今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「雪がらみ」のりっちさん登場!

c0039735_10342557.jpg羊蹄山を望む雄大なロケーションと極上の雪質に恵まれた北海道ニセコを舞台に、ふっかふかのパウダースノーを滑る爽快感たっぷりの写真の数々。自分たちの足で一歩一歩ピークを目指し、誰も滑っていない新雪を豪快に滑り、起伏のあるところを飛んだり、跳ねたり…。山全体を仲間と楽しむフリースキーシーンに、思わず「いいな~!」「かっこいいー!」と憧れるスキーヤー&スノーボーダーは多いはず。
光や天候、雪の状態によっても変わる神秘的で美しい山の景色、愛犬ロッシくんのかわいい癒し系写真にも注目。
さらに、夏は大自然の中でシーカヤックや登山など一年を通してアウトドアライフを楽しむ姿は、都会人にとってうらやましい限り。今週は、そんな遊びの達人であり、仲間からは「りっち」の愛称で親しまれている「雪がらみ」のdogrossiさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
りっちさん(=dogrossiさん):北海道のニセコの雪山で活動(楽しんでいる)人たちの写真をいろんな人に見てもらいたくてブログをはじめました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
りっちさん:「雪がらみ」というタイトル通り、雪にちなんだ写真を中心に冬はニセコの山でスキー、スノーボードなどを撮った写真を載せています。ニセコの山に入るときにブログを見た方が山の状態を確認してもらえればうれしいです。
夏は積丹や雷電の海での遊びや秋はニセコの山登りなど1年を通じてニセコの良さを知ってもらえればありがたいなぁと思っていますね。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
りっちさん: 山に行くときはロッシを連れて行きますが、山で「ロッシ君ですよね~。ブログみてますよ。」と全然知らない人に言われると、びっくりしながらもブログを書いていて良かったなぁとうれしく思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
りっちさん:能天気ですね~。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
りっちさん:今は写真を撮ることですね。最高のロケーションで満足いく写真(なかなかうまくいきません)が撮れた時はとても幸せに感じます。あとはテレマークスキーですね。
  
エキサイトブログ編集部:夢は?
りっちさん:写真を撮る仕事で生活していきたいですね。それともっといろんな山でいろんな人達の写真を撮りたいです。

エキサイトブログ編集部:ニセコの大自然を切り取った写真、パウダースノーを滑る醍醐味が伝わる写真に見入ってしまいますが、りっちさんにとってニセコの魅力&滑る楽しさ、アウトドアライフを通して感動することは?
りっちさん:ニセコに移住して10数年になりますが、ニセコの良いところは自然豊かで1年を通してすばらしい環境があります。冬のニセコもとても好きですがほんとは夏のほうが私は好きなんですよ(笑)。のんびりゆったりした時間が夏のニセコにはありますね。あと羊蹄山の存在は大きいです。蝦夷富士と呼ばれているくらい雄大で綺麗な山で毎日眺めていても飽きないですよ。
それとニセコには私と同じような考えを持った友人が多いのでとても暮らしやすい場所ですね。

山を滑るにはスキー場と違ってまず山を登らなくてははじまりません。天気、風、雪の状態などを把握しながら山頂をめざし自分の足で一歩一歩高度を上げていく行為は大変ですが、とても大切な事だと思っています。2、3時間かけて登っても、滑りはものの数分で終わってしまうものですから、スキー場とバックカントリーでの1本の価値は全然違いますね~。
ノートラックの斜面を滑り出す瞬間のドキドキ感はたまりません。極上のパウダースノーの中を滑っているときは体中の細胞が興奮していますね(笑)

(↓の写真は2/19に羊蹄山の比羅夫面を攻めに行った時のベースキャンプと呼ばれている場所で車を降りて30分ぐらいかかります。ここから羊蹄山のピークを目指しみんな山を眺めているところです。)
c0039735_10335211.jpg


エキサイトブログ編集部:山の風景&滑りの写真を撮影にあたって、自分らしい写真を撮るこだわりや大切にしていることは?
りっちさん:滑りの撮影で心がけているのは滑っている人の躍動感をどう捉えるかを考えています。あと雪の質感ですね~。
でも1番大切なことだと思っているのは写真を見た方たちが楽しそうだなぁ~と思ってもらえるものを撮っていこうと考えています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
りっちさん:やはり仲間と過ごす時間はとても大切だと思います。
それと今飼っている犬ロッシは今年で11歳になりますが、雪山や夏の海、川では遊び疲れるまで走り、泳いでます。で家に帰ると死んでるんじゃないかと間違えるくらい爆睡しています。その様子を見ているだけで癒されますね。ロッシのいない生活は考えられません!

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で、ご自身が気に入っている作品、読者に評判だったポストは?
りっちさん:気に入っている写真は★4/20の「ぎ~ぎ~」ですね。
ジャックラッセルテリアの性格というか気質がうまくとたえることができましたね~。
このあとにカメラに体当たりしたのは言うまでもありません(笑)

★6/2の「尻別川でダイブ!
この場所は私(ろっし?)の好きなポイントの1つで週に2,3回行きます。
悩みや嫌なことがあっても(あんまりないですが)何時間でも泳ぎ、はしゃいでいるロッシを眺めているだけで癒されますね~。

冬では★1/15の「deep deep powder」です。
ろっしの写真は冬の雪山の本来の状況を表していると思います。

★1/17「飛びます!飛びます!」も好きですね~。
いつもアグレッシブなKENにお願いしてマッシュを飛んでもらいました。
イメージ通りの写真が撮れましたね~。

★1/20「ガス男 返上か!?
なかなか天気に恵まれずに私が山に行くと必ず天気が悪くなるという状況が続いていましたがこの日は違いました。若旦那の写真は光る雪面に樹木の陰が入りうまくいきましたね。

最近では★2/20の「2/19 Big Mountain」と、★2/22の「Mt.Youtei」の羊蹄山ですね!
昨日でも明日でもなくまさに今日でした。なかなか天気を当てるのは難しいですが、この日はThe Dayでした。ハイクから滑り降りるまで風もなく雪質も良くて、みんなの顔がにやけていたのが遠くからでもわかりました。

★1/23「イワオヌプリ~」の逆光の写真はみんなに喜んでもらえました。

★2/18の「みなさんよく飛びました!」で、町の小さなスキー場で撮った写真は反響ありましたね(笑)。

夏の写真では★7/7の「塩谷でシーカッヤク
小樽の塩谷という所で知人がBlue Holicというシーカヤックのショップをやっていて、たまに遊びに行きますがとてもいい海ですね!30分ほど漕いでいると洞窟や窓岩、うみねこのコロニーがあり楽しい場所ですよ。

★8/25の「礼文華」の写真も気に入っています。
この日は北海道の豊浦の噴火湾にある礼文華(れぶんげ)に遊びに行きました。北海道の短い貴重な夏をみんな思う存分楽しんでいました。
夏でも北海道の海は気合を込めて入っていましたが、ここ数年の川や海、湖の水温の高さは以上ですね。これも地球温暖化の影響なんでしょうか?

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
りっちさん:正直に言うとパソコンがほしいですね(笑)。
3日間休みがあったら、他の山(富良野など)に行っていろんな斜面を滑りたいですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
りっちさん:やはり地球温暖化のニュースは気になります。10年後、20年後の子供たちが「雪って何?」というこになったら大変ですから。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
りっちさん:もっといい写真をこれからも撮っていきたいと思っていますので、みなさん「雪がらみ」をよろしくお願いします!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【りっちさんが好きなブログ、気になるブログ】  

気になるブログは友人が多いですが、リンクさせてもらっているブログは全部気になりますね。



【りっちさんのライフログ】
青春を山に賭けて (文春文庫 う 1-1)
植村 直己 / / 文藝春秋


植村直己、挑戦を語る (文春新書)
/ 文藝春秋

冒険家・植村直己さんの本はどれも好きですね。
読んでいてわくわくしてきます。


りっちさんの「雪がらみ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2008-03-04 17:11