今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「オアシスの庭/ボヤントメッセージ」のボヤントさん登場!

c0039735_23353369.jpg穏やかに降り注ぐ光の中で、四季折々の花々が咲き、耳をすませば鳥のさえずりや風の音まで聞こえてきそうな緑豊かな庭。そこはまるで「小さな宇宙のよう」という自然の風景の中で、スローライフを楽しみながら、地球をテーマにしたナチュラルアート作品を手がける日々。

「空も大地も太陽も風も木も鳥もみんな友だち…」。そんな願いを込めて生まれた、グリーンや鳥、動物などをモチーフにしたスタンプアートやぬくもりある木工オブジェは、見ている人にも心にやさしい風を運んでくれ、癒しの時間を与えてくれます。

今回は、そんな庭の写真とともに心地よい時間をつづりながら、多くのアート活動もされている、「オアシスの庭/ボヤントメッセージ」のボヤントさんに登場していただきました。もうひとつのブログ「Art Lesson」では消しゴムはんこのレッスンなどの記事も紹介しています。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログを始めたきっかけは?
ボヤントさん:ある時、「何かを書きたい」「何かを書かなくてはいけない」といった思いにかられて、「ブログって何だろう?」と思い始めていたんです。ちょうどその時、久しぶりに再会した友人がエキサイトを薦めてくれたので、2008年秋からスタートしました。
ブログでは偶然にも庭の草木をつづることになりましたが、その1ヶ月後には、それまで手がけてきた創作活動をまとめたホームページ「VOYANT工房」もスタートしました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ボヤントさん:「何かを書きたい」という非常に漠然としたところから始まったのですが、その挿絵として庭の植物の写真を撮るようになりました。それまでは緑の塊にしか見えてなかったたくさんの植物が「私と共に生きているのだ」と気づきました。この庭は俳人だった母が造り遺した庭なんですよ。
初めは私自身が驚いた豊富な植物の名前をひとつひとつ調べながら覚えていきました。驚いたことにすべての植物が俳句の季語だったんですよ。

c0039735_2103964.jpg


草木の写真を撮ることによってていねいに観察するようになりました。すると今まで見えなかったことが見えてくるんですね。自然霊の存在もオーラも感じるようになりました。美しいです。そして空、風、水、太陽、月、星、大地、生命。「みんな一緒に生きているんだな」って。私たちみんな光に包まれていたんですね。どこか遠くへ行かなくても、ていねいに観察すれば、すべてはそばにある。小さな庭の世界なのに新発見、感動は続いています。「オアシスの庭」では主に、そんな草木から感じ受け取ったことをつづっています。
また、私がこれまで自然から学んだこと、感じたことから、地球をテーマに創作活動をしていますが、そんな創作作品として、消しゴムスタンプ絵画や木工オブジェ、抽象画なども載せています。ただ作品となると長くなってしまう場合もあり、アート専門ブログを作ることにしたんです。それが2013年夏に立ち上げた「Art Lesson」です。
「オアシスの庭」とWフォローしてくださっている方がほとんどなので、ありがたいですね。

「Art Lesson」は作品紹介もこれからしていきますが、主に消しゴムスタンプや木工オブジェ(5月くらいからアップする予定)の作り方や楽しみ方などのhow toを公開しています。個展の案内や会場風景、「オアシスの庭」同様に自然から学んだこともデザインの視点からつづっています。

c0039735_16512594.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
ボヤントさん:先ほども申し上げましたが、植物をていねいに観察するようになると、その奥深くには宇宙があることを知りました。目に見えない世界を一層感じるようになりましたね。
そして、大きく変わったのは多くの方のブログとの出会い、そして交流です。ちょうど2年前のある日、なんとなく、「プロフィールってなんだろう?」と思って記入してみたんですね。そうしたら画面に『いいね』が現れて、「これ何だろう?」と自分で押すと1と出て、また押すと数字がなくなって(笑)。そうしているうちに数字が2と出たんですよ。びっくりしましたよ(笑)。いまでは、みなさんからたくさんの『いいね』をいただくことが張り合いになったり、いろいろな方のブログを訪ねては多くの刺激をいただき続けています。ブログを続けることがこんなにも楽しいなんて、思ってもみなかったので、みなさんに感謝です。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ボヤントさん:いっぱいあるんですよ。なんといっても、夢想家ですから(笑)。
具現化させる夢としては、今年の夏に個展『消しゴムスタンプの恐竜展』をすることです。誇大妄想としては世界中で『消しゴムスタンプ恐竜展』を開催して、子どもたちに喜んでほしいですね。
そうして得たお金や歓びは貧困や病気の子どもたちに贈りたいですね。アートを通して「地球はひとつ」という表現活動をしていきたいと思っています。

c0039735_23163697.jpg


エキサイトブログ編集部:自然や地球をテーマにしたキュートで夢のある消しゴムはんこ作品やイラスト、木工オブジェが魅力的ですが、絵を描くのが好きになったきっかけや消しゴムハンコをはじめたきっかけ、その魅力は?
ボヤントさん:絵は小さな頃から習いに行っていました。私の絵の基本はすべてそこから学びました。
下絵は黄色の絵具で描きます。「黄色は上に色が被さっても違和感がないからだ」と教えられましたが、後に「これは光なんだな」って気づきました。それから思ったまま感じたままの色で描けばいいとも教えられました。
これもまた、目には見えない世界を自然に捉える訓練になっていたんだと大人になってからわかりましたね。
そして予定通り美大へ行きました。卒業後は編集の仕事に携わり、レイアウト担当でしたが、「イラスト、描けるでしょ?」って言われて描くようになったんです。そして、フリーのイラストレーターになって、1983年に消しゴムスタンプの本を出版しました。
当時、絵柄のゴム印が日本にはなくて、それで自分で消しゴムで作ったのが始まり。「これはおもしろい!」と思って企画を出版社に持ち込みましたが、それまで世の中になかったので、なかなか出版GOサインが出なかったんですよ。本を出版してからイラストレーターから「スタンプイラストレーター」と呼ばれるようになり、依頼もスタンプばかりになりました。

c0039735_16514149.jpgその本がきっかけで、数年後にスタンプインクや専用消しゴムが登場しました。私自身はスタンプの取手をスタンプと同じ絵柄で作りたくなって木工を始めたんですよ。そうしたらハマってしまいまして、木工オブジェ作家に転向しました。ただいま、ふたつのブログのマークにしているのが木工オブジェです。

現在は右手を痛め握力がなくなってしまったので、電動糸のこを使えなくなり辞めました。そして、再びスタンプを使用したスタンプ絵画を始めたんです。ブログの「らくがき」の動物たちは、このスタンプ絵画作品を写真撮りしてマウスでカットして作っています。ブログの挿絵として遊びで始めたんです。だから「らくがき」というタグにあるのは、ブログから生まれた絵画なんですよ。これから確立していきたい分野となりました。

エキサイトブログ編集部:自分らしい作品づくりのポイントやこだわり、大切にされていることは?また、記事アップの際に心がけていることがあれば・・・。
ボヤントさん:地球が大好きなんです。空、太陽、月、星、風、水、大地。かけがえのないもの。
地球上どこへ行ってもある空。すべての人が見ているんですよね。朝陽や夕陽の美しい空に感動したり流れる雲の美しさに、地上に溢れる草木のひとつひとつに光を見ます。絵を描く時は、「地球とそこに住む人々、すべての生命が平安でありますように」と、お祈りをします。「祈りを形にするとアートになる」が私の作品づくりの持論です。

エキサイトブログ編集部:季節感を伝える庭の花々がとても美しいですが、ボヤントさんの庭はご自身にとってどんな庭なのでしょうか?
ボヤントさん:最初に少しお話しましたが、この庭は母が造った庭です。山を切り開いてできた住宅地で、最初は草が1本もない更地だったんです。今、森のようなイメージを沸かせてくれる木々の1本1本、母が植えたんですよ。その木々たちから多くの潤いをいただいていることを思うと、両親に感謝してもしきれませんね。
大学時代から東京で長い間暮らしていたので、まさか実家のある田舎に戻るなんて考えてもみなかったです。でも、私はシングルマザーなので、東京で母子ふたり暮らしをするより、実家の敷地内には姉の家族も住んでいるから田舎の方がいいかな、と思って戻りました。都会からやって来た私にとって、庭の緑はまるでオアシスに感じたんです。ベランダからぽんと降りると、「おお〜、大地がある!」なんて思いましたよ。それまでマンション暮らしでしたからね。木々は、本当にやさしく私を迎えてくれました。
小さな普通の庭ですが、私にとってはオアシスに感じました。それでつけたブログ名です。
庭の木々も家族と思うようになりました。木々に来る鳥も虫も小動物も、みんな共に生きている家族なんですよね。

c0039735_16233076.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログのアクセスアップのために何か心がけていることは?
ボヤントさん:えええ〜。私のほうが教えてほしいです!どうしたらアクセスが増えるんですか?
自然に任せていますが、「Art Lesson」のほうは、アートや消しゴムスタンプに興味のある方には知っていただきたいですね。テキストになるように、なるべくわかりやすく技法などを紹介しています。近いうちにデザインの基本を載せる予定です。シンプルですが大切なことを伝えていこうと思っています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ボヤントさん:「美しいと感じること」を最も大切にしています。庭の植物や道端の草、空を眺めること。いつもそばにあるけれど、心がざわついていたり忙しいとその美しさに気づかないものです。
疲れている時こそ、ふーっと空を眺めてみると、大きな大きな空気が体の中に入ってきますね。美しいと感じた時、心に調和が戻ってきます。

c0039735_16515956.jpgエキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ボヤントさん:●また屋根に登ったよ。続 朴の花のあれから(2012.5.15)
朴は山にある木、庭にあるのは珍しい木なんですよ。朴の花の開花から枯れるまでをがんばって追いました。ご覧ください。

アラスカの大地からやって来た、わすれな草 (2012.4.17)
写真家 星野道夫さんとの最初で最後となった出会いをつづった「ナヌークからのプレゼント」と併せて思い出に残る記事です。 

冬に咲くビワの花 守られて今 (2013.1.16)
今ちょうど咲いています。去年、このビワの物語をつづったらコメントがたくさん寄せられました。

夏休みだ!ボヤントさんっちの恐竜たち(2012.7.28)
こちらは木工オブジェの40種類の恐竜たち。久しぶりに段ボールから出したんですよ。
続 ボヤントさんっちの恐竜たち/消しゴムスタンプ恐竜」には消しゴムスタンプの恐竜たちも紹介しています。

オアシスの庭の秋(2013.10.6) 
インタビューでも答えていますが、オアシスの庭の由来 についてつづっています。花は白いホトトギス。

緑の中の部屋(2013.5.16)
珍しく初めてアトリエの部屋を公開しました。ここで制作しています。

Art Lesson」のほうから2つ。
c0039735_23483739.jpg

No1 消しゴムスタンプカードの作り方
消しゴムスタンプカードを作る前に、大切にしていることをつづりました。

No2消しゴムスタンプの作り方 彫り方編
初心者向けの作り方をご案内しています。作ってみたい方は、このページからどうぞ。

エキサイトブログ編集部:いま一番ほしいものは?
ボヤントさん:一眼レフがほしいですね(笑)。エキサイトは写真レベルが非常に高く、刺激を受け続けています。ポンコツのコンデジでがんばっていますが、「一眼レフで撮ったらどうなるんだろう?」と最近イメージトレーニングばかりしていますよ。視点が変わると思います。
葉っぱの微妙な色の変化や地層もきれいだし、空や月も撮りたいです。今よりもっとたくさんの美しいものと出会えるでしょうね。

c0039735_23121492.png


エキサイトブログ編集部:最後に、ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします。
ボヤントさん:みなさんのブログからたくさんの刺激や気づきをいただいております。ブログを訪問すると、そこには、「ああ〜いいなぁ〜」がたくさん広がっています。知らない世界を知ることは心の豊かさに繋がっていきますよね。なかなかコメントまで残せませんが、コメントすることで共鳴しあえたり交流することから歓びを得たり、とても楽しいですね。感謝、そのひと言です。いつもありがとうございます。

アートブログは私が今まで培ってきた技術や楽しんできたことをお伝えしていきます。絵を描くことや作ることは心の解放です。楽しいと夢中になって子どものように無邪気になりますね。陽気なバイブレーションは周りの人を幸せにします。一緒に楽しみましょう。

c0039735_1647936.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

           *    *    *   *    *   *    *

【ボヤントさんのお気に入り&好きなブログ】

地球を感じることができる海外在住の方をご紹介しますね。

北欧ヴィンテージ、あ!いいって!む!アイテムたち
スウェーデン在住のem-pmさんのブログ式WEBショップ。目利きの彼女が捉えた北欧デザインのヴィンテージ作品は、作家の想いが伝わってきて見るだけでも感動。彼女の視点が捉えたストックホルムの街並も美しいですよ。

イギリス ウェールズの田舎生活
イギリス・ウエールズの自然の中で動物たちと一緒に暮らしています。スケールが大きいですね。アヒルの池だって陶芸家の旦那様がポンコツショベルカーで作ってしまう。モノ作り大好きな自然派家族。3人3様の子どもたちの成長も楽しみにしているブログです。

Hawaiiから
ハワイ在住。美しいハワイの海、そして山。またハワイは虹がいっぱいの楽園。2013年は、写真撮りした虹が40になりました。いろいろな虹に出会えるのも楽しみのひとつ。サンセットヨガの話も素敵です。そして、ていねいにハワイの食についても案内してくださっています。

あとおふたりは日本の方を…。

Sauntering
人気ブロガーのkkaiさんに出会ったのは、テント式野宿旅の記事が最初でした。テントから見た夜空は神々しいほどに美しかった。そばに置かれていた一冊の書物、それが星野道夫さんの本でした。道具へのこだわりの感性と知的で軽快な文章も魅力のひとつ。

RIVER LEATHER
北海道在住。皮小物のデザイナーでありアスリート。デザイナーとしての視点、思考がとても好きです。またランナーとして走っている北海道の雄大な景色も魅力。ふたりの坊ちゃんとの遊びの話もあたたかいものがあります。



ボヤントさんの「オアシスの庭/ボヤントメッセージ」を読んでみましょう。

★次回のピックアップブロガーもお楽しみに!
[PR]
by blog_editor | 2014-01-21 18:14 | アート