今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「Drag-Free Drifts II」のLt_cahillさん登場!

c0039735_142910100.jpg四季折々の自然の美しさとともに、フライフィッシングの醍醐味を伝える迫力ある写真と記事の数々。アート感覚あふれる画像処理や、ブログを通じて知り合った仲間たちとの楽しそうな交流にも目を見張る、アウトドア系ブログ、「Drag-Free Drifts II」のLt_cahillさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
Lt_cahillさん:こちらこそ、いつもお世話になっています。きっかけは当時、自分のホームページを開設しようと準備していたのですが、写真や文章を簡単にアップできるブログが流行しだしていたので面白そうだなと思い、長年つづけてきたフライフィッシングを中心にしたブログでスタートしました。だからホームページは準備段階のまま止まっています(笑)

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
Lt_cahillさん:基本的にはただ単に「釣りに行ってこんな魚が釣れました」という釣果自慢な訳です。
それを訪問してくれた読者の方にそのまま写真と文章でエントリーするのではなく、自分らしい個性的な工夫をして新鮮でビックリするような表現が毎回できればいいなと考えています。
たまたま写真とCG加工の知識が多少あるのでカテゴリ別に表現を変えて見る方が飽きないようにローテーションをしています。
そして自分自身が今まで生きて来て、そろそろ自分が経験して来た事や知識など世の中に恩返しする年齢にさしかかっていると思いますので、ブログを通じてなにか役立つ情報を発信したり、ブログをきっかけに発展したらいいなと思っています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
Lt_cahillさん:多くの友人が出来た事ですね。
ブログを始めるまでは一人で釣に行く事が多かったのですが、コメントのやり取りをやっているうちに意気投合して一緒にキャンプや釣に行ったり、北海道のブロガーさんと阿寒湖で待ち合わせして一緒に釣をして宿泊したり。(その方とはもう3回も北海道を釣り歩き毎年行くのが楽しみなんですよ。)
昨年の今頃はブログを訪問してくれていたロサンジェルスとニューヨーク在住の日本人の方からアメリカで一緒に釣をしませんか?と誘われました。
一度は行ってみたいと思っていたので迷ってやめて後悔するより、思いきって行くことを決断したのですが、L.A.の入国審査が終わって外に出るまでとても不安でした。
初めて会ったのにも関わらずお二人とはコメントのやり取りをしていたので、数年前からの友人と会っているような感覚で意気投合できました。
もちろん通訳から釣り場のガイド、運転までフルサポートしてもらい、天国にいるような景観のイースタンシエラネバダで釣に集中できて最高の体験が出来ました。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
Lt_cahillさん:昨年末にリンクしている仲間達が中心になって写真を提供しあい、卓上カレンダーを製作する企画に参加させていただいたのですが、テーマは全国の「キャッチ&リリースの川」。(キャッチ&リリースとは釣った魚を持ち帰らず放してあげることで、いつ行っても魚がたくさん残っている川の事です。)
そのカレンダーの売り上げを木曽町の西野川の放流事業に寄付しました。
今年の5月にわくわく自然学校というイベントで実施したのですが、ブログで知り合った仲間達が大勢イベントに参加してボランティアスタッフをやったりして盛り上がりました。
そんな輪が広がるのもブログの良さですね。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
Lt_cahillさん:ひとことでは言い表せないですが、好奇心が旺盛で、シャイなチョイ悪オヤジかな(笑)

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
Lt_cahillさん:リンクしてもらっているブロガーさんや、コメントをもらってる人、全ての人と一度はお会いしてみたいですね。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
Lt_cahillさん:一番好きなのはもちろんフライフィッシング。
ハマっていることはセルフポートレート!です。
今年一人で釣に行った時、残雪の風景が印象的だったので自分がこの日、ここにいた証にとモノクロでセルフポートレートを撮影したんですが、エントリーすると同じようなアングルとポーズのパロディーでエントリーしてくれたブロガーさんが何人かいて…。
また別の日にもっと難しいアングルで撮影するとまたパロディーでエントリーしてくれたので、これは楽しいなと、カテゴリを追加してしまいました(笑)

エキサイトブログ編集部:夢は?
Lt_cahillさん:南の島でボーンフィッシュを釣る。
カナダでスティールヘッドを釣る。
フロリダでターポンを釣るなど日本では経験できない釣をするのが夢です。
そんな夢の一つを今年の8月に実現することになりました。
ロシアのオホーツクにサーモンフィッシングをやりに仲間達と出かけます。
その模様をブログでエントリーできるのを今から楽しみにしているんですよ。
そしてブログで自分が経験した事を、見てくれた人が疑似体験できるような報告が出来ればと思います。

エキサイトブログ編集部:自然の美しさやフライフィッシングの臨場感あふれる写真と記事に魅了されますが、Lt_cahillさんにとって自然との対話、フィッシングの魅力は? また、自分らしい写真を撮ることや記事アップの際に心がけていることがあれば…。
Lt_cahillさん:フライフィッシングをやっていると月に何度か自然の中で過ごすのですが、
いろいろな動物と出会ったり、空を覆う雲を眺めたり、水の流れる音を聴いたり、風の匂いを嗅いだり。
その季節しか見られない花や、木々の芽吹きから新緑そして紅葉まで四季折々の自然を五感をとおして楽しむ事が出来ます。
そんな訳で釣りをしながら桜の花見を3月の関東から、北陸、東北とフィールドを北上しながら6月の北海道まで毎年楽しんでいます。
そんな素晴らしい自然を釣以外にも伝えられたらと思っています。
ブログを始めた頃からフィールドには一眼レフのデジタルカメラと交換レンズを携帯して感性のおもむくまま撮影しています。一日中担いでいると結構重量があるので肩がこるんですよ。RAWデータという高解像度で撮影していますがブログ用に変換しても奇麗に再現できるので我慢してます(笑)
そして個性的な表現をするために写真と文字を組み合わせたビジュアル表現をしたり、フレーム処理をしたり、モノクロ表現など工夫しています。
家で自分で巻いた小さな毛鉤を撮影する際も撮影用の照明を2〜3灯使いレフ版を当てたりしてマクロレンズで撮影しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
Lt_cahillさん:電車での通勤時間や昼休みなど、ブログから離れている時間に次のエントリーはなににしようか空想している時間でしようか。結構パッとアイデアがヒラメクので、忘れないようにメモしてます(笑)。

エキサイトブログ編集部:数ある作品の中でご自身が気に入っているポスト、また、読者に評判だったポストは?
Lt_cahillさん:★自分で気に入っているのは…
北海道遠征リポート2日目阿寒川 vol.3 6月8日
昨年阿寒湖に釣行した際に「気ままにキャスト」のakaさんと初めてお会いして二人で釣を楽しんだ阿寒川の記事。この時は阿寒湖が釣れない状況でしたが二人とも大きなレインボートラウトを釣り上げることができ、二人の気持ちを画像と文章で対比表現してみました。北海道釣行のカテゴリに今までのものがまとめてあります。

イースタン・シエラ・ネバダの夏 vol.1
11回に渡りアメリカの釣行を記事にしました。とにかくどこを撮っても絵になる景観なので膨大な写真の中からセレクトしたクリアな写真が気に入ってます。その他準備段階の模様等、ハウツー的に参考になるようにまとめてあります。

Expression vol.2「神」
漢字一文字をキーワードに、普段思ってる事、感激したことなどを写真とともに表現するexpressionというカテゴリで、全て写真と文字のタイポグラフィーは時間をかけてビジュアルを制作していますので見ていただきたいシリーズです。現在vol.41までエントリーしています。

Fly Tying Royal Wulff
フライフィッシングをするときに使う毛鉤のエントリーシリーズです。小さなフライがマクロレンズで拡大された映像は細かなディテールまで再現されてまさにアート作品だと自負しています。

★読者に人気だったポストは…
TIME FRAME (Fisher #1)秋田の渓
ブログで知り合ったフィッシャーの方々と釣に行った時に撮影したモノクロポートレートのコーナー。グリーンの額縁に入れたシンプルな画像は本人にも喜んでもらえ、画像を送ってほしいと言われるほどです。

Self portrait vol.1 魚野川2007
今年好評だったセルフポートレートのエントリー。パロディーでエントリーしてくれたブロガーさんが続出し、僕自身も次はどんなアングルでポーズをとろうかと楽しみにしているカテゴリです。

Expression vol.40「抜」
こんなことまでネタにするの?とビックリされたエントリー。指に返し付きの毛鉤が刺さってしまい、それを抜くまでの模様をイラストの解説付きでハウツーものにしました。痛かったけど覚えておけばみんなの役立つのではとエントリーしました。いつも写真が中心ですが、たまにイラストで表現すると読者の方々に喜んでいただいてます。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
Lt_cahillさん:今一番ほしいものは8月のサーモンフィッシングで使う毛鉤を巻く時間です。
もう一ヶ月もないので行くまでに毎日夜な夜な巻かなくてはなりません。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
Lt_cahillさん:新潟県中越沖地震。
2004年の中越地震では翌年訪れた魚野川付近にも地震の被害が見られ心を痛めました。
自身子供の頃に新潟地震で石油タンクの火災により数ヶ月避難した経験がありますので辛さがよく分ります。元の生活に戻るまで大変だと思いますが、今回の地震で被害に遭われた方々の健康と一日も早い復興を祈るばかりです。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
Lt_cahillさん:いつも訪問していただき感謝しています。これからも皆さんをビックリさせるような楽しいブログにしていきますので、よろしくお願いします。


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【Lt_cahillさんが好きなブログ、気になるブログ】

気ままにキャスト
雑誌などでは知り得ない情報を発信されているので僕にとって刺激になるブログです。海のサーモン、アメマスから、湖でのブラウン。川ではレインボーと一年中大物を釣り上げている北海道のエキスパートフィッシャーのakaさんのブログは迫力満点。

(続)我流・天声・を・書く
世相で起こる事件や出来事を取り上げて独自の視点で鋭く分析、解説するエントリーは必見で拍手ものです。知る人ぞ知るフライフィッシングの専門書を何冊も執筆されているs_masuzawaさんのブログは見応えあります。

ぱら式。〜Chicago風味〜
同じジョンレノンのエントリーでリンクし合ったシカゴに住んでいるpara-sukeさんのブログ。唯一フィッシング以外のリンクで、シカゴでの出来事を楽しい文章で表現されていて癒されます。

谿に遊ぶ
竹竿作りから愛犬のアークや釣の話題までエキスパートならではのウンチク満載。プロのバンブーロッドビルダーのpara-miyukiさんのブログはデザインも素敵で気に入ってます。

Japanflyのフライフィッシング日記
父が日本人で母がチリ人のハーフという大学生フィッシャー。
日本ではあまり紹介されていない南米チリでの釣りを紹介されています。
毎日チェックしてしまう、これからが楽しみなブログです。



【Lt_cahillさんのライフログ】

世界がもし100人の村だったら
/ マガジンハウス

読みながら自分自身の生活を照らし合わせていると、日本に住んでいる事自体が豊かな事だと解る。これを読み終わると不平不満を言っている事自体はずかしくなります。


ガウディの伝言
外尾 悦郎 / / 光文社

今もサグラダ・ファミリアで作業をされている主任彫刻家の外尾氏の著書。
天才ガウディのすべての建築は今の世の中では想像もできない造形でシンプルで美しく、まさに芸術作品。ガウディとはどんな人間だったのかとても興味深かく、死ぬまでにもう一度全ての作品を見てみたくなった一冊。


君はピカソを知っているか
布施 英利 / / 筑摩書房

昔「ゲルニカ」がニューヨークのMOMAに展示されていたとき、その作品に感動して4時間も絵の前から動けなくなってしまった。それまでピカソはそれほど評価していなかったが、この時から興味がわき、ピカソ関連の本を読み始めました。この本は解りやすくてお勧めの一冊。


Spey Flies and Dee Flies: Their History & Construction
John Shewey / / Frank Amato Pubns

フライの歴史とパターンが紹介されている私のタイイングのバイブル的一冊。


Lt_cahillさんの「Drag-Free Drifts II」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2007-07-24 16:19