今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「藤暁之の世界一周自転車の旅blog」のfuji_akiyukiさん登場!

c0039735_110366.jpg大学時代はサイクリング部に所属し、南アフリカ縦断、東南アジア横断を経験。2004年3月から、「自転車で世界一周するぞ!」という壮大な夢を実現するため、仕事をやめて日本を出発。現在は遠いアフリカの地を、リュックと自転車だけでひとり旅に挑戦する冒険家…。今回は、「藤暁之の世界一周自転車の旅blog」の筆者・fuji_akiyukiさんと、ブログ管理者のJunyさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
fuji_akiyukiさん:ホームページの管理人のJunyが、BBSより便利で、日記にコメントも書けるというので始めました。
Junyさん:藤と私は、大学のサークル(サイクリングクラブ)の同期なのですが、彼は2004年の2月29日に突然「世界一周の旅に出る」とサークルのBBSに書き込みました。当時大学院生だった私に何か手伝えることはないかと考え、3月9日に彼の現在地を伝えるWebサイト「藤暁之世界一周自転車の旅」を開設しました。彼がチュニジア(アフリカ)に旅立ったのは、翌日の3月10日です。

当所、このサイトは、彼の日記を掲載するページと、読者にコメントを書き込んでもらうBBSを別々に設置していました。しかし、海外(当時アフリカ)のネットカフェから接続する彼は、自分の日記をFTPでアップロードすることはできませんでした。そこで、海外にいる彼でも日記を更新できるようにブログに切り替えました。このブログを始めたのは、2005年5月10日になります。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
fuji_akiyukiさん:純粋に旅行中の日記だと思ってください。自転車で旅行をするとこうなるのか、などが伝わればいいなと思っています。
Junyさん:彼が答えたとおり、旅行中の日記ですね。砂漠地帯や山岳地帯を自転車で越える日記は、他のブログではあまり見られないと思います。
このブログの特徴は、彼が現地の人々に対する自分の気持ちをストレートに表現していることだと思います。場合によっては(特に西アフリカ)、その土地の人々のことを悪く書いてしまうこともありますが、これは良くも悪くも彼の日記にリアル感を出しているように思います。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?ブログのよさは?
fuji_akiyukiさん:コメントが日記ごとに付けられることですかね。BBSよりちょっと便利な気がします。
Junyさん:海外からでも彼の日記をリアルタイムに第三者に伝えることができること、そして第三者が彼の日記(一年以上前のものであっても)にいつでもコメントを付けることができることです。
日本人がほとんどいない地域で病気などの辛い目にあったとき、日本の読者からのコメントで励ましてもらっていたと思います。また、旅先で会った日本人の方々が、日本に帰ってきてからコメントを付けてくださることがあります。旅が終わったとき、彼の日記とそれに付けられたコメントは、彼にとっての宝物になると勝手に思っています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
fuji_akiyukiさん:いい加減な人。
Junyさん:彼は、やりたいことがあれば、その他のことを考えずにやりたいことをやる人だと思います。じゃないと、会社を辞めて自転車の旅になんて行きません(笑)。
私は…知的好奇心が強い人間ですかね。「生きている」とは何なのかが知りたくて生物学の研究をしていましたし、「旅」も今まで見たこともないものに出会えるから好きです。彼の日記は、国名すら知らなかった土地の様子を伝えてくれるので、私自身が楽しみにしています。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
fuji_akiyukiさん:残念ながら、自分のブログしかあまり見ていないのでわからないです。
Junyさん:世界一周中の彼が、他のブロガーと会うっていうのはほとんどなさそうですね。
ネットカフェは時間が限られているので、彼が他のブログを見る時間はあまりないと思います。
私自身は…、書きたいところなのですが、正直なところ、一人もおりません。
私は知っている人(会ったことのある人)のブログばかり見ているので…。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
fuji_akiyukiさん:スイカの種をいかに片手で食べるかということにハマっています。
一番好きなことってなんだろう?
Junyさん:ここでの答えとしては、「旅」と「写真」だろ…。
私は、料理が好きですね。いわゆる「男の料理」です。最近は餃子と手打ちパスタに挑んでました。

エキサイトブログ編集部:夢は?
fuji_akiyukiさん:物理学博士になること。
Junyさん:また素直じゃない回答を…。たしかに、彼は、ホームページ上に「(夢は)物理学者、冒険家。」と書いています。今は、ある意味「冒険家」ですから、残りの夢は「物理学者」なんだと思います。
ただ、ブログの最初のポストには、「自転車での世界一周、そして世界を写真に収めてくることは自分の夢でした。」と書いています(行ってきます@千葉(日本)。彼は今まさに夢をかなえている最中なんでしょうね。
逆に、私は、実は理学博士(生物学)なのですが、彼みたいな旅に出ることが夢ですね。

エキサイトブログ編集部:自転車で世界を旅するという魅力やその楽しさは?
fuji_akiyukiさん:走ったという満足感とか達成感。ほとんど自己満足の世界ですが。これ以上魅力を語ることはできません。やった人にしかわからないものがあると思います。登山に通じるものがあります。
Junyさん:私が答えることではありませんが、旅の道のりが線として繋がることが一つの魅力だと思います。ホームページの地図を見ると一目瞭然だと思います。これが「満足感とか達成感」に繋がるんでしょうね。

また、自転車旅行の場合、都市間の移動中にも様々な出来事があります。飛行機で移動する旅行者は、以下のポストのように麻薬の生産地を突っ切るなんてことはないと思います。自転車旅行というのは、良くも悪くもその土地のことをより深く感じることができます。
今フェズ@フェズ(モロッコ)

エキサイトブログ編集部:旅行中の思い出の深いエピソード、初めての方に読んでほしいポストは?
fuji_akiyukiさん:思い出深いのはモーリタニアであった砂漠ツアーの事件でしょうか。
pas de ploblem 1@アタール(モーリタニア)
pas de problem 2@ヌアクショット(モーリタニア)

Junyさん:初めての方は、以下の二つのポストをぜひ読んでください。これは、私たちが所属していたサークルのBBSへ彼が投稿した文章を転載したものです(当時はブログを開設していませんでした)。この気持ちがあってこその、現在の旅だと思います。
行ってきます@千葉(日本)
俺は馬鹿だ@千葉(日本)

彼の旅行中のポストでは、車ってチューブがないの?@ナクル(ケニア)の中に、「大雨の日にカフェで休憩したとき、『寒いだろう』と炭火を持ってきてくれたスタッフのやさしさ」を書いていますが、実際に行ってみてその国のよさがわかる、という話などは印象的です。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
fuji_akiyukiさん:味噌。それで、なす味噌炒めを作りたい。
Junyさん:私としては、彼がデジカメとノートパソコンを携帯してくれると、このブログがより豊かなものになると思うのですが…。
私が欲しいものは、時間です。知床の森の中で一年くらい生活してみたいです。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
fuji_akiyukiさん:誰か日本のニュースを教えてください。
Junyさん:彼は、「ホリエモン」とか「村上ファンド」すらほとんど知らないと思います。
そんな人でもWeb上で日記を公開できる、っていうのがブログのすごさだと思います。

私は、ベタですが「ディープインパクト」ですね。彼にはぜひ凱旋門賞で勝ってもらいたいと思います。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
fuji_akiyukiさん:珍道中の話を楽しんでいただけるとありがたいです。たまにぼけているので突っ込んでくれると幸いです。
Juny:時間はかかるとは思いますが、ぜひ最初(2004年2月)から読んでください。最初から読むと、彼の気持ちの移り変わりを楽しめると思います。
アフリカでは人間不信になってしまったようですが、きっとこれから回復していくことでしょう。これまでコメントをくださった方はもちろん、今回はじめましての方も、彼の世界一周の旅を応援してくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【fuji_akiyukiさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
(自分のブログ以外ほとんど見る機会がないので、今回の紹介はありません)


【fuji_akiyukiさんのライフログ】
本ではありませんが…。
野口英世の母親が野口英世に送った手紙。文字を知らない母親が一生懸命文字を習って誤字だらけで読みづらいのですが。ガーナの野口英世記念館に展示されているやつです。涙が出てきます。

fuji_akiyukiさんの「藤暁之の世界一周自転車の旅blog」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2006-06-27 15:00