今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「一日一膳」のzo.chikaさん登場!

c0039735_8462531.jpg第29回目は、色鮮やかでセンスのいい写真が人気のグルメブログ「一日一膳」のzo.chikaさんに登場していただきました。zo.chikaさんはハワイの写真が魅力の「一日一膳@Hawai'i」も作っています。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
zo.chikaさん:海外の料理ブログをしばらく読んでいて興味を持っていたところに、お友達に誘われたのがきっかけです。
最初は今からちょうど2年ほど前、ハワイに住んでいた頃に、家族や親戚への近況報告メールを一本化したいというわけでウェブ日記を始めました。先にエキサイトブログにお引越しされたデジデジ日記のナオコさんから、「おいでよ~」とお誘いがかかったので、じゃあ、というわけでわたしもこちらに移ってきました。その後、日本に帰国したのを機に改めて別ブログを立ち上げて今に至ります。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
zo.chikaさん:日々、食べたものを写真つきで記録しています。写真がムダに大きくて多いのが特徴です。
以前(ハワイにいた頃)は、ほぼ毎日、その日に食べたもの・作ったものを記録しつつ、ついでに(?)その日あった出来事などを書き綴っていました。日本に帰ってきてからは、家族への近況報告という当初の目的はなくなり、また料理をすることも少なくなったので、だんだん「毎日」「その日食べたもの」を「その日に更新」という点にはこだわらなくなりました。

あとは旅行が好きなので、旅話もときどき書いています。また、ハワイ時代のブログは一日一膳@Hawai'iとして残してあり、ハワイで撮りためた写真などを今でもときどき更新しています。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
zo.chikaさん:ブログのつながりで知り合った方々とネットの世界、さらには実世界でもおつきあいをさせていただくようになったことは、とても大きな「収穫」です。

それから、写真への興味がわいたこと。それまでは、写真に興味なんて皆無だったのに、ウェブ日記を書いていた頃から、毎日何となく写真を撮っているうちに何となく写真への興味が出てきました。ブログに引越して画像アップロード容量が格段に上がってからは、いっそう写真に入れ込むようになったと思います。

写真といえば、ブログに載せた料理写真がきっかけで、ハワイの地方紙に写真と料理レシピつきの小さなコラムの連載をもつ機会をいただいたりしたのも、ブログを始めた頃には思いもよらなかったことです。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
zo.chikaさん:従来あったウェブサイトより、始めるのも続けるのも手軽なところがいちばんでしょうか。コメントやトラックバック、リンクなどで、他の方とのつながりが持ちやすいのもいいですし。そのおかげで、いろんな方がブログを持つようになって、そこで出会いが広がるのがすごいと思います。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
zo.chikaさん:自己完結型。自分でボケて自分でツッコんだり、自分ひとりで考えて、ひとりで勝手に納得しちゃうところとか。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
zo.chikaさん:今までに、ブログを通じて知り合って「お会いしてみたい!」と思っていた方に何人も会いすることができてとてもラッキーでした。実際にお目にかかると、みなさん、ブログの印象どおりで、すてきな方ばかりでした。初対面なのにお互いのことをいろいろ知っていたりするのが不思議でもあり、楽しくもあります。

今後ぜひお目にかかりたい、と勝手に思いを寄せているブロガーさんもたくさんいて、実際、機会があればぜひ、とお話している方もいますが、会えそうにないけどお会いしてみたいのが、きたぐにDAYSのsymzakさんと、今日のバンクーバー±島のyukunさん。おふたりとも、ブログではとても親しみやすい一方で、とても謎の多い不思議な方なので、ぜひ実物を確認(?)してみたい。何か嫌がられそうですけど。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
zo.chikaさん:好きなのは旅行。はまっている、というか、はまりかけているのは、写真。

エキサイトブログ編集部:夢は?
zo.chikaさん:一生ふらふら旅をしていたい。実際に放浪してみたら、今度は腰を落ち着ける場所が欲しくなりそうですけれど、それでもやっぱりまた旅に出たくなるのではないかと思います。

エキサイトブログ編集部:食欲をそそる素敵な食事&デザートの写真が多いですが、写真の撮り方で心がけていることは? また、これまで食べたものでおいしかったものベスト3をあげるなら?
zo.chikaさん:写真の撮り方で心がけること…は、わたしが誰かに伺いたいところなんですけれども。自分では、カメラを通して見た被写体の「いいところ」が際立つように撮れたらいいな、と思っています。カメラを構える前に、最終的な画像がイメージできるのが理想ですが、実際には、カメラを覗きながら出来上がり画像をイメージしようと試行錯誤する日々です。
ブログに載せる食べ物の写真については、できる限り自然光で撮る(フラッシュをたかない)こと、とにかく枚数を撮ること、を心がけています。今の自分の撮影技術と機材ではそれが必須かと。

これまで食べたもののなかでおいしかったものベスト3…は、そのときの気分や状況にもよるし、むずかしいですね。子供の頃、夏に田舎の無人販売で5個100円で買って食べたトマト、とか、畑でもいでその場で食べたとうもろこし、とか、初夏のパリの八百屋で買って歩き食いしたベリー、なども捨て難いのですが、もう少し最近の、味の記憶が確かなもので3つあげるなら、
ロスのお鮨屋さんでいただいた伊勢海老の味噌汁(八海山入り)
ピエール・エルメの「イスパハン」
・クリュッグのシャンパン。いつかはクロ・デュ・メニルを飲んでみたいです。

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
zo.chikaさん:デジタル一眼レフカメラ。ここ半年以上、「ほしいな」「かっちゃおうかな」「いや、身分不相応だな」「でもやっぱりほしいな」というのを毎日繰り返して周りに呆れられています。もし一眼レフを買ったなら、大きいサイズの画像データをもっと速く処理できるパソコンと、新しいバージョンのフォトショップもほしくなるので、悩ましいところです。
<<<添付のプロフィール写真は、友人の一眼レフを借りているところです>>>

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
zo.chikaさん:スペースシャトルのディスカバリーが無事打ち上げ、帰還に成功したこと。昔から星空を眺めるのが好きで、子供の頃は天文学者になりたかったので。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
zo.chikaさん:たくさんブログがあるなかで、「一日一膳」に目を通してくださってありがとうございます。ダラダラと長いひとり言のような文章を全部(または一部)読んでコメントを残してくださる方には、ほんとうに感謝しています。第三者の視点を伺えると、自分で、「これはちょっと変わってるかも」と思って作った料理が、一般的には「かなり変わっている」ということが判ったりして、参考になります。でも、写真から想像されるほどに、毎日大量に食べてるわけではないです私。。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。


【zo.chikaさんが好きなブログ、気になるブログ・ベスト5】
食べ物ブロガーの端くれとして、大好きな食べ物ブログはたくさんあるのですが、ここではあえて食べ物ブログ以外で選ばせていただきました。順不同です。

それいけ!めんたいこちゃん
博多から新幹線に乗って東京にやってきた、めんたいこちゃんの修行の日々が、ゆるゆる綴られていてます。やっていることはおばかですが、かわいいので許されます。忙しいとき、つらいときに、過去ログを眺めて笑っていると元気になります。

1日3ヒゲ。
「ヒゲのひと」「ハトむねくん」「くろいひと」の3匹のネコの生態を垣間見るブログ。わたしは特にネコ好きだったわけではないのですが、こちらの3ヒゲ(最初は1ヒゲでした)にはやられました。どのショットも、いちいちかわいい。こちらをこっそり覗いては、勝手にネコを飼った気になったりしています。

Hawaiian Breeze
ハワイの美しい自然と、そこに暮らすご家族の姿を切り取った写真に惚れ惚れしてしまいます。大きな空や海にも、小さな花や虫にも、同じように注がれる愛情が感じられる写真が大好きです。

すぎエモンのITコラム
ためになるIT情報が解りやすく書かれている、勉強になるブログ、であると思われるのですが、毎回ネタがおもしろすぎて、肝心なIT情報をすっとばして読んでしまい、結局、全然頭に入ってなかったりします。こんな出来損ないの読者ですが更新楽しみにしてます。

101 Cookbooks
サンフランシスコ発の料理ブログ(あ、これ食べ物ブログでした)。意識して定期的に読むようになった最初の「ブログ」だったのであげておきます。読み応えある内容もさることながら、まず写真の美しさに目を奪われます。自分でブログを始めたとき、参考というか頭にあったのがこちらのブログでした。英語です。



【zo.chikaさんのライフログ】
最近、新しい本や映画に触れていないので、10年くらい前に感動して、最近またよく思い返すものを選びました。偶然、「旅」が関係するものが多くなりました。

ペンギンカップル―ジョーとサリーの世界漫遊記
ヴィリー プフナー (著), Willy Puchner (原著)

ペンギンの人形2体が世界を旅した写真集。表情がないはずの人形に表情が見える、こういう企画が好きなのかもしれません。


旅をする木
星野 道夫 / 文芸春秋

アラスカに魅せられて移住し、撮影旅行先で亡くなった写真家の星野道夫さんの、写真ではなくエッセイを集めたもの。アラスカを愛する気持ちが全篇を通して伝わってきます。これを読んでからずっと、アラスカに行ってみたいと思っています。

Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah
Richard Bach / Dell Pub Co

一匹狼のパイロットが出会った「救世主」の話。宗教がかった内容と取る人もあるかもしれませんが、わたしは純粋にストーリーが好きです。最初に読んだのは邦訳(村上 龍訳、『イリュージョン』)で、こちらも何度も読んでます。

Different Seasons
Stephen King / Signet

スティーブン・キングの著作3点を集めた1冊。
ここに入っている『Rita Hayworth and Shawshank Redemption』と『The Body』を元に製作された映画
ショーシャンクの空に

スタンド・バイ・ミー
が、いずれも昔大好きだった映画で、原作を読んでみたいと思ったもの。


アメリ
/ ビデオメーカー

映画館に3回も行って観た映画は後にも先にもこれだけです。DVDになってからも数え切れないくらい観ています。落ち込んだときに観ると元気になる気がするので。


zo.chikaさんの「一日一膳」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2005-08-17 10:00