今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

「Forever Young」のYOSHIさん登場!

c0039735_17534663.jpg深い森に囲まれた湖や川でのルアーやフライフィッシングをはじめ、どこまでも続く大海原でのダイナミックな海釣りまで。大自然の中で楽しむフィッシングの醍醐味や、大物をしとめたときのうれしさが画面いっぱいに伝わる爽やかな笑顔と少年のようにキラキラした目の輝き。そして、手にしたビッグフィッシュと美しい限りの風景に、同じ趣味を持つ人はもちろん、そうでない人でも「釣りって楽しそう!」「ぜひ体験してみたい!」と思わず、感動してしまうはず…。

今週は、オーストラリアの大自然を舞台に繰り広げる釣行記を、臨場感あふれる写真と文章でつづるアウトドア系ブログ。フィッシングの魅力をたっぷり伝えてくれる、「Forever Young」のYOSHIさんに登場していただきました。

エキサイトブログ編集部:いつもご利用いただき、ありがとうございます。ブログをはじめたきっかけは?
YOSHIさん:こちらこそいつもお世話になっております。
きっかけは釣友のブログを見たことです。ホームページと比べて簡単に文章と写真が載せることができ、すぐに更新もできて釣果日記にもなるし、写真を撮るのも好きなので、「これだ!」って感じでした。あと無料なのも要素かな(笑)。

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
YOSHIさん:釣り好きの父の影響で子供のころからよく釣りに行いってたんですよ。そして、北海道の大自然と鱒にすっかり魅了されてしまい、鱒の聖地ニュージーランド南島を旅して流れ着いたのがオーストラリアでした。今はブリスベンに在住し、さまざまな魚とオーストラリアの自然に遊んでもらってます。
私達の中には「いくら歳をとっても変わらないモノ」ってあると思うんですよ。大人になって社会の流れや仕事、人間関係に追われて少しずつ凹んだり歪んだり、または磨かれたり。そんな中で損得勘定やストレスなど感じず、ただ純粋に楽しんだ少年のころの自分に戻れる時、簡単にいうとすべてを開放できる世界。自分にとってはそれが釣りであり、その世界で出会う魚や景色、動物を文章と写真でカタチにしたのが「Forever Young」というブログです。

エキサイトブログ編集部:ブログを通して得たもの、新しい発見は?
YOSHIさん:価値観を共有できる仲間達と知り合えたことです。ブログって自己表現しやすい空間だから、自分のブログを見てくれている人は考えや趣味が似た人達だと思います。面白いことに、ひとりと知り合うとその方が実はすでに自分の友達の知り合いだったり、その出会いからまた芋蔓式に仲間が増えたりして、なんとも“うれし不思議な時代”に生まれたことに感謝です。

エキサイトブログ編集部:ブログのよさは?
YOSHIさん:リアルタイムでアップできたり、情報の旬を逃さないことでしょうか。釣りだったら、どこで何が釣れてるとか。特にエキサイトブログでは画像が大きく貼れるし、アップされた写真の質もいい感じがしますね。写真好きにはお勧めだと思います。そのおかげもあって、ブログを始めてから写真と文章の向上心が芽生えました。

エキサイトブログ編集部:自分をひとことでいうなら、どんな人?
YOSHIさん:うーん、、、「単純」っすね(笑)。すぐに人を信じちゃうし影響されちゃうし、物事をまったく深く考えずに行動したり、楽しいことばかり考えて嫌なことがあってもすぐに忘れちゃうからかな。能天気って言った方が分かりやすいかもしれませんね。

エキサイトブログ編集部:会ってみたいブロガーは?
YOSHIさん:自分のブログを見てくれているブロガーさん達。たぶん皆さん濃い人たちなので、まさに濃密な時間(笑)が過ごせそうだから。

エキサイトブログ編集部:一番好きなこと(モノ)、ハマっていることは?
YOSHIさん:好きな事はもちろん釣りですけど、最近特にハマっているのは表現することですね。
特に釣りを通して体験したことを写真や文章で表現すること。文章も写真も現実に起こった、または見たことをそのまんま伝えるんじゃなくて、その120%で表現することができるから。一行の文章や一枚の写真に感動したり熱くなったり、悲しくなったり、そういう力が表現にはあると思うんです。
もちろん調子が悪いときは50%になっちゃったり、200%で表現すると嘘になっちゃうからその加減もまた面白い。どこをどう切り取って魅せるか、どうしたら臨場感や楽しさ、怖さなど自分が伝えたいところを魅せつころができるか。いつもそこが難しくてハマっちゃうんですよ。そしてまたコメントや読んでくれた人のリアクションも楽しみです。自分はまだまだ発展途上なので、これからもっと表現力を磨いて行こうと思ってます。

c0039735_18211612.jpg

(写真をクリックすると大きいサイズで見られます)

エキサイトブログ編集部:夢は?
YOSHIさん:キャンピングカーにボートを積んで相棒と世界を釣り回ることです。世界は広いし、魚は数え切れないほどいる。そしてその一匹一匹に手探りで挑むんです。難関は多いと思いますが、失敗談は後で笑い話になるし、その道程で出会う息を飲む景色や、親切または不親切な人々、現地の動物や他国の文化や食も楽しめる。その後、冒険日記を作って個人出版するなんてのも夢です。でもまずは、オーストラリアの魚制覇ですね。

エキサイトブログ編集部:フィッシングの楽しさや醍醐味を伝える写真と記事に魅了されますが、YOSHIさんにとってその魅力や楽しみは?
YOSHIさん:フィッシングの魅力っすか! 語り始めたら一晩じゃ止まらないくらいあるんですけど、まずは用意から始まりますね。情報収集から始まる妄想、竿やリール、思い入れのあるルアー(疑似餌)やフライ選択、ラインシステムなどを組んでもう釣った気分に浸って、遠足前みたいに興奮して寝れなくなったり。
そして、釣り場までのドライブは好きな音楽を流して深夜や早朝の誰もいない道をスイスイ、歌いながら走って、「釣友がいたらもう爆釣間違いなし」なんて話しながら行くんですよ。一説にはこの釣り場へ着くまでの時間が一番幸せだといいますけどね(笑)。
たいていは朝日を釣り場で迎えるんですけど、日が昇り始めると青黒かった空が薄っすらと白く、赤く色付いてくるんですよ。そうすると、鳥が飛び始めて、虫が活発に活動を行い、小魚がプランクトンをせっせっと食べ始めて、その小魚を食べに来た大きな魚もあちらこちらで水面を破裂させるんです。漆黒静寂から鮮明騒然へと移り変わるこの瞬間は、まるで命が始まる感じですね。
日が昇るにつれ、はかなく移り変わる色があまりにも綺麗なもんだから、いつも竿を取るか写真を撮るか迷わされちゃいます。自然の中で釣りをしていると鳥やオオトカゲ、カンガルー、海亀、イルカ、ジュゴンなどの野生動物との出会いもたくさんあって、釣れない時でも和やかな気分させてくれるんですよ。

釣りって一言にいっても、餌やルアー、フライなどいろいろな種類があって自分はどれも楽しみますけど、今は特にルアーフィッシングを楽しんでいます。どの釣りでもそれぞれの難しさがあって、簡単には目標とする魚は釣れないんです。でも、だからこそ、炎天下や寒空の下で修行のような何千回ものキャストと試行錯誤の末にやっとその魚を手にした時の感動は、かけがえのないものになるんです。たかが魚に…と思う人もいると思いますが、一種のロマンってヤツですね。

あと、忘れてはならないのが魚の引き。私達が普段目にするのは死んでる魚じゃないですか、これが生きているのは信じられないくらいの力で引っ張るんですよ。遊びなのに大人が真剣になっちゃう瞬間で、釣りを始めてまもない人はビックリして、「うわぁっあ」なんて情けない声が出ちゃうほどですよ。
慣れてきても魚がかかった瞬間、脳内から分泌されるアドレナリンでなかなか冷静にはなれないんです。そして大きな魚が釣れたときなんて、大の大人が感動と興奮で手足が震えちゃうんですから、楽しくて笑っちゃいますよ。
さらに、海での釣りはこれ以上ないくらいの新鮮な魚が食べれるんですから言うことなしです。

エキサイトブログ編集部:自分らしい写真を撮ることや記事アップの際に心がけていることがあれば…。
YOSHIさん:釣り人の自分が言うのもアレですが、魚釣りってエゴの部分が強くて特に釣った魚をリリース(放流)する時ですね。自分も経験ありですが、釣った魚をいつまでも陸上に上げて写真を撮っているとリリースしてもその場は泳いでいったように見えても、その後死ぬことが多いんです。だからリリース前提の魚はなるべく水から出さないようにして写真を撮ることを心がけています。
でも、それで一回、魚に海水を一眼デジカメにかけられて、みごとに壊れましたよ(笑)。自分は泣きそうでしたが、魚は命かかってますから本気です。
釣りを通して釣った魚の命をもらう(食べる)ことにより、自分達はいくつもの命の犠牲の上に立っていることが実感できるのも魅力だと思います。

c0039735_17551923.jpgエキサイトブログ編集部:生活の中で大切にしている時間や癒される瞬間などは?
YOSHIさん:食の時間ですね。美味しいものを食べることは人生を豊かにすると思います。あとしっかり寝ることですね、不眠は目を吊り上げますからネ。

エキサイトブログ編集部:数ある記事の中でご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
YOSHIさん:★お気に入り記事
2008年8月26日 昔話19・NZ大釣行-鱒の楽園
7年も前の昔話。すべての脱線人生はここから始まった。竿と一眼フィルムカメラ持って車とテントでほぼ半年間過ごした釣りの日々。そしていまでも色褪せることのない黄金時代。その集大成をそのうち出そうと思っています。

2007年4月11日 Dancing With Monsters 踊終
まだ一眼デジを持っていなかったためイマイチな写真。でも、ゴムボートで挑んで初めてキャスティングでバラマンディを仕留めた釣り旅。ポッパーでも1m弱を仕留めた自慢の記事。

2008年12月25日 単独遠征④
太古から生きる野生美・サラトガ(アロワナ)を狙った釣り。
独りで自然の中に佇む時。
抜ける空に飛び出す美しい魚体、言うことなしです。

★読者に好評だった記事
2008年10月26日 Path to Barra Heaven 道-3
キャスティングで釣るバラマンディの記録更新、加えて雑誌・SaltWorld Vol74号に載った記事。雑誌デビュー作でもあります。

2009年1月28日 笑える笑えん話
単純・天然である自分のよくある“やっちゃった事件”を文章化したもの。
ちょっと釣り専門用語が多いけど、まぁ読んでみてくださいな。そして、あなたならどうします?

エキサイトブログ編集部:今一番ほしいものは?
YOSHIさん:日本への往復チケットです。もう5年以上帰国していないので日本が恋しくて、特にラーメン、鮨、たこ焼きなどをお腹一杯食べたいですね。

エキサイトブログ編集部:最近の気になるニュースは?
YOSHIさん:北朝鮮のミサイルが気になりますけど、私は食にたずさわる仕事をしているため、汚染米や生産地偽造などのニュースは特に気になりますね。
被害が出てから「すみません辞任します」ですべて許されてしまいそうな雰囲気はヤバイと思います。知らないうちに毒を摂取していたなんて後で知ったらゾッっとしませんか?食品検査機関の方々頑張ってください。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる方にひとこと!
YOSHIさん:いつもありがとうございます。写真、文章共にこれからも磨きをかけていくので成長していく「Forever Young」をこれからもよろしくお願いします。
c0039735_1756491.jpg


エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。



【YOSHIさんが好きなブログ、気になるブログ】

ラッキーフィールド
長い付き合いの釣友で自分が超えられない山のような存在です。良く言えば釣りと人生のライバル。いつもいい刺激をもらってます。釣りだけじゃなく、陶芸、スローライフ、最近はバードウォッチングにも凝っている自然遊びのスペシャリスト!

一魚一会 世界秘境釣行記
世界を釣り歩いている釣り好きオヤジ・KAZZさん。行動力と体力がハンパじゃないですよ。釣り以外にもアパレル、鮨に精通している人。自分の夢である世界をキャンピングカーで釣り歩くはKAZZさんのブログに影響されたからかな。

Fishing Life in BNE
自分が他ブログからエキサイトブログに変わった理由が以前のflyrdrさんのブログにある大きくて綺麗な写真を見て影響されたから。フライフィッシングを中心にブリスベンで周辺で竿を一緒に降る釣り仲間、タイイング(フライを巻くこと)やソルトフライについていつもお世話になってます。

Changeable Angler
熱い釣師で釣果重視ではなく、その過程の楽しみ方やマナーなどを重んじている。彼のブログのコメント数からもわかるように、閲覧している人達と素晴らしい関係を築いています。

DON KD BLOG
釣りに人生を賭けた男の実録日記。ルアー釣りに熱い思いを注いでいるルアープロデューサー。忙しい日々を送っているのがリアルタイムで伝わってきます。



【YOSHIさんのライフログ】

SUPER BEST

ザ・ブルーハーツ / トライエム


このアルバムに入っている「TRAIN-TRAIN」。
生きるための要素が詰まっている歌です。
元気が欲しい時に自分は聴いてます。疲れたときや人生の岐路に立ったときにどうぞ。

フレンズ I ― ファースト・シーズン DVD セット vol.1

ワーナー・ホーム・ビデオ


笑いとリラックスできる空間を提供するマスターピース・「フレンズ(FRIENDS)」は全シーズン必見。恋愛と人間模様そして、英語の勉強にも最適!自分はジョーイのファンです。

ブレイブハート (2枚組特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


男を語るならこれしかない!
無理だけど見習いたい生き様。

釣りキチ三平 (1) (講談社漫画文庫)

矢口 高雄 / 講談社


漫画は日本が世界に誇る文化。
釣りキチ三平をもう一度一巻から読み直したいです。

c0039735_18115826.jpg SALT WORLD Vol.75
自分の記事・豪州のSAKANA巨大マゴチが載っています。
よろしくお願いします(笑)。


Forever Young」のYOSHIさんを読んでみましょう。
[PR]
by blog_editor | 2009-04-15 19:22