今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「クランドゥイユの手仕事メモ」のゆうこさん登場!

c0039735_2034538.jpgくしゃっとした風合いのコットンに、アンティークレースやリボン、革…をさりげなく組み合わせた、おしゃれなバッグや布小物たち…。独創性あふれるとってもすてきなハンドメイド作品は、ていねいな手仕事と斬新なアイディアから生まれます。作品やイベントへの思い入れはもちろん、数々の作品たちが奏でる写真も独自の世界を醸し出し、「いつもうっとり眺めています」と憧れのまなざしで見つめる読者も大勢います。
先日行われた「ルーズの美学」というイベントでは、「自分たちができることを…」という思いを込めて自ら企画・開催。売り上げの一部を義援金として、被災地へ寄付されました。

今週はグラフィックデザイナーであり、自分らしさへのこだわりをもつハンドメイド作家の「クランドゥイユの手仕事メモ」のゆうこさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
ゆうこさん:2005年にオープンした姉夫婦が営むスープ屋「カシュカシュ」&雑貨スペース「Rire er Rire」の定休日を利用してハンドメイドイベント「チクチク日和」の手伝いと出品、そのイベントの情報発信ツール&作品紹介&商品紹介の場として、姉と一緒にブログを立ち上げたのがきっかけです。
当時は「Rire et Rire」という名前でハンドメイドイベント「チクチク日和」にVol.01からVol.15までアーティストとして参加していました。

約3年間そのブログで楽しませていただき、その後2008年、現在の「クランドゥイユの手仕事日記」と題し、マイブログを立ち上げました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
ゆうこさん:主にバッグや小物などハンドメイド作品とイベントに関した記事と写真を紹介しています。高校大学とデザイン科を専攻し、卒業後はグラフィックデザイナーとして仕事をしていたこともあり、イベントフライヤーのデザインやオリジナルペーパーアイテムの作成、自分でデザインした図案をシルクスクリーン技法を用いて布に印刷してオリジナルパーツを使ったハンドメイド作品を作っています。
年に2回ほど主催として企画運営しているハンドメイドイベント記事では、イベント案内をはじめ、作品作りの苦労話や作家さんの素晴らしさをお話させいただいたり、会場作りの秘話からイベント後のレポートなど、手作りに興味のある方に楽しんで見ていただけるような内容をご紹介しています。

ライフスタイルでは趣味のお菓子作りやちょっとがんばった夕飯、おいしいカフェ情報、かわいい雑貨屋紹介、2歳になる娘とのおでかけのこと、そして2010年秋に完成したマイホームのことなど気分にまかせてつづっています。

c0039735_2039832.jpgエキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
ゆうこさん:県内外、海外までさまざまな方に自分の作品を見ていただけることが何より一番の喜びです。そして、ブログを通じて知り合うことができた尊敬できる作り手さん、いつも応援してくださるお客さまはかけがえのない宝物だと思っています。
星の数ほどあるブログの中から私を見つけてくださって、今回こちらの「今週のピックアップブロガー」として選んでいただけたことも大変うれしく光栄に思っております。本当にありがとうございます。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
ゆうこさん:普段は「○○ちゃんのお母さん」だったり、「○○さんの奥さん」だけど、一歩ブログの世界に入るとそこでは私は「クランドゥイユ」というお気に入りの名前でちょっぴり背伸びして日常を語ったり、いつもより気取ってランチしたり、格好つけてシャッターをきったり、アーティスト気分でハンドメイド作品をお披露目したり…。どこにでも行けちゃう魔法のパンプスを履いたように、ブログは私を普段の何倍も何十倍も楽しませて冒険させてくれたり、たくさんの刺激と出会いを与えてくれます。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
ゆうこさん:男前な行動力と発言、けれどもガラスのハートで臆病者、慎重派(笑)。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
ゆうこさん:お菓子作りが好き。中でも小学生時代からのオリジナルレシピで作るクッキーは簡単でおいしいですよ~♪
作ったお菓子を家族や友人が「おいしい~~」と笑ってくれる瞬間がとてもうれしい。
最近はまっているのは、やぎと戯れること。娘を連れてやぎ農場「ルーラルカプリ農場」に頻繁に行っています。
たくさんのやぎが放し飼い状態で自由にのびのびと暮らしている姿を見て触れ合うと、とても心が癒されます。

エキサイトブログ編集部:夢は?
ゆうこさん:尊敬するアーティスト325さんと一緒に県外で展示会をしてみたいです。
実現できるようそれまでもっともっと感性を磨いて、技術向上に努力します!
それからおばあちゃんになってもこのブログを続けていることでしょうか。

c0039735_20351066.jpgエキサイトブログ編集部:すてきなハンドメイドを楽しんでらっしゃいますが、手仕事の楽しさ、自分らしい作品づくりについて語ってください。
ゆうこさん:震災後の自粛ムードの中、松山千春さんの言葉に胸を打たれ背中を押され、私も「私らしくできることを始めてみよう!」と5/15のイベント「ルーズの美学」の開催に踏み切りました。
売り上げからの募金目的はもちろん、彼らの希望になれるような笑顔をひとつでも多く生み出せるようなイベントでありたいと願って…。

この度の東日本大震災の被災者の皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

手仕事のきっかけですが、とにかく人と同じものを持つのが嫌だった子ども時代。器用な祖母に教わったミシンで、体操袋や通学バッグなど、小学生低学年の頃から自分で作っていました。
子どもの頃は褒めてもらいたくて作っていたハンドメイドも、今は自分の作品で誰かに喜んでもらいたくて作成しています。
本格的にハンドメイドを始めたのは姉と一緒に企画していたチクチク日和に出品するため。
ハンドメイドイベントを通じてたくさんの作家さんや応援してくださるお客さまとふれあうひとときの魅力にはまっていきました。
根っからの「人と同じものは嫌」病は健在で、シルクスクリーン技法など取り入れて他との差別化や新しい素材にチャレンジしたりと常に研究しながら制作に励んでいます。
イベント会場でも見学会設定や映像、ディスプレイなどの演出にも力を入れてお客さまが五感で楽しんでいただけるよう工夫しています。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
ゆうこさん:子どもとまっすぐ向き合って遊ぶ時間を大切にしています。パソコンやテレビ、家事からすべて離れた場所で娘に気持ちをすべて向けて過ごす時間を少しでも長く作るように心がけています。
娘が少しずつおしゃべりが上手になり、言葉で愛情を返してくれる日々にとても癒されています。

c0039735_20353870.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
ゆうこさん:●「貯金袋をどうぞ」(2011-03-27 01:24)
東北地方太平洋沖で被災された方に、なにかできることから始めようと思い、私なりのアクションとして募金用の貯金袋をデザインしてブログから無料ダウンロードできるように公開しました。
自分でコツコツ貯めてから義援金を送りたいと思う方に、持ち歩いてほしい。
毎日持ち歩くもの、目にするものになってほしいから封筒もおしゃれに越したことはありません。
封筒を見るたび、明るい未来を願えるよう、お気に入りを持っていてほしい。そんな想いから作成しました。

●「ルーズの美学 イベントレポ 作家さん」(2011-05-22 21:50)
自宅一階の美容室の定休日を利用してハンドメイド5人展を開催。そのイベントの様子をレポートしています。

●「チュールとコットン、白のしじまに  ありがとうございました。」(2010-07-29 08:52)
開店3時間以上も前から並んでくれたお客さま。全国的にも有名なハンドメイドアーティスト325さん、アクセサリーのUEさんと3人で作り上げたイベントには、初めてプロジェクターの投入を試みて手作りの課程など上映。多くの方に足を運んでいただき作品だけではなく、演出でも楽しんでいただくことができました。

●「左官屋泣かせのお施主さん」(2010-08-24 21:22)
マイホームの外壁をぐるりと一軒分、自分で塗ってしまいました〜!

●「洋風袱紗」(2010-07-13 12:45)
友人の結婚式のためにドレスに似合う袱紗を考えついたのがきっかけで、クランドゥイユを代表するハンドメイド小物になりました。

c0039735_20402081.jpgエキサイトブログ編集部:最近、感動したことは?
ゆうこさん:偶然見たNHKの「スーパーフラワーレッスン」で、世界的フラワーデザイナー、カトリーヌ・ミュレーさんの卓越されたセンスに久しぶりに背中がぞくぞくするほど感動しました。自由な発想で作り上げる見たこともない花束や斬新なテクニックに大変大きな刺激をいただきました。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
ゆうこさん:震災のこと、原発のこと。震災直後には全テレビ局で取り上げられた震災ニュースも、今は以前と変わらないニュース番組の一枠として流されている現状に、未だ辛い生活を強いられている被災者の方の気持ちを思うといたたまれません。
被災地の一日も早い復旧と被災された方々が一日も早く心安らぐ日を送れることを心よりお祈り申し上げます。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
ゆうこさん:たくさんのブログに中から見つけてくださり、訪問してくださってありがとうございます。
おいしいものもかわいいものも、ハンドメイドも、わたしにとっても皆さまにとっても、笑顔のエッセンスになればと思っております。
コメント欄で皆さまとお話させていただことも楽しみにしております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【ゆうこさんのお気に入り&好きなブログ】

★「325の、いま
ハンドメイド界に刺激を与え続けるハンドメイドアーティスト325さんのブログ。
研ぎすまされた感性で生み出される作品はアトリエオープンのたびに完売するほど人気です。

★「sumireno +suisse+
静岡の自然に囲まれた花と雑貨のお店、スイスの古い雑貨や資材の美しさに惹かれます。

★「Such Pretty Things
海外ブロガーさんです。読むというより、見る!!カラフルな写真にいつもアイデアのヒントをいただいたりときめきをもらっています。

★「creaturecomforts
こちらも海外ブロガーさん。日常すべてがデザインでアートだということを再認識させてくれるディスプレイテクニックやレイアウト校正、奇抜な色使いに刺激を受けています。

★「oh oy!
私にとってデザインのヒントがギュッとつまったお気に入りのアイデアブックのような存在です。作品作りや空間演出で行き詰まったとき必ず立ち寄ります。




【ゆうこさんのライフログ】

子どもへのまなざし

佐々木 正美 / 福音館書店


講演会を聞いたことがきっかけで、子どもの育て方について深く感銘した一冊です。これから出産される方、子育てに思い悩んでいる方、障がいを持つお子さまと一緒にがんばっていらっしゃるお母さまにぜひ読んでいただきたい一冊です。

ゆうこさんの「クランドゥイユの手仕事メモ」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2011-05-28 17:15