今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「エンゾの写真館 with Keep On Driving!」のエンゾさん登場!

c0039735_15404671.jpg雲の切れ間から差し込む光や燃えるような夕陽、神秘的で吸い込まれそうになる星空や夜明け前の深き青空…。
眺めているだけで時が止まったようにくぎづけになってしまったり、背筋がぞくぞくする感動を覚えたり…。そんな地球の息吹を感じるような風景写真をはじめ、旅先で撮った心をとらえる写真の数々に、元気をもらう読者が多いはず。
そのときどきの思いや自分を振り返りながら本音で語る文章からは、とても前向きでピュアな人柄が伝わります。
今週は、今生きているご自身の貴重な体験を振り返りながら、見ている人に勇気や元気を伝えたいと語るフォトグラファー、「エンゾの写真館 with Keep On Driving!」のエンゾさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
エンゾさん:こちらこそいつもありがとうございます。
きっかけは単純で、友人がブログをやっておりまして。それを見て「面白そうだなぁ…」と思い、自分でも始めてみました。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
エンゾさん:その時僕が感じた地球の息遣いを撮った風景や、日常の中で「あぁ…いいなぁ」と感じた風景、そしてクラッシックカーや街で出会ったクルマのグッと来る瞬間を捉えたもの。また好評の、もう1つの地球を閉じ込めて撮るガラスの林檎シリーズなどを中心とした写真ブログです。UPされている写真に、撮ったときどんなことを思いながらシャッターを切ったのかというキャプションと撮影データを添えて、一枚の記事にしています。
文章の内容は、フォトグラファーに転身してしまった男の悪戦苦闘日記!といいましょうか(笑)。たまにつらつらと書いている、くすぶり続けているフォトグラファーのぼやきです。
ちょっと仕事が入ると小躍りして喜び、仕事がないと沈んでゆくという、あまりにも単純な精神構造をもつ男の雑記帳という感じのブログです(笑)。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
エンゾさん:ブログを通して得たものは…、やはり「仲間」ですね。
職業や肩書きなど関係ないところでつき合ってゆける仲間や、素晴らしい人々との出会いを得ることができました。
今でもしょっちゅう電話をしたり、一緒に写真を撮りに行ったりする仲間ができたり・・・。フォトグラファーとして迷った時、いつでも相談に乗ってくださる師匠との出会いも、ブログのつながりからでした。
ブログを通して得たものはとても大きいものですね。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
エンゾさん:いろいろな意味で「気軽」なところだと思います。運営する側は更新したい時に更新、「節度をもって」という前提もありますが、好きなことを書けるし、何よりも自分の「歩み」みたいなものがそこに記されて、いつでも気軽に振り返ることができるところじゃないかなと思いますね。
また、見る側としては、ふだん決して知り合うことのないような人であっても、コメントしたければコメントできるし、そういった方の人となりを垣間見ることができたり。
僕は写真が好きなので、写真ブログを運営なさっている方々の目線を通した「今」を見ることができ、とても楽しませてもらっています。
それは、難しい操作など必要なく、リンクをクリックするだけで気軽にいろいろな方々のところへ飛んでゆくことができる、そういった気軽さみたいなものがブログの良さなのではないかとおもっています。

ただ、気軽さという点で、エキサイトさんにお願いがあります。ブログはとても気軽でいいのですが、ブログでUPしている画像を他の人に勝手に使われていることがあるんです。つい先日は、ある方がUPロードしたユーチューブの動画に、なんとサムネイルとして僕の作品が使われていたり。以前はスーパーのチラシにも使われていました・・・。そこで、画像を落とせないようにプロテクトする機能をぜひとも追加してもらえるとうれしいです。

c0039735_15381215.jpg


エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
エンゾさん:自分のことって、結構わらないんですよね(笑)。
見た目は痩せててひょろひょろしてて・・、・なんだか即身仏みたいな感じなんですが。
わりとよく言われるのが・・・変わり者って言われます。自分ではそうは思わないのですが(笑)。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
エンゾさん:これまで、何人かのブロガーの方とお会いしてきました。
例えば、今は師匠として尊敬しております「from our Diary MASH 『写真は楽しく!』」のMASH Bossさんですとか、
北海道の奇人・・・いやいや天才フォトグラファー「Magnum Yoda Photography」のMagnum Yodaさんですとか、
ワルテルとソーラと小説家」のWalterbさんですとか。
あと、他のブログサービスになってしまいますが、「burg ism」のburgさんなどお会いさせていただいています。
また、こうした皆様の中では、結構共通の知人、友人として話題に出てくる方がいまして、「写真家相原正明のつれづれフォトブログ」のmasabikeさんや、「Capucci-photo」のCapucci-mmさん、「タスマニアで生きる人たち」のsomashionaさんが話題にのぼってきます。
このお三方とは、ぜひお会いしてみたいなぁ・・・と、思っています。
それと、この方も!「グリフィンドールに10点」と「TOTOTO CLUB」の両方を運営されているkelbinさん! この方のギャグセンスがツボなんですよ!

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
エンゾさん:やっぱり「写真」になってしまいますねぇ・・・。
好きなことを仕事にしてしまって、逃げ道がないので辛い時もあります。
他に趣味が持てればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかず・・・。四六時中写真のことを考えています。

エキサイトブログ編集部:夢は?
エンゾさん:世界的に有名なフォトグラファー!!(…うそうそ…言ってみただけです)
でも、夢は大きく(笑)世界中を飛び回り、写真を撮り、そして発表してゆく…。
そんなことを夢見ています。あくまで夢ですから、言わせてくださいね。

c0039735_15372093.jpg


エキサイトブログ編集部:感動するような美しい夕日や星空、各地で見た風景など、心に残る写真が魅力的ですが、エンゾさんにとって、写真を撮る楽しみ、どんな写真が撮れたときに喜びを感じますか?
エンゾさん:ちょっと長くなりますが、ここはグッとまじめに答えてしまいます!
写真を撮る楽しみや喜びを感じる時…。一つには、地球という大いなる生き物の神々しさを納められたとき…でしょうか。この地球で生きるすべての生き物は、地球のルールに沿って生き、暮らしている。その地球の神々しさを感じることのできる一枚が撮れたとき、カメラを手にしていて良かった…という気になります。そしてもう一つは、見てくださる方が「見てよかったなぁ…」と思ってくださる一枚が撮れていたときですね。
それには理由があります。

僕はある夏の夜…奇しくも誕生日前日に、大きな交通事故で心肺停止し、生命が一度停止しました。そして、誕生日に再び生を受けたのです。
その時、体にはさまざまなダメージを受け、顔も腫上がり、醜い姿をしていました。入院中は、他の患者さんの見舞い客に好奇の眼で見られ…差別ではなく、「区別」されている自分を感じました。
そんな僕を和らげてくれたのが、入院していた病院に飾られていた写真や絵だったんです。
その病院の壁には、至るところに絵や写真が飾られていて…その写真や絵を、僕は真夜中誰もいなくなったときに、車椅子でゆっくりゆっくり見て回るのが好きでした。
誰からも自分を好奇の眼で見られることのない、深夜の病院…。少し救われる時間でした。
その後、僕は退院すると家に閉じこもりました。「誰にも会いたくない…」という気持ちでした。

そんな中、友人が一台の小さな小さなコンパクトデジタルカメラを手渡してくれました。最初は、家の中のものだけを撮って遊んでいましたが、だんだんと外のものも撮りたくなってきて…。でも、この醜い姿…。
「そうだ!誰もいない夜に出かければいいんだ!」そう思い立って、僕は夜の公園や街に出かけて行きました。夜の闇は、醜く腫上がった顔を隠してくれます。悲しい姿を隠してくれます。
「人目を気にしなくていいんだ」と思ったら、撮ることがだんだん楽しくなってゆきました。
写真を撮るのは初めてではなかったとはいえ、だいぶブランクが開いていたので、それがまた新鮮で楽しさを膨らませてくれました。
それから、長い年月がかかったものの、怪我も徐々に…、本当に徐々にでしたが回復してゆき、とうとう僕はデジタル一眼レフを手にすることになりました。(今考えると、そこから本格的な作品作りを始めたと言えます)

デジタル一眼レフはコンパクトデジタルに比べ、撮るものの幅を広げてくれます。僕は海へ、山へ…いろいろな場所へでかけて行くことにしました。
写真を撮るために体力を戻そうと、トレーニングを始めました。怪我をした直後は46キロまで落ちていた体重も、少しづつ元に戻ってきました。
その頃でしょうか、ブログを始めたのは。撮った写真を見てくれる人が出てきました。僕の撮った拙い写真で、「元気が出てきました…」そういってくださる方が出てきました。
「あぁ…ありがたいな、僕の写真を見て元気を出ししてくださるんだ、ありがたい・・・」
そう思って、また撮りに出かけました。そして、気が付いたんです。「あ…、僕にできることがあるじゃないか。僕も写真で救われたように、僕の写真で元気が出てくださる方がいるなら撮り続けよう」そう思いました。
それ以来、僕はこの「見てくださる方のために」ということを軸に置いています。

エキサイトブログ編集部:また、自分らしい写真を撮ろうと心がけていることやこだわりなどがあれば…
エンゾさん:それから写真の深い世界にはまって行き・・・、趣味だった写真はいつしか仕事に変わってゆきました。
今は、仕事の写真は仕事の写真として、依頼内容と使用用途に合わせた撮り方をしていますが、基本的に「自分らしく撮る」ということは変えずにシャッターを切っています。
ただ、仕事で撮ったものと自分の作品として撮ったものとでは、その「自分らしさ」の配分が違います。
仕事写真は、あくまでも「クライエント様のために撮るもの」です。
しかし、自分の作品は「自分らしさ丸出し」で勝負しなければ、見てくださる方にも失礼ですし、また、そういったものが求められる世界だと思っています。
ブログではさまざまな制限があるため、UPできるものが限られてしまいますが、なるべくそういった「自分らしいもの」をUPし、かつ見てくださる皆様が楽しんでいただける記事作りをしてゆきたいな…と思っています。

c0039735_15384888.jpg


エキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
エンゾさん:ぼ~っとしている時間ですね(笑)。
普段からぼ~っとはしているんですが、何も考えないという時間を大切にしたいと思っています。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で、ご自身が気に入っている記事や思い出深いある記事といえば? また、読者に評判だった記事は?
エンゾさん:ウチのブログはあまりコメントが着かないので(笑)好評だったかどうかわからないのですが
自分的には、2009年5月26日の記事で「ローカル線のような・・・」と言う記事。これは、あるメーカー様に納品する写真を過去画像の中から選んでいる時にUPしたものでした。このメーカー様との仕事は、フォトグラファーの僕にとって大きな仕事になるものでしたので画像を選びながら感慨深くなっていました。
写真の世界では決してエリートとは言えない自分が、ようやくこういった仕事をいただけるようになったんだなぁ…と。そう思ってフト、今まで撮った写真や、過去のブログ記事で振り返って見たくなった。
そんな思いが詰まった記事でした。

・2009年6月26日の「光あれ・・・」と言う記事と同年6月28日の「ふたり・・・I LOVE YOU慈しむ時の中で」の続き記事。
病に倒れ、現在リハビリに励む写真仲間に向けた写真でした。
また、「光あれ・・・」は、リハビリに励む写真仲間のほかにも、今現在困難な事に向かっている仲間やブログを見て下さっている困難な状況に陥っている方にエールを込めてUPした記事でした。
何も出来ない自分ですが写真で何かできれば…そんな思いを込めた一枚でした。

最後に、2007年8月25日の「ニコンカレンダーに採用されました」と言う記事です。
最後に、「ニコンカレンダーに採用されました」は、自分にとってのターニングポイントになった一枚「山の力 無言の力」が結果を出した事を報告させていただいた記事でした。
この一枚は、僕のフォトグラファー人生にとって大きな一枚になりました。
その事をこれまで応援してくださった皆様へご報告と感謝を述べることができた思い出深い記事になりました。

c0039735_15393461.jpg


エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
エンゾさん:体がもう一つ欲しいです・・・もう、一人でいろいろやるのに限界を感じています(笑)。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
エンゾさん:なんといっても国会の動きです!
今、日本が揺れていますし、我々国民はそれをどう受け止めてゆくべきなのか・・・目が離せません。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
エンゾさん:いつもありがとうございます。
この記事を読んでも嫌いにならないでくださいね(笑)。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【エンゾさんが好きなブログ、気になるブログ】

●「from our Diary MASH 『写真は楽しく!』」
僕の師匠のブログです。プロフォトグラファーの世界をのぞくことが出来ます!

●「Magnum Yoda Photography
北海道の写真仲間が、病気と戦いながら更新しています。写真のこともいろいろ詳しく解説してくれています。

●「ワルテルとソーラと小説家
僕も大好き、かわいいワルテル、ソーラの写真日記!コメントを書くとワルテルかソーラが可愛くお返事をしてくれます。

●「グリフィンドールに10点
この方の投げやりなギャグセンスが最高に笑えます!ハマッたらもう抜け出れません!

●「burg ism」 
写真に対して真っ直ぐで真摯な友人が綴る写真ブログです。長く撮り続けている湘南シリーズは必見です!



【エンゾさんのライフログ】

HANABI

Mr.Children / TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)


最近、ハマっている曲はMrチルドレンのHANABIという曲です。
曲の中にある「誰もみな問題を抱えている だけど素敵な明日を願っている」という一節が好きで、しょっちゅう聴いています。

エンゾさんの「エンゾの写真館 with Keep On Driving!」を読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-07-21 17:57