりおしゃれ感を引き立て、「こんなすてきな空間でゆったり暮らせたら癒されそう」と憧れる読者に評判です。

ふたりの男の子を育てるワーキングマザーでありながら、いつも家の中はすっきり!きれいに片づけられた部屋は、整理収納アドバイザーとしてのかしこい収納術が見え隠れし、「これは参考になる!」とうなづけるようなアイディアもいっぱいです。
無印良品などを利用した見た目にシンプルでかしこい収納や、100均アイテムをリメイクした自分らしいインテリアなども、「なるほど!」「さすが!」と見習いたいことばかり…。
また、インテリア&収納の記事だけでなく、とてもおいしそうなおうちごはん&おもてなし料理の記事も「まるでレストランの食事みたい!」と人気です。

今回は、そんなすてきなインテリアの中で、心地よく暮らすための工夫を楽しんでいらっしゃる「WITH LATTICE」のNa~さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
Na~さん:こちらこそ、いつもすてきな企画をありがとうございます。
このたびはピックアップブロガーに選んでいただき、本当にありがとうございました。
私は昔からインテリアショップを巡ったり、お友だちのお部屋の模様替えを手伝ったりするのが大好きでした。
2年前に自宅を構え、少しずつですが憧れていた家具やインテリア雑貨、収納用品を購入してきました。我が家が理想とするカタチに整っていくのが楽しくて、これを記録に残せないかなと思っていました。
また、整理収納アドバイザーの資格勉強も始めていましたので、インテリアと収納の記事を自分らしくつづっていけたらいいな~と思い、ブログを始めました。
それが昨年の3月ですので、ブログを始めてからもうすぐ1年になります。

c0039735_12365977.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Na~さん:「WITH LATTICE」というタイトルですが、我が家は随所に格子(=LATTICE)が使われています。それで「この家と一緒にゆっくりと歳を重ねていけたらいいな」という想いを込めてタイトルを決めました。
仕事をしているので、仕事と家事の両立も大変ですが、そんな慌ただしい毎日だからこそ、「何か楽しみを見つけたい」「家事を少しでもラクにしたい」と、試行錯誤しているブログです。
大好きなインテリアのこと、がんばらない(笑)おうちごはんやおもてなしごはん、家事がラクになる収納法など、自分流に楽しんでいることをつづっています。
インテリアや収納がメインのブログですが、自分らしい住まい&暮らし方が、どなたかの参考になればとてもうれしく思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
Na~さん:我が家は、私以外みんな男子という家族構成です。インテリアを変えても、おうちごはんの盛りつけをがんばっても、正直なところみんなの反応はいまいち(笑)。
好きなことを誰かと共有したいな、誰かに見てほしいな…という思いもありブログを始めたので、このブログに足を運んでくださるみなさまからの、温かいメッセージやアドバイスが今とっても励みになっています。
また、ブログを始めたことで、たくさんのブロガーさんたちや、ご訪問いただく読者の方々と交流できるようになったことも大きな喜びのひとつです。
ブログあっての出逢いですが、ありがたいことに全国各地にお友だちができました。今こうして毎日つづっていられるのも、そんな皆さんとの交流があるからだと思います。

c0039735_12342898.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
Na~さん:何も予定のない休日、家でゆっくり過ごすことが何よりの楽しみです。
「今度はここの収納をきれいにしよう!」「この角度からの眺めが一番最高だな~」なんて、ひとりニヤニヤしています。
そしてエキサイトさんの人気コーナー「暮らしノート」が大好きで、よく拝読させていただいています。
たくさんのブロガーさんの記事を、編集部さんがピックアップしてくださるので、このコーナーのおかげで、ジャンルの違うブロガーさんの記事にも触れることができ、いつもワクワクしながら読ませていただいています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
Na~さん:そうですね、夢はたくさんあるのですが…(笑)。
子どもが生まれる前は、暇さえあれば主人とふたりでキャンプに出かけていました。
最近は子どもたちを連れて、家族でキャンプに行くこともありますが、子どもが巣立ち、いつか主人とまたふたりになった時に、小さなキャンピングカーを買って、ゆっくりと日本一周の旅に出かけたいと思っています。
まだまだ先の話ですが、それが私たちの夢ですね。

c0039735_15465700.jpg


エキサイトブログ編集部:すてきなインテリアと読者の参考になる収納のコツがいっぱいですが、整理収納アドバイザーになられたきっかけや、インテリア&収納を考える楽しみは?
Na~さん:もともと片づけは好きなほうで、幼少の頃は妹の部屋を勝手に片づけたり、模様替えをしたりして遊んでいたのを覚えています。
ただ、子どもを育てながら働くようになってからは、「簡単な方法ですっきりした空間を保ちたい」「家族みんなのストレスにならないような収納法がないかな」と考えるようになりました。
そこで、もっと根本的なことから学びたいと思い、整理収納アドバイザーの勉強を始めました。収納のノウハウはもちろん、すっきりとしたインテリアを楽しむためにも、このワンステップは私にとって実のあるものになったと思っています。
これからは、この資格を少しでも生かせるように、自分に何ができるのかゆっくりと考えていきたいと思います。

c0039735_12344671.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしいお気に入りのインテリアといえば?また、日々の暮らしの中で大切にしていることや心地よく快適に暮らすためのコツは?
Na~さん:和×北欧スタイルが大好きなので、木の温かみを感じられるようなインテリアに惹かれるのですが、それとは真逆とも言える武骨なテイストのアイアンも好きだったり。
流行に惑わされない自分の「好き」に向き合ったインテリアを、これからも目指していきたいと思っています。
特に実用品を購入する際には、インテリアの邪魔をしない、それだけでもインテリアになるようなデザインのものを選ぶようにしています。使うたびに愛着が湧くような、そんなすてきなアイテムを少しずつ揃えていきたいなと思います。
そして、インテリアに欠かせないのがグリーンです。
まだまだ初心者で、枯らしてしまったグリーンも何本かありますが、グリーンをうまく取り入れながら癒しの空間を作っていきたいと思っています。

c0039735_12332547.jpg


また、ブログの中にもちょこちょこ登場するのですが、簡単なおうちごはんも意外にも楽しみにしてくださっている方が多く、とても驚いています。
忙しい平日は、ワンプレートや簡単なごはんですませてしまうことが多いので、少しでも時間がある時は、食卓がパッと華やぐような、おうちごはんを作るように心がけています。
素人でかなり適当な味つけですので、レシピを載せることは恐れ多くてできませんが、家族に「おいしそう!」と思ってもらえるようなメニューや盛りつけを考えるのが、私の楽しみです。そんな食卓を囲む時間が、家族みんなの癒しの時間になってくれたらいいなと思っています。
また、すっきりした空間を楽しむために「1日1リセット」と決めて、どんなに散らかっていても、就寝前にはすべて元通りにしてから休むようにしています。もちろん、子どもたちも巻き込み、みんなで一緒にお片づけをするようにしています。

c0039735_16054030.jpg


エキサイトブログ編集部:春は引っ越し、模様替えのシーズンですが、お部屋の模様替えをして気分を一新したい方へのアドバイスなどもありましたら、お願いします。また、簡単リメイクなども楽しんでいますが、そのコツなどもお願いします。
Na~さん:お引越し、模様替えですか!ウキウキしますね~。大好きなワードです(笑)。
お引越しや模様替えは自分の持ち物を整理する一大チャンスです。
まずは「必要なもの」「不必要なもの」を見極め、身の回りを身軽にすることをおすすめします。収納や家具を購入されるのは、その後のほうがよいと思います。
身軽になるとお引越しもラクになりますし、何よりも手元に残したものに、より一層の愛着が湧くようになります。
お引越しの前には「とりあえずすべて詰め込む」のではなく、その前に「必要なものを厳選する」というステップを踏んでから荷造りをされると、お引越し先での荷解きもストレスなく作業できますね。
模様替えも、あるテーマを決めてから取りかかると、スムーズに進めることができます。
「どんな暮らしがしたいのか」をじっくり考えてみると、目指すゴールが見えやすいのではないでしょうか。

c0039735_12340308.jpg


また、簡単リメイクのコツですが。私は100均アイテムを多用したり、安価な材料を使ってリメイクしたりと、プチプラインテリアも楽しんでいます。ちょっとした手作りのものが、生活に変化を与えてくれますので。
ちょっぴり失敗しても「ま、いっか!」ですむプチプラアイテムが、大雑把な私にとって最適な素材なのです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
Na~さん:ブログを始めてからは、今までよりも30分早く起きて生み出した朝時間を使って、記事の仕上げや更新作業をしています。
早朝に更新することがほとんどですので、朝、ご訪問くださる方が多いように思います。
特に意識していたわけではないのですが、ありがたいことに「毎朝の楽しみになっています」とおっしゃってくださる方も多く、できるだけ朝時間を使って更新しようと思っています。

c0039735_12342027.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Na~さん:先ほども少し触れましたが、私は「朝時間」をとても大事にしています。
主人は仕事で帰りが遅いことが多く、夫婦の会話を持つ時間がなかなかとれないのが現状です。
ただ、偶然にもふたりとも朝が強く…ただの老化現象でしょうか(笑)、主人も子どもたちよりも先に起きてきますので、コーヒーを煎れてふたりでゆっくり話す時間を持つようにしています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
Na~さん:●我が家のプラダン活用法◆7例・総まとめ◆
惚れこんだプラダン(プラスチックダンボール)を使った活用例をまとめました。
軽いのに頑丈、加工もらくらく。そんな優秀なアイテム・プラダンの使い方いろいろを紹介しています。

やっと見つけたシンプル多機能ファイル×無印で取説収納チェンジ!
マチ付きファイルと無印のファイルボックスを使って、取説の収納を改善しました。
取り出しやすく、移動しやすい。やっと求めていた収納ができ上がりました。

c0039735_12334575.jpg

フライング・クリスマスディナー*2015*
昨年のクリスマスパーティーのお料理です。ちょっぴりフライングして祝日に開催しました。いつもと違って、ゆっくり用意する時間が持てたので、家族も大喜びの食卓になりました。

運動会のお弁当 & 運動会前日のあり得ないアクシデント
長男がありえない日にしでかした、ありえない奇行。
みなさんに大笑いしていただきました。

散らからない法則 ~朝時間と就寝前のルーティンワーク~
ズボラな私が、毎日必ず行っているルーティンワーク。
「すっきり」を持続させるために続けている、わが家の些細な決まりごとです。

冷蔵庫の隙間利用~100均リメイクで出来た収納~
冷蔵庫の隙間、わずか7cm。「この隙間を有効に利用できないか?」と思ってトライしてみました。
文字通り、「力ずく」で生み出した収納法です(笑)。

c0039735_12330265.jpg


WEB内覧会・玄関インテリア遍歴 ~真冬の玄関には...~
ゲストが最初にお通りする玄関。季節の変化を感じてもらえるように、少しずつインテリアも変えて楽しんでいます。

究極の時短!男前ごはん & 秋の庭いろいろ
庭で楽しんだ男の料理。久しぶりにダッチオーブンを引っ張り出してきて夫が作った料理とは…。

洗面室のストック管理 ~見せない収納の難点を克服~
無印のファイルボックスで整えたストック棚。中身が見えない収納の難点をクリアするために、手作りのシールを作ってみました。

artekでリビング棚をイメチェン & 手作りコースター
リビング棚のルーターボックスにかけているファブリックを新調しました。その時に余ったはぎれで、コースターも作ってみました。

c0039735_12331131.jpg

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
Na~さん:家族で旅行に行きたいです。子どもたちはまだ飛行機に乗ったことがないので、飛行機に乗ってどこか遠くに連れて行ってあげたいな~と思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
Na~さん:いつもブログを見てくださり、ありがとうございます。
みなさまのおかげで、今まで楽しく続けることができました。本当にありがとうございます。
そして、はじめましてのみなさま。インテリアや収納、おうちごはんなど、日々のなにげないあれこれをつづったブログです。
これからも私らしく続けていけたらいいなと思っていますので、ぜひ遊びにいらしてください。
また、この場をお借りしまして大変恐縮ですが…。昨日から始まりました「エキブロ春の投稿祭り」のインテリア部門にて、テーマ作成に携わらせていただきました。みなさんのイチオシ記事を楽しみにしていますので、ぜひ奮ってご応募ください。
たくさんの方のご参加をお待ちしております!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【Na~さんのお気に入り&好きなブログ】

仲良くさせていただいているブロガーさん方もたくさんいらっしゃって、とても絞りきれませんが…、特にお気に入りのブログをご紹介させていただきます。

Life Co.
ブログを始める以前からの大ファンで、毎日欠かさずに訪問させていただいていたブログです。
「すっきり」を保ちつつも、ご自分の「好き」をしっかりと見極めていらっしゃって、インテリアにも装いにもブレがありません。
北欧の魅力に惹かれるようになったのも、tomoさんの影響が大きかったように思います。

丘の上の家
建築家と建てられたご自宅が、とにかくカッコイイ!ライフオーガナイザーとして多方面でご活躍されています。
整理収納に関しての考え方も、とても参考になり尊敬しています。
そして、もちろんお会いしたことはありませんが、ブログからもビシビシと伝わる男前さが大好きです。

uri's room* 心地よくて美味しい暮らし
スタイリッシュな北欧インテイアと、飾らないお人柄、そして笑いの神が降りてきている息子君ネタに、どっぷりはまってしまいました。
こだわり抜かれたアクセントウォールや、センスよく飾られたファブリックパネルが印象的なすてきなお住まいです。

merci
冷蔵庫や収納内、洗面室など、白で統一したアイテムがずらりと並ぶ光景はため息ものです。
また100均アイテムを上手に使って、暮らしを快適にする工夫がとてもすばらしいです。
ふたりの娘さんとのほっこり記事も楽しみのひとつです。

カリフォルニア食堂 公式ブログ the rustic table
おもてなし料理教室をカリフォルニアで主宰されています。
盛りつけのアイデアがすばらしく、毎回衝撃を受けています。
手に入る食材で似たような盛りつけができないかと、ゲストの予定があればこのブログにお邪魔して、勉強させていただいています。

Na~さんのブログ「WITH LATTICE」を読んでみましょう。

★ただいま開催中の「エキブロ春の投稿まつり」のインテリアジャンルの出題ブロガーさんとしても、Na~さんにはご協力いただいています!せひそちらのほうもみなさん、ご参加くださるとうれしいです!
「エキブロ春の投稿まつり」はこちら!

[PR]
by blog_editor | 2016-02-19 17:48 | ライフスタイル

c0039735_19473277.jpg大好きな家族や友だちみんなを笑顔にするような料理が作れたら…うれしいですよね!そんな言葉がぴったりのおいしい料理を手がける、料理教室の先生として大人気。
華やかなおもてなし料理から、素朴なおうちごはん、そして、息子さんへの愛情が伝わるお弁当まで。存在感のある料理がとってもおいしそう!心をこめて作るお正月の「おせち」も、華やかさとオリジナル感があって、思わず見入ってしまいます。

福岡で主宰されている料理教室では、素材の味を生かした和食をはじめ、本場の味をアレンジした韓国料理や台湾料理、おしゃれなイタリアンなど。自分らしくひと工夫したレシピが評判となり、なかなか予約がとれない教室の先生として注目されています。
今回は、そんな人気の料理家、「三溝清美 Cooking Studio La Cucinetta」の三溝清美さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
三溝清美さん:ブログを始めたのは2006年の12月です。最初は別のブログサービスで始めました。
きっかけは教室に参加いただく生徒さまから「○○さんのブログを拝見してお問い合わせしてみました」との声を多くお聞きするようになり、ブログを書くことに興味を持って、いろいろな方のブログを拝見するようになりました。
教室のこと、自分自身のこと、プライベートの部分をうまくお伝えする勇気がなくて、なかなか第一歩が踏み出せませんでした。
でも、「上手に書かなくてもいいんじゃない…。そのままを素直に書いたら?」の主人のひと言で肩の力がすっと抜けて…。つたない文章ながらブログも10年続けています。ブログを書いているうちに写真を撮ることがとても楽しくなり、写真をきれいにアップできるエキサイトブログに移行しました。広告もなくシンプルなサイトがとても気にいっています。

c0039735_17003734.jpg

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
三溝清美さん:2004年9月より、イタリア語で小さな台所「La Cucinetta」という屋号の料理教室を始めました。
特別に料理の勉強をしたわけではなく、ただただ料理が好きで始めた料理教室は、最初は生徒さんおふたりとわたしだけ…。予約が入らない日もありました。
でも、笑顔で前向きに…そして『終わりなく学び』『出会いを大事にする気持ち』を忘れずに教室を開催しました。おかげさまで、今は、みなさまに良縁の輪を繋いでいただき、月に30〜40クラスを開催する教室になっています。
教室を始めて3ヶ月目に地元の情報番組のおやつコーナーのレギュラーが決まり、夕方の情報番組のお料理コーナーのレギュラー出演と…11年間テレビの生放送に出演させていただいています。
2013年3月には、夢だったレシピ本『小さなキッチンで作れるごちそうレシピ』も出版できました。同年、12月に『”ひと工夫で”テーブルがときめく持ちよりレシピ』、2015年10月『シンプル仕込みで三度美味しい作りおき』と3冊のレシピ本を販売中です。

ブログでは教室の予約や空きのお知らせ、日々作っている食卓の料理に息子の塾弁、そして、おすすめのレストランやショップを自分なりの視点でアップしています。
何気ない日々の暮らしに楽しさを感じていただけたらいいな、と思いながらブログを更新しています。

c0039735_17013667.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
三溝清美さん:ブログを書くことが日課になっています。
素直にそのままを自分らしくお伝えできるように書いています。
ブログがきっかけで、遠方の方からもご連絡をいただき、福岡の教室に参加いただけたり、東京で開催する料理教室にも「いつもブログを拝見しています」とご予約をいただけたりします。
思いもしないことが起こって落ち込んでいるときも、「ブログで頑張っている先生の姿を拝見すると元気をいただけます」
「応援しています」と鍵コメのやさしいお言葉をいただけ、それがわたし自身の励みにもなっています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
三溝清美さん:旅行に行くのが大好きなので、時間が少しでもできたら旅に出たくなります。
旅行先の記事も「次回の旅行で参考にさせていただきます!」とコメントもいただけるので、アンテナをはって良い情報を発信できればと思っています。

c0039735_17020471.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
三溝清美さん:将来は海外でも教室をしたいです。
ただ語学がまったく自信がなく(笑)…。
でも、ハートは伝わると願っています。

エキサイトブログ編集部:とてもおいしそうなお料理の数々ですが、料理を作るのが好きになったきっかけや料理家になられた経緯、料理を作る楽しさは?
三溝清美さん:子どもの頃、食卓には並びきれないほどの料理を母が作ってくれていました。決して凝った料理とかでも、おしゃれな料理とかではないのですが、「今日も頑張ったね!お腹いっぱい食べなさい!!」という母の気持ちが、食卓には溢れていました。また反対に、父はおいしいものを少し食べたいとの気持ちの高い人でしたので、食材を見る目、そして味覚の繊細さを父から学びました。
家族に作る料理はプロの料理人の方が作るようなスペシャリテではありませんが、なぜかまた食べたい、ほっとすると感じます。その思いと料理研究家のスパイスを足して、かんたんで華やか、そしてあたたかな気持ちになれる料理を提案しています。
料理の楽しさはすぐに反応を感じられることです。
見えない愛情を伝えることができるのが、わたしの場合は料理なのです。

c0039735_17033830.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしい料理&レシピのポイント、大切にしていることは?また、おせち料理やこれからの季節にぴったりの冬のおうちごはんのワンポイントなども教えてください。
三溝清美さん:素材の良い料理は、素材を活かして作るのが一番です。献立を考える時には『甘味、辛味、酸味、塩味、うま味』のバランスを考えると、召し上がる方が飽きずに食事を楽しめます。
そして季節感を少し早く取り入れて食卓に並べると、今から来る季節への期待感も高まります。
冬には地の足がしっかりついているような根菜類を食べることによって、肌の乾燥や冷えを軽減させてくれます。

おせちを作るときも無理をせず、日持ちのするものから5日間くらいに分けて作ると楽です。南天や松、笹の葉などを利用するとお正月感がさらにアップします。

c0039735_17044188.jpg


エキサイトブログ編集部:記事アップの際に気をつけていることや大切にしていることは?
三溝清美さん:ネガティブなことや不快を与えてしまうようなことは書かないようにしています。
文章は難しく書かず、シンプルで短く書くようにしています。
空いた時間に読んでいただけるように、写真も愛を込めて撮っています。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
三溝清美さん:なるべく毎日、丁寧にアップすることです。
アクセスアップできるとうれしいですが、そういうことにうとくて…。
教えてほしいくらいです…。

c0039735_17052759.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
三溝清美さん:毎朝、教室の準備を教室開始1時間前には終らせ、珈琲を飲みながらひとりの時間を作ります。
ネットサーフィンをしたり、本を読んだり…とそんな何気ない時間にひらめきがあったりします。

そしてどんなに仕事が忙しくても、家族との時間を作ることです。
家族がいるからがんばれる!!家族の笑顔が活力です。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
三溝清美さん:●【おせち あけましておめでとうございます
昨年のおせちのブログです。
作っていると楽しくて作りすぎたので、友だちにも無理やりお裾わけしました…。

●【運動会のお弁当】
中学の運動会。
小学校最後の運動会。
子どもの運動会のお弁当記事はみなさんも楽しみにしてくださっていたり、参考にしてくださっていて、あとでコメントをいただけりして、とてもうれしいです。

c0039735_20070915.jpg

●【ホームパーティー】
パリから♡
春のホームパーティー
料理教室や家族に料理を作る以外にも、友だちを誘ってホームパーティーをすると自分でもまたいつもと違う料理のヒントが生まれたりします。
何よりごはんを食べている皆さんの笑顔がたまらなく好きです。

●【受験が無事、終わりました
息子の中学受験、精神も乱れず、友だちと遊べる時間をけずって勉強しても文句も言わず…。
12歳で乗り越えた息子の姿に親ながら学びがありました。

●【クリスマスLesson】
クリスマスLesson始まりました。
クリスマスを感じて。
教室のメインイベントのクリスマスLesson。
毎日がクリスマスで11時と14時30分の16名分の仕込み。愛と体力で乗り切っています。
料理教室のカテゴリにもレッスンの様子がまとまっています。

c0039735_20080531.jpg


●【アシスタントの洋子ちゃんです
今では右腕のアシスタント洋子さん!
ブログに初めてアップした写真です。
彼女も今年、お嫁にいきます。

●【感謝と共に
夢だった初めてのレシピ本の発売日です。
みなさんの愛を感じて、感謝しても感謝し足らない気持ちになりました。

●【やっぱりお弁当
息子の詰めた1年間の塾弁を日々、アップしていた最終日です。
お弁当は愛情箱だといつも思いながら、お弁当を詰めていました。
すぐに食べないお弁当が何時間か経ったときに、どんな味わいになっているのか?考えながら…。
おいしく食べてもらいたい…という気持ちを込めた母の愛です。

c0039735_20083221.jpg


エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
三溝清美さん:長い休日があったらParisの料理学校で学びたいです。
教室を始めて12年目に入りました。
また初心に戻り、いろいろなことを吸収したいと思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
三溝清美さん:ブログに訪問いただきありがとうございます。
読んでいた口角があがってくるような、あたたかなブログになればいいなぁ〜と自然体で更新しています。
大切な方に料理を作りたいと感じていただけるように、拙いブログですが、これからも更新していきますので、時々、読んでいただけると幸せです。

c0039735_20270833.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【三溝清美さんのお気に入り&好きなブログ】

丁子色
スタイリング、パンの完成度がすばらしいです。

北イタリアの自然派生活
イタリアのナチャラルな暮らしを、日本にいながら感じることができます。

キッチンパラダイスあやさんのブログ
キッチン道具の知識が半端ではないほど奥深いものがあります!
とても参考になります。

美味しいものめぐりParis
Parisの洗練された情報が満載です。

ろんどんらいふ
ロンドンでの丁寧な暮らしが拝見していた心地いいのです。

三溝清美さんのブログ「三溝清美 Cooking Studio La Cucinetta」を読んでみましょう。



[PR]
by blog_editor | 2015-12-30 20:58 | ライフスタイル

c0039735_23465470.jpg「ゴンちゃん」の愛称で親しまれる8歳のお姉ちゃんと、いたずら盛りの2歳の弟くん「まめぴーちゃん」のとびきりの笑顔も、ときどき見せる泣き顔も寝顔もかわいくて、思わず ぎゅーっとしたくなるほど、心がほっこり…。きらきら光る夏の思い出もたくさんできたようですが、季節感が伝わる話題にも心があたたまります。
そんなふたりのお子さんとの子育ての日々を楽しみながら、シンプルで着心地のよい洋服をちくちく手作りする毎日をつづったブログが大人気。

京都の古い町屋に住み、子育ても手作り生活も自分らしく、心地よく笑顔で暮らす日々の写真や文章からは、何気ない日常の中にある「小さな幸せ」を大切にする気持ちが伝わってきます。
すてきなハンドメイド作品は多くの方にも愛され、2冊の著作本も好評です。

今回は、ハンドメイド作家として活動しながら、かけがえのない家族との一日一日をていねいに暮らす「FU-KOなまいにち。」のFU-KO(ふーこ)さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部: いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
FU-KOさん:こちらこそ、いつもお世話になっています!
この「FU-KOなまいにち。」自体は2009年3月のスタートですが、2011年3月からエキサイトさんを利用させていただいています。以前は別のブログサービスを利用していましたが、画像に制限があったり広告が出たり、あまり好きなデザインがなかったりでエキサイトさんにお引越ししました。
理由は友人たちが使っていてデザインがシンプルで画像も自由度が高かったこと。編集画面の使いやすさも魅力でした。

c0039735_002961.jpgエキサイトブログ編集部: ご自身のブログを紹介してください。
FU-KOさん:最初は、現在8歳になる娘の誕生を機に始めた、ハンドメイド作品を紹介するためのブログとしてのスタートでした。
当時はオークションサイトに登録し、作品を販売していたのですが、オークションサイトって伝えられる情報が限られていて、作家の思いを伝える場所がなくて…。どうしても物だけのやりとりになってしまうんですね。
それってなんかちょっと寂しい気がして…。私自身、作り手の思いが垣間見えるような手作りの品を大事にしたい、と日ごろ思っていたので、ブログで新作情報や製作途中の様子などをお客さまにお伝えしたら、親近感を持っていただけるかもしれないなあ…と思ったんです。
なので、タイトルに込めたのは、「FU-KOって作家はどんな暮らしをしていて、どんなふうに物づくりをしているのかな」って知ってもらいたいという思いからでした。
できるだけ毎日更新を心がけていたので、次第にハンドメイド以外にも好きなファッションのこと、生活のこと、子育てのこと、当時引っ越したばかりだった京町家のことなども少しずつご紹介するようになっていきました。

エキサイトブログ編集部: ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
FU-KOさん:もともと日記好きではあったのですが、それをたくさんの方に見ていただくようになり、より客観的な目で自分の考えを整理して、まとめられるようになったと思います。
あと、子育てや私生活で大変なことがあっても、「あ、これはネタになる!」と逆にポジティブに考えられるようになったかも…。
元来、もやもや、くよくよしがちな性格ですが、文章にしてしまうとそれほどでもなかったり、「自分ってこんなふうに考えているんだな」って逆に発見があったりしておもしろいですね。

もちろん、私自身の生活にもいい影響があると思います。写真を撮るから、やっぱり少し部屋は片付けておこうかなって思いますし(笑)。ブログでは生活の中での知恵袋的なこととか、「作ってみたよ」「使ってみたよ」的なレポとか、実際的な情報などもお伝えしたいと常々思っているので、ブログを始める前よりも、新しいことにチャレンジしやすくなった気がします。

c0039735_23552083.jpgまた、「FU-KO」としての活動を始めたのが12月だったので、毎年年末になるとコメント欄を使ったプレゼント企画を開催するのですが、アクセスの増加にしたがって年々応募数も増え、抽選もひと仕事。でも、応募の際にいただくうれしいコメントや励ましのメッセージに、私のほうがプレゼントをいただいている気分になります。企画を機にやりとりが始まって、今では家族ぐるみのおつきあい…という方もいらっしゃるんです。
最近、ありがたいことに雑誌掲載やコラム執筆など、手作り以外のお仕事もいただくようになりました。そのどなたも「ブログを楽しみに見ています!」と言ってくださって、ブログをきっかけに私のことを興味を持っていただいたことに驚きと少しの恥ずかしさもありつつ、広く公の場に発信する、ブログというスタイルゆえのご縁なのだなあとしみじみ感謝しています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
FU-KOさん:7年経ってもやっぱり相変わらず、手作りと子育てに夢中です(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
FU-KOさん:自宅近くにアトリエを持つこと!今2歳になる息子がいるので、シックなベビー服の型紙をこれからたくさん発表していきたいです。

エキサイトブログ編集部:とても心あたたまるハンドメイド作品がすてきですが、洋服作りを始めたきっかけや、手作りする楽しみや魅力は?
FU-KOさん:今は想像つかないと言われますが、幼少の頃は病弱で、学校を休むことが多かったので、気がつけば何かずっと作っていたように思います。「あんたは手先が器用やから」って母がわりあい早くに針を持たせてくれて、小学校に入る前には簡単な縫い物はできていたような…。
でも、家庭科はいつも課題が魅力的に見えなくて、成績は悪かったかな(笑)。

c0039735_051331.jpg私が手作りをするのは、洋服でも保存食でもDIYでもそうですが、共通するモチベーションは「ないから作る!」ということでしょうか。
洋服は特にそう。寝食を忘れるほどにのめりこんだ洋服作りのきっかけは、娘が標準より細くて、市販の洋服が体に合わなかったから。娘にぴったりのサイズで、自分好みの色や質感で作れることが魅力でした。
今やおしゃれに敏感になった娘なので、100%私好みのものは作れなくなってしまったけど、一緒に生地を選び、二人でデザインを考えて作ることが増え、また違った幸せを感じています。
また、オークションや自分のショップを持ち、ハンドメイドの作品をお客さまのもとにお届けするようになって、「手作りの品」を心をこめて作り、お届けする」ことの緊張感と喜びの声が、また次の原動力にもなっていきました。

エキサイトブログ編集部:自分らしい作品作りのポイントや、とくに大切にしていること、こだわっていることは? とくにこれまで手がけた作品で印象に残っているものなども…。
FU-KOさん:娘のために洋服作りを始めたきっかけが、彼女の体型のことももちろんありましたが、それ以上に自分好みの洋服が作りたかったこと。どうしても女の子の子ども服って「フリフリ、キラキラ」が多くて…。もちろんベビーはフリフリを着ていてもかわいいのですが、シンプルでシックなほうがよりベビー自身のかわいさが引き立つと思います。
大人はお化粧しなくては見られませんが(笑)、ベビーはすっぴんでもかわいいですもんね!

だから、デザインは生地優先。シルエットは定番なものに、少しだけ細部にこだわりをプラスします。専門的な勉強をしておらず、すべて独学なので技術がないからという理由もあるのですが(笑)。
生地の良さを引き立てて、子どもの魅力を引き出す、最小限のシンプルなデザインを心がけて作っています。
FU-KOを代表するデザインは、娘が2歳ごろからずっと作り続けている「ヨークワンピース」でしょうか。
一冊目の本の表紙にもなっています。やや落ちた肩のライン、みぞおちあたりから切り替えた細かなたっぷりギャザー、ふわふわのスカートは、流行に左右されない定番。子どもにもママにも…時にはおばあちゃんにも!大人気です。

c0039735_0353827.jpg


エキサイトブログ編集部:お子さんとのかけがえのない時間や子育ての話題を始め、暮らしの中の小さな幸せが伝わる記事にも心があたたまります。日々の暮らしの中で大切にしていること、またお子さんの写真を撮ることや、記事アップの際に心がけていることがあれは…。
FU-KOさん:ものすごく忙しいときを別にして、子どもと過ごす時間はPCをつけず、ミシンも使いません。とくに下の子は保育園に行っているので、一緒に過ごせる時間はわずかな時間だけ。その間は仕事のことは考えず、めいっぱい楽しむようにしています。
ただ、ボタン付けや執筆の仕事など、子どもと過ごしながらできる作業は一緒にしています。母が一生懸命働く姿も見ておいてほしいなという気持ちもあって(笑)。
家でしている仕事なので際限なくやってしまって体を壊しかけたことがあるので、土日は子どもと一緒にしっかり休んでメリハリをつけるようにしています。

c0039735_12213936.jpg


カメラはずっと手元に置いて出しっぱなし。ここぞという場面を逃さぬよう、常にシャッターチャンスを狙っています(笑)。おいしそうに食べている姿や、何かに真剣になっている場面では、子どもはカメラに対して警戒心がないのでいい絵が撮れるようです。
最近では子どものほうから「これ珍しいから撮って!」と言われることも。だいたいが、おにぎりについている昆布が顔にみえる、とかですが(笑)。カメラを通してだと、日常の何気ないことも楽しめるのかもしれません。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
FU-KOさん:うーん…、とくに心がけていることはないのですが、しいて言えばほぼ毎日更新することなのかも。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
FU-KOさん:カメラ片手に、子どもとブラブラ散歩。それから、仕事終わりのビールは格別です!

c0039735_1222233.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
FU-KOさん:●お客さまお写真♪(カテゴリ)
カテゴリごとの紹介になりますが…。お客さまお写真は、本を出す前まではショップでお買い上げくださった方からのもの。本を出してからは本の型紙から、ご自分で作ってくださったものが増えました。
どのお写真もとてもかわいくて、ふだん頑張ってきてよかったなあ…と次に進むパワーをいただいています。

c0039735_12142618.jpgコーディネイト提案(カテゴリ)
読者の方に好評だった記事は、記事別アクセスを見ていないので感覚レベルですが、今年の春に大人服の本を出したのをきっかけに、手作り服のコーディネイト提案をアップするようになり、その記事は毎回好評のようです。こちらのカテゴリにまとめていますが、私としては、みなさんさほど興味は持っていないだろうな・・・と思っていただけにびっくり。

子ども部屋2015。
有孔ボード収納、その後。
まずは片付け。
子ども部屋やアトリエの収納は、参考にされる方が多いのかもしれません。私自身、何か新しいことを始めるためには整理整頓から、を心がけています。ブログでご紹介するのはきれいを維持するため、そして自分への戒めの意味もこめて(笑)。

初めての浴衣作り。
季節柄、浴衣を手作りされる方も多かったのでしょうか、比較的アクセスがあったように思います。
ずっと洋服は作ってきましたが、浴衣は初めて縫いました。
和服って本当に無駄がなくてシンプル。そしてどんな人にも似合うデザイン!昔の人の知恵が詰まっているなあ、と実感しました。

簡単ポケットの、プリーツワンピアレンジ。
まいにちのエプロン。
洋服のアレンジ方法やフリーパターンをご紹介したものも「さっそく作りました!」とたくさん反響をいただきました。

あるはずのものを無くす。
使い切るために。
台所の整理術に関しても、読者のみなさまに共感やご感想のメールをたくさんいただきました。

c0039735_23533922.jpg「じぶん」の目覚め。
ちゃーちゃん。
大大大すき。
りんご飴と、ゴン。
このへんの記事は、何気ない日々の中の何でもないエピソードばかりですが、私にとっては印象に残っている子育ての記事です。

エキサイトブログ編集部:長い休日があったら何をしたい?
FU-KOさん:長い休日があったら、台所のリフォームDIYをしたいです!
家自体は築100年近い町家ですが、キッチンだけが最新式のシステムキッチンで、味気ないので…。
まずは壁にタイルを貼って、戸板は合板なのを風合いのいい木にしたいですね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
FU-KOさん:見に来てくださり、本当にありがとうございます!
ふだんはミシンとPC相手で寂しくしていますので(笑)、どうぞお気軽にメールしてくださいね。
これからもどうぞよろしくお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【FU-KOさんのお気に入り&好きなブログ】

ひぐま家の生活
ライフスタイル本も出されている、「お母さん仕事」のひぐまあさこさんのブログ。
1年ほど前から拝見させていただくようになりました。
何気ない暮らしの中の時折きらりと光る言葉に「まさに!」と共感し、ひざを打ちます。

今日のすーさん
娘ちゃん「すーさん」がまだ0歳の頃、私の洋服を買っていただいたことがきっかけで、やがてメールや手紙のやりとりをするようになり、今では家族ぐるみのおつきあいがある、88sarasaraさんこと、よっせさんの子育てブログ。
母として妻としてだけでなく、ひとりの女性としてもとても魅力的な、きらめく言葉たちにいつも惹きつけられています。

rinpotage
子育て漫画ブログ。「ああ、こんなことあるよなあ」って共感したり、思わずキュンと胸が切なくなったり。最近の癒しです…。

TableTalk
イラストレーターの小池高弘さんと編集者・文筆家の小川奈緒さんご夫妻によるエッセイブログです。自宅で仕事をしつつ子育ても、生活もていねいにされている様子に私も背筋がのびます。

ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。
大学時代の友人、ヒビノケイコによる田舎暮らしブログ。子育てをしながらカフェ&ネットショップ経営を経て、田舎暮らし漫画の執筆や移住者支援、大学等での講演活動もこなす彼女は、ほんわかした見た目とは裏腹にとてもパワフル。既存のやり方にとらわれず、自分らしく暮らしをデザインし、楽しむ姿に共感します。

c0039735_23492278.jpg


FU-KOさんの「FU-KOなまいにち。」を読んでみましょう。
また、FU-KOさんの著書は後日、編集部ブログ「エキサイトブログCAFE」のほうでご紹介しますので、お楽しみに。
[PR]
by blog_editor | 2015-08-25 15:22 | ライフスタイル

c0039735_12221026.jpg年月を重ねたような味わい深いアンティーク風の家具やインテリア雑貨を手作りしたり、リメイクしたり…。フレンチシックのすてきなインテリアで統一されたお部屋は、多くの雑誌にも紹介され、「シャビーな感じがとてもすてき」と人気を呼んでいます。

また、本物のように手の込んだミニチュア作品にも注目。窓からグリーンが見えるミニチュアのガーデンキッチンや、南仏をイメージしたカップボードをはじめ、とてもすてきなイスやミシン机、ミニチュアの食器やパン、おせちなど……、その繊細でクオリティの高い手仕事には思わず脱帽してしまうほど…。
ほかにも、飾っておくだけでうっとりするようなアクセサリーもハンドメイドされ、多くの女性の憧れとなっています。

今回は、そんな数々のすてきなハンドメイド作品とともに日々の何気ない日常をつづるハンドメイド作家、「natural色の生活~handmade家具」のpetipetitさんこと、kiyomiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。さっそくですが、ブログをはじめたきっかけは?
kiyomiさん:お世話になっております。このたびは、「ピックアップブロガー」に選んでいただき、ありがとうございます。
のんびりとマイペースに更新していたブログでしたので、お話をいただいた時は、「え?」と驚きました(笑)。
ブログを始めたきっかけは、上の子が生まれた6年前。物作りが好きだったので、自分の作品を書き留める場所としてブログを始めました。アナログな私でも、簡単な操作でできたのがまた良かったです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kiyomiさん:はじめまして。インテリアにミニチュア、そして甘いスイーツが大好きな2児の主婦です。タイトルに想いを込めて、「ナチュラルに生活を楽しみたい」と思っている、petipetitこと、kiyomiともうします。
今は下の子がまだ小さいのもあり、ミニチュア作りがメインとなっていますが、主婦目線で、感じたこと、感じたものジャンルにかかわらず、日々の日常などもつづっていけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_12432957.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを始めてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
kiyomiさん:ブログを書いていなければ見過ごしててしまう、小さな日々のこと、その時感じた思いをつづることにより、生活の見直しができるようになりました。
ブログを書いていなければ出会えなかったであろう人たち、海外の方たちとの出会いも含めて、たくさんの方々と出会えたことも大変うれしいです。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
kiyomiさん:一番好きなことは、「生活を楽しむ」こと。
夢中になっていることは、今現在ですと子育てとミニチュア作りでしょうか。

c0039735_139426.jpgエキサイトブログ編集部:夢は?
kiyomiさん:お教室を開くことが夢ですが、まだ具体的に何も決めていません。
こんなことがしたい、教えて!とお願いされたら、(わたしのできる範囲ですけど(笑)、何でも!
ワイワイと、おしゃべりしながら楽しいお教室をいつか開きたいです。
あとはパリのミニチュアショーを実際に観に行きたい。これって夢とは違いますか?(笑)

エキサイトブログ編集部:ともて味わい深いアンティーク風のすてきなインテリア家具を手作りしたり、リメイクされていますが、そのきっかけやDIYの楽しさは?
kiyomiさん:インテリアは10代のころから好きで、今のようにDIYまではいきませんが、当時あった実家の黒電話を黄色に塗り替えたり、お風呂場の壁にまでステンシルをしたり…。それはさすがに怒られましたが(汗)、電気のシェードにリボンを縫い付けたり…とあれこれ手がけていました。高校生の時のアルバイト代は、すべて雑貨代に消えてましたね。
アンティーク家具を作りたいと思ったのは、27歳の時に旅して出会ったフランスのボルドーでお世話になったお宅でした。石造りの壁に古い家具。一見、錆びれたキッチン道具も、ていねいに磨かれ繰り返し使われていることに感動し、フランスから帰国してすぐ、私もやってみようとまずテーブルを作りました。
当時はひとり暮らしで、アンティーク家具を買えるほどの余裕はなかったので、それならば「アンティーク風の家具を作ろう」と思ったのが、きっかけです。

そして私のアンティーク好きの背中をさらに、押してもらったのが、ひとり暮らしのインテリア誌『ひとり暮らしをとことん楽しむ』のコンテストに応募。それは10年ほど前のことですが、そちらでインテリア大賞をいただいたことで、インテリアへの想いがさらに強まりました。
コンビニエンスストアーに置かれていた「インテリア大賞、応募募集」の記事をみたときは、「これだ!」と胸の音が高鳴ったのを今でも覚えています。
コンテスト応募のために、ミシン机、飾り棚、本棚、カーテン、雑貨とアンティークを真似ていろいろ作りました。

今も…ですが(笑〉、私の場合、作りたいと思ったら、下調べなどはせず、自分の頭の中に描くかたちを、どんどん形にしていくやり方です。調べない分、遠回りをすることも多いですが、発見も多いです。
私にとってインテリアは生活のスパイス。ちょっとした工夫で日々が楽しくなれば…と、しています。

c0039735_12523847.jpg


エキサイトブログ編集部:注目したいのは、とても手の込んだミニチュア作りですが、これはいつからどのようなきっかけではじめたのですか? また、自分らしい作品作りのポイントといえば?
kiyomiさん:まだまだと思っている作品なので、恐縮しています。
きっかけは、忘れもしない…。9歳の時。母と行ったショッピングセンターのおもちゃ屋売り場で展示されていたミニチュアに衝撃を受けて以来、ミニチュアの虜になりました。
厚紙や、パッケージなどを使って見よう見まねで作っては遊んでいました。
本格的にといいますか、製作を始めたのは、結婚して娘が生まれてからです。娘に作ってあげたいという気持ちから、ミニチュア製作の再開となりました。

ミニチュアよりもインテリア家具製作が先でしたので、家具製作の延長で、ミニチュアの家具、建具など、小物作りから始めました。なのでミニチュア製作の中では、粘土細工が本当に苦手で…(笑)。 
塗っては削り、そこにまた色を重ねる…。DIYの延長ですね(笑)。
どちらかというと、作りながら考えていくほうなので、最終的にどんなものになるのだろう?と自分でも毎回、興味津々です。

c0039735_12531623.jpg


エキサイトブログ編集部:ほかにも、すてきなアクセサリーをハンドメイドされていますが、ご自分らしい作品作りのポイントや心がけていること、また、記事アップの際に心がけていることがあれば…。
kiyomiさん:実は私自身は、ほとんどアクセサリーを身につけません。なので製作する時は、アクセサリーを身につけない人でも思わず身につけたくなるようなアクセサリーのデザインができたらと考えています。
アクセサリー作りを始めたのは20代後半のときに仲が良かった友人に教えてもらったのが、きっかけです。
あまりの楽しさに、気づいたら日がのぼっていた、なんてこともよくあったぐらい夢中になりました。
アクセサリーは私にとって日常でもあり、非日常的なもの。
購入していただくお客様にも、特別な気分でお買い物をしていただきたいので、生活感が出ないような写真を心がけています。

c0039735_12534549.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのためになにか心がけていることは?
kiyomiさん:それが、ブログをはじめてから、一度も意識したことがありません。
いまだ、エキサイトブログのアクセス数の読み方がわからないでいます(笑)。
みなさんがブログに訪問してくださること、本当にありがたいです。
ですがアクセス数よりも、自分のペースを守りつつ、楽しめることが一番だと思い、更新をしています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kiyomiさん:大切にしていることは子どもの時間と、自分時間の配分でしょうか。
メリハリです(笑)。
癒される瞬間は、やはり子どもたちと一緒にハンドメイドをしているときでしょうか。
自分のハンドメイドは、癒しというよりは限られた時間の中でしている修行みたいな感じです(笑)。

c0039735_13123417.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
kiyomiさん:●とくに読者様に人気だった記事は…。
アンティーク風、塗装について。
塗装、DIYに興味を持たれている方がた多くいらっしゃるようなので、参考になればと…私なりお答えしました。

●お気に入りのハンドメイド記事は…
リメイク姿見 (私のカントリー発売)
子どもたちと粘土遊びをしていたときに思いついた、粘土で作ったレリーフ(装飾)。ホームセンターで売られていた鏡をアンティーク風にリメイクしてみました。

食器棚
我が家での一番の大型家具製作。家族みんなが協力してできた思い入れのある作品で、一番の大作となりました。

子供部屋の模様替え
こちらも子ども部屋の写真 )
子どもの頃に憧れた秘密基地みたいな空間にと、子ども部屋を模様替えした記事です。

miniature* Garden kitchen と、桜
窓からたくさんのグリーンが見えるキッチンは主婦の憧れです。そんなイメージで作ってみたミニチュアガーデンキッチンです。

miniature* 南仏風 ブルジョアカップボード
南仏をイメージして作った、ブルジョアカップボード。木を曲げて作った初めての作品です。

miniaure* 椅子  アンティークファブリックと、レリーフ
お気に入りのミニチュアの椅子。椅子は家具の中でも一番好きです。それをミニチュアでも再現できたらいいなと思って、脚の先まで手作業で作りました。

c0039735_13161978.jpgスミレ(本日openします)
大好きなすみれ色のピアスを作りました。ひとつひとつ筆で塗装をしています。

mignon ensemble* アンティークカラーの薔薇ピアス
アンティークな色のバラアクセサリー。バラ製作、色染め、コーティングを2日かけて仕上げました。ドライフラワーのような色合いが気に入っています。

●ほかのお気に入り記事は…
春休みの遊び。
子どもと作ったダンボールハウス。身近にあるものを使い、想像して自由に作る…ダンボールは無限大ですね。大人の私も夢中になって子どもたちと作りました。

サイクリング日和
気持ち良い陽気に誘われて。家族みんなでサイクリングに出かけたときの記事です。耳をすませば、野鳥の声に風の音、見上げればグリーンカーテン。思い思いに、とても贅沢な時間を過ごせました。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
kiyomiさん:どこでもドア! 子どもみたいですね(笑)。
扉を開いたら、自分の行きたい場所、行きたかった場所なんて最高ですよね。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kiyomiさん: ブログをご覧くだり、ありがとうございます。
今までと変わらずマイペースな更新となりますが、自分の「好き」をブログでお見せできたらいいなと思います。
どうぞよろしくお願いいたし ます。

c0039735_13171773.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【kiyomiさんのお気に入り&好きなブログ】

すてきなブログはたくさんあって選ぶのが難しいので、とくによく拝見しているお気に入りのブログを3つご紹介させていただきます。

フランス生活便り
イベントにはなかなか行けないのですが、フランスでの暮らしをつづったすてきなお写真を拝見させていただき、うっとり。楽しませていただいています。

〜shabby chic collage〜
アンティーク&シャビーな感じのコラージュ雑貨をハンドメイドされています。彼女の感性に脱帽し、自分からメッセージを送ったのがきっかけで、エキサイトブログを始めました。
それから仲良くしていただいていますが、こちらの記事ではとても楽しいひとときを過ごせました。

AT Y`s お花と暮らし 
ブリザーブドフラワーのアレンジメントをはじめ、すてきなインテリアやハンドメイド作品をアップされています。
お人柄も作品もとてもかわいらしく、すてきなブログです。

c0039735_13371127.jpg


★kiyomiさんの「natural色の生活~handmade家具」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2015-06-01 14:47 | ライフスタイル

c0039735_123517.jpgガラスのお皿や黒と白のモダンな器に盛りつけられたお料理の数々。フレンチやイタリアンをはじめ、和食や中華料理に、スイーツまで…。とってもおしゃれで美しく、おいしそうな食卓風景に思わずうっとり。見ているだけで、優雅な気分に浸れます。
新年にいただくお正月のお節は、スタイリッシュなお重や白の器に彩り美しく、華やかに盛り付けられているので、「私もこんなふうに盛り付けてみようかな!」と読者の参考になりそうです!

そんなおしゃれなお料理と季節感も取り入れたテーブルコーディネートが人気の料理教室「セトレボン」を主宰する、宮澤奈々さん。料理教室の風景や、お友だちを招いての「おもてなし料理」はもちろん、普段の食卓風景まで、まるでレストランのようにすてきなのでびっくり。「奈々さんのお料理にはいつもうっとりしてしまいます~」と憧れる女性が大勢います。
本を出版されたり、雑誌の取材やイベント、セミナーなどでも大活躍。今回は料理研究家として大人気のブロガー、「セトレボン」のnanamiyazaさんこと、宮澤奈々さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもエキサイトブログをご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
宮澤奈々さん:カメラを習い始めたことがきっかけです。料理教室を開いていたので、写真ももっときれいに撮りたいな、と思っていた矢先、料理教室の生徒さんの中で写真を教えている方がいらしたので、その方にカメラを教えていただくことにしました。それまで、苦手としていたパソコンと写真を、少しでも克服しようと思って…。「エキサイトブログは写真がいちばんきれいだ」と聞いたので、私も2009年の10月からこちらで始めました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。

宮澤奈々さん:料理が大好きなので料理のことをメインにつづっています。私は自宅で料理教室を主宰しているので、そこでのレッスン風景はもちろん、自宅で作った晩ごはんや、お客さまを招いたときのおもてなし料理などを写真とともにアップしています。それと東京ガスの料理教室なども開いていますので、そちらのレッスン風景やイベントのこともご紹介しています。とにかく料理が好きなのでたくさんのみなさんに、料理の楽しさをお伝えできたらいいなと思っています。

c0039735_0293230.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
宮澤奈々さん:ブログを見てくださる方が多くなると、「もう少し写真をきれいに撮りたいな」とか、「今度はこんな料理を作ってみようかな」とか。「コーディネイトやスタイリングはもっとこんな感じもいいかも」…とか、つねに向上心が出てくるのはブログを続けているおかげだと思っています。
それと生徒さんをはじめ、いろいろな方から「いつもブログを見ていますよ!」と言っていただけるのも、ブログをやっていてよかったなと思うことのひとつですね。
また、ブログを見てご連絡をくださった出版社の方から「本を出しませんか?」とお声がけいただき、一冊めの本を出版…。それがきっかけで2冊目、3冊目…と本を出していただくことができたので、仕事の幅が広がったのもブログのおかげだと思いますね。

c0039735_23155681.jpg


エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
宮澤奈々さん:やはり料理をすることですね(笑)。仕事で料理をしていて、いつも忙しい思いをしていてもやっぱり料理が好きなんですね…。

エキサイトブログ編集部:夢は?
宮澤奈々さん:とくにこれといった大きな夢はないんですが…。これから先も、ずっとみんなと一緒に楽しくお料理を続けていくことができればいいなと思っています。

c0039735_1571412.jpg


エキサイトブログ編集部:おしゃれでとてもおいしそうな料理の数々が魅力ですが、料理をはじめたきっかけやお料理を作る楽しさや魅力は?
宮澤奈々さん:もともとは私の母がとても料理が好きで、買ったものではなくて、なんでもすべて手作りをする人だったのです。ソーセージやバターなども手作り。ケーキもすべて手作り…。そんな母に育てられたので、いつのまにか私もそばで料理を一緒に手伝ったりしているうちに、料理が大好きになりました。
お料理教室や菓子教室などに通って勉強もしましたが、お友だちやお客さまを家に招くのが好きになり、次第に、手料理でおもてなしするうちに、「今度、料理を教えて!」「このレシピ、教えて」とみんなに言ってもらえるようになり、自宅で料理を教えるようになりました。
教え始めて、かれこれ20年ぐらいになりますね。最初の教室「セトレボン」を実家で始めたのが16年前、東京ガスの料理教室も15~16年前。結婚してから東京で「セトレボン」を主宰するようになったのです。

料理はとてもすてきな趣味だと思うんです。料理を作る楽しさは、自分だけでなく、家族や友人に「おいしい!」って喜んでもらえること。それは何よりもうれしいし、みんなで揃って楽しめる!という点がいいですね。「おいしいとだれもが笑顔になれる」。そんなすてきな時間をみんなと一緒に共有できるのが、料理の魅力だと思っています。

c0039735_23141710.jpg


エキサイトブログ編集部:自分らしいレシピ作りのポイント、すてきなテーブルコーディネイトのコツは? また、これからの季節に向けて、おせち料理のワンポイントなども教えてください。
宮澤奈々さん:私の料理は家で作れることを基本としています。たとえば、食べに行ったレストランの味が気に入って、「これを家で再現してみたいな」と思ったときでも、なるべくかんたんに作れて、それでいて、かわいくすてきに見えるような料理にしようと思って、レシピも考えます。また、日本には四季があるので、旬の素材をとりいれて季節感を出すようにしています。
あと、盛り付けやテーブルコーディネイトにも気遣っていますが、メインはあくまで料理なので、料理を引き立てながら季節感やおしゃれな感じを出すことを大切にしていますね。器はガラスのものが多く、白と黒とシルバーで統一していますが、色や形がシンプルなので、その分、料理が引き立って見えるだけでなく、ガラスはおしゃれな感じも出ますのでとてもおすすめです。同じ器を使っていることも多いので、周りのお花とか小物で雰囲気を変えたりしていますが、お花はなるべく生花を飾っていますね。季節のお花はほんの少し飾っただけでも雰囲気がぐんと変わりますし、ゆたかな気持ちになるのでおすすめです。そういったアレンジやテーブルコーディネイトも、かんたんにできて、みなさんにも真似してもらいやすくすることを心がけています。

c0039735_1503670.jpg


おせち料理も、簡単な作り方でも盛り付け方ひとつでぐんとお正月っぽくなりますので、盛り付けにはぜひ気を配るといいでしょう。
たとえば、スタイリッシュなお重につめたり、煮物のにんじんを飾り切りして華やかにしたり、お重の中に小鉢を入れて、変化をつけたり。また、松の葉や南天の赤い実、笹の葉や水引きなどをちょっと飾ったりするだけで、ぐんとお正月らしくなります。
お重がなくても、シンプルでスタイリッシュは白や黒のお皿に少しずつ盛り付け、正月らしい飾りを添えるなどの工夫でぐんとおしゃれっぽくなりますから、ぜひ試してみてくださいね。

c0039735_23144898.jpg


エキサイトブログ編集部:記事アップの際に気をつけていることや大切にしていることは?
宮澤奈々さん:なるべく雰囲気が伝わるように、料理の写真はいろいろな角度から撮ったものを多めにアップしています。その際、フォトショップでかんたんに写真を組み合わせて、ちょっとした文字を入れておしゃれな雰囲気にしています。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
宮澤奈々さん:私のほうが教えていただきたいなと思いますが(笑)、ほんとうなら毎日更新できればアクセスアップにつながるのかなと思います。でも、忙しかったりしてなかなかそうもいかないので、時間のあるときはなるべく更新できるようにしたいな、とは心がけています。

c0039735_243158.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
宮澤奈々さん:大切にしている時間は、食事をゆっくりすること。料理教室を始めてから仕事で料理をする時間が多くなって忙しい日々を送るようになりましたが、家族のために料理をしたいと思っているので、家で食べるごはんの時間はとても大切にしたいと思っています。癒される瞬間もやはりおいしいものをいただいているときですね。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
宮澤奈々さん:
C'est Très Bon クリスマス Lesson2014終了しました♪
2014年のクリスマスレッスンが終了したときの記事。テーブルコーディネートはシルバー好きの私には珍しくゴールド系でまとめてみました。この一年も大好きなみなさまと一緒に料理がいっぱいできて幸せだったなあ〜と最終日が終わった日は何だか寂しくなったり、ほっとしたり…。

c0039735_212363.jpg


週末の過ごし方♪
週末はお昼から出かけてしまうので朝食だけは家でのんびり。中庭で、自家製ブルーベリージュースに、残り野菜をフランにしたり。朝からチキンナゲットを揚げて自家製のドライトマトや小さな庭でできたハーブ等とともにサンドイッチにしたり。夜は帰って来てから寝る前に少しBarタイムを楽しんでみたり。週末のそんな過ごし方をアップしました。


普段のお夕飯♪
この日の晩ごはんは朴葉焼きとお魚の煮付け。どちらも白い御飯によく合います。お魚は大皿丸平鉢に盛りつけましたが、スタイリッシュで豪華に見えるのでとってもお気に入りです。

c0039735_2212477.jpg


Today'sDinner
この日の夜ご飯はお天気が良かったので、外で焼き鳥でした。パリのお土産のトリフ塩や伊豆のわさび塩、スモーク塩、自家製のたれで食べました。締めの焼きおにぎりもおいしく、銀杏にトリフ塩が意外にもマッチしてびっくり!和と仏のマリアージュでした。

クリスマスパーティー♪
仲のよい友人たちを招いて我が家でのクリスマス。かわいいお客さまも参加してくれてとっても楽しいひと時になりました。たくさん食べて、おしゃべりして…。ホームパーティーってゆっくり過ごせるのが良いですよね。

OMOTENASHI♪
この日は我が家でランチパーティでお友だちをおもてなし。ずら~っとamuseを並べたり、デザートも並べたりしてみました。ランチといってもお昼から始まっていつの間にやらDinnerの時間。そして、いつの間にやら日にちが変わっていました(笑)。なんとも盛り上がった会で、とても楽しいひとときでした。

c0039735_23294947.jpg


お節料理
クラシックなメニューでもスタイリッシュに見えるお節料理。上下段の蓋は器としても使え収納時中に中蓋もINできる優れもの。お雑煮は型抜きした京芋を無駄にせず、もちもちなお饅頭にしてお餅で包みお椀にしてみました。毎年アワビご飯と肉まんも作ります。2014年のお節はこちらの記事に紹介しています。

エキサイトブログ編集部:いま一番したいことは?
宮澤奈々さん:のんびり料理ができるといいなと思います。
どうしても忙しい時間の中で追われていることが多いので、時間に追われずのんびり思う存分、好きな料理をしたいと思います。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
宮澤奈々さん:いつもブログを見てくださっているみなさん、料理教室にご参加くださっている生徒さん、ありがとうございます。今回、初めて見に来てくださった方も、ありがとうございます。「見ているだけでお料理がしたくなるようなブログにしていきたい」と思っていますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

c0039735_239324.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【宮澤奈々さんのお気に入り&好きなブログ】

好きなブログはたくさんあるので、今回は私の生徒さんのすてきなブログをご紹介します。

店主敬白 -山加荻村漆器店(木曽漆器)
生徒さんの漆器屋さんでお重などを作っていただいてます。
お節料理が引き立つすてきなお重をはじめ、おしゃれでモダンな器もいろいろ手がけています。

気まぐれdiary*
生徒さんで、私がカメラを始めたきっかけになったchako-diaryさんのとてもすてきなブログ。
お出かけ写真から料理写真まで楽しませていただいています。

ypsilonの台所
生徒さんで、本格的にフランス菓子を学び、ご自宅でお菓子作りを教えているYpsilonさんのブログ。
パリのスイーツ店にあるような重厚感や高級感のあるスイーツはとてもすてきです。

KOJIMA FLOWER DESIGN STUDIO
フラワーアレンジメントのレッスンをされているkfdsさんのブログ。
生徒さんで、モダンな世界観がとっても好き。 

*Garden Cafe*
フォトレッスンをされていて、お花や料理の写真がとってもすてきなCooMie♪さん。
生徒さんでもあり、私のカメラの先生でした。時々、コラボレッスンをさせていただいています。

宮澤奈々さんの「セトレボン」を読んでみましょう。

*宮澤奈々さんの著書、1月22日開催のイベント情報は編集部ブログのほうで後日ご紹介しますので、お楽しみに!

c0039735_2553053.jpg

[PR]
by blog_editor | 2014-12-30 10:00 | ライフスタイル

c0039735_13351669.jpg秋の十五夜や春のお花見など季節感が伝わるスイーツをはじめ、ビーズや布小物などのハンドメイド作品は、どれもキュートで心がほっこりあたたまるものばかり。中でも、猫たちがてんこ盛りに乗ったホットケーキは、なんと、海外のメディアにも取り上げられ、世界中の人たちに「とってもかわいい!」と話題にもなったようです!
時々登場する猫のあぺりらちゃんの着物姿やハロウィンのコスプレ姿もかわいいと評判!衣装ももちろん手作り。「お茶でも飲みながら覗かせていただくと心が和みます」と更新を楽しみにしている読者も大勢います。

そんな手作りライフを母と娘で楽しみ、日々の小さな幸せをつづるのは母のCarolineさん。キュートな作品は娘のローラさん作が多く、母と娘のコラボ作品もあり…という母娘二人三脚のブログ…。今回は、ブログタイトルもそんな心あたたまるイメージから名づけられた、「お茶の時間にしましょうか-キャロ&ローラのちいさなまいにちー」のCarolineIngallsさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
CarolineIngallsさん:こちらこそ、いつもお世話になっております。
今回は、ピックアップブロガーに選んでいただき、とても光栄です。
ブログをはじめたきっかけは、娘ローラの「ブログやってみない?」のひとことでした。2005年頃で、ちょうど主婦などがブログをやりはじめて、話題になりだした頃でした。
私は、元来アナログですし、ようやくパソコンをいじりだしたばかりでしたから、ブログなんてとんでもないって感じだったのですけど(笑)、パソコンに詳しい娘が一緒にやるということでスタート。
当時は、別のところでやり始めたのですけど、つながりがいまひとつだったり使い勝手の問題があり、わりと早いうちに、エキサイトブログに移りました。
どんどん増えたブログでのお友だちが、エキサイトの方が多くて誘われたのも、理由のひとつでしたし、写真がきれいで、センスのある方が多かったのが、エキサイトを選んだ一番の理由だった気もします。

c0039735_1338596.jpg


エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
CarolineIngallsさん:我が家は、夫と私、そして娘と猫(女の子)の4人家族。日々の何気ない暮らしの中で見つけた小さな幸せをつづっています。
小さな幸せの中味は、さまざま。パンやお菓子、編み物や刺しゅうなど、日常の手作りものから、愛猫の様子やガーデニング、夫の豪快な料理や趣味のサーフィン、お出かけ記事に至るまで、いろいろあります。
特に最近は、娘ローラの手作りものを見ていただくことも、多くなってきました。
四季折々の行事ごとを楽しんだり、何でもない毎日を丁寧に大切に過ごせたらいいな…。そんな様子をブログに記し、ご覧いただく方々に、少しでも心和む気持ちになっていただけたらいいなと。「お茶の時間にしましょうかーキャロ&ローラのちいさなまいにちー」というタイトルも、そんな思いからつけました。

また、ブログネームは、大好きな「大草原の小さな家」のご家族からいただきました。「大草原の小さな家」の中に出てくる、手作りの生活やその品々にも憧れましたけれど、一番感銘を受けたのは、家族をいつも愛し信じ、尊敬していくこと。そんな生活を送る母さんことCarolineみたいなお母さんになりたいと、若い頃から思っていましたので、今ブログネームでそのお名前を名乗らせていただいていることが、ちょっと不思議な気持ちになります。

c0039735_1343205.jpgエキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
CarolineIngallsさん:ブログの良さは、タイムリーにアップできて、みなさんと繋がることができること、そして作ったものなどをアップすることによって、記録に残せること、でしょうか。
実際ブログをはじめてみて、たくさんのお友だちができましたし、アクセス数からすると、私が知らないたくさんの方々も、いつも見てくださってることがわかります。
そんな方々にも、この場をお借りして御礼申し上げます。
コメントでお話できたり、イイネやランキングを押していただいたりと、励みをたくさんいただいています。
また、見る側として、皆さんのブログからたくさんの刺激や情報をいただくことも、見聞を広める機会となっています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
CarolineIngallsさん:手前味噌ですが、娘ローラの作品です。その製作過程は、私が一緒にアイデアを出し合うものから、ひとりでデザインから考えて作り上げるものまでさまざま。
次はどんなものが・・と、とても楽しみですし、そのできた作品を愛でながら、一緒にコーディネートしつつカメラにおさめていく時間は、とても好きなひとときとなっています。

あと二ヵ月半もするとクリスマスがやってきますが、クリスマスには毎年、「アドベントカレンダー」と称して、ローラが数日起きにクリスマスにちなんだ動画などのお楽しみを、普段の記事以外に作って、ブログに添付します。ちょうどアドベントカレンダーをめくるようにクリックすると、お楽しみが見られる仕組みです。
毎年イメージを変えて作っていますけれど、今年はどんなものを作り上げてくれるのか、今から楽しみです。

エキサイトブログ編集部:夢は?
CarolineIngallsさん:一番現実的に願うことは、家族揃って元気に楽しく長生きすることですけれど(笑)。
夢と言ったら、ローラの作品が本になったり、お店の片隅にでも置いてもらえたりすることが、一番の夢かもしれません。大それたことを言うなら、大好きな伊勢丹さんとかで…。これは私の夢でもありますけど、製作者であるローラ本人の夢でもあります。くまもんやふなっしー、キティちゃんのように(笑)、ローラの作品が皆さんの知るところとなって、かわいがってもらえる存在になることができれば…と、夢を温めています。
夢は心に秘めておくものとも思っていましたけれど、こんな機会ですから口にすることも、また良し…ですよね。
夢は大きく持つべし・・との言葉もありますし。

c0039735_1343295.jpg


エキサイトブログ編集部:とてもキュートなお菓子の数々に心が和みますが、アイシングクッキーやシュガークラフトなどのスイーツを作るようになったきっかけや作る楽しみは?また、スイーツ作りで大切にしていることは?
CarolineIngallsさん:ヨーロッパ文化に精通した伯母が、私が小さな頃から洋菓子を作ってくれたりしていた影響もあり、若い頃から洋菓子作りが大好きでよく作っていました。主人と結婚してからは、主人の母がお菓子教室を自宅で開いていることもあって、そこであらためて基礎から習いました。ローラが成長してい中、そんなお菓子を一緒に作りながら教えたりして、母娘のお菓子作りは今に至ります。

ローラはそんな中で、自分でデザインした世界でひとつだけのお菓子作りの楽しさを感じたようで、クリスマスやバレンタイン、猫の日…と、ことあるごとに毎年違ったデザインを考え、独学でシュガークラフトも勉強して、スイーツを作ってきました。
そんな中この春、以前猫の日に作ったお菓子を、アメリカのハフィントンポストさんが取り上げてくださって、
その後、ファッション誌のInStyleさんなどや日本ではJ-CASTニュースさんなど、国を超えて取り上げていただけたことがありました。とても光栄でエキサイティングな出来事です。
ローラの作り出した猫のかわいいスイーツが、世界の方々に「好き!」と言っていただいたことが、さらに励みとなっている今日この頃です。

c0039735_13465674.jpgスイーツ作りで大切にしてることは、私もローラも同じですけど、季節感や季節の行事をまずは一番に大切にしていることです。そのうえで、定番に終わらずに、お茶目な遊び心も忘れず、見てくださってる方が、楽しく幸せな気分になれるものを作りたいと思っています。
私もローラもアレルギーで食べられない物が多いもので、目で見るだけでも幸せになれるようなスイーツを作りたいとも思っています。写真撮影をする時は、そのスイーツのイメージをより良く伝えられるように、お皿やクロス、一緒に飾る物などのテーブルコーディネートにも気を使っています。
見てくださってる方々には、そんなスイーツを楽しんでいただけているので、本当にありがたく、また違ったものを生み出したいという力になっています。

エキサイトブログ編集部:ビーズ作品や羊毛フェルト、布小物などのハンドメイドもとてもすてきな作品ばかりですが、ハンドメイドのきっかけや作る楽しさは? 主にどんな作品作りが多いですか?
CarolineIngallsさん:ハンドメイドは、私とローラ、それぞれで作っています。ビーズやレース編み、クロスステッチは、私。編みぐるみや羊毛フェルト、布小物などは、ローラ。
あぺりらの洋服や着物も、初期は私が作っていましたけれど、その後はローラが自分でデザインして作るようになりました。
私のハンドメイドのきっかけは、母や祖母、そして伯母の存在が大きかったように思います。小学校3年生くらいで、編み物を祖母から教えてもらうようになって、縄編みを入れたベストなどを作っていたと記憶しています。ソーイングは、お菓子作りも教えてくれた伯母が先生で、後に基本を極めようと、結婚後に文化服装学院の通信教育を受講しました。
ビーズも通信講座で一応講師資格取得までしたのですけれど、ローラに教えたのみで、英語の教員免状と同様、生徒はローラだけで終わりそうです(笑)。刺しゅうは、刺しゅう好きの母から、影響を受けました。
小学校に持っていく袋物などに、母が刺してくれた花などの刺しゅうが、とてもうれしく、お友だちにも褒められてたことが今も思い出されます。
そんなハンドメイドで身に着けたものを、お菓子同様、少しずつローラに教えて、ローラはそれをもとに自分ならではのデザインを考えて作るようになりました。
お菓子もハンドメイドも、母娘の共通の楽しみですから、話題に事欠かず楽しめます。その時々の季節やイベントなどに合わせて作ることも多く、見てくださるみなさんにも喜んでいただけることが、とても幸せです。

c0039735_13471858.jpgエキサイトブログ編集部:猫のあぺりらちゃんの写真もとてもかわいくて癒されますが、猫写真を撮る楽しみは?
CarolineIngallsさん:愛猫あぺりらを家族で溺愛してるのですけれど(笑)、その時々に見せる仕草を、一枚でも多く写真に残したいと思って、撮りためています。最近はあぺりらの写真を撮るのも、ローラが多いのですけれど、物を撮る時と違って、あぺりらと会話しながら撮る楽しみがあると感じています。
着物や洋服や髪飾りやカラーなどは、次はどんなものを…と、ローラと一緒に楽しんで考えます。アイディアがどんなふうに出てくるか・・は、どうなんでしょうね。
ハロウィンなら、魔女になってもらうにも、あぺりらだとかわいげのある魔女がいいかなとか。ついこの間の夏に作った浴衣ですと、子どものころに味わったお祭りの雰囲気を出して、金魚すくいの小道具と共に、金魚の浴衣を着た小さな子みたいに着せたいかも~と思ったり…。
二人で楽しみながら、そしてあぺりらをかわいく装わせてあげたいとの思いで、考えているように思います。
もちろんあぺりらの負担にならないように、着安く脱ぎやすく、動きやすく痛かったりせずなデザインを工夫して、写真撮影のあとは、普段以上に飛んだりはねたり、遊んであげるようにしています。

エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
CarolineIngallsさん:特にアクセスアップのために、何かしてるというわけでもないのですけれど。できればあまり間をおかずに新しい記事をアップするようにはしています。
エキサイトさんには、何度も「今日の編集部おすすめ記事」や「カワイイ!」や「おいしい!」や「あにまる。」などに選んでいただき、期せずしてアクセスアップをさせていただいており、感謝です。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
CarolineIngallsさん:何をおいても大切にしている時間は、やはり家族との時間です。家族の健康と笑顔があってこそ、何か趣味を楽しもうという気持ちがわいてくるというものですから。

癒される瞬間は、集めた好きな器でお茶とお菓子をいただいてくつろぐひととき。愛猫あぺりらと見つめ合いながら、おしゃべりを楽しむ時間。薔薇や花々を育てながら、緑の中で風を感じて自然と一体化する瞬間。
デング熱の蚊が出てからは、ちょっと蚊よけに気をとられてますけど…(笑)。
好きな時代小説を読みふけるひととき。大好きな雑貨やアンティークで、気に入ったものに出合えた時など…たくさんありますね。

c0039735_1347532.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
CarolineIngallsさん:「敬老の日 Respect for the Aged Day-Homemade Nerikiri
先日の敬老の日に、二人の祖母のためにローラが作った練りきりの記事。やさしい色合いの菊と桔梗、そしておめでたい亀の練りきりが、秋らしく、「目で味わえてごちそうさま」とのお言葉もいただきました。

十五夜  Harvest moon-Homemade cookies (waxing and waning of the moon)
これもつい先日の十五夜に、私がお団子、ローラが月の満ち欠けクッキーを作った、お月見記事。
母娘和洋コラボの世界を、みなさんに楽しんでいただきました。

猫の日なので
国を超えてメディアに取り上げていただくきっかけになった記事。
ホットケーキにはさまったり、猫ならではの様子をローラがシュガークラフトで表現。最後に、ココアでつけた足跡も、ご愛嬌。私たち母娘にとって、記念すべき作品で、忘れられない記事となりました。

猫だって浴衣が着たい♪  Cat's Yukata-an informal cotton kimono for summer
今年の夏に作った、あぺりらの浴衣記事。昔懐かしい金魚柄の浴衣に、赤とピンクの鹿の子絞りの帯で、幼い子供の雰囲気に。お祭りの金魚すくいの小道具も揃えて、昔ながらの夏風景を楽しみました。
みなさんにとても人気のあった記事です。

c0039735_14341721.jpgがま口ポーチ Handmade pouch
ローラデザインの、オリジナルがま口ポーチです。ぽってりとしたレトロな風貌が、ほっとする雰囲気。
眺めてるだけでも、癒されたポーチでした。見てくださる方々にも、とても人気があった記事です。

イースター  Happy Easter!
ローラの作ったイースターの飾り物の記事。
卵の殻に春の花をペイント、そして石粉粘土で形作って着色した動物たちを上に乗せて。
猫のあぺりらも今日ばかりは、ピンクのうさ耳でうさぎに変身(?)

花かんむりの妖精 Flower Fairy of the Spring
庭で育てているビオラやマーガレットで花冠を作って、あぺりらに被せて記念撮影。
花かんむりを作りながら、子どもの頃に母に作ってもらったシロツメクサの花かんむりのことを懐かしく思い出したり。今度は、私と娘とで作ることができて、孫のような愛猫が被ってくれて。春の思い出深い記事となりました。

Joyeux Noël! (アドベントカレンダー最終回、アップしました)
我が家のいつものクリスマス風景。アドベントカレンダー2014バージョンも、今となっては懐かしく。
例年12月は、連日ぎっしりクリスマス記事の我が家。どの年のどの日も、クリスマスの思い出がいっぱいです。

冬至のキャンドルナイト @2013
夏至と冬至は、キャンドルナイトが恒例となっている我が家。この時は、いつもと違って庭の木々にキャンドルを下げて楽しみました。
まだ明るいうちに、飾りの松ぼっくりやローズヒップなどと一緒に、木々にキャンドルを入れた瓶を吊り下げて。
少しずつ日が暮れるにつれ、キャンドルの灯りが庭のあちこちにぼーっと見えて、普段の庭とは違う雰囲気に包まれて、趣き深いキャンドルナイトを楽しめた一日でした。
今でも、反響のあるキャンドルナイトの記事となりました。

c0039735_14374294.jpgスケート靴のカップケーキ
今年のソチオリンピックで、真央ちゃんへの応援のために心をこめて作ったスケート靴のカップケーキ。「砂糖菓子の魔法がソチまで届きますように」と思いを込めたら…。この後、真央ちゃん、ほんとうにすばらしい滑りを見せてくれました。みなさんからたくさんのメッセージをいただき、とても感動した思い出深い記事です。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
CarolineIngallsさん:アレルギーを無かったことににしてくれる夢の治療薬。すみません、現実的なことで。
私は今現在、薬に対するアレルギー、そして食物アレルギーを持っていて、生活にかなり制約があります。
娘は喘息が小さな頃よりすごくて、何度も命の危機を味わって、最近はだいぶ良くなってきましたけど、風邪などの感染で大発作を起こしてしまうので、侮れません。

医学の進歩は日進月歩で、つい数日前にも、ips細胞を使った世界初の手術が成功したとか。
アレルギーに悩む人口もかなり多いと思っていますから、ぜひ画期的な薬が発明されて、以前のように、具合が悪くなれば、それに対応する薬を使えることができ、また、好きな食べ物を何の心配もなく口にできたり、外食もできるようになれたり。また娘も、喘息発作の心配から開放される日がこられるように…。
そんなことを願っています。

エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
CarolineIngallsさん:いつも見てくださって、温かいコメントを残してくださったり、イイネや応援クリックを押してくださり、ありがとうございます。心より感謝しております。
これからもどうぞおつき合いくださいね。末永く繋がっていけますことを願っています。
そして、今回初めてここを読んでくださってる方々、はじめまして。これを機会に、ぜひ私どものブログをのぞいていただければと思います。新たな良いご縁が生まれますことを願っております。

c0039735_13482294.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【CarolineIngallsさんの気に入り&好きなブログ】

お話をいただいてから、夢に出てくるくらい(笑)5つにしぼるのが心苦しくって困りました。
私のブログのお気に入りブログの欄を見ていただければわかるように、好きなブログは本当にたくさんありますし、毎日のように交流させていただいてる大好きな方たちが、たくさんいらっしゃるんですもの。
その中から、私の興味のあるジャンルをいくつも持ち合わせていらっしゃるブログを、今回は6つほど選ばせていただきました。

●「Strawberry Field days
雑貨、アンティーク、ハンドメイド、そしてお菓子作りと、私の好きなものをたくさん見せていただけるnoyuriさんのブログ。
お料理やお菓子など、手間を惜しまず作られることがお好きなnoyuriさん。
赤毛のアンの手作りの生活に共感されてるところも、大草原の小さな家や赤毛のアンを、子どもの頃から読んで大好きだった自分と重なり、いつも楽しみに拝見しています。

●「Something Sweet
日本やイギリスでお菓子やシュガーケーキを学ばれ、たくさんの資格やすばらしい経験を積まれたケーキデコレーターのchiemiさんのブログ。
シュガーケーキが美しいのはもちろんのこと、エレガントなインテリアや器使いもすてきで、毎回お写真を楽しみにしているブログです。まだイギリスに行かれる前からの長いおつきあいです。

●「Betty's room
私の大好きな可愛い西洋アンティークものがぎっしり飾られたお部屋にふっくらかわいいスコティッシュフォールドのラムちゃんのお姿が見られるbettyさんのブログ。
大好きなアンティークとかわいい猫ちゃんのお写真が、たまりません。プロフィール写真のアンティークな絵の女の子が、bettyさんではないと知りつつも、もうご本人のイメージがこの女の子と重なって、密かにときめく私です。

●「やわらかい陽ざしのなかで
手作りの美しいお料理やお菓子やパン、そして四季折々の食卓にマッチした作家ものや北欧の器たち。
そしてエレガントなグレーの猫ちゃんのルナちゃんの飼い主さん、nanaminさんのブログ。
どのお菓子やお料理も、きっちりと美しい仕上がりで、ご自分おひとりの食卓でも、決して手抜きなく、美しくきちんとした器使いをされて楽しまれてるご様子に、「日々を丁寧にお過ごしなのだなぁ」と共感しながら拝見しています。
ルナちゃんがこの頃ちょこちょこ登場してくれるのも、とてもうれしいところです。

●「ろんどんらいふ
ブログをはじめたばかりのころに知り合い、今もブログ以外でもおつきあいのあるお友だちのmappetさん。
最近はお子さんたちも大きくなり、受験勉強に忙しいようで、お会いできないのが寂しいですけど、今でも小さかった頃のお子さんたちのかわいい姿が、目に焼きついていて、良い思い出になっています。
大好きなイギリスの美しい風景や、お庭の美しい薔薇の様子、そしてお菓子作りなど、イギリスならではの生活を長い間楽しませていただいてるブログです。

●「季節の風を感じながら・・・
すてきなアンティークや雑貨、お庭の薔薇やお花たち、そして手作りのお菓子やお料理がいっぱいのmikaroseさんのブログ。
クレマチスやクリスマスローズなど、「いったい何種類あるのかしら…」と思われる美しいお花を育てておられます。特に薔薇は、その道の仕事をされていたとのこと、種類も多く、美しく、薔薇の季節に次々と咲く花を見せていただくのがとても楽しみです。

CarolineIngallsさんの「お茶の時間にしましょうか-キャロ&ローラのちいさなまいにちー」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-09-18 16:08 | ライフスタイル

c0039735_142056100.jpg個性あふれるグリーンとすてきなインテリアに囲まれたリビング。ガラス越しに見渡せる庭や玄関、階段下にも飾られた、たくさんのグリーンが、インテリアのひとつとして、癒しの空間を演出しています。

庭やデッキをはじめ、家具や小物なども自分の好きなイメージに手作り。自然に落ちていた流木もグリーンを引き立てる器にしたりして、自分流のインテリアを楽しんでいます。その様子は読者にもとても参考になると評判です。
また、時々登場する手編みのバッグやプラントハンガーなどのハンドメイド作品もオリジナル感があってとてもすてきです!

そんなグリーンと好きなインテリアやハンドメイドの話題をメインに、仲の良さが伝わる家族の話やおもしろいエピソードもまじえながら、明るく楽しく、日々の暮らしをつづる気さくなお人柄も人気!
今回は、グリーンに囲まれた暮らしが雑誌やテレビにも紹介され、注目度がますますアップしている、「ケセラセラ~家とGREEN。」のchichaさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
chichaさん:2009年の秋から始めたのでもうすぐ5年になります。
5年もたったんだって今ビックリしてます!
きっかけはインテリアブログに出会い、みなさんいろいろ工夫されて暮らしている様子をみて、我が家でもやっていることを紹介してみようかなって思ったのがきっかけです。

c0039735_13323612.jpgエキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
chichaさん:「趣味はなんですか?」と聞かれたら「家とGREEN」って答えます。
インテリアがもともと好きだったんですね。家を飾るインテリアとして植物を飾っています。
手作りでいろんなものを作るのも大好きなんです。DIYでテレビ台やベンチを作ったり、家具をジャンク加工したり、手編みのバッグは季節ごとに編んでいます。最近は植物を飾るプラントハンガーを編んだりもしてるんです。
「売っているけど高い」とか、「好みのものがない」…「それじゃー自分で作ってみよう」と。そんな感じで手作りしていますが、きっちりしっかりというよりも、タイトルにもなっておりますように、『ケセラセラ~なるようになる』って気負わず気軽にチャレンジしています。
そんな感じで始めたブログも今では、ファッションや料理、家族の話など多岐にわたっています。
中でもちょっとおまぬけな、今年大学生になったムスコの記事はけっこう人気なんですよ。

エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
chichaさん:たくさんの方に見ていただくようになり日々の生活が楽しくなりました。
生活していくための工夫や心地いい暮らしのためのちょっとしたアイデアの根本は、家族や自分のためだったりして、誰にほめられるわけではないのですが、ブログで紹介することでたくさんの方に共感してもらったり、手作りしたものを褒めてもらったりするとすごく励みにもなります。
それに、「参考になります」なんて言われると、地球の片隅でしがない主婦をしている私でも人さまのお役に立てているような気がしてうれしくなります。
なによりブログを始めたことで世界が広がり、雑誌の取材を何度か受けたんです!本屋さんで我家が表紙の本を見た時は感動でしたよ。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、いま夢中になっていることは?
chichaさん:好きなものは植物!変わったマニアックなものが好きです。
変わったものは流通量も少なく育てるもの難しかったりするんですが、育てる喜びはひとしおです。


c0039735_13162353.jpg


エキサイトブログ編集部:夢は?
chichaさん:夢…そんな大それたものはありませんが、手作りしたものを「販売はしないのいですか?」「売ってください!」と言われることがあるので、「いつか販売できたらいいな」って考えています。

エキサイトブログ編集部:グリーンや流木などを取り入れたすてきなインテリア&暮らしに憧れますが、庭やデッキを手作りしたり、自分らしいインテリアを考える楽しさは?
chichaさん:暮らしの中で植物があるとグリーンは目にもやさしいですし、とても癒されますよ。インテリアでいろいろな雑貨を飾るように、バランスを見ながらGREENも配置していきます。

我が家は庭もデッキもすべて自分たちの手作りなんです。庭作りはほぼ土木作業なんで大変なんですが、デザインを自分たちで考えそれを少しずつ形にしていくのはおもしろいんです。すべてを業者に任せず、自分たちの手でできることはやろうと思ったのは、余白を残し、住んでから一緒に作り上げていくことを楽しみたかったからなんです。
川原に岩を拾いに行ってロックガーデンを作ったり、レンガで池を作ったり、庭照明も気にいったものがなかったので自分で作りました。

c0039735_13165634.jpg


インテリアに取り入れている流木も拾いに行ったものなんです。拾いに行く時もピクニックがてらお弁当を持って行ったり、カフェでお茶をしたり…。そんな過程も楽しんでいます。
植物の植え替えの時なども鉢と葉の感じや相性を見ながら、あれこれコーディネートを考えながら楽しんでいます。
インテリアって空間を飾ることだと思っています。居心地のいい空間にするため、生活感を出さないようにするためにも植物って一役かっているような気がします。
でもね、植物は別になくても生きていけるものなんです(笑)。衣食住の中で必要ない娯楽のようなものかもしれませんが、私の中では『住』の中に含まれる重要な部分です。
そういった意味でも我が家の階段下のスペースは、植物を飾り楽しむ重要な住空間です。
親株から株分けして流木に着生させたビカクシダがお気に入りなんです。植物からはいつもやさしいエネルギーをもらっている気がしています。

c0039735_13171454.jpg


エキサイトブログ編集部:手編みのバッグなどのハンドメイド作品もすてきですが、ハンドメイドを楽しむようになったきっかけや楽しみは?また自分らしい作品づくりのポイントは?
chichaさん:母が編み物をする人だったので、編み方だけはだいたい知っていました。
それで売ってるもの見て、「これなら自分で作れるかも」って思ったんです。自分で作ると売ってるものより安くできますし、どんどんでき上がっていく過程も楽しいんです。自分で作ったものって愛着がわくし、買ったものより思い入れが違います。
手作り作品の中では、かぎ針のものが肩に力が入らずできるので好きですね。作品で一番多いのもかぎ針の作品かもしれません。
お裁縫は型紙をとって生地を切って縫う…ってところが、ごまかしがきかないように思うんです。でも、かぎ針は編みながら、目が多すぎたから減らそうとか、逆に増やしてみようとか、まさに『ケセラセラ~』でできるところが好きなんです。
そんなケセラセラな編み物はお友だちに頼まれて編み物教室をすることもあるのですが、「ここはどうするの?」って聞かれると、そこは、「ええ感じで」とか、「適当に」とかいっちゃうダメダメ先生なんです(笑)。
最近は大好きな植物を飾るため、麻ひもでプラントハンガーを編んだりもしています。麻ひもは固く、しっかり編むため、かぎ針編みと違って力がいるので大変なんです。でも、でき上がった作品はカッコイイですし、達成感がたまりません。

c0039735_13173542.jpg


エキサイトブログ編集部:また、暮らしの中で大切にしていること、自分らしい写真の撮り方や記事アップの際に心がけていることなどがあれば…?
chichaさん:暮らしの中で大切にしていることは会話と笑いです。
家族が帰ってきてほっこりできる場所を作ること。もちろん、居心地がいいと思える空間を作ることにおいてはインテリアも重要ですよ。
しかし、ステキなインテリアの家だったとしても、そこに暮らす人が楽しくなければ居心地のいい場所ではないですからね。
そんな私の書く記事はあったことを書くだけでなく、できるだけ面白くお伝えできるよう心がけています。
白い壁、白い石貼りの床に植物を飾ってクールなインテリアの写真を撮ったりしてますが、内容は突っ込みどころ満載で家族の話なんかも織り交ぜながら、おもしろおかしくつづっております。
よく、「家族仲がいいですね」と言われるんですが、みんなノリがよくてお調子者なだけなんです(笑)。

c0039735_1328192.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
chichaさん:アクセス数が増えるのはインテリアの記事ではなくムスコの話を書いたときなんです(笑)。
なので最初はインテリアネタの後にムスコの話をちょこっと書いていたんですが、タイトルに『ムスコ』って入れるとアクセスが増え反響もあるので、最近ではムスコネタはインテリアとは別で書いています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
chichaさん:植物に水やりをしている時です。
ひとつひとつ状態を見るためでもありますが、日々変化する植物を見る時間は癒しの時間です。
調子の悪かった植物が手入れすることで元気に復活する瞬間はとても幸せです。

c0039735_13175733.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
chichaさん:●結婚記念日☆ムスコあやうし!
結婚記念日には家族写真を毎年撮る!このことを21年間続けています。
2人だったのが3人になり4人になり、年々大きくなる子どもたち。
結婚記念日は家族の誕生日だと思っています。
このことは毎年ブログに書いているのですが、読んでくださった方々から「我が家もこれからやってみます!」とよくいわれるんです。

ティッシュケース編みました
かぎ針編みで作った最新の作品。
この記事の中に同じ糸で編んだクラッチバックとカバンの記事のことも書いています。

ビカクシダ☆玉と板と流木と。
大好きな植物のひとつでもあるビカクシダを仕立て直しした記事です。


水のガーデン☆簡単!お池の作り方

2010年の記事なんですが、いまだに 『池 作り方』で検索されよく見ていただいた記事です。
ご参考になればと思います。


ムスコの目標。

ムスコの記事の中でも反響の多かった記事です。
ホントにおバカなことをいつもやらかすんですが、この時はミラクルでした。
ムスコの記事は『ムスコ』というタグをつけてありますので、良かったら笑ってやってください。

流しそうめんパーリー!
我が家ではよくお客さまを招いてホームパーティをするんです。
そんなパーティの様子や料理などもアップしています。

c0039735_13185341.jpg


りクエスト大会☆ベレーの作り方
かぎ針のベレー帽を編んだ記事ですが、どれだけ私が適当にやっているかがわかる内容になっています。

お花見☆ピクニック
部活動は気候のいい季節にきまぐれに開催しております。
世の中はキャンプブームですが、我が家はお弁当を作ってお外で食べるといういたってシンプルなピクニック派です。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
chichaさん:新しいダイニングテーブル。 実は野望に向けて進んでおります。
これからブログでその過程をつづっていくつもりです。

c0039735_18514627.jpg


エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします方!
chichaさん:インテリアブログとして始めた『ケセラセラ』ですが、今ではいったい「何ブログ?」「何風インテリア?」…といつも自分でもわからなくなっているんです(笑)。
でも、自分流でつづるブログとインテリアをこれまで「まぁなるようになるさ」とやってきています。
『自分が楽しいと思うこと』 『シアワセだと感じること』を、ブログを見ていただく方にちょっとおすそ分けできればいいなぁって思っています。
私自身もほかの方のブログからたくさん刺激をもらっていますからね。
みなさんの生活に『ケセラセラ~家とGREEN。』がスパイスになれば幸いです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【chichaさんのお気に入り&好きなブログ】

身の丈プライスインテリあん。
今はお休みされていますが、私がブログを始めるきっかけになったインテリアブログです。
お金をかけなくてもアイデアでこんなかっこいいインテリアにできるんだ、って衝撃でした。

やさぐれMY HOMEのインテリア。
手作りのインテリアもステキなんですがお、弁当がすばらしいのひと言!!

ぶつぶつ独り言2 うちの猫ら2014
ヨウカンさんの表情が何ともいえないんです。

hikage de botanical garden
変わった植物を上手に育てていらっしゃるんです。
コメントをいただいて交流させてもらっています。

OVER THE STANDARD
こちらもワタシがブログを始める時に影響を受けたブログです。
センスあふれる手作りの作品たちとステキなインテリア、いつも参考にさせてもらっています。

chichaさんの「ケセラセラ~家とGREEN。」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2014-09-02 18:54 | ライフスタイル