今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「日和子」の水口千令さん登場!

c0039735_16135964.jpgどこか懐かしいわらべ歌や童話の世界から抜け出したような切り絵の数々。とても繊細で心があたたまる作品から、シンプルで力強い作品まで。下描きなしのはさみ一本で、独自の世界を作り出す即興アート“切り絵”を、ライフワークとする「わたしの切り絵日和『日和子』」の水口さんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
水口さん:こちらこそ紹介ありがとうございます!とても嬉しいです。改めまして、伊豆で即興紙切りをしている水口です。ブログをはじめたきっかけは、工房にいらしてくださったお客さまに作業の裏日記を..と思ったことからでした。自分自身、作品を手軽に紹介できることや、(有り余る日々の情熱を語るのに)ありがたく利用させて頂いています。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
水口さん:日々の紙切りの活動日記です。紙一枚はさみ一本、即興で作りあげていくおもしろさや苦悩だったり。私がしている紙切りは芸でもありますが、どちらかといえば作品としてこだわったものを作っています。暖かい作品をつくりたい、というのが一番で活動しています。ただ、自身のブログは文章がやたら多いのですが、現在独学で道を切り開き中なので、熱く感動したり苦しんだりしてます。そっと作品画像だけさくっと見る...っていうのが一番いいのかも.....(笑)

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
水口さん:ブログを書くことによって、自分自身がよーく見えてきます。
自分がこんなことを一番に考えていたんだ...ということが見えてきました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
水口さん:ブログを読み返すと、ざっと自分のここまでの歩みがすぐ分かるというのは私にとってありがたいことです。携帯電話を携帯していない私には、知人に「元気だよー頑張ってるよー」と伝える一番の手段でもあります。あと「日頃、感謝しています。大好きです」をこっそり素直に伝えられるところですね。そう、こっそり....。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
水口さん:「おかあさんみたい」ってよく昔から言われます。やや、まだ子供はいませんが...(というより独り身なんですが...あれれ...)意外となんでも自分でやっちゃう男前ですよ。自分がどんな苦労をしようが、自分の方から人を愛せる人になりたいと日々思っています。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
水口さん:地元(伊豆修善寺)をクロッキー帳を持って散歩し、季節を感じることです。自分が幼い頃から歩いた温泉街。行った先きで紙切りして店先に作品を残したり足跡つけて...大好きですね。恩返しもかねて。原点に戻ります。
最近はまっているのは、短歌をつくることです。それも、こっそり。

エキサイトブログ編集部:夢は?
水口さん:仕事の夢としては、私の作品が一人暮らしのおばあちゃんのお茶の間にちょこんと置かれたりしたら幸せ。沢山の人に自分が生きているうちに作品を作りたい。でも、一番の夢はお母さんになって、自分のこども姿を毎日スケッチしたいのです。

c0039735_16152675.jpgエキサイトブログ編集部:オリジナル感あふれる切り絵の数々ですが、切り絵を始められたきっかけやその魅力は? また、自分らしい作品作りやこだわりなどがあれば…。
水口さん:元々、学生時代上京して油絵を描いてましたが、実家の伊豆に戻ってきたときに近所の子供を喜ばせようと、たまたま目の前のはさみを使ったことがきっかけです。紙切りを本職にしたのは半年前なんですが、勤めていた病院を辞めるとき勇気はいりました。でも安定した生活のことよりも自分らしい生き方を選びました。

◎紙切りは、はさみと紙だけ持ち歩いて、その場ですぐに表現できる手軽さに魅力があります。◎こだわりは、下書きを書かないことと、はさみ一本で表現すること。自分らしい表現は模索中ですが、暖かいものをつくることが私にとっての大切なことかも。子供の頃の切ないような暖かい感じ。それって大人になってからもずっとひきずっていると思うから、辿りつきたい場所にそっと触れるようなものを作れれば...。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
水口さん:童心に返りながら日々を過すこと。そして季節を感じることです。(一番好きな瞬間は、夏の夕暮れ時の家の灯りがつき始める頃の虫の声がする、あの瞬間)そして、日々目の前にいる人
と過す時間を大切にします。癒されるのはもちろん地元の温泉!!そして、たれ目の弟の「姉ちゃんがんばれよ」頭ぽんぽん。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
水口さん:2008年02月27日「細かい日々
手の平サイズの日々の細かな作品つくり。
即興で作るというのが主ですが、時間をかけて繊細なものを作るのは楽しい作業です。気に入った作品ができました。

2008年01月06日「プライド
太鼓の演奏に合わせて1、5メートルの紙切を切るという初挑戦。いままでで一番反響がありました。

2008年02月01日「原里中日記 授業編
生徒の作品が味があっていい!!

2007年12月20日「明日はサンタ
ここに載せてあるプレゼントを持った女の子の顔、とっても好きなんです。

☆文章が多いですが、よかったら作品画像だけでも覗いて頂けたら嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
水口さん:時間です。大好きな人たちに手紙を書くための。いや、会いにいく!ための時間。幸福な旅路は作品をつくりながら。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
水口さん:教育の現場の問題です。こどもをとりまく環境について。
親について。私自身、授業で学校を訪問することが増えているから気になるというのもありますが、自分はどちらかといえば内面にこもるタイプのこどもだったので、なんだかとっても気になります。自分が世間で「大人」と呼ばれるようになったのだから、何かできないのかと考えたりしています。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
水口さん:覗いてくれて嬉しいです。紙切りは誰でも手軽に楽しめるアートだと思います。興味を持って頂ければ…と思います。いつも覗いてくれる方、おつきあいありがとうございます!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【水口さんが好きなブログ、気になるブログ】  

実は、ブログの冒険あまりしていないんです..。でも、同じエキサイトブログ内で素敵な人を見つけたいとは、思っています...。どうぞ声をかけてください。。



【水口さんのライフログ】
ハチ公の最後の恋人
吉本 ばなな / / 中央公論社

切ないのに暖かく愛しい恋愛小説。読み終わるとジーンと感動します。


人のセックスを笑うな(映画) 
一番最近見た映画。ほろ苦い青春映画で、切ない思いが胸にしみます。
永作博美が好きなんです。


ムーン・ダンス
アン・サリー / / ビデオアーツミュージック

アン・サリーの音楽は、どれも好きですね。
JAZZとボサノヴァが混ざったような。切り絵の作品作りが進みます。


海原の月
安藤裕子 / / カッティング・エッジ

やさしい歌声が好きですが、月桂冠のCMにもなった彼女の「のうぜんかつら」も好き。
あのCMで「私の趣味はあなたです」にやられたのでした。
あんな夫婦像に憧れますね。


水口さんの「わたしの切り絵日和『日和子』」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-03-18 16:03