今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「travelster」のtraさん登場!

c0039735_122428.jpg異国情緒あふれる中近東やアジアの街並みから、目の前に大きく迫る迫力満点の大自然の風景まで…。思わず行ってみたくなる、インパクトの強いダイナミックな旅の写真に感動。見ているこちらまでその場に迷い込んだ気分にさせてくれます。
今週は、そんな旅気分を一緒に満喫させてくれる、旅写真ブログ、「travelster」のtraさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
traさん:こちらこそありがとうございます。
ブログを始めたのはエキサイトさんが初めてなんですよ。
高校生の頃からバイクで日本各地をツーリングするうちに「旅」の楽しさにとりつかれて以来、国内&海外問わずスタイルにこだわらない「旅」に出かけるようになりました。
旅写真のストックが増えてきたので、フォトアルバム的に何かのカタチでまとめたいなぁと思うようになり、色々と検討していたところエキサイトさんのブログが目に留まりました。
写真が綺麗なこと、見やすくわかり易いので使わせていただくようになりました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
traさん:ブログタイトル「travelster」は、travel(旅)+ster(~する人)と言う意味で、このブログを始めるにあたって考えた造語なんです。
「旅」をキーワードに自分の旅した写真のストックをメインに、旅先で見たこと、体験したことや感じたことなどをテキストを交えながら載せています。
ガイドブックなどに載っていないような臨場感が感じられる写真をセレクトしています。
旅先の雰囲気が少しでも伝わればとても嬉しいです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
traさん:上述の通り、当初は個人的なフォトアルバム的な目的で始めたのですが、色々コメントを頂くようになりブログの楽しさを感じるようになりました。
またコメントを頂く皆さんとお会い出来る機会があり親交を深めることが出来たり・・・

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
traさん:CSSなどを手軽に変更できるインタフェースを持ち合わせているので雰囲気を変えることが出来るのは楽しいですね!
今のシンプルなLook&Feelがとても気に入っていて結局1度も変えていないのですが。(笑)

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
traさん:ひとことですか?難しいな~!楽天的な人、でしょうか!

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
traさん:何人かのブロガーさんとお会いしました。実際にお会いすることで「旅」と同じように価値観、人生観がまたひとつ広がったように思います。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
traさん:やっぱりツーリング&キャンプですね。
昔はとにかく走るだけで楽しかったものですが、ここ十数年はバイクにテント積んで、ツーリング先でトレッキングしたりカメラ片手にぶらぶらしたりすることが多くなりました。
バイクならではの機動性を生かした「旅」はこれからもライフワークとして続けて行きたいです。
またそんな「旅」の記憶を、何らかのカタチにして残せたら言うことないですね。

エキサイトブログ編集部:夢は?
traさん:料理の美味しい南イタリアの海の見える田舎に住みながら、ユーラシア大陸をバイクで気ままに旅したいなぁ。

エキサイトブログ編集部:臨場感あふれる旅の写真がとても魅力的ですが、traさんにとって旅の醍醐味、感動することなどは?また自分らしい写真を撮るこだわりなどがあれば…
traさん:ありがとうございます。
醍醐味、感動・・・とても書ききれないですね~。
旅を「滞在型」と「移動型」に分けるならば国内&海外ともほとんど後者なんです。
旅の楽しさの半分は出発前のルート決めかもしれません。
地図を眺めながら旅先の情景を思い浮かべてルートと滞在先をあ~だこ~だと考えている時間。見知らぬ土地の地理、文化、歴史までが気になって調べてしまいます。
でも、行ったら全然違うルートだったりするんですけどね!(笑)
また旅に出たら頼るのは自分しかいないので何かあれば自力で解決するしかないのですが、そんな1つ1つのシーンから自分の旅が出来上がっていくのが醍醐味かもしれません。
帰ってからの楽しみはブログにポストしてもう一度旅することかな。(笑)

頻度は国内のショートツーリングも入れると年に5~6回程度でしょうか・・・
旅先での人との出会いも旅の愉しみだと思います。今連載中のバルカン半島の旅も、年始のベトナム旅で知り合ったセルビア人カップルとの出会いがきっかけだったし。

移動が好きなので写真は風景が多いです。パースペクティブ(奥行き)感と出来ればサイドストーリーが感じられるエッセンスをどこかに入れるようにしています。
写真が単なる風景から旅感がミックスされるような気がします。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
traさん:大変月並みなんですが夕食の時間ですね。。。やっぱり日常生活の活力の源です♪

エキサイトブログ編集部:数ある写真の中で、気に入っている作品やとても思い出深い場所の記事といえば?また、読者に評判だったポストは?
traさん:●2007-07-18 Dubai 'Twilight' Creek
開発著しいデザートシティ「ドバイ」先鋭的な都市の顔とノスタルジア漂うドバイクリークとアブラのギャップが旅情を掻き立てます。

●2006-07-22 猟銃の少年
これまでの旅で最大のトラブルに遭遇したタイはジムニーひとり旅のひとコマ。
だれも居ないタイの奥地でスタック。夏休み休暇を山奥の車中で過ごす羽目に?!

●2007-02-24  The Narrows #1
1ヶ月かけて旅した北米国立公園周遊で一番印象に残った場所です。
絶壁に挟まれた川歩きはアドベンチャー気分満点♪

●2006-08-23   Trans-Canada Highway#1
ロッキーの山容に唖然・・・
高鳴る鼓動を抑えつつ走りながら一眼レフでたった1枚だけ撮ることが出来ました。
帰国して出来上がったプリントを見て小躍りしたのを覚えています。

●2006-06-11 あの山のむこうは・・・
南米3週間のひとり旅で出会ったボリビアの風景。
四輪駆動車で3日かけて未舗装路を走りたどりついた先の絶景に絶句でした。
マチュピチュを凌ぐ感動かも。。。

●2007-05-06 再訪!屋久島
日本にこんな自然が残されている場所があったのかと感動しました。
何度行っても癒されます♪

エキサイトブログ編集部:今一番したいことは?
traさん:まだ行ったことのないアフリカ大陸のサバンナと砂漠を歩いてみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
traさん:ミャンマー最大の都市ヤンゴンの中心部で起きた流血の軍事制圧のニュース。
ミャンマーは訪れたことがないのですが、ネパールを旅した時にカトマンズで民衆デモと治安部隊の衝突に遭遇したことがあり、ただならぬ恐怖を感じながらニュースを見ていました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
traさん:いつも「travelster」に遊びに来ていただきありがとうございます。
これからも「旅」の楽しさをお届けできるようなブログにして行きたいと思っていますので、ヨロシクお願いします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【traさんが好きなブログ、気になるブログ】

たくさんあって迷ってしまうのですが、「旅」にちなんで選ばせて頂きました。

shot & shot
シアトル在住Scotttさんの美しすぎる日常フォトブログです。
情感あふれる写真につい見とれてしまいます。

ゆきの地球めぐり旅
根っからの旅人、ゆきさんのブログです。ディープです。
僕の知らないガイドブックにも載っていない小さな町も紹介されていて興味津々です。

a felicidade
旅のシーンが写真で綴られています。
ほっとするようなモチーフが魅力的です。

のんたんのデジタルな風景
行動派のんたんさんの自然を相手にしたワイルドで美しい写真がたくさん。
フットワークの軽さにいつも感心しています。

新世界遺産への道~あのタクシーを追って~
看板にツッコミを入れさせたら右に出る人はいないかも?
面白いネタ盛りだくさんです♪



【traさんのライフログ】
Through the Lens: National Geographic Greatest Photographs
/ Natl Geographic Society

僕の旅写真のお手本 NATIONAL GEOGRAPHIC 社の写真集です。
いつかはこんなクールな写真が撮れるようになりたいものです。


路上へ。TOURING RUN MEANS...
池田 伸 / / 河出書房新社

ハーレーで旅する著者の旅エッセイ。バイク乗りのロマン満載です。


世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
早坂 隆 / / 中央公論新社

自虐的に笑ってしまいます。確かにそうだな~と思えるくだりが多々。
諸外国人のジョークも織り交ぜてお国柄が端的に書かれていてあっという間に読み終えてしまいました。


日本の路地裏100
佐藤 秀明 / / ピエブックス

昔懐かしい日本の路地裏写真集。こんな風景を見るとふらっと旅に出たくなります。世界編もあります。


京都スタイル (新潮文庫)
甘里 君香 / / 新潮社

知っているようで知らない京都。京都の日常の深遠を覗き見したような気分になります。

traさんの「travelster」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-10-10 13:00