今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「万年筆でサラサラ落書き」のkan4junさん登場!

c0039735_4214763.jpgお笑い界の人気者タモリさんや浜ちゃん、劇団ひとりさんはじめ、ミュージシャンの桑田佳祐さんや平井堅さん、若きプロゴルファーの石川 遼くん、俳優から作家に転向して今話題となっている水嶋ヒロさんなど。
有名俳優やタレント、大物歌手から、話題の“時の人”まで、さらさらっと描いた似顔絵が印象的です。

力強さと繊細さを合わせた万年筆タッチのイラストが独自の雰囲気をつくりあげています。

「今度は誰が登場するのかな?」と楽しみなブログ、「万年筆でサラサラ落書き」のkan4junさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
kan4junさん:こちらこそ、このようなすばらしい環境をご提供いただき誠にありがとうございます。
このブログをはじめたそもそものきっかけですが、「ブログを書いてみたいけど、人とは違うものにしたいな。自分だけが表現できるユニークなブログはないかなぁ?」と以前よく考えていました。その時ふとひらめいたのが「そうだ、もともと落書きが好きだったな」ということ。ちょうどそのころ、万年筆を使いはじめていたことから「万年筆で似顔絵を描くブログっていうのはどうだろう?」という発想にたどり着きました。
「おもしろそうだな。まずは考えるよりやってみて、だめなら辞めたらいいや!」という、いわば「行き当たりばったり」的なスタートがきっかけです。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
kan4junさん:「万年筆でサラサラ落書き」は、万年筆で描いた有名人の似顔絵と簡単なコメントを日々掲載するブログです。薄い中身ですが、一度見てくれた人が「あのブログ、今日は誰の似顔絵が更新されているのかな?」と再度訪れてくれればいいなと思い、基本毎日更新を心がけています!
記事ネタと有名人の画像は、iphoneを使って毎日検索しています。
以前はPCで記事と画像を検索、印刷した画像を見ながら描いていたので準備が結構大変でしたが、携帯をiphoneに替えてからは「iphoneのブラウザで情報収集し、画面に表示させた画像を見て即描く」というスタイルになり、随分スピーディになりました。
ちなみに似顔絵の描き方ですが、アルコール系インクマーカー 「コピック」(C2 CoolGray)で目、鼻、輪郭の大枠をほぼ直線でサッと引きます。そのあと万年筆で一気に描いていきます。最後は再度コピック2色のグレー(C2,C4)を使って色を塗り完成です。鉛筆等を使ったパーツの下書きは行いませんし修正もありません。「毎回が気合いとスピードの一発勝負!」です(笑)。
最近はモノトーンだけではおもしろくないと思い、フリーソフト「Gimp」を使ってカラーを変えたりしています。カラーを変えると作品のイメージもがらっと変わるので、結構新鮮でおもしろいです!

c0039735_422913.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?  ブログのよさは?

kan4junさん:最初ブログは自分にとって日記のような存在でした。「継続は力なり」という言葉の通り、毎日更新し続けることが自分を成長させるのではといった、いわば修行のようなイメージを持っていました。
ところが、たまにコメントをいただいたりすると「ぜんぜん知らない人が自分のブログを見て楽しんでくれているのかぁ…」と今までにない感動を体験しました。それと同時に、「みんなに見てもらうのだから、もっと絵がうまくならないと!」という向上心が芽生え、半ば中毒?のような状況になり、やめられなくなりました(笑)。
そういう意味では、ブログのよさは自分を成長させてくれるというところでしょうか。正直、以前の作品を見ると恥ずかしくなりますが…、まぁ成長した証ということでよしとしています。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
kan4junさん:家族からは「頑固でマニアックやな」とよく言われます。自分ではいたって普通だと思っているのですが...(笑)。もっとも、妻もマニアックだし子どももマニアックなような気が…。気がつけばマニアック家族だったりして。妻に怒られるなぁ...(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
kan4junさん:絶対、小川隆夫さんです!小川さんのブログ、JAZZ blog「Keep Swingin'」は私のお気に入りブログで常にチェックしています。ジャズ、フュージョン系音楽が大好きで、現在は休刊してしまいましたが、ジャズ雑誌「スイングジャーナル」に載っていた小川さんの記事もよく拝見しておりました。JAZZ blog「Keep Swingin'」はとても充実したブログで、読んでいるうちに小川さんと会話をしているような錯覚になります。
小川さんのフィールドはさらに広がり、現在はインターFMで「JazzConversation」という放送も行っていますが、残念ながら茨城県では視聴できません。 radikoさん、茨城県も対象エリアにしてもらえませんでしょうか! ライブも定期的の行ってみたいですので、いつかは小川さんの似顔絵をもちろんプレゼント用として持参して、小川さんにお会いできたらいいなぁ〜なんて思っています。

c0039735_424220.jpgエキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
kan4junさん:やはり、万年筆で何かを描くことでしょうか。普段は仕事柄パソコンを使うことが多いですが、個人的にはデジタルよりアナログ的なことが好きです。毎日ジャズをひたすら聞きながら、ブラックコーヒーをたまに飲んで淡々と絵を描きつづける日々が来たら、それは楽しいだろうなぁと考えたりもします。実際やってみると、それはそれで飽きたりするかもしれないですね…(笑)。

エキサイトブログ編集部:夢は?
kan4junさん:現在は会社勤めですが、妻とは「将来は絵を描くことで食べていければいいな〜」と話しています。ちなみについ最近会社の後輩が結婚することになり、プレゼント用のウェルカムボード作成にチャレンジしてみました。絵は自分が描き、周りに装飾した粘土で作った花や装飾文字などを妻が担当、大事な人にプレゼントするものなので「この世に一つしかない素敵なものにしよう!」とがんばりました。後輩にプレゼントしたときは、とても喜んでくれたのがうれしかったですね!
現在は茨城県つくば市在住ですが、妻共々関西出身なので、ゆくゆくは、妻の実家の京都に居を構えたいです。その時はブログ「万年筆で京都ぶらぶら描き」なんてのをやりたいですね!京都の自社仏閣などを中心にサラサラと描ければ楽しいんだろうなぁ、と妄想したりしています。
そういえば実は私"仏像"が大好きなもので、近々「魅惑の仏像リレー」というタイトルで仏像似顔絵(?)にチャレンジしようかと思っています。その時は皆さん、閲覧どうぞヨロシク!

エキサイトブログ編集部:万年筆ならではの独特のタッチの似顔絵が印象的ですが、似顔絵を描き始めたきっかけやその魅力、制作の楽しみは?  また、自分らしい作品作りやこだわりなどが
あれば…。

kan4junさん:もともと小さい頃から落書きが好きでした。道具にも興味があり、漫画家が持つようなGペンなども使ったりしましたが、「何度もインクをつけなきゃいけないから結構大変だよな…」と無精者の発想からいつしか使わなくなりました。その後、仕事で使う文房具として「デキるビジネスマン(本業は会社員なもので...)は万年筆を持たねば!」とやや衝動買い気味にラミーのサファリという万年筆を手
に入れました。
サファリという万年筆は鉄筆でやや固めなので「なかなかいい書き心地やな。」と当初は仕事で使っていましたが、そのうち「そうや、これならインクも装着されているのでいちいちインクをつけずにずっと書き続けられるやん。ひょっとしたら味のあるイラストが描けるんじゃないか?」と、まぁ普通の発想なんですがそう思いました。それから万年筆を使って直線や丸、四角、三角の線だけをひたすら描き続け、やっと万年筆の特性がわかってきたところで本格的にイラストを描き始めました。特に人を描くことに興味があったので、その後本ブログを始めることになり、現在に至っています。

c0039735_4253033.jpg

似顔絵を描くことのおもしろさは、風景画とは違いその人物に似ているか似ていないかがはっきりするところでしょうか?
人に絵を見せた時「あ、すごく似ている!」と言ってもらえればとてもうれしいですし、「これ誰?」なんて言われると結構落ち込みます… ということで、白黒はっきりさせる"真剣勝負"っていう感じですね。
楽しさというところでは、万年筆で描いた後のマーカーによる色付けが意外にハマります!これはまさに"塗り絵"そのもので、塗り重ねていくごとに顔の表情が浮き上がってくるのが感動です!みなさんも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
kan4junさん:休日に家族とショッピングモールでぶらぶらしながらいろいろなモノを見ることでしょうか?ショッピングモールは「小さな街」みたいなもので、おおよそ時代の流行を感じ取ることができますし、大きな書店もあるのでいろいろと情報収集することができて楽しいです。
突然、投稿ネタを思いつくこともあります。

c0039735_4261315.jpgエキサイトブログ編集部:数ある作品の中で、ご自身が気に入っている作品や気に入っている記事といえば?また、読者に評判だった記事は?
kan4junさん:●ジョンウェイン
ペン画でのデビュー作品です。いや〜今見ると「よくこんな状態で公開したなぁ」と思いますが、当時はいっぱいいっぱいだったことを思い出す記念の作品です。

タモリさん その2
万年筆だけではなかなか表現の幅が出ないなと悩んだ末、イラストレーターの必須アイテムであるアルコール系インクマーカー 「コピック」で着色し始めた頃の作品。まだまだ表現が未熟ですが、初めてコメントをいただいてうれしかったのを覚えています。

桑田 佳祐さん
食道がんの治療で休養することになったことを知り、急遽掲載しました。桑田さんは大好きなアーティストで通算4回描かせていただいておりますが、元気になった姿も必ず描きたいと思っています。

石川 遼くん
笑顔が素敵な遼くんですが、この時はショット後のきりっとした表情を描いてみました。

水嶋ヒロさん(齋藤 智さん)
初めて書いた小説が大賞ということで、びっくりして載せました!
水嶋さんも桑田さん同様に計4回描かせていただいておりますが、これからも登場するはずです。

鈴木 Q太郎さん
作品に色をつけた最初の作品。Q太郎さんの濃さと紫が変に合っているのではと勝手に満足しています(笑)。

c0039735_4265056.jpgエキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
kan4junさん:万年筆は大好きなので何本でも欲しいですね。東京・品川に「フルハルター」という万年筆専門店があるそうで、ぜひそこに一度行ってみたいと思っています。店主は森山さんという方で、ペン先研ぎの職人さん。こちらで万年筆を購入すると、あらかじめ持ち方や角度をチェックしていただいた上でその人の最適な状態にペン先を研いでくれるそうです。いつかはここで万年筆をオーダーできるようコツコツと貯金をしなければと思っています(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
kan4junさん:ちょっと固い話になりますが、最近日本とインドがEPA両国間の貿易やサービスなどの自由化を進める経済連携協定で正式合意したことでしょうか。難しいことはよくわかりませんが、EPAが発効されてから10年間、日本とインド間のほとんどの輸出入物品が無税となるようです。実は私の本業はアパレル小売業でシステムを担当し、インド人スタッフに仕事をサポートしていただいおります。
彼らはまだ20代半ばで若いのですが技術も高く、やる気もあるので大変助かっています。そういう意味でEPAにより日本とインドがお互い仲良く成長できればいいなと思っています!

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
kan4junさん:毎日更新していますので、ちょっとひと息ついた時にでも「そういえば今日は誰を描いているんだろ?」と覗いていていただければうれしいです! 
さらにコメントを入れていただければさらにうれしいです!もちろん、描いてほしい人のリクエストも大歓迎です!

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。




【kan4junさんが好きなブログ、気になるブログ】

なかなかいろんなブログを見る時間もなく、以下3つが最近のお気に入りです。

JAZZ blog「Keep Swingin'」
「会ってみたいブロガー」にも書かかせていただきました小川さんのブログ。JAZZが熱いです!

Draw your Dream
日本を代表するカリカチュアリスト=似顔絵アーティストのKageさんのブログです。カリカチュアとは特徴を大げさに強調して描いた風刺画の意味らしいですが、モチーフとなる人物を単に似せてるのではなく、その人の内面性までも表現した似顔絵だそうです。Kageさんの描く人物画は唯一無二のとてもユニークもので、とても勉強になります。

Joy & Jura
妻の学生時代の親友がアップしています。イタグレのジョイくんとウィペットのジュラちゃん、画家のUさんとお春丸さんの日々をつづったフログです。時々登場するお春丸さんのイラストが結構おもしろいですね!




【kan4junさんのライフログ】

最近では以下の2冊を読みました。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

岩崎 夏海 / ダイヤモンド社


「もしドラ」の愛称で大人気の本作品、会社の後輩が持っていたのでつい借りて読んでしまいました。経済学者ドラッカーの本は以前から何冊か読んでいましたが、マネジメント手法をユニークな比喩で表現しているところはとてもおもしろかったです。表示とのギャップはいまだに違和感を感じますが...。

ONE PIECE GREEN SECRET PIECES (ジャンプコミックス)

尾田 栄一郎 / 集英社


子どもの影響で漫画に目覚めてしまいました。ワンピースは超有名な漫画ですが、特に気にしていませんでした。ところが、子どもが熱心なので、「何々、そんなにおもしろいのか?」と読み出したらはまってしまいました(笑)。
「ONE PIECE 」はストーリーが巧みで、登場人物もユニークかつ多い。誰が誰だかなかなか覚えられないぐらいです(笑)。世のお父さん方、子どもの好きな漫画を同じ目線で理解できたら、コミュニケーションがばっちりとれますよ! もちろん、尾田 栄一郎先生の画力にも脱帽です!

kan4junさんの「万年筆でサラサラ落書き」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2010-11-12 00:30