「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

今週のピックアップブロガー

クオリティの高い写真や憧れのライフスタイル、心癒されるペットやおいしい料理まで!
エキブロには素敵なブロガーがいっぱい!そんな人気ブロガーに直撃インタビュー!

ブログトップ

c0039735_14335143.jpg彩り鮮やかでとってもおいしそうな料理から心あたたまるスイーツまで。カフェメニューのような見た目の華やかさや季節感を大切にしながら、作り方はいたって簡単!鍋やフライパンだけで作れるワンポットパスタやパエリヤ、初心者でも作れるスイーツなど…。少しのコツと時短アイディアで、家事に子育てに仕事に…と忙しい主婦にも、「これならトライできるかも!」と思わせるオリジナルレシピが評判です。
また、お子さんが笑顔になる季節のデコごはんやキュートなキャラ弁もたくさん手がけ、「うちの子にも作ってあげたい」というママ読者にも人気を呼んでいます。子どもが食べやすいひと口サイズのおかずやお寿司などの工夫もいろいろ。

そんな人気ぶりはレシピブログでの「つくレポ」の多さからもうかがえますが、テレビや料理イベントにもひっぱりだこ!昨年5月に出されたレシピ本も好評です。
今回は、”簡単だけどちゃんと感”のあるレシピが人気の料理家、「cafeごはん。ときどきおやつ」の高羽ゆきさんに登場していただきました。スタートしたばかりのエキサイト公式プラチナブロガーにもなっていただいたので、ぜひご注目!

エキサイトブログ編集部:ご自身のブログを紹介してください。
高羽ゆきさん:こんにちは。料理家の高羽ゆきです。日々家族に作る料理、娘のお弁当、お菓子作りがブログの中心ですが、もともと子育てブログだったこともあり、子どもたちの何気ない日常も記録しています。家族の大切な日記になっていて、後から見て懐かしさが蘇ってきたり、くすっと笑ってしまうことも…。
子どもにせがまれて始めたキャラ弁が注目されてしまい、思いもよらずキャラ弁の仕事依頼が増えてしまったのは予想外でした。
今では長女がキャラ弁を卒業して普通のお弁当になりましたが、長男がキャラ弁をせがむ年頃になったので、まだまだキャラ弁生活は続きそうです。
家族旅行のスケジュールやテーマパークの攻略方法などをまとめた記事が長期休暇のたびに人気ランキングの上位に上がってくることに最近気がつきました。私のプランニングが誰かのお役にたてているのかなと思うとうれしくなります。

c0039735_12250988.jpg


エキサイトブログ編集部:ブログをはじめてよかったこと、ブログのよさや発見したことは?
高羽ゆきさん:ブログは本当にただの思いつきで始めてしまったので、最初は書くことがなくて(笑)。でも、ブログを始めて数か月、育児だけでは話が続かなかったためお弁当や料理について書き始めると、テレビ局から取材のお話をいただくように。その後も新しいお話をいただき、今の仕事にもつながり、そこでの新たな出会いもあり、出産で一旦家庭に入っていた私をまったく違う世界に連れ出してくれたのがブログでした。
毎日必ず!とはりきっていた時期もありましたが、自分にノルマを課さず、マイペースに続けられたのも長続きの秘訣かもしれません。
出産や育児でほとんど更新できなかったときも、自分のブログが上位にランキングされているのを見て、初めてみなさんから応援されている実感が沸きました。

c0039735_12254975.jpg


エキサイトブログ編集部:季節感の伝わるおいしそうな料理&オリジナルレシピの数々ですが、料理を好きになったきっかけや料理を作る楽しさは?
高羽ゆきさん:小学生くらいの頃からキッチンに立ってお料理をしていました。母に教わるのではなく、ひとり実験のように調味料を足していたので、おいしくなかったと思いますよ。それでも作る機会を与えられていたこと、誰も私の料理を否定しなかったことが今に繋がっているのかなと思います。
実験的に作ったものがすごくおいしかったときの喜びは、今も変わらず同じです。
釣り好きの父親は、よく魚をさばいて刺身を作ってくれました。それを近くで見ていたこともあり、魚をさばくことにも抵抗はありませんでした。
もともと料理家を目指していたわけではなく、友だちに誘われて会社に通いながら料理学校で勉強を始めたのが料理を仕事にするきっかけです。その後、ご縁あって料理学校の講師をさせていただき、出産で講師の仕事は離れましたが、ブログをきっかけに料理家としての活動が始まりました。うれしくて何でもお引き受けしているうちにどんどん仕事が増えて、気づいたら料理家と呼ばれていたという、かなり受け身の状態でここまできてしまいました。
おいしいものが好きで、誰よりも自分好みの味が作れるのも自分です。スイーツを作ろうと思ったきっかけも、自分の好みにぴったりの味が食べたかったから。だからこそ、ぴったりはまる味ができたとき、予想以上ににんまりしてしまいます。

c0039735_12262781.jpg


エキサイトブログ編集部:高羽ゆきさんにとってお料理&スイーツ作りで、とく大切にしていることや自分らしさという点でこだわっていることは?
高羽ゆきさん:覚えやすい分量、わかりやすい説明をモットーにしています。例えば調味料が膨大で分量がバラバラだと、毎回メモを見なくては作れません。私のレシピは比較的調味料が少なくて分量も覚えやすく、何度か作れば頭に入ってしまうものが多いです。スイーツも、講師をしていたときは凝ったものばかり作っていましたが、今作るのは素朴なものが多いです。
とはいえ、料理はまず目で楽しむもの。彩りや盛り付けには工夫しています。お店のようにオシャレに盛り付ける必要はありませんが、赤・緑・黄色を意識して彩りのいい食材をバランスよく配置したり、小さな器で見た目の楽しさをプラスしたり。それだけで豪華に見えるワンプレートごはんもよく登場しますね。
もちろん栄養バランスにも気をつけていますが、1回1回の食事にこだわりすぎず、比較的長いスパンで見て帳尻があっていればいいかな、くらいの大雑把さが長続きの秘訣です。

子どもたちの大好きな野菜たっぷりの味噌汁を作って全体のバランスを整えることも多いですよ。
かわいくデコするととても喜んでくれるので、イベントごはんやキャラ弁など、子どもたちの要望にはできるだけ応えることにしています。
キャラ弁は見た目だけでバランスが悪いなど批判的な意見もありますが、私は普通のお弁当にキャラ弁の要素をプラスするという考えで、おいしさや栄養バランスは普通のお弁当と同じです。

c0039735_15263933.jpg


エキサイトブログ編集部:数ある記事の中で特にご自身が気に入っている記事、また、読者に評判だったポストは?
高羽ゆきさん:●鶏肉と新じゃがのマスタードマヨネーズ炒め 
さまざまなメディアでご紹介いただく機会も多く、人気レシピのひとつです。たれの味付けが絶妙で、マスタードマヨ好きの我が家イチオシの1品です。

鍋に入れるだけ!ワンポットパスタ ミートソース
1回ですべての材料を入れて火にかけるだけの手軽さがポイントです。テレビでタレントさんスタッフさんに絶賛いただき、とても嬉しかったです。

みんなでワイワイ♪ちくわピザ
こちらはちくわ好きの子どもたちに人気のレシピです。ピザだと思ったらちょっと違う!?というサプライズ感がお気に入りです。

c0039735_12281643.jpg


炊飯器に入れるだけ!シンガポールチキンライス
「~だけ」というレシピはブログ内でも人気があります。炊飯器にすべての材料を入れるだけでごはんとおかずができ上がるので、おもてなしにもピッタリです。お肉が苦手な娘も食べられる柔らかさで、我が家でもよく登場します。

ホットケーキミックスで簡単!完熟バナナで焼きドーナッツ
小さなお子さんのいるご家庭からの圧倒的な支持を受けるレシピです。ホットケーキミックスで作るので、初心者さんにもオススメですよ。最初はこんなに支持される理由がわからなかったのですが…。うれしい感想をたくさんいただくうちに、私の中でも特別なレシピのひとつとなりました。

エキサイトブログ編集部:ブログに訪問してくださる読者へのメッセージをお願いします!
高羽ゆきさん:いつも見にきてくださって本当にありがとうございます。
そして、今回エキサイト公式プラチナブロガーに選んでいただいたことで、さらに多くの方に見ていただく機会も増えたと思います。
初めましてのみなさま、これからも遊びに来ていただけるとうれしいです。
妊娠・出産を機に更新もコメントもストップしたこともあり、復帰後も実はコメントが少なくて。静かに見守ってくださっている読者さんですが、ぜひぜひ、辛口でもいいので感想などくださるとうれしいです。

エキサイトブログ編集部:ありがとうございました。

c0039735_12292670.jpg


           *    *    *   *    *   *    *

【高羽ゆきさんのお気に入りのブログ】

mellow-stuff
少しアンティークな雰囲気のある写真がすてきなブログです。写真を引き伸ばして額に入れて部屋に飾りたいくらいです。こんな写真が撮れるセンスと技術が欲しいですね。

WITH LATTICE 
オシャレなインテリアやすっきりとした収納を紹介されているブログです。すてきなお部屋を見ているだけでも楽しいですが、実際に使った商品の優劣や購入先なども書かれているので参考になりますね。

シンプルで心地いい暮らし
インテリア・収納を紹介されているブログですが、市販のものでは補えない部分を手作りされていたり、子ども目線の部屋作りなども参考になります。

高羽ゆきさんの「cafeごはん。ときどきおやつ」を読んでみましょう。

[PR]
# by blog_editor | 2016-08-16 18:06 | グルメ | Trackback